Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2007 / 7-12


2007.7.18

「ブラッド・デルプ氏、宇宙の彼方へ・・・」

2007年3月9日にボストンのヴォーカリスト、ブラッド・デルプ氏が亡くなられていたことを今頃知りました。死因は一酸化炭素中毒によるもので、残念ながら自殺だったそうです。享年55歳。

私がボストンを好きになったきっかけは、1978年に発表されたセカンドアルバム"Don't Look Back"からシングルカットされた"Don't Look Back"と、セカンドシングル"A Man I'll Never Be"の2曲に心を奪われたからで、その後もずっと大好きなバンドであることに変わりはありませんでした。

その後、4thアルバム"Walk On"ではブラッドがグループから離れ、一時は寂しい思いをしたこともありましたが、2002年に発表された"Corporate America"では再びブラッドも戻り、あと3年程待てばニューアルバムが聴けると待っていたのに残念でなりません。

バンド自体は、トム・ショルツがいる限り、存続し、今後もアルバムは発表されるかもしれませんが、あの透明感のあるハイトーンヴォイスでの新曲はもう二度と聴くことができないんですね。個人的には、彼の歌声はボケるか死ぬまで自分の脳裏から離れることはありませんし、今後も彼が歌った曲は聴き続けるでしょう。彼のご冥福をお祈りいたします、そして素晴らしい歌声をありがとう。Brad, we'll never forget you.

なお、2007年夏に予定されていた全米ツアーは正式に中止が発表されました。

▼ ボストン・オフィシャルサイト
http://www.boston.org/



2007.8.6

「話題の脳内メーカーで、」

自分の脳内イメージを見てみる。

▼ 結果は
脳内メーカー/Jihiroの脳内イメージ

地球征服を企んでいるのに、中々計画が進まないといったところか?

▼ 脳内メーカーはこちら
http://maker.usoko.net/nounai/



2007.9.6

「初秋に思う」

昼間はツクツクボウシ、夜はクツワムシの音色が聞こえてくる季節の変わり目。以前から思っていたことだけど、ツクツクボウシの4部構成によるボヘミアン・ラプソディのような鳴き声は不思議だ。あの展開はなんとなく線香花火に似ている感じもする。他のセミや秋の虫のように一定の音色を繰り返すのは理解できるのだけれど、あの組曲的メロディが遺伝子によって受け継がれているのがやっぱり不思議。自然界というものはとてつもないものだ。



2007.10.1

「大掃除大作戦、セカンドステージ」

昨日は、とにかく不要なものを処分しなくては、ということで、備え付けの収納スペースに放り込んでいるパソコン及び周辺機器と電化製品の空き箱を全撤去。必要なときがあるかも?と、一応とっておいたけど、結局は必要になったことなどないんですよね。これで空き箱置き場となっていた収納スペースが使い物になるので、これから用途を思案しようと思っています。

それと同時に古パソコン2台もお金を払って処分。故障しているわけでもなく、古いながらも一応は動くし、これも何かのときには使うこともあるかも?と、とっておいたのだけれど、これも結局は数年間使うこともなかったですからね。それにコンセントを確保しておかないといけないし。まぁ、とにかく、いるかいらないか分からないものは思い切って処分すると心もスッキリ。そして、次なる処分の標的に選んだのは大型スピーカー2台。これは重いし、細階段を使って2階から下ろすのが大変だ。



2007.10.15

「イメージだけで判断しがちだけど」

ティーンエイジャーの頃は、あまりというか、ほとんど興味が無かったエア・サプライとアバ。どちらも聴くようになったのは二十代半ば頃からで、今は十代の頃好きだったミュージシャンと同様に良く聴いています。

十代の頃は表面的なイメージだけを捉えて好きか嫌いかを判断していた部分も少なからずありましたが、これは音楽に限ったことではなく、良く知りもせず勝手な思い込みで多くを判断していたように思います。ただ漠然と自分の目は正しいと信じてましたね。エア・サプライは何となく軟派なイメージがしてましたし、アバはプロダクションが用意した売れ線狙いの楽曲を歌っているだけの作られたアイドルだと勝手に思い込んでいて、「男二人は絵面的にいらんでしょ」なんてことを思っていました。ただ、今では「アバが好き」と告白?しているロック系ミュージシャンも数多くいらして、自分以外にも似たような感じでいた人が意外と多かったのかも。

実際は、今も一貫したスタイルで活動し続けていることが示すように、エア・サプライは決して軟派なミュージシャン達ではなかったし、アバも自らの手で作詞、作曲、編曲を行うクリエイターであった訳で、今思えば何を根拠に・・・といった感じですね。それにしても、今更ながら、両グループが残した数々の楽曲は、時を越えたクオリティーを持っていたのだと感じる昨今です。

当時はヒット曲を連発するミュージシャンやグループを大衆的だとか俗っぽいいう理由で敬遠しているようなところもありましたが、今思うことは、大衆的(ポップ)だからという理由でもって判断してしまうと、本質と言うか真実を見落としてしまう場合があるという事。これは音楽に限らずアート全般にも言えることで、ウォーホルが大衆的(ポップ)な中にもアートは存在すると大胆な表現で示したように、ありふれたもの=価値が無いものとは限らないんですよね。イメージや一部の評価に惑わされずに、そこに何かを見つけられる目を持っていたいですね。自分は知っているつもりでいても、実際は知らないもの、見過ごしているものって結構多くあるんだと思います。ショパンやシューベルトを素晴らしいと言えば一応格好はつくけど、実際に自分が良いと感じるものを堂々と良いと言える人でありたいですね。年をとっても「アバはイイ」と言ってるジジィになりたい。



2007.11.02

「秋の終わりの夜長に」

CD
英米を代表するバンドと言ってもいい、クイーンとイーグルスのニューアルバムが先々日揃って発売されたので早速買ってきました。

両アルバム共に2枚組なんで、懐にはあまり優しくなかったですが(笑)。

ということで、今はそのクイーンのアルバムを聴きながらこれを書いているわけですが、いやーいいですね、これ。勿論クイーンの方はニューアルバムとは言ってもビデオやDVDで既発の音源をベースにリリースされた1981年のライヴ盤なんですが、20年以上前のものとは思えないほど音が良いのには驚きます。

バンド解散後にリリースされるベスト盤やライヴ盤といったものの多くがメンバーの意思とは離れたところで発表されたりして、がっかりなんてことも多いのですが、これはブライアンとロジャーのプロデュースの下、しっかりとリミックスとリマスタリングが行われたようで、流石にクイーンのオリジナルカタログに入れても問題ない仕上がりとなっています。何ていうか、バンドに対する愛が感じられるんですよね。これまでオリジナルアルバムのライヴ音源としては残されていなかった"Play the Game"や"Somebody to Love"、"Save Me"、"Flash"などは思わず涙がこぼれそうなくらい素晴らしいトラックです。

実は、このアルバムが予想以上に素晴らしい出来なんで、今はこれを繰り返し聴いていることもあり、イーグルスの"Long Road Out of Eden"(意味深なタイトルがそそられる)の方は、まだ聴いてない状態なんですが、"Hell Freezes Over"から実に13年ぶり、スタジオアルバムとしては"The Long Run"から何と28年ぶりとなるこちらのアルバムも又、楽しみ。最近は寝つきが悪いので、秋の終わりの夜長を楽しめるもってこいな贈りものになりそう(笑)。



2007.11.26

「一応描いてはいるのですが」

8枚の描きかけの絵
今年は貧作で過去最低な制作数で終わりそうです。ラフな下書きは数十枚描いてはいるのですが、結局は今年中に仕上げられそうにもなく・・・。

それに、寝つきが悪いこともあり、睡眠時間が短くなった所為で、なんか疲れているんですよね。ただ、睡眠時間が短くなったとはいえ、2、3日に1回は爆睡しているのですが、規則的に安定した睡眠がとれてないので、日中でもなんかぼーっとした感じがあります。リズムが一定してないのは、決まった時間に寝てないので当たり前といえば当たり前なんですが、考えたら、寝る直前までタバコをプカプカふかしながらあれこれやってるんで、横になっても暫くは脳が興奮状態のままなんだろうとか、日中、体をあまり動かしてないのも良くないんだろうとか、それに拍車をかけるようなその他の要因もいくつか思い浮かぶんで、当然の結果とも言えるのですが、とりあえず今年はこれで乗り切ろう。

それにしても、生涯で1万点以上の作品を残した富岡鉄斎はなんちゅう人やと思う今日この頃。1万点と言えば1日1枚仕上げたとしても30年近くかかるし、2日に1枚だと何と60年、3日に1枚では命が足りません。

数をこなせるということに対して、それを評価する人は少ないですが、数をこなすという行為の中には情熱や気力は勿論のこと、いくつかの才能なり能力が含まれているわけで、そこには確固たる価値基準のようなものがないとできないでしょうね。私みたいに判断がつかずにアレコレ迷っていては一向に前へ進みませんから。と言うか、常に描きたいもの、表現したいものが頭の中にないと数はこなせませんよね。更には、頭の中にあるアイディアを元に、そこから又、構図を考え、配色を考えしなければならないですから、数をこなせるというのも、やはり能力のひとつではないかと思います。

ということで、富岡鉄斎のようにはできなくても、とりあえずは、来年は今よりも多少は規則正しい生活を送り、1週間に1点は仕上げられるようにやってみよう。かな?



2007.12.05

「冬も夜」

DVD&CD
・・・というわけで、注文していた冬の夜を楽しむための商品が先日送られてまいりました。

エイジアと言えば、ジョン・ウェットンがグループを去ってからは興味を失ってしまったのですが、今回購入したエイジアのアルバム"Anthologia"は20周年アニヴァーサリーとして2002年にリリースされていたもので、ジョン・ウェットン在籍時の初期3枚からセレクト・・・ではなく、何と3枚のアルバム全曲と、この当時のシングルB面に収められていたアルバム未収録曲全てに、'90年のベスト盤に収録されていた新曲4曲といった具合に、ウェットン時代を完全網羅した、正にウェットンが居てこそエイジアと言わんばかりの企画盤。まぁ、このような形でリリースされるということは、私に限らず、そのような感じでいたファンが多いということでしょうかね・・・。

で、通して聴いてみると、やはり"Alpha"と"Astra"は充実した力作だったと感じるのですが、この2枚が何故ファースト・アルバムに比べて売れなかったのか今でも不思議に思います。昨年、そのウェットンを含むオリジナルメンバーによる復活を果たしたエイジア。彼らが21世紀となった今、果たしてどのようなサウンドを提示してくれるのか、ニューアルバムが待ちどおしいです。

そして、もう一枚は、'81年のエスケイプ・ツアーを収録したジャーニーのライヴDVDで、こちらは輸入盤を購入。何故、輸入盤を選択したのかというと、こちらには同内容のCDが付いているからで、国内盤には何故か付いてないんですよね。DVDはリージョンフリーなので日本でも大丈夫。エスケイプ・ツアーを体験した若かりし頃の興奮と感動が音と映像を通して甦りそう。これで冬の夜長も楽しめます。



2007.12.29

「それなりに良い年だったのではないかと」

年末年始は特にこれといった予定もないので、頭を空っぽにして(普段もそう大差ないけど)、描き溜めていたネタ画を基にいくつか制作してみようと思っています。ちなみに、頭の中はあまり詰まってない方が、大胆にかき混ぜることができて良い、というのが私の持論です。(笑)

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.