Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2007 / 1-6


2007.2.2

「今季初の積雪」

量は大したことないが、それでも寒い一日。でも、頻繁に雪が降るということがない地域に住んでいる所為か、この年になっても雪が降ると、何があるというわけでもないが、ちょっと楽しい。夕方からは雪も完全に降り止み、夜は車も普通に走っている。それでもまだ空気感はいつもとは違う感じがする。



2007.3.1

「あなたは神や死後の世界を信じますか?」

▼ 神の存在・死後の世界に対する見方(世界55カ国比較)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/9520.html

こうして見てみると、アメリカとイギリスは似て非なる国だと思えますし、個人的には、今まであまり良く知らなかったベトナムという国の人達に親近感をおぼえたりもします。又、日本で占いといった類のものが流行るのは、多くの国民がこれといった絶対的な信仰の対象を持たないからなのかもとも推測できそうですが、そう考えると、ベトナムでの占いビジネスは有望かも?(笑)

データを見ながら勝手な推測を馳せ巡らせるということが割と好きなんですが、これらのデータを色々なデータと照らし合わせて見てみると、また面白い結果が見えてくるかも知れませんね。



2007.4.3

「2年連続で日本はトップの評価」

先月(2007年3月)に英BBC放送が公表した国際世論調査の結果で、国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国にカナダと並んで日本がトップの評価を受けました。この調査は27ヶ国の2万8000人を対象 に、世界に与える影響が肯定的か否定的かを問う形で行われたもので、肯定的という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、これに欧州連合(EU)、フランスが続く結果となっています。

日本は、27ヶ国中、25ヶ国で肯定的との意見が否定的を上回り、昨年に続き調査国中トップの評価を得ています。ちなみに日本に対して肯定的を否定的が上回った2ヶ国とは、昨年に引き続き中国と韓国でした。個人的には、全体での評価も然ることながら、思いのほかヨーロッパ諸国での評価も良くない結果となったアメリカには多少の不安と今後に期待する気持ちが交差する感じですが、何よりも以外だったのはロシアでの日本に対する評価かな。

調査結果の詳細はこちら

▼ World Public Opinion(PDF/英語)
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/pdf/mar07/BBC_ViewsCountries_Mar07_pr.pdf

▼ 昨年の調査結果
notebook 2006/12/15



2007.5.7

「デジカメ購入 : CASIO EXILIM ZOOM EX-Z1050」

Dijital Camera : Casio Exilim Zoom EX-Z1050
お金を使うこともないインドアライフなGWだったので、デジカメを購入。 (左の写真は旧デジカメで撮影)

デジカメはこれで4台目になるのですが、今度のやつは画素数も1,000万をオーヴァーで、毎秒7枚の連写も可能。これだと、とりあえずは連写で撮っておいて、後から不要なコマをカットという使い方もできそう。

それにしても最近のデジカメはどれも薄くて軽いですね。胸ポケットにもすっぽり入る大きさで、ヴォイスレコーダーとしても使えるみたいだから、仕事にも色々と使えそうな感じ。



2007.5.26

「デジカメ遍歴と、"EXILIM"の面白機能」

Dijital Camera : Casio QV-10A
最初に買ったデジカメは、デジタルカメラの走りとしてヒット商品にもなったカシオの"QV-10A"で、96年頃だったと思います。画素数は25万画素で、パソコンと接続するには別売りの接続キットを購入しなければなりませんでした。

レンズ部が回転する機能はとても便利で重宝してたのですが、とにかくバッテリーを食うやつで(単3アルカリ電池4本を使用)、しょっちゅう乾電池を買っていた記憶があります。なんせカタログ値でも連続再生2時間程度でしたからね。まぁ、今となっては低スペックなデジカメでしたけど、解像度が低い分、ちょっとしたテクスチャーを作るのには良い感じで、雲や、水面、岩肌、樹皮、葉っぱ、といったものを撮っては加工して使っていました。今のデジカメだとクリア過ぎて、その分、加工する手間がかかるんですよね。で、この"QV-10A"、壊れていたし、てっきり処分したと思っていたら、何故か持っていたので、処分前にその姿を一枚パチリ。

で、今回購入した"EXILIM"もカシオのデジカメ。ただし、この"EXILIM"の前はオリンパスのデジカメを使っていたので、自分にとっては久しぶりのカシオ製品ということになります。ただそうはいっても、当然のことながら、10年以上も前に買った"QV-10A"の頃の面影は無く、全くの別物といった感じではあります。


アングル補正テスト ところで、今回買ったこの"EXILIM"には面白い機能があったので、その機能を試してみました。その機能とは、名刺や書類、ホワイトボードなどを斜めから撮っても正面から撮ったように補正してくれる「ビジネスショット」と、撮影済みのポスターや絵、看板といったものの歪みを補正して正面から撮影したように補正する「アングル補正」で、どの程度補正されるものかと、正直あまり期待もせずに撮ってみたら、これが驚くほど意外と良く補正されていてビックリ。これだと資料として撮ったりするのにけっこう使えそうです。



2007.6.2

「大掃除大作戦!」

来年辺り、新たにパソコンを購入しようと思っているのですが、この手狭な詰め込み部屋に残された設置スペースは殆んど無い状態。あれこれレイアウト変更を考えてみたものの、どうも無理。という訳で、これからどうにかすべく行動開始。いくら掃除や片付けが苦手な私でも、今からやり始めたら来年までには何とかなるでしょう。

で、今日は今まで使っていたベッドを小さめのベッドに変更。他にもちょこちょことやりたいこともあったのですが、何せ2階なもんで、これがけっこう大変で、一応今日はこれだけ。ベッドは不燃物ゴミには出せないので、業者に引き取りに来てもろうことにしました(実は知らずに大胆にも不燃物ゴミに出そうとしていた)。スペース的にはベッド幅が40センチ程小さくなった程度なので大したことはないのですが、この40センチのスペースが生まれることにより、今までは不可能だったレイアウトの変更が可能になってくるのです。ベッドは小さくなりましたが、今までできなかったリクライニングが可能となってけっこう快適。次は、とにかくいらない物を処分してスペースを確保しなくては。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.