Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2006 / 1-6


2006.1.1

「今年の1作目」

ということで、トップページにあるのがそれになるのですが、正確にはアップする直前に多少手を入れた以外の殆んどは昨年の内に描き上げていたものです。潜在意識を分析されたら自己顕示欲が強いなどと言われそうなデザインですが、そういう意識はないですよ、多分?

これまでに制作した自分の作品から導き出される深層心理といったものには興味がありますが、でも、仮に精神分析医に一枚の紙を渡され、「ここに一本の木を描いてください」と言われたとしても、隅っこに小さく葉っぱが一枚も無い枯れた木を描くとか、全ての葉っぱを目玉に変えて描いたりとかしそう(笑)。ああいうテストって、ひねくれ者には意味を成さないかも。



2006.1.6

「被害者救済が第一という国であってほしいね」

耐震強度偽造マンションを購入されてしまった方々にとっては、辛い新年だと思いますが、一刻も早く問題が解決することを心より願っております。個人的な意見としては、税金を投入しての救済には賛成で、人助けに使われるのであれば全く異議はないですね。無駄な建築物や訳のわからない所に税金を使われるよりずっとましである。

中には自己責任だと言う声もあるが、そう言っている人達の中で、自分が被害者の立場になった時に自己責任だからしょうがないと諦める人は果たしてどれ位いるのだろうか。例えば、有名自動車メーカーが、素材と製造工程を大幅に見直した結果、リーズナブルな価格で販売できる車ができたと言っも消費者は疑わないといけないのだろうか。スーパーで安売りされている肉や魚をを買って、食中毒になっても自己責任なんだろうか。不幸にも耐震強度偽造マンションを購入されてしまった方々も、安直に安いからという理由だけで何も考えずに買ったのではないだろうし、それなりの買い物をする訳だから、きっと真剣に検討されたはずだと思う。

これから先も似たような問題は起こりうると思うが、直ぐに自己責任という論調に乗せられるのはどうかと思う。いつ自分が被害者の立場になるとも限らないのだ。できるだけ予算投入をしたくないと考える人や組織が情報操作で自己責任という論調を出している可能性だってあるだろうし、まずは被害者救済が第一という世論の声が前面に出てくる世の中の方が健全で安心できる社会だと思う。



2006.2.1

「世界で一番売れたアルバム」

Album Cover : Their Greatest Hits 1971-1975/Eagles
と言われているのが、この"Eagles / Their Greatest Hits 1971-1975"。全世界のセールスをきちんと集計する機関が無いため、正確なデータは示されていないようですが、おそらくそうであろうと言われています。少なくともアメリカ国内で一番売れたアルバムであることは正式に公認されており、2005年までに2,800万枚を売り上げています。ちなみにアメリカでの売り上げで2位にランクしているのは"Michael Jackson"の"Thriller"で2,700万枚、3位は"Pink Floyd"の"The Wall"で2,300万枚となっています。

この"Their Greatest Hits 1971-1975"は、アルバム、シングル共にビルボードチャートで1位に輝いた"One of These Nights"を発表した翌年の1976年に発売されたもので、ビルボードチャートにおいては5週連続で1位を記録しています。又、同年の暮れには名作"Hotel California"をリリースし、8週間1位という記録を残しています。

と、これらの数字が示す通り、"Eagles"は、何も"Hotel California"一枚で突如有名になった訳ではないのですが、それでも"Hotel California"が、それ以前の代表曲を集めたこのアルバムの売り上げを更に伸ばした格好にはなったのは確かでしょうね。レコードからにCD変わった現在では、ボリューム満点のベスト盤が何枚も発売されているので、"Hotel California"以前の10曲が収録されたこのアルバムの存在価値は正直薄れているのかもしれません。もしかしたら近い将来においては1位の座から転落することのみならず、場合によっては廃盤になる可能性だってあるかも・・・。以前のベスト盤が無意味になるような現在のベスト盤乱発傾向には疑問を感じますが、これも時の流れなんでしょうか・・・。ちょっと寂しいけど。



2006.2.11

「トリノ冬季オリンピック」

いよいよ開幕しましたね。今回は何といってもデザインの国イタリアですから、競技以外にも色々と見所がありそうで楽しみ。例えば、聖火リレーに使われたトーチ。デザインを担当したのは、フェラーリなどの自動車デザインで有名なピニンファリーナ社で、松明をイメージしたと言われる流線形のデザインがカッコイイです。このトーチはシリアルナンバー入りで1万2000本用意されたそうですが、スタンドを取り付ければオブジェにもなりそう。

しかしながらこのトーチ、「重すぎて大変」との声も上がったらしい。重量は1.85kgと言われても今一ピンと来ないけど、アテネ大会のトーチが700g、シドニー大会のトーチが1kgだったと言われると、確かに重いようだ。「手を伸ばした状態ではキツイし、かといって腕を曲げれば火が体に近づきすぎて熱い」んだと。

余談ですが、開会式の選手入場で使用された曲はの数々は、全て70年〜80年代のデイスコ音楽でしたね。当時は毛嫌いしていたはずの音楽ですが、何故か殆んどの曲を知ってました(笑)。



2006.2.25

「It was a wonderful Torino Olympic. Thank you very much.」

残り2日を残し、残念ながら日本はメダル一つという結果ですが、それでも、十分に楽しませてもらった素晴らしい大会でした。大会に参加した競技者についていえば、本来なら10位や20位でも十分素晴らしい成績なんですよね。自分だったら、何かで世界の100位はおろか、1.000位になっても、きっと大威張りすることでしょう。多くの選手を派遣した割りに上位入賞者が少なかったとの声も一部にあるようですが、オリンピックという大舞台に立った経験というのは、きっと次に繋がることでしょうし、そして、彼らが指導者という立場になった時には、きっとその経験を生かして次の世代を育成してくれると思います。我々一般人はつい結果を期待してしまいがちですが、点としてではなく、線で見る気持ちも必要かと。

それにしても、女子フィギュアの選手達。皆、別格の美しさでしたね。TVで観戦している時は、何処の国の選手であろうと、ジャンプした瞬間は「転ぶな」と願ってましたからね。今は、そんな彼女達を作品にしようと考えているところです。

それはそうと、フィギュアスケート最後のエキシビションに出てきたヴァイオリニスト。個人的には一番印象深かった女子フィギュアに匹敵する程のインパクト。何でも、クラシック界では天才ヴァイオリニスと言われている人だそうですが、見事なまでに天才、奇才と言われる人達だけにある一種独特のオーラを発していましたね。何と表現していいのか言葉が見つかりませんが、いや〜、まいった。でも、こういった雰囲気の人って好きです。

いよいよ残り2日ですが、出場された選手の皆さん、お疲れ様でした。既に帰国されて、早くも次に向けての始動を始められた方もいらっしゃるようですが、是非、胸を張って帰国してきて下さいね。私にとっては皆がヒーローです。



2006.3.20

「何故かグッとくる」

キャラクターものに惹かれるということはあまりないのですが、NHKの「みんなのうた」で、最近放映されている「夢をかなえよう」の中に出てくるネコのようなキャラクターには何故か惹かれます。巨大な魚の背ビレに捕まって楽しそうにしている姿は何ともキュート。



2006.4.1

「Galleryを再編」

と言う訳で、最新の作品を展示しているのは"Gallery 8"になります。他には、取り立てて書くようなことも見当たらないので、タイトルとは無関係ながらも、デスク周りの小物をご紹介。

ティーガー1戦車 Kiss Farewell Tour 灰皿 パルテノン神殿 JSU-152戦車

一番左の写真は、食玩に入っていた「ティーガー1戦車」。今は「ティーガー」と表記されているようですが、自分が子供の頃は「タイガー1型」と呼ばれていた戦車で、子供の頃はプラモデルをいくつか組み立てていました。次の写真は、「キッスのロゴ入り灰皿」。3番目は、これも食玩で、消しゴム入れになっているギリシャの「パルテノン神殿」。そして、最後も食玩に入っていたソ連の「JSU-152戦車」。他にも、トムキャット、イーグル、ファントム、ナイトホークといった軍用機があるのですが、ここでは割愛。

僕が子供の頃は、男の子のおもちゃの王様といったら、何といってもプラモデルでした。デパートでもミニカーと並んで花形的存在であったように思います。今はプラモデルというと、キャラクターものが主流なのかもしれませんが、自分が子供の頃は、戦車、戦闘機、軍艦といった軍事兵器が主でした。取り分け軍艦系のプラモデルを良く買って組み立てていましたが、どちらかというと戦艦よりも空母が好きな少年でした。ちっこい飛行機も沢山付いてましたしね。注意深くやらないと、切れたり、流れ落ちたりする、付属の水に濡らして剥がすシールも今は懐かしいです。やっぱり、多感な時期に心魅かれたものって尾を引くのでしょうか?



2006.5.20

「モニターと顔の距離が多少広がった?」

先日、コンタクトレンズを新調しました。購入したのは長年使い慣れているハードなんですが、実は、2ヶ月前に一度ソフトも試してみようと使い捨てタイプを購入して、その違和感のないフィット感がとても気に入っていたので、このままソフトにしようかとも考えたものの、迷った末に、結局はハードを選択。

しかし、2ヶ月前に初めてソフトを目にした時はその大きさと柔らかさに正直驚きましたね。ほぼ黒目全体の大きさで、グニャグニャしているものだから、装着時は、ちょっとでもまつげやまぶたに触れるとうまくいかず、とにかく大きく目を見開かないとダメなんですよね。ハードもソフトも大きさは同じで、ソフトはハードよりも多少薄い位の感じかと勝手に思い込んでいましたから多少戸惑いましたね。でも、確かにソフトは装着時の違和感が全く無いですね。ハードは慣れても多少付けてるなという感覚がありますから。

それでも、ソフトを使用していた時は、毎日これ以上は無理って位に目いっぱい眼を見開いて装着していた所為か、眼が大きくなったんじゃないと何人かの人に言われましたから、眼を大きくしたいという人にとってはいいトレーニングになるかも?

ただし、ソフトの使い捨てタイプは、失くしてもあまり気にならないけどコストは大。連続装用タイプは、コストは少なくなるけどメンテナンスが多少面倒。ハードは、メンテナンスが楽だけれどフィット感はソフトに劣る。連続装用タイプは、ハード、ソフト共に落として失くしたらショック。と、それぞれ一長一短がありますからきちんと自分に合ったものを選択したいですね。ちなみにコンタクトレンズは極度に神経質な方は使用できませんとのこと。



2006.5.29

「評価されても楽しくはないだろうな」

恐らくは、アーティストと呼ばれる人の殆んどは盗作という行為は絶対にしないだろう。何故ならば、クリエイターとしてのプライドはもちろんのこと、盗作行為は自分自身を否定することになるから。当然、バレるバレないに関わらず、そういった行為を行ったという事実を背負って生きていかなければならないですしね。まぁ、プロ、アマを問わず、盗みに走っては創作ではないし、コピーで評価されても心苦しいだけだと思う。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.