Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2005 / 7-12


2005.7.1

「グッドデザイン賞」

G-mark
"Good Design"の頭文字である"G"をシンボライズしたお馴染みのマーク。今でも古さを感じさせないこのマークは、実は今から47年も前の1958年に故亀倉雄策氏によってデザインされたものです。

このグッドデザイン賞を受賞すると、グッドデザインPRガイドという冊子が財団法人日本産業デザイン振興局から送られてきます。その中にはGマークを広告展開する場合の使用規則などが色々と書いてあるのですが、面白いのは意外とマークの使い方には寛容だということです。

例えば、地色の上にGマークを載せる場合、"G"の白抜き部分に地色が出てもさしつかえないばかりか、そもそも色彩の指定が無いので、2色のカラーを自由に組み合わせての使用が許されているのです。更には"G"の部分を立体的にしたり模様を加えたりした発展パターンを作って使用することも可能なんですよね。通常、ロゴマークといったものの殆んどは、いろいろと細かい使用規定があって、勝手に色を変えたり加工したりして使用するといったことはまず不可能なので、これにはちょっと驚きますが、恐らくはそれぞれの商品に合わせられるようにとの配慮なのでしょうね。(この賞を受賞するような企業が変なものは作らないでしょうし)

ということで、今後、広告などでこのマークを目にしたら、そんな所に注目して見てみるのも面白いかもしれませんよ。

Trophy of Good Design Award P.S.
受賞した企業のみが購入できる販促用ツールも色々と用意されているのですが、ただ、大と小があるトロフィーはどうも全体のバランスがよろしくない気もします。



2005.8.1

「2つのあこがれ」

1つ目は「酔っ払ってみたい」ということで、お酒を飲んでも、酔う前に眠くなるか、具合が悪くなるかのどちらかなので、未だかつて酔ったことがない。自分が酔うとどんな風になるのかは非常に興味があるし、記憶が無くなるほどに酔うという感覚とはどういうものなのかを一度は体験してみたいものです。

2つ目は「入浴を気持ち良いと感じたい」ということで、今は洗顔や歯磨きと同じ感覚で、ほとんど義務的に体を洗うために風呂に入っている状態なので、入らないで済むのなら入りたくないというのが本音。めんどくさいのだ。そもそもは熱いお湯に入るのが苦手だということも理由の一つで、温泉などに行っても熱くて入れないという所がほとんど。だから入浴を気持ち良いと感じられるようになれば毎日の生活がとても豊かになるような気がする。

ということで、酔っ払ってふらふら歩いている人も、温泉に気持ちよさそうに入っている人も、私にとってはとても羨ましい姿。



2005.8.17

「分かりやすいが、難しい・・・」

小泉首相曰く、今回は「郵政民営化の是非を国民に問う選挙」ということで争点としては非常に分かりやすいのだけれど、個人的には非常に迷っている。単に候補者が郵政民営化に賛成の立場か反対の立場かということだけで選ぶのであれば別に候補者は誰だっていいということになるし、そもそも自分は誰が当選しても国政は変わらないとは思っていないからだ。しかし、郵政民営化の良し悪しはもちろんのこと、法案が可決されるか否決されるかで今後の国政も大きく変わってくるだろうし、難しいところ。選挙の日まで自分なりの結論を出したいと思っている。



2005.9.1

「やろうと思えばできる?」

「自分もやろうと思えばできるんだけどね」なんてことを言う人がたまにいますが、そう言う人で本当にできる人に出会ったことはありませんね(笑)。 本当にできる人であれば既にやっているはずだろうし、今までやってきてないのに急にできるわけも無いと思うんですけどね。そういったことを言う理由は何となく想像できるけど、「やろうと思えばできる」と思っている人はたぶんずっとやらないんだと思う。若い子ならまだしも、ある程度の年をとった人からそんな言葉を聞くとちょっと残念に感じます。



2005.9.5

「GIRL×GIRL×GIRL」

Exhibition of mackie-1
昨日、mackieさんの個展、「GIRL×GIRL×GIRL」に行ってきました。どれもが空間の雰囲気さえも変えてしまうような魅力的で存在感のある作品で、とても素敵な時間を過ごさせていただききました。大型ヴィジョンに映し出されるフラッシュ映像もいい雰囲気で会場を盛り上げていたし、何だか佐世保だけでやるのは勿体無いようで、きっとニューヨークやパリ辺りでやられても評判を呼ぶだろうと私は確信した、そんな素晴らしい個展でした。
その個展もいよいよ今日が最終日です。会場となるアルカス佐世保は佐世保駅から徒歩で約5分の距離です。まだご覧になられていない方は足を運んでみられてはいかがでしょうか。

会場は老若男女を問わず多くの人達で賑わっていました。ここにある写真は来場者の迷惑にならない閉館間近に撮影させてもらったものです。

Exhibition of mackie-2 Exhibition of mackie-3 Exhibition of mackie-4
Exhibition of mackie-5 Exhibition of mackie-6 Exhibition of mackie-7

P.S.
傍らにちょこんと置いてあった子ガール?のぬいぐるみも可愛かったし、初めてお会いしたmackieさんも展示されている女性達に負けない位素敵な方でしたよ。

● mackieさんのウェブサイトはこちら >> M-00Design[エムゼロ]



2005.9.8

「GIRL×GIRL×GIRL」 Part 2

個展も盛況の内に無事終了されたようで何よりでした。会場となった"アルカスSASEBO"1Fの"交流スクエア"はエントランスがガラス張りで外からでも中の様子が見れる造りになっているので、通りがかりから入館した人もきっと多かったのではないかと思いました。ガラス越しに見る"GIRLS"も結構目を引いてましたからね。

会場内のモニターを使った演出や、用意されていたフライヤーは勿論の事、作品のタイトルプレートもカッコ良くて、勝手な想像だけれど、そういったものを含めた会場の雰囲気というか空間そのものがひとつの作品でもあったようなそんなワクワク感に包まれた個展でもありました。mackieさんの今後の更なる活躍が目に浮かぶようです。



2005.9.17

「頑張れ!フリー百科事典」

>> ウィキペディア/Wikipedia > グラフィックデザイナー

明らかにグラフィックデザイナーは画家の下に位置するという視点で書かれている感じで笑える。そもそもグラフィックデザインとは、広告、ポスター、カタログ、ロゴマークといったもののように印刷による複製を基本とした視覚による情報伝達のデザインな訳で、「画家はグラフィックデザイナーと呼ばれることを好まず、・・・」って、一般的に見てもそう呼ぶ人なんていんじゃないかな?



2005.9.25

「愛・地球博」

跡地はやはり自然の森に返して欲しいですね。それらがきちんと行われてこそ本当の意味でのイベントのフィナーレではないかと思います。一過性の上辺だけのイベントに終わらせないためにもね。



2005.10.4

「いよいよ発表」

今年のノーベル賞受賞者もまもなく発表されるようですね。ノーベルの遺言に従って1901年に始まったノーベル賞ですが、皆さんご存知のように受賞者に対しては栄誉だけではなく賞金も支払われます。尚、その賞金は毎年一定の額というわけではなく、前年のノーベル財団の基金の利子と運用益により決められるそうですが、それでも概ね1人当たり100万ドル前後と言われています。又、元金の利子と運用益の10%は基金の元金として毎年加えられ続けていて、財団の発足から100年を過ぎた今もなおその資金は元金割れすることなく運用され続けているというから流石ですね。これぞプロフェッショナルな組織。我が国のどこぞの組織も少しは見習って欲しいところ。



2005.11.1

「これでいいのか?」

この季節は暖かい部屋でお気に入りの音楽をかけ、冷たい氷入りのアイスコーヒーをすすりながら作品を制作している時間に幸せを感じながらも、一方では世界中にいる飢餓や貧困に苦しむ沢山の人々のことを考えると複雑な気持ちになる。自分がこうして生きているのは実力でも何でもなく、たまたま生まれた場所に恵まれていたというだけで、それ以外の何物でもないのだ。



2005.11.3

「ルリイロザル・クリスマスヴァージョン」

Prototype of Ruri-iro Zaru Xmas version
ちょっと早めの感もあるけど、やれる時にやっておこうと、Extraページにあるルリイロザルを衣替え。ついでに、今までのパターンに1ポーズ増やした5つのポーズで構成してみました。自分もサンタになりたい(謎)。



2005.11.17

「くすぐる感覚」

毎月送られてくる携帯電話の利用明細書。毎月と言っていい程、ごく一部の人に豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン広告みたいなものが入っているけど、こんなものには心動かないですね。それよりも、毎月ちょっとしたペーパークラフトでも入っていた方が個人的には嬉しいかな。味気ない利用明細書も毎月ちょっとは楽しみになるかも?

最近は多くの企業が豪華なキャンペーンを展開しているけど、どこも一辺倒な企画で、何かこうくすぐる感覚というものが無いんですよね。そういえば、かつての駄菓子屋にはそんなくすぐる感覚を持ったものが沢山あったような・・・。思うに、くじ付きのお菓子も、全てはその場で結果が分かるのが良かったのかも。子供は待てないのだ。大人になった子供も(笑)。



2005.12.1

「今年一年を振り返って」

仕事以外で人の為に何かできただろうかと一年を振り返ってみても、あまり思い浮かぶことが無い。そういえば、まだ羽が生えていない小さなゴキブリが水の溜まった洗面器に落ちて溺れているのを助けたことは覚えている。そしてそのまま家の中で逃がした(笑)。まぁ、その時は、折角生まれてきたのにこんな小さなうちに命を落とすのはちょっと可哀相と思って助けたのだけれど、大きいゴキブリだったらどうしていたのかは分からない。気まぐれの部分もあったのかもしれないし、自分はそんなにできた人間でも無いから。でも、ちょっとした気持ちの持ちよう次第では一つの命を救える立場にいることもあるのだ。今の所、何も出来ていない自分だけれど、自分の為の作品作りが、いつかはそれが誰かの役に立つ事とリンクするようになれば嬉しい。



2005.12.18

「掃除中に出てきた」

「Asia」の水彩模写
紙も黄ばんだこの描きかけの絵は、かなり昔にエイジアのファーストアルバムを水彩で模写していたものです。

当時は絵画とかいったものには殆んど興味はありませんでしたが、アルバムカヴァーに描かれたアートワークやデザインには興味を持っていました。小僧なりにフォントの色や大きさ、テキストの配置位置などといったものも細かく観察して、自分だったらこうするなどと勝手に想像して楽しんでいましたね。

何故、中途半端な状態で止めてしまっていたのかは全く覚えていませんが、今、この絵がこうして出てきた事に対しては、暫くの間全くやっていなかったデッサンを最近またちょこちょことやり始めたこともあって、ちょっとビックリ。何故、最近またデッサンをやり始めたかは何れギャラリー等で語ると思いますが、簡単に言うとデッサンが下手だから(笑)。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.