Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2005 / 1-6


2005.1.1

「A Happy New Year」

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回の更新は全ページ入れ替えとなったので、ちょっと大変でした。僅かでも良くなっていればそれでいいのですが、ある程度の時が経たないとどうなのかは中々分からないんですよね・・・。それでも、「今よりもっと」の気持ちを持ち続けてやっていければと思っています。

"Freddie Mercury"の"There Must Be More to Life Than This"を聴きながら・・・。



2005.1.12

「○○な国」

寒い日が続くと、ふとホームレスの人達のことが頭をよぎります。刑務所に入れられた犯罪者には寝床と毎日の食事が用意されるのに、ただ仕事が無いがためにホームレスになった人は食事もままならない寒空での生活っていうのはどう考えてもおかしいんじゃないだろうか。刑務所内にいる犯罪者は病気になっても看護が受けられるのに、過酷な生活を送っているにも関わらず犯罪に手を染めることなく生きている人達は病院にも行けない・・・。変な世の中。



2005.1.17

「もしも地球上に自分ひとりだけとなったとしたら・・・」

コミュニケーション・ツールといったものは必要無くなるけど、それ以前に言葉自体が必要無いものとなる。(ひとり言をや考え事をしたりするためには必要か?)

争いや犯罪は当然起こらないけど、きっと原始的な生活しか送れないんでしょうね。他の生物に襲われる危険性があるので木や竹の棒なんかを持ち歩くだろうし、今まで気にも留めなかったいろんな植物や生物が食料に見えてくるかも。

タバコも吸いたくなるだろうけど、タバコの葉がそこいらにあるはずもないし、何よりもタバコの葉がどれなのかを見分けられないので、たぶん適当にその辺にある葉っぱを乾燥させて作ってみたりするんでしょうね。そして、「オエッ」となるだろうことは容易に想像がつきます。でもやっぱり歯痛が一番怖い。(~_~;)

と、こんな妄想を時折しながら、作品の制作を行っています(笑)。



2005.1.22

「ふと思う」

(その1)
時々全面ガラス張りみたいなビルを目にするが、地震のことを考えるとちょっと怖い気がする。 高層ビルやマンションも大抵は震度○に耐えられる設計などと言っているけど、自分はあまり信用していない。

(その2)
トップにある"What's New"が「Notebookを更新」という文字ばかりになったけど、これもスパムと見なされるのだろうか ? 全体のテキスト数が少ない場合は同じ単語が占める割合が高くなる可能性があるので、その辺りは細かく定義されているらしいけど・・・。

(その3)
最近、エア・サプライの曲が某メーカーのCMで使われているけど、エア・サプライはやっぱり夏だよなぁ。



2005.2.9

「スギ花粉より怖いかもしれないアスベスト粉塵」

悪性中皮腫をひき起こすアスベスト(石綿)の危険性については多く語られていますが、怖いのは潜伏期間が10年から40年と長いため、その間は自覚症状がほとんど無いということです。

このアスベストはかつて建築材などに多く使われていて、今はその頃に建てられた建築物が寿命となる時期で、建て替えや解体が数多く行われると言われています。 一応、アスベストを使ったビルの解体にはアスベスト対策が義務付けられているようですが、通常の解体に比べてコストが2倍程かかるらしいので、全ての業者がきちんとやるかは疑問です。とにかくほこりが舞うようなビルの解体現場には近づかないほうが無難かもしれません。



2005.2.12

「一枚岩じゃないと・・・」

仮に高度な知能を持った宇宙人が地球を侵略しようと企てたとしても、恐らくは映画みたいにレーザー光線でバンバン攻撃するといったことはしないだろう。果たして人類は垣根を越えて団結できるのだろうか。



2005.2.19

「音楽にも敬意を」

最近は70年代から80年代にかけての音楽がCMで頻繁に使われているけど、楽曲に対する思い入れが深い分、使われ方に違和感を感じることもたまにあって、あまりにも安直に使われているようなものはあまり良い気はしませんね。やっぱりそのミュージシャンなり曲なりを使う必然性が感じられないと。単にその時代に青春を過ごした世代をターゲットとしているからとか、時代を超えて愛されるというイメージをマッチさせたいというだけでは何も伝わってこないように思います。思い入れのある音楽を単なる宣伝ツールにしないで欲しい。



2005.3.1

「信じてくれる人がいてこそ」

結果が全てという人もいれば、姿勢が大事という人もいるし、結果は付いてくるものという人もいる。恐らくどれも正しいのだろうが、個人的には結果は運に左右されることがあっても姿勢は運に左右されないという点はひとつのポイントだと思う。でも、結果が自信と成長に繋がるとも思うし、結果が出ない中で信念を持ち続けることは並大抵のことではないだろう。

歴史に名を残した芸術家も、生前に認められたか否かで人生も大きく違うけど、その違いは単に良いパトロンに出会ったことだったりもする。悲劇の画家といったイメージのあるゴッホだけど、それでも37年という短い生涯の中で、あれだけの作品を制作できたのは弟テオの終生続いた兄弟愛と援助があったからでもあります。

私は、彼の作品の中でも特に「夜のカフェテラス」が好きです。あの構図に惹かれるですよね。とても100年以上も前に描かれたものとは思えない程にモダンです。

そのゴッホ展が今月末より3つの都市で行われます。都心にお住まいの方は出かけられてはいかがでしょうか。



2005.3.6

「1枚300円のガムを買う」

食玩/パルテノン神殿
コンビニでたまたま見つけて買った、俗に言う食玩。出てきたものはギリシャのパルテノン神殿。机の上にちょこんと置いておくにはちょうどいい大きさで、ちょっとしたオブジェのよう。
自分は意地になって集めたりはしないけど、これは売り上げの一部がユネスコに寄付されるので、自分に対する言い訳にはなるかも。次はピサの斜塔を狙うぜ(笑)。



2005.3.14

「熊楠は怒っているだろうな」

悪化し続ける自然環境。このままだと肉や魚貝類を生で食べる文化といったものは何れ無くなるだろうし、食用となる野菜は屋内で栽培したものに限られてくるのはもはや時間の問題かも。

自然の湧き水に警戒心を持ち、ミネラルウォーターを違和感無く買うことに慣れてしまってきている私たち。一部の草食動物がちょっと増えた位で緑が減ってしまう危うい連鎖バランス。害虫とか悪玉菌とか言うけれど、本当にこの星を蝕んでいるのは明らかに人間であって、自分もその一員。

この先も子供達は空と海を青く描くだろうか? この星を健全に保つには、宇宙遺産に認定されるといった感じで、強大な力を持った宇宙人に半ば強制的に指導されるしかないのだろうか? それならまだましかもしれない・・・。



2005.3.17

「現在の常識もいつかは」

先日、NHKのTV番組を見て、最近の調査ではオシドリは毎年パートナーを変えることが明らかになっていることを初めて知った。だとすると「おしどり夫婦」という言葉は何れ無くなってしまうのだろうか? 今では和同開珎やネアンデルタール人の位置付けも自分が小学校で教わった内容とは違うことが明らかになっているし、現在、日常で何の疑問を持たずに漠然と信じている通説とか常識とか言っていることの多くも実は仮説だったりするのかもしれない。個人的には、タバコに含まれる成分の中には人体に有益なものもあるといったことが明らかになったりすると嬉しいけど、無理か?



2005.3.18

「けっこう怖い動物」

同じくTVネタなんですが、こちらは民放だったと思う。内容は、草食動物と思われていたカバがワニが捕まえたシマウマを奪い取って食べている映像だった。今までイメージが無かっただけにかなり衝撃的。それに巨体がために陸上では鈍足だと思っていたけど、陸上でも時速50キロ位のスピードで走ることができるんだと。恐るべしカバ。遭遇したら注意しなくては(笑)。



2005.3.19

「KISSのロゴ」

最近は内外を問わずインナーにキッスTシャツを着た有名人を雑誌やテレビで良く見かけますが、あれだけ多くの人に認知されているロックバンドのロゴは他に無いのではないでしょうか。キッスのロゴについては一般的にメイクやコスチューム程語られることは少ないけど、あのロゴが果たした役割はメイクやコスチュームに匹敵する位大きなものだったのではないかと私は思っています。仮にあのロゴが、たとえば唇をイメージしたようなものだったとしたらバンドの印象もかなり違ったものになっていたかも。

実は、このキッス・ロゴは自分がこの世に生を受けて一番最初にカッコいいと思ったロゴだったんですよね、多分。そして今でもこのロゴは目標のひとつなのです。



2005.3.22

「未だ余震が続く日々」

徹夜明けで眠りに付いた頃、揺れと共に目が覚めた。こんな揺れを体験したのは初めてで、朦朧とした中、今まで感じたことのないような何とも言えない恐怖感が襲う。暫くして揺れは治まったけど、とてもそのまま寝れる心境ではない。2時間程たち、ちょっと安心してウトウトとした状態になるが、その後も小さな余震が何度か起こり、その度にドキッとして目が覚める。揺れとしては小さいものだろうけど、地震というものがこんなに恐ろしいものだとは知らなかった。あれから数日経ったけど、未だ余震は続き、揺れというものに対して過敏になっている昨今です。

まだ予断を許す状況ではありませんが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。



2005.4.1

「なんとか続いてます」

文章は得意でもないので、重荷に感じるようになったらとっとと止めようと当初は思っていたこの"Notebook"のページ。今でもその気持ちに変わりは無いけれど、まさか今もこうして書いているとは・・・。気まぐれに、思うことがあった時にだけ書くという軽いスタンスでいたから続けられたのかもしれません。果たして継続が力になっているかは甚だ疑問ですが、それでも少しはマシな文章にしようと努めてはいます。精一杯やってこの程度で申し訳ありませんが、今後共よろしくお願いします。



2005.4.20

「ストレス」

現代人の多くが抱え持つものとしてストレスという言葉を頻繁に耳にするのですが、良く良く考えてみると、私はストレスといったものを未だ自覚したことはないように思います。実際には単に自覚していないだけで、多少のストレスはあるんだとは思うけど。

でも、ストレスをストレスと感じることなく処理できてるのは、作品を制作していることと何となく無関係ではないようにも思います。イライラしてては制作に没頭することなどできませんし、不平不満を抱えながら描いても決して楽しくはないでしょうから、自分が思う大切なものを失わないために自然と自己浄化しているのかもしれません。具体的には、たとえ日常での些細ないざこざがあったとしても、その後の貴重な自分の時間まで引きずってしまうのは損だと自分の中で結論付けているといったことです。もちろん、少ないながらも交友関係に恵まれているというのも大きいのですが。

個人的には、毎日が死の危険と隣り合わせで、熟睡することなど一生できない野生生物のストレスを思うと、大抵のことは許容範囲にも思えます。



2005.5.1

「GW突入」

行楽に出かけられている人、のんびり自宅で過ごされている人、普段よりも仕事が忙しくなる人、この期間の売り上げが気になる人、と様々でしょうが、願わくば、悲しい事件、事故のニュースなど無いようであればと思っています。子供連れで出かけられる方や車を運転される方は十分に気をつけて下さいね。GW最後の休日に「又、明日から仕事か」とため息をついたりできるのも、実は幸せな事だったりするのかもしれませんよ。



2005.5.10

「居心地良くないでしょう?」

とかく有害性が指摘されているタバコの煙ですが、こと虫歯の原因となる細菌に対しては殆んど害を及ぼしてない様子。限りなく至近距離からダイレクトに影響を受けているはずなのに・・・。

個人的には細菌位の大きさだとイチコロで死んでも不思議ではないような気もするのだけれど、よくもまぁこんな環境の悪い中、生息しているもんだ。殺菌効果のあるタバコってできないのだろうか? と、そんなことを考えているよりも歯医者に行かなくては。



2005.5.17

「宗教って・・・」

宗教とは本来は人々の幸せのためにあると思うのだけれど、歴史を振り返ってみても宗教という名の下で多くの人が血を流している。

私は宗教といったものに興味は無いが、その人が幸せなら自由に信仰してもいいとは思う。けれど、それは他人に迷惑をかけないという前提があってのことである。個人的には絶対的な存在といったものも、神といった存在も信じていないけど、仮に神といったものが存在したとしても、生前に信仰してたからとか信仰していなかったとかで差別したりはしないだろう、全能なのだから。

と言うよりも、そもそも、そんな全能な神が一生物の人間だけを特別扱いはしないだろうと思う。何の信仰心も持たない人間以外の生物だって精一杯生きているはずである。



2005.6.13

「お手本がダメでは」

身の回りには便利な道具であっても使い方によっては危険な物が沢山ある。でも、子供達にそれをひとつひとつ注意していてもキリが無いようにも思う。要は人の痛みと物事の分別を判断できればそれで良いことであって、枝葉の部分をあれこれ言っても解決にはならない気がする。

今も販売されているかは分からないけど、子供の頃、昆虫採集セットというものが夏休みにはどこのデパートにも置いてあって、自分も買った記憶がある。箱の中にはピンクとブルーに色分けされた昆虫を殺す毒液と防腐液、それに注射器といったものが入っていた。今から思うとちょっと危険な感じもするけど、それらを悪用するなと大人に言われたこともなければ、それによる事件を耳にした記憶も無い。結局は数回程毒液を使って生きている昆虫を殺して標本にしてしまったこともあるけど、その後はかわいそうだと思い、死んだしまった昆虫に防腐液を使うことしかしなかったが、それは全て自分の判断からだった。

大人の社会では不祥事とか事件といったものが起こる度に上司が出てきて、「教育、管理不足でした」と謝罪する光景を目にするが、その度に、「そんなこと会社で教える事か?」と思ってしまう。

又、当たり前のように、子供達には「知らない大人には気をつけましょう」と言っていることも裏を返せば世の中にはおかしなな大人が沢山いるということが周知の事実であることな訳で・・・。結局は大人がお手本にならないような今の社会がいけないのではないだろうか。



2005.6.23

「私だけ?」

子供の頃、砂抜きのために置いてあったアサリ貝が水面に管を出しているのを見て、どんな反応をするのだろうとパラパラとコショウをかけてみたことがありました。同じことを子供の頃は皆やった経験があるだろうと思っていたのだけれど、自分の周りにいる人達は誰もそんなことをした覚えはないらしい。でも、それはたまたま自分の周りにはやった人がいないだけで、同じようなことをやった人はきっと沢山いると思うのだけれど・・・、どうなんだろう。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.