Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2004 / 7-12


2004.7.1

「地道に」というのはどちらかと言うと苦手な感じなんですが、ことサイト構築に関しては結果的に地道になっている感じです。本音としては、さっさとこれで良しという形を作り上げて、後は多くの方に見に来てもらえれば一番いいと思っている部分もあるのですが、そう簡単なものでもないし、少しでも良いものにしていくしか他に道はないんで、地道にならざるを得ないといったところです。後々にそれが結果的に良かったんだと思えるようになればいいんですけどね。まだまだ地道な道程は当分続きそうで、「ローマは一日にして成らず」の言葉が身にしみる思いです。



2004.7.6

アルバム・ジャケット画像
選曲にはちょっと不満だったものの、ジャケットに惹かれて買いました。 2000年のシドニー・オリンピック開会式では、衰えを知らないかのような美声を披露してくれていましたね。
ノーベル物理学賞受賞の祖父とケンブリッジとメルボルン大学の教授である父という学術的に恵まれた環境で育ったことが影響してか、現在は音楽活動とは別に"CHEC-Children's Helth Environmental Coalition"を設立して、環境汚染から子供を守る方法や、ガンの原因となる環境物質の研究にも取り組んでいるそうです。カッコいい。



2004.7.19

長年使っていたテレビが壊れてしまって(というか寿命?)、昨日は仕方なく家電店に出かけてきました。買ってきたのはプラズマとか液晶とかではなく、普通のブラウン管タイプのテレビなのですが、最近の電化製品は軒並み軽くなっている中、相変わらずテレビは重い!!

直ぐに使いたいので配達を断って持ち帰りにしたのですが、壊れたテレビを片付けて、買ってきたテレビを車から降ろして設置するだけで完全に息が上がってグロッキー状態。(-_-;)

世の中にはこのような仕事を一日に何回もこなしている方もおられるわけで、そんな人はスゴイな〜とか思いながら横になって息を整えていました。それに何となく体力と精神力ってどこかで繋がっているような気もします。額に汗して、息を切らしながら継続して働くという経験が無い事は人生において大きなマイナスかもしれないなんてことを考えたりしてました。最近、妙にあきらめが早いみたいだし。



2004.7.22

一年間で消費する割り箸の量を木の本数で例えられるということがよくあるのですが、木一本をまるまる割り箸作りに使うということは無いという話を何処かで聞いたことがあります。いろいろな木材加工品を作る過程でできる廃材を利用して、副業として割り箸作りをしているというところがほとんどだそうで、確かに、木一本を全て割り箸作りに使っても、恐らく単価的に何円、何銭の世界でしょうから利益は出ないような気もします。生産量は相当なものになるにもかかわらず、割り箸作りの大型有名企業というものも聞いたことがないので、恐らく正しいのではないかと思っています。

最近、自然環境を守るために、割り箸を使わずにマイ箸を持参しようという運動もあちこちで聞きますが、それを洗うために洗剤の使用量が増えるのであれば、どうなのかなぁとも思います。最近ちょっと悪者扱いされている割り箸なんですが、どっちにしてもなかなか難しい問題ですね。自然を大切にという気持ちは多くの人が持っているにもかかわらず、一方では自宅の周りに藪蚊がいるのは嫌で、自分の家の前まで舗装された道路がきてないと困るし、というのも多少身勝手(自分を含めて)なような気がします。



2004.8.1

今年もとりあえずは夏休みをとることにしました。とはいってもべつに優雅に過ごせる訳ではありませんが、自分が好きな事ってそんなにお金を使わなくてもいいものが多いんで、無計画にのんびりと過ごそうと思っています。ウダウダ、ダラダラ、ゴロゴロ?



2004.8.7

台風も去って、再び朝からクマゼミの大合唱が聞こえてきます。子供の頃、セミの成虫は数日の命しかないと知りつつも捕まえて虫かごに入れていたら1日で死んでしまったという経験をしてからは、セミを捕まえても直ぐに逃がすようになっていました。ラジオ体操に行く途中、雨にさらされてしまった所為か、うまく羽化できずに途中で死んでしまった姿を目にして悲しくなった記憶は今でも心の中に何となく残っています。

又、当時は空になったアイスクリームのカップの中に砂を入れてアリジゴクを飼っていたりもしてたのですが、成虫のウスバカゲロウは口が無い為、何も食べること無く数日で死んでしまう事を図鑑で知ってからは、どんどん食べろよとばかりにアリを捕まえてきては巣の中に落としていましたね。しかし、その後はあまり沢山食べると早く成虫になってしまうかもしれないと思い、加減していた事を覚えています。そんな遠い日の夏休みの記憶です。



2004.8.9

文章関係は苦手な分、変だと思った所は時折修正しているのですが、それでもダメですね〜。訪れてもらった方には、「たぶんこう言いたいんだろう」と推測しながら読んでもらっている部分も少なからずあると思いますが、そんなへたれ文章ですいません。

実は、理解に苦労する分、記憶に残るという「技」を使ってるんです。(ウソです)



2004.8.18

巨人ファンじゃないんですが、工藤投手、200勝おめでとうございます。解説の原元監督が、「彼はほんと野球少年のままなんですよ。嬉しいときははしゃいで、打たれた後はしょぼんとして・・」。といったことを語られてたのですが、サインボールを外野スタンドに投げ入れて帰ってくるときに片手をグルグル回しながら走っている姿を見て思わず笑ってしまいました。自分が子供の頃、何か嬉しいことがあったときには何故だかよく片手をグルグル回しながら走っていたんですよね。そんなことをふと思い出させてくれた光景でした。



2004.8.28

夜型人間の私にとってはオリンピックが間もなく終わってしまうのはちょっと残念です。競技よりも先に目が行っていたのは各国のユニフォーム・デザインなんですが・・・。
それにしても女子棒高跳びの金メダリストは美しかった。(*_*;



2004.9.15

癒しの音楽といった企画物のCDなどがよく売られていますが、自分はそういったものには殆んど関心がないですね。癒されるといった感覚が今一よく分かってないといったこともあるんでしょうけど、心地よいという意味では"Smoke on the Water"でも十分に満たされます。

でも、もしかしたら、それは聴き方の問題なのかもしれませんね。たぶん、ああいった音楽は頭の中に留ずに聴き流す感じで聴かないとダメなのかも。自分は受け留めるような聴き方しかできないので合わないのかも。別にそれでいいんだけどさ。



2004.9.28

時々買っているチョコボールなんですが、なかなか銀のエンゼルが出てきませんね。そもそもはたまたまもらったチョコボールが銀のエンゼルだったので、その後に買うようになったのですが、国民全員に銀のエンゼル1枚を無料で渡したら、その後はきっと売り上げが伸びるだろうな、なんてことを思ったりしています。



2004.10.1

数日前に見た夢なのですが、今まで全く見たことも無い人に「信念を曲げて認められても心は満たされない。信念を曲げずに続けなさい」と、言われてました。誰かは判らなくとも、その人が偉大な芸術家であることは雰囲気で感じてましたが、信念という程のものを特別持っているわけではない自分は返答に困っていました。誰だったんだろう?あのお爺ちゃん。



2004.10.2

エイベックスに続き、ソニーミュージックもコピーコントロールCDを止めるそうで何よりです。



2004.10.16

バタバタと忙しい日々が続いて、睡眠時間があまりとれない日が続いたのですが、ひと段落ということで昨日は爆睡。変な時間に寝たもんだから変な時間に起きてしまいました。たぶん昨日は寝たら死ぬという状況下であったとしてもきっと寝てたでしょうね。生への執着心って持ってるつもりでも案外そんなものかもしれません。



2004.10.19

目を閉じると暗闇の中に様々なものが見えてくるので、それをヒントに構図を考えたりすることもあるのですが、でも、それらは次から次へと形を変えていってしまうので、「今のはいい感じ」と思っても、そのほんの一瞬の映像をキャプチャーすることは難しいですね。それでもなんとかメモ程度に留めておこうともするのですが、大抵は見えたものとはかなり違ったものなってしまっています。

ただ、構図を考える上での叩き台ができると次へと進みやすいということもあるので、それはそれで重宝している部分もあります。これもある種、偶然性を取り入れるという事になるのかもしれませんが、完成予定像が無いまま描いていくということはけっこうワクワクします。



2004.10.20

台風の中、それでもタバコを買いに行く自分・・・。
一応、こんな状況で怪我したり死んだりしてしまったら、ニュース番組やらで全国に報道されたりしてみっともないので気をつけてはいましたが。



2004.10.26

今回の地震はかなり大きな被害をもたらしたようで、被災者の方々にはお見舞いを申し上げるとともに一刻も早く元の生活に戻れられますことを願っております。願わくば、政府には「日本って何とスゴイ国なんだ」と、世界中の人に思ってもらえるような迅速かつ的確な対応をとって欲しいところです。海外への支援だけが国の評価に繋がるものではないと思います。



2004.11.1

ボーッとしながら意味もなく自分のサイト内をグルグルと徘徊している今日この頃。



2004.11.11

人類がどんなに進化しても、恐らく最後に勝つのは細菌類だろうと思います。環境に対する適合化も早いし、シンプルなだけに強い。

もしかしたら、かつて地球上がまだ二酸化炭素に覆われていた頃の環境を好んでいた細菌類が再びその環境を取り戻すために人類という知的生命体をつくりだしたのかもしれない。だとしたら、人類が行う愚かな行為の数々も、実はその細菌類達にとっては思惑通りということになる。あるいは人類を使って地球外に生息の範囲を広げようとしているのかも。なんてことをぼんやりと考えていました。



2004.11.13

ウィルスや細菌類も病気にかかることがあるのだろうか?



2004.11.14

「奇跡の集合体」

地球という惑星は、絶妙なバランスで成っているようで、実は物凄く微妙なバランスの上に成り立っているのかもしれないですね。ひとつが変われば、いずれは全てのものに連鎖していく。その循環が繰り返されるわけだから変化は徐々に大きくなる。周期が大きいから変化に疎くなりがちですが、何かが変わってきたと感じてきたときには既に戻せない揺れになっているのかも。人間が自然の尊さを知る時、それは最後の時ということにならなければいいのですが・・・。



2004.11.15

「はたしてそれは真実か」

ピカソの絵は誰もが知っている。でも、はたしてどれ位の人が本当に彼の絵を理解しているのだろうか。おそらく多くの人は精通していると思われる第三者の眼を通して語られる言葉を頼りに理解しいるつもりでいるだけだと思う。もちろん私自身も理解しているわけではないし、理解しいるつもりでいる中の一人なんだろう。

幸か不幸か、私は偉大な芸術家や、その作品に対しての知識を殆んど持ち合わせていないので、そんな芸術家の作品をわりと先入観無く自分の感覚で見て感じる事ができるのだけど、知らない分、きっと大きな勘違いをしているという場合も多いのではないかと思います。

日頃の生活でも、身近な人間に対しての評価を第三者から伝え聞いたりする事もあるのですが、それが真実かどうかを判断する洞察力はそれなりに持っていたいとは思いますね。さも意味ありげに語ろうとする人、誇張して語る人、話を作る人、そんな人間がわりと世の中には多い感じもありますが、それを真に受ける人間も多いように思います。できれば「私は自分の眼でしか判断しない」と自信を持って言える人間になりたい。



2004.11.16
「寒いっ」

暖房器具なんて殆んど無い時代に「冬は早朝が趣きがあって良い」と語っていたあの方はやはり相当心豊かな人だったんだろうと思う今日この頃。

あの時代に比べると物質的には恵まれた環境にいるにもかかわらず、「冬は早朝が趣きがあって良い」なんて心境には中々なれない心貧しい私。(-_-;)



2004.11.17
「Notebook 強化月間」

という訳ではもちろんありません。ここ最近は色んなことをアレコレと考える時間が多いのでたまたまそうなったというだけのこと。何故物思いにふける時間が多くなったかというと、作品の制作に没頭している時間が多くなったからに他ならない訳で、つまりは制作に集中しているようでも、一方では作品とは無関係な事をついアレコレと考えてしまっているからなんですよね。

でも、一見作品とは無関係とも思えるそんな空想がもしかしたら作品の何処かに投影されているのかもしれませんね。少なくとも隠し味くらいにはなっているかも?



2004.12.1

「似合わねぇ」

今回のトップの絵は自分にしては珍しくポップにしてみました。そして、いつもは以前の作品をリメイクして使っていた所を今回は新しく描いています。しかし、我ながらポップなものは自分には似合わないような、ちょっと違和感を感じています。本当は実際にクモの巣に飾りつけをして写真に撮ろうとしてたんですが、生憎いい感じのクモの巣を見つけられなかったので、仕方なくイラストにしたというわけです。写真の方は何れまたチャレンジしてみようかな?



2004.12.6

「素晴らしい才能がたくさん」

いろんなサイトを目にするる度に、世の中にはそれぞれに素晴らしい才能を持った人が沢山いらっしゃることをあらためて感じさせられます。それに皆さん文章表現が上手。

就職内定率とかいったものがニュース番組などで流れていると、そろそろパーソナル・サイトを持っている人はそれも選考、評価の対象とするという企業が出てきてもいいんじゃないかと思う今日この頃です。履歴書とほんの数分間の面接で判断するよりよっぽどその人の人間性や能力といったものが垣間見れるんじゃないかと思うんですけどね。

私は試験の国語はどちらかというと得意な方でしたが、ご覧の通り文章力は全くありません。以前から文章力が無いなとは思っていましたが、あらためて文章力の無さを思い知ったのは自分のサイトを開設してからのことでした。



2004.12.17

「自分は天動説?」

地球が球体であるとか地動説とか教わらないで、自分でアレコレ想像してみたかったなと思うときがあります。自分も海の果ては滝になっているとか、西に沈んだ太陽は地中のトンネルを通って東に移動するとか考えてみたかった。さて、自分だったら全く知識が無い中でどのように想像しただろう?



2004.12.26

「実験場兼練習場」

今年も残すところあと僅かとなってきましたが、今は来月の更新作業をちょこちょことやっております。でも、サイトを立ち上げてほんと良かったと思います。自分の為にデザインする機会なんて殆んど無い日常だったのが、こうしていろいろとやれるようになったのですから。自分にとっては、あらゆることを自由に試せる実験場ができたといった感じですね。(文章力を鍛える練習場でもあります) (^_^;)

ただ、公開している以上、訪れてくださる方のことは常に考えているつもりでいます。それなりに貴重な時間を割いて来ていただいているわけですからね。さらにはこんなサイトにも関わらず声をかけて下さる方々には何とお礼申し上げていいやら・・・。

それでは皆様、良い年の瀬をお過ごし下さいませ。そして、来年も又、宜しくお願いいたします。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.