Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2016 / 7-12


2016.7.4

欧州5ヵ国における対日世論調査 (2015年調査)

2015年の10月27日から11月2日にかけて行われた欧州5ヵ国(イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ポーランド)における対日世論調査の結果が外務省のウェブサイトで公表されています。

調査は外務省がドイツの infratest dimap 社に委託して行われたもので、調査概要は以下の通り。

• 調査委託機関:infratest dimap 社(ドイツ)
• 調査対象:各国の18歳以上の有権者2,500名
• 調査方法:電話(インタビュー形式での調査)

 

▼ 調査結果概要(外務省のウェブサイトから抜粋編集)

1. 日本との関係については、5ヵ国全体のおよそ80%が「友好関係にある」又は「どちらかというと友好関係にある」と回答し、また、同様に77%が日本を「信頼できる」又は「どちらかというと信頼できる」と回答しました。加えて、G20諸国の中で「最も信頼できる国」としては、アメリカ(22%)、カナダ(16%)、フランス(12%)、ドイツ(11%)、日本(9%)という順に選ばれており、日本はアジア諸国の中では最も信頼できる国との評価を得ています。

2. G20諸国がそれぞれ自分の国にとって重要なパートナーとして位置づけられるか否かという質問については、アメリカ(84%)、フランス(81%)、ドイツ(79%)、イギリス(79%)、日本(72%)の順で「重要なパートナーである」と評価されています。また、将来重要なパートナーとなり得るか否かという質問については、アメリカ(83%)、イギリス及びフランス(81%)、日本(80%)の順で肯定的回答が得られています。

3. 日本のイメージについては、1位「豊かな伝統と文化を有する国」(93%)、2位「強い経済と高度な技術を持つ国」(90%)という結果となり、伝統文化と経済に関心が高いことがわかりました。続いて「戦後、平和国家の道を歩んできた国」及び「自然が美しい国」(75%)が同率で3位となりました。日本についてもっと知りたい分野としては、「伝統、POPカルチャー、日本食を含む文化」(73%)の他、「歴史」(70%)、「観光」(66%)、「科学技術」(65%)、「政治・外交・安全保障」(64%)が上位を占めました。

4. 第二次世界大戦後70年間の平和国家としての日本の歩みについては、「高く評価する」又は「ある程度評価する」との回答が83%となりました。

5. また、「東シナ海及び南シナ海における安全保障問題についてEUは更なる関与を行うべきか」という質問について、全体の50%が「更なる関与を行うべき」、32%が「現状の関与を維持するべき」、6%が「関与を減らすべき」と回答しました。

6. 「外国語の習得に関心があるか否か」という質問について、5ヵ国全体の57%が「関心がある」と回答しています。また、興味のある言語(英語を除く主要8言語について複数回答可)としては、関心の高い言語の順に、スペイン語(64%)、フランス語(53%)、ドイツ語(47%)、日本語(46%)、中国語(36%)、ロシア語(32%)、アラビア語(26%)、韓国語(14%)となり、日本語が非欧州言語の中で最も関心が高いことがわかりました。日本語に関心がある理由は、「日本の文化及び生活様式を理解するため」(91%)、「日本を訪れるため」(90%)、「日本のコンテンツを楽しむため」(72%)、「将来役に立ちそうなため」(72%)という回答が上位を占めました。

 

▼ 設問と回答結果

外務省のウェブサイトには数多くの設問と回答結果が記載されていますが、ここではその中からいくつかを抜粋してみました。

[Agenda 1]
Q:あなたが日本に対して抱いているイメージはどれか。

• 豊かな伝統と文化を有する国 (93%)
• 強い経済と高度な技術を持つ国 (90%)
• 戦後,平和国家の道を歩んできた国 (75%)
• 自然が美しい国 (75%)
• 新たな文化を世界に発信する国 (69%)

[Agenda 2]
Q:あなたは外国語の学習に興味があるかとの質問に「はい」と回答した人は次に挙げるどの言語の学習に関心があるか。

• スペイン語 (64%)
• フランス語 (53%)
• ドイツ語 (47%)
• 日本語 (46%)
• 中国語 (36%)
• ロシア語 (32%)
• アラビア語 (26%)
• 韓国語 (14%)

Q:その中であなたが最も学習したい外国語はどれか。

• スペイン語 (25%)
• 日本語 (18%)
• フランス語 (14%)
• ドイツ語 (9%)
• 中国語 (8%)
• アラビア語 (8%)
• ロシア語 (7%)
• 韓国語 (1%)

[Agenda 3]
Q:あなたの国と日本の今日の関係の現状についてどう思うか。

Total
• 非常に友好的な関係にある (17%)
• どちらかというと友好的な関係にある (62%)
• 友好的と答えた割合の合計 (79%)

• どちらかというと友好的な関係にない (8%)
• 全く友好的な関係ではない (1%)
• 友好的な関係にないと答えた割合の合計 (9%)

• わからない及び無回答 (12%)

国別(友好的と答えた割合の合計 / 友好的な関係ではないと答えた割合の合計)
• スペイン (82% / 4%)
• イギリス (80% / 5%)
• フランス (78% / 10%)
• ポーランド (78% / 5%)
• ドイツ (77% / 16%)

[Agenda 4]
Q:次に示した国(G20諸国)は信頼できますか。

▼ 信頼できると答えた割合(Top 10)

Reliability of G20 countries - Top 10

▼ 信頼できると答えた割合(Rank 11 to 19)

Reliability of G20 countries - Rank 11 to 19

信頼できると答えた割合(Top 10)

1位 カナダ (88%)
2位 オーストラリア (81%)
3位 イギリス (80%)
4位 フランス (79%)
5位 日本 (77%)
6位 ドイツ (73%)
7位 アメリカ (70%)
8位 イタリア (66%)
9位 韓国 (45%)
10位 南アフリカ (41%)

Q:G20諸国諸国の中で最も信頼できる国はどの国か。

Most reliable G20 country - Top 10

最も信頼できるとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (22%)
2位 カナダ (16%)
3位 フランス (12%)
4位 ドイツ (11%)
5位 日本 (9%)
6位 オーストラリア (6%)
7位 イギリス (6%)
8位 ロシア (2%)
9位 イタリア (1%)
10位 中国 (1%)

こちらの「G20諸国の中で最も信頼できる国はどの国か」の項目ではトップ10圏外の国についての表記はされていません。

Q:G20諸国の中で、あなたの国にとって、現在重要なパートナーはどの国か。

▼ 現在の重要なパートナーと答えた割合(Top 10)

Important G20 partners for own country - Top 10

▼ 現在の重要なパートナーと答えた割合(Rank 11 to 19)

G20 partners for own country - Rank 11 to 19

現在の重要なパートナーとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (84%)
2位 フランス (81%)
3位 ドイツ (79%)
4位 イギリス (79%)
5位 日本 (72%)
6位 カナダ (70%)
7位 中国 (69%)
8位 イタリア (66%)
9位 オーストラリア (54%)
10位 ロシア (51%)

Q:G20諸国の中で、あなたの国にとって、今後の重要なパートナーと考えるのはどの国か。

▼ 今後の重要なパートナーと答えた割合(Top 10)

Important future G20 partners for own country - Top 10

▼ 今後の重要なパートナーと答えた割合(Rank 11 to 19)

Important future G20 partners for own country - Rank 11 to 19

今後の重要なパートナーとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (83%)
2位 フランス (81%)
3位 イギリス (81%)
4位 日本 (80%)
5位 ドイツ (78%)
6位 中国 (75%)
7位 カナダ (73%)
8位 イタリア (67%)
9位 ロシア (61%)
10位 オーストラリア (59%)

[Agenda 5]
Q:日本とEUは特定の国(例えば中国や北朝鮮)の行動について懸念を表明していますが、東シナ海及び南シナ海における安全保障問題についてEUは更なる関与を行うべきか。

Total
• 更なる関与を行うべき (50%)
• 現状の関与の程度を維持するべき (32%)
• 関与の度合いを減らすべき (6%)
• わからない及び無回答 (12%)

国別(更なる関与を行うべき / 現状の関与の程度を維持するべき / 関与の度合いを減らすべき / わからない及び無回答)
• ドイツ (51% / 39% / 4% / 6%)
• ポーランド (59% / 23% / 5% / 13%)
• スペイン (53% / 28% / 6% / 13%)
• フランス (50% / 30% / 7% / 13%)
• イギリス (40% / 35% / 8% / 17%)

Q:戦後70年の日本の平和国家としての歩みについて評価するか。

Total
• 大いに評価する (36%)
• ある程度評価する (47%)
• 評価すると答えた割合の合計 (83%)

• あまり評価しない (5%)
• 全く評価しない (3%)
• 評価しないと答えた割合の合計 (8%)

• わからない及び無回答 (9%)

国別(評価すると答えた割合の合計 / 評価しないと答えた割合の合計)
• スペイン (89% / 5%)
• ドイツ (88% / 8%)
• イギリス (81% / 10%)
• ポーランド (76% / 8%)
• フランス (75% / 12%)

Q:日本は積極的に東アジアと国際社会の平和と安定に貢献するため、安全保障政策を改定することを2015年に日本の議会によって決定しましたが、あなたはそのことについて聞いたことがありますか。

(聞いたことがある / 聞いたことがない)
• スペイン (20% / 68%)
• フランス (25% / 66%)
• ポーランド (23% / 70%)
• ドイツ (20% / 79%)
• イギリス (14% / 76%)

Q:上の問いに「聞いたことがある」と回答した人は、その安全保障政策の変更をどのように評価しますか。

Total
• 非常に良い (35%)
• まあまあ良い (45%)
• 良いと答えた割合の合計 (80%)

• あまり良くない (14%)
• 非常に良くない (2%)
• 良くないと答えた割合の合計 (16%)

• わからない及び無回答 (4%)

国別(良いと答えた割合の合計 / 良くないと答えた割合の合計)
• イギリス (91% / 4%)
• フランス (88% / 7%)
• ポーランド (88% / 9%)
• スペイン (83% / 12%)
• ドイツ (62% / 34%)

 

■ 参照・引用:外務省ホームページ

▼ 欧州5ヵ国における対日世論調査 - 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page24_000648.html

▼ 欧州5ヵ国における対日世論調査結果 - 結果概要 (PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000165372.pdf

▼ Image of Japan in five European countries - 調査結果 (PDF/英語)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000165371.pdf



2016.7.27

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5)

これまで過去4回に渡って"YouTube"に投稿されている"Queen"関連のピアノ・カヴァー曲の中から、個人的に気に入っている演奏を紹介してきたのですが、今回はフレディのソロワークスに絞ってピックアップしてみました。毎回のことながら、これらもまた素敵な演奏ばかりです。

まずはフレディ初のソロアルバム"Mr. Bad Guy"から「Living on My Own / リヴィング・オン・マイ・オウン」。この曲はアルバムからシングルカットされたものの、イギリスでも50位止まりと、さほどヒットすることもなかったのですが、フレディの死後にリリースされたリミックス・ヴァージョンはイギリスで1位を記録した他、ヨーロッパ全土で大ヒットを記録したんですよね。

▼ Living on my own (Freddie Mercury) - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=cKhOkyxPelI

続いては、ミュージカル"Time"のサウンドトラックから「In My Defence / イン・マイ・ディフェンス」。この曲もまた、フレディの死後にシングルとしてリリースされ、母国のイギリスではトップ10に入る8位を記録しました。

▼ Freddie Mercury - In My Defence - Piano Cover
https://www.youtube.com/watch?v=80F_-HbHt4Q

そして、こちらは"Mr. Bad Guy"から「There Must Be More to Life Than This / 生命の証」。"Mr. Bad Guy"の中では個人的に最も好きな曲がこれなんですよね。

▼ Freddie Mercury - There Must Be More to Life Than This (Piano Instrumental Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=z1s0WZVqzag

最後はこれも"Mr. Bad Guy"から「Love Me Like There's No Tomorrow / 明日なき愛」。"Mr. Bad Guy"の最後に収録されていたのがこの曲で、この曲もアルバムの中では好きな曲のひとつ。

▼ Freddie Mercury - Love Me Like There's No Tomorrow - Piano Cover
https://www.youtube.com/watch?v=2C-gY6cRPu8

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7) - (2017年6月25日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6) - (2017年5月26日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)



2016.10.6

世界国別評判ランキング(2016年) - 主要先進国の国民に評判の良い国は?

G8 (Group of Eight) この国別評判調査 (Country RepTrak®) は、主に企業の価値、ブランド力、評判といった調査を行い、それを分析して経営戦略を提案している国際コンサルティング会社のレピュテーション・インスティテュー (Reputation Institute) 社がランキング形式で公表しているものです。

ただし、記事のタイトルにも記しているように、この調査は一般的な国別好感度調査と違い、「G8」、即ち、主要先進8か国の国民はそれぞれの国と地域にどういった印象を持っているかという観点で調査されたランキングになります。(注:その他の国の国民の評価もいくらかは調査に加えられているようです)

※ 補足
「G8」とは、主要先進国の「G7」(日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア)にロシアを加えた8か国のことを指します。

 

調査概要(抜粋)

■ Stakeholder Group (Target):
• G8 general public balanced to the country population on age and gender and controlled for region
• People who were "somewhat" or "very" familiar were allowed to rate a country.

■ Data Collection Method:
• CAWI (online interviews)

■ Sample:
• More than 58,000 ratings collected in Q1 2016

 

今回発表された「評判の良い国ランキング」は、G8諸国を対象に、各国の「経済」「環境」「政府」の3つのカテゴリーを軸に調査されたもので、その評価が数値化されランク付けされています。

主要先進国といえば、基本的には他国の援助を必要とせず、特定の国の影響力といったものも比較的少ない所為か、発展途上国の評価を含めた国の好感度調査等とは多少異なったランキングになっているところが興味深いところ。

又、それに加えて、「G8」といえば、日本以外は全て俗に言う白人国家と呼ばれる国々なので、調査結果でもその辺りが影響しているのか、上位を白人国家と呼ばれる国が占める結果になっていますが、それでも、14位とはいえ、非白人国家では最上位にランクされている日本も今回の調査では1位のスウェーデンと同じクラスとなる「strong / robust」(強靱で堅牢)に分類されています。

 

■ 2016 Country RepTrak® - 評判の良い国ランキグ

Strong / Robust   Avg. / Moderate   Weak / Vulnerable   Poor / Lowest Tier
• カッコ内の数値は評価スコア

  1. スウェーデン (78.34)
  2. カナダ (77.82)
  3. スイス (77.00)
  4. オーストラリア (76.84)
  5. ノルウェー (76.18)
  6. フィンランド (75.16)
  7. ニュージーランド (74.68)
  8. デンマーク (74.25)
  9. アイルランド (74.11)
  10. オランダ (73.90)
  11. オーストリア (72.44)
  12. イタリア (71.68)
  13. イギリス (71.08)
  14. 日本 (70.97)
  15. フランス (69.32)
  16. ベルギー (67.95)
  17. スペイン (67.73)
  18. ドイツ (67.55)
  19. ポルトガル (66.53)
  20. シンガポール (60.12)
  21. チェコ共和国 (58.73)
  22. コスタリカ (58.60)
  23. ペルー (58.56)
  24. ブラジル (57.75)
  25. 台湾 (57.69)
  26. タイ (57.00)
  27. ポーランド (56.71)
  28. アメリカ (56.32)
  29. アルゼンチン (55.66)
  30. ドミニカ共和国 (55.33)
  31. マレーシア (55.17)
  32. フィリピン (55.04)
  33. プエルトリコ (54.55)
  34. チリ (54.55)
  35. パナマ (53.87)
  36. パラグアイ (53.59)
  37. インドネシア (53.43)
  38. キューバ (52.11)
  39. モロッコ (51.99)
  40. ギリシャ (51.51)
  41. ベネズエラ (50.64)
  42. エクアドル (50.63)
  43. メキシコ (50.33)
  44. インド (50.29)
  45. 韓国 (50.28)
  46. アラブ首長国連邦 (50.27)
  47. ボリビア (49.86)
  48. ウルグアイ (49.57)
  49. 南アフリカ (49.21)
  50. グアテマラ (48.66)

  1. イスラエル (47.43)
  2. ホンジュラス (47.30)
  3. カタール (46.87)
  4. エルサルバドル (45.57)
  5. エジプト (45.22)
  6. ルーマニア (44.11)
  7. 中国 (44.08)
  8. トルコ (42.73)
  9. ウクライナ (42.54)
  10. コロンビア (42.46)
  11. カザフスタン (41.58)
  12. ニカラグア (41.08)
  13. アンゴラ (40.95)
  14. アルジェリア (40.52)
  15. ロシア (39.82)
  16. ナイジェリア (36.37)
  17. サウジアラビア (36.32)
  18. パキスタン (31.03)
  19. イラン (29.74)
  20. イラク (24.56)

 

全体を通して北欧の国が比較的評価が高い印象を受けますが、アジアでは14位の日本が一番高い評価で、続いて、シンガポール(20位)、台湾(25位)、タイ(26位)、マレーシア(31位)、フィリピン(32位)といった順で評価されています。

又、各種好感度調査では上位にランクされることが多いドイツ(18位)とフランス(15位)がこの調査では「Avg. / Moderate」(平均)のクラスに分類されており、日本以下の評価になっているのも注目点のひとつではないかと。推測ではありますが、もしかしたら最近取り沙汰されることが多くなった移民の問題というものも多少影響しているのでしょうか?

ちなみに、G8諸国では、全体のランキングでも2位のカナダが77.82ポイントで最も評価が高く、次いで、イタリア(71.68ポイント)、イギリス(71.08ポイント)、日本(70.97ポイント)、フランス(69.32ポイント)、ドイツ(67.55ポイント)、アメリカ(56.32ポイント)、ロシア(39.82ポイント)といった評価順になっています。

 

■ 2016 Country RepTrak® - The Most Reputable Countries in the World (1-50)
(Only 14 Countries have a Strong Reputation, and 50 Countries have a Weak or Poor Reputation)

世界国別評判ランキング 2016(1位〜50位)

 

■ 2016 Country RepTrak® - The Most Reputable Countries in the World (51-70)
(The Countries with Weak and Poor Reputation are the ones that are under a dictatorship or in a state of instability)

世界国別評判ランキング 2016(51位〜70位)

 

■ 直近3年のトップ10 (2014-2016)

世界国別評判ランキング 2016 (Top 10 Countries 2014-2016)

 

■ 参照・引用

2016 Country RepTrak® - The Most Reputable Countries in the World (PDF/英語)

※ PDF形式で作成されているため、ページが開くまで若干時間がかかります。



2016.11.6

Outlook.com のサインインに使用しているメールアドレスを変更する方法

長いこと「hotmail.com」のドメインを使ってきたので、そろそろ「Outlook」のドメインに変えようと思い、先日、変更作業を行ったので、その変更手順を記しておきます。

Outlook.com(旧 hotmail)のサインインで使用しているメールアドレスを変更する場合は、先にエイリアス(別アドレス)で別途に変更後のアドレスを作成しておく必要があるので、まずは、変更後に使用したいアドレス名で新たにメールアドレスを作成して、それを親アドレス(プライマリ エイリアス)に切り替えるといった手順を踏んで変更することになります。

勿論、親アドレス(プライマリ エイリアス)を既にエイリアスで作成しているメールアドレスに変更するだけなら、新たにアドレスを作成する必要は無く、管理ページで任意のアドレスに切り替えるだけです。

なお、エイリアスで新たにメールアドレスを作成する場合は、下記のページで別途に手順を記していますので、そちらを参考にしてください。

Outlook.com で、ひとつのアカウントから複数のメールアドレスを作成する方法 - (2013年3年14日)

 

■ メールアドレス (プライマリ エイリアス) を変更する方法

1. まずは、"Outlook.com"にサインインして、"Outlook.com"の受信トレイを開きます。

2. 画面上部にあるツールバーの中から歯車のアイコンをクリックして、「オプション」を選択します。

3. 左側の欄に表示されるの項目から「アカウント ▶ 接続されているアカウント」をクリック。

4. 右側の欄に「接続されているアカウント」の項目が表示されたら、ページの一番下(隠れている場合は右側に表示されるのスクロールバーを使ってページの下部に移動)にある「メールのエイリアス ▶ プライマリ エイリアスの管理や選択を行います」をクリック。

5. 「アカウントの保護 」のページが表示されたら、連絡用に登録しておいたアドレスを入力して、「コードの送信を」をクリック。(既にコードを持っている場合は「コードを持っている場合」をクリック)

6. 「コードの入力」のページが表示されたら、連絡用に登録しておいたアドレスに「Microsoft アカウント チーム」から「Microsoft アカウントのセキュリティ コード」のメールが届いていることを確認して、そこに記されている「セキュリティ コード」を「コードの入力」のページの入力欄に入力して「送信」をクリック。

※ 次回からはコード入力の手順を省きたいという場合は「このデバイスでは頻繁にサインインするので、コードの入力は不要にする。」にチェックマークを入れてから「送信」をクリック。

7. 「Microsoft にサインインする方法の管理」のページが表示されたら、登録したアドレス(プライマリ エイリアス)と共に、これまでに作成した「アカウント エイリアス」が表示されるので、アドレスの横に表示される「プライマリにする」をクリックして、新しいメールアドレスをプライマリ エイリアス(親アドレス)として設定し直したらこれで完了です。

変更前にプライマリ エイリアスとして使用していたメールアドレスはプライマリではなくなった後もそのまま他のエイリアスと同様にメールアドレスとして使用できますが、今後は使用しないという場合は、アドレスの横に表示されている「削除」をクリックしてメールアドレスを削除します。

変更が完了したら、「Microsoft アカウント チーム」から「Microsoft アカウントのセキュリティの確認」というタイトルで、プライマリ エイリアスが変更された旨のメールが送信されてくるので、それが確認できれば全て終了です。



2016.12.21

面白い目の錯覚とトリック・アート

もうすぐクリスマスだし、今年も残りあとわずかという時期になってきたので、何か楽しそうなものをと思い、自分が今年見た中で特に印象に残っている目の錯覚とトリック・アートをいくつかピックアップしてみました。

まずは、パッと見ただけでは黒い点がいくつあるのか判別しにくいこちらの幾何学模様。ラインに沿ってひとつずつ目で追っていけば、数えることができるものの、全ての黒い点を同時に見ることはできないそうです。画像の中央に焦点を合わせると左右の2個しか見えないし(笑)。これを3秒ほど見せて何個あるかを正しく答えられる人はまずいないんじゃないかと。黒い点の数を変えればちょっとしたゲームにも使えそう。

面白い目の錯覚とトリック・アート-1

▼ This isn't a gif. Your eyes just can't see all 12 back dots at the same time.
http://imgur.com/PjSW9Qr

ちなみに、こういう錯覚を「錯視」と呼ぶそうです。

※ 錯視(ウィキペディア)
錯視(さくし、英: optical illusion)とは、視覚に関する錯覚のことである。俗に「目の錯覚」ともよばれる。生理的錯覚に属するもの、特に幾何学的錯視については多くの種類が知られている。だまし絵とは異なる原理による。

更に掘り下げてみると、この錯視は「円盤消失錯視」と呼ばれるものの一種みたいですね。

▼ Illusion Forum イリュージョンフォーラム - 錯視 / 明暗の錯視 / 円盤消失錯視
http://www.kecl.ntt.co.jp/IllusionForum/v/extinction/ja/index.html

 

続いては、ビックリの3Dイリュージョン。実はこの写真の中には実物じゃなく、平面の紙に描かれたものがあります。

面白い目の錯覚とトリック・アート-2

▼ こちらがその動画。なるほど、そうなっているんだと思いながら観ていると、動画の最後では、更に驚きの結末が・・・。

▼ Super Clever Sunglass Illusion
https://www.youtube.com/watch?v=dhuUhaNIWLQ

 

最後は、手に描く錯視アート。

面白い目の錯覚とトリック・アート-3

▼ こちらがその動画。くすぐったがりの人には無理かも(笑)。

▼ Hand Art 3D : Hole and A Scale Drawing
https://www.youtube.com/watch?v=gprr8ARtml8



2016.12.28

パーキンソン病と診断された人が絵を描きたいという衝動に駆られて描いた絵画作品

Paintings of my Mother - Album on Imgur

こちらは画像アップロード・サイト「Imgur.com」に「Paintings of my Mother / 私の母の絵画」というタイトルでアップロードされている絵画で、自分が今年見た中で最も印象に残った絵画でもありました。 サイトにある紹介文によると、投稿者の母親が絵を描き始めたのは、彼女がパーキンソン病と診断された後からそうで、絵を描きたい衝動に駆られるのは、薬の副作用によるものらしいです。そして、紹介文の最後は「彼女の絵を愛している」という言葉で締めくくられています。

 

▼ 「春」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「羊と魚」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「鳥と魚」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「ハンブルグ街を覆うピンク色のウィルス」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「スマイル」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「赤いベッドの上のシーバス」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ 「カメ」

Paintings of my Mother - Album on Imgur

 

▼ その他の作品についてはこちらをご覧ください。

Paintings of my Mother

Reddit Pics - Paintings of my Mother


Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.