Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2016 / 1-6


2016.1.1

2015年度 プレイカウント・トップ 100

   Top 100 - My iTunes Play Count / 2015

  1. Love Kills - the ballad / Queen
  2. There Must Be More To Life Than This / Queen & Michael Jackson
  3. Shooting Star (流れ星) / Kaori Kobayashi
  4. Symmetry / Mew
  5. Let Me In Your Heart Again / Queen
  6. Comforting Sounds / Mew
  7. Looking Forward (涙のあとに) / Kaori Kobayashi
  8. See You (エンディング) / Kaori Kobayashi
  9. Her Voice Is Beyond Her Years / Mew
  10. She Came Home For Christmas / Mew
  11. Behind The Drapes / Mew
  12. Place In The Sun (陽だまり) / Kaori Kobayashi
  13. 156 / Mew
  14. She Spider / Mew
  15. Am I Wry? No / Mew
  16. Snow Brigade / Mew
  17. Eight Flew Over, One Was Destroyed / Mew
  18. You're There / Agnetha Fältskog
  19. Wherever / Mew
  20. I Won't Let You Go / Agnetha Fältskog
  21. EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/. / KOKIA
  22. Nothing To Lose [Live] / UK
  23. We Move As One / Agnetha Fältskog
  24. Turn The World Around / Agnetha Fältskog
  25. Speaking Of Love / Air Supply
  26. I Won't Let You Go [Extended Version] / Agnetha Fältskog
  27. KARMA / KOKIA
  28. King Christian / Mew
  29. Love Conquers Time / Air Supply
  30. High Flyer (ハイ・フライヤー) / Kaori Kobayashi
  31. Now and Forever (キミがいた場所) / Kaori Kobayashi
  32. Night After Night [Live] / UK
  33. Rendezvous 6.02 [Live] / UK
  34. As Long As You Want Me Here [Live] / UK
  35. Stronger Than The Night / Air Supply
  36. Valkyrie / Asia
  37. Eldorado / E.L.O.
  38. The Fighter (ザ・ファイター) / Kaori Kobayashi
  39. Sunny Orange (太陽のオレンジ) / Kaori Kobayashi
  40. One Of Us / ABBA
  41. Something That You Said / The Bangles
  42. You Don't Know Me At All / Don Henley
  43. Light And Shadow (光と影) / Kaori Kobayashi
  44. 沈黙 / KOKIA
  45. 大きな背中 / KOKIA
  46. Presto Vivace [Live] / UK
  47. Bijin-Kyoshi At The Swimming School / Yukihiro Takahashi
  48. Blue Colour Worker / Yukihiro Takahashi
  49. Angeleyes / ABBA
  50. Thank You For The Music / ABBA

  1. That's Me / ABBA
  2. Head Over Heels / ABBA
  3. I Wonder (Departure) / ABBA
  4. The Earth Is... / Air Supply
  5. Ask Me No Questions / The Bangles
  6. Lost at Sea / The Bangles
  7. Lotus Intro / Christina Aguilera
  8. Empty Words / Christina Aguilera
  9. The Heart Of The Matter / Don Henley
  10. Daybreaker / E.L.O.
  11. Everyone's Born to Die / E.L.O.
  12. Waterfall / E.L.O.
  13. Nightrider / E.L.O.
  14. Dream (いつか見た夢) / Kaori Kobayashi
  15. I Should Have Been a Tsin-Tsi (For You) / Mew
  16. The Fairy Feller's Master-Stroke [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  17. Liar [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  18. In The Lap Of The Gods... Revisited [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  19. Alaska [Live] / UK
  20. Time To Kill [Live] / UK
  21. Knowing Me, Knowing You / ABBA
  22. Super Trouper / ABBA
  23. The Way You Are / Agnetha Fältskog & Ola Håkansson
  24. Underneath / Alanis Morissette
  25. Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas / Asia
  26. Nickel Romeo / The Bangles
  27. I Will Take Care of You / The Bangles
  28. Goodnight Louise / Boz Scaggs
  29. Army of Me / Christina Aguilera
  30. The Last Worthless Evening / Don Henley
  31. From the Sun to the World (Boogie No.1) / E.L.O.
  32. Fire On High / E.L.O.
  33. Waterfall [instrumental Mix] / E.L.O.
  34. Even In The Shadows / Enya
  35. I've Got Mine / Glenn Frey
  36. 足音 / KOKIA
  37. 言の葉 / KOKIA
  38. Father To Son [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  39. White Queen (As It Began) [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  40. Great King Rat [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  41. Seven Seas Of Rhye [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  42. Flick Of The Wrist [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  43. In The Lap Of The Gods [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  44. Play The Game / Queen
  45. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) / Queen
  46. In The Dead Of Night / UK
  47. Stop In The Name Of Love / Yukihiro Takahashi
  48. The Name Of The Game [ABBA GOLD Version] / ABBA
  49. My Love, My Life / ABBA
  50. Slipping Through My Fingers / ABBA




2016.1.28

2016年度の各国の国連分担金比較

2016年度の各国の国連分担金が外務省のウェブサイトで公表されています。

■ 国連分担金の多い国トップ10(2016年)
※ カッコ内の数値:分担率(%) / 分担額(単位:百万ドル)

  1. アメリカ (22.000 / 594.0)
  2. 日本 (9.680 / 237.0)
  3. 中国 (7.921 / 193.9)
  4. ドイツ (6.389 / 156.4)
  5. フランス (4.859 / 119.0)
  6. イギリス (4.463 / 109.3)
  7. ブラジル (3.823 / 93.6)
  8. イタリア (3.748 / 91.8)
  9. ロシア (3.088 / 80.7)
  10. カナダ (2.921 / 71.5)

昨年度に比べて分担率と分担額の増加が目立つのが、中国、ブラジル、ロシアの3か国で、中国は昨年の6位(分担率:5.148 / 分担額:139.7)から3位(分担率:7.921 / 分担額:193.9)へ、ブラジルは昨年の10位(分担率:2.934 / 分担額:79.6)から7位(分担率:3.823 / 分担額:93.6)へ、そしてロシアは昨年の11位(分担率:2.438 / 分担額:66.2)から9位(分担率:3.088 / 分担額:75.6)へと上昇しています。ただし、中国に関して言えば、GDPと比較してもまだまだ拠出金は少ない印象。

ちなみに、国連予算に対する分担率は3年ごとに見直しが行われるようになっており、各国の分担率が昨年と変わっていることからも分かるように、2016年の今年は見直しが行われた年になっています。又、分担率の上限は22パーセントと定められています。

 

▼ 2015年と2016年の国連通常予算分担率・分担金の比較

2015年と2016年の国連通常予算分担率・分担金の比較"

 

▼ 参照・引用:2014〜2016年国連通常予算分担率・分担金(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jp_un/yosan.html



2016.4.20

アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査)

世論調査の先駆け的存在であり、ギャラップ調査 (Gallup Poll) で知られる世界を代表するアメリカの世論調査会社「ギャラップ」が毎年行っている各国に対する好感度調査が今年も2月に行われており、その調査結果が発表されています。

今回の調査対象国の中でアメリカ人が好感を持っている国のトップとなったのは昨年に引き続きカナダ(93%)で、続いてイギリス(90%)、フランス(87%)、ドイツ(85%)、日本(82%)と、上位5か国の順位も昨年の2015年と同じ結果になっています。(カッコ内の数字は好ましいとした割合)

なお、今年の調査の評価対象とされた国は以下の21か国で、今回も近隣諸国並びに、良し悪しに関わらず、国の動向がアメリカの情勢に少なからず影響を及ぼしそうな国が選ばれているようです。

93% カナダ
90% イギリス
87% フランス
85% ドイツ
82% 日本
75% インド
73% ブラジル
71% イスラエル
59% メキシコ
54% キューバ
53% エジプト
44% 中国
37% サウジアラビア
30% ロシア
21% パキスタン
19% パレスチナ自治政府
15% アフガニスタン
15% イラク
14% イラン
12% シリア
8% 北朝鮮

※ パレスチナ自治政府
パレスチナについては、2016年3月の時点で、国際連合加盟国(193か国)中、136か国が国家として承認していますが、アメリカや日本はパレスチナを国家として承認をしていないため、アメリカや日本での表記は「The Palestinian Authority / パレスチナ自治政府」となります。

 

▼ 「favorable (好ましい)」と「unfavorable (好ましくない)」の比率を示したグラフ

アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査)

 

▼ 昨年との比較(上位5か国)

上位5か国の順位は昨年と同じながらも、昨年は好意的な評価が共に90%を超えるカナダとイギリスへの好感度が頭ひとつ抜き出ているといった印象だったのが、今年はそれに続くフランスが昨年より5ポイント上昇して過去最高の評価を得たことから、上位2か国とかなり肉薄した結果となっています。又、そのフランスに続くドイツが昨年比で+4ポイント、そして日本が昨年比で+2ポイントと、これらの国への評価も昨年より上がっていることから、上位5か国間の差については昨年より若干縮まっているのが今年の特徴。

アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査) - 昨年との比較

 

▼ 上位5か国への評価割合

アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査) - 上位5か国への評価割合

 

▼ 日本に対する年度別評価割合(1989年〜2016年)

アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査) - 日本に対する評価の推移

 

■ 参照・引用

▼ ギャラップの調査結果 - Country Ratings 2016
http://www.gallup.com/poll/1624/perceptions-foreign-countries.aspx

▼ ギャラップの調査結果 - France's Favorable Rating in U.S. Zooms to 87%, a New High
http://www.gallup.com/poll/189602/france-favorable-rating-zooms-new-high.aspx

▼ 関連記事
アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査) - (2015年6月4日)



2016.4.27

ドコモポイントで被災地支援募金に参加

昨年は「ネパール中部地震被災地支援募金」にドコモポイントを使って募金に参加したのですが、あれから1年経って、またポイントがいくらか溜まったので、以前から溜まっていたポイントを加えて、今回もまたドコモポイントで「熊本地震災害支援募金」に参加しました。

この、ドコモポイントを使った募金とはどういうシステムかというと、募金に寄付したポイント分の額をNTTドコモが寄付先に寄付するというものです。

やり方は簡単で、基本的にはNTTドコモのサイトにあるポイント交換のページから「熊本地震災害支援募金」を選択して、使用するポイント分の口数を入力するだけです。

現在はこの「熊本地震災害支援募金」の他に、「エクアドル地震災害支援募金」もポイントを使った募金ができるようになっているので、実を言うと、私自身は両方にポイントを振り分けて募金に参加したのですが、先に述べたように基本的には使用するポイント分の口数を入力するだけで簡単に行えるので、もし、これからポイントを使って「熊本地震災害支援募金」に参加しようと思っている人がいれば、そのうちの何ポイントかを「エクアドル地震災害支援募金」に振り分けるということも考えられてみてはいかがでしょうか。なお、申し込みの受付期限は、どちらも、2016年5月31日(火曜)午後5時までとなっています。

現在利用できるポイントは下記のアドレスで確認できます。

▼ d POINT CLUB
https://dpoint.jp/ctrw/web/index.html

過去にログインしたことがある場合は、アクセスしただけで現在利用できるポイント数が表示されますが、ログインしたことがない場合はログインが必要なので、「ログインしてください」をクリックしてログイン画面が表示されたら、「ID」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックしてログインします。

※ ご注意
一度ログインを行うと次回以降、ニックネーム、dポイント情報、利用履歴等の情報が自動的に表示されるので、共有のパソコンを使用している場合や、第三者が使用する可能性があるパソコン・タブレットをご利用の場合には、ご注意ください。ログアウトしたい場合はページ下にある「ログアウト(dアカウント)」をクリックします。

又、別の「dアカウント」でログインを行う場合は同じくページ下にある「ログイン(別のdアカウント)」をクリックして行います。

ログインしたら、左上に現在利用可能なポイントが表示されます。

アカウントを持っていない場合は下記のアドレスから「dアカウント」を発行して、「ID」と「パスワード」を入手します。

▼ dアカウント発行
https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi8/id/register

※ 「dアカウント」は、ドコモが提供するサービス共通のアカウントです。
ドコモの端末、回線(FOMA/Xi)をお持ちでないお客様も、無料で発行いただけます。
「docomo ID」をお持ちの方は、そのまま「dアカウント」としてご利用頂けます。

熊本地震災害支援募金へのポイントを使った寄付は下記のページから行います。

▼ d POINT CLUB - 平成28年熊本地震災害支援募金
https://dpoint.jp/ctrw/web/use/charity/charity_use_detail.html

先にポイント確認で記したページ(d POINT CLUB)からもアクセスできます。

▼ d POINT CLUB
https://dpoint.jp/ctrw/web/index.html

「d POINT CLUB」からアクセスするには、ページ上部にある『平成28年熊本地震災害支援募金』 『2016年エクアドル地震災害支援募金』を受付中をクリックするか、
ページ左下の「お知らせ」内にある「平成28年熊本地震災害支援募金 - 平成28年熊本地震における被災者・被災地に対するdポイント/ドコモポイントでの募金を受付中です。」をクリック。

▼ ポイントを使って募金に寄付する方法

募金のやり方は簡単で、上に記したページから「数量」を入力して、あとは確認をするだけです。

1. まずは、ページ右下にある「数量」の欄に口数を入力します(入力は半角英数)。
※ 1口が100ポイントなので、数量「1」につき「100ポイント」を寄付するということになります。又、NTTドコモからは100ポイント=100円として寄付先に寄付されます。
※1回につき99,999口まで申込み可能です。

2. 数量を入力したら、横にある「交換する」をクリック。

3. 「パスワード確認」のページが表示されるので、パスワードを入力して「パスワード確認」をクリック

4. 「ポイントをつかう」のページが表示されたら、「ご利用ポイント数」と「数量」を確認します。

5. 「メール配信」の項目にある「ご注文内容確認メール配信」は、デフォルトでは「希望する」にチェックマークが入っているので、注文内容の確認メールを受信するメールアドレスを入力欄に入力して、その下の確認欄にも同じアドレスを再入力します。確認メールが必要ない場合は「希望しない」をクリックします。

ページ下の「▶ 次へ(変更内容の確認)」をクリック。

6. 「ポイントをつかう」のページが表示されたら、内容を確認して、何も問題が無ければ、ページ下の「▶ 申込む」をクリック。

7. 「ポイントをつかう」のページに「お手続き完了」が表示されたら全て完了です。

NTTドコモの「d POINT CLUB / 災害支援募金」のページにも記してありますが、一応、こちらにも募金に関する補足事項を転記しておきます。

d POINT CLUB - 平成28年熊本地震災害支援募金

▼ d POINT CLUB - 平成28年熊本地震災害支援募金のページ
https://dpoint.jp/ctrw/web/use/charity/charity_use_detail.html

【寄付先】
・日本赤十字社
・社会福祉法人中央共同募金会

※日本赤十字社への寄付金は、義援金として被災者の方へ直接届けられます。
※社会福祉法人中央共同募金会への寄付金は、災害ボランティアの活動支援金に充てられます。

【お申込み受付期間】
2016年4月16日(土曜)午後6時〜2016年5月31日(火曜)午後5時

d POINT CLUB - 2016年エクアドル地震災害支援募金

▼ d POINT CLUB - 2016年エクアドル地震災害支援募金のページ
https://dpoint.jp/ctrw/web/use/charity/charity2_use_detail.html

【寄付先】
日本赤十字社

※寄付金は、エクアドル赤十字社が実施する救援活動に充てられます。

【お申込み受付期間】
2016年4月22日(金曜)午後5時〜2016年5月31日(火曜)午後5時



2016.5.9

念願の縄文式土器と弥生式土器を手に入れる

とは言っても、勿論、本物ではなく、ミニチュアのレプリカなんですが、こんなものが欲しいいなと小学生の頃に思っていたことはずっと覚えていたんですよね。

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(火焔型土器 / 縄文式土器)

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(弥生式土器)

実を言うと、小学生の頃は、縄文式土器と弥生式土器に限らず、社会科の教科書に載っていた土器や青銅器、それに埴輪や土偶といったものに惹かれていて、小学校を卒業すると同時に、待ってましたと言わんばかりに教科書に掲載されていたこれらの土器や土偶の写真を切り取ってスクラップブックを作っていたりしていたほどでした。

まぁ、小学生とは言っても、本物を手に入れるのは無理だと分かっていたので、小さくてもいいからレプリカのようなものがあれば欲しいなと思っていたわけですが、まさか、欲しかったそれらをまとめて手に入れることができる夢のような時代が来ようとは(笑)。

▼ 歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(全12種)

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器

■ 歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(全12種)
■ メーカー:エポック
■ 内容:1. 銅鐸 / 2. 三角縁神獣鏡 / 3. 踊る埴輪(男性) / 4. 踊る埴輪(女性) / 5. 火焔型土器 / 6. 弥生式土器 / 7. 遮光器土偶 / 8. 馬埴輪 / 9. 武人埴輪 / 10. ハート型土偶 / 11. ヴィーナス土偶 / 12. みみずく土偶

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器

と、まぁ、値段を見ても分かるように、随分と安上がりな夢だったわけですが(笑)、実はこれ、ガチャガチャとかガチャポンという俗称で知られるカプセルトイと言われる玩具で、小型の自動販売機に硬貨を入れてレバーを回すとカプセル入りの玩具が出てくるという販売方法で売られているものなんです。

でも、実際は何が出てくるかは分からないので、これらを全部揃えるのも大変なのですが、ネットではこういった類のカプセルトイのシリーズ全種が揃ったものが販売されていて、アマゾンのような大手のオンラインショップからでも簡単に買えるんですよね。

ということで、定価よりやや高めだったものの、私自身は、これら全12種がセットになったものをオンラインショップで買ったわけですが、仮にこれを実際に自販機で買っていたら、多分、全部揃えるにはこれ以上の額になっていたのではないかと思いますね。まぁ、自販機で全部揃えるまで買い続けるのも面倒だし、そもそも、このシリーズがどこに置いてあるかも分からないし、それに、いい年した大人がガチャガチャを占有してやり続けているというのもなんですしね(笑)。

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器

縄文式土器(火焔型土器)と、弥生式土器以外にも、遮光器土偶や馬埴輪なんかも小学生の頃は欲しかったもので、何気に銅鐸とか銅鏡(三角縁神獣鏡)などにも惹かれていたんですよね。

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器 (2016年調査)

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(遮光器土偶・ハート型土偶・ヴィーナス土偶) いつでも手にとって眺められるようにこれらを机の上に置いているのですが、これが思った以上に見てるだけで楽しいんですよね。パソコンでアレコレやってるときなど良い気分転換にもなりますし、縄文式と弥生式の二つの土器なんかはスミレなどの小さい花の一輪挿(いちりんざし)にも活用できます(笑)。

定価が1個200円とはいえ、結構精巧な作りで、体の一部が欠損していたり、切断された状態で発見されることが多い遮光器土偶(三体の写真の左側)なんかは、片足が取り付け式になっているので、実物の出土品(青森県亀ヶ岡遺跡出土)のように外した状態にもできます。

※ 補足 1
遮光器土偶 (しゃこうきどぐう)の一部が欠損していたり、切断された状態で発見されることが多い理由としては、多産や豊穣を祈願するための儀式において土偶の体の一部を切断していたのではないかと考えられている。

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(遮光器土偶) ※ 補足 2
遮光器土偶という名称については、土偶の目にあたる部分がイヌイットやエスキモーが雪中行動する際に着用する遮光器のような形をしていることから付けられたもので、実際は遮光器を付けた姿の表現ではなく、目の誇大表現と考えられている。

それでも、カナダ北部等の氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系諸民族の1つで、エスキモー最大の民族であるイヌイットが人種的には日本人と同じモンゴロイドであるのは興味深いところ。

▼ ウィキペディア〜木の板に薄い覗き穴が空いているイヌイットが用いた遮光器(ゴーグル)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/Eskimo_snowgoggles.jpg

 

「歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器」シリーズ全12種

▼ 銅鐸 / どうたく

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(銅鐸)

▼ 三角縁神獣鏡 / さんかくぶちしんじゅうきょう

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(三角縁神獣鏡)

▼ 踊る埴輪 / おどるはにわ(男性)

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(踊る埴輪 - 男性)

▼ 踊る埴輪 / おどるはにわ(女性)

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(踊る埴輪 - 女性)

▼ 火焔型土器 / かえんがたどき

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(火焔型土器)

火焔型土器(または火焔土器)は縄文時代中期を代表する縄文式土器の一種で、燃え上がる炎を象ったかのような形状の土器を指す。

燃え上がる炎を象ったかのような形状の火焔型土器(または火焔土器)は縄文時代中期を代表する縄文式土器の一種で、縄文式土器といえば多くの人がこの土器を思い浮かべるのではないでしょうか。

▼ 弥生式土器 / やよいしきどき

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(弥生式土器)

▼ 遮光器土偶 / しゃこうきどぐう

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(遮光器土偶)

▼ 馬埴輪 / うまはにわ

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(馬埴輪)

▼ 武人埴輪 / ぶじんはにわ

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(武人埴輪)

▼ ハート型土偶 / ハートがたどぐう

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(ハート型土偶)

▼ ヴィーナス土偶 / ヴィーナスどぐう

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(ヴィーナス土偶)

▼ みみずく土偶 / みみずくどぐう

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器(みみずく土偶)

 

歴史ミュージアム - 埴輪と土偶 + 土器&青銅器 個人的には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの聖火台は、是非ともこの火焔型土器(縄文式土器)をベースにしたデザインにして欲しいところですね。

なんたって、火焔型土器というのは、先にも記したように、燃え上がる炎を象ったかのような形状の土器を指す名称でもありますしね。

まぁ、でも、その聖火台のミニチュア・レプリカが販売されたりしたら間違いなく欲しくなると思います(笑)。というか、プレート付きで販売したら結構売れるんじゃないでしょうかね。



2016.5.14

子供の頃に欲しかった三葉虫の化石を手に入れる

こちらは同じく小学生の頃に欲しかった三葉虫の化石。実際は結構前に叶えた夢で、こちらのウェブサイトの方でも2009年に記事にしていたのですが、前回の記事が、小学生の頃に欲しかった縄文式土器と弥生式土器を手に入れたという内容の話だったので、子供の頃に欲しかったもの繋がりということで再びとりあげてみました。

それでも、縄文式土器と弥生式土器は本物ではなく、ミニチュアのレプリカでしたが、こちらは同じものが二つと存在しない本物です。

三葉虫(エルラシア)の化石

まぁ、本物とはいっても、縄文式土器と弥生式土器のミニチュア・レプリカと同様に、こちらも意外と安かった少年時代の夢ではあるんですけどね(笑)。

本物の三葉虫の化石と言うと、知らない人は結構高そうに思うかもしれませんが、実際はそれこそピンキリで、それなりの値段のものもあれば、子供のお小遣いでも買えそうなくらい安いものまで様々です。

又、ひとくくりに三葉虫とは言っても、様々な種類があって、その種類によって市場価格も大きく違ってくるようですが、私が手に入れたのは、三葉虫と言えば大抵はこの写真が出てくるほど最も有名な種類のひとつであるエルラシア(Elrathia Kingi / エルラシア・キンギ)です。いやぁ、これが欲しかったんですよね。

しかも、嬉しいことに、このエルラシア、けっこう採掘量が多いらしく、先に述べたように、子供でも買えそうなくらいの値段で買えるんですよね(状態によって多少の価格差はあるようですが、安いものだと1,000円を切るくらいの価格で販売されています)。まぁ、エルラシア自体が割と小さい種(体長は概ね10ミリ〜20ミリ程度)なんで、それも価格が安い理由のひとつなのかもしれません。ということで、さすがにこのサイズだと、飾っておいても近くに寄って見ない限りは何なのか分からないですし、ディスプレイには適さない代物ですが、個人でニンマリと楽しむには場所もとらなくていいです。

でも、写真だけで見てた小学生の頃は、こんなに小さいものだとは全然思ってなかったんですよね。というか、私自身はこれを買うときに表記されていたサイズを見て初めてその大きさを知ったのですが、それでも今は、このサイズだからこそ、更に愛着が湧いたように感じています。自分が買ったものだと、小さいながらも目の部分も確認できるし、愛くるしいんですよね。 ついでに言えば、こういうのが苦手な人もこのサイズなら割と大丈夫なんじゃないかと思います(笑)。

三葉虫(エルラシア)の化石

ただ、このエルラシアは、販売価格がさほど高くないということもあり、値段の高いもののように、個別に写真が掲載されて販売されていることは少ないようで、形や状態は来るまで分からないという販売形式で売られていることが多いようです。

まぁ、こういった化石類のものは、それが本物であるかどうかはそれなりの機関で検査しないことには分からないので、信頼できそうな販売店を探して、その販売店を信用して買うしかないのですが、このエルラシアについていえば、本物ですら低価格で取引されているものの偽物を作っても利益も出ないでしょうから、偽物が流通している確率はかなり低いと思います。

標本データ
■ 時代:古生代カンブリア紀中期
■ 産地:アメリカのユタ州
■ 標本サイズ:体長約22ミリ

小学生の頃は、通っていた学校付近がかつては海だったということを知ってからというもの、ひょっこり三葉虫の化石が見つからないかと、学校の帰り道にある切り開かれた崖の所を探したりもしていたわけですが、先にも述べたように、こんなに小さいとは思ってもいなかったので、もしかしたら見逃していたのかも(笑)。まぁ、当時は5センチ〜10センチ程度の大きさを想定して探していましたからね〜。ちなみに、この三葉虫、日本では極一部の限られた場所でしか採掘されておらず、あまり出土しないらしいです(笑)。いや、三葉虫は無理でも、教科書に載っていたシダや魚の化石ぐらいは見つかるんじゃないかと思って探していたんですけどねぇ・・・・。

実を言うと、最初から三葉虫の化石を買おうとしていたわけではなく、当初は本物の三葉虫の化石なんて到底買えないだろうとハナから諦めていて、レプリカでもあれば買って机の上に置いておきたいなみたいなことを考えてネットで探していたんですよね。そしたらなんと本物の化石が普通に売られていてビックリしたんですよね。しかもアマゾンでも買えるし(笑)。

三葉虫(エルラシア)の化石

その後は母岩付きのエルラシアも欲しくなったので、そちらも購入。ただし、こちらは以前にも増してちっこいサイズで体長は11ミリ程度。前回購入の切り出したエルラシアの化石の丁度半分の大きさです。先にも述べたように、一般的に見られるエルラシアの体長は概ね10ミリ〜20ミリといったところなので、こちらは小さい部類に入るエルラシアということになりますね。いやぁ、それでも、これが約5億5千万年前に生きていた生物の化石だと思うと感慨深いですね。

標本データ
■ 時代:古生代カンブリア紀中期
■ 産地:アメリカのユタ州
■ 標本サイズ:体長約11ミリ

やっぱり、小さいサイズの化石は見栄えがしないんで、このように母岩付きという形で売られるのでしょうかね。まぁ、それ以前に切り出しが困難という理由があるのかもしれませんが。まぁ、別に大きいサイズが欲しかった訳でもないのでこれといって特に不満も無し。と言うか、これまたちっちゃくてカワイイこと。

※ 補足 1
三葉虫という名称は、上部から見た甲羅(背板)の部分が、右側、中央、左側と3つに分かれていることから付けられたもので、英語名の「Trilobite / トリロバイト」はギリシャ語の「trílobos(三葉の)」が語源だとのこと。

※ 補足 2
現在、発見されている三葉虫の化石で最も大きいものは全長が60センチもあり、小さいものは1センチにも満たない。又、幼生の化石も発見されており、最も小さな子供は直径0.2ミリほど。

アンモナイトの化石

そして、こちらは、三葉虫と同様に意外と安く買えるアンモナイトの化石。

標本データ
■ 時代:中生代ジュラ紀中期
■ 産地:フランスのポアトゥシャラント地方
■ 標本サイズ:体長約50ミリ

実は、このアンモナイト(M サイズ)も、「約45mm〜55mm」の表記を見るまでは、ずっと20〜30センチ位のイメージを持っていたんですよね。でも、こんなちっちゃい中にタコかイカみたいな生物が入っていたと考えると、こちらもまた何とも可愛らしい感じがします。恐竜同様に、アンモナイトもまた正確な色は解明されていないらしいですが、きっと様々な色や模様の入ったものがいたんでしょうね。このアンモはいったいどんな色と模様をしていたんだろうか・・・。

※ 補足 3
アンモナイト亜綱の動物は、殻の直径で数センチから十数センチ程度のものが多いが、中には大きな種も存在し、これまでに発見された中では殻の直径が2メートルに達するものもある。

※ 補足 4
色が付いていたり、色模様のあるアンモナイトの化石が見つかることもあるが、これは鉄分やマンガンなどが付着したり、地層中の成分が影響して色が付いたもので、生きていた時の元々の色は分かっていない。

※ 補足 5
日本では北海道がアンモナイトの世界的産地の一つとして知られており(アンキロセラス類の産地として有名)、これまでに600種類以上が発見されている。



2016.5.17

ホームページ移転のお知らせ

私が使っている「@nifty」提供のホームページサービスが2016年9月29日をもってサービスを終了するとのことなので、このサイトも近々移転させる予定です。

とは言っても、移転先は同じ「@nifty」の新たなホームページサービスになるだけなので、このサイトの内容自体に大きな変化は無いのですが、アドレスが変わってしまうので、その点をご了承くださいませ。

移転が決まったら、何れまた、こちらで新たなアドレスと共にお知らせすることになると思いますが、もしかしたら移転と同時にこちらの方は削除されるかもしれないので、場合によっては、そのまま通知無しで移転するかもしれません。ただし、移転後も暫くの間(2018年3月29日15時まで)は現在のアドレスにも移転通知の表示がされるようなので、暫くぶりにアクセスされても特に問題は無いかと思います。

暫く前には、ホームページ用に割り当てられた総容量がマックスに達して、これまでにアップした画像をことごとくリサイズして容量を確保したことがあったのですが、移転先は割り当てられる総容量がこれまでの20倍あるので、今後は容量の心配も無さそうです。




2016.5.22

移転完了

ということで、とりあえずはこのサイトの移転が無事完了しました。

一応、昨日の朝から始めて、サイト自体はトラブルも無く比較的簡単に移転できたのですが、結果的には全てを完了させたのはその日の夕方頃でした(それでも、この日は腕と肩の痛みが酷くなかったのがせめてもの救い)。

というのも、"BBS"の"CGI"で引っかかってしまい、なかなか設置することができなかったんですよね。

久しぶりに"CGI"を扱ったということもあり、忘れていることも多くて、原因を探ろうにも、最初はその取っ掛かりの部分が掴めないというか、あれが原因なのかもといった推測すらできずにいた状態でしたからね。

そんなことから、簡単な部分から徐々に思い出しながら試して行ってようやく原因に辿り付けたのですが、実際は半ば諦めモードで、無いなら無いで別にいいかなと数時間は投げ出した状態でしたから、自分としては設置できたことの方が想定外といった感じでした。

まぁ、ほとんど稼動していない"BBS"なんですけどね(笑)。



2016.5.26

Mac の「メール」に Outlook.com のアカウントを設定するのは超簡単

Mac - メール 暫く前から"Mac"の標準メーラー「メール」で"Outlook.com"のメールが応答しなくなっていたのですが(「メールで、アカウント○○○に接続できません」というメッセージと共に、パスワードの入力を求める表示がされるものの、パスワードを再入力しても状況は変わらず再び同じことが繰り返されるという状態)、"Outlook.com"側で不具合でも起きているんだろうと、暫く放置していたものの、一向に回復しないので、"Outlook.com"のアカウントを再設定し直したらあっけなく復旧しました。

一応、これまでのアカウント設定はそのまま残して、新規でアカウントを設定してみたのですが、再設定後に確認したら、「IMAP ホスト名」と「ポート」がこれまでと変わっていたので、何かしら問題があったのかもしれません。以前の設定のままだとどうやらダメみたいです。

ということで、"Mac"の「メール」で、"Outlook.com"のメールが読み込めなくなったら、これまでのアカウント設定は一応そのまま残しておいて、新規でアカウントを設定して確認してみるのが手っ取り早いもしれません(同一のアカウントでは新規で作成することができない場合があるので、その場合は以前に設定したアカウントを削除してから行う必要があります)。

※ アカウントを削除すると、受信トレイにあるメールも全て削除されるので、受信トレイにあるメールを残したい場合は、記事の最後の方に記した受信メールの移動方法をご参照ください。

 

"Mac"の「メール」に"Outlook.com"(旧 Hotmail)のアカウントを設定する方法

"Outlook.com"のアカウントを設定するのはタイトルにも記しているように超簡単で、基本的には"Outlook.com"のサインインで使用している「メールアドレス」と「パスワード」を入力するだけでOK。メールサーバ等の細かい設定は全て自動で行ってくれます。

1. 「メール」を起動してパソコン画面上部のメニューバーから「メール」をクリック。

2. 表示されるメニューの中から「アカウントを追加...」を選択して、「追加するメールアカウントを選択...」の画面が「メール」内に表示されたら、一番下に表示される「その他のアカウントを追加...」をクリックして「続ける」をクリック。

※ 表示されるメニューの中から「アカウント...」を選択して、表示される「インターネットアカウン」の画面から一番下の「その他のアカウントを追加...」をクリックすると、「アカウントの種類を選択」の画面が表示されるので、一番上にある「メールアカウントを追加」にチェックマークが入っていることを確認して、そのまま「作成...」をクリックでもOK。

後は同じように次の「3」に進みます。

3. 「メールアカウントを追加」の画面が「メール」内にが表示されたら、「氏名」は"Mac"に登録している情報から自動で入力されているので、"Outlook.com"(旧 Hotmail)の「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「作成」をクリックすればこれで完了。

※ 「氏名」は後からでも変更できます。

4. 検証が終わり、問題が無ければそのまま「メール」の画面が表示されます(完了したことを伝えるメッセージのようなものは何も表示されません)。

設定完了後は、念のため、送受信のテストを行って問題が無いかを確認してください。

なお、受信トレイにある受信メールを新規で作成したアカウントのトレイへ移動したい場合は、移動したいメールのタイトルの上で右クリックして、表示されるメニューにある「移動 ▶ 」にカーソルを乗せると、移動先の候補が表示されるので、その中から移動先を選択してクリックします。複数の受信メールを一括で移動したい場合は、希望する複数の受信メールのタイトルを選択した後に右クリックして「移動 ▶ 」にカーソルを乗せて移動先を選択します。



2016.6.15

IE で Google の検索バーに入力した文字の下半分が表示されない問題を解決

今月の初め辺りから"IE (Internet Explorer) 11"で"Google"の検索バー(文字を入力する欄)に日本語で検索ワードを入力すると、文字の下半分が切れてしまうという現象が起こっていたのですが、"Google"側の問題だろうからと暫く放っておいたものの一向に改善されないことから、「インターネットオプション」の「閲覧の履歴」にあるにある「お気に入りWebサイトデータを保持する」の項目にチェックマークを入れて削除したところ無事正常な状態にに戻りました。"Google"のトップページにある検索バーも中央から右に伸びた状態だったし、一見しておかしい状態ではあったんですよね。

一応、他のブラウザーではこういう状態にはなっていなかったので"IE"だけで起こる特有の現象かとは思って、それ以前にも一度キャッシュ(履歴)をクリアしてみたことがあったのですが、どうやら、その時は「閲覧の履歴の削除」の一番上にある「お気に入りWebサイトデータを保持する」にチェックマークが入っていなかったために改善されなかったようです。

解決方法

1. 「ツール (T)」から「インターネットオプション (O)」を選択。

2. 「インターネットオプション」のウィンドウが開き、全般のタブの項目が表示されるので、「閲覧の履歴」にある「削除 (D)...」をクリック。

3. 新たに「閲覧の履歴の削除」のウィンドウが開くので、一番上の「お気に入りWebサイトデータを保持する (R)」にチェックマークが入っていることを確認して、一番下の「削除 (D)」をクリック。

4. 「閲覧の履歴の削除」のウィンドウは自動的に閉じるので、「インターネットオプション」のウィンドウの一番下にある「OK」をクリック。

5. 暫くすると"IE"の下部に「選択された閲覧の履歴が削除されました」とメッセージが入ったウィンドウが表示されるので、ウィンドウの右側にある×印ををクリックしてウィンドウを閉じたらこれで完了。



2016.6.27

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4)

これまでにも"YouTube"にアップされている"Queen"関連のピアノ・カヴァー曲の中から、個人的に気に入っている演奏をいくつか紹介してきたのですが、惹かれるピアノ・カヴァーは他にもまだまだ沢山あって、今回はそのパート4。前回同様に今回もまた素敵な演奏ばかりです。

まずはオペラ歌手のモンセラート・カバリエとの競演で話題になったフレディのソロアルバム"Barcelona"から、個人的にも好きな曲のひとつである「Guide Me Home / ガイド・ミー・ホーム」。

▼ Freddie Mercury & Montserrat Caballé - Guide Me Home (Piano Cover - Rob Hughes)
https://www.youtube.com/watch?v=8uXuon4iSHk

続いては、一足先にブライアンのソロアルバムで披露されたものの、その後は残されたフレディの音源を使ってフレディの死後にリリースされたアルバム"Made in Heaven"にも収録された「Too Much Love Will Kill You / トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー」。

▼ Queen - Too Much Love Will Kill You (Piano Cover - Rob Hughes)
https://www.youtube.com/watch?v=yIk0mIddxxQ

こちらは、アルバム「The Works / ザ・ワークス」からシングルにもなった「It's a Hard Life / 永遠の誓い」。

▼ Queen - It's a Hard Life ((Piano Cover - The Piano Fan)
https://www.youtube.com/watch?v=PIVPBDGTAWc

そして最後は、3ndアルバムの「Sheer Heart Attack / シアー・ハート・アタック」のラストに収録されている曲で、初期のライヴでもアンコール前のラストを締めくくる曲として演奏されていた「In the Lap of the Gods... Revisited / 神々の業」。

▼ Queen - In the Lap of the Gods... Revisited (Piano Cover - Pianist203)
https://www.youtube.com/watch?v=5TQMbiqSpvM

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7) - (2017年6月25日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6) - (2017年5月26日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.