Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2015 / 7-12


2015.7.1

「Gallery 1 / Part 9」を追加

というわけで、「Gallery 1 / Part 9」に1998年の作品12点をアップしました。17年前の足跡。

Gallery 1-9 (1996-1998)

ちなみに、「Gallery」の更新履歴は「Extra」のページにあります。



2015.8.21

iMac のドライブに CD や DVD のディスクが入らないときは

今年の春頃に"iMac"本体からCDが排出されない事態になってちょっぴり焦ったことがあったのですが、今度はCDが挿入できないという事態に(笑)。

先日、CDを何枚か購入したので"iTunes"に取り込もうとしたところ、CDを入れようとするも、CDを検知したら直ぐにウィーンと吐き出してしまい、CDが入らないという状態に突然なったんですよね。

ドライブ内に別のCDが入っているわけではないものの、かたちとしては中にCDが入っているという状態なのかと思い、キーボードにあるイジェクトボタンを何回か押してみるも何も変化なし。ただし、こういった場合、意外と再起動で直ることも多いので、とりあえずは再起動してみたものの、症状に変化なし。

一応、購入したCDは外付けのドライブで"iTunes"への取り込みができたし、差し当たって支障は無いので、その日は放置・・・。

翌日になって考えたら、何となくハード的な問題のような気もしたので、パソコンの操作で直るようなものではないのかもと思いつつ、解決法をググって探してみることに・・・。

ということで、ハード的な問題だったら修理に出すのも色々と面倒だし、このままでいいやと思いながらも、設定した音量や画面の解像度などが初期設定にリセットされる「NVRAM (PRAM) のリセット」とか、最終的な手段として用いるようアップルのサイトにも記してある「SMCのリセット」などといったものはとりあえず置いといて、それ以外のなるべく簡単そうな解決法を探してみたところ、有り難いことに、簡単な解決法が紹介されているサイトが見つかり、自分の場合はこれで無事解決することができました。

で、無事解決できたのが、下にあるサイトで紹介されている対処方

▼ MacbookのDVDドライブが反応しないときの対処方法
http://d.hatena.ne.jp/magicbike/20121021/1350779074

ただし、自分の場合は、最初の「まず最初にPRMAのクリア(command + option + p + r で2回再起動)」という手順を飛ばして、ページ内で紹介されている「Apple サポート」の「SMC をリセットする前に」にある手順でやり始めました。

▼ Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする - SMC をリセットする前に
https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

SMC をリセットする前に

1. 「command + option + esc」キーを押して、応答していないアプリケーションをすべて強制終了します。(応答していないアプリケーションが無い場合は何も反応がありません)

2. 画面上部にあるメニューバーの一番左にある Apple メニュー(アップル・マーク)をクリックして「スリープ」を選択し、Mac をスリープ状態にします。スリープ状態になったらコンピュータをスリープ状態から解除します。

3. Apple メニュー(アップル・マーク)から「再起動」を選択し、Mac を再起動します。

4. Apple メニュー(アップル・マーク)から「システム終了」を選択し、Mac をシステム終了します。

これで、後は普通に起動。

一連の手順を済ませた後は、こんな儀式というか、ゲームの隠しコマンドとか裏技の操作みたいなことをやって、本当に問題が解決するのだろうかと思いつつ、半信半疑でCDを差し込んでみたら、見事ドライブに挿入されたんですよね。正直、あまり期待していなかったのでちょっとビックリ。

※ 1回やってダメでも、場合によっては、2、3回やって直るということもあるようです。

でも、後から思ったのですが、以前書いた記事「iMac で CD や DVD が取り出せなくなったときは」(2015.4.22)でやった、"iMac"の電源を切って、マウスを左クリックしたまま起動させると、ディスクを吐き出すという方法を逆の場合ながらも試してみるといった手もあったかも。

■ 補足

これでダメなら、後は「NVRAMのリセット」、それでもダメなら最終的な手段として「SMCのリセット」という方法をとることになるかと思います。

※ 旧型の Mac では、類似の情報をパラメータ「RAM (PRAM)」に記憶していますが、Intel 搭載の Mac で「NVRAM をリセット」する方法と、「PRAM のリセット」方法はほぼ同じです。

▼ Mac の NVRAM をリセットする方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT204063



2015.9.4

Mac - Time Machine のバックアップ・ファイルを初期化

Mac - Time Machine 先月末のことですが、"Time Machine"でバックアップエラーが表示されたので、手動で再度バックアップを行ってみたものの再びエラーに・・・。

その後、数回バックアップを試みるも全てエラー。

直前のバックアップに問題があったのかもと思い、直前のバックアップファイルを"Time Machine"から削除してみるも、状況は変わらず。

ちなみに、外付けハードディスクのバックアップディスクを開いてみると分かるように、"Time Machine"のバックアップデータは「2015-09-04-XXXXXX」(Xの部分は時間)といったファイル名でバックアップの日時ごとにファイルが作成されているのですが、これを外付けハードディスクから直接削除してしまうと確実にエラーを起こしてしまいますので、部分的にバックアップファイルを削除する場合は必ず"Time Machine"から行わないといけません。

というのも、"Time Machine"のバックアップデータは、初回を除いては変更があった差分だけを保存し、それ以外の古いデータはリンクで繋がっている状態なので、例えばどこかの日付のファイルや中にあるデータを直接削除してしまうとリンクが途切れて、全体のリンク形態が崩れてしまうからなんですね。

しかも、特定の日時のバックアップファイルを外付けハードディスクから丸ごと削除してしまった経験がある人は分かると思いますが、ゴミ箱に移動したバックアップファイルを削除するにはものすご〜く時間がかかりますし、諦めてキャンセルしようとしても、キャンセルを完了させるのにもけっこう時間がかかります(笑)。

ということで、バックアップデータを外付けハードディスクから直接削除するのは厳禁です。

(補足)

▼ 特定の日時のファイルをバックアップから削除する方法

これは、特定の日時に作成されたバックアップのみを"Time Machine"から削除するといった場合の削除方法です。 まずは、"Time Machine"を開き、画面右側にあるバックアップ日時、もしくは画面中央に表示されたファインダーのウインドウから削除したい日時のバックアップに移動し、何もファイルを選択しない状態でウインドウのツールバーにある歯車の形をしたボタンをクリックします。 表示されるメニューに「バックアップを削除」という項目があるので、それをクリックし、パスワードを入力します。 これで、他の日時のバックアップには影響することなく、その日時のバックアップのみが削除されます。

▼ 特定のファイルだけを全てのバックアップから削除する方法

こちらは、日付に関係なく、特定のファイルだけを全てのバックアップから削除する方法です。 まずは、"Time Machine"のアイコンをクリックして、"Time Machine"を開きます。そこから削除したいファイルを探して、削除したいファイルを見つけたらファイルをクリックしてファイルを選択します。そして、ウインドウのツールバーにある歯車の形をしたボタンをクリックします。 表示されるメニューに「すべての○○○のバックアップを削除」という項目があるのでそれをクリックし、パスワードを入力します。 これで選択したファイルはすべての日時のバックアップより完全に削除されます。

結果的には、過去のバックアップを全て削除して、全体のバックアップを最初からとることにして解決したのですが、新規のバックアップファイル作成には数日を費やしました。ただ、バックアップを途中で中断しても全てがキャンセルされるわけではないことに気付けた点は収穫かと。

これまでは、バックアップを途中で止めたら、次はまた最初から始まるものとばかり思っていたので、ずっと起動し続けてないといけないと勘違いしていましたが、ある程度バックアップが進んでいると、途中で中断しても、次回はその続きから再開されるんですね。

バックアップをやり直しているときに、一度、間違ってシステムを終了させたことがあったので、また最初からやり直しかと思っていたら、再開後のバックアップ・サイズがバックアップを始める前と比べて少なくなっていたことで気付いたのですが(多分、シャットダウン前とほぼ同じサイズ)、ただ、バックアップ中にシャットダウンするのはエラーを引き起こす原因になるようなので、これは止めておいた方がいいと思います。バックアップを一時停止したい場合は、 "Time Machine"のアイコン(デフォルトでは画面下の"Dock"内にあります)を右クリックして、「バックアップ作成を中止」を選択します。

※ Time Machine のヘルプより

Time Machine バックアップが中断された場合

バックアップ作成中に誤ってバックアップディスクの接続を解除した場合や、ネットワークの問題が発生した場合に、「Time Machine」でバックアップ作成を完了できない場合があります。問題が解決されると、バックアップが再開されます。

「Time Machine」で Mac の初回のバックアップ作成が中断された場合、バックアップ作成が再開されると、中断のないバックアップ作成よりも少し時間がかかる場合があります。

バックアップの作成を手動で開始するには、メニューバーで「Time Machine」を開き、「今すぐバックアップを作成」を選択します。

まぁ、結局のところ、"Time Machine"でエラーが頻発するような場合はバックアップファイルに異常をきたしている可能性が高いので、バックアップ用のハードディスクをフォーマットし直して、バックアップを全て取り直すのが一番簡単なのではないかと思います。ボリューム(パーティション)ごと削除すれば全てのバックアップファイルがあっという間に全削除されますしね。(バックアップファイルのボリュームに他のファイルが混っているような場合は、バックアップファイル以外のファイルを全て他のボリュームに移動させてから削除します)

といったこともあり、"Time Machine"のバックアップ用のファイルはパーティションで専用のボリュームを作成しておくのが全削除が簡単にできて便利です。

それと、今回のバックアップやり直しで気付いた点をもうひとつ。

ようやくバックアップが終わったと安堵し、その後に"iTunes"のアルバム名をいくつか変更したのですが、"iTunes"のアルバム名を変えると、バックアップはテキスト情報だけでなく曲自体も含んで行われるようですね。ということで、安堵したのも束の間、次回のバックアップで再び100GB超えるバックアップが始まりました(笑)。



2015.9.24

国連分担金の多い国トップ10(2013〜2015年)

■ 国連分担金の多い国トップ10(2015年)
※ カッコ内の数値:分担率 / 分担額(単位:百万ドル)
  1. アメリカ (22.000 / 654.8)
  2. 日本 (10.833 / 294.0)
  3. ドイツ (7.141 / 193.8)
  4. フランス (5.593 / 151.8)
  5. イギリス (5.179 / 140.5)
  6. 中国 (5.148 / 139.7)
  7. イタリア (4.448 / 120.7)
  8. カナダ (2.984 / 81.0)
  9. スペイン (2.973 / 80.7)
  10. ブラジル (2.934 / 79.6)

 

国連分担金の多い国トップ10(2015年)

 

■ 2013〜2015年国連通常予算分担率・分担金(外務省 / 出典:国連文書)

2013年 2014年 2015年
国名 分担率 (%) 分担額
(百万ドル)
国名 分担率 (%) 分担額
(百万ドル)
国名 分担率 (%) 分担額
(百万ドル)
 米国 22.000  618.5   米国 22.000  621.2   米国 22.000  654.8 
 日本 10.833  276.1   日本 10.833  276.5   日本 10.833  294.0 
 ドイツ 7.141  182.0   ドイツ 7.141  182.2   ドイツ 7.141  193.8 
 フランス 5.593  142.5   フランス 5.593  142.7   フランス 5.593  151.8 
 英国 5.179  132.0   英国 5.179  132.2   英国 5.179  140.5 
 中国 5.148  131.2   中国 5.148  131.4   中国 5.148  139.7 
 イタリア 4.448  113.3   イタリア 4.448  113.5   イタリア 4.448  120.7 
 カナダ 2.984  76.0   カナダ 2.984  76.2   カナダ 2.984  81.0 
 スペイン 2.973  75.8   スペイン 2.973  75.9   スペイン 2.973  80.7 
10   ブラジル 2.934  74.8   ブラジル 2.934  74.9   ブラジル 2.934  79.6 
11   ロシア 2.438  62.1   ロシア 2.438  62.2   ロシア 2.438  66.2 
12   豪州 2.074  52.9   豪州 2.074  52.9   豪州 2.074  56.3 
13   韓国 1.994  50.8   韓国 1.994  50.9   韓国 1.994  54.1 
14   メキシコ 1.842  47.0   メキシコ 1.842  47.0   メキシコ 1.842  50.0 
15   オランダ 1.654  42.1   オランダ 1.654  42.2   オランダ 1.654  44.9 
16   トルコ 1.328  33.8   トルコ 1.328  33.9   トルコ 1.328  36.0 
17   スイス 1.047  26.7   スイス 1.047  26.7   スイス 1.047  28.4 
18   ベルギー 0.998  25.4   ベルギー 0.998  25.5   ベルギー 0.998  27.1 
19   スウェーデン 0.960  24.5   スウェーデン 0.960  24.5   スウェーデン 0.960  26.1 
20   ポーランド 0.921  23.5   ポーランド 0.921  23.5   ポーランド 0.921  25.0 
その他(173カ国) 15.511  395.1  その他(173カ国) 15.511  395.7  その他(173カ国) 15.511  420.7 
 合計 100.000 2606.1   合計 100.000 2611.7   合計 100.000 2771.4 

(出典:国連文書)

▼ 参照・引用:2013〜2015年国連通常予算分担率・分担金(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jp_un/yosan.html

 

関連資料 1

国連の予算(国際連合広報センター)

予算の主な財源は加盟国による分担金である。分担金は、分担金委員会の勧告に基づいて総会が承認する分担率にしたがって加盟国が支払う。分担金委員会は、行政予算委員会(総会第5委員会)の勧告に基づいて総会が選出し、個人の資格で務める18人の専門家で構成される。分担率は加盟国の支払能力に基づいて決まる。これは全世界の国民総生産に占める加盟国の割合を出し、それを国民1人あたりの所得など、多くの要因を考慮に入れて調整して決定する。委員会は、分担率を公正かつ正確なものにするために、3年ごとに最新の国民所得統計に基づいて分担率の完全な見直しを行う。いかなる国にとっても国連予算に対する分担率の上限は22パーセントである。

 

各国の分担率については3年ごとに完全な見直しを行うようなので、2013〜2015年の各国の分担率が同じであることからして、来年の2016年には再び見直しがされるのではないかと思います。

又、その分担金については、上記の記事にもあるように、一応は定められた算出方により分担率が決定されているようですが、GDPで日本を上回る中国の分担金が日本の約半分というのは解せないところではあります。

ちなみに、日本の分担率が最も高かったのは2000年の20.57%で、それに比べると、現在の分担率10.833%は約半分の値となっています。それでも、一時期より半減したとはいえ、まだまだ日本の分担金は高いのではないかとの声も国内では少なからずあるようです。

ただし、日本の次に分担率が高いドイツが7.141%ということからしても、ここから先、日本の分担率が大きく下がるということは考え難いのではないかと思います。それでも、それならそれで、算出法の見直しを求めるとか、常任理事国についてはそれ相応の加算金を課すように働きかけるなど、他の手段を講じることも必要かと。特に常任理事国については、現状だと利権の温床にしかなっていない感じですし、常任理事国に分担金が加算されれば、その分、他国の分担金を減らすことにも繋がるわけですから。

 

なお、以下の「関連資料 2」に記したように、国連機関等への拠出金・出資金には、義務的拠出金(分担金を含む)の他に、任意拠出金、出資金といったものもあります。

関連資料 2

国際機関等への拠出金・出資金(参議院 / 立法と調査 2015. 6) (PDF)

拠出金・出資金の分類及び具体例(抜粋編集)

国際機関等へ支払われている拠出金・出資金について、その性質で分類すると、1. 義務的拠出金(分担金を含む)、2. 任意拠出金、3. 出資金に分けられる。

1. 義務的拠出金
義務的拠出金は、国際機関等の事務局運営費等に充てるための財源として、国際機関等の設立条約や決議等により加盟国等が定められた額や負担を求められた額を義務的に支出するものである。

例えば、国連分担金1や国連平和維持活動 (PKO) 分担金が義務的拠出金に該当する。日本の国連通常予算分担率は、2007〜2009年で16.624%、2010〜2012年で12.530%、2013〜2015年で10.833%(加盟国中第2位)となっている。また、日本の国連分担金額(暦年の要請額ベース)は、通常予算分担金額が2013年で約2.76億ドルとなっている。

2. 任意拠出金
任意拠出金は、国際機関等の実施する事業等のうち、加盟国等が重視する特定国・地域又は特定分野の事業等、加盟国等が有益と認め、支援すべきと判断した事業等に対して自発的に支出するものである。

例えば、UNDPへの拠出金が任意拠出金に該当する。日本のUNDPに対する拠出額は、2013年で80,472千ドル(拠出率9.0%)となっている。

3. 出資金
出資金は、開発途上国が実施する開発プロジェクト等に必要な資金に対して緩やかな条件で融資等を行う国際的な開発金融機関等に対し、資本金の出資の形で支出するものである。例えば、世界銀行グループのIBRD、IDAへの出資が出資金に該当する。



2015.10.29

iTunes - CDに収録されている複数の曲をひとつのトラックに結合して取り込む方法

「CD トラックを結合」のメニューは複数の曲を選択しないと表示されない仕様になっているので気付きにくいのですが、"iTunes"では、メドレーなどで繋がったCD内の曲をひとつのトラックに結合して取り込むことができます。

▼ "iTunes"で、複数の曲をひとつのトラックに結合して取り込む方法 (iTunes 12 for Mac)

1. CDを挿入します。

2. 「CD“○○○○○”を iTunes ライブラリに読み込みますか?」の表示が出たら「いいえ」をクリックします。

3. CDのトラックが表示されたら結合させたいトラックをクリックして選択します。(選択された曲だけ背景が青に変わります)

4. 右上の「オプション」(歯車のアイコン)をクリックして「CD トラックを結合」を選択。

5. 取り込む必要のない曲は、曲名の左側にあるチェックマークを外します。

6. トラック名の頭に結合されることを示す「 [ 」のマークが記されていることを確認したら、右上の「読み込み」をクリック。

7. 「読み込み設定」のウィンドウが開くので、確認したら「OK」をクリック。

なお、結合して取り込んだ曲は(○○○○○ - ○○○○○)といったように、曲名も結合されて表示されます。



2015.11.5

片方の肩が肩関節周囲炎になったら、もう片方の肩にも注意が必要

ということで、2013年の末頃、右肩に発症した「肩関節周囲炎」(俗に言う四十肩、五十肩)が、どうやら左肩にも発症したもよう。痛みに耐える忍耐力と精神力は前回で養ったのでもういいのに(笑)。

この肩関節周囲炎、大抵は1年程で自然治癒するらしく、自分の場合も発症から1年程で大きな痛みは無くなったのですが、完治とは言えない状態で、その後も回復状態は8割程度といった状況が続いていました(人によっては回復までに3年程度かかることもあるらしいです)。

そうしたところ、先月の頭辺りから、左肩と上腕部にも微妙な痛みを感じるようになってきたんですよね。痛み具合が前回と同じなので、多分間違いなく左肩にも何れ大きな痛みが襲ってくると思うのですが、また1年間耐えないといけないのかと多少憂鬱。なんせこの肩関節周囲炎は何もしてなくても一日中痛いですからね。

でも、前回はサロンパスだけで耐え抜いたし、痛みの限度は知っているので、これも更なる試練と捉えて、1年後には強靭な精神力を得る腹積もりでいます。というか、そんなことでも思わないとやってられません(笑)。

追記
痛みが悪化すると作業も辛くなり、集中力も無くなってくるので、アルバム関連の記事は多少時間を要するものを先にピックアップしておこうかなと思って準備しています。毎回、思ったことを文章として整えることに一番時間を要しているのですが、画像を取り込んでトリミングしたり、色見を整えたりといった作業にも案外手間と時間がかかるので、とりあえずは、そういった作業が一番多そうなアルバムを痛みが悪化する前に済ませておこうかなと。まぁ、多少手間がかかるとは言っても、好きなことの延長なんで、作業自体は全然苦ではないですしね。




2015.11.19

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3)

"YouTube"に投稿されている"Queen"のピアノ・カヴァー曲には良いものが沢山あって、色んな曲を探しては聴いたりしているのですが、今回も個人的に気に入っている演奏をいくつかご紹介したいと思います。前回及び前々回と同様に選曲は若干マニアックですが、これらもまたオリジナルのイメージを損なわない素敵な演奏ばかりです。

まずは、セカンドアルバムの"Queen II"から、大作「The March Of The Black Queen / マーチ・オブ・ブラック・クイーン」。

▼ Queen - The March of the Black Queen (Piano cover + Lyrics)
http://www.youtube.com/watch?v=tDMFC6J_jOA

続いては、4thアルバムの「A Night At The Opera / オペラ座の夜」に収録されている「Love Of My Life / ラヴ・オブ・マイ・ライフ」。

▼ Queen - Love of my life (own piano cover)
https://www.youtube.com/watch?v=wZDVb6b8lyo

こちらは、5thアルバムの「A Day at the Races / 華麗なるレース」から第一弾シングルとなった曲「Somebody To Love / 愛にすべてを」。

▼ Queen - Somebody To Love - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=XYrlrMtAB3M

ラストは、フレディ亡き後に、残された3人のメンバーでレコーディングされた最後の曲「No-One But You (Only The Good Die Young) / ノー・ワン・バット・ユー」。

▼ Queen - No-One but You (Only the Good Die Young) (Piano Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=NHIEXFS207U

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7) - (2017年6月25日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6) - (2017年5月26日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)



2015.12.26

英BBC世界世論調査「世界に良い影響を与えている国」 2006-2014 全調査記録一覧

2005年から毎年発表されていた(日本が評価対象国に加えられたのは2006年から)英BBCによる世界世論調査でしたが、今年(2015年)は調査自体が行われなかったのか、とうとう調査結果が発表されずに終わりそうなので、過去の調査結果一覧を作ってみました。人員削減や予算カットなどBBCの厳しい財政状況も伝えられていただけに、それが影響しているのでしょうか・・・。

英国政府とBBC、「壮絶バトル」の一部始終(東洋経済オンライン / 2015年07月29日)
http://toyokeizai.net/articles/-/78467

 

過去9年間の調査結果(上位5カ国 / 地域及び地域統合体を含む)

■ 2014年度調査
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 フランス / 5位 日本

■ 2013年度調査
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 日本 / 5位 フランス

■ 2012年度調査
1位 日本 / 2位 ドイツ / 3位 カナダ / 4位 イギリス / 5位 中国

■ 2011年度調査
1位 ドイツ / 2位 イギリス / 3位 カナダ / 4位 EU(ヨーロッパ連合) / 5位 日本

■ 2010年度調査
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 日本 / 5位 イギリス

■ 2009年度調査
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 日本 / 5位 フランス

■ 2008年度調査
1位 ドイツと日本 / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 フランス / 5位 イギリス

■ 2007年度調査
1位 カナダと日本 / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 フランス / 5位 イギリス

■ 2006年度調査
1位 ヨーロッパ / 2位 日本 / 3位 フランス / 4位 イギリス / 5位 インド

このように、過去9年間の調査結果を見ると、上位に入る国(地域)は毎回ほぼ同じで、その中で順位が入れ替わっているだけといった印象。裏を返せば、世界的な観点では、それだけこれらの国と地域に対する評価が概ね高いということであり、その好意的評価も一過性のものではないということの裏付けなのかもしれません。

 

日本に対する各国の年度別評価(前の数字がポジティヴ評価で、後の数字がネガティヴ評価)

※ 2006年と2007年は日本は評価対象国に選ばれていますが、日本での調査は行われていません。
※ 黄色の数字は、ポジティヴ、ネガティヴ共に数値の高い上位5カ国を表しています。

2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006
 アメリカ  66-23   66-20   74-18   69-18   65-11   67-19   70-12   66-15   66-18 
 カナダ 58-30 61-23 72-16 67-16 59-11 70-15 61-15 74-14 62-18
 ブラジル 70-19 71-10 60-22 66-16 70-19 - 64-11 64-18 73-15
 チリ - 66-15 57-12 66-14 67-14 67-15 66-15 69-13 -
 ペルー 59-19 64-15 57-14 64-10 - - - - -
 アルゼンチン 43-16 - - - - - 35-14 44-17 47-19
 メキシコ 38-25 42-38 44-26 24-34 31-23 27-27 29-16 27-26 29-24
 中央アメリカ - - - - 54-27 63-19 53-18 - -
 ポーランド - 50-09 - - - - - 52-06 58-09
 イギリス 65-24 59-27 70-17 58-26 57-16 60-19 70-16 63-19 57-25
 フランス 58-34 56-32 66-24 55-29 48-37 49-37 55-22 55-31 47-36
 ギリシャ - 50-20 - - - - - 59-15 -
 スペイン 46-30 36-32 62-17 57-19 42-29 61-19 58-12 - 69-12
 ドイツ 28-46 28-46 58-29 58-25 50-34 28-28 52-30 54-25 54-19
 イタリア - - - 66-18 47-31 58-23 61-19 52-28 48-24
 ハンガリー - - - - - - - 47-09 -
 トルコ 40-18 46-41 - 64-21 34-35 30-47 56-29 51-17 42-12
 ポルトガル - - - 43-13 43-16 - 52-19 55-19 -
 フィンランド - - - - - - - - 57-20
 アゼルバイジャン  - - - - 41-19 - - - -
 ロシア 49-12 45-14 54-10 65-07 58-13 49-08 59-11 56-15 58-11
 イスラエル 43-12 - - - - - 75-09 - -
 レバノン - - - - - - 66-15 58-19 -
 アラブ首長国連邦  - - - - - - 60-14 56-12 -
 エジプト - 44-20 57-15 52-14 54-18 52-24 45-38 33-16 -
 イラン - - - - - - - - 57-33
 イラク - - - - - - - - 54-14
 アフガニスタン - - - - - - - - 65-11
 サウジアラビア - - - - - - - - 42-05
 ナイジェリア 72-13 75-10 80-10 65-14 66-16 61-22 64-20 65-16 -
 ガーナ 59-21 50-11 48-10 55-11 53-12 67-12 48-15 52-06 70-09
 ケニア 45-26 50-11 68-15 61-20 68-15 - 78-13 74-08 68-05
 セネガル - - - - - - - - 61-06
 タンザニア - - - - - - - - 59-13
 コンゴ - - - - - - - - 51-11
 ジンバブエ - - - - - - - - 31-06
 南アフリカ - - - 41-17 - - - - 39-12
 インドネシア 70-14 82-09 77-05 85-07 71-12 70-13 74-12 84-09 85-08
 フィリピン - - - 84-12 77-10 76-12 70-12 70-08 79-13
 タイ - - - - 66-20 - - - -
 スリランカ - - - - - - - - 50-04
 オーストラリア 59-29 53-36 65-23 60-26 59-22 65-18 70-15 55-27 60-22
 日本 50-06 45-09 41-09 39-09 43-07 41-11 36-15 - -
 パキスタン 46-21 45-26 41-17 34-15 25-15 - - - -
 インド 27-29 33-15 44-11 39-13 33-20 44-11 26-09 37-16 48-13
 韓国 15-79 21-67 38-58 68-20 64-29 - 37-52 31-58 44-54
 中国 05-90 17-74 16-63 18-71 29-47 40-50 30-55 18-63 16-71

 

こちらは各国に対する日本人の評価(前の数字がポジティヴ評価で、後の数字がネガティヴ評価)

※ 2006年と2007年は日本は評価対象国に選ばれていますが、日本での調査は行われていません。
※ 黄色の数字は、ポジティヴ、ネガティヴ共に数値の高い上位5カ国を表しています。
※ 評価対象国は2014年の調査で選出されている国と地域に絞って掲載しています。

2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008  2007   2006 
 アメリカ  37-08   42-10   32-15   36-11   34-18   28-29   21-38  - -
 ロシア 17-23 14-28 08-30 10-38 13-22 09-38 15-34 - -
 ドイツ 46-03 47-03 38-02 37-04 40-03 41-03 45-04 - -
 カナダ 44-01 40-01 39-01 38-01 40-01 40-01 - - -
 EU(ヨーロッパ連合) 35-05 32-11 23-18 36-03 41-03 39-03 44-04 - -
 イギリス 47-02 44-03 35-03 37-03 38-03 40-04 39-06 - -
 日本 50-06 45-09 41-09 39-09 42-10 41-11 36-15 - -
 パキスタン 06-41 06-39 03-34 06-37 03-45 04-45 03-53 - -
 インド 34-09 42-04 38-04 31-07 32-09 29-10 34-11 - -
 イラン 05-53 04-55 04-52 04-51 02-57 04-57 03-65 - -
 南アフリカ 20-14 19-10 16-10 16-15 16-15 21-11 - - -
 イスラエル 04-50 03-54 03-45 04-44 02-52 02-63 03-55 - -
 北朝鮮 01-91 00-92 01-88 01-91 01-90 01-92 02-90 - -
 フランス 38-04 33-04 31-04 31-04 38-03 37-04 31-05 - -
 中国 03-73 05-64 10-50 12-52 18-38 08-59 12-59 - -
 ブラジル 35-07 40-03 32-03 28-06 28-07 33-05 29-08 - -
 韓国 13-37 19-28 34-16 33-11 36-09 - - - -

 

以下は各年毎の調査結果

2014年度調査

■ 評価の高い上位5カ国
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 フランス / 5位 日本

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2014

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2014(日本に対する各国の評価)

▼ 2014年度の調査結果の詳細はこちら
2014 BBC Country Rating Poll - GlobeScan.com(PDF/英語)

 

2013年度調査

■ 評価の高い上位5カ国
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 日本 / 5位 フランス

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2013

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2013(日本に対する各国の評価)

▼ 2013年度の調査結果の詳細はこちら
2013 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)

 

2012年度調査

■ 評価の高い上位5カ国
1位 日本 / 2位 ドイツ / 3位 カナダ / 4位 イギリス / 5位 中国

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2012

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2012(日本に対する各国の評価)

▼ 2012年度の調査結果の詳細はこちら
2012 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)

 

2011年度調査

■ 評価の高い上位5カ国(地域統合体を含む)
1位 ドイツ / 2位 イギリス / 3位 カナダ / 4位 EU(ヨーロッパ連合) / 5位 日本

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2011

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2011(日本に対する各国の評価)

▼ 2011年度の調査結果の詳細はこちら
2011 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)
Views of US Continue to Improve in 2011 BBC Country Rating Poll(英語)

 

2010年度調査

■ 評価の高い上位5カ国(地域統合体を含む)
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 日本 / 5位 イギリス

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2010

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2010(日本に対する各国の評価)

▼ 2010年度の調査結果の詳細はこちら
2010 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)

 

2009年度調査

■ 評価の高い上位5カ国
1位 ドイツ / 2位 カナダ / 3位 イギリス / 4位 日本 / 5位 フランス

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2009

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2009(日本に対する各国の評価)

▼ 2009年度の調査結果の詳細はこちら
2009 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)

 

2008年度調査

■ 評価の高い上位5カ国(地域統合体を含む)
1位 ドイツと日本 / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 フランス / 5位 イギリス

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2008

この年の調査(調査期間は2007年10月〜2008年1月)では、第二次世界大戦の敗戦国である日本とドイツ(今回から評価対象国に加えられた)がトップに並んでいるのが特徴。

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2008(日本に対する各国の評価)

▼ 2008年度の調査結果の詳細はこちら
2008 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)
Views of US Continue to Improve in 2011 BBC Country Rating Poll(英語)

 

2007年度調査

■ 評価の高い上位5カ国(地域統合体を含む)
1位 カナダと日本 / 3位 EU(ヨーロッパ連合) / 4位 フランス / 5位 イギリス

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2007

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2007(日本に対する各国の評価)

▼ 2007年度の調査結果の詳細はこちら
2007 BBC Country Rating Poll - WorldPublicOpinion.org(PDF/英語)

 

2006年度調査

■ 評価の高い上位5カ国(地域を含む)
1位 ヨーロッパ / 2位 日本 / 3位 フランス / 4位 イギリス / 5位 インド

■ 国別評価

BBC世界世論調査 2006

この年の調査(調査期間は2005年10月〜2006年1月)では、ヨーロッパが最も高い評価を得ていますが、ヨーロッパは国ではなく地域なので、国としては、ヨーロッパに次いで第2位の評価を得た日本が最も評価の高い国ということになります。

 

■ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2006(日本に対する各国の評価)

▼ 2006年度の調査結果の詳細はこちら
Global Poll: Iran Seen Playing Negative Role - GlobeScan(英語)
Global Poll Finds Iran Viewed Negatively - World Public Opinion(英語)



2015.11.28

今年一番印象に残った動画は布施明さんのマイ・ウェイ

今年は布施明さんの歌手としての力量を今更ながらに再確認させられた年でもありました。きっかけは、下にある動画をふとしたことから見つけたことによるもので、実を言うと、それ以降は、布施さんの動画を漁って観ることも多かったんですよね。

▼ 東日本大震災の被災地である岩手県の久慈市で行われたミニ・ライヴ

マイ・ウェイ / 布施明
https://www.youtube.com/watch?v=D4fhO7svH-E

歌詞の意味を噛み締めて、それを伝えようと大切に歌われている様子がその表情からも良く分かる動画で、ほんと素晴らしいです。

この「My Way / マイ・ウェイ」は、ポール・アンカがフランク・シナトラに贈った曲として有名ですが、元々は1967年に書かれたフランス語の歌「Comme d'habitude」で、ポール・アンカがフランク・シナトラをイメージした歌詞に変えて生まれ変わった曲なんですよね。ちなみに、この「マイ・ウェイ」は、ビートルズの「イエスタデイ」に次いでカバーされた回数が多い曲だと言われています。

▼ そしてこちらは、演歌歌手、島津亜矢さんとのデュエット

【マイ・ウェイ】 島津亜矢/布施明
https://www.youtube.com/watch?v=XuE0Zb9HUic

私はこれまで島津亜矢さんを存じ上げていなかったのですが、なんでも、この放送の収録日は、14歳の時から彼女を支えてきた恩師である作詞家の星野哲郎氏の通夜の日だったそうです。布施さんが黒のネクタイを締められているのは、星野哲郎氏への哀悼の意味であると同時に、島津亜矢さんへの心配りだったのではないかと思います。動画を観ていると、恐らく、布施さんは、この歌を島津亜矢さんに向けて歌われていたのではないかとも感じます(布施さんが歌われる「君に告げよう 迷わずに行くことを 君の心の決めたままに」の歌詞の中の「迷わずに」にの部分に注目して聴いてみてください)。それにしても島津亜矢さんも布施さんに負けず劣らず驚くほど歌が上手いですね。

▼ こちらは、多少遡って1996年の映像

マイ・ウエイ(布施明) 1996
https://www.youtube.com/watch?v=o6IhHaF-YPY

▼ そしてこちらは、更に遡って1987年の映像

My Way/布施 明 1987
https://www.youtube.com/watch?v=WPbfv2Ickew

▼ こちらは、加山雄三さんとのデュエット

My Way / マイ・ウェイ 加山雄三&布施明
https://www.youtube.com/watch?v=tFN6WLazX-k

実は、2001年までNHKで放送されていた番組「青春のポップス」(視聴者から寄せられたリクエストを元に、日本人歌手が洋楽のヒット曲を歌うという番組)を良く観ていたのですが、1990年の映画「ゴースト / ニューヨークの幻」の主題歌として使われてリバイバル・ヒットとなった「アンチェインド・メロディ」を布施さんが歌われたときのことは今でも覚えているんですよね。何故、記憶に残っているのかといえば、ビックリするほど上手かったからなんですが、実際、この番組には実力派歌手の出演が多かったように思います。

と、そんなことを思い出して、その時の映像が無いか探してみたのですが、残念ながら見つけられなかったので、代わりといっては語弊がありますが、これまた「青春のポップス」では良く出演されていた印象のある声量豊かな実力派シンガー松崎しげるさんの「アンチェインド・メロディ」を。

松崎しげるライブ - UNCHAINED MELODY
https://www.youtube.com/watch?v=GvLigN_AZ4U

こちらは、その松崎しげるさんのインタビュー記事。代表曲でもある「愛のメモリー」の終盤で「あ〜」と歌う部分の高い「ド」の音を実声でしっかりと出せる男性歌手は多くないそうで、記事には「布施明クンだって出せないんですよ」という松崎の顔は誇らしげだ。と書かれています(笑)。

産経新聞 ENAK 11月号 - 松崎しげる
http://www.sankei.co.jp/enak/2005/nov/kiji/01matsuzakishigeru.html

▼ 最後は、故本田美奈子さんとのデュエットで「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」

本田美奈子&布施明 - Time To Say Goodbye
https://www.youtube.com/watch?v=PTKyk6j3Jf8


Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.