Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2015 / 1-6


2015.1.1

2014年度 プレイカウント・トップ 100

新年あけましておめでとうございます。

ということで、昨年最も聴いた曲は、高橋幸宏の"Blue Colour Worker"でした。何故に、突然この曲かといえば、この曲が収録されているアルバム「Murdered by the Music / 音楽殺人」は、当時レコード盤で持っていたのですが、久しぶりに聴いてみたくなって、昨年にCDを購入したことが要因としてあったのでした。当時から、アルバム収録曲の中では"Blue Colour Worker"と"Bijin-Kyoshi at the Swimming School"の2曲が特に好きだったので、改めてその魅力に気付いたといった感じでしたね。

まぁ、毎年のことなんですけど、全体的には、新譜や、このサイトで記事にしたアルバムからの曲を良く聴いていたといった1年でした。


   Top 100 - My iTunes Play Count / 2014

  1. Blue Colour Worker / Yukihiro Takahashi
  2. Sail Away / Boston
  3. If You Were in Love / Boston
  4. Bijin-Kyoshi at the Swimming School / Yukihiro Takahashi
  5. King Christian / Mew
  6. Can't Fight This Feeling / REO Speedwagon
  7. The Way You Look Tonight / Boston
  8. In My Defence / Freddie Mercury
  9. Don't Want to Say Goodbye / Raspberries
  10. Shot In The Dark / Ozzy Osbourne
  11. Take It on the Run / REO Speedwagon
  12. Driven By You / Brian May
  13. Keep on Loving You / REO Speedwagon
  14. Never Gonna Fall in Love Again / Eric Carmen
  15. Let's Pretend / Raspberries
  16. Love Got Away / Boston
  17. Energy (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  18. Great King Rat [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  19. The Fairy Feller's Master-Stroke [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  20. I Can Remember / Raspberries
  21. Something That You Said / The Bangles
  22. Seven Seas Of Rhye [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  23. Nobody Knows / Raspberries
  24. In My Dreams / REO Speedwagon
  25. Lorraine / TOTO
  26. White Sister / TOTO
  27. Cry Me a River / Aerosmith
  28. Valkyrie / Asia
  29. Nothing's Gonna Change My Love for You (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  30. Father To Son [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  31. Ogre Battle [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  32. Flick Of The Wrist [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  33. In The Lap Of The Gods [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  34. A Secret Love / TOTO
  35. Something That You Said (Brad Wood Mix) / The Bangles
  36. Sunset Ocean (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  37. She Came Home for Christmas / Mew
  38. White Queen (As It Began) [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  39. Keep Yourself Alive [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  40. Modern Times Rock 'n' Roll [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  41. Always Enough / Susanna Hoffs
  42. St. George and the Dragon / TOTO
  43. Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas / Asia
  44. Back To The Light / Brian May
  45. Mica / Mew
  46. Son And Daughter [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  47. Jailhouse Rock / Stupid Cupid / Be Bop A Lula [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  48. Father To Son [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  49. Killer Queen [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  50. Someone Who Believes in You / Russell Hitchcock

  1. True / Susanna Hoffs
  2. All Us Boys / TOTO
  3. Mama / TOTO
  4. Shooting Star (流れ星) / Kaori Kobayashi
  5. The Closer I Get You / Asia
  6. Beautiful Thing / Belinda Emmett
  7. Lotus Intro / Christina Aguilera
  8. Army of Me / Christina Aguilera
  9. All By Myself / Eric Carmen
  10. Exercises in Free Love / Freddie Mercury
  11. Time / Freddie Mercury
  12. Guide Me Home - How Can I Go On / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  13. Hard To Be In Love With You / Hall & Oates
  14. Lovely Blossom (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  15. Sunshine (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  16. It's All Coming Back to Me Now (Featuring Marion Raven) / Meat Loaf
  17. Watch This Space / Mew
  18. She Came Home for Christmas [Acoustic Version] / Mew
  19. Liar [Queen II Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  20. White Queen (As It Began) [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  21. In The Lap Of The Gods... Revisited [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen
  22. On the Beach / Raspberries
  23. Where Did the Feeling Go? / Russell Hitchcock
  24. Holding My Breath / Susanna Hoffs
  25. All I Need / Susanna Hoffs
  26. Regret / Susanna Hoffs
  27. This Is the Place / Susanna Hoffs
  28. High Flyer / Kaori Kobayashi
  29. The Fighter / Kaori Kobayashi
  30. Looking Forward (涙のあとに) / Kaori Kobayashi
  31. See You (エンディング) / Kaori Kobayashi
  32. Bitch's Brew / Aerosmith
  33. Hold On / Air Supply
  34. If I Could Change Your Mind / The Alan Parsons Project
  35. Russian Dolls / Asia
  36. Heaven Help Me Now (i). Wings of Angels (ii). Prelude (iii). Heaven Help Me Now / Asia
  37. I Would Die For You / Asia
  38. Ask Me No Questions / The Bangles
  39. Someday / Boston
  40. Empty Words / Christina Aguilera
  41. Red Hot Kinda Love / Christina Aguilera
  42. There Must Be More to Life Than This / Freddie Mercury
  43. Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  44. Ensueño / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  45. Grace (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  46. Solar [Minor Version] (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  47. It Just Won't Quit / Meat Loaf
  48. Bohemian Rhapsody (Live at Wembley '86) / Queen
  49. We Will Rock You - Friends Will Be Friends - We Are the Champions (Live at Wembley '86) / Queen
  50. Seven Seas Of Rhye [Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow '74] / Queen




2015.1.14

iTunes だけで簡単に WAV から MP3 へとファイル形式を変換

"iTunes"に取り込んだ曲を"iTunes"だけで簡単に「WAV→MP3」または「MP3→WAV」へとファイル形式を変換できます。

"iTunes"だけで完結するので、いちいち他のソフトを使ってフォーマットし直し、再び"iTunes"に取り込むといった作業をしなくて済みます。ということを今更ながらに知りました。ということで、他のソフトを使ってフォーマットし直し、再び"iTunes"に取り込むといった作業をしていたのは、これまでの自分です(笑)。

操作法は以下の通り (Mac iTunes 12.01.26)

最初に"iTunes"を開き、まずはどの形式に変換するかを設定します。

1. デスクトップ上部のメニューバーにある「iTunes」(アップルマークの右側)をクリックして、表示される項目から「環境設定」を選択。

2. 一般環境設定のウィンドウが開いたら「一般」を選択して、「CDがセットされたとき」の欄にある「読み込み設定...」をクリック。

3. 「読み込み設定」のウィンドウが開いたら「読み込み方法」から希望のフォーマットを選び、「OK」をクリック。

※ "MP3"へ変換する場合は「読み込み方法」の下にある「設定」で音質(ビットレート)を選択できます。ちなみに、ビットレートとは1秒間に転送されるビット数のことです。

4. 最後に「一般環境設定」のウィンドウでも「OK」をクリックして設定を保存します。

次に変換したい曲を"iTunes"から選びます(複数選択も可能)。

1. 曲を選択したら、デスクトップ上部のメニューバーから「ファイル」をクリックして、表示される項目から「新規バージョンを作成」 → 任意のフォーマット(○○○バージョンを作成)を選択したら、これで全ては完了。

※ 曲を選択して、右クリックで表示されるメニューから「○○○バージョンを作成」(最初に設定したファイル形式が表示されます)を選択でもOK。勿論、こちらの場合も複数選択が可能です。

※ 追記(2016年5月25日)
"iTunes 12.4.0.119"では右クリックメニューからのファイル変換はできなくなっています。

2. オリジナルのフォーマットは残したまま、新しく変換された曲がライブラリに表示されます。なお、新たなファイル形式で作成された曲は、"iTunes"内の以前のファイル形式で保存されている曲と同じ場所(変換前の曲の真下)に位置され、アルバム名等のテキスト情報や再生回数もそのまま引き継がれます。

※ 以前に"iTunes Store"で販売されていた曲の中には、保護付きの「AAC フォーマット」でエンコードされているものがあるため、変換できない場合もあります。このような曲を別のフォーマットに変換したい場合は、下記の「iTunes Plus について」に記載されている手順にそって曲をアップグレードします。

▼ iTunes Plus について
https://support.apple.com/ja-jp/HT201616

関連記事
▼ iTunes:曲を別のファイルフォーマットに変換する方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT204310

他のソフトを使って変換して、再び"iTunes"に取り込むという作業がめんどくさいので、"iTunes"だけでできないのかとヘルプを見たら載っていて知ることになったのですが、「CDがセットされたとき」の欄で設定するので、CDから取り込むときだけの設定かと思って、これまで気付かずにいたんですよね。

なお、"iTunes"は"Mac"だけではなく、"Windows"用のプログラムも無料で提供されているので、"Windows"を使っている方でも使用することができます。

▼ Apple - iTunes
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

▼ iTunes:Internet Explorer で iTunes for Windows をダウンロードする
http://support.apple.com/ja-jp/HT203345



2015.2.18

オリビア・ニュートン・ジョンとアバの夢の競演!

こちらは1978年に米ABCテレビにてオンエアされた番組で、オリビア・ニュートン・ジョンとアバ、それに今は亡きアンディ・ギブの夢の競演。映像のみならず、この時代のテレビ番組でありながらもステレオで収録されている音源も貴重ですね。

Olivia! ABC-TV Special with Andy Gibb & ABBA - Ultra Rare TRUE STEREO !
▶ https://www.youtube.com/watch?v=D8mQ9nt5WAY

▼ こちらは完全版
ABBA On THE OLIVIA NEWTON JOHN TV SHOW - SPECIAL GUEST ABBA 1978 ( COMPLETE SHOW )
▶ https://www.youtube.com/watch?v=tUWxu9GUVSw

そして、この競演がきっかけかどうかは分かりませんが、オリビア・ニュートン・ジョンとアンディ・ギブはその後にデュエット曲をリリース。

ANDY GIBB & OLIVIA NEWTON JOHN " Rest Your Love On Me"
※ 最初に13秒程度の無音部分があります
▶ https://www.youtube.com/watch?v=W-87X-feJS8

Rest Your Love On Me - Olivia Newton-John & Andy Gibb - 1981
▶ https://www.youtube.com/watch?v=JbxlS8BeoVU

この"Rest Your Love On Me"は1979年にリリースされた曲で、ビージーズのカヴァー曲。日本でも「愛は微笑みの中に」という邦題で1980年にシングル盤がリリースされています。この曲、個人的にも、とっても好きな曲のひとつなんですよね。

日本盤シングルのジャケットはこちら
▶ http://www.discogs.com/viewimages?release=2839510

続いて、こちらは1980年にリリースされたアンディ・ギブのアルバム"After Dark"に収録されていたオリビア・ニュートン・ジョンとのデュエット曲"I Can't Help It"。この曲はシングルとしてもビルボードチャートで12位のヒットを記録。又、日本でもそのままのタイトル「アイ・キャント・ヘルプ・イット」でシングル盤がリリースされています。

Olivia Newton John and Andy Gibb -I Can't Help It, Oh Boy
※ "I Can't Help It"は1分30秒辺りから
▶ https://www.youtube.com/watch?v=xV8hMYS2LUQ

日本盤シングルのジャケットはこちら
▶ http://www.discogs.com/viewimages?release=2839497

なお、"Rest Your Love On Me"と"I Can't Help It"の2曲は、残念ながら、どちらもオリビアのオリジナルアルバムには収録されていませんが、日本でのみリリースされたオリビアの企画盤「LOVE SONGS / ラヴ・ソングス」には両曲とも収録されています。

▼ 関連記事
Music 8 - LOVE SONGS / OLIVIA NEWTON-JOHN (2004)



2015.2.23

Windows 7 で思うような漢字に変換ができなくなる問題を解決

先日、突如として"Windows 7"の"Microsoft IME"で漢字変換が思ったように機能しなくなるという問題に直面。何かしらやったのかも知れないけど全然覚えが無いんですよね。例えば、「みぎ」といった単純な単語を入力しても「み」と「ぎ」に分かれて変換するので「右」という漢字に変換できない始末。

まぁ、このような場合には、「shift」+「→」で選択範囲を一文字ずつ伸ばして文字の区切りを変更することができるのですが、それでも、そんな面倒な作業を挟んで変換しても、「みぎ」と「ミギ」の二つしか候補として出てこないんですよね。漢字はどこに行った(笑)。

結果的には、これまでの学習内容はリセットされたものの「ユーザー辞書」を修復して直りました。

▼ 「ユーザー辞書」の修復方法

1. IMEツールバーのどの部分で良いので右クリックして「設定」をクリック。

2. 「テキストサービスと入力言語」のウィンドウが開くので、全般タブの「インストールされているサービス」の四角で囲まれた中にある「Microsoft IME」をクリック。

3. 右側(四角の枠外)にある「プロパティ(P)...」をクリック。

4. 「Microsoft IME のプロパティ」のウィンドウが新たに開くので、システム辞書の一番上にある「Microsoft IME 標準辞書」に黒いチェックマークが入っていることを確認。
※チェックマークの色が灰色の場合はクリックして黒色にします。

5. 「学習/辞書」タブにある「修復(F)...」をクリック。

6. 「ユーザー辞書の修復」のウィンドウが開き、実行しますか?の確認が表示されるので「はい」をクリック。再度、確認の表示がされるので、それも「はい」をクリック。

7. 修復が完了したら「OK」をクリックして「Microsoft IME のプロパティ」を閉じて完了。



2015.3.13

ウェブサイトの容量が限界に

画像がいくつかアップロードできなかったので、エラーコードを調べたら、容量オーバーとのこと。そんなに大きいサイズの画像でもないのにおかしいなと思ったら、総容量の方がマックスに達していました。このような状況になっているなんて今まで全く気付かなかった・・・。

とりあえずは、アップロードしている中から古い画像をいくつか削除して、その場を凌いだものの、今のままだと毎回同じことをして空き容量を確保しなければならず、この先どうしようかと思案中。




2015.3.17

サーバーの容量確保に画像をリサイズ

知らない間に使用領域が99%を超えていたサーバーの容量確保のために、アップロード済みの画像の中から大きいサイズの画像数十点をリサイズしてアップロードし直したところ、約10%の容量が確保できました。と、ひとまずはこれで今年一杯は大丈夫かと思って安心していたのですが、この際だからと、他の大きいサイズの画像もその後にリサイズしてアップロードし直しました。

一応、過去にアップロードした画像もリサイズしてアップロードしているはずなのですが、アップロードしている画像を容量順に並べてファイルサイズをチェックしてみたら、他の同じような画像と比べて10倍近くもあるファイルサイズの画像が300点近くもありましたからね・・・。恐らくは設定を間違えてリサイズしていたのだと思うのですが、容量を示すファイルサイズまではチェックしてなかったので、全く気付かずにいました。

ということで、サーバーの使用領域も99%超えから52%と約半分になったので、これでしばらくは大丈夫なんじゃないかと思います。

なお、リサイズとはいっても、ウェブ上に表示される縦横の大きさは変えていないので、見た目はこれまでと変わらないですし、画質が落ちた印象も全く無いと思います。ファイルのサイズは7分の1〜10分の1とかなり小さくなっているので、一応、アップロードする前に、元の画像とリサイズ後の画像を並べて確認を行ったのですが、私自身、ファイルのタイトルを確認しない限りは、どちらが元の画像なのか判別できませんでした。

リサイズ前の画像     リサイズ後の画像

▲ 左が元の画像で、右がリサイズ後の画像。ファイルのサイズは、元の画像が「203,305バイト」に対し、リサイズ後の画像は「24,043バイト」。

リサイズ前の画像     リサイズ後の画像

▲ こちらも、左が元の画像で、右がリサイズ後の画像。ファイルのサイズは、元の画像が「201,750バイト」に対し、リサイズ後の画像は「20,809バイト」。

私の場合は、使い慣れているということもあり、グラフィック系のソフトを使って画像のリサイズを行いましたが、"Mac"では画像をプレビューで表示してリサイズの編集が行えますし、"Windows"に標準で備わっている「ペイント」でも画像のリサイズは可能なので、画像のリサイズ自体は、特別なソフトを使わずとも、誰でも簡単にできます。

"Mac"だと、画像を選択→上部のメニューバーから「ファイル」→「開く」、もしくは右クリックで「開く」。これで選択した画像がプレビューで表示されるので、続けて、メニューバーから「ツール」→「サイズを調整...」で画像のリサイズが行えます。又、複数の画像を一括でリサイズしたい場合には、画像を選択して、上記と同じ操作で画像をプレビューで表示した後に、メニューバーから「編集」→「全てを選択」という操作を挟んで、メニューバーから「ツール」→「サイズを調整...」で簡単に一括編集が行えます。

ちなみに、このプレビューからは、画像のみならず、"PDF"の編集も行えるんですよね。

▼ Mac ハンドブック:プレビューアプリケーションで画像や PDF を表示および編集する
https://support.apple.com/ja-jp/HT201740

"Windows"については、下記のページをご参照ください。

▼ ペイントを使用して画像のサイズを変更する
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/resize-a-picture-using-paint



2015.3.18

中南米地域5か国における対日世論調査結果(2014年 - 2015年調査)

今月の11日に外務省が中南米地域5か国における対日世論調査の結果を発表しました。中南米5か国を対象にした対日世論調査は今回が初めてだそうで、選択肢として挙げられた13か国の中では、日本が最も信頼できる国のトップになるなど、日本に対する好感度が高いことを示す調査結果となったようです。

調査は昨年12月から今年2月にかけて行われたもので、調査概要は以下の通り。

• 調査委託機関:IPSOS社
• 調査対象:メキシコ、ブラジル、コロンビア、チリ、トリニダード・トバゴ (T&T) の識字層約300〜400名(メキシコ407名、ブラジル400名、コロンビア300名、チリ300名、T&T300名、計1,707名)
• 調査方法:オンライン調査(T&Tは会場調査と面接方式の併用)

▼ 調査結果概要(外務省のウェブサイトから抜粋編集)

1. 日本との関係については、「良好である」もしくは「どちらかというと良好である」と回答した割合が74%。又、日本に「親しみを感じる」もしくは「どちらかというと親しみを感じる」と回答した割合が80%を占めるなど、肯定的に評価する割合が高いことが示されています。更に、アジアや欧米の主要13か国の中で「最も信頼できる国」として日本を選択した割合は13か国中トップでした。

2. 中南米5か国にとって現在重要なパートナーはどこの国かとの質問については、アジアや欧米の主要13か国の中で米国(70%)、日本(33%)、中国(29%)の順で評価されました。又、将来重要なパートナーはどの国かとの質問については、日本(42%)、米国(31%)、中国(30%)の順で評価されました。(注)複数回答方式

3. 日本に関するイメージについては、5か国全体の回答で「経済力・技術力の高い国」(77%)がトップとなり、経済力の高い技術立国といったイメージが強いことが示されました。又、「豊かな伝統と文化を持つ国」(65%)という回答が続き、日本文化に対する高い関心も示されました。日本のどの面について関心があるかとの問いに対しては、「科学技術」(71%)の他、「文化/芸術」(59%)、「日本食」(48%)が上位を占めました。(注)複数回答方式

4. 日系人に関しては、自国の日系人が地域社会の発展のために貢献していると回答した割合は87%。又、日系人が日本と自国の関係強化に貢献していると回答した割合は79%を占めました。更に、日系人についての印象は「勤勉・能率的」(53%)、「親切・礼儀正しい」(51%)が上位を占め、日系人に対する印象が良好であることが示されました。

▼ 設問と回答結果

外務省のウェブサイトには全部で17の設問と回答結果が記載されていますが、ここではその中からいくつかを抜粋してみました。

Q:あなたの国と日本との関係は全体として良好だと思いますか。

• 良好(41%)
• どちらかというと良好(33%)
• どちらかというと良好ではない(3%)
• 良好だとは思わない(1%)

回答を二分すると、良好(74%)、良好ではない(4%)

Q:次の国のうち、最も信頼できる国はどの国ですか。(日本、米国、ロシア、中国、韓国、豪州、インド、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ポルトガル、その他より1つ選択)

日本(20%)、 米国(16%)、 ドイツ(10%)、 豪州(7%)、 英国(6%)、 スペイン(3%)、 フランス(3%)、 イタリア(3%)、 中国(2%)、 ポルトガル(2%)、 その他(4%)、 わからない(25%)

調査対象国別に見ると、メキシコ、ブラジル、チリの3カ国が日本を最も信頼できる国と評価。(コロンビアでは、米国22%、日本19%の評価を得て米国に次いで信頼されている。)

Q:あなたの国にとって、現在/将来重要なパートナーは、次の国のうちどれですか。(複数選択)

〈現在〉米国(70%)、日本(33%)、中国(29%)、スペイン(20%)
〈将来〉日本(42%)、米国(31%)、中国(30%)、ドイツ(23%)

調査対象国別に見ると、現在重要なパートナーについて,日本を選択した数が多かった国はブラジル、チリでそれぞれ42%、37%。

将来重要と考えるパートナーについては、全ての国で日本を選択した数が最も多かった。

Q:あなたの国に移住した日本人、日系人は地域社会の発展のため貢献していると思いますか。

• 貢献している(58%)
• どちらかといえば貢献している(29%)
• どちらかといえば貢献していない(5%)
• 貢献していない(1%)
• わからない(8%)

回答を二分すると、貢献している(87%)、貢献していない(6%)

Q:安倍総理は、「地球儀を俯瞰する外交」として、2014年7月下旬から8月初旬に、あなたの国を訪問しました。このような総理の活動をどのように評価しますか。

• 評価できる(51%)
• どちらかというと評価できる(25%)
• どちらかといえば評価できない(4%)
• 評価できない(1%)
• わからない(19%)

回答を二分すると、評価できる(76%)、評価できない(5%)

以下は各設問に対する国別の回答結果(外務省のウェブサイトにある設問と回答結果から抜粋掲載)
※国名にあるT&Tはトリニダード・トバゴの略

中南米地域5か国における対日世論調査

「質問 1」で興味深いのは、「民主主義、自由主義など米国と価値観を共有する国」の項目で、どの国も一様に一桁台のイメージしかないのは、明らかにアメリカとは違う国と見られているということなんでしょうか。

中南米地域5か国における対日世論調査

中南米地域5か国における対日世論調査

「質問 3」については、アメリカで行われた対日世論調査でも、これと似たような調査結果になっていましたが、アニメやマンガといったものはそれほど高くなく、伝統的なものに比較的多くの関心が寄せられているという結果に。

中南米地域5か国における対日世論調査

中南米地域5か国における対日世論調査

中南米地域5か国における対日世論調査

「質問 12」については、「次の国のうち」と書いてあるだけなので、この表に記載されている国だけが選択の対象として挙げられた国かと捉えてしまいそうですが、先に「設問と回答結果」の項目で記したように、選択肢として挙げられているのは、日本、米国、ロシア、中国、韓国、オーストラリア、インド、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ポルトガル、その他と、結果概要のページには記載されています。

結果概要のページに記載されている回答結果でもそうでしたが、選択肢として挙げられている国が13か国なのに対し、回答に記載されている国は10か国と、3か国が回答結果から除外されています。この3か国については、恐らくはゼロという結果だったのだろうと推測されるのですが、設問の趣旨からしても、こういった場合には、ゼロならゼロで、挙げられた対象国は全て記載した方がいいのではないでしょうか。又、この表には記載されていませんが、「質問 12」については、1つを選択する質問方式がとられているとのこと。

中南米地域5か国における対日世論調査

こちらの「質問 13」も、「質問 12」と同様に「次の国のうち」と書いてあるだけなのですが、恐らくは「質問 12」と同じ国が選択の対象として挙げられているのだと思います。なお、「質問 12」については1つを選択する質問方式だったのに対し、こちらの「質問 13」と、次の「質問 14」は複数回答が可能な質問方式である点も留意して見る必要がありますね。

中南米地域5か国における対日世論調査

以下は、現地の日系人に関連した設問になります。

中南米地域5か国における対日世論調査

中南米地域5か国における対日世論調査

中南米地域5か国における対日世論調査

「質問 15」、「質問 16」、「質問 17」の日系人に関する設問については、どれも良好な回答結果が得られており、これらの日系人に対する印象が、日本に対する印象にも少なからず影響しているのではないかと思われます。

▼ 出典:外務省ホームページ

外務省 - 中南米地域5か国における対日世論調査(結果)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001898.html

外務省 - 中南米地域5カ国における対日世論調査(結果概要) (PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000070262.pdf

外務省 - 中南米地域5か国における対日世論調査(全質問・回答集計結果) (PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000070263.pdf



2015.4.9

日米両国で行われた戦後70年の日米関係に関する世論調査結果(2015年調査)

アメリカの世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが、戦後70年の日米関係に関する意識調査をアメリカと日本の両国で行い、お互いが相手国に対してどのような印象を持っているかといった調査報告書を発表しました。

• 調査実施期間:2015年2月12日〜15日
• 調査対象:18歳以上の日米それぞれ1,000人
• 調査方法:電話による聞き取り調査

調査項目が多いので、ここではその中から抜粋した調査結果を記載しています。調査項目の全文については、ページ下にピュー・リサーチ・センターの調査結果(英文)が記されたアドレスを記載していますので、そちらをご参照ください。

調査報告書の一番上には大きく"Americans, Japanese: Mutual Respect 70 Years After the End of WWII"と記されているように、全体の総括としては、戦後70年、アメリカ人と日本人はお互いにリスペクトし合っているという結論になったようです。

日米関係に関する世論調査 ■ アメリカ人と日本人は、お互いを信頼、中国を警戒、日本の軍事的役割では認識が異なる

アメリカ人の68%、日本人の75%が互いを信頼しており良好な関係だとした。

中国を「信頼する」と答えた人は、アメリカで30%、日本は7%と、それぞれ数値的には低い割合ながらも、認識には多少の違いがあることが浮き彫りになる結果に。

日本の軍事的役割については、アメリカでは47%が、「より積極的な軍事的役割を果たすべきだ」と答えたのに対し、日本では「より積極的な軍事的役割を果たすべきだ」と答えたのは23%と、こちらも両国民の認識に差がある結果に。


日米関係に関する世論調査 ■ アメリカ人と日本人は、お互いをどう見ているか

アメリカ人が見る日本人
• Hardworking / 勤勉 (94%)
• Inventive / 独創的 (75%)
• Honest / 正直 (71%)
• Intolerant / 偏狭的 (36%)
• Aggressive / 攻撃的 (31%)
• Selfish / 利己的 (19%)

日本人が見るアメリカ人
• Hardworking / 勤勉 (25%)
• Inventive / 独創的 (67%)
• Honest / 正直 (37%)
• Intolerant / 偏狭的 (29%)
• Aggressive / 攻撃的 (50%)
• Selfish / 利己的 (47%)

※「Aggressive」については、「Aggressive War / 侵略戦争」、「Aggressive Weapons / 攻撃用兵器」 といった使われ方をとって、「攻撃的」という日本語表記にしたものの、"Aggressive"という言葉には、「侵略的」、「攻撃的」という意味合いの他に、「押しの強い」とか、「積極的」、「意欲的」、「活動的」といったプラスの意味で使われることもあります。ただし、「積極的」、「意欲的」、「活動的」といった意味では"Active"という言葉を使うのが一般的なようです。

下の表は「そうは思わない」という回答を含めた回答結果

日米関係に関する世論調査 日米関係に関する世論調査


日米関係に関する世論調査 ■ 日米間の重大な出来事は

アメリカ人
• 2011年東日本大震災 (31%)
• 第二次世界大戦 (31%)
• 第二次大戦後の日米安保条約 (23%)
• 1980年代から1990年代初期に起こった日米貿易摩擦問題 (8%)

日本人
• 2011年東日本大震災 (20%)
• 第二次世界大戦 (17%)
• 第二次大戦後の日米安保条約 (36%)
• 1980年代から1990年代初期に起こった日米貿易摩擦問題 (14%)


日米関係に関する世論調査 ■ 広島、長崎への原爆投下の是非について

アメリカ人
• 正当化できる (56%)
• 正当化できない (34%)

日本人
• 正当化できる (14%)
• 正当化できない (79%)

今回の調査の中では、この問いが日米の認識の差が一番大きい回答結果となっており、アメリカでは原爆投下が正当化できると考える人、日本では正当化できないと考える人の割合が高い結果となっています。ただし、アメリカでも正当化できないと考える人が34%(約3人に1人)、日本でも正当化できると考える人が14%(約10人に1人)いる点にも注目。

なお、こちらのグラフには記載されていないものの、アメリカ人に対する調査結果からは「正当化できる」と答えた人は高齢者層、共和党支持者、男性、白人に多い傾向があるようです。


日米関係に関する世論調査 ■ 第二次世界大戦の謝罪

アメリカ人
• 日本は十分に謝罪した (37%)
• 日本は十分に謝罪していない (29%)
• 謝罪する必要はない (24%)

日本人
• 日本は十分に謝罪した (48%)
• 日本は十分に謝罪していない (28%)
• 謝罪する必要はない (15%)

「十分に謝罪した」と「謝罪する必要はない」の合計がアメリカで61%、日本で63%と、共に「十分に謝罪していない」を大きく上回る結果に。又、アメリカでは、そもそも謝罪すら必要ないとする「謝罪する必要はない」との回答が24%と、「十分に謝罪していない」の29%に近い数値を示しているところも注目点かと。

なお、調査では、ドイツの場合はどうかと同様の質問がされているのですが、そこでは、日本は「十分に謝罪した」、「謝罪する必要はない」と答えたアメリカ人の合計が61%だったのに対し、ドイツは「十分に謝罪した」、「謝罪する必要はない」と答えたアメリカ人の合計は54%、そして「十分に謝罪していない」が37%と、日本に比べると、やや謝罪が足りないと考える割合が高い結果になっています(ドイツが「十分に謝罪していない」との認識は、日本に対しての回答同様に高齢者層に多い傾向があるようです)。


日米関係に関する世論調査 ■ アメリカにとって日本と中国のどちらと経済関係を強化するのが良いか

アメリカ人の回答
• トータル:
日本 (36%) / 中国 (43%)
• 白人:
日本 (40%) / 中国 (38%)
• 白人以外:
日本 (28%) / 中国 (52%)
• 18-29才:
日本 (23%) / 中国 (61%)
• 30-49才:
日本 (36%) / 中国 (44%)
• 50-64才:
日本 (39%) / 中国 (38%)
• 65才以上:
日本 (46%) / 中国 (28%)
• 共和党支持者:
日本 (45%) / 中国 (37%)
• 民主党支持者:
日本 (33%) / 中国 (50%)
• 支持政党なし:
日本 (34%) / 中国 (44%)

若年層では中国と答えた割合が高いのが目立ちます。又、第二次世界大戦については「日本は十分に謝罪していない」、原爆投下は「正当化できる」と答えた割合が高かった高齢者層が、この問いでは日本と答えた割合が他の世代より高いのも特徴。


■ 中国の台頭による日米の関係及び、アジアにおける日本の軍事的役割

日米関係に関する世論調査

軍事や経済力などの中国の台頭による日米関係

アメリカ人の回答
• さらに重要になる (60%)
• 重要性は減った (6%)
• 変わらない (29%)

アジア太平洋地域の平和と安定を維持するために、日本はより積極的な軍事的役割を果たすべきであるという意見と、歴史を考えれば、日本は地域情勢での軍事的役割を制限する必要があるという意見のどちらが自分の考えに近いか。

アメリカ人の回答
• 日本はより積極的な軍事的役割を果たすべき (47%)
• 日本は軍事的役割を制限する必要がある (43%)

ちなみに、日本人の回答結果は以下の通り。(この表には記載されていません)

日本人の回答
• 日本はより積極的な軍事的役割を果たすべき (23%)
• 日本は軍事的役割を制限する必要がある (68%)

冒頭でもピックアップされていたように、両国民の認識に差がある結果に。

■ あなたが日本を考えるとき最初に頭に浮かぶ事は何ですか?

日米関係に関する世論調査

こちらはアメリカだけでの調査

なお、この問いの回答結果にある数値は、パーセンテージではなく、回答者の数として記載されています。

あなたが日本を考えるとき最初に頭に浮かぶ事は何ですか?

• Sushi, Food (98)
• Cars (52)
• WWII (51)
• Technology (49)
• Relatives, Friends (42)
• Tsunami, Fukushima (35)
• Crowded, Lots of people (33)
• Good, Positive (33)
• Culture (32)
• Other personal characteristics (32)
• Tokyo (26)
• Manufacturing, Industry (25)
• Want to visit, Visited (23)
• Other business (21)
• Beautiful, Pretty (18)
• Other geography (17)
• Electronics (16)
• Japanese people (16)
• Island (15)
• Pearl Harbor (15)

日米関係に関する世論調査 ■ アジアの主要課題に関するアメリカ人の意識の格差

あなたはどの程度聞いたことがあるか

以下はアメリカ人の回答

北朝鮮の核開発計画について
• 良く聞く (39%)
• 少し聞いたことがある (42%)
• 全く聞いたことがない (18%)

中国と近隣諸国間の領土紛争について
• 良く聞く (16%)
• 少し聞いたことがある (44%)
• 全く聞いたことがない (39%)

第二次世界大戦における「慰安婦」に対する日本と韓国の間の緊張について
• 良く聞く (10%)
• 少し聞いたことがある (31%)
• 全く聞いたことがない (57%)


■ 参照・引用:Pew Research Center / ピュー・リサーチ・センター

▼ Pew Research Center - Full Report (April 7, 2015)
http://www.pewglobal.org/2015/04/07/americans-japanese-mutual-respect-70-years-after-the-end-of-wwii/

▼ Pew Research Center - Full Report (Google 自動翻訳)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.pewglobal.org/2015/04/07/americans-japanese-mutual-respect-70-years-after-the-end-of-wwii/&prev=search

▼ 2015 Pew Research Center Survey - Report Infographics(全17ページ)
http://www.pewglobal.org/2015/04/07/americans-japanese-mutual-respect-70-years-after-the-end-of-wwii/pg_us-japan_timeline_history_6-6in/

▼ Pew Research Center - Complete Report PDF
http://www.pewglobal.org/files/2015/04/Pew-Research-Center-Sasakawa-US-Japan-Report-FINAL-April-7-20151.pdf

▼ Pew Research Center - Topline Results PDF (数値だけを要約したページ)
http://www.pewglobal.org/files/2015/04/Pew-Research-Center-Sasakawa-US-Japan-TOPLINE-April-7-2015.pdf



2015.4.22

iMac で CD や DVD が取り出せなくなったときは

iMac - CD/DVD Drive ということで、先日、そういう事態になってしまいました(笑)。

CDを挿入するときに多少重い感じがしたものの、そのまま押し込んだら、ディスクを感知しない状態で取り出せなくなったんですよね。

ディスクを感知してないので、キーボードにあるイジェクト・キーを押してもうんともすんとも言わないし、ファインダーから「取り出す」をクリックするという操作もできない状態。

仕方がないので、挿入口に爪楊枝を差し込み、少しずつ手前に引き出して取り出そうとしたけど、ディスクが傷だらけになりそうな感じだったので止め。

もしかして、別のディスクを半分程度入れたら、元のディスクも一緒に感知して取り出せるようになるのではないかと思ってやりかけたものの、何だか更に状況が悪化しそうな感じだったので、これも途中で止めました。

一応、ググったら、"iMac"の電源を切って、マウスを左クリックしたまま起動させると、ディスクを吐き出すという方法がいくつかのサイトに記されていたものの、内部で詰まっているというか、挟まっているよう感じだったので、パソコンの操作で取り出せるような状態ではないように思えたんですよね。

これはもうディスクに傷が付くことを覚悟で強引に取り出すか、パネルを外して分解しない限りは無理なんじゃないかと思いつつも、とりあえずは"iMac"の電源を切って、起動と同時にマウスを左クリック。

あまり期待していなかったものの、ドライブが動く音がしたので、一瞬おっ!と思うも何も起こらず・・・。やっぱりダメかと思いつつも、とりあえずは立ち上がるまで押し続けてみようと、そのまま押し続けていたら、何とニョキニョキとCDが排出されました。

ほとんど諦めかけていだけに、これにはビックリ。いやぁ、物理的手段で強引に取り出そうとしなくて良かった。

その後、ググってみたら、キーボードの右上にあるイジェクトボタンを押しっぱなしで起動するという方法もあるみたいで、これでダメなら、キーボードのイジェクトボタン押しっぱなし+マウスの左クリック押しっぱなしといった複合技もあるようです。皆さん、色々と試して解決法を見つけられているんですね。



2015.5.7

ドコモポイントで募金に参加

今月末で有効期限切れとなり失効するドコモポイントが数百ポイントあったので、それならばと、そのポイントを使って「ネパール中部地震被災地支援募金」に寄付しました。

どういうシステムかというと、募金に寄付したポイント分の額をNTTドコモが寄付先に寄付するというかたちになっています。

やり方は簡単で、基本的にはNTTドコモのサイトにあるポイント交換のページから募金を選択して使用するポイント数を入力するだけです。

ちなみに、ドコモポイントを使って、商品と交換する場合、最低でも2,000ポイント以上ないと商品を選べないないのですが、募金の場合は100ポイントからできるようになっています。

一応、簡単にやり方を記してくと。

1. まずは、「NTTドコモ ホーム」 (https://www.nttdocomo.co.jp/) からページ右上にある「My docomo」をクリック(ログインしていない場合は「ログイン」画面が表示されます)。もしくは「My docomo」 (https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/) から直接ページを開きます。

※「docomo ID」を持っていない場合は、ページの一番下にある「docomo IDを発行する」をクリックして、 先にIDを取得します。

2. ログインしたら、現在のポイント情報及び、今月末で無効となるポイントが表示されるので、「サービス一覧」から「ポイント・優待サービス」の項目にある「ドコモポイントをつかう」をクリック。

3. 「ドコモポイントをつかう」のページが表示されたら、「素敵な商品と交換、募金をする(ポイント交換)」の「お知らせ」にある「ネパール中部地震被災地に対するドコモポイントでの募金を受付中です」をクリック。もしくは「コース別」の項目にある「被災地支援募金」をクリック。

4. 「ポイントをつかう(被災地支援募金)」のページが表示されたら、寄付する数量(100ポイントで数量が「1」になります)を入力して「交換する」をクリック。(数字の入力は半角英数で行います。それ以外で入力した場合はエラーが表示されます)

5. 「ご連絡先等の入力」画面のページが表示されたら、「交換商品名」(ネパール中部地震被災地支援募金)及び、「ポイント数」と「数量」に間違いがないかを確認します。

6. 確認ができたら、「次へ(申込内容の確認)」をクリック。

7. 「お申込み内容の確認」のページが表示されるので、問題がなければ「申込む」をクリック。

※これが最後の確認になります。申込み後のキャンセル・変更はできないので、数量の入力ミスにご注意を。

8. 「お手続き完了」のページが表示されたら完了です。

期限切れで、みすみすポイントを失効するのであれば、このような使い方で役立てることもできるので、ポイントの使い道が他に無いという場合などは御一考されてみてはいかがでしょうか。ただし、今回の「ネパール中部地震被災地支援募金」へポイントを使って寄付できる期限は2015年5月14日(木曜)の正午までとなっています。



2015.5.13

ステルスフォルムな蛾

ステルス機のようなフォルムの蛾を先日見つけました。頭から翅(はね)にかけてのラインが、どことなくアメリカのステルス攻撃機"F-117"に似た感じ。

キムジノメイガ F-117

止まっていた場所はというとエアコンの室外機。ツルツルな垂直の面にへばりついていて疲れないのかと思っていたら、日中はずっとそこに居ました。

日が暮れると居なくなっていたので、じっと夜になるのを待っていたのでしょうか。

ということで、調べてみたら、「キムジノメイガ」というツトガ科・ノメイガ亜科の蛾みたいです。

▼ キムジノメイガ Prodasycnemis inornata (Butler, 1879)
http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Prodasycnemis_inornata.html

ついでに、あちこちと調べてみたら、どうやら黄色い無地という意味から「黄無地=キムジ」という名前が付いたとされているようですね。5月〜8月頃によく見られるらしく、日本全国に渡って分布しているそうです。

目の上辺りから触覚らしきものが背中にかけて伸びています。足は白いヒモの様な感じ。

キムジノメイガ

それにしても、いったいどうやって止まっているんでしょうね。見た感じでは足の先に爪のようなものは無さそうだし、そもそも爪があっても、ツルツルして引っ掛ける場所が無いようにも思うのですが・・・。まぁハエや蚊も垂直な壁や窓ガラスに止まったりするので、似たような構造になっているんでしょうかね。



2015.6.2

アゲハチョウの蛹(さなぎ)

実は、先月下旬にアゲハチョウの蛹をたまたま見つけて、それ以降毎日観察してました。本当は羽化するところを捉えて、このサイトに載せようと目論んでいたのですが、今日見たら既に抜け殻になっていました(笑)。

昨日見たときは、まだ全体が緑色だったので、もう暫くはかかるだろうと油断していたのが間違いでしたね。でも、外敵に捕食されることなく無事に羽化することを願いながら見守っていたようなところもあったので、何だかホッとした気分。

▼ 2015/5/21
アゲハチョウの蛹

▼ 2015/5/31
アゲハチョウの蛹

▼ 2015/6/2
アゲハチョウの蛹

ちなみに、蛹の内部は一部の神経や呼吸器系を除いた組織がドロドロに溶解して、液状化した状態になっているそうで、そこから成虫の形体が形成されていくらしいです。

この状態から、幼虫のときとは摂取するものも違えば、足の数も違うし、地を這っていたものが空を飛ぶようになるのだから、ほんと不思議。



2015.6.3

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2)

2年半ほど前に、"YouTube"にアップロードされている"Queen"のピアノ・カヴァー曲の中から、個人的に気に入っている演奏をいくつかご紹介したことがあったのですが、今回はそのパート2。今回も前回同様に多少マニアックな選曲ですが、これらもまた素敵な演奏です。

まずは、アルバム"The Woeks"のラストに収録されていたフレディとブライアンの共作曲「Is This The World We Created...? / 悲しい世界」。

▼ Queen - Is This The World We Created...? (Piano cover)
http://www.youtube.com/watch?v=BHeUtWXAUF8

続いては、5thアルバムの"A Day at the Races"に収録されている「Good Old Fashioned Lover Boy / 懐かしのラヴァー・ボーイ」。

▼ Queen - Good Old Fashioned Lover Boy - piano cover
http://www.youtube.com/watch?v=nNP0f0QxMFM

こちらは、2ndアルバムの"Queen II"から「Nevermore / ネヴァー・モア」。

▼ Queen - Nevermore (Piano Cover - Rob Hughes)
http://www.youtube.com/watch?v=2XY3Thvpj3w

最後は、昨年の2014年にリリースされたベストアルバム"Queen Forever"に、フレディ初のソロシングル曲をバラードにアレンジした新曲として収録されていた「Love Kills - the ballad / ラヴ・キルズ(バラード)」。

▼ Queen - Love Kills the Ballad - Piano Cover
https://www.youtube.com/watch?v=oZLwfBjU6Bk

本当は他にも紹介したい演奏が沢山あって、どれをピックアップしようかと迷ったのですが、それらは、いずれ近いうちにご紹介したいと思っています。

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7) - (2017年6月25日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6) - (2017年5月26日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)



2015.6.4

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査)

アメリカの世論調査会社「ギャラップ」が毎年行っている各国に対する好感度調査が今年も2月に行われており、その調査結果が発表されています。

※ ギャラップ (The Gallup Organization) は、アメリカに本社を置く世論調査及びコンサルティングを行っている企業で、民間企業による世論調査の先駆け的存在としても知られ、日本を含め、世界の30近くの国に拠点を設けている。又、その世論調査はギャラップ調査 (Gallup Poll) と呼ばれて、高い信頼を得ており、ウィキペディアでも「世論調査」のページには「ギャラップ調査」の項目と共に、「代表的世論調査としてギャラップ調査が挙げられる」と記述されています。

今回の調査対象国の中でアメリカ人が好感を持っている国のトップとなった国はカナダ(92%)で、続いてイギリス(90%)、フランス(82%)、ドイツ(81%)、日本(80%)の順になっています。
※ カッコ内の数字は好ましいとした割合。

調査結果の見出しには大きく「Canada, Great Britain Are Americans' Most Favored Nations」と書かれているように、カナダとイギリスに対する好意的な評価が共に90%を超えており、この2か国への好感度が頭一つ抜き出ているといった印象。

なお、この調査の評価対象とされた国は以下の22か国で、今回も良し悪しに関わらず、国の動向がアメリカの情勢に対して少なからず影響を及ぼしそうな国が選ばれているようです。

92% カナダ
90% イギリス
82% フランス
81% ドイツ
80% 日本
71% インド
70% イスラエル
57% ヨルダン
55% メキシコ
52% ウクライナ
49% エジプト
46% キューバ
44% 中国
38% サウジアラビア
24% ロシア
17% パレスチナ自治政府
15% パキスタン
15% イラク
14% シリア
14% アフガニスタン
11% イラン
9% 北朝鮮

上位の国々はいつもと変わらずといった感じですが、その他ではロシアが3年前の50%から今回は24%と大きく評価を落としている点や、3年前は37%だったキューバが今回は46%と評価を上げているといった点。それに、最も否定的な評価が多かった国が中東の国ではなく、今回も前年に引き続き北朝鮮となっているのが特徴。

▼ 「favorable (好ましい)」と「unfavorable (好ましくない)」の比率を示した表

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査)

▼ 対象国を評価割合により四つのグループに分類した表

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査)

▼ 日本に対する評価の年度別数値と推移(1989年〜2015年)

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査) - 日本に対する評価の推移

▼ ギャラップの調査結果 - Country Ratings
http://www.gallup.com/poll/1624/perceptions-foreign-countries.aspx

▼ ギャラップの調査結果 - Canada, Great Britain Are Americans' Most Favored Nations
http://www.gallup.com/poll/181961/canada-great-britain-americans-favored-nations.aspx

※ 調査結果を記したページの右側部分の下側にある「View complete question responses and trends.」をクリックすると「ギャラップの調査結果 - Country Ratings」にあるデータがPDFファイルで開きます。

▼ 2014年の調査結果 - North Korea Least Favorable Among Nations
http://www.gallup.com/poll/167489/north-korea-least-favorable-among-nations.aspx

▼ 2013年の調査結果 - Americans Least Favorable Toward Iran
http://www.gallup.com/poll/161159/americans-least-favorable-toward-iran.aspx

▼ 関連記事
アメリカで行われた各国に対する好感度調査 - アメリカ人の最近の動向 - (2012年4月29日)



2015.6.25

自分が使っているパソコンや家電品の電気料金を簡単に知ることができるシミュレーター

これからの季節、エアコンをはじめ、様々な電化製品の使用頻度が増えてくると思いますが、案外、自分が使っている製品は1時間当たりでどれくらいの電気料金がかかるか知らなかったりもします。

ということで、以下に記したのはカタログや説明書に記載されている消費電力を入力して簡単に電気料金を知ることができるシミュレーターが備えられたサイト。勿論全て無料で利用できます。

自分が使っている製品の1時間当たりの電気料金を知ることで、自然と節電意識も芽生えるかも?

▼ 電気代計算シミュレーターで電気代を計算してみましょう
http://www.ienakama.com/tips/page/?tid=353

▼ 電気代計算君
http://kunisan.jp/denki/index.html

▼ 電気代・電気料金の計算
http://testpage.jp/m/tool/denkidai.php

自宅で使っている主な電化製品の1時間当たりの電気料金を一覧表にしてみるのも、何かしら発見があったりして面白いかもしれませんね。

補足記事

▼ 普段使っている家電の電気料金って一体いくらなの? - 電気使用量の大きい家電製品ランキング
http://kakaku.com/energy/article/?en_article=15

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.