Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2014 / 1-6


2014.1.1

2013年度 プレイカウント・トップ 100

昨年は"Susanna Hoffs"のソロアルバム"Someday"を年間を通して良く聴いていた感じで、それを物語るように、プレイカウントのトップ100でも、このアルバムの収録曲は全曲が上位にカウントされるという一年でした。

その他では先月の初めに買った"Mew"のミニアルバム"She Came Home for Christmas"も、ほぼ毎日聴いていたこともあり、こちらの収録曲も全曲が上位にカウントされる結果に。

でも、曲目を書き出していて気付いたのは、プレイカウントのトップ100に最も多く入っていたのは"KOKIA"さんの曲だったということでした。

▼ KOKIA - Remember the kiss (Live in Paris)
http://www.youtube.com/watch?v=27yUjUE7rM4

▼ KOKIA - Ave Maria (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=1APCZalfVSo

   Top 100 - My iTunes Play Count / 2013

  1. Holding My Breath / Susanna Hoffs
  2. EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/. / KOKIA
  3. She Came Home for Christmas / Mew
  4. King Christian / Mew
  5. She Came Home for Christmas [Acoustic Version] / Mew
  6. EXEC_COSMOFLIPS/. / KOKIA
  7. Something That You Said / The Bangles
  8. I Had a Good Time / Boston
  9. All I Need / Susanna Hoffs
  10. True / Susanna Hoffs
  11. Mica / Mew
  12. Watch This Space / Mew
  13. Raining / Susanna Hoffs
  14. This Is the Place / Susanna Hoffs
  15. Ask Me No Questions / The Bangles
  16. November Sun / Susanna Hoffs
  17. Always Enough / Susanna Hoffs
  18. Regret / Susanna Hoffs
  19. Thinking of You / Naoko Terai
  20. Picture Me / Susanna Hoffs
  21. One Day / Susanna Hoffs
  22. Hold On / Air Supply
  23. You Haven't Seen the Last of Me / Cher
  24. 光の中に / KOKIA
  25. All for You / Naoko Terai
  26. Zero Landmine [Short Version] / No More Landmine
  27. I Won't Let It Get in the Way / Air Supply
  28. Go / Asia
  29. Wishing / Asia
  30. After the War / Asia
  31. Blown Away / Jeff Lynne
  32. Fate / KOKIA
  33. Unconditional Love / Susanna Hoffs
  34. petite chanson / Susanna Hoffs
  35. Why / Air Supply
  36. Rock and Roll Dream / Asia
  37. Lost at Sea / The Bangles
  38. Now You're Gone / Jeff Lynne
  39. I believe 〜海の底から〜 / KOKIA
  40. KARMA / KOKIA
  41. Until / Air Supply
  42. Voice of America / Asia
  43. Lotus Intro / Christina Aguilera
  44. Army of Me / Christina Aguilera
  45. Lovely Blossom (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  46. a gift / KOKIA
  47. かわらないこと 〜since 1976〜 / KOKIA
  48. Ave Maria / KOKIA
  49. A Little Bit of Everything / Air Supply
  50. Yours Truly / Air Supply

  1. Can I Be Your Lover / Air Supply
  2. Suspicion / Asia
  3. You're All I Am / Foreigner
  4. Back Where You Belong / Foreigner
  5. Why Can't This Night Go on Forever / Journey
  6. 花 / KOKIA
  7. 足音 / KOKIA
  8. 言の葉 / KOKIA
  9. Right Here with You (with Delta Goodrem) / Olivia Newton-John
  10. Boats Against the Current / Olivia Newton-John
  11. さよならの向こう側 / Momoe Yamaguchi
  12. Thank You for the Music / ABBA
  13. That's Me / ABBA
  14. Dance with Me / Air Supply
  15. Faith in Love / Air Supply
  16. Open Your Eyes / Asia
  17. Around the World / Christina Aguilera
  18. Blue Morning, Blue Day / Foreigner
  19. Double Vision / Foreigner
  20. Love on the Telephone / Foreigner
  21. The Eyes of a Woman / Journey
  22. Bird Island (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  23. dandelion / KOKIA
  24. tomoni / KOKIA
  25. 調和 oto〜with reflection〜 / KOKIA
  26. 夢の途中 / KOKIA
  27. Face to Face (Duet with Barry Gibb) / Olivia Newton-John
  28. Love is a Gift / Olivia Newton-John
  29. Find a Little Faith (with Cliff Richard) / Olivia Newton-John
  30. Everything Love Is (with Jimmy Barnes) / Olivia Newton-John
  31. Canto della Terra [Duet with Andrea Bocelli] / Sarah Brightman
  32. One of Us / ABBA
  33. Our Last Summer / ABBA
  34. The Earth Is / Air Supply
  35. Love Conquers Time / Air Supply
  36. Alternate Ending / Air Supply
  37. Never Again / Asia
  38. I Will Take Care of You / The Bangles
  39. Anna Lee (Sweetheart of the Sun) / The Bangles
  40. Red Hot Kinda Love / Christina Aguilera
  41. Etude E Major Op.10-3 (Chopin) / Hiroko Nakamura
  42. Every Little Thing / Jeff Lynne
  43. Don't Say Goodbye / Jeff Lynne
  44. September Song / Jeff Lynne
  45. Sunset Ocean (Live at STB139, 2006) / Kaori Kobayashi
  46. Yes I know / KOKIA
  47. もくじ / KOKIA
  48. Dance with the wind / KOKIA
  49. Isn't it Amazing (with Sun) / Olivia Newton-John
  50. Someone Who Believes in You / Russell Hitchcock




2014.1.4

Apple ID の作成画面でクレジットカード登録の「なし」が表示されないときは

先日、"Mac"の"OS X Snow Leopard"を、"OS X Mavericks"にアップグレードしようとしたところ、思わぬところでつまずいてしまいました。

そのつまずいた場所というのは、ダウンロード前に入力する"Apple ID"の認証画面。何年か前にアップルストアで銀行振り込みによる買い物をしたことがあったので、そのときの"Apple ID"で大丈夫だと思っていたのですが、クレジットカードの情報を登録しないと先に進めない仕様になっていました。

無料でダウンロードできるのに、クレジットカードの情報だけを登録するのはどうも解せないので、クレジットカードの登録無しで"Apple ID"を作成する方法はないかとググってみたら沢山のサイトがヒットしたことから、これで大丈夫だろうとその時は思ったものの、結果的にはダウンロードを開始するまで約半日を費やすことに。

クレジットカードの登録無しで"Apple ID"を作成する方法については、以下に記したアップルサポートのページに記してありますので、ページ内にある「▶ コンピュータでアカウントを作成する」か、「▶ iPhone、iPad、iPod touch でアカウントを作成する」のどちらかをクリックして参照してください。

クレジットカードを使わずに iTunes Store、App Store、iBooks Store、および Mac App Store アカウントを作成する方法
▶ http://support.apple.com/kb/HT2534?viewlocale=ja_JP

ちなみに、私の場合は、「▶ コンピュータでアカウントを作成する」にある手順を参考にパソコンで操作を行ったので、以下の文章もそちらの手順での話になります。

ということで、

"App Store"ではなく、"iTunes Store"の登録画面から進まないとダメなんですね。まぁ、それさえ分かれば、後は簡単だろと高を括っていたのですが、今度は「iTunes Store からダウンロードするためにサインイン」のところで、「ID」と「パスワード」を入力しても、「このApple IDは、iTunes Store で使用されたことがありません」と出て先に進めず。

もう、面倒だから、"Apple ID"を新たに作ろうと"App Store"に戻り、"Apple ID"を新規で作ろうとするも、やはりクレジットカードの情報を登録しないと先に進めず登録が出来ない。

それから再びググってみるも、「お支払い方法を選択してください」の項目に有るクレジットカードが並んだ画像の一番右に表示される「なし」を選択すればOKといった内容のページが沢山あるものの、そのクレジットカードが並んでいる画像の一番右に表示されるはずの「なし」の項目が何故か表示されないんですよね。

Apple ID - Payment

で、散々時間を費やして分かったのは、既に登録している"Apple ID"では、クレジットカードの「なし」は表示されず、選択できないということ。そして、クレジットカードの「なし」を選択するには、必ず"iTunes Store"から新規での登録操作を行う必要があるということです。"My Apple ID"や"App Store"ではクレジットカードの「なし」を選択することができない仕様なんですね。

Apple ID - Create New

なお、一度作成した"Apple ID"の削除はできないらしいので、以前持っていた"Apple ID"はデタラメ情報に書き換えて、とりあえずは使わない状態にしておくことにしました。複数持っていても紛らわしいですしね。というか、何故に削除できないシステムなんでしょう。

それにしても、これらの一連のシステムは、もっちょっとどうにかならないのだろうか。これだけで相当疲れましたよ(笑)。

そんなこんなを経て、"iTunes Store"から新規に「Apple ID(メールアドレス)」と「パスワード」を入力し、「Apple ID を作成」をクリックして先に進んだら、見事に「お支払い方法を選択してください」のところで「なし」が表示されて、ようやくクレジットカードの登録無しで"Apple ID"の作成が完了しました。

流れとしては、この後、"iTunes Store"からの確認メールが送られてくるので、メールの本文に含まれている「今すぐ確認」のリンクをクリックして、確認のページが表示されれば、アカウントがアクティヴになり登録が完了します。

Apple ID - Mail

補足しておくと、新たに"Apple ID"を作成し直す場合は、以前と同じメールアドレスでの登録はできませんので、別のメールアドレスを用意する必要があります(試してはいませんが、どうしてもアドレスを変えたくないという場合は、先に以前の"Apple ID"で登録しておいたメールアドレスを別のアドレスに変更しておけば、以前と同じメールアドレスでの登録も可能かもしれません)。

ということで、やっとのこと"OS X Mavericks"のダウンロードに漕ぎ着けました。やれやれ。



2014.1.9

世界の面白動画いろいろ

2013年に見た面白動画をまとめて記事にしようと昨年末に思っていたのですが、コロッと忘れていたので、年始の初笑い企画で記事にしようと予定を変更したものの、これまた忘れてしまっていました。

ということで、もし初笑いをコロッと忘れている方がいらっしゃいましたら、クスッとでもしていただければ幸いです。

動画に関しては、あくまでも昨年に私が見たものということであり、動画自体は昨年に投稿されたものの限りではありません。

▼ まず最初は、透明なテープを使ったいたずら動画

■ HILARIOUS TAPE PRANK - #2
http://www.youtube.com/watch?v=WgmyxD_RPDY

▼ 続いては、おい、絶対に押すなよ

■ Kitten Gets Thrown Down a Loft Ladder (Cat Pushes Another Cat down the Stairs)
http://www.youtube.com/watch?v=V3GJycgu-cs

▼ あきらかに在籍バンドを間違えているように思えるドラマーに注目

■ this drummer is at the wrong gig
http://www.youtube.com/watch?v=ItZyaOlrb7E

▼ 動物達の面白動画コンピレーション 2013

■ Animals Can Be Jerks - Supercut Compilation 2013!
http://www.youtube.com/watch?v=_vx1OVLX5Rc

最後は実写版とアニメ版がある2つの微笑ましい動画を。

▼ こちらは実写版、水溜りに張った氷の上を初めて歩いてみた女の子

■ The first walk on ice
http://www.youtube.com/watch?v=qByJ4H6fHNw

▼ そしてこちらは、その動画を元に制作されたアニメ版

■ The first walk on the ice - Minecraft Animation verison
http://www.youtube.com/watch?v=PlTYBOOUyIk



2014.1.13

IE 11 で YouTube のコメント欄が「読み込んでいます...」のまま表示されないときは

"IE 9"を"IE 11"にアップグレードしたら、"YouTube"のコメント欄がいつまでたっても「読み込んでいます...」状態のままという状況が続いてましたが、"YouTube"側に問題があるのかもと、しばらく放っておいたものの、一向に改善されず・・・。おかしいなと思っていたところ、そうなる原因と解決法を自分で記した過去の記事を偶然発見(笑)。

YouTune - コメント欄「読み込んでいます...」

ということで、コメント欄が表示されないのは、"IE"の「アドオンの管理」にある「追跡防止」で、「個人用追跡防止リスト」を「自動的にブロックする」にして、"Google"を含む全てのコンテンツ・プロパイダーをブロックしていたのが原因でした。「ブロックまたは許可するコンテンツを選択する」を選んで"Google"関連を許可するに設定したら無事解決。

「追跡防止」で、コンテンツをブロックすると、例えば、ここで取り上げた事例のように、"YouTube"のコメント欄が表示されないなど、ウェブサイトによっては一部の機能が利用できなくなる場合があるんですよね。

そういえば、"IE 9"から"IE 11"にアップグレードしたときに設定を多少変更したんでしたね。しばらく設定をいじってなかったのでこうなることを忘れていました。いやぁ、危うく、解決法をググって、自分のサイトを見つけて解決するというお馬鹿な行動を取るところでした。まぁ、結果的には似たようなことで解決したわけですが(笑)。

▼ 「追跡防止」の設定を変更する手順はこちら ("YouTube"のコメント欄が表示されない場合)

1. 「ツール(T)」 → 「追跡防止を有効にする」をクリック。

もしくは、「ツール」 → 「アドオンの管理」をクリックで、「アドオンの管理」のウィンドウが開いたら、左側の欄にある「アドオンの種類」の中から「追跡防止」をクリック。

2. 右側の欄に名前(個人用リスト)と現在の状態(「有効」もしくは「無効」)が表示されるので、右クリックして「有効にする」もしくは「無効にする」を選択。(現在の状態が「有効」であれば「無効にする」が表示され、現在の状態が「無効」であれば「有効にする」が表示されます)

※ とりあえず、この「追跡防止」が原因かどうかを確かめるには、「個人用リスト」を右クリックして「無効にする」を選択したうえで"YouTube"にアクセスしてみるのが手っ取り早いです。

3. 「個人用リスト」をダブルクリック。

4. 「個人用追跡防止リスト」が新たなウィンドウで開くので、ブロックするか許可するかを個別に設定するには「ブロックまたは許可するコンテンツを選択する」を選んで、「コンテンツ プロパイダー」に表示される中から"Google"関連の項目をクリックして選択し、下にある「許可」をクリック、もしくは"Google"関連の項目を右クリックして「許可」をクリック。最後に下にある「OK」をクリックして完了。

※ 状態を「無効」にした場合は、個別の設定は反映されません。

▼ 関連記事
IE9のアクセス情報の収集をブロックするには - (2011年8月16日)



2014.1.18

Mac を OS X Mavericks にアップグレードして感じたことアレコレ

先月末に"OS X Snow Leopard"から"OS X Mavericks"にアップグレードしたので、感じたことを羅列してみました。

これまで使っていた"OS X Snow Leopard (10.6.8)"には、これといった不満も無く、動作も非常に安定していたので、ある意味、快適ともいえるその環境をわざわざ変えるということに多少の不安もあったのですが、無料でアップグレードできるということもあり、しばらく使ってみてダメなら"Time Machine"で元の環境に戻せばいいことなので、思い立ってからは、好奇心も手伝って、トントン拍子で事を進めました。

その後は、周辺機器の対応状況を確認した上で、とりあえずは"Snow Leopard"での最終的な状態を"Time Machine"に記録してから、"Mavericks"のダウンロードに取り掛かったのですが、実は思わぬところでつまずいてしまい、ダウンロードを始めるまでに半日あまりを費やしたものの、それでも何とか無事にダウンロードを終えることが出来ました。

▼ ダウンロードを始める前につまずいた経緯についてはこちらに記しています。
Apple ID の作成画面でクレジットカード登録の「なし」が表示されないときは - (2014年1月4日)

Mac - OS X Mavericks - ダウンロード中 アップグレードに際しては、"Snow Leopard (10.6.8)"もアップグレード対象となっているとはいえ、"Lion (10.7)"と"Mountain Lion (10.8)"の二段階を飛ばしてということになるので、内心、スンナリとはいかないかもと思っていたものの、ダウンロードから"Mavericks (10.9.1)"の立ち上げまで、以外と言っては何ですが、何のトラブルも無く完了しました。まぁ、これが普通なんでしょうけど。

ということで、アップグレードで感じたことや気付いたことをいくつか挙げてみたいと思います。 ただ、私の場合は"Snow Leopard"からのアップグレードなので、"Mavericks"になってからということだけではなく、"Lion"と"Mountain Lion"で既に変更されていた点なども含みます。なお、ダウンロードしたヴァージョンは「OS X Mavericks (10.9.1)」です。

まず最初は、ダウンロードプログラムをインストールして"Mavericks"を立ち上げた直後だと、下にある画像のように"Doc"にある"iPhoto"のアイコンが使用不可の状態になっていましたが、直後に"iPhoto"を含むアップデート・プログラムの数を知らせる数字が"App Store"に表示されたので、アップデートを行ったら、新たなアイコンと共に、再び新しいヴァージョンになった"iPhoto"が使えるようになりました。

Mac - iPhoto

"Snow Leopard"では"Doc"内のアイコンがピョンピョン跳ねて、該当するアプリケーションのアップデートを知らせてくれていたのですが、今後のアップデートは全て"App Store"からになるんですね。これまでのアイコンがピョンピョン跳ねる動的表示に慣れている所為か、"App Store"のアイコンに数字が表示されるだけだと何となくそっけない感じもしますが・・・。

Mac icon - App Store Mac アプリケーションフォルダー (ダウンドード中の表示)

そして、直後のアップデートにより、"iPhoto"と共にヴァージョンアップしたのが"iMovie"で、アイコンのカラーもパープルに変更されています。

Mac - iPhoto Mac - iMovie

また、それに加えて、「iBooks」と「マップ」のアプリケーションが新たに加わり、デフォルトの状態の"Doc"では以下のアイコンが新規もしくは新たな装いで並びます。

Mac icon - iPhoto Mac icon - iMovie Mac icon - iBooks Mac icon - マップ

その他では、ちょっと残念だったのが、メニューバーにある"Time Machine"のアイコンがバックアップ中にクルクルと回転しなくなったこと。今後は"Time Machine"のバックアップ中にうっかりシャットダウンしないように気をつけないといけないですね。

そして、とまどったのが、ファインダーやブラウザー、アプリケーション等のウィンドウを開いても、通常の状態ではスクロールバーが表示されないこと。これは"Lion"から加えられた機能らしいですが、しばらく使ってみたものの、いちいちマジックマウスの表面を撫でてスクロールバーを表示させる操作が煩わしいので、数日でスクロールバーを常に表示するように設定を変更しました。

そもそも、スクロールバーが表示されていないと、ページのおおよその分量を見ただけで把握できないし、一見して、これで全部なのか、下や右に隠れている部分があるのかが分からないんですよね。

まぁ、恐らくは"iPhone"や"iPad"といった"iOS"と共通性を持たせようとする流れなんでしょうけど、デスクトップだとこういった操作は煩わしく感じます。

▼ スクロールバーを常に表示するには

1. 「システム環境設定」から「一般」を選択。

2. 「スクロールバーの表示」の項目にある「常に表示」を選択で完了。

それと、スクロールに関しては、これも同じく"Lion"から変更されていたようですが、マジックマウスの表面をトラックパッドの操作と同じように指で操作するジェスチャを使用した場合、"Snow Leopard"とはスクロールの方向が逆になったんですね。こちらは慣れればどうってことなさそうですが、多分、これも"iOS"の流れなんでしょうね。一応、こちらも設定は変更できるようになっています。

▼ 逆スクロールを従来の方向に戻す方法

1. 「システム環境設定」から「マウス」を選択。

2. 「スクロールの方向:ナチュラル」に入っているチェックマークを外して完了。

その他、設定を変えたのは、一見して見づらくなったと感じた「メール」の表示で、こちらは「メール」を開く → 上部のメニューバーにある「メール」をクリック → 「環境設定」を選択 → 「表示」のタブを選択 → 「クラシックレイアウトを使用」をクリックしてチェックマークを入れる。で、元の環境と同じレイアウトに変更しました。

そういえば、カレンダーに祝日が表記されるようにもなっていましたね。それと、アプリケーションに含まれる辞書セットのメーカーが小学館から三省堂に変更されていたんですね。とは言っても、これは"Mountain Lion"から既に変更されていたようですが、どちらも定評のある辞書なので、国語辞典にしても、英和、和英辞典にしても、さほど影響は無いように思います。ただ、類語例解辞典が無くなってるのがちょっと残念なところ。

それでも、"Snow Leopard"や"Lion"からのアップグレードだと、"Time Machine"にそれらの"OS"のファイルが残っていれば、「Macintosh HD / ライブラリ / Dictionaries」に含まれる「Shogakukan Ruigo Reikai Jiten.dictionary」を、"Mavericks"の、「Macintosh HD / ライブラリ / Dictionaries」の場所に復元すれば、そのまま使えるようです。

他にも、起動時にメールやメッセージが自動的に起動するので、恐らくはプログラムが自動的に起動する設定になっているのだろうと「システム環境設定」やプログラムの「環境設定」で設定項目を探しても見つからず、おかしいなと思っていたら、「システム終了...」をクリックしたときに表示される「コンピュータを今すぐシステム終了してもよろしいですか?」のダイアログ下にある「再ログイン時にウインドウを再度開く」にチェックマークが入っていた所為で、前回終了時に使用していたアプリケーションが再び開いていたのが原因だったりと、単純なところで時間を取ったりするところも色々とありました。

といった具合に、アップグレードした当初は、何となく使い辛そうな印象があったものの、環境設定をいじるなどしてカスタマイズしていくうちに、違和感も徐々になくなってきました。まぁ、カスタマイズといっても、結果的には、いつの間にやら"Snow Leopard"時代の環境と同じような設定になっていたといった感じなんですけどね。ちなみに、"Mavericks"では200を超える新機能が搭載されているとのこと。

▼ アップル - OS X Mavericks - 新しいアプリケーション、機能、テクノロジー。
http://www.apple.com/jp/osx/whats-new/

▼ アップル - OS X Mavericks - 新しいOS Xにできることをすべて紹介します。
http://www.apple.com/jp/osx/whats-new/features.html

「OS X Mavericks インストール」アイコン なお、インストール後は、インストールに使用したアプリケーションフォルダー内の「OS X Mavericks インストール」というパッケージファイルは消えてしまいますので、必要な場合には、ダウンロード後(インストールに進む前)に、外付けハードディスクやUSBメモリーにコピーしておくか、"Time Machine"にその時点の状態をバックアップしておくと良いかもしれません。ファイルのサイズは5GBちょっとあります。ちなみに、"Time Machine"にバックアップを作成した場合だと、"Mavericks"をインストールした後は「OS X Mavericks インストール」のアイコンを右クリックをしても「パッケージの内容を表示」という項目が表示されなくなりますが、コピーして外付けハードディスクやUSBメモリーに等にペーストすれば、再び表示されるようになります。

(追記) しばらく気づかずにいたのですが、テキストエディットは、更新後にファイルを閉じても、保存するかどうかを確認するダイアログが表示されずに、何事もなかったかのように自動保存されるようになっていました。つまりはファイルメニューから「別名で保存」が無くなっています。ただし、これは"Lion"から既に備わっていた機能らしいですが。

テキストエディットで作成した文章を後から修正したりすることがけっこうあるのですが、修正したものの、やっぱり元の方が良かったといった場合は、そのまま閉じて、確認のダイアログが表示されたら「保存しない」を選択して終了するといった手順に慣れっこになっていたので、最初はちょっとビックリしました。ただし、失敗して上書きしてしまったような場合でも、メニューバーにある「ファイル」→「バージョンを戻す」で元に戻せるようになっています。変更した場合は履歴としてアーカイブされるんですね。

過去にさかのぼって元に戻す場合はタイムマシーンと同じような背景になりますが、タイムマシーンと連動しているわけではなく、データは本体のハードディスクに保存されているようです。変更履歴は、メニューバーにある「ファイル」→「バージョンを戻す」→「すべてのバージョンをブラウズ...」で確認できます。なお、画面上に「閉じる」のようなボタンははありませんが、何も変更せずに画面を閉じる場合は「完了」をクリック。

それでも自分としては、やっぱり以前のように、変更した場合はファイルを閉じるときに確認のダイアログが表示される方が良いので、以前と同じ設定に変更しました。

▼ 書類を閉じるときに確認のダイアログを表示させる方法

「システム環境設定」→「一般」→「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」にチェックマークを入れる。



2014.1.19

アメリカにおける対日世論調査 (2013年度調査)

昨年末に外務省のウェブサイトに於いてアメリカにおける対日世論調査の結果が報告されていました。

以下、外務省のウェブサイトより抜粋引用

平成25年(2013年)7月から8月まで、外務省は、ハリス・インタラクティブ社に委託して、米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており、18歳以上の1000名を対象とした「一般の部」と、各界(政官財、学術、マスコミ、宗教、労働関係等)で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました。

1. 対日信頼度は一般の部で76%、有識者の部で93%。

日米協力関係を「極めて良好」ないし「良好」と回答する割合は、一般の部で58%、有識者の部では86%。

2. 日米安保条約は日本及び極東の平和と安定へ「非常に貢献している」及び「ある程度貢献している」との回答は、一般の部では81%、有識者の部では87%。

日米安保条約は米国自身の安全保障にとって「極めて重要である」及び「ある程度重要である」と回答した割合は、一般の部及び有識者の部いずれも88%。

日本は防衛力を増強すべきと考えるかとの質問については、「増強すべき」との回答が一般の部で64%、有識者の部で72%。

3. 日本に対するイメージに関する質問(複数回答、「一般の部」のみ実施)については、「豊かな伝統と文化を持つ国」(97%)、「経済力・技術力の高い国」(92%)、「自然の美しい国」(90%)、「アニメ、ファッション、料理など新しい文化を発信する国」(82%)が上位を占めました。また、日本文化について関心のある分野については、「日本食」(73%)、「相撲、武道(空手、柔道、剣道他)」(53%)、「生け花」(52%)、「盆栽」(49%)が上位を占めました。

4. 日米間で経済関係をより深化するために、日本が特に進めるべきと考える政策(「有識者の部」のみ実施)は、「クリーンエネルギーや高速鉄道などの技術協力などの促進」が95%、「TPPへの参加」が92%。

引用終了。

この中で興味深かったのが、3. の日本に対するイメージに関する質問。

まずは、日本に対してどのようなイメージをもっているか。

これは、用意された項目について、それに同意できるか否かで回答を得る質問方式によるもので、「豊かな伝統と文化を持つ国」(97%)、「経済力・技術力の高い国」(92%)、「自然の美しい国」(92%)、「アニメ、ファッション、料理など新しい文化を発信する国」(82%)といった比較的好意的なイメージが上位を占める結果になっています。

▼ 日本に対するイメージ(一般の部のみの調査)

アメリカにおける対日世論調査

で、興味深かったのが、次からの設問。

▼ 日本の伝統文化またはポップカルチャーのどちらにより興味があるか。

アメリカにおける対日世論調査

伝統文化と答えた人が28%だったのに比べ、ポップカルチャーと答えた人は2%しかおらず、巷で言われるほどポップカルチャーに対する関心は高くないという結果に。

ただ、これを「両方興味がある」という答えと合算すると、「伝統文化に興味がある」が56%で、「ポップカルチャーに興味がある」が30%となることから、日本のポップカルチャーに関しては、実のところ、関心を持たれるのは、日本の伝統文化という要素が背景にあるからこそとの見方ができるのではないでしょうか。

一方で、「どちらでもない」との意見が42%もあり、意外と大きな割合を占めています。ただ、この答えに対しては、他に興味があるということなのか、どちらにも興味がないということなのか、判断が付きにくいのですが、どちらにしても、気になるところではあります。

ということで、これに繋がるのが次の設問。

▼ 以下のうち、どれに最も関心があるか。

アメリカにおける対日世論調査

これは、日本の文化に関する上記の項目を挙げ、どれについて最も関心があるかを聞いたもの。ただ、数字を見ても分かるように、合計が100%を遥かに超えることから、複数回答が多くあったことがうかがい知れます。トップは「日本食」。

そして、先の「日本の伝統文化またはポップカルチャーのどちらにより興味があるか」との設問での回答結果を示すように、ここでの設問に於いても、アニメ 41%、漫画 21%、ゲーム 38%、といったポップカルチャーよりも、相撲,武道(空手、柔道、剣道他) 53%、生け花 52%、盆栽 49%、などの伝統文化の方がより関心が高いという結果が表れています。

ただし、これは、あくまでもアメリカでの調査結果であり、これを即、海外の認識として、諸外国全てに当てはめるわけにはいきませんが、それでも海外からの視点という意味ではひとつの指標にはなるわけですから、日本を対外的に紹介したり、アピールする場合は、ポップカルチャーだけに重点を置いたようなプレゼンテーションだと、意外と反応が鈍いというケースも大いに考えられることかもしれませんね。

それと、ひとつ付け加えておかなければならないのが、外務省の調査委託先がそれまでのギャラップ社から2013年度はハリス・インタラクティブ社に代わったこと。そういったことから、前年や前々年の数字を比較する場合は、その点を踏まえて見る必要があります。調査会社が変われば調査方法等も当然違いますからね。


と、個人的に興味深かった「日本に対してどのようなイメージをもっているか」の設問を取り上げてみましたが、折角ですから、ここからは外交に関する設問をいくつか取り上げてみたいと思います。

ただし、こちらも同様に、2013年度は調査委託先が変更されていることから、前年や前々年と数字を比較して見る場合は、その点をご留意ください。

なお、外交に関しては、それぞれの設問への回答が「一般の部」と「有識者の部」に分けてあります。

▼ アジア地域の中でどの国が米国・地域にとり最も重要なパートナーであるか。(一般の部)

アメリカにおける対日世論調査

▼ アジア地域の中でどの国が米国・地域にとり最も重要なパートナーであるか。(有識者の部)

アメリカにおける対日世論調査

一般の部、有識者の部、共に中国をパートナーに挙げる回答が最も多いという結果に。

では、そのパートナーという言葉にどういった意味合いがあるのかといえば、それを垣間見ることができるのが次の設問。

▼ なぜその国・地域を最も重要なパートナーとみなしているか。(一般の部)

アメリカにおける対日世論調査

▼ なぜその国・地域を最も重要なパートナーとみなしているか。(有識者の部)

アメリカにおける対日世論調査

こちらの設問は自由回答方式とのことですが、「日本」と回答した理由と、「中国」と回答した理由ではあきらかに違いが見て取れます。「日本」と回答した理由のトップが「政治的な結びつき」なのに対し、「中国」と回答した理由のトップは「貿易・経済関係」。ただし、こちらの設問は2013年調査の数字だけが合算値で100%を超えているので、2013年の調査に関しては複数回答での結果ということになりそうです。

では、アジア地域の中で最も重要なパートナーとして、中国の名を最も多く挙げたそのアメリカ人は、どの程度が日本を信頼できる友邦であると考えているかを示したのが次の設問。

▼ 日本は信頼できる友邦であると考えるか。(一般の部)

アメリカにおける対日世論調査

▼ 日本は信頼できる友邦であると考えるか。(有識者の部)

アメリカにおける対日世論調査

一般の部、有識者の部、共に、「信頼できる」の回答が、かなり高い割合を示しています。

ちなみに下のグラフは「信頼できる友邦か否か」の設問に対する「信頼できる」と答えた割合を長期のスパンで示したもの。ブルーが一般の部で、オレンジが有識者の部。

アメリカにおける対日世論調査

まぁ、この結果を見る限りでは、一部で言われる「アメリカの日本離れ」は感じられません。

そして、最後は国防に関する調査結果を2つ。

最初は日米同盟に対する設問。

▼ 米国は現在の日米安全保障条約を維持すべきと考えるか。(一般の部)

アメリカにおける対日世論調査

▼ 米国は現在の日米安全保障条約を維持すべきと考えるか。(有識者の部)

アメリカにおける対日世論調査

一般の部、有識者の部、共に、「維持すべき」の回答が、「そうは思わない」の回答に大差をつける結果となっています。

続いての国防に関する設問は日本の軍備に対するもの。

▼ 日本は防衛力を増強すべきと考えるか。(一般の部)

アメリカにおける対日世論調査

▼ 日本は防衛力を増強すべきと考えるか。(有識者の部)

アメリカにおける対日世論調査

こちらも、一般の部、有識者の部、共に、「増強すべき」が「そうは思わない」を大きく上回っています。

以上のことから、日米同盟は堅持しつつも、日本及びアジアという視点では、日本の役割増を求めているというのがアメリカ人の多くが持つ意見なのかなといった印象。

▼ 外務省 - 米国における対日世論調査(結果概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000456.html

▼ 外務省 - 詳細結果データ (PDF) / 平成25年度「米国における対日世論調査」結果
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000022800.pdf

■ 追記

翌年の2014年度の調査では「アジアにおける米国の最も重要なパートナーはどの国か」との質問において、一般の部と有識者の部で共に「日本」とした回答が最も多い結果となっています。

一般の部では「日本」と回答した割合が46%(昨年35%)と最も多く、ついで「中国」が26%(昨年は39%)。又、有識者の部では「日本」と回答した割合は58%(昨年39%)で、次いで「中国」が24%(昨年43%)となっています。

▼ 外務省 - 米国における対日世論調査(平成26年度) http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/pds/page4_000838.html



2014.4.6

面白動画 - Journey (ミュージックビデオのモノマネ動画)

"Journey"のヒット曲、"Separate Ways (Worlds Apart)"のミュージックビデオは、不思議と記憶に残る印象があるのですが、制作に特殊なセットやCGといったものが使われていないこともあってか、多くの人たちが成りきってモノマネ動画を作り楽しんでいらっしゃいます。

ということで、そんな動画をいくつか取り上げてみました。

▼ Journey Separate Ways Remake with Original
http://www.youtube.com/watch?v=fbiYMlQUM8A

▼ Separate Ways by Journey HD
http://www.youtube.com/watch?v=v_D0sEwfrAU

▼ Separate Ways (Worlds Apart from Tim)
http://www.youtube.com/watch?v=B-oTz9SwRLs

実は次のビデオでは、上のビデオの 4:05 辺りに出てくる縫いぐるみの人形にそっくりな人がヴォーカル役で登場します(笑)。

▼ The Afghan Journey-Separate Ways
http://www.youtube.com/watch?v=yOSHyZb4CU4

で、こちらが本家本元であるオフィシャルのミュージックビデオ

▼ Journey - Separate Ways (Worlds Apart)
http://www.youtube.com/watch?v=LatorN4P9aA

モノマネ動画を見た後だと、なんだかコレもがそのひとつに見えてしまいます(笑)。



2014.4.24

ASEAN地域7カ国における対日世論調査結果(2014年)

東南アジア諸国連合(ASEAN)の7カ国で行った対日世論調査の結果が外務省のウェブサイトで公開されています。

調査は本年3月に行われたもので、調査概要は以下のとおり。

• 調査機関:Ipsos香港社(外務省委託)
• 調査対象:インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム,ミャンマーの18歳以上の国民、各国約300名、計2,144名
• 調査方法:オンライン方式
• 調査時期:2014年3月
• 数値は%で、小数点以下第1位四捨五入

外務省のウェブサイトには20以上の設問と回答結果が公開されていますが、ここでは、その中から、以下に記した6つの項目を抜粋して取り上げてみました。

• 1. 日本との関係について
• 2. 最も信頼できる国はどの国か
• 3. ASEANの重要なパートナーは
• 4. アジアにおける日本の貢献度
• 5. 日本の安全保障政策について
• 6. 日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りについて

1. 日本との関係について

Q:ASEAN諸国にとって、日本との友好関係は重要と考えますか。

• 重要(65%)
• どちらかというと重要(31%)
• あまり重要ではない(2%)
• 全く重要ではない(0%)

回答を二分すると、重要(96%)、重要ではない(2%)

2. 最も信頼できる国はどの国か

Q:次の国のうち、最も信頼できる国はどの国ですか。 (日本、米国、ロシア、中国、韓国、豪州、インド、英国、フランス、ドイツ、ニュージーランドより1つ選択)

• 日本(33%)
• アメリカ(16%)
• 英国(6%)
• オーストラリア(5%)
• 中国(5%)
• ニュージーランド(4%)
• ドイツ(3%)
• ロシア(3%)
• 韓国(2%)
• フランス(1%)
• インド(1%)

下の表は国別の回答を示したもの。外務省のサイトにある表は何故か日本が中段以下に表示してあって、順序もバラバラで見辛かったので、全体像を把握しやすいように数値の高い順(上記の順)で作り直しました。

最も信頼できる国はどの国か(ASEAN地域7カ国の国別の回答)
ASEAN 7カ国における対日世論調査(2014年)

各国の数値の合計が100%にならないのは、この中には信頼できる国が無いという回答があったということなんでしょうかね。

調査対象国別に見ると,フィリピン以外の6カ国が日本を最も信頼できる国と評価。(フィリピンにおいては,アメリカと答えた割合が最も高く41%で、日本と答えた割合は2番目に高い31%)

3. ASEANの重要なパートナーは

Q:ASEAN諸国にとって、現在/将来重要なパートナーは、次の国のうちどれですか。(複数選択)

〈現在〉 日本(65%)、 中国(48%)、 米国(47%)、 韓国(37%)

〈将来〉 日本(60%)、 中国(43%)、 米国(40%)、 韓国(35%)

調査対象国別に見ると、現在重要なパートナーについて、日本を選択した数が最も多かった国はインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム(ミャンマーはアメリカ、日本の順で、シンガポールは中国、日本の順)。
将来重要と考えるパートナーについては,シンガポール(中国、日本の順)を除く全ての国で日本を選択した数が最も多かった。

※(外務省のサイトには、国別の回答割合が全て記載されています)

4. アジアにおける日本の貢献度

Q:日本はアジアの一国として、アジアの発展のために積極的役割を果たしていると思いますか。

• 果たしている(47%)
• どちらかというと果たしている(45%)
• あまり果たしていない(4%)
• 全く果たしていない(0%)

回答を二分すると、果たしている(92%)、果たしていない(4%)

5. 日本の安全保障政策について

Q:国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場からの日本の安全保障政策は、ASEANを含むアジア地域の平和維持に役立つと思いますか。

• 役立つ(52%)
• どちらかというと役立つ(38%)
• あまり役立たない(3%)
• 全く役立たない(1%)

回答を二分すると、役立つ(90%)、役立たない(4%)

最後は日本の常任理事国入りについての設問。

6. 日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りについて

日本は国連安全保障理事会の常任理事国となるべきだと考えますか?(同意の割合)

インドネシア(76%)、 マレーシア(77%)、 ミャンマー(85%)、 フィリピン(87%)、 シンガポール(66%)、 タイ(89%)、 ベトナム(91%)、 全体(81%)

正直言って、日本の常任理事国入りに対する支持率がここまで高いとは思ってもみませんでした。7カ国平均で81%の支持率ですからね。

そういった意味では、安倍首相が就任直後にASEAN全10カ国を訪問したことも、意義があったのではないかと思います。これからは、こういった国々との協力関係を更に推し進めて、より一層の信頼関係を築いていってほしいところです。

▼ 外務省 - ASEAN7ヵ国における対日世論調査(結果概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press23_000019.html

▼ 外務省 - ASEAN地域7ヵ国における対日世論調査結果(図解/PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000038655.pdf

▼ 外務省 - ASEAN調査(詳細結果データ/PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036036.PDF


補足

東南アジア諸国連合(ASEAN)について

ASEAN(Association of South‐East Asian Nations)は、東南アジア10カ国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。

加盟国は以下の10カ国
インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア。

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国

なお、ASEAN地域内の人口は6億人を超えており、地域内の人口では欧州連合(EU)の5億人を超える規模。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の旗

そして、右にあるのがASEANの旗。ウィキペディア日本語版にはこの旗が掲載されていませんが、英語版の方にはきちんと掲載されています。この旗がどういった意図でデザインされたのかは分かりませんが、どことなく日本の国旗にも似てますよね。(追記:現在はウィキペディア日本語版にも旗が掲載されています)

▼ 東南アジア諸国連合(ウィキペディア日本語版)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ASEAN

▼ Association of Southeast Asian Nations(ウィキペディア英語版)
http://en.wikipedia.org/wiki/Asean



2014.5.1

過去の作品10点+1点をアップ

久しぶりに作品10点+1点をアップ。とは言っても相当前のもので、1998年に制作したものです。 ということで、作品のコメントもあやふやで曖昧なものばかりとなってしまいました。何しろ16年前のもので、タイトルを付けてないものばかりですからね。

Gallery 1-6 (1996-1998)



2014.5.23

アマゾンで人気のスナック菓子を買ってみる

アマゾンの「スナック菓子のベストセラー」のトップ10の中から、「スナイダーズ チェダーチーズ BOX 283.5g」を買ってみました。

アマゾンのランキングは1時間ごとに更新されるので、あくまでも自分が見たときのトップ10な中からということになるのですが、このスナイダーズのシリーズは結構人気があるようで、他の商品も数点がベストセラーの上位にランキングされていました。

▼ スナック菓子のベストセラー
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/food-beverage/71323051/

スナイダーズ チェダーチーズ BOX 283.5g スナイダーズ チェダーチーズ BOX 283.5g スナイダーズ チェダーチーズ BOX 283.5g

スナイダーズ チェダーチーズ BOX 283.5g スナイダーズ チェダーチーズBOX 283.5g
Snyder's Cheddar Cheese

• 価格:¥540
• 内容量:283.5g
• サイズ:175x55x230(mm)
• ブランド:SNYDER'S(スナイダーズ)
• 原産国名:アメリカ合衆国
• 商品の説明:1909年、アメリカペンシルバニア州ハノーバー市に創設したスナイダーズ社のプレッツェルです。

形は不揃いで、ハンマーで叩いて砕いたような形状ですが、ひとつひとつの大きさはほぼ均一。 多少硬めで、歯ごたえがあり、自分は好きです。割と濃厚なチーズ味で、食べ始めたら止まらないですね。私は、なんと2日で全部食べてしまいました(笑)。後から思ったのですが、カップスープに入れても美味しそう。

でも、しばらくは再注文は無し。だって、この量を2日で食べてしまうような節操の無さでは摂取カロリーが・・・(笑)。

(追記)
「アマゾンで一番人気のお菓子を買ってみる」の記事で書いた「おやつカルパス」同様に、こちらも小袋に入った同じ商品がコンビニに置いてあるのを発見!

▼ 関連記事
アマゾンで人気のお菓子を買ってみる - (2012年6月21日)



2014.6.1

再び、過去の作品10点をアップ

先月に引き続き、作品10点をアップ。今回は1999年に制作したものです。 作品のコメントは先月同様に曖昧なものばかりです。

Gallery 2-5 (1999)



2014.6.3

モミジバフウの実

モミジバフウの実 モミジバフウの実

10年以上も前にもらった、この面白いフォルムをした植物の種のようなもの。ずっと名前が分からなかったのですが、先日、ついに判明。

モミジバフウ(紅葉葉楓、学名:Liquidambar styraciflua、フウ科フウ属の落葉高木、別名:アメリカフウ)という植物の果実(集合果)だったんですね。木に生えているときは、この中に小さな種が沢山入っているそうです。

北アメリカ中南部・中央アメリカ原産の植物だそうで、日本へは大正時代に渡来したとのこと。 主に街路樹や公園の植木などに利用されているようで、特に珍しいものでもないみたいですが、もしかしたら、何気に見過ごしていたのかもしれませんね。

▼ 下の写真はライセンスの許可が記されたウィキペディアより。

モミジバフウ モミジバフウ

▼ モミジバフウ(ウィキペディア)
モミジバフウ - Wikipedia

名前を知ることができたのは、植物の造形を陶芸で表現した作品が展示してあるこちらのウェブ・ギャラリーに、このモミジバフウの作品があったから。

▼ 杉浦 康益 | 柿傳ギャラリー
http://www.kakiden.com/gallery/archives/8383/

勿論、私が持っているものは陶芸ではなく本物なのですが、案外丈夫で、頂いた時から枯れた状態だったにも関わらず、今も朽ちることなく変わらない状態を保っており、触ってもボロボロと崩れることもありません。



2014.6.18

英BBC世界世論調査 2014 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は5位

今年は、昨年に引き続き「良い影響を与えている国」のトップはドイツ(60%)で、以下、2位カナダ(57%)、3位イギリス(56%)、4位フランス(50%)、5位日本(49%)という順。

日本は昨年よりもひとつ順位を下げて第5位という結果に。ただし、3年前の2011年の調査でも日本は5位だったので、これを見て一概に悪化していると捉える必用は無いと思います。それ以前だと、2010年の調査では4位、2009年の調査でも4位と、まぁ概ねこの辺りに位置していましたから。

▼ こちらが今年の調査結果を示したグラフ

BBC世論調査 - 2014

▼ そして、こちらが日本に対する各国の評価を示したグラフ

BBC世論調査 - 2014 日本が「悪い影響を与えている」とした回答を見てみると、中国で90%(前回74%)、韓国で79%(同67%)といった具合に、この2カ国の回答が前年にも増して突出しているわけですが、逆に言えば、これだけのネガティヴ評価を受けながらも、世界的には「良い影響を与えている国」のトップ5に位置しているのですから、世界的な観点でいえば、最も評価されている国のひとつと捉えても差し支えないのではないかと思います。

ちなみに、日本が「良い影響を与えている」とした回答が高い国は、ナイジェリア(72%)、インドネシア(70%)、ブラジル(70%)、アメリカ(66%)、イギリス(65%)の順。

注目したいのは、日本人の回答では「悪い影響を与えている」とする割合が高いロシア(良い影響を与えているが17%で、悪い影響を与えているが23%)と、イスラエル(良い影響を与えているが4%で、悪い影響を与えているが50%)ですが、その2カ国の日本に対する回答は、ロシア(良い影響を与えているが49%で、悪い影響を与えているが12%)、イスラエル(良い影響を与えているが43%で、悪い影響を与えているが12%)といったように、日本とは逆の評価がなされているという点。この辺りのすれ違い現象がどう推移していくのかは今後の注目点のひとつかなと思います。

■日本人は各国をどう評価しているか

そして、日本に対する各国の評価とは逆に、日本人は各国及び地域をどう評価しているのかを各国及び地域への評価グラフから拾い出したものが次の表。(順不同、前の数字がポジティヴ評価で、後の数字がネガティヴ評価)

日本人の評価

2014年 2013年 2012年
 アメリカ   37 - 08   42 - 10   32 - 15 
 ロシア  17 - 23 14 - 28 08 - 30
 ドイツ  46 - 03 47 - 03 38 - 02
 カナダ  44 - 01 40 - 01 39 - 01
 EU(ヨーロッパ連合)  35 - 05 32 - 11 23 - 18
 イギリス  47 - 02 44 - 03 35 - 03
 日本  50 - 06 45 - 09 41 - 09
 パキスタン  06 - 41 06 - 39 03 - 34
 インド  34 - 09 42 - 04 38 - 04
 イラン  05 - 53 04 - 55 04 - 52
 南アフリカ  20 - 14 19 - 10 16 - 10
 イスラエル  04 - 50 03 - 54 03 - 45
 北朝鮮  01 - 91 00 - 92 01 - 88
 フランス  38 - 04 33 - 04 31 - 04
 中国  03 - 73 05 - 64 10 - 50
 ブラジル  35 - 07 40 - 03 32 - 03
 韓国   13 - 37   19 - 28   34 - 16 

一昔前は「日本を最も評価しないのは日本人」と揶揄されたり、調査結果を記した以前のリポートでも、自国に対する評価が低い日本人を指して「日本国民は世界で最も謙虚である」と書かれたりもしていましたが、ここ最近は随分と変わってきた印象。

ということで、以下に記したのが、日本人の自国に対する評価の推移。(こちらも前の数字がポジティヴ評価で、後の数字がネガティヴ評価)

2014年 (50 - 6)
2013年 (45 - 9)
2012年 (41 - 9)
2011年 (39 - 9)
2010年 (43 - 7)
2009年 (41 - 11)
2008年 (36 - 15)

ちなみに、評価の高い上位の国は自国をどう評価しているかといえば、トップのドイツが(68 - 19)で、2位のカナダが(81 - 13)、3位のイギリスが(71 - 23)、4位のフランスが(70 - 22)。

▼ 調査結果の詳細はこちら (PDF)
2014 Country Rating Poll - GlobeScan.com

▼ 関連記事
英BBC世界世論調査 2013 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は4位 - (2013年5年27日)


Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.