Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2004 / 1-6


2004.1.1

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
さて、今年はいったいどんな一年になるんだろう ? でも、いろんな夢や希望が持てて、努力しようとする気になるのは、やはり平和と自由があってこそなんですよね。個人的な事は全てその上に成り立つものなんじゃないかと思います。 なので、この一年、何かひとつ願い事をするとしたら、やはり「平和な世界」ということにしておきたいと思います。でも、いつかは願うだけで無く、末端でもいいからそれらに自分も何か貢献できるようにならなければ・・・。



2004.1.21

ここのところは割と精力的に作品作りに取り組んでいるのですが、不思議なことに私は今だかつて目の疲れというものを実感したことがありません。パソコンに10時間以上向き合ってた場合でも、疲労感はあっても目が疲れたとは感じないのです。

もしかしたら、これは学生時代に目を酷使することがほとんどなかったのが(全く勉強してなかったのが)、功を奏したのかも。 ( ^_^ )v

でも、代償として学が無いというのがあるのですが・・・。(-_-;)



2004.2.1

昨日で終わらせる予定だったリニューアル作業が今日まで延びてしまいました。さらに午前中で終わらせる予定もさらに延びて、結局は13時頃までタグの書き換えを行ってました。
表面的には華やかなことも、それを具現化するには地味で単調な作業がつきまとうものです。



2004.2.6

最近発売されているCDが軒並みCCCD(コピーコントロールCD)になっているようです。これは複製防止対策がなされたもので、パソコンを使ってCD-Rなどに焼くことはもちろんのこと、パソコンに音源を取り込むことさえできないというものです。

聞くだけならパソコン(MACは不可)でもできるらしいのですが、専用の再生ソフトを勝手にインストールして、その上レジストリを書き換えるとのことなので、音楽編集ソフトをいろいろとインストールしている私は、たぶんCCCDをパソコンで再生なんてしないんだろうなぁ。というか、恐らくは買う機会も減るんじゃないかと。音楽ファンの購買意欲を削ぐことになるようでは、ますます市場が冷めることになるように思うのですが・・・。

まぁ、そんなこともあり、ここのところCDを購入する時はCCCDじゃないか確認するようになりました。全てがCCCDになったら新譜の場合はどうしようもないのですが、現在のところは、国内版はCCCDでも輸入版は普通のCDという場合もあります。最近発売されたビートルズのレット・イット・ビー・ネイキッドはそのパターンなんですが、きっと知らずに国内版を買った人も沢山いるんだろうなと思います。ということで、個人的には、今後、CDの購買枚数は減るかもしれませんね。



2004.2.12

昨日、空気清浄機を購入しました。これでニコチンとヤニまみれの室内の空気も少しは良くなるだろうか? タバコを吸うとセンサーが探知して動き始めるのでちょっと遊んだりしてました。気分的なものもあるんでしょうが、心なしかちょっといい感じです。



2004.2.24

先日スキャナーを買い替えました。今月はもう使えるお金がありません。



2004.3.1

最近いいなと思えるCDジャケットになかなかめぐり会うことがありません。かつてまだLPが主流だった頃のジャケットのアートワークは私がデザインに興味を持つきっかけ的存在でもありました。

当時はわりと新進気鋭のデザイナーやイラストレーター、写真家、といった人達を起用したりしたものも多くあって、ミュージシャンの曲を知らなくてもジャケットに惚れて買ったりしたアルバムも沢山あったんですよね。

おかげで、世界標準のデザインといったものや、当時の欧米のトレンドがどういったものかとか、何となく理解できていたような気がします。ただ、自分が勝手に思い込んでいた部分も大いにあるのですが・・・。

ただ、いいジャケットを目にすることが少なくなった要因としては、CDとLPの大きさの違いがジャケットに対する製作者サイドの意識を変えた部分も少なからずあるのだろうと思います。つまりは、ジャケットのアートワークがセールスに影響する度合いがLPに比べてCDは少ないといったことが大きく影響しているんじゃないかと。



2004.3.11

2日間程、風邪で寝込んでいたんですが、これまでの経験でいうと、風邪の時に一番おいしいと思う飲み物はファンタ・グレープ。普段は全く飲まないのですが、風邪をひいているときはほんとおいしいんですよこれが。10年くらい前に発見して以来、風邪の時には欠かせない感じです。



2004.3.12

クラシック音楽はいつからクラシックと呼ばれるようになったんだろう ? かつては最先端の音楽だったのだろうに。といった事を風邪で寝込んでいた時に考えてました。



2004.3.15

今日でサイトを立ち上げて丁度1年となりました。立ち上げた当初は何かの鳥みたいにいろんな所から借りてきたモノでゴテゴテと飾り立てていた事が今はちょっと恥ずかしい気分です。



2004.4.1

先日、パソコンのモニターに小さいクモがやってきました。ポインターを虫と勘違いして追ってくるので、面白がってクモの周りをグルグル回したりして遊んでいたのですが、クモってしっかりと獲物を端に追い詰めるように動くんですね。その後、モニターをあらゆるものが動き回るスクリーン・セーバーにして反応を見たりしてたのですが、ふと、このクモと戯れている時のマウスの軌道を利用して何か面白いものが描けるかも ? と思って一枚制作しみました。クモとのコラボレーション?



2004.4.6

別にすごく感動したとかいった訳でもなかったのに、何故か不思議と記憶に残っている映画というものがあります。

最近では昨年にNHKのテレビでたまたま見た中東の国の映画「運動靴と赤い金魚」もそのひとつ。運動靴もなかなか買ってもらえない貧しい環境で生活していた兄と妹の幼い兄弟の物語で、マラソン大会の賞品に運動靴があることを知った兄が妹のためにとマラソン大会に出場するという、表向きは割とシンプルなストーリーなのですが、そこに映し出される様々な描写が結構心に残る映画です。

その後の展開はというと、運動靴は3位の賞品だったので、何とか3位になろうと道中もずっと3位をキープして走ってたのがゴール前で混戦になったため1位で飛び込んでしまい、皆から祝福されながらひとりがっかりしてしまうのですが、ラストのカットでは・・・? という流れで映画は終わります。機会があればもう一度きちんと見てみたいのですが、地味な映画なんでレンタルショップにも置いてないでしょうね。

追記
調べたら、1997年のイラン映画で、モントリオール世界映画祭でグランプリを含む4部門を受賞。又、第71回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品だとのこと。



2004.4.9

引き続き記憶に残っている映画の話なんですが、幼い頃にテレビで見た映画で、ずっと頭から離れないものがあります。俗に言うB級映画の部類に入ると思うのですが、タイトルが全く記憶に残ってないのでもう一度見ようにもなかなか見れません。知人にストーリーを話しても誰も知らないって言うし・・・。

とにかく俳優と言うか登場人物は一人だけで、あとは猿だったと思うんですよね、たぶん。それになんでこんなのが忘れられないのだろうと言うくらいにチープなストーリーなんです。

今でも割りとチープな世界観といったものが好きだったりするのすが、幼い頃からどことなくそんな傾向があったから心に響いたのかも知れません。・・・・・続く。たぶん。



2004.4.18

前回の登場人物が一人だけという映画の話の続きなんですが、ストーリーはというと、飛行機が砂漠に不時着したかなんかで、ひとり砂漠をさまよい続けた男がオアシスを見つけて、とりあえずはそこで暮らそうとするのですが、そこには既にひとつの猿の群れが生活していて、水場や少ない食料をめぐって争うというものです。特に感動したとかいう記憶は無いのに、不思議と心に残っている映画です。

もうひとつこれと似たようなもので、登場人物が2人だけという映画もずっと忘れられずにいるんですが、残念ながらこれもタイトルを覚えていないんですよね。でも、俳優の一人は日本人で、わりと有名な人だったような記憶があるので、こちらの方は少しは探せる可能性があるかもしれません。たぶんアメリカ映画だったような?

ストーリーはこれもほとんど一緒みたいな感じで、戦時中に小さな無人島に漂流してきた日本兵とアメリカ兵の2人が生き延びるために水と食料をめぐって争うというものなんですが、こちらのほうが人対人なんで、いろいろな感情の描写で笑える場面が多かったような記憶があります。

ということで、この2つの映画、もしかしたら「7人の侍」と「荒野の7人」みたいにどちらかがストーリーをリメイクした可能性も無きにしも非ず。でも、どちらももう一度見てみたい映画です。誰かタイトルを知らないかな〜。



2004.5.1

サイトをリニューアルすると、何だか部屋の模様替えをしたみたいで、気分もちょっぴり新鮮な感じです。自分の労力以外はお金もかからないし、ゴミも出ないって事はいいですね。



2004.5.4

先日、デジカメを買い替えました。以前は常時携帯して何気ないものを気軽に撮ったりして、それが時として制作のヒントにもなったりしていたのですが、夏の暑い日に車中に長時間置いていたせいで、外側の部品が膨張して割れてしまいパーにしてからは、確実に使うという時以外は持ち歩かないようになっていたんですよね。

でも、これで又、一台は気軽に使えるようになったので、気にせず持ち歩こうかなと思っています。



2004.5.7

"Open Directory Project"に登録させていただきました。リンクの数も審査基準のひとつになるらしんで、「こりゃダメかな?」と思ってたんですが、何はともあれ良かった。



2004.5.17

小学生の頃、宇宙というのは実は大きな生物の体内かもしれないと考えていました。大きさの基準なんてものは自分を元にして考えているだけなんで、人間の想像を遥かに超える大きなものとか小さなものもあるんじゃないかと思ったりしていました。だとすると、自分の体内にも宇宙が存在しているのかもしれないとか。

仮に人間が宇宙と称しているものが巨大な生物の体内だとしたら、その生物にとって人間なんてものは悪玉菌以外の何者でもないのかもしれません。役に立つ働きなんて何もしてないですよね(笑)。



2004.5.18

先日、仕事先でたまたまもらったチョコボールが銀のエンゼルでした。こうなると5枚集めないわけにはいかなくなりました(笑)。規定数集めたら貰えるといった類のものの多くは有効期限があったりして大抵はそう簡単には集められないものが多いのですが、その点、チョコボールはじっくりと腰をすえて集められるのがいいところ。



2004.5.19

仮にタイムマシーンがあったとして、自分が江戸時代あたりにタイムスリップしたとしても、その時代の人たちに自分が生きている時代の先進性とか技術力といったものを証明して見せることなどできないのではないかと思います。

車、飛行機、電話、カメラ、コンピュータ、・・・。何一つ組み立てて見せることなんてできません。様々な素材の原料となる鉱石の区別さえもできませんし、電気を起すことも石油の精製もできません。ただ他人が作った道具を使って生活しているだけですから。

というか、考えたら、個人単位ではその時代の人たちより優れている点なんて何も無い様な気がします。奇妙なホラ吹き野郎として捕らえられるが関の山なのかもしれませんね。自分にできることと言えば絵を描いて見せることくらいしかないのですが、それでも結果は同じだったりするかもしれません。「これがわしじゃと申すのか! ぬぅぅおのれ手討ちにしてくれるわ」みたいな感じで(笑)。



2004.5.30

チョコボールを2コ買ったが、どちらもハズレ。ちっ!! (-_-;)



2004.6.1

当初は、訪れて下さる方の目の負担を考えて、光度の低い配色でサイトを構成したのですが、結果的にはかなり自分の為にもなっている感じです。

私の場合、パソコン環境とインストールしているソフト類もカスタマイズで光度を抑えた配色に変更しています。たとえば、ワープロソフトなどは背景を白から淡いグレーに変えていますが、これだけでも目にかかる負担はかなり違うように思います。個人差にもよると思いますが、これに慣れてしまうと白が如何に眩しいかを実感しますので、長時間の作業になる場合の目の負担はかなり違うのではないかと思いますし、これを数十年単位で見るとどうなんだろうとも思います。 標準設定で使っている人は、一度設定を見直してみる価値はあると思いますよ。



2004.6.6

再びチョコボール2コ買うも、またもやどっちもハズレ。(ーー;)

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.