Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2011 / 1-6


2011.1.3

2010年度 プレイカウント・トップ 40

今年は10月にパソコンを買い換えたので、データはそれまでのものになるのですが、それ以降も同じような曲を聴いていたので、一年通した結果も大差なかったのではないかと思います。ただ、昨年までのように100位までのデータをとっていなかったので、今年は40位までの結果ということになりました。

昨年までと大きく異なるのは、女性ミュージシャンの曲を聴く比率が増えたことですかね。

   Top 40 - My iTunes Play Count / 2010

  1. Unconditional Love / Susanna Hoffs
  2. I Am / Christina Aguilera
  3. Shining Light / Annie Lennox
  4. Monday Morning / Christina Aguilera
  5. Birds of Prey / Christina Aguilera
  6. You Lost Me / Christina Aguilera
  7. Something That You Said / Bangles
  8. 天使 / KOKIA
  9. Pattern of My Life / Annie Lennox
  10. Lift Me Up / Christina Aguilera
  11. I Hate Boys / Christina Aguilera
  12. 人間ってそんなものね / KOKIA
  13. All I Need / Christina Aguilera
  14. You've Got a Friend / Carole King
  15. Bionic / Christina Aguilera
  16. Dark Road / Annie Lennox
  17. I Will Take Care of You / Bangles
  18. Glam / Christina Aguilera
  19. Elastic Love / Christina Aguilera
  20. Beautiful / Carole King
  1. Will You Love Me Tomorrow? / Carole King
  2. Desnudate / Christina Aguilera
  3. I'll Set You Free (Single Version) / Bangles
  4. Not Myself Tonight / Christina Aguilera
  5. Woohoo / Christina Aguilera
  6. Stronger than Ever / Christina Aguilera
  7. Vanity / Christina Aguilera
  8. Livin' Thing (Live) / E.L.O. Part U
  9. Tear off Your Own Head (It's a Doll Revolution) / Bangles
  10. Tapestry / Carole King
  11. Standin' in the Rain (Live) / E.L.O. Part U
  12. Love Song for a Vampire / Annie Lennox
  13. Orbit Zero / Little River Band
  14. Eternal Flame / Bangles
  15. Turn to Stone / E.L.O.
  16. Sweet Talkin' Woman / E.L.O.
  17. Turn to Stone (Live) / E.L.O. Part U
  18. You Don't Need to Hold Me Tight / Kelly Groucutt
  19. Ask Me No Questions / Bangles
  20. a gift / KOKIA



2011.1.17

さよなら、ミック・カーン

Mick Karn and Japan

"Japan"のベーシストだったミック・カーン氏が、1月4日にがんのためロンドンの自宅で亡くなられたそうです。享年52歳。

訃報を知ってからというもの、タメ息ばかりが出てきます・・・。でも、52歳って、まだまだ若すぎますよ。

十代の頃からずっと好きなバンドであり続けた"Japan"。バンドのリーダー格であったデヴィッド・シルヴィアンが"Japan"を過去のものとして完全に封印しているようなところもあったので、再結成は限りなく無いに等しいという状況だったものの、個人的には「それでも何か状況が変わればもしかしたら・・」という淡い期待を持ち続けていました。でも、残念ながら、これでもう"Japan"というバンドは完全に伝説になってしまいましたね。

デビュー当時はアマチュアレベルの演奏力とか言われていた"Japan"でしたが(個人的には言われるほど酷いものではないと思っているのですが)、その後はそんな声も全く聞こえなくなった背景には、メンバー各自が相当な努力を積んだ結果であろうことは想像に難くありません。中でもミック・カーンは、ブイブイと唸るように弾くその個性的な奏法から、別名「ゾウさんベース」とも呼ばれ、誰が弾いているのかが音だけで分かる稀なベーシストとして名を馳せると共に、名ベーシストの一人として数えられる程にまでなっていました。

又、"Quiet Life"以降の"Japan"に於いては、サックスが多くの場面で使われるようになり、それが"Japan"サウンドの特徴の一つにもなっていくのですが、そのサックス奏者はこのミック・カーンでもあったわけです。

そして、元祖赤毛男とも呼べるその奇抜な風貌は、その後のビジュアル系と呼ばれる多くのミュージシャン達にも大きな影響を与えたであろうことは、現在ではさほど珍しくもなくなったことからも明らかです。しかしながら、'70年代に初めてその姿を写真で見たときは「男性」と「赤毛」が結びつくイメージが頭の中に無かったこともあり、強烈なインパクトがありましたね。

今はただ、その姿とサウンドに生で触れることもできなかったことが悔やまれます。

謹んでお悔やみ申し上げます。そして、素晴らしい音楽をありがとう。



2011.1.21

iMacの起動音の下げ方

最近やけに起動音が大きくなったと思ったら・・・。

実は、"iMac"のオーディオ出力ポートにヘッドフォンや外部スピーカーを接続したままだと音量調整を行っても起動音を下げることはできないので、一度それらを外した上で音量を調整する必要があります。音量調整は「システム環境設定」内にある「サウンド」をクリックして、下の段にある「主音量」のスライダーで行います。

スライダーでの調整が済んだら、ヘッドフォンや外部スピーカーを外した状態のままで、再起動して起動音の音量を確認します。適切な音量が確認できたらヘッドフォンや外部スピーカーを接続して完了です。

なお、ヘッドフォンや外部スピーカーを接続した後に音量を上げても、先ほど設定した音量は記憶されているので、再び起動音も一緒に上がってしまうということはありません。

ちなみに、ヘッドフォンや外部スピーカーを接続したら、音量スライダーを上げるか下げるかして、再びヘッドフォンや外部スピーカーを外してみると、「主音量」の音量を示すスライダーの位置がヘッドフォンや外部スピーカーを外して行った位置に戻っていることが確認できます。つまりは出力ポートに接続した状態と外した状態では音量調整が別個に行われているということなんですね。

当初はなんで音量を調整しても起動音が変わらないのか分からず、どこか別のところで調整するのかと"OS-X (Snow Leopard)"内を探して回ったりもしていました。ところが、外部スピーカーのボリュームをゼロにしても起動音が流れることから、起動音が外部スピーカーからではなく、本体から出ていることに気付き、このことが分かったのですが、考えてみればヘッドフォンや外部スピーカーを接続して使っている人でないと直面しない問題なんですよね。結局は、ヘッドフォンやスピーカーを外したときにボリュームを上げて、そのままの音量で再びそれらを接続してしまうと起動音が大きくなってしまうということです。



2011.2.12

iMacのキーボードに装着している保護カバー

Pure Tuch Key Protector #201 for Apple Wireless Keybord

私が"iMac"の"Apple Wireless Keybord"に装着して使っているキーボードカバーはこの"Pure Tuch Key Protector #201"です。

このキーボードカバーは、厚さ0.05mmという極薄素材で作られているので、最初はシールのように台紙から剥がして装着します。商品自体もパッと見はカバーというよりもシールのような印象ですが、接着面は四面の周囲のみです。

そして、このキーボードカバーは、キーの形状に合わせた凹凸が無いフルフラットタイプなので、"US"、"JIS"共に使えます。ただ、先ほど「シールのような印象」と書いたように、被せるのではなく、キーボードの四方に貼り付けるタイプなので、装着時は位置合わせをきちんとする必要があります。それでも、着け直しを行っても接着力は衰えない作りらしいので、シワや寄りがができた場合でも微調整をすれば上手く装着できます。

これまで使った感想としては、0.05mmという薄さということもあり、モコモコ感もなく、タッチ感にも満足しています。それに「触感を重視した」と書いてあるだけあって、しっとりとした触感がなんとも気持ち良いです。ちなみに商品は日本製で、大きく"Made in Japan"の文字が記されています。

Pure Tuch Key Protector #201 for Apple Wireless Keybord

このように見た目には装着していることが殆ど分からないような印象です。

Apple Wireless Keybord+キーボードカバー

ちなみに、付属品として、何に使うのかは記されていない軟らかいシリコンのようなものでできた3つのポッチが入っているのですが、キーボードの裏に貼れば、キーボードの滑り止めにもなるし、裏面の擦れや汚れ防止にもなります。



2011.3.25

一応・・・

何を書いていいのか分からず、更新はストップ。
やれたことと言えば最低限のこと。
改めて自分の無能さを思い知る。

色々と考えた末、 今日から更新を再開することにしました。



2011.3.26

二人の姪っ子への入学祝いは

お祝い金の中から、それぞれ1,000円ずつを差し引き、銀行から姪っ子二人の名義で東北関東大震災の義援金として送りました。そして、その振込領収書をお祝い金に添えて昨日渡したのですが、二人には今回の大震災で同じ年の子達が大勢亡くなったことを心の何処かに留めて、これからの学校生活を送ってくれればと思います。



2011.3.28

すったもんだの末、‹ul› ‹li› に含まれるリストマークの文字化けを修復

● "Windows 7"の"IE-8"で ‹ul› ‹li› 内のリストマークが文字化けしていることに気付く。
例えば「λ」や「γ」といった風に。

● これは特定のページに限ったことではなく、リストマークを使ったページでは全て文字化けしている様子。

● "HTML"で書かれた"Windows"の「ヘルプとサポート」も同様に文字化けしている。

● ただ、‹ol› 要素での番号付きリストでは異常が見られない。

土、日の二日間はこれらの症状と格闘していました。 様々なキーワードでググったりしてみたのですが、同じような症状での質問等はあっても、肝心の解決法は見つからず。

しょうがないので、コンピューター内をあちこち探り、色々やってみるも改善せず。

原因を探すことにやっきになっていた所為で、「システムの復元」で以前の状態へ戻して修復するということをコロッと忘れてました。

で、やってみたところ、所要時間5分ほどで無事修復されました。早く気付けよ自分。

でも、最後の手段として"OS"ごと上書きインストールしようかと考えていた矢先だったんで、まぁ良かったですね。 結局、原因は分からず仕舞いでしたけど。

ちなみに、一般的な文字化けで、ソフト類も文字化けしているような場合は、「Unicode 対応ではないプログラムの言語」の設定が「日本語」以外になっている可能性があるので、そこを設定し直せば、大抵は修復されると思います。

設定を変更するには、「スタート」→「コントロール パネル」→「時計、言語、および地域」→「地域と言語」と進み、上部にある「管理」タブをクリックし、下の段に表示されている「Unicode 対応ではないプログラムの言語」で現在の設定言語を確認します。そこが日本語になっていなければ「システム ロケールの変更」をクリックし、「日本語(日本)」を選択して、「OK」 をクリック。そして最後に再起動すれば完了です。



2011.3.30

「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する

リストマークの文字化けと格闘していたときに"Windows"の「ヘルプとサポート」でたまたま見つけたのが、「システム修復ディスクを作成する」という項目。このディスクは"Windows"のインストール・ディスクを使用できないような重大なエラーが発生した場合に使用するとのことで、早速作成しておきました。

手順は簡単。まずは空のCD-Rを1枚用意し、後は「スタート」をクリックし、左側にあるプログラムメニューから「メンテナンス」→「システム修復ディスクの作成」、もしくは「バックアップと復元」(スタート→コントロール パネル→システムとセキュリティ→バックアップと復元)を開き、左側のウィンドウにある「システム修復ディスクの作成」をクリックして、後はいくつかの手順に従って進めるだけ。

システム修復ディスクを使って修復作業を行う手順は"Windows"の「ヘルプとサポート」に載っているので、そのページを印刷してシステム修復ディスクと一緒に保管しておけば安心です。

ちなみに、システム修復ディスクを使って修復作業を行う手順については「ヘルプとサポート」から「システム修復ディスク」で検索すると「システム修復ディスクを作成する」という項目が検出されますので、そのページを開いて、下の段にある「システム修復ディスクを使用するには」をクリックすればそこに記されています。又、各回復オプションの処理内容は、同じく「ヘルプとサポート」から「システム回復オプション」で検索すると、「Windows 7 のシステム回復オプションとは」という項目が検出されるので、そのページを開けばそこに記されています。



2011.4.1

iMacのマウスとキーボードwithエネループ

エネループ

自分が買った12本のエネループはフル充電でも"iMac"のマジック・マウスの電池残量表示はどれも計ったように68%を示していました(ワイヤレス・キーボードはまだ電池交換していないので分かりませんが、たぶん同じでしょう)。

一般的な乾電池が1.5Vに対し、エネループは1.2Vということなので、そんなものかと思って使っていたのですが、あちこちのサイトを見て回ると、多少バラつきはあるものの概ね70%から90%を示すようで、どうやら自分の68%という数字は低いようだ。


そこで、自分が使っているエネループはフル充電できてないのだろうか? という疑問が・・・。単純にボルト数だけで比較すると1.2は1.5の80%なんだけど・・・。

充電量が少ないということはそれだけ電池交換の手間も増えるということだし、とりあえずはフル充電を連続で4、5回繰り返してマジック・マウスに入れてみました。すると、今まで見たこともない84%という数字を叩き出したではないですか! 果たしてこれが実際に充電量のアップを示すものなのかは分かりませんが、でも、ちょっと嬉しい気分。あと数回繰り返し充電を行ったらこの数字はもうちょっと伸びるのだろうか? という欲まで出る始末(笑)。

ただ、問題なのは、果たしてこれ以降は一回の充電で84%になるのかということ。再び充電を繰り返さないといけないのであれば、やる意味はなさそうだし。

一応、これまでの電池の交換ペースはといえば、今のところマウスは約2週間に1度といったところで、キーボードについては"iMac"を買ってから約半年が過ぎますが、まだ交換したことはありません。

エネループ エネループ

ちなみに"iMac"のマジック・マウスとワイヤレス・キーボードの電池残量は「システム環境設定」にある「マウス」と「キーボード」でそれぞれ確認できますが、実は、画面上部のメニューバーにある"Bluetooth"アイコンをクリックする方が手早く確認できます。



2011.4.7

大規模な災害時の義援金はATMでも振込み手数料を無料にしてほしい (Part 1)

先月末に、姪っ子二人の名義でそれぞれ別個に銀行から義援金として日本赤十字社に振り込んだときの振り込み手数料が併せて1.000円ちょっとかかって思ったのですが、こういったときの振り込み手数料は条件を付けずに全て無料にできないものですかね。日本赤十字社への振込みは郵便局の窓口や日本赤十字社の口座がある銀行から行えば無料になるらしいですが、平日に郵便局の窓口に行けない人や近くに日本赤十字社の口座がある三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行が無いという人も数多くいらっしゃると思うんですよね。振り込み手数料が無ければ、その分も義援金として送れるわけですし・・・。義援金の振り込みでも利益を得る銀行って・・・とちょっぴり思いましたね。

現在は大小を問わず様々な企業が被災者の支援活動を行っているようですが、こういったときにどのような企業がどういった活動を行っているのかをしっかりと見ておきたいですね。 できれば、どこかで企業の支援活動状況が、業種別一覧のような形で見れればいいのですが・・・。



2011.4.8

大規模な災害時の義援金はATMでも振込み手数料を無料にしてほしい (Part 2)

昨日は、ネットで買った商品代金の振込みをするために銀行へ行ったのですが、以前に今回の東日本大震災の義援金を振り込んだときに使った振込先と口座番号を記した紙が財布の中に残っていたので、ついでに1,000円ぽっちですが、振り込んできました。

昨日は銀行もそれほど混んでいなかったので、振込み手数料がかからない窓口での振り込みにしたのですが、何やら行員が処理に手間取っている様子で、義援金がどうのこうのと周りの行員に聞いている声が聞こえて、ちょっと恥ずかしかったぞ。ある程度の金額ならいざ知らず、1,000円ぽっちですからね。コンビニで買い物をする感じでサッサと済ませて帰りたかったのですが、思わぬ誤算でした。



2011.4.20

パソコンを使ったデスクワークの合間に使っているリラクゼーショングッズ

スカルボール
それが先月に買ったこのスカルボール。1,000円程度とお手軽な価格だったので買ってみたのですが、けっこう気に入って使っています。

本来は女性の美容グッズとして販売されている商品みたいですが、私はこれを手の平や、頭の上、首の後ろなどで転がしたりしてリラクゼーショングッズのように使っています。商品自体に適度な重さがあるので、グリグリと転がすだけでけっこう気持ちイイんですよね。 作業中の合間にちょっとした息抜きとして手軽に使えるのも良いところ。

そしてもうひとつ良い点を挙げれば、デスクの上に置いていても親父くさくないところですかね(笑)。


これといった置き場所は決めずに、こんな感じでいつもデスク上に無造作に転がして置いていますが、

スカルボール

重みがあるので、ペーパーウェイトとしても使えます。 (-.-)

スカルボール

そして、こちらがパッケージ。自宅だけでなくオフィスでも使えますから、ちょっとしたお返しなどにいいかも。

スカルボール スカルボール

▼ 関連記事
パソコンを使ったデスクワークの合間に使っているリラクゼーショングッズ (Part 2) - (2012年9月06日)



2011.4.26

iMacにバックアップ用外付けハードディスクを接続 〜 Time Machine始動 (Part-1)

My Book Studio / Western Digital

買っておかなかなければとずっと思っていたバックアップ用の外付けハードディスクを先日ようやく購入しました。"iMac"を購入してから半年が過ぎますが、これといったトラブルも無かったことから、これまで先延ばしにしていたのですが、とりあえずはこれでちまちまとフラッシュ・メモリーにバックアップをとる作業から開放されます。

買ったのは、"Western Digital"の"My Book Studio"で、外箱には"Mac"対応を示す「Pure Performance for Mac」、「Time Machine 互換」、「FireWire 800」という表記が並んでいます。"FireWire 800"で接続ができて、"Time Machine"と互換性がある外付けハードディスクって中々無いので、ここまで"Mac"に特化した製品があるのはありがたいですね。勿論、ハードディスクは最初から"Mac"用にフォーマットされています。

My Book Studio / Western Digital My Book Studio / Western Digital

正直言うと、"Western Digital"というメーカーをこれを買うまで知らなかったのですが、実は大手ハードディスクドライブ製造メーカーだったんですね。パッケージには堂々と「外付けハードディスクドライブ世界販売台数 No. 1」と記されています。ハードディスクドライブ製造メーカーの製品ということで、どこのメーカーのハードディスクが使われているのかが分からないといったことが無いのはいいですね。おまけに最近の製品では珍しく3年間の長期保障付きです。

そして、この"My Book Studio"には「USB2.0」、「Firewire800」、「Firewire400」と、3種類のケーブルが同封されているので、ケーブルを別に買う必要は無く、これだけで直ぐに接続して使えます。ただ、ネット上のショップにはケーブル付属と明記されていないところも多く、危うく2,000円程度の無駄な出費をするところでした。ネットショップといえば大抵は注文を受けたら機械的に処理するだけで、「この製品にはケーブルは付属していますが、それでも別個にケーブルを購入されますか?」なんて気を利かせた人的対応はしてくれないでしょうから、知らずにケーブルを買ってしまう人も多いのではないかと思いましたね。アップルストアーではきちんと付属品としての明記がされてましたけど。

My Book Studio / Western Digital

サイズは、高さ165mm×幅48mm×奥行135mmで、小型の辞書とほぼ同サイズといった感じです。

(Part-2)に続く。



2011.4.26

iMacにバックアップ用外付けハードディスクを接続 〜 Time Machine始動 (Part-2)

My Book Studio / Western Digital

さすがに"Mac"対応製品というだけあって、接続してから使用できる状態にするのも思いのほか簡単でした。

とりあえずはコード類を接続して電源を入れてみると、"iMac"が検知して、「Time Machine に使用しますか」みたいなことを聞いてくるのですが(うろ覚え)、実際、ここで「バックアップに使用」することを選択すれば、一応はそれで"Time Machine"を使ったバックアップ体制が完了します。

私の場合は、ハーディスクを分割して使用したかったので、とりあえずは"iMac"からの問いは無視して、そのメッセージを開いたまま、「バックアップ用スペース」、「外付けハーディスクから立ち上げられるように"OS"を格納しておくスペース」、そして「フリーなスペース(Windows用)」と、先に3つのパーティション(パーテーション)に仕切ってみました。

この時、注意しないといけないのは、オプションからパーティションマップ方式を"GUID"に設定しておかないと、外付けハーディスクに"OS-X"をインストールできないということで、実際一度失敗して全てをやり直す羽目になりました。

失敗したことを除けば、パーティションの分割は、あっけないくらい簡単で、あっという間に完了します。しかもディスク容量の割り振りや作成したパーティションを更に分割するといったことも、後から簡単に行えるんですよね。私はパーティションを一度作成したら、変更は全てを削除して一から設定する必要があると思っていたので、パーティションを作成する前にけっこう熟考したのですが、結果としてそこまで熟考する必要など無かったというわけですね。

一応、念のために記しておくと、"Windows"用のパーティションを作成する場合は、勿論、フォーマットを"MS-DOS"に設定しないといけません。ただ、これも作成したパーティションを分割して、新たに追加されたパーティションを"MS-DOS"にフォーマットするということも後からできるので、"Windows"用のスペースが必要になった時は、どれかのパーティションを分割して新たなパーティションを作成するということでもいいかと思います。

ちなみにパーティションの変更は、「Doc」にある「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」→左に表示されるディスクとボリュームの一覧から外付けハードディスクを選択→右の欄にある「パーティション」を選択して行います。

My Book Studio / Western Digital

設定作業の話に戻ると、パーティションの分割設定が終わったら、先ほどの「"Time Machine"に使用しますか」みたいな質問に「バックアップに使用」することを選択し、そこでバックアップ先を指定したら、間髪入れずにバックアップが始まりました。ただ、パーティションで分割してバックアップ先を選択している場合は「元のデータと同じデバイスにバックアップしてもよろしいですか?」とメッセージが表示されるようですが、その場合は「選択されたボリュームを使用」をクリックした後にバックアップが始まります。

しばらくして、バックアップは終了。私の場合、バックアップに要した時間は1時間程度といったところでした。

一応、"My Book Studio"にも"Time Machine"に対応したバックアップ用のソフトや、本体の液晶表示とハードディスク内の状態を監視管理するソフトなどがが付いているのですが、このままでも"Time Machine"で使えるからいいやと、それらのソフトはインストールせずに使っています(あまり余分なソフトを入れたくないので)。ということで、液晶には容量などを示す情報は表示されない状態ですが別にいいかなといった感じです。

パーテーションを区切った後はデスクトップ画面に3つのボリュームアイコンが追加表示されました。そして、バックアップ用に設定したボリュームだけが"Time Machine"のマークが表示されたグリーンのアイコンになっています。ちなみにディスクユーティリティの左側に表示されるディスクとボリュームの一覧やファインダーの左に表示されるサイドバーにもこれと同じアイコンが表示されます。

My Book Studio / Western Digital

なお、外付けハードディスクに"OS"をインストールした場合、そのままだと、その後は外付けハードディスクにある"OS"から起動してしまうので、「システム環境設定」にある「起動ディスク」を再設定する必要があるようです。

実際に使用しての感想はといえば、さすがに"Mac"対応製品ということで、"iMac"の電源オン、オフは勿論のこと、スリープとスリープ解除にも連動して動作するのは、やはり便利だと感じましたね。そして、動作音も全く気にならないほど静かです。 折角、"iMac"が静かなのに、外付けハードディスクがうるさかったら意味無いですから、この点は重要ですよね。又、発熱に関しても殆んど気にならないレベルです。

ちなみに私は"Parallels Desktop"を使って"Windows 7"とのデュアルブート環境で"Mac"を使っているのですが、仮想マシンの"Windows"ファイルも"Mac"内にある他のファイルと一緒に自動的にバックアップされるので、"Windows"のファイルを別個にバックアップする手間もいらず便利です。

そして、"Time Machine"はといえば、1時間ごとの自動バックアップも、バックアップ中に"iMac"の動作が鈍くなるようだと考えないといけないかなと思っていたのですが、"Time Machine"は、追加、削除、変更されたファイルのバックアップだけが作成される仕様ということで、最初のバックアップ以降は、バックアップに要する時間も短く、今のところコンピューターへの負荷も殆んど感じないですね。

My Book Studio / Western Digital

My Book Studio / Western Digital

ということで、今回購入した"My Book Studio"に関しては今のところ何の不満も無いのですが、ただひとつ気になるのは、上部の通気口で、なんだかホコリがバンバン進入してきそうなんですよね。

一応はサイズが丁度良かった"VHS"のビデオテープ・ケース3つを使って囲っている状況なのですが(スタイリッシュじゃないので写真は載せません 笑)、何か良いものがないでしょうかね。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.