Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2010 / 7-12


2010.7.5

又ひとつ夢消える

"E.L.O."の全盛期を支えていたメンバーのひとりである"Kelly Groucutt"が昨年の2月に心臓発作で亡くなられていたことを今になって知りました。

"Kelly Groucutt"といえばベースプレイヤーとしては勿論のこと、"E.L.O."サウンドの要のひとつでもあるコーラスパートをファルセットヴォイスで支えていた人物でもあります。

実は、"Jeff Lynne"、"Bev Bevan"、"Richard Tandy"、そして"Kelly Groucutt"という布陣で"E.L.O."が再始動する日が来ることをずっと期待していました。更にはそこにストリングスを担当する"Mic Kaminski"、"Hugh McDowell"、"Melvyn Gale"、"Louis Clark"という名もあれば最高なんてことを思いながら・・・。そして何も知らずに今年も微かな期待を持っていたのですが、まさかこのようなことになっていたとは知らず、本当にショックを受けています。これで、あのコーラスが聴ける形での"E.L.O."復活という夢は完全に絶たれてしまいましたが、今は心よりご冥福をお祈りいたしますとしか言いいようがありません。

Kelly/Kelly Groucutt 今は、先日買った"Kelly Groucutt"のソロアルバム"Kelly"を聴きながらこの記事を書いています。

このアルバムは'83年にアナログのレコード盤でリリースされた音源をCD化して再発されたものですが、こういった形でこのアルバムを手にする結果になったことはほんと残念です・・・。

ちなみに、私が買ったのは、ボーナストラック4曲がプラスされた14曲入りの"Renaissance Records (USA)"盤ですが、他にもオフィシャルサイトではジャケット違いのCDが販売されており、又、"Koch (USA)"レーベルからはアナログレコード盤に準じた10曲入りCDもリリースされています。



2010.7.18

ホルスタイン柄の鳥

先週、窓を開けた時にいた鳥を撮ったものです。見方によってはペンギンみたいでカワイイけど、巣立ったばかりなのかな。

鳥 鳥
鳥 鳥



2010.7.28

新型「Mac Pro」と「iMac」がついに登場

とは言っても、どちらも筐体のデザインは全く変わってないんで、新型と言われても「オ〜」て感じはないですね。もうちょっとしたら先月商品券で返金してもらった分で"iMac"の方を買おう。危うく新型が出る1ヶ月前に買うところだった。実際は、一度は買ってしまったのでけれど(笑)。

結果的には、先月買った"iMac"が交換ではなく返金という形で処理されて、そのまま買わずにいて良かったですね。でも、心配なのは前モデルにあった液晶の黄ばみや曇りといった問題。果たしてきちんと改善されたのだろうか。



2010.8.1

サイト名を変更

サイト名をこれまでの「Jihiro's Gallery 01」から「Jihiro's Gait」に変更しました。

Logotype/Jihiro's Gallery 01 今までBBSで使ってきたこのロゴもこれで退役。BBS自体はここ数年全く稼動してませんが(笑)。

ちなみに"Jihiro's Gallery 01"の最後に付いている"01"という数字は、何れ"02"というサイトも作ろうと思って付けていたものでした。今となっては2つのサイトを維持管理していくなど到底できそうにもないのですが、当時はけっこうやる気でいましたね(笑)。

ついでに話すと、タイトルに"Gallery"という単語を使ったのは、アートに関連するような単語を入れていた方がサーチエンジンでアート関連のキーワードに掛かりやすいかなと思ってのことでしたが、実際にはこのザマ、もとい、こんな感じです(下にあるリンク先)。

▼ "Jihiro's Gallery 01"のサイトインフォ
>> http://www.alexa.com/siteinfo/homepage3.nifty.com/nonsuch



2010.11.1

iMacへの移行作業と環境設定が概ね完了 with Windows 7

"Parallels"を使ってのデュアルブート環境が整いました。左下が"OS X"の画面で、右下が"Windows 7"の画面です。"Windows"も再起動することなく"OS X"との切り替えができます。当初は多少もたつきもあるのかなと思っていましたが、一度立ち上げておけば、瞬時に切り替えられて、正直ここまでスピーディーだとは嬉しい誤算。又、最初に"Windows"を立ち上げる時間も約30秒と、こちらも思ったより起動が早い印象で、これくらいなら必要なときに立ち上げてもいいかなといった感じです。

"Mac"自体はというと、こちらも電源オンから約30秒で立ち上がり、シャットダウンも約15秒と、今までの環境からすると嘘みたいに早いです。

Mac OS X Windows 7

ちなみに"OS X"上にブラウザーを開くような感じで"Windows 7"を使うことも可能で、ウィンドウのサイズも任意で調整ができます。 又、このようなかたちだとドラッグするだけで"Mac"と"Windows"間でのデータのやり取りができて便利です。

Windows 7 on Mac OS X Windows 7 on Mac OS X

Windows 7 on Mac OS X 更には、このように"Windows"の画面を透明化させて、"Mac"上に"Windows"のソフトを開いているような感覚で使うことも可能です。

不思議なもので、当初はデカッと思っていた27インチも、慣れてくるとそれほど大きさを感じなくなりますね。本当に27インチなのかと一度は箱を見直したこともありましたから。というか、今ではもうちょっと大きなサイズがあってももいいのではと思うほど。



2010.11.5

iMacのマウスとキーボードについて

Apple Magic Mouse

"iMac"のマウスとキーボードはワイヤレスなので、それぞれ単3×2本の乾電池を使用するのですが、マウスについては電池の消耗はけっこう早い印象です。

これには、電源の切り忘れが多いということも含まれているのですが、この分だと一ヶ月ごとに電池の交換が必要かも。

充電式ニッケル水素電池 eneloop でも心配無用。何故ならば、"iMac"用にと買った「エネループ」 という心強いアイテムがあるからです。なんたって1,500回使えますから、仮に一ヶ月ごとに電池交換したとしても、単純計算で1,500ヶ月使えることになるわけで、年に直せば100年以上。残念ながら確実に電池よりも"iMac"はもとより私の寿命の方が短いです(笑)。もっとも、製品の耐用年数がそこまであるとは思えませんけどね。

ワイヤレスのキーボードとマウス用に買ったのは、この充電器セット(4本の充電池付き)と、8本の充電池。でも、この充電器セットを買うまで、家庭用充電池の主流がリチウムイオン電池からニッケル水素電池に変わっていることを全く知りませんでした。おまけに、かつての充電池と違い「買ってすぐ使える」、「3年後でもすぐ使える」、「つぎ足し充電OK」、ということですから、充電池も進化してるんですね。これがあれば、うっかり電池切れという状況になっても安心。

そして、キーボードはといえば、マウスに比べて電池の消費が非常に少ない印象です。一応キーボードもマウスも"iMac"上で電池残量が確認できるようになっているのですが、買ってから約3週間が過ぎた今も未だに残量100%。ちなみに"Apple Wireless Keyboard"は、キーボードを使っていない時は自動的に電源が切れ、キーに触れると同時に電源が入るという電源管理機能を内蔵しているということなので、電源を切る必要はないようです。一応、右上の横側にある電源ボタンを長押しすれば、一旦点いたグリーンのランプが消えて電源を切ることはできるんですけどね。



2010.11.6

27インチiMacへの液晶保護フィルムの上手な貼り方

iMac 27.0型ワイド用液晶保護フィルムのパッケージ (SANWA SUPPLY)

はっきりいって27インチというサイズに気泡ができないようにフィルムを貼るのは無理じゃないかと思いました。何回かやり直してみたものの、あまり繰り返しやっていると接着面にゴミやホコリが付いてきそうなので、気泡ができないように貼るのは無理だと諦めて、仕方なくではありますが、気泡はフィルムを貼った後に付属のヘラでひとつひとつ掻き出していくというごく普通の方法をとりました。

ということで、とりあえずは気泡ができてもいいから位置取りにだけ注意して貼り、気泡の掻き出しにとりかかったのですが、大きい気泡は比較的簡単に掻き出せるものの、小さい気泡はなかなかうまく端までもっていけないんですよね。

そこで考えたのが、隣接する小さい気泡同士を合体させていき、ある程度の大きさになったら掻き出すという方法。27インチともなればウンザリするくらいの数の気泡ができますが、私の場合は1時間程度で終えることができました。けっこう地味で根気の要る作業ですが、一度貼っておけば気が向いたときにちょこちょこと作業を進めることもできますし、ゲームでもやっているつもりで行えば多少は楽しめます(笑)。

ということで、上手な貼り方と言うよりも、失敗しない無難な貼り方と言った方が正しいかとは思いますが、結果的には、これで見た目にも綺麗に貼れて良かったと思います。ただ、保護フィルムを貼ると液晶が多少ギラついた感じになるので、これから買おうとする人は、その辺りを考慮して買う必要があると思います。27インチともなれば、値段もそこそこしますしね。なお、液晶のギラつきかたについては、ラップの切れ端をディスプレイにつけてみれば大よそどの様な感じか分かると思います。

iMac 27.0型ワイド用液晶保護フィルム (SANWA SUPPLY) あと、注意点としては、ホコリが舞っている可能性もあるので、室内はある程度の湿度がある状態で作業を始めた方が良いかと思います。又、毛糸の服を着て作業するのも、なるべくなら止めておいた方がいいかも。27インチだとフィルムのサイズも大きいので、間違って袖にフィルムがペタッてことになったら一巻の終わりですからね。それと、"iMac"の液晶画面にもゴミやホコリが付いていないか確認しておくことも勿論必要です。

iMac 27.0型ワイド用液晶保護フィルムのパッケージ裏側 (SANWA SUPPLY)

液晶保護フィルムは液晶を保護するという目的以外にも用途によって幾つかのタイプがありますが、私が買ったのは写真にある反射防止のタイプ(サンワサプライ社製)です。反射防止の効果については、"Mac"を買ってすぐに保護フィルムを貼ったので、貼る前と比べてどれくらいの効果があるのかは分かりづらいのですが、これまでに映り込みが気になったことは無いので、多分効果はあるのだと思います。ただし、この点については環境によって効果のほども違ってくるとは思います。



2010.11.7

iMacへ接続したスピーカー

これも"iMac"用にと買った、オーディオ機器メーカーとして定評のあるオンキョー社製スピーカー。勿論、"iMac"にはスピーカーも内蔵されているのですが、パソコンで音楽を聴く機会も多い自分としては、もうちょっと良い音で鳴らしたいので別途購入しました。

実はこのスピーカー、こう見えてキャビネットは木製です。その他の特徴としては、背面には入力端子が2つあることで、これがけっこう便利。即ち、2台のパソコンで共有させることや、もう一方をオーディオに接続させるという使い方もできるということです。一応、2つの入力端子へ繋いだ機器からの出力は任意にバランスを調整できるので、どちらか一方だけの音を出すということは勿論のこと、両方の音を出すということもできます。更にはサブウーファー用の出力端子もあり、一応ピン端子には全て金メッキが施されています。

オンキョースピーカー オンキョースピーカー



2010.11.15

iLife '11

先月末に発売された統合アプリケーションスイートの"iLife '11"へのアップグレード版が680円(送料無料)で購入できるとのメールがアップルストアーからきていたので、注文していたところ、昨日到着。

でもね、支払いを銀行振り込みで行ったので、銀行への振込み手数料が525円もかかってしまった。う〜ん、どうなんだか・・・。地元には振込先である銀行が無いので、他行への振込みという形になってしまい、手数料が高くなったのですが、それでも合計1,205円だから、まぁいいか。いやいや、牛丼一杯が250円で食べられる昨今、やっぱり高いぞ銀行の振込み手数料(笑)。

iLife 11 iLife 11



2010.11.25

アンインストールできないIE8とWindows 7

Windows 7

"iMac"で"Windows"も使えるようにと買ったこの"Windows 7"。パッケージに含まれているのは32ビット版と64ビット版の"DVD"2枚。"iMac"の"OS-X (Snow Leopard)"が64ビット対応なので、"Windows 7"も同じく64ビット版をインストールしようかとも考えたのですが、結局は汎用性が高い32ビット版を選択。ちなみにデュアルブートの環境設定は"Paralels"を使って行いました。

実は"iMac"を買ってすぐに"OS-X"ごと再インストールするはめになったのは先月のことでした。犯人は、もとい、原因となったのは挙動がおかしくなった"IE8"。どうせ"Safari"を使うからいいやと"IE8"を削除しようとしたところ、プログラムのアンインストール一覧に"IE8"が無く、おかしいなと思い"Windows"のヘルプ内を探し回って調べたところ、「"IE8"は"Windows"の一部であるためアンインストールできません」らしき表記が・・・。

使わなければ別にいいのですが、異常があるプログラムを残しておくのは気分的にも良くないので、"Windows 7"ごとアップグレード(上書きインストール)を行いました。カスタム(完全インストール)とは違い、アップグレード(上書きインストール)を選択した場合は環境設定とデータは残るので、インストールが終了するのをしばし待って、無事"IE8"の修復は完了。でも、上書きインストールはデータが残るとは言え、いくつかのデータは消えてましたから、やはり念のためバックアップは必要ですね。

ところが、一安心したのも束の間、よく見ると"Paralels"の表示がおかしい・・・。ここでふと気付く。そういえば、"Paralels"を介して上書きインストールしなければならなかったのではと・・・。

結果は案の定、"Windows 7"のパート2が作られてました。しょうがないので、まずは"Windows 7"のパート2を削除しようとしたところ、"Windows 7"はアンインストールできない旨の表記をまたまた"Windows"のヘルプで目にする。ということで、"OS-X"ごとアンインストールして"Mac"を初期化する羽目になったのでした。一応、アンインストールできない"Windows 7"も、このようにマルチブートシステムでは削除することが可能なんですよね。ちなみに、このことは"Windows"のヘルプにも表記されています。

と、一騒動あったのですが、でも、買ってすぐのことだったので、まだ良かったですね。ということで、又うっかり同じ失敗をしないように個人用の簡単な再インストールのマニュアルもついでに作成しておきました。

追記:
ところが、マイクロソフトのウェブサイトを探してみたら、"Windows"のバージョンごとに "IE8"をアンインストールする手順が記述されていますね。

>> http://support.microsoft.com/kb/957700/ja



2010.11.27

iMacと併せて買っておきたいアイテム

"iMac"にはUSB 2.0ポートが4つありますが、キーボードとマウスはワイヤレスなのでフルに4つを外部接続に使えます。ただ、USBポートは背面にあるので、フラッシュメモリーなど頻繁に抜き差しするようなものは手探りか背面に顔を持っていくかしないといけないので多少面倒。特に手探りで差し込むことを繰り返していると"iMac"のUSBポート周りが傷だらけになりそうな感じがします。それにフラッシュメモリーの金属端子部分と"iMac"のアルミボディーが触れるザラッとした感触があまり良くないのでUSBハブを使うのがおすすめ。

写真のUSBハブは以前にお買い得品で買ったものの使いまわしなので、"iMac"に合ったデザインと言える代物ではありませんが、USBハブを繋げておけばデスクの手前で抜き差しが行えて便利です。ポイントとしては、コードが短いノートパソコン用ではなく、ある程度の長さをもったコードであること。

iMacとUSBハブ iMacとUSBハブ



2010.12.06

iMac の Windows 7 にインストールしたウイルス対策ソフト

Microsoft Security Essentials

それがこの"Microsoft Security Essentials"です。これはマイクロソフトのウェブサイトから無料でダウンロードできるウイルス対策ソフトで、更新もずっと無料という代物。ダウンロードしてから最新の定義に更新するのにやや時間がかかるものの、それさえ終えればあとは特別面倒な設定などもありません。多分、自分に合ったスキャンのスケジュールを設定するだけで、多くの人はそのままデフォルトで使用できるのではないかと思います。使ってみた感想としては、コンピューターに対する負荷もそれほど感じない印象で、いまのところ不都合な点や不満もなく使えています。

この"Microsoft Security Essentials"、対応するるOSとしては、"Windows 7"、"Vista"、"XP"と、比較的幅広い対応がとられているようです。ついでですから簡単にダウンロードしてから使用するまでの流れを記しておきますと、まずは"Microsoft Security Essentials"のページにあるダウンロードボタンをクリックし、コンピューター内の適当な場所を選んで保存をクリックします。ここでダウンロードされるのはインストーラーなので、後から場所も変えられます。次にダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしてファイルを展開させます。展開されるプログラムは"Program Files"に"Microsoft Security Essentials"というフォルダーが自動的に作成されて、そこに保存されます。このとき同時に最新の定義に更新するのですが、ダウンロードに多少時間がかかるものの、最新の定義の更新は"Windows"のアップデートと同様に行われるので、途中で中断しても、次回には前回終了した時点から引き続き自動的にダウンロードが行われます。と、これだけで作業は全て終了です。

なお、"Microsoft Security Essentials"は"Windows Defender"の機能も内包しているため、"Microsoft Security Essentials"をインストールした場合には、"Windows Defender"は自動的に無効化されるようです。つまりは、"Microsoft Security Essentials"をインストールした環境であれば、"Windows Defender"を別途実行する必要はないということですね。

ちなみに"Microsoft Security Essentials"をインストールした後に"Windows Defender"を開くと、このように「このプログラムは無効になっています」との表記が現れますが、メッセージに従いアクションセンターで確認してみると、"Windows Defender"の代わりに"Microsoft Security Essentials"が機能していることが分かります。

Windows Defender
Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.