Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2010 / 1-6


2010.1.6

2009年度 プレイカウント・トップ 100

恒例の個人的メモリーとしての記載。

   Top 100 - My MP3 Player / 2009

  1. It's All Coming Back to Me Now (Featuring Marion Raven) / Meat Loaf
  2. Where Did the Feeling Go? / Russell Hitchcock
  3. Someone Who Believes in You / Russell Hitchcock
  4. Alive / Meat Loaf
  5. Goodbye / Air Supply
  6. Beautiful Thing / Belinda Emmett
  7. Seize the Night / Meat Loaf
  8. Bad for Good / Meat Loaf
  9. The Voice Within / Christina Aguilera
  10. Right Here with You (with Delta Goodrem) / Olivia Newton-John
  11. Blind as a Bat / Meat Loaf
  12. Guiding Light / Little River Band
  13. Everything Love Is (with Jimmy Barnes) / Olivia Newton-John
  14. The Monster Is Loose / Meat Loaf
  15. There Must Be More to Life Than This / Freddie Mercury
  16. If God Could Talk / Meat Loaf
  17. Genie 2.0 / Christina Aguilera
  18. Find a Little Faith (with Cliff Richard) / Olivia Newton-John
  19. Love Will Survive / Little River Band
  20. My Melancholy Blues / Queen
  21. Isn't it Amazing (with Sun) / Olivia Newton-John
  22. The Night Owls / Little River Band
  23. Fighter / Christina Aguilera
  24. Reflection / Christina Aguilera
  25. Canon (J Pachelbel) / Academy of St Martin in the Fields (1974)
  26. I'd Lie for You (And That's the Truth) / Meat Loaf
  27. Keeps Gettin' Better / Christina Aguilera
  28. Is Nothing Sacred / Meat Loaf
  29. Always / Air Supply
  30. Two Less Lonely People in the World / Air Supply
  31. Canon (J Pachelbel) / Stuttgart Chamber Orchestra
  32. Canon (J Pachelbel) / Boston Pops Orchestra
  33. Etude E Major Op.10-3 (Chopin) / Hiroko Nakamura
  34. Turn to Stone / E.L.O.
  35. Sweet Talkin' Woman / E.L.O.
  36. Lost Boys and Golden Girls / Meat Loaf
  37. Sky High / Jigsaw
  38. A Man I'll Never Be / Boston
  39. Now and Forever / Air Supply
  40. More Than a Feeling / Boston
  41. Orbit Zero / Little River Band
  42. Turn to Stone (Live) / E.L.O. Part U
  43. Air on the G-String (J.S.Bach) / English Chamber Orchestra
  44. Spread Your Wings / Queen
  45. Courageous (with Melinda Schneider) / Olivia Newton-John
  46. Nocturne E-Flat Major Op.9-2 (Chopin) / Hiroko Nakamura
  47. Tonite / Air Supply
  48. Livin' for You / Boston
  49. Love Conquers Time / Air Supply
  50. Wheel in the Sky (Live in Houston '81) / Journey
  1. Mother, Father (Live in Houston '81) / Journey
  2. Come What May / Air Supply
  3. Thank You for the Music / ABBA
  4. It's Never Too Late / Air Supply
  5. I Can Wait Forever / Air Supply
  6. Canon (J Pachelbel) / Orpheus Chamber Orchestra
  7. Canon (J Pachelbel) / Academy of St Martin in the Fields (1984)
  8. There Must Be More to Life Than This / Michael Jackson and Freddie Mercury
  9. I Guess We're Falling Out / Queen
  10. My Life Has Been Saved / Queen
  11. It's Late / Queen
  12. Mr. Blue Sky (Live) / E.L.O. Part U
  13. Who's Cryin' Now (Live in Houston '81) / Journey
  14. A Kiss Is a Terrible Thing to Waste / Meat Loaf
  15. Lovin', Touchin', Squeezin'-Anyway You Want It (Live in Houston '81) / Journey
  16. Open Arms (Live in Houston '81) / Journey
  17. Good Girls Go to Heaven (Bad Girls Go Everywhere) / Meat Loaf
  18. Not a Dry Eye in the House / Meat Loaf
  19. Cry Over Me / Meat Loaf
  20. Once / Air Supply
  21. Taking the Chance / Air Supply
  22. That's Me / ABBA
  23. One of Us / ABBA
  24. Young Love / Air Supply
  25. I Turn to You / Christina Aguilera
  26. The Power of Love / Air Supply
  27. Telephone Line (Live) / E.L.O. Part U
  28. Canon (J Pachelbel) / I Musici
  29. Livin' Thing (Live) / E.L.O. Part U
  30. Canon (J Pachelbel) / St.Paul Chamber Orchestra
  31. A Man I'll Never Be (Live in Long Beach '77) / Boston
  32. Canon (J Pachelbel) / Orchestra Pro Arte of Munich
  33. Friends Will Be Friends / Queen
  34. In Only Seven Days / Queen
  35. Boats Against the Current / Olivia Newton-John
  36. Somebody to Love / Queen
  37. You and I / Queen
  38. It's a Hard Life / Queen
  39. Mr. Blue Sky / E.L.O.
  40. Don't Stop Believin' (Live in Houston '81) / Journey
  41. Above the Clouds / E.L.O.
  42. Heaven Can Wait / Meat Loaf
  43. Objects in the Rear View Mirror May Appear Closer Than They Are / Meat Loaf
  44. Stone in Love (Live in Houston '81) / Journey
  45. Lonely Is the Night / Air Supply
  46. Heroine / Asia
  47. My Love, My Life / ABBA
  48. Can'tcha Say - Still in Love / Boston
  49. Don't Look Back / Boston
  50. New York State of Mind / Billy Joel



2010.2.14

ようやくスイッチが入る

長いことサボっていたけど、ようやく沸々と制作意欲が湧いてきた感じです。きっかけは先週見た2つのテレビ番組。

その番組とは、葛飾北斎の娘「お栄」の実像に迫った民放のドキュメンタリー番組「おんな北斎」と、現代日本画の革命児と言われる「加山又造」が取り上げられたNHKの番組「迷宮美術館」。

民放の「おんな北斎」では、北斎に「女を描かせれば自分より上」と言わせたほどの技量と才能を持ちながら、現存する作品は極僅かとされる北斎の娘「お栄」の作品のひとつ「吉原格子先の図」が紹介されていたのですが、その絵を目にして私は何と表現したらいいのか分からないくらいにとてつもなく惹かれてしまいました。江戸時代にこんな絵を描いていた人がいたこと事態にまずは驚いたのですが、西洋絵画の遠近法や陰影法を取り入れた作風にもかかわらず、黒の使い方など極めて日本的な作品として見える柔らかな上品さに圧倒された感じです。番組自体も民放にありがちなもったいぶったような鬱陶しい編集がされてなく良かったと思います。

それにしても、西洋の画家に大きな影響を与えたことでも有名なお栄の父こと葛飾北斎。今まで西洋の絵画を知らないからこそ北斎の画風があったと思っていたのですが、実際は西洋の絵画を知った上であの画風があったことを知ったのは驚きです。こうしてお栄の絵を見ることにより、2人が西洋の絵画に関する造詣も深かったことがうかがい知れますよね。

▼ YOMIURI ONLINE/テレビ&ラジオニュース/「2人の北斎」実像に迫る
>> http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20100202-OYT8T00811.htm

一方、もうひとつのNHK番組「迷宮美術館」で取り上げられた「加山又造」の作品にも同様に惹かれ、何ともワクワクした気分になったのですが、あらためて思ったのは、日本画ってやっぱりデザイン的要素が極めて多く含まれているということ。日本画に関しての造詣が無い自分が日本画に何となく惹かれてしまうのは、無意識のうちにそういう部分を感じているからかも。

実は、番組の最後に「風神雷神の図」のミニチュア屏風がベストキュレーターに渡されていたのを見て、自分も欲しくなり、ネット上で探してみたのですが、ひとつ良さそうなのを見つけたものの、残念ながら「売り切れ、再販の予定無し」との表記がしてあり、がっかり。

意欲が湧かず、長いことプライベートな作品作りをサボってい期間は、百獣の王だって日常の大半はだらけているわけだし、ここぞという時に動くには十分なだらけ時間も必要とか、熊だって冬眠するし、なんて自分に対しての言い訳を考え、更には、他人に迷惑をかけるわけでもないので、どうせサボるのなら自分を責めたりせずに気持ちよくサボろうと、悠長に構えていた訳ですが、たまたま見たこれら2つの番組から受けた刺激で制作意欲のスイッチも何となく入った感じがします。サボリにしてはちょっと長かったような気もするけれど・・・(苦笑)。



2010.3.1

久しぶりに作品をアップ、今年の目標は・・・

2点だけだけど、今年制作した作品をアップ。目標は小さく区切って、手が届きそうな位にあるのがいいので、今年の目標としては、とりあえずは10点制作すること。2点は仕上げたので、残り8点。今の感じだと楽々行けそうな気はしているのですが、年初めに10点制作したっきりで終わった昨年の例があるので油断禁物(笑)。



2010.3.1

3分間で英語対応に

殆んど労力いらずで、私のサイトの英語版ページが作れました。どうしてそんな簡単にできたかと言えば、それはトップページ(Home)に"Google"と"Yahoo"の自動翻訳ページへのリンクを貼っただけだから(笑)。でも、英語のみならず、その他多くの言語にも対応できるし、リンクを辿っても翻訳は途切れないので使い勝手はいいと思いますよ。

自動翻訳だから意味不明になる部分も多少ありますが、パソコンに日本語がインストールされていない国々の人達が見れば、意味不明な記号だらけのページとして表示されていた今までのことや、辞書を片手に自力で英語のページを作る労力を考えれば断然マシ。それに、これだと貧相な英語力を露呈して恥をさらすということもないし(笑)、変な意味になってたとしても自動翻訳だからと理解してもらえるでしょうしね。



2010.3.2

バンクーバー五輪閉幕

残念ながら日本は金メダル無しという結果でしたが、あの金色が一際目立っていたスピードスケートのユニフォームというかウェアのデザインは金メダルと言ってもいいくらいカッコよかったですね。何となく強そうにも見えるし、多少は相手を威圧する視覚的効果もあったのでは? と思っているのですが、どうなんでしょうかね。

「金」と「日本」という2つの言葉から連想されるものと言えば、「黄金の国ジパング」や「金屏風」といったものが頭に浮かびますが、もしかしたらそういったものがデザインコンセプトにあったんでしょうかね? 真相は分かりませんが。

それはそうと、中にはウェアデザインに???と感じる国もありましたね。でも、しっかり胸には有名スポーツメーカーのロゴがあったりしてちょっと可笑しかったりしたのですが、多分ああいった国などは予算うんぬんよりも、専門家に任せるということをせず、権力や決定権をもった人物が自分の好みでデザインを決めているんじゃないだろうか? なんてことを推察しながら観戦していたオリンピックでもありました。



2010.3.17

注文品到着

Carole King/Bangles/Annie Lennox
注文していた3枚のCDが到着。写真左からキャロル・キングの「つづれおり」、バングルスの「パーフェクト・ベスト」、アニー・レノックスの「ベスト・コレクション」、以前は女性ミュージシャンのCDって殆んど買うことがなかったのですが、ここ最近はちょこちょこと買うようになりましたね。

キャロル・キングの「つづれおり」は、名盤として以前から良く雑誌などで取り上げられていたので、このネコと一緒に映っているジャケット写真は何となく記憶に残っていましたが、実はキャロル・キングのCDを買うのは今回が初めて。

バングルスの「パーフェクト・ベスト」は日本だけの企画盤で、いかにも企画盤といった感じのジャケットが残念。何かのドラマで"Eternal Flame"が挿入歌として使われていたそうなので、それに併せて手っ取り早くリリースされたんでしょうね。案の定、帯にはそのドラマの挿入歌を収録している旨の表記がされていました。いつも思うのですが、そういう表記はシールにして外側に貼っておいてくれといった感じ。収録されているほとんどの曲は持っているCDとダブっているのですが、DVDとスザンナ・ホフスがソロでリリースした楽曲が収録されているのが購入した理由。

アニー・レノックスのCDを買ったのも今回が初めて。彼女の存在は1992年に行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートでデビット・ボウイと一緒に"Under Pressure" を歌っていた時に初めて知り、その奇抜な衣装とメイクにただのシンガーではないなとは思っていましたが、あれから18年という年を経てふとCDを買う気になったのは何とも不思議。



2010.3.27

ヘヴィーローテーション

それは上記の3枚。今はこれらばかりを聴いている感じで、今までに無い刺激があるのか、作品の制作中は何かしらインスピレーションを与えてもらっている感じです。

Tapestry/Carole King キャロル・キングの「つづれおり」は、あまりにも質素というか素朴な印象があって、当初は趣味に合わないかもと思っていたのですが、何かジワジワと染み入ってくる感じで、今はライヴ盤がプラスされたちょっぴり高めのレガシーエディションを買って良かったなと思っています。彼女のボーカルとピアノをメインに綴られる自作曲の数々は、余分な飾りが無い分、素材の良さが引き立つといった感じですね。

Perfect Best/Bangles バングルスは、今やオリジナルアルバムの数を様々な企画のベスト盤の数が上回っているという特異な現象になっていますが、今回買ったのもそんなベスト盤のひとつです。

で、その「パーフェクト・ベスト」を、持っているCDと比較して聴いてみたのですが、"Eternal Flame"だけがりマスターされた音源のようで、残りの楽曲は既発の音源と変わりないようですね。又、マスリングの有無同様、何の表記もされてませんが、"I'll Set You Free"は、歌い方がアルバムヴァージョンとは所々違うシングルヴァージョンが収録されています。それにしてもスザンナ・ホフスの声って、どうしてこうも魅かれるのかというくらいに魅力的ですよね。そんなスザンナ・ホフスのソロで、"Eternal Flame"にも通じるメロディーラインと、キュートで愛くるしいヴォーカルが魅力の"Unconditional Love"が聴けるところがこのアルバムのいいところで、今一番聴いているのは多分この曲。

それと、付属のDVDを見て感じたのが、"In Your Room"や"Walk Like an Egyption"がヒットしたのは、スザンナ・ホフスのエキゾティックなイメージと楽曲のイメージが見事に合致したビデオクリップの影響が大きかったからだろうなということ。今までこの2曲はそれほど好きではなかったのですが、DVDを見てからはけっこう聴くようになりましたからね(笑)。

The Annie Lennox Collection/Annie Lennox そして最後はアニー・レノックスの「ベスト・コレクション」。彼女のことは何も知らなかったのですが、子供の頃からクラシックの音楽教育を受け、奨学金を得てロンドン王位音楽アカデミーに入学した経歴を持たれているんですね。カヴァー曲を除いて、楽曲の殆んどは自宅の地下室にあるピアノで作曲されたそうですが、ヨーロッパの雰囲気が漂うモダンなイメージの中にも、どこか影のあるようなへヴィーな印象があり、それがアニーの中性的なヴォーカルと相まって、これがけっこうツボ。又、ベスト盤の多くが本人達の関わりも無くリリースされていたりするのですが、これはアニー自身が選曲と曲順などの構成に携わっているというところもマル。



2010.4.1

これだけで十分幸せかも

ここまで1年ちょっとかかりましたが、自然治癒に任せていたかかとの痛みがようやくなくなってきた感じです。時折ちょっとした拍子に痛みを感じることはあるのですが、通常の歩行でズキンズキンと痛みを感じることは殆んどなくなりました。今は約8割方治ったという感じですかね。 でもまだ完治したわけではないし、長いと完治するまで3年程度かかるそうですから無理はできないですね。せっかくここまできたので再び悪化しないよう気をつけないと。

かかとの痛みが引いてきたことが関係しているのか、膝の痛みもいつの間にかなくなりましたね。階段を見るとイヤ〜な感じがあったのが、それがなくなり、今は単に上りで息が切れるだけ(笑)。以前は痛みを我慢し、全然平気だよって顔して上り下りしてたのですが、今はそんな見栄を張る必要もありません。

そして、以前はよくあった歯の痛みも、1年近くかけて悪いところを全部治療したおかげで今のところ心配はなし。歯の痛みってほんとイヤですからね。

考えてみればこれらのことだけでも十分幸せかもしれないですね。仮にこれらの状況が全て逆になったと考えれば尚更幸せを感じられるというものです。



2010.5.1

10点の壁

とりあえずは今年の制作目標数としていた最低限のラインである10点に到達。とは言っても、実際にはそれほど数は意識してなくて、意欲の表れが結果的に数というかたちで出てくればいいなと思っていた次第です。意欲が無いと制作数も増えませんからね。ということもあって、今は制作意欲がある状態が続いているということが何よりも嬉しいです。

でも、問題はここから。2007年から2009年までの3年間は見事に制作数が10点で止まっていましたからね。10点の壁、それは物理的な問題ではなく、精神的な部分にあるもの。それにしても生涯で5桁の数の作品を残した富岡鉄斎や葛飾北斎はあらためて「何ちゅー人達や!」

さて、次なる目標は月平均1点は制作したことになる数の12点。あと2点だから比較的簡単に達成できそうですが、一応はプレッシャーがかからないそんなところで。過去3年間のことを思うと、そう簡単には自分を信じることなんてできませんから(笑)。



2010.5.20

意欲の代償

制作意欲があるのはいいけれど、どうしても結果的に、夜は寝付きが悪く、朝は起きれないという状態になってしまいます。やっぱり寝る前は脳をリラックスさせておかないとダメですね。夜はもうちょっと早めに切り上げればいいのだけれど、ただ、調子良く進んでいる時は中断するタイミングが中々掴めないんですよね。でも、この状態だと続けられないなぁ。生活リズムとうまくバランスをとって熱中するというのはことの外難しいです。鉄斎や北斎はどういった生活リズムで制作していたのだろうかとふと思う。



2010.6.11

アギレラの新作

クリスティーナ・アギレラと言えば、デビュー当時は、同時期にデビューしたこともあってか、アメリカの国民的人気歌手、"Britney Spears"と比較されることも多かった正統派美人シンガーといった印象でしたが、最近は実力派シンガーとして評価されている一方、奇抜なメイクと衣装で話題(ジーン・シモンズ曰く、女性版キッス)の"Lady GaGa"と何かにつけ比較されることが多いようで、ビジュアルイメージも年々過激さを増しているような印象があります。

Bionic / Christina Aguilera 新作のタイトルは「バイオニック」、それにしても、何だこのこのジャケットは(笑)。1920〜40年代のソウル、ジャズ、ブルースといったサウンドをリスペクトして制作された前作"Back to Basics"から一転、今回は未来をコンセプトに制作されたエレクトリック・ポップ・アルバム。エレクトリック・ポップへの布石は"Back to Basics"の後にリリースされたベスト盤"Keeps Gettin' Better"に収録されていた再録音曲や新曲においてあったものの、過去の楽曲とのギャップを多少感じる部分もありましたが、実際こうして一枚を通して聴いてみると、意外と違和感は感じないですね。と言うか、これも又、紛れもなくアギレラサウンドといった感じに思えてくるから不思議。まだ数回しか聴いてませんが、アギレラ曰く、「良いものがたくさん揃っているの」の言葉どおり、良く練られたフックのある曲が数多く詰まっている印象で、何となくアメリカ国内よりもユーロ圏で受けそうな感じ。しかし、これまた賛否は分かれそうですね。個人的には賛の方だけど。

ジャケットは、見る角度を変えると図柄が変化する立体視覚特殊ジャケット仕様になっていますが、このザラザラした表面の立体視覚仕様は小学生の頃には良く見かけてましたね。

Bionic / Christina Aguilera Bionic / Christina Aguilera



2010.6.12

山下清展に行ってきました

昨日は長崎県美術館で開催されている「放浪の天才画家-山下清展」に行ってきました。できるだけゆっくり見たかったので土日を避けて行ったのですが、平日にもかかわらず、けっこう多くの人で賑わっていました。

長崎県美術館

山下清展-チケット 昨日は夏日で、外は30度を超えるような気温だった上に、美術館は作品の保全を第一にした温度設定がなされている所為か、館内はけっこう暑く、見ているだけでも汗が出てくる感じで、ハンカチで汗をぬぐいながら鑑賞されている方も多く見受けられましたが、これだけの作品数を一度に見る機会もそうそうないので、暑さにも負けずに2時間程をかけて見てきました。

展示されていたのは、貼絵を始め、油彩、水彩、ペン画、など約200点の作品で、作品の他にも山下清が放浪の旅で実際に使用していたリュックサックや、日記などに残した文章など、彼にまつわる品々も展示されており、とても興味深い企画展でした。

山下清と言えばドラマ化された「裸の大将」でもお馴染みの、純粋さと、傍から見れば一見ユーモラスともとれそうな核心を突いて出る言葉、そしてそれらを含めたその人間性にもあるのですが、会場には作品と一緒にそういった様々なエピソードや語録も綴られており、見て、読んで、楽しめるものでした。

出口にあるミュージアムショップでは割と多くの方が買い物をして帰られてるようで、レジで数万円を払ってられる方もけっこういらしたようです。商品を見ているとレジから金額を伝える店員の方の声が聞こえてくるので、自然と分かるんですよ(笑)。私が買って帰ったのは、この「山下清展」の併せて制作された画集とミニチュアのレプリカの2点で、合わせて3千円ちょっと。中でも、これから「山下清展」に行かれる方にはこの画集はおススメで、作品が大まかな年代順に展示されていた会場とほぼ同じページ構成になっており、作品と一緒に掲示してある本人の言葉やエピソードの多くも同様に掲載されているので、後から実物を見た思い出が甦り、再び美術館で鑑賞している気分で楽しめます。


山下清展-画集 長岡の花火-ミニチュア・レプリカ



2010.6.26

山下清展回顧録

山下清展-フライヤー
実は、山下清の作品を目の当たりにしてからというもの、制作が全く進まずという状況です。自分の無能さをあらためて思い知らされてショックを受けたことが、その後も何となく尾を引いているような・・・。ショックを受けたことが逆に作用すればいいのですが、そう上手くはいかないものです。まぁ、片や天才と言われた人だから、比較してもしょうがないことなんですけど・・・。

そんな凡才論はさておき、今回の山下清展では山下清の作品に触れられたことは勿論のこと、山下清という人物像をあらためて知ることができたのはとても良かったと思います。誤認していた部分も少なからずありましたからね。

例えば、ドラマの影響もあって、作品の多くは放浪先で制作していたとばかり思っていたのですが、実は放浪先で絵を描いたりすることは滅多になく、ましてや貼絵など手間のかかるものは放浪先で制作することはまずなかったであろうと言われていることもその一つです。数ヶ月から数年という単位で放浪の旅を繰り返していた山下清が実際に絵の制作を行っていたのは、旅から戻った時で、その大半が実家や、通っていた学園であったというのが真相だそうです。つまりは残された作品にある風景の多くが清の記憶の中から導き出されたものということで、これには正直驚きましたね。又、このことからも分かるように、実は彼が並外れた記憶力の持ち主であったということも今回初めて知ったことです。

そして、この山下清展では、自筆の日記や手紙なども展示されていたのですが、(失礼ながら)思いのほか漢字が多く使われていたことにも正直驚きました。というか、大人でも書くのが難しいような炬燵(こたつ)、麒麟(きりん)、蜻蛉(とんぼ)、蒟蒻(こんにゃく)といった漢字もすらすら書けていたというから、卓越した記憶力を持つ山下清にしてみれば案外簡単なことだったのかもしれませんね。

ちなみに、山下清が書く文章には句読点がなく、この理由については「人と話をするときは点やマルとはいわないんだな カッコとも言わないんだな」と、本人の弁が残されており、卓越した才覚に魅せられる一方、何だかこういったところにも不思議と魅力を感じます。

そんな山下清の人物像を知るにつけ、ふと自分はどうなんだろうと照らし合わせてみると、どうも記憶しておきたいことの多くを文明の利器に頼ってしまうことが習慣になっているようで・・・。「これじゃ何も心に残らないよな」と、ちょっぴり反省。

さて、これほど大衆に愛された芸術家はいないであろうと言われる山下清、昭和31年(1956年)に東京の大丸百貨店で開催された初めての本格的な個展では、1カ月で約80万人と云う驚異的な動員記録を残し、その記録は日本美術史上で未だ破られることがない記録として残っているそうです。何故これほどまでに多くの人達が惹かれるのかは、作品も然ることながら、自然体ともとれるその人間性にあるのではないでしょうか。そういった意味でも、「芸術家・山下清」「人間・山下清」をキーワードとして、数多くの作品と共に、これまで紹介されていなかったエピソードや資料を併せて開催された今回の山下清展は、そんな山下清の魅力を再発見させられるものでもありました。

放浪の旅を、自らは「るんぺんをしている」と日記等には記していた山下清ですが、今回の山下清展で分かったのは、放浪の旅が、実は作品を制作するためのものではなく、純粋に美しい景色や珍しいものを見て楽しむというものであったということです。そして、恐らくはそれらの旅が、お金や食事、宿などの心配を全くせずに行われていたであろうことも。

それにしても驚かされるのは、これらが戦中、戦後(第二次世界大戦)の動乱した時代に行われていたということで、よくもまぁ、そんな時代に方々で食料やお金を貰ったりできたものだと。それ以前に、そんな状況下で旅をしていたこと自体が驚きですが(笑)。

勿論、誰もがそう簡単に食料やお金をくれる訳ではないことや、嫌な思いをすることも多々あったであろうことは容易に想像がつくけど、それでも結果的には食事にありつけ、時にはお金を貰ったりして旅を続けられていたのだから、やはり何かしら人を惹きつける人間的魅力があったんでしょうね。自分がこんなことやろうとしても恐らく無理。2、3件回って断られたらきっとメゲて諦めるでしょうし(笑)、そもそも見ず知らずの人間に貴重な食料やお金をくれるはずがないという思いが先にありますからね。そんなことを考えると、性善説、性悪説じゃないけど、山下清は案外楽観的に何処に行こうと優しいはいるのだという思いがあったのではないかと思いますね。

ちょっぴり話が飛びかけましたが、そんな施しを受けながらの旅を続けていたという事実を考えれば、山下清が言うところの「るんぺんをしている」という言葉が本人には実感としてあったのかもしれませんね。とは言っても、そんな自分自身を題材に、「夕飯を貰いにいくところ」や、「駅で寝ているところ」といった場景をも絵にしているところを見ると、それらを卑下したり苦痛に感じることはなかったようですね。というか、私の目にはそんなこともとても楽しそうに描かれているように見えます。描かれた清自身の顔も何となく微笑んでいるように見えるし。もしかしたら山下清の人間的魅力には、このように体裁というものを全く気にせずに生きていたように見えるところにもあるのかも知れませんね。本当はそんな生き方をしたいという多くの人達の憧れる姿がそこにあったのかも。

そういえば、以前、自分が溺れかけているような場面を絵に描いて、このサイト上にもアップしたのですが、その時はこんな状況を大人になって絵にする奴なんてそうはいないだろうと思っていたのですが、自分が生まれる前に既に描いている人がココにいましたよ、山下清さん(笑)。そのことは、「生まれて初めて一番怖い思いをした」と、自筆の日記と一緒に鉛筆画で描かれているのですが、こんなこと誰もやってないだろうと思っていても、自分がやってる人を知らないだけであって、案外誰かがやってたりするもんですよね。もしも山下清が生きていて、この状況に居合わせたら何と言うだろう。「別にマネして描いたわけじゃないからいいんだな」なんてことを言われたら幸せかも(笑)。

そんなことをアレコレ考えながら、買ってきた山下清の画集を眺めていたりする日が続いているのですが、様々な状況下で、今、山下清に言葉をかけてもらえるとしたら果してどんな言葉が返ってくるだろうかと考ることはけっこういいかも、なんてことを思ったりしている昨今です。

山下清展-画集 山下清展-画集

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.