Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2008 / 7-12


2008.7.20

「大人になっても夏は炭酸ジュース」

Coca Cola Zero and Fanta
最近、良く買って飲んでいるのが、この「コカ・コーラ Zero」と「ファンタふるふるシェイカー」。ローカロリー・コーラの類はこれまでにも色々と発売されていたものの、どれも今一馴染めない味だったのですが、この糖類ゼロの「コカ・コーラ Zero」はけっこう旨い。というか、 この味に慣れてしまうと、普通のコーラが何とも甘ったるく思えて、もう戻れない感じ。

もう一方の「ファンタふるふるシェイカー」はといえば、食感も楽しめるゼリー状の固形物が入っていて、ちょっとしたおやつにもぴったり。ゼリー状の固形物は缶を振ることで適度に分散されるようで、缶には「ガンガン振って」と明記されています。

で、先日、以前務めていた会社の後輩にたまたま会って、その時に旨いから飲んでみなよと「ふるふるファンタ」をおごったのですが、「ガンガン振ってから缶を開けなよ」との私の助言を、「ほんとでしょうね?」と、にやけながら缶に書いてある説明を何気に読む後輩・・・。あのねー、「わーい引っかかった」と喜ぶような歳でもないって。勿論、これは、どんなに振っても炭酸が溢れ出すってことはありません。



2008.7.21

「雄々しき翼」

今日は朝からユニゾンで迫り来る蝉の声と日差しを浴びながらの洗濯三昧。洗濯物を干していたら上空に鷹を発見。実はこの鷹、3週間程前から見かけていて、この付近を縄張りにしているのか、先日も上空を旋回していました。詳しくないんで、それが本当に鷹かどうかは?ですが、勝手に鷹と決め付けています。でも、けっこうデカイので、もしかしたら鷲かも?

それにしても、殆んど羽ばたくこともなく、円を描くように旋回している様は何とも神々しく凛々しい。で、その時室内からランダム再生で流れてきたのがエリック・カルメンの「雄々しき翼」。映像と音がシンクロするなんともドラマティックな展開。早速、その感動的瞬間を捉えようとデジカメを持ち出してきたけど、デジタル12倍じゃ全然足りません。て言うか、上空をズームで追いかけたら被写体をうまくレンズに捉えることができませんし、背景が空だと何処を捉えているのかさえ分からなくなります(笑)。以前、茶色がかった羽の色も識別できるくらいまで降りてきたことが一度あったんですけどね。

▼ 飛んでいる鷹が撮れなかったので、近くの電線に止まっていた鳥(ツバメ?)を。

鳥



2008.7.26

「何と・・・」

今日も上空を飛行していた例の鷹らしき鳥。しかし、今日は何と2連で飛んでいるではないかっ!! カメラで撮るのは難しいことは先週学習したので(笑)、デジカメをムービーモードにして追いかける。最初は縄張りへの侵入者を追い払っているのかとも思ったけれど、どうも争っているというよりは戯れている感じに見えるので、もしかしたらパートナーかも? それにしてもそんなパートナーがいたとは知りませんでした。いや、もしかしたら今まで1連の鷹だと思って見ていたのは、実は2連の鷹を単体で見ていただけだったのかも? いやいや、今日初めて出会ったのかもしれないぞ。などとアレコレとしばし妄想する。できることなら、このままこの辺りで繁殖してくれないかな。



2008.8.14

「夏休みのお楽しみ」

DVD : E.L.O./Xanaduo
というわけで先日届いたのが、映画"XANADU"と"E.L.O."のライヴDVD。

"XANADU"は1980年から1981年に劇場公開されたオリヴィア・ニュートン-ジョン主演の映画で、"E.L.O."とオリヴィアの楽曲で構成されたサウンドトラックは大ヒットを記録しました。

映画のストーリーは、レコード会社でポスターや看板用にアルバムジャケットの拡大模写を行う仕事をしていた雇われ画家のソニーが、芸術家を目指して会社を辞めるものの、結局は食えずに、再び元のレコード会社に出戻り、もんもんとした日々を送っていたところに、海岸で一人の女性キラ(オリヴィア)と出会い、心奪われる。しかし、彼女が芸術や学問を司る神々、ミューズの中の一人であることは知る由もなかった・・・。といったところから物語は展開していくのですが、あらためて見てみるとサウンドトラックに収められた全曲がほぼフルコーラス使われていたんですね。

残念なのは、オリヴィアのイメージと吹き替えの女性の声がちょっと合ってない感じがするところです。ただ、大胆な解釈の字幕翻訳よりも、割と忠実になされた吹き替え翻訳の方が楽しめる部分も多いので、吹き替えで概ね会話の内容を理解した後、字幕で見るというのがいいかも。例えばバイクでキラを探しているうちに誤って桟橋から海に落ちてしまったソニーが再びキラを探しに行こうとする場面では、初老の男性ダニーがそのソニーに一言忠告をするのですが、字幕翻訳では「海には落ちるなよ」と、特別おかしくもない翻訳なのが、吹き替え翻訳では「海の中は探すなよ」と、こちらは笑えます。

そして、もう一枚の"E.L.O."のライヴDVDは、1978年のアウト・オブ・ザ・ブルー・ツアーの中のイギリスはウェンブリースタジアムでのライヴを収録したもので、おまけにディスカヴァリー用に制作された10曲のビデオクリップも収録されています。アウト・オブ・ザ・ブルー・ツアーなので、当然7人編成。つまりはヴァイオリン奏者とチェロ奏者2人がいるということです。この時期のライヴが映像を通してとはいえ見れるとは幸せ。"Turn to Stone"、"Sweet Talkin' Woman"、"Mr. Blue Sky"といった曲目を見ただけでウオォォォといった感じでしたからね。圧巻なのは、ラストの"Roll Over Beethoven"。チェロ奏者2人が大きなチェロを引きずりながらステージを動き回り、回転させたり、頭上に持ち上げたりと、派手なパフォーマンスを繰り広げます。



2008.9.3

「何と何と・・・」

先週の月曜日に撮ったものですが、例の鷹らしき鳥、その日は何と4連で飛んでいました。しかも争っている気配はなく、仲良さそうな雰囲気。鷹って何となく単独で行動しているようで孤高なイメージがあったので不思議な感じ。生態に詳しくないんで、それぞれの関係やどういった行動かは良く分かりませんが、その行動にしばし見とれていました。それにしても1連と思っていたのが2連。そして4連と倍々に増えていくのには驚き。

▼ 荒くて小さい画像ですが、動画はこちら。(動画形式 : WMV)
4連の鷹らしき鳥 / Part 1
4連の鷹らしき鳥 / Part 2



2008.9.5

「変革中」

1点目は、7月の終わり頃から家でタバコを吸う時は室内で吸うのを止めて、窓辺で吸うようになったこと。理由としては室内にあるものがけっこうヤニで汚れるから。なので、もちろん、パソコンをいじりながらスパスパということもなくなり、おかげで、今まで1日2箱吸っていたのが半分の1箱に減りました。今までけっこう惰性で吸っていたんですね。実は、近くに鷹が生息していることを知ったのも、結果的に窓から外を眺める時間が増えたことによるものでした。

2点目は、これも7月の終わり頃からなのですが、1日平均1キロから2キロは歩くようにしたこと。動機としては、流石にこんな運動不足の状態を続けていてはマズイんじゃないかといったところから。暑さが厳しい時期だけに結構辛いかもと多少思う部分もあったのですが、決めたら割と行動は早いので、それ以上はあまり考えることなく唐突に始めた感じです。勿論、今も続行中。

でも、俗世間にまみれた生活の中では様々な欲が沸いてくるのに、暑い日差しの中テクテク歩いていると、時折吹き抜ける風や、木陰のヒンヤリした空気、ちょっとした下り坂といったものに喜びを感じ、不思議と日頃ありがちな様々な欲からは離れた気持ちになります。今まで目にも留めなかった歩道の上をちょこまかと歩き回るアリをとある場所で目にしてからは、そこを通るときはなるべく踏まないよう目線を近くに落として歩くようにもなりましたし、ひょっとしたら今まで忘れかけていた何かを思い起こしかけているかも?

しかしながら、こと体重に関してはなかなか落ちないですね。歩き始めて3週間くらいたった頃は、この分だと体重も結構落ちたんじゃないかと、ふと体重計に乗ってみたところ1キロ位しか落ちてませんでしたからね。もしかしたら最初は落ちにくいのかな? その後は2週間程で更に4キロ程度減ってましたから。

そして3点目が、お盆過ぎから歯医者に通っていること。痛みに耐え切れずに駆け込んだのが始まりですが、ついでだからこの機会に悪いところは全部直してもらおうと現在通院中で、今は3本目を治療中。一応、殆んどは保険の範囲内で大丈夫だろうけど、万が一の時はパソコン購入用にと貯めていたお金で何とか・・・。

と、まぁ全体的にこんな感じなので、これまでのライフスタイルとは多少変わった感じです。ちなみにパソコン購入用に貯めていたお金は、貯まった途端、使うのが惜しくなって、結局は春頃から手付かずでそのまま銀行に預けています(笑)。そんな状況なので、今では時期モデルまで待ってようかなといった感じでいますが、歯の治療代で消えなければいいけど。



2008.9.15

「ただの日記」

歯医者に通い詰め中なので、口の中は常時消毒液の味がする。家にいてもまるで歯医者にいるような感じ。先週は3本目は治療中のまま4本目の治療に入る。

ウォーキングの方は今も続行中。でも体重は再び減らない状態に入ったようで、2週間ほど変わらず。

そして例の鷹らしき鳥、土曜日は目にしなかったので、もしかしたら時折耳にする「鷹の渡り」という言葉のとおり、越冬のためどこかへ移動していったのかとも思っていたけど、先日は1連ながらも飛んでいるところを見かけました。今日はあいにくの空模様のためか見れずじまい。でも、色々と種類がある中、全ての鷹が越冬のための渡りをするのだろうか? 個人的には、何となく冬山でネズミやウサギを捕まえている勝手なイメージがあるのだけれど・・・。よく分かりません。まぁ、自分が目にしている鷹の種類さえ分からないまま眺めているだけですからね。

そういえば以前、窓を開けた瞬間に距離にして約15〜20メートルほどの所を飛んでいたのを目にしたときは驚きましたね。一瞬だったのですが、その時の感想は「デカッ」で、近くで見るとさすがにカラスと比べても大きかったですね。でも、いつぞやは近くにカラスの巣でもあったのか、2羽のカラスに追われていましたけど(笑)。きっと空腹でもなかったので無益な争いは避けてたんでしょうね。追われ方にも余裕が感じられましたから。カラスの方は必死な様子でしたけど。



2008.10.27

「Love is a Gift」

A Celebration in Song/Olivia Newton-John & Friends
CDは数ヶ月に一度、数枚まとめて購入しているのですが、先々日届いた中の一枚がこの"A Celebration in Song / Olivia Newton-John & Friends"で、今回購入した中では一番のお気に入り。何て言うかアルバム全体を通して愛が感じられるんですよね。

このアルバムは"& Friends"という名義が示すとおり、全12曲中11曲がオリヴィアと親交の厚いミュージシャン達によるデュエット曲が収められています。残りの1曲は2006年に32才という若さで乳癌のため他界した"Belinda Emmett"のソロで、追悼の意味を込めてラストに収められています。

以前から様々な慈善事業に積極的に取り組んでいたオリヴィア。自身もかつては乳癌の病に犯され、現在はその病を克服し、自ら癌センターを設立し、癌の撲滅に取り組んでいるそうですが、そんな彼女だからこそアルバムを通して伝わってくる愛があるんでしょうね。冒頭で言った「アルバム全体を通して愛が感じられる」という言葉はこれを聴いた人ならばきっと分かってもらえると思います。「オリヴィアが世界中の人々の健康と幸せを願って創りあげた夢のデュエットアルバム」というキャッチコピーも聴き終えた後にはリアルに伝わってきます。

最後にアルバムラストに収められている"Belinda Emmett"の"Beautiful Thing"の歌詞の一部を。

太陽を顔に感じるようになってから随分と経ったように思えるの
なぜこの場所を見つけるのにこんなにも長い時間がかかったのかしら
もしこれがなかったらこんなに素晴らしいものを
知ることも感じることもなかったでしょう

これまで欲しいと思っていたものが今はすべて浅はかなものに思える
そして今私の目の前ですべて合点がいったの
その一瞬、時間はとまる

人生の楽しみはのめりこむほど刺激は強くはなれど感動も薄れていく

太陽を顔に感じるようになってから随分と経ったように思えるの
なぜこの場所を見つけるのにこんなにも長い時間がかかったのかしら
もしこれがなかったらこんなに素晴らしいものを
知ることはかったでしょう、知らずに終わったでしょう
知ることも感じることもなかったでしょう
こんなに素晴らしいものを、こんなに美しいものを



2008.11.16

「ファインアートとポップアート」

And Winter Came.../Enya & Keeps Getting Better/Christina Aguilera

私の場合、好きなミュージシャンの大半は男性というかグループなんですが、前回のオリヴィア・ニュートン-ジョンに引き続き今回購入したCDもまたまた女性ヴォーカリストで、エンヤとクリスティーナ・アギレラ。

冬をテーマに制作されたという3年ぶりのエンヤのニューアルバムは、物語りを感じさせられるような映画の宣伝用ポスター的アートワークが印象的。一方のクリスティーナ・アギレラは存在自体がポップアートとともとれるヴォーカリストですが、こちらは新曲とニュー・レコーディング・ヴァージョン、それに10曲のビデオクリップが収録されたDVDを含む初回限定のベスト盤。

写真の通り、どちらもまだ封を開けていない状態でこれを書いているので、当然まだ未聴なんですが、どちらを先に聴こうか迷うほど、どちらも甲乙付け難いくらい楽しみ。やっぱり音楽に限らずジャンルやカテゴリーが良し悪しを決める理由にはならないですよね。ファインであろうとポップであろうと好きなものは好き。



2008.11.20

「アートワークも楽しみのひとつ」

Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(front)   Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(back)

ゆっくりと聴きたかったので3日程放置した後に封を開けました。

実は楽曲への興味よりも彼女の感性に触れたくて買ったのがこのクリスティーナ・アギレラのアルバムでした。以前から彼女がビジュアル的要素を通して放つ感性にとても興味を持っていたので、今回のDVD付きアルバムは迷わず買いとなったわけです。

まずは表ジャケットの写真に目を奪われるわけですが、パッケージ全体を覆い尽くすようなポップアートスタイルのデザインも素晴らしく、トータルデザインからも抜け目無く仕事がなされた様子が伺えます。なんてことを思っていたら、彼女曰く、このアルバムのアートワークやビデオはアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインに代表される60年代のポップアートとそのフィーリングにインスパイアされて出来上がったものだそうで、あの色彩や"fun"に魅かれらしい。 どうりでビビッとくる訳だ。又、収められた新曲の"Keeps Gettin' Better"の歌詞も楽しい色彩やポップアートを参考にして作られたそうです。

Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside) Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside) Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside)
Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside) Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside) Art Work of Keeps Getting Better/Christina Aguilera(inside)

それにしてもテレビやラジオで彼女の歌を見聴きしていた時は多少アイドルっぽく感じていた部分もあるのですが、こうしてじっくり聴いてみると声量豊かで歌も上手いですね。彼女を現代最高のヴォーカリストと称するミュージシャンがいるのも頷けます。才能も然ることながら素敵な人って結婚してても子供がいても魅力的なんですね。



2008.11.23

「アンディ・ウォーホル風アギレラ」

アンディ・ウォーホル風アギレラ

クリスティーナ・アギレラのジャケット写真を使ってアンディ・ウォーホルのマリリン風に遊んでみました。アンディ・ウォーホルのシルクスクリーンによる作品というのは、良く見ると分かるのですが、色を意図的にずらしてはみ出させたりしているので、同様に多少それっぽくやってみました。




2008.12.18

「Sky High」

12月初旬までは見かけていた鷹達も、今は見かけなくなりました。日中タバコを吸おうと窓を開ければ約3回に1回は姿を見れていたので今後はちょっと寂しくなりますね。今年はそんな鷹達を見るようになったこととはあまり関係が無いのですが、ジグソーのスカイ・ハイを良く聴いていました。

でも、本当はこの曲、空高く吹き飛ばされて舞い落ちてしまったという失恋ソングなんですよね。それでも、曲を聴きながら歌詞が言葉として頭に入ってくるような英語力も無いんで、メロディから受けるイメージだけでこの曲を聴きながら鷹を眺めたりすることもあったのですが、実際、"Sky High"を聴きながら飛んでいる鷹を眺めていると、イメージも膨らみ、色々と想像できて楽しかったですよ。

"Sky High"と言えば、プロレスがまだゴールデンタイムでTV放映されていた'77年に、一世を風靡するほどの人気を誇っていた空中殺法を得意とする覆面レスラー、ミル・マスカラスが入場する時のテーマソングとして使っていたこともあり、日頃は洋楽を聴かない人達(特に子供達)をも巻き込んで日本でも大ヒットを記録した有名な曲です。

ハングライダーをあしらったジャケットのシングル盤はあっという間に売り切れ、どこのレコード店でも入荷待ちの張り紙がしてあった記憶があります。そう言えば増産されてからはジャケットも人気にあやかってミル・マスカラスの写真に変えられていましたね。ちなみに、この年に日本で最も売れた洋楽がこの"Sky High"だそうですが、海外では2年前の'75年に米3位、英9位を記録しています。

ところで、意外と知られてないのですが、実はこの"Sky High"には原形となるプロトタイプの曲が存在します。その曲とは、同じく"Jigsaw"の"Mention My Name"という曲で、イントロだけにとどまらず、"Sky High"同様、ワクワクするような展開が楽しめる曲なんで、"Sky High"が好きな人は機会があればご一聴されてみてはいかがでしょうか。なお、"Sky High"は、映画"The Man from Hong Kong"のテーマ曲として制作された曲です。

最後に、"Jigsaw"と言えばやはり"Sky High"ということになるのでしょうが、実は"Jigsaw"の曲で"Sky High"に負けず劣らずカヴァーされているのが、4thアルバム"I've Seen The Film, I've Read The Book"に収録の"Who Do You Think You Are"という曲。私自身、どのカヴァー曲も聴いたことは無いのですが、'74年にイギリスのキャンドルウィック・グリーン(英21位)、同じく'74年にアメリカのボ・ドナルドソン・アンド・ヘイウッズ(米15位)、と共にそこそこのヒットを記録しています。そして、'93年にはセイエント・エティエンヌがカヴァーしています。



2008.12.19

「1977年」

"Sky High"がらみで1977年のオリコンチャートを調べてみたら、今と比べると洋楽勢が結構健闘してましたね。

シングルの年間チャートでは、17位にジグソーの「スカイ・ハイ」、30位にオリビア・ニュートン・ジョンの「カントリー・ロード」、41位にイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」、49位にオリビア・ニュートン・ジョンの「ジョリーン」といった曲がランクインしています。ちなみにオリビア・ニュートン・ジョンの「カントリー・ロード」(ジョン・デンバーのカヴァー曲)は、日本ではカントリーソングは流行らないというそれまであった定説を打ち破った曲として有名で、後に宮崎駿監督の映画「耳をすませば」でテーマ曲として使われたこともあって、日本ではオリビア・ニュートン・ジョンの曲の中では世代を超えて一番知られている楽曲かも知れません。

アルバムの年間チャートに目を移すと、2位にイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」、5位にベイ・シティ・ローラーズの「ニュー・ベスト」、10位にベイ・シティ・ローラーズの「青春に捧げるメロディー」、11位にポール・モーリア・グランド・オーケストラの「グレイテスト・ヒッツ24 PART I」、12位にオリビア・ニュートン・ジョンの「水のなかの妖精」、15位にビートルズの「ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!」、24位にクイーンの「華麗なるレース」、25位にオリビア・ニュートン・ジョンの「たそがれの恋」、27位にベイ・シティ・ローラーズの「恋のゲーム」、33位にキッスの「地獄のロック・ファイアー」、35位にオリビア・ニュートン・ジョンの「きらめく光のように」、37位にアバの「アライバル」、41位にジャニス・イアンの「ジャニスの部屋」、42位にグラシェラ・スサーナの「アドロ/サバの女王」といったアルバムが上位にランクインしています。

ホテル・カリフォルニア/イーグルス 華麗なるレース/クイーン 地獄のロック・ファイアー/キッス アライバル/アバ 青春に捧げるメロディー/ベイ・シティ・ローラーズ きらめく光のように/オリビア・ニュートン=ジョン

42位のグラシェラ・スサーナという人?はあいにく知りませんが、イーグルス、クイーン、キッス、アバ、と日頃洋楽を聴かない人でもその名は知っているであろうグループが名を連ねています。年間TOP50に入っているということは恐らく週単位ではTOP10入りしてたんでしょうね。中でもベイ・シティ・ローラーズとオリビア・ニュートン・ジョンが共に3枚のアルバムを年間TOP50に送り込んでいる辺りは、当時、両者が如何に日本で人気を博していたかが見て取れますね。

▼ 1977年の音楽 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/1977%E5%B9%B4%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%A5%BD



2008.12.21

「風邪引いたらしい」

熱もそれほど無いようなのでインフルエンザではないと勝手に判断し、とりあえずは市販の薬で対応。というわけで一日中寝てました。実際、風邪そのものを直す薬は未だ開発されておらず、続に言う風邪薬とは風邪によって引き起こされる諸症状を緩和するだけなので、結局は自分の免疫細胞に頑張ってもらうしかないんですよね。ただ、風邪に似た症状が出る他の病気もあるし、今はインフルエンザが流行している時期でもあるので、他の方には病院に行くことを勧めます。

何だかぼーっとした状態で多少息苦しい感じですが、鼻水が止まらないのも、多少の熱も、免疫細胞がウィルスと戦ってくれている証と思えばちょっとは気も楽かも。先ほど免疫細胞を支援するためには良さげなリンゴ、ミカン、バナナ、キウイ、ハチミツといった補給物資を体内に送り込んだけど、結果は如何に?

そういえば、体調が優れない中、さっきは沢山のクワガタを捕まえて喜んでいる夢をみていたけど、未だにカブトムシやクワガタを捕まえている夢は何故かたまに見るんですよね。この年になっても(笑)。心理学的にどうなんだろう?



2008.12.28

「年の瀬」

今年も残り僅か。金曜日は夏から通院している歯医者への通い納めでした。今年中には全て完治するだろうと思っていたけど、来年へ持ち越し。同じく夏から行っているウォーキングは、調子に乗ってカジュアルシューズやビジネスシューズを履いているときでもコンクリートの上をガンガン歩いていたので、かかとを痛めてしまいました。しばらくは安静にしとかないといけないらしいけど、これまで継続してやってきたのでちょっと残念。

などと、まぁ、今年はこれから先のことを考えての健康を意識した一年でしたけど、これは来年も続けていきたいですね。おかげで当初予定していた一週間に一作品の制作という目論見は見事に頓挫してしまいましたけど、先のことを考えればこれで良かったと思っています。制作に打ち込めるのもやはり健康であればこそですからね。

今年も何とか無事に終えられそうですが、このところの不景気で、厳しい年の瀬を迎える人も少なくないことを考えると、自分は良かったと喜ぶ気持ちにはなれないですね。何とか少しでも多くの人に先が見える状況が訪れることを願っています。



2008.12.29

「凛々しき翼、再び」

居なくなったと思っていた鷹。先々日、先日と、悠々と大空を舞っていました。これで又、窓辺でタバコを吸う時の楽しみができました。それにしても広げた翼のシルエットはやっぱりカッコイイ。

先日は窓を開けた瞬間、頭上近くを通り過ぎていきましたが、あらためて思ったことは、「 やっぱデカイ」。大袈裟に聞こえるかもしれないけど、ほんと、一瞬、プテラノドンかと思ったほど。やっぱり鷹ではなく鷲なのかなぁ?

でも、この時期まだ居たということは、やっぱり冬もこのままこの辺りで暮らすのでしょうか。そうだと嬉しいけど。ただ、餌の方は大丈夫なのかちょっと心配。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.