Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



2003 / 7-12


2003.7.1

今日から煙草の値段が上がりましたが、朝から何のためらいも無く2箱を540円で買う。



2003.7.5

絵を描く時は対象物をよく見る事が大事と大抵は言われますが、私の場合は誰かをモチーフにして描く場合でも全く見ないですね。なんていうか頭の中にあるイメージだけで描いてしまいます。ということで、基本的に風景のスケッチのようなものはあまり好きではないですね。というか、本当は絵の中にメッセージやらテーマを持ち込むのもあまり興味が無いんですよね。



2003.7.7

今日は七夕、外は雨。子供の頃に書かされた願い事には「世界平和」とか、そんなことを書いてたように思います。
まぁ、本心を書いて友達に見られるとカッコ悪いのでそんな事を書いたのかもしれませんが・・・。はたして願い事は叶ったのだろうか?



2003.7.10

子供の頃(というか今でもそうなんですが)、よくバカな事を空想してましたね。これが時々絵を描く時のヒントになったりするのですが、不思議なものでそういった事はよく覚えているんですよね。

で、その空想の中のひとつに"UFO"に関するものがありました。どういった事かというと、将来、もしも人類がタイム・マシーンを開発していたら、きっと現代にも調査目的などで現われたりしているだろう。だとしたら見つからないように、こっそりとやってきているのだろうと。そうすると"UFO"に乗っているのは異星人では無く、未来の人類かもしれないと。そして、こんな説を唱えた人の話は聞いたことが無いので、もしかして自分は凄い事を思いついたのかもしれないと勝手に思っていました。でも、この事を誰かに話すと未来から刺客が送り込まれてくるかもしれないなどと・・・。

で、でも、もしこのサイトが突然消滅してしまっていたら・・・。
というのは冗談ですが、こうやって文章にしてみると、子供なりに仮説と検証(つじつまが合うか考えるだけ)を無意識に行っていたので記憶に残っているんだろうなと。



2003.7.12

朝に、寝たままの状態で全身で伸びをした途端に久々にふくらはぎをつってしまった。(`ヘ´)

俗に言う「こむら返り」というやつですが、つった瞬間、一気に目が覚め、秒速で上半身を起こして、まるでヨガでもしているかのような体勢で固まってしまいましたね。そんな状況下でも、「この痛みがこのまま引かなければ気が狂うかもしれない」とか、「この痛みから解放されたならば人生において他には何も望まない」などと考えてました。以前、歯痛だった時にも同じ事を思ったりしてたんですけどね。

しかし、あの痛みはなんだか歳をとるごとに強烈に感じてしまうような感じがします。子供の頃はけっこうケロッとしてたように思うのですが・・・。



2003.7.13

好きな事をさせてもらっているので、日頃そんなにストレスなんかは感じてないんですけれども、8月はちょっと長めの夏休みをとる事にしました。



2003.7.21

小学生の時に、図工の授業で焼き物を作るという事があったのですが(粘土内に空気が入ると焼く時に割れてしまうので、空気を入れないように蛇状に粘土をこねてから作ります)、私は頭で思い描くものをなかなか形にできなくて、結局、一人だけ家に持ち帰って次回までに作ってくる事になりました。

ところが、サボり癖が出てしまい、ついには当日の朝に1、2時間程早起きして、なんとかむりやり完成させました。まぁ、この時には理想の形なんか半ばどうでも良くなっていたのですが。

そんなこともあり、粘土が乾かない状態で学校に持っていったもんだから、教室に着いた頃には見事にグニャグニャと潰れた状態になってました。しかたがないので、そのままの形で昼前の図工の時間まで窓際の日にあたる場所に「さわるな」とか下手な字で書いた紙の上に置いて乾かしてました。

そして、いよいよ図工の時間となった時に、先生が私にそれを持って前に出てくるようにと言われたので、私は「なんだ、叱られるのかよ」と思いながらトボトボと前に出て行くと、先生はそのグニャグニャのものを褒めて、「みんなも今後の参考にしなさい」と言われたのでした(笑)。

なもんだから、私は状況上仕方なく、さも意図してそれを作ったかのように振舞っていましたが、友達には既に「まいったぜ〜」とか言いながら、朝に事の成り行きをしゃべっていたので、バレバレなのでした。(-_-;)



2003.8.6

先日NHKの番組で浜田広介氏の「泣いた赤鬼」をやっていました。子供の頃はとても印象に残っていた物語だったのに、すっかり頭の中から消え去っていたので、久しぶりに思い出す事ができて良かったです。

ちなみに、この物語というのは、人間と仲良くなりたいと思っていた赤鬼が友人の青鬼に相談したところ、青鬼が「僕が人々の前で暴れるから君が現れて僕をやっつけてくれ。そうすれば人々は君の事を受け入れてくれるだろう」と言って行動を起こし、結果、赤鬼は人間と仲良くなる事ができたのですが、その後、赤鬼がお礼を言うために青鬼の家を訪ねたところ、表に張り紙があって、そこには「赤鬼君、ぼくはどこか遠くで暮らす事にしました。君が僕と会っているところを人間に見られたら人間は君の事を疑うだろう、だから決して捜さないでくれ」と書いてあって、それを見た赤鬼はおいおいと泣きました。といった感じで話が終わるちょっぴり切ないストーリーなんですよね。

ということで、当時の私はこの後の事がずっと気になって、あれこれと、その後のストーリーを想像していました。もちろん赤鬼は青鬼を探しに行くという前提で。



2003.8.10

台風も過ぎ去り、再び朝からクマゼミの大合唱が聞こえてきます。
今は嫌に感じる台風も、子供の頃は何故かワクワクしてました。さらに停電なんかになると、楽しかったんですよね、これが。懐中電灯やらロウソクやら普段使わない物なんかがでてきて。でも、ワクワクする先には翌日は学校が休みになるかもしれないという期待感があったのでした。



2003.8.11

これを書き始めて、子供の頃の記憶ってけっこう残っているものなんだと改めて感じました。果たして、これって深層心理に影響しているものなのでしょうか?

今、思い起こすと、笑わせたり、笑わせられたりといったことが遊びの一部になってました。給食の時間なんてクラス内で牛乳を飲んでる奴を笑わせることが流行っていたので、餌食になるまいと、みんな真っ先に牛乳を飲んでいましたね(笑)。

他にも、友人と一緒に先生に叱られていた時などは、全然反省なんてしてないくせに反省している顔を作っている友達の顔があまりにもおかしくて、とにかく笑わないように必死で他のことを考えて堪えてたという記憶もあります。友達も同じように笑いをこらえていた時などはもう最悪で、結局どちらかが吹き出してしまい、更に叱られ、後から「お前が吹き出したからいけないんだ」とか言い合う羽目になってましたね。

なもんで、先生に説教を受けてたことも自分にとっては楽しい思い出のひとつです(笑)。



2003.8.22

十代の頃は何かをしながらではなく、音楽だけを聴く時間を持っていました。アルバム・ジャケットと解説書だけが情報源で、それを手に持ってステレオの前に座って聴いていたあの頃・・・。それらは決してバックグラウンドに流れるための音楽ではなかった。以前は持っていたそんな時間を今は失くしている・・・。



2003.8.31

「夏は夜」
このところ話題の火星を眺めていると、いつの間にか物思いに耽って、今見ている星空の光景って地球から見る「今」であっても、実際には膨大な時間差がたまたま一致して見える架空の「今」なんだなぁと思ったりします。更に「もしかしたら恐竜がいた頃の地球を今どこかで眺めている人?がいるのかなぁ?」とか、「もしその人達がものすごく拡大して見える特殊な望遠鏡みたいなものを持っていたとしたら動く恐竜を見れるのかなぁ?」なんてことを考えたりしていました。



2003.9.2

絵のコメントでも書いてたんですけど、自分にとって重要な要素と思っている事って案外それが足かせになって前進できないでいる理由だったりすることがあるように思います。実際に失ってしまえば割と平気だったりもするのですが、実は得ることだけではなく、捨てる勇気を持つことの大切さを学んだのは十代の頃で、それは学校の先生や教科書からではなく、当時大好きだったあるロック・バンドの生き様からでした。



2003.9.5

理想論や活字で得た知識でしか話せない人って、話に全然説得力が無くてつまんないのですが、体験談から話をできる人や失敗談を多く語れる人って話にも説得力があり、人間的にも豊かな人だと感じることが多いように思います。そう言う自分も気をつけよう(笑)。



2003.9.7

最近の民放番組は余計な小細工が多くてうっとおしい。CMに入る前にモザイクをかけたり、CMが終わると再び前置きの場面から同じ映像を見させられるとか。不必要にカウントダウンの映像が多いのもね。正解はこちらですと言ってCMに入る構成も解せません。視聴者の心理状態を考えると、あの流れでCMに入ると番組を提供しているスポンサーにとってもマイナスだと思うのですが・・・。



2003.9.20

子供って、ちょっと移動するのにも走ったりします。少しでも早くその興味があるものの所へ行きたいからなのでしょうか?
楽しそうだから、自分もたばこを走って買いに行ってみようかな。いや、物凄い中毒者と思われるから止めておこう(笑)。



2003.10.7

虫の鳴き声を耳にすると何時も思うのですが、わずか数センチの小さな羽をこすり合わせてるだ けなのに、あんなに響く音が出せる事がとても不思議です。



2003.10.31

今日はオフ日にしておいたので、朝からのんびり洗濯なんぞをしてました。これでやっと夏物を片付けられる !!
しかし、今年の夏はT-シャツをバカみたいに買ってました。全然着てないものが10枚以上あったぞ。来年は今年買ったもので辛抱しよう・・・。



2003.12.14

11月22日にパソコンのハードディスクが故障してしまいました。今日、ようやく復帰です。
11月の日記は全て消えてしまいました。まぁ、大したことは書いてないんでいいんですけど、 ただ、今は復旧作業で疲れてしまい、何にもする気が起こらないんで、詳細は後日という事で ・・・。



2003.12.17

まだやる気が起こらず、現在リハビリ状態です(笑)。とりあえずはソフト類の再インストールとアップデート・プログラムのダウンロードを済ませたところです。でも、まだパソコンやソフト類のカスタマイズという作業をやらなければならず、これらが意外と面倒。どういう設定にしていたかを忘れている部分もありそうだし。しかし、たかが2年でハードディスクがイカレルとはどうゆう事やねん。このばかたれ○○○が。(-"-)



2003.12.20

修復作業もだいたい終えて、気分もぼちぼちと立ち直りを見せております。

で、そのパソコンが故障した時の詳細というのは、11月22日に突如シャットダウンしてしまいまして、その時はさほど気にもしてなかったのですが、再び電源を入れてもOSが立ち上がらなくなっていました。

数回やってもダメだったので、セーフモードでやってみたが、これもダメ。それでも、この時点でもまだ何とかなるだろうと思ってたのですが、OSのCDで修復しようとしてもCD-ROMを受け付けない状態になっていたんですよね。

後はリカバリーという最後の手段があるものの、これをやったらデータもパーになるので、それだけは避けたいとアレコレ試したがダメ。ここのところバックアップをサボっていたことに対してちょっと後悔の念に駆られましたが、翌日、メーカーに電話してみることにして、この日はとっととフテ寝しました(笑)。

翌日に早速、メーカーのサポートセンターに電話してみたんですが、結局はリカバリーを薦められるだけで何も解決できず。でも、諦めがつかずに思いつく限りの事をやって足掻いてみてたら、何とOSが立ち上がったではありませんか。「よしっ!」と思って、とりあえずはバックアップ作業をと始めていると・・・。やはり途中でシャットダウンしてしまいました。結局はこれを最後にOSが再び立ち上がる事はありませんでした。しかしまだ諦めがつかず、リカバリーをすることもなく翌日に最後のまぐれを期待してこの日もフテ寝。だって起きていると気になるし(笑)。

翌日、最後のまぐれを期待して電源を入れてみたものの、何の変化もなし。まぁ、そうだろうとは思ってたんだけどね。(-_-;)

一応、9月の末にバックアップはしていたのですが、10、11月は割と精力的に作品の制作やら新たなサイトデザインの模索などをしてたので、これらが無くなってしまうのはかなりのショックでしたが、こんな悶々とした状況でいるよりは、とっとと消してしまったほうが諦めもついて気分的にいいやと思い、意を決してリカバリーをする事にしました。

が、しかし、リカバリー用のCDも受け付けない状態だから、どうしようもないんですよね。ウィルス対策はできる限りのことをしてたので、単にプログラムの異常かと思ってたのですが、どうやらハード的な部分での故障みたいです。ということで、こればかりはどうしようもないので、修理に出す事にしました。

数日後、メーカーから修理費用の見積もりが・・・。エ〜ッそんなにかかるの!!

ちょっと考えさせて欲しいから数日待ってと言って、どうしようかと考えていました。

長くなったので、続きはまた次回で。



2003.12.25

ということで、前回の続きを。

結局はハードディスクの問題なので、それを交換してしまえばいいわけだから、ということで、自分でやってみる事に・・・。やってみると思いのほか簡単で、4箇所のネジと2箇所の差し込み式配線を外して付け変えるだけでした。ただ、差し込み式の配線がけっこう固くて、なかなか外れなかったために、ちょっと手を怪我しましたが、修理代の事を考えると、それくらい大したことではありません。

取り付け作業も終えて、OSのインストールとソフト類のインストールに取り掛かったのですが、これが意外とめんどくさい。更には数回程やり直す羽目にもなったし。でも、ハッキリ言って解説書の手順に誤りやら記載漏れが多いぞ。最近は訂正などがあったとしてもウェブサイトで報告してればそれでいいと思ってるフシがどのメーカーにもあるみたいなんですが、先にウェブサイトを見てないと分からんぞ。多分、殆んどの人は「あれっ、おかしいなぁ」と思ってメーカーのサイトを見るという手順を追うと思うので、皆やり直す事になるはずなんですが・・・。全くも〜二度手間じゃん。 (`〜´)

まぁ、それでも、なんやかんやでこれも無事終えて、ちんたらとアップデート・プログラムのダウンロードを行っていたら、再起動になったりして、「おかしいな ?」と思って調べたら、ブラスターとウェルチアに感染しているではないか !! (@_@;)

もうめんどくさいので、初期化して、この日は寝ることに。

翌日、再びOSのインストールから作業をやり直す事に・・・。その後はもちろんウイルス対策をとってからアップデート・プログラムのダウンロードを行ったことは言うまでもありません。

しかし、疲れました。(-_-;)
以前はどのような設定にしていたのかも忘れていたりしてカスタマイズの設定でも手間取ったし。

でも、こんな苦い経験も一度しておくと、今度、同じ状況になった場合には、ここまで苦労せずに済むのでいいのかとは思うのですが、できれば、そんな状況にならない事に越したことはありません。で、とりあえず復活はしたものの、その後、数日間は何もする気がおこらずといった状況でした。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.