Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



Notebook


2018.07.3

世界国別評判ランキング(2018年) - 世界で評判の良い国は?

The World's Most Reputable Countries 2018

国際コンサルティング会社のレピュテーション・インスティテュート (Reputation Institute) 社が毎年ランキング形式で公表している国別評判調査 (Country RepTrak®) の2018年度の調査結果が先月末に公開されています。

調査が行われたのは2018年の3月〜4月で、調査は例年通り、主として主要8か国 (G8) の国民を対象に行われているようです。なお、評価の対象として選ばれているのは、GDPが高く、なおかつ、一定数以上の認知度がある上位55か国とのこと。

※ 補足
「G8」とは、主要先進国の「G7」(日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア)にロシアを加えた8か国のことを指します。

 

■ 調査概要

■ 58,000+ / Individual ratings
■ 55 / Largest countries by GDP
■ Informed General Public / Somewhat or very familiar with country evaluated
■ 2 months / March-April 2018

 

■ 世界で最も評判の良い国 2018:トップ 10

世界で最も評判の良い国 2018:Top 10

 

■ 日本は昨年の12位からトップ10圏内の8位へ上昇

日本は昨年の12位から8位へと4段階順位を上げており、クラス分けでは昨年同様「Strong」に分類されています。ちなみに、一昨年(2016年)の評価は14位だったので、ここ最近の評価は上昇傾向にあるようです。

 

■ 世界で評判の良い国ランキグ 2018

   Excellent (大変良い)
   Strong (強固)
   Average (平均)
   Weak (弱い)
   Poor (悪い)


(順位 / クラス / 国 / 評価スコア / 昨年の順位との比較)
  1. スウェーデン (81.7) ↑
  2. フィンランド (81.6) ↑
  3. スイス (81.3) ↓
  4. ノルウェー (81.1) ↑
  5. ニュージーランド (79.9)
  6. オーストラリア (79.6) ↓
  7. カナダ (79.2) ↓
  8. 日本 (77.9) ↑
  9. デンマーク (77.7) ↓
  10. オランダ (76.7) ↓
  11. アイルランド (76.1) ↓
  12. オーストリア (75.6) ↓
  13. イタリア (75.0) ↑
  14. スペイン (73.1) ↓
  15. ベルギー (72.6)
  16. イギリス (72.0) ↑
  17. ポルトガル (71.9)
  18. フランス (69.3) ↑
  19. ドイツ (68.5) ↓
  20. シンガポール (68.5)
  21. チェコ共和国 (65.6)
  22. ギリシャ (64.7) ↑
  23. タイ (63.8) ↓
  24. 台湾 (62.6) ↓
  25. ハンガリー (62.0)
  26. チリ (60.2) ↑
  27. アルゼンチン (60.2) ↑
  28. ペルー (60.0) ↓
  29. マレーシア (59.7) ↓
  30. ポーランド (59.5) ↓
  31. 韓国 (58.5) ↑
  32. インドネシア (57.6)
  33. ブラジル (57.5) ↓
  34. アメリカ (56.4) ↑
  35. インド (56.3) ↓
  36. アラブ首長国連邦 (55.9) ↓
  37. ベトナム (55.6)
  38. フィリピン (55.3) ↓
  39. 南アフリカ (54.6) ↓
  40. イスラエル (54.1) ↑
  41. メキシコ (52.4) ↓
  42. カタール (51.5) ↓
  43. トルコ (48.9) ↑
  44. ルーマニア (48.5) ↓
  45. 中国 (47.7) ↑
  46. ベネズエラ (47.2) ↓
  47. カザフスタン (46.6) ↓
  48. バングラデシュ (46.3)
  49. コロンビア (45.3) ↓
  50. アルジェリア (45.1) ↓
  51. サウジアラビア (40.5) ↓
  52. ロシア (38.1) ↓
  53. ナイジェリア (38.0) ↓
  54. イラン (29.9)
  55. イラク (25.1)

※ 昨年の順位との比較を表すマーク(↑↓)が表記されていない国については、昨年と同順位、もしくは、昨年は評価対象国に含まれていなかった国となります。

 

例年通り、全体を通して北欧の国が比較的高い評価を得ているように見受けられますが、アジアでは唯一「Strong」のクラスに分類されている8位の日本が一番高い評価で、続いて、シンガポール(20位)、タイ(23位)、台湾(24位)、マレーシア(29位)といった評価順になっています。

ちなみに、G8諸国では、7位のカナダが79.2ポイントで最も評価が高く、次いで、日本(8位 / 77.9ポイント)、イタリア(13位 / 75.0ポイント)、イギリス(16位 / 72.0ポイント)、フランス(18位 / 69.3ポイント)、ドイツ(19位 / 68.5ポイント)、アメリカ(34位 / 56.4ポイント)、ロシア(52位 / 38.1ポイント)といった評価順になっています。

 

▼ 調査結果の詳細はこちら

The World's Most Reputable Countries - 2018 Country RepTrak® (PDF / 英語)
Country RepTrak® (英語)
Forbes - The World's Most Reputable Countries 2018 (英語)




2018.8.6

猛暑で製氷が追いつかないため、製氷皿3つを購入

氷ができるまでには意外と時間がかかるんですね。2、3時間程度じゃ全然無理(自宅の2017年製家庭用冷蔵庫の場合)だということをこの夏初めて認識しました(笑)。

一応、標準的なサイズの氷ができるタイプを2つと、小さい氷ができるタイプ(早く氷が作れるように)の3つを購入。ちなみに、3つ共に、日本製で、できた氷が取り出しやすいポリプロピレン製。

値段は税込で¥275と¥196が2つで、支払額は両方で¥1,000以下の買い物。しかも、購入先は購入金額に関わらず送料無料の通販サイト「ヨドバシ.com」なので、支払額は商品代金のみ。更には10%のポイント付き。ガソリン使って車でホームセンターへ行くのより絶対お得。手間もかからないし。

意外と知らない人が多いのですが、こういった安い商品の場合、大手のオンラインショップだと会員に入会しないと購入できなかったり、購入金額が○○円以上で送料無料という場合が多いのですが、ヨドバシだとこういった低価格の商品でも送料は無料なんですよね。しかも全商品10%のポイントが付くので、数回買い物しただけでも結構ポイントが貯まります。それに割と品揃えも幅広いので、大手のオンラインショップで会員しか買えない商品でもヨドバシだと購入できるといったことも良くあります。カメラ関連だけだと思っている人が意外と多いみたいですね。

別にここでヨドバシの宣伝をしたからといって何か報酬があるというわけではないのですが、自分の場合は重宝しているということと、もしかしたら知らない人もいるのかもと思って紹介。製氷皿自体は、そう何回も買うものでもないし、製氷皿を買ったからってわざわざ記事にする人は滅多にいないだろう(笑)と思って取り上げてみました。

 

▼ フタ付アイストレー L-14 / アスベル

フタ付アイストレー L-14 / アスベル

フタ付アイストレー L-14 / アスベル

フタ付アイストレー L-14 / アスベル

■ フタ付アイストレー L-14 / アスベル
• サイズ:119W X 247D X 38H mm
• 氷サイズ:46W X 27D X 26H mm(製氷個数:14個)
• 原料樹脂:ポリプロピレン
• 耐熱温度:110°C / 耐冷温度:-20°C
• 日本製 (Made in Japan)
• 価格:¥275(税込)
• ポイント:28ポイント(10%還元)(¥28相当)
• 送料無料
• 購入先 ▶ https://www.yodobashi.com/product/100000001001520633/

 

▼ フタ付きアイスレイ(14個取り) I-537 / 伊勢藤

フタ付きアイストレイ(14個取り) I-537 / 伊勢藤

フタ付きアイストレイ(14個取り) I-537 / 伊勢藤

■ フタ付きアイスレイ(14個取り) I-537 / 伊勢藤
• 商品サイズ:W11.5 X D26.1 X H4cm
• 製氷個数:14個
• 原料樹脂:ポリプロピレン
• 耐熱温度:100°C / 耐冷温度:-20°C
• 日本製 (Made in Japan)
• 価格:¥196(税込)
• ポイント:20ポイント(10%還元)(¥20相当)
• 送料無料
• 購入先 ▶ https://www.yodobashi.com/product/100000001002751022/

 

▼ フタ付きアイスキューブトレイ・ミニ(78個取り) I-538 / 伊勢藤

フタ付きアイスキューブトレイ・ミニ(78個取り) I-538 / 伊勢藤

フタ付きアイスキューブトレイ・ミニ(78個取り) I-538 / 伊勢藤

■ フタ付きアイスキューブトレイ・ミニ(78個取り) I-538 / 伊勢藤
• 商品サイズ:W11.5 X D26.1 X H3cm
• 製氷個数:78個
• 原料樹脂:ポリプロピレン
• 耐熱温度:100°C / 耐冷温度:-20°C
• 日本製 (Made in Japan)
• 価格:¥196(税込)
• ポイント:20ポイント(10%還元)(¥20相当)
• 送料無料
• 購入先 ▶ https://www.yodobashi.com/product/100000001002751023/



2018.8.12

予備のエネループ用に電池ケースを購入

別にエネループ専用の商品という訳ではなく、通常の電池ケースなんですが、安いし、あったら便利なんで購入。ちなみに、購入価格は¥286(税込)。

電池ケース

電池ケース

電池ケース   電池ケース

前回の製氷皿の記事同様、安価ながらも、こういったものって中々積極的に買おうとする商品ではないと思いますが、誰かしらの参考にでもなれば幸いです。

■ 電池ケース(単3形、単4形対応/クリア) DG-BT5C / サンワサプライ SANWA SUPPLY
• 商品サイズ:W120 X D21 X H90mm
• 材質:PP
• Made in Taiwan
• 価格:¥286(税込)
• ポイント:29ポイント(10%還元)(¥29相当)
• 送料無料
• 購入先 ▶ https://www.yodobashi.com/product/100000001001565456/



2018.8.24

市販の2枚組み音楽CDの交換用にプラケース(2種)を新たに購入

SANWA SUPPLY DVD/CD CASE 2枚収納×5セット FCD-22CN   SANWA SUPPLY DVD/CD CASE 2枚収納×5セット FCD-22CN

これまで市販の音楽CDの交換用として使っていた2枚組ケース(厚さが10mmの標準タイプ)の予備が無くなったので、新たに購入しようとしたら、どうやら販売終了になっている様子。

ということで、代わりのものを探していたら、同じメーカの新製品が販売されていたので、そちらを購入。これまで購入していた製品番号が「FCD-22C」で、今回購入したのが「FCD-22CN」なので、後継商品ということなんでしょうか。

製品の構造自体は以前のものと特に変わった点は無いようで、これまでの製品同様、この10mm厚で販売されているCDであれば、ブックレットも、背ラベルと一体になったバックカヴァーもきちんと収まります。

ちなみに、購入価格は5枚セットで¥566(税込)でした。

SANWA SUPPLY DVD/CD CASE 2枚収納×5セット FCD-22CN

SANWA SUPPLY DVD/CD CASE 2枚収納×5セット FCD-22CN

SANWA SUPPLY DVD/CD CASE 2枚収納×5セット FCD-22CN ■ SANWA SUPPLY FCD-22CN DVD・CDケース(クリア)

• 2枚収納 × 5枚セット
• サイズ:縦124.5mm × 横142mm × 厚さ10mm
• 材質:PS
• 価格:¥566(税込)
• ポイント:57ポイント(10%還元)(¥57相当)
• 送料無料
• 購入先:ヨドバシ.com
https://www.yodobashi.com/product/100000001002721244/


▼ そして、こちらは別途に購入した同じメーカーの別製品。

サンワダイレクト DVD・CDプラケース 2枚収納×10個入り 200-FCD041C   サンワダイレクト DVD・CDプラケース 2枚収納×10個入り 200-FCD041C

製品名は「サンワダイレクト DVD・CDプラケース(2枚収納/10mm厚/クリア/10個入り) 200-FCD041C」。

ただし、こちらは10個セットになっており、透明な包装に製品名とバーコードのシールが貼ってあるだけのシンプルなパッケージ。購入価格は¥1,080でした。サンワダイレクトの直販なら¥650(税込)で購入できるのですが、購入金額が¥2,000未満の場合は別途に送料¥540がかかります。

CDを挟む中央のトレイの四方にある穴が円形じゃなく特殊な形になっているのが特徴。

サンワダイレクト DVD・CDプラケース 2枚収納×10個入り 200-FCD041C ■ サンワダイレクト DVD・CDプラケース(2枚収納/10mm厚/クリア/10個入り) 200-FCD041C

• 収納量:2枚(DVD・CD・ブルーレイメディア)
• 入り数:10枚セット
• サイズ:W142×D124.5×H10mm
• 価格:¥1,080(税込)
• 送料無料
• 購入先:Amazon jp
https://www.amazon.co.jp/dp/B00H8HY2XE/




2018.9.7

イーグルスのグレイテスト・ヒッツがアメリカで最も売れたアルバムに返り咲き

ブログ内のある記事のアクセスが突然伸びることがあって、ドキッとすることがあります。というのも、音楽関連の記事の場合、なんでだろうと調べてみたら、そのミュージシャン、もしくはメンバーの誰かが亡くなられていたということが何度かあるのです。

そんなこともあり、先月の8月末に突如イーグルスのグレイテスト・ヒッツの記事がブログ右のサイドバーにある「人気記事ランキングに」に登場したときはやっぱりドキッとしたんですよね。

でも、その理由が、この記事のタイトルにある内容だったことが分かってホッとしたといった一件がありました。

ということで、ここからが本題。

イーグルス初のグレイテスト・ヒッツとして1976年にリリースされた「Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975 / グレイテスト・ヒッツ 1971-1975」が、マイケル・ジャクソンの「Thriller / スリラー」を抜いて、アメリカで最も売れたアルバムとなったことをアメリカレコード協会(RIAA)が先月の20日(2018年8月20日)に発表したとのこと。

ちなみに、この"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"は、長年アメリカの歴代セールス記録の1位であり続けていたアルバムだったものの、ここ暫くはマイケル・ジャクソンの"Thriller"にトップの座を奪われており、しかもマイケル・ジャクソンの死去後は"Thriller"にその差を広げられていたこともあって、以前に書いたこの"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"の記事でも、これから先は徐々に差をつけられていくのではないかと記していたんですよね。

Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975 / Eagles

収録曲(全10曲)
1. Take It Easy (テイク・イット・イージー) / 2. Witchy Woman (魔女のささやき) / 3. Lyin' Eyes (いつわりの瞳) / 4. Already Gone (過ぎた事) / 5. Desperado (ならず者) / 6. One Of These Nights (呪われた夜) / 7. Tequila Sunrise (テキーラ・サンライズ) / 8. Take It To The Limit (テイク・イット・トゥ・ザ・リミット) / 9. Peaceful, Easy Feeling (ピースフル・イージー・フィーリング) / 10. Best Of My Love (我が至上の愛)

参照

2018年8月21日
イーグルスのベスト盤、史上最も売れたアルバムに返り咲き 「スリラー」抜く
http://www.afpbb.com/articles/-/3186639

全米レコード協会(RIAA)は20日、米ロックバンド、イーグルス(The Eagles)の初期ベスト盤「イーグルス:グレイテスト・ヒッツ1971-1975(The Eagles: Their Greatest Hits 1971-75)」の米国内の累計販売数が3800万枚に達し、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんの「スリラー(Thriller)」(1982年)の3300万枚を抜いて史上最も売れたアルバムになったと発表した。

イーグルスの「グレイテスト・ヒッツ 1971-1975」がアメリカ史上最も売れたアルバムに返り咲いたことについては、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の売り上げ総数が最後に更新されたのが2017年であったのに対し、イーグルスの「グレイテスト・ヒッツ」は2006年の"29x Platinum"(2,900万枚)から統計の更新がされていなかったことから、今回その間の統計(これまでのCDやレコードといったディスクの売り上げ数に加え、2006年以降のストリーミング数、ダウンロード数などが加味された数値)が加算されたことが主な理由だそうです。

▼ 又、それに加えて、集計方法も多少変更されたようです。

参照

2018/08/21
イーグルスのベスト盤が全米で史上最も売れたアルバムに 故マイケル『スリラー』の記録を抜く
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/66852/2

RIAAのプラチナ認定は以前、純粋に100万枚のフィジカル・アルバム/シングルの売り上げをカウントしていた。2013年に変更されてからはYouTubeやSpotifyなどのデジタル音楽サービスのストリーミングもカウントするようになり、現在は1,500回のオーディオ/ビデオ・ストリーミングが1アルバム・ユニットとしてカウントされている。また、アルバムから10曲ダウンロードされても1ユニットとなる。

2018/08/22
イーグルスの『グレイテスト・ヒッツ』が、『スリラー』を抜いて歴代No.1ヒットの座を獲得
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28880

RIAAはプラチナが一気に10回も増えた理由の説明を拒んだが、同協会の関係者によると、当初RIAAのプラチナ認定の基準にシングルの売り上げなどの複数の要因が入っていなかったため、これらの要因を過去から現在まで集計したものを加えて、売り上げ総数を再計算したと言う。『ホテル・カリフォルニア』の場合、ホット100で第1位となったアルバムのタイトル・トラックの売り上げもアルバムの売り上げに加えられた(現在はフィジカルでもダウンロードでも、シングル10枚がアルバム1枚とカウントされる)。

なお、今回の集計結果の更新によって、イーグルスのベストセラー・アルバム「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」(1976年)も"26x Platinum"(2,600万枚のセールス)に認定され、歴代3位に浮上しています。ちなみに、2002年に"11x Platinum"に認定されていた"Eagles Greatest Hits Volume 2"(1982年)については今回の統計の更新でも変更は無いようです。

3 Hit Albums / Eagles

▼ 最新の歴代売り上げトップ10 (2018/RIAA)

  1. EAGLES / EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 - 38x Platinum (3,800万枚)
  2. MICHAEL JACKSON / THRILLER - 33x Platinum (3,300万枚)
  3. EAGLES / HOTEL CALIFORNIA - 26x Platinum (2,600万枚)
  4. BILLY JOEL / GREATEST HITS VOLUME I & VOLUME II - 23x Platinum (2,300万枚)
  5. LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV - 23x Platinum (2,300万枚)
  6. PINK FLOYD / THE WALL - 23x Platinum (2,300万枚)
  7. AC/DC / BACK IN BLACK - 22x Platinum (2,200万枚)
  8. GARTH BROOKS / DOUBLE LIVE - 21x Platinum (2,100万枚)
  9. HOOTIE & THE BLOWFISH / CRACKED REAR VIEW - 21x Platinum (2,100万枚)
  10. FLEETWOOD MAC / RUMOURS - 20x Platinum (2,000万枚)

Gold & Platinum - RIAA
▶ https://www.riaa.com/gold-platinum/?tab_active=top_tallies&ttt=T1A

▼ Eagles - Take It Easy (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=mSScV6Rt_6s

▼ Eagles - Lyin' Eyes (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=r5KtEToyWrI

▼ Eagles - Take It To The Limit (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=SYnP45jxVjY

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Since 2003