Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



Notebook


2017.7.3

North American Summer Tour 2017 / Queen + Adam Lambert

先月末から"Queen + Adam Lambert"の北米ツアーがスタートしましたね。

North American Summer Tour 2017 / Queen + Adam Lambert

今年はアルバム「News Of The World / 世界に捧ぐ」のリリースから40周年という事で、セットリストには暫く演奏されていなかった"It’s Late"や"Spread Your Wings"も入っているようです。"It's Late"が始まる前にはアダム・ランバートが"News Of The World"について「1977年・・・、僕が生まれる5年前だ」と語って会場の笑いを誘っています。

又、アルバムのジャケットに描かれているロボットがロジャーのバスドラにも使用されている他、オープニングをはじめ様々な場面での演出に使われていて、これまでとは多少趣の違うステージになっているようです。

North American Summer Tour 2017 / Queen + Adam Lambert

▼ Queen + Adam Lambert - Opening / We Will Rock You / Hammer To Fall (Live in Las Vegas, NV 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=hdLaKs5MpyI

▼ Queen + Adam Lambert - It's Late (Live in Las Vegas, NV 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=eiqU5rJDUxY

▼ Queen + Adam Lambert - Spread Your Wings (Live in Las Vegas, NV 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=T0HakC1yHfY

▼ Queen + Adam Lambert - Somebody To Love (Live in Las Vegas, NV 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=gW-6ZFQRgmk

▼ Queen + Adam Lambert - Love Of My Life (Live in Las Vegas, NV 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=G3GopDUSDDk



2017.7.17

Alone in the Universe Tour - Live at Wembley Stadium, 24 June 2017 / Jeff Lynne's ELO

先月下旬から今月初めまでイギリス国内で大掛かりなスタジアム&アリーナ・ツアーを行っていた"Jeff Lynne's ELO"のウェンブリー・スタジアムでのライヴ映像が"YouTube"に公開されています。

Alone in the Universe Tour 2017 / Jeff Lynne's ELO Alone in the Universe Tour 2017 / Jeff Lynne's ELO

今はバンドの名義も"ELO"から"Jeff Lynne's ELO"に変わり、ジェフ・リンのソロプロジェクトといった感じですが、それでも、いや〜、やっぱりいいなぁ"E.L.O."はといった気分になりますね。こういうのを観ると、全盛期とも言える"Out of the Blue" 〜 "Discovery"の頃のライヴ・アルバムがリリースされていないことが本当に残念だという思いに駆られます。

▼ Jeff Lynne's ELO - Live at Wembley Stadium, 24th June 2017 (1)
https://www.youtube.com/watch?v=HbI4GvhFKlo

▼ Jeff Lynne's ELO - Live at Wembley Stadium, 24th June 2017 (2)
https://www.youtube.com/watch?v=REz18vXPCPk

▼ Jeff Lynne's ELO - Live at Wembley Stadium, 24th June 2017 (3)
https://www.youtube.com/watch?v=qU_cv7AquiE

Alone in the Universe Tour - Live at Wembley Stadium, 24 June 2017 / Jeff Lynne's ELO



2017.7.21

Alone in the Universe Tour - Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017 / Jeff Lynne's ELO

前回の記事で"Jeff Lynne's ELO"のウェンブリー・スタジアムでのライヴを取り上げたばかりなのですが、今月の初めにKCOM・スタジアムで行われたツアー最終日の動画も続々と"YouTube"に投稿されており、それらを観ている内にコチラの公演の方も取り上げてみたくなったので、前回に引き続き、今回もまた"Jeff Lynne's ELO"のライヴ映像をいくつかピックアップ。

Alone in the Universe Tour - Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017 / Jeff Lynne's ELO

▼ Jeff Lynne's ELO - Roll Over Beethoven (Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=i7_3RbV4nys

▼ Jeff Lynne's ELO - Wild West Hero (Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=tehDX7vNnfs

▼ Jeff Lynne's ELO - Twilight (Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=YwJJ_iG93cA

▼ Jeff Lynne's ELO - Mr. Blue Sky (Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=5EEnsPqwznQ



2017.8.10

子供が描いた絵をアクセサリーやジュエリーにしたら・・・

tasarimtakarim

これらのネックレスは、トルコのイスタンブールにある「TasarimTakarim / タサリム・タカリム」というアクセサリー&ジュエリー工房で販売されているもので、子供が描いた絵を元に加工して作られたものです。

tasarimtakarim

tasarimtakarim

このようなネックレスの他にも、子供が描いた絵を元に、様々なアクセサリーやジュエリー、オブジェといったものに加工して販売されているようですが、落書きのような微笑ましい子供の絵も、こうやってきちんと形にするとアート作品のような風合いになって面白いですね。

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

tasarimtakarim

▼ TasarimTakarim (Kids drawing jewelry & unique gifts from children's art)
https://www.etsy.com/shop/TasarimTakarim

▼ tasarimtakarim (instagram)
https://www.instagram.com/tasarimtakarim/



2017.8.21

英BBC世界世論調査 2017 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は3位

2014年を最後にしばらく行われていなかった英BBCの世界世論調査「世界に良い影響を与えている国」が復活したようで、2016年から2017年にかけて行われた調査の結果が先月の7月に公開されています。

それぞれの国に対し、肯定的か、否定的かを問うこの調査は、2005年に始まり、2014年まで毎年行われていたもので、一種の国別好感度調査とも言える世界規模の世論調査です。

調査概要
• 調査期間:2016年12月〜2017年4月
• 対象:19か国の18,000人
• 調査機関:GlobeScan/PPC
• 質問形式:16の国と EU (ヨーロッパ連合)を評価するために、回答者に肯定的か、否定的かを尋ねる方式

 

▼ こちらが今回の調査結果

BBC世界世論調査 2017 - Different Countries' Influence

 

今回の調査で「良い影響を与えている国」のトップとなったのはカナダ(61%)で、以下、2位 ドイツ(59%)、3位 日本(56%)、4位 フランス(52%)、5位 イギリス(51%)という順になっており、日本は前回調査の2014年の5位から3位に順位を上げています。なお、上位5か国は順位に変動はあったものの、前回調査の2014年と同じ顔ぶれという結果になっています。(カッコ内の数値はポジティヴ評価の割合)

上のグラフの右側に記された2014年の調査との比較を示す数値を見れば分かるように、前回の2014年の調査と比較して、今回の調査対象国の中でポジティヴ評価を最も上げた国は日本(49%から56%へ)で、ネガティヴ評価を最も下げた国も日本(30%から24%へ)という結果になっており、相対的に最も評価が上がった国が日本という調査結果になっています。

ただ、今回は日本での調査が行われていないので、日本人は各国をどのように評価しているのかという数値が見れないのが残念なところ。又、今回は日本同様、韓国でも調査が行われていないことから、前回の調査で中国と共に日本へのネガティヴ評価が多かった韓国での評価が加えられていないという点も、日本へのネガティヴ評価が減った要因のひとつかもしれません。

全体的な総括としては、調査結果のページの見出しに「Sharp Drop in World Views of US, UK: Global Poll」と記されていることから、グローバルな世論調査の観点では、アメリカ、イギリスの世界観における急激な落ち込みが見て取れる結果になったということのようです。

それでも、若干とはいえ、EU(ヨーロッパ連合)よりもイギリスへの評価の方が高い結果になっているのは注目点のひとつかと。

 

▼ こちらは日本に対する各国の評価

BBC世界世論調査 2017 - Japan's Influence

 

なお、今回の調査で、日本が「良い影響を与えている」とした回答が多かった国は、オーストラリア(78%)、カナダ(77%)、フランス(74%)、ブラジル(70%)、アメリカとイギリス(65%)の順。

ちなみに、前回の2014年の調査で、日本が「良い影響を与えている」とする回答が多かった国は、ナイジェリア(72%)、インドネシア(70%)、ブラジル(70%)、アメリカ(66%)、イギリス(65%)の順でした。

今回の調査で日本への評価が大きく上昇した国はといえば、まずはポジティヴとネガティヴの評価が前回と逆転した上に、日本へのネガティヴ評価が評価対象国の中で3番目に低い割合となったドイツ(2014年のポジティヴ評価:28% / ネガティヴ評価:46%) → (2017年のポジティヴ評価:50% / ネガティヴ評価:13%)。

そして、ポジティヴ評価は上がり、ネガティヴ評価は下がるといったように、日本に対する全体の評価が良くなったオーストラリア(2014年のポジティヴ評価:59% / ネガティヴ評価:29%) → (2017年のポジティヴ評価:78% / ネガティヴ評価:17%)、カナダ(2014年のポジティヴ評価:58% / ネガティヴ評価:30%) → (2017年のポジティヴ評価:77% / ネガティヴ評価:12%)、フランス(2014年のポジティヴ評価:58% / ネガティヴ評価:34%) → (2017年のポジティヴ評価:74% / ネガティヴ評価:21%)、といった国が挙げられます。

日本への評価が大きく上昇したこれら4か国の共通点としては、移民に寛容な国といった印象があるのですが、ここ最近クローズアップされることも多い各国の移民対策、もしくは移民の問題といったものが何かしら要因として影響している部分もあるのでしょうか?

 

▼ 今回の調査で日本への評価が大きく上昇した国(前回行われた2014年の調査と比較)

BBC世界世論調査 2017 - 日本への評価が大きく上昇した国

 

一方、日本が「悪い影響を与えている」としたネガティヴ評価の数値を見てみると、中国で75%(前回90%)と、前回の調査に比べて数値的に減ってはいるものの、中国一か国だけが突出して目立っているわけですが(先にも記したように、前回の調査で中国と共に「悪い影響を与えている」とする回答が圧倒的に多かった韓国(79%)では今回調査が行われていません)、中国以外の国の評価では「悪い影響を与えている」とする割合が「良い影響を与えている」とする評価を上回っている国は無く、他は全て「良い影響を与えている」とするポジティヴ評価が「悪い影響を与えている」とするネガティヴ評価を上回っています。

ただし、全体的には圧倒的にネガティヴ評価が多いながらも、中国での日本への評価も実は前回より良くなっています(2014年のポジティヴ評価:5% / ネガティヴ評価:90%) → (2017年のポジティヴ評価:22% / ネガティヴ評価:75%)。前回の調査ではポジティヴ評価が一桁台と極端に低かったとはいえ、今回の調査ではその数値が約4倍に上がっていることから、日本に対するポジティヴ評価の伸び率という点では中国がトップということになりますね(笑)。

中国で日本に対する評価が上がった理由としては、ここ2、3年で、日中両国間の何かが好転したという主だった要因も見つからないことから、具体的にこれだという答えは導き出せないのですが、考えられるとすれば、日本への中国人旅行客が増えた結果、良い印象を持つ割合が増えたということくらいでしょうか。

逆に、日本への評価を下げた国を見てみると、全体的な評価は高いものの、インドネシア(2014年のポジティヴ評価:70% / ネガティヴ評価:14%) → (2017年のポジティヴ評価:57% / ネガティヴ評価:17%)と、ポジティヴ評価とネガティヴ評価の割合が拮抗する結果となったスペイン(2014年のポジティヴ評価:46% / ネガティヴ評価:30%) → (2017年のポジティヴ評価:39% / ネガティヴ評価:36%)がやや目立つといったところ。

 

▼ 調査結果の詳細はこちら
A GLOBESCAN POLL FOR THE BBC (BBC WORLD SERVICE) (英語)
BBC WORLD SERVICE POLL (PDF / 英語)



2017.09.14

世界国別評判ランキング(2017年) - 主要8か国の国民に評判の良い国は?

G8 (Group of Eight) The World's Most Reputable Countries in 2017

この国別評判調査 (Country RepTrak®) は、国や企業の価値、ブランド力、評判といった調査を行い、それを分析して経営戦略を提案している国際コンサルティング会社のレピュテーション・インスティテュー (Reputation Institute) 社がランキング形式で毎年公表しているものです。

調査は例年通り、主として主要先進8か国 (G8) の国民を対象に実施されており、各国への評価は「経済」、「環境」、「政府」の3つのカテゴリーを軸として行われています。なお、今回の調査で評価の対象として選ばれているのはGDPの上位55か国となっています。

※ 補足
「G8」とは、主要先進国の「G7」(日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア)にロシアを加えた8か国のことを指します。

 

■ 調査概要

■ 調査対象:主としてG8諸国(39,000人以上)
■ 評価対象国:GDPの上位55か国
■ 調査方式:オンライン・インタビュー
■ 調査時期:2017年3月

 

■ 世界で評判の良い国 2017 - トップ 20

世界国別評判ランキング 2017 - Top 20

 

■ 2017年の調査対象国は55か国

昨年の評価対象国は70か国だったのが、今年は55か国に減っていることから、相対的に中〜下位の評価の国は昨年よりも順位としては上がる結果になっており、昨年度と順位の比較をする場合はその点を留意する必要があります。(例:昨年最も評価が低かった国はイラクで70位でしたが、イラクは今年も同じく最も評価が低かったものの順位としては55位)

ただし、昨年は評価対象国だったのが、今年は対象外となった国の中で最も昨年の順位が高かったのはコスタリカの22位であったことから、概ね上位20か国の順位については昨年との比較対象に成り得ると考えられます。

ちなみに、日本は昨年の14位から12位へと2段階順位を上げており、クラス分けでは昨年同様「strong / robust」(強靱で堅牢)に分類されています。

 

■ 世界で評判の良い国ランキグ 2017 (国名の後のカッコ内の数値は評価スコア)

   Excellent / Top Tier (優れている / トップ層)
   Strong / Robust (強固 / 堅牢)
   Avg. / Moderate (平均 / 中程度)
   Weak / Vulnerable (弱い / 脆弱)
   Poor / Lowest Tier (貧弱 / 最下層)
  1. カナダ (82.8)
  2. スイス (82.8)
  3. スウェーデン (82.5)
  4. オーストラリア (81.6)
  5. ニュージーランド (81.1)
  6. ノルウェー (81.1)
  7. フィンランド (80.3)
  8. デンマーク (79.8)
  9. オランダ (78.5)
  10. アイルランド (77.4)
  11. オーストリア (76.8)
  12. 日本 (76.5)
  13. スペイン (74.6)
  14. イタリア (73.8)
  15. ベルギー (73.7)
  16. ドイツ (72.4)
  17. ポルトガル (71.8)
  18. イギリス (71.5)
  19. フランス (71.0)
  20. シンガポール (70.1)
  21. チェコ共和国 (65.7)
  22. タイ (65.0)
  23. 台湾 (64.8)
  24. ポーランド (63.0)
  25. ペルー (62.8)
  26. ギリシャ (62.5)
  27. アラブ首長国連邦 (62.5)
  28. マレーシア (61.4)
  29. チリ (60.7)
  30. アルゼンチン (59.9)
  31. ブラジル (59.6)
  32. インドネシア (59.2)
  33. インド (59.1)
  34. フィリピン (57.8)
  35. 韓国 (56.8)
  36. 南アフリカ (55.1)
  37. メキシコ (55.1)
  38. アメリカ (54.7)
  39. ベネズエラ (54.4)
  40. エジプト (53.6)
  41. カタール (53.4)
  42. イスラエル (52.2)
  43. ルーマニア (51.3)
  44. カザフスタン (50.2)
  45. ウクライナ (48.9)
  46. トルコ (48.9)
  47. 中国 (48.8)
  48. コロンビア (48.0)
  49. アルジェリア (46.8)
  50. サウジアラビア (43.9)
  51. ロシア (40.3)
  52. ナイジェリア (38.8)
  53. パキスタン (37.3)
  54. イラン (32.8)
  55. イラク (28.3)

 

例年通り、全体を通して北欧の国が比較的が高い評価を得ているように見受けられますが、アジアでは12位の日本が一番高い評価で、続いて、日本と同じ「Strong / Robust」のクラスに分類されているシンガポール(20位)、以下、「Avg. / Moderate」のクラスに分類されているタイ(22位)、台湾(23位)、マレーシア(28位)といった評価順になっています。

ちなみに、G8諸国では、全体のランキングでも1位のカナダが82.8ポイントで最も評価が高く、次いで、日本(12位 / 76.5ポイント)、イタリア(14位 / 73.8ポイント)、ドイツ(16位 / 72.4ポイント)、イギリス(18位 / 71.5ポイント)、フランス(19位 / 71.0ポイント)、アメリカ(38位 / 54.7ポイント)、ロシア(51位 / 40.3ポイント)といった評価順になっています。

G8諸国だけを見ると、上位4か国が非常任理事国で、下位4か国が常任理事国ときれいに分かれる評価結果になっているところが興味深いところ。

 

▼ 調査結果の詳細はこちら

2017 Country RepTrak® - Which country has the best reputation in 2017? (英語)
2017 Country RepTrak® - The World’s Most Reputable Countries (PDF/英語)

※ PDF形式で作成されているページの方は、ページが開くまで若干時間がかかります。

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.