Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。



Notebook


2017.1.1

2016年度 プレイカウント・トップ 100

昨年は、キャロル・キングの半生を舞台化したミュージカル"Beautiful"のオリジナルキャストによるアルバム"Beautiful - The Carole King Musical"をとりわけ良く聴いていた感じで、その他では、サックス・プレイヤーの小林香織さんのアルバム"Spirit"や、このブログでもとりあげて記事にしたジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子さんの2枚のアルバム"HOT JAZZ...and Libertango 2015"、"Very cool"も結構聴いていたという一年でしたね。

▼ Show Clips: BEAUTIFUL: THE CAROLE KING MUSICAL on Broadway w/Chilina Kennedy
https://www.youtube.com/watch?v=KRGDRBkpIbY


   Top 100 - My iTunes Play Count / 2016

  1. Beautiful / Jessie Mueller & Beautiful Ensemble
  2. Shooting Star / Kaori Kobayashi
  3. Will You Love Me Tomorrow / Jessie Mueller
  4. Tango Pour Claude / Naoko Terai
  5. A Story Of Wind / Naoko Terai
  6. In The Velvet / Naoko Terai
  7. Will You Love Me Tomorrow / Ashley Blanchet, Alysha Deslorieux, Carly Hughes & Rashidra Scott
  8. I Love You / Heart
  9. Slow Dance Of Love / Naoko Terai
  10. 紫のゆかり、ふたたび / Rin'
  11. Love Kills / Little Boots
  12. Fragile / Naoko Terai
  13. GENJI / Rin'
  14. You Are Everything / Rod Stewart
  15. You're There / Agnetha Fältskog
  16. Blue Bossa / Naoko Terai
  17. Rhythm Of My Heart / Rod Stewart
  18. When A Man's In Love / Rod Stewart
  19. Black On Black II / Heart
  20. It's Too Late / Jessie Mueller, Douglas Lyons, E. Clayton Cornelious & Josh Davis
  21. Looking Forward / Kaori Kobayashi
  22. 夢花火 [Rin' Three Pieces] / Rin'
  23. 名もなき花 / Rin'
  24. 浅キ夢見シ / Rin'
  25. Fleurs Du Mal [Live] / Sarah Brightman
  26. That I Would Be Good / Alanis Morissette
  27. Tunnel Of Love / Dire Straits
  28. Secret / Heart
  29. Place In The Sun / Kaori Kobayashi
  30. Childhood's End / KISS
  31. Seduction Of The Innocent / KISS
  32. Spain / Naoko Terai
  33. 夢花火 / Rin'
  34. Symphony [Live] / Sarah Brightman
  35. Never Stop Loving You / Heart
  36. Tall, Dark Handsome Stranger / Heart
  37. The Will to Love / Heart
  38. Strangers of the Heart / Heart
  39. Happy Bird / Naoko Terai
  40. See You / Kaori Kobayashi
  41. Libertango (リベルタンゴ 2015) / Naoko Terai
  42. Sultans Of Swing / Dire Straits
  43. Love Over Gold / Dire Straits
  44. Skateaway / Dire Straits
  45. Private Investigations / Dire Straits
  46. So Far Away / Dire Straits
  47. Money For Nothing / Dire Straits
  48. Under the Sky / Heart
  49. When I Was A Boy / Jeff Lynne's ELO
  50. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman / Jessie Mueller & Beautiful Female Ensemble

  1. Hate / KISS
  2. Rain / KISS
  3. Master & Slave / KISS
  4. I Will Be There / KISS
  5. November / Naoko Terai
  6. 乱華 / Rin'
  7. No Holding Back / Rod Stewart
  8. Canto Della Terra (Duet with Alessandro Safina) [Live] / Sarah Brightman
  9. Sarai Qui (Duet with Alessandro Safina) [Live] / Sarah Brightman
  10. First Time / Styx
  11. You Are The Girl / The Cars
  12. Romeo And Juliet / Dire Straits
  13. Your Latest Trick / Dire Straits
  14. Cruel Nights / Heart
  15. So Far Away / Jessie Mueller
  16. You've Got a Friend / Jessie Mueller, Jarrod Spector, Anika Larsen & Jeb Brown
  17. 夢花火 [Instrumental] / Rin'
  18. I Will Be With You (Where The Lost Ones Go) (Duet with Chris Thompson) [Live] / Sarah Brightman
  19. Pasion (Duet with Fernando Lima) [Live] / Sarah Brightman
  20. Running [Live] / Sarah Brightman
  21. Let It Rain [Live] / Sarah Brightman
  22. The Phantom Of The Opera (Duet with Chris Thompson) [Live] / Sarah Brightman
  23. Lights / Styx
  24. I Won't Let You Go / Agnetha Fältskog
  25. He's Sure the Boy I Love / Anika Larsen & Jarrod Spector
  26. I'm Not The One [Single Version] / The Cars
  27. Tonight She Comes / The Cars
  28. Leave Or Stay / The Cars
  29. Since I Held You / The Cars
  30. Double Trouble / The Cars
  31. It's All I Can Do / The Cars
  32. Don't Tell Me No / The Cars
  33. Fine Line / The Cars
  34. Everything You Say / The Cars
  35. Strap Me In / The Cars
  36. Calling Elvis / Dire Straits
  37. On Every Street / Dire Straits
  38. Joining A Fan Club / Jellyfish
  39. New Mistake / Jellyfish
  40. The Ghost At Number One / Jellyfish
  41. I Feel the Earth Move / Jessie Mueller & Beautiful Company
  42. I Walk Alone / KISS
  43. Going Home (Theme From The Local Hero) / Mark Knopfler
  44. Never Trust a Stranger [Live At The Budokan, Tokyo 1981] / The Michael Schenker Group
  45. Ariake Dawn / Naoko Terai
  46. Shenandoah / Naoko Terai
  47. Shot In the Dark / Ozzy Osbourne
  48. Flashback [Rin' Version] / Rin'
  49. Attesa [Live] / Sarah Brightman
  50. Storia D'Amore [Live] / Sarah Brightman




2017.1.15

iTunes で、全ての曲の再生回数をまとめて一括でリセットする方法

自分は日頃"iTunes"のライブラリを「アルバム」にして使用しているのですが、"iTunes"のヴァージョンが「12.5.4.42」では、メニューにある「全てを選択」が選択できないようになっているばかりか、複数のアルバム、もしくは複数の曲を選択すると「再生回数をリセット」をいう項目が上部のメニューバーにも右クリックで表示されるメニューにも表示されないんですよね。

毎年、新年には全ての再生回数をリセットしていたので、これは困ったと解決法を探すべくググってみたものの結局は見つからず・・・。1曲だけなら「情報を見る」で、再生回数の右側に「リセット」が表示されるものの、まさか大量の曲を1曲ずつリセットしていくようなわけにもいかないですからね。

これはもうヴァージョンアップで改善されことを期待してを待つしかないのかと諦めて暫くは前年の再生回数を引き継いだまま放置していたのですが、先日、左側のサイドバーにあるプレイリストの中の曲を複数選択したとき、右クリックのメニューに「再生回数をリセット」が表示されたことから、もしやと思い、ライブラリを「アルバム」から「曲」に変更してみたら、見事「全てを選択」の項目が表示され、上部のメニューバーにも、右クリックのメニューにも「再生回数をリセット」の項目が表示されるようになりました。いやーよかったよかった。

まぁ、ライブラリを「アルバム」にして使用していない人は直面しない問題なんでしょうが、できればライブラリを「アルバム」にしていても、「全てを選択」と「再生回数をリセット」は表示されるようにして欲しいところ。というか、以前はできてましたからね。

一応、自分と同じように困っている人がいらっしゃるかもしれないので、やり方を記しておきます。

▼ 全ての曲の再生回数をリセットする方法 (iTunes 12.5.4.42 for Mac)

1. iTunes の左側にあるサイドバー上部に表示されている「ライブラリ」の項目から「曲」をクリック。

2. Mac のデスクトップの上部にあるメニューバーから、「編集」をクリックして、表示される項目から「全てを選択」をクリック。

※ 全ての曲が選択されない場合は、一度どれかの曲をクリックして、曲名の背景が青に変わったら、そのまま上部にあるメニューバーから、「編集」をクリックして、表示される項目から「全てを選択」をクリック。

3. 曲名の背景が全て青に変わったら、引き続き上部にあるメニューバーから、「曲」をクリックして、表示される項目から「再生回数をリセット」をクリック。

※ 背景が青に変わっている部分の上部で右クリックして、表示されるメニューから「再生回数をリセット」でもOK。

4. これで全ての曲の再生回数が一括してリセットされます。



2017.2.21

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年 - 米ギャラップ調査)

世論調査の先駆け的存在でもある世界を代表するアメリカの世論調査会社ギャラップがアメリカ国民を対象に毎年行っている国別好感度調査が今年も2月初旬に行われており、その調査結果が発表されています。

今回の調査対象国の中でアメリカ人が好感を持っている国のトップとなったのは昨年に引き続きカナダ(92%)で、続いてイギリス(91%)、日本(85%)、フランス(83%)、ドイツ(82%)といった結果になっています。(カッコ内の数字は好ましいとした割合)

調査結果の要点として挙げられているのは次の3点です。

• 国民の86%が北朝鮮を好感が持てない国と見ている。
• イラン、シリア、アフガニスタン、イラクもほとんど好感が持てない国と見られた。
• カナダとイギリスは90%を超える好意的評価を得てリストのトップに立つ。

なお、今年の調査の評価対象とされた国は以下に記した21か国で、今回も近隣諸国並びに、良し悪しに関わらず、国の動向がアメリカの情勢に少なからず影響を及ぼしそうな国が選ばれているようですが、今年はアジア情勢への関心の高まりを反映しているのか、台湾とフィリピンが新たに評価対象に加えられ、昨年は評価対象となっていたブラジルとパキスタンが評価対象から外されています。

▼ 各国への評価(パーセンテージの数値は「好ましい」とした割合)

92% カナダ
91% イギリス
85% 日本
83% フランス
82% ドイツ
74% インド
73% 台湾
71% イスラエル
71% フィリピン
64% メキシコ
52% エジプト
51% キューバ
50% 中国
31% サウジアラビア
28% ロシア
24% パレスチナ自治政府
19% イラク
17% アフガニスタン
17% シリア
12% イラン
11% 北朝鮮

※ パレスチナ自治政府
パレスチナについては、2016年3月の時点で、国際連合加盟国(193か国)中、136か国が国家として承認していますが、アメリカや日本はパレスチナを国家として承認をしていないため、アメリカや日本での表記は「The Palestinian Authority / パレスチナ自治政府」となります。

 

▼ 「Favorable / 好ましい」とした割合

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年調査)

 

▼ 昨年との比較(上位5か国)

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年調査) - 昨年との比較

 

本文にも記されているように、今年は好意的な評価が共に90%を超えるカナダとイギリスの両国が若干抜き出た評価を得ている印象ですが、それ以外では、上位5か国に名を連ねる国は昨年と同じながらも、昨年は3番目に評価されていたフランスが昨年比で−4ポイント、そして、昨年はそのフランスに続いて4番目に評価が高かったドイツが昨年比で−3ポイントと評価を下げた一方、昨年は5番目の評価だった日本が昨年比で+3ポイントの評価を得たことから、今年はカナダとイギリスに次いで3番目の評価を得ているのが特徴。

日本への評価が上がった要因としては、調査直後に始まる日米首脳会談が概ね好意的に捉えられていたのではないかとも考えられますが、一方で、フランスとドイツの両国が評価を下げたのは、もしかしたらアメリカでも大きな論争となっている移民の問題というものが多少は影響しているのかもしれません。

※ 補足
調査は今月の1日から5日にかけて行われたことが記されていることから、直後の10日午後(日本時間11日未明)に行われた日米首脳会談を終えての印象といったものはこの調査に反映されていません。

 

▼ 各国への評価割合
左から(とても好感が持てる / 概ね好感が持てる / 概ね好感が持てない / とても好感が持てない / どちらとも言えない)

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年調査) - 各国への評価割合

 

▼ 日本に対する年度別評価割合(1989年〜2017年)

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年調査) - 日本に対する年度別評価割合

 

■ 参照・引用

▼ Americans' Favorability Ratings of Foreign Countries (英語)
http://www.gallup.com/poll/204074/north-korea-remains-least-popular-country-among-americans.aspx

▼ GALLUP NEWS SERVICE - GALLUP POLL SOCIAL SERIES: WORLD AFFAIRS (PDF/英語)
http://www.gallup.com/file/poll/204131/170220CountryFavs.pdf

▼ 関連記事
アメリカで行われた国別好感度調査 (2016年調査) - (2016年4月20日)



2017.2.26

思わず聴き入ってしまう Simon & Garfunkel のピアノ・カヴァー

今回は個人的に気に入っているサイモン & ガーファンクルのピアノ・カヴァーを5曲ピックアップしてみました。元々の楽曲自体が素晴らしいメロディーを持っているとはいえ、どれもがオリジナルのイメージを損なわないピアノアレンジと演奏で思わず聴き入ってしまうものばかりです。

こちらは「The Sound of Silence / サウンド・オブ・サイレンス」のピアノ・カヴァー。

サイモン & ガーファンクルのその他のピアノ・カヴァーはこちら。

▼ 「The Sound of Silence / サウンド・オブ・サイレンス」

Simon & Garfunkel - The Sound of Silence - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=qwc-PBgh8-w

▼ 「Bridge Over Troubled Water / 明日に架ける橋」

Bridge Over Troubled Water - Piano Cover
https://www.youtube.com/watch?v=QVUtgySohkU

▼ 「The Boxer / ボクサー」

Piano Cover - The Boxer (Simon and Garfunkel)
https://www.youtube.com/watch?v=CN6AE9c48Tc

▼ 「El Condor Pasa (If I Could) / コンドルは飛んで行く」

Tyros 3 - El Condor Pasa (cover)
https://www.youtube.com/watch?v=lbcpGQfg0OM

▼ 「Scarborough / スカボロー・フェア」

Scarborough Fair by Paul Cardall
https://www.youtube.com/watch?v=CNoBoeg8j4I



2017.4.25

世界各国の名目GDP - 国別ランキング(2016年)

IMF(International Monetary Fund / 国際通貨基金)の2017年4月更新版で、昨年度(2016年)の各国の名目GDP(Gross Domestic Product / 国内総生産)が公表されています。

上位10か国の中で最も伸び率が高い国は日本(前年比112%)で、次いでインド(前年比108%)、ドイツ(前年比103%)、アメリカ(前年比102%)、フランス(前年比101%)、イタリア(前年比101%)といった順で伸び率が上昇しています。一方、前年度に比べてマイナスとなったのが、中国、イギリス、ブラジル、カナダの4か国。

※ 補足
GDPとは、一定期間内(一般的には1年間)に国内で生産された物やサービスの付加価値の総額を表わした数値で、各単語の意味は以下の通り。

G - Gross(合計)、D - Domestic(国内)、P - Product(成果)

ちなみに、「名目GDP」と「実質GDP」の違いについては、「名目GDP」から物価変動の影響を除いて算出された数値が「実質GDP」となります(一般的には「名目GDP」の方が景気実感に近いと言われています)。

 

■ 2016年度の名目GDP - 国別ランキング TOP 10(IMFによる統計 / 単位は百万USドル)

  1. Flagicon-USA  アメリカ  (18,569,100)
  2. Flagicon-China  中国  (11,218,281)
  3. Flagicon-Japan  日本  (4,938,644)
  4. Flagicon-Germany  ドイツ  (3,466,639)
  5. Flagicon-UK  イギリス  (2,629,188)
  6. Flagicon-France  フランス  (2,463,222)
  7. Flagicon-India  インド  (2,256,397)
  8. Flagicon-Italy  イタリア  (1,850,735)
  9. Flagicon-Brazil  ブラジル  (1,798,622)
  10. Flagicon-Canada  カナダ  (1,529,224)

 

■ 上位20か国の名目GDP - 前年度との比較(2016年 / 2015年)

2016年 2015年
国名 GDP(百万ドル) 国名 GDP(百万ドル)
 アメリカ 18,569,100   アメリカ 18,036,650 
 中国 11,218,281   中国 11,226,186 
 日本 4,938,644   日本 4,382,420 
 ドイツ 3,466,639   ドイツ 3,365,293 
 イギリス 2,629,188   イギリス 2,863,304 
 フランス 2,463,222   フランス 2,420,163 
 インド 2,256,397   インド 2,088,155 
 イタリア 1,850,735   イタリア 1,825,820 
 ブラジル 1,798,622   ブラジル 1,801,482 
10   カナダ 1,529,224   カナダ 1,552,808 
11   韓国 1,411,246   韓国 1,382,764 
12   ロシア 1,280,731   ロシア 1,365,865 
13   オーストラリア 1,258,978   オーストラリア 1,229,706 
14   スペイン 1,232,597   スペイン 1,193,556 
15   メキシコ 1,046,002   メキシコ 1,151,040 
16   インドネシア 932,448   インドネシア 861,143 
17   トルコ 857,429   トルコ 859,040 
18   オランダ 771,163   オランダ 750,696 
19   スイス 659,850   スイス 670,656 
20   サウジアラビア 639,617   サウジアラビア 651,757 

 

■ 参照・引用

▼ GLOBAL NOTE - 世界の名目GDP 国別ランキング・推移(IMF)
http://www.globalnote.jp/post-1409.html

▼ 世界経済のネタ帳 - 世界の名目GDP(USドル)ランキング
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html



2017.5.9

Outlook.com で、メールアドレスの送信者名を変更する方法

Outlook.com のメールの場合、送信者名(差出人名)はエイリアスを含めて一括で設定するようになっている(プロフィールで設定した名前が使われる)ので、アドレスによって本名とニックネームを使い分けたいような場合でも、その都度プロフィールを変更する必要があります。

ただし、プロフィールの名前を変更しても直ぐには反映されないようで、先日、自分が変更を行ったときは、変更されるまでに約1時間程かかりました。

ということで、名前の変更後にメールを送信する場合は、送信する前に、自分のメールアドレスにテストメールを送信して送信者名が変更されたことを確認した方が良いと思います。

▼ 名前を変更する手順は以下の通り

1. Outlook.com にサインインして、右上にある人型のアイコンをクリック。
2. 表示されるメニューの中から「プロファイルの編集」をクリック。
3. 「プロフィール」のページが表示されたら、左上の名前の横にある「編集を」クリック。
4. 「名前の編集」のページが表示されたら、姓と名を入力して「保存」をクリックで完了です。



2017.5.22

iTunes で、アルバムがトラック番号順で表示されない場合は

「なぜか数字の高いトラック番号が、数字の低いトラック番号より上に表示される」

CD等から取り込んだ曲を利用して、自分でコンピレーションのアルバムを作った場合に、こういった現象が時折起こるのですが、気付きにくい要因のひとつに、アルバムの「読み」が統一されていないことがあります。

というのも、仮にアルバム名を「Best of ○○○」といったタイトルで複数のアルバムから曲を集めて自分なりのコンピレーション・アルバムを作った場合でも、アルバムの「読み」が元のアルバムのまま変更されないことがあるのです。

例えば、「AAA」と「BBB」といったように、二種類のアルバムの「読み」が混在している場合だと、"iTunes"ではABC順で表示されるので、トラック番号に関わらず、「AAA」という読み仮名になっているアルバムの曲が「BBB」という読み仮名のアルバムの曲よりも上に表示されることになります。

つまりは、「AAA」という読み仮名のアルバムの曲のトラック番号が11〜20で、「BBB」という読み仮名のアルバムの曲のトラック番号が1〜10だとしても、「AAA」に含まれる曲が上に表示されて、その下に「BBB」に含まれる曲が表示されることになります。

ということで、アルバムがトラック番号順で表示されない場合は、アルバムもしくは曲名の上で右クリックで表示されるメニューの中から「情報を見る」をクリックして、「読みがな」のタブでアルバムの「読み」が全て同じになっているか確認してみましょう。

ちなみに、「読みがな」のタブ内にある「アルバムアーティストの読み」と「アーティストの読み」が統一されていない場合はアルバムがひとつにならずに分散されてしまうので、同じアルバム名、アーティスト名なのにアルバムがバラバラになってしまうようなときは、同様にこちらの「読みがな」を確認しみてください。




2017.5.26

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6)

今回で6回目になる"Queen"関連のピアノカヴァー曲記事。今回もこれまでと同様に選曲は多少マニアックですが、これらもまたオリジナルのイメージを損なわないアレンジの曲ばかりで好感が持てます。

まずは、ブライアン・メイが1992年にリリースしたソロアルバム"Back To The Light"に収録されていた曲で、その後、クイーンのアルバム"Made in Heaven"(1995年リリース)にも、フレディ・マーキュリーのヴォーカル・ヴァージョンで収録された「Too Much Love Will Kill You / トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー」。"Too Much Love Will Kill You"のピアノ・カヴァーは以前にも取り上げていましたが、こちらは別の方の演奏。

▼ Queen - Too Much Love Will Kill You - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=Guz9XJx7IfA

続いては、7作目のアルバム"Jazz"からフレディ作のバラード曲「Jealousy / ジェラシー」。

▼ Queen - Jealousy (Piano cover)
https://www.youtube.com/watch?v=IXC5sBt7Xok

こちらは、6作目のアルバム"News Of The World"からフレディ作「My Melancholy Blues / マイ・メランコリー・ブルース」

▼ Queen - My Melancholy Blues (Piano Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=TVm70A-s_f8

そして、最後は、アルバム"The Miracle"のラストに収録されている「Was It All Worth It / 素晴らしきロックン・ロール・ライフ」。最初はこの曲のピアノ・カヴァー?って思ったものの、いやいやどうしてこれが中々良いんですよ。いやほんと素晴らしいピアノ・アレンジです。

▼ Queen - Was It All Worth It - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=7sI2-1tgJJ4

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)



2017.6.25

世界で最も評判が高い製造国ランキング 2017

この調査「Made-In-Country-Index(MICI)2017 - The World's Most Respected 'Made in' Labels」は、世界49か国(EUを含む)で生産された製品の世界的な評判を43,000人以上の消費者を対象に調査し、それを国別にランキングしたもので、世界で最も成功した統計データベースの1つと言われる世界最大の統計ポータルである"Statista"に掲載(2017年3月27日)された調査結果です。

この調査では評判が高い上位20か国の殆どを欧米の国々が占める結果となっていますが、その他ではオセアニアのオーストラリアとニュージーランド、そしてアジアでは唯一日本だけが上位20か国にランクしています。

▼ The World's Most Respected 'Made in' Labels in 2017

Infographic: The World's Most Respected 'Made in' Labels | Statista You will find more statistics at Statista

 

■ 参照・引用

▼ Made-In-Country-Index 2017 - The World's Most Respected 'Made in' Labels (英語)
https://www.statista.com/chart/8654/mici-the-worlds-most-respected-made-in-labels/




2017.6.25

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7)

個人的に気に入っている"Queen"関連のピアノカヴァー曲を集めた記事も今回で7回目になります。これまではどちらかというと多少マニアックな選曲が多かったのですが、今回は比較的知名度の高い曲を中心に選んでみました。

まずは、アルバム"The Works"からのファーストシングルで、その後のライヴでも定番曲となったロジャー作の"Radio Ga Ga"。

▼ Queen - Radio Gaga (Piano Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=LcGT8Aag7NE

続いては、同じく"The Works"からセカンドシングルとなった曲で、ジョン作の「I Want to Break Free / ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」。こちらはピアノ・カヴァーとはちょっと違うのですが、電子楽器ならではの多重演奏が面白いところ。

▼ Queen - I Want to Break Free (cover on tyros 3 with vst plugins)
https://www.youtube.com/watch?v=hwO-v9IKeEg

こちらは、4作目のアルバム「A Night At The Opera / オペラ座の夜」に収録されている曲で、シングルにはなっていないものの、ライヴでは欠かさず演奏されていたフレディ作の「Love Of My Life / ラヴ・オブ・マイ・ライフ」。"Love Of My Life"のピアノ・カヴァーは以前にも取り上げていましたが、こちらは別の方の演奏。

▼ Queen - Love Of My Life (Piano Cover - Rob Hughes)
https://www.youtube.com/watch?v=rMPrpvDDloA

そして、最後は、7作目のアルバム"Jazz"からフレディ作の「Don't Stop Me Now / ドント・ストップ・ミー・ナウ」。

▼ Queen - Don't Stop Me Now (Piano Cover - Peter Bence)
https://www.youtube.com/watch?v=LrQnnhAXLt0

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)

Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
JIHIRO'S GAIT / SINCE 2003