Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Music Notebook Profile Extra BBS

    アレコレ雑記

日常の出来事、感じた事、思いつき、空想、夢想、興味のある事柄や、その他諸々の他愛も無い話など。





2019.1.1

2018年度 プレイカウント・トップ 100

   Top 100 - My iTunes Play Count / 2018

  1. Hanging In There / Rin'
  2. Voices / Cheap Trick
  3. 美貌の國 / Rin'
  4. Can't Stop Fallin' Into Love / Cheap Trick
  5. Everything Works If You Let It / Cheap Trick
  6. 飛鳥 / Rin'
  7. 胡蝶之夢 / Rin'
  8. Ain't That A Shame (Live at Budokan) / Cheap Trick
  9. Surrender / Cheap Trick
  10. Your Eyes [La Boum 2] / Cook Da Books
  11. How Can I Go On / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  12. Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears
  13. 人生の扉 / Mariya Takeuchi
  14. The Flame / Cheap Trick
  15. Mighty Wings / Cheap Trick
  16. Tonight It's You / Cheap Trick
  17. So I Could Find My Way / Enya
  18. Echoes In Rain / Enya
  19. La Japonaise / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  20. Nothing's Gonna Change My Love for You [Live at STB139, 2006] / Kaori Kobayashi
  21. Energy [Live at STB139, 2006] / Kaori Kobayashi
  22. Shooting Star / Kaori Kobayashi
  23. Looking Forward / Kaori Kobayashi
  24. La Boum 2 (Instrumental) [La Boum 2] / King Harvest Group
  25. Goodbye Marylou (Instrumental) / Michel Polnareff
  26. Crescent Moon / Naoko Terai
  27. November / Naoko Terai
  28. Reality [La Boum] / Richard Sanderson
  29. Go On For Ever [La Boum] / Richard Sanderson
  30. If You Want My Love / Cheap Trick
  31. Ginza Red Oui Oui / Dave
  32. Even In The Shadows / Enya
  33. I Could Never Say Goodbye / Enya
  34. Dark Sky Island / Enya
  35. Astra Et Luna / Enya
  36. The Loxian Gate / Enya
  37. Pale Grass Blue / Enya
  38. Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  39. Ensueño / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  40. Guide Me Home / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  41. Maybe You're Wrong [La Boum 2] / Freddie Meyer & King Harvest Group
  42. Hollywood Tease / Girl
  43. Strawberries / Girl
  44. My Number / Girl
  45. Little Miss Ann / Girl
  46. Doctor Doctor / Girl
  47. Passing Clouds / Girl
  48. When I Was A Boy [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  49. The Main Theme from Proof of the Man / Joe Yamanaka
  50. High Flyer / Kaori Kobayashi

  1. Sunny Orange / Kaori Kobayashi
  2. See You / Kaori Kobayashi
  3. Thinking Of You / Naoko Terai
  4. Flying In The Wind / Naoko Terai
  5. Pure Moment / Naoko Terai
  6. All For You / Naoko Terai
  7. Blue Bolero / Naoko Terai
  8. Quizas. Quizas. Quizas / Naoko Terai
  9. In The Velvet / Naoko Terai
  10. Me, My Friend / Naoko Terai
  11. Estrellita / Naoko Terai
  12. Love At First Sight / Styx
  13. Half-Penny, Two-Penny - A.D. 1958 / Styx
  14. I Believe / Tears For Fears
  15. Wishing / Asia
  16. Beautiful Sunday / Daniel Boone
  17. Comment Te Dire Adieu / Françoise Hardy
  18. Overture Picante / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  19. The Things You Say / Girl
  20. Do You Love Me / Girl
  21. Wild West Hero [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  22. Sweet Talkin' Woman [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  23. Turn To Stone [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  24. Mr Blue Sky [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  25. Bird Island [Live at STB139, 2006] / Kaori Kobayashi
  26. Sunset Ocean [Live at STB139, 2006] / Kaori Kobayashi
  27. Now and Forever / Kaori Kobayashi
  28. Place In The Sun / Kaori Kobayashi
  29. HIt And Away / Naoko Terai
  30. Manha De Carnaval / Naoko Terai
  31. Libertango (2015) / Naoko Terai
  32. 紅 / Rin'
  33. Innocence / Rin'
  34. First Time / Styx
  35. Mothers Talk / Tears For Fears
  36. Broken / Tears For Fears
  37. Head Over Heals / Broken [Live] / Tears For Fears
  38. When Will I see you again / The Three Degrees
  39. Let The Music Do The Talking [Classics Live! II] / Aerosmith
  40. Never In A Million Years / Asia
  41. Open Your Eyes / Asia
  42. Dream Police / Cheap Trick
  43. Les Champs Élysées / Danièle Vidal
  44. The Humming / Enya
  45. The Fallen Priest / Freddie Mercury & Montserrat Caballé
  46. Take Me Dancing / Girl
  47. Shine A Little Love [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  48. Telephone Line [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  49. Don't Bring Me Down [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  50. Beautiful / Jessie Mueller & Beautiful Ensemble




2019.1.16

iTunes で、自分の再生回数トップ100を見る方法

左側の「ライブラリ」から「曲」を選択し、右側に表示される曲名の上の欄に表示される「再生回数」をクリックすれば、曲が再生回数順に並び替えて表示されるので、再生回数の多い曲を簡単に見ることができるのですが、再生回数順に表示させる「ミュージックプレイリスト」を作成しておけば順位も表示されるので見やすくなります。勿論、トップ100に限らず、トップ200でも、トップ300でも好きなように設定できます。

■ 再生回数順に曲を表示させる「ミュージックプレイリスト」の作成方法

1. 上部のメニューバーにある「ファイル」から「新規→スマートプレイリスト」を選択

2. 「スマートプレイリスト」のウインドウが開いたら、「アーティスト」が、となっているところの「アーティスト」の部分をクリックして「メディアの種類」に変更(列の表記が「メディアの種類がミュージックである」になったらOK)。

3. その列の右側にある「+」をクリックすると、新たにルールを設定する項目が出てくるので、同じように「アーティスト」をクリックして、今度は「再生」に変更。列の表記が「再生が0回である」になったら「である」の部分をクリックして「より多い」に変更(列の表記が「再生が0回より多い」になったらOK)。※ 再生回数が0回の曲は表示されない設定になります。

4. 次に、その下にある「上限」で、表示させる曲数(デフォルトでは「25」になっています)を設定します。※ 記事のタイトルにあるようにトップ100の曲を表示させたいなら「100」と入力します。

5. そして、その右にある「選択方法」(デフォルトでは「ランダム」になっています)をクリックして「再生頻度の最も高い項目」に変更。※ この場合は、上から再生回数の多い順で表示されるようになります。勿論、逆の「再生頻度の最も低い項目」に設定すると、再生回数の低い順で表示されます。

6. 全て完了したら「OK」をクリックして、上部に表示される「プレイリスト」の部分で自分用に分かりやすい名前を設定したらこれで完了です。※ 名前の変更は後からでもできます(左側に表示される作成したプレイリスト名をクリックした後にもう一度クリックすると新たな名前を入力できるようになります)。



2019.1.25

Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 8)

クイーン関連のピアノカヴァー曲を取り上げてきたこの記事もこれで8回目。ということで、今回も又、これまでと同様に魅力的なアレンジで演奏されているピアノ曲をご紹介。

まずは、オペラ歌手のモンセラート・カバリエとの共演で話題になったフレディのソロアルバム"Barcelona"から、「Guide Me Home / ガイド・ミー・ホーム」。

▼ Freddie Mercury & Montserrat Caballé - Guide Me Home (Piano Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=n8EnOmQE0og

続いては、一足先にブライアンのソロアルバムで披露されたものの、後に"Made in Heaven"にも収録された「Too Much Love Will Kill You / トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー」。この曲のピアノ・カヴァーは以前にも2度取り上げていましたが、こちらはまた別の方の演奏。

▼ Queen - Too Much Love Will Kill You - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=K4EJYdxnrd4

そしてこちらは、アルバム"A Night At The Opera"に収録されていたフレディ作の大ヒット曲「Bohemian Rhapsody / ボヘミアン・ラプソディ」。

Queen - Bohemian Rhapsody - piano cover
https://www.youtube.com/watch?v=rptV6K7nqu0

最後は、アルバム"News Of The World"から、これまたクイーンを代表する曲のひとつとなったフレディ作の「We Are the Champions / 伝説のチャンピオン」。演奏はウズベキスタン出身(現在はアメリカ在住)のピアニスト、ローラ・アスタノヴァさん。

▼ Queen - We Are the Champions (Piano Cover by Lola Astanova)
https://www.youtube.com/watch?v=nf4WiW3Sijw

 

▼ 関連記事
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 7) - (2017年6月25日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 6) - (2017年5月26日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 5) - (2016年7月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 4) - (2016年6月27日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) - (2015年11月19日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 2) - (2015年6月3日)
Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 1) - (2012年12月26日)



2019.2.5

キッス最後のツアーとなる End Of The Road World Tour がスタート

End Of The Road World Tour / KISS

バンド活動に終止符を打つキッス最後のツアー (End Of The Road World Tour) がついにスタートしましたね。

1月31日にカナダのバンクーバーで行われた初日のライヴと、2月1日のポートランド(アメリカのオレゴン州)でのライヴ映像は既に"YouTube"上に数多く投稿されています。

▼ KISS - Detroit Rock City (End Of The Road World Tour - Vancouver 01/31/2019)
https://www.youtube.com/watch?v=jLaMSy-g9aQ

キッスのオフィシャルサイトでは既に今年末の12月の公演まで100を超えるツアー日程が発表されており、その後もジーン・シモンズ曰く、ツアーは3年間続くとのこと。

▼ KISS Online (キッス・オフィシャルサイト)
https://www.kissonline.com/

過去には、2000年から2001年にかけて行われた"Farewell Tour"(お別れツアー)後にバンド解散を撤回し、キッスとしての活動の継続を表明したことがあったものの、バンドのオリジナル・メンバーでありフロントマンでもあるジーン・シモンズ(今年の8月で70歳)とポール・スタンレー(1月20日で67歳になったばかり)の年齢を考えると、さすがに今回は本当に最後のツアーになるのではないかと。

▼ KISS - End Of The Road World Tour
https://www.youtube.com/watch?v=jXaTUzqJQbE



2019.2.9

超絶エレクトーン少女 - 826askaさん

何も言いません。動画を観てください。観れば分かるさ(笑)。
ちなみに、動画は2015年〜2017年にかけてのものです。

▼ 【 宇宙戦艦ヤマト 】エレクトーン演奏
https://www.youtube.com/watch?v=aigOZ6dpXRM

▼ 「スター・ウォーズ」メドレー 【 STAR WARS 】 エレクトーン演奏
https://www.youtube.com/watch?v=Yp5HpjhKHKs

▼ 【 カノン ロック 】 エレクトーン演奏 CANON ROCK Electone performance
https://www.youtube.com/watch?v=B-1JuS5IdW4

▼ 【宇宙戦艦ヤマト】826askaエレクトーン演奏♪
https://www.youtube.com/watch?v=YNkKu4tG7tA

▼ 【 STAR WARS スター・ウォーズメドレー】826aska 〜福井駅 商店街〜
https://www.youtube.com/watch?v=mkej9bJjCYg



2019.2.22

KISS がカヴァーした曲をオリジナルと比較 (PART 1/3)

キッスのカヴァー曲って全部で5曲しかなく、それほど多くはないのですが、実はキッスのイメージとはかけ離れたような曲を意外と多く取り上げているのが面白いところ。

ということで、一応、キッス在籍時のエース・フレーリーがソロで取り上げてヒットした「New York Groove / ニューヨーク・グルーヴ」を含めた6曲を、今回を含めて3回に分けて2曲ずつを取り上げる予定にしています(連続でということではないですが)。

■ Kissin' Time / キッシン・タイム
1974年リリースのデビュー・アルバム「KISS / 地獄からの使者 〜 キッス・ファースト」に収録されていた曲(ファースト・プレスには未収録)で、セカンド・シングルにもなった曲。

▼ Bobby Rydell - Kissin' Time
https://www.youtube.com/watch?v=mQ89Cf3q8Do

▼ KISS - Kissin' Time
https://www.youtube.com/watch?v=Py34MxuoBrE

■ Then She Kissed Me / ゼン・シー・キスト・ミー
1977年にリリースされた6作目のスタジオアルバム「Love Gun / ラヴ・ガン」に収録。ただし、'60年代のガールズ・グループであるクリスタルズの原題は"Then He Kissed Me"(キッスのヴァージョンでは"He"が"She"に代えられている)。

▼ The Crystals - Then He Kissed Me
https://www.youtube.com/watch?v=cE_jOD2Fxvs

▼ KISS - Then She Kissed Me
https://www.youtube.com/watch?v=htQ2tO3xMIU




2019.3.10

手をとりあって (Queen) のカヴァー色々

タイトルは勿論のこと、歌詞にも一部で日本語が含まれるクイーンの曲「Teo Torriatte (Let Us Cling Together) / 手をとりあって」のカヴァーをいくつか集めてみました。荘厳な雰囲気がある所為か、他の曲のカヴァーと違い、合唱で取り上げられていることが多いようですね。

▼ Teo Torriatte - Wyoming County Chorale with CSNEP
https://www.youtube.com/watch?v=sgSSA-c180U

▼ Orfeó Veus Juntes-Teo Torriatte
https://www.youtube.com/watch?v=QS_zqhUhka0

▼ 2018 Teo Torriatte, Queen
https://www.youtube.com/watch?v=tm-TL_FedbI

そして最後は、ゲストにロビー・ヴァレンタインを招いて行われたオランダのクイーン・コンベンション (2011) からの一幕。この動画はヴァレンタインのアルバムを紹介したページにも貼っていたのですが、こちらでも再掲。

"All Dead, All Dead"で始まり"The Millionaire Waltz"と続く辺りはさすがに幼い頃から大のクイーン・ファンであったことを公言するヴァレンタインといったところ。又、会場に集まったファンの方も「手をとりあって」の日本語のパートも難なく歌える辺りはさすが熱心なファンが集うコンベンションといった感じですね。

▼ Robby Valentine - Queen Medley (Live at the Dutch Queen Convention 2011)
https://www.youtube.com/watch?v=JchL7k5dJ8o



2019.3.26

Yahoo! からの広告メールをまとめて一括で配信停止する方法

Yahoo! から「【重要】Yahoo! JAPAN ID用登録メールアドレスの仕様変更に伴う通知設定見直しのお願い」というメールが届いたので、深く考えずにメーラーにヤフーメールのアカウントを追加したら次々と広告メールが届くようになりました(笑)。どうやらメーラーへの登録と同時に勝手に配信が登録されるようになっているようです。

一応、送られてくるメールの下部には配信停止のリンクが付いているので、その度に配信停止にしていたのですが、その後も次から次へとメールが送られてくる始末。調べてみたら、広告が多岐にわたってジャンル分けされているようで、配信停止しても、そのジャンルのメールだけしか配信停止にならないようです。

ということで、まとめて一括で配信停止する方法を探してみたのですが、いや〜これは分かり辛いですね。本気で探さないと絶対見つけられませんよこれは。というか、自分の場合、どんな広告が配信設定になっているのかすら分からない状況ですからね。

で、結果的には、どんな内容のメールが配信設定になっているのかを確認できるページを探し出して、そこでまとめて一括で配信停止できたので、その手順を記しておきます。でも、意図的にややこしくしていると思えるくらい結構険しい道程なんですよこれが(笑)。

■ Yahoo! からの広告メールを一括で配信停止する手順

1. まずは、「Yahoo! JAPAN ID」でログインするか、もしくは「Yahoo! JAPAN」のトップページ (https://www.yahoo.co.jp/) にアクセスして、右上の「メール」をクリックします(すでにログインしている場合は右側の広告の下辺りにある「登録情報」をクリックして「4」の手順に進んでも構いません)。

2. 次に、右側にある「ID/携帯電話番号/メールアドレス」▶「パスワード」と入力し、「ログイン」をクリックします。

3. 一番上に「ようこそ、○○さん」と表示されるので、その真下にある [ログイン履歴 - 登録情報 - ログアウト] の中から「登録情報」をクリック。

4. 「登録情報」が表示されたら、右側の欄の一番下にある「プライバシー・メール配信」から「詳細」をクリック。

5. 「プライバシー・メール配信」のページが開いたら、右側の欄の一番上にある「メール設定」から「設定する」をクリック。

6. 「メール設定」のページが開いたら、「メール配信設定」の左側の欄の一番上にある「Yahoo! JAPANからのおすすめメール」から「設定する」をクリック。

7. ここでもう一度パスワードの入力を求められるので、「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

8. 「Yahoo! JAPAN からのおすすめ情報メール」のページが開いたらゴールは目前です(笑)。

9. 「配信の登録・配信解除」に、おすすめ情報メールの一覧が表示されるので、そこで配信が登録されている情報メールのチェックマークを外せば配信が解除されます。

全てをまとめて一括で解除する場合は「すべての選択を解除」をクリックでOKですが、ポイントを利用している人はポイントのお知らせといった情報メールも含まれているので、特定の情報メールだけを受け取りたい場合は、お好みで不要なものだけチェックマークを外します(一旦すべての選択を解除した後に必要なものだけチェックマークを入れた方が早くて分かりやすいと思いますが)。

10. 最後に、下にある「設定を変更」をクリックで完了。

なお、そのページの下部にも記してあるとおり、配信の解除をしても、設定が反映されるまで数日かかることがあるとのこと。

それにしても、まぁ、凄い数の情報(広告)メールの配信が登録されていたこと(笑)。



2019.4.12

KISS がカヴァー曲した曲をオリジナルと比較 (PART 2/3)

キッスのカヴァー曲をオリジナルと比較してみるという企画の第2回。

■ Any Way You Want It / エニイ・ウェイ・ユー・ウォント・イット
1977年にリリースされた新曲を含むライヴ・アルバム"KISS Alive II"に収録されていた曲で、これはその新曲(スタジオ・ヴァージョン)のひとつ。この曲については、ほとんどそのままといった感じのカヴァーなんですが、それでもキッスの曲になってしまうところがキッスの懐の深さなのかも?

▼ The Dave Clark Five - Any Way You Want It
https://www.youtube.com/watch?v=23EWrWSGbk4

▼ KISS - Any Way You Want It
https://www.youtube.com/watch?v=3T4Y1ApNC3A

■ New York Groove / ニューヨーク・グルーヴ
これは1978年にメンバー4人が揃ってリリースしたソロ・アルバムの中のエース・フレーリーのソロ・アルバムに収録されていた曲。作者はラス・バラードで、1975年にイギリスのバンド"Hello"が英9位のヒットを記録していますが、エースのヴァージョンもビルボード・チャートで13位まで上がるヒットを記録。

▼ Hello - New York Groove
https://www.youtube.com/watch?v=ZtzdigGGZys

▼ Ace Frehley (KISS) - New York groove
https://www.youtube.com/watch?v=LKdHy18rZcI


Archives
Navigation   Navigation : Home | Page top | Notebook Navigation Profile   Navigation   
Jihiro's Gait | Since 2003