Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 9
01. LAST CHRISTMAS 「ラスト・クリスマス」 [7-INCH & 12-INCH SINGLES] / WHAM! (1984)
02. FOREVER LOVE / AIR SUPPLY (2003)
03. LIVE IN HOUSTON 1981 - ESCAPE TOUR / JOURNEY (2005)
04. KEEPS GETTIN' BETTER - A DECADE OF HITS / CHRISTINA AGUILERA (2008)
05. KISSOLOGY-A 「地獄大全」 [18-DVD BOX SET] / KISS (2009)
06. PASSÉ PRÉSENT / MICHEL POLNAREFF (2003)
07. CHICAGO XXX / CHICAGO (2006)
08. THE VERY BEST OF MEAT LOAF / MEAT LOAF (1998)
09. LOVE SONGS / OLIVIA NEWTON-JOHN (2004)
10. RETURN TO BANGLEONIA / THE BANGLES (2007)
    LAST CHRISTMAS 「ラスト・クリスマス」 [7-INCH & 12-INCH SINGLES] / WHAM! (1984)

レコードの帯(12インチ・シングル):ラスト・クリスマス / ワム!

Japanese 12 Inch Vinyl Single Record (front): Last Christmas / Wham!   Japanese 12 Inch Vinyl Single Record (back): Last Christmas / Wham!   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (front): Last Christmas / Wham!

LAST CHRISTMAS / ラスト・クリスマス(7インチ & 12インチ・シングル)

明日はクリスマス・イヴということで、手持ちのレコードの中から、ワム!の「Last Christmas / ラスト・クリスマス」のシングル盤2枚をピックアップ。上の写真は、左から"Last Christmas"の来日記念盤12インチ・シングルの表ジャケットで、中央がその裏ジャケット。そして右が"Last Christmas"の7インチ・シングルです。

Japanese Vinyl Single Records (12-inch and 7-inch): Last Christmas / Wham! 日本では、リリースされた時よりも、現在の方がこの曲の知名度は高いのではないかと思える程にクリスマスの定番曲として定着している印象がありますが、当時は洋楽としてはそこそこヒットしていたものの、洋楽をあまり聴かない人はわりと知らないということも多かったように思います。それにテレビ等でも今ほどクリスマスソングとして使われていなかったような。ちなみに、この曲がシングルとしてリリースされたのは1984年でしたが、日本(オリコン)では1984年の年間総合チャートの100位圏外という結果でした(1985年も同様に100位圏外ですが、この年の年間総合チャートでは「Careless Whisper / ケアレス・ウィスパー」が91位に入っています)。

なお、イギリスでは、この"Last Christmas"と"Everything She Wants"が両A面シングルとして1984年にリリースされ、2位を記録しているのですが、アメリカでは"Everything She Wants"だけがシングルとしてリリースされたため(B面は"Like a Baby")、アメリカに於いては"Last Christmas"はシングルとしてリリースされませんでした。ちなみに、アメリカではその"Everything She Wants"は1位を記録しているので、アメリカでも"Last Christmas"とのカップリングでリリースされていたら、この"Last Christmas"も1位を記録した曲ということになっていたのかもしれません。ということで、正確にはイギリスでの2位という記録も"Everything She Wants"とのカップリングでの記録ということになります。

クリスマスソングも意外とつまらない曲が多かったりするのですが、この"Last Christmas"はクリスマスソングの中ではダントツにイイ曲だなと思って、当時は知らない人に聴かせて自慢したりもしていました。でも、その当時はまさかこれほどまでにクリスマスの定番ソングになるとは思ってませんでしたね。現在ではコンピレーションアルバム等に収録されているものの多くがロング・ヴァージョンの"Pudding Mix"のようですが、個人的には"Wham!"の"Last Christmas"といえば、やっぱり7インチのシングルヴァージョンの方に思い入れがありますね。なお、12インチシングルは、レコード盤ラベルには"Pudding Mix"と表記されていますが、帯と歌詞カードにはロング・ヴァージョンと表記されています。

▼ 7インチ・シングル盤のラベル
レコード盤ラベル(7インチ):Last Christmas / Wham!  レコード盤ラベル(7インチ):Last Christmas / Wham!

▼ 12インチ・シングル盤のラベル
レコード盤ラベル(12インチ):Last Christmas / Wham!  レコード盤ラベル(12インチ):Last Christmas / Wham!

Wham!
• George Michael (ジョージ・マイケル)
• Andrew Ridgeley (アンドリュー・リッジリー)

それでは皆様、良いクリスマス・イヴを!

▼ Wham! - Last Christmas (Songle Version)
https://www.youtube.com/watch?v=E8gmARGvPlI

▼ Wham! - Last Christmas (Long Version / Pudding Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=uXbzE2_oCvY

▼ George Michael - Last Christmas (Live at Wembley 2006)
https://www.youtube.com/watch?v=z4v7AtXPN6Y

TRACK LIST

7インチ・シングル
• Side A: Last Christmas / Side B: Credit Card Baby
• 歌詞・対訳付

12インチ・シングル
• Side A: Last Christmas (Pudding Mix) / Side B: Credit Card Baby
• 歌詞付(対訳無し)

▼ 関連記事
[Music 25] - LAST CHRISTMAS (MAXI SINGLE CD) / WHAM! (1984)

(記:2010年12月 / 更新:2016年11月)


    FOREVER LOVE / AIR SUPPLY (2003)

CDの帯(初回プレス盤):フォーエヴァー・ラヴ - ヒストリー・オブ・エア・サプライ 1980-2001 / エア・サプライ

Album Cover (front): Forever Love - 36 Greatest Hits (1980-2001) / Air Supply
透明感溢れるハイトーンヴォイスと爽やかなサウンドで'80年代に数々のヒット曲を世に送り出してきた"Air Supply"。数多くのヒット曲を持つグループだけに、ベスト盤も数多くリリースされているのですが、この"Forever Love"もそんなベスト盤の中の一枚です。

ただ、多くのベスト盤と違い、この"Forever Love"は2枚組みということもあり、1枚もののベスト盤には収めきれない名曲が数多く収録されているのが特徴ですね。特に、大手のアリスタ・レーベル時代のヒット曲は当然ながらも、レーベルを移籍した'90年代以降の作品が多く収録されているのはこのアルバムならではの魅力でもあります。なお、収録されている楽曲は"36 Greatest Hits (1980-2001)"とサブタイトルにも明記してあるように、1980年〜2001年までにリリースされた中からセレクトされたもので、レーベルを越えた幅広い構成となっています。

そして、良い点がもうひとつ。それは、このベストアルバムがメンバーとは離れた所で安易にヒット曲を寄せ集めてリリースされたものではなく、リリースにあたってはメンバーの関与がきちんとあったことが分かるという点です。それは"Russell Hitchcock"と"Graham Russell"による全曲のコメントが記載されているブックレットを見れば分かるのですが、数々のヒット曲にまつわる話や制作秘話、楽曲に対する思いなどが併せて知れるというのはファンにとって嬉しいところでもあります。なお、日本盤には、英語表記によるメンバーのコメントが掲載されているオリジナルのブックレットとは別個に、その日本語訳とライナーノーツ、それに、全曲の歌詞と訳詞といったものが含まれるモノクロのブックレットが加えられています。

先にも述べたように、2枚組みということもあり、ヒット曲以外にも魅力的な曲を数多く持つグループだと改めて感じさせられるこのアルバムですが、"Lost in Love" (米3位)、"All Out of Love" (米2位)、"Every Woman in the World" (米5位)、"The One That You Love" (米1位)、"Here I Am (Just When I Thought I Was Over You)" (米5位)、"Sweet Dreams" (米5位)、"Even the Nights Are Better" (米5位)、"Making Love Out of Nothing At All" (米2位)と、代表的なヒット曲もしっかりと収められています。

でも、何といっても嬉しいのは、個人的に大好きな'90年代の名曲である"Goodbye"と"Always"、それに、"Russell Hitchcock"のソロアルバムから珠玉のバラード"Someone Who Believes in You"と"Where Did the Feeling Go?"が収録されていることですね。何でも"Goodbye"は南米や東南アジア諸国で大ヒットしたそうで、この泣きのメロディーは日本でも映画やドラマで使われれば恐らくは現在でもヒットするのではないかと思います。

又、1枚もののベスト盤では大ヒット曲に押されて外されがちな、"Young Love" (米38位)、"Two Less Lonely People in the World" (米38位)、"Just As I Am" (米19位)、"The Power of Love" (米68位)、"Lonely Is the Night" (米76位)、といったシングルカット曲が収録されているのも、このベストアルバムの良いところです。チャート成績が楽曲のクオリティーを示すものではないですからね。個人的には"Two Less Lonely People in the World"なんかは、トップ10入りしたヒット曲と比較しても遜色ない曲だとずっと思ってましたし。ちなみに"The Power of Love"は、後にセリーヌ・ディオンが大ヒットさせた曲でもありますが、"Air Supply"としては、他のアーティストが自分達を上回るヒットにさせたからライヴでは演奏しないそうです (笑)。

その他にも、本国オーストラリアやアメリカではシングルカットされなかったものの、日本ではドラマの主題歌として使われヒットした"I'll Never Get Enough of You"(あなたのいない朝)や、ブックレット内では「シングルになってもおかしくない曲」とグラハム自身も語っていた"Come What May"、そして、同じくグラハムが「僕らにとって最高の曲の一つ」と語る"I Can Wait Forever"や、「最も好きな歌の一つ」と挙げている"It's Never Too Late"といった隠れた名曲が収められているのもこのベストの良いところです。そうそう、同名の映画用に書かれた"Now and Forever"や、当初は歌詞が用意されていたものの、ラッセルの提案で"Air Supply"唯一(今のところ)のインストゥルメンタル曲となった"Once"、そして、様々な国でヒットしたとブックレットに書かれている"The Way I Feel"といった"Air Supply"らしい美しいメロディーラインを持った曲などが収められていることも付け加えておかないといけませんね。

一応、補足しておくと、"Now and Forever"はオリジナル・ヴァージョンではなく、"Greatest Hits Live"の最後にスタジオ録音曲として収録されているピアノ中心の、よりアコースティックなアレンジに生まれ変わった再録音ヴァージョンの方が収録されています。

それと、このベストには、ニルソンでお馴染みのヒット曲、"Without You"のカヴァーが「Live」という表記で収録されていますが、単なる表記ミスか、それとも差し替えがあったのかは分かりませんが、私が購入した日本盤に収録されているのはスタジオテイクですね。一応、ブックレットには、もうひとつのライヴ表記曲で、実際にライヴヴァージョンの"I Want To Give It All"は「From the album Greatest Hits Live」とクレジットされていますが、"Without You"は「From the album The Earth Is」と、この曲が収録されていたスタジオアルバム名がクレジットされてはいるんですけどね。

そして、最後にもうひとつ。日本では"I'll Never Get Enough of You"(あなたのいない朝)に続き、再びドラマの主題歌として使われ、前回以上に普段は洋楽を聴かないという人達までを巻き込んでヒットした"Making Love Out of Nothing At All"(渚の誓い)について。実はこの曲、このアルバムを含め、最近のベストには、'83年にシングルとしてリリースされ、同年リリースの"Greatest Hits"にも収録されされていた当時のヴァージョンよりも47秒ほど長めのヴァージョンが収録されているんですよね。ちなみに'83年にリリースされた"Greatest Hits"に収録されているヴァージョンが「4:56」の表記なのに対し、このアルバムに収録されているヴァージョンは「5:43」。両曲の違いは後半部分になるのですが、この曲をリアルタイムで慣れ親しんだ人は、多分、後半で、「なんかちょっと違う」と感じるのではないでしょうか。当時のヴァージョンは、数え切れないほど聴いたという思い入れがあるのは勿論のことながら、エンディングに向けて盛り上がっていく様子が上手くまとめられている感じで、個人的には好きなんですが、既にオリジナル・ヴァージョンを持っている人にとっては、もうひとつのヴァージョンが聴けて良いのかもしれません。まぁ、この辺りは好みの問題なんでしょうけど。

Booklet: Forever Love - 36 Greatest Hits (1980-2001) / Air Supply   CD Case (inside): Forever Love - 36 Greatest Hits (1980-2001) / Air Supply

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Lost In Love / 2. Every Woman In The World / 3. All Out Of Love / 4. Chances / 5. The One That You Love / 6. Here I Am (Just When I Thought I Was Over You) / 7. I'll Never Get Enough Of You / 8. Tonite / 9. Sweet Dreams / 10. Come What May / 11. Even The Nights Are Better / 12. Two Less Lonely People In The World / 13. Young Love / 14. Taking The Chance / 15. Making Love Out Of Nothing At All / 16. I Can Wait Forever / 17. Just As I Am / 18. The Power Of Love (You Are My Lady)

[Disc 2]: 1. Lonely Is The Night / 2. What Becomes Of The Broken Hearted? / 3. Someone Who Believes In You / 4. Where Did The Feeling Go? / 5. Without You / 6. Goodbye / 7. It's Never Too Late / 8. Too Sentimental / 9. Always / 10. Unchained Melody / 11. I Want To Give It All [Live] / 12. The Way I Feel / 13. Now And Forever / 14. Strong, Strong Wind / 15. Once / 16. Daybreak / 17. Only One Forever / 18. Yours Truly

[Disc 1]: 1. ロスト・イン・ラヴ / 2. ときめきの愛を / 3. オール・アウト・オブ・ラヴ / 4. チャンセズ / 5. シーサイド・ラヴ / 6. ヒア・アイ・アム / 7. あなたのいない朝 / 8. 僕のメモリアル・ソング / 9. スウィート・ドリームス / 10. ラヴ・ビリーヴァー / 11. さよならロンリー・ラヴ / 12. 夜明けのふたり / 13. ヤング・ラヴ / 14. テイキング・ザ・チャンス / 15. 渚の誓い / 16. アイ・キャン・ウェイト・フォーエヴァー / 17. 潮風のラヴ・コール / 18. パワー・オブ・ラヴ

[Disc 2]: 1. ロンリー・イズ・ザ・ナイト / 2. 恋にしくじったら / 3. 虹に誓った恋 / 4. 想い出は何処へ / 5. ウィザウト・ユー / 6. グッドバイ / 7. イッツ・ネヴァー・トゥー・レイト / 8. トゥー・センチメンタル / 9. オールウェイズ / 10. アンチェインド・メロディ / 11. ギヴ・イット・オール(ライヴ) / 12. ザ・ウェイ・アイ・フィール / 13. ナウ・アンド・フォーエヴァー / 14. ストロング、ストロング・ウィンド / 15. ワンス / 16. デイブレイク / 17. オンリー・ワン・フォーエヴァー / 18. ユアーズ・トゥルーリー

NOTES
[Disc 1]: Tracks 1, 2, 3, 4 - from "Lost in Love" (1980) / Tracks 5, 6, 7, 8, 9 - from "The One That You Love" (1981) / Tracks 10, 11, 12, 13, 14 - from "Now and Forever" (1982) / Tracks 15 - from "Greatest Hits" (1983) / Tracks 16 - from "Ghostbusters" [Original Soundtrack] (1984) / Tracks 17, 18 - from "Air Supply" (1985)

[Disc 2]: Tracks 1 - from "Hearts in Motion" (1986) / Tracks 2, 3, 4 - from "Russell Hitchcock" [Russell Hitchcock's Solo Album] (1987) / Tracks 5 - from "The Earth Is" (1991) / Tracks 6, 7, 8 - from "The Vanishing Race" (1993) / Tracks 9, 10 - from "News from Nowhere" (1995) / Tracks 11, 12, 13 - from "Greatest Hits Live" (1995) / Tracks 14, 15, 16 - from "The Book of Love" (1997) / Tracks 17, 18 - from "Yours Truly" (2001)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ 下記の動画は2009年の南米ツアーより(私も大好きなこの曲、南米ではもの凄く愛されていることが良く分かります)

Goodbye - Air Supply (Sao Paulo) By Gab Macario
http://www.youtube.com/watch?v=ZKCSvxua5Pc

Air Supply - Goodbye (Sao Paulo)
http://www.youtube.com/watch?v=BhJNO44_u0M

(記:2011年1月 / 更新:2015年7月)


    LIVE IN HOUSTON 1981 - ESCAPE TOUR [DVD + CD] / JOURNEY (2005)

DVD Cover (front): Live in Houston 1981 - Escape Tour / Journey

16-Page Color Booklet: Live in Houston 1981 - Escape Tour / Journey

16-Page Color Booklet: Live in Houston 1981 - Escape Tour / Journey

DVD Cover (inside): Live in Houston 1981 - Escape Tour  /Journey

1981年の"Escape Tour"が収録されたこの"DVD"を見て最初に感じるのは、流石ライヴバンドとしても定評のある"Journey"だということと、バンドに勢いがあるなということ。そして、スタジオアルバムと比較しても遜色無い演奏を見るにつけ、演奏力と歌の上手さに圧倒された"Escape Tour"の日本公演の思い出が蘇ります。

この"DVD"の良いところは、パッケージにも"DVD + CD COLLECTOR'S EDITION"と記載されているように、"DVD"と同じ音源の"CD"が含まれているという点です。"DVD"の場合、どうしても"CD"に比べると飽きやすいですからね。私の場合、通常は"CD"で楽しんで、時々"DVD"を見るといった感じです。

そして、この"CD"には丁寧にも映像では収録されていない"The Party's Over (Hopelessly in Love)"がボーナストラックとして加えられています。1981年リリースのライヴ・アルバム"Captured"(邦題はライブ・エナジー)の最後にスタジオ録音の新曲として収録されていたこの"The Party's Over"(邦題はブルースカイ・パーティ)はシングルとしてもリリースされたのですが、"Escape Tour"以降はセットリストから外されているので、この時期のライヴでしか聴くことができないという貴重なものです。

個人的には、ライヴでありがちなメドレーは好きではなく、どちらかといえば単体で聴きたいというタイプなのですが、ライヴ盤"Captured"同様に、ここで見られる"Lights"から"Stay Awhile"への曲の繋ぎ方は好きですね。楽曲の一部がカットされて繋がれているわけではないというのもあるのですが、テンポが合わせられた2つの楽曲があたかも一つの楽曲であるかのように移行していく流れは見事です。

それと、当時から"Escape"に収録された中で最も好きな楽曲のひとつである"Mother, Father"が見て聴けるというのも、この"DVD"の嬉しいところです。残念ながらこの曲も"Escape Tour"以降はセットリストから外されましたので、この曲が聴けるのもこのツアーならではなのですが、実際にこのようなタイプの楽曲をライヴでやれるというのも"Journey"の強みだと感じさせられるところでもあります。この曲におけるスタジオヴァージョンに引けをとらない演奏と"Steve Perry"のヴォーカルは正に圧巻です。

そして、コンサートのラストを締め括る定番の一曲である"Anyway You Want It"。この曲は"Frontiers"がリリースされて以降のライヴでは、サビの部分が多少アレンジされて歌われているのがどうも好きになれないのですが、ここではまだオリジナルに忠実な歌い方がされており、そのヴァージョンが聴けるというのも嬉しいところですね。

残念ながら、"DVD"は"CD"のみに収録された"The Party's Over"を含め、何曲かは実際のライヴからはカットされているようですが、それでも十分にライヴの雰囲気が堪能できる"DVD"です。

16ページのオールカラー・ブックレット付き。

MEMBERS
• Steve Perry (スティーヴ・ペリー) - Lead Vocals
• Neal Schon (ニール・ショーン) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Jonathan Cain (ジョナサン・ケイン) - Keyboards, Rhythm Guitar, Backing Vocals
• Ross Valory (ロス・ヴァロリー) - Bass, Backing Vocals
• Steve Smith (スティーヴ・スミス) - Drums

TRACK LIST
1. Escape / 2. Line Of Fire / 3. Lights / 4. Stay Awhile / 5. Open Arms / 6. Mother, Father / 7. Jonathan Cain Solo / 8. Who's Crying Now / 9. Where Were You / 10. Steve Smith Solo / 11. Dead Or Alive / 12. Don't Stop Believin' / 13. Stone In Love / 14. Keep On Runnin' / 15. Neal Schon Solo / 16. Wheel In The Sky / 17. Lovin', Touchin', Squeezin' / 18. Any Way You Want It / 19. Party's Over (Hopelessly In Love) [Bonus Track on CD Only]

(記:2011年1月 / 更新:2013年5月)


    KEEPS GETTIN' BETTER - A DECADE OF HITS / CHRISTINA AGUILERA (2008)

CDの帯(初回プレス限定盤):キープス・ゲッティン・ベター 〜 グレイテスト・ヒッツ [Deluxe Edition] / クリスティーナ・アギレラ

Album Cover (front): Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits [Deluxe Edition] / Christina Aguilera Album Cover (back): Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits [Deluxe Edition] / Christina Aguilera Booklet: Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits / Christina Aguilera

新曲(2曲)とニュー・レコーディング・ヴァージョン(2曲)が収録されたクリスティーナ・アギレラ初のベストアルバムがこの「Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits / キープス・ゲッティン・ベター 〜 グレイテスト・ヒッツ」。日本盤には個人的に最も好きな曲の一つである"The Voice Within"がボーナス・トラックとして収録されているのが嬉しいところ。

私が買ったのは10曲のビデオクリップが収録された"DVD"付きの"Delux Edition"(限定版)。ただ、新曲として収録され、シングルカットもされた"Keeps Gettin' Better"のビデオクリップは収録されておらず、その点がちょっと残念。

▼ Christina Aguilera - Keeps Gettin' Better
https://www.youtube.com/watch?v=gkPxgUshpec

この"Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits"、まずは表ジャケットの写真に目を奪われるわけですが、パッケージ全体に施されたポップアートスタイルのデザインも統一感があり、トータルデザインも抜け目無く仕事がなされた様子が伺えます。

なんてことを思っていたら、彼女曰く、このアルバムのアートワークやビデオはアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインに代表される'60年代のポップアートとそのフィーリングにインスパイアされて出来上がったものだそうで、あの色彩や"fun"に魅かれたからとのこと。どうりでビビッとくる訳だ。又、収められた新曲の"Keeps Gettin' Better"の歌詞も楽しい色彩やポップアートを参考にして作られたそうです。まぁ、それ以前に、彼女の存在自体がポップアートだとも言えそうなんですけどね。

ただ、そのジャケットに関しては黄色の枠で縁取りされた"Delux Edition"よりも、左上部に背景のブルーがちょっぴり見える"Standard Edition"(通常盤)の方がイメージとカラーに統一感があってデザイン的にも良いと思います。

Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits [CD] / Christina Aguilera Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits [DVD] / Christina Aguilera Booklet: Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits / Christina Aguilera

年代順に曲が並べられたこのベスト"Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits"を聴いていると、今時の音で彩られたファーストアルバムから、ロック色が増し、よりへヴィーになった"Stripped"、そして幼い頃から祖母に良く聴かされていたという1920年から40年代のソウル、ジャズ、ブルースといったサウンドに焦点を当てて制作された"Back to Basics"へと、サウンドが大きく変貌していく様が実に良く分かります。更には、次作の予告編とも言えるエレクトロポップ色が打ち出された新曲とリメイクされた再録音曲で、再び今後の変貌を予感させられるわけですが、このように、築き上げたものをあっさりと破壊し、次々と新たな可能性と表現方法を追求するそうした姿勢は様々なジャンルのクリエーターと通じるものでもあり、又、そういったアーティスティックなところが彼女に惹かれる部分でもあります。

それにしてもテレビやラジオで彼女の歌を見聴きしていた時は多少アイドルっぽく感じていた部分もあるのですが、こうして聴いてみると、実はそうした部分はファーストアルバムにおいてのみの印象だったことが分かります。

▼ Christina Aguilera - I Turn To You
https://www.youtube.com/watch?v=z4q05resEvc

彼女自身の言葉として「ファーストアルバムは自分でも軽薄な音楽だと分かっていた」とライナーノーツにも書かれているのですが、しかしながら、そのファーストアルバムがセールスを意識した流行もの的サウンドで彩られたアルバムであったことも、まだ音楽業界のことをよく知らない新人のデビューアルバムということを考えれば仕方ない部分もあったと思いますし、恐らくはアギレラの思いや意見が入り込む余地もほとんどなく、プロダクションやレコード会社主導で多くが進められたのではないかと思います。勿論、そんな中でもアギレラの卓越した歌唱力は遺憾なく発揮されている訳ですが。

しかしながら、彼女が只者ではないのは、セカンドアルバムで早くも、周りが全てをお膳立てしてくれるというアイドル路線からの脱却を計ったことで、そのことは「ありのままの自分」を意味する"Stripped"と題されたアルバムタイトルや、収録曲のソングライターのクレジットに彼女の名前が多く見られ、更にはプロデューサーとして名を連ねるようになったことからもうかがい知れます。

▼ Christina Aguilera - Fighter
https://www.youtube.com/watch?v=PstrAfoMKlc

▼ Christina Aguilera - The Voice Within
https://www.youtube.com/watch?v=nA2k79EGHbc

一言に脱却と言葉にするのは簡単ですが、ファーストアルバムがアメリカだけで800万枚、全世界で1,700万枚というビッグセールスを記録したことを考えれば、一人の女性がありのままの自分を表現するという意志を通して次作リリースするということは並大抵のことではなかったと思います。当然、前作の延長線上で制作すれば、それなりのセールスは計算できると考える人達も少なからずいたことでしょうからね。

そして、アギレラにとって、ある意味大きな賭けであったと思われるその"Stripped"も大成功を収めたことにより、次作のサードアルバム"Back to Basics"では、タイトルからも分かるように、より自分の音楽的ルーツに立ち返るわけですが、その"Back to Basics"もアメリカをはじめ、世界15ヶ国でアルバムチャートの1位を記録し、アギレラの選択した道は多くの人達に支持されることとなりました。

"DVD"では、そんな足跡を映像を通しても観ることができるわけですが、ファーストアルバム収録曲のビデオクリップではアイドル的イメージで制作されたような印象があったものの、セカンドアルバム以降のビデオクリップではそんなアイドル的イメージを払拭するかのように、メイクやファッションといったビジュアル面でも一気に弾けていく様が見て取れます。

セカンドアルバムでのアイドル路線からの脱却というアギレラの決断が無かったら、きっと彼女に興味を持つこともなかったと思うのですが、それにしても、声量豊かで歌も上手いですね。彼女を現代最高のヴォーカリストと称するミュージシャンがいるのも頷けます。現在は結婚して子供もいらっしゃるようですが、できることなら、このままずっと自分の信じる道を突き進んで行ってもらいたいですね。・・・なんてことを思っていたりもしたのですが、流石アギレラ!次作の"Bionic"では又々やってくれました。

Keeps Gettin' Better - A Decade of Hits / Christina Aguilera

TRACK LIST (Japanese Delux Edition)
[CD]:
1. Genie In A Bottle / 2. What A Girl Wants / 3. I Turn To You / 4. Come On Over Baby (All I Want Is You) / 5. Nobody Wants To Be Lonely [with Ricky Martin] / 6. Lady Marmalade [with Lil' Kim, Mya, & Pink] / 7. Dirrty Featuring Redman / 8. Fighter / 9. Beautiful / 10. The Voice Within / 11. Ain't No Other Man / 12. Candyman / 13. Hurt / 14. Genie 2.0 / 15. Keeps Gettin' Better / 16. Dynamite / 17. You Are What You Are (Beautiful)

1. ジニー・イン・ア・ボトル / 2. ホワット・ア・ガール・ウォンツ / 3. アイ・ターン・トゥ・ユー / 4. カム・オン・オーヴァー・ベイビー(オール・アイ・ウォント・イズ・ユー) / 5. ノーバディ・ウォンツ・トゥ・ビー・ロンリー(with リッキー・マーティン) / 6. レディ・マーマレイド(with リル・キム、マイア & Pink) / 7. ダーティー featuring レッドマン / 8. ファイター / 9. ビューティフル / 10. ザ・ヴォイス・ウィズイン / 11. エイント・ノー・アザー・マン / 12. キャンディマン / 13. ハート / 14. ジニー 2.0 / 15. キープス・ゲッティン・ベター / 16. ダイナマイト / 17. ユー・アー・ホワット・ユー・アー(ビューティフル)

[DVD]:
1. Genie In A Bottle / 2. What A Girl Wants / 3. I Turn To You / 4. Come On Over (All I Want Is You) / 5. Dirrty / 6. Fighter / 7. Beautiful / 8. Ain't No Other Man / 9. Candyman / 10. Hurt

1. ジニー・イン・ア・ボトル / 2. ホワット・ア・ガール・ウォンツ / 3. アイ・ターン・トゥ・ユー / 4. カム・オン・オーヴァー・ベイビー(オール・アイ・ウォント・イズ・ユー) / 5. ダーティー featuring レッドマン / 6. ファイター / 7. ビューティフル / 8. エイント・ノー・アザー・マン / 9. キャンディマン / 10. ハート

NOTES
• Track 10 - The Voice Within (UK盤 / 日本盤ボーナス・トラック)
• Track 14 - Genie 2.0 ("Genie In A Bottle"のニュー・レコーディング・ヴァージョン) / Track 17 - You Are What You Are (Beautiful) ("Beautiful"のニュー・レコーディング・ヴァージョン)
• Track 15 - Keeps Gettin' Better (新曲) / Track 16 - Dynamite (新曲)

• 日本盤初回プレスCD(限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年1月 / 更新:2015年7月)


    KISSOLOGY-A 「地獄大全」 [18-DVD BOX SET] / KISS (2009)

「地獄大全〜究極! '77 Budo-kanステージボックス & 開けてはいけない地獄の封書付き〜」と、長い日本語のタイトルが付けられたこの18枚組DVDセット。ご丁寧にも、輸送用ダンボールまで用意されていたので、この姿で送られてきたのですが (笑)、何よりもまずは、横幅48cm、奥行き28cmというその箱のデカさに驚かされましたね。しかも総重量はなんと3.8kg。

輸送用ダンボール:Kissology(地獄大全) / KISS   輸送用ダンボール:Kissology(地獄大全) / KISS

このダンボールを開けると、シルバーメタリックのロゴが施されたブラックの重厚なボックスが顔を出します。そして、そのボックスを開ければ、1977年初来日時の武道館のステージセットが飛び出す絵本の様に現れるという仕様です。右下の写真は、地獄の紙人形と題された小物のパーツをセットしていない状態ですが、これにピーターのドラムセットと、その両脇にオープニングでメンバーが降りてくる階段、そして他のメンバーをステージ上に加えて完成です。一応、ピーターのドラムセットは通常の状態と、せり上がった状態のどちらかを選べるようになっています。ただ、折角ここまで凝っておきながら、ボックスに描かれた"KISS"のロゴには「I」と「S」の間にくり抜きが無いというミスがあり、その点がちょっと残念ですね。

DVDボックスケース:Kissology(地獄大全) / KISS   DVDボックスケース:Kissology(地獄大全) / KISS

とは言っても、限定生産だったこのボックスセット「地獄大全」、おまけがてんこ盛りだった所為か、発売日を待たずに完売となっていました。そのおまけの内容は・・・。


おまけ大作戦!! 取扱説明書:Kissology(地獄大全) / KISS

  • 地獄の封書(52P特大ブックレット)
    ▶ '77年初来日の写真と、当時の関係者へのインタビュー記事で構成されたブックレットですが、特大と言うだけあって、箱の大きさと同じくらいデカイです。
  • 地獄の紙人形
    ▶ Budo-kanステージボックスに飾るアイテム。
  • 地獄のRATSダブルネーム!! '77 スタッフT-SHIRTSレプリカ
    ▶ ちゃっちいものかと思っていたら、けっこうしっかりしたものでした。バックプリントのデザインですが、フロントの胸元にも"KISS"のロゴが入っています。
  • 地獄の '77 BUDO-KANレプリカミラーボール
    ▶ その名の通り、コンサート会場で使われたミラーボールのレプリカ。
  • 地獄の '77 メンバー使用レプリカピック4枚セット
    ▶ 同じく、当時のコンサートで使われたピックのレプリカ。ピーターのピック?
  • 地獄の '77 レトロレプリカチケット
    ▶ これも、当時発売されたチケットのレプリカ。悪ふざけになっている点がちょっと残念ですが、座席番号は何種類かあるようです。
  • 地獄の '77 レプリカ缶バッチ
    ▶ '77年のバックステージパスをあしらった缶バッチ

レプリカ・チケット:Kissology(地獄大全) / KISS   レプリカ・ピック:Kissology(地獄大全) / KISS

そして、これらのおまけの他に、単品でもリリースされている"Kissology Vol.1"、"Vol.2"、"Vol.3"の海外オリジナルブックレット3冊と、解説・翻訳のブックレット1冊が付いています。

DVD+ブックレット:Kissology(地獄大全) / KISS   レプリカ・ミラーボール:Kissology(地獄大全) / KISS   缶バッチ:Kissology(地獄大全) / KISS

この18枚組みの"DVD"ボックスセット「地獄大全」 は、アメリカで既に発売されていた「Kissology - Vol. 1」、「Kissology - Vol. 2」、「Kissology - Vol. 3」にボーナスディスクがプラスされたもので、アメリカではトータルセールスが「20 プラチナム アワーズ」の認定を受けているほどのビッグセラーとなった"DVD"です。又、アメリカでは販売チェーンによってそれぞれ異なるボーナスディスクが付いていたそうですが、このボックスセットは、それらが全て含まれているとのこと。

そして、この"Kissology"の良いところは、メンバー自身が実際に各映像を見ながらコメントしていることが分かることで、当時はそんなことを考えていたのかとか、そんな事実があったのかなど、本人たちにしか分からないことがふんだんに語られています。そして、そのコメントは"DVD"でもブックレットでも見ることができるようになっています。

で、この"DVD"ボックスセット、1日かかっても全てを見ることはできないというボリュームですが、実はシークレットトラックまで用意されています。パッケージや"DVD"のメニューには何の表記もされていないのですが、カーソルをメニューの上にある"KISS"のロゴや、その横のタイトルに持って行くと見れるという仕掛けになっています。しかも、シークレットトラックが含まれていないディスクもあるという凝りようです (笑)。

それにしても流石にこれだけの数のライヴをやっていればアクシデントもありますよね。ということで、そんな映像もいくつか収められています。例えば、"Let Me Go, Rock 'n' Roll"を"Rock and Roll All Nite"と間違って歌い出してしまい、すぐにおかしいと気付くものの、ポールの助けが入るまでスキャット風にごまかして歌うジーン (笑)。そんな映像でのポールのコメントはというと、「ジーンにはいつも驚かされるよ。例えば俺が歌えなくなって代わりにジーンが歌って歌詞を忘れるのはしょうがないけど・・・自分の歌まで忘れるものかな? びっくりしたね。ある晩、ショーがあるというのに俺は声が出なくなって歌えなかったんだ。そのショーは急遽ジーンに全曲を歌ってもらうことになったんだけど、彼はどの曲でもでたらめに歌っていたんだ。何てことだ、俺はお前の曲を全て覚えているというのに・・・って思ったよ」とのこと。でも、そんなポールも曲紹介で収録アルバム名を間違って言っていたり、"Strutter"を歌っている途中で誤ってマイクスタンドを倒してしまいジーンに助けられるといった場面もあるんですけどね (笑)。

紙人形:Kissology(地獄大全) / KISS   特大ブックレット:Kissology(地獄大全) / KISS   スタッフT-シャツレプリカ:Kissology(地獄大全) / KISS

(記:2011年2月)


    PASSÉ PRÉSENT / MICHEL POLNAREFF (2003)

Album Cover: Passé Présent / Michel Polnareff
こちらの"Passé Présent"は2003年にリリースされたミッシェル・ポルナレフの2枚組みベストアルバムですが、残念ながら国内盤はリリースされておらず、私が買ったのはヨーロッパ諸国でリリースされた"EU"盤です。ポルナレフのベストと言えば国内盤でもいくつかリリースされていますが、今のところ2枚組みとしてリリースされているものは恐らく無いのではないかと。ちなみに、このベスト、ジャケットは"3D"の特殊仕様になっています。

と、そんな国内盤を含め、ポルナレフのベストと言えば、大半は'60年代後半から'70年代前半の楽曲で占められているのですが、この"Passé Présent"は、'78年の"Coucou Me Revoilou" (美しきロマンの復活)、'81年の"Bulles" (シャボンの中の青い恋)、'85年の"Incognito" (アンコグニート)、'90年の"Kama-Sutra" (カーマ・スートラ)といった比較的新しい(とは言っても2、30年も前になるのですが)アルバムからも数多く選曲されており、この点は2枚組みならではといったところです。又、そういった点に於いては、'70年代後半にポルナレフを知り、'78年の「美しきロマンの復活」と、 '81年の「シャボンの中の青い恋」を新譜のレコードとして買った思い出のある自分にとっては嬉しいベストアルバムでもありますね。ちなみに'85年の「アンコグニート」は日本ではリリースされなかったようで、私自身は、長い間、このアルバムの存在を知らずにいました。

でも、何といっても嬉しかったのは、1曲目が"Lettre a France"であるという点ですね。実はこの曲、'78年にポルナレフの新曲としてラジオで紹介されたのを聴いて、すぐに好きになり、リリースされたばかりのニューアルバム「美しきロマンの復活」を喜んで買ったら、何とその"Lettre a France"が入ってなくてガッカリしたという苦い思い出があります。後に知ったのですが、"Lettre a France"は、アルバム「美しきロマンの復活」がリリースされる前年の'77年にシングルのみでリリースされた曲だったんですね。しかも日本では未発売だったようです。

それでも、当時はそんな実情など知ることもできず、いったいどのアルバムに収録されている曲なのだろうかと不思議に思っていましたね。しかも、当時はこの曲のタイトルを知らなかったので、探そうにも探せない状況でしたから、その時のラジオ放送から録音したテープを繰り返し聴いていました。

現在リリースされている「美しきロマンの復活」のアルバムには、この"Lettre a France"(邦題は「フランスへの手紙」)もアルバムのラストにボーナストラックのような形で収録されているようですが、当時は買いたくても買えない曲だったこともあり、一際思い出深い曲にもなっている感じです。

まぁ、そういった思い出もあるこの"Lettre a France"、個人的には今でも"Holidays" (愛の休日)や"Love Me Please Love Me" (愛の願い)等と肩を並べるポルナレフの名曲だと思っているのですが、まさかベストアルバムのトップに、数ある名曲を差し置いてこの曲が収録されるなんてことがあるとは思いもしなかったなので、ちょっとした驚きであると同時に感慨深いものがありましたね。

Passé Présent / Michel Polnareff   Passé Présent / Michel Polnareff   Passé Présent / Michel Polnareff

ミッシェル・ポルナレフと言えば、あの大きなサングラス姿が印象的なのですが、私自身もあの大きなサングラスが無ければ、もしかしたら彼の音楽に興味を持つことがなかったのかもしれないという位にインパクトがありました。しかし、そんな突飛なビジュアルイメージに反して、幼い頃からクラシック音楽を学び、クラシックの登竜門として有名なパリ音楽院でもソルフェージュのコンクールで優勝するなど、将来を嘱望される人物だったなんてことは、彼の写真を初めて見た当時は思いもしなかったですね。兵役を機に人生観が大きく変わったらしく、兵役を終えるとクラシック音楽からは離れ、ヒッピーとなり、ヨーロッパ中をギター片手に放浪していたそうで、個人的にはそんな奇行からも何処となく天才肌的イメージがあるのですが、ミュージシャンとしては、やはりギターよりもピアノが似合うシンガーソングライターというイメージが強いですね。実際、あのピアノの音に惹かれていた部分も多分にありましたし。

CD-1: Passé Présent / Michel Polnareff   CD Case (back cover): Passé Présent / Michel Polnareff   CD-2: Passé Présent / Michel Polnareff

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Lettre À France / 2. Love Me Please Love Me / 3. Goodbye Marylou / 4. L'amour Avec Toi / 5. Âme Câline / 6. Holidays / 7. Tous Les Bateaux Tous Les Oiseaux / 8. Le Bal Des Laze / 9. Ça N'arrive Qu'aux Autres / 10. Une Simple Mélodie / 11. Je T'aime / 12. Mes Regrets / 13. Comme Juliette & Romeo / 14. Un Train Ce Soir / 15. La Belle Veut Sa Revanche / 16. J'ai Tellement De Choses À Dire / 17. Une Femme / 18. Je Suis Un Homme / 19. Qui A Tué Grand Maman ? / 20. Kama Sutra

[Disc 2]: 1. La Poupée Qui Fait Non / 2. Tout Tout Pour Ma Chérie / 3. Sous Quelle Étoile Suis Je Né ? / 4. On Ira Tous Au Paradis / 5. Radio / 6. Tam Tam / 7. Dans La Maison Vide / 8. La Michetonneuse / 9. Ring A Ding / 10. Y'a Qu'un Ch'veu / 11. Voyages / 12. Né Dans Un Ice-Cream / 13. Le Roi Des Fourmis / 14. L'oiseau De Nuit / 15. Ta Ta Ta Ta / 16. Lna Ho / 17. Viens Te Faire Chahuter / 18. Oú Est La Tosca ? / 19. Sur Un Seul Mot De Toi / 20. Elle Rit / 21. La Mouche

 

CDの帯:The Collection of Masterpieces / Michel Polnareff Album Cover: The Collection of Masterpieces / Michel Polnareff
The Collection Of Masterpieces / Michel Polnareff

そして、"Passé Présent"とは別に私が持っているベスト盤がこの"The Collection of Masterpieces"。こちらは多くのベスト盤同様、'70年代前半までの楽曲で占められているのですが、輸入版でありながら日本語の帯が付いているという一風変わったものです。何となく怪しげな雰囲気があるものの、一応、大手のCDショップで販売されていて買ったものなので、違法な海賊版という類のものではないと思います。

日本独自企画のベスト盤と収録曲を比較したらコチラの方が良かったので、この"The Collection of Masterpieces"を買ったのですが、この時リリースされていた日本のベスト盤には何故か「渚の想い出」や「忘れじのグローリア」が収録されていなかったんですよね。「忘れじのグローリア」はポルナレフ自身が好きではないらしいので仕方無いにしても、「渚の想い出」が入ってないベストなんて・・・と当時の日本盤ベストに対して思ったことは良く覚えています。


CD Case (front with Obi): The Collection of Masterpieces / Michel Polnareff   CD Case (back): The Collection of Masterpieces / Michel Polnareff   Album Cover (inside): The Collection of Masterpieces / Michel Polnareff

TRACK LIST
1. シェリーに口づけ / 2. 愛の願い / 3. 渚の想い出 / 4. 哀しみの終わるとき / 5. 愛のコレクション / 6. 思い出のシンフォニー / 7. 忘れじのグローリア / 8. ノンノン人形 / 9. ラース家の舞踏会 / 10. ステキなランデブー / 11. 夜の鳥と一緒に / 12. 君は友達 / 13. 人生は星の流れ / 14. 愛の証を / 15. 恋は人生の想い出 / 16. ギリシャにいるジョルジナへ / 17. バラ色の心 / 18. 君の幸福と僕の悔恨 / 19. 恋人に捧げるバラッド / 20. 愛の休日

(記:2011年2月 / 更新:2016年9月)


    CHICAGO XXX / CHICAGO (2006)

CDの帯(初回プレス盤):XXX (30:サーティ) / シカゴ

Album Cover (front): Chicago XXX / Chicago   Album Cover (back): Chicago XXX / Chicago   CD: Chicago XXX / Chicago

ここしばらくは企画盤やベスト盤のリリースラッシュが続いていたので、バンド自体が存続しているのかあやふやな印象があったのですが、こうして新曲だけによるオリジナルアルバムがリリースされるのは実に15年振りだったんですね。15年といえば小学校に入学した子供が成人しているというくらいの年月ですから、前作から随分と間があったのですが、何はともあれ、このように歴史のあるバンドのニューアルバムが届けられたというだけで嬉しかったですね。

私自身、"Chicago"のアルバムを買ったのは、1991年リリースの「21」以来ということでもあったのですが、このアルバムのタイトルは"XXX"「30」になるんですね。その間のアルバムのことは、企画盤が続いていたこともあり、何が「23」で何が「28」なんてことはよく分からないのですが、その辺りは多分同じように思われている方も案外多いのではないかと・・・。

さて、この"Chicago XXX"、お世辞にも粒揃いとまでは言えないものの、ライナーノーツに書かれたインタビュー記事でのメンバーの言葉「いくつかの上出来な楽曲」どおりに、"Feel"、"King of Might Have Been"、"Caroline"、"Love Will Come Back"といった魅力的な楽曲が含まれています。勿論、これらの曲名を挙げたのは個人的な見解によるものですが、"Feel"はファーストシングルに選ばれた楽曲で、これまでのシカゴ・サウンドとは趣の違うモダンなアプローチが印象的。又、"King of Might Have Been"と"Love Will Come Back"は、過去の名曲に匹敵するシカゴらしいバラードで、"Caroline"は、ポップで軽快な雰囲気が心地良いですね。

アルバムの構成としては、前半が"Hard to Say I'm Sorry"(素直になれなくて)のビッグヒットを生んだ新生シカゴを象徴する1982年のアルバム"Chicago 16"以降の親しみやすいサウンドで、後半が"Chicago 16"以前のブラス・ロック中心のサウンドといった具合に、全体が2部構成になっているような印象があります。

ちなみに1曲目に収録されている"Feel"はホーンは不要だと感じたメンバーの意思で、伝統的なシカゴサウンドの要とも言えるホーンセクションが外されていますが、アルバムのラストには「ホーン抜きの"Chicago"なんて考えられないというファンのために用意した」とロバートが語るホーン入りのヴァージョンが収録されています。

最後に、ライナーノーツに書かれたインタビュー記事より・・・
偉大なるバンドからの久々の便りを楽しんでほしいな。 (ロバート・ラム / シカゴ)

▼ Chicago - Feel
https://www.youtube.com/watch?v=JJn7azWR2i8

▼ Chicago - King Of Might Have Been
https://www.youtube.com/watch?v=5AbAWalluZU

▼ Chicago - Caroline
https://www.youtube.com/watch?v=cCYvLGtPH1M

TRACK LIST
1. Feel (Hot Single Mix) / 2. King of Might Have Been / 3. Caroline / 4. Why Can't We / 5. Love Will Come Back / 6. Long Lost Friend / 7. 90 Degrees and Freezing / 8. Where Were You / 9. Already Gone / 10. Come To Me, Do / 11. Lovin' Chains / 12. Better / 13. Feel (Horn Section Mix)

1. フィール (Hot Single Mix) / 2. キング・オブ・マイト・ハヴ・ビーン / 3. キャロライン / 4. ホワイ・キャント・ウィー / 5. ラヴ・ウィル・カム・バック / 6. ロング・ロスト・フレンド / 7. 90 ディグリーズ アンド フリージング / 8. ホエア・ワー・ユー / 9. オーレディ・ゴーン / 10. カム・トゥ・ミー、ドゥ / 11. ラヴィン・チェインズ / 12. ベター / 13. フィール(ホーン・ヴァージョン)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年2月 / 更新:2016年11月)


    THE VERY BEST OF MEAT LOAF / MEAT LOAF (1998)

Album Cover (front): The Very Best of Meat Loaf / Meat Loaf
これは"Meat Loaf"の2枚組みベストアルバムですが、3曲の新曲("Home by Now / No Matter What"、"Is Nothing Sacred"、"A Kiss Is a Terrible Thing to Waste")も含まれています。しかもこの3曲のどれもがこのアルバムに収録された過去の名曲に負けず劣らずの秀作で、この新曲を聴けるというだけでもこのアルバムの価値は十分にあると思います。なお、ヨーロッパ等で再発されたものは曲順が大幅に変更されているようですが、個人的には"Home by Now / No Matter What"で始まるオリジナルの方が良いように思います。

"Meat Loaf"と"Jim Steinman"のコンビで生み出される曲は大作志向というか、曲構成が複雑で時間的に長いものが多いので、収録曲数は2枚組みでも18曲とそれほど多くはないのですが、その分、充実度は高いアルバムです。7分代の曲が2曲、8分代が2曲、9分代が2曲、そして全米No.1となったヒット曲、I'D Do Anything for Love (But Won't Do That)が11分58秒(シングルリリースされたのは勿論短縮ヴァージョン)といった曲で構成されているのですから仕方ないところですね。

欧米ではロックオペラなどと称されている"Meat Loaf"のサウンドですが、個人的にはやっぱりオペラというよりもミュージカルといった印象が強いですね。実際、"Meat Loaf"はかつてミュージカルの舞台に上がっていた時期もありますし、"Jim Steinman"はミュージカル劇用の曲を数多く作曲してますしね。という訳で、個人的にはミュージカルロックという印象があるのですが、随所にコーラスが含まれた場面展開が多い数々の曲をアルバムを通して聴いていると、あたかもミュージカル劇が目前で行われているような錯覚にも陥るかのようです。

ちなみに"Bat Out of Hell II"に収録されていた"Life Is a Lemon and I Want My Money Back"、このベストではそのリミックスヴァージョンが収録されています。邦題は「ひどい人生だ、金返せ!」 (笑) というこの曲、「負けないで」とか「夢をあきらめるな」とか「自分を信じて」などといった安易な応援歌が好きではない自分には、逆にこういった曲の方が親しみが湧きます。性格の問題か嗜好の問題かは分かりませんが、そもそも音楽に励まされたりなんてしないですからね。うまく言えませんが、自分にとって音楽とはそんなものではないということで、勿論、「ひどい人生だ、金返せ!」に共感しているという訳でもありません (笑)。

ついでですからこの曲の歌詞をちょっと拾っておくと、「家族はどうだ? ろくでもないぜ! みんなバラバラさ」、「友達はどうだ? ろくでもないぜ! 友情ごっこも品切れさ」、「学校はどうだ? ろくでもないぜ! 役にも立たない嘘ばかり」、「仕事はどうだ? ろくでもないぜ! 死ぬまでこき使われるだけさ」、「子供の頃の想い出は? ろくでもないぜ! 遠い昔に葬り去ったぜ」、「未来の夢は? ろくでもないぜ! クソ食らえってなもんだ」、「人生なんてつまらない」、「人生なんてまやかしさ」・・・う〜ん、なんとも絶望的で素敵な歌詞だこと (笑)。

CD Case (inside): The Very Best of Meat Loaf / Meat Loaf   CD Case (back): The Very Best of Meat Loaf / Meat Loaf

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Home By Now/No Matter What / 2. Life Is A Lemon And I Want My Money Back [Remix] / 3. You Took The Words Right Out Of My Mouth (Hot Summer Night) / 4. Two Out Of Three Ain't Bad / 5. Modern Girl / 6. Rock And Roll Dreams Come Through / 7. Is Nothing Sacred / 8. Paradise By The Dashboard Light / 9. Heaven Can Wait

[Disc 2]: 1. I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That) / 2. A Kiss Is A Terrible Thing To Waste / 3. I'd Lie For You (And That's The Truth) / 4. Not A Dry Eye In The House / 5. Nocturnal Pleasure / 6. Dead Ringer For Love / 7. Midnight At The Lost And Found / 8. Objects In The Rear View Mirror May Appear Closer Than They Are / 9. Bat Out Of Hell

(記:2011年3月 / 更新:2014年5月)


    LOVE SONGS / OLIVIA NEWTON-JOHN (2004)

CDの帯(初回プレス盤):ラヴ・ソングス / オリビア・ニュートン・ジョン

Album Cover (front): Love Songs / Olivia Newton-John
この「Love Songs / ラヴ・ソングス」は日本独自の企画盤ですが、先にリリースされたベスト盤"The Definitive Collection"から漏れてしまった楽曲を中心に構成されているようで、"The Definitive Collection"と被るのは"I Honestly Love You"、"Sam"、"Have You Never Been Mellow"の3曲だけです。ただし、"I Honestly Love You"はモダンにアレンジされた'98年の再レコーディング・ヴァージョンが収録されているので、音源としては別物ということになります。

ただ、この"I Honestly Love You"、アルバムには曲名だけのクレジットしかされていないので、最初に聴いたときは、1曲目ということもあり、意表を突かれましたけどね。それでも、ベスト盤等においてはこちらのヴァージョンが収録されることは滅多に無いので、個人的には嬉しいところ。

ちなみに、1999年に"Festival Records"からリリースされていた日本未発売の同タイトルのアルバムとはジャケットも収録曲も違う別物です(被っているのは"I Honestly Love You [1998 Version]"、"Precious Love"、"Long Live Love"、"Wrap Me In Your Arms"、"Clearly Love"の5曲だけです)。

さて、この"Love Songs"、タイトルからも分かるように、通常のベストとは幾分趣旨が異なる企画盤なのですが、先述のベスト盤"The Definitive Collection"には何故か収録されていなかった代表曲のひとつである"Don't Stop Believin'"を始め、ベスト盤に収録されることが滅多に無い"If"や"Precious Love"、"Love is a Gift"、"If Love is Real"といった隠れた名曲とも言える美しいバラード曲、そして、"Face to Face (Duet with Barry Gibb)"、"Take a Chance (Duet with John Travolta)"、"Rest Your Love on Me (Duet with Andy Gibb)"、"I Can't Help It (Duet with Andy Gibb)"等のデュエット曲が聴けるというのがこのアルバムの良い点ですね。

特に"If Love is Real"や"Love is a Gift"、"Face to Face (Duet with Barry Gibb)"、"Take a Chance (Duet with John Travolta)"、"Rest Your Love on Me (Duet with Andy Gibb)"といった曲はオリヴィアの曲の中でも個人的に最も好きな部類に入る曲でもありますし、カヴァー曲ではあるものの、デビューアルバムの"If Not for You "に収録されていた"If"のどこか切ない雰囲気もけっこう好きなので、このアルバムはけっこう気に入っています。それに、この"Love Songs"に収録されているデュエット曲はオリヴィアのオリジナルアルバムには収録されていませんから、ファンにとってはありがたい1枚ですね。

欲を言えば、デビューアルバムの"If Not for You "には、先に述べた"If"の他にも"Love Song"というこのアルバムにピッタリの曲名の曲が収録されていたので、最後にでもこの曲が収録されていたらなお良かったんですけどね。

▼ Olivia Newton-John - If (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=Ik_6_-Ztosk

▼ Olivia Newton-John - Love is a Gift
https://www.youtube.com/watch?v=wREiuojW3Rg

▼ Olivia Newton-John - If Love is Real
https://www.youtube.com/watch?v=S3xSv15V2bY

なお、杏里さんのデビュー曲である「オリビアを聴きながら」のオリビアとは、勿論、この"Olivia Newton-John"のことですが、ブックレットにはその杏里さんからのアルバムに寄せたコメントも添えられています。

Album Cover (back): Love Songs / Olivia Newton-John   CD Case (Back Cover): Love Songs / Olivia Newton-John   Album Cover (front with Obi): Love Songs / Olivia Newton-John

TRACK LIST
1. I Honestly Love You / 2. Sam / 3. Suddenly (Duet with Cliff Richard) / 4. If / 5. Making A Good Thing Better / 6. Face To Face (Duet with Barry Gibb) / 7. Precious Love / 8. Pony Ride / 9. Take A Chance (Duet with John Travolta) / 10. Rest Your Love On Me (Duet with Andy Gibb) / 11. Don't Stop Believin' / 12. Love Is A Gift / 13. Wrap Me In Your Arms / 14. I Can't Help It (Duet with Andy Gibb) / 15. Clearly Love / 16. If Love Is Real / 17. The Long And Winding Road / 18. Come On Over / 19. Have You Never Been Mellow

1. 愛の告白〜アイ・オネストリー・ラヴ・ユー / 2. サム / 3. 恋の予感(with クリフ・リチャード) / 4. イフ / 5. きらめく光のように / 6. 恋するカップル(with バリー・ギヴ) / 7. プレシャス・ラヴ / 8. ポニー・ライド / 9. テイク・ア・チャンス(with ジョン・トラボルタ) / 10. レスト・ユア・ラヴ・オン・ミー(with アンディ・ギヴ) / 11. ドント・ストップ・ビリーヴィン(たそがれの恋) / 12. ラヴ・イズ・ア・ギフト / 13. 貴方の腕に抱かれて / 14. アイ・キャント・ヘルプ・イット(with アンディ・ギヴ) / 15. クリアリー・ラヴ / 16. イフ・ラヴ・イズ・リアル / 17. ロング・アンド・ワインディング・ロード / 18. 一人ぽっちの囁き / 19. そよ風の誘惑

NOTES
• Track 1 "I Honestly Love You" (1998 New Recording Version)
• Released in Japan Only

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年3月 / 更新:2015年7月)


    RETURN TO BANGLEONIA / THE BANGLES (2007)

DVD Cover: Return to Bangleonia / The Bangles

再結成後の2000年にハリウッドで行われたライヴが収録されたこの"DVD"、意外なことに、実はバングルスにとって初のライヴ"DVD"ということになるんですね。

再結成後のスタジオ・アルバム"Dolll Revolution"がリリースされたのは、このライヴから3年後の2003年ですが、このライヴではその"Dolll Revolution"に収録されることになる5曲("Between the Two"、"The Rain Song"、"Here Right Now"、"I Will Take Care of You"、"Stealing Rosemary")も披露されています。

私自身、バングルスのライヴ映像を見たのはこれが初めてでしたが、派手な演出等も無く、シンプルなステージではあるものの、そのようなギミックが無くても演奏だけで十分楽しめるものでしたね。特に感じたのは、やはり、メンバー4人全員がヴォーカルをとれるというのは強みだということで、ライヴでもスタジオ盤同様に、あのコーラス・ハーモ二ーが聴けるのは嬉しいですね。バンドとしての一体感はもとより、何よりも彼女達自身が楽しんでいる雰囲気が伝わってくるライヴ映像で、この"DVD"を見る度に、実際のライヴに行ってみたかったなぁという思いが募ります。

サウンドについて言えば、これが本当に素晴らしくて、ヴィッキーとスザンナのギターは左右のチャンネルに分けられているので、スザンナのギターも良く聴こえますし、各楽器のバランスとアンサンブルも良くて、できればライヴアルバムとしても出して欲しかったと思うくらいです。

ただ、セットリストに関してはちょっと残念に思うところがあって、折角、"A Hazy Shade of Winter"で勢いよくスタートするのに、2曲目、4曲目、5曲目と、前半に比較的地味というか個人的にそれほど好きというほどでもない楽曲が組まれているので、盛り上がりに欠けるようなところがあるんですよね。良い曲が多くあるのだから、3曲目位まではそれらでドドーッと押してくれたら、もっと気分も高まると思うんですけどね。それでもこの"DVD"の音声部分だけを抽出してプライベート用に作った"CD"には、1曲目、"A Hazy Shade of Winter"、2曲目、"If She Knew What She Want"、3曲目、"Manic Monday"と、自分垂涎 (笑) のセットリストを組んで楽しんでいます。

Return to Bangleonia / The Bangles

ライヴはファーストアルバムから最初のシングルとなった"Hero Takes a Fall"で幕を閉じ、アンコールでは全米No.1となった2曲、"Walk Like an Egyption"と"Eternal Flame"が演奏されます。それにしても、派手な盛り盛りメイクだった'80年代に比べて、ナチュラルメイクになったスザンナ・ホフスも、又、素敵ですね。キュートな声も相変わらずで、個人的には、小節の終わりやギターソロが終わる部分などで、ちょっぴりハーモニーをとる声がとっても好きです。それに、演奏曲が終わっての"Thank you"の声もこれ又キュートで、これはライヴならではの特典です (笑)。

この"Return to Bangleonia"は、ライヴ映像の他に、その映像を見ながらメンバーが語るコメンタリー映像が含まれます。そして、ボーナス映像として、"Manic Monday"と"Riide the Ride"のアコースティック・パフォーマンスと、"The Story of Bangleonia"と題されたインタビュー映像、それにフォトギャラリーが加えられた構成になっています。残念ながら国内盤は今のところ発売されておらず、輸入盤でしか手に入れることができないため、インタビュー映像などには当然日本語訳の字幕もありませんが、彼女達が楽しそうに語る姿を見ているだけでも案外楽しめます。ちなみに私が購入したもの(販売元: Shout Factory)はリージョンフリーなので、日本国内でも問題なく再生できました。

THE BANGLES - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Susanna Hoffs (スザンナ・ホフス) - Vocals/Guitar
• Debbi Peterson (デビー・ピーターソン) - Vocals/Drums
• Vicki Peterson (ヴィッキー・ピーターソン) - Vocals/Lead Guitar
• Michael Steele (マイケル・スティール) - Vocals/Bass

TRACK LIST
1. Hazy Shade Of Winter / 2. Live / 3. If She Knew What She Wants / 4. Between The Two / 5. The Rain Song / 6. Manic Monday / 7. Here Right Now / 8. September Gurls / 9. Going Down To Liverpool / 10. I Will Take Care Of You / 11. Get The Girl / 12. In Your Room / 13. Stealing Rosemary / 14. Angels Don't Fall In Love / 15. Hero Takes A Fall / 16. Walk Like An Egyptian / 17. Pushin' Too Hard / 18. Eternal Flame

Extras
• Bonus Acoustic Performance - Manic Monday / Ride The Ride
• The Story Of Bangleonia - Interview With The band
• Band Commentary
• Photo Gallery

(記:2011年3月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 9 Navigation Part 10   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.