Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 8
01. TIME EXPOSURE / LITTLE RIVER BAND (1981)
02. TOTALLY HOT / OLIVIA NEWTON-JOHN (1979)
03. A KIND OF MAGIC / QUEEN (1986)
04. WALK ON 「ウォーク・オン」 / BOSTON (1994)
05. KISS - PAUL STANLEY (SOLO ALBUM) / PAUL STANLEY (1978)
06. TRIP TRIP / KOKIA (2002)
07. DOLL REVOLUTION / THE BANGLES (2003)
08. BIONIC 「バイオニック」 / CHRISTINA AGUILERA (2010)
09. KELLY / KELLY GROUCUTT (1983)
10. ONE NIGHT IN AUSTRALIA / E.L.O. PART II (2007)
    TIME EXPOSURE / LITTLE RIVER BAND (1981)

Album Cover: Time Exposure / Little River Band
私が初めて買った"Little River Band"のアルバムが、この"Time Exposure"で、きっかけはラジオで聴いた"The Night Owls"のカッコよさに惹かれてというものでした。当時はレコード盤でしたが、"The Night Owls"以外にも魅力的な曲が数多く含まれていたことから、数え切れないほど聴いてた記憶があります。ウエストコーストの香りがする軽快なメロディーと爽やかなハーモニーが何処となくイーグルスのイメージと重なる部分もあるのですが、"Little River Band"はオーストラリアのグループなんですよね。

このアルバムを聴いていると、澄みわたる青空の下、オーストラリアの平原をオープンカーでドライヴしているという勝手に作り上げられた映像がいつも脳内でイメージされる所為か、そのサウンドからは夏という季節がピッタリとくるイメージがあります。なお、オーストラリアの平原が海岸線に変われば、同じオーストラリアのグループ、エア・サプライのイメージに変わります (笑)。

とにかく良い曲が目白押しのこのアルバム、全体の充実度という点ではイーグルスのホテル・カリフォルニアにも引けをとらないと個人的には思っています。それにホテル・カリフォルニア同様に1曲目から3曲目までの掴みとなる楽曲がシングルとしてもヒットしたという点でも類似してるんですよね。ちなみにこの"Time Exposure"からは、1曲目の"The Night Owls"が米6位、2曲目"Man on Your Mind"が米14位、3曲目"Take it Easy on Me"が米10位"(何れもビルボードチャート)を記録しています。

それに加えて、これらのヒット曲以外にも魅力的な楽曲がちりばめられているというところも、このアルバムがホテル・カリフォルニアと比較しえうると思える点でもあります。例えば"Love Will Survive"や"Don't Let the Needle Win"は上記のヒット曲に続いてもおかしくないポップでキャッチーなメロディーラインを持った曲ですし、個人的に大好きな曲で、何処となくビートリーなイメージがある"Orbit Zero"もアルバムの幅を広げるという意味に於いて一役買っている感じです。言い忘れてましたが、このアルバムのプロデュースはビートルズでお馴染みのジョージ・マーティンです。そしてラストに収録されているバラードの"Guiding Light"もこれまた秀逸の出来。余韻を残しつつ最後を締めくくる感動的なバラードです。

▼ Little River Band - The Night Owl
https://www.youtube.com/watch?v=mFLdHx2ZXUA

▼ Little River Band - Take It Easy On Me
https://www.youtube.com/watch?v=-Qy-uz6_9Fs

TRACK LIST
1. The Night Owls / 2. Man On Your Mind / 3. Take It Easy On Me / 4. Ballerina / 5. Love Will Survive / 6. Full Circle / 7. Just Say That You Love Me / 8. Suicide Boulevard / 9. Orbit Zero / 10. Don't Let The Needle Win / 11. Guiding Light


しかしながら、この"Time Exposure"は現在のところどこからもリリースされておらず入手困難なようですね。 ただ、"Reminiscing"(米3位)と "Lady"(米10位)のヒットシングルを収録した1978年のアルバム"Sleeper Catcher"とセットになった2枚組みのCDが2曲のボーナストラック入りでリリースされているので、現在でもそちらを購入することは可能です。ちなみにボ−ナストラックとして収録されている2曲は1983年リリースのアルバム"The Net"に収録されている"We Two"(米22位)と"You're Driving Me out of My Mind"(米35位)。それにしてもこのような名盤でさえも廃盤扱いとは・・・。

Sleeper Catcher/Time Exposure-Plus 2 Bonus Tracks / Little River Band  Sleeper Catcher/Time Exposure-Plus 2 Bonus Tracks / Little River Band  Sleeper Catcher/Time Exposure-Plus 2 Bonus Tracks / Little River Band

SLEEPER CATCHER / TIME EXPOSURE - PLUS 2 BONUS TRACKS

Disc 1 [Sleeper Catcher]
1. Shut Down Turn Off / 2. Reminiscing / 3. Red-Headed Wild Flower / 4. Light Of Day / 5. Fall From Paradise / 6. Lady / 7. Sanity's Side / 8. So Many Paths / 9. One For The Road

Disc 2 [Time Exposure - Plus 2 Bonus Tracks]
1. The Night Owls / 2. Man On Your Mind / 3. Take It Easy On Me / 4. Ballerina / 5. Love Will Survive / 6. Full Circle / 7. Just Say That You Love Me / 8. Suicide Boulevard / 9. Orbit Zero / 10. Don't Let The Needle Win / 11. Guiding Light / 12. We Two / 13. You're Driving Me Out Of My Mind

• Disc 2-Tracks 13, 14 (Bonus Tracks - From the Album "The Net")

(記:2010年8月 / 更新:2012年10月)


    TOTALLY HOT / OLIVIA NEWTON-JOHN (1979)

Album Cover (front): Totally Hot / Olivia Newton-John
'70年代から'80年代を代表する女性シンガーと言えば、必ずやその名が挙がるであろうオリヴィア・ニュートン=ジョンですが、このアルバム"Totally Hot"の名が彼女の代表作として挙がることはまず無いと思います。

が、しかし、私はこのアルバムが大好きなんですよね。まぁ、初めて買ったオリヴィアのアルバムがコレだったということもあるのですが、それまであった清純なお嬢様的イメージからの脱却を図りかけていた時期ということもあって、サウンド面でも変化の兆しを見せながらも、幾分は以前の面影もあるという、この辺りのバランス加減が良いんですよね。

前年の主演映画「グリース」から、この"Totally Hot"、そして翌年の映画「ザナドゥ」と徐々に推し進めていたイメージチェンジも好評だった所為か、この後の"Physical"からは大胆な変貌を遂げていくことになるのですが、個人的には"Physical"はそれなりに許容できる範囲だったものの、それ以降のケバイ路線はどうも好きになれませんでしたね。

この"Totally Hot"に収められている楽曲について言えば、新境地を見せるオープニングトラックの"Please Don't Keep Me Waiting"と、オリヴィア自身のペンによる"Talk to Me"が当時から好きでしたね。その"Talk to Me"で見られるメロディーセンスはソングライターとしても非凡な一面を感じさせられるところで、当時はタイトルトラックの"Totally Hot"なんかをシングルカットするよりもこの曲をカットすればいいのになんてことを思ったりもしてましたが、全体を通した印象としては、新境地を見せる楽曲の間に挟み込むような形で"Dancin' Round and Round"、"Borrowed Time"、"Never Enough"といったこれまでのイメージが残るバラードタイプの楽曲が配列されている所為か、意外と突飛なイメージはありません。

ただ、後半に収められたカヴァー曲は何となく埋め合わせ的な感じがしないでもないですが、エリック・カルメンのカヴァー曲である"Boats Against the Current"は楽曲自体が良いので、オリヴィアによるこのヴァージョンもけっこう好きです。でも、この曲、歌うとけっこう難しいと思うのですが、誤魔化さずに比較的オリジナルに忠実な歌い方をしているあたりは、'70年代から'80年代にかけて歌姫として君臨していたのは伊達じゃないと感じさせられるところでもあります。カヴァーとはいえどもオリヴィアらしい部分もしっかりと楽曲に表現されてますしね。しかしながら、ラストの"Gimme Some Lovin'"は正直いらない感じ。タイトルトラックとこの曲が別のもっと魅力的な楽曲であったならこのアルバムは劇的に良くなっていたはずだと思うので、その点だけがちょっと残念ですね。

CD Case (back): Totally Hot / Olivia Newton-John   CD Case (inside): Totally Hot / Olivia Newton-John

本当は「さよならは一度だけ」という邦題が付けられていた日本盤を買いたかったのですが、残念ながら廃盤になっているようだったので、こちらのオーストラリア盤を購入。

なお、アルバムは(米7位、英30位、豪4位)を記録、シングルでは"A Little More Love"(米3位、英4位、豪4位)、"Deeper Than The Night"(米11位、英64位、豪71位)、"Totally Hot"(米52位、豪96位)、"Dancin' Round And Round"(米82位)をそれぞれ記録しています。

▼ Olivia Newton-John - Hollywood Nights Melody
https://www.youtube.com/watch?v=8DrkwasoSPk

▼ Olivia Newton-John - Please Don't Keep Me Waiting
https://www.youtube.com/watch?v=FclDw9TfaoM

▼ Olivia Newton-John - Dancin' Round And Round
https://www.youtube.com/watch?v=brXKBRz4QtM

▼ Olivia Newton-John - Deeper Than The Night
https://www.youtube.com/watch?v=xsPYHKd3Cvg

▼ Olivia Newton-John - Borrowed Time
https://www.youtube.com/watch?v=IN6Z_eQ6BRQ

▼ Olivia Newton-John - A Little More Love (U.K. TV program "Top Of The Pops" in 1978)
https://www.youtube.com/watch?v=Cpl-3QxCwz4

TRACK LIST
1. Please Don't Keep Me Waiting / 2. Dancin' Round and Round / 3. Talk To Me / 4. Deeper Than the Night / 5. Borrowed Time / 6. A Little More Love / 7. Never Enough / 8. Totally Hot / 9. Boats Against the Current / 10. Gimme Some Lovin'

NOTES
• Label: Festival Records (Import)
• Printed in Australia
• 歌詞付き

• Album: US 7位 - Platinum (1978-RIAA) / UK 30位

• Singles from Totally Hot
1. A Little More Love: US 3位 - Gold / UK 4位
2. Deeper Than the Night: US 11位 / UK 64位
3. Totally Hot: US 52位
4. Dancin' Round and Round: US 82位

(記:2010年9月 / 更新:2016年7月)


    A KIND OF MAGIC / QUEEN (1986)

CDの帯(初回プレス盤):カインド・オブ・マジック / クイーン

Album Cover (front): A Kind of Magic / Queen
クイーンのこのアルバム「A Kind of Magic / カインド・オブ・マジック」はレコードからCDへの移行期にリリースされたもので、この時期はアルバムの多くが両方のフォーマットでリリースされていました。私がこのアルバムを最初に手にした時はレコードでしたが、そういった時期であったということもあり、レコード会社もCDを売ろうと、レコードよりも収録時間が長いCDの特性を生かして、CDのみボーナストラックを収録というパターンが多く見受けられ、この"A Kind of Magic"も又、ご多分に漏れずそのパターンでした。

別ヴァージョンの3曲を除けば、9曲中6曲が映画「ハイランダー」の為に書かれた曲という構成ですが、ジャケットの何処にも「ハイランダー」や「サウンドトラック」の表記が無いことからも分かるように、このアルバムはサウンドトラック盤としてではなく、"The Works"に続くクイーンのオリジナルアルバムとしてリリースされています。ただし、日本での発売元は映画と噛ませた方が得策だと考えたのか、この時期にリリースされたCDの帯には「サウンドトラック」の表記がされていました。

このアルバムの魅力と言えば、後期を代表する名曲である"Friends Will Be Friends"(ブライアン曰く"Very Classic Queen Sound")が収録されているという点がまず挙げられるのですが、私が好きなのは、やっぱりこういったスタイルのサウンドなんだと再確認できた曲でもありました。そして、その後のライヴでは、ずっと変わらないと思っていた"We Will Rock You"〜"We Are the Champions"というコンサートのラストを飾る黄金セットの間に入り込む形でこの曲が演奏されているのを次作のライヴアルバム"Live Magic"で知った時は、クイーン自身のこの曲に対する位置付けみたいなものが伝わってくる感じで嬉しかったですね。できればフルコーラスやって欲しかったけど。

Album Cover (back): A Kind of Magic / Queen ただ、このアルバムに関しては、良く聴く曲とそうでない曲が極端なんですよね。これはあくまでも個人的な嗜好の問題なんですけど・・・。上に挙げた"Friends Will Be Friends"と"Pain is So Close to Pleasure"(どちらも作曲者クレジットは"Mercury & Deacon")はかなりの頻度で聴いてましたが、6曲目以降の曲(レコードでいうところのB面)は未だに苦手な感じです。その中では幾分聴く機会もあるのが"Who Wants to Live Forever"ですが、それでも後半の終わりそうで終わらないモヤモヤした部分をカットした自作のトラックを聴いてます (笑)。

アルバムは英1位(2 Platinum)、米26位を記録。又、アルバムに先がけリリ−スされていたシングル"One Vision"は(英7位、米61位)、アルバムからのファーストシングル"A Kind of Magic"が(英3位、米42位)を記録。そして、その後は、"Friends Will Be Friends"(英14位)、"Who Wants to Live Forever"(英24位)といった曲もシングルカットされています。ただ、アメリカでは独自に"Princes Of The Universe"や"Pain is So Close to Pleasure"といった曲がシングルカットされたようですが、残念ながらチャートインには至らなかったようです。

下の写真は当時買った"One Vision"のシングル盤。B面にはアルバム未収録の"Blurred Vision"が収録されていますが、こちらは"One Vision"の音源を使って遊んでみましたといったサウンドで、ほぼインストゥルメンタルといった感じの曲。タイトルの"Blurred"(ぼやけた, かすんだ)が示すような雰囲気。ジャケットは三方背の袋タイプになっているので、ご覧のように、通常のシングルとは違い、ジャケットに表と裏があります。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (front): One Vision / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (back): One Vision / Queen

なお、"A Kind of Magic"は6分を超えるエクステンデッド・ヴァージョンが12-inchシングルとしてリリースされ、B面にはアルバム未収録で、"Don't Lose Your Head"の変形ともいうべき曲、"A Doze Red Roses for My Darling"(インストゥルメンタル)が収められています。

ちなみに、この12-inchシングル盤のライナーノーツには、この曲に対するブライアンのコメントもいくつか引用されており、一部を紹介しますと、「とにかく何回も聴いてみてほしいな。きっとそのたびに新しい発見があるはずだよ。ヘッドフォンを使わないと聴きとれないような音もあったりするしさ」とのこと。

Japanese 12 Inch Vinyl Single Record: A Kind of Magic / Queen TRACK LIST
1. One Vision [Writers: Queen] / 2. A Kind Of Magic [Writer: R. Taylor] / 3. One Year Of Love [Writer: J. Deacon] / 4. Pain Is So Close To Pleasure [Writers: J. Deacon & F. Mercury] / 5. Friends Will Be Friends [Writers: J. Deacon & F. Mercury] / 6. Who Wants To Live Forever [Writer: B. May] / 7. Gimme The Prize (Kurgan's Theme) [Writer: B. May] / 8. Don't Lose Your Head [Writer: R. Taylor] / 9. Princes Of The Universe [Writer: F. Mercury]
[Extra Magical Ingredients]:
10. A Kind Of A kind Of Magic / 11. Friends Will Be Friends Will Be Friends / 12. Forever

1. ONE VISION -ひとつだけの世界- / 2. カインド・オブ・マジック / 3. 愛ある日々 / 4. 喜びへの道 / 5. 心の絆 / 6. リヴ・フォーエヴァー / 7. ギミ・ザ・プライズ / 8. ドント・ルーズ・ユア・ヘッド / 9. プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース / 10. ア・カインド・オブ・ア・カインド・オブ・マジック / 11. フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ / 12. フォーエヴァー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ Queen - Friends Will Be Friends (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=0AIlz08fZos

▼ Queen - Who Wants To Live Forever (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=_Jtpf8N5IDE

(記:2010年11月 / 更新:2015年7月)


    WALK ON 「ウォーク・オン」 / BOSTON (1994)

CDの帯(初回プレス盤):ウォーク・オン / ボストン

Album Cover (front): Walk On / Boston  Album Cover (back): Walk On / Boston  CD: Walk On / Boston

前作に引き続き、8年ぶりとなったこのアルバム「Walk On / ウォーク・オン」の最大のポイントは何といってもヴォーカリストが変わったという点でしょう。個人的な感覚では「変わってしまった」という表現の方が当てはまる感じですが・・・。前作から8年もの歳月がかかったことについては、そういった経緯から新たなヴォーカリストを探さなければならなかったということも理由のひとつらだったらしいですが、ファンの一人としては、何はともあれアルバムがリリースされたことで、バンドが存続していることを確認できてよかったという思いがあった一方、ブラッドが脱退したことを知ることにもなり、複雑な心境でしたね。

セールス面で見ると、これまであった、「出せば大ヒット」といったボストン神話も残念ながらこのアルバムには通用しなかったようで、ビルボードチャートでの最高位は7位、それまでアルバム毎にあったヒット曲もこのアルバムからは生まれず、唯一のシングル"I Need Your Love"は51位止まりという結果でした。とは言っても、ビルボードチャートで7位(100万枚以上のセールスを示すプラチナムも獲得)ですから、普通に見れば十分ヒットしたということになるのですが、これまでの数字があまりにも驚異的でしたから、どうしても低調に見えてしまうんですよね。

収められた楽曲について言えば、"Walk On Medley"と題された4曲がこのアルバムのハイライトになると思うのですが、個人的にはそれ以外の曲を聴く機会の方が多い感じです。曲名を挙げれば"I Need Your Love"、"Livin' for You"、"What's Your Name"、"Magdalene"、"We Can Make It"といった曲になるのですが、中でもトム・ショルツがレコード会社に対してシングルカットを強く要望したものの、残念ながら実現しなかった"Livin' for You"は良く聴く曲で、過去の名曲に匹敵する素晴らしい曲だと思いますし、私自身もこの曲がシングルカットされなかったことについてはほんと残念だと思っています。レコード会社がシングルカットに二の足を踏んだことについては、ファーストシングルの"I Need Your Love"が最高51位と振るわなかったことが背景にあったと思うのですが、しかしながら、トム・ショルツ自身はそのことが相当心残りだったのか、8年後にリリースされた次作の"Corporate America"にはライヴ・ヴァージョンの"Livin' for You"が収録されています。それもボーナストラックという扱いではなく、れっきとしたアルバム収録曲として (笑)。

ラメ入りロゴステッカー:Walk On / Boston 結果的に、ブラッドが抜けた穴は3人のヴォーカリストで埋める形で制作されたこのアルバムですが、サウンドへの拘りは何ら変わりないようで、ブックレットには例のごとく、このアルバムはアナログテープでレコーディングしたとか、ハンドクラップスは実際に人の手を使った、ドラムマシーンやシンセサイザー、サンプラーは使ってない、ストリングスも本物などといった言葉が並んでいます。なお、初回盤にはラメ入りロゴステッカーが封入されていました。

▼ Boston - I Need Your Love
https://www.youtube.com/watch?v=sVanaItYYVY

▼ Boston - Livin' for You
https://www.youtube.com/watch?v=bTSQGvuuSX4 TRACK LIST
1. I Need Your Love / 2. Surrender To Me / 3. Livin' For You / Walk On medley (4-7): 4. Walkin' At Night / 5. Walk On / 6. Get Organ-ized / 7. Walk On (Some More) / 8. What's Your Name / 9. Magdalene / 10. We Can Make It

1. アイ・ニード・ユア・ラヴ / 2. サレンダー・トゥ・ミー / 3. リヴィン・フォー・ユー / ウォーク・オン・メドレー (4-7): 4. ウォーキン・アット・ナイト / 5. ウォーク・オン / 6. ゲット・オーガナイズド / 7. ウォ-ク・オン(サム・モア) / 8. ホワッツ・ユア・ネーム / 9. マグダリン / 10. ウィ・キャン・メイク・イット

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 7位 - Platinum (1994-RIAA) / UK 56位
• Single: "I Need Your Love" US 51位

(記:2010年12月 / 更新:2015年7月)


    KISS - PAUL STANLEY (SOLO ALBUM) / PAUL STANLEY (1978)

CDの帯:キッス - ポール・スタンレー / Paul Stanley

Album Cover: KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley
メンバー4人が同時にソロアルバムをリリースという前代未聞の行動に出た"KISS"。お小遣いの中からやり繰りしてレコードを買ってた少年には、とてもじゃないけど4枚まとめて買えるわけもなく、どうしたかと言うと・・・。

何とリリース日と翌日の2回に分けて4人のアルバム全曲が「NHK-FM」で放送されることを「FMレコパル」という番組表が載っている雑誌で知った私は、学校を2日間ズル休みして録音に励んでいました (笑)。

暫くはその時録音したテープで楽しんでいたのですが、やっぱりレコードが欲しくなり、お小遣が溜まる度に1枚ずつ買い揃えていったことを覚えています。ついでに言うと、この時期のキッスは年に2枚というハイペースでアルバムをリリースしており、おまけにこの年にリリースされた"KISS"のアルバムは、3枚組の"The Originals II"、2枚組の"Double Platinum"、そしてソロアルバム4枚といった具合でしたから、収入源はお小遣いだけという立場の少年の財政はかなりひっ迫しておりました (笑)。この年にリリースされた"KISS"のレコード枚数を単純に足すと9枚ですからたまったもんじゃありませんよね。とは言ってもけっこう喜んでレコードを買っていた訳ですから、恐るべしキッス商法。

LPレコードに付属の「キッス・イラスト・ジグソーポスター」:KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley そういった経緯を思い出していたら、前置きが長くなりましたが、4人のソロアルバムの中で最初に買ったものはというと、この"Paul Stanley"のアルバムでした。私にとってはこのポールのソロアルバムは別格で、数ある"KISS"のアルバムの中でも、恐らくはトップ3に入るくらい聴きまくっていたんじゃないかと思います。当時はよくもこんなにカッコイイ曲を次から次へと書けるもんだと感心していましたね。1曲目の"Tonight You Belong to Me"からポール節全開で、この1曲を聴いただけでこのアルバムの凄さを予兆させられます。"Wouldn't You Like Me to Know"、"It's Alright"、"Love in Chains"と流石ポールと思わせるようなカッコイイ曲が並んでいますが、タイプが違うスローな2曲、"Take Me a Way"と"Hold Me Touch Me"もこれまた秀作で、静と動が共存するパワーバラードとも言える"Take Me a Way"と、シングルカットされた("Let it Be"に匹敵する名曲と勝手に思っている)"Hold Me Touch Me"もどれだけ聴いたことか。ちなみに、右側の写真はLPレコードに付属の「キッス・イラスト・ジグソーポスター」で、各ソロアルバムに封入されている4枚をつなぎ合わせると、更に大きなひとつのポスターになるというものです。


Japanese 12-inch Vinyl Record: KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley

Japanese 12-inch Vinyl Record: KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley


一応、それぞれのメンバーのアルバムを日米のチャート上で比較してみると、"Gene Simmons"(米22位、日24位)、"Ace Frehley"(米26位、日30位)、"Peter Criss"(米43位、日40位)、"Paul Stanley"(米40位、日18位)といったように、アメリカではジーンのアルバムが最上位でしたが、日本ではポールのアルバムが最上位にランクという結果でした。ちなみにシングルの方ではエースの"New York Groove"がビルボードチャートで13位まで上がるヒットを記録しています。補足しておきますと、日本でのチャート順位は邦楽と洋楽が混ざったオリコンでの総合チャートですから、この当時の日本における"KISS"人気の凄さが分かるのではないかと思います。

全員が同時にソロアルバムをリリースした経緯については、内紛を収める目的があったと後に明かされた訳ですが、結果的に全員のアルバムが100万枚以上のセールスに贈られるプラチナディスクを獲得したのですから、ヴォーカリストやギタリストだけが目立って、あとは誰だか分からないというバンドではなく、メンバーそれぞれにファンがいて、全員が曲を書き、歌も歌うというバンドを目指した"KISS"だからこそ成し得たことかも知れませんね。

LPレコードのラベル:KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley LPレコードのラベル:KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley


▼ Paul Stanley - Take Me Away (Together As One)
https://www.youtube.com/watch?v=JdFAm98KlQs

▼ Paul Stanley - Hold Me, Touch Me (Think Of Me When We're Apart)
https://www.youtube.com/watch?v=k055xEeDt9Y

Japanese 12-inch Vinyl Record: KISS - Paul Stanley (Solo Album) / Paul Stanley

TRACK LIST
1. Tonight You Belong To Me (トゥナイト・ユー・ビロング・トゥ・ミー) / 2. Move On (ムーヴ・オン) / 3. Ain't Quite Right (エイント・クワイト・ライト) / 4. Wouldn't You Like To Know Me (俺の全て) / 5. Take Me Away (Together As One) (テイク・ミー・アウェイ) / 6. It's Alright (イッツ・オールライト) / 7. Hold Me, Touch Me (Think Of Me When We're Apart) (ホールド・ミー・タッチ・ミー) / 8. Love In Chains (愛の鎖) / 9. Goodbye (グッドバイ)

NOTES
• Song Writer(s) - Tracks 1, 4, 6, 7, 8, 9 (Paul Stanley) / Tracks 2, 3, 5 (Paul Stanley, Mikel Japp)

• Album: US 40位 (Platinum / 1978-RIAA)
• Single: "Hold Me, Touch Me (Think of Me When We're Apart)" US 46位

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2010年12月 / 更新:2015年10月)


    TRIP TRIP / KOKIA (2002)

CDの帯:trip trip / KOKIA

Album Cover: trip trip / KOKIA
今回とり上げたアルバムは"KOKIA"の"trip trip"です。実は日本人ミュージシャンのアルバムについて書くのは初めてになるのですが、最初に言っておきたいのは「ポップなジャケットに騙されてはいけませんよ」ということ (笑)。

勿論、それは良い意味での話で、サウンドイメージが必ずしもジャケットに反映されている訳ではないという例えであり、裏を返せばそれだけスケール感溢れるサウンドがこのアルバムでは展開されているということです。

普段はロック系の洋楽を聴くことが多いので、邦楽に触れる機会は少ないのですが、"KOKIA"というミュージシャンと、このアルバム"trip trip"を知ったのは、このアルバムがリリースされた2002年に、ここへ収められているいくつかの曲を車の中のラジオで聴いた時でした。

その時流れていたのは、たしか「調和」、「天使」、「人間ってそんなものね」といった曲だったと思うのですが、けっこう反響も大きかったようで、番組の後半では「鳥肌が立ちました」とか「世界に通用する数少ない日本人ミュージシャン・・・」といったリスナーから寄せられたメールやファックスもいくつか紹介されていたように思います。

私はというと「日本にもこんなミュージシャンがいるんだ」と思うと同時に「コキア」というその名を忘れないよう頭の中にインプットしていたことを覚えています。でも、後から考えると名前としては有り得そうにないから聞き間違えたかな? などと思ったりもしていましたね (笑)。

それにしても冒頭にも書いたとおり、このアルバムで展開されるスケール感は素晴らしいですね。こういったアルバムにはそうそう出会えるものではありません。アルバムのハイライトといえば上記の3曲になると思うのですが、個人的にはスキャット風ヴォーカルが印象的で、穏やかな雰囲気をもった"a gift"のような曲もけっこう好きですね。

又、その他の楽曲も1曲1曲にそれぞれの表情と存在感があり、例えば「ぴんくの象」、「Princess ÉHIME」といったフックとなるようなちょっぴりオチャメな曲もアルバムのバランスを考えればとても効果的で、アルバムのイメージと音楽的幅を広げるのに一役買っている感じです。タイプは違えども、アルバム内の役割りとしては"Queen"の"Bring Back That Leroy Brown"や"Lazing on a Sunday Afternoon"といった曲と近い感じもします。

ということで、"trip trip"("trip"=旅、旅行)というアルバム・タイトルが示すように、アルバム内には様々な国や地域の音楽を取り入れたサウンドが展開されており、1曲1曲にそれぞれ違った趣があって面白いです。ちなみに収録曲は全て"KOKIA"さんの作詞作曲です。

とにかく洋楽しか聴かないという人にも一度聴いてもらいたいと思える1枚で、このようなアルバムこそがもっと評価されていいのではという気もします。個人的には"KOKIA"さんの声を重ねたコーラスやハーモニーの付け方がとても好きで、主旋律の歌メロとは違ったコーラスやハーモニーがポンポンと飛び出してくるのも楽曲の幅と奥行きを広げている感じがします。

最近は、よりアコースティックなサウンドへと向かわれているようですが、私自身は、このアルバムで見られるような歪んだギターの音が入っているサウンドの方がどちらかといえば好みで、絵画で言えば、特定の色を引き立たせるために反対色の補色を使うように、ヘヴィーなギターが、逆に"KOKIA"さんの声をより引き立たせるのではないかという思いも少なからずありますね。広大な花畑に咲く花々も壮観で美しいですが、廃墟に咲く一輪の花にはゾクッとさせられるといった感じですかね。まぁ、あくまでも個人的な嗜好の話なんですけどね。

TRACK LIST
1. 調和 / 2. 次会う時は / 3. Say Hi!! / 4. The rule of the universe / 5. Princess ÉHIME / 6. 天使 / 7. ぴんくの象 / 8. Hello passing days / 9. 花 / 10. 人間ってそんなものね / 11. 足音 / 12. tomoni / 13. a gift

NOTES
Singles:
tomoni (released in 2001.5.23) / Say Hi!! (released in 2001.8.22) / 天使 (released in 2001.11.21) / 人間ってそんなものね (released in 2002.1.23)

(記:2010年12月 / 更新:2012年9月)


    DOLL REVOLUTION / THE BANGLES (2003)

Album Cover: Dolll Revolution / The Bangles

Dolll Revolution [CD] / The Bangles

Dolll Revolution [DVD] / The Bangles

Booklet (back): Dolll Revolution / The Bangles

CD Case (back cover): Dolll Revolution / The Bangles

'80年代には数々のヒット曲と共に人気を博し、ビルボードチャートでナンバーワン・ソングを生み出した史上初の自ら演奏もする女性だけのグループとしてもその名を歴史に残すバングルス。しかしながら活動期間は短く、メジャーデビューしてから解散までに残したアルバムは僅かに3枚。それでも、一気に時代を駆け抜けた割には忘れ得ぬ存在となっているのは、人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打ったが故、良いイメージがそのまま残っているからかもしれません。

しかし、バングルスは帰ってきたのです。あの当時のキュートな女の子達もこのアルバムのリリース時は皆40代。正直、あまりにも変わった姿を見せられる位なら、良いイメージのまま想い出の中に閉まっておきたいという思いもあって、暫くはこのアルバムを買うのをためらっていました。ただ、ジャケットのアートワークが凄く良いのでずっと気になってはいましたが・・・。

それから数年、過去の楽曲を聴いて思い出に浸る日々を過ごしていましたが、ある日、彼女達のインタビュー記事を目にしたことで、一気に聴いてみたい衝動に駆られて購入したのが、リリースから7年経った今年でした。実際にアルバムを買って聴いてみる気になったそのインタビュー記事には、メジャーレーベルからのオファーもあったが、レコーディング費用は自分達で用立ててアルバムを制作したことなどが語られていました。又、そういった決断の背景には、メジャーレーベルと契約したが為に失うような状況は避けたかったということや、自分達でコントロールするという部分を大切にしたかったという思いがあったらしく、それらの言葉は、何よりも自分達がやりたい音楽を納得する形で作りたかったということが伝わってくるものでもありました。実は'80年代に人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打った理由がこの言葉の中にも隠されているのではないかという気もしますが、それはさて置き、こんな話を聞かされたら、そのサウンドを受け止めてみようと思うと同時に、少しでも売り上げに協力したくなるじゃありませんか。ということで再結成後のライヴDVDも一緒に購入しました。

何はともあれ、パッケージを開けてブックレットにある4人の写真を最初に見て、ちょっと安心 (笑)。実際にCDを聴いた感想としては、キュートで愛くるしいスザンナ・ホフスの声が全く変わってなかったことには正直驚くと共に、嬉しかったですね。ただ、残念なのは、そのスザンナ・ホフスが単独でリードヴォーカルをとる曲が全15曲中、4曲、ヴィッキーと二人でヴォーカルをとる"Riide the Ride"の1曲を足しても5曲と、いかんせん少なすぎるという点。ビートルズやキッスなどと同様、バングルスはメンバー全員がリードヴォーカルをとるバンドというのは分かるけど、もっとスザンナを全面に出しても良かったのではないかという気もします。この辺りはレコーディング費用を自分達で出してアルバムを制作したことからも分かるように、自分達で多くを決めたことで、必然的に平等という意識が強く出てしまった結果ではないかと推測するのですが、どうなんでしょうね。

Dolll Revolution / The Bangles   Dolll Revolution / The Bangles

最後に、冒頭でもちょっと触れたジャケットについて話すと、アルバムタイトルともシンクロしたアートワークがバングルスの音楽性を見事に象徴しているようで、とても良いです。バングルスサウンドの魅力と言えば、水と油とも言えるようなカラフルポップとガレージロックが渾然と同居するところにもあるのですが、その辺りの雰囲気がピンクとモノクロームを使ったカラーで上手く表現されている感じで、久しぶりに良いジャケットに出会えた気がしますね。又、CDラベル等を含め、パッケージ全体も統一したイメージできちんとデザインされており、ファンとしては嬉しいですね。

ちなみに、このアルバムがリリースされた2003年にフランスのテレビ番組に出演した時の映像が"youtube"にアップされています。それにしても40代の女性とは全く思えないスザンナ・ホフスにはただただ驚くばかりです。

▼ The Bangles Something That You Said (tv France)
http://www.youtube.com/watch?v=rgEKLYDsGNE

THE BANGLES - BAND MEMBERS
• Susanna Hoffs - Acoustic & Electric Guitar, Vocals
• Debbi Peterson - Drums, Acoustic Guitar, Percussion, Vocals
• Vicki Peterson - Lead Guitar, Acoustic & Electric Guitar, Mandolin, Vocals
• Michael Steele - Bass, Acoustic & Electric Guitar, Vocals

TRACK LIST
1. Tear Off Your Own Head (it's a doll revolution) / 2. Stealing Rosemary / 3. Something That You Said / 4. Ask Me No Questions / 5. The Rain Song / 6. Nickel Romeo / 7. Ride the Ride / 8. I Will Take Care Of You / 9. Here Right Now / 10. Single By Choice / 11. Lost At Sea / 12. Song for A Good Son / 13. Mixed Messages / 14. Between The Two / 15. Grateful

Bonus DVD featuring:
• A Day In The Life Of The Bangles
• Music Video - Something That You Said
• Audio Tracks - Getting Out Of Hand / Call On Me / Something That You Said (Brad Wood Mix)
• Photo Gallery
• Album Lyrics

(記:2010年12月 / 更新:2012年9月)


    BIONIC 「バイオニック」 / CHRISTINA AGUILERA (2010)

CDの帯(初回プレス盤):バイオニック / クリスティーナ・アギレラ

Album Cover (front): Bionic / Christina Aguilera  Album Cover (back): Bionic / Christina Aguilera  CD: Bionic / Christina Aguilera

アルバムごとにサウンドと、それに呼応するかのようにビジュアルイメージを大胆に変化させていくクリスティーナ・アギレラですが、それにしてもまずはこのジャケットに驚かされましたね。実は、一見キワモノ的なこの「Bionic / バイオニック」こそが、今年買ったCDの中で最も多く聴いたアルバムでもありました。

この"Bionic"では、ジャケット同様、サウンドにも大きな変化が見られるわけですが、1920〜40年代のソウル、ジャズ、ブルースといったサウンドをリスペクトして制作された前作"Back to Basics"から一転して、今回は未来をコンセプトに制作されたエレクトロ・ポップ・アルバムとなっています。

エレクトロ・ポップへの布石は"Back to Basics"の後にリリースされたベスト盤"Keeps Gettin' Better"に収録されていた再録音曲や新曲においてあったものの、スタイルが違うその他の楽曲と混在しているベスト盤という中にあっては、やや浮いた感じが無きにしも非ずといった印象でしたが、今回のように全編を通してしてやられると、全く違和感も感じないですね。と言うか、これも又、紛れもなくアギレラサウンドといった感じに思えてくるから不思議。

ただ、これだけサウンドが変貌すると、賛否が別れることはある程度仕方がないことなのかも知れませんが、その点はアギレラ自身も十分予測していたことでしょうし、個人的な意見としては、それなりの地位を確立しているにもかかわらず、そこに安住することなく、更なる意欲を見せるその姿勢にはエールを送りたいですね。

Lenticular Cover: Bionic / Christina Aguilera Booklet & Lenticular Cover: Bionic / Christina Aguilera

本国アメリカでは、18曲入りのスタンダード版と、5曲がプラスされたリミテッドエディションに分けてリリースされたようですが、日本版はリミテッドエディションに準じた23曲入りでリリースされています。個人的には、そのプラスされた5曲の中に含まれる"Monday Morning"と"Birds of Prey"がけっこう好きで、これらの曲がボーナストラック的扱いなのは何とももったいない気さえします。

立体視覚特殊ジャケット:Bionic / Christina Aguilera
立体視覚特殊ジャケット:Bionic / Christina Aguilera

アルバム内で、その2曲以外に好きな曲を挙げれば、"Bionic"、"Not Myself Tonight"、"Woohoo"、"Elastic Love"、"Desnudate"、"Glam"、"Lift Me Up"、"I Am"、"You Lost Me"、"I Hate Boys"、"Vanity"と、いくつもの曲が並んでしまう辺りは、クリスティーナ自身が語る「良い曲が沢山詰まっているの」の言葉通りに、このアルバムの充実度を示しているかのようです。又、1曲1曲が良く練られており、アレンジなどもけっこう複雑で凝っているので、繰り返し聴いても飽きが来ない感じがしますね。

個人的にはチャレンジ精神に富んだ意欲作ながらも、クオリティーの高い充実したアルバムだと思っているのですが、思ったよりセールスは伸びてない感じで、世の中けっこう難しいものだと感じます。世界人口の大半が自分だったら10曲くらいシングルカットしてもよさそうなんですけどね (笑)。

ジャケットは見る角度を変えると図柄が変化するスペシャル・レンティキュラー仕様(立体視覚特殊ジャケット)になっていますが、自分が小学生の頃は、このザラザラした表面の立体視覚仕様を雑誌の付録やおまけのカード等で良く見かけてましたね。私が持っていた魚図鑑の表紙もこれでした。

▼ Christina Aguilera - Medley (Bionic/Not Myself Tonight/WooHoo)
https://www.youtube.com/watch?v=jUCmaY_7SM0

▼ Christina Aguilera - Not Myself Tonight - flash mob (Budapest)
https://www.youtube.com/watch?v=0qXcVQiR01A

TRACK LIST
1. Bionic / 2. Not Myself Tonight / 3. WooHoo [feat. Nicki Minaj] / 4. Elastic Love / 5. Desnudate / 6. Love & Glamour (Intro) / 7. Glam / 8. Prima Donna / 9. Morning Dessert (Intro) / 10. Sex For Breakfast / 11. Lift Me Up / 12. My Heart (Intro) / 13. All I Need / 14. I Am / 15. You Lost Me / 16. I Hate Boys / 17. My Girls [feat. Peaches] / 18. Vanity / 19. Monday Morning / 20. Bobblehead / 21. Birds Of Prey / 22. Stronger Than Ever / 23. I Am (Stripped)

1. バイオニック / 2. ノット・マイセルフ・トゥナイト / 3. ウーフー feat. ニッキ・ミナージ / 4. エラスティック・ラヴ / 5. デスヌダテ / 6. ラヴ & グラマー(イントロ) / 7. グラム / 8. プリマドンナ / 9. モーニング・デザート(イントロ) / 10. セックス・フォー・ブレックファースト / 11. リフト・ミー・アップ / 12. マイ・ハート(イントロ) / 13. オール・アイ・ニード / 14. アイ・アム / 15. ユー・ロスト・ミー / 16. アイ・ヘイト・ボーイズ / 17. マイ・ガールズ feat. ピーチズ / 18. ヴァニティー / 19. マンデー・モーニング / 20. バブルヘッド / 21. バーズ・オブ・プレイ / 22. ストロンガー・ザン・エヴァー / 23. アイ・アム(ストリップト)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• スペシャル・レンティキュラー仕様(立体視覚特殊ジャケット)
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2010年12月 / 更新:2015年7月)


    KELLY / KELLY GROUCUTT (1983)

Album Cover (front): Kelly / Kelly Groucutt
昨年(2009年)の2月に心臓発作で亡くなった"E.L.O."の元メンバーであるケリー・グロウカットが1983年にリリースしたソロアルバムがこの"Kelly"です。

ケリー・グロウカットと言えば、"E.L.O."の全盛期を支えていたベースプレイヤーとしては勿論のこと、"E.L.O."サウンドの要のひとつとも言えるコーラス・ハーモニーのパートを支えていた人物でもあります。

実は、可能性が低いことは承知しつつも、"Jeff Lynne"、"Bev Bevan"、"Richard Tandy"、そして"Kelly Groucutt"という布陣で"E.L.O."が再始動する日が来ることを密かに期待していました。更にはそこにストリングスを担当する"Mic Kaminski"、"Hugh McDowell"、"Melvyn Gale"、そして"Louis Clark"という名もあれば最高なんてことを夢に思いながら・・・。

でも、残念ながら、ケリーの特徴的なファルセットヴォイスを聴ける形での"E.L.O."復活という私の夢は消えてしまいました。今は只、心よりご冥福をお祈りいたしますとしか言いいようがありません。

Album Cover (back): Kelly / Kelly Groucutt さて、ケリー・グロウカット唯一のソロアルバムであるこの"Kelly"、'83年にリリースされた時は、ヨーロッパ地区のみでのリリース(アナログのレコード盤)ということで、その当時は残念ながら聴く機会がありませんでしたが、恐らくは、彼が亡くなったことで、このアルバムがCD化され再発されたものだと思われます。こうして彼のアルバムを聴けるようになったのは嬉しいことですが、反面、こういった形でこのアルバムを手にする結果になったことは残念でもあります。

そして、このアルバムがリリースされた'83年といえば、"E.L.O."の"Secret Messages"がリリースされたのと同じ年ということになるのですが、ブックレットにも記載されているように、ケリーが"Secret Messages"でプレイしているのは4曲だけだったということから、"Secret Messages"がリリースされた時はケリーは既にグループを去っていたんですね。当時はそんなことなど何にも知りませんでしたけど。

とは言っても、このアルバムに参加ミュージシャンとしてクレジットされているのは、ドラムスに"Bev Bevan"、キーボードに"Richard Tandy"、バイオリンに"Mic Kaminski"、そして、ストリングスアレンジが"Louis Clark"と、見事に"Jeff Lynne"を除く"E.L.O."のメンツが揃っています。なお、この"Kelly"に収録されている楽曲は全てがケリーの手によるもので、プレイヤーとしてはベースとギターにリードヴォーカルを担当しています。

ちなみに、私が買ったのは、ボーナストラック4曲がプラスされた14曲入りの"Renaissance Records (USA)"盤ですが、残念ながら音質があまり良くない印象があります。何となくダビングされた音が良くない音源をイコライザーで無理やり修正した音のような感じがするのですが、オリジナルの音源を知らないので、後から手が加えられているのかどうかは定かではありません。考えられるのは、何らかの理由でマスターテープ自体が無くなっているという状況なんですが・・・。ただ、この他にもジャケット違いのものがオフィシャルサイトで販売されていたり、"Koch (USA)"レーベルからはアナログレコード盤に準じた10曲入りCDもリリースされているので、音質面での違いが気になるところではあります。

(追記)
なんと、まさかまさかの日本盤が先月リリースされているではないですか!

CD: Kelly / Kelly Groucutt TRACK LIST
1. Am I A Dreamer / 2. Oh Little Darling / 3. Dear Mama / 4. You Don't Need To Hold Me Tight / 5. Black Hearted Woman / 6. Midnight / 7. Don't Wanna Hear That Song Again / 8. Anything Goes With Me / 9. Can't Stand the Morning / 10. Old Rock & Roller / 11. You've Been Telling Lies / 12. Sea of Dreams / 13. I'll Cry for You Tonight / 14. Am I a Dreamer [New Version]

(記:2010年12月 / 更新:2012年9月)


    ONE NIGHT IN AUSTRALIA / E.L.O. PART II (2007)

Album Cover (front): One Night in Australia / E.L.O. Part II
1995年にオーストラリアのシドニーで行われたこのライヴの音源は、ジャケット違いは元より、各国で様々なタイトルが付けられて出回っているようですね。おかげで単に収録曲が少ないだけという同じ音源の"CD"を間違ってもう一枚買ってしまいました(笑)。

と、そんな数あるシドニーでのライヴ音源の中ではこの2枚組の"One Night in Australia"が収録曲数も多く最も充実しているのではないかと思います。その他は大抵が収録曲を絞った1枚モノで出ているようですから。

さて、このライヴアルバム、曲目を見ただけでもワクワクするのですが、フルオーケストラを使ったライヴであったということもあり、音に厚みがあって聴き応えがあります。オープニングの"Standin' in the Rain"を聴くと、"DVD"でリリースされた"E.L.O."の"Out of the Blue Tour"での音源とつい比較してしまいますが、生演奏と併せてレコードの音源を使ったテープが多くの場面で使われていた"Out of the Blue Tour"での"E.L.O."のライヴと比べると格段に素晴らしいですね。実のところ、"Standin' in the Rain"のような曲を生でここまで見事に演奏されていることには正直驚きました。今は亡きケリー・グロウカットのヴォーカルが多くの場面で聴けるのもファンとしてはちょっぴり切なくも嬉しいところです。

ちなみに、このライヴは、"Bev Bevan (Drums)"、"Kelly Groucutt (Bass and Vocals)"、"Mik Kaminski (Violin)"の元"E.L.O."組に、"E.L.O. Part II"の正式メンバーである"Eric Troyer (Keyboards and Vocals)"、"Phil Bates (Guitar and Vocals)"という布陣で演奏されています。

CD Case Cover (back): One Night in Australia / E.L.O. Part II   CD Case (inside): One Night in Australia / E.L.O. Part II

残念ながら、"Strange Magic"、"Sweet Talkin' Woman"、"Confusion"、"Do Ya"、"Hold on Tight"、"Turn to Stone"といった曲はメドレー化されているため、それらの曲は多少短縮して演奏されています。フルで聴けないのはちょっと残念な気がしますが、限られた時間の中で多くの曲を演奏するためには仕方ないところだったのかもしれませんし、これだけ素晴らしい演奏で名曲の数々を聴かせてくれれば十分満足というものです。

ライヴといえば、スタジオヴァージョンにアレンジが加えられていたりして、興味深いところがあったりする一方、オリジナル曲のイメージからかけ離れてしまい、がっかりすることもけっこう多いのですが、このライヴでは比較的オリジナルに忠実な演奏がされており、長年慣れ親しんだ曲のイメージそのままに安心して聴けるのが嬉しいところです。曲目にクレジットされてはいませんが、"Can't Get It Out Of My Head"の前には"Eldorado Overture"が演奏されているのもファンには嬉しいところで、エンディング部分をカットせずに、スタジオヴァージョン同様にフルで演奏される"Mr. Blue Sky"などを聴くと感動さえします。個人的には"E.L.O. Part II"のセカンドアルバム"Moment of Truth"に収録されていた、ケリー作でリードヴォーカルも彼がとる、お気に入りの"The Fox"がライヴで聴けるのが嬉しいですね。

▼ Electric Light Orchestra Part II - Turn To Stone (Australia 1995)
https://www.youtube.com/watch?v=b2XJv1taQjA

CD: One Night in Australia / E.L.O. Part II TRACK LIST (2CD Edition)
[Disc 1]: 1. Standing In The Rain / 2. Evil Woman / 3. Don't Wanna / 4. Showdown / 5. Can't Get It Out Of My Head / 6. Whiskey Girls / 7. Livin' Thing / 8. One More Tomorrow / 9. Mr Blue Sky / 10. Telephone Line / 11. Ain't Necessary So / 12. The Fox

[Disc 2]: 1. Strange Music / 2. Sweet Talkin' Woman / 3. Confusion / 4. Do Ya / 5. Rockaria / 6. Roll Over Beethoven / 7. All Fall Down / 8. Witness / 9. 1,000 Eyes / 10. Hold On Tight / 11. Turn To Stone / 12. Rock & Roll Is King / 13. Last Train To London / 14. Don't Bring Me Down

(記:2010年12月 / 更新:2016年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 8 Navigation Part 9   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.