Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 7
01. THE SINGLES [限定レコード盤] / JAPAN (1981)
02. THE ORIGINALS II 「続・地獄の全貌」 / KISS (1978)
03. LIVE KILLERS / QUEEN (1979)
04. NEW ENGLAND の LPレコード盤3枚 (失われし魂 / 果てしなき冒険 / WALKING WILD)
05. ヤングロック4月号 「ビッグ3大特集号」 ('78) / 別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ」 ('77)
06. ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1977)
07. ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978)
08. ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 栄光の4人クイーン (1981)
09. ヤングロック増刊 KISS (1978) / ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 キッス・コミックス (1979)
10. レコード・コレクターズ 7 / E.L.O. 特集号 (2001)
    THE SINGLES [限定レコード盤] / JAPAN (1981)

レコードの帯:The Singles (ザ・シングルズ) / Japan

Album Cover: The Singles (Japanese 12-inch Vinyl Record) / Japan  カラーレコード盤:The Singles / Japan  カラーレコード盤:The Singles / Japan

この「The Singles / ザ・シングルズ」は日本のみで限定発売されたLPサイズのレコード盤で、それまでシングル盤でのみリリースされていたアルバム未収録の3曲、"Life in Tokyo"、"European Son"、"I Second that Emotion"と、アルバムからシングルカットされた2曲、"The Unconventional"、"Quiet Life"に、未発表曲"Stateline"の全6曲で構成されています。

限定盤ということもあってか、特大ピックラベルと、それが見えるよう型抜きされたシルバーメタリックのジャケットに、ブルーのカラーレコードと、凝った作りで、更にはおまけとして5人のサイン入りブロマイドが付いているという至れり尽くせりな仕様になっています。手持ちのレコードには何故かポスターも入っていたので、もしかしたらアルバムの発売に合わせて販促用のポスターも制作されていたのかもしれませんね。青春の良き思い出。

サイン入りブロマイド:The Singles / Japan サイン入りブロマイド:The Singles / Japan

ポスター / Japan ポスター / Japan

▼ JAPAN - Quiet Life (Top Of The Pops 1981)
https://www.youtube.com/watch?v=HoYVlFYtj8Y

▼ JAPAN - I Second That Emotion (Live in Japan)
https://www.youtube.com/watch?v=G_eAGo5aDoQ

TRACK LIST
Side 1: 1. Life in Tokyo (ライフ・イン・トウキョウ) / 2. European Son (ヨーロピアン・サン) / 3. Stateline (ステイトライン)
Side 2: 1. Unconventional (奇しい絆) / 2. Quiet Life (クワイエット・ライフ) / 3. I Second that Emotion (セカンド・ザット・エモーション)

NOTES
• 限定盤 / Released in Japan Only

(記:2009年2月 / 更新:2015年7月)


    THE ORIGINALS II 「続・地獄の全貌」 / KISS (1978)

レコードの帯:The Originals II (続・地獄の全貌) / KISS

Album Cover (front): The Originals II (Japanese 12-inch Vinyl Record) / KISS

Album Cover (back): The Originals II (Japanese 12-inch Vinyl Record) / KISS


この「The Originals II / 続・地獄の全貌」は来日記念盤として日本のみで限定発売されたLPレコードで、これまでにリリースされていた「Destroyer / 地獄の軍団」、「Rock And Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」、「Love Gun / ラブ・ガン」をセットにした3枚組になっています。当時はアルバム一枚の価格はほぼ\2,500でしたから、絶頂期と言える時代の3枚をそれぞれ別個に買うよりお得な\4,500という価格で発売されたこともあって、早々と完売していたように覚えています。

個人的には、既に上記3枚のアルバムは持っていたので、特別これを買う必要性もなかったのですが、それでも当時は欲しくて買ったんですよね。ただ、流石に\4,500はお小遣いではきつい金額だったし、限定盤ということもあり、お小遣いを貯めてる時間的猶予もなかったので、親に貰った参考書代か何かを流用して買ったような記憶が・・・。(笑)

と言うわけで、これらのレコードをプレイヤーに乗せて聴いたという記憶は無いんですよね。それでも欲しかったのさ。(笑)

特典としてはオールカラーのブックレットとメンバー4人のお面が付いており、レコード3枚はそれぞれのオリジナルジャケットのデザインが施された袋に入っています。ただ、コミック画風に描かれた安っぽいお面のデザインは今一気に入らなかった所為か、捨ててしまったようで、残っていませんでした。


■ 帯を付けた表ジャケット
Album Cover: The Originals II / KISS
■ ジャケット内側
Album Cover (inside): The Originals II / KISS
■ 付録のブックレット
8-Page Color Booklet: The Originals II / KISS


■ ジャケット+レコード袋3枚(表)
ジャケット+レコード袋3枚(表):The Originals II / KISS
■ ジャケット+レコード袋3枚(裏)
ジャケット+レコード袋3枚(裏):The Originals II / KISS

NOTES
• 限定盤 / Released in Japan Only

(記:2009年3月 / 更新:2015年7月)


    LIVE KILLERS / QUEEN (1979)

レコードの帯:Live Killers (ライヴ・キラーズ) / Queen

Album Cover (front) + Obi: Live Killers / Queen (Japanese 12-inch Vinyl Record)   Album Cover (back): Live Killers / Queen (Japanese 12-inch Vinyl Record)   Album Cover (front): Live Killers / Queen

レコード類は殆んどを処分しており、気に入ったジャケットと珍しいものだけ若干残しているだけなのですが、これはそんな中の1枚で、クイーン初のライヴ・アルバムである「Live Killers / ライヴ・キラーズ」の2枚組初回限定カラーレコード(グリーンとレッド)です。それにしてもカッコイイジャケットだね。

当時はビデオといったものも無く、海外のミュージシャンを映像で見る機会も滅多に無かったため、"Queen"を生はもとより動画としても見たことなど無かった私は、多重録音を繰り返して作り上げられた"Queen"の楽曲がライヴではいったいどのように演奏されているのかと興味津々でした。

実際に聴いた感想としては、完成度の高いスタジオ録音サウンドに慣れ親しんでいた耳には、正直やや物足りない印象がありましたが、それでもオープニングのアップテンポにアレンジされた"We Will Rock You"を始め、観客との一体感が演出される"Now I'm Here"や、"Spread Your Wings" などはとても気に入ってましたね。

この"Live Killers"を初めて聴いたときは、フレディの"MC"が一瞬途切れ、ピーピーピーと鳴る信号音に、「何これ?」といった感じで、慌てて歌詞カードを手にしたり(現在は少なくなりましたが、当時のライヴ盤の殆んどは曲間のMCも歌詞カードにきちんと記載されていました)、なんでメンバー紹介でブライアンが抜けているのかと不思議に思ったり、はたまた、お気に入りの"Bicycle Race"では印象的な「バイセコ、バイセコってコーラスが無いじゃん」と、違和感を感じた部分もありましたが、それでも、今ではそれらも含めて全てが懐かしい思い出となっている感じがします。実際、こうやって一喜一憂を覚えているわけですからね。

ちなみに付属の歌詞カードは先の述べたように曲間のMCも記載されていますし、曲の歌詞もスタジオヴァージョンの写しではなく、ここでのライヴヴァージョンのものが観客との掛け合いを含めて記載されています。


カラーレコード盤(グリーン):Live Killers / Queen カラーレコード盤(レッド):Live Killers / Queen Album Cover (inside): Live Killers / Queen

レコード盤ラベル:Live Killers / Queen レコード盤ラベル:Live Killers / Queen レコード盤ラベル:Live Killers / Queen レコード盤ラベル:Live Killers / Queen

TRACK LIST

[Disc 1]
Side One: 1. We Will Rock You / 2. Let Me Entertain You / 3. Death On Two Legs / 4. Killer Queen / 5. Bicycle Race / 6. I'm In Love With My Car / 7. Get Down, Make Love / 8. You're My Best Friend
Side Two: 1. Now I'm Here / 2. Dreamer's Ball / 3. Love Of My Life / 4. '39 / 5. Keep Yourself Alive

Side One: 1. ウイ・ウィル・ロック・ユー / 2. レット・ミー・エンターテイン・ユー / 3. デス・オン・トゥ・レッグス / 4. キラー・クイーン / 5. バイシクル・レース / 6. アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー / 7. ゲット・ダウン・メイク・ラヴ / 8. マイ・ベスト・フレンド
Side Two: 1. 誘惑のロックン・ロール / 2. ドリーマーズ・ボール / 3. ラヴ・オブ・マイ・ライフ / 4. '39 / 5. 炎のロックン・ロール

[Disc 2]
Side Three: 1. Don't Stop Me Now / 2. Spread Your Wings / 3. Brighton Rock
Side Four: 1. Bohemian Rhapsody / 2. Tie Your Mother Down / 3. Sheer Heart Attack / 4. We Will Rock You / 5. We Are The Champions / 6. God Save The Queen

Side Three: 1. ドント・ストップ・ミー・ナウ / 2. 永遠の翼 / 3. ブライトン・ロック
Side Four: 1. ボヘミアン・ラプソディ / 2. タイ・ユア・マザー・ダウン / 3. シアー・ハート・アタック / 4. ウイ・ウィル・ロック・ユー / 5. 伝説のチャンピオン / 6. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

NOTES
• 初回限定盤(カラー・レコード)

• UK 3位 (Gold)、US 16位 (2x Platinum / 2002-RIAA)

▼ Queen - Love Of My Life (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=sUJkCXE4sAA

(記:2009年4月 / 更新:2015年7月)


    NEW ENGLAND の LPレコード盤3枚 (失われし魂 / 果てしなき冒険 / WALKING WILD)

レコードの帯:New England (失われし魂) / ニュー・イングランド

レコードの帯:Explorer Suite (果てしなき冒険) / ニュー・イングランド


Vinyl Record / New England
「New England / ニュー・イングランド」というバンドの知名度から考えても、日本人でこれら3枚のレコードをリアルタイムで買ったという人は中々いないのではないでしょうか。特に3rdアルバムにしてラストアルバムとなった"Walking Wild"は日本では発売されるこもなかったですからね。

特別難解な音楽をやっているという訳でもなく、と言うよりも、ラズベリーズをよりダイナミックでメロディックにしたような、どちらかと言えば親しみやすい音楽にもかかわらず、僅か3枚のアルバムを残して消滅したバンドだった所為か、どこかマニアックなイメージがありますが、ファーストアルバムで初めてそのサウンドを体感した当時は、近い将来必ずやボストン、ジャーニー、スティックス、といったバンドと肩を並べる存在になるだろうと確信していましたし、そういった意味ではほんと惜しいバンドだったと思いますね。今でも再結成に微かな期待をっもっているのですが・・・。

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

なお、ファーストアルバムの「New England / 失われし魂」と、セカンドアルバムの「Explorer Suite / 果てしなき冒険」は、クイーンの"News of the World"や、後にはエイジアのデビューアルバム"Asia"、それにジャーニーの"Escape"といったビッグヒットとなる作品を手がけることになるマイク・ストーンをプロデューサーに迎えての作品でした(ファーストはポール・スタンレー / KISS、セカンドはジョン・ファノン / New Englandとの共同プロデュース)。ちなみに"Walking Wild"はトッド・ラングレンによるプロデュース作品。

NEW ENGLAND 「失われし魂」 (1979)

LP Record (front): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (back): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (Inner Sleeve): New England 「失われし魂」 / New England

LP Record (Label): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (Label): New England 「失われし魂」 / New England

EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 (1980)

LP Record (front): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (back): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (Inner Sleeve): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England

LP Record (Label) : Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (Label) : Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England

WALKING WILD (1981)

LP Record (front): Walking Wild / New England   LP Record (back): Walking Wild / New England   LP Record (レコード袋):Walking Wild / New England

LP Record (Label): Walking Wild / New England   LP Record (Label): Walking Wild / New England

(記:2009年5月 / 更新:2013年3月)


    ヤングロック4月号 「ビッグ3大特集号」 ('78) / 別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ」 ('77)

ヤングロック'78年4月号(ビッグ3大特集号)

ヤングロック'78年4月号(ビッグ3大特集号)
これは徳間書店発行の音楽雑誌、ヤングロック4月号(1978年)のビッグ3大特集号です。レコード盤をアップしたついでに、音楽にまつわる思い出の代物ということで持ち出してきました。

雑誌の表紙には大きく「ビッグ3大特集」と書かれているように、当時の日本でもとりわけ人気が高かった3つのバンド、クイーン、キッス、エアロスミスに焦点をあてた写真と記事を中心に雑誌は構成されています。

これら3つのグループはどれも好きなバンドでしたので買っていたのですが、今思えば、当時は海外のミュージシャンを動画で見る機会なんて殆んど無かったので、雑誌の写真と記事から色々と想像してイメージを膨らませることが楽しみのひとつだったようにも思います。まぁ、成長期にこんなことをして楽しんでいたんで、この当時好きだったバンドには思い入れもあり、今でも特別な存在でいるんでしょうね。自分が何歳まで生きれるかはわかりませんが、今でも好きでいられるのだから、きっとこのままずっと好きでいるように思うのですがどうなんでしょうか。100歳過ぎても変わらず好きでいられたら幸せ。命の方が持たないか? (笑)

リリースされたばかりのアルバム「News of the World/世界に捧ぐ」について語るフレディのインタビュー記事は今となっては貴重です。


別冊ヤングフォーク '77 (スーパーアイドルを探せ)

こちらは1977年に講談社より発行された別冊ヤングフォーク / スーパーアイドルを探せ(1977年)で、クイーン、キッス、エアロスミス、ベイ・シティ・ローラーズ、エンジェルをビッグ5と銘打って特集が組まれた特別号です。中でもキッスは初来日間近ということもあって一際大きく取り上げられています。

この当時、これらのグループの中でも断然の人気を誇っていたのはクイーンでもキッスでもなく、その熱狂的人気からビートルズの再来とまで言われていたベイ・シティ・ローラーズでした。当時の人気順で並べると、ベイ・シティ・ローラーズ、クイーン、キッス、エアロスミス、エンジェルといった感じでしたね。ただ、人気があったとは言え、ベイ・シティ・ローラーズはファンの大半がティーンの女の子で、そのアイドル然としたコスチュームとルックスイメージは、ことあるごとに批判の対象にもなっていました。ベイ・シティ・ローラーズもあれだけのファンを惹き付ける要素を持っていたのですから、続けていれば徐々に評価されていく部分もあったと思うのですが、バンドの顔とも言うべきヴォーカリスト、レスリーがグループを脱退してからは人気も急速に衰えてバンドはいつしか消滅していました。

エンジェルについて言えば、ビッグ5とは言っても、他のバンドに比べると人気面では大きく水をあけられている感じで、個人的にはクイーンの二番煎じ的イメージがあって興味を持つこともなかったのですが、結局はその後に人気を博することもありませんでしたね。

別冊ヤングフォーク '77 (スーパーアイドルを探せ)

・・・読み返してみて面白かったのは、「激突座談会」と題された、それぞれのバンドのファンクラブ代表が集まっての座談会(なぜか全員女性)。今ではこんな音楽雑誌の企画なんて恐らくは無いでしょうね。果たしてココに出ていた人達は今でもファンでいられるのだろうか?

▼ 付属の大型両面カラーポスター(キッス / ベイ・シティ・ローラーズ)
付属の大型両面カラーポスター (Bay City Rollers & KISS) / 別冊ヤングフォーク '77 (スーパーアイドルを探せ)

(記:2009年9月 / 更新:2015年1月)


    ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1979)

ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1977)

ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1977)


こちらはミュージック・ライフの臨時増刊として発刊された雑誌で、来日の様子を収めた写真と記事で綴られた"Japan"の特集号。ライヴの模様は当然ながら、オフショットが満載です。勿論、最初から最後のページまで全てが"Japan"の記事と写真で構成されおり、丸々一冊"Japan"という内容です。

この当時は海外のバンドについて個人が得られる情報量なんて今と比べると圧倒的に少なかった所為か、ファンの多くが情報に飢えているような部分もあり、好きなバンドについては些細なことでも知りたいという欲求も高かったように思います。雑誌もそんなファン心理に応えるように、インタビュー記事は勿論のこと、何時に朝食をとって何時にリハーサルに出かけたとか、滞在時のタイムスケジュールまで記載されています。

この"Japan"、ビジュアルイメージとは裏腹に、サウンドの方は、明暗で言えば「暗」、陰陽ならば「陰」と、全体的に廃退的で重苦しい雰囲気が漂っており、当時はそのギャップが又、好きな部分でもありました。それに、当時は私自身が世の中に対して何となく冷めたような目で見るところもあったので、この絶望感漂う廃退的な雰囲気に妙に魅かれるようなところもありましたね。

雑誌には音楽評論家によるコンサートレビューもいくつか載っているのですが、けっして絶賛しているわけではないけれど、「彼らのステージに対し、単調で盛り上がらないという不満もあるだろう。だが、そこには始めから誤解がある。ロックバンドのコンサートには汗と熱狂がつきものだという従来の方程式にのっとった誤解だ。彼らの音楽は最初から手拍子を取りながら乗りまくるといったタイプのものではなく、極めて知的な屈折と実験的な精神の上に成り立つものであるからだ。」とか、「ファンの歓声とは正反対に、彼らの音楽は、重く、暗く、陰うつであった。始まって3、4曲目で、すでに耐えきれないほど憂鬱な気分になってしまった。やはり、あれだけ陰湿な曲を続けられると気がめいる。かれらの美貌を見ているぶんにはいいのだが、音楽を聴くとなると、ブルーになりすぎてしまう。」と、案外正直に書かれたレビュー等も彼らの音楽性を知る上ではけっこう面白いです。

▼ 付属のワイド・カラー・ポスター

付属のワイド・カラー・ポスター / ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1977)

(記:2009年10月 / 更新:2015年1月)


    ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978)

ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978)

ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978)


初来日を果たした前年に引き続き、来日公演を行った"KISS"。これは、その来日公演後にミュージック・ライフの臨時増刊号として出版された"KISS"特集号で、最初から最後のページまで全てが"KISS"の記事と写真で構成されています。

まずは、雑誌企画の人気投票での表彰(2位)を兼ねたフォトセッションに始まり、メンバー4人への個別インタビュー、滞在時のスケジュール表と到着便の時刻から離陸便の時刻までも網羅された行動チェックに、ジーンが自ら語るこれまでにリリースされたアルバムジャケットの解説等、数多くのフォトはもとより、けっこう読み応えのある記事で構成された紙面は、雑誌側の力の入れようが伝わってくるような充実した内容です。

今見ると、インタビュアーの人選がちょっと面白くて、ポールは落合恵子さん、エースが湯川れい子さんと、この二人は分かるとしても、ピーターはなんとオスギとピーコの御両人、そしてジーンはといえば、この当時14才のエッセイスト羽仁未央さんといった具合です。

ちなみに、この年の来日公演は、大掛かりなステージセットということもあってか、東京武道館のみの5公演というものでしたが、当時はビートルズが記録した武道館での観客動員記録を塗り替えたとして話題にもなった初来日公演での記録を自ら塗り変えるというものでもありました。

しかしながら、そんな華やかな表舞台とは裏腹に、この日本公演を最後に2年間のライヴ活動休止と、4人同時にリリースされるというソロアルバムの製作に各自が取り掛かっていることが公式に発表され、「このままバンドは解散してしまうのでは?」という憶測もこの時期には飛び交っており、混沌とした状況でもありました。

▼ こちらは同社発行の他の雑誌に掲載されていたこの臨時増刊号の広告。

ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978) の雑誌広告

(記:2010年2月 / 更新:2015年1月)


    ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 栄光の4人クイーン (1981)

ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 栄光の4人クイーン (1981)

ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 栄光の4人クイーン (1981)


"QUEEN THE MRACLE"と題された雑誌のタイトルからして、"The Mracle"発表後のものと勘違いしそうですが、1981年出版ということからも分かるとおり、この時点での最新アルバムはフラッシュ・ゴードンのサウンドトラック盤です。まぁ、ファンの方が見れば、フレディのヒゲ面でいつの頃か概ね分かるというものですが。

雑誌の表紙には「4度目の来日のすべてを完全収録」と書かれているように、ステージショットは勿論のこと、飛行機から降り立った空港での写真から、リハーサル風景、バックステージでの様子等、普段見られないような写真も満載です。勿論、来日を記念した臨時増刊号ということで、最初から最後のページまで全てが"Queen"の記事と写真で構成されています。

又、メンバー4人への個別インタビュー記事は勿論のこと、その他にもファンの興味を惹くような様々な企画で雑誌は構成されています。例えば、「クイーンが残した60の逸話」と題された滞在時の秘話を集めたコーナーでは数々の面白いエピソードが綴られており、いくつか紹介すると、フレディは着物や浮世絵、版画といった美術品など、総額1,000万円程の買い物をして帰ったとか、空港での手続きを終え出国したと思ったフレディが、「あの飛行機はよく落っこちるから」との理由で乗るのを止めて戻ってきたとか、読書家として知られるロジャーが持参してきた大量の本の中には遠藤周作の「沈黙」もあったとか、日本のレコード会社に渡そうとロジャーが持ってきた発売間近のソロアルバムのラフテープが紛失して大騒ぎになったが、ジョンの愛聴テープの中にちゃっかり紛れ込んでいたとか、ブライアンはレコード店に立ち寄り、クイーンのシングル盤を全種類買っていったなどなど、関係者以外では知ることができないエピソードが満載です。

その他にも、「華麗なる奇跡〜目で見るクイーンの歴史」や、「想い出のオンステージ」と題されたコーナーでは懐かしくも若々しい数々の写真を見ることができます。

▼ 綴じ込みカラーピンナップ
ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 栄光の4人クイーン 「綴じ込みカラーピンナップ」  (1981)

(記:2010年2月 / 更新:2015年1月)


    ヤングロック増刊 KISS (1978) / ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 キッス・コミックス (1979)

こちらはマーベル・コミックスで有名なアメリカのマーベル社から発刊されたキッス・コミックスの日本語訳版で、このコミックスがマーベル社が過去に発刊したコミックスの中でも群を抜く売り上げを示したことから(写真上段)、翌年には第2弾となる続編も発刊されました(写真下段)。雑誌は共にそのコミックスをメインに写真と近況の記事などで構成されています。

コミックスのストーリー自体は、いかにもアメリカンコミックスといった内容ですが、この当時は公表されていなかった4人の素顔がコミックスの中ではふんだんに描かれていることから、こんな顔してるんだろうかと想像を膨らませていたことを覚えています。もしかしたらそういったところがファンの興味を惹き、売り上げに繋がっていた部分もあったのかも?

▼ キッス・コミックス第1弾

ヤングロック増刊 KISS (1978)   ヤングロック増刊 KISS (1978)

▼ キッス・コミックス第2弾(右は同社発行の他の雑誌に掲載されていたこのキッス・コミックスの広告)

ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 キッス・コミックス (1979)   ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 キッス・コミックス (1979)

(記:2010年5月 / 更新:2015年1月)


    レコード・コレクターズ 7 / E.L.O. 特集号 (2001)

レコード・コレクターズ 7 / E.L.O. 特集号 (2001)

E.L.O.を特集した本や雑誌なんてそうないんですよね。これはレコード・コレクターズだけあって、精通したライター達による特集記事も充実しており、けっこう読み応えがあります。

E.L.O.特集の内容は・・・
  • ルーツ・ロックへの真摯なまなざしに支えられた現代版ウォール・オブ・サウンド 「ジェフ・リンのELO驚きの復活!」
  • ポップ・ソングによる宇宙の創造をめざして 「15年ぶりの新作を発表したELO30年の奇跡」
  • ふたりの魔人によるポップモザイク対決のゆくえ
  • オリジナル・アルバム・ガイド
    1971年のファーストアルバムから2001年のZOOMまでの全アルバム解説
  • オリジナル・アルバム・未収録曲 / ヴァージョン
  • ジェフ・リン 「ELO結成前の活動と、ソロ、プロデュース作品」
  • ロイ・ウッド「ジェフ・リンと共にELOを立ち上げた英ロック界きっての魔術師」
  • 国内版7インチシングル盤と各国版7インチシングル盤のジャケット写真
といった感じで構成されています。

(記:2010年5月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 7 Navigation Part 8   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.