Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 6
01. JAZZ 「ジャズ」 / QUEEN (1978)
02. AMARANTINE / ENYA (2005)
03. TOTO IV 「聖なる剣」 / TOTO (1982)
04. TURN BACK 「ターン・バック」 / TOTO (1981)
05. BAT OUT OF HELL III - THE MONSTER IS LOOSE / MEAT LOAF (2006)
06. BARK AT THE MOON / OZZY OSBOURNE (1983)
07. TOTO 「宇宙の騎士」 / TOTO (1978)
08. ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBA (1992)
09. QUEEN ROCK MONTREAL / QUEEN (2007)
10. BALANCE OF POWER / E.L.O. (1986)
    JAZZ 「ジャズ」 / QUEEN (1978)

CDの帯(初CD化盤):ジャズ / クイーン

Album Cover (front): Jazz / Queen
それまでのドラマティックな構成はやや薄れ、バラエティに富み、より多彩な構成となったこの7作目のアルバム「Jazz / ジャズ」が、サウンド面でひとつの転換期になったのではないかと思います。

もちろん、以前からクイーンのサウンドはかなり幅広いものではあったのですが、ただ、このアルバム"Jazz"では、取り分け過去のスタイルからすると異色とも呼べる楽曲が多く収められており、その事は、「コンテンポラリーな音楽という意味で、アルバムタイトルを"Jazz"と命名した」との言葉に凝縮されているようにも思えますし、又、この辺りは、マティスの切り紙絵を版画にした"Jazz"と同じような意味合いがあるのかも知れません。

ということで、アルバムがジャズサウンドを意識して制作されている訳ではありませんが、個人的に好きな曲のひとつでもある、ジャジーな雰囲気漂う"Dreamer's Ball"が収められてはいます。

しかしながら、一番驚かされるのは、やはり1曲目の"Mustapha"ですね。いきなり「イ〜ブラヒ〜ム」とアラブ語で始まるこの曲は、クイーン史上でもトップクラスのインパクトがあります。しかも、単に奇をてらっているのではなく、楽曲自体の完成度も高く、ドイツやスペインではシングルカットもされていたようです。

又、シタール風ギターの音色が印象的なバラード、"Jealousy"もフレディらしい名曲で、"Bicycle Race"は、こんなタイトルの曲、クイーン以外の誰が作るだろうといった感じです。

Album Cover (back): Jazz / Queen 他にも、ジョンのポップセンスが際立つ"In Only Seven Days"は、アクの強い楽曲がひしめく中にあっては一服の清涼剤のようでもありますし、英米を始め多くの国々では"Bicycle Race"と両A面扱いでシングル発売された"Fat Bottomed Girls"や、セカンドシングルとなった"Don't Stop Me Now"とったクイーンらしい優れた楽曲も収められています。

ただ、正直、中には全く聴かない曲も2、3曲ありますが、それでも、私にとっては心に残る大切なアルバムであることに違いはありません。でも、これだけアクが強いと、人によって好き嫌いが分かれるかも?

アルバムは英2位、米6位を記録。

Japanese 7-inch Single Record: Bicycle Race / Queen ファーストシングルの"Bicycle Race / Fat Bottomed Girls"は、英11位、米24位を記録。ちなみにセカンドシングルの"Don't Stop Me Now"は、英9位、米86位。

なお、シングル盤や、"Greatest Hits"に収録されている"Fat Bottomed Girls"は、イントロ、間奏、エンディング部分が短く編集されたシングルヴァージョンですが、アルバムには、ブライアンのギターが長めに入ったオリジナルヴァージョンが収録されています。

ということで、右の写真は、その"Fat Bottomed Girls"のために当時買ったシングル盤。

TRACK LIST
01. Mustapha 「ムスターファ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
02. Fat Bottomed Girls 「ファット・ボトムド・ガールズ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
03. Jealousy 「ジェラシー」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
04. Bicycle Race 「バイシクル・レース」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
05. If You Can't Beat Them 「うちひしがれて」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
06. Let Me Entertain You 「レット・ミー・エンターテイン・ユー」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
07. Dead On Time 「デッド・オン・タイム」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
08. In Only Seven Days 「セヴン・デイズ」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
09. Dreamer's Ball 「ドリーマーズ・ボール」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
10. Fun It 「ファン・イット」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocals: R. Taylor & F. Mercury
11. Leaving Home Ain't Easy 「去りがたき家」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
12. Don't Stop Me Now 「ドント・ストップ・ミー・ナウ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
13. More Of That Jazz 「モア・オブ・ザット・ジャズ」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

▼ Queen - Don't Stop Me Now (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=HgzGwKwLmgM

▼ おまけ

Queen - Don't Stop Me Now (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=5xbkDc6AdeY

(記:2006年5月 / 更新:2017年7月)


    AMARANTINE / ENYA (2005)

CDの帯(初回プレス盤):アマランタイン / エンヤ

Album Cover: Amarantine / Enya
これまでの中間色に彩られた印象派の香り漂うアルバムカヴァーデザインから一転して、原色に近いシンプルな配色よるポップなモダンアートを思わせるイメージに変わったことに、何やらサウンド面での変化を匂わせているのかと思いきや、実際に聴こえてくるサウンドはむしろ逆で、爆発的に売れた前作"A Day Without Rain"からするとポップ性はやや影を潜め、より繊細で深みのある方向へと向かっているように感じられます。その所為か、当初は多少地味な印象を受けていましたが、時が経つにつれ、ジワジワとその魅力に引き込まれていっているような気がします。

このアルバムでは、ゲール語、英語、日本語、そして架空の言語と、曲のイメージによって歌詞の言語が使い分けられていますが、中でも、芭蕉の句をイメージさせる文芸性とサウンドが一体となった「Sumiregusa / 菫草(すみれぐさ)」で表現されるその世界観は見事で、日本人でもこれだけのものを表現できる人はそうはいないのではないかと思えるような出来。派手さはないけれど、ヒット狙いの楽曲がひしめく昨今にあっては神聖な感じさえします。よりアーティスティックなサウンドへと進化したこのアルバムは時を経てこそ、その価値に気付くのかもしれません。これぞ岩に染み入るサウンド?

ちなみに、アルバムタイトルの「Amarantine / アマランタイン」は、詩人が「永遠の花」を語る時に使う言葉だそうです。エンヤ曰く、「"Amarantine"と呼んだのは永遠性を込めてのことなの。私はずっとこのイメージが大好きだったのよ」とのこと。

なお、アルバムは、米6位(Platinum)、英8位(Silver)を記録しています。

▼ Enya - Amarantine
https://www.youtube.com/watch?v=IQU4DoE1eBg

▼ Enya - Enya - It's In The Rain
https://www.youtube.com/watch?v=__aCeZSxSmA

CD: Amarantine / Enya TRACK LIST
1. Less Than A Pearl / 2. Amarantine / 3. It's In The Rain / 4. If I Could Be Where You Are / 5. The River Sings / 6. Long Long Journey / 7. Sumiregusa / 8. Someone Said Goodbye / 9. A Moment Lost / 10. Drifting / 11. Amid The Falling Snow / 12. Water Shows The Hidden Heart

1. レス・ザン・ア・パール / 2. アマランタイン / 3. イッツ・イン・ザ・レイン / 4. イフ・アイ・クッド・ビー・ホウェア・ユー・アー / 5. ザ・リヴァー・シングス / 6. ロング・ロング・ジャーニー / 7. 菫草(すみれぐさ) / 8. サムワン・セッド・グッバイ / 9. ア・モーメント・ロスト / 10. ドリフティング / 11. アミッド・ザ・フォーリング・スノウ / 12. ウォーター・ショウズ・ザ・ヒドゥン・ハート

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2006年8月 / 更新:2015年12月)


    TOTO IV 「聖なる剣」 / TOTO (1982)

Album Cover (front): TOTO-IV / TOTO  Album Cover (back): TOTO-IV / TOTO  CD Case (front with Obi): TOTO-IV / TOTO

"TOTO"の金字塔ともいえるこの「TOTO IV / 聖なる剣」は、多彩で魅力的な楽曲が揃った"TOTO"の代表作。前作"Turn Back"ではハードロック寄りのアプローチを見せ、スタジオ・ミュージシャンの集合体というイメージを払拭するかのように、ロックバンドである事を前面に打ち出していたようにも感じられましたが、このアルバムでは、より音楽的な多様性が見られ、今でも彼らの最高傑作としてこのアルバムの名が挙がることも多いようですね。

ビルボードチャートでは最高4位だったものの、その年のグラミー賞においては、主要7部門制覇という偉業を達成し、優れた楽曲が数多く収録されている事を示すように、このアルバムからは次々とシングルヒットが生まれ、サードシングルの"Africa"は、初の全米No.1に輝いています。

アルバムは米(3x Platinum)英で共に4位を記録し、本国のアメリカでは、"Rosanna"(米2位 / 英12位)、"Make Believe"(米30位)、"Africa"(米1位 / 英3位)、"I Won't Hold You Back"(米10位 / 英37位)、"Waiting for Your Love"(米73位)の5曲がシングルカットされています。個人的にはちょっぴり控えめな感じの"It's A Feeling"が何気に好きだったりするんですけどね。なお、日本では"Make Believe"の代わりに"Afraid of Love"が独自にシングルカットされ、この曲も結構ラジオでかかっていた記憶があります。

▼ こちらは手持ちのLPレコードの帯。

LPレコードの帯:TOTO-IV 「聖なる剣」 / TOTO

▼ 同じく、こちらもLPレコードで、左がジャケット裏側、中央が歌詞カードの表紙、右がレコード盤のラベル。

LPレコードのジャケット裏側: TOTO-IV 「聖なる剣」 / TOTO  LPレコードの歌詞カード表紙:TOTO-IV 「聖なる剣」 / TOTO  LPレコード盤のラベル:TOTO-IV 「聖なる剣」 / TOTO

▼ TOTO - Rosanna
https://www.youtube.com/watch?v=qmOLtTGvsbM

▼ TOTO - I Won't Hold You Back
https://www.youtube.com/watch?v=WUkvLyaBOQ8

▼ TOTO - Afraid Of Love
https://www.youtube.com/watch?v=bBR5Gx4ovOk

▼ TOTO - Africa
https://www.youtube.com/watch?v=FTQbiNvZqaY

TOTO - BAND MEMBERS
• Bobby Kimball (ボビー・キンボール) - Lead and Backing Vocals
• Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー) - Guitar, Lead and Backing Vocals
• David Hungate (デヴィッド・ハンゲイト) - Bass Guitar
• David Paich (デヴィッド・ペイチ) - Keyboards, Lead and Backing Vocals
• Steve Porcaro (スティーヴ・ポーカロ) - Keyboards, Lead Vocals on "It's a Feeling"
• Jeff Porcaro (ジェフ・ポーカロ) - Drums, Percussion

LPレコードのジャケット + 帯:TOTO-IV 「聖なる剣」 / TOTO TRACK LIST
1. Rosanna (ロザーナ) / 2. Make Believe (メイク・ビリーヴ) / 3. I Won't Hold You Back (ホールド・ユー・バック) / 4. Good For You (グッド・フォー・ユー) / 5. It's A Feeling (イッツ・ア・フィーリング) / 6. Afraid Of Love (アフレイド・オブ・ラヴ) / 7. Lovers In The Night (ラヴァーズ・イン・ザ・ナイト) / 8. We Made It (ウィ・メイド・イット) / 9. Waiting For Your Love (ユア・ラヴ) / 10. Africa (アフリカ)

• Lead Vocals: T-1 (Steve Lukather and Bobby Kimball) / T-2, 4, 8, 9 (Bobby Kimball) / T-3, 6 (Steve Lukather) / T-5 (Steve Porcaro) / T-7, 10 (David Paich)

NOTES
• CD発売日:2005年12月21日(再発盤)
• 2000年 デジタル・リマスター

• Album: US 4位 - 3x Platinum (1991-RIAA) / UK 4位 - Gold

(記:2007年4月 / 更新:2017年2月)


    TURN BACK 「ターン・バック」 / TOTO (1981)

CDの帯:ターン・バック / TOTO

Album Cover (front): Turn Back / TOTO   Album Cover (back): Turn Back / TOTO   CD Case (front): Turn Back / TOTO

この「Turn Back / ターン・バック」は、"TOTO"史上最もハードロック色の濃いサウンドアプローチでありながらも、静と動の対比が魅力的な"TOTO"のサードアルバムです。個人的にはファーストアルバムの「TOTO / 宇宙の騎士」や、前作の「Hydra / ハイドラ」、そして次作の「TOTO IV / 聖なる剣」と並んで好きなアルバムなんですが、セールス的にはビルボードチャートで最高位41位、シングルカットされた"Goodbye Elenore"にいたっては100位にも入らずと、いまひとつだったようです。印象的なアルバムのアートワークと相まって、他のアルバムに無い独特の雰囲気も持ったトータルバランスに優れた力作だったと思うんですが、ベストアルバム等でも殆んど無視される存在となっているのは如何に?

CD: Turn Back / TOTO しかしながら、そういった世間的な評価は別にして、このアルバムに収められた楽曲は今でも比較的良く聴いている方で、今、あらためて思うのは、"TOTO"史上最もカッコいいアルバムだということ。売れたアルバムが必ずしも優れたアルバムとは限らず、クオリティーの高い充実したアルバムでありながらも残念ながらセールスには結びつかなかったアルバムは数多く存在するのも事実です。

冒頭でも述べたとおり、アルバムとしてはハードロック色の濃いサウンドなのですが、以外にも収録曲はミディアム・スローな楽曲が多く含まれています。ただし、ここに収録されているミディアム・スローな曲はどれもがパワフルでカッコイイんですよね。

当時はシングルカットされたハードロックチューンの"Goodbye Elenore"と、エキゾティックで何処と無くオリエンタルな雰囲気のある"Turn Back"が特に好きで、カセットテープには、アルバム中、唯一の苦手な曲であるオープニングの"Gift With A Golden Gun"を最後に持っていき、1曲目には大好きな"Goodbye Elenore"を入れて聴いていました。"Gift With A Golden Gun"も悪い曲ではないんですけどね。

▼ こちらはLPレコードに付属の二つ折りフォトカード(左)と、レコード用の内袋(右)。

LPレコードに付属のフォトカード:Turn Back / TOTO LPレコード用の内袋:Turn Back / TOTO

手持ちのCDでは、LPレコードに付属のフォトカードがそのままのスタイルでミニチュア化されて封入されています。又、ジャケット内側に記載されている歌詞の部分は、歌詞が記載されたLPレコードの内袋を踏襲したデザインとなっており、CDラベルはLPレコードのラベルのデザインが再現されています。そして、CDの帯は、LPレコードと全く同じではないものの、裏側に回りこんだ部分も含めてLPレコードの帯を踏襲したデザインにはなっており、LPレコードで聴いていた頃の思い出が何となく甦ってくるかのようでもあります。

アルバム(LPレコード)の思い出って、音だけじゃなく、ジャケットのアートワークを含めて、こうした付随するものを含めて脳裏に刻まれているので、こういうのって、けっこう嬉しいですよね。いい仕事がなされたパッケージのひとつだと思いますね。

▼ こちらがCDに付属の二つ折りフォトカード(左)と、ジャケットの内側(右)。

CDに付属のフォトカードとジャケットの内側部分:Turn Back / TOTO

それにしても、今見ても存在感のあるアートワークですね。個人的に最も好きなアルバムジャケットのひとつであり、思い出深いアートワークです。

▼ TOTO - Goodbye Elenore
https://www.youtube.com/watch?v=J6-2jpl0qZs

▼ TOTO - Goodbye Elenore (メイキングムービー)
https://www.youtube.com/watch?v=wt9suOuKMgQ

▼ TOTO - Live For Today
https://www.youtube.com/watch?v=wjqtLPQgmgw

TOTO - BAND MEMBERS (Listed on Inside Cover)
• David Hungate (デヴィッド・ハンゲイト) - Bass, Acoustic Guitar on "I Think I Could Stand You Forever"
• Bobby Kimball (ボビー・キンボール) - Vocals
• Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー) - All Guitars, Vocals
• David Paich (デヴィッド・ペイチ ) - Keyboards, Synthesizer, Vocals
• Jeffrey Porcaro (ジェフ・ポーカロ) - Drums, Percussion
• Steve Porcaro (スティーヴ・ポーカロ) - Keyboards, Electronics

LPレコードのラベル:Turn Back / TOTO TRACK LIST
1. Gift With A Golden Gun / 2. English Eyes / 3. Live For Today / 4. A Million Miles Away / 5. Goodbye Elenore / 6. I Think I Could Stand You Forever / 7. Turn Back / 8. If It's The Last Night

1. ギフト・ウィズ・ア・ゴールデン・ガン / 2. イングリッシュ・アイズ / 3. リヴ・フォー・トゥデイ / 4. ミリオン・マイルズ・アウェイ / 5. グッドバイ・エリノア / 6. スタンド・ユー・フォーエヴァー / 7. ターン・バック / 8. ラスト・ナイト

• Lead Vocals: Bobby Kimball (1, 2, 4, 5, 7) / Steve Lukather (3, 6, 8)

• 2004 DSD Mastering
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2007年11月 / 更新:2016年6月)


    BAT OUT OF HELL III - THE MONSTER IS LOOSE / MEAT LOAF (2006)

CDの帯(初回プレス限定盤):地獄のロック・ライダー3〜最後の聖戦! / ミート・ローフ

Album Cover: Bat Out of Hell III / Meat Loaf   Bat Out of Hell III / Meat Loaf

Bat Out Of Hell III / 地獄のロック・ライダー 3 〜最後の聖戦! [CD+DVD] (初回生産限定盤)

"Bat Out of Hell II"から13年、ベストセラーシリーズ"Bat Out of Hell"の第3章。今回はジム・スタインマンに加え、デズモンド・チャイルド、ダイアン・ウォーレン、ホーリー・ナイトといった売れっ子ソングライターを起用し、プロデュースもデズモンド・チャイルドということもあり、特に日本人にとってはこれまでよりも受け入れやすいサウンドになっているのではないかと思います。

個人的には、"Bat Out of Hell II"はそれほどでもなかったものの、正直、1作目の"Bat Out of Hell"は今でもとっつきにくい感じで、何故、アレ程までに欧米で支持されたのか、中々理解できない部分もあるのですが、この「Bat Out of Hell III / 地獄のロック・ライダー3〜最後の聖戦!」はスンナリと受け入れることがでたというか、完全にのめり込んでしまったほど。それにしてもこの充実ぶりたるや、生半可じゃありません。このアルバムをきっかけに日本での認知度も上がればいいですね。

例によって、随所にコーラスを配した5分〜10分と長めの曲が目白押しですが、どの曲も一本調子にならない起伏に富んだアレンジで、全編を通して壮大な物語が展開される様は、前2作よりロック色も増した感じで圧巻。肉料理のミートローフにかける訳ではないですが、聴き終えた後、これ程までにお腹いっぱいになるアルバムにはそうお目にかかれないのではないでしょうか。ヴォーカルアレンジャーにトッド・ラングレン、ゲストミュージシャンにブライアン・メイ、スティーヴ・ヴァイ他と、こちらもお腹いっぱいになるくらい豪華。

ちなみに、"Celine Dion"でお馴染みの大ヒット曲、"It's All Coming Back to Me Now"がこのアルバムにも収録されていますが、実は、盟友"Jim Steinman"が書いたこの曲、元々は"Celine Dion"が取り上げる以前にリリースされていた前作"Bat Out of Hell II"の収録候補曲のひとつだったそうで、そういった経緯で見ると、本来歌うべき人が後になって発表したという珍しい現象になっているとも言えます。ここではその曲を"Marion Raven"とのデュエットで聴かせてくれますが、それにしてもドラマティックに展開する壮大なアレンジは圧巻ですね。なお、初回限定盤はDVD付きで、日本盤には、その"It's All Coming Back to Me Now"のミュージックビデオがボーナス映像として加えられています。

▼ Meat Loaf Feat Marion Raven - It's All Coming Back To Me Now
https://www.youtube.com/watch?v=y96FkvcsY4o

CD: Bat Out of Hell III / Meat Loaf   DVD: Bat Out of Hell III / Meat Loaf

TRACK LIST (Japanese Limited Edition)
[CD]
1. The Monster Is Loose / 2. Blind As A Bat / 3. It's All Coming Back To Me Now (featuring Marion Raven) / 4. Bad For Good / 5. Cry Over Me / 6. In The Land Of Tthe Pig, The Butcher Is King / 7. Monstro / 8. Alive / 9. If God Could Talk / 10. If It Ain't Broke Break It / 11. What About Love (featuring Patti Russo) / 12. Seize The Night / 13. The Future Ain't What It Used To Be (featuring Jennifer Hudson) / 14. Cry To Heaven

1. ザ・モンスター・イズ・ルーズ / 2. ブラインド・アズ・ア・バット / 3. 記憶の中へ…(feat. マリオン・レイヴン) / 4. バッド・フォー・グッド / 5. クライ・オーヴァー・ミー / 6. イン・ザ・ランド・オブ・ザ・ピッグ、ザ・ブッチャー・イズ・キング / 7. モンストロ / 8. アライヴ / 9. イフ・ゴッド・クッド・トーク / 10. イフ・イット・エイント・ブローク・ブレイク・イット / 11. ホワット・アバウト・ラヴ(feat. パティ・ルッソ) / 12. シーズ・ザ・ナイト / 13. ザ・フューチャー・エイント・ホワット・イット・ユーズド・トゥ・ビー(feat. ジェニファー・ハドソン) / 14. クライ・トゥ・ヘヴン

[DVD]
1. The Monster Is Loose / 2. Bat Out Of Hell III Animated Trailer / 3. The Making Of Bat Out of Hell III / 4. It's All Coming Back To Me Now (Japan Only)

1. ザ・モンスター・イズ・ルーズ <モンタージュ> / 2. 地獄のロック・ライダー3〜最後の聖戦! <アニメーション・トレーラー> / 3. 地獄のロック・ライダー3〜最後の聖戦! <メイキング映像> / 4. 記憶の中へ… feat. マリオン・レイヴン <PV>(日本盤ボーナス映像)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• CD+DVD
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2007年11月 / 更新:2015年7月)


    BARK AT THE MOON / OZZY OSBOURNE (1983)

Album Cover (front): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne

Album Cover (back): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne


緻密で繊細なサウンドを奏でるランディ・ローズを「静」とすると、野太く力強いサウンドイメージがするジェイク・E・リーは「動」といったところでしょうか。それはステージ上でのパフォーマンスに於いても言えることですが、ここではそのジェイクもランディ同様、メロディーラインに重点を置いたプレイに徹している感じもします。まぁ、新参者が好き勝手にプレイできるはずもなく、当然そこにはオジーの意向が大きく働いているのでしょうが、それでもこのアルバムの収録曲とギターサウンドはかなり気に入って聴いていました。それにしてもジェイクのパワフルなリフは今聴いても痺れますね。

収録曲に関しては、オジーのアルバムの中でもトップクラスと言える充実度を誇るのがこの"Bark at the Moon"(邦題は「月に吠える」)だと思うのですが、一般的には、このアルバムでのハイライトと言えば、タイトルトラックでもあり、ファーストシングルにもなった、オープニングを飾る"Bark at the Moon"になるのではないかと。ただ、個人的にはスローな"You're No Defferent Me"と"So Tired"の2曲、それに"Now You See It (Now You Don't)"辺りが特に好きですね。中でも"So Tired"は故美空ひばりさんが歌ってもおかしくないようなバラードで、仮に美空ひばりさんが歌っていたならば「川の流れのように」と並ぶ名曲になっていたんじゃないかと思えるくらいの曲。いや〜、アルバムジャケットからは全く想像できませんよね(笑)。

Live Video (VHS): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne

それと、このアルバム"Bark at the Moon"を語る上で欠かせないのが、翌年にアルバムと同タイトルで発売されたライヴビデオ。今はDVDで発売されているのでしょうか? 日系人ギタリスト(母親が日本人)であるジェイク・E・リーのお披露目ツアーともなったこのライヴ。主役の座をオジーから奪う位にジェイクが目立っています (笑)。
テクニックも然ることながら、とにかくステージアクションがカッコいいですね。かつてオジーのライヴを観に行かれたアン・ルイスさんが、何かのテレビ番組の中で「ギタリストの人のギターを弾く姿が凄くカッコいいのよ」と絶賛されていましたが、未だに彼ほどカッコ良く弾くギタリストにはお目にかかっていません。

内容的にはこのビデオ、"Mr. Crowley"では肝心な所でジェイクの演奏シーンを写してなかったり、小さかったりと多少不満もありますが、サウンドの方は今聴いても身震いがするほど。又、一部、編集(被せた歓声)が下手でうっとおしく、そのままで良かったのにと思う箇所もある"Rock'n Roll Rebel"はスタジオヴァージョンより数段カッコいいですし、ジェイクのギターソロが存分に堪能できる"Suicide Solution"は必見。シリアスなバンドが多い昨今ですが、やっぱりロックには魅せる要素も重要だと認識させられる内容です。

▼ Ozzy Osbourne - Bark At The Moon 1984
https://www.youtube.com/watch?v=1BH9zfWClJE

▼ Suicide Solution - Jake E Lee guitar solo 1984
https://www.youtube.com/watch?v=9dhZzqK9R40

OZZY OSBOURNE - BAND MEMBERS
• Ozzy Osbourne (オジー・オズボーン) - Vocals
• Jake E. Lee (ジェイク・E・リー) - Guitar, Backing Vocals
• Bob Daisley (ボブ・デイズリー) - Bass, Backing Vocals
• Tommy Aldridge (トミー・アルドリッジ) - Drums
• Don Airey (ドン・エイリー) - Keyboards

TRACK LIST
1. Bark At The Moon / 2. You're No Different / 3. Now You See It (Now You Don't) / 4. Rock 'N' Roll Rebel / 5. Centre Of Eternity / 6. So Tired / 7. Slow Down / 8. Waiting For Darkness

1. 月に吠える / 2. ユア・ノー・ディファレント / 3. ナウ・ユー・シー・イット / 4. 反逆のロックン・ロール / 5. センター・オヴ・イターニティ / 6. ソー・タイアード / 7. スロー・ダウン / 8. 暗闇の帝王

NOTES
• Album: US 19位 (3x Platinum / 2000-RIAA)、UK 24位 (Silver)
• Singles: "Bark at the Moon" US 109位、UK 21位 / "So Tired" US 104位、UK 20位

(記:2008年2月 / 更新:2016年7月)


    TOTO 「宇宙の騎士」 / TOTO (1978)

CDの帯:宇宙の騎士 / TOTO

Album Cover (front): TOTO (1st) / TOTO  Album Cover (back): TOTO (1st) / TOTO  CD: TOTO (1st) / TOTO

自分が初めて買った"TOTO"のアルバムは次作のセカンド・アルバム「Hydra / ハイドラ」で、このファースト・アルバム「TOTO / 宇宙の騎士」は、多分サード・アルバムの「Turn Back / ターン・バック」を買った後頃だったと思います。

当時はといえば、ファースト・シングルの"Hold the Line"はリリース当時にラジオでも頻繁にかかっていたこともあり、アルバムを買う前から知っていた曲であったことから、アルバム自体もその"Hold the Line"の重厚なサウンドとジャケットの雰囲気からして、比較的"Boston"に近いサウンドをイメージしていたので、実際にアルバムを通して聴いた印象はかなり違ったもので驚いたんですよね。

しかし、それは良い意味での裏切りだった訳で、特に、彼らが只者ではないと知らしめた1曲目のインストゥルメンタル曲"Child's Anthem"は、今でも"TOTO"と言えば、"Rosanna"でも"Africa"でもなく、この曲が一番にイメージされるくらい強烈なインパクトがありました。そして、続く2曲目、"I'll Supply the Love"のギターソロパートでのメロディーラインのカッコよさに再びシビレ、この2曲を聴いた時点でほんと買って良かったと思ったことは今でも覚えています。又、その後も、"Manuela Run"、"Girl Goodbye"、"Rockmaker"、"Angela"と心惹かれる曲がありましたしね。

ただ、当時はソウルフルなイメージがする"Georgy Porgy"、"You Are the Flower"といった曲や、フュージョンサウンド的な"Takin' it Back"はあまり好きではなかったんですよね。それでも、 今ではこれらの曲にも惹かれているのだから、当時は表面的な派手さに多くを奪われていたのだと思う次第です。

残念ながら個人的にはこのアルバムから"Isolation"までが"TOTO"を好きだった時代になってしまった訳ですが、改めてこのファースト・アルバムを聴いてみると、幅広い音楽性と可能性を秘めた充実したアルバムだったことを再認識させられます。

シングルカットされたのは、"Hold the Line"(5位)、"I'll Supply the Love"(45位)、"Georgy Porgy"(48位)の3曲で、結果的にヒットシングルとなったのは"Hold the Line"1曲だけだったにも関わらず、アルバムはビルボードチャートで最高9位を記録していることからも、このアルバムの充実度が窺い知れますね。

▼ こちらはLPレコードで、左が帯付きのジャケット、中央が歌詞カードの表紙、右がレコード盤のラベルです。

LPレコード + 帯:TOTO (1st) / TOTO   LPレコード(歌詞カード):TOTO (1st) / TOTO   LPレコード(レコード盤のラベル):TOTO (1st) / TOTO

▼ TOTO - Child's Anthem / I'll Supply the Love
https://www.youtube.com/watch?v=3CA6X0Zx3lg

▼ TOTO - Girl Goodbye (Live at the Budokan 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=5MhqC5EgJX8

▼ TOTO - Hold the Line (Live in Tokyo Japan 1980)
https://www.youtube.com/watch?v=j0BSbfpUD7c

▼ TOTO - Georgy Porgy (Live at the Budokan 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=f7cpiTzoL_I

▼ TOTO - Live at Cleveland Agora Ballroom February 1979
https://www.youtube.com/watch?v=-RcO0hMHQNQ

TOTO - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• David Hungate (デヴィッド・ハンゲイト) - Bass
• Bobby Kimball (ボビー・キンボール) - Vocals
• Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー) - Guitars, Vocals
• David Paich (デヴィッド・ペイチ ) - Keyboards, Vocals
• Jeffrey Porcaro (ジェフ・ポーカロ) - Drums, Percussion
• Steve Porcaro (スティーヴ・ポーカロ) - Keyboards, Vocals

TRACK LIST
1. Child's Anthem / 2. I'll Supply The Love / 3. Georgy Porgy / 4. Manuela Run / 5. You Are The Flower / 6. Girl Goodbye / 7. Takin' It Back / 8. Rockmaker / 9. Hold The Line / 10. Angela

1. 子供の凱歌 / 2. 愛する君に / 3. ジョージー・ポージー / 4. マヌエラ・ラン / 5. ユー・アー・ザ・フラワー / 6. ガール・グッドバイ / 7. ふりだしの恋 / 8. ロックメイカー / 9. ホールド・ザ・ライン / 10. アンジェラ

T-1 (Instrumental) / T-2, 5, 6, 9 (Lead Vocal - Bobby Kimball) / T-3, 10 (Lead Vocal - Steve Lukather) / T-4, 8 (Lead Vocal - David Paich) / T-7 (Lead Vocal - Steve Porcaro)

• 2004 DSD マスタリング
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2008年2月 / 更新:2017年6月)


    ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBA (1992)

CDの帯(初回プレス盤):アバ・ゴールド(グレイテスト・ヒッツ) / ABBA

Album Cover (front): ABBA GOLD / ABBA Album Cover (back): ABBA GOLD / ABBA Booklet: ABBA GOLD / ABBA

ABBA GOLD - GREATEST HITS (1992):日本盤初回プレスCD

現在は存在しないグループ(解散からほぼ10年後のリリース)のアルバムとしては異例の大ヒットを記録したこの「ABBA GOLD / アバ・ゴールド(グレイテスト・ヒッツ)」は、世界20ヶ国でプラチナディスクを獲得し、12ヶ国以上でチャートのNo.1に輝きました。中でもアメリカでのセールスは凄まじく、2007年現在で600万枚という数字が公式に記録されています。

実はアバを好きになったのは、グループ解散後にこの"ABBA GOLD"を買ってからで、正直言うと、アバが活躍していた当時は全く興味がありませんでした。と言うか、ディスコミュージックが流行っていた時期とも重なって、このアバも、"Voulez Vous"、"Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)"、"Summer Night City"といったディスコミュージック寄りの曲をチャートの上位に送り込んでいましたから、どちらかと言えばディスコミュージックを敵視していたようなところもあるロック小僧の私は、アバもその一味のように感じて疎ましく思っていたようなところもありましたね。それに、ほぼ全ての曲を自分達で作り上げていることなど知らずに、どうせプロダクションやレコード会社が用意した売れ線狙いの曲を歌っているだけだろうなどと勝手に思い込んでいましたし、ほんと失礼ながら、女性二人はそれほど美人でもないとか、ビジュアル的にも猿の惑星の映画に出てくるような風貌の男二人はいらんでしょ、なんてことを思っていました(笑)。でも、今となってはそんな誤った認識を変えてくれたこのアルバムに出会えてほんと良かったと思っています。

なお、アルバムには何も表記されていませんが、13曲目の"Voulez Vous"と17曲目の"The Name of the Game"は共に"Edited Version"が収録されており、"Voulez Vous"は曲の長さが「5:11」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらの"Edited Version"は「4:22」。又、"The Name Of The Game"は「4:54」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらの"Edited Version"は「4:00」となっています。

しかも、上手くまとめられているこの2曲の"Edited Version"が結構良いんですよね。特に自分のように、この"ABBA GOLD"を入り口にしたような人間にとっては、こちらのヴァージョンの方が馴染みもある所為か、愛着があります。

※再発されたものは、2曲共"Edited Version"からアルバム・ヴァージョンに差し替えられているようです。


CDの帯(初回プレス盤):アバ・ゴールド Vol.2(グレイテスト・ヒッツ Vol.2) / ABBA

Album Cover (front): MORE ABBA GOLD / ABBA Album Cover (back): MORE ABBA GOLD / ABBA Booklet: MORE ABBA GOLD / ABBA

MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS (1993):日本盤初回プレスCD

そして、"ABBA GOLD"の爆発的ヒットにより、翌年に続編としてリリースされたのが、白いジャケットの「MORE ABBA GOLD / アバ・ゴールド Vol.2(グレイテスト・ヒッツ Vol.2)」。残念ながら"ABBA GOLD"からは漏れてしまったシングルカット曲の12曲を中心に、未発表曲とアルバム未収録のシングルB面曲で構成されたこのアルバムは"ABBA GOLD"に比べるとややマニア向けといった感じではあるものの、それでも"ABBA GOLD"に収録されていてもおかしくないクオリティーを持った楽曲も数多く収められています。それに、前作"ABBA GOLD"と収録曲のダブリがないというのもファンにとっては嬉しいところですね。

ちなみに、その"MORE ABBA GOLD"には、"Summer Night City"(スウェーデン1位、英5位)、"The Day Before You Came"(スウェーデン3位、英32位 )、"Angeleyes"(英3位、米64位)、"I Do, I Do, I Do, I Do, I Do,"(英38位、米15位)、"So Long"(スウェーデン7位)、"Honey, Honey"(米27位)、"The Visitors"(米63位)、"On & On & On"(米90位)、"Ring Ring"(スウェーデン1位、英32位)、"Head Over Heels"(英25位)、"Under Attack"(英26位)、"When All is Said and Done"(米27位)、といったシングルカット曲以外にも、"Eagle"、"Our Last Summer"、"I Wonder (Departure)"、"Cassandra"と、シングルカット曲に引けを取らないアバらしい美しいメロディーラインを持った曲が収められています。それと、確か日本では"Eagle"もシングルカットされヒットしたんじゃなかったですかね。よくラジオでかかっていた記憶があります。

なお、その"Eagle"は曲の長さが「4:25」の"Single Edit"(シングル・ヴァージョン)の方が収録されています。アルバム・ヴァージョンの方は「5:51」なので、1分以上短くなっていますが、個人的には"ABBA GOLD"に収録されている"Edited Version"の曲と同様に、聴き慣れているということもあってか、こちらの"Single Edit"の方が好きですね。

又、その他にも"The Visitors"は「5:47」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらは「4:29」の"Edited Version"が収録されていますし、"Lovelight"も「3:49」のアルバム・ヴァージョンよりも多少短めの"Edited Version"「3:20」が収録されてるといった特徴もあります。

※"ABBA GOLD"と同様に、こちらも再発盤は2曲共に"Edited Version"からアルバム・ヴァージョンに差し替えられているようですね。

と、この2枚でアバの代表曲は概ね押さえられそうですが、でも、まだまだアバには通常のベスト盤では中々選曲されないであろう隠れた名曲が数多くあるんですよね。例えば、上記2枚には未収録ながらも、"That's Me"、"My Love, My Life"、"Slipping Through My Fingers"、"Hasta Manana"、"Happy New Year"、"Why Did it Have to Be Me"といった曲は、この2枚に収録されている楽曲に引けをとらないくらいに好きですしね。

特に、個人的に最も好きな楽曲のひとつである"That's Me"は、アップテンポながらもメロディーラインがとても美しい曲で、編曲とアレンジも素晴らしく、ポップでキャッチーなメロディーラインは、これこそシングル向きといった感じの曲なんですが、英米では"Dancing Queen"のB面だったんですよね。ただし、日本では独自にシングルカットされ、当時は好きではなかった自分が覚えてるくらいに、これもよくラジオでかかっていました。

更に付け加えるなら、本国でのデビューシングルとなった"People Need Love"(スウェーデン17位)も、アバの歴史を語る上では重要な1曲ではないかと思います。

といった感じで、一通り揃えるだけでもベスト盤が何枚も必要な程、優れた楽曲を数多く輩出してきたアバですが、活躍していた当時は、どちらかと言えば本国スウェーデンを始め、ヨーロッパ諸国、とりわけイギリスでの人気が高かったようで、UKチャートでは、"Waterloo"(1位)、"S.O.S."(6位)、"Mamma Mia"(1位)、"Fernando"(1位)、"Dancing Queen"(1位)、"Money, Money, Money"(3位)、"Knowing Me, Knowing You"(1位)、"The Name of the Game"(1位)、"Take a Chance on Me"(1位)、Summer Night City"(5位)、"Chiquitita"(2位)、Does Your Mother Know"(4位)、Angeleyes/Voulez-Vous"(3位)、"Gimme! Gimme! Gimme!"(3位)、"I Have a Dream"(2位)、"The Winner Takes it All"(1位)、Super Trouper"(1位)、"Lay All Your Love on Me"(7位)、"One of Us"(3位)、と、実に20曲もがトップ10ヒットを記録しています。とは言っても、イギリス程ではないにしろ、アメリカでも数多くのヒット曲を飛ばし、"Dancing Queen"はアメリカでも見事1位を記録していますし、解散後にリリースされた"ABBA GOLD"は冒頭でも述べた通りアメリカでも大ヒットを記録しています。

ヒット曲を連発していた当時は、母国語ではない英語で歌っていた所為か、丁寧な言葉使いや発音が英語圏の人達にはキュートなイメージとして捉えられていた一方、逆にそのことが「お子様向け」といった批判的言葉で語られることもあったアバですが、現在では、そういったイメージを抜きに、純粋に音楽を高く評価されているのは嬉しいですね。中でも現在活躍するミュージシャンにアバが生み出した楽曲のクオリティーを評価する声が多いことには驚かされます。それに、ハードロックやヘヴィーメタルというジャンルに属するミュージシャンから「アバが好き」という言葉が意外と多く聞かれるんですよね。当時の自分もそうでしたが、何事も表面的なイメージや周りの評価で判断してては本質を見誤ってしまいますね。

ちなみに"ABBA"というグループ名は、4人の名前のイニシャルを取って考え出されたものです。又、当時のスウェーデンに於いては外貨獲得額で自動車メーカーのボルボに次ぐ2位にアバが位置していたというのは有名な話で、もはやスウェーデンの主要な輸出産業の一部にもなっていたと言ってもいい程、凄まじい人気を博してしたんですね。

TRACK LIST

ABBA GOLD - GREATEST HITS:
1. Dancing Queen / 2. Knowing Me, Knowing You / 3. Take A Chance On Me / 4. Mamma Mia / 5. Lay All Your Love On Me / 6. Super Trouper / 7. I Have A Dream / 8. The Winner Takes It All / 9. Money, Money, Money / 10. S.O.S. / 11. Chiquitita / 12. Fernando / 13. Voulez Vous / 14. Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) / 15. Does Your Mother Know / 16. One Of Us / 17. The Name Of The Game / 18. Thank You For The Music / 19. Waterloo

1. ダンシング・クイーン / 2. ノウイング・ミー、ノウイング・ユー / 3. テイク・ア・チャンス / 4. ママ・ミア / 5. レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー / 6. スーパー・トゥルーパー / 7. アイ・ハヴ・ア・ドリーム / 8. ザ・ウィナー / 9. マネー、マネー、マネー / 10. エス・オー・エス / 11. チキチータ / 12. 悲しきフェルナンド / 13. ヴーレ・ヴー / 14. ギミー!ギミー!ギミー! / 15. ダズ・ユア・マザー・ノウ / 16. ワン・オブ・アス / 17. きらめきの序曲 / 18. サンキュー・フォー・ザ・ミュージック / 19. 恋のウォータールー

• 解説・歌詞付 / 対訳無し

※ 4曲目に収録されている"Mamma Mia"の日本語表記は、オリジナルでは「ママ・ミア」でしたが、最近のアルバムでは「マンマ・ミーア」と変更されています。

MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS:
1. Summer Night City / 2. Angeleyes / 3. The Day Before You Came / 4. Eagle / 5. I Do, I Do, I Do, I Do, I Do / 6. So Long / 7. Honey Honey / 8. The Visitors / 9. Our Last Summer / 10. On & On & On / 11. Ring Ring / 12. I Wonder (Departure) / 13. Lovelight / 14. Head Over Heels / 15. When I Kissed The Teacher / 16. I Am The City / 17. Cassandra / 18. Under Attack / 19. When All Is Said And Done / 20. The Way Old Friends Do

1. サマー・ナイト・シティ / 2. エンジェルアイズ / 3. ザ・デイ・ビフォー・ユー・ケイム / 4. イーグル / 5. アイ・ドゥ・アイ・ドゥ / 6. ソー・ロング / 7. ハニー、ハニー / 8. ザ・ヴィジターズ / 9. アワ・ラスト・サマー / 10. オン・アンド・オン・アンド・オン / 11. リング・リング / 12. アイ・ワンダー(デパーチャー) / 13. ラヴライト / 14. ヘッド・オーバー・ヒールズ / 15. ホエン・アイ・キッスト・ザ・ティーチャー / 16. アイ・アム・ザ・シティ / 17. カサンドラ / 18. アンダー・アタック / 19. ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン / 20. ザ・ウェイ・オールド・フレンズ・ドゥ

• 解説・歌詞付 / 対訳無し

NOTES
• ABBA GOLD - GREATEST HITS: スウェーデン 1位、イギリス 1位 (14x Platinum)、アメリカ 36位 (6x Platinum / 2002-RIAA)
• MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS: スウェーデン 3位、イギリス 13位 (Platinum)

(記:2009年1月 / 更新:2015年7月)


    QUEEN ROCK MONTREAL / QUEEN (2007)

CDの帯(初回プレス盤):伝説の証/クイーン 1981 - クイーン・ロック・モントリオール / クイーン

Album Cover (front): Queen Rock Montreal / Queen
ビデオ等で既発だった1981年のモントリオール(カナダ)でのライヴ音源をベースにCD化されたのがこの"Queen Rock Montreal"で、80年代に"We Will Rock You"というタイトルでリリースされたそのビデオや、後に発売されたLDの音に比べると各楽器のバランスも良くなっていますし、何よりも圧倒的に音質が向上しています。

音質が向上している理由は、ブックレットに記載されているように、ブライアンとロジャーのプロデュースの下、オリジナル・マルチトラック・テープから丁寧にリミックスとリマスタリングが行われているからなんですね。

バンド解散後にリリースされるベスト盤やライヴ盤といったものは、メンバーの意思とは離れたところで、やっつけ仕事的な編集をされていたりすることも少なくなく、がっかりなんてことも多いのですが、先にも述べたように、このアルバムはブライアンとロジャーがエグゼクティヴ・プロデューサーとして制作に携わっていることもあってか、何というか、そういったスタジオワーク的作業からも、音を通してバンドに対する愛情が感じられるんですよね。又、そうした理由も含めて、このアルバムが単なる企画盤とは一線を画するものであると同時に、クイーンのオリジナルカタログに入れるに相応しい作品だと言えるのではないかと思います。

CD Case (Back Cover): Queen Rock Montreal / Queen   CD (Disc-1): Queen Rock Montreal / Queen   CD (Disc-2): Queen Rock Montreal / Queen

音質的向上が図られている点も然ることながら、このアルバムが特別であるところは、"Live Killers"、"Live Magic"、"Live at Wembley '86"といったライヴ・アルバムには収録されていなかった"Play the Game"、"Somebody to Love"、"Save Me"、"Flash"、"The Hero" といった楽曲が収録されており、そのどれもが素晴らしいトラックである点です。撮影が前提で行われたコンサートの所為か、通常のライヴに比べ、演奏が丁寧に行わているようですね。

と、サウンド面についての不満は全く無いのですが、ただ、表ジャケットについては、やっぱりフレディだけじゃなく、4人の姿があって欲しいと個人的には思う部分もあります。でも、フレディ亡き今となっては仕方ないところなんでしょうかね・・・。

ちなみに映像の方では、演奏が進むにつれ、次第に肌の露出が大きくなっていくフレディが微笑ましいですね。最後は短パンひとつで、例のごとく裸足になっています。(笑)

▼ Queen - We Will Rock You (Fast) - Live at Montreal
https://www.youtube.com/watch?v=YPA7mhT3AAY

▼ Queen - Save Me (Rock Montreal)
https://www.youtube.com/watch?v=yUyPyTn-IS4


Photograph: Queen Rock Montreal / Queen

TRACK LIST

[Disc 1]
1. Intro / 2. We Will Rock You (Fast) / 3. Let Me Entertain You / 4. Play The Game / 5. Somebody To Love / 6. Killer Queen / 7. I'm In Love With My Car / 8. Get Down Make Love / 9. Save Me / 10. Now I'm Here / 11. Dragon Attack / 12. Now I'm Here (Reprise) / 13. Love Of My Life

1. イントロ / 2. ウィ・ウィル・ロック・ユー / 3. レット・ミー・エンターテイン・ユー / 4. プレイ・ザ・ゲーム / 5. 愛にすべてを / 6. キラー・クイーン / 7. アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー / 8. ゲット・ダウン・メイク・ラヴ / 9. セイヴ・ミー / 10. ナウ・アイム・ヒア / 11. ドラゴン・アタック / 12. ナウ・アイム・ヒア(リプライズ) / 13. ラヴ・オブ・マイ・ライフ

[Disc 2]
1. Under Pressure / 2. Keep Yourself Alive / 3. Drum And Tympani Solo / 4. Guitar Solo / 5. Flash / 6. The Hero / 7. Crazy Little Thing Called Love / 8. Jailhouse Rock / 9. Bohemian Rhapsody / 10. Tie Your Mother Down / 11. Another One Bites The Dust / 12. Sheer Heart Attack / 13. We Will Rock You / 14. We Are The Champions / 15. God Save The Queen

1. アンダー・プレッシャー / 2. 炎のロックンロール / 3. ドラム&ティンパニ・ソロ / 4. ギター・ソロ / 5. フラッシュ / 6. ザ・ヒーロー / 7. 愛という名の欲望 / 8. 監獄ロック / 9. ボヘミアン・ラプソディ / 10. タイ・ユア・マザー・ダウン / 11. 地獄へ道づれ / 12. シアー・ハート・アタック / 13. ウィ・ウィル・ロック・ユー / 14. 伝説のチャンピオン / 15. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2009年2月 / 更新:2015年7月)


    BALANCE OF POWER / E.L.O. (1986)

CDの帯:バランス・オブ・パワー / E.L.O.

Album Cover (Front): Balance of Power / E.L.O.
"Secret Messages"リリース後にライヴ活動の停止を発表し、その後、グループは事実上の解散状態にあると伝えられてからは、てっきり解散したもんだと思っていたので、立ち寄ったレコード店でたまたまこのアルバム「Balance of Power / バランス・オブ・パワー」を見つけた時は何だかキツネにつままれたような感じでしたね。

そんな経緯もあり、リリースから暫くたった後に手にしたこのアルバムは、前作"Secret Messages"から3年ぶりとなるもので、その間に世の中の主流がレコードから"CD"へと移行したという時代背景があったことから、"CD"で聴く初めての"E.L.O."のアルバムともなりました。

Album Cover (Back): Balance of Power / E.L.O. アルバムジャケットに於いてのポップアート的アプローチはそのままアルバムの方向性を示しているかのようで、前作に比べるとポップ色も増し、全10曲中8曲が2、3分代の曲で占められていることもあってか、全体的な印象としては随分とコンパクトになった感じですね。そのジャケットデザインについては"TOTO"の"Turn Back"といい、個人的に何故かこの種のデザインに惹かれてしまう性みたいなものがあるのですが、このアルバムでのサウンドとマッチした良いデザインだと思います。サウンドについて言えば、ギターサウンドの比重が増した前作、"Secret Messages"に於けるノスタルジックな雰囲気は幾つかの曲で垣間見れるものも、全体的な印象としては再びキーボードに比重を置いた"Discovery"的サウンドに立ち帰ったようでもあります。

イギリスでは9位を記録したものの、残念ながら、ビルボードのアルバムチャートでは74年の"Eldorado"以降最低の49位。シングルヒットしたのは"Calling America"(米18位、英28位)の1曲だけという、ヒットシングルを連発させていた頃に比べるとやや寂しい結果となっています。個人的には上記の"Calling America"を始め、シングルカットされたもののヒットには至らなかった"So Serious"(英77位)、"Getting to the Point"(英97位)の2曲や、いかにも"E.L.O."といった感じでオープニングを飾る"Heaven Only Knows"、そして、あっけらかんとした印象があるアルバムの中に於いては最もへヴィーな"Without Someone"といった曲はわりと好きな曲でもあるのですが、残りの5曲は全くといっていいほど聴かない曲になっていることから考えると、曲ごとのクオリティーにバラつきが感じられ、アルバムとして見ればやや残念な感じがします。そして、結局はこれが"E.L.O."最後のアルバムとなってしまいました。・・・

▼ ELO - "Calling America" and "So Serious"
https://www.youtube.com/watch?v=erY78_dwlH0

▼ ELO - Getting To The Point (Audio)
https://www.youtube.com/watch?v=BSbvZMLJjeU

・・・ところが、15年後の2001年、アルバム"Zoom"の発表により、再び巨大宇宙船は動き出すのでした。

E.L.O. - BAND MEMBERS
• BJeff Lynne (ジェフ・リン) - Lead and Background Vocals, Guitar, Bass, Keyboards, Piano
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Keyboards, Piano, Sequence Programming

TRACK LIST
1. Heaven Only Knows / 2. So Serious / 3. Getting To The Point / 4. Secret Lives / 5. Is It Alright / 6. Sorrow About To Fall / 7. Without Someone / 8. Calling America / 9. Endless Lies / 10. Send It

1. ヘヴン・オンリー・ノウズ / 2. SO シリアス / 3. 哀しみの地平線 / 4. シークレット・ライヴス / 5. イズ・イット・オールライト / 6. ひとりぼっちのサンセット / 7. ウィズアウト・サムワン / 8. コーリング・アメリカ / 9. エンドレス・ライズ / 10. センド・イット

NOTES
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2009年2月 / 更新:2015年12月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 6 Navigation Part 7   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.