Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 5
01. THIRD STAGE 「サード・ステージ」 / BOSTON (1986)
02. WASP STAR - APPLE VENUS VOLUME 2 / XTC (2000)
03. CHICAGO 19 / CHICAGO (1988)
04. QUEEN II 「クイーン II」 / QUEEN (1974)
05. XANADU (SOUNDTRACK) / E.L.O. & OLIVIA NEWTON-JOHN (1980)
06. INNUENDO 「イニュエンドゥ」 / QUEEN (1991)
07. WHITESNAKE 「サーペンス・アルバス - 白蛇の紋章」 / WHITESNAKE (1987)
08. VAN HALEN 「炎の導火線」 / VAN HALEN (1978)
09. DESTROYER 「地獄の軍団」 / KISS (1976)
10. A NEW WORLD RECORD 「オーロラの救世主」 / E.L.O. (1976)
    THIRD STAGE 「サード・ステージ」 / BOSTON (1986)

CDの帯:サード・ステージ / ボストン

Album Cover (front): Third Stage / Boston
前作のセカンドアルバム"Don't Look Back"から数えて実に8年ぶりとなったこのボストンのサードアルバム「Third Stage / サード・ステージ」は、制作に1万時間以上を費やしたと言われています。又、ブックレット内のクレジットには、1曲ごとの制作年が記載されており、収められた楽曲がどのような順番で完成していったかを知ることができるのも中々興味深いところ。そして、バックカヴァーには例のごとく、シンセサイザーは一切使ってないなどといった明記も。

しかしながら、そういった職人的拘りが商業性を重視するレコード会社との対立を生む結果にもなったようで、結局、このアルバム"Third Stage"は、所属する"Epic/CBS"から契約不履行で訴えられている最中に、新たなレコード会社"MCA"と契約してリリースされました(それに伴い、新たな契約を無効とする訴えも"Epic/CBS"側から起こされるが、こちらは棄却されている)。

Album Cover (back): Third Stage / Boston そもそもは、5年間で10枚のアルバムを製作するという契約が守られなかったというのが、訴えられた理由のようですが(実際に製作されたアルバムは2枚)、'86年当時でも、ファーストアルバムの"Bosotn"が900万枚、セカンドアルバムの"Don't Look Back"が400万枚という桁外れの売り上げを記録していることから、賠償請求額も半端じゃなかったようです。

と、このアルバムがリリースに至るまでにはそんなゴタゴタがあったものの、結果的に8年という空白の歳月はボストンには何の影響も無かったかのように、この"Third Stage"は初回出荷の段階で早々とプラチナムに輝き、前作に引き続きビルボード・チャートのNo.1を獲得し、ファーストシングル"Amanda"もボストン初のNo.1ソングとなりました。そして、ファンは再び次作まで8年間待たされるのでした。16年で2枚・・・。

なお、バックカヴァーの曲目表記は、3曲目が"The Launch"、そして、9曲目が"Can'tcha Say"となっていますが、ブックレット内側の表記では、3曲目が"The Launch: a) Countdown, b) Ignition, c) Third Stage Separation"と組曲のような表記になっており、9曲目は"Can'tcha Say (You Believe in Me)"とサブタイトルが付いた表記になっています。

ちなみに、この"Third Stage"、個人的にはレコードで言うところのB面の方が当時から好きでしたね。多分、主流からは外れてるんでしょうけど(笑)。

▼ Boston - I Think I Like It
https://www.youtube.com/watch?v=m49NJfI3bP0

▼ Boston - Can'tcha Say / Still in Love
https://www.youtube.com/watch?v=myu8Y764WwE

▼ Boston - To Be A Man
https://www.youtube.com/watch?v=CylP-jwVA68

BOSTON - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Brad Delp (ブラッド・デルプ) - Lead vocals and harmony vocals
• Tom Scholz (トム・ショルツ) - Lead guitar, rhythm guitar, acoustic guitar, grand piano, electric pianos, bass guitar, hammond organ, theatre organ, some drums, guitar "violins", rocket ignition, thunderstorms, and unidentified flying objects
• Jim Masdea (ジム・マスデア) - Drums or percussion on numerous tracks
• Gary Pihl (ギャリー・ピール) - Trades guitar leads with Tom in "I Think I Like It"

TRACK LIST
1. Amanda / 2. We're Ready / 3. The Launch / 4. Cool The Engines / 5. My Destination / 6. A New World / 7. To Be A Man / 8. I Think I Like It / 9. Can'tcha Say / 10. Still In Love / 11. Hollyann

1. アマンダ / 2. ウィ・アー・レディ / 3. ザ・ローンチ / 4. クール・ジ・エンジンズ / 5. マイ・デスティネイション / 6. ニュー・ワールド / 7. トゥ・ビー・ア・マン / 8. アイ・シンク・アイ・ライク・イット / 9. キャンチャ・セイ / 10. スティル・イン・ラヴ / 11. ホリーアン

NOTES
• CD発売日:1991年11月07日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 1位 - 4x Platinum (1987-RIAA) / UK 37位
• Singles from Third Stage
1. Amanda - US 1位
2. We're Ready - US 9位
3. Can'tcha Say (You Believe in Me) - US 20位

(記:2005年2月 / 更新:2015年7月)


    WASP STAR - APPLE VENUS VOLUME 2 / XTC (2000)

CDの帯(初回プレス盤):ワスプ・スター (アップル・ヴィーナス Volume 2) / XTC

Album Cover: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC
「Wasp Star / ワスプ・スター」というアルバムタイトルは、アステカ文明の時期のアズテカ語で「ビーナス」を意味する言葉だそうで、米国での"White Anglo-Saxson Protestant"の略称である"WASP"という言葉とは全く関係がないとのこと。

前作の"Volume 1"がアコースティックな"XTC"だったのに対し、こちらの"Volume 2"はエレクトリックな"XTC"となるのですが、"Volume 1"があまりにも美しかったため、当初は今一つピンとこなかったこの"Volume 2"も、時が経つにつれ、徐々にその魅力(魔力?)に引き込まれていったような気がします。"Volume 1"が青リンゴだとしたら、"Volume 2"は毒リンゴといった感じですかね。

前作同様、ブックレットやCDラベルは勿論のこと、曲名や歌詞のフォントといったものもアルバムカヴァーに合わせてきちんとデザインされていて、トータルアートワークがとても素晴らしいですね。ブックレットの紙質も良いし、当初はそんなにお金をかけて大丈夫?と、ちょっと心配になりました。たぶんビッグセールスにはならないだろうから・・・。でも、アンディ・パートリッジのことですから、自らレーベルを設立したからには、そういった部分も含めてきちんと納得できる形でリリースしたかったのかもしれませんね。そして、もう一つ付け加えておかなければならないのは、アンディとコリンによる全曲の解説文が自筆を写し取った形で記載されているということで、これはファンとしては嬉しいところです。

CD Case (front): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC CD Case (back): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC CD: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

なお、初回限定版には"THE ART AND SOUL OF XTC"と題されたピクチャー・ブックなるものが付いており、ここには魅力的なアンディの絵などが収められています。

Picture Book (front): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC  Picture Book: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC  Picture Book (back): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

▼ XTC - I'm The Man Who Murdered Love
https://www.youtube.com/watch?v=jdqk6AD69tg

▼ XTC - The Wheel And The Maypole
https://www.youtube.com/watch?v=vRIP77kLhxI

Booklet: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC  CD Case (inside): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

TRACK LIST
1. Playground / 2. Stupidly Happy / 3. In Another Life / 4. My Brown Guitar / 5. Boarded Up / 6. I'm The Man Who Murdered Love / 7. We're All Light / 8. Standing In For Joe / 9. Wounded Horse / 10. You And The Clouds Will Still Be Beautiful / 11. Church Of Women / 12. The Wheel And The Maypole

1. プレイグラウンド / 2. ステューピッドリー・ハッピー / 3. イン・アナザー・ライフ / 4. マイ・ブラウン・ギター / 5. ボーデッド・アップ / 6. アイム・ザ・マン・フー・マーダード・ラヴ / 7. ウィア・オール・ライト / 8. スタンディング・イン・フォー・ジョー / 9. ウーンデッド・ホース / 10. ユー・アンド・ザ・クラウズ・ウィル・スティル・ビー・ビューティフル / 11. チャーチ・オブ・ウィメン / 12. ザ・ホィール・アンド・ザ・メイポール

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2005年2月 / 更新:2016年10月)


    CHICAGO 19 / CHICAGO (1988)

CDの帯(初回プレス盤):19 / シカゴ

Album Cover (front): Chicago 19 / Chicago
時代性を取り入れた大胆なイメージチェンジが功を奏し、ヒット曲を連発するようになった"16"以降のシカゴを商業主義に走ったと批判する声もありますが、この"Chicago 19"に収められた完成度の高い個々の楽曲を目の当たりにすれば、そんな批判も何処吹く風といった感じさえします。実際、ベストアルバムかと思うほどに収録曲の充実度は高く、良質な楽曲が揃ったアルバムといった印象。

意図的に解像度と処理を甘くしてジャギーを出したデジタルコラージュ的なジャケットデザインも、何処となく時代と共に生きていこうとした彼らを象徴しているかのよう。

それでも、流石に長いキャリアを持つグループだけに、表面的にはポップな印象があっても、そこに軽薄さを感じることは無いんですよね。全体的に洗練されたシャープな印象がありますが、どことなくソウルフルな雰囲気があるのも良いところ。

なお、このアルバムからは、"I Don't Wanna Live Without Your Love"(米3位)、"Look Away"(米1位)、"You're Not Alone"(米10位)、"What Kind Of Man Would I Be?"(米5位)と、実に4曲ものトップ10ヒットが生まれ(ただし、"What Kind Of Man Would I Be?"は、翌年にリリースされたグレイテスト・ヒッツからのシングルカット)、中でも"Look Away"は、'82年の"Hard to Say I'm Sorry"(素直になれなくて)以来のNo.1ソングとなりました。ただ、意外なことに、アルバムはビルボードチャートで最高37位止まりだったんですよね。

又、シングルとしては、この他にも"We Can Last Forever"(米55位)がリリースされており、このアルバムからは都合5曲がシングルになったことになります。

ただひとつ残念なのは、オープニングの1曲目がやや弱い印象があること。当時から、この1曲目の"Heart In Pieces"はアルバムの中でもあまり聴かない曲のひとつでしたからね・・・。かといって、他に1曲目に相応しい曲があるかといえば、良い曲が沢山あるアルバムとはいえ、これが見当たらないんですよね。もしかしたら、思ったほどセールスが伸びなかった要因のひとつが、この1曲目にあるのかも?

ただ、そうは言っても、大好きなアルバムであることに変わりはなく、個人的なシカゴのベストアルバムを作るとしたら、私はこのアルバムから7曲選びます(笑)。

▼ Chicago - I Don't Wanna Live Without Your Love (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=kGU_-fnSQI8

▼ Chicago - Look Away (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=2uKLTtVqQpE

▼ Chicago - You're Not Alone (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi3COH_SvDk

CHICAGO - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Bill Champlin (ビル・チャンプリン) - Lead Vocals and Background Vocals
• Robert Lamm (ロバート・ラム) - Keyboards and Lead Vocals
• Lee Loughnane (リー・ラフネイン) - Trumpet
• James Pankow (ジェイムズ・パンコウ) - Trombone
• Walter Parazaider (ウォルター・パラザイダー) - Saxophone
• Jason Scheff (ジェイソン・シェフ) - Lead Vocals and Bass
• Danny Seraphine (ダニー・セラフィン) - Drums, Percussion and Programming

Album Cover (back): Chicago 19 / Chicago TRACK LIST
1. Heart In Pieces / 2. I Don't Wanna Live Without Your Love / 3. I Stand Up / 4. We Can Last Forever / 5. Come In From The Night / 6. Look Away / 7. What Kind Of Man Would I Be? / 8. Runaround / 9. You're Not Alone / 10. Victorious

1. ハート・イン・ピーセズ / 2. リヴ・ウィズアウト・ユア・ラヴ / 3. アイ・スタンド・アップ / 4. ウィ・キャン・ラスト・フォーエヴァー / 5. カム・イン・フロム・ザ・ナイト / 6. ルック・アウェイ / 7. ホワット・カインド・オブ・マン / 8. ランアラウンド / 9. ユー・アー・ノット・アローン / 10. ヴィクトリアス

NOTES
• US 37位 (Platinum / 1989-RIAA)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2005年3月 / 更新:2015年7月)


    QUEEN II 「クイーン II」 / QUEEN (1974)

CDの帯:クイーン II / クイーン

Album Cover (front): Queen II / Queen
「Queen II / クイーン II」と、シンプルなタイトルが付けられたこのクイーンのセカンドアルバム、アナログレコードでは、A面(1〜5)がホワイト・サイド、B面(6〜11)がブラック・サイドと名付けられていました。白と黒の対比、それは即ち、明と暗、静と動、正義と悪といった対比でもあるかのようです。

尋常ではないほどの手間がかけられていることはそのサウンドを聴けば明らかで、特徴的な厚みのあるコーラス・ハーモニーも、ひとつの楽器のパートと化したかのように綿密に楽曲へと組み込まれているんですよね。とにかく、これほどまでに凄みをもったアルバムが他にあるだろうかと思えるような、「素晴らしい」と言うよりは、むしろ「凄まじい」という表現の方が似合うかのようなアルバムです。

Album Cover (back): Queen II / Queen オープニングの"Procession"から前半のハイライトというべき3曲目の"White Queen (As it Began)"までノンストップで続くホワイト・サイドの流れも然ることながら、ブラック・サイドのオープニングである6曲目の"Ogre Battle" から9曲目の"The March of the Black Queen"までのスリリングな展開は正に圧巻で、ブリティッシュ・ロックの様式をベースに独自の美学を持ち込んだ感のあるサウンドは、数ある彼らの作品の中に於いても孤高の輝きを放ち続けています。

ベスト盤といったものには、このアルバムから唯一のシングル曲である"Seven Seas of Rhye"以外の曲が選曲されることは滅多にありませんが、それで良いのです。数多くのヒット曲を持つ彼らだけど、ヒット曲だけがクイーンじゃないということを知らしめてくれるアルバムがこの"Queen II"なのです。

この、まがい物かのような汚いジャケット(笑)については、後ほど、一緒に買った同じシリーズのファーストアルバム「Queen / 戦慄の王女」の方に書こうと思っているので、ここでは割愛して。

TRACK LIST
01. Procession (Instrumental) 「プロセッション」 • Writer: B. May
02. Father To Son 「父より子へ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
03. White Queen (As It Began) 「ホワイト・クイーン」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
04. Some Day One Day 「サム・デイ・ワン・デイ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
05. The Loser In The End 「ルーザー・イン・ジ・エンド」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor
06. Ogre Battle 「オウガ・バトル (人食い鬼の闘い)」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
07. The Fairy Feller's Master-Stroke 「フェアリー・フェラーの神技」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. Nevermore 「ネヴァー・モア」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
09. The March Of The Black Queen 「マーチ・オブ・ブラック・クイーン」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
10. Fuuny How Love Is 「ファニー・ハウ・ラヴ・イズ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
11. Seven Seas Of Rhye 「輝ける7つの海」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury

NOTES
• CD発売日:1991/04/12(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付




■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

ジャケットの写真も上記のものと比べて綺麗ですね(笑)。

Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: Queen II

Disc 2: Queen II - Bonus EP
1. See What A Fool I've Been [BBC Session, July 1973 - Remix 2011]
2. White Queen (As It Began) [Live At The Hammersmith Odeon, December 1975]
3. Seven Seas Of Rhye [Instrumental Mix 2011]
4. Nevermore [BBC Session, April 1974]
5. See What A Fool I've Been [B-Side Version, February 1974]

Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Queen II (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

(記:2005年3月 / 更新:2017年9月)


    XANADU (SOUNDTRACK) / E.L.O. & OLIVIA NEWTON-JOHN (1980)

Album Cover (Front and Back): Xanadu (Soundtrack)
オリビア・ニュートン・ジョンとジーン・ケリー主演の映画「ザナドゥ」のサウンドトラック盤で、トラック1〜4が"E.L.O."、トラック5が"E.L.O."とオリビアのコラボレーション、そして、トラック6〜10がオリビアというアルバム構成になっています。ただし、これは日本盤の曲順で、英米ではオリビアサイドの"Magic"から曲がスタートする構成になっています。

それでも、レコード盤だった当時も、英米ではオリビアサイドがA面で、"E.L.O."サイドがB面だったものの、日本ではA面が"E.L.O."サイド、B面がオリビアサイドと、A面、B面が逆の構成でリリースされていましたから、個人的にはやはり"I'm Alive"で始まる日本盤の曲順の方がしっくりきます。映画自体もオープニングは"I'm Alive"ですし、それに"Magic"は、どうも1曲目というイメージではないんですよね。


CDの帯(世界初CD化盤):ザナドゥ / E.L.O. & オリビア・ニュートン・ジョン

Album Cover (inside): Xanadu (Soundtrack) CD Case (back cover): Xanadu (Soundtrack)

当時はどちらかと言うと、映画そのものよりも、"Discovery"が世界的に大ヒットして飛ぶ鳥を落とす勢いだった"E.L.O."と、映画「グリース」で女優としても大成功を収めたオリビアによる夢の競演となったサウンドトラック盤の方に話題が集まったといった感じでしたね。

収録曲について言えば、"E.L.O."が提供した5曲は見事なまでに"Discovery"の延長線上にあるサウンドで、そのどれもが"E.L.O."のオリジナルアルバムに収録されてもおかしくないほどの完成度を誇っています。又、"E.L.O."がバックを務め、オリビアが歌う、タイトルトラックの"Xanadu"は、いかにも"E.L.O."といったサウンドと、透き通るようなオリビアの歌声が見事にマッチした曲で、全英チャートではNo.1を記録しています。

そして、6曲目以降では全米チャートNo.1に輝いた"Magic"をはじめ、新たなるオリビアの魅力が感じられるような彩り豊富な楽曲が収められています。当時は"E.L.O."サイドの曲ばかりを好んで聴いてましたが、実際に映画の中で効果的に使われているのは、タイトルトラックの"Xanadu"は勿論ですが、オリビアサイドに含まれるトラック8の"Dancin' (with The Tubes)"や、トラック10の"Whenever You're Away from Me (with Gene Kelly)"といったビッグバンドが取り入れられた曲です。実はこの2曲、編曲とアレンジがけっこう凝っていて良くできているんですよね。今では"E.L.O."サイドもオリビアサイドも甲乙つけ難しといった印象で、同等に聴いている感じですが、それにしても素晴らしいアルバムですね。この後オリビアは、ここでの成功を更なるステップとして、翌年にはイメージチェンジを推し進めた自身のアルバム"Physical"を発表し、そのタイトルトラックは全米チャート10週連続No.1の大ヒットを記録することになります。

アルバムはビルボードチャートで最高4位。シングルは、"I'm Alive"(米16位、英20位)、"Don't Walk Away"(英21位)、"All Over the World"(米13位、英11位)、"Xanadu"(米8位、英1位)、"Magic"(米1位、英32位)、"Suddenly"(米20位、英15位)をそれぞれ記録していますが、個人的にはシングルカットはされなかったものの、トラック2の"The Fall"が特に好きでしたね。なお、日本ではオリビアの"Suspended in Time"(邦題は春風の誘惑)が独自にシングルカットされました。

中々"CD"化されずにいた"E.L.O."のアルバムが"CD"として全て出揃ったのは'90年代初めでした。その時は一足先に"Discovery"がリリースされ、先にポツンと"CD"化されていた"Face The Music"も再発という形で、全作品が一斉にリリースされたのですが、この"Xanadu"だけは契約関係の問題からか、既に"CD"番号が付けられていたものの発売延期となりました。それからどれくらい待たされたのかは忘れましたが、ようやくリリースされた時は、これでようやく"E.L.O."のオリジナル・ベストが作れるということで嬉しかったですね。ちなみに"CD"番号は当初予定されていた番号(次作"Time"のひとつ前の番号)がそのまま使われていました。

▼ Olivia Newton-John - Magic
https://www.youtube.com/watch?v=8sXLkKflnis

▼ Olivia Newton-John & E.L.O. - Xanadu
https://www.youtube.com/watch?v=LDxcfTm1QTc

▼ Olivia Newton-John - Suspended in Time
https://www.youtube.com/watch?v=_ITxHq-V2oo

▼ Olivia Newton-John & Cliff Richard - Suddenly
https://www.youtube.com/watch?v=-GxxhjFcngM

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. I'm Alive (アイム・アライヴ) / 2. The Fall (フォール) / 3. Don't Walk Away (ドント・ウォーク・アウェイ) / 4. All Over The World (オール・オヴァー・ザ・ワールド) / 5. Xanadu (ザナドゥ) / 6. Magic (マジック) / 7. Suddenly (恋の予感) / 8. Dancin' (ダンシン) / 9. Suspended In Time (春風の誘惑) / 10. Whenever You're Away From Me (気の合うふたり)

NOTES
• T-7 "Suddenly" - Duet with Cliff Richard
• T-8 "Dancin'" - Duet with The Tubes
• T-10 "Whenever You're Away from Me" - Duet with Gene Kelly

• Album: US 4位 (2x Platinum / 1984-RIAA)、UK 2位 (Gold)

• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ 関連記事
[Music Part 13] - XANADU / MOVIE BOOKLET 「映画パンフレット」 (1981)

(記:2005年9月 / 更新:2015年7月)


    INNUENDO 「イニュエンドゥ」 / QUEEN (1991)

CDの帯(初回プレス盤):イニュエンドゥ / クイーン

Album Cover (Front): Innuendo / Queen
"Queen II"以来久しかった、大英帝国の香り漂う威風堂々とした重厚なサウンドで幕を開けるこのアルバム「Innuendo / イニュエンドゥ」が、直接アルバム制作に携わったという意味においてはフレディ最後の作品となってしまいました。そのタイトル曲でもある6分半にも及ぶ大作をオープニングに持ってきたところに彼らの決意と自信が表れているかのようでもあります。ミディアムテンポの重厚なサウンドの中で突如訪れる静寂。そして、その後には軽やかに舞うフラメンコのリズムといった組曲的展開は、かつての"Bohemian Rhapsody"を彷彿とさせられるような構成美を誇り、結果的にその"Innuendo"が第一段シングルにも選ばれ、英国では見事1位を記録しています。

病魔と闘う姿勢を示しながらも、病状の悪化を懸念したのか、フレディは一刻も早くこのアルバムを完成させたかったらしく、アルバムは当初の予定よりもかなり早く完成し、本来ならば先に発売される予定であった"Greatest Hits II"を後に回してこの"Innuendo"はリリースされました。

Album Cover (Back): Innuendo / Queen "Innuendo"のミュージックビデオではメンバーの演奏シーンは全て過去のミュージックビデオで使われた映像のリメイクで、モノクロ映像の中、メイクをし、カツラを付けたフレディが登場する"I'm Going Slightly Mad"や"These Are the Days of Our Lives"が意図したものは、後にブライアンが語った「全てはフレディの病状を隠すため」という言葉により初めて明かされました。

又、そのブライアンが口にした、フレディの体調に合わせてレコーディングが進められたという事実からも、レコーディングの時点で既にフレディの症状はかなり悪かったことも後に知ることで、当時は知る由もありませんでしたし、そんなことなど微塵も感じさせない程にフレディのヴォーカルは力強く輝いていました。リリース当初は気付かなかった、自身の心情を、時には壮絶に、そして時には穏やかに語りかけるように歌う歌詞の重みがフレディ亡き後となっては胸を打ちます。"Bijou"は愛する人への最後のメッセージ?、飼っている三毛猫を題材にしてフレディが書いたという"Delilah"が意味するものは・・・。そして、ロジャーを中心に書かれたと言われる"These Are the Days of Our Lives"が伝えたかったものとは・・・。

なお、ジャケットに使用されているのは "Grandville (1803-1847)" のイラストレーションです。

CD: Innuendo / Queen TRACK LIST
1. Innuendo / 2. I'm Going Slightly Mad / 3. Headlong / 4. I Can't Live With You / 5. Don't Try So Hard / 6. Ride The Wild Wind / 7. All God's People / 8. These Are The Days Of Our Lives / 9. Delilah / 10. The Hitman / 11. Bijou / 12. The Show Must Go On

1. イニュエンドウ / 2. 狂気への序曲 / 3. ヘッドロング / 4. アイ・キャント・リヴ・ウィズ・ユー / 5. ドント・トライ・ソー・ハード / 6. ライド・ザ・ワイルド・ウインド / 7. 神々の民 / 8. 輝ける日々 / 9. 愛しきデライラ / 10. ザ・ヒットマン / 11. バイユー / 12. ショウ・マスト・ゴー・オン

NOTES
• Album: UK 1位 (2x Platinum / BPI)、US 37位 (Gold / 1991-RIAA)
• Singles: "Innuendo" UK 1位 / "I'm Going Slightly Mad" UK 22位 / "Headlong" UK 14位 / "The Show Must Go On" UK 16位 / "These Are the Days of Our Lives"(フレディの死後、"Bohemian Rhapsody"との両A面扱いで追悼盤としてリリース)UK 1位、US 2位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付




■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: Innuendo

Disc 2: Innuendo - Bonus EP
1. I Can't Live With You [1997 Rocks Retake]
2. Lost Opportunity [B-Side]
3. Ride The Wild Wind [Early Version With Guide Vocal]
4. I'm Going Slightly Mad [Mad Mix]
5. Headlong [Embryo With Guide Vocal]

※ 3曲目の"Ride The Wild Wind [Early Version With Guide Vocal]"はロジャーがヴォーカルを、そして、5曲目の"Headlong [Embryo With Guide Vocal]"はブライアンがヴォーカルをとっています。

Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Innuendo (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

(記:2005年9月 / 更新:2017年9月)


    WHITESNAKE 「サーペンス・アルバス - 白蛇の紋章」 / WHITESNAKE (1987)

CDの帯(初回プレス盤):サーペンス・アルバス(白蛇の紋章) / ホワイトスネイク

Album Cover: Whitesnake / Whitesnake
ロックバンドがファーストアルバムに於いてグループ名をそのままアルバムタイトルにするのは良くあることですが、既に一定のキャリアを積んだバンドがアルバムにセルフタイトルを付けるのは稀で、そこには心機一転というか、第二章のスタートといった意味合いは勿論のこと、並々なる決意が含まれているようにも思います(日本盤には「サーペンス・アルバス/白蛇の紋章」という邦題が付けられていましたが)。

結果的にこのアルバムは2005年までにアメリカ国内だけで800万枚のセールスを記録するビッグセラーアルバムとなり、アルバムからは全米No.1ヒットとなった"Here I Go Again"と、No.2まで登りつめた"Is This Love"といった2曲のビッグヒットシングルも生まれましたが、そういった意味では、かつて過渡期にあった"Heart"が結成10年目にして"Heart"と題したアルバムを一躍全米No.1の座に送り込んでから、第二期黄金期を迎えた状況と酷似している部分もあります。ただ、既に全米でネームヴァリューのあった"Heart"と違い、"Whitesnake"の場合はヨーロッパや日本では確固たる地位を築いていたものの、アメリカではまだまだ知名度の低いバンドでしたので、それだけ反響も大きかったと言えるのではないでしょうか。それにしても、このアルバムからほとばしるロックスピリットは未だ色褪せること無く響いてきますね。

▼ Whitesnake - Give Me All Your Love (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=dkl2hiTHUrc

▼ Whitesnake - Still Of The Night (MTV Video Music Award 1987)
https://www.youtube.com/watch?v=28vMTIWcdZ8

なお、前作の"Slide It In"も、このアルバムの大ヒットに引っ張られるかたちで、このアルバムがリリースされた1987年にプラチナムを獲得、更に1992年にはダブルプラチナムにも輝いています。

ちなみにこのアルバム"Whitesnake"は、本国のイギリスでリリースされたものと日本やアメリカでリリースされたものとでは収録曲と曲順に多少の違いがあります。このあたりの事情については、アルバムがリリースされた当時の音楽雑誌に掲載されていたデヴィッド・カヴァーデルのインタビュー記事のことを何となく覚えており、そこでは、"Crying In The Rain"と"Here I Go Again"の2曲は再録音のセルフカヴァー曲(共に"Saints & Sinners"収録曲)ながらも、アメリカではオリジナル曲を知らない人が多いし、出来が良かったので収録したといったことがデヴィッド・カヴァーデル本人の口から語られていました。ただし、イギリスのファンの目は厳しいので、再録音のセルフカヴァー曲は1曲だけにしたが、日本のファンは2曲のセルフカヴァー曲の出来に収録した意味を理解してくれると思ったのでアメリカ盤と同じにしたとのことでした。なお、イギリス盤には"Here I Go Again"の代わりにアメリカ盤と日本盤には未収録の"Looking For Love"が収録されていました。

ジャケットデザインはグラフィックデザイナーの"Hugh Syme"で、新生ホワイトスネイクを象徴するような新たなロゴタイプとマークもカッコいい。ちなみに初回盤にはCDサイズのピンナップが付いていました。

CD & Pinup: Whitesnake / Whitesnake TRACK LIST (Japan Edition)
1. Crying In The Rain / 2. Bad Boys / 3. Still Of The Night / 4. Here I Go Again / 5. Give Me All Your Love / 6. Is This Love / 7. Children Of The Night / 8. Straight For The Heart / 9. Don't Turn Away

1. クライング・イン・ザ・レイン / 2. バッド・ボーイズ / 3. スティル・オブ・ザ・ナイト / 4. ヒア・アイ・ゴー・アゲイン / 5. ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ / 6. イズ・ディス・ラヴ / 7. チルドレン・オブ・ザ・ナイト / 8. ストレイト・フォー・ザ・ハート / 9. ドント・ターン・アウェイ

NOTES
• Album: UK 8位、US 2位(8x Platinum / 1995-RIAA)
• Singles: "Still of the Night" (UK 16位、US 79位) / "Here I Go Again" (UK 9位、US 1位) / "Is This Love" (UK 9位、US 2位) / "Give Me All Your Love" (UK 18位、US 48位)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ おまけ

Whitesnake - Here I Go Again (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=grgnwQDygRQ

(記:2005年11月 / 更新:2017年7月)


    VAN HALEN 「炎の導火線」 / VAN HALEN (1978)

Album Cover (front): Van Halen (1st) / Van Halen

Album Cover (back): Van Halen (1st) / Van Halen


時はまさにディスコブームであった'78年。ラジオから聴こえて来るのは踊りに適したダンスミュージックばかりで、ロックなんて聴いてようものなら、「未だそんなの聴いているの?」と、オールドレッテルを貼られたような扱いを受けていた中、鮮烈なギターサウンドと共にシーンに登場したヴァン・ヘイレンは正にロックファンにとって救世主のような存在でした。

その後は、発表するアルバムもことごとくプラチナムに輝き、アメリカを代表するバンドとして着実にその地位を固めていった彼らでしたが、個人的に一枚上げるとすれば、やはりこのファーストアルバム「Van Halen / 炎の導火線」 になりますね。

チャートの上では、その後に発表したアルバムの多くが、このアルバムより上位にランクしたものの、しかしながら、2005年現在までのセールスでは、"1984 (MCMLXXXIV)"と並んで、このファーストアルバムが共に1,000万枚と、彼らのアルバムの中で最も売れているという事実は、その後も確実に売れ続けているという証でもあります。"Runnin' With the Devil"に始まり、"Eruption"、"You Really Got Me"、"Ain't Talkin' Bout Love"というハードロックのエッセンスが凝縮されたような流れは正に圧巻で、ラストを締めくくる"On Fire"もそれらに引けをとらないくらいカッコいい曲です。

ちなみに、アメリカでは"You Really Got Me"に続いて、"Runnin' With The Devil"、"Ain't Talkin' 'Bout Love"という順でシングルカットされましたが、日本では独自に"You Really Got Me"(ユー・リアリー・ガット・ミー)、"Ain't Talkin' 'Bout Love"(叶わぬ賭け)、"On Fire"(炎の叫び)という、ハードロックファン垂涎の必殺の流れ(笑)でシングルがリリースされました。

当時はアルバム裏面の"Special Thanks"に"Gene Simmons"の名を見つけて、どういう繋がりがあるのか気になったものの、知る由もありませんでしたが、真相は、アマチュア時代の彼らを目にしたジーンが、その実力と才能を買い、デビューに向けてデモテープ製作費等の面でバックアップした経緯があったんですね。そういえば、ベーシストのマイケル・アンソニーが、実はジーン・シモンズではないかという噂もこの当時はありましたね。

▼ Van Halen - You Really Got Me (1978 Japan TV Performance & Interview)
https://www.youtube.com/watch?v=IqJuwVEjNi0

▼ Van Halen - Ain't Talkin' 'Bout Love
https://www.youtube.com/watch?v=SuyvT8nFMLY

▼ Van Halen - On Fire
https://www.youtube.com/watch?v=Z6z-nxAYhGw

VAN HALEN - BAND MEMBERS
• David Lee Roth (デイヴィッド・リー・ロス) - Lead Vocals
• Edward Van Halen (エドワード・ヴァン・ヘイレン) - Guitar, Backing Vocals
• Michael Anthony (マイケル・アンソニー) - Bass Guitar, Backing Vocals
• Alex Van Halen (アレックス・ヴァン・ヘイレン) - Drums

TRACK LIST
1. Runnin' With The Devil / 2. Eruption / 3. You Really Got Me / 4. Ain't Talkin' 'Bout Love / 5. I'm The One / 6. Jamie's Cryin' / 7. Atomic Punk / 8. Feel Your Love Tonight / 9. Little Dreamer / 10. Ice Cream Man / 11. On Fire

NOTES
• Album: US 19位 (10x Platinum / 1996-RIAA)

(記:2005年12月 / 更新:2016年7月)


    DESTROYER 「地獄の軍団」 / KISS (1976)

CDの帯:地獄の軍団 / KISS

Album Cover (front): Destroyer / KISS
ビジュアルイメージを売りにした多くのグループがマニアックな世界で短命に終わる中、メジャーフィールドでロックという枠を超えたところにまでその存在を知らしめ、更には長きに渡って人気を維持し、活動を続けているのは驚異的であり、恐らくは今後も彼らと似たようなバンドは出てきても、彼らほどのバンドはそう簡単には出てこないのではないかとさえ思えます。勿論そこにはエンターティナーの一面を持ちながらも、同時に音楽的にも優れたバンドであったからこそ成せたのだという事実を、多彩な音楽性を提示したこのアルバムが実証しているように思います。

通算5作目にあたるこの「Destroyer / 地獄の軍団」は'76年3月にリリースされ、ビルボードチャートに於いては4月にチャートインし、8月に一旦はチャートから姿を消すものの、10月に再登場してからは翌年の10月までトータル77週チャートに居続けたという、"KISS"にとっては110週もの間チャートインしていた前作"Alive"に次ぐロングセラーとなったアルバムで、最高位では11位を記録しています。又、イギリスに於いても初のチャートインを果たし(22位)、オーストラリアやカナダ、スウェーデンといった国ではベストテン入りする程の成功を収めています。

Album Cover (back): Destroyer / KISS 様々なタイプの楽曲がアルバムの中では自然なまとまりを見せているところにこの"Destroyer"の魅力があるように思うのですが、個人的には、"Detroit Rock City"から"King Of The Night Time World"への流れも然ることながら、おどろおどろしい"God of Thunder"から、ドラマティックなスローナンバーである"Great Expectations"への流れが特に好きですね。実を言うと、アルバムを初めて買った当時はこの"Great Expectations"が特に気に入っていた楽曲でもありました。それに、"Detroit Rock City"は様々なベスト盤に収録されているヴァージョンよりも、やはりこのアルバムでしか聴けない、このオリジナルヴァージョンがやはり好きですね。

なお、ドラマーのピーターがオーケストラをバックにヴォーカルをとるバラード"Beth"は、ビルボードチャートで7位を記録し、"KISS"にとって最大のヒット曲となりましたが、シングルカットされた当初は"KISS"を代表する一曲でもある"Detroit Rock City"のB面とされていた曲でした。

▼ KISS - Detroit Rock City (East Rutherford 2000)
https://www.youtube.com/watch?v=x6F70Kkz-jU

▼ KISS - God Of Thunder (East Rutherford 2000)
https://www.youtube.com/watch?v=5Nowah2ktgQ

▼ KISS - Great Expectations (KISS Symphony - Alive IV 2003)
https://www.youtube.com/watch?v=JIk41wISV1s

▼ KISS - Shout It Out Loud (East Rutherford 2000)
https://www.youtube.com/watch?v=yHpHKrAqxIw

▼ KISS - Beth (KISS Symphony - Alive IV 2003)
https://www.youtube.com/watch?v=KbtO_Ayjw0M

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Guitar, Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass, Vocals
• Ace Frehley (エース・フレーリー) - Guitar, Backing Vocals
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Drums, Vocals

TRACK LIST
1. Detroit Rock City (デトロイト・ロック・シティ) / 2. King Of The Night Time World (暗黒の帝王) / 3. God Of Thunder (雷神) / 4. Great Expectations (地獄の遺産) / 5. Flaming Youth (燃えたぎる血気) / 6. Sweet Pain (スウィート・ペイン) / 7. Shout It Out Loud (狂気の叫び) / 8. Beth (ベス) / 9. Do You Love Me (ドゥ・ユー・ラヴ・ミー)

NOTES
• CD発売日:1993/5/26(20周年記念再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 11位 (2x Platinum / 2011-RIAA)、UK 22位

(記:2006年1月 / 更新:2016年7月)


    A NEW WORLD RECORD 「オーロラの救世主」 / E.L.O. (1976)

CDの帯(初CD化盤):オーロラの救世主 / E.L.O.

Album Cover (front): A New World Record / E.L.O.
自分が"E.L.O."サウンドに惹かれる理由のひとつに、インストゥルメンタルパートにおけるアンサンブルとメロディーの素晴らしさが挙げられます。又、そのことは、コーラスやハーモニーを含むバッキングトラックを完璧に仕上げてからでないと、たとえ仮歌という形であっても決して歌入れをしないという独特のレコーディング法をとっていたことと決して無関係ではないと思います。

直訳すると「世界新記録」という自信に満ち溢れたようなアルバムタイトルは、ミュンヘンオリンピック開催中にドイツでレコーディングされていたことと関係しているようですが、結果的にこのアルバムは、"E.L.O."にとって初のプラチナムとなる「過去最高」のセールスを記録し、ビルボードチャートでは最高5位を記録しました。

なお、アメリカでは、"Livin' Thing"(米13位)、"Do Ya"(米24位)、"Telephone Line"(米7位)の3曲がシングルカットされていますが、本国イギリスに於いては、ケリー・グロウカットのファルセットヴォイスが印象的で、クラシック好きの彼女にロックンロールの手ほどきをするという歌詞が如何にも"E.L.O."らしい"Rockaria!"が"Livin' Thing"に続きシングルカットされており、サードシングルの"Telephone Line"を含め、シングルカットされた3曲全てがトップ10に入るヒットを記録しています。

Album Cover (back): A New World Record / E.L.O. 又、アルバム内には、オープニングを飾るに相応しい荘厳なイントロから始まり、軽快なリズムへと転調する"Tightrope"や、バラードながらも"E.L.O."らしい展開が面白い"Mission (A World Record)"、ポップなサビが印象的な"So Fine"、ラストを締め括るドラマティックなバラード"Shangri-La"など、シングルカットされてもおかしくない曲が数多く収録されています。個人的には穏やかな雰囲気が漂う"Above the Clouds"といった曲なんかも意外と好きですね。

邦題では、6曲目の"Livin' Thing"がアルバムの邦題と同じ「オーロラの救世主」になっていますが、これは、この曲がアルバムからの第一弾シングルであることから、恐らくは、そのシングル盤が最新の曲だということが分かり易いということと、アルバムとの相乗効果を狙ったマーケティングの観点から考えられたものだと思われます。それに、英文をカタカナ表記にしただけの「リヴィン・シング」じゃ、シングルのタイトルとしては弱いというか、パッとしないですしね。まぁ、英語のタイトルとは無関係とはいえ、個人的には、今でもこの曲のイメージとしては「リヴィン・シング」ではなく、「オーロラの救世主」ですね。「オーロラの救世主」というイメージで聴いた方が楽しいですし(笑)。

それでも、ジャケットのイメージとしては、指令を受けて地球にやってきた宇宙人が人類の様子を観察しているという内容の歌詞が印象的な4曲目の"Mission (A World Record)"と重なる部分が多いですね。曲のサブタイトルもアルバムのタイトルと被ってますし。

なお、その後の"E.L.O."を象徴するトレードマークとなったロゴが最初に登場したのがこのアルバムで、デザインを担当したのは、この「A New World Record / オーロラの救世主」の翌月にリリースれたイーグルスのアルバム「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」のジャケットデザインにも携わった"Kosh"。

▼ ELO - Tightrope (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=8D7342Nx1_s

▼ ELO - Telephone Line (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=INOFpALMOAY

▼ ELO - Rockaria! (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=dfK8t4j7I64

▼ ELO - Livin' Thing (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=lvBOZCrJsAI

▼ ELO - Do Ya (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=jKC-weHQCUQ

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Lead and Backing Vocals, Lead Guitar, Rhythm Guitar, Slide Guitar, Percussion, Electric Piano
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Minimoog Drum, Percussion, Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Electric Piano, Minimoog, Micromoog, Electric Guitars, Clavinet, Mellotron, Percussion, Backing Vocals
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Percussion, Vocals and Backing Vocals
• Mik Kaminski (ミック・カミンスキー) - Violin
• Melvyn Gale (メルヴィン・ゲイル) - Cello
• Hugh McDowell (ヒュー・マクドウェル) - Cello

TRACK LIST
1. Tightrope (タイトロープ) / 2. Telephone Line (テレフォン・ライン) / 3. Rockaria! (哀愁のロッカリア) / 4. Mission (A World Record) (ミッション) / 5. So Fine (ソー・ファイン) / 6. Livin' Thing (オーロラの救世主) / 7. Above the Clouds (アバヴ・ザ・クラウズ) / 8. Do Ya (ドゥ・ヤ) / 9. Shangri-La (シャングリ・ラ)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2006年1月 / 更新:2015年12月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 5 Navigation Part 6   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.