Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Music Notebook Profile Archives Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38
39 40 41 42

   Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 42
01. SYMFONIA - LIVE IN BULGARIA 2013 [2CD EDITION] / ASIA (2017)
02. THE BEATLES 1962-1966 「赤盤」 [2CD] / THE BEATLES (1973)
03. PACHELBEL'S CANON - ON PARADE 「パッヘルベルのカノン - オン・パレード」 / VARIOUS ARTISTS (1998)
04. WINGSPAN - HITS AND HISTORY 「夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー」 [2CD] / PAUL McCARTNEY (2001)
05. THE SECOND COMING 「セカンド・カミング」 [VHS] / KISS (1998)
06. TEAR OFF YOUR OWN HEAD (IT'S A DOLL REVOLUTION) [MINI ALBUM] / THE BANGLES (2003)
07. FANTASY 「ファンタジー +10」 / HIROMI IWASAKI 「岩崎宏美」 (1976 / 2018)
08. ALL IN 1978-2018 [13CD BOX SET] / TOTO (2019)
09. DUE IMPRESSIONE - AVE MARIA REMIX (1995) & AIR (1996) / SLAVA
10. KILLERS 「キッス・キラーズ」 / KISS (1982)
    SYMFONIA - LIVE IN BULGARIA 2013 [2CD EDITION] / ASIA (2017)

CDの帯:シンフォニア〜ライヴ・イン・ブルガリア 2013 / エイジア

Album Cover (front): Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia   Album Cover (back): Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia   CD Case (back cover): Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia

この「Symfonia - Live in Bulgaria 2013 (With The Plovdiv Opera Orchestra) / シンフォニア〜ライヴ・イン・ブルガリア 2013」は、オーケストラとの共演となったブルガリアでのライヴを収録したエイジアのライヴ・アルバムではあるのですが、残念ながら、結果的にこのライヴ・アルバムがジョン・ウェットンの遺作となってしまいました。

自分が購入したのはここに取り上げている「2枚組CD」ですが、このときのライヴを収録したものとしては、この他に「DVD」と「Blu-ray」、それに「DVD+CD」、「Blu-rayc+CD」といったメディア/パッケージも発売されています。

アルバムは、ライヴの前半 (CD-1) がバンドのみでの演奏、そして、後半 (CD-2) がオーケストラとの共演という構成になっており、収録曲としては全16曲中(日本盤限定ボーナストラックを除く)、9曲が初期2枚のアルバム(ファースト・アルバムの"Asia"とセカンド・アルバムの"Alpha")からの選曲となっています。

個人的には、コンピレーション・アルバム"Then & Now"に未発表曲として収録されていた4曲の中の1曲"Days Like These"(シングルとしてもリリースされた曲)がセットリストにあるのなら、その"Then & Now"の直前にリリースされたサード・アルバムの"Astra"からも1曲くらいは取り上げて欲しかったところではありますが、それはさておき、この時代のライヴに於いても"Days Like These"が取り上げられて演奏されているのはちょっとした驚きでもありましたね。

メンバーは、オリジナル・ギタリストのスティーヴ・ハウが脱退し、新たにサム・コールソンを迎えての新ラインナップで制作された2014年リリースのスタジオ・アルバム「 / グラヴィタス~荘厳なる刻」と同じ4人。

なお、会場となったプロヴディフは首都のソフィアに次ぐブルガリア第2の都市で、6千年に及ぶ歴史を有する古都だとのこと。又、プロヴディフは一大文化拠点であり、街には数多くの博物館、画廊や文化的機関が置かれ、音楽、演劇、映画などの文化的催しを主催しているなど、文化、芸術の拠点にもなっているそうです。(ウィキペディアを参照)

プロヴディフ (Wikipedia)

CD Case (back cover): Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia

正直言うと、オーケストラとの共演ということで、もっとダイナミックで荘厳なサウンドを期待していたのですが、思ったほどではなかったのがちょっぴり残念なところ。まぁ、特に初期の曲はどうしても重厚でスケール感溢れるスタジオ・アルバムの印象が脳裏にあるので仕方ない部分もあるんですけどね。

それでも、スタジオ・ヴァージョンを拡張したアレンジの"The Smile Has Left Your Eyes"(この曲については新たに知った事実があったので、この後でまた取り上げます)については、特にジョン・ウェットン亡き後ではより一層感慨深いものがありましたし、セカンド・アルバムの"Alpha"が大好きな自分には、個人的には好きな曲でありながらも、取り立ててアルバムを代表する曲とも言えないような"My Own Time"("Alpha"での曲名表記は"My Own Time (I'll Do What I Want)")が取り上げられていることも何気に嬉しくもありました。

Japanese Booklet (front): Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia   CD-1: Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia   CD-2: Symfonia - Live in Bulgaria 2013 / Asia

▼ Asia - The Smile Has Left Your Eyes (Live In Bulgaria 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=oKZVcDAWl0c

そして、以下は、先々月(2020年6月)にジョン・ウェットンの誕生日にあわせて公開された"The Smile Has Left Your Eyes"のオリジナル・アレンジ・ヴァージョンで、これはジョン・ウェットンの長年の友人であるリック・ネルソンが、残されていた様々なアーカイブ・スタジオ・レコーディングから慎重に再構築して、可能な限り忠実に再現したものだそうです。

▼ Asia - 'The Smile Has Left Your Eyes (Parts I & II)' (Reconstructed Original Arrangement)
https://www.youtube.com/watch?v=8ThlbhVu3Mw

インフォメーションによると、エイジアはセカンド・アルバム「Alpha / アルファ」のレコーディング中に"The Smile Has Left Your Eyes (Parts I & II)"を録音したものの、バンドは最終的にこの尺長のトラックを放棄して、より簡潔なヴァージョンを改めて再録音したとのこと。

▼ エイジア「The Smile Has Left Your Eyes」最終的に破棄されたオリジナルアレンジ版を再現 音源公開 (2020/06/14 / amass)
http://amass.jp/135689/

ということで、それまで、ライヴで演奏される拡張ヴァージョンは、てっきり、ライヴ用にアレンジされていたものだと思っていたら、実はオリジナル・ヴァージョンに沿ったアレンジだったんですよね。

ASIA - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Lead Vocal, Bass & Acoustic Guitar
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums
• Geoffrey Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards, Backing Vocals
• Sam Coulson (サム・コールソン) - Guitars, Backing Vocals

TRACK LIST (2CD Edition)
[CD 1]
1. Sole Survivor / 2. Time Again / 3. Face On The Bridge / 4. My Own Time / 5. Holy War / 6. An Extraordinary Life / 7. Days Like These / 8. Open Your Eyes

1. 孤独のサヴァイヴァー / 2. タイム・アゲイン / 3. フェイス・オン・ザ・ブリッジ / 4. マイ・オウン・タイム / 5. ホーリー・ウォー / 6. アン・エクストラオーディナリー・ライフ / 7. デイズ・ライク・ディーズ / 8. 永遠の輝き

[CD 2]
1. Only Time Will Tell / 2. Don't Cry / 3. Heroine / 4. The Smile Has Left Your Eyes / 5. Wildest Dreams / 6. Heat Of The Moment
[Japanese Bonus Track]
7. Valkyrie (Recorded live at The Canyon Club, Agoura Hills, CA - 19th October 2014)

1. 時へのロマン / 2. ドント・クライ / 3. ヒロイン / 4. 偽りの微笑み / 5. この夢の果てまで / 6. ヒート・オブ・ザ・モーメント
[日本盤限定ボーナストラック]
7. ワルキューレ(2014年10月19日 - カリフォルニア / ザ・キャニオン・クラブ公演)

NOTES
• 21st September 2013 - Plovdiv Roman Theatre - Bulriaga (2013年9月21日 - ブルガリア / プロヴディフ公演)

• 解説付(歌詞・対訳なし)
• 品番:GQCS-90278〜9
• 発売日:2017年02月10日(日本先行発売)

(記:2020年8月)


    THE BEATLES 1962-1966 「赤盤」 [2CD] / THE BEATLES (1973)

CDの帯:ザ・ビートルズ 1962年〜1966年 / ザ・ビートルズ

CD Case (front): The Beatles 1962-1966 / The Beatles   CD Case (back): The Beatles 1962-1966 / The Beatles

3年前に取り上げた「青盤」からは、かなり間隔が空いてしまいましたが、こちらは、その「青盤」と同時にリリースされた「赤盤 / The Red Album」という愛称で知られるビートルズのベスト・アルバム「The Beatles 1962-1966 / ザ・ビートルズ 1962年〜1966年」。

先に取り上げた「青盤」こと"The Beatles 1967-1970"が後期の曲からのセレクトだったのに対し、こちらの「赤盤」こと"The Beatles 1962-1966"は前期の曲からのセレクトということになり、具体的には1962年リリースのデビュー・シングル"Love Me Do"から1966年リリースのアルバム"Revolver"までの楽曲で構成されています。

そして、これは「青盤」の記事の方でも書いたことですが、ビートルズのベスト・アルバムと言えば、その後も数多くリリースされているものの、それでも、恐らくは、この「赤盤」と「青盤」こそが、今もなおファンに最も愛されるビートルズのベスト・アルバムなのではないかと個人的には思っています。

まぁ、ビートルズの場合は、ヒット曲でありながらも、シングルのみでリリースされたアルバム未収録曲が比較的多くあるため、オリジナルのアルバム以外にも、別途に何かしらのコンピレーションアルバムを購入するファンも多いと思うのですが、そういった意味に於いてもこの「赤盤」及び「青盤」は価値のあるアルバムだと思うところではありますね。

ちなみに、ここで取り上げている手持ちのアルバムは、今では見なくなった厚手のケースが特徴的な1993年発売の初CD化盤で、音の方はCD化に際して改めてデジタル・リマスタリングされています。ただし、その後の2010年には新たにリマスターされた音源にて再発されているので、これから購入されるという人は発売年のご確認を。とは言え、リマスターに関しては、アナログ時代の音への愛着や思い入れといったものも含めて、全体の雰囲気や空気感、もしくは音の好みといったものもあると思うし、パッケージに関しても違いがあるので、あえて過去に発売されたものを選ぶというのもアリなのではないかと。

Booklet (front): The Beatles 1962-1966 / The Beatles  Booklet (back): The Beatles 1962-1966 / The Beatles  CD-1: The Beatles 1962-1966 / The Beatles  CD-2: The Beatles 1962-1966 / The Beatles

1973年に2枚組LPとして同時にリリースされた「赤盤」と「青盤」のCD化に際しては、1枚のディスクへの収録時間が伸びたことにより、2枚組LPの全曲を1枚のCDに収録することも可能だったと思うのですが(トータル・タイムが約63分の「赤盤」のみ)、100分近くある「青盤」の方は1枚のディスクへの収録は無理なので、恐らくは「赤盤」と「青盤」の形式を揃えるために「赤盤」の方も2枚組にしたのではないかと思います。まぁ、LPと同じスタイルの方がユーザーにとっても分かりやすいですし、対となるアルバムなので、販売する側も両方を同じ形式にした方が売りやすいでしょうからね。

又、CD化された際も、冒頭の4曲("Love Me Do"、"Please Please Me"、"From Me To You"、"She Loves You")は、LPレコードと同様にモノラル音源で収録されているといった点も忘れずに挙げておきたいところかと。

ジャケット写真は、デビューアルバムの"Please Please Me"のフォト・セッションで撮影されたもので、"Please Please Me"で使われた写真の別ショット。なお、裏側は、お蔵入りとなったアルバム"Get Back"のためのフォト・セッションにて撮影された写真("Please Please Me"のジャケットと同じ場所、同じアングルで、同じフォトグラファー(アンガス・マクビーン)により撮影されたもの)が使われている。ちなみに「青盤」の方は表と裏の写真を逆にした構成になっています。

The Beatles 1962-1966 / The Beatles  The Beatles 1962-1966 / The Beatles  The Beatles 1962-1966 / The Beatles

▼ The Beatles - I Want To Hold Your Hand
https://www.youtube.com/watch?v=jenWdylTtzs

▼ The Beatles - A Hard Day's Night
https://www.youtube.com/watch?v=Yjyj8qnqkYI

▼ The Beatles - Help!
https://www.youtube.com/watch?v=2Q_ZzBGPdqE

▼ The Beatles - She Loves You
https://www.youtube.com/watch?v=x7prHYwxWPY

▼ The Beatles - Please Please Me (Mono Version / Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=68sJxWxFbcQ

▼ The Beatles - In My Life (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=YBcdt6DsLQA

▼ The Beatles - Nowhere Man (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=8scSwaKbE64

▼ The Beatles - Yesterday (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=NrgmdOz227I

TRACK LIST
[Disc 1]
1. Love Me Do / 2. Please Please Me / 3. From Me To You / 4. She Loves You / 5. I Want To Hold Your Hand / 6. All My Loving / 7. Can't Buy Me Love / 8. A Hard Day's Night / 9. And I Love Her / 10. Eight Days A Week / 11. I Feel Fine / 12. Ticket To Ride / 13. Yesterday

1. ラヴ・ミー・ドゥ / 2. プリーズ・プリーズ・ミー / 3. フロム・ミー・トゥ・ユー / 4. シー・ラヴズ・ユー / 5. 抱きしめたい / 6. オール・マイ・ラヴィング / 7. キャント・バイ・ミー・ラヴ / 8. ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ! / 9. アンド・アイ・ラヴ・ハー / 10. エイト・デイズ・ア・ウィーク / 11. アイ・フィール・ファイン / 12. 涙の乗車券 / 13. イエスタデイ

[Disc 2]
1. Help! / 2. You've Got To Hide Your Love Away / 3. We Can Work It Out / 4. Day Tripper / 5. Drive My Car / 6. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) / 7. Nowhere Man / 8. Michelle / 9. In My Life / 10. Girl / 11. Paperback Writer / 12. Eleanor Rigby / 13. Yellow Submarine

1. ヘルプ / 2. 悲しみはぶっとばせ / 3. 恋を抱きしめよう / 4. デイ・トリッパー / 5. ドライヴ・マイ・カー / 6. ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森) / 7. ひとりぼっちのあいつ / 8. ミッシェル / 9. イン・マイ・ライフ / 10. ガール / 11. ペイパーバック・ライター / 12. エリナー・リグビー / 13. イエロー・サブマリン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 22ページの英文ブックレット + 46ページの日本語ブックレット
• デジタル・リマスター
• 赤色CDトレー
• 解説(アルバム解説・曲目解説)・歌詞・対訳付
• 品番:TOCP-8010・11
• CD発売日:1993年9月20日

• UK 3位 (2x Platinum / BPI)、US 3位 (15x Platinum [Diamond Award] / 2001-RIAA)

(記:2020年9月)


    PACHELBEL'S CANON - ON PARADE 「パッヘルベルのカノン - オン・パレード」 / VARIOUS ARTISTS (1998)

CDの帯:パッヘルベルのカノン - オン・パレード

Album Cover (front): Pachelbel's Canon - On Parade / Various Artists  Album Cover (back): Pachelbel's Canon - On Parade / Various Artists  CD Case (back cover): Pachelbel's Canon - On Parade / Various Artists

何を隠そう、って別に隠す必要もないのですが(笑)、実はクラシックの曲の中で特に好きなのがパッヘルベルのカノンなんですよね。

そういったこともあり、何か良いのがあったら欲しいなぁと漠然と思っていた中で見つけて購入したのが、このパッヘルベルのカノンだけを収録したアルバム「Pachelbel's Canon - On Parade / パッヘルベルのカノン オン・パレード」。

とは言っても、1998年というCDのリリース年を見ても分かる通り、購入したのは随分と前になるのですが、それでも、今も時折聴くアルバムのひとつではあります。

で、この「パッヘルベルのカノン オン・パレード」、その名の通り、パッヘルベルのカノンばかりを集めたアルバムということで、当然ながら全11曲全てがパッヘルベルのカノンということになるのですが、一概にパッヘルベルのカノンと言っても、多種多様で、それこそ演奏家及び楽団の数だけ様々な解釈とアレンジがあると言っても過言ではないことから、実際のところ、パッヘルベルのカノンが好きとは言え、どれを選んでいいのか分からなかった自分には、気に入ったものを見つけられるという点に於いてもピッタリのアルバムでしたね。

ちなみに、この「パッヘルベルのカノン オン・パレード」について言えば、比較的原曲に忠実でオーソドックスなアレンジの弦楽・管弦楽が多いので(それがこのアルバムを選んだ理由でもあるのですが)、安心して楽しめるのではないかと思います。

ただ、オーソドックスなアレンジが多いとは言っても、やはり、弦楽・管弦楽にも厳かなものから明るく弾んだものまでそれぞれに違いはあるし、声楽による3曲目や、イージーリスニング風にアレンジされたポール・モーリアによる4曲目、そして、クラリネット・アンサンブルによる9曲目といったような曲も含まれているので、全曲を通して聴いても、意外と単調な印象はないですね。

▼ Pachelbel Canon - Boston Pops Orchestra
https://www.youtube.com/watch?v=dcCnggBzLO4

▼ Pachelbel's Canon - I Musici
https://www.youtube.com/watch?v=zGwlO_nPbZw

▼ Pachelbel: Canon - Academy of St. Martins in the Fields / Marriner
https://www.youtube.com/watch?v=9QZfaIn2ZKo

CD: Pachelbel's Canon - On Parade / Various Artists TRACK LIST
01. カノン (パッヘルベル)
      イ・ムジチ合奏団
02. カノン (パッヘルベル / 編曲:ミュンヒンガー)
      シュトゥットガルト室内管弦楽団 / 指揮:カール・ミュンヒンガー
03. カノン (パッヘルベル)
      スィングル・シンガーズ
04. カノン (パッヘルベル / 編曲:P.モーリア)
      ポール・モーリア・グランド・オーケストラ
05. カノン (パッヘルベル)
      ミュンヘン・プロアルテ管弦楽団 / 指揮:クルト・レーデル
06. カノン (パッヘルベル)
      アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ / 指揮:サー・ネヴィル・マリナー
07. カノン (パッヘルベル)
      オルフェウス室内管弦楽団
08. カノン (パッヘルベル / 編曲:ボックホルト)
      ボストン・ポップス・オーケストラ / 指揮:ジョン・ウィリアムズ
09. カノン (パッヘルベル)
      東京クラリネット・アンサンブル
10. カノン (パッヘルベル)
      ピンカス・ズカーマン (指揮、ヴァイオリン) / セント・ポール室内管弦楽団
11. カノン (パッヘルベル)
      エンシェント室内管弦楽団 / 指揮:クリストファー・ホグウッド

NOTES
• レーベル:Philips
• 品番:PHCP-20310
• CD発売日:1998年11月30日
• 解説付

(記:2020年9月)


    WINGSPAN - HITS AND HISTORY 「夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー」 [2CD] / PAUL McCARTNEY (2001)

CDの帯:夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

Album Cover (front): Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   Album Cover (back): Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   CD Case (back cover): Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

この「Wingspan - Hits and History / 夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー」は、TVドキュメンタリー「Wingspan」の放映に合わせてリリースされたポール・マッカートニー自身の選曲による2枚組ベスト・アルバムで、アルバムのタイトルにもあるように、ディスク 1の「ヒッツ」はその名の通りヒット曲が、そして、ディスク 2の「ヒストリー」にはポール自身のお気に入り曲が収録されています。

ポール・マッカートニーのベスト・アルバムと言えば、ウイングス時代にリリースされた1978年の「Wings Greatest / ウイングス・グレイテスト・ヒッツ」、そして、ソロ活動後の1987年にリリースされた「All The Best! / オール・ザ・ベスト」の2枚がこれまでにリリースされていたので、この"Wingspan - Hits and History"はそれに次ぐ3枚目のベスト・アルバムということになりますね。

ちなみに、その後の2016年には、ポール・マッカートニーのベスト・アルバムとしては最新版となる通算4作目のベスト・アルバム「Pure McCartney / ピュア・マッカートニー〜オール・タイム・ベスト」(2枚組の通常盤と4枚組のデラックス・エディションの2種類)がリリースされています。

CDの帯(裏面側):夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー   Slipcase (3D Lenticular Cover) + Jewel Case: Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

実を言うと、このベストを買った理由のひとつに、1982年リリースのアルバム「Tug of War / タッグ・オブ・ウォー」 に収録されていた冒頭の2曲"Tug Of War"と"Take It Away"が共にシングル・ヴァージョンで収録されていたからといったことがあります(共に初CD化)。

というのも、個人的にも大好きなこの2曲、オリジナル・アルバムの"Tug of War"には曲間が無くメドレーのような形式で収録されているので、どちらかの曲だけを聴こうとする場合は、曲の終わりが切れてしまうか、曲の始めに前の曲が残っているかしていたのが、綺麗に分割されたシングル・ヴァージョンが収録されていることで、単体でも違和感なく聴けるんですよね。それに、この2曲のシングル・ヴァージョンが収録されているのは今現在に於いてもこのアルバムのみですからね。

しかも、現在では、先のベスト・アルバム"All The Best!"と同様に、この"Wingspan - Hits and History"も日本盤、輸入盤共に入手困難になっているようなので、多くのファンにとっても手放せない1枚になっているのではないかと思います。

なお、"Coming Up"は、イギリス及び日本盤では未発表ミックスのスタジオ・ヴァージョンが収録されていますが、アメリカ盤ではシングルとしてリリースされたライヴ・ヴァージョンが収録されています。又、日本盤にはボーナス・トラックとして、「Eat At Home / イート・アット・ホーム」(アナログ・レコード時代の邦題は「出ておいでよ、お嬢さん」)が追加収録されています。ちなみに、この"Eat At Home"は、ポール・マッカートニーのセカンド・アルバム「Ram / ラム」に収録されている曲で、ヨーロッパと日本ではシングルとしてもリリースされていた曲。

そして、初回版のパッケージもイギリス及び日本とアメリカでは違いがあるようなので、これから探して購入されるという場合はその辺りを考慮して選ばれてはいかがかと。

CDの帯(裏面側):夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

CDの帯(裏面側):夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

■ オリジナルのスタジオ・アルバムには収録されていない曲、及びヴァージョンについて挙げておくと。

[ディスク 1]
03. Another Day - オリジナル・アルバム未収録シングル
09. C Moony - オリジナル・アルバム未収録シングル
10. Hi, Hi, Hi - オリジナル・アルバム未収録シングル
12. Goodnight Tonighty - オリジナル・アルバム未収録シングル
13. Junior's Farm - オリジナル・アルバム未収録シングル / DJエディット(初CD化)
14. Mull of Kintyre - オリジナル・アルバム未収録シングル
16. With a Little Luck - DJエディット

[ディスク 2]
03. Daytime Nighttime Suffering - オリジナル・アルバム未収録シングル("Goodnight Tonight"のB面)
05. Helen Wheels - オリジナル・アルバム未収録シングル(アルバム"Band on the Run"のアメリカ盤にのみ収録)
09. Take It Away - シングル・ヴァージョン(初CD化)
12. Venus And Mars/Rockshow - シングル・エディット(初CD化)
16. Waterfalls - DJエディット(初CD化)
20. Tug Of War - シングル・ヴァージョン(初CD化)
21. Bip Bop/Hey Diddle - 未発表音源

Booklet: Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

▼ Paul McCartney - Tug of War
https://www.youtube.com/watch?v=s8IL9QW8keU

▼ Paul McCartney - Take It Away
https://www.youtube.com/watch?v=5z-iApVMr2Y

▼ Wings - With A Little Luck
https://www.youtube.com/watch?v=EwpNCkunqyE

▼ Paul McCartney & Wings - Goodnight Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=DRCgueckAXE

▼ Paul McCartney & Wings - My Love
https://www.youtube.com/watch?v=ZmjN1O1ejS4

▼ Paul McCartney & Wings - Silly Love Songs
https://www.youtube.com/watch?v=wh15LOppcWQ

TRACK LIST
Disc 1 (Hits)
01. Listen To What The Man Said / リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セッド(ウイングス)
02. Band On The Run / バンド・オン・ザ・ラン(ポール・マッカートニー&ウイングス)
03. Another Day / アナザー・デイ(ポール・マッカートニー)
04. Live And Let Die / 007/死ぬのは奴らだ(ウイングス)
05. Jet / ジェット(ポール・マッカートニー&ウイングス)
06. My Love / マイ・ラヴ(ポール・マッカートニー&ウイングス)
07. Silly Love Songs / 心のラヴ・ソング(ウイングス)
08. Pipes Of Peace / パイプス・オブ・ピース(ポール・マッカートニー)
09. C Moon / C・ムーン(ウイングス)
10. Hi Hi Hi / ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
11. Let 'Em In / レット・エム・イン(ウイングス)
12. Goodnight Tonight / グッドナイト・トゥナイト(ウイングス)
13. Junior's Farm (DJ Edit) / ジュニアズ・ファーム(DJエディット)(ポール・マッカートニー&ウイングス)
14. Mull of Kintyre / 夢の旅人(ウイングス)
15. Uncle Albert/Admiral Halsey / アンクル・アルバート〜ハルセイ提督(ポール&リンダ・マッカートニー)
16. With A Little Luck (DJ Edit) / ウィズ・ア・リトル・ラック(DJエディット)(ウイングス)
17. Coming Up / カミング・アップ(ポール・マッカートニー)
18. No More Lonely Nights / ノー・モア・ロンリー・ナイツ(ポール・マッカートニー)
19. Eat At Home / イート・アット・ホーム(ポール&リンダ・マッカートニー) [日本盤ボーナストラック]

Disc 2 (History)
01. Let Me Roll It / レット・ミー・ロール・イット(ポール・マッカートニー&ウイングス)
02. The Lovely Linda / ラヴリー・リンダ(ポール&リンダ・マッカートニー)
03. Daytime Nightime Suffering / デイタイム・ナイトタイム(ウイングス)
04. Maybe I'm Amazed / メイビー・アイム・アメイズド(ポール&リンダ・マッカートニー)
05. Helen Wheels / 愛しのヘレン(ポール・マッカートニー&ウイングス)
06. Bluebird / ブルーバード(ポール・マッカートニー&ウイングス)
07. Heart Of The Country / ハート・オブ・ザ・カントリー(ポール&リンダ・マッカートニー)
08. Every Night / エヴリナイト(ポール&リンダ・マッカートニー)
09. Take It Away / テイク・イット・アウェイ(ポール・マッカートニー)
10. Junk / ジャンク(ポール&リンダ・マッカートニー)
11. Man We Was Lonely / マン・ウィ・ワズ・ロンリー(ポール&リンダ・マッカートニー)
12. Venus And Mars/Rockshow (Single Edit) / ヴィーナス・アンド・マース/ロックショー(シングル・エディット)(ウイングス)
13. Back Seat Of My Car / バック・シート(ポール&リンダ・マッカートニー)
14. Rockestra Theme / ロケストラのテーマ(ウイングス)
15. Girlfriend / ガールフレンド(ウイングス)
16. Waterfalls / ウォーターフォールズ(ポール・マッカートニー)
17. Tomorrow / トゥモロウ(ウイングス)
18. Too Many People / トゥ・メニー・ピープル(ポール&リンダ・マッカートニー)
19. Call Me Back Again / コール・ミー・バック・アゲイン(ウイングス)
20. Tug Of War / タッグ・オブ・ウォー(ポール・マッカートニー)
21. Medley: Bip Bop/Hey Diddle/I Am Your Singer / メドレー:ビップ・ボップ〜ヘイ・ディドル(ポール&リンダ・マッカートニー)
22. No More Lonely Nights (Playout Version) / ノー・モア・ロンリー・ナイツ(プレイアウト・ヴァージョン)(ポール・マッカートニー)

■ アナログ・レコード時代の邦題
[Disc 1]
01. リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セッド → あの娘におせっかい
11. レット・エム・イン → 幸せのノック
16. ウィズ・ア・リトル・ラック → しあわせの予感
18. ノー・モア・ロンリー・ナイツ → ひとりぼっちのロンリー・ナイト
19. イート・アット・ホーム → 出ておいでよ、お嬢さん
[Disc 2]
04. メイビー・アイム・アメイズド → 恋することのもどかしさ

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初回生産限定3Dジャケット) [Japanese First Pressing CD / Limited Edition]
• 初回生産限定スペシャルパッケージ
• 24ビット・デジタル・リマスタリング
• 解説・歌詞・対訳付(英文ブックレット+日本語ブックレット)
• 発売日:2001/5/9
• 品番:TOCP-65746・47
• Japan Edition: Comes with slipcase featuring 3D image of the original cover + 1 Bonus Track

• Album: UK 5位 (Gold) / US 2位 (2x Platinum / 2001-RIAA)

(記:2020年10月)


    THE SECOND COMING 「セカンド・カミング」 [VHS] / KISS (1998)

VHS Cover (front): The Second Coming / KISS   VHS Cover (back): The Second Coming / KISS   Booklet: The Second Coming / KISS

この「The Second Coming / セカンド・カミング」は、リユニオン後の1996〜1997年に行われたワールド・ツアーの模様を中心に、メンバーや関係者の証言、貴重な映像を元にオリジナル・メンバーによる復活劇を描いたキッスのドキュメンタリー・ビデオ。

ライヴ・ビデオではないので、収録曲の大半は部分的なもの、もしくはバックグラウンドで使用されているものになるのですが、ファンならばきっと興味をもって観れるドキュメンタリー・ビデオだと思います。

残念ながら、今はもうオリジナル・メンバー4人のうちの2人はもうグループにはいないという状態でキッスとしてのバンド活動に終止符を打とうとしている状況ではありますが、ニューヨークで行われるという最後のステージにはエースとピーターの姿もあってほしいなと思うところではありますね。

いや、多分、オリジナル・メンバーでの再結成には乗り気ではなかったジーンが最終的にはファンが望むのではあればと再結成に踏み切った経緯からして、恐らくは最後のステージにはたとえ最後の数曲だけだとしてもきっとエースとピーター(もしかしたらヴィニーやブルースも?)を迎えることも考えているのではないかと個人的には思っています。

で、このビデオ、自分が持っているのはここで紹介しているVHSテープなんですが、その後にはDVDでも発売されています。ただ、今は新品での入手は困難になっているようなので、もしも、これから中古等で購入されるというような場合は、ドキュメンタリー・ビデオという性質上、やはり日本語の字幕が付いた日本版の方を探して購入されるのが良いのではないかと思います。

▼ KISS - THE SECOND COMING - Opening
https://www.youtube.com/watch?v=O6yXDv0qm7w

▼ KISS - DETROIT ROCK CITY - LIVE (THE SECOND COMING)
https://www.youtube.com/watch?v=rdgT7Bje1UQ

TRACK LIST
1. Introduction / 2. In The Beginning / 3. The Hottest Live Band In The Land / 4. Breaking Down / 5. Up From The Ashes / 6. Putting On The Makeup / 7. The Grammys / 8. First Rehearsal / 9. Fanning The Flames / 10. Laying Out A Plan / 11. Bigger Than Life / 12. The Practice Gigs / 13. Opening Night: Tiger Stadium, Detroit / 14. Madison Square Garden, Ny / 15. The Kiss Buzz / 16. The Castle Donington Festival: England / 17. The Forum: Los Angeles, Ca / 18. Music, Make Up, Mayhem / 19. MTV Video Music Awards / 20. Passing Judgement / 21. Bass Licks / 22. Spanning The Globe / 23. New Year's Eve: 1996 / 24. Big In Japan / 25. Down Under, Down South / 26. The Lost Cities Tour / 27. The Final Siege / 28. Stockholm, Sweden / 29. The Last Show: Finsbury Park, London / 30. End Credits

Supplement (Includes Bonus Footage: The Complete Live Performance)
1. Shout It Out Loud (Tiger Stadium 1996)
2. Shandi (Melbourne, Australia 1997)
3. Detroit Rock City (Movie Premiere)

VHS: The Second Coming / KISS NOTES
• Format: VHS
• 133分 / COLOR / STEREO Hi-Fi / 日本語字幕スーパー
• フルカラー日本語ブックレット付き
• 発売日:2000年9月21日
• 品番:COVY-90117
• 発売時の価格:\4,700(税抜)

• Award: US - Platinum (1999-RIAA)

(記:2020年10月)


    TEAR OFF YOUR OWN HEAD (IT'S A DOLL REVOLUTION) [MINI ALBUM] / THE BANGLES (2003)

CDの帯:テア・オフ・ユア・オウン・ヘッド(ドール・レヴォルーション) / バングルス

Album Cover (front): Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / The Bangles   Album Cover (back): Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / The Bangles   CD Case (back cover): Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / The Bangles

こちらはバングルスのミニ・アルバムで、日本独自企画の来日記念盤としてリリースされた「Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / テア・オフ・ユア・オウン・ヘッド(ドール・レヴォルーション)」。

収録されているのは、再結成後の第一弾アルバム「Doll Revolution / ドール・レヴォリューション」からのセカンド・シングルとなるタイトル・トラックの「Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / テア・オフ・ユア・オウン・ヘッド(ドール・レヴォリューション)」と、同アルバム収録曲の「Ride The Ride / ライド・ザ・ライド」及びファースト・シングル「Something That You Said / サムシング・ザット・ユー・セッド」のリミックス・ヴァージョンの3曲に、バングルスを代表するヒット曲「Eternal Flame / 胸いっぱいの愛〜エターナル・フレイム」のアコースティック・ヴァージョン(オリジナル・アルバム未収録曲)を加えた全4曲。

▼ The Bangles - Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution)
https://www.youtube.com/watch?v=FwVvf_8oWFk

案外、"Eternal Flame"のアコースティック・ヴァージョン目当てでこれを買ったという人も多かったのかもしれませんが、残念ながら、レコーディング時期等の情報はアルバムには記載されていません。

ただ、音の雰囲気からすると、DVDの"Return to Bangleonia"に"Bonus Acoustic Performance"として収録されている"Manic Monday"と"Ride The Ride"に似ているので、これらの曲と同時期にレコーディングされた音源ではないかと個人的には推測しています。

ちなみに、下のパフォーマンスはこのアルバムに収録されているものとは別音源ですが、ほとんど同じアコースティック・アレンジで演奏されています。

▼ The Bangles - Eternal Flame (Acoustic)
https://www.youtube.com/watch?v=sBRVITRTT0U

なお、"Something That You Said"のリミックス・ヴァージョンについては、曲の構成自体はオリジナル・ヴァージョンと同じということもあり、大きな違いはなく、注意して聴き比べないと違いは分からないんじゃないかというレベルのリミックス。

▼ The Bangles - Something That You Said (Jeremy Wheatley Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=2SK1NSUuXF8

CD: Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / The Bangles TRACK LIST
1. Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) / 2. Ride The Ride / 3. Eternal Flame [Acoustic Version] / 4. Something That You Said [Jeremy Wheatley Mix]

1. テア・オフ・ユア・オウン・ヘッド(ドール・レヴォリューション) / 2. ライド・ザ・ライド / 3. 胸いっぱいの愛(エターナル・フレイム) [アコースティック・ヴァージョン] / 4. サムシング・ザット・ユー・セッド [ジェレミー・ウィートリー・ミックス]

NOTES
• 日本独自企画(来日記念盤) [Japanese Exclusive 4-Track CD / Released in Japan Only]
• 胸いっぱいの愛(エターナル・フレイム)のアコースティック・ヴァージョンを特別収録
• 解説・歌詞・対訳付
• 品番:VICP-62316
• CD発売日:2003年05月21日

(記:2020年11月)


    FANTASY 「ファンタジー +10」 / HIROMI IWASAKI 「岩崎宏美」 (1976 / 2018)

CDの帯:ファンタジー +10 / 岩崎宏美

Album Cover (front): ファンタジー +10 / 岩崎宏美   Album Cover (back): ファンタジー +10 / 岩崎宏美   CD: ファンタジー +10 / 岩崎宏美

実はこの岩崎宏美のセカンドアルバム「ファンタジー」は、洋楽のロックに夢中になっていた中で買ったLPレコードだったのですが、結構気に入って聴いていたんですよね。一応、LPレコードを買う前からNHK-FMのラジオ番組で放送されたこのアルバムの数曲をカセットテープに録音して聴いていたので、概ねどんな内容のアルバムかは知っていたんですけどね。

ただ、1976年にリリースされたオリジナルのLPレコードには曲間に糸居五郎 (DJ) のナレーションが入っており、所々で曲の始まりないし終わりの部分にナレーションが被っていたこともあり、好きな曲だけを綺麗に抜き出してカセットテープに録音することができなかったことだけが唯一悩ましい部分でもありました。NHK-FMのラジオ番組で放送されたアルバム内の数曲は全てナレーションはカットされていたので、アルバムがこういった構成になっているなんてLPレコードを買うまで知らなかったですからね。

ところが、2007年発売のCD「ファンタジー +10」には、なんと、オリジナルの全10曲に加えて、曲間のナレーションを取り除いた10曲がボーナス・トラックとして追加収録されていたんですよね。

ただし、そんな、かつてLPレコードを持っていた自分にとっては夢のようなCDも、その存在に気付いたときは時すでに遅しで、入手困難という状況でした。

しかしながら、「ファンタジー +10」の発売から10年余りの時を経た2018年に、タワーレコード限定販売ながらも、2007年発売のCDと同じ仕様で「ファンタジー +10」が再発されたこともあり、ようやく手に入れることができたというわけなんですね。いや、ほんと、このときはティーンエイジャーの頃と似たような感覚の喜びを感じましたね(笑)。

Inner Sleeve: ファンタジー +10 / 岩崎宏美 で、この「ファンタジー」、本来ならメインであるはずのタイトルトラック「ファンタジー」(オリコン2位)と「センチメンタル」(オリコン1位)という2大ビッグ・ヒット・シングルがあたかもオマケで付け加えられたボーナスト・ラックのように感じてしまうほどシングル以外の収録曲が魅力的で粒ぞろいだというのがこのアルバム「ファンタジー」の魅力だと個人的には思っています。

岩崎宏美と言えば、デビュー当時から歌唱力に定評があったことは知られるところですが、それでも、やっぱり、その歌唱力も魅力的な楽曲があってこそ生かされるもの(逆もしかり)だと思うんですよね。そういう点でも、それが丸ごとアルバムで実証されたのがこの「ファンタジー」なのではないかと。

Promo Sticker: ファンタジー +10 / 岩崎宏美 しかも、この再発盤CDは、曲間のナレーションを取り除いた10曲がボーナス・トラックとして追加収録されているというだけでなく、当時のLPレコードを再現した紙ジャケット仕様に加え、帯や歌詞カードといったものも当時のデザインで再現されているので、当時の雰囲気を懐かしむことができるというのもこれまた嬉しいところ。

又、CDのラベルもレコード盤のようなデザインになっていたり、LP時代には無かった岩崎宏美のセルフ・ライナーノーツも新たに収録されていたりといったように、更にアルバムを楽しめる要素が追加されており、自分のみならず、かつてLPレコードでこのアルバムを持っていた人にとっても、きっと買ってよかったと思える再発盤なのではないかと思います。

一応、ひとつだけ加えておくと、曲間のナレーションを取り除いた10曲が聴けるというのが最大の楽しみだったとは言え、それでも、やっぱり、聞き慣れた糸居五郎のナレーションが入っているオリジナルLPヴァージョンにも思い出があるので、こうしてナレーション入りと無しの両ヴァージョンが収録されていて良かったとは思うところですね。ナレーション無しのヴァージョンだけだったら何かしら物足りなさを感じていたかも?

[補足]:糸居五郎(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E5%B1%85%E4%BA%94%E9%83%8E

Inner Sleeve: ファンタジー +10 / 岩崎宏美   Inner Sleeve: ファンタジー +10 / 岩崎宏美   Inner Sleeve: ファンタジー +10 / 岩崎宏美

私自身は、岩崎宏美のコンサートには愛知県に住んでいた頃に友人と二人で一度だけ行ったことがあるという程度でしかないのですが、できることなら、アルバムの中でも最も好きな曲のひとつである「ひとりぼっちの部屋」で始まるコンサートを観てみたいというのが漠然と持っている一つの夢でもあるんですよね。

更に欲を言えば、「ひとりぼっちの部屋」だけでなく、このアルバムの収録曲を多数含んだセットリストのライヴを一度だけでも観てみたいなぁと思うところではあります。なんか想像するだけでワクワクしますね。

▼ 岩崎宏美 - パピヨン
https://www.youtube.com/watch?v=lMQCS66nmAY

▼ 岩崎宏美 - キャンパス・ガール
https://www.youtube.com/watch?v=CiaaPCRIcmU

▼ 岩崎宏美 - 愛よ、おやすみ
https://www.youtube.com/watch?v=aLqGCcRj0sU

▼ 岩崎宏美 - 感傷的
https://www.youtube.com/watch?v=5ZMLth1lRAk

▼ 岩崎宏美 - ひとりぼっちの部屋
https://www.youtube.com/watch?v=U_7hMcMu1x4

▼ 岩崎宏美 - センチメンタル(テレビ番組 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=pyVwczyU28Q

▼ 岩崎宏美 - ファンタジー(テレビ番組 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=WwK6_I50kt4

CDの帯(裏面側):ファンタジー +10 / 岩崎宏美 TRACK LIST
■ 糸居五郎 (DJ) のナレーション入りオリジナルLPヴァージョン (1〜10)
1. パピヨン / 2. キャンパス・ガール / 3. ファンタジー / 4. 愛よ、おやすみ / 5. 感傷的 / 6. おしゃれな感情 / 7. ひとりぼっちの部屋 / 8. グッド・ナイト / 9. 月のしずくで / 10. センチメンタル

■ [ボーナス・トラック] 糸居五郎 (DJ) のナレーション無しヴァージョン (11〜20)
11. パピヨン / 12. キャンパス・ガール / 13. ファンタジー / 14. 愛よ、おやすみ / 15. 感傷的 / 16. おしゃれな感情 / 17. ひとりぼっちの部屋 / 18. グッド・ナイト / 19. 月のしずくで / 20. センチメンタル

NOTES
■ ファンタジー +10(タワーレコード限定)
• ボーナス・トラック10曲収録
• 2007年リマスター音源使用
• オリジナル紙ジャケット仕様(帯、歌詞カード等、封入物も復刻)
• 岩崎宏美のセルフ・ライナーノーツ収録
• 完全生産限定(※ 2007年発売の「ファンタジー +10」 (VICL-62268) と同内容)
• 品番:NCS-10189
• CD発売日:2018年6月27日(オリジナル発売日:1976年2月10日)
• レーベル:Victor Entertaiment (制作・製造) / Tower Records (企画・販売)

(記:2020年11月)


    ALL IN 1978-2018 [13CD BOX SET] / TOTO (2019)

Box Cover (front): All In 1978-2018 / TOTO   Box Cover (back): All In 1978-2018 / TOTO   All In 1978-2018 / TOTO

こちらは"TOTO"の13枚組ボックスセット"All In 1978-2018 (The CDs)"。いやぁ、実を言うと、これは13枚組ということもあり、記事として取り上げるのも大変だなぁと先延ばしにしていたのですが、こうして無事に仕上げてアップロードできた今は、なんとか年内に大仕事を終えることができたといった感じで、とりあえずはホッとしたところ。もう来年でいいやと思ったらまたズルズルと先延ばししそうなんで、ほんとこれは意を決して取り掛かったようなところがありましたからね(笑)。

ということで、この13枚のCD、元々はデビュー40周年を記念して2018年に限定リリースされた豪華ボックスセット"All In (Deluxe Box)" (17LP+13CD+Blu-ray) に含まれていたもので、そのボックスセットの中のCDだけを別途ボックス化して翌年の2019年にリリースされたのがこの"All In 1978-2018 (The CDs)。

Promo Sticker: All In 1978-2018 / TOTO ボックスセットに含まれているのは、11枚の2017年最新リマスター版オリジナル・スタジオアルバムと、未発表のライヴ"Live In Tokyo 1980"、それに、新曲で構成されたニューアルバム"Old Is New"の計13枚で、各CDはオリジナル・アルバムと同じデザインが施された紙ジャケットに封入されています。なお、各アルバム及び収録曲のクレジット類は同梱された24ページのブックレットに記載されています。

※ 未発表音源をメインに構成されたこのボックスセット"All In 1978-2018"限定のアルバム"Live In Tokyo 1980"と"Old Is New"は、共に翌年の2020年には単独のアルバムとしてもリリースされました("Live In Tokyo 1980"はアナログレコード及びデジタル/ストリーミンのみ)。

 

▼ 付属のブックレット

Booklet: All In 1978-2018 / TOTO

▼ 紙ジャケットの背中部分

Miniature LP Sleeve (spine): All In 1978-2018 / TOTO

 

ボックスセットに含まれるアルバムは以下の13枚(ボックスセットは輸入盤なので邦題は記載されていませんが、分かり易いように邦題も併せて記載しています)。

■ TOTO / 宇宙の騎士(1978年)
■ HYDRA / ハイドラ(1979年)
■ LIVE IN TOKYO 1980(2018年)※ 未発表ライヴ音源(1980年のハイドラ・ツアーでの初来日公演)
■ TURN BACK / ターン・バック(1981年)
■ TOTO IV / 聖なる剣(1982年)
■ ISOLATION / アイソレーション(1984年)
■ FAHRENHEIT / ファーレンハイト(1986年)
■ THE SEVENTH ONE / ザ・セブンス・ワン〜第7の剣〜(1988年)
■ KINGDOM OF DESIRE / 欲望の王国(1992年)
■ TAMBU / タンブ(1995年)
■ TOTO XX: 1977-1997 / TOTO XX(1998年)
■ MINDFIELDS / マインドフィールズ(1999年)
■ OLD IS NEW(2018年)※ 新曲で構成されたニューアルバム

※ なお、このボックスセットは「CBS/SONY」在籍時のアルバムのみで構成されているので、「CBS/SONY」を離れていた時期にリリースされた"Through the Looking Glass" (2002)、"Falling in Between" (2006)、"TOTO XIV" (2015) といったアルバムは含まれていません。

又、「CBS/SONY」時代にリリースされたアルバムながらも、新曲4曲を含んだ1990年リリースのベストアルバム"Past To Present 1977-1990"及びライヴアルバムも同様に含まれていません。

 

All In 1978-2018 / TOTO 収録されている13枚のアルバムについては、一応、特筆すべきものだけピックアップしておきます。

まずは、先にも記したように、翌年にそれぞれ単体でリリースされたものの、当初はこのボックスセットのみに収められたアルバムだった"Live In Tokyo 1980"と"Old Is New"の2枚のアルバムについて。

■ Live In Tokyo 1980
1980年のハイドラ・ツアーでの初来日公演のライヴ音源から5曲が収録されたこの"Live In Tokyo 1980"は、当時、日本独自の企画としてライヴ・アルバムをリリースする予定で実際にライヴ・レコーディングが行なわれものの、最終的にはお蔵入りとなった音源から5曲が抜粋されて収録されたアルバム。

アルバムのタイトル「Live in Tokyo - In Search Of The Hydra」のみならず、レコード番号や発売日といったものまでもが決定していたにも関わらず、バンド側の意向により発売中止となった理由については、演奏面でのクオリティーの問題だったようで、このアルバムに於いても収録されているのは5曲だけといったことから、恐らくはバンドにとっては納得できない演奏の曲が多かったということなのかもしれません。

▼ Discogs - Test Pressing LP (Live In Tokyo - In Search Of The Hydra / TOTO)
https://www.discogs.com/ja/Toto-Live-In-Tokyo-In-Search-Of-The-Hydra/release/11725240#images/33308678

とは言え、時を経てようやく公式にリリースされることになったこの5曲は流石に選ばれた曲だけあって結構良いんですよね。特に"TOTO"の中でも最も好きな曲のひとつで、個人的な思い入れもある"St. George And The Dragon"をはじめ、"Mama"、"White Sister"といった"Hydra"に収録された曲をハイドラ・ツアー時の、それも日本でのライヴ音源で聴けるのは嬉しい限り。

■ Old Is New
そしてもうひとつのアルバム"Old Is New"。この"Old Is New"は、先にリリースされたデビュー40周年記念のベストアルバム"40 Trips Around the Sun"にも収録されていた3曲の新曲("Alone"、"Spanish Sea"、"Struck By Lightning")を含む全10曲の新曲で構成されたニューアルバム(先にも記したように、翌年の2020年には単独のアルバムとしてもリリースされ、最新のスタジオアルバムとしてカウントされている)。

新曲については、完全な新曲と、過去(1981年〜1984年当時)の未発表音源に現在のメンバーのプレイを加え再構築してレコーディングされた新曲の2種類があり、アルバムタイトルの"Old Is New"もそういった理由から付けられたのだと思われます。ファンにとっては、故人となったジェフ・ポーカロ、及びマイク・ポーカロの演奏が加わった新曲が聴けるというのは感慨深いところではないかと。

スティーヴ・ルカサーはこれらの新曲に関して次の様に語っている。
NME Japan より引用

「古い曲には新しいセクションを書き加えた。自分たちが20歳から25歳の頃に録ったパートでこれは残せると判断した部分に合わせて、新たに演奏したんだ。ジェフとマイク、或いはジェフとハンゲイトのパート、それと基本的なギターやピアノのパートを残して、その上にオーバーダブで重ねたんだ。昔の時代の雰囲気をそのまま残しておきたいと思った。24歳の自分の演奏に合わせてプレイするのはなかなかやばかったよ…正にオールドスクールさ」

 

続いては、既存のアルバムながらも、変更点がある"TOTO"、"Kingdom Of Desire"、"Tambu"、"TOTO XX: 1977-1997"、"Mindfields"の5枚のアルバムについて。

■ TOTO (1978)
デビューアルバムの「TOTO (邦題:宇宙の騎士)」に関しては、"You Are the Flower"と"Angela"の2曲がオリジナルとは異なるヴァージョンで収録されています。具体的には"You Are the Flower"はエンディングのパートが30秒近く長くなっており、"Angela"もオリジナルに比べてエンディングのパートが1分近く長くなっています。

自分の場合、最初に聴いたときは"You Are the Flower"では違いに気付かず、最後の"Angela"で「あれっ?終わらない」と違いに気付き、もしかしたら他にも違う曲があるのではないかと思って収録時間をチェックしたら"You Are the Flower"もオリジナルとは違うことが分かったという次第。いや、ほんと最初はビックリしましたね。

■ Kingdom Of Desire (1992)
アルバム完成直後(リリース直前)にジェフ・ポーカロが死去したことから、ジェフ・ポーカロの遺作ともなってしまったこの「Kingdom Of Desire (邦題:欲望の王国)」に関しては、セカンドプレス以降はカットされたままになっていた"Kick Down the Walls"が再び取り上げられて収録されています。

■ Tambu (1995)
オリジナルでは12曲だった収録曲が、日本盤のみのボーナストラックだった"Blackeye"を加えた13曲となっています。

■ TOTO XX: 1977-1997 (1998)
デビュー20周年を記念してリリースされた未発表曲を中心とした企画アルバムで、オリジナルでは全13曲が収録されていたものの、ここでは後半に収録されていた4曲のライヴ音源の中から"On the Run"と"Dave's Gone Skiing"の2曲をカットした11曲が収録されています。

■ Mindfields (1999)
ボビー・キンボールが復帰したアルバム「Mindfields (邦題:マインドフィールズ)」に関しては、1999年のリリース時点で既にEU盤及び日本盤(ボーナス・トラック付き)とUS盤では曲順に違いがありましたが、このボックスセットに収録されているアルバムはUS盤をベースにした曲順ながらも若干変更されてます。

これが単なる曲順変更なら自分で曲順を変更すればいいので、さして問題ないものの、この曲順だと、クロスフェードで繋げられている曲を含めて曲順が異なっているので、個人的にはちょっと違和感があるところではあります。

と言うのも、日本盤とEU盤では1曲目に収録されている"After You've Gone"は次の曲の"Mysterious Ways"とクロスフェードで繋がっていた(US盤では3曲目と4曲目で繋がっていた)のが、ここでは"After You've Gone"が次の曲と繋がることなく12曲目に単独で収録されており、曲自体もクロスフェードする直前で半ば強引にカットされて終了しているんですよね。

それに、どうも"Cruel"は1曲目といった感じではないんでね。まぁ、一般受けとか親しみやすさという点では"Cruel"の方なんでしょうが、個人的にはやっぱり"After You've Gone"が1曲目の方がアルバムの幕開けといった感じでしっくりしますね。

ちなみに、1999年にリリースされた当時の曲順は以下の通り。

[US盤]
1 Cruel / 2 Caught In The Balance / 3 After You've Gone / 4 Mysterieus ways / 5 Last Love / 6 Mindfields / 7 Selfish / 8 No Love / 9 High Price Of Hate / 10 Mad About You / 11 Melanie / 12 One Road / 13 Beter World (Parts I, II & III) / 14 Spanish Steps

[EU盤]
1 After You've Gone / 2 Mysterious Ways / 3 Mindfields / 4 High Price Of Hate / 5 Selfish / 6 No Love / 7 Caught In The Balance / 8 Last Love / 9 Mad About You / 10 One Road / 11 Melanie / 12 Cruel / 13 Better World (Parts I, II & III)

[日本盤]
1 After You've Gone / 2 Mysterious Ways / 3 Mindfields / 4 High Price Of Hate / 5 Selfish / 6 No Love / 7 Caught In The Balance / 8 Last Love / 9 Mad About You / 10 One Road / 11 Melanie / 12 Cruel / 13 Better World (Parts I, II & III) / 14 Spanish Steps Of Rome (Bonus Track)

 

TRACK LIST (13 Albums)

▼ CD 1: TOTO (1978)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-1: TOTO) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-1: TOTO) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-1: TOTO) / TOTO

1. Child's Anthem / 2. I'll Supply The Love / 3. Georgy Porgy / 4. Manuela Run / 5. You Are The Flower / 6. Girl Goodbye / 7. Takin' It Back / 8. Rockmaker / 9. Hold The Line / 10. Angela

▼ TOTO - Hold The Line
https://www.youtube.com/watch?v=htgr3pvBr-I

 

▼ CD 2: HYDRA (1979)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-2: Hydra) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-2: Hydra) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-2: Hydra) / TOTO

1. Hydra / 2. St. George And The Dragon / 3. 99 / 4. Lorraine / 5. All Us Boys / 6. Mama / 7. White Sister / 8. A Secret Love

▼ TOTO - St. George and the Dragon
https://www.youtube.com/watch?v=VGQ-XIg4c-4

 

▼ CD 3: LIVE IN TOKYO 1980 (2019)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-3: Live In Tokyo 1980) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-3: Live In Tokyo 1980) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-3: Live In Tokyo 1980) / TOTO

1. St. George And The Dragon / 2. Mama / 3. Tale Of A Man / 4. White Sister / 5. Runaway

 

▼ CD 4: TURN BACK (1981)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-4: Turn Back) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-4: Turn Back) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-4: Turn Back) / TOTO

1. Gift With A Golden Gun / 2. English Eyes / 3. Live For Today / 4. Million Miles Away / 5. Goodbye Elenore / 6. I Think I Could Stand You Forever / 7. Turn Back / 8. If It's The Last Night

▼ TOTO - Goodbye Elenore
https://www.youtube.com/watch?v=J6-2jpl0qZs

 

▼ CD 5: TOTO IV (1982)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-5: TOTO IV) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-5: TOTO IV) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-5: TOTO IV) / TOTO

1. Rosanna / 2. Make Believe / 3. I Won't Hold You Back / 4. Good For You / 5. It's A Feeling / 6. Afraid Of Love / 7. Lovers In The Night / 8. We Made It / 9. Waiting For Your Love / 10. Africa

▼ TOTO - Rosanna
https://www.youtube.com/watch?v=qmOLtTGvsbM

 

▼ CD 6: ISOLATION (1984)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-6: Isolation) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-6: Isolation) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-6: Isolation) / TOTO

1. Carmen / 2. Lion / 3. Stranger In Town / 4. Angel Don't Cry / 5. How Does It Feel / 6. Endless / 7. Isolation / 8. Mr. Friendly / 9. Change Of Heart / 10. Holyanna

▼ TOTO - Stranger in Town
https://www.youtube.com/watch?v=mt7DUHvrDZo

 

▼ CD 7: FAHRENHEIT (1986)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-7: Fahrenheit) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-7: Fahrenheit) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-7: Fahrenheit) / TOTO

1. Till The End / 2. We Can Make It Tonight / 3. Without Your Love / 4. Can't Stand It Any Longer / 5. I'll Be Over You / 6. Fahrenheit / 7. Somewhere Tonight / 8. Could This Be Love / 9. Lea / 10. Don't Stop Me Now

▼ TOTO - I'll Be Over You
https://www.youtube.com/watch?v=OkC-XA8pfS8

 

▼ CD 8: THE SEVENTH ONE (1988)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-8: The Seventh One) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-8: The Seventh One) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-8: The Seventh One) / TOTO

1. Pamela / 2. You Got Me / 3. Anna / 4. Stop Loving You / 5. Mushanga / 6. Stay Away / 7. Straight For The Heart / 8. Only The Children / 9. A Thousand Years / 10. These Chains / 11. Home Of The Brave

▼ TOTO - Pamela
https://www.youtube.com/watch?v=BnCF93vjE3w

 

▼ CD 9: KINGDOM OF DESIRE (1992)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-9: Kingdom Of Desire) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-9: Kingdom Of Desire) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-9: Kingdom Of Desire) / TOTO

1. Gypsy Train / 2. Don't Chain My Heart / 3. Never Enough / 4. How Many Times / 5. 2 Hearts / 6. Wings Of Time / 7. She Knows The Devil / 8. The Other Side / 9. Kick Down The Walls / 10. Only You / 11. Kingdom Of Desire / 12. Jake To The Bone

▼ TOTO - Don't Chain My Heart
https://www.youtube.com/watch?v=iXiQGXhHLOM

 

▼ CD 10: TAMBU (1995)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-10: Tambu) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-10: Tambu) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-10: Tambu) / TOTO

1. Gift Of Faith / 2. I Will Remember / 3. Slipped Away / 4. If You Belong To Me / 5. Baby He's Your Man / 6. The Other End Of Time / 7. The Turning Point / 8. Time Is The Enemy / 9. Drag Him To The Roof / 10. Just Can't Get To You / 11. Dave's Gone Skiing / 12. The Road Goes On / 13. Blackeye

▼ TOTO - I Will Remember
https://www.youtube.com/watch?v=_Y2qfmjCmCw

 

▼ CD 11: TOTO XX: 1977-1997 (1998)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-11: TOTO XX: 1977-1997) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-11: TOTO XX: 1977-1997) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-11: TOTO XX: 1977-1997) / TOTO

1. Goin' Home / 2. Tale Of A Man / 3. Last Night / 4. In A Word / 5. Modern Eyes / 6. Right Part Of Me / 7. Mrs. Johnson / 8. Miss Sun / 9. Love Is A Man's World / 10. Baba Mnumzane [Live] / 11. Africa [Live]

▼ TOTO - Miss Sun
https://www.youtube.com/watch?v=K1U_o9vHXXo

 

▼ CD 12: MINDFIELDS (1999)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-12: Mindfields) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-12: Mindfields) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-12: Mindfields) / TOTO

1. Cruel / 2. Mysterious Ways / 3. Mindfields / 4. High Price Of Hate / 5. Selfish / 6. No Love / 7. Caught In The Balance / 8. Last Love / 9. Mad About You / 10. One Road / 11. Melanie / 12. After You've Gone / 13. Better World (Parts I, II & III) / 14. Spanish Steps

▼ TOTO - After You've Gone
https://www.youtube.com/watch?v=wQThWD6OEgo

 

▼ CD 13: OLD IS NEW (2019)

Album Cover (front): All In 1978-2018 (CD-13: Old Is New) / TOTO   Album Cover (back): All In 1978-2018 (CD-13: Old Is New) / TOTO   CD: All In 1978-2018 (CD-13: Old Is New) / TOTO

1. Alone / 2. Devil's Tower / 3. Fearful Heart / 4. Spanish Sea / 5. In A Little While / 6. Chelsea / 7. Chase The Rain / 8. Oh Why / 9. Struck By Lightning / 10. We'll Keep On Running (What So Not & TOTO Feat. Skrillex)

▼ TOTO - Chelsea
https://www.youtube.com/watch?v=NkgVsJdrfJQ

▼ TOTO - Oh Why
https://www.youtube.com/watch?v=QgSOIOmbb00

▼ TOTO - In A Little While
https://www.youtube.com/watch?v=-iBA3_AY4IU

 

NOTES

• 13CD BOX SET
• Includes 11 remastered studio albums + "Live In Tokyo 1980" & "Old Is New" (New studio album)
• 紙ジャケット仕様("Hydra"のみ見開きタイプ)
• 2017年デジタル・リマスター
• Label: Columbia / Legacy / Sony Music
• Made in the EU (Import)
• 24ページのブックレット付

 

[おまけ]

▼ TOTO メドレー 1 / 佐藤奏(13歳 中学生ドラマー)
https://www.youtube.com/watch?v=gchN2R5MGS8

▼ TOTO メドレー 2 / 佐藤奏(13歳 中学生ドラマー)
https://www.youtube.com/watch?v=pcQzpPY5TqM

▼ 大高清美(org) まきやまはる菜(b) 佐藤奏(d) ※ 約5分後から始まります
https://www.youtube.com/watch?v=GB0ipLhilRY

(記:2020年12月)


    DUE IMPRESSIONE - AVE MARIA REMIX (1995) & AIR (1996) / SLAVA

CDの帯:デュエ・インプレシオーネ -アヴェ・マリア・リミックス- / スラヴァ

Album Cover (front): due impressione - ave maria remix / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley)  Album Cover (back): due impressione - ave maria remix / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley)  CD: due impressione - ave maria remix / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley)

CDのシングル類については、どうしても欲しいという音源がシングルでしか手に入らないという場合に限って買うときがある程度で、数としてはそう多くは持っていないのですが、今回はそんな数少ない手持ちのCDシングル中から、スラヴァのマキシ・シングル2枚をご紹介。

ちなみに、スラヴァ(Vyatcheslav Kagan-Paley / ヴィチスラフ・カガン=パレイ)はベラルーシ出身(現在はイスラエル国籍を取得)のクラシックのカウンターテナー歌手で、既存のクラシックのスタイルには囚われることなく、シンセサイザーを大胆に導入したアルバム「ave maria / アヴェ・マリア」が日本でも大きな反響を呼び、クラシックとしては異例の30万枚を超える大ヒットを記録。又、翌1996年にリリースされた次作の「Vocalise / ヴォカリーズ」も売上実績を基準に選考される日本ゴールドディスク大賞に於いてアルバム賞(クラシック部門)を受賞しています。

CD Case (front): due impressione - ave maria remix / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley) due impressione - ave maria remix / デュエ・インプレシオーネ −アヴェ・マリア・リミックス− (来日記念盤 / マキシ・シングル)

ということで、まずは1995年の来日公演を記念してリリースされたマキシ・シングル「due impressione / デュエ・インプレシオーネ -アヴェ・マリア・リミックス-」から。

このマキシ・シングルは、1994年にイギリスでリリース(日本では1995年11月22日にリリース)されたスラヴァのアルバム"ave maria"の中から新たにリミックスした5曲を収録したもので、自分の場合は、先に購入したそのアルバムを結構気に入って聴いていたことから、このリミックスされたシングルを見つけた時も迷わず購入したようなところがありました。

▼ Slava - Ave Maria: Bach-Ch.Gounod (Santa Bullet Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=3t0fSugNnBk

▼ Slava - Ave Maria: Caccini (Match Girl Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=XUfHL27B0_k

CDの帯(裏面側):デュエ・インプレシオーネ -アヴェ・マリア・リミックス- / スラヴァ TRACK LIST
1. Ave Maria - Bach Ch.Gounod (Santa Bullet Mix)
2. Ave Maria - Schubert (Sonny's Merry Christmas Mix)
3. Ave Maria - Caccini (Match Girl Mix)
4. Ave Maria - Mozart (Sonic Immigration Mix)
5. Ave Maria Love - Bach (Angel Mix)

※ 曲名の日本語表記は無し

NOTES
• マキシ・シングル(来日記念盤)
• 品番:VICP-15056
• 発売日:1995/12/16
• スリム・ケース (Slim Jewel Case)
• 2つ折りジャケット (4 Page Insert)


CDの帯:G線上のアリア / スラヴァ

CD Case (front cover): Air / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley)   CD Case (inside): Air / Slava (Vyatcheslav Kagan-Paley)

Air / G線上のアリア(マキシ・シングル)

そして、こちらは1996年にリリースされたアルバム"Vocalise"からのシングル「 G線上のアリア」に加えて、アルバムには未収録の「パッヘルベルのカノン」が別ミックスで2曲収録されたマキシ・シングル「Air / G線上のアリア」。

まぁ、こういったシングルまで見つけて購入していたということは、当時はCDショップに立ち寄った際にはスラヴァもしっかりチェックしてたということなんでしょうが、思い起こしてみると、スラヴァの声で奏でる「G線上のアリア」と「パッヘルベルのカノン」を聴いてみたいとの好奇心も然ることながら、アヴェ・マリアばかりのスラヴァのオリジナル・ベスト(カセットテープ)に彩を添えたい(笑)との思いもあって購入したことは何となく記憶の片隅に残っていますね。

▼ Slava - Air on the G String (J Bach)
https://www.youtube.com/watch?v=wN0T4E9uDTI

TRACK LIST
1. Air On The G String - Choir A Capella (J S Bach) / G線上のアリア -Choir A Capella- (バッハ)
2. Canon - Nonno Mix (J Pachelbel) / カノン -Nonno Mix- (パッヘルベル)
3. Canon - Pao Mix (J Pachelbel) / カノン -Pao Mix- (パッヘルベル)

NOTES
• マキシ・シングル
• 品番:VICP-12012
• 発売日:1996/11/7
• スリム・ケース (Slim Jewel Case)
• 2つ折りジャケット (4 Page Insert)

(記:2020年12月)


    KILLERS 「キッス・キラーズ」 / KISS (1982)

CDの帯:キッス・キラーズ / KISS

Album Cover (front): Killers / KISS   Album Cover (back): Killers / KISS   CD: Killers / KISS

「Killers / キッス・キラーズ」はアメリカ以外の国でリリースされた4曲の新曲を含むキッスのベストアルバムで、日本版LPには「Escape From The Island / 激烈! 大脱走」と「Shandi / シャンディ」の2曲が追加で収録されていました。

そして、ここで紹介するのは、2020年に再発された日本版CDで、以下のような仕様となっています。

■ ハイレゾCD (MQA-CD+UHQCD) 仕様。
■ 国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2020年DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録。
■ グリーン・カラー・レーベルコート。
■ 日本盤初回LPをミニチュア再現した紙ジャケット(初紙ジャケット化)+日本盤初回LPの意匠を再現した帯。
■ 当時の日本盤LP「3大予約特典」の中から、オール・カラー・ポートレート+シルバー・ステッカーを復刻。

※ ハイレゾCDは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※ MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。
※ マスタリングにおいて、基本的にイコライジングやコンプレッションなどの処理はしておりません。かつてLPで聴いたような、柔らかでダイナミック・レンジ豊かなサウンドをお楽しみください。

CD: Killers / KISS

なお、新曲の4曲以外でも、いくつかの曲ではアルバムとは違うヴァージョンが収録されているので、

なお、新曲の4曲以外でも、いくつかの曲ではアルバムとは違うヴァージョンが収録されています。

■ Shout It Out Loud / 狂気の叫び
アルバム・ヴァージョンでは左右に分かれていたギターが中央のチャンネルに寄せられている冒頭のイントロ部分を聴いても直ぐに分かるように、ここに収録されているヴァージョンは、その冒頭のギターのみならず、定位が分かれていたポールとジーンのヴォーカル・パートも全て中央に寄せられ、曲の最後もフェードアウトで終わるシングル・ミックスが収録されています。

■ Detroit Rock City / デトロイト・ロック・シティ
アルバム・ヴァージョンのイントロ部分と、次の曲とクロスフェードしているエンディングの効果音の部分をカットしたこのアルバムだけのエディット・ヴァージョンが収録されています。

■ God Of Thunder / 雷神
イントロの子供の声がカットされており、直ぐに演奏が始まるこのアルバムだけのリミックス・ヴァージョンが収録されています。

■ I Was Made For Loving You / ラヴィン・ユー・ベイビー
恐らくはシングル・ミックスと同一のヴァージョンではないかと思うのですが、曲の所々が短くカットされているエディット・ヴァージョン収録されています。

■ Rock And Roll All Nite (Live Version) / ロックン・ロール・オール・ナイト(ライヴ)
シングルとしてもリリースされた「KISS Alive / 地獄の狂獣/キッス・ライヴ 」の音源が収録されています。

ちなみに、日本盤の"Killers"にだけ収録されている「Escape From The Island / 激烈! 大脱走」については、日本盤LPの「Music from The Elder / 魔界大決戦」では収録曲から外されていた(日本ではその後に"Music from The Elder"からのセカンド・シングル「The Oath / 炎の誓い」のB面に収録された)ことから、日本に於いては初のアルバム収録となった曲でもありました。

▼ 6P オール・カラー・ポートレート

CD: Killers / KISS   CD: Killers / KISS   CD: Killers / KISS

CD: Killers / KISS   CD: Killers / KISS   CD: Killers / KISS

▼ KISS - I'm A Legend Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=yuinLqnvP1w

▼ KISS - Nowhere To Run
https://www.youtube.com/watch?v=tvpL5CQOWWQ

▼ シングル盤のジャケット(I'm A Legend Tonight / 伝説の魔人) (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Kiss-Im-A-Legend-Tonight/release/6111294#images/14557802

TRACK LIST (Japan Edition)
1. I'm A Legend Tonight / 伝説の魔人
2. Down On Your Knees / 闇への祈り
3. Cold Gin / コールド・ジン
4. Love Gun / ラヴ・ガン
5. Shout It Out Loud (7" Mix) / 狂気の叫び(7インチ・ミックス)
6. Escape From The Island / 激烈! 大脱走
7. Sure Know Something / シュア・ノウ・サムシング
8. Nowhere To Run / 絶体絶命
9. Partners In Crime / 悪魔のパートナー
10. Detroit Rock City (Edited Version) / デトロイト・ロック・シティ(エディット・ヴァージョン)
11. God Of Thunder (1982 Remix) / 雷神(1982リミックス)
12. I Was Made For Loving You (Edited Version) / ラヴィン・ユー・ベイビー(エディット・ヴァージョン)
13. Shandi / シャンディ
14. Rock And Roll All Nite (Live Version) / ロックン・ロール・オール・ナイト(ライヴ)

※ 6曲目の"Escape From The Island"と13曲目の"Shandi"は日本独自の選曲。
※ 14曲目の"Rock And Roll All Nite"は"KISS Alive!"の音源

CD: Killers / KISS NOTES
• ハイレゾCD (MQA-CD+UHQCD) 仕様
• 国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2020年DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録(ハイレゾ未配信音源)
• グリーン・カラー・レーベルコート
• 紙ジャケット仕様(初紙ジャケット化)
• 日本初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット+6Pポートレート+ステッカー
• 日本初回盤LPの意匠を再現した帯
• 解説・歌詞・対訳付
• 品番:UICY-40317
• CD発売日:2020年8月26日(再発限定盤)

(記:2021年1月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているものであり、アートワークやデザイン等に関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 42 Navigation Notebook   Navigation   
Jihiro's Gait: website of Jihiro / since 2003