Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 4
01. MADE IN HEAVEN 「メイド・イン・ヘヴン」 / QUEEN (1995)
02. WALKING WILD / NEW ENGLAND (1981)
03. E.L.O. PART TWO 「銀河の探索者」 / E.L.O. PART TWO (1991)
04. ADOLESCENT SEX 「果てしなき反抗」 / JAPAN (1978)
05. ESCAPE 「エスケイプ」 / JOURNEY (1981)
06. HOTEL CALIFORNIA 「ホテル・カリフォルニア」 / EAGLES (1976)
07. TIME 「タイム〜時へのパスポート」 / E.L.O. (1981)
08. SECRET MESSAGES / E.L.O. (1983)
09. BRIGADE / HEART (1990)
10. INFINITY 「無限との遭遇(インフィニティ)」 / JOURNEY (1978)
    MADE IN HEAVEN 「メイド・イン・ヘヴン」 / QUEEN (1995)

CDの帯(初回プレス盤):メイド・イン・ヘヴン / クイーン

Album Cover (Front): Made in Heaven / Queen  Album Cover (Back): Made in Heaven / Queen  CD: Made in Heaven / Queen

かねてから噂のあった、生前フレディが残した未発表音源と、既存の音源に残りのメンバーが手を加えて制作されたラストアルバム?がこの「Made in Heaven / メイド・イン・ヘヴン」で、フレディの死を商売にはしたくないとのメンバーの意向から、フレディの死から約4年の歳月を経て発売されました。

アルバム全体を通して聴いてみると、既存音源に手を加えたアルバムにありがちな継ぎ接ぎ感は全く感じられず、"Innuendo"に続く作品としてかなり入念に制作されたことが伺われます。又、過去にリリースされたフレディのソロ、"Mr.Bad Guy"から選出された"Made in Heaven"と"I Was Born to Love You"の2曲も、聴いた限りではフレディのパート以外のトラックは全て録り直しがされているようで、フレディのヴォーカルには、やはりブライアンのギターが合うなとあらためて実感。かつてフレディが口にしていた「グループだからいいんだよ」という言葉がふと頭をよぎります。

Slipcase: Made in Heaven / Queen  Slipcase+Jewel Case: Made in Heaven / Queen  スリップケース+スペシャル・ブックレット付き初回盤:Made in Heaven / Queen

それ以外にも、このアルバム"Made in Heaven"ではブライアンのギターが楽曲をより魅力的で素晴らしいものにしていると感じさせられる部分が随所にあって、恐らくは、アレンジメントなど多くの部分に於いて、ブライアン主導で制作が進められたのではないかと思われれます。

個人的には、素晴らしいアレンジで甦ったタイトルトラックの"Made in Heaven"をファーストシングルにしてもよかったんじゃないかとか、"Let Me Live"はかつての"Somebody to Love"のようにメンバーの多重録音によるコーラスであったならと思う部分もありますが、"Queen"名義でリリースするに相応しいクオリティーを持ったアルバムだと思います。フレディ亡き後、これだけの作品を発表してくれたことに感謝。なお、初回版は特製パッケージ仕様で、通常のブックレットに加え、40ページのオールカラー・スペシャル・ブックレットが付いていました。

本国のイギリスでは、"Heaven for Everyone"(英2位)、"A Winters Tale"(英6位)、"Too Much Love Will Kill You"(英15位)、"Let Me Live"(英9位)、"You Don't Fool Me"(英17位)と、5曲もがシングルカットされ、アルバムは全英チャートで1位 (4x Platinum Awards)を記録しています。

▼ オールカラー40P・スペシャル・ブックレット

Special Booklet: Made in Heaven / Queen   Special Booklet: Made in Heaven / Queen

なお、曲目の表記は11曲になっていますが、アルバムには12曲目と13曲目が曲名表記の無い隠しトラックのようなかたちで収録されています。ただし、これらは曲といったものではなく、12曲目は11曲目の"It's a Beautiful Day (Reprise)"の最後でフレディが"Yeah"と歌う4秒間の部分だけをトラック割りして別トラックとしたもので、13曲目は"It's a Beautiful Day"と"It's a Beautiful Day (Reprise)"のイントロ部分を拡張した効果音といった感じのもの。ちなみに、その13曲目は約22分30秒という長さで、後半部分ではフレディの声がサンプリングして使われています。

TRACK LIST
1. It's a Beautiful Day / 2. Made in Heaven / 3. Let Me Live / 4. Mother Love / 5. My Life Has Been Saved / 6. I Was Born to Love You / 7. Heaven for Everyone / 8. Too Much Love Will Kill You / 9. You Don't Fool Me / 10. Winter's Tale / 11. It's a Beautiful Day (Reprise)

1. イッツ・ア・ビューティフル・デイ / 2. メイド・イン・ヘヴン / 3. レット・ミー・リヴ / 4. マザー・ラヴ / 5. マイ・ライフ・ハズ・ビーン・セイヴド / 6. アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー / 7. ヘブン・フォー・エヴリワン / 8. トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー / 9. ユー・ドント・フール・ミー / 10. ウィンターズ・テイル / 11. イッツ・ア・ビューティフル・デイ(リプライズ)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• スリップケース & 通常ブックレット + オールカラー40P・スペシャル・ブックレット付き(初回盤限定)
• 解説・歌詞・対訳付




■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: Made In Heaven

Disc 2: Made In Heaven - Bonus EP
1. Heaven For Everyone [Single Version]
2. It's A Beautiful Day [B-Side Version]
3. My Life Has Been Saved [1989 B-Side Version]
4. I Was Born To Love You [Vocal & Piano Version]
5. Rock In Rio Blues [Live B-Side]
6. A Winter's Tale [Cozy Fireside Mix]

Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  Made in Heaven (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

▼ Queen - Made In Heaven - (Official Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=171skzi5BKc

(記:2004年1月 / 更新:2017年9月)


    WALKING WILD / NEW ENGLAND (1981)

CDの帯(世界初CD化盤):ウォーキング・ワイルド / ニュー・イングランド

Album Cover (front): Walking Wild / New England
ニュー・イングランドの事実上のラスト・アルバムとなったのが、この「Walking Wild / ウォーキング・ワイルド」です。前作"Explorer Suite"が売れなかったことが、このアルバムの方向性に少なからず影響を及ぼしたと思われます。

結局、このアルバム"Walking Wild"は日本では発売すらされませんでしたが、私はといえば、当時は幸運にも輸入盤(レコード)で手に入れることができたんですよね。ただ、"Love's Up in the Air"、"Get it Up"、"L5"、"You're There"といった"New England"ならではのメロディックな楽曲は好きで良く聴いていたものの、全体的にストレートでコンパクトにまとめられた印象があり、更には軽いドラムの音とピコピコ・キラキラなシンセ音にも少なからず違和感がありましたね。買った当時は期待が大きかった事もあってか、多少がっかりしたことを覚えています(ジャケットデザインもブートレッグじゃないかと思う位のチャチさで、いかにも予算をつけませんでしたといった感じ)。

恐らくは、いくら自分たちが納得したアルバムを制作しようとも、それがセールスに繋がらなければ、レコード会社のサポートも受けられず、バンドの存続さえ危うい状況になってしまうということをメンバー自身も身にしみて感じていたのではないかと推測するのですが、この"Walking Wild"は、そんなメンバーの葛藤が渦巻く中で、ある種の決断を伴って生まれたものではなかったのかと私自身は考えています。まぁ、肉を切らせて骨を断つじゃないですが、アルバムがリリースされないことには自分たちらしさもへったくれも無いですからね。

しかしながら、そんな路線変更を決断したメンバーの思いとは裏腹に、前作が売れなかったこともあってか、大したプロモーションもされずにリリースされたアルバムだったようで、結果的には売れなかった前作以上に売れなかったようです。

Album Cover (back): Walking Wild / New England

Album Cover (back): Walking Wild / New England 収録曲については、楽曲単体で見ればそれほど悪くもないと思うのですが、前作のような大作が無いというのが、やはり痛いですね。要所を締める尺長の曲が無い所為で、アルバムとしてはやや小じんまりとした印象になってしまいます。それにどうも好きになれなかった前作での"Livin' In The Eighties"に見られるポップ感覚が、残念ながらこのアルバムに於いても継承されている印象で、その点が個人的にアルバムの評価を落としている要因のひとつでもあります。ちなみに、そのどうも好きになれないポップ感覚が継承されている曲というのは"DDT"と"Elevator"の2曲なのですが、この2曲は買った当時から毎回飛ばして聴いてた程に苦手でしたね。

ただ、色々と不満は述べても、こうしてCDも買っており、このアルバムに含まれる数曲は今でも時折聴いているので、このアルバムが嫌いという訳ではありません。というか、多少不満はあっても、今となってはこのアルバムがリリースされて良かったと思います。当初は気付かなかった"New England"の息吹を今だからこそ感じられたりもしますしね。

そして、"New England"はといえば、この"Walking Wild"をリリース後は、新たにアルバムを発表することもなく、'83年にバンドは解散。キーボードのジミー・ウォルドーとベースのゲイリー・シェアは、グラハム・ボネット率いるアルカトラスにイングヴェイ・マルムスティーンらと共に加入しました。そういえば、そのアルカトラスのファーストシングルで、ファーストアルバム1曲目に収録されている"Island in the Sun"が、とっても"New England"ぽくて、当時はそのことが何となく嬉しかったですね。

▼ New England - Love's Up In The Air
https://www.youtube.com/watch?v=W44E9BoLfT0

▼ New England - L-5
https://www.youtube.com/watch?v=zrwb5LuFChY

▼ New England - You're There
https://www.youtube.com/watch?v=QKZBX_Xtcms

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

TRACK LIST
1. Walking Wild / 2. Holdin' Out On Me / 3. Don't Ever Let Me Go / 4. Love's Up In The Air / 5. DDT / 6. Get It Up / 7. L-5 / 8. She's Gonna Tear You Apart / 9. Elevator / 10. You're There

1. ウォーキング・ワイルド / 2. ホールディン・アウト・オン・ミー / 3. ドント・エヴァー・レット・ミー・ゴー / 4. ラヴズ・アップ・イン・ジ・エアー / 5. DDT / 6. ゲット・イット・アップ / 7. L-5 / 8. シーズ・ゴナ・ティアー・ユー・アパート / 9. エレヴェイター / 10. ユアー・ゼアー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年1月 / 更新:2016年7月)


    E.L.O. PART TWO 「銀河の探索者」 / E.L.O. PART TWO (1991)

CDの帯(初回プレス盤):銀河の探索者 / E.L.O. Part II

Album Cover (front): E.L.O. Part Two / E.L.O. Part Two
"E.L.O."が中心人物のジェフ・リン抜きで復活するようだとのニュースは以前からあったものの、全盛期のほぼ全ての曲のコンポーザーであったジェフ・リン抜きではなぁと、正直言ってあまり期待はしていませんでした。

そんな復活話し自体も半信半疑でいた中、突如届けられたのが、"E.L.O."としてではなく、"E.L.O. Part Two"という名義でリリースされたこのアルバムでした。

サウンドについて言えば、"Eldorado"以降の"E.L.O."と比べると、幾分ハードロック寄りで、全体のサウンド・アプローチもハードポップ色漂う感じですが、ポップという部分ではジェフ・リンが生み出す感覚とは多少違う印象があるので、"E.L.O."サウンドを期待して聴くと、多少肩透かしを食らうかも知れません。それでも、ストリングスが大々的に使われているという点では、ストリングスの比重が減った"Discovery"以降の"E.L.O."よりも、むしろ「エレクトリック・ライト・オーケストラ」というグループ名には相応しい気はします。

収められた楽曲については、あまり期待していなかった当初の予想に反して、ポップで親しみ易い曲が数多く収められていたことには正直驚きましたね。"Once Upon a Time"のような"Part Two"ならではの優れたブリットポップが聴けたことも嬉しかったですし、できれば"E.L.O."を意識せず、先入観無しに全くの別バンドと思って聴いた方が、このアルバムの良さを見つけられるかもしれません。実は、けっこう好きなアルバムなんですよ、コレ。

Album Cover (back): E.L.O. Part Two / E.L.O. Part Two   CD Case (Back Cover): E.L.O. Part Two / E.L.O. Part Two

▼ ELO Part 2 - Honest Men (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=XOMiufjH43I

▼ ELO Part 2 - Thousand Eyes
https://www.youtube.com/watch?v=zohuHOvFlbw

▼ ELO Part 2 - Once Upon a Time
https://www.youtube.com/watch?v=QKZBX_Xtcms

▼ ELO Part 2 - For the Love of a Woman
https://www.youtube.com/watch?v=do5kEFcuGmA

▼ ELO Part 2 - Kiss me Red
https://www.youtube.com/watch?v=06cvZ_gt7yE

▼ ELO Part 2 - Every Night
https://www.youtube.com/watch?v=Q4YjHajSmK0

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA PART TWO - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion, Backing Vocals
• Peter Haycock (ピート・ヘイコック) - Guitars, Bass, Lead and Backing Vocals (Lead Vocals: Tracks 4, 10)
• Eric Troyer (エリック・トロイヤー) - Keyboards, Lead and Backing Vocals (Lead Vocals: Tracks 1, 2, 6, 7, 9)
• Neil Lockwood (ニール・ロックウッド) - Lead and Backing Vocals (Lead Vocals: Tracks 3, 5, 8)

TRACK LIST
1. Hello / 2. Honest Men / 3. Every Night / 4. Once Upon A Time / 5. Heartbreaker / 6. Thousand Eyes / 7. For The Love Of A Woman / 8. Kiss Me Red / 9. Heart Of Hearts / 10. Easy Street

1. ハロー / 2. レッド・アラート / 3. エヴリ・ナイト / 4. ワンス・アポン・ア・タイム / 5. ハートブレイカー / 6. サウザンド・アイズ / 7. フォー・ザ・ラヴ・オブ・ア・ウーマン / 8. キス・ミー・レッド / 9. ハート・オブ・ハーツ / 10. イージー・ストリート

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年1月 / 更新:2016年7月)


    ADOLESCENT SEX 「果てしなき反抗」 / JAPAN (1978)

CDの帯:果てしなき反抗 / Japan

Album Cover (front): Adolescent Sex / Japan
本国のイギリスではチャートに登場することはなかったものの、日本ではビジュアルイメージも手伝って、オリコンチャートで20位を記録するなど、大きな話題となったのが、この"Japan"の記念すべきデビューアルバム「Adolescent Sex / 果てしなき反抗」です。

晩年は個性的なビート感漂うキーボード主体の洗練されたサウンドに変貌していくのですが、ここでのサウンドは全体的にギターのリフが支配している印象があります。まだ自分達の方向性を完全には導きだしていない為からか、様々なジャンルの音を模索しているかのような混沌とした雰囲気が全体を通して漂っていますが、しかし、それが又、このアルバムの魅力でもあり、特色にもなっている感じです。

後にデビッド・シルビアンは、このアルバムを含めた初期の2作を、自ら「青春のゴミ」などと言っていましたが、いやいやどうして、初期の何とも言えないこの妖しく毒々しいサイケデリックなグラム・ファンク的雰囲気もまた魅惑的でカッコイイのです。彼らの音楽がロックと言えるかどうかは別としても、巷に溢れる名ばかりのロックバンドに比べたら遥かにハードでヘヴィーな印象がありますね。このアルバムの毒性に侵されてしまうと、けっこう病み付きになります。

▼ JAPAN - Adolescent Sex (果てしなき反抗)
https://www.youtube.com/watch?v=zLhF2ptc3fI

▼ JAPAN - Don't Rain On My Parade (パレードに雨を降らせないで)
https://www.youtube.com/watch?v=2JcSyogpYxc

▼ JAPAN - Communist China (コミュニスト・チャイナ)
https://www.youtube.com/watch?v=4SrCMpP9H0g

JAPAN - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
David Sylvian (デヴィッド・シルヴィアン) - Lead Vocals + Secound Guitar
Mick Karn (ミック・カーン) - Bass Guitars + Vocals
Steve Jansen (スティーヴ・ジャンセン) - Drums, Vocals + Percussion
Richard Barbieri (リチャード・バルビエリ) - Keyboards + Vocals
Rob Dean (ロブ・ディーン) - Lead Guitar + Vocals

Album Cover (back): Adolescent Sex / Japan TRACK LIST
1. Transmission / 2. The Unconventional / 3. Wish You Were Black / 4. Performance / 5. Lovers On Main Street / 6. Don't Rain On My Parade / 7. Suburban Love / 8. Adolescent Sex / 9. Communist China / 10. Television

1. 魅惑への招待 / 2. 奇しい絆 / 3. 黒人ならば / 4. 美しき愛欲 / 5. 表通りの愛人達 / 6. パレードに雨を降らせないで / 7. 愛の回転木馬 / 8. 果てしなき反抗 / 9. コミュニスト・チャイナ / 10. 誘惑スクリーン

NOTES
• CD発売日:1995年03月24日
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年1月 / 更新:2015年7月)


    ESCAPE 「エスケイプ」 / JOURNEY (1981)

Album Cover (front and back): Escape / Journey
このジャーニーのアルバム「Escape / エスケイプ」は、全米2位のヒットを記録した"Open Arms"(後にマライヤ・キャリーがカヴァー)をはじめ、"Who's Crying Now"(米4位)、"Don't Stop Believin'"(米9位)、"Still They Ride"(米19位)の他、"Stone in Love"、"Mother, Father"など魅力的な楽曲が数多く詰め込まれた、正に名盤と呼ぶに相応しいアルバムで、ビルボード・チャートでは見事1位を記録し、2007年までにアメリカ国内だけで900万枚のセールスを記録しています。

この"Escape"がリリースされた当時の私は愛知県民だったので、幸運にも「エスケイプ・ツアー '81」の名古屋公演において彼らの生の音に触れることができたのですが、とにかく歌の上手さと演奏力の高さに圧倒されたライヴだったことを覚えています。

その時のセットリストはと言うと、当然この"Escape"からの楽曲が多く組まれていたわけですが、ただ、後から見るとちょっとレアな選曲がなされていました。と言うのも、この時はまだ第一弾シングルの"Who's Crying Now"がリリースされたばかりという状況でしたが、アルバムに優れた楽曲が数多く収録されていた事もあってか、後に大ヒットすることになる"Don't Stop Believin'"と"Open Arms"はセットリストには入ってなかったんですよね。

で、このアルバム"Escape"からセットリストに入っていたのは、"Stone in Love"、"Who's Crying Now"、"Keep on Runnin'"、"Still They Ride"、"Dead or Alive"、"Mother, Father"、といった曲でした。

でも、この当時は"Don't Stop Believin'"と"Open Arms"がセットリストに入ってないなんてことよりも、大好きな"Stone in Love"と"Mother, Father"が選曲され、レコード同様、完璧に演奏されたことに感動し、喜んでいましたね。特に"Mother, Father"はツアーパンフに記載されていたセットリストには入ってなかったので、喜びも一入でした。この曲のイントロが奏でられた時には思わず「ウォー!」と叫んでいたような気もします(笑)。

Ticket: Escape Tour '81 in Nagoya / Journey そして、もうひとつ、この「エスケイプ・ツアー '81」の公演で嬉しかったのは、"The Party's Over"と"Little Girl"がセットリストには入っていたことですね。特に隠れた名曲ともいえる"Little Girl"がライヴで演奏されたのは、恐らく、後にも先にも、このツアーの日本公演のみだったのではないかと思うので、貴重な体験だったと思います。

しかし、当時は高いと思っていた\3,900のコンサートチケットも、今から考えると、とても安かったようにも思えます。アルバム一枚の値段は今も昔もさほど変わりないので、尚更ですね。

▼ こちらは"Escape Tour '81 in Japan"のツアーパンフ。

Tour Book (front): Escape Tour '81 in Japan / Journey  Tour Book (back): Escape Tour '81 in Japan / Journey  Tour Book: Escape Tour '81 in Japan / Journey

▼ Journey - Don't Stop Believin' (Live in Houston 1981)
https://www.youtube.com/watch?v=VcjzHMhBtf0

▼ Journey - Stone In Love (Live in Houston 1981)
https://www.youtube.com/watch?v=944wGt77Br4

▼ Journey - Who's Crying Now (Live In Tokyo 1983)
https://www.youtube.com/watch?v=X_xFT-6x5rE

▼ Journey - Still They Ride (Live In Tokyo 1983)
https://www.youtube.com/watch?v=bdLDvaxpleM

▼ Journey - Mother, Father (Live in Houston 1981)
https://www.youtube.com/watch?v=9IsAdOXDGAU

▼ Journey - Open Arms (Live in Houston 1981)
https://www.youtube.com/watch?v=i5pUOVC50Y8

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry (スティーヴ・ペリー) - Lead Vocals
• Neal Schon (ニール・ショーン) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Jonathan Cain (ジョナサン・ケイン) - Keyboards, Rhythm Guitar, Backing Vocals
• Ross Valory (ロス・ヴァロリー) - Bass, Backing Vocals
• Steve Smith (スティーヴ・スミス) - Drums, Percussion, Backing Vocals

TRACK LIST
1. Don't Stop Believin' / 2. Stone In Love / 3. Who's Crying Now / 4. Keep On Runnin' / 5. Still They Ride / 6. Escape / 7. Lay It Down / 8. Dead Or Alive / 9. Mother, Father / 10. Open Arms

1. ドント・ストップ・ビリーヴィン / 2. ストーン・イン・ラヴ / 3. クライング・ナウ / 4. キープ・オン・ランニン / 5. 時の流れに / 6. エスケイプ / 7. レイ・イット・ダウン / 8. デッド・オア・アライヴ / 9. マザー、ファーザー / 10. オープン・アームズ

※ CDの邦題は5曲目の「時の流れに」以外は全てカタカナ表記になっていますが、LPレコードでは1曲目の「ドント・ストップ・ビリーヴィン」が「愛に狂って」、2曲目の「ストーン・イン・ラヴ」が「お前に夢中」、10曲目の「オープン・アームズ」が「翼をひろげて」となっていました。

NOTES
• Album: US 1位 - 9x Platinum (1994-RIAA) / UK 32位
• Singles from Escape: "Who's Crying Now" US 4位、UK 46位 / "Don't Stop Believin'" US 9位、UK 62位 / "Open Arms" US 2位 / "Still They Ride" US 19位




追記

こちらは、2013年に発売された初版LPを復刻した紙ジャケット仕様のCD

▼ 紙ジャケットの表、裏、ブックレットの裏

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Escape / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Escape / Journey  Booklet (back): Escape / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Escape / Journey  Inner Sleeve (back): Escape / Journey  CD: Escape / Journey

ESCAPE / エスケイプ (1981)
● 復刻エンボス加工ジャケット
● 日本初版帯復刻
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター ● ボーナストラック4曲収録 ● Blu-spec CD2 仕様

TRACK LIST
1. Don't Stop Believin' / 2. Stone in Love / 3. Who's Crying Now / 4. Keep on Runnin' / 5. Still They Ride / 6. Escape / 7. Lay It Down / 8. Deador Alive / 9. Mother, Father / 10. Open Arms
[BONUS TRACKS]
11. La Raza Del Sol / 12. Don't Stop Believin' (Live) / 13. Who's Crying Now (Live) / 14. OpenArms (Live)

1. ドント・ストップ・ビリーヴィン / 2. ストーン・イン・ラヴ / 3. クライング・ナウ / 4. キープ・オン・ランニン / 5. 時の流れに / 6. エスケイプ / 7. レイ・イット・ダウン / 8. デッド・オア・アライヴ / 9. マザー、ファーザー / 10. オープン・アームズ
[ボーナストラック]
11. ラ・ラザ・デル・ソル / 12. ドント・ストップ・ビリーヴィン(ライヴ) / 13. クライング・ナウ(ライヴ) / 14. オープン・アームズ(ライヴ)

NOTES
[Bonus Tracks]
• La Raza Del Sol
シングル盤"Still They Ride"のB面に収録されていたアルバム未収録曲。

• Don't Stop Believin' (Live) / Who's Crying Now (Live) / OpenArms (Live)
DVD [Live in Houston 1981 - Escape Tour] としてもリリースされているテキサス州ヒューストンでのライヴ音源 (Live In Houston - November 6, 1981)

(記:2004年3月 / 更新:2017年11月)


    HOTEL CALIFORNIA 「ホテル・カリフォルニア」 / EAGLES (1976)

CDの帯:ホテル・カリフォルニア / イーグルス

Album Cover (front): Hotel California / Eagles
この「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」、アルバムタイトルから受ける印象とは裏腹に、アルバムを通してのテーマはかなりへヴィーで、当時のアメリカが抱え持つ閉塞感や幻想といったものが全体を通して表現されており、'76年にこのアルバムで提示されたその状況は2000年を過ぎた今もなお延々と後を引きずっているかのようにも思われます。

とかくアルバムタイトル曲の"Hotel California"のみがクローズアップされがちですが、このアルバムが名盤たる所以は何と言っても収められた楽曲の質の高さにあります。"The Last Resort"で幕を閉じる構成が泣かせますね。

アルバムジャケットのアートディレクションは"Don Henley"と"Kosh"が担当していて、"Kosh"はビートルズのレット・イット・ビーのジャケットデザインも手掛けたデザイナーで、写真の構図とロゴの配置が素晴らしい、私のお気に入りジャケットのひとつです。"Eagles"の文字がジャケットのどこにも無いというのも面白いところ。

なお、ジャケットに写された建物はビバリーヒルズ・ホテルで、このアルバムの発売以降、LAの観光名所のひとつにもなっているそうです。きっと同じ構図がとれる場所で記念写真を撮ろうとする人達が多いんでしょうね。自分もそこにいたら多分同じことをするでしょうけど(笑)。

このアルバム"Hotel California"は、'75年の"One Of These Nights"、'76年の"Their Greatest Hits 1971-1975"に続き、ビルボードチャートで1位を記録し(ちなみに次作の"The Long Run"も1位を記録)、シングルカットされた3曲も、"New Kid in Town"(1位)、"Hotel California"(1位)、"Life in the Fast Lane"(11位)と、それぞれヒットを記録。なお、大ベストセラーとなったこの"Hotel California"は、2007年までにアメリカ国内だけで1,600万枚のセールスを記録しています。

CD Case (back cover): Hotel California / Eagles 私がこのアルバム"Hotel California"を最初に買ったのは、丁度、「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」がシングルカットされた頃で、1stシングルの「New Kid In Town / ニュー・キッド・イン・タウン」がけっこう好きで気に入っていたこともあり、その2ndシングルの"Hotel California"が購入を後押ししたといった感じでした。

その後は、「Life In The Fast Lane / 駆け足の人生」もシングルカットされて、アルバム冒頭の1曲目から3曲目までがシングルカットされてヒットした訳ですが、個人的には、これらの曲に負けず劣らず好きだったのが、4曲目の「Wasted Time / 時は流れて」。勿論、今でも大好きな曲であることに変わりは無く、後にリユニオンを果たした際にリリースされたMTVでのアンプラグド・ライヴを中心としたアルバム"Hell Freezes Over"にこの曲が含まれていたのは嬉しかったですね。

5曲目の「Wasted Time (Reprise) / 時は流れて(リプライズ)」は、ストリングスによるインストゥルメンタル曲なので判断は難しいですが、実際のところ、LPレコードではB面にあたる後半の曲も、全曲好きなんですけどね。ということで、私の"iTunes"にある個人的なイーグルスのベストアルバムには、このアルバムからは全曲を選曲しています(笑)。勿論、インストゥルメンタル曲の"Wasted Time (Reprise)"も"Wasted Time"の後に来る構成で含めています。

▼ Eagles - Hotel California (Live at the Capitol Centre 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=8UAlD8SI-6U

EAGLES - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Joe Walsh (ジョー・ウォルシュ) - Vocals, Guitar, Keyboards
• Don Felder (ドン・フェルダー) - Vocals, Guitar, Slide Guitar
• Glenn Frey (グレン・フライ) - Vocals, Guitar, Keyboards
• Randy Meisner (ランディ・マイズナー) - Vocals, Bass, Guitarone
• Don Henley (ドン・ヘンリー) - Vocals, Drums, Percussion

Album Cover (back): Hotel California / Eagles TRACK LIST
1. Hotel California / 2. New Kid In Town / 3. Life In The Fast Lane / 4. Wasted Time / 5. Wasted Time (Reprise) / 6. Victim Of Love / 7. Pretty Maids All In A Row / 8. Try And Love Again / 9. The Last Resort

1. ホテル・カリフォルニア / 2. ニュー・キッド・イン・タウン / 3. 駆け足の人生 / 4. 時は流れて / 5. 時は流れて(リプライズ) / 6. 暗黙の日々 / 7. お前を夢みて / 8. 素晴らしい愛をもう一度 / 9. ラスト・リゾート

NOTES
• Tracks 1, 3, 4, 6, 9 (Lead Vocal - Don Henley) / Track 2 (Lead Vocal - Glenn Frey) / Track 7 (Lead Vocal - Joe Walsh) / Track 8 (Lead Vocal - Randy Meisner) / Track 5 (Instrumental)

• CD発売日:2003年05月14日(再発盤)
• デジタル・リマスター
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 1位 - 16x Platinum (2001-RIAA) / UK 2位 - 6x Platinum
• Singles from Hotel California
1. New Kid in Town: US 1位 - Gold / UK 20位
2. Hotel California: US 1位 - Platinum / UK 8位 - Gold
3. Life in the Fast Lane: US 11位

▼ おまけ

Eagles - Hotel California (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=ECHSjLba0VA

(記:2004年7月 / 更新:2017年7月)


    TIME 「タイム〜時へのパスポート」 / E.L.O. (1981)

CDの帯(初CD化盤):タイム〜時へのパスポート / E.L.O.

Album Cover (front): Time / E.L.O.
"Discovery"から、映画"Xanadu"のサウンドトラック盤を挟んでリリースされたこの「Time / タイム〜時へのパスポート」は、文字通り「時」をテーマに制作されたもので、曲間にSEが使われていたり、ヴォーカルやドラムスにメカニカルなエフェクトが施されていたりと、どこか近未来を感じさせる音作りになっています。ただ、収められた楽曲のクオリティーは相変わらず高いものの、何処か機械的な冷たさを感じさせられるのも事実で、その事がギターの比重が増した次作"Secret Messages"での音作りに何かしら影響を与えたのかもしれません。

この頃になるとレコード会社との対立も表面化して、経営の多角化に失敗したジェット・レコードは70年代にアメリカで最も多くのトップ40ヒットを放ったグループとしてギネスにも載った"E.L.O."でそのツケを補おうとしたらしく、ヒットシングルを数多く生み出すアルバムを必要に要求していたとも言われています。"Time"と次作の"Secret Messages"がアルバム指向である事を示すかのようにコンセプトアルバム的であったのは、それに対するアンチテーゼの部分もあったのでは?とも思えます。

Album Cover (back): Time / E.L.O. アルバムはビルボードチャートで最高16位、英1位。ファーストシングルの"Hold on Tight"は、米10位、英4位、そして、セカンドシングルの"Twilight"が、米38位、英30位を記録しましたが、ヒットシングルに拘るジェット・レコードはその後もアメリカで"Rain is Falling"(101位)、イギリスで両A面の"Ticket to the Moon / Here Is The News"(24位)と、"The Way Life's Meant to Be"(85位)をそれぞれシングルカットするも、大きなヒットには至りませんでした。

アルバムの中では"Twilight"と"21st Century Man"の2曲が特に好きで、LPレコードとして買った当時から、取り分けこの2曲を良く聴いていたのですが、実は"21st Century Man"のフレーズが部分的に取り入れられているラストの"Epilogue"も何気に好き。

▼ ELO - Here Is The News (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Bzehb_yeZtU

▼ ELO - Ticket To The Moon (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=ZXBiPY8wDT0

▼ ELO - Hold On Tight (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=UkekqVPIc2M

E.L.O. - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Lead and Background Vocals, Electric and Acoustic Guitar, Piano, Synthesizers
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Piano, Electric Piano, Synthesizers, Guitar

TRACK LIST
1. Prologue / 2. Twilight / 3. Yours Truly, 2095 / 4. Ticket To The Moon / 5. The Way Life's Meant To Be / 6. Another Heart Breaks / 7. Rain Is Falling / 8. From The End Of The World / 9. The Lights Go Down / 10. Here Is The News / 11. 21st Century Man / 12. Hold On Tight / 13. Epilogue

1. プロローグ / 2. トワイライト / 3. ロスト・ワールド 2095 / 4. チケット・トゥ・ザ・ムーン / 5. タイム・トラベラー / 6. 孤独のスペース・シップ / 7. さらばロンリー・レイン / 8. エンド・オブ・ザ・ワールド / 9. ライツ・ゴー・ダウン / 10. ヒア・イズ・ザ・ニュース / 11. 21世紀の男 / 12. ホールド・オン・タイト / 13. エピローグ

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年8月 / 更新:2015年12月)


    SECRET MESSAGES / E.L.O. (1983)

CDの帯(初CD化盤):シークレット・メッセージ / E.L.O.

Album Cover: Secret Messages / E.L.O.
エレクトロニクスを駆使したサウンドの集大成ともいえるような前作"Time"をひとつの区切りとしたかのように、このアルバム「Secret Messages / シークレット・メッセージ」ではギターサウンドの比重が増した、ある種、ノスタルジックな雰囲気が漂う音作りになっています。

又、このどこか哀愁を感じさせられるような雰囲気はそれまでの"E.L.O."とは明らかに違った印象があり、そのことは、"Face the Music"から"Time"まで一貫して使われ続けてきたドイツのミュージックランド・スタジオからオランダのウィスロード・スタジオへとレコーディング場所が変ったことも関係しているのかも知れません。又、様々な芸術作品をコラージュして作られたようなアルバムジャケットもそれまでとは違った趣きがしますが、言い換えれば、それらがこのアルバムならではの特色であり、魅力にもなっている感じです。

セールス的には今ひとつだったこともあってか、彼らのアルバムの中では比較的地味な存在として位置付けられている感もありますが、収められた楽曲の充実度は高く、個人的にはお気に入りの一枚です。なお、関係が悪化していたジェット・レコードとはこのアルバムを最後に決別しています。(稼ぎ頭の"E.L.O."を失ったのが原因のひとつかは分かりませんが、ジェット・レコードはその後に倒産)

アルバムはビルボードチャートで最高36位、英4位。シングルカットされた"Rock 'N' Roll Is King"は、米19位、英13位、"Four Little Diamonds"が、米86位、英84位、"Secret Messages"が、英48位を記録しています。なお、アメリカでは"Stranger"もカットされましたが、こちらは100位以内にランクせずという結果に終わっています。

なお、当時のLPレコード盤には、5曲目の"Time After Time"は収録されておらず、アルバムは、1曲目から4曲目までがA面、そして、6曲目から11曲目までがB面という構成でした。

▼ こちらはLPレコードの帯
LPレコードの帯:Secret Messages 「シークレット・メッセージ」 / E.L.O.

▼ そしてこちらがLPレコードのラベル
LPレコードのラベル:Secret Messages / E.L.O.  LPレコードのラベル:Secret Messages / E.L.O.

▼ ELO - Secret Messages (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=eDAcbxz0fuQ

▼ ELO - Rock 'n' Roll Is King (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=gJUde-W3n5c

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Vocals and Background Vocals, Guitar, Synthesisers, Bass, Piano, Percussion, Oberheim DMX
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Background Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Synthesizers, Grand Piano

TRACK LIST
1. Secret Messages / 2. Loser Gone Wild / 3. Bluebird / 4. Take Me On And On / 5. Time After Time / 6. Four Little Diamonds / 7. Stranger / 8. Danger Ahead / 9. Letter From Spain / 10. Train Of Gold / 11. Rock 'n' Roll Is King

1. シークレット・メッセージ / 2. 落日の王国 / 3. ブルーバード / 4. 遥か銀河の彼方に / 5. タイム・アフター・タイム / 6. フォー・リトル・ダイアモンド / 7. ストレンジャー / 8. 危険!!最前線 / 9. スペイン通信 / 10. マイダスの輝き / 11. ロックン・ロール・イズ・キング

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年8月 / 更新:2015年12月)


    BRIGADE / HEART (1990)

Album Cover (front): Brigade / Heart

"Heart"は、アン・ウィルソンとナンシー・ウィルソンの姉妹からなるロックバンドで、'75年にファーストアルバムを発表して以来、息の長い活動をしています。

このバンド最大の特徴といえば、何と言ってもアン・ウィルソンの卓越した歌唱力にあります。女性ヴォーカリストは数多くいれど、彼女ほどパワー溢れる声量を持った人にはそうお目にはかかれません。又、ギタリストでバッキングヴォーカルを務めるナンシー・ウィルソンもアン・ウィルソンとは違った魅力のあるヴォーカルを時折披露しており、初の全米ナンバーワン・ソングになった"These Dreams"でヴォーカルをとっていたのは、卓越した歌唱力を持つ姉のアンではなく、卓越した美貌の持ち主でもある彼女の方でした。


この「Brigade / ブリゲイド」は、前作、前々作と大成功を収めた勢いをもって制作された事もあってか、レコード会社やプロダクションもそれなりの予算を充てた事が伺えるようなゴージャスな内容で、収められた楽曲のクオリティーは前作、前々作を凌ぐかのようです。

なお、初回版には厚手のスエード風CDボックスに、通常のブックレット + 20ページのオールカラー・ブックレット、それに未発表曲が3曲入った8センチCDシングル(アルバムとは別個の歌詞カード + 日本語訳付き)といったものが含まれており、これまた豪華でした。しかもこの3曲がアルバム収録曲に負けず劣らず良いんですよね。


Bonus Mini CD: Brigade / Heart

アルバムは米3位、英3位を記録。又、シングルは、"All I Wanna Do Is Make Love to You"(米2位)、"I Didn't Want to Need You"(米23位)、"Stranded"(米13位)、"Secret"(米64位)をそれぞれ記録していますが、個人的に最も好きな曲のひとつである4thシングルの"Secret"が他のシングルほどヒットしなかったのが不思議なところではあります。前作からのシングルでナンバーワンヒットとなった"Alone"にも引けをとらないパワーバラードだと思うんですけどねぇ。

▼ 来日時の映像で構成されたミュージックビデオも印象的。

Heart - Secret
https://www.youtube.com/watch?v=k-JpBjLXVkI

個人的にはアルバムの最後に収録されている比較的シンプルなバラード曲の"I Love You"や、ボーナスディスクに収録されているパワーバラード曲の"Never Stop Loving You"も"Secret"と並んで好きな曲。というか、充実度の高いアルバムなんで、正直言うと結構どの曲も甲乙付け難いんですけどね。しかも先にも述べたように、ボーナスディスクの3曲もどれもが魅力的でアルバム収録曲と遜色無い出来ですし。

Heart - I Love You
https://www.youtube.com/watch?v=hutty3tpgIM

Heart - Never Stop Loving You
https://www.youtube.com/watch?v=IToolILSIg4

前作、前々作に引き続き、アートワークはノーマン・ムーアが手がけています。

Brigade / Heart Brigade (初回限定盤) / Heart Brigade (初回限定盤) / Heart

TRACK LIST (Japanese Limited Edition)
1. Wild Child / 2. All I Wanna Do Is Make Love To You / 3. Secret / 4. Tall, Dark Handsome Stranger / 5. I Didn't Want To Need You / 6. The Night / 7. Fallen From Grace / 8. Under The Sky / 9. Cruel Nights / 10. Stranded / 11. Call Of The Wild / 12. I Want Your World To Turn / 13. I Love You

[Bonus Mini CD]
1. Cruel Tears / 2. Never Stop Loving You / 3. The Will To Love

1. ワイルド・チャイルド / 2. 愛していたい / 3. シークレット / 4. いつわりのストレンジャー / 5. 恋に落ちる / 6. ザ・ナイト / 7. おもかげせつなく / 8. アンダー・ザ・スカイ / 9. クルーエル・ナイツ / 10. ストランデッド / 11. コール・オブ・ザ・ワイルド / 12. 愛をそそいで / 13. アイ・ラブ・ユー

[Bonus Mini CD]
1. クルーエル・ティアーズ / 2. ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー / 3. ザ・ウィル・トゥ・ラヴ

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• スエード地ボックス、通常ブックレット + 20ページ・オールカラー・ブックレット、未発表曲が3曲入った8センチCDシングル付き
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2004年9月 / 更新:2016年6月)


    INFINITY 「無限との遭遇(インフィニティ)」 / JOURNEY (1978)

LPレコードの帯:Infinity 「無限との遭遇」 / Journey

Album Cover (front): Infinity / Journey (Japanese 12-inch Vinyl Record)
ヴォーカリストにスティーヴ・ペリーを迎えて発表された通算4枚目となるこのアルバム"Infinity"(当時の邦題は「無限との遭遇」)が、バンドの大きな転換期だったと言っても差し支えないでしょうね。"Boston"や"Queen"を意識したかのような、やや大袈裟とも言えるコーラス・ハーモニーと深めのエコーが加えられた多少オーヴァープロデュースぎみとも取れるサウンドですが、逆にそれがこのアルバムの雰囲気を醸し出す魅力にもなっている感じです。

実は私がジャーニーを知るきっかけとなったのが、このアルバム"Infinity"になるのですが、当時はどのようなバンドなのかも知らないまま、レコードの帯に書かれていた「ボストンへのジャーニーからの解答」というフレーズに惹かれて買ったことは今も覚えています。ジャケットのアートワークも何となくそれっぽかったですしね。

Album Cover (back): Infinity / Journey (Japanese 12-inch Vinyl Record) ただ、この時は既に次作の「Evolution / エヴォリューション(銀嶺の翼)」がニューアルバムとしてリリースされており、どっちにしようかと随分迷ったんですよね。アートワークも互角の戦いだし(笑)。で、レコード店で暫く悩んだ末に下した決断が旧作であるこの"Infinity"の方だったんですよね。まぁ、未だにジャーニーのアルバムが置かれた店内の棚の位置まで覚えているんで、相当悩んでいたんだと思います。

それでも、正直、この時はアルバムの帯に書かれたフレーズのようにボストンと肩を並べるビッグバンドになるとは思っていませんでしたが、それでもブリティッシュ・ロック的な色合いのあるこのアルバムは、その後にリリースされた"Evolution"、"Departur"と共に3部作と言われるアルバムの中でも取り分け良く聴いていました。

アルバムからは"Lights"と"Wheel In The Sky"の2曲がその後もずっとライヴの定番曲として演奏され続けましたが、このアルバムが素晴らしいのは、この2曲だけではないというところ。まぁ、仮にジャーニーのベストを作るとしたら、自分は代表作の"Escape"よりもこの"Infinity"から選ぶ曲の方が多くなるんじゃないかと思うくらいですから。

ビルボードチャートでは過去最高の21位を記録し、今までチャートインすることもなかったシングルカット曲も、"Wheel in the Sky"(米57位)、"Feeling That Way/Anytime"(米83位)、"Lights"(米68位)とそれぞれチャートインを果たしています。

レコード盤のラベル:Infinity / Journey (Japanese 12-inch Vinyl Record)  レコード盤のラベル:Infinity / Journey (Japanese 12-inch Vinyl Record)

▼ Journey - Lights
https://www.youtube.com/watch?v=tNG62fULYgI

▼ Journey - Wheel in the Sky
https://www.youtube.com/watch?v=MxGEVIvSFeY

▼ Journey - Feeling That Way / Anytime (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=H0RFpXrPv2g

TRACK LIST
1. Lights / 2. Feeling That Way / 3. Anytime / 4. La Do Da / 5. Patiently / 6. Wheel In The Sky / 7. Somethin' To Hide / 8. Winds Of March / 9. Can Do / 10. Opened The Door

1. ライツ / 2. フィーリング・ザット・ウェイ / 3. エニィタイム / 4. ラ・ドゥ・ダ / 5. ペイシェントリー / 6. ホイール・イン・ザ・スカイ / 7. サムシン・トゥ・ハイド / 8. ウィンズ・オブ・マーチ / 9. キャン・ドゥ / 10. オープンド・ザ・ドアー

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Gregg Rolie - Keyboards, Vocals
• Neal Schon - Guitar, Vocals
• Ross Valory - Bass, Vocals
• Aynsley Dunbar - Drums and Percussion
• Steve Perry - Lead Vocals

NOTES
• Tracks 1, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 (Lead Vocals - Steve Perry)
• Tracks 2 (Lead Vocals - Gregg Rolie, Steve Perry)
• Tracks 3 (Lead Vocals - Gregg Rolie)




追記

こちらは、2013年に発売された初版LPを復刻した紙ジャケット仕様のCD

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Infinity / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Infinity / Journey  CD: Infinity / Journey

INFINITY / 無限との遭遇(インフィニティ) (1978)
● 初版LP復刻帯(当時の邦題「無限との遭遇」の帯)
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター
● Blu-spec CD2 仕様

(記:2005年1月 / 更新:2017年11月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 4 Navigation Part 5   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.