Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38
39

   Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 39
01. WEMBLEY OR BUST [2CD+DVD LIMITED EDITION] / JEFF LYNNE'S ELO (2017)
02. DREAM, AFTER DREAM 「夢・夢のあと」 (SOUNDTRACK) / JOURNEY (1980)
03. SNAKEMAN SHOW 「スネークマン・ショー」 (1981)
04. SEALED 「シールド」 / Y.M.O. (1984)
05. YOU'VE GOT MAIL 「ユー・ガット・メール」 [MUSIC FROM THE MOTION PICTURE] (SOUNDTRACK) / VARIOUS ARTISTS (1998)
06. IN THE END [DELUXE EDITION] / THE CRANBERRIES (2019)
07. EXPOSED 「エクスポーズド - キッス・ベスト」 / KISS (1987)
08. X-TREME CLOSE-UP 「エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー」 / KISS (1992)
    WEMBLEY OR BUST [2CD+DVD LIMITED EDITION] / JEFF LYNNE'S ELO (2017)

CDの帯:ウェンブリー・オア・バスト〜ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム / Jeff Lynne's ELO

Album Cover (front): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  Album Cover (back): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  Obi Strip (front and back): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO

こちらは2017年にイギリスのウェンブリー・スタジアムで行われたライヴを収録した"Jeff Lynne's ELO"のライヴ・アルバム「Wembley Or Bust / ウェンブリー・オア・バスト〜ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム」。

アルバムはいくつかの形態でリリースされているのですが、自分が購入したのはCDとDVDがセットになった「2CD+DVD ヴァージョン」(限定盤)。

ただ、デジタル・オーディオ・プレーヤーへ曲ごとに取り込んで聴くというここ最近のスタイルを考慮してのことなのか、ライヴ・アルバムではありながらも、1曲ごとにフェードアウトするブツ切り仕様になっているので、印象としては、ライヴ・アルバムというよりも、ライヴ・ヴァージョンによるグレイテスト・ヒッツといった感じではあります。なお、DVDの方は、所々でインタビューやバックステージの様子を写した映像が曲間に挟み込まれています。

▼ 英文ブックレット(表・裏)と、日本語ブックレット

Booklet (front): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  Booklet (back): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  Japanese Booklet (front): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO

それにしても、"Jeff Lynne's ELO"の名義が示すように、ジェフ・リンのソロ・プロジェクト的な"ELO"とは言え、この時代にまさか"ELO"のスタジアム・ツアーなんてものが行われようとは夢にも思ってもみなかったので感慨深いものがありますね。しかも、全盛期の"ELO"を象徴するストリングスに加え、ステージ上にはトレードマークとも言える巨大円盤が設置されているのもファンにとっては嬉しいところ。

ちなみに、セットリストの方は"Out of the Blue"から最多の5曲が選曲されているものの、各アルバムから大方満遍なく選ばれているといった印象。

ちなみに、収録曲の内訳は以下の通り(アルバム名 / 曲名)。

• 1st: No Answer (1971) - 10538 Overture
• 2nd: ELO II (1973) - Roll Over Beethoven
• 3rd: On The Third Day (1973) - Showdown, Ma-Ma-Ma Belle
• 4th: Eldorado (1974) - Can't Get It Out Of My Head
• 5th: Face The Music (1975) - Evil Woman
• 6th: A New World Record (1976) - Livin' Thing, Do Ya, Rockaria!, Telephone Line
• 7th: Out Of The Blue (1977) - Standin' In The Rain, Wild West Hero, Sweet Talkin' Woman, Turn To Stone, Mr. Blue Sky
• 8th: Discovery (1979) - Last Train To London, Shine A Little Love, Don't Bring Me Down
• Xanadu (SOUNDTRACK) / E.L.O. & Olivia Newton−John (1980) - All Over the World, Xanadu
• 9th: Time (1981) - Twilight
• Traveling Wilburys Vol. 1 / Traveling Wilburys (1988) - Handle with Care
※ トラヴェリング・ウィルベリーズ
プロジェクト的バンドではあるものの、各メンバーの所属レコード会社が異なるためか、実名を伏せ、サングラスで素顔を隠していた。メンバーは、ジェフ・リン (ELO) 、ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、トム・ペティ、ロイ・オービソンの5人。
• Alone In The Universe / Jeff Lynne's ELO (2015) - When I Was A Boy

なお、10作目の"Secret Messages (1983)"と、11作目の"Balance Of Power (1986)"、それに2001年の復活アルバム"Zoom"からは選曲されていません。

▼ 2枚のCDと紙ジャケットの内側

CD-1: Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  CD-2: Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  Album Cover (inside): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO

大抵は、CDとDVD (Blu-ray) がセットになっている場合だと、映像の方はおまけといった感じが多いのですが、こればかりはCDがおまけに付いていると思ってしまうほど映像の方に魅せられるライヴ・アルバムです。

▼ DVDケース(表・裏)と、DVD

DVD Case (front): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  DVD Case (back): Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO  DVD: Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO

観客を映し出す映像にはやはり年配者の姿が目立つのですが、逆に言えば、これだけ多くの年配者をライヴに呼べるというのもこれまた素晴らしいことなのではないかと。

▼ Jeff Lynne's ELO - Livin' Thing (Wembley or Bust - Live at Wembley Stadium)
https://www.youtube.com/watch?v=Jc4g7JsbjlI

▼ Jeff Lynne's ELO - Telephone Line (Wembley or Bust - Live at Wembley Stadium)
https://www.youtube.com/watch?v=XKElk9zTB04

▼ Jeff Lynne's ELO - Turn to Stone (Wembley or Bust - Live at Wembley Stadium)
https://www.youtube.com/watch?v=kXpjF1qtpt0

 

TRACK LIST (2CD+DVD Edition)

[CD-1]
1. Standin' In The Rain / 2. Evil Woman / 3. All Over The World / 4. Showdown / 5. Livin' Thing / 6. Do Ya / 7. When I Was A Boy / 8. Handle With Care / 9. Last Train To London / 10. Xanadu / 11. Rockaria! / 12. Can't Get It Out Of My Head

1. 雨にうたれて / 2. イーヴィル・ウーマン / 3. オール・オーヴァー・ザ・ワールド / 4. ショウダウン / 5. オーロラの救世主 / 6. ドゥ・ヤ / 7. ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ / 8. ハンドル・ウィズ・ケア / 9. ロンドン行き最終列車 / 10. ザナドゥ / 11. 哀愁のロッカリア / 12. 見果てぬ想い

[CD-2]
1. 10538 Overture / 2. Twilight / 3. Ma-Ma-Ma Belle / 4. Shine A Little Love / 5. Wild West Hero / 6. Sweet Talkin' Woman / 7. Telephone Line / 8. Turn To Stone / 9. Don't Bring Me Down / 10. Mr. Blue Sky / 11. Roll Over Beethoven

1. 10538序曲 / 2. トワイライト / 3. いとしのベル / 4. シャイン・ラヴ / 5. ワイルド・ウェスト・ヒーロー / 6. スウィート・トーキン・ウーマン / 7. テレフォン・ライン / 8. ターン・トゥ・ストーン / 9. ドント・ブリング・ミー・ダウン / 10. ミスター・ブルー・スカイ / 11. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン

[DVD]
1. Standin' In The Rain / 2. Evil Woman / 3. All Over The World / 4. Showdown / 5. Livin' Thing / 6. Scene 1 / 7. Do Ya / 8. When I Was A Boy / 9. Handle With Care / 10. Scene 2 / 11. Last Train To London / 12. Xanadu / 13. Rockaria! / 14. Band Introductions / 15. Can't Get It Out Of My Head / 16. 10538 Overture / 17. Scene 3 / 18. Twilight / 19. Ma-Ma-Ma Belle / 20. Shine A Little Love / 21. Wild West Hero / 22. Scene 4 / 23. Sweet Talkin' Woman / 24. Telephone Line / 25. Turn To Stone / 26. Don't Bring Me Down / 27. Mr. Blue Sky / 28. Scene 5 / 29. Roll Over Beethoven / 30. Credits

1. 雨にうたれて / 2. イーヴィル・ウーマン / 3. オール・オーヴァー・ザ・ワールド / 4. ショウダウン / 5. オーロラの救世主 / 6. Scene 1 / 7. ドゥ・ヤ / 8. ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ / 9. ハンドル・ウィズ・ケア / 10. Scene 2 / 11. ロンドン行き最終列車 / 12. ザナドゥ / 13. 哀愁のロッカリア / 14. Band Introductions / 15. 見果てぬ想い / 16. 10538序曲 / 17. Scene 3 / 18. トワイライト / 19. いとしのベル / 20. シャイン・ラヴ / 21. ワイルド・ウェスト・ヒーロー / 22. Scene 4 / 23. スウィート・トーキン・ウーマン / 24. テレフォン・ライン / 25. ターン・トゥ・ストーン / 26. ドント・ブリング・ミー・ダウン / 27. ミスター・ブルー・スカイ / 28. Scene 5 / 29. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン 30. Credits

 

NOTES

• Recorded at Wembley Stadium, London (24th June, 2017)

• 2CD+DVD Edition (完全生産限定盤)
• Blu-spec CD2
• 8面見開き紙ジャケット仕様
• 解説・歌詞・対訳付

[DVD]
• リニア PCM / Stereo
• 日本語字幕付
• Running Time: Approximately 118 Minutes

(記:2019年5月)


    DREAM, AFTER DREAM 「夢・夢のあと」 (SOUNDTRACK) / JOURNEY (1980)

Front Cover (Cassette): Dream, After Dream 「夢・夢のあと」 (Soundtrack) / Journey
これはなんとジャーニーの「Dream, After Dream / 夢・夢のあと」(サウンドトラック)のカセットテープです。ジャーニーのアルバムとは言っても、サウンドトラックということもあり、ジャーニーのアルバムの中では比較的目立たない部類のアルバムだとは思うのですが、更にはカセットテープとなると今でも持っている人もそういないのではないかと。ましてや今の時代にこうして取り上げる人なんて・・・(笑)。

カセットテープの画像自体は何年も前に取り込んでいたのですが、実は、これを記事として取り上げようと思ったのは今年初めに見た「2018年にイギリスで最も売れたカセットテープのランキング」という記事がきっかけでした。

その時は、デジタル時代と言えども未だに多くの人がカセットテープを購入していることが分かってビックリしたのですが、さらに驚いたのは、イギリスに於いては、前年比で125.3%と売り上げ本数が上昇していたことでした。

ただし、カセットテープの売り上げのほとんどは店頭ではなく、アーティストのウェブサイトでの売り上げによるものだそうで、その多くは限定版としてリリースされたものだということです。

▼ イギリスで2018年に最も売れたカセットテープのランキングが明らかに (NME JAPAN)
https://nme-jp.com/news/66669/

▼ The Top 40 bestselling cassettes of 2018 (The Official UK Charts Company)
https://www.officialcharts.com/chart-news/the-top-40-bestselling-cassettes-of-2018__25273/

なんか、パッケージのデザインも凝っていて、ファンなら欲しくなるのも分かるような気もしますね。

▼ Kylie - Golden [Cassette] (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Kylie-Golden/release/12764749#images/37109491
https://www.discogs.com/ja/Kylie-Golden/release/11851013#images/33760765

Back Cover (Cassette): Dream, After Dream 「夢・夢のあと」 (Soundtrack) / Journey ということで、こちらはファッション・ブランド「ケンゾー」の創業者でもあるファッション・デザイナー高田賢三が監督した映画「夢・夢のあと」のサウンドトラックで、音楽は全編ジャーニーが担当しています。

アルバムはサウンドトラックということもあってか、ヴォーカルが入っているのは [SIDE A] 1曲目の"Destiny"と、3曲目の"Sandcastles"、それに [SIDE B] 最後の"Little Girl"の3曲だけで、残りは全てインストゥルメンタル曲となっています。

私自身、映画自体は観たことがないのですが、砂漠にある湖のほとりの城に住む美しい姉妹(雪と月)と、そこに迷い込んだ若者との幻想的な愛を描いた映画だそうで、アルバム内には「Snow Theme / 雪のテーマ」、「Moon Theme / 月のテーマ」と、それぞれに2人の姉妹をテーマにした曲も収録されています。

今ではこのテープを聴くためのカセットデッキは持ってないし、今後も恐らくは聴く機会もないのに、何故、これを未だに持っているのかと言うと、実はコレ、貰い物なんですね。そういうこともあって、何となく処分せずに持っていたのですが、自分で買ったものだったら聴く機会もないのでとっくに処分していたのかもしれません。いや〜、すごく欲しそうな目をしていたのか、くれたんですよね(笑)。

Cassette Case (back): Dream, After Dream (Soundtrack) / Journey   Cassette Tape: Dream, After Dream (Soundtrack) / Journey

Album Cover (Cassette) - inside: Dream, After Dream (Soundtrack) / Journey

▼ こちらはUS版のカセット (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Journey-Dream-After-Dream/release/1296202#images/20382654

なお、「Little Girl / リトル・ガール」は日本でのみシングルとしてもリリースされましたが、本国のアメリカでは翌年の1981年リリースのアルバム"Escape"からシングルカットされ大ヒットした"Open Arms"のB面に収録されていました。

▼ Journey - Little Girl / Moon Theme (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Journey-Little-Girl-Moon-Theme/release/11642215#images/33015640

▼ Journey - Open Arms / Little Girl (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Journey-Open-Arms/release/654703#images/21027733

JOURNEY - BAND MEMBERS (Listed on Inner Sleeve (LP) / This Cassette is Not Credited)
• Steve Perry (スティーヴ・ペリー) - Lead and Back Vocals
• Neal Schon (ニール・ショーン) - Guitars, Vocals
• Gregg Rolie (グレッグ・ローリー) - Keyboards, Harmonica
• Steve Smith(スティーヴ・スミス) - Drums, Percussion
• Ross Valory (ロス・ヴァロリー) - Bass, Piano, Recorder

TRACK LIST
[SIDE A]
1. デスティニー (Destiny) / 2. 雪のテーマ (Snow Theme) / 3. 砂の城 (Sandcastles) / 4. 呪われたコイン (A Few Coins)
[SIDE B]
1. 月のテーマ (Moon Theme) / 2. 哀愁のロマンス (When The Love Has Gone) / 3. フェスティバル・ダンス (Festival Dance) / 4. レイプ (The Rape) / 5. リトル・ガール (Little Girl)

NOTES
• The album is the soundtrack to the Japanese film "Yume, Yume No Ato (Dream, After Dream)"

• Format: Cassette
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2019年6月)


    SNAKEMAN SHOW 「スネークマン・ショー」 (1981)

Slipcase (Cassette): Snakeman Show 「スネークマン・ショー」
前回のジャーニーのカセットテープに引き続き、今回も手持ちのカセットテープを取り上げました。ジャーニーのカセットテープの方は貰い物だったこともあり処分せずにいたのですが、こちらは自分で購入した物ながらも、恐らくはCD化されても買い換えることはないだろうという思いもあって何となく残しておいたといったところ。

まぁ、ジャーニーの記事の方でも書きましたが、今回も同じく、CDならまだしも、多分、この時代にこのカセットテープを記事として取り上げる人なんて恐らくいないのではないかと(笑)。

ちなみに、スネークマンショーというのは、桑原茂一と小林克也によるラジオ番組(曲間で行われていたコント)から始まったプロジェクトで、後に伊武雅之(現・伊武雅刀)が加入。その後、イエロー・マジック・オーケストラ (YMO) とのコラボレーションを通じて一躍全国区のブームに。

で、アルバムの内容はと言えば、ラジオ番組のように曲間にコントが挟み込まれているような構成になっており、音楽の方は「YMO」の他、「サンディー」、「シーナ&ザ・ロケッツ」といった「YMO」と親交のあるミュージシャンを中心に、当時のテクノ・ポップ及びニュー・ウェイヴ系の曲が収録されています。

歌詞カード: Snakeman Show 「スネークマン・ショー」 ▼ シンナーに気をつけろ!
https://www.youtube.com/watch?v=IQhGgmkk0rM

▼ 咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー
https://www.youtube.com/watch?v=rZa6IHtxtCg

▼ ストップ・ザ・ニューウェイヴ(伊武雅刀 と THE SPOIL と お友だち)
https://www.youtube.com/watch?v=G_5IidxSUe4

▼ Sandii & The Sunsetz - Jimmy Mack
https://www.youtube.com/watch?v=afK2UQo034w

▼ FUJI カセットテープ CM(開け心 / Y.M.O.)
https://www.youtube.com/watch?v=tnV_yK97DGE

なお、元祖日本語ラップとも言われ、シングルとしてもリリースされた「咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー」は、ラップを取り入れた楽曲として最初にビルボード・チャートで No.1 になった曲と言われるブロンディの"Rapture"が元ネタだそうです。

以下のインタビュー記事でも小林克也さんが「細野さんの作った曲「咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー」(作詞:スネークマンショー / 作曲:細野晴臣)が"Blondie"の「ラプチュアー」まんまでびっくりしたんですけど(笑)」。と語っています。

▼ 小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド「最後の晩餐」に至るまで(音楽ナタリー)
https://natalie.mu/music/pp/kobayashikatsuya

当時はその「咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー」にある宇宙戦艦ヤマトに登場するデスラー総統の台詞「ヤマトの諸君久しぶりだね。また会えてうれしいよ」のモノマネをそれほど似てないなぁと思っていたのですが、実はコレ本人だったんですよね(伊武雅刀がデスラーの声優を務めていた)。


Cassette (Side-1): Snakeman Show 「スネークマン・ショー」   Cassette (Side-2): Snakeman Show 「スネークマン・ショー」

Slipcase (Cassette): Snakeman Show 「スネークマン・ショー」 TRACK LIST
[SIDE 1]
1. 盗聴エディ P-1 / 2. 開け心(Y.M.O.) / 3. 盗聴エディ P-2 / 4. レモン・ティー(シーナ&ザ・ロケット) / 5. はい、菊地です / 6. 盗聴エディ P-3 / 7. オール・スルー・ザ・ナイト(ザ・ロカッツ) / 8. ストップ・ザ・ニューウェイヴ(伊武雅刀 と THE SPOIL と お友だち) / 9. ジミー・マック(サンディー)

[SIDE 2]
1. 急いで口で吸え / 2. 黄金のクラップヘッズ(ザ・クラップヘッズ) / 3. シンナーに気をつけろ / 4. メケメケ(Dr.ケスラー) / 5. 正義と真実 / 6. コールド・ソング(クラウス・ノミ) / 7. 咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー(ユー・アンド・ミー・オルガスムス・オーケストラ) / 8. これはなんですか / 9. ごきげんいかが アゲイン

NOTES
• Format: Cassette
• 歌詞カード付
• 発売時の価格:\2,800

[関連記事]
▼ コンピレーションの傑作『スネークマン・ショー』、お聴きになりますか? ……まさか!? (OKMusic)
https://okmusic.jp/news/124061

(記:2019年6月)


    SEALED 「シールド」 / Y.M.O. (1984)

CDの帯:シールド / Y.M.O.

Album Cover (front): Sealed / Y.M.O.   Album Cover (back): Sealed / Y.M.O.   Sealed / Y.M.O.

この「Sealed / シールド」は、解散した翌年の1984年にリリースされたイエロー・マジック・オーケストラ (Y.M.O.) のベスト・アルバム。

レコードで発売された当時は4枚組でしたが、CD化された際はいくつかの曲をカットして2枚組に凝縮されました。ちなみに、アルバムのタイトルには「Y.M.O.を封印 (Sealed) する」という意味が込められているそうです。

帯の下部に記載されている価格を見ると税込みで4,697円。2枚組みとは言え、今の感覚だとちょっと高いような感じですが、当時は概ねこんなもんだったので、特に高いといった印象は無かったように思います。今でも持っているオジー・オズボーンのライヴ・アルバム「Tribute / トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ」なんて、2枚のレコードを1枚のCDにしたから価格も4,200円ですといった時代でしたから(笑)。

ただ、このCDはバック・カヴァーに表記されている曲目の「DISK-1」と「DISK-2」が逆になっているんですよね。しかも、およそ6年後の1994年にリリースされた再発盤でもそのままだったという(笑)。

Tracklist (back cover): Sealed / Y.M.O.

4枚組みのアナログレコードでは1枚目が細野晴臣、2枚目が高橋幸宏、3枚目が坂本龍一、4枚目が共作といったように、作曲者別に分けられて収録されていましたが、CDでは2枚組みということもあり、「Disc 1」の前半が細野晴臣、後半が高橋幸宏、そして「Disc 2」の前半が坂本龍一、後半が共作となっています。

▼ Yellow Magic Orchestra - Technopolis / テクノポリス
https://www.youtube.com/watch?v=zFADf3CW8zI

▼ Yellow Magic Orchestra - Rydeen / ライディーン
https://www.youtube.com/watch?v=Nv5jMLJQ9f4

▼ Yellow Magic Orchestra - La femme Chinoise / 中国女
https://www.youtube.com/watch?v=dKW6eqlPcBY

▼ Yellow Magic Orchestra - Nice Age
https://www.youtube.com/watch?v=6R5ylJ_B6KU

▼ Yellow Magic Orchestra - Absolute Ego Dance
https://www.youtube.com/watch?v=DZoA4pZPO5o

▼ Yellow Magic Orchestra - Ballet
https://www.youtube.com/watch?v=IwHmOuAMJi4

▼ Yellow Magic Orchestra - 東風
https://www.youtube.com/watch?v=2T7TXVtGGFc

Y.M.O. (YELLOW MAGIC ORCHESTRA) - BAND MEMBERS
• 細野晴臣(エレクトリックベース、シンセベース・ヴォーカル)
• 高橋幸宏(ドラムス・ヴォーカル)
• 坂本龍一(キーボード・ヴォーカル)

Sealed / Y.M.O.   CD Selection: Sealed / Y.M.O.

TRACK LIST (歌詞カードの記載順)
[Disc-1]
1. Simoon / 2. Absolute Ego Dance / 3. Insomnia / 4. Mass / 5. Chaos Panic / 6. Lotus Love / 7. The Madmen / 8. 中国女 / 9. Rydeen / 10. Solid State Survivor / 11. Ballet / 12. Pure Jam / 13. Camouflage / 14. 希望の路 / 15. Chinese Whispers

[Disc-2]
1. 東風 / 2. Technopolis / 3. Behind The Mask / 4. Citizens Of Science / 5. Music Plans / 6. 音楽 / 7. 邂逅 / 8. Perspective / 9. Nice Age / 10. Multiplies / 11. Cue / 12. 体操 / 13. Key / 14. 君に、胸キュン。 / 15. 過激な淑女 / 16. 以心電信

NOTES
• 初回プレスCD(初CD化盤)
• 歌詞付
• 品番:50XA-221/2
• 発売日:1988/08/10

• 作曲者:細野晴臣 (Disc-1: 1-7) / 高橋幸宏 (Disc-1: 8-15) / 坂本龍一 (Disc-2: 1-8) / 高橋幸宏、坂本龍一 (Disc-2: 9, 11. 13, 16) / YMO (Disc-2: 10, 12, 14, 15)

(記:2019年6月)


    YOU'VE GOT MAIL 「ユー・ガット・メール」 [MUSIC FROM THE MOTION PICTURE] (SOUNDTRACK) (1998)

CDの帯(初回プレス盤):ユー・ガット・メール / オリジナル・サウンドトラック

Album Cover (front): You've Got Mail [Music From The Motion Picture]   Album Cover (back): You've Got Mail [Music From The Motion Picture]   CD Case (back cover): You've Got Mail [Music From The Motion Picture]

こちらは1998年にアメリカで公開(日本では翌年の1999年に公開)されたトム・ハンクスとメグ・ライアン主演の映画「You've Got Mail / ユー・ガット・メール」のオリジナル・サウンドトラック。

監督はノーラ・エフロンで、トム・ハンクスとメグ・ライアンは同監督による1993年公開の映画「めぐり逢えたら」でも共演したコンビ。

実を言うと、自分自身は映画の方は未だ観たことがないのですが、映画は1940年に製作されたエルンスト・ルビッチ監督の「The Shop Around the Corner / 桃色の店」のリメイク作品だそうです。ただし、この"You've Got Mail"は二人の通信手段がインターネットでメールという設定になっているものの、当然のことながら、インターネットが無い時代に制作された元映画の"The Shop Around the Corner"の方は手紙で文通という設定になっているとのこと。

ストーリー(出典: ウィキペディア)

ニューヨークの片隅で、母親の代から続く老舗の小さな絵本専門店「街角の小さな本屋さん」を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)。彼女には同棲している恋人がいるがインターネットで知り合ったハンドルネーム「NY152」の彼とのメールのやり取りに夢中。

そんな時、キャスリーンの店のすぐ側に、カフェを併設した値引き商法の大型書店「フォックス・ブックス」が開店。どんどん客は奪われ売上は落ち続ける。このままではキャスリーンの店は潰されてしまう。実はこのフォックス・ブックスの御曹司ジョー(トム・ハンクス)こそが「NY152」の彼だった。キャスリーンとジョーは実生活では商売敵として顔を合わせれば喧嘩ばかり。だけど家に帰れば「Shopgirl」と「NY152」として、その日にあった事をメールで報告したり、お互いを励まし合う間柄に。メールを通じて、ふたりはますます惹かれ合っていく。お互い相手の正体に気付かぬまま…。

では、何故、映画も観てないのにこのサウンドトラックを買ったのかというと、それはキャロル・キングが提供した新曲「Anyone At All / エニワン・アット・オール」(キャロル・キングのオリジナル・アルバムには未収録)が収録されていたからなんですね。

とは言え、このサウンドトラックを買ったのは映画の公開からずっと後のことで、実は、この曲を知ってキャロル・キングに興味を持ったのも、映画の主題歌を集めたコンピレーション・アルバムをレンタルショップで借りたことからでした。

アルバム(サウンドトラック)はキャロル・キングの新曲"Anyone At All" (1998)や、クランベリーズの"Dreams" (1992)といった近年の曲(当時としては)が収録されているものの、全体的には主に1960年代〜1970年代のオールディーズを中心とした曲が多く収録されています(ルイ・アームストロング、ハリー・ニルソン、ロイ・オービソン、スティーヴィー・ワンダー他)。

※ 補足:クランベリーズ (The Cranberries) について
1989年に結成したアイルランドのロックバンド。1994年リリースのセカンド・アルバム「No Need to Argue / ノー・ニード・トゥ・アーギュ」はアメリカだけで700万枚 (7x Platinum / 1996-RIAA) を超えるセールスを記録。2018年にリード・ヴォーカルのドロレス・オリオーダンが死去(享年46歳)。翌年(今年)の2019年4月にドロレス・オリオーダンが残した音源を元に制作されたスタジオ・アルバム「In The End / イン・ジ・エンド」のリリースを最後に解散。

ちなみに、10曲目の「I Guess The Lord Must Be In New York City / ニューヨーク・シティの奇跡」はニルソンのカヴァーですが、ニルソンの曲の邦題は「孤独のニューヨーク」となっています。なお、サウンドトラックにはシンニード・オコナーのカヴァー・ヴァージョンが収録されていますが、映画ではオリジナルのニルソンのヴァージョンが使用されているそうです。

※ 補足:シンニード・オコナー (Sinéad O'Connor) について
この日本盤CDにはシンニード・オコナーと表記されていますが、名前の仮名表記については、シニード・オコナー、もしくは、シネイド・オコナーなどと表記されることもあります。ちなみに、現在は「シュハダ (Shuhada)」と改名されています(出身はアイルランド)。

▼ もうひとつのジャケットにもなるCDケースサイズのポストカード付き

CD + Insert Sized Post Card: You've Got Mail [Music From The Motion Picture]   CD + Insert Sized Post Card: You've Got Mail [Music From The Motion Picture]

▼ ポストカードの表と裏

Insert Sized Post Card (front): You've Got Mail [Music From The Motion Picture]   Insert Sized Post Card (back): You've Got Mail [Music From The Motion Picture]

• 映画公開日(You've Got Mail / ユー・ガット・メール)
■ アメリカ:1998年12月18日
■ 日本:1999年2月11日

▼ Carole King - Anyone At All (from You've Got Mail)
https://www.youtube.com/watch?v=hpZxRa-yetU

▼ The Cranberries - Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=Yam5uK6e-bQ

TRACK LIST
01. The Puppy Song / パピー・ソング [Harry Nilsson / ニルソン]
02. Dreams / ドリームス [The Cranberries / クランベリーズ]
03. Splish Splash / スプリッシュ・スプラッシュ [Bobby Darin / ボビー・ダーリン]
04. Dummy Song / ダミー・ソング [Louis Armstrong / ルイ・アームストロング]
05. Remember / リメンバー(クリスマスの想い出) [Harry Nilsson / ニルソン]
06. Dream / ドリーム [Roy Orbison / ロイ・オービソン]
07. Rockin' Robin / ロッキン・ロビン [Bobby Day / ボビー・デイ]
08. Lonely At The Top / ロンリー・アット・ザ・トップ [Randy Newman / ランディ・ニューマン]
09. Signed Sealed Delivered I'm Yours / サインド・シールド・デリヴァード(涙をとどけて) [Stevie Wonder / スティーヴィー・ワンダー]
10. I Guess The Lord Must Be In New York City / ニューヨーク・シティの奇跡 [Sinéad O'Connor / シンニード・オコナー]
11. Over The Rainbow / 虹の彼方に [Harry Nilsson / ニルソン]
12. Anyone At All / エニワン・アット・オール [Carole King / キャロル・キング]
13. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter / 手紙でも書こう [Billy Williams / ビリー・ウィリアムス]
14. The 'You've Got Mail' Suite / ユー・ガット・メール組曲 [George Fenton / ジョージ・フェントン]
15. You Made Me Love You / ユー・メイド・ミー・ラヴ・ユー [Jimmy Durante / ジミー・デュランテ]

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• Includes: Insert Sized Post Card (アナザージャケットにもなるジャケットサイズのポストカード付き)
• 解説(1曲ごとの解説あり)・歌詞・対訳付
• CD発売日:1999/1/2

(記:2019年7月)


    IN THE END [DELUXE EDITION] / THE CRANBERRIES (2019)

Album Cover (front): In The End [Deluxe Edition] / The Cranberries  Album Cover (back): In The End [Deluxe Edition] / The Cranberries  In The End [Deluxe Edition] / The Cranberries  In The End [Deluxe Edition] / The Cranberries

2018年1月に46歳の若さで逝去したリード・ヴォーカルのドロレス・オリオーダンが死の直前までレコーディングしていた音源をベースに、残されたメンバーが手を加えて完成させたアルバムがこの"In The End"。

そして、アルバム・タイトルの"In The End"が示すように、このアルバムを最後にクランベリーズは30年にわたるバンド活動に終止符を打つことに。

正直言うと、残された音源をベースに制作されたアルバムということで、当初はデモ音源に手を加えた程度に思っていたことから、それほどのクオリティーは期待していなかったのですが、これがなんとビックリするほどの完成度。いやほんと全ての曲が素晴らしい出来。ドロレス・オリオーダンのヴォーカルも、聴く限りではニューアルバムのリリースに向けてのレコーディングも相当進んでいたような感じ。

自分が購入したのは、掲載している写真にあるように、古びた本を模したブック型パッケージのデラックス・エディション。ただし、収録曲は通常盤と同じ11曲で、ボーナス・トラック等はありません。

実を言うと、前回の記事(ユー・ガット・メールのサウンドトラック)はこの"In The End"の記事に繋げる布石でもあったのですが、自分がクランベリーズを知ったのも実はその「ユー・ガット・メール」のサウンドトラックだったんですよね(映画の中でも使用されたクランベリーズの曲「Dreams / ドリームス」が収録されている)。

 

■ 以下はクランベリーズの全オリジナル・スタジオ・アルバム

1st: Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We? / ドリームス (1993)
Chart Positions: Ireland 1位 / UK 1位 (2x Platinum) / US 18位 (5x Platinum)

2nd: No Need to Argue / ノー・ニード・トゥ・アーギュ (1994)
Chart Positions: Ireland 3位 / UK 2位 (3x Platinum) / US 6位 (7x Platinum)

3rd: To the Faithful Departed / トゥ・ザ・フェイスフル・ディパーテッド (1996)
Chart Positions: Ireland 1位 / UK 2位 (Gold) / US 4位 (2x Platinum)

4th: Bury the Hatchet / ベリー・ザ・ハチェット (1999)
Chart Positions: Ireland 4位 / UK 7位 (Silver) / US 13位 (Gold)

5th: Wake Up and Smell the Coffee / ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ・コーヒー (2001)
Chart Positions: Ireland 9位 / UK 61位 / US 46位

6th: Roses / ローゼズ (2012)
Chart Positions: Ireland 17位 / UK 37位 / US 51位

7th: Something Else / サムシング・エルス (2017)
Chart Positions: Ireland 18位 / UK 18位 / US 54位

8th: In the End / イン・ジ・エンド (2019)
Chart Positions: Ireland 3位 / UK 10位 / US 119位

 

CD: In The End [Deluxe Edition] / The Cranberries BAND MEMBERS - THE CRANBERRIES (Listed in Booklet)
• Dolores O'Riordan (ドロレス・オリオーダン) - Lead and Harmony Vocals
• Noel Hogan (ノエル・ホーガン) - Synths, Lead Guitar, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Mandolin
• Mike Hogan (マイク・ホーガン) - Bass Guitar
• Fergal Lawler (ファーガル・ロウラー) - Percussion, Drums

TRACK LIST
1. All Over Now / 2. Lost / 3. Wake Me When It's Over / 4. A Place I Know / 5. Catch Me If You Can / 6. Got It / 7. Illusion / 8. Crazy Heart / 9. Summer Song / 10. The Pressure / 11. In the End

NOTES
• Deluxe Casebound Book CD Edition / デラックス・エディション(ブック型パッケージ)
• 歌詞付
• Label: BMG Rights Management (UK) Limited
• Made in EU (Import)

▼ The Cranberries - All Over Now (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=h1lMxX8doSU

▼ The Cranberries - In The End (Official Audio)
https://www.youtube.com/watch?v=TAWx6k8ZQnU

以下はパリでのライヴ(2000年にリリースされたライヴ・ビデオ"Beneath The Skin - Live In Paris"より)

▼ The Cranberries - Promises (Live in Paris 1999)
https://www.youtube.com/watch?v=-ZDOihr4cBc

▼ The Cranberries - Zombie (Live in Paris 1999)
https://www.youtube.com/watch?v=8MuhFxaT7zo

(記:2019年7月)


    EXPOSED 「エクスポーズド - キッス・ベスト」 / KISS (1987)

LDの帯:エクスポーズド - キッス・ベスト / KISS

LD Cover (front): Exposed / KISS   LD Cover (back): Exposed / KISS   LD: Exposed / KISS

この「Exposed / エクスポーズド - キッス・ベスト」は、エリック・カー加入後のノーメイク時代を中心としたビデオ・クリップ(1982〜1986年)に、'70年代〜'80年代初期のメイク時代のライヴ映像を加えたキッスのビデオ作品(レーザー・ディスク)で、曲間にはこのビデオ作品用に収録されたメンバーへのインタビューと寸劇(笑)が加えられています。そして、自分にとっては、多分これが初めて買ったキッスの映像作品だったと思います。

今となってはミュージックビデオで観られるノーメイク時代の煌びやかでカラフルなラメ入りコスチュームが懐かしくもあるのですが、当時はまだ見慣れていない素顔の動くキッスの映像が新鮮でもあり、これが現在進行形のキッスなのだと改めて確認させられたようなところがありました。まぁ、それでもやっぱりメイク時代の映像の方に目が行くことが多かったんですけどね。

後にジーンは、この時代(アルバム"Asylum"をリリースした頃)のミュージックビデオを観て、自分のことを「まるで不機嫌なおばさんみたいだ」と語っていましたが、それでもこの時代があったからこそ、今のキッスも存在しているとも言えるわけで、そう考えるとキッスの歴史も紆余曲折があったのだと改めて思うところでもあります。

いやほんと、知らない人が観たら、カラフルな蛍光色コスチュームをまとって素顔で活動していたこの時代のキッスと、メイク時代のキッスが同じバンドとは絶対に思わないのではないかと。

今は亡きエリック・カーと、長きに渡り素顔時代のキッスのリード・ギタリストを務めたブルース・キューリックの姿が数多く観れるのもファンにとっては嬉しくもあり、感慨深いところ。

Exposed / KISS

▼ KISS - Who Wants To Be Lonely
https://www.youtube.com/watch?v=_XMU_3o5RRs

▼ KISS - Tears Are Falling
https://www.youtube.com/watch?v=lEwnfhuPJGs

TRACK LIST
[Side 1 Chapter]
1. Who Wants To Be Lonely ('86) / 2. Uh! All Night ('86) / 3. I Love It Loud (Live Rio de Janeiro '83) / 4. Deuce (Live San Francisco '75) / 5. Strutter (Live Detroit '76) / 6. Beth (Live Houston '77) / 7. Detroit Rock City (Live Australia '80)

[Side 2 Chapter]
1. Tears Are Falling ('85) / 2. Lick It Up ('83) / 3. All Hell's Breaking Loose ('84) / 4. I Love It Loud ('82) / 5. I Stole Your Love (Live Houston '77) / 6. Heaven's On Fire ('84) / 7. Ladies Room (Live Houston '77) / 8. Rock And Roll All Nite (Live Australia '80)

NOTES
• Format: Laser Disc
• Digital Sound / 長時間ディスク/CLV / 2面/90min. / カラー/NTSC / 日本語字幕 / STEREO
• 解説・歌詞付
• 品番:SM068-3171
• 発売時の価格:\6,800

(記:2019年8月)


    X-TREME CLOSE-UP 「エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー」 / KISS (1992)

LD Cover (front): X-Treme Close-Up / KISS   LD Cover (back): X-Treme Close-Up / KISS   LD: X-Treme Close-Up / KISS

こちらの「X-Treme Close-Up / エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー」は、デビューから「Revenge / リヴェンジ」(1992年)までの20年の軌跡を綴ったキッスの映像作品(レーザー・ディスク)。

ビデオは単にミュージックビデオやライヴ映像を寄せ集めただけというものではなく、ポールとジーンがそれぞれの映像に合わせて当時を振り返りながら語る(日本語字幕付き)という構成になっています。

KISS IS (Listed on Back Cover)
• Paul Stanley
• Gene Simmons
• Eric Singer
• Bruce Kulick

LD Cover with Promo Sticker (front): エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー / KISS   LD Promo Sticker: エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー / KISS

TRACK LIST
[Side 1]
(1) opening 〜 What is KISS? [メンバーが語るKISS]
【1】 アンホーリー(ビデオ・クリップ; 1992年収録)
【2】 シュア・ノウ・サムシング(ビデオ・クリップより抜粋; 1976年収録)
(2) The Fomation [キッス結成のいきさつ]
【3】 ロック・ボトム
【4】 ファイアーハウス
(3) The Style [キッス・ロゴ、メイク・・・]
【5】 パラサイト
【6】 ウォッチン・ユー(ライヴより抜粋; ウィンターランド1975年収録)
【7】 ファイアーハウス
(4) Popularity & Reputation [人気はウナギのぼり]
【8】 ブラック・ダイアモンド(ライヴより抜粋; コボ・ホール1975年収録)
【9】 コールド・ジン(ライヴより抜粋; キャピタル・センター1975年収録)
(5) [地獄の狂獣]
【10】 デュース(ライヴより抜粋; コボ・ホール1975年収録)
【11】 10万年の彼方(ライヴより抜粋; コボ・ホール1975年収録)
【12】 レット・ミー・ゴー・ロックン・ロール(ライヴより抜粋; アナハイム1976年収録)
(6) [地獄の軍団]
【13】 ベス(ライヴより抜粋; マディソン・スクェア・ガーデン1977年収録)
(7) In Japan [日本上陸]
【14】 雷神(ライヴより抜粋; 日本武道館1977年収録)
【15】 ブラック・ダイアモンド(ライヴより抜粋; 日本武道館1977年収録)
(8) Thank you, LADIES! [KISSをとりまく女性たち]
【16】 愛の絶叫(ビデオ・クリップ; 1976年収録)
【17】 ハード・ラック・ウーマン(ビデオ・クリップ; 1976年収録)
(9) Commercialism [コマーシャルKISS]
【18】 悪魔のドクター・ラヴ
【19】 愛の謀略(ライヴより抜粋; 1977年収録)
(10) 'The Phantom of the Park' [映画〜地獄の復活]
【20】 ロックン・コール・オール・ナイト
(11) SOLO [ソロ]
【21】 ブラック・ダイアモンド

[Side 2]
(12) DISCO [ディスコKISS]
【22】 悪魔のドクター・ラヴ
【23】 ラヴィン・ユー・ベイビー(ビデオ・クリップより抜粋; 1979年収録)
(13) Goodbye to Peter, welcome Eric Carr [ピーター・クリス〜エリック・カー]
【24】 英雄なき世界(ビデオ・クリップより抜粋; 1981年収録)
(14) farewell to Ace, hello Vinnie [エース・フレーリー〜ヴィニー・ヴィンセント]
【25】 クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト
【26】 悪魔のドクター・ラヴ(ライブより抜粋; ブラジル1982年収録)
(15) Face the Face [素顔のKISS]
【27】 ウォー・マシーン(ライブより抜粋; ブラジル1982年収録)
【28】 リック・イット・アップ(地獄の回想)(ビデオ・クリップより抜粋; 1983年収録)
(16) Vinnie, Mark and then...Bruce [ギタリスト交替劇]
【29】 アンダー・ザ・ガン
【30】 禁断のロックン・ロール(ビデオ・クリップより抜粋; 1988年収録)
【31】 ライズ・トゥ・イット(ビデオ・クリップ; 1989年収録)
(17) Gene's Stop [KISSにおけるジーン・シモンズ]
【32】 ハイド・ユア・ハート(ビデオ・クリップ; 1989年収録)
(18) Last words for Eric Carr [エリック・カーよ、安らかに・・・]
【33】 フォーエヴァー(ビデオ・クリップ; 1989年収録)
(19) Eric Singer fits in [エリック・シンガー加入]
【34】 アンホーリー
【35】 アイ・ジャスト・ウォナ(ビデオ・クリップ; 1992年収録)
(20) 〜 closing [リヴェンジ]
【36】 ゴッド・ゲイヴ・ロックンロール・トゥ・ユー・II

VIDEO CLIPS INCLUDE (Listed on Back Cover):
1. Unholy (Video '92) / 2. Sure Know Something (Video Excerpt '76) / 3. Watching You (Live Excerpt Winterland '75) / 4. Black Diamond (Live Excerpt Cobo Hall '75) / 5. Cold Gin (Live Excerpt Capital Center '75) / 6. Deuce (Live Excerpt Cobo Hall '75) / 7. 100,000 Years (Live Excerpt Cobo Hall '75) / 8. Let Me Go Rock & Roll (Live Excerpt Anaheim '76) / 9. Beth (Live Excerpt Madison Square Garden '77) / 10. God Of Thunder (Live Excerpt Japan '78) / 11. Black Diamond (Live Excerpt Japan '77) / 12. Love 'Em & Leave 'Em (Video '76) / 13. Hard Luck Woman (Video '76) / 14. I Stole Your Love (Live Excerpt '77) / 15. I Was Made For Lovin' You (Video Excerpt '79) / 16. World Without Heroes (Video Excerpt '81) / 17. Calling Dr. Love (Live Excerpt Brazil '82) / 18. War Machine (Live Excerpt Brazil '82) / 19. Lick It Up (Video Excerpt '83) / 20. Let's Put The X In Sex (Video Excerpt '88) / 21. Rise To It (Video '89) / 22. Hide Your Heart (Video '89) / 23. Forever (Video '89) / 24. I Just Wanna (Video '92)

NOTES
From Back Cover:
Here it is straight from us, straight to you the history, the facts and the stories. You want vintage concert footage and videos? Say no more...they're here too. Take a trip with us from the very beginning, and live our revenge with us right now. Sit back, fasten your seat belt and enjoy the ride!

• Format: Laser Disc
• CLV/2面 / 90min. / STEREO / COLOR / NTSC / 字幕スーパー / Digital Audio
• 解説・歌詞(一部)・対訳(一部)付
• 品番:PHLS-1
• 発売時の価格:\5,900(税込)

(記:2019年8月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 39 Navigation Notebook   Navigation   
Jihiro's Gait | Since 2003