Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37

   Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 36
01. CHEAP TRICK AT BUDOKAN / CHEAP TRICK (1978-JAPAN / 1979-US)
02. GREATEST HITS -JAPANESE SINGLE COLLECTION- [CD+DVD] / CHEAP TRICK (2018)
03. THE FREDDIE MERCURY TRIBUTE Vol. 1 「フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 1」 (1992)
04. THE FREDDIE MERCURY TRIBUTE Vol. 2 「フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 2」 (1992)
05. IMMIGRANT SONG 「移民の歌」 / LED ZEPPELIN (1970)
06. SHEER GREED 「シアー・グリード」 / GIRL (1980)
07. BAY CITY ROLLERS MEMORIAL 「サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」 / BAY CITY ROLLERS (1989)
08. GIVE A LITTLE LOVE - BEST OF THE BAY CITY ROLLERS / BAY CITY ROLLERS (2007)
09. GIRL (YOU ARE MY SONG) 「ガール」 / F.R. DAVID (1986)
10. SONGS FROM THE BIG CHAIR 「シャウト [+7]」 / TEARS FOR FEARS (1985)
    CHEAP TRICK AT BUDOKAN / CHEAP TRICK (1978-JAPAN / 1979-US)

CDの帯:チープ・トリック at 武道館 / チープ・トリック

Album Cover (front): Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick  Album Cover (back): Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick  Album Cover with Obi (front): Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick

チープ・トリックが本国のアメリカでブレイクを果たした記念碑的アルバムがこの「Cheap Trick at Budokan / チープ・トリック at 武道館」で、その後もチープ・トリックといえばこのアルバムを抜きにしては語れないほどの代表作となった一枚。

そもそもは、来日を記念して、日本で企画され、日本だけでリリースされていたライヴ・アルバムだったものの、アメリカでも日本から輸入されたレコード盤が評判となり、翌年にはアメリカでも正式にリリースされるや否や、アルバムからシングル・カットされた"I Want You to Want Me (Live)"(7位)と"Ain't That a Shame (Live)"(35位)と共に売り上げを伸ばし、アルバム・チャートでは4位にまで上がるヒットを記録。又、アルバムはその後も売れ続けていたようで、1986年には300万枚の売り上げを示すトリプル・プラチナムが"RIAA"より正式に認定されています。

シングルでもヒットした"I Want You to Want Me (Live)"でも分かるように、聞こえてくる女の子の歓声からも彼らの当時の人気が伝わってくるのですが、実際この当時のチープ・トリックの人気は凄まじく、何とミュージック・ライフ(当時人気の音楽雑誌)の人気投票でも1位になっていたほど。

ただし、別に嫌いという訳ではなかったのですが、当時の自分はチープ・トリックをキッス、クイーン、エアロスミスの牙城を崩す敵と見ていたので(笑)、友人から借りてこのアルバムを聴いただけで、結局はアナログ・レコードの時代にはチープ・トリックのアルバムを買ったことはなかったんですよね。

自分がチープ・トリックを初めて知ったのは、この「チープ・トリック at 武道館」がリリースされる1年ほど前に"NHK-FM"で放送されていた渋谷陽一氏がDJを務めるロックを主体とした洋楽の番組で新曲として紹介された「Clock Strikes Ten / 今夜は帰さない」を聴いたときでした。

でも、そのときはさほど関心もなくて、また新しいバンドが出てきたな程度の印象しかなかったのですが、渋谷陽一氏が「チャイムの音がなんたらかんたら」と言っていたことを含めて、その時のことをこうして覚えているのですから、好みに関わらず、印象には残っていたんでしょうね。勿論、その時は敵だとも思っていなかったですし(笑)、まさか1年後に大ブレイクするなんてことは予想だにしなかったですけどね。

ということで、この「チープ・トリック at 武道館」を買ったのも比較的最近なんですよね。自分が買ったのは、LPレコードの見開きジャケットと当時の帯を復刻した紙ジャケット仕様(ミニLPタイプ)のCDで、曲間のMCは比較的少ないのですが、当時のLPレコードと同様に、付属の対訳には曲間のMCも含まれています。又、収録曲の歌詞と対訳もスタジオ・ヴァージョンのものをそのまま転載したものではなく、聞き取りというかたちでこのライヴ・ヴァージョンの歌詞が記載されています。

で、この「チープ・トリック at 武道館」は、後に、アルバムには収録されなかった曲を含む完全盤がリリースされたりもしましたが、個人的には、やっぱり濃縮されたこのオリジナルの方が断然好きですね。かつては敵と見ていた自分が言うのもなんですが(笑)。

Booklet (front): Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick  CD: Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick  Album Cover (inside): Cheap Trick at Budokan / Cheap Trick

今年の4月に日本武道館での開催が予定されていたものの、リック・ニールセンの体調不良により延期となっていた「チープ・トリック at 武道館」の発売40周年を記念する来日公演も無事10月に振替公演が決定したようで良かったですね。

ただ、日本武道館での日程調整が上手くいかず、最終的には「会場を変更しても40周年という節目の年に日本での公演をしたい」とのバンド側からの希望から、別会場(東京・Zepp Tokyo)での開催決定になったようです。

▼ Cheap Trick - I Want You to Want Me
https://www.youtube.com/watch?v=-qgpewMCVjs

▼ Cheap Trick - Ain't That A Shame
https://www.youtube.com/watch?v=-C-jXJl0Zrg

▼ Cheap Trick - Surrender
https://www.youtube.com/watch?v=NFjOpqtKRq4

CHEAP TRICK - BAND MEMBERS
• Robin Zander (ロビン・ザンダー) - Lead Vocals, Rhythm Guitar
• Rick Nielsen (リック・ニールセン) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Tom Petersson (トム・ピーターソン) - Bass, Backing Vocals
• Bun E. Carlos (バン・E・カルロス) - Drums

TRACK LIST
1. Hello There / 2. Come On, Come On / 3. Lookout / 4. Big Eyes / 5. Need Your Love / 6. Ain't That A Shame / 7. I Want You To Want Me / 8. Surrender / 9. Goodnight / 10. Clock Strikes Ten

1. ハロー・ゼア / 2. カモン、カモン / 3. ルックアウト / 4. ビッグ・アイズ / 5. ニード・ユア・ラヴ / 6. エイント・ザット・ア・シェイム / 7. 甘い罠 / 8. サレンダー / 9. グッドナイト・ナウ / 10. 今夜は帰さない

NOTES
• 紙ジャケット仕様(見開きタイプ)
• CD発売日:2012/1/23(2006/06/21発売盤のアンコール・プレス)
• 解説・歌詞・対訳付(対訳は曲間のMCを含む)
• デジタル・リマスター (2003)

• Japanese Limited Edition Issue of the Album Classic in a Deluxe, Miniaturized LP Sleeve Replica of the Original Vinyl Album Artwork.

• Album: US 4位 (3x Platinum / 1986-RIAA) / UK 29位
• Singles:
1. I Want You to Want Me (Live) - US 7位 (Gold / 1979-RIAA) / UK 29位
2. Ain't That a Shame (Live) - US 35位

(記:2018年6月)


    GREATEST HITS -JAPANESE SINGLE COLLECTION- [CD+DVD] / CHEAP TRICK (2018)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ -ジャパニーズ・シングル・コレクション- / チープ・トリック

Album Cover (front): Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick   Album Cover (back): Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick   CD Case (back cover): Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick

この「Greatest Hits -Japanese Single Collection- / グレイテスト・ヒッツ -ジャパニーズ・シングル・コレクション-」は「チープ・トリック at 武道館」の発売40周年と、それに伴う来日公演を記念して日本で独自に企画されたチープ・トリックのコンピレーション・アルバムで、アルバムのタイトルからも分かるように、日本でリリースされたシングルを集めたシングル・コレクションとなっています。

アルバムはCDとDVDの2枚組みセットになっており、「DISC 1」のCDには、EPIC在籍時(1977年〜1990年)に日本で発売された全シングル曲が、発売順にアメリカ盤のオリジナル・シングル・ヴァージョン(2017年DSDマスタリング音源)で収録。そして、「DISC 2」のDVDには、EPIC在籍時に発表したミュージック・ビデオ(at 武道館のクリップも含む)が全曲収録されています。又、ブックレットには、収録されている全シングルのジャケットがブックレット・サイズで掲載されており、ブックレットを開くと、左側のページにシングル盤のジャケット写真、そして右側のページには歌詞と対訳という構成になっています。

なお、今年(2018年)の4月25日に日本武道館で開催予定だった「チープ・トリック at 武道館」の発売40周年を記念する公演の方は、リック・ニールセンの体調不良により延期となっていたものの、会場が変更 (Zepp Tokyo) になったとはいえ、無事、10月に振替公演が開催されることが決定したようでなによりです。日程調整が難航を極め、最終的にはバンド側からの「会場を変更しても40周年という節目の年に日本で来日公演を開催したい」との希望から、別会場での開催決定に至ったらしいです。日本武道館は、2020年の東京五輪に向けて、2019年から大規模な改修・増築工事に入り、約1年ほど長期休館するようなので、その余波もあって会場を押さえるのが困難だったのかもしれませんね。

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ -ジャパニーズ・シングル・コレクション- / チープ・トリック

それにしても、良い仕事がされた魅力的な企画アルバムですね。ブックレット・サイズで掲載されている各シングル盤のジャケット写真は元より、そのシングル盤のジャケットに記載されている文言を見るだけでも当時の雰囲気が垣間見れて楽しいですし、チープ・トリックの全アルバムを持っている人でもシングル・ヴァージョンで収録されているというのは結構そそられるのではないでしょうか。それに、映画のサウンドトラックにのみ収録されてた曲で、オリジナル・アルバムには未収録だった曲も含まれてますしね。しかも全曲が2017年の最新マスタリングで、更には日本初DVD化映像を多数含むDVD付きですから。

中には、なんでこの曲をシングルに選んだのだろう?と思うような曲があったり、NO.1ヒット曲の「The Flame / 永遠の愛の炎」なんかは、「えっ、シングルってここで終わるの?」といった発見もあって、そういったことを含めて楽しめたアルバムでした。

CD: Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick   DVD: Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick 

個人的には、日本未発売のシングルで、アメリカでは"Cheap Trick at Budokan"からのセカンド・シングルとしてリリースされた"Ain't That A Shame"のシングル・ヴァージョンがボーナス・トラックとして収録されているのが嬉しかったですね。と言うのも、アルバムだとイントロやエンディングの部分が比較的長いので、シングルだと恐らくは短く編集されているんだろうなと思っていたものの、シングル・ヴァージョンがどのように編集されているかこれまで知らなかったでんですよね。でも、それはそうと、ブックレットに掲載されているその"Ain't That A Shame"のジャケット写真は、なんでアメリカ盤じゃなくベルギー盤なんでしょうね。

"Ain't That A Shame"を収録するなら、"Cheap Trick at Budokan"からのファースト・シングルでアメリカではトップ10に入るヒットにもなった"I Want You To Want Me"(日本未発売)もボーナス・トラックとして収録すればいいのにと思ったのですが、アルバムの収録時間を見たら79分31秒と限界ギリギリに収録されているのでこれ以上は無理だったんでしょうね。

CD case (inside): Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick   Booklet: Greatest Hits -Japanese Single Collection- / Cheap Trick 

▼ 各シングル盤のジャケットはこちらに掲載されています
Discogs.com / Cheap Trick = Greatest Hits -Japanese Single Collection-

CHEAP TRICK - ORIGINAL BAND MEMBERS
• Robin Zander (ロビン・ザンダー) - Lead Vocals, Rhythm Guitar
• Rick Nielsen (リック・ニールセン) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Tom Petersson (トム・ピーターソン) - Bass, Backing Vocals
• Bun E. Carlos (バン・E・カルロス) - Drums, Percussion

TRACK LIST
DISC 1 (CD: JAPANESE SINGLES)
1. I Want You To Want Me / 甘い罠
2. Clock Strikes Ten / 今夜は帰さない
3. Surrender / サレンダー
4. California Man / カリフォルニア・マン
5. Voices / ヴォイシズ
6. Speak Now Or Forever Hold Your Peace / スピーク・ナウ ★
7. Dream Police / ドリーム・ポリス
8. Everything Works If You Let It / グッド・タイムズ・バッド・タイムズ
9. Stop This Game / ストップ・ディス・ゲーム
10. (Love Comes) A Tumblin' Down / ア・タンブリン・ダウン(暴走ハイウェイ)
11. If You Want My Love / 永遠のラヴ・ソング
12. Dancing The Night Away / ダンシング・ザ・ナイト・アウェイ
13. Tonight It's You / トゥナイト・イッツ・ユー
14. Mighty Wings|from "TOP GUN" Original Soundtrack / マイティ・ウイング(映画『トップガン』より)
15. The Flame / 永遠の愛の炎
16. Don't Be Cruel / 冷たくしないで
17. Stop That Thief from "Another Way Original Soundtrack / ストップ・ザット・シーフ(映画『アナザー・ウェイ -D機関情報-』より) ★
18. Ghost Town / ゴースト・タウン
19. Can't Stop Fallin' Into Love / フォーリン・イントゥ・ラヴ
20. Wherever Would I Be / ホエアエヴァー・ウッド・アイ・ビー
[BONUS TRACK]
21. Ain't That A Shame (Live at BUDOKAN, Single Version) / エイント・ザット・ア・シェイム ◆

• 2017年DSDマスタリング(M1〜M7、M9〜M11はアナログ・マスターより)
• ★ 日本限定発売のシングル / ◆ 日本未発売シングル

DISC 2 (DVD: MUSIC VIDEOS)
1. I Want You To Want Me (Live at BUDOKAN 1978) / 甘い罠
2. Surrender (Live at BUDOKAN 1978) / サレンダー
3. Ain't That A Shame (Live: 1980 American Music Awards) / エイント・ザット・ア・シェイム [日本初DVD化]
4. Dream Police / ドリーム・ポリス [日本初DVD化]
5. Way Of The World / ウェイ・オブ・ザ・ワールド [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]
6. Voices / ヴォイシズ [日本初DVD化]
7. If You Want My Love / 永遠のラヴ・ソング [日本初DVD化]
8. She's Tight / シーズ・タイト [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]
9. I Can't Take It / アイ・キャント・テイク・イット [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]
10. Tonight It's You / トゥナイト・イッツ・ユー [日本初DVD化]
11. It's Only Love / イッツ・オンリー・ラヴ [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]
12. The Flame / 永遠の愛の炎
13. Don't Be Cruel / 冷たくしないで [日本初DVD化]
14. Ghost Town / ゴースト・タウン [日本初DVD化]
15. Never Had A Lot To Lose / ネヴァー・ハッド・ア・ロット・トゥ・ルーズ [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]
16. Can't Stop Fallin' Into Love / フォーリン・イントゥ・ラヴ [日本初DVD化]
17. Wherever Would I Be / ホエアエヴァー・ウッド・アイ・ビー [日本初DVD化]
18. If You Need Me / イフ・ユー・二ード・ミー [BONUS FEATURES] [日本初DVD化]

NOTES
• CD:日本でリリースされた全シングルを収録
• CD:Blu-spec CD2 仕様
• CD:全曲2017年最新DSDマスタリング
• DVD:バンドがEPIC期に発表した全てのミュージック・ビデオを収録(全18曲中15曲が国内初DVD化)
• DVD:Approx: 73min / 片面1層/MPEG-2 / Color / NTSC / 16:9/LB / リニアPCM/STEREO
• カラー56Pブックレット(全シングル・ジャケットをCDジャケット・サイズで再現して掲載)
• 歌詞・対訳・解説付
• Released in Japan Only

▼ Cheap Trick Greatest Hits - Japanese Single Collection
https://www.youtube.com/watch?v=d766pHBpPE4

▼ Cheap Trick - Surrender (Midnight Special TV - 1978)
https://www.youtube.com/watch?v=insVuz0jbVo

▼ Cheap Trick - Voices (1979 Promo)
https://www.youtube.com/watch?v=Talf6QuVLLM

ちなみに、"Can't Stop Fallin' Into Love"のミュージック・ビデオでは、コミック風吹き出しの一部で日本語が出てきます。実はこの曲、'80年代以降の中では"If You Want My Love"、"Tonight It's You"、"The Flame"と並んで最も好きな曲のひとつなんですよね。

▼ Cheap Trick - Can't Stop Fallin' Into Love
https://www.youtube.com/watch?v=QgXGb-BiU-8

▼ Cheap Trick - The Flame (Live Daytona 1988)
https://www.youtube.com/watch?v=ag-b7NNzjXk

▼ Cheap Trick - If You Want My Love
https://www.youtube.com/watch?v=Zzew738f5TA

▼ Cheap Trick - Tonight It's You
https://www.youtube.com/watch?v=tL251usi-K8

▼ Cheap Trick - Voices (Live Japan '92)
https://www.youtube.com/watch?v=l45xpRnFC3M

▼ Cheap Trick - I Want You To Want Me
https://www.youtube.com/watch?v=BJs_L7yq5qE

(記:2018年6月)


    THE FREDDIE MERCURY TRIBUTE Vol. 1 「フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 1」 (1992)

LDの帯:フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 1

LD Cover (front): The Freddie Mercury Tribute Vol. 1  LD Cover (back): The Freddie Mercury Tribute Vol. 1  LD: The Freddie Mercury Tribute Vol. 1

こちらは1992年4月20日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートを収録したレーザー・ディスク「The Freddie Mercury Tribute Vol. 1 / フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 1」。

発売された72,000人分のチケットは発売開始からわずか2時間で完売したというこのフレディ・マーキュリー追悼コンサートは、フレディ・マーキュリーの死因がエイズによるものだったことから、フレディを追悼するコンサートであると同時に、エイズ撲滅のためのチャリティー・コンサートとして行われたものでした。

長丁場のコンサートだったこともあり、レーザー・ディスクは「Vol. 1」と「Vol. 2」に分けてリリースされており、コンサートの前半部分を収録したこちらの「Vol. 1」はといえば、MCでクイーンのメンバーが登場する以外では、唯一、デフ・レパードが演奏する"Now I'm Here"の1曲でブライアン・メイがギターで参加しているだけで、他は全てクイーン以外のミュージシャンによる演奏を収録したものとなっています。

本当は豪華な出演者とクイーンのメンバーたちとの競演が目白押しの「Vol. 2」も一緒に(というか、できれば「Vol. 2」の方を)買いたかったのですが、当時、店には「Vol. 1」の方しか置いてなくて、仕方なくこちらの「Vol. 1」だけ買って帰ったんですよね。

なお、このコンサートの模様は、世界各国で中継され、日本でも後日録画が放送されていました。又、NHK-FMでも渋谷陽一氏が解説を務める特番が4時間にわたって放送され、自分はといえば、それを丸々カセットテープに録音してたんですよね。4時間に及ぶ番組なので、カセットテープをひっくり返したり、取り替えたりという作業を数回やらなければならず、途中で曲が切れないよう注意しながら聴いていたこともあり、放送中はずっと気が抜けなかったことを今でも覚えています。

と、先に音源の方だけはラジオで聴いていたので、レーザー・ディスクでは時間的な制約もあってか、クイーン・メドレーの後に演奏されたエクストリームの"Love Of My Life"などいくつかの曲がカットされているということが分かってちょっと残念なところもあったのですが、それでも当時は未だ観ぬ「Vol. 2」への期待感もあってか、けっこう嵌って観たり聴いたりしてましたね。

▼ ステッカー付き (11.7cm X 8.5cm)

Sticker: The Freddie Mercury Tribute Vol. 1  Sticker: The Freddie Mercury Tribute Vol. 1

▼ Extreme - Queen Medley (Part 1)
https://www.youtube.com/watch?v=00L_4GhiAJA

▼ Extreme - Queen Medley (Part 2)
https://www.youtube.com/watch?v=UorTbj6sYdE

▼ Extreme - Love of My Life (Queen) / More Than Words
https://www.youtube.com/watch?v=YxWOo6g0ric

▼ Def Leppard & Brian May - Now I'm Here
https://www.youtube.com/watch?v=IhR5gPjwSSk

収録アーティスト

■ メタリカ
• ジェイムズ・ヘットフィールド(リード・ヴォーカル、ギター)
• カーク・ハメット(ギター、バッキング・ヴォーカル)
• ジェイソン・ニューステッド(ベース、バッキング・ヴォーカル)
• ラーズ・ウルリッヒ(ドラムス)

■ エクストリーム
• ゲイリー・シェローン(リード・ヴォーカル)
• ヌーノ・ベッテンコート(ギター、バッキング・ヴォーカル)
• パット・パジャー(ベース、バッキング・ヴォーカル)
• ポール・ギアリー(ドラムス)

■ デフ・レパード
• ジョー・エリオット(リード・ヴォーカル)
• フィル・コリン(ギター、バッキング・ヴォーカル)
• ヴィヴィアン・キャンベル(ギター、バッキング・ヴォーカル)
• リック・"サヴ"・サヴェージ(ベース、バッキング・ヴォーカル)
• リック・アレン(ドラムス)

■ ボブ・ゲルドフ

■ ガンズ・アンド・ローゼズ
• アクセル・ローズ(リード・ヴォーカル)、
• スラッシュ(ギター)、
• ギルビー・クラーク(ギター、バッキング・ヴォーカル)、
• ダフ・マッケイガン(ベース、バッキング・ヴォーカル)、
• マット・ソーラム(ドラムス、バッキング・ヴォーカル)、
• ディジー・リード(キーボード、バッキング・ヴォーカル)

TRACK LIST
1. ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody (BGM)
2. エンター・サンドマン:メタリカ / Enter Sandman: Metallica
3. サッド・バット・トゥルー:メタリカ / Sad But True: Metallica
4. ナッシング・エルス・マターズ:メタリカ / Nothing Else Matters: Metallica
5. ユー・テイク・マイ・ブレス・アウェイ / You Take My Breath Away (BGM)
〜 ザ・グレイト・プリテンダー / The Great Pretender (BGM)
〜 マイ・メランコリー・ブルース / My Melancholy Blues (BGM)
〜 愛にすべてを / Somebody To Love (BGM)
〜 ワン・ヴィジョン / One Vision (BGM)
6. クイーン・メドレー:エクストリーム / Queen Medley: Extreme
〜 ムスターファ / Mustafa
〜 ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody
〜 炎のロックンロール / Keep Yourself Alive
〜 ブレイク・フリー(自由への旅立ち) / I Want To Break Free
〜 ファット・ボトムド・ガールズ / Fat Bottomed Girls
〜 バイシクル・レース / Bicycle Race
〜 地獄へ道づれ / Another One Bites The Dust
〜 ウィ・ウィル・ロック・ユー / We Will Rock You
〜 ストーン・コールド・クレイジー / Stone Cold Crazy
〜 RADIO GA GA / Radio Ga Ga
〜 ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody
7. アイ・ウォント・イット・オール / I Want It All (BGM)
〜 プレイ・ザ・ゲーム / Play The Game (BGM)
〜 ショウ・マスト・ゴー・オン / The Show Must Go On (BGM)
〜 輝ける日々 / Days Of Our Lives (BGM)
8. 誘惑のロックン・ロール:デフ・レパード / Now I'm Here: Def Leppard (with Brian May)
9. 狂気の序曲 / I'm Going Slightly Mad (BGM)
10. トゥ・レイト・ゴッド:ボブ・ゲルドフ / Too Late God: Bob Geldof
11. パラダイス・シティ:ガンズ&ローゼズ / Paradise City: Guns N' Roses
12. 天国への扉:ガンズ&ローゼズ / Knockin' On Heaven's Door: Guns N' Roses

NOTES
• 収録:1992年4月20日 - ウェンブリー・スタジアム(ロンドン)
• Recorded: Wembley Stadium, London, UK on April 20th 1992.

• Format: Laser Disc
• CLV / COLOR / STEREO / Approx 84min. / 一部字幕スーパー入り / Digital Audio / NTSC
• 曲目シート付
• ステッカー付
• 品番:VALJ-3338
• 発売時の価格:\5,900(税込)

(記:2018年6月)


    THE FREDDIE MERCURY TRIBUTE Vol. 2 「フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 2」 (1992)

LDの帯:フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 2

LD Cover (front): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2  LD Cover (back): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2  LD: The Freddie Mercury Tribute Vol. 2

前回の「Vol. 1」に引き続き、こちらは1992年4月20日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートを収録したレーザー・ディスクの「The Freddie Mercury Tribute Vol. 2 / フレディ・マーキュリー追悼コンサート〜エイズ撲滅を願って Vol. 2」。

コンサートの前半部分を収録した「Vol. 1」では、デフ・レパードが演奏する"Now I'm Here"の1曲でブライアン・メイがギターで参加しているだけで、他は全てクイーン以外のミュージシャンによる演奏を収録したものとなっていましたが、コンサートの後半部分を収録したこちらの「Vol. 2」は、多彩な出演者とクイーンのメンバーたちとのジョイント・ライヴ競演が見物となっています。

自分自身は前回の「Vol. 1」の記事でも記したように、店に「Vol. 1」しか置いてなかったので、「Vol. 2」の方は暫く後に購入したのですが、その時はプライス・ダウンされた再発盤となっていました。まぁ、中身は変わらないので、幾分得した感じでしたが、初版の「Vol. 1」には付いていたステッカーがこちらの再発版には付いていませんでした。

LD Cover (back): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2  LD Cover (front): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2  LD Cover (back): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2

「Vol. 1」の方ではエクストリームの"Love Of My Life"など、実際のライヴで演奏された曲のいくつかはカットされていましたが、こちらの「Vol. 2」ではロバート・プラントの"Innuendo"がカットされています。先にNHK-FMで聴いたときはロバート・プラントが"Innuendo"を歌うというのはイメージ的にも中々良い組み合わせなんじゃないかと思ってただけにちょっと残念。一部では、ロバート・プラントの声の調子が良くなかったことや、演奏ミスがあったことかがカットされた理由とも言われていますが、どうなんでしょうね。

ちなみに、このコンサートで初披露となった曲"Too Much Love Will Kill You"は、この後にリリースされたブライアン・メイのソロ・アルバム「Back to the Light / バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜」に於いて正式に発表されることに。更には、その後、フレディが残した音源を元に制作されたクイーンのアルバム「Made in Heaven / メイド・イン・ヘヴン」にもフレディがヴォーカルをとるヴァージョンが発表されたことにより、この曲がクイーンの曲としてレコーディングされていたことが明らかになったのでした。

フィナーレでは、生前、フレディが敬愛する人物としてその名を挙げたライザ・ミネリが登場して、出演者たちと共に"We Are the Champions"を歌ってコンサートは盛大に幕を閉じます。そして会場にはクイーンのコンサートではお馴染みの"God Save The Queen"が流れ、モニターにはフレディの姿が映し出されます。

このコンサートで久しぶりに競演を果たしたデヴィッド・ボウイと、盟友のミック・ロンソンの二人も今では故人となり、ジョージ・マイケルもまた今は亡き人になっていることから、感慨深いものがありますが、今後もずっと語り継がれていく歴史的なコンサートであったと思います。実を言うと、デヴィッド・ボウイがモット・ザ・フープルに提供した感動的でドラマティックな名曲"All the Young Dudes"を自分が知ったのもこのコンサートがあったからなんですよね。

それと、以前からずっと思い続けていることですが、音源だけのアルバムを正式にリリースしてくれないかなぁと・・・。

LD Cover (front): The Freddie Mercury Tribute Vol. 2

▼ Queen & Joe Elliott, Slash - Tie Your Mother Down
https://www.youtube.com/watch?v=AasArumnUVs

▼ Queen & George Michael - Somebody To Love
https://www.youtube.com/watch?v=oYAR8RigqDA

▼ Queen & Ian Hunter, Mick Ronson, David Bowie - All The Young Dudes
https://www.youtube.com/watch?v=VwXY_qpyc5k

▼ Queen & David Bowie, Annie Lennox - Under Pressure
https://www.youtube.com/watch?v=fCP2-Bfhy04

▼ Queen & Liza Minnelli, All Cast - We Are the Champions
https://www.youtube.com/watch?v=zSxKIVm33mE

収録アーティスト

• ブライアン・メイ / ロジャー・テイラー / ジョン・ディーコン(クイーン)
• ジョー・エリオット(デフ・レパード)
• スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
• ロジャー・ダルトリー(元ザ・フー)
• トニー・アイオミ(元ブラック・サバス)
• ズッケロ
• ゲイリー・シェロン(エクストリーム)
• ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)
• ロバート・プラント(元レッド・ツェッペリン)
• スパイク・エドニー
• ポール・ヤング
• シール
• リサ・スタンスフィールド
• デヴィッド・ボウイ
• アニー・レノックス(元ユーリズミックス)
• イアン・ハンター(元モット・ザ・フープル)
• ミック・ロンソン(元デヴィッド・ボウイ・バンド / 元モット・ザ・フープル)
• クリス・トンプソン
• ジョージ・マイケル(元ワム!)
• ジョシュマクリー
• エルトン・ジョン
• アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
• ライザ・ミネリ

TRACK LIST
01. Introduction
02. Tie Your Mother Down: Queen (Brian May, John Deacon, Roger Taylor) with Joe Elliot & Slash
03. I Want It All: Queen with Roger Daltrey & Tony Iommi
04. Las Palabras De Amor: Queen with Zucchero
05. Hammer To Fall: Queen with Gary Cherone & Tony Iommi
06. Stone Cold Crazy: Queen with James Hetfield
07. Crazy Little Thing Called Love: Queen with Robert Plant
08. Too Much Love Will Kill You: Queen with Spike Edney featuring Brian May
09. Radio Ga Ga: Queen with Paul Young
10. Who Wants To Live Forever: Queen with Seal
11. I Want To Break Free: Queen with Lisa Stansfield
12. Under Pressure: Queen with David Bowie & Annie Lennox
13. All The Young Dudes: Queen with David Bowie & Ian Hunter & Mick Ronson & Chris Thompson
14. Heroes: Queen with David Bowie & Mick Ronson & Chris Thompson
15. '39: Queen with George Michael
16. These Are The Days Of Our Lives: Queen with George Michael & Lisa Stansfield & Joshmacrae
17. Somebody To Love: Queen with George Michael & London Gospel Choir
18. Bohemian Rhapsody: Queen with Elton John & Axl Rose
19. The Show Must Go On: Queen with Elton John & Tony Iommi
20. We Will Rock You: Queen with Axl Rose
21. We Are The Champions: Queen with Liza Minelli & All Cast
- God Save The Queen (BGM)

01. イントロダクション
02. タイ・ユア・マザー・ダウン:クイーン(ブライアン・メイ、ジョン・ディーコン、ロジャー・テイラー) with ジョー・エリオット&スラッシュ
03. アイ・ウォント・イット・オール:クイーン with ロジャー・ダルトリー&トニー・アイオミ
04. ラス・パラブラス・デ・アモール(愛の言葉):クイーン with ズッケロ
05. ハンマー・トゥ・フォール:クイーン with ゲイリー・シェロン(エクストリーム)&トニー・アイオミ
06. ストーン・コールド・クレイジー:クイーン with ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)
07. 愛という名の欲望:クイーン with ロバート・プラント
08. トゥ・マッチ・ラブ・ウィル・キル・ユー:クイーン with スパイク・エドニー featuring ブライアン・メイ
09. RADIO GA GA:クイーン with ポール・ヤング
10. リヴ・フォーエヴァー:クイーン with シール
11. ブレイク・フリー(自由への旅立ち):クイーン with リサ・スタンスフィールド
12. アンダー・プレッシャー:クイーン with デヴィッド・ボウイ&アニー・レノックス
13. オール・ザ・ヤング・ドゥデス:クイーン with デヴィッド・ボウイ&イアン・ハンター&ミック・ロンソン&クリス・トンプソン
14. ヒーローズ:クイーン with デヴィッド・ボウイ&ミック・ロンソン&クリス・トンプソン
15. '39:クイーン with ジョージ・マイケル
16. 輝ける日々:クイーン with ジョージ・マイケル&リサ・スタンスフィールド&ジョシュマクリー
17. 愛にすべてを:クイーン with ジョージ・マイケル&ゴスペル聖歌隊
18. ボヘミアン・ラプソディ:クイーン with エルトン・ジョン&アクセル・ローズ
19. ショウ・マスト・ゴー・オン:クイーン with エルトン・ジョン&トニー・アイオミ
20. ウィ・ウィル・ロック・ユー:クイーン with アクセル・ローズ
21. 伝説のチャンピオン:クイーン with ライザ・ミネリ+オールキャスト
〜 ゴッド・セイブ・ザ・クイーン

NOTES
• 収録:1992年4月20日 - ウェンブリー・スタジアム(ロンドン)
• Recorded: Wembley Stadium, London, UK on April 20th 1992.

• Format: Laser Disc
• CLV / COLOR / STEREO / Approx 107min. / 一部字幕スーパー入り / Digital Audio / NTSC
• 曲目シート付
• 品番:VALZ-2114(1995年再発盤)
• 発売時の価格:\4,300(税込)

(記:2018年6月)


    IMMIGRANT SONG 「移民の歌」 / LED ZEPPELIN (1970)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Immigrant Song 「移民の歌」 / Led Zeppelin  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Immigrant Song 「移民の歌」 / Led Zeppelin  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Label: Immigrant Song 「移民の歌」 / Led Zeppelin

ラジオで聴いて、初めて知ったレッド・ツェッペリンの曲であり、その後に買ったのがこの「Immigrant Song / 移民の歌」のシングル・レコード盤。

野性味溢れる叫び声と、血湧き肉躍るような勇ましいギターのリフが印象的な2分半程度の短い曲なんですが、一度聴いたら忘れないほど強烈なインパクトを持った曲なんですよね。このレコードを購入した当時でも、リリースから随分と月日が経った割と古い曲だったものの、なんてカッコ良い曲なんだろうと繰り返し聴いていたことを今でも覚えています。

冒頭のロバート・プラントによる「ア〜アア〜ア〜」の叫び声も印象的なんですが、実は、エンディング近くで抑え気味に歌う「ウウ〜ウ、ウウ〜ウ、ウウ〜ウ」の部分がこれまたカッコ良くて、当時はその部分に最も惹かれていたような所もありました。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Immigrant Song 「移民の歌」 / Led Zeppelin

振り返ってみると、このシングル「Immigrant Song / 移民の歌」と、この曲が収録されたアルバム「Led Zeppelin III / レッド・ツェッペリン III」がリリースされた1970年といえばビートルズが解散した年でもあるので、遡って考えると結構衝撃的ですよね。

ジャケット裏面に記載されている解説には、「レッド・ツェッペリン、デビュー以来わずか2年で、ビートルズを上回る人気を得てしまったグループ」とか、「さてここに紹介する"移民の歌"は彼等の最新アルバム"III"からのシングル・カット」といった文言もあり、発売当時の状況が見て取れて面白いです。

ちなみに、このシングル盤では、出だしにあるノイジーなカウントはカットされています。そして、B面の「Hey, Hey, What Can I Do / ホワット・キャン・アイ・ドゥ」は、オリジナル・アルバム未収録曲。

レコード盤のラベル(A面):Immigrant Song 「移民の歌」 / Led Zeppelin  レコード盤のラベル(B面):Hey, Hey, What Can I Do 「ホワット・キャン・アイ・ドゥ」」 / Led Zeppelin

実を言うと、この"Immigrant Song"を知った後に、レッド・ツェッペリンの代表曲としてラジオ番組で紹介された「Whole Lotta Love / 胸いっぱいの愛を」を聴く機会があったものの、今イチその曲に興味が持てず、代表曲がコレなら趣味に合わないかもと思い、結局はその後にアルバムを買うことはなかったんですよね・・・。しかも、アナログ・レコードの時代はレッド・ツェッペリンのベスト・アルバムなんてものは一枚もリリースされていなかったので、初心者には何となく取っ付き難かったような所もあったように思います。でも、あの時、"Whole Lotta Love"じゃなく「Stairway To Heaven / 天国への階段」がかかっていたらどうだったんだろう?と、ふと思ったりもします。

一応、捕捉しておくと、レッド・ツェッペリンのシングルで最もヒットしたのが米4位(ゴールド)を記録した「Whole Lotta Love / 胸いっぱいの愛を」で、代表曲のひとつとしてピックアップされることも多い「Stairway To Heaven / 天国への階段」はシングルにはなっていません。

▼ Led Zeppelin - Immigrant Song (Live 1972)
https://www.youtube.com/watch?v=RlNhD0oS5pk

▼ レッド・ツェッペリン『移民の歌』 7歳女子ドラマーが叩いてみた
https://www.youtube.com/watch?v=7wl1MCzqNxk

LED ZEPPELIN - BAND MEMBERS
• Robert Plant (ロバート・プラント) - Lead Vocals
• Jimmy Page (ジミー・ペイジ) - Guitars
• John Paul Jones (ジョン・ポール・ジョーンズ) - Bass Guitar
• John Bonham (ジョン・ボーナム) - Drums

TRACK LIST
Side 1: Immigrant Song / 移民の歌
Side 2: Hey, Hey, What Can I Do / ホワット・キャン・アイ・ドゥ

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付(対訳無し)

• 収録アルバム:Led Zeppelin III (レッド・ツェッペリン III)

• US 16位

(記:2018年7月)


    SHEER GREED 「シアー・グリード」 / GIRL (1980)

CDの帯:シアー・グリード / ガール

Album Cover (front): Sheer Greed / Girl
この「Sheer Greed / シアー・グリード」は、1970年代後半にイギリスで起こったヘヴィメタル・ムーブメント"NWOBHM"(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)の最中に登場したガールのデビュー・アルバム。

当時はアイアン・メイデン、デフ・レパードといったバンドが"NWOBHM"の代表的なバンドとされていたようですが、ガールもそれに次ぐ期待の新人バンドとして取り上げられていたように思います。

ただ、デフ・レパードもそうであったように、このガールも半ば強引にヘヴィメタル・ムーブメントの中に押し込められていた印象があり、"Hollywood Tease"のようなへヴィ・メタル的要素を含んだ曲があるものの、全体像としてはへヴィ・メタルと言うよりも、グラム・ロック、もしくはグラム寄りのハード・ロックといった感じ。

私自身はといえば、長いこと廃盤状態が続いていたので、LPレコードを手放して以降、中々入手できずにいたアルバムでもあったのですが、ようやく聴くことができたのはこの2016年リマスター盤を購入したときだったので、比較的最近のことなんですよね。

それでも、数十年も前のこととは言え、LPレコードを持っていた当時は曲順を変えてテープに録音して楽しんでいたことは覚えていたので、うろ覚えながらも当時のような曲順に変更してみたところ、やっぱり自分なりに変更したこの曲順の方が断然良いなと再確認(笑)。いやほんと曲順を変えると見違えるほど素晴らしいアルバムになるんですよねこれが。当時もオリジナルの曲順では今ひとつピンとこなかったのが、曲順を変えてから魅力に気付いて嵌ったようなところがありましたからね。

▼ ちなみに、変更後の曲順はこんな感じ。
1. Hollywood Tease / 2. The Things You Say / 3. Do You Love Me / 4. Strawberries / 5. My Number / 6. Little Miss Ann / 7. Doctor Doctor / 8. Passing Clouds / 9. What's Up? / 10. Take Me Dancing / 11. Lovely Lorraine / 12. Heartbreak America / 13. You Really Got Me [Bonus Track] / 14. Love Is A Game [Bonus Track]

Album Cover (back): Sheer Greed / Girl 実を言うと、当時、このガールのデビュー・アルバムに興味を持った大きな理由のひとつが、キッスのカヴァー曲"Do You Love Me"が収録されているということでした。というのも、キッスは大好きなバンドの筆頭格でしたし、当時は現役のメジャーバンドの曲をカヴァーするというのも珍しかったんですよね。と、そういったこともあって、この"Do You Love Me"がどのようにリメイクされているのか興味津々でした。

それと、アルバムのライナーノーツか、雑誌のインタビュー記事かは忘れましたが、"Strawberries"は、ジャパンに影響を受けて書いた曲だとフィリップ・ルイスが語っていたことも更に興味を持った要因のひとつでしたね。ジャパンもまた大好きなバンドのひとつでしたからね。でも、改めて聴いてみると、"Strawberries"だけじゃなく、"The Things You Say"や"Passing Clouds"といった曲も初期ジャパンの影響を感じさせられますね。例えば"Passing Clouds"はレゲエの要素を含んだ曲なんですが、そのレゲエの取り入れ方なんかも妙にジャパンっぽいんですよね。

といったこともあり、またひとつ大好きなバンドができたことを当時は喜んでいたのですが、でも、このデビュー・アルバム以降、久しぶりに知ったニュースではフィル・コリンがデフ・レパードに加入したということと、ガールがバンドとして消滅したということだったのでした。ということで、自分自身はその間にセカンド・アルバムがリリースされていたことも知らなかったんですよね。

当時はフィル・コリンがライバル・バンドとも言えるデフ・レパードに加入したことに対し、なんだか裏切り的行為のようにも感じていましたが、一方で、それまで全く興味が無かったデフ・レパードに関心を持つようになったのは、元ガールのフィル・コリンが加入したことによるものだったんですよね。

方やフィル・コリンと共にバンドの中心人物だったヴォーカルのフィリップ・ルイスはといえば、その後、クラブ等で活動していたトレイシー・ガンズ率いるL.A.ガンズに加入し、アメリカではデビュー・アルバムとセカンド・アルバムでプラチナムを獲得するなどガール時代以上の活躍を果たすことに。

Inner Sleeve: Sheer Greed / Girl   CD: Sheer Greed / Girl   Inner Sleeve: Sheer Greed / Girl

このアルバムをレコードで買って熱心に聴いていた当時は、今後に期待していたのは勿論のこと、何れはもっと広く認知され、確固たる地位を築くバンドになると確信していたんですけどねぇ・・・。続けていれば、きっとそれ相応の名を馳せるバンドになっていたのではないかと今でもふと思ったりします。

捕捉しておくと、ボーナス・トラックとして収録されている2曲はどちらもオリジナル・アルバムには未収録のカヴァー曲で、"You Really Got Me"はヴァン・ヘイレンのカヴァーでも有名なキンクスのカヴァー曲。そして"Love Is A Game"はラス・バラードの曲。

なお、日本では「Hollywood Tease / ハリウッド・ティーズ」と「Heartbreak America / ハートブレイク・アメリカ 」の2曲がシングルとしてリリースされました。

▼ Girl - Hollywood Tease
https://www.youtube.com/watch?v=s4pWGrvt8yM

▼ Girl - My Number
https://www.youtube.com/watch?v=DR8lvRqCatM

▼ Girl - Do You Love Me
https://www.youtube.com/watch?v=-GFegnGYhfk

▼ Girl - Strawberries (Live) (※音量低め)
https://www.youtube.com/watch?v=E6TzlxfGK8k

GIRL - BAND MEMBERS
• Philip Lewis (フィリップ・ルイス) - Lead Vocals
• Phil Collen (フィル・コリン) - Guitar
• Gerry Laffy (ジェリー・ラフィー) - Guitar
• Simon Laffy (サイモン・ラフィー) - Bass
• Dave Gaynor (デイヴ・ゲイナー) - Drums

TRACK LIST
01. Hollywood Tease / ハリウッド・ティーズ (Written By: Philip Lewis, Phil Collen)
02. The Things You Say / ザ・シングス・ユー・セイ (Written By: Philip Lewis, Gerry Laffy)
03. Lovely Lorraine / ラブリー・ローレイン (Written By: Philip Lewis, Phil Collen, Gerry Laffy)
04. Strawberries / ストロベリーズ (Written By: Philip Lewis)
05. Little Miss Ann / リトル・ミス・アン (Written By: Philip Lewis, Gerry Laffy)
06. Doctor Doctor / ドクター・ドクター (Written By: Philip Lewis, Phil Collen, Gerry Laffy)
07. Do You Love Me / ドゥ・ユー・ラブ・ミー (Written By: Paul Stanley, Bob Ezrin, Kim Fowley)
08. Take Me Dancing / テイク・ミー・ダンシング (Written By: Philip Lewis, Phil Collen, Gerry Laffy)
09. Whats Up / ホワッツ・アップ (Written By: Gerry Laffy, Simon Laffy)
10. Passing Clouds / パッシング・クラウズ (Written By: Philip Lewis)
11. My Number / マイ・ナンバー (Written By: Philip Lewis, Gerry Laffy)
12. Heartbreak America / ハートブレイク・アメリカ (Written By: Philip Lewis)
[Bonus Tracks]
13. You Really Got Me / ユー・リアリー・ゴット・ミー (Written By: Ray Davies)
14. Love Is A Game / ラヴ・イズ・ア・ゲーム (Written By: Russ Ballard)

NOTES
• CD発売日:2016/12/14
• Blu-spec CD
• 2016年 24ビット・リマスタリング
• 英国盤LPを元にした紙ジャケット仕様
• オリジナル内袋(CDサイズ)封入
• ボーナス・トラック2曲収録
• 解説・歌詞付(対訳無し)
• Blu-spec CD with Miniature LP Cardboard Sleeve, Obi, Inserts & 2 Bonus Tracks.

• Album: UK 33位
• Singles:
1. My Number (1979/10/19)
2. Do You Love Me (1980/1/11)
3. Hollywood Tease (1980/3/14) - UK 50位
4. Heartbreak America (1980) (日本のみのシングル・カット)
5. Love Is A Game (1980/8/15) (シングルのみでリリースされたアルバム未収録曲)

(記:2018年7月)


    BAY CITY ROLLERS MEMORIAL 「サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」 / BAY CITY ROLLERS (1989)

CDの帯(初回プレス盤):サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル / ベイ・シティ・ローラーズ

Album Cover (front): Bay City Rollers Memorial / Bay City Rollers  Album Cover ((back): Bay City Rollers Memorial / Bay City Rollers  CD Case (back cover): Bay City Rollers Memorial / Bay City Rollers

タータンチェックがバンドのトレードマークになっていたことから「タータン・ハリケーン」とか「タータン旋風」などと呼ばれ、1970年代に一大旋風を巻き起こしたグループがこのベイ・シティ・ローラーズで、当時はティーンエイジャーの少女達を中心としたファンの熱狂振りからビートルズの再来とも言われていました。

1970年代と言えば、目移りしてしまうくらい魅力的で個性的なスタイルのバンドが次々と登場した時代でしたが、このベイ・シティ・ローラーズも一時代を築いたという意味に於いても、その1970年代の音楽を語る上では外せないバンドのひとつだと思います。

そして、この「Bay City Rollers Memorial / サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」は、日本で独自に企画されたベイ・シティ・ローラーズのベスト・アルバムで、帯にも記載されているように、"Saturday Night"がテレビのCMで使用されたことがきっかけでリリースされたと思われる企画盤ながらも、実はこれがCDとして発売されたベイ・シティ・ローラーズ初のベストアルバムであると同時に、初めてCDとして登場したベイ・シティ・ローラーズのアルバムであったと思います。

実を言うと、この記事自体は、近々取り上げる予定のアルバムとして今年の初めに大まかな準備はしていたのですが、残念ながらバンドの設立メンバーのひとりであるアラン・ロングミュアーが今月の2日に亡くなられたことを急遽加えて書かなくてはならなくなってしまいました。

悲報と絡めて記事にするのは気が引けるので、この記事自体も来年以降に後回ししようかなとも考えたのですが、ベイ・シティ・ローラーズのアルバムはこれまで取り上げたことがなかったし、この後に続けてもう一枚準備しているアルバムの記事もあるので、迷ったものの取り上げることにしました。アルバムの画像自体は5年前の2013年に取り込んでいたので、できることならもう少し早く取り上げていれば良かったんですけどね・・・。改めてご冥福をお祈りいたします。

CD Case (inside): Bay City Rollers Memorial / Bay City Rollers

話をアルバムに戻すと、この「ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」、CM絡みの企画盤とは言え、実は内容自体はそう安直なものではなく、選曲なんかは精通した人がきちんとやったということが見て取れるアルバムなんですよね。現在ではベイ・シティ・ローラーズのベスト・アルバムも数多くリリースされていますが、音質は別にして、選曲という点で見れば、今でもこれが最も充実した内容のベスト・アルバムではないかと個人的には思っています。

例えば、海外のベスト盤だと抜けていることも多い「My Teenage Heart / ひとりぼっちの十代」や、「Don't Let the Music Die / ハートで歌おう」といった日本では独自にングル・カットされた曲、そして、日本では 「Yesterday's Hero / イエスタデイズ・ヒーロー 」との両A面シングルとしてリリースされた「Rock'n' Roller / ロックン・ローラー」といった日本のファンにとっては外せないであろうこれらの曲もきちんと収録されていますしね。

しかしながら、現在は廃盤になっているようで、恐らくは今後も再発されることもないのではないかと。

収録曲について補足しておくと、3曲目の「Summerlove Sensation / 太陽の中の恋」はストリングスが加えられた「US シングル・ヴァージョン」、17曲目の 「Dedication / 青春に捧げるメロディー」はレスリー・マッコーエンがリード・ヴォーカルをとっているヴァージョン、そして、20曲目の「Yesterday's Hero / イエスタデイズ・ヒーロー」はイントロ部分がカットされていないアルバム・ヴァージョンが収録されています。

なお、この「ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」では、"My Teenage Heart"の邦題が「ひとりぼっちの10代」となっていますが、オリジナル・アルバム及びシングル盤の邦題は「ひとりぼっちの十代」と数字の表記が漢字になっています。又、「Maybe I'm A Fool To Love You / メイビー・アイム・ア・フール」も、オリジナル・アルバムでの邦題は「アイム・ア・フール」となっています。

音楽面では、過去の名曲をベイ・シティ・ローラーズのイメージでアレンジしたカヴァー曲が多いものの、「My Teenage Heart / ひとりぼっちの十代」、「Love Me Like I Love You / ラヴ・ミー・ライク・アイ・ラヴ・ユー」、「Don't Let The Music Die / ハートで歌おう」といった"Faulkner, Wood"によるオリジナル曲に代表されるように、実はそれら名曲のカヴァー曲と並べても遜色がないようなオリジナル曲もあって、非凡なものを感じさせられるんですよね。アイドル的側面を取り上げられることが多く、音楽性について語られることは殆ど無かったのですが、やっぱり、曲そのものにも魅力があったからこそ、あれだけ多くの人の心を惹きつけられたのだと思いますね。

ちなみに、以下はベイ・シティ・ローラーズの主なシングルで、◆印は、このベスト・アルバム「ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」には収録されていない曲となります。

Singles
1971 "Keep on Dancing" (UK 9位) ◆
1974 "Remember (Sha-La-La-La)" (UK 6位)
1974 "Shang-A-Lang" (UK 2位)
1974 "Summerlove Sensation" (UK 3位)
1974 "All of Me Loves All of You" (UK 4位) ◆
1975 "Bye Bye Baby" (UK 1位 / 6週連続)
1975 "Give a Little Love" (UK 1位)
1975 "Love Me Like I Love You" (UK 4位)
1975 "My Teenage Heart"(ひとりぼっちの十代) / ※ 日本独自のシングル・カット曲
1976 "Saturday Night" (US 1位)
1976 "Money Honey" (UK 3位 / US 9位)
1976 "Rock n' Roll Love Letter" (US 28)
1976 "I Only Want to Be with You" (UK 4位 / US 12位)
1976 "Yesterday's Hero" (US 54位) / ※ 日本では"Rock'n' Roller"(ロックン・ローラー)との両A面シングルとしてリリース
1976 "Dedication" (US 60位)
1977 "It's a Game" (UK 16位)
1977 "You Made Me Believe in Magic" (UK 34位 / US 10位)
1977 "The Way I Feel Tonight" (US 24位)
1977 "Don't Let the Music Die" (ハートで歌おう) / ※ 日本独自のシングル・カット曲

 

TRACK LIST
01. Bye Bye Baby / バイ・バイ・ベイビー
02. Shang A Lang / ベイ・シティ・ローラーズのテーマ
03. Summerlove Sensation / 太陽の中の恋
04. My Teenage Heart / ひとりぼっちの10代
05. Angel Baby / エンジェル・ベイビー
06. Remember / リメンバー
07. Saturday Night / サタデイ・ナイト
08. Money Honey / マネー・ハニー
09. Rock'n' Roller / ロックン・ローラー
10. I Only Want To Be With You / 2人だけのデート
11. Rock'n' Roll Love Letter / ロックン・ロール・ラヴ・レター
12. Turn On The Radio / 恋するラジオ
13. It's A Game / 恋のゲーム
14. You Made Me Believe In Magic / 夢の中の恋
15. Maybe I'm A Fool To Love You / メイビー・アイム・ア・フール
16. The Way I Feel Tonight / 愛をささやくとき
17. Dedication / 青春に捧げるメロディー
18. Love Me Like I Love You / ラヴ・ミー・ライク・アイ・ラヴ・ユー
19. Give A Little Love / 恋をちょっぴり
20. Yesterday's Hero / イエスタデイズ・ヒーロー
21. Don't Let The Music Die / ハートで歌おう

NOTES
• Track 03 "Summerlove Sensation" - US Single Version
• Track 06 "Remember (Sha La La La)" - Leslie McKeown Version
• Track 07 "Dedication" - Leslie McKeown Version
• Track 19 "Give a Little Love" - Original Album Version
• Track 20 "Yesterday's Hero" - Original Album Version

• Released in Japan Only [First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ Bay City Rollers - My Teenage Heart
https://www.youtube.com/watch?v=yIoET2mlZ4M

▼ Bay City Rollers - Saturday Night (Live in Japan 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=nhdwvx_qcAg

▼ Bay City Rollers - Bye Bye Baby (Japan TV Show)
https://www.youtube.com/watch?v=DHv8T-iu1bA

▼ Bay City Rollers - I Only Wanna Be With You (Live in Japan 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=CiA8RyWAwe4

▼ Bay City Rollers - Don't Let the Music Die (Japan TV Show)
https://www.youtube.com/watch?v=j3j-hAIhaz0

▼ Bay City Rollers - Remember (Sha La La La)
https://www.youtube.com/watch?v=lNAMV02Ux-0

▼ Bay City Rollers - Rock 'N Roll Love Letter
https://www.youtube.com/watch?v=wrjQ_daOR7c

▼ Bay City Rollers - Love Me Like I Love You (TOTP 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=umU0bIKO-Hg

▼ Bay City Rollers - Rock'n Roller
https://www.youtube.com/watch?v=eMbIPEQFUsM

▼ Bay City Rollers - Yesterday's Hero (Japan TV Show)
https://www.youtube.com/watch?v=gHDCJVoObGE

(記:2018年8月)


    GIVE A LITTLE LOVE - BEST OF THE BAY CITY ROLLERS / BAY CITY ROLLERS (2007)

Album Cover (front): Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers  Album Cover (back): Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers  CD Case (back cover): Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers

前回の「Bay City Rollers Memorial / サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」に引き続き、今回もベイ・シティ・ローラーズのベスト・アルバムをピックアップ。

ただし、こちらの「Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers」は2枚組ということもあり、通常のベストだと収録されないような曲が多く収録されているのが特徴。

特に表記はされていないものの、「Disc 1」の1曲目から16曲目までがシングルとしてヒットした曲、そして、「Disc 1」の17、18曲目と「Disc 2」がシングルとしてリリースされたものの大きなヒットにはならかった曲や、国によってはシングルとしてリリースされた曲、もしくは、アルバム収録の人気曲といった分類がされているようです。

その他の特徴としては、パッケージには表記はされていないものの、リマスター音源が使用されているという点で、前回取り上げた1989年リリースのベスト・アルバム「Bay City Rollers Memorial / サタデイ・ナイト 〜 ベイ・シティ・ローラーズ・メモリアル」と聴き比べると、一聴して違いが分かります。

CD Case (inside): Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers  CD Case (inside): Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers

収録曲について特筆すべき点を挙げると、"Give A Little Love"と"Summerlove Sensation"はストリングスが加えられた「US シングル・ヴァージョン」で収録されており、"Yesterday's Hero"もイントロ部分をカットした編集の「US シングル・ヴァージョン」が収録されています。又、"Keep On Dancing"はノビー・クラークがヴォーカルをとるオリジナル・シングル・ヴァージョン(UK 9位)が収録されているものの、"Remember (Sha-La-La)"は逆にレスリー・マッコーエンのヴォーカルで再録音されたヒットしたヴァージョン(UK 6位)が収録されているといったようにシングルでのヴァージョンを基準に収録されているようです。

▼ ジャケットと同じデザインの紙製スリップケース(外箱)付き。

Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers  Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers  Give A Little Love - Best Of The Bay City Rollers / Bay City Rollers

それにしても、改めてチャート・ポジションを収録曲順に見てみると、特にイギリスでは数多くのヒット曲を輩出していることが分かりますね。前回の記事でも記しましたが、アイドル的側面で語られることが多いものの、やっぱり、曲そのものにも魅力があったからこそ、これだけのヒット曲が生まれたのだと思います。

1. Give A Little Love (UK 1位)
2. Shang-A-Lang (UK 2位)
3. Bye Bye Baby (UK 1位)
4. Summerlove Sensation (UK 3位)
5. All Of Me Loves All Of You (UK 4位)
6. Saturday Night (US 1位)
7. Keep On Dancing (UK 9位)
8. Money Honey (UK 3位 / US 9位)
9. Love Me Like I Love You (UK 4位)
10. I Only Want To Be With You (UK 4位 / US 12位)
11. It's A Game (UK 16位)
12. You Made Me Believe In Magic (UK 34位 / US 10位)
13. Remember (Sha-La-La) (UK 6位)
14. Rock n' Roll Love Letter (US 28位)
15. The Way I Feel Tonight (US 24位)
16. Yesterday's Hero (US 54位)

TRACK LIST
[Disc 1]
1. Give A Little Love / 2. Shang-A-Lang / 3. Bye Bye Baby / 4. Summerlove Sensation / 5. All Of Me Loves All Of You / 6. Saturday Night / 7. Keep On Dancing / 8. Money Honey / 9. Love Me Like I Love You / 10. I Only Want To Be With You / 11. It's A Game / 12. You Made Me Believe In Magic / 13. Remember (Sha-La-La) / 14. Rock n' Roll Love Letter / 15. The Way I Feel Tonight / 16. Yesterday's Hero / 17. She'll Be Crying Over You / 18. Manana

[Disc 2]
1. Don't Let The Music Die / 2. When Will You Be Mine? / 3. Too Young To Rock And Roll / 4. The Bump / 5. Be My Baby / 6. Please Stay / 7. Once Upon A Star / 8. Rock'n'Roll Honeymoon / 9. I Only Wanna Dance With You / 10. Here Comes That Feeling Again / 11. Let's Pretend / 12. Don't Worry Baby / 13. Rebel Rebel / 14. Love Fever / 15. Another Rainy Day In New York City / 16. Angel Baby / 17. Turn On the Radio / 18. The Disco Kid

NOTES
• Label: Demon Music Group Ltd
• Made in the EU (Import)
• 3方背の紙製スリップケース(外箱)付
• A release in jewel case with 8-pages folding out booklet and clear tray. Cardboard slipcase.

• Disc 1 / Track 1 "Give A Little Love" - US Single Version
• Disc 1 / Track 4 "Summerlove Sensation" - US Single Version
• Disc 1 / Track 7 "Keep On Dancing" - Original Single Version (Lead Vocal - Gordon "Nobby" Clark)
• Disc 1 / Track 13 "Remember (Sha-La-La)" - Leslie McKeown Version
• Disc 1 / Track 16 "Yesterday's Hero" - US Single Version
• Disc 1 / Track 18 "Manana" - Non-Album Single

▼ Bay City Rollers - Give a Little Love (Live in Japan 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=Fl3fZHsAHWY

▼ Bay City Rollers - Bye Bye Baby (TopPop)
https://www.youtube.com/watch?v=ZTBKqtciIdM

▼ Bay City Rollers - Rock 'N Roll Love Letter
https://www.youtube.com/watch?v=a5vKD71csuU

▼ Bay City Rollers - Don't Let the Music Die (Live in Japan 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=szu2ERdmQQo

▼ Bay City Rollers - The Way I Feel Tonight (Live in Japan 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=kqE_WhFKz-Y

▼ Bay City Rollers - Saturday Night / I Only Want To Be With You (Japan TV Show 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=vtz7GMh5PuA

▼ Bay City Rollers - You Made Me Believe in Magic (Japan TV Show 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=QVZjouaTS70

▼ Bay City Rollers - Summer Love Sensation
https://www.youtube.com/watch?v=I3FmwsAhD5s

▼ Bay City Rollers - Remember (Sha La La La)
https://www.youtube.com/watch?v=PrpXh3je6vs

(記:2018年8月)


    GIRL (YOU ARE MY SONG) 「ガール」 / F.R. DAVID (1986)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David

こちらは"F.R. David"のシングル「Girl (You Are My Song) / ガール」のシングル・レコード盤で、発売当時はヤマハのスクーターのイメージソングとしてCMでも使用されていた曲です。

以前に取り上げた同じ"F.R. David"の曲である「Words / ワーズ」の記事でも同じようなことを書きましたが、この曲もまた、爽やかで軽快なサウンドは夏というこの季節にピッタリといった感じ。というか、"F.R. David"の曲って全般的に清涼感溢れるイメージの曲が多いんですけどね。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David

当時はインターネットなんてものは無い時代でしたので、テレビのCMで使用されていたのであれば、日本ではそこそこ知っている人がいてもおかしくないようにも思うのですが、随分前のことなので、意外と覚えている人は少ないような気もします。

▼ 手持ちの"F.R. David"のシングル・レコード盤3枚。

Japanese 7 Inch Vinyl Singles / F.R. David

 

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Girl (You Are My Song) 「ガール」 / F.R. David ▼ YAMAHA スクーター mint LAロケ 1986
https://www.youtube.com/watch?v=mS52IeG6Kqk

▼ YAMAHA MINT(原付) CM 1986年
https://www.youtube.com/watch?v=CykjVsh2_Is

▼ F.R. David - Girl (Lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=fSBIVuTdRqE

それにしてもこの頃はスクーターのCMって多かったんですね。

▼ '77-96 スクーターCM集vol.4
https://www.youtube.com/watch?v=gb5U4a_Pw4Y

TRACK LIST
Side A: Girl (You Are My Song) / ガール
Side B: Long Distance Flight / ロング・ディスタンス・フライト

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞・対訳付(A面B面両曲の歌詞・対訳付)
• YAMAHA mint イメージソング
• Released in Japan

(記:2017年8月)


    SONGS FROM THE BIG CHAIR 「シャウト [+7]」 / TEARS FOR FEARS (1985)

CDの帯:シャウト [+7] / ティアーズ・フォー・フィアーズ

Album Cover (front): Songs From The Big Chair / Tears For Fears
ティアーズ・フォー・フィアーズのセカンド・アルバムであり、大ヒット作でもある「Songs From the Big Chair / シャウト」に、シングルのB面にのみ収録されていたアルバム未収録曲やリミックスを含む7曲のボーナス・トラックを加えて再発されたのがこの「シャウト [+7]」で、オリジナル・アルバムでは収録曲が8曲だったことから、全体ではおよそ2倍のボリュームになっています。

元々は、ずっと以前に「Everybody Wants To Rule The World / ルール・ザ・ワールド」のシングル・レコードを買っていたこともあって、そういった経緯から購入したCDだったのですが、自分自身は、その"Everybody Wants To Rule The World"のイメージから比較的ポップなものを予想していたら、思ったより重くどんよりとした空気感に包まれたアーティスティックなアルバムだったので驚いたようなところもありました。しかも、本編の後半(レコードで言うところのB面)なんて、ほとんど曲間がなく、コンセプト・アルバムであるかのような構成になってますしね。

ちなみに、ボーナス・トラックとして収録されている曲は、更に前衛芸術的で、アーティスティックなモノクロ映画でも観ているかのような雰囲気。いやほんと、"Everybody Wants To Rule The World"のイメージで聴いたら面食らうような曲ばかりです。でも、こういうのも案外好きなんですよね。

しかしながら、冒頭でも記したように、以外や以外、これが大ヒット作となったのだから驚き。ちなみに、本国のイギリスのアルバム・チャートでは2位を記録しており、ウィキペディアには「29週連続でトップ10以内にランク・インするほどのロング・セラーとなったアルバム」と記されています。一方、アメリカでは"Shout"と"Everybody Wants to Rule the World"の2曲のNo. 1ヒットに加え、3位に入るヒットとなった"Head Over Heels"といったように、トップ3に入る3曲のヒット曲が生まれ、アルバム自体もチャートで1位を記録しています。

本国のイギリスは元より、アメリカでも大ヒットしたアルバムとなっていることに意外な感じもするのですが、調べてみたら、アメリカでは1995年までに500万枚を売り上げていて、更にビックリ。

それにしても、今にして思えば、30数年前とはいえ、こういったアルバムがきちんと評価され、売れていた時代があったことが信じられないくらい世の中が急速に変わってしまいましたね・・・。

Album Cover (back): Songs From The Big Chair / Tears For Fears  CD Case (back cover): Songs From The Big Chair / Tears For Fears  CD: Songs From The Big Chair / Tears For Fears

▼ Tears For Fears - Shout
https://www.youtube.com/watch?v=Ye7FKc1JQe4

▼ Tears For Fears - Everybody Wants to Rule the World (Live 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=b41NFk3kBsA

▼ Tears For Fears - Live at Rock in Rio 2017
https://www.youtube.com/watch?v=JaqqZbpdx28

TEARS FOR FEARS (Listed in Booklet)
• Curt Smith (カート・スミス) - Bass Guitar, Vocals
• Roland Orzabal (ローランド・オーザバル) - Guitar, Keyboards, Vocals
• Ian Stanley (イアン・スタンリー) - Keyboards
• Manny Elias (マニー・エリアス) - Drums

TRACK LIST
1. Shout / 2. The Working Hour / 3. Everybody Wants To Rule The World / 4. Mothers Talk / 5. I Believe / 6. Broken / 7. Head Over Heels/Broken (Live) / 8. Listen
[Bonus Tracks]
9. The Big Chair / 10. Empire Building / 11. The Marauders / 12. Broken Revisited / 13. The Conflict / 14. Mothers Talk (U.S. Remix) / 15. Shout (U.S. Remix)

1. シャウト / 2. ザ・ワーキング・アワー / 3. ルール・ザ・ワールド / 4. マザーズ・トーク / 5. アイ・ビリーヴ / 6. ブロークン / 7. ヘッド・オーヴァー・ヒールズ/ブロークン(ライヴ・ヴァージョン) / 8. リスン
[ボーナス・トラック]
9. ザ・ビッグ・チェアー / 10. エンパイア・ビルディング / 11. マローダーズ / 12. ブロークン・リヴィジテッド / 13. コンフリクト / 14. マザーズ・トーク(U.S.リミックス) / 15. シャウト(U.S.リミックス)

NOTES
• CD発売日:2011/11/9(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: UK 2位 - 3x Platinum / US 1位 - 5x Platinum (1995-RIAA)
• Singles:
1. "Mothers Talk": UK 14位
2. "Shout": UK 4位 / US 1位 - Gold (1989-RIAA)
3. "Everybody Wants to Rule the World": UK 2位 / US 1位
4. "Head over Heels": UK 12位 / US 3位
5. "I Believe (A Soulful Re-Recording)": UK 23位
6. "Mothers Talk (US Remix)": US 27位

(記:2018年8月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 36 Navigation Part 37   Navigation   
Jihiro's Gait / Since 2003