Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

   Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 35
01. WORLD CITIZEN - I WON'T BE DISAPPOINTED / RYUICHI SAKAMOTO + DAVID SILVIAN (2003)
02. VAGABOND HEART / ROD STEWART (1991)
03. ELO - 祝・新作発売!! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究 (2015)
04. DOUBLE PLATINUM 「ダブル・プラチナム」 / KISS (1978)
05. RADIO GA GA [12-INCH VINYL SINGLE] / QUEEN (1984)
06. A KIND OF MAGIC [12-INCH VINYL SINGLE] / QUEEN (1986)
07. KAMA-SUTRA 「カーマ・スートラ」 / MICHEL POLNAREFF (1990)
08. COMPLETE BEST 「コンプリート・ベスト」 / CELINE DION (2008)
09. VAULT: DEF LEPPARD GREATEST HITS 1980-1995 / DEF LEPPARD (1995)
10. CRAZY NIGHTS 「クレイジー・ナイト」 / KISS (1987)
    WORLD CITIZEN - I WON'T BE DISAPPOINTED / RYUICHI SAKAMOTO + DAVID SILVIAN (2003)

Album Cover (front): WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian   Album Cover (back): WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian   Album Cover: WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian

この"WORLD CITIZEN - i won't be disappointed"は、坂本龍一と元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンのコラボ作品で、"YMO"として坂本龍一と共に活動していた細野晴臣と高橋幸宏の二人も参加しています。

これを購入した人達の多くが、恐らくは、坂本龍一のファンか、ジャパン、もしくはデヴィッド・シルヴィアンのファンのどちらかだと思うのですが、自分は後者の方で、デヴィッド・シルヴィアンのライヴでこの"WORLD CITIZEN"が演奏されていたことから興味を持ったのでした。

5曲が収録されたこのマキシ・シングルには、"WORLD CITIZEN - i won't be disappointed"と"WORLD CITIZEN"の二つのタイトルの曲がいくつかのヴァージョンで収録されているのですが、この二つの曲は同じようなタイトルの曲ながらも、実は全く別の曲です。

全編を通してノイズがちりばめられた"WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (short version)"と"WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (long version)"、それに、これまたノイジーなミックスが施された"WORLD CITIZEN (remix)"の3曲は、どうもそのノイズが性に合わないので、これらは飛ばして"WORLD CITIZEN"の方のショート・ヴァージョンとロング・ヴァージョンの2曲だけを聴くことの方が多いというか、ノイジーな3曲は最初に数回聴いただけでその後はほとんど聴いていないのですが、まぁ、この辺りは趣味の問題でもあるし、元々はショート・ヴァージョンとロング・ヴァージョンが収録されている"WORLD CITIZEN"目的で購入したこともあり、これといって特に不満というわけでもないですね。

坂本龍一とデヴィッド・シルヴィアンといえば、同じくマキシ・シングルとしてリリースされた2001年の"ZeroLandmine"に続くコラボということになるのですが、前回とは違い、今回はデヴィッド・シルヴィアンが全てのヴォーカルをとっていることもあり、ジャパン、もしくはデヴィッド・シルヴィアンのファンにとっては見逃せないのではないかと。

Album Cover: WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian   Album Cover (inside): WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian   Promo Sticker: WORLD CITIZEN - i won't be disappointed / ryuichi sakamoto + david silvian

メッセージ色が強い曲ではあるものの、日本語の対訳は付いていません(英文の歌詞は付属の二つ折りの歌詞カードに掲載されています)。

▼ こちらは"WORLD CITIZEN"の冒頭の歌詞の一部

There goes one baby's life
It's such a small amount
She's un-American
I guess it doesn't count

ひとりの赤ちゃんが亡くなった
些細なことだね
だって彼女はアメリカ人じゃないから
たぶん死者としてカウントすらされないだろう

▼ David Sylvian [with Steve Jansen] - World Citizen / Jean the Birdman (Live in Japan 2004)
https://www.youtube.com/watch?v=1oWrsr7yvpQ

▼ Ryuichi Sakamoto - World Citizen (I Won't Be Dissapointed) (Live at Zepp Tokyo 2005)
https://www.youtube.com/watch?v=G8yEe55gq2c

TRACK LIST
1. WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (short version) / 2. WORLD CITIZEN (short version) / 3. WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (long version) / 4. WORLD CITIZEN (long version) / 5. WORLD CITIZEN (remix)

NOTES
• マキシ・シングル(デジパック仕様)
• 歌詞付(対訳無し)

(記:2018年3月)


    VAGABOND HEART / ROD STEWART (1991)

Album Cover (front): Vagabond Heart / Rod Stewart
1990年代にリリースされたロッド・スチュワートのスタジオ・アルバムは3枚だけと比較適少なかったのですが、その'90年代にリリースされた3枚の中で最も売れたアルバムがこの"Vagabond Heart"。

アルバムはUK 2位 (Platinum)、US 10位 (Platinum) を記録。なお、アルバムには4曲のヒット・シングル("It Takes Two (duet with Tina Turner)" - UK 5位、"Rhythm of My Heart" - UK 3位 / US 5位、"The Motown Song" - UK 10位 / US 10位、"Broken Arrow" - UK 54位 / US 20位)が含まれていますが、シングルとしてはリリースされなかった"Have I Told You Lately"も、その後の1993年にリリースされたライヴ・アルバム"Unplugged...and Seated"からシングル・カットされ、UK 5位 / US 5位 (Gold) のヒットを記録しています。

自分の場合、初めて聴いたロッド・スチュワートのアルバムは友人に借りて聴いた1978年リリースの「Blondes Have More Fun / スーパースターはブロンドがお好き」(LPレコード)で、当時はこのアルバムからのシングル「Da Ya Think I'm Sexy? / アイム・セクシー」が日本でもヒットしていました。

そして、ベスト・アルバムを除いたオリジナルのスタジオ・アルバムとしてはこの"Vagabond Heart"が自分自身が初めて買ったロッド・スチュワートのCDだったんですよね。

数あるスタジオ・アルバムの中からこのアルバムを選んだ理由としては、先に購入したベスト・アルバムの"The Best Of Rod Stewart"が気に入ったこともあって、その2年後にリリースされたこのスタジオ・アルバムの"Vagabond Heart"にも興味を持ったことが第一にあったのですが、ただ、実際はそう思ってからずいぶんと時が経ったことから、既に日本盤は廃盤になっていた為、結局は、ここで取り上げている輸入盤の方を購入したのでした。

なお、自分が購入した1991年リリースのこのアメリカ盤には収録されていませんが、日本盤及び、ヨーロッパ盤には"The Best Of Rod Stewart"に新曲として収録され、シングルとしてもヒットした"Downtown Train"(UK 10位 / US 3位)が収録されているようです。

全体的な印象としては、思ったより弾けたイメージがあるのですが、ブックレットには前年に亡くなった父親に捧げるといったコメントと共に、その父親の写真も掲載されていることから、もしかしたら悲しみを乗り越えようとするそんなロッドの想いが反映されているからなのかもしれません。ただ、バラード・タイプの曲も比較的多く収録されているので、アルバムとしては緩急織り交ざったバラエティー豊かな作品といった感じがします。

アルバム内で個人的に好きな曲はと言えば、"Rhythm Of My Heart"、"Rebel Heart"、"When A Man's In Love"、"You Are Everything"、"Have I Told You Lately"といった曲で、当時は"The Best Of Rod Stewart"にこれらの曲を組み込んで良く聴いていました。

CD Case (back): Vagabond Heart / Rod Stewart   CD Case (inside): Vagabond Heart / Rod Stewart

▼ Rod Stewart - Rhythm of My Heart
https://www.youtube.com/watch?v=ly7utVyl9CM

▼ Rod Stewart - Have I Told You Lately
https://www.youtube.com/watch?v=AQ4NAZPi2js

▼ Rod Stewart - You Are Everything
https://www.youtube.com/watch?v=u12W32WjECI

TRACK LIST
1. Rhythm Of My Heart / 2. Rebel Heart / 3. Broken Arrow / 4. It Takes Two (duet with Tina Turner) / 5. When A Man's In Love / 6. You Are Everything / 7. The Motown Song / 8. Go Out Dancing / 9. No Holding Back / 10. Have I Told You Lately / 11. Moment Of Glory / 12. If Only

NOTES
• Label: Warner Bros. Records
• Made in U.S.A. (Import)
• Released: 1991

• Album: UK 2位 (Platinum) / US 10位 (Platinum / 1991-RIAA)
• Singles:
Takes Two (duet with Tina Turner) - UK 5位
Rhythm of My Heart - UK 3位 / US 5位
The Motown Song - UK 10位 / US 10位
Broken Arrow - UK 54位 / US 20位

(記:2018年3月)


    ELO - 祝・新作発売!! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究 (2015)

SHINKO MUSIC MOOK - CROSSBEAT Special Edition ELO / 祝・新作発売! ! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究(単行本)   SHINKO MUSIC MOOK - CROSSBEAT Special Edition ELO / 祝・新作発売! ! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究(単行本)   SHINKO MUSIC MOOK - CROSSBEAT Special Edition ELO / 祝・新作発売! ! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究(単行本)

いやいや、それにしても丸々一冊"ELO"の本なんてものがこの時代に出るとは思ってもみませんでしたね。しかも、ニューアルバムの"Alone In The Universe"をリリースした後のジェフ・リンの最新インタビューは元より、復刻掲載された'70年代のインタビュー記事も満載で、ファンとしては嬉しい限り。

なんたって、最初から最後までどのページを開いても"ELO"に関することしか載っていないんですからファンにとっては正に夢のような本。それに、丸々一冊"ELO"を特集した本なんて今後出版されるかどうか分かりませんし。

個人的には、やはり、ジェフや他のメンバーのインタビュー記事が興味を惹かれましたね。例えば、1977年のインタビュー記事では、リリースされたばかりの2枚組みアルバム「Our of the Blue / アウト・オブ・ザ・ブルー」の収録曲(全曲)についてべヴ・ベヴァンが語るレコーディング時の話を交えた解説は興味深いものでした。

それでも、アルバム「Discovery / ディスカバリー」を発表したばかりの2年後(1979年)のべヴ・ベヴァンへのインタビュー記事では、「二度と2枚組みアルバムは作りたくないね。この前のアウト・オブ・ザ・ブルーでこりごりさ」、「今回はシングル・アルバムだったので楽だった」などと語っていることから、2枚組みアルバム"Our of the Blue"の制作には我々が考えている以上に相当な労力を費やしたんだなぁと思ってみたり・・・。とは言え、ジェフ・リン自身は2015年の新作試聴会での質疑応答で、「キャリアで最高の瞬間は?」との問いに「"Our of the Blue"かな」と答えていたりするのが面白いところ。

その他にも、2001年のインタビュー記事で、復活アルバム「Zoom / ズーム」の収録曲(全曲)についてのジェフ・リンのコメントが読めたのも自分自身は結構嬉しかったり。

 

CONTENTS

フォトギャラリー

ELOヒストリー:1970-2015
• ELO以前のジェフ・リンとその周辺

アルバム・レヴュー
• アイドル・レース / ザ・ムーヴ / ELO
• 主なアルバム未収録音源
• 映像作品

ジェフ・リンのソロ作 / 参加作品
• アルバム・レヴュー
• ジェフ・リンとビートルズ
• ディスク選:ジェフのプロデュース作品

発掘&最新インタビュー
• 1977年:べヴ・ベヴァン
• 1978年:ジェフ・リン
• 1978年:来日中のメンバー5人と対面
• 1979年:べヴ・ベヴァン
• 2001年:ジェフ・リン
• 2015年:ジェフ・リン
• 新作『Alone In The Universe』試聴会での質疑応答

コラム:ELO解析
• 映画 / ロックンロール / ソウル/パワー・ポップ / プログレ

メンバーの歩み
• ザ・ムーヴ〜ELOを生んだバーミンガムのシーン
• ロイ・ウッド:バイオ&アルバム・レヴュー
• ベヴ・ベヴァン
• その他のメンバー経歴
• コラム:アーティストが語るELO(ブルウ /パグウォッシュ)

 

NOTES
SHINKO MUSIC MOOK - CROSSBEAT Special Edition ELO / 祝・新作発売! ! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究
• 単行本(160ページ)
• 出版社:シンコーミュージック
• 発売日:2015年12月7日
• 寸法:21 x 14.8 x 2.5cm
• 価格:¥1,500+税(税込み¥1,620)

 

■ 以下は、インタビュー記事(2015年)内で感動的だったとジェフ・リンが話す2014に行われたハイド・パークでのライヴ映像。

▼ Jeff Lynne's ELO - Turn To Stone (Live at Hyde Park 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=4T5aVomEBUU

▼ Jeff Lynne's ELO - Sweet Talkin' Woman (Live at Hyde Park 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=WHzkE1kYhZc

▼ Jeff Lynne's ELO - Mr. Blue Sky (Live at Hyde Park 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=qb3I24planQ

(記:2014年4月)


    DOUBLE PLATINUM 「ダブル・プラチナム」 / KISS (1978)

CDの帯:ダブル・プラチナム / キッス

Album Cover (front): Double Platinum / KISS   Album Cover (back): Double Platinum / KISS   プラチナム・アワードのミニチュア・レプリカ:Double Platinum / KISS

"KISS Alive II"がリリースされた翌年に、キッス初のベスト・アルバムとしてリリースされたのがこの「Double Platinum / ダブル・プラチナム」。プラチナム (Platinum Award) とは100万枚のセールスに達したアルバムに贈られる賞のことで、このベスト・アルバムが2枚組みレコードとしてリリースされることからダブル・プラチナム (200万枚のセールス) と名付けられたと思われます。

収録されている曲は1974年にリリースされたファースト・アルバムの「KISS / 地獄からの使者 〜 キッス・ファースト」から1977年リリースの6作目のスタジオ・アルバム「Love Gun / ラヴ・ガン」までのアルバムの中から選曲されており、1曲目の"Strutter '78"のみ、タイトルからも分かるように、このアルバムのリリースに併せて再録音された"Strutter"のニュー・ヴァージョンになっています。

又、その他にも多くの曲がリミックスされており、このアルバムでしか聴けないヴァージョンもあることから、ベスト・アルバムとは言え、ファンにとっては無視できないアルバムになるのではないかと思います。

今でこそ再録音とかリミックスなんて全然珍しくもないのですが、リリースされた当時は、過去の曲を再録音するとか、新たにミックスし直すことなんて全然一般的ではなくて、こういったこともアリなのかと驚くと同時に、慣れ親しんだ曲の数々がどのように変わったのだろうとワクワクしたことを覚えています。そういえば、2枚組みのベスト・アルバムというのも当時は珍しかったですね。

ちなみに、"Strutter"の再レコーディング・ヴァージョンとなる"Strutter '78"はアルバムのリリースと同時にシングルとしてもリリースされています。オリジナル・ヴァージョンに比べると幾分重くゆったりとしたテンポの曲になってはいるものの、オリジナルのイメージを損なわないアレンジで、個人的には結構好きというか、オリジナル・ヴァージョンよりもこの"Strutter '78"の方が好きなんですよね。まぁ、恐らくは少数派なんでしょうけど(笑)。エンディング部分に加えられたポールのヴォーカル・パートも中々カッコよくて、当時は随分と貫禄が出たなぁと、この間のバンドの成長といったものも感じていました。

▼ KISS - Strutter '78
https://www.youtube.com/watch?v=hA84x42KIqY

▼ KISS - Double Platinum TV Commercial 1978
https://www.youtube.com/watch?v=i71WoHdbUlw

アルバムにはそれぞれの曲についてリミックス等の表記がされていないので、リミックスされているのかどうか分からないような曲もあるのですが、明らかに違いが分かる曲を挙げると。

• Hard Luck Woman
前半はベースとドラムがカットされており、ヴォーカル・パートの途中からベースとドラムが入ってくる構成になっている。又、フェードアウトしていくエンディング部分のギターにエコーがかけられている。

• Calling Dr. Love
イントロから直ぐにオリジナルとの違いが分かるのですが、曲の後半もジーンのヴォーカル・パートがカットされ、バッキング・コーラスだけになっている部分があったりします。

• Let Me Go Rock 'N' Roll
ドラムの音が重くなっている。

• Firehouse
ヴォーカル・パートがテープの回転スピードを上げたような感じになっている。

• Deuce
オリジナルと聴き比べないと分からないレベルなんですが、一部で楽器の音の定位が変更されています。

• 100,000 Years
イントロにエコーが加えられている他、オリジナルだと左右のチャンネルに分離されていたギターソロの前半部分が中央でミックスされた感じになっている等、一部で楽器の音の定位が変更されている。

• Detroit Rock City
オリジナルのイントロ部分にある車に乗り込んで発進する部分の効果音が全て省かれており、いきなり曲が始まる構成になっている他、エンディングの車がクラッシュして爆発する効果音もカットされている。又、ポールのヴォーカルパートにエコーがかけられており、ギターソロのパートにも"You gotta lose your mind in Detroit, Rock City"のバッキング・ヴォーカルが加えれていたり、オリジナルではギターソロのパート以降は"Get up!"だけだったバッキング・ヴォーカルに"Get down!"も加えられていたりと結構手が加えられている。

• She
曲の始めに"Rock Bottom"イントロが加えられている。又、エンディングの部分では曲の冒頭部分が加えられており、それがそのままフェードアウトして終わる結構になっている。

• Black Diamond
アコースティック・ギターで始まるイントロが長くなっており、ピーターのヴォーカルも二重になっている。又、エンディングのパートがごっそりカットされ、再びイントロの部分が始まりフェードアウトして終わる結構になっているなどオリジナルとの違いも顕著。

といったところ。

個人的には"Hard Luck Woman"のリミックスは割と好きなんですが、"Firehouse"、"Detroit Rock City"、"Black Diamond"等のリミックスはあまり好きではないですね。

当時買ったLPレコードは、"KISS"のロゴが立体的にエンボス加工され、鏡のように反射する光沢のあるシルバーメタリックのコーティングが施された特殊なジャケットで、見開きの内側にはメンバー4人の顔がこれまた立体的にエンボス加工され、角度によっては素顔が見えるという仕様になっていましたが、自分が買ったこの再発盤のCDは光沢の無いカラーで印刷されたそっけない平面のジャケットになっています。

なお、LPレコードには、プラチナム・アワードで贈られるシルヴァー・メタリックのレコードを模したミニチュアがおまけとして付いていました(LPレコードの方は処分してしまったので手元には無いのですが、プラチナム・アワードのミニチュアだけは残っていたので、記事上部右側に写真を掲載しています)。

CD Case (inside): Double Platinum / KISS TRACK LIST
1. Strutter '78 / 2. Do You Love Me / 3. Hard Luck Woman / 4. Calling Dr. Love / 5. Let Me Go Rock 'N' Roll / 6. Love Gun / 7. God Of Thunder / 8. Firehouse / 9. Hotter Than Hell / 10. I Want You / 11. Deuce / 12. 100,000 Years / 13. Detroit Rock City / 14. She / 15. Rock And Roll All Nite / 16. Beth / 17. Makin' Love / 18. C'mon And Love Me / 19. Cold Gin / 20. Black Diamond

1. ストラッター '78 / 2. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー / 3. ハード・ラック・ウーマン / 4. 悪魔のドクター・ラヴ / 5. レット・ミー・ゴー、ロックン・ロール / 6. ラヴ・ガン / 7. 雷神 / 8. ファイヤーハウス / 9. ホッター・ザン・ヘル / 10. いかすぜあの娘 / 11. ジュース / 12. 10万年の彼方 / 13. デトロイト・ロック・シティ / 14. 彼女 / 15. ロックン・ロール・オール・ナイト / 16. ベス / 17. 果てしなきロック・ファイヤー / 18. 激しい愛を / 19. コールド・ジン / 20. ブラック・ダイヤモンド

NOTES
• CD発売年:1989年(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 22位 (Platinum / 1978-RIAA)
• Single: Strutter 78 - US 89位

(記:2018年4月)


    RADIO GA GA [12-INCH VINYL SINGLE] / QUEEN (1984)

レコードの帯 (12-inch Single):Radio Ga Ga / クイーン

Japanese 12-inch Vinyl Single: Radio Ga Ga / Queen
こちらは、リリースされた当時に購入した"Radio Ga Ga"の12インチ・シングル盤で、その"Radio Ga Ga"は、"The Works"に収録されているアルバム・ヴァージョンよりも1分近く長いエクステンデッド・ヴァージョンが収録されています。

又、B面(レコードでは"Side 2"表記)には、"Radio Ga Ga"のインストゥルメンタル・ヴァージョンと、アルバム未収録曲の"I Go Crazy"(ブライアン作でヴォーカルはフレディ)が収録されており、レコードに収録されている3曲の何れもがオリジナル・アルバムの"The Works"には未収録のヴァージョン及び曲となっています。

ただし、2011年にリリースされた2枚組みの"The Works (40th Anniversary Limited Edition)"には"I Go Crazy"が収録されています。それでも、その"40th Anniversary Limited Edition"にも、この"Radio Ga Ga"のエクステンデッド・ヴァージョンとインストゥルメンタル・ヴァージョンは収録されていないのが残念なところ。というか、なんで収録されなかったんでしょうね。

この"Radio Ga Ga"のコンポーザーはドラマーのロジャー・テイラーで、ロジャー・テイラーにとっては初のシングルA面曲でもあったわけですが、本国のイギリス(2位)と、アメリカ(16位)をはじめ、フランス(1位)、オーストリア(2位)、オランダ(2位)、ドイツ(2位)、オーストラリア(2位)、スイス(3位)、ニュージーランド(4位)と、ヨーロッパの国々を中心に各国でヒットを記録し、その後のライヴに於いては定番曲となるなど、ロジャー・テイラーを代表する1曲となっています。

エレクトリック色が強いこともあって、クイーンの曲としてはやや異色な感じではあるのですが、個人的にはエレクトリックでありながらも、ピアノの音が効果的に入っているのが好きなところ。曲のエンディング近くでようやく登場するブライアンのスライド・ギターも曲の雰囲気に合ってて良い感じ。

補足しておくと、この"Radio Ga Ga"は、レディー・ガガ (Lady Gaga) の芸名の元となった曲としても知られるところですね。

レコード盤のラベル (Side 1):Radio Ga Ga / Queen   レコード盤のラベル (Side 2):Radio Ga Ga / Queen

TRACK LIST
Side 1:
Radio Ga Ga (Extended Version) / Radio Ga Ga [ラジオ] (エクステンデッド・ヴァージョン)

Side 2:
1. Radio Ga Ga (Instrumental) / Radio Ga Ga [ラジオ] (インストゥルメンタル)
2. I Go Crazy / アイ・ゴー・クレイジー

レコード盤のラベル (12-inch Single):Radio Ga Ga / Queen NOTES
• Format: 12-inch Vinyl Single Record (45 RPM)
• Label: EMI
• Released in Japan
• 歌詞・対訳付(A/B面共)
• 発売年:1984年

• Radio Ga Ga - UK 2位 / US 16位

▼ Queen - Radio Ga Ga (12" Extended Version)
https://www.youtube.com/watch?v=dTgMjh6dJuU

(記:2018年4月)


    A KIND OF MAGIC [12-INCH VINYL SINGLE] / QUEEN (1986)

レコードの帯 (12-inch Single):カインド・オブ・マジック / クイーン

Japanese 12-inch Vinyl Single: A Kind of Magic / Queen
こちらは"A Kind of Magic"の12インチ・シングル盤で、6分を超えるこのエクステンデッド・ヴァージョンは先に記事にした"Radio Ga Ga"エクステンデッド・ヴァージョンと同様にクイーンのオリジナル・アルバムには収録されていません。

又、B面に収録されている"A Dozen Red Roses For My Darling"は、アルバム"A Kind of Magic"に収録されている"Don't Lose Your Head"をベースにリミックスしたと思われるインストゥルメンタル曲ですが、こちらもクイーンのオリジナル・アルバムには未収録の曲となっています。

前作"The Works"に収録のヒット・シングル"Radio Ga Ga"もロジャー・テイラーが書いた曲でしたが、この"A Kind of Magic"の12インチ・シングルはA面B面共にロジャー・テイラーが書いた曲というのが面白いところ。なお、その"A Kind of Magic"もヨーロッパ諸国では本国のイギリス(3位)をはじめ、スイス(4位)、フランス(5位)、オランダ(5位)、ドイツ(6位)などトップ10に入るヒットを記録しており、この頃のクイーンはコンポーザーとしてロジャーの台頭が著しい時期でもありました。

レコード盤のラベル (Side A):A Kind of Magic / Queen   レコード盤のラベル (Side B):A Kind of Magic / Queen

TRACK LIST
Side A:
A Kind of Magic (Extended Version) / カインド・オブ・マジック(エクステンデッド・ヴァージョン)

Side B:
A Dozen Red Roses For My Darling / 赤い薔薇を君に(エクステンデッド・ヴァージョン)

レコード盤のラベル (12-inch Single):A Kind of Magic / Queen NOTES
• Format: 12-inch Vinyl Single Record
• Label: EMI
• Released in Japan
• 解説・歌詞付
• 発売年:1986年

• A Kind of Magic (Single) - UK 3位 / US 42位

▼ Queen - A Kind of Magic (12" Extended Version)
https://www.youtube.com/watch?v=Pegbez3v_Gc

(記:2018年4月)


    KAMA-SUTRA 「カーマ・スートラ」 / MICHEL POLNAREFF (1990)

CDの帯(初回プレス盤):カーマ・スートラ / ミッシェル・ポルナレフ

Album Cover (front): Kama-Sutra / Michel Polnareff  Album Cover (back): Kama-Sutra / Michel Polnareff  CD Csae (back cover): Kama-Sutra / Michel Polnareff

この「Kama-Sutra / カーマ・スートラ」は、現在でもライヴ活動を中心に、ライヴ・アルバムやシングルを時折発表しているフランス人シンガー・ソングライター、ミッシェル・ポルナレフが1990年に発表したアルバム。

とは言え、スタジオ・アルバムはこの"Kama-Sutra"以降発表されていないことから、今から30年近くも前にリリースされたこのアルバムが今でもミッシェル・ポルナレフにとって最新のスタジオ・アルバムということになります。

ちなみに、日本盤の帯にはミッシェル・ポルナレフと表記されてはいるものの、ジャケットにはシンプルに"Polnareff"とだけ記されています。

日本では、LPレコードではなく、CDとしてリリースされた最初のアルバムがこの"Kama-Sutra"だったと思うのですが、自分の場合は、LPレコードで買った1981年リリースの「Bulles / シャボンの中の青い恋」が最後に買ったミッシェル・ポルナレフのアルバムで、1985年にリリースされた次作の「Incognito / アンコグニート」は日本未発売だったことから、当時はそのアルバムの存在すら知らず、その後は活動しているのかどうかさえ分からないままでした。

そんなこともあり、リリースされたばかりのこの"Kama-Sutra"をCDショップにてたまたま見つけたときは予期せぬ出会いに胸躍ったことを覚えています。何せ、この当時はベスト・アルバムさえCDとしてリリースされていなかったですからね(多分)。

ということで、何の予備知識も先入観も無いまま聴いたアルバムがこの"Kama-Sutra"だったのですが、かつて"Bulles"でも同様に感じたモダンなサウンド・アプローチに多少戸惑いのようなものはあったものの、過去の名曲に匹敵する"Goodbye Marylou"を聴けただけでそれはもう嬉しかったですね。しかもアルバムの最後に収録されている"Goodbye Marylou"のインストゥルメンタル・ヴァージョンがこれまた素晴らしくて、インストゥルメンタルで収録されているのも頷けるほど。

▼ Michel Polnareff - Goodbye Marylou
https://www.youtube.com/watch?v=sxGLcJgpcEg

▼ Michel Polnareff - Goodbye Marylou (Live at AccorHotels Arena, Paris, 2016)
https://www.youtube.com/watch?v=-jwSzGZ-JV4

▼ Michel Polnareff - Goodbye Marylou (Live 2007)
https://www.youtube.com/watch?v=fszspCPdSk4

CD Case (inside): Kama-Sutra / Michel Polnareff TRACK LIST
1. Les Boul' A Zero / 2. Besoin De Toi / 3. Toi Et Moi / 4. Kama-Sutra / 5. LNA HO / 6. Comme Un Tatouage (Et Je Matelot) / 7. Goodbye Marylou / 8. Amour Cachets / 9. Toi Sans Moi [Instrumental] / 10. Goodbye Marylou [Instrumental]

1. レ・ブラ・ゼロ / 2. きみが必要 / 3. トワ・エ・モワ / 4. カーマ・スートラ / 5. エルナ・ホ / 6. 刺青のように / 7. グッドバイ・マリルー / 8. カプセル入りの愛 / 9. トワ・サン・モワ / 10. グッドバイ・マリルー(インストゥルメンタル)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: France 1位
• Singles: Goodbye Marylou - France 16位 / Toi Et Moi - France 45位 / Kama-Sutra - France 47位

(記:2018年5月)


    COMPLETE BEST 「コンプリート・ベスト」 / CELINE DION (2008)

CDの帯:コンプリート・ベスト / セリーヌ・ディオン

Album Cover (front): Complete Best / Celine Dion  CD Case (back cover): Complete Best / Celine Dion  CD: Complete Best / Celine Dion

来月、東京ドームにて約10年振りとなる来日公演を行うカナダを代表する世界的シンガー、セリーヌ・ディオン。そして、今月末には来日を記念したベスト・アルバムが日本独自企画でリリースされるようです。

で、この「Complete Best / コンプリート・ベスト」は、前回、2008年の来日公演に併せて日本だけでリリースされたベスト・アルバム。

実を言うと、ミート・ローフのアルバムにも収録されていたジム・スタインマン作の「It's All Coming Back to Me Now / イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」が聴きたくてこのアルバムを購入したわけですが、このアルバム自体は期間生産限定盤だったらしく、自分の場合はたまたまタイミング良く買えたものの、現在は新品での購入は困難になっているようです。

日本で企画されたアルバムということで、日本でのみシングルとしてリリースされたヒット曲もいくつか収録されているのが特徴。そして、1曲目には前作のスタジオ・アルバム"Taking Chances"に収録されていた"A World Yo Believe In"を日本人シンガーの伊藤由奈さんとデュエットした曲「A World Yo Believe In (U.S.A. Mix) (with Yuna Ito) / あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜」が新曲として収録されています。

購入した当時は1曲目から日本語が飛び出してくることに何となく違和感が有り、この曲だけ毎回飛ばして聴いていたのですが、改めて聴いてみると、二人の声が切り替わる部分でも言語の違いと言う部分を抜きにしたらさほど違和感は無いんですよね、特に英語の部分だと流し聴きしていたら直ぐには気付かない感じ。

でも、やっぱり、こういった企画の曲はアルバムの最後に持ってきた方が印象が良かったかも。私自身は、このアルバムを購入するまで、伊藤由奈さんという人は全く知らなかったのですが、聴いた限りでは、歌も上手いし、実力派シンガーといった印象があるので、ちょっともったいないなぁとは思うところ。

とは言え、アルバムは元より、その「あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜 (with YUNA ITO)」も、日本ではシングルとしてもヒットしていることからセリーヌ・ディオン自身は全く気にしていないのかも(笑)。

▼ Celine Dion - My Heart Will Go On (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=7KBQLgeKRbg

▼ Celine Dion with Taro Hakase - To Love You More (Live in Memphis 1997)
https://www.youtube.com/watch?v=xHzIGtP1MDU

▼ Celine Dion - The Power of Love (Live in Boston)
https://www.youtube.com/watch?v=MwgmLlLxDfs

▼ Celine Dion & Yuna Ito - A World to Believe In (Tokyo 2008)
https://www.youtube.com/watch?v=SEL0Dwe8AGw

アルバム収録曲のシングル・チャートに於ける順位は以下の通り。

1. あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜 (with YUNA ITO) - 日本 8位
2. My Heart Will Go On (Love Theme from "Titanic") - カナダ 1位 / 米 1位 (Gold) / 英 1位 (2x Platinum) / 日本 34位 (2x Platinum)
3. To Love You More - カナダ 9位 / 日本 1位 (Million)
4. The Power Of Love - カナダ 1位 / 米 1位 (Platinum) / 英 4位 (Silver)
5. Beauty And The Beast (with Peabo Bryson) - カナダ 23位 / 米 3位 / 英 9位
6. Because You Loved Me - カナダ 2位 / 米 1位 (Platinum) / 英 5位 (Gold)
7. It's All Coming Back To Me Now - カナダ 1位 / 米 2位 (Platinum) / 英 3位 (Gold)
8. Be The Man (On This Night) - 日本 24位 (Platinum)
9. I'm Your Angel (with R. Kelly) - カナダ 11位 / 米 1位 (Platinum) / 英 3位 (Silver)
10. Where Does My Heart Beat Now - カナダ 22位 / 米 4位 / 英 72位
11. The Power Of The Dream - 日本 30位 (Gold)
12. When I Fall In Love (with Clive Griffin) - カナダ 21位 / 米 23位
13. That's The Way It Is - カナダ 5位 / 米 6位 / 英 12位
14. A New Day Has Come - カナダ 2位 / 米 22位 (Gold) / 英 7位
15. I'm Alive - カナダ 21位 / 英 17位
16. I Drove All Night - カナダ 1位 / 米 45位 / 英 27位
17. Taking Chances - カナダ 9位 (Gold) / 米 54位 / 英 40位

なお、アルバムには表記されていませんが、"To Love You More"、"The Power of Love"、"It's All Coming Back to Me Now"の3曲は短く編集された"Radio Edit"が収録されています。又、翌年の2009年に"Blu-spec CD"で再発された方には表記されていますが"A New Day Has Come"は"Radio Remix"の方が収録されています。

• To Love You More - Radio Edit (4:41) / Album Version (5:28)
• The Power of Love - Radio Edit (4:49) / Album Version (5:42)
• It's All Coming Back to Me Now - Radio Edit (5:32) / Album Version (7:37)
• A New Day Has Come - Radio Remix (4:21) / Album Version (5:43)

CD Case (inside): Complete Best / Celine Dion TRACK LIST
1. A World Yo Believe In (U.S.A. Mix) (with Yuna Ito) / 2. My Heart Will Go On (Love Theme from "Titanic") / 3. To Love You More / 4. The Power Of Love / 5. Beauty And The Beast (with Peabo Bryson) / 6. Because You Loved Me / 7. It's All Coming Back To Me Now / 8. Be The Man (On This Night) / 9. I'm Your Angel (with R. Kelly) / 10. Where Does My Heart Beat Now / 11. The Power Of The Dream / 12. When I Fall In Love (with Clive Griffin) / 13. That's The Way It Is / 14. A New Day Has Come / 15. I'm Alive / 16. I Drove All Night / 17. Taking Chances

1. あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜 (U.S.A. Mix) (with YUNA ITO) / 2. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(ラヴ・テーマ・フロム "タイタニック") / 3. トゥ・ラヴ・ユー・モア / 4. パワー・オブ・ラヴ / 5. ビューティー・アンド・ザ・ビースト(ウィズ・ピーボ・ブライソン) / 6. ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー / 7. イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ / 8. ビー・ザ・マン(オン・ディス・ナイト) / 9. アイム・ユア・エンジェル(ウィズ・R・ケリー) / 10. 哀しみのハートビート / 11. パワー・オブ・ザ・ドリーム / 12. めぐり逢えたら・愛のテーマ(ウィズ・クライヴ・グリフィン) / 13. ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ / 14. ア・ニュー・デイ・ハズ・カム / 15. アイム・アライヴ / 16. アイ・ドローヴ・オール・ナイト / 17. TAKING CHANCES

NOTES
• 日本特別企画盤(1ヶ月の期間生産限定盤) [First Pressing / Limited Edition / Released in Japan Only]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: JP 3位 (Gold)
• Single: あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜 (with YUNA ITO) - JP 8位

(記:2018年5月)


    VAULT: DEF LEPPARD GREATEST HITS 1980-1995 / DEF LEPPARD (1995)

CDの帯:デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ / デフ・レパード

Slip Case (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Slip Case (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

デフ・レパード初のベスト・アルバムとして1995年にリリースされたこの「Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ」は通常盤とは別に、2枚組の限定盤が発売されており、自分が購入したのはここで紹介する2枚組限定盤の方。

Album Cover (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard  Album Cover (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard  CD Case (back cover): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

2枚組限定盤には通常盤と同じグレイテスト・ヒッツ (Disc 1) に加え、1993年に行われたドン・バレー・スタジアムでのライヴ音源 (Disc 2) が収録されています。又、ブックレットの方も通常ブックレットに加え、64ページのフルカラー・ブックレットが別途付属しており、そちらの方にはアルバムのディスコグラフィーの他、国内外のシングル盤のジャケット写真と共にB面曲やカップリング曲のデータ等が掲載されています。

▼ 64p フルカラー・ブックレットの表と裏+メンバー5人のサイン入りメッセージ・カード

Japanese Booklet (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard  Japanese Booklet (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard  Message Card: Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

なお、通常盤、2枚組限定盤共に、未発表曲のパワーバラード「When Love & Hate Collide / ラヴ・アンド・ヘイト」が収録されており、この曲はアルバムのリリースと共にシングルとしてもリリースされ、本国のイギリスでは2位のヒットを記録しています。

ちなみに、この"When Love & Hate Collide"は、1992年にリリースされたアルバム「Adrenalize / アドレナライズ」の制作時にレコーディングされていた曲らしく、このベスト・アルバムに収録するに当たり、新たにミックス・ダウンを行って収録したそうです。

又、日本盤のみ、通常盤、2枚組限定盤共に、エクストラ・トラックとして、未発表曲の「Can't Keep Away From The Flame / ザ・フレイム」が収録されています。なお、その他の収録曲に関しては、日本盤、UK盤、US盤、それぞれに若干の違いがあるので、購入される際はご確認を。

CD Case (inside): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard  Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

自分自身は、初めて買ったデフ・レパードのアルバム(LPレコード)が1983年リリースのサード・アルバム「Pyromania / 炎のターゲット」だったこともあり、収録曲の中でも取り分け好きだった"Photograph"、"Rock Of Ages"、"Foolin'"の3曲が収録されているのみならず、その3曲全てが"Disc 2"のライヴの方にも収録されていることが嬉しくてこのベスト・アルバムを購入したことを覚えているのですが、実際にアルバムを聴いてみると、1987年リリースのの大ヒット・アルバム「Hysteria / ヒステリア」に収録されている"Pour Some Sugar On Me"と"Rocket"がアルバムとは違うヴァージョンで収録されていた(パッケージには何も表記されていません)ことも"Hysteria"を持っている身としては嬉しかったですね。勿論、その"Hysteria"に収録されている"Armageddon It"、"Rocket"、"Pour Some Sugar On Me"、"Love Bites"といったヒット曲のライヴ・ヴァージョンが聴けるというのも楽しみの一つだったことは言うまでもありません。

一応、それ以外の曲で補足しておくと、シングルのB面曲、並びに、未発表曲やアルバム未収録曲などレア・トラックが収録されたアルバム「Retro Active / レトロ・アクティヴ」に収録されていた"Two Steps Behind"は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「Last Action Hero / ラスト・アクション・ヒーロー」のサウンドトラックにも収録されており、シングルとしてもリリースされた曲です(米12位)。

又、同じく"Retro Active"に収録されている"Action"(スウィートのカヴァー曲)は、先にシングルのみでリリースされていた曲(英14位)。

▼ Def Leppard - When Love & Hate Collide
https://www.youtube.com/watch?v=YyfpmMhR6vs

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Two Steps Behind (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=l_46dWrmwbQ

▼ Def Leppard & Taylor Swift - When Love & Hate Collide (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=kj68r9pmNl0

CDの帯:デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ / デフ・レパード TRACK LIST (2CD Japanese Limited Edition)
[Disc 1]: Greatest Hits
1. Pour Some Sugar On Me / 2. Photograph / 3. Love Bites / 4. Let's Get Rocked / 5. Two Steps Behind / 6. Animal / 7. Action / 8. Rocket / 9. When Love & Hate Collide / 10. Rock! Rock! Till You Drop / 11. Armageddon It / 12. Foolin' / 13. Have You Ever Needed Someone So Bad / 14. Rock Of Ages / 15. Hysteria / 16. Bringin' On The Heartbreak / 17. Can't Keep Away From The Flame (Japanese Extra Track)

1. シュガー・オン・ミー / 2. フォトグラフ / 3. ラヴ・バイツ / 4. レッツ・ゲット・ロック / 5. トゥー・ステップス・ビハインド / 6. アニマル / 7. アクション / 8. ロケット / 9. ラヴ・アンド・ヘイト / 10. ロック! ロック! / 11. アーマゲドン / 12. フーリン / 13. ハヴ・ユー・エヴァー / 14. ロック・オブ・エイジズ / 15. ヒステリア / 16. ブリンギング・オン・ザ・ハートブレイク / 17. ザ・フレイム(日本盤エクストラ・トラック)

[Disc 2]: Limited Edition Live CD (Recorded at Don Valley, Sheffield)
1. Let's Get Rocked / 2. Armageddon It / 3. Foolin' / 4. Rocket / 5. Two Steps Behind / 6. Pour Some Sugar On Me / 7. Rock Of Ages / 8. Love Bites / 9. Photograph

1. レッツ・ゲット・ロック / 2. アーマゲドン / 3. フーリン / 4. ロケット / 5. トゥー・ステップス・ビハインド / 6. シュガー・オン・ミー / 7. ロック・オブ・エイジズ / 8. ラヴ・バイツ / 9. フォトグラフ

NOTES
• スリップケース入り2枚組初回限定盤 [2CD Limited Edition / Japanese First Pressing CD]
• 通常ブックレット+64P フルカラー・ブックレット
• メンバー5人のサイン入りメッセージ・カード付き(裏側に日本語訳付き)
• 解説・歌詞・対訳付

• 2CD Japanese Limited Edition: Includes outer card slipcase and extra booklet (Biography, Discograpy and Lyrics)
• Bonus Live CD: Recorded at Don Valley, Sheffield, 6 June 1993

• Pour Some Sugar on Me - Video Edit Version
• Two Steps Behind - Acoustic Version
• Rocket - Video Edit taken from "Visualize" 
• When Love & Hate Collide - Previously Unreleased
• Can't Keep Away From the Flame - Previously Unreleased

• Album: UK 3位 (Platinum) / US 15位 (4x Platinum / 2005-RIAA)
• Single: When Love & Hate Collide - UK 2位 / US 58位

(記:2018年5月)


    CRAZY NIGHTS 「クレイジー・ナイト」 / KISS (1987)

CDの帯(初回プレス盤):クレイジー・ナイト / キッス

Album Cover (front): Crazy Nights / KISS  Album Cover (back): Crazy Nights / KISS  CD Case (back cover): Crazy Nights / KISS

この「Crazy Nights / クレイジー・ナイト」は、キッス最大の特徴とも言えるメイクアップを封印し、素顔での活動を始めてから4作目となるアルバムで、ミリオンセラーを記録したアメリカのみならず、イギリスに於いても過去最高の4位を記録するヒット作となったアルバム。

とは言え、シンセサイザーを大胆に取り入れたポップでゴージャスなサウンド・アプローチは、これまでのキッス・サウンドとは多少かけ離れたものだったことから、ファンの間では賛否が別れるところだったようですが、自分自身はと言えば、これまでも賛否が別れるようなところがあった「Dynasty / 地獄からの脱出」、「Unmasked / 仮面の正体」、「Music from The Elder / 魔界大決戦」といったアルバムも、次はどんなサウンドが飛び出してくるのかとワクワクしながら楽しんでいたこともあり、この"Crazy Nights"も同様に、多少サウンドアプローチが変わろうとも興味を持って受け入れていたようなところがありました。

キッスのサウンドについては、ライヴ向きと言うか、ライヴでこそ魅力が発揮されるバンドということもあってか、往々にして、シンプルなハードロックと一言で片付けるような捉え方をされることも多いのですが、時折見られるこうしたた意外性もまたキッスの魅力のひとつなのではないかと。

つまりは、このような「こんなのキッスじゃない」と言われるようなサウンドも、振り返ってみると、これもまたキッスの歴史のひとつになっているのがキッスらしくて面白いところかと。

それでも、実際のライヴでも、ブルース・キューリックがステージ上でキーボードを弾いている姿を後にライヴ映像で見たときは流石に違和感がありましたけどね(笑)。

全体の印象としては、シングルにもなった"Crazy Crazy Nights"、"Reason To Live"、"Turn On The Night"の3曲や、"My Way"といったポールのポップで煌びやかな曲が目立つアルバムですが、個人的には、幾分抑え気味なジーンのヴォーカルが印象的な"Hell Or High Water"や"Good Girl Gone Bad"といったジーンの曲も独自のムードがあって好きですね。

▼ KISS - Turn On The Night
https://www.youtube.com/watch?v=jbDQYdln1UM

▼ KISS - Reason To Live
https://www.youtube.com/watch?v=HshQidqYxjg

▼ KISS - Crazy Crazy Nights (Live at Budokan Hall Tokyo, Japan 1988)
https://www.youtube.com/watch?v=NtLDUEOHn54

▼ KISS - My Way
https://www.youtube.com/watch?v=ogY-ncPiDfU

ちなみに、"Thief in the Night"(作者は"Gene Simmons"と"Mitch Weissman")は、元プラズマティックスの"Wendy O. Williams"が1984年に発表した初のソロ・アルバム"WOW"に提供されていた曲のリメイク。

▼ Wendy O Williams & KISS - Thief In The Night
https://www.youtube.com/watch?v=7FyFfOB64d0

CD Case (inside): Crazy Nights / KISS KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー)
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ)
• Eric Carr (エリック・カー)
• Bruce Kulick (ブルース・キューリック)

TRACK LIST
1. Crazy Crazy Nights / 2. I'll Fight Hell To Hold You / 3. Bang Bang You / 4. No No No / 5. Hell Or High Water / 6. My Way / 7. When Your Walls Come Down / 8. Reason To Live / 9. Good Girl Gone Bad / 10. Turn On The Night / 11. Thief In The Night

1. クレイジー・ナイト / 2. ヘル・トゥ・ホ-ルド・ユー / 3. バング・バング・ユー / 4. ノー・ノー・ノー / 5. ヘル・オア・ハイ・ウォーター / 6. マイ・ウェイ / 7. ウォールズ・カム・ダウン / 8. リーズン・トゥ・リヴ / 9. グッド・ガール・ゴーン・バッド / 10. ターン・オン・ザ・ナイト / 11. シーフ・イン・ザ・ナイト

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 2, 3, 6, 7, 8, 10) / Gene Simmons (4, 5, 9, 11)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 18位 (Platinum / 1988-RIAA) / UK 4位
• Singles:
1. Crazy Crazy Nights - US 65位 / UK 4位
2. Reason to Live - US 64位 / UK 33位
3. Turn On the Night - UK 41位

(記:2018年5月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 35 Navigation Part 36   Navigation   
Jihiro's Gait | Since 2003