Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 34
01. HI INFIDELITY - 30TH ANNIVERSARY EDITION 「禁じられた夜 - 30周年記念エディション」 / REO SPEEDWAGON (1980 / 2011)
02. DONE WITH MIRRORS / AEROSMITH (1985)
03. GREATEST HITS, VOLUME II / CHICAGO (1981)
04. THE HEART OF... CHICAGO 「ハート・オブ・シカゴ」 / CHICAGO (1989)
05. R.I.P. JOHN WETTON / ASIA OFFICIAL WEBSITE (2017)
06. SESSION III - PROMOTIONAL RELEASE FROM YAMAHA (1981)
07. LICK IT UP 「リック・イット・アップ」 / KISS (1983)
08. HOT IN THE SHADE 「ホット・イン・ザ・シェイド」 / KISS (1989)
    HI INFIDELITY - 30TH ANNIVERSARY EDITION 「禁じられた夜 - 30周年記念エディション」 / REO SPEEDWAGON (1980 / 2011)

CDの帯:禁じられた夜 - 30周年記念エディション / REO スピードワゴン

CD Case (front): Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon
こちらは、"REO Speedwagon"の代表作「Hi Infidelity / 禁じられた夜」の30周年記念エディションで、最新のリマスターによる本編の"Hi Infidelity"に加え、新たに発掘されたという"Hi Infidelity"収録曲のデモ・ヴァージョンが収録されているディスクを含めた2枚組み仕様となっています。

デモ音源は"Out Of Season"を除く9曲が収録されており、ファンにとっては、それぞれの曲の原型がどんなものだったのかを知ることにより、それらの曲がどのように昇華されていったのかを確認できるというのも楽しみのひとつかと。

本編の"Hi Infidelity"については、手持ちのレコード盤を既に記事にしているので、ここでは割愛しますが、この30周年記念エディションで興味深いのは、デモ音源に加え、ケヴィン・クローニンとゲイリー・リッチラスによるセルフ・ライナーノーツ(対訳付き)が付いていいることで、特に、今は亡きゲイリー・リッチラスによるアルバム及び、彼の作品である"Take It On The Run"に対するコメントは今となっては貴重。

又、当時は、"Hi Infidelity"が6週間チャートのトップに立った後は、"Styx"の"Paradise Theatre"が2週にわたりトップの座を奪うも、再び"Hi Infidelity"がトップに返り咲くといったように、チャート上で熾烈な争いを繰り広げていたこともあってか、アルバムのバック・カヴァーには「僕ら以上に"Hi Infidelity"のチャート・ポジションを気にしていた人はいないだろうね」といった"Styx"のトミー・ショウのコメントも記載されています。

CD Case (back): Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon   CD Case (inside): Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon

▼ 英文ブックレット(表・裏)と、日本語ブックレット

Booklet (front): Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon   Booklet (back): Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon   Japanese Booklet: Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) / REO Speedwagon

▼ REO Speedwagon - Keep On Keep On Loving You
https://www.youtube.com/watch?v=J0yUXhVCQcI

REO SPEEDWAGON - BAND MEMBERS
• Kevin Cronin (ケヴィン・クローニン) - Lead Vocals, Rhythm Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards
• Gary Richrath (ゲイリー・リッチラス) - Lead Guitar, 12 String Guitar, Vocals
• Bruce Hall (ブルース・ホール) - Bass, Guitar, Vocals (Lead Vocals on "Someone Tonight")
• Neal Doughty (ニール・ドーティ) - Keyboards, Synthesiser
• Alan Gratzer (アラン・グラッツァー) - Drums, Percussion, Vocals

CDの帯:禁じられた夜 - 30周年記念エディション / REO スピードワゴン

TRACK LIST (30th Anniversary Editio)
Disc 1: Hi Infidelity (2011 Digital Remaster)
1. Don't Let Him Go / 2. Keep on Loving You / 3. Follow My Heart / 4. In Your Letter / 5. Take It On The Run / 6. Tough Guys / 7. Out Of Season / 8. Shakin' It Loose / 9. Someone Tonight / 10. I Wish You Were There

1. ドント・レット・ヒム・ゴー / 2. キープ・オン・ラヴィング・ユー / 3. フォロウ・マイ・ハート / 4. 涙のレター / 5. テイク・イット・オン・ザ・ラン / 6. タフ・ガイズ / 7. アウト・オブ・シーズン / 8. シェイキン・イット・ルース(インストゥルメンタル) / 9. サムワン・トゥナイト / 10. アイ・ウィッシュ・ユー・ワー・ゼア

Disc 2: The Crystal Demos (Previously Unreleased)
1. Someone Tonight / 2. Tough Guys / 3. In Your Letter / 4. Follow My Heart / 5. Take It On The Run / 6. Don't Let Him Go / 7. Keep On Loving You / 8. Shakin' It Loose (Instrumental) / 9. I Wish You Were There

1. サムワン・トゥナイト / 2. タフ・ガイズ / 3. 涙のレター / 4. フォロウ・マイ・ハート / 5. テイク・イット・オン・ザ・ラン / 6. ドント・レット・ヒム・ゴー / 7. キープ・オン・ラヴィング・ユー / 8. シェイキン・イット・ルース(インストゥルメンタル) / 9. アイ・ウィッシュ・ユー・ワー・ゼア

NOTES
■ Hi Infidelity - 30th Anniversary Edition / 禁じられた夜 - 30周年記念エディション
• 発売日:2011年10月5日(アメリカ盤の発売日は2011年7月19日)
• 未発表スタジオ・デモ音源付き2枚組CD
• 2011年デジタル・リマスター
• 解説・歌詞・対訳付
• ケヴィン・クローニンとゲイリー・リッチラスによるセルフ・ライナーノーツ付き(対訳付)
• 完全生産限定盤

• Album: US 1位(15週間) (10x Platinum [Dianond Award] / 2017-RIAA) / UK 6位 (Silver)
• Singles:
"Keep On Loving You" - US 1位 (Platinum) / UK 7位
"Take It On The Run" - US 5位 (Gold) / UK 19位
"Don't Let Him Go"- US 24位
"In Your Letter" - US 20位

(記:2018年1月)


    DONE WITH MIRRORS / AEROSMITH (1985)

Album Cover (front): Done With Mirrors / Aerosmith  Album Cover (back): Done With Mirrors / Aerosmith  CD Case (back cover): Done With Mirrors / Aerosmith  Booklet: Done With Mirrors / Aerosmith

この"Done With Mirrors"は、1985年にリリースされたオリジナルメンバーによるエアロスミスの復活第一弾アルバム。

ただ、正直言って、私自身は、当時、このアルバムを聴いて、復活劇は失敗に終わったなと落胆すると同時に、恐らくは、これ一枚で終わってしまうんだろうなと悲観的な見方をしていました。まぁ、活動を続けるにしても、かなり厳しい状況になるのではないかと・・・。

が、しかし、ご存知のように、軌道修正を図った次作の復活第二弾アルバム"Permanent Vacation"が起死回生の大ヒットを記録したことにより、自分の予想は見事にハズレたわけですが、それどころか、それ以降は、大ヒット・アルバムの"Permanent Vacation"さえもが序章に見えるほどの大ヒット作を次々と連発し、全盛期と言われる'70年代を凌駕するほどの活躍を見せることになったのですから、世の中分からないものですね。

"Done With Mirrors"について話を戻すと、未だゴールド止まりということからも分かるように、セールス的にも今ひとつだったようです。又、そのことは、"Done With Mirrors"がリリースされた翌年の1986年に古巣のコロムビア・レコードから過去のライヴ音源を寄せ集めてリリースされた"Classics Live!"が現在では100万枚のセールスに達し、プラチナムに認定されていることからも分かることではないかと。

ビルボード・チャートでは36位と、まずまずの結果であったようにも見えますが、ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードの二人のギタリストが抜けたエアロスミス史上唯一のオリジナルメンバー以外の作品であり、最も影の薄いアルバムと位置付けられることも多い1982年リリースの前作"Rock in a Hard Place"の32位にも及ばなかったことを考えると、やはり、低調に終わったといった印象は拭えないところ。

それでも、"Done With Mirrors"が思ったようなヒットにはならなかったとはいえ、古巣のレーベルからメンバーの関与のないままリリースされた"Classics Live!"が好調なセールスを記録したことから、メンバー及びゲフィン・レコードにとっては刺激になったのではないかと。又、結果として、その"Classics Live!"により、確実に潜在的需要があることも示されたかたちになったことから、まだまだイケると確信したのではないかと個人的には思っています。

でも、ゲフィン・レコードへの移籍第一弾ともなったこの"Done With Mirrors"について言えば、 アルバムを通して聴いてみても分かるように、レーベル側も必ずしもヒットを期待していたとは思えないんですよね。あくまでも推測ではありますが、移籍第一弾ということで、関係性を優先し、あまり口出しせず、バンド側の好きなようにやらせたのではないかと。

とは言っても、はっきり言って、このアルバムは全体的に曲の出来がいまひとつといった印象。確かにエアロスミスらしさはあるものの、華がなく、地味なんですよね。アルバムの中で最も目を引く曲が、エアロスミス脱退後のジョー・ペリーの作品"Let the Music Do Talking"(1980年にリリースされたジョー・ペリー・プロジェクトのアルバム"Let the Music Do Talking"のタイトル・トラック)のリメイクというのもどうなだかといったところ。個人的には、この"Done With Mirrors"よりも、世間では評価されることも少ない"Rock in a Hard Place"の方が好きですね。

と、ネガティヴな批評ばかりになってしまいましたが、それでも、私自身は2曲目の"My Fist Your Face"は割と好きなんですよね。又、その他にも、"Let The Music Do The Talking"の間奏部分には"Draw The Line"のリフが組み込まれていたり、"Shame On You"の歌詞の中には"Joe Perry"、そして、"The Hop"の歌詞の中には"Aerosmith"の名前が出てくるなどファンを楽しませてくれる演出があったりしてニヤリとさせられるところもあります。

しかしながら、失敗とは言わないまでも不発に終わった再結成第一弾。この状況からよくぞ立て直したものだとは思いますね。

なお、ソングライター表記は、ジョー・ペリーのソロ・プロジェクトでの作品"Let The Music Do The Talking"のリメイクを含めて、全ての曲が"Aerosmith"となっています。まぁ、その"Let The Music Do The Talking"もサビ以外の歌メロはオリジナルとはかなり変えられていますからね。

Album Cover (front): Done With Mirrors / Aerosmith

で、左側のジャケット写真は、記事上部にあるジャケット写真の上下を逆さまにしたもの。

でも、実は、こちらが正しい向きなんですよね。ここで紹介している手持ちの日本盤初回プレスCDだと、ブックレットの上下を逆にして、見開きの側からプラケースに差し込めば正常な状態になるのですが、最初はどのような向きでブックレットが差し込んであったのかは今では覚えていません。ただし、この向きにすると裏側とブックレット内部の文字が上下逆になることから、恐らくは製版ミスだったのではないかと。

とは言っても、そのことに当時は全然気付いてなくて、実を言うと、この画像を取り込んだ3年ほど前に気付いたんですよね。

ちなみに、アルバムのアートワークは、数々のアルバムのジャケットを出掛けているノーマン・ムーア (Norman Moore) によるもの。

ノーマン・ムーアが手掛けたアルバム・ジャケットについては以下をご覧ください。

▼ Norman Moore Album Cover Designs
http://www.designartla.com/vault/index.htm

▼ ゲフィンとソニーのロゴ及び、メーカーのクレジットも反転で表記されています。

Album Cover (back): Done With Mirrors / Aerosmith

▼ Aerosmith - Let The Music Do The Talking
https://www.youtube.com/watch?v=dacZjjkUFx8

▼ Aerosmith - My Fist Your Face
https://www.youtube.com/watch?v=Hki2jeBZGXs

AEROSMITH - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Steven Tyler (スティーヴン・タイラー) - Lead Vocals, Piano and Harmonica
• Joe Perry (ジョー・ペリー) - Guitars and Background Vocals
• Brad Whitford (ブラッド・ウィットフォード) - Guitars
• Tom Hamilton (トム・ハミルトン) - Bass
• Joey Kramer (ジョーイ・クレイマー) - Drums

CD Case (inside): Done With Mirrors / Aerosmith TRACK LIST
1. Let The Music Do The Talking / 2. My Fist, Your Face / 3. Shame On You / 4. The Reason A Dog / 5. Shela / 6. Gypsy Boots / 7. She's On Fire / 8. The Hop / 9. Darkness

1. 熱く語れ / 2. マイ・フィスト、ユア・フェイス / 3. シェイム・オン・ユー / 4. リーズン・ア・ドッグ / 5. シーラ / 6. ジプシー・ブーツ / 7. シーズ・オン・ファイア / 8. ザ・ホップ / 9. ダークネス

NOTES
• All Songs Performed, Written and Published by Aerosmith

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 36位 (Gold / 1993-RIAA)

(記:2018年1月)


    GREATEST HITS, VOLUME II / CHICAGO (1981)

CDの帯(初CD化盤):シカゴ・グレーテスト・ヒッツ VOL.2 / シカゴ

Album Cover (front): Greatest Hits, Volume II / Chicago
数多くのベスト・アルバムがリリースされている今となっては、初期〜中期の全10曲が収録されたこのベスト・アルバム「Greatest Hits, Volume II / シカゴ・グレーテスト・ヒッツ VOL.2」の役目は終わったように感じるのですが、自分にとっては、多分、初めて買ったシカゴのCDがこれだったように思います。

現在ではこの"Greatest Hits, Volume II"の日本盤は販売されていないようですが、全10曲と収録曲も少なく、このアルバムに特別思い入れがある人以外には需要が無いと思われることから、なにか特別な企画でもない限り、恐らくは今後も発売されることは無いのではないかと。

アルバムに収録されているのは、ファースト・アルバムの「The Chicago Transit Authority / シカゴの軌跡」 (1969) から、12作目の「Hot Streets / ホット・ストリート」 (1978) までのアルバム収録曲ということになり、この"Greatest Hits, Volume II"の前作に当たる「Chicago XIV / シカゴ14」 (1980) と、前々作の「Chicago 13 / シカゴ13」 (1979) からは選曲されていません。

とは言っても、前作の"Chicago XIV / シカゴ14"と、前々作の"Chicago 13"を抜きにしても、収録曲は過去にリリースされた12枚のアルバム(スタジオ・アルバムは10枚)から選ばれた10曲であり、又、複数の曲が選曲されたアルバムもあることから、当然、その2枚以外にも1曲も選曲されていない漏れたアルバムがあります。

▼ 収録されているオリジナルアルバムは以下の通り。

1. Baby What A Big Surprise / US 4位 - 「Chicago XI / シカゴ XI」[1977] / US 6位 (Platinum)
2. Dialogue (Part II) / US 24位 - 「Chicago V / シカゴ V」[1972] / US 1位 (2x Platinum)、UK 24位
3. No Tell Lover / US 14位 -「Hot Streets / ホット・ストリート」[1978] / US 12位 (Platinum)
4. Alive Again / US 14位 - 「Hot Streets / ホット・ストリート」[1978] / US 12位 (Platinum)
5. Old Days / US 5位 - 「Chicago VIII / 未だ見ぬアメリカ(シカゴ VIII)」[1975] / US 1位 (Platinum)
6. If You Leave Me Now / US 1位 - 「Chicago X / シカゴ X(カリブの旋風)」[1976] / US 3位 (2x Platinum)、UK 21位
7. Questions 67 & 68 / US 24位 - 「Chicago Transit Authority / シカゴの軌跡」[1969] / US 17位 (2x Platinum)、UK 9位
8. Happy Man / Non-Single Song - 「Chicago VII / シカゴ VII(市俄古への長い道)」[1974] / US 1位 (Platinum)
9. Gone Long Gone / US 73位 - 「Hot Streets / ホット・ストリート」[1978] / US 12位 (Platinum)
10. Take Me Back To Chicago / US 63位 - 「Chicago XI / シカゴ XI」[1977] / US 6位 (Platinum)

CD Case (back cover): Greatest Hits, Volume II / Chicago   CD Case (inside): Greatest Hits, Volume II / Chicago

ただ、現在では存在意義も薄れてしまったアルバムとはいえ、前作が「Chicago XIV / シカゴ14」 (1980)、そして、この"Greatest Hits, Volume II"の次作が「Chicago 16 / シカゴ16」 (1982) なので、この"Greatest Hits, Volume II"が実質的には"Chicago 15"ということになり、シカゴの歴史にしっかりとカウントされているアルバムではあります。

個人的には、初めてシカゴの曲と意識して聴いた曲であり、FMラジオから録音して長らく聴いていた"Questions 67 & 68"と同じシングル・ヴァージョンがこのアルバムには収録されていることもあって、割と思い入れのあるアルバムではあります。

ちなみに、アルバム・ヴァージョンに比べると、1分以上短いシングル・ヴァージョンが収録されているその"Questions 67 & 68"の他にも、"No Tell Lover"、"Alive Again"、"Take Me Back to Chicago"といった曲がシングル・ヴァージョンで収録されています。又、シングルとしてはリリーされていない"Chicago VII"収録曲の"Happy Man"はオリジナルにあるイントロ部分がカットされたヴァージョンが収録されています。

当時はラジオで曲をかけてもらうことがヒットの大きな要因のひとつであったことから、曲が長いと最後までかけてもらえないこともあり、シングルの場合は短く編集してリリースすることが多かったようですね。ちなみに、このアルバムにも収録されている"Take Me Back to Chicago"のシングル・ヴァージョンは、アルバム・ヴァージョンより2分以上短かく編集されています。

▼ Chicago - Questions 67 & 68 (Live by Request)
https://www.youtube.com/watch?v=1BIuO2hMrr8

▼ Chicago - If You Leave Me Now
https://www.youtube.com/watch?v=T6WsbBu-ARc

▼ Chicago - Alive Again (Live in Japan 1993)
https://www.youtube.com/watch?v=bqVLfobuMwk

日本では"Questions 67 & 68"の日本語ヴァージョンがシングルとしてリリースされました。

▼ Chicago - Questions 67 & 68 (Sung in Japanese 1995)
https://www.youtube.com/watch?v=cw5qVDRwZ4Q

CHICAGO - BAND MEMBERS
• Peter Cetera - Bass, Vocals
• Robert Lamm - Keyboards, Vocals
• Lee Loughnane - Trumpet
• James Pankow - Trombone
• Walter Parazaider - Saxophone, Flute
• Danny Seraphine - Drums
• Terry Kath - Guitar, Vocals (1967-1978)
• Laudir De Oliveira - Percussion (1973-)
• Donnie Dacus - Guitar, Vocals (1978-)

TRACK LIST
1. Baby What A Big Surprise / 2. Dialogue (Part II) / 3. No Tell Lover / 4. Alive Again / 5. Old Days / 6. If You Leave Me Now / 7. Questions 67 & 68 / 8. Happy Man / 9. Gone Long Gone / 10. Take Me Back To Chicago /

1. 朝もやの二人 / 2. ダイアログ(パート 2) / 3. ノー・テル・ラヴァー / 4. アライヴ・アゲイン / 5. 追憶の日々 / 6. 愛ある別れ / 7. クエスチョンズ 67/68 / 8. ハッピー・マン / 9. ゴーン・ロング・ゴーン / 10. シカゴへ帰りたい

NOTES
• No Tell Lover [Single Version]
• Alive Again [Single Version]
• Questions 67 & 68 [Single Version]
• Happy Man [Edit Version]
• Take Me Back To Chicago [Single Version]

• Recorded 1969-1978

• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• CD発売日:1987年10月21日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 171位

(記:2018年1月)


    THE HEART OF... CHICAGO 「ハート・オブ・シカゴ」 / CHICAGO (1989)

CDの帯(初回プレス盤):ハート・オブ・シカゴ / シカゴ

Album Cover (front): The Heart of... Chicago / Chicago
この「The Heart of... Chicago / ハート・オブ・シカゴ」は北米以外の国でリリースされたシカゴのベスト・アルバムで、北米では"Greatest Hits 1982-1989"というタイトルでリリースされています。ただし、"The Heart of... Chicago"と"Greatest Hits 1982-1989"の両アルバムは基本的にどちらも同じアートワークではあるものの、アルバムのタイトルが違うことから、当然のことながら、ジャケットにあるタイトルの表記はそれぞれのアルバム名になっています。

前年の1988年にリリースされたアルバムが"Chicago 19"、そして、この"The Heart of... Chicago"及び、"Greatest Hits 1982-1989"を挟んで、1991年にリリースされたのが"Chicago Twenty 1 (21)"ということからも分かるように、このベストは、シカゴの20作目としてカウントされたアルバムとなっています。

"Greatest Hits 1982-1989"と、この"The Heart of... Chicago"では、アルバム・タイトルの他、収録曲にも違いがあり、"The Heart of... Chicago"の方には1982年以前(コロムビア・レコード時代)の4曲が加えられています。又、それ以外の収録曲にも若干の違いがあります。

ただし、その後、日本でも"Greatest Hits 1982-1989"が発売され、アメリカでも"The Heart of Chicago 1967-1997"及び、"The Heart of Chicago 1967-1998 Volume II"というタイトルのベスト・アルバムがリリースされており、日本に於いては、その後も、"The Heart of Chicago 1967〜1981"と"The Heart of Chicago 1982〜1997"が発売され、更には、その続編とも言える"The Heart of Chicago 1967〜1981 II"と"The Heart of Chicago 1982〜1998 II"も相次いで発売されたことから、初代"The Heart of Chicago"とも言えるこの"The Heart of... Chicago"の存在意義も今では無くなったようなところもあります。

実際、この"The Heart of... Chicago"の日本盤も現在では廃盤になっているようで、恐らくは、先に取り上げた"Greatest Hits, Volume II"と同様に、今後も特別なことが無い限り、このアルバムが再発されることは無いのではないかと思います。

この辺りの状況については多少ややこしくなっているので整理すると

■ アメリカ (1989年リリース)
GREATEST HITS 1982-1989
1982年リリースのアルバム"Chicago16"以降のシングル・カット曲を中心に収録。20作目のシカゴのアルバムとしてカウントされている。

■ 日本(1989年リリース)
THE HEART OF... CHICAGO / ハート・オブ・シカゴ
北米でリリースされた"Greatest Hits 1982-1989"の日本盤(北米以外ではこのタイトルでリリースされている)。

"Greatest Hits 1982-1989"には収録されていないコロムビア・レコード時代の4曲が加えられているのが特徴。又、その他の収録曲にも若干の違いがある。ジャケット・デザインは"Greatest Hits 1982-1989"と同じスタイルでタイトルだけが違う。

■ 日本(1995年リリース)
GREATEST HITS 1982-1989 / グレイテスト・ヒッツ 1982-1989
1989年に北米のみでリリースされた"Greatest Hits 1982-1989"の日本盤。

■ アメリカ (1997年リリース)
THE HEART OF CHICAGO 1967-1997
結成30周年を記念してアメリカで企画されたベスト・アルバムで、新曲の2曲も収録。シカゴの23作目としてカウントされている。

■ 日本 (1997年リリース)
THE HEART OF CHICAGO 1967〜1981 / ハート・オブ・シカゴ 1967〜1981
THE HEART OF CHICAGO 1982〜1997 / ハート・オブ・シカゴ 1982〜1997
アメリカでリリースされた"The Heart of Chicago 1967-1997"の日本盤。ただし、レーベル間の契約の問題もあってか、日本では"The Heart of Chicago 1967〜1981"(青色のジャケット)が「テイチク」から、そして、"The Heart of Chicago 1982〜1997"(赤色のジャケット)が「WEA Japan」からと、二つのレーベルから年代別に分けた独自の編集でリリースされた。

■ アメリカ (1998年リリース)
THE HEART OF CHICAGO 1967-1998 VOLUME II
前年にリリースされた"The Heart of Chicago 1967-1997"の続編(タイトルにある年数の表記は異なる)となるベスト・アルバムで、シカゴの24作目としてカウントされている。

■ 日本 (1998年リリース)
THE HEART OF CHICAGO 1967〜1981 VOLUME - II / ハート・オブ・シカゴ 1967〜1981 II
THE HEART OF CHICAGO 1982〜1998 VOLUME - II / ハート・オブ・シカゴ 1982〜1998 II
アメリカでリリースされた"The Heart of Chicago 1967-1998 Volime II"の日本盤で、前作同様、日本では"The Heart of Chicago 1967〜1981 Volime - II"(緑色のジャケット)が「テイチク」から、そして、"The Heart of Chicago 1982〜1998 Volime - II"(黄色のジャケット)が「WEA Japan」からと、こちらも二つのレーベルから年代別に分けた独自の編集でリリースされた。

Album Cover (back): The Heart of... Chicago / Chicago   CD Case (inside): The Heart of... Chicago / Chicago

なお、前作の"Chicago 19"に収録されていた"What Kind Of Man Would I Be?"はリミックス・ヴァージョンが収録されており、このアルバムのリリースに併せてシングル・カットされ、米5位のヒットを記録。

又、代表曲のひとつである「Hard To Say I'm Sorry / 素直になれなくて 」は一般的なシングル・ヴァージョンではなく、"Get Away"とメドレーになっているアルバム・ヴァージョンの方が収録されています。

▼ Chicago - Hard To Say I'm Sorry
https://www.youtube.com/watch?v=Wo9QxYpMbTU

▼ Chicago - Hard Habit To Break
https://www.youtube.com/watch?v=nTpoo4BLN7g

CD Case (Back Cover): The Heart of... Chicago / Chicago TRACK LIST
1. If You Leave Me Now / 2. Baby What A Big Surprise / 3. Where Did The Loving Go? / 4. Take Me Back To Chicago / 5. Hard To Say I'm Sorry / 6. Love Me Tomorrow / 7. Hard Habit To Break / 8. Only You / 9. You're The Inspiration / 10. Along Comes A Woman / 11. Remember The Feeling / 12. If She Would Have Been Faithful / 13. Will You Still Love Me? / 14. What Kind Of Man Would I Be? / 15. Look Away

1. 愛ある別れ / 2. 朝もやの二人 / 3. 愛は何処へ / 4. シカゴへ帰りたい / 5. 素直になれなくて / 6. ラヴ・ミー・トゥモロウ / 7. 忘れ得ぬ君に / 8. オンリー・ユー / 9. 君こそすべて / 10. いかした彼女 / 11. 想い出に生きて / 12. フェイスフル / 13. スティル・ラヴ・ミー / 14. ホワット・カインド・オブ・マン / 15. ルック・アウェイ

NOTES
• What Kind Of Man Would I Be? [Remix]
• Hard To Say I'm Sorry [Album Version]

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: Greatest Hits 1982-1989 - US 37位 (5x Platinum / 1997-RIAA)
• Album: The Heart of... Chicago - UK 6位 (Platinum) / JP 40位 (Gold)
• Single: What Kind Of Man Would I Be? - US 5位

(記:2018年1月)


    R.I.P. JOHN WETTON / ASIA OFFICIAL WEBSITE (2017)

R.I.P. John Wetton / ASIA Official Website (2017)

上の画像は、昨年の2017年にジョン・ウェットンが亡くなられたときのエイジアのオフィシャル・ウェブ・サイトをキャプチャーしたもので、あれから1年を過ぎたこともあり、今回取り上げることにしました。

昨年初めにジャーニーとのジョイント・ツアーへの参加をキャンセルして、病気治療に専念することをジョン・ウェットン自身が発表していたのでちょっぴり心配していたのですが、「ツアーに参加できないのはとても残念だ」としながらも、「年内には戻ってくる」というメッセージを残していたことから、自分自身はそれほど重く受け止めていなかったんですよね・・・。

そんなこともあって、深刻に思っていなかった分、訃報を聞いたときは晴天の霹靂といった感じで、ショックというよりも呆然としたことを覚えています。

今は、最後までエイジアのメンバーだったということだけが自分にとっては慰めといった感じですが、でも、やっぱり心のどこかには漠然とした喪失感のようなものが何となく漂っているようではあります。May you rest in Peace.

▼ ちなみに、こちらは、時間ごとに切り替わる私のパソコンの壁紙

Desktop Wallpaper: Asia / Asia   Desktop Wallpaper: Alpha / Asia   Desktop Wallpaper: Astra / Asia

R.I.P. John Wetton / ASIA Official Website (2017) ASIA OFFICIAL WEBSITE (2017)
• John Wetton 1949-2017

■ ASIA OFFICIAL WEBSITE
https://originalasia.com/

■ John Wetton 1949-2017
https://originalasia.com/john-wetton-1949-2017/

▼ Asia - The Smile Has Left Your Eyes (Live In Bulgaria 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=oKZVcDAWl0c

▼ Asia - Open Your Eyes (Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=D3CIOYLevEs

(記:2018年2月)


    SESSION III - PROMOTIONAL RELEASE FROM YAMAHA (1981)

LPレコードの帯:SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)

Album Cover (front):SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)
なんと、2017年のアナログレコードの国内生産枚数が100万枚を超えたそうです。

▼ アナログレコード国内生産、16年ぶり100万枚超 (2018/01/25)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/25/news083.html

▼ アナログレコード国内生産が16年ぶり100万枚越え。音楽ソフト全体は微減 (2018/01/25)
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1103002.html

2017年の国内生産枚数は106万枚で、前年度の2016年と比べると33%増、生産額は19憶円(前年比32%増)となり、4年連続の2桁増になったとのこと。

自分自身は殆どのレコードを処分しており、今は僅かに残っているといった程度で、レコードを聴く機会も全く無いといった状況ですが、レコードの良いところは、聴くまでにレコード盤をジャケットから取り出して、盤を傷つけないよう注意しながらターンテーブルに乗せるといった、今だとちょっと煩わしいと思える一連の動作が伴うことにより、自然と「今から聴くぞ」といった意識が高まってくることにもあるように思います。それに、レコードの場合だと、何もせず、コーヒーでも飲みながら、ただその音楽だけを聴くといった、そんなまったりとした時間の使い方が不思議とできるような感じもするんですよね。

又、レコードを聴くときというのは、必然的に毎回ジャケットを目にするわけですし、レコード盤をジャケットから取り出すときには、レコード特有の匂いを微かに感じながら、レコード盤を直接手に取ってプレーヤーにセットすることから、そういった意味ではデジタル・データで取り込んだものとは違い、聴覚だけではない五感を刺激する要素が含まれていることも、レコードならではといったところかと。デジタル・データだとアルバムに手を触れることも、匂いを感じることもないですからね。

それと、レコードを持っている人、もしくは持っていた人は分かると思うのですが、日本国内で生産されたものと輸入盤では匂いも違うんですよね。正確には、レコード盤に加え、ジャケットに使われている紙、及びインクの香りを含めた匂いなんですが、直接音楽とは関係無いものの、そういったものもまた音楽に付随する思い出のひとつとして心の奥底に残っていたりするんですよね。

そういえば、レコード・プレーヤーのターン・テーブルからレコードのフチを両手で挟んで持ち上げて、指の動きだけでクルっとひっくり返して裏面をセットするというあの動作を今でも簡単にできるのだろうか? なんてことをふと思ったのですが、どうなんでしょうね。しばらくやっていないとはいえ、何となくできそうな気はしますが、自信は無いです(笑)。

Album Cover (back):SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)   Album Cover (inside):SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)

解説書:SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念) ということで、何か珍しいレコードを持ってなかったかなと思っていたところ、ふと思い出したのが、ずっと前にヤマハのスピーカーを買ったときに貰ったこのキャンペーン用の非売品レコード「SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)」です。

ただ、自分としては、割とレアなものかと思っていたものの、ネットで検索したら結構沢山オークションで出ているばかりか、音楽好きなら、多くの人が一度は覗いたことがあるであろう音楽データベース・サイトの"Discogs"にも掲載されていたのでビックリ。

付属の6ページの解説書には、いかに音質に重点を置き、妥協せずにレコーディングが行われたかといったことが、こと細かに専門的な解説を交えて記されているのですが、実際のところ、そういった解説に目を通さなくても一聴して直ぐに分かるほど音の良さを実感できます。

収録されているのはジャズやファンクといった要素を含んだフュージョン・サウンドといった印象ですが、当時はさほど興味があったジャンルの音楽ではなかったものの、その音の良さ(特にベースの音)に惹かれて結構良く聴いていたレコードです。まぁ、知り合いにはお昼のドラマとかのバックで流れてそうなんてちゃかされてましたけど(笑)。

レコード盤のラベル:SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)   レコード盤のラベル:SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)

Album Cover (inside):SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念)

解説書:SESSION III (ヤマハスピーカーフェアー記念) MUSICIAN
• Keiko Doi (Keyboard)
• Yayoi Hirabe (Keyboard)
• Vince Colaiuta (Drum)
• Nathan East (Bass)
• Steve Forman (Percussion)

▼ Yamaha Session III - Why Not?
https://www.youtube.com/watch?v=ceYgUjvH1-I

▼ Yamaha Session III - How Nice We Are!
https://www.youtube.com/watch?v=tfay0x-JRg0

▼ Yamaha Session III - Pacific Dawn
https://www.youtube.com/watch?v=5pyefORMHQM

▼ Yamaha Session III - Nice Talking To You
https://www.youtube.com/watch?v=-hWMn8k9wLU

TRACK LIST
SIDE-A
1. Why Not? (written by Keiko Ota) / Solo on GS-1: Keiko Ota
2. Nice Talking To You (written by Keiko Ota) / Solo on GS-1: Keiko Doi & Yayoi Hirabe

SIDE-B
1. Pacific Dawn (written by Keiko Doi) / Solo on GS-1: Keiko Doi
2. Santa Ana Fwy. (written by Yayoi Hirabe) / Solo on GS-1: Yayoi Hirabe
3. How Nice We Are! (written by Keiko Ota) / Solo on YAMAHA Acoustic Piano: Yayoi Hirabe

NOTES
• ヤマハスピーカーフェアー記念キャンペーン用の非売品レコード
• 8ページの解説書つき(日本語 / 英語)
• 見開きジャケット
• Format: Vinyl LP

• Recorded at: Yamaha R&D Studio, Los Angeles, California
• Mastering at: JVC Cutting Center, Hollywood, California
• Digital Recording

(記:2018年2月)


    LICK IT UP 「リック・イット・アップ」 / KISS (1983)

CDの帯:リック・イット・アップ / キッス

Album Cover (front): Lick it Up / KISS
他のバンドとの違いを顕著に表すキッス最大の特徴とも言えるメイクを封印し、これまで公表していなかった素顔での活動に踏み切った第一弾アルバムがこの「Lick it Up / リック・イット・アップ」(発売当時の邦題は「地獄の回想」)。

当時は、最大の売りであるメイクを止めてどうするんだとか、これでキッスは終わったといった批判的な声も少なからずあったのですが、話題性も手伝ってか、アルバムはその後ミリオンセラーとなるプラチナムに認定されるヒットを記録。

面白いのは、この"Lick it Up"が、それまで振るわなかったイギリスのアルバム・チャートでもトップ10に入る7位を記録したということで、裏を返せば、イギリスでは逆にあのビジュアル・イメージを敬遠していた人が意外と多かったのかもしれません。又、それと同時に、キッスがビジュアル・イメージを抜きにしても十分通用する音楽性を持ったバンドだということが実証されたと言えるのではないかと。

ただ、ポール自身は、後に、アルバムとしてはメイク時代最後のアルバムとなった前作「Creatures of the Night / 暗黒の神話」の方が出来が良かったと発言しており、更には、多くの人が自分達の音楽を耳ではなく、目で聴いていることが分かったとも語っています。

この"Lick it Up"の日本盤が発売された当時は、「この下にあるのはキミ達が知ろうとして知り得なかった素顔だ!」と書かれているメイク時代の写真を配した全面を覆うカバーがジャケットの上に被せられていて、購入しないとジャケット写真の素顔が見れない仕様になっていました。

とは言え、これがもしエースとピーターを含むオリジナルメンバーの4人の素顔だったらもっとインパクトがあったかもしれませんね。

CD Case (inside): Lick it Up / KISS このアルバムでは、脱退したエース・フレーリーに代わり、前作の"Creatures of the Night"にも部分的に参加していたヴィニー・ヴィンセントがギタリストとしてメンバーに加わっており、全10曲中8曲でコンポーザーとして他のメンバーと共にクレジットされているなど、アルバムの製作に大きく貢献していたようですが、結果的にはヴィニー・ヴィンセントがキッスのメンバーとして携わったアルバムはこの"Lick it Up"一枚だけということになりました。

アルバムからは、シングルにもなったタイトル・トラックの"Lick it Up"がその後もライヴで演奏される定番曲になっていますが、でも、実を言うと、自分自身はこの"Lick it Up"や、次作の"Animalize"からのシングルとなった"Heaven's on Fire"のようなこの手のポールの曲はあんまり好きじゃないんですよね。

このアルバム内だとやっぱり"A Million To One"が一番ポールらしくて好きな曲ですね。ヴォーカル・スタイルも'70年代のポールっぽいですし。又、ジーンの曲もしかりで、この時期のライヴでは頻繁に演奏されていた"Young And Wasted"(ライヴではエリック・カーがヴォーカルをとっていた)や"Fit's Like A Glove"なんかよりも"Not For The Innocent"と"And On The 8th Day"といった曲がジーンらしい雰囲気があって個人的には好きですね。

Album Cover (front): Lick it Up / KISS

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley - Rhythm Guitar, Lead and Backing Vocals
• Gene Simmons - Bass Guitar, Lead and Backing Vocals
• Eric Carr - Drums, Percussion, Backing Vocals
• Vinnie Vincent - Lead Guitar, Backing Vocals

▼ KISS - Lick It Up
https://www.youtube.com/watch?v=Gcj34XixuYg

▼ KISS - Not For The Innocent
https://www.youtube.com/watch?v=OQYR-dE702s

▼ KISS - A Million To One
https://www.youtube.com/watch?v=XnbjuLpOZPw

▼ KISS - And On The 8th Day
https://www.youtube.com/watch?v=-xARCuj8OsY

Album Cover (back): Lick it Up / KISS TRACK LIST
1. Exciter / 2. Not For The Innocent / 3. Lick It Up / 4. Young And Wasted / 5. Gimme More / 6. All Hell's Breakin' Loose / 7. A Million To One / 8. Fits Like A Glove / 9. Dance All Over Your Face / 10. And On The 8th Day

1. エクサイター / 2. ノット・フォー・ザ・イノセント / 3. リック・イット・アップ / 4. ヤング・アンド・ウェイステッド / 5. ギミー・モア / 6. オール・ヘルズ・ブレイキン・ルーズ / 7. ア・ミリオン・トゥ・ワン / 8. フィッツ・ライク・ア・グローブ / 9. ダンス・オール・オーヴァー・ユア・フェイス / 10. アンド・オン・ザ・8th・デイ

なお、このCDでの邦題は全てカタカナ表記になっていますが、リリース時のLPレコードでは「Not For The Innocent / 暴虐の炎」、「Lick It Up / 地獄の回想」、「Young And Wasted / 青い暴走」、「All Hell's Breakin' Loose / 地獄の饗宴」、「A Million To One / 至上の愛」、「Fits Like A Glove / 悪魔の欲情」、「And On The 8th Day / 8日目の新世界」となっていました。

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 3, 5, 6, 7) / Gene Simmons (2, 4. 8, 9, 10)

• CD発売日:1990年2月21日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 24位 (Platinum / 1990-RIAA) / UK 7位
• Single: Lick it Up - US 66位 / UK 31位

(記:2018年2月)


    HOT IN THE SHADE 「ホット・イン・ザ・シェイド」 / KISS (1989)

CDの帯(初回プレス盤):ホット・イン・ザ・シェイド / キッス

Album Cover (front): Hot in the Shade / KISS
この「Hot in the Shade / ホット・イン・ザ・シェイド」は素顔での活動に踏み切ってからは5作目となるキッスのアルバムで、スタジオ・アルバムとしては通産15作目のアルバム。

アルバム・セールスでは前作に及ばなかったものの、シングルカットされた"Forever"はビルボード・チャートで8位となるヒットを記録。

特徴としては、シンセサイザーを導入した前作のミリオンセラー・アルバム"Crazy Nights"からはやや路線を変更しながらも、ブルージーなアコースティック・スライド・ギターで始まるオープニングの"Rise to It"をはじめ、女性コーラスをフィーチャーした"Silver Spoon"や、ホーン・セクションを取り入れた"Cadillac Dreams"など彩りが見られ、全体的な印象としては前作に比べると幾分アメリカン・ロックに立ち返ったような雰囲気があります。

又、ファンにとっては、前年にリリースされたベスト・アルバム"Smashes, Thrashes & Hits"に収録されていた"Beth"に引き続き、エリック・カーがヴォーカルをとる曲"Little Caesar"が収録されているのも興味深いところ。

ただし、その"Smashes, Thrashes & Hits"でヴォーカルをとっていた"Beth"は元々ピーター・クリスがヴォーカルをとっていた曲なので、エリック・カーにとってはこの"Little Caesar"が、初めてヴォーカルをとるオリジナル曲ということになります。

しかしながら、在籍期間ではオリジナル・ドラマーのピーター・クリスを超えるほど長きにわたってバンドに貢献してきた二代目ドラマーのエリック・カーでしたが、残念ながら1991年にガンのため死去したことから、この"Hot in the Shade"がエリック・カーがフルで参加した最後のアルバムとなりました。

CD Case (inside): Hot in the Shade / KISS キッスのスタジオ・アルバムとしては収録曲数が15曲(キッスのスタジオ・アルバムでは最多)と多いので、多少散漫な印象が無きにしも非ずといったところですが、曲を絞って聴くと、これが結構良いんですよね。キッスのアルバムの中では比較的影の薄いアルバムとして捉えられているようにも感じますが、収録曲数を絞れば、もっとアルバムの印象も良くなったのではないかと。

ということで、今ではアルバムを通して聴く機会も滅多に無いアルバムになっていますが、アルバム自体は、シングルにもなった"Rise To It"、"Hide Your Heart"、"Forever"をはじめ、無視するにはもったいない曲が埋もれています。個人的には"Betrayed"、"Silver Spoon"、"Cadillac Dreams"、"King Of Hearts"といった曲が好きですね。

補足しておくと、ファースト・シングルにもなった"Hide Your Heart"は前年の1988年にボニー・タイラーが一足先に取り上げており、同タイトルのアルバムからシングルとしてもリリースされています。ちなみに、この曲の作曲者はポール・スタンレーと、ロックファンにはお馴染みのデズモンド・チャイルド、ホーリー・ナイトの3人。

なお、アルバムのプロデュースは前作の「Asylum / アサイラム」に引き続き、ジーン・シモンズとポール・スタンレーが行っています。

それはそうと、このCDの帯、実はこれ、こう見えて初回プレス盤の帯なんですよね。当時はこのCDの帯を見て、メーカーのやる気の無さにがっかりしたことを覚えています。

▼ KISS - Forever
https://www.youtube.com/watch?v=d_RKO5ozLVo

▼ KISS - Silver Spoon
https://www.youtube.com/watch?v=-iCwooy0pxM

▼ KISS - Cadillac Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=-sGbjrdDK-A

▼ KISS - King Of Hearts
https://www.youtube.com/watch?v=u-YxckEq4Rc

Album Cover (back): Hot in the Shade / KISS

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley - Guitars, Vocals
• Gene Simmons - Bass, Vocals
• Eric Carr - Drums, Percussion, Vocals
• Bruce Kulick - Guitars

Album Cover (back): Hot in the Shade / KISS TRACK LIST
1. Rise To It / 2. Betrayed / 3. Hide Your Heart / 4. Prisoner Of Love / 5. Read My Body / 6. Love's A Slap In The Face / 7. Forever / 8. Silver Spoon / 9. Cadillac Dreams / 10. King Of Hearts / 11. Street Giveth And The Street Taketh Away / 12. You Love Me To Hate You / 13. Somewhere Between (Heaven And Hell) / 14. Little Caesar / 15. Boomerang

1. ライズ・トゥ・イット / 2. ビトレイド / 3. ハイド・ユア・ハート / 4. プリズナー・オブ・ラヴ / 5. リード・マイ・ボディ / 6. ラヴズ・ア・スラップ・イン・ザ・フェイス / 7. フォーエヴァー / 8. シルヴァー・スプーン / 9. キャデラック・ドリーム / 10. キング・オブ・ハーツ / 11. ザ・ストリート・ギヴス、ザ・ストリート・テイクス・アウェイ / 12. ユー・ラヴ・ミー・トゥ・ヘイト・ユー / 13. サムホエア・ビトウィーン(ヘヴン・アンド・ヘル) / 14. リトル・シーザー / 15. ブーメラン

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 3, 5, 7, 8, 10, 12) / Gene Simmons (2, 4, 6, 9, 11, 13, 15) / Eric Carr (14)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 29位 (Gold / 1989-RIAA) / UK 35位
• Singles from Hot in the Shade:
1. Hide Your Heart - US 66位
2. Forever - US 8位
3. Rise To It - US 81位

(記:2018年2月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 34 Navigation Notebook   Navigation   
Jihiro's Gait / Since 2003