Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 33
01. GLORIA 「グロリア」 / LAURA BRANIGAN (1982)
02. LIVE IN JAPAN 「ライヴ・イン・ジャパン」 / THE RUNAWAYS (1977)
03. CARPENTERS 40/40 THE BEST SELECTION / CARPENTERS (2009)
04. 40/40 - THE BEST SELECTION / OLIVIA NEWTON-JOHN (2010)
05. INVISIBLE 「とどかぬ愛」 / ALISON MOYET (1984)
06. I FOUND YOU (初回限定盤) / KOKIA (2015)
07. ENDLESS LOVE 「エンドレス・ラブ」 / DIANA ROSS & LIONEL RICHIE (1981)
08. JAPANESE SINGLES COLLECTION / THE RUNAWAYS (2008)
09. ALL THE BEST! 「オール・ザ・ベスト」 / PAUL McCARTNEY (1987)
10. THE BEATLES 1967-1970 / THE BEATLES (1973)
    GLORIA 「グロリア」 / LAURA BRANIGAN (1982)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan   Japanese Vinyl Single Record: Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan

アメリカでは100万枚を超えるミリオンセラー・シングルとなったこの「Gloria / グロリア」は、アメリカ以外の多くの国でもトップ10ヒットを記録したローラ・ブラニガンの大ヒット曲。

ちなみに、この"Gloria"は、イタリア人シンガーソングライター"Umberto Tozzi"(ウンベルト・トッツィ)が1979年にリリースした曲のカヴァーで(この"Gloria"にもソングライターのひとりとしとして"Umberto Tozzi"の名がクレジットされています)、こちらのオリジナル・ヴァージョンもまた世界各国でトップ10ヒットを記録しています。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan

私自身はといえば、映画「フラッシュダンス」の中でこの"Gloria"使われていたことが、この曲を知るきっかけであり、そして、自分がこのシングル盤を買った理由というのも、当時買ったその「フラッシュダンス」のサウンドトラックには映画の中で印象的だったこの"Gloria"が収録されていなかったからでした。

ということで、当時はその「フラッシュダンス」のサウンドトラックに、別途購入したアイリーン・キャラの「Flashdance... What a Feeling / フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」の12インチシングルと、マイケル・センベロの「Maniac / マニアック」の12インチシングル、そして、この"Gloria"を加えて録音したカセット・テープを「これこそ正に完璧なサウンドトラックだ」とひとり悦に入って良く聴いていたんですよね(笑)。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan

Japanese Vinyl Single Record (Label): Gloria 「グロリア」 / Laura Branigan

▼ Laura Branigan - Gloria (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=7Hm6dL_AwjQ

▼ Flashdance Scene - Gloria (映画「フラッシュダンス」でのシーン)
https://www.youtube.com/watch?v=6DB-O_Gr7ZM

▼ Umberto Tozzi - Gloria (Live) (ウンベルト・トッツィのライヴ・ヴァージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=zHBbJ_pKi5c

残念ながら、ローラ・ブラニガンは2004に脳動脈瘤により47歳の若さで亡くなられています。

▼ Laura Branigan - Forever Young (Live in Chile 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=axjxa5gNKLQ

TRACK LIST
Side 1: Gloria (グロリア) / Side 2: Living A Lie (リヴィング・ア・ライ)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付
• Released in Japan

• US 2位 - Platinum (1995-RIAA) / UK 6位

(記:2017年10月)


    LIVE IN JAPAN 「ライヴ・イン・ジャパン」 / THE RUNAWAYS (1977)

CDの帯:ライヴ・イン・ジャパン / ザ・ランナウェイズ

Album Cover (front): Live in Japan / The Runaways
活動期間は短かったものの、デビュー時の日本ではキッスやクイーンといった当時の人気バンドと肩を並べるほどの旋風を引き起こしたザ・ランナウェイズの初来日公演を収録したアルバムが、ザ・ランナウェイズ唯一の公式ライヴ・アルバムでもあるこの「Live in Japan / ライヴ・イン・ジャパン」。

収録は東京厚生年金会館と渋谷公会堂で行われており、日本ではアルバムセールスが10万枚を超え、ゴールドにも認定されています。

ただし、この"Live in Japan"、当時は、本国のアメリカやイギリスといった主要なマーケットではリリースされておらず、日本の他、カナダやオーストラリア、そして一部のヨーロッパの国でリリースされただけでした。

Album Cover (back): Live in Japan / The Runaways このザ・ランナウェイズは、以外にも、日本ではファンの多くがティーンの女の子で、そのことは、このライヴ・アルバムに収録されている歓声を聴いても分かります。

当時の自分はと言えば、このザ・ランナウェイズには特に興味があったわけでもなく、ラジオでも頻繁にかかっていた"Cherry Bomb"だけ知ってるといった程度でしたが、当時、ビッグ3と言われていたキッス、クイーン、エアロスミスを筆頭に、レッド・ツェッペリンやレインボーといったひとつ上の世代のバンドも依然として人気があったことから、それらのバンドのファンや男性のロックファンから見ると、このザ・ランナウェイズは10代の女性だけのバンドということで、何となくチャラい印象があったのかもしれませんね。

Album Cover (front and back): Live in Japan / The Runaways で、この"Live in Japan"を聴いてみると、結構パワフルで骨太なサウンドだし、思ったよりもエネルギッシュかつヘヴィーで、これが中々良いんですよね。アルバムを通して勢いといったものも感じられますし。まぁ、ギターの二人が、後にソロでも活躍するジョーン・ジェットとリタ・フォードなんで、今から振り返ると納得できるところではありますが、ヴォーカルのシェリー・カーリーもギターの二人に負けず中々のもの。いやほんと会場の熱気と人気ぶりが伝わってくる良いライヴ・アルバムだと思います。

ステージ・アクションや衣装も自分たちで考えたものだとシェリー・カーリーが語っていたように、意外と自由奔放に自分たちのスタイルを構築していたのではないかと思えるのですが、仮に、もし、大手のプロダクションに所属していたとしたら、良し悪しは別にして、もっと違うものいなっていた可能性もあるのではないかと。

残念ながら、メンバーの脱退も重なり、活動期間は短かったものの、日本に於ける'70年代の洋楽を語る上では、間違いなくひとつの時代を築いたバンドとして名を刻む存在だと思いますね。

ちなみに、ベースのジャッキー・フォックスは、その後、弁護士になられています。又、ドラムスのサンディ・ウェストは惜しくも11年前の今日、2006年10月21日に肺がんにより亡くなられています(享年47歳)。

Album Cover (inside): Live in Japan / The Runaways   CD Case (back cover): Live in Japan / The Runaways

▼ The Runaways - Queens Of Noise (Japan TV Show 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=ElqU3ZGXoXo

▼ The Runaways - Cherry Bomb (Japan TV Show 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=pMDn6V7ZLhE

▼ The Runaways - Wild Thing (Live in Japan 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=AyUFXFRAoFk

THE RUNAWAYS - BAND MEMBERS
• Cherie Currie (シェリー・カーリー) - Lead Vocals
• Joan Jett (ジョーン・ジェット) - Rhythm Guitar, Vocals
• Lita Ford (リタ・フォード) - Lead Guitar, Vocals
• Jackie Fox (ジャッキー・フォックス) - Bass, Vocals
• Sandy West (サンディ・ウェスト) - Drums, Vocals

CDの帯(裏面側):ライヴ・イン・ジャパン / ザ・ランナウェイズ TRACK LIST
1. Queens Of Noise / 2. California Paradise / 3. All Right You Guys / 4. Wild Thing / 5. Gettin' Hot / 6. Rock-N-Roll / 7. You Drive Me Wild / 8. Neon Angels On The Road To Ruin / 9. I Wanna Be Where The Boys Are / 10. Cherry Bomb / 11. American Nights / 12. C'mon

1. クイーン・オブ・ノイズ / 2. カリフォルニア・パラダイス / 3. オールナイトでぶっ飛ばせ / 4. ワイルド・シング / 5. ゲッティン・ホット / 6. ロック・アンド・ロール / 7. ユー・ドライヴ・ミー・ワイルド / 8. ネオン・エンジェル / 9. ホエア・ザ・ボーイズ / 10. チェリー・ボンブ / 11. アメリカン・ナイツ / 12. カモン

Lead Vocals: 1. Cherie Currie, Joan Jett, Jackie Fox / 2. Cherie Currie / 3. Cherie Currie / 4. Sandy West / 5. Cherie Currie / 6. Cherie Currie / 7. Joan Jett / 8. Cherie Currie / 9. Joan Jett / 10. Cherie Currie / 11. Cherie Currie / 12. Cherie Currie

NOTES
• Recorded at the Tokyo Koseinenkin Kaikan and the Shibuya Kokaido 5th, 6th, & 12th June 1977

• CD発売日:2015/3/18(再発盤)
• 2006年24bitリマスター
• ジャケットはLPレコードと同様に縦開きになっています
• 解説・歌詞・対訳付(歌詞・対訳は曲間のMCを含む)

(記:2017年10月)


    CARPENTERS 40/40 THE BEST SELECTION / CARPENTERS (2009)

CDの帯:カーペンターズ 40/40 〜 ベスト・セレクション / カーペンターズ

Album Cover (front): Carpenters 40/40 The Best Selection / Carpenters  Album Cover (back): Carpenters 40/40 The Best Selection / Carpenters  CD Case (back cover): Carpenters 40/40 The Best Selection / Carpenters

この「Carpenters 40/40 The Best Selection / カーペンターズ 40/40 〜 ベスト・セレクション」は、日本のファンの投票による上位40曲が収録されたカーペンターズの2枚組みベスト・アルバムで、カーペンターズがメジャー契約して40年目となる2009年に結成40周年を記念して企画されたアルバム。当初は日本だけでリリースされる予定だったものの、日本での好調なセールスもあってか、その後、世界各国でリリースされることとなったようです。

ということで、これまでのベスト・アルバムといったものには収録されることがなかったような曲も意外と多く含まれており、実際、自分自身も「Love Is Surrender / ラヴ・イズ・サレンダー」、「Maybe It's You / メイビー・イッツ・ユー」、「Reason To Believe / リーズン・トゥ・ビリーヴ」、「One More Time / ワン・モア・タイム」、「Crystal Lullaby / クリスタル・ララバイ」、「I Believe You / アイ・ビリーヴ・ユー」、「Now / ナウ」、「Ordinary Fool / オーディナリー・フール」、「When You've Got What It Takes / すばらしき人生」、「Your Baby Doesn't Love You Anymore / ユア・ベイビー」、「Baby, It's You / ベイビー・イッツ・ユー」、「Let Me Be The One / あなたの影になりたい」、「Leave Yesterday Behind / リーヴ・イエスタデイ・ビハインド」、「When It's Gone (It's Just Gone) / 涙の色は」といったシングルにはならなった曲、もしくはシングルとして大きなヒットにはならなかった曲はこのアルバムを買って初めて聴いた曲でもありました。まぁ、そこがこのアルバムを購入した理由でもあったのですが。

又、収録曲は全てリチャード・カーペンター自身による最新リマスターというのもファンには嬉しいところではないかと。

個人的には'80年代に入ってからの曲である「Touch Me When We're Dancing / タッチ・ミー」、「"(Want You) Back In My Life Again / バック・イン・マイ・ライフ」、「Make Believe It's Your First Time / 遠い初恋」といった曲も好きなんですが、ファンの人の多くは'70年代の曲に、より思い入れがあるようで、残念ながらこのアルバムには収録されていません。それと、代表曲のひとつだと思っていた「There's a Kind of Hush / 見つめあう恋」が選出されていないのもちょっと意外でしたね。

ちなみに、ファン投票で選ばれた上位10曲は以下の通り。

  1. Yesterday Once More / イエスタデイ・ワンス・モア (from the Album "Now & Then")
  2. I Need To Be In Love / 青春の輝き (from the Album "A Kind Of Hush")
  3. Top Of The World / トップ・オブ・ザ・ワールド (from the Album "A Song For You")
  4. (They Long To Be) Close To You / 遙かなる影 (from the Album "Close To You")
  5. Only Yesteday / オンリー・イエスタデイ (from the Album "Horizon")
  6. Rainy Days And Mondays / 雨の日と月曜日は (from the Album "Carpenters")
  7. A Song For You / ア・ソング・フォー・ユー (from the Album "A Song For You")
  8. Superstar / スーパースター (from the Album "Carpenters")
  9. Please Mr Postman / プリーズ・ミスター・ポストマン (from the Album "Horizon")
  10. We've Only Just Begun / 愛のプレリュード (from the Album "Close To You")

CD Case (inside): Carpenters 40/40 The Best Selection / Carpenters   CDの帯:カーペンターズ 40/40 〜 ベスト・セレクション / カーペンターズ

「カーペンターズのCD2枚組のセット40/40が、企画元である日本での素晴らしい成功に続いて、世界中でリリースされることを知り、非常に嬉しく思っています。日本のファンの40年間にわたる揺るぎないサポートに感謝します。」──リチャード・カーペンター

▼ Carpenters - I Need To Be In Love
https://www.youtube.com/watch?v=mTVpNXG7iBk

▼ Carpenters - Superstar
https://www.youtube.com/watch?v=SJmmaIGiGBg

▼ Carpenters - (They Long To Be) Close To You
https://www.youtube.com/watch?v=6inwzOooXRU

▼ Carpenters - Sing (Japanese Version) (Live at Budokan 1974)
https://www.youtube.com/watch?v=by_84JQM0CU

▼ Carpenters - Yesterday Once More (Live at Budokan 1974)
https://www.youtube.com/watch?v=ywB8vjMnoEw

TRACK LIST
[Disc 1]
1. Yesterday Once More / 2. Superstar / 3. Rainy Days And Mondays / 4. Top Of The World / 5. Ticket To Ride / 6. Love Is Surrender / 7. Maybe It's You / 8. Reason To Believe / 9. Where Do I Go From Here? / 10. This Masquerade / 11. It's Going To Take Some Time / 12. One More Time / 13. Those Good Old Dreams / 14. For All We Know / 15. Crystal Lullaby / 16. I Believe You / 17. (They Long To Be) Close To You / 18. Bless The Beasts And Children / 19. All You Get From Love Is A Love Song / 20. Calling Occupants Of Interplanetary Craft

1. イエスタデイ・ワンス・モア / 2. スーパースター / 3. 雨の日と月曜日は / 4. トップ・オブ・ザ・ワールド / 5. 涙の乗車券 / 6. ラヴ・イズ・サレンダー / 7. メイビー・イッツ・ユー / 8. リーズン・トゥ・ビリーヴ / 9. 愛のゆくえ / 10. マスカレード / 11. 小さな愛の願い / 12. ワン・モア・タイム / 13. 遠い想い出 / 14. ふたりの誓い / 15. クリスタル・ララバイ / 16. アイ・ビリーヴ・ユー / 17. 遙かなる影 / 18. 動物と子供達の詩 / 19. ふたりのラヴ・ソング / 20. 星空に愛を(コーリング・オキュパンツ)

[Disc 2]
1. I Need To Be In Love / 2. Now / 3. Solitaire / 4. Please Mr. Postman / 5. Hurting Each Other / 6. I Won't Last A Day Without You / 7. Sweet, Sweet Smile / 8. A Song For You / 9. Ordinary Fool / 10. When You've Got What It Takes / 11. Goodbye To Love / 12. Your Baby Doesn't Love You Anymore / 13. Sing / 14. Baby, It's You / 15. Let Me Be The One / 16. Only Yesterday / 17. Jambalaya / 18. Leave Yesterday Behind / 19. We've Only Just Begun / 20. When It's Gone (It's Just Gone)

1. 青春の輝き / 2. ナウ / 3. ソリテアー / 4. プリーズ・ミスター・ポストマン / 5. ハーティング・イーチ・アザー / 6. 愛は夢の中に / 7. スウィート・スマイル / 8. ア・ソング・フォー・ユー / 9. オーディナリー・フール / 10. すばらしき人生 / 11. 愛にさよならを / 12. ユア・ベイビー / 13. シング / 14. ベイビー・イッツ・ユー / 15. あなたの影になりたい / 16. オンリー・イエスタデイ / 17. ジャンバラヤ / 18. リーヴ・イエスタデイ・ビハインド / 19. 愛のプレリュード / 20. 涙の色は

NOTES
• 発売日:2009年04月22日
• SHM-CD
• 最新リマスター
• 解説・歌詞・対訳付

• Oversized jewel case with 8 page colour booklet, large wraparound obi strip (with Japanese track listing) and additional 60 page booklet with liner notes in Japanese and lyrics in both English and Japanese.

(記:2017年10月)


    40/40 - THE BEST SELECTION / OLIVIA NEWTON-JOHN (2010)

CDの帯:40/40 〜 ベスト・セレクション / オリビア・ニュートン・ジョン

Album Cover (front): 40/40 - The Best Selection / Olivia Newton-John  Album Cover (back): 40/40 - The Best Selection / Olivia Newton-John  CD Case (back): 40/40 - The Best Selection / Olivia Newton-John

こちらの「40/40 - The Best Selection / オリビア・ニュートン・ジョン 40/40 〜 ベスト・セレクション」はメジャー・デビュー40周年を記念して日本で企画されたオリビア・ニュートン・ジョンの2枚組みベスト・アルバムで、ヒット曲及び、ファン投票で選ばれた40曲に未発表曲の1曲を加えた全41曲が最新のリマスターで収録されています。

前文にも「ヒット曲及び、ファン投票で選ばれた40曲」と記してますが、付属のライナーノーツには「選曲は代表曲の他、日本のファンの要望にも配慮した画期的な試みである」と記されていることから、収録曲は純粋にファン投票で選ばれた曲だけで構成されているというわけではなく、ファン投票で選ばれた曲に主だったシングル曲を加えた選曲になっているようです。まぁ、ファンの方なら、どれがファン投票で選ばれた曲で、どれが代表曲として加えられたものかおおよその察しが付くのではないかと思いますが、個人的には「ディスク 2」に収録されている '80年代のシングル曲は代表曲として加えられたものではないかと思っています。

なお、アルバムの最後に収録されている未発表曲の"Come On Home"は、1974年にレコーディングされた曲で、1975年にリリースされた大ヒットアルバム「Have You Never Been Mellow / そよ風の誘惑」のアルバム・セッション時の音源だそうです。とは言っても、デモというレベルではなく、完成形と言っても差し支えないクオリティーでレコーディングされていることから、恐らくはアルバムの収録候補曲としてレコーディングされたものの、最終的に外された曲だったのではないでしょうか。

CD Case (inside): 40/40 - The Best Selection / Olivia Newton-John   Booklet: 40/40 - The Best Selection / Olivia Newton-John

個人的には、日本でのみシングルとしてリリースされた「Sad Songs / サッド・ソング」と「Compassionate Man / 恋する瞳」、そして、シングルとしてリリースされた曲ではあったもののベスト・アルバムに収録される機会が比較的少ない「Making A Good Thing Better / きらめく光のように」と「Something Better To Do / 秋風のバラード」、それに、シングルとしてはリリースされていないアルバム収録曲の「Don't Throw It All Away / 恋にさよなら」、「Angel Eyes / エンジェル・アイ」、「Slow Dancing / スロー・ダンシング」といった一般的なベスト・アルバムでは中々お目にかかれないような曲が最新のリマスターで収録されているのが嬉しいところ。

▼ Olivia Newton-John - Have You Never Been Mellow (The Midnight Special 1975)
https://www.youtube.com/watch?v=4IFQZyxxyyM

▼ Olivia Newton-John - I Honestly Love You (The Andy Williams Show 1974)
https://www.youtube.com/watch?v=pft1kkqKx_E

▼ Olivia Newton-John - Xanadu (Countdown 1980)
https://www.youtube.com/watch?v=2yIm3o71v0Q

▼ Olivia Newton-John - Hopelessly Devoted to You
https://www.youtube.com/watch?v=DJpyG3PXoKw

▼ Olivia Newton-John - Magic
https://www.youtube.com/watch?v=sl5bqHP0-KA

TRACK LIST
[Disc 1]
1. Have You Never Been Mellow / 2. Hopelessly Devoted To You / 3. Sam / 4. Making A Good Thing Better / 5. Something Better To Do / 6. Don't Stop Believin' / 7. Sad Songs / 8. Compassionate Man / 9. Jolene / 10. Please Mr. Please / 11. Take Me Home, Country Roads / 12. Let It Shine / 13. If Not For You / 14. Don't Throw It All Away / 15. Let Me Be There / 16. Long Live Love / 17. If You Love Me (Let Me Know) / 18. Angel Eyes / 19. The Promise (The Dolphin song) / 20. Summer Nights

1. そよ風の誘惑 / 2. 愛すれど悲し / 3. サム / 4. きらめく光のように / 5. 秋風のバラード / 6. たそがれの恋 / 7. サッド・ソング / 8. 恋する瞳 / 9. ジョリーン / 10. プリーズ・Mr.プリーズ / 11. カントリー・ロード / 12. レット・イット・シャイン / 13. イフ・ノット・フォー・ユー / 14. 恋にさよなら / 15. レット・ミー・ビー・ゼア / 16. 青空の天使 / 17. 愛しい貴方 / 18. エンジェル・アイ / 19. 愛のプロミス / 20. 想い出のサマー・ナイツ

[Disc 2]
1. Xanadu / 2. Physical / 3. You're the One That I Want / 4. Heart Attack / 5. Twist Of Fate / 6. Landslide / 7. I Need Love / 8. The Rumour / 9. Totally Hot / 10. Make A Move On Me / 11. Deeper Than The Night / 12. Magic / 13. Soul Kiss / 14. A Little More Love / 15. Suddenly / 16. Take A Chance On Me / 17. Come On Over / 18. Slow Dancing / 19. Clearly Love / 20. I Honestly Love You / 21. Come On Home (Special bonus track)

1. ザナドゥ / 2. フィジカル / 3. 愛のデュエット / 4. ハート・アタック / 5. 運命のいたずら / 6. ランドスライド / 7. アイ・ニード・ラヴ / 8. 噂 / 9. さよならは一度だけ / 10. ムーヴ・オン・ミー / 11. 愛の炎 / 12. マジック / 13. ソウル・キッス / 14. 愛は魔術師(マジシャン) / 15. 恋の予感 / 16. テイク・ア・チャンス / 17. 一人ぽっちの囁き / 18. スロー・ダンシング / 19. クリアリー・ラヴ / 20. 愛の告白 / 21. カム・オン・ホーム(本ベスト用未発表曲)

NOTES
• CD発売日:2012/06/20(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付
• SHM-CD
• 最新リマスター
• 未発表曲「Come on Home / カム・オン・ホーム」収録
• Released in Japan Only

(記:2017年11月)


    INVISIBLE 「とどかぬ愛」 / ALISON MOYET (1984)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Invisible 「とどかぬ愛」 / Alison Moyet   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Invisible 「とどかぬ愛」 / Alison Moyet   Japanese Vinyl Single Record: Invisible 「とどかぬ愛」 / Alison Moyet

実を言うと、このアリソン・モイエット(現在の日本語表記は「アリソン モイエ」となっているので、以降はアリソン モイエで表記します)の「Invisible / とどかぬ愛」は、この曲は勿論のこと、この人のことさえ何も知らないまま買ったシングル盤だったんですよね。

というのも、荘厳なバラード曲を聴きたくて、何か良さそうなものがないかとレコード店で探していたときに何となくジャケットの雰囲気だけで選んだのがこのシングル盤で、たまたま見つけた偶然の出会いのようなレコード盤でもあったわけです。

でもね、てっきりバラード曲だと自分の目を信じて買ったにもかかわらず、実はこれがバラード曲ではなかったのでした(笑)。

それでも、まぁ、そんな出会いがなければ、今でもこの曲はおろか、このアリソン モイエのことすら知らないままだったかもしれないので、これはこれで良かったのではないかと今では思っています。こうして購入時のことも思い出のひとつになっていますし。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Invisible 「とどかぬ愛」 / Alison Moyet

最近では、パワフルな声量は元より、体型や雰囲気なども何処と無く似ていることから、一躍時の人となったアデルと比較される機会も多いみたいで、実際、アデルを評してアリソン モイエの再来と言われたりもしているようです。

なお、このシングル"Invisible"は、英21位、米31位を記録。又、この"Invisible"が収録されたアルバム"Alf"は英1位を始め、多くのヨーロッパ諸国でトップ10に入るヒットを記録をしています。

ちなみに、ソロ転向前のアリソン モイエは、元デペッシュ・モードのヴィンス・クラークと結成したシンセポップ・デュオ「Yazoo / ヤズー」として活動し、人気を博していました。

Japanese Vinyl Single Record (Label): Invisible 「とどかぬ愛」 / Alison Moyet

▼ Alison Moyet - Invisible
https://www.youtube.com/watch?v=ONqQ6b2v_GM

▼ Alison Moyet - Invisible (The Prince's Trust charity concert at Wembley Arena in 1987)
https://www.youtube.com/watch?v=F2QmdMOX8mc

TRACK LIST
Side A: Invisible (とどかぬ愛) / Side B: Hitch Hike (ヒッチ・ハイク)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 歌詞・対訳付
• Released in Japan

• UK 21位 / US 31位

(記:2017年11月)


    I FOUND YOU (初回限定盤) / KOKIA (2015)

CDの帯:I Found You (初回限定盤) / KOKIA

Album Cover (front): I Found You / KOKIA  CD Case (back cover): I Found You / KOKIA  CD: I Found You / KOKIA

前年の2014年にリリースされた初のライヴ・アルバム"Color of Life"からは約1年振り、又、スタジオアルバムとしては、2013年にリリースされた"Where to go my love?"から約2年振りとなる"KOKIA"さんのアルバムがこの"I Found You"。

Promo Sticker: I Found You / KOKIA 購入したのは、ボーナストラックに加え、デコレーション・ステッカーが封入された初回限定盤で、デコレーション・ステッカーは、ジャケットに描かれた木にそのステッカーを貼って自分なりのジャケットを作ることができるというもの。

ジャケットの木はブックレットの表だけでなく、裏と中央、それにCDケースのバックカヴァーにも描かれているので、自分の好きな場所にステッカーを貼って、自分なりの木をデザインできます。

そして、ボーナストラックとしては、スマホ RPG「アルカディアの蒼き巫女」の主題歌として"KOKIA"さんが提供した曲「Spirits」が収録されています。

又、自分自身はゲームをやらないので関係ないですが、初回限定盤には、そのゲームの限定武器アイテム入手コードが封入されています。

Decoration Stickers: I Found You / KOKIA   Decoration Stickers: I Found You / KOKIA

ここ最近はどちらかというと歌詞に重点を置いた歌メロ中心のシンプルな構成の曲が多かった印象があるのですが、この"I Found You"は、ラヴ・ソングや応援歌といったものとは違う視点で書かれた曲が増した印象があり、特にアルバムの前半部分では、自分が最も好きなアルバムである"trip trip"でも見られたエキゾチックで摩訶不思議な要素が帰ってきた感じがあって嬉しかったですね。

自分の場合は、このコーラスやハーモニーの付け方がいいなとか、ここのピアノのメロディーがいいなとか、そういう色んな音の要素が交じり合ったサウンドが好きなので、そういった意味に於いては、「Family Tree」とか 「おいしい音 yum yum music」でのコーラス・ワークでは、久しぶりに、他の誰かではなく"KOKIA"の音楽を聴く理由を再確認できたようなところもありました。

ラヴ・ソングといったものは、歳をとってくるとコッ恥ずかしくて敬遠してしまうようなところもあるので、アルバムの後半部分は前半部分に比べると聴く機会が少ないのですが、それでも、自分自身は、自分の音楽というものを探求し続けていくKOKIAさんの姿勢に惹かれているようなところもあるので、これはこれで許容範囲かなと。でも、できることならラヴ・ソングのようなものはイメージだけで聴けるコキア語で歌ってくれたらという思いもあるのですが(笑)。

▼ KOKIA / New Album 『 I Found You 』 トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=yyabqD8u64c

▼ KOKIA - 「concert 2015 おいしい音をたべたなら」 -digest movie-
https://www.youtube.com/watch?v=tFt2fGFV_T4

CD Case (inside): I Found You / KOKIA TRACK LIST (初回限定盤)
1. Family Tree / 2. おいしい音 yum yum music / 3. Recover / 4. Solace 〜 記憶の森に積もる絵画 / 5. オギャーと産まれて / 6. I Found the Love / 7. Make Sense / 8. Dear Armstrong / 9. I Found You / 10. 旅列車 life train / 11. 無力と知った日 / 12. Sprits (初回限定盤ボーナストラック)

NOTES
• 初回限定盤 3大特典
(1) 初回限定ジャケット デコレーション・ステッカー封入
(2) ボーナストラック「Spirits」収録(スマホ RPG「アルカディアの蒼き巫女」主題歌)
(3) 「アルカディアの蒼き巫女」限定武器アイテム入手・特典コード封入

▼ 「I Found You」の関連記事

KOKIA otonami Blog - おいしい音 そろいました! (2015年02月17日)
http://www.kokia.com/blog/2015/post-1119.html

KOKIA otonami Blog - アルバム「I Found You」発売日! (2015年03月18日)
http://www.kokia.com/blog/2015/i-found-you.html

KOKIA「I Found You」インタビュー
http://natalie.mu/music/pp/kokia02

KOKIA、アルバム「I Found You」は自身の経験をリアルに表現
https://www.musicman-net.com/artist/40669

(記:2017年12月)


    ENDLESS LOVE 「エンドレス・ラブ」 / DIANA ROSS & LIONEL RICHIE (1981)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie   Japanese Vinyl Single Record: Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

ダイアナ・ロスとコモドアーズのライオネル・リッチーによるデュエット曲であるこの「Endless Love / エンドレス・ラブ」は、イタリア出身のフランコ・ゼフィレッリ監督によるブルック・シールズ主演の同名映画「エンドレス・ラブ」の主題歌であり、米ビルボードチャートに於いては9週間連続1位となる大ヒットを記録しています。

実を言うと、当時、このシングル盤を買った理由は、B面に収録されている"Endless Love (Instrumental)"が目的で、珠玉のバラード曲を集めた自作のカセットテープの最後にこの"Endless Love"のインストを入れたかったからなんですよね。A面の"Endless Love"だとちょっとベタ過ぎな感じがあるのですが、インストだとちょっといい感じかなと。

ちなみに、ビルボードの年間チャートでも2位を記録するヒットとなったこの曲の作詞と作曲はライオネル・リッチーが手掛けており、そのライオネル・リッチーは、ソロ転向後の1985年には「USAフォー・アフリカ」のチャリティー・ソングである「ウィ・アー・ザ・ワールド」をマイケル・ジャクソンと共に作曲しています。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

Japanese Vinyl Single Record (Label): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

▼ Diana Ross & Lionel Richie - Endless Love (with lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=2XAi8qWysU4

▼ Diana Ross & Lionel Richie - Endless Love (Live at the Academy Awards)
https://www.youtube.com/watch?v=NDNlYho3A2Y

TRACK LIST
Side A: Endless Love / エンドレス・ラブ
Side B: Endless Love (Instrumental) / エンドレス・ラブ(インストルメンタル)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞・対訳付
• Released in Japan
• US 1位(9週間連続) / UK 7位

(記:2017年12月)


    JAPANESE SINGLES COLLECTION / THE RUNAWAYS (2008)

Album Cover (front): Japanese Singles Collection / The Runaways   Album Cover (back): Japanese Singles Collection / The Runaways   CD: Japanese Singles Collection / The Runaways

この"Japanese Singles Collection"は、アルバムのタイトルからも分かるように、ランナウェイズの日本盤シングルをまとめたベスト盤で、取り分け日本での人気が高かったことから企画されたアルバムだと思われますが、リリース元はイギリスのレーベルです。

日本でリリースされたシングルは全6枚("Cherry Bomb"のみ「チェリー・ボンブ」と「悩殺爆弾」の2種類の邦題でリリースされています)で、そのA面とB面の12曲に、ランナウェイズの最後のシングルとなった日本未発売の英シングル"Right Now / Black Leather"の2曲をボーナストラックとして収録した全14曲でアルバムは構成されています。

この手の企画盤にしてはブックレットも丁寧に作られており、輸入盤には掲載されることが少ない収録曲の歌詞や解説(英文)の他、全シングルのジャケット写真、並びに、アルバムを含めたディスコグラフィー、はたまた、各シングルの日本でのレコード番号といったものまでも記載されているので、どうせ安易なコンピレーション・アルバムだろうと思っていると、ちょっぴり驚かされます(笑)。

又、ブックレット裏表紙は、歌詞の他、解説とメンバーのプロフィールが記載された日本盤シングル「ネオン・エンジェル」のジャケット裏面側がそのままプリントされているので、当時の雰囲気を垣間見ることができます。

なお、曲順はリリース順にA面とB面の曲が収録されています。ちなみに、日本で最後のシングルとなった「Mama Weer All Crazee Now (A面) / Eight Days A Week (B面)」はどちらもカヴァー曲で、"Mama Weer All Crazee Now"がスレイドのカヴァーで、"Eight Days A Week"はビートルズのカヴァーでした。

Japanese Singles Collection / The Runaways

活動期間中に残したアルバムは、4枚のスタジオ・アルバムと、日本でのライヴを収録したライヴ・アルバム「Live in Japan / ライヴ・イン・ジャパン」の計5枚。

アメリカ本国では大きな成功を収めることができなかったものの、日本ではファースト・アルバムからののシングル"Cherry Bomb"がオリコンの総合チャートで10位に入るヒットを記録、又、"Live in Japan"はゴールドに認定されるなど、大人気を博したバンドであり、ガールズ・バンドの草分け的存在でもありました。

▼ The Runaways - Neon Angels On The Road To Ruin / Queens Of Noise / Interview / Cherry Bomb (Japan TV Show 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=-p-mC_B0KAc

▼ The Runaways - Rock 'n Roll Sports Classic (part 1) ('78年にアメリカのABCで放送されたオールスター大運動会)
https://www.youtube.com/watch?v=vJzOFiy4_LM

CD Case (front): Japanese Singles Collection / The Runaways   CD Case (back): Japanese Singles Collection / The Runaways   Booklet (front): Japanese Singles Collection / The Runaways

THE RUNAWAYS - BAND MEMBERS
• Cherie Currie (シェリー・カーリー) - Lead and Backing Vocals (1975-1977)
• Joan Jett (ジョーン・ジェット) - Rhythm and Lead Guitar, Vocals (1975-1979)
• Lita Ford (リタ・フォード) - Lead and Rhythm Guitar, Vocals (1975-1979)
• Jackie Fox (ジャッキー・フォックス) - Bass Guitar, Vocals (1975-1977)
• Sandy West (サンディ・ウェスト) - Drums, Percussion, Vocals (1975-1979)
• Vicki Blue (ヴィッキー・ブルー) - Bass Guitar, Vocals (1977-1978)
• Laurie McAllister (ローリー・マカリスター) - Bass Guitar (1978-1979)

バンド解散後のソロ活動

▼ Joan Jett & The Blackhearts - I Love Rock 'n Roll
https://www.youtube.com/watch?v=xL5spALs-eA

▼ Joan Jett - Dirty Deeds Done Dirt Cheap (Dirty Deeds)
https://www.youtube.com/watch?v=2sky1tt8vLA

▼ Lita Ford (duet with Ozzy Osbourne) - Close My Eyes Forever
https://www.youtube.com/watch?v=foGkU6x3eSE

▼ Cherie & Marie Currie - Since You've Been Gone (RockPop 1980)
https://www.youtube.com/watch?v=uBf5rx3qBw8

▼ Cherie Currie (with Sandy West and Jackie Fox) - Queens Of Noise
https://www.youtube.com/watch?v=8GoN-pupXFA

▼ Cherie Currie - Cherry Bomb (Chicago IL 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=ozBCSXeffMY

▼ Lita Ford & Cherie Currie - Queens Of Noise (M3 Rock Festival 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=AypB-EkSzxo

TRACK LIST
1 Cherry Bomb / 2 Blackmail / 3 Secrets / 4 Rock 'N' Roll / 5 Neon Angels On The Road To Ruin / 6 Queens Of Noise / 7 All Right You Guys (Live) / 8 Blackmail (Live) / 9 Little Sister / 10 School Days / 11 Mama Weer All Crazee Now / 12 Eight Days A Week
[Bonus Tracks]
13 Right Now / 14 Black Leather

NOTES
• Label: Cherry Red Records (UK)
• Made in the EU (Import)
• 解説(英文)・歌詞付
• The CD features Japanese picture cover single sleeves, lyrics, discography and sleeve notes.
• The CD features 2 bonus tracks, the UK single "Right Now" and it's B-side "Black Leather". This was to be the band's last single release.

(記:2017年12月)


    ALL THE BEST! 「オール・ザ・ベスト」 / PAUL McCARTNEY (1987)

CDの帯(初回プレス盤):オール・ザ・ベスト / ポール・マッカートニー

Album Cover (front): All The Best! / Paul McCartney  Album Cover (back): All The Best! / Paul McCartney  CD Case (back cover): All The Best! / Paul McCartney

自分が初めて買ったポール・マッカートニーのアルバムはといえば、LPレコード時代に買った「Tug of War / タッグ・オブ・ウォー」だったのですが、CDとして初めて買ったのは、このベストアルバム「All The Best! / オール・ザ・ベスト」でした。

ポール・マッカートニーのベスト・アルバムとしては、バンドという形態で活動していたウィングス時代に「Wings Greatest / ウイングス・グレイテスト・ヒッツ」が1978年にリリースされていたものの、ポール・マッカートニー名義でリリースされたアルバムとしては、この"All The Best!"が初のベスト・アルバムということになります。

特徴としては、1987年にリリースされる予定だったものの、諸事情によりお蔵入りとなったアルバム「The Lost Pepperland Album / ザ・ロスト・ペパーランド・アルバム」に収録される予定だった「Once Upon Along Ago / ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー」が最新シングルとして収録されている他、日本未発表の短編アニメーション映画"Rupert and the Frog Song"の主題歌で、1984年にイギリス限定でリリースされたシングル「We All Stand Together / ウイ・オール・スタンド・トゥゲザー」が収録されているといったところが挙げられます。

なお、この"All The Best!"はイギリス盤とアメリカ盤で収録曲に若干の違いがあり、アメリカ盤の方には"Once Upon Along Ago"は収録されておらず、シングルとしてもリリースされていません。ちなみに、日本盤はイギリス盤に準じるかたちでリリースされています。

▼ Paul McCartney & Wings - My Love (TV Show 1973)
https://www.youtube.com/watch?v=InoG6rhZZRE

▼ Paul McCartney & Wings - Silly Love Songs (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=fK5oJcn99d4

Booklet: All The Best! / Paul McCartney TRACK LIST
1. Jet / 2. Band On The Run / 3. Coming Up / 4. Ebony And Ivory / 5. Listen To What The Man Said / 6. No More Lonely Nights / 7. Silly Love Songs / 8. Let 'Em In / 9. C-Moon / 10. Pipes On Peace / 11. Live And Let Die / 12. Another Day / 13. Once Upon Along Ago / 14. Say Say Say / 15. My Love / 16. We All Stand Together / 17. Mull Of Kintyre

1. ジェット(ポール・マッカートニー&ウィングス) / 2. バンド・オン・ザ・ラン(ポール・マッカートニー&ウィングス) / 3. カミング・アップ(ポール・マッカートニー) / 4. エボニー・アンド・アイボリー(ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー) / 5. あの娘におせっかい(ウイングス) / 6. ひとりぽっちのロンリー・ナイト(ポール・マッカートニー) / 7. 心のラヴ・ソング(ウイングス) / 8. 幸せのノック(ウイングス) / 9. C・ムーン(ウイングス) / 10. パイプス・オブ・ピース(ポール・マッカートニー) / 11. 007/死ぬのは奴らだ(ウイングス) / 12. アナザー・デイ(ポール・マッカートニー) / 13. ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー(ポール・マッカートニー) / 14. SAY SAY SAY(ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン) / 15. マイ・ラヴ(ポール・マッカートニー&ウィングス) / 16. ウイ・オール・スタンド・トゥゲザー(ポール・マッカートニー) / 17. 夢の旅人(ウイングス)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Released with a booklet featuring photos and lyrics in English.
• Includes an additional 4 x CD size fold-out, double-sided insert with extensive liner notes in Japanese and lyrics in Japanese. Also includes an obi-strip.

• Album: UK 2位 (3x Platinum)、US 62位 (2x Platinum / 2001-RIAA)
• Single: "Once Upon Along Ago" UK 10位

(記:2017年12月)


    THE BEATLES 1967-1970 / THE BEATLES (1973)

CDの帯:ザ・ビートルズ 1967年〜1970年 / ザ・ビートルズ

CD Case (front): The Beatles 1967-1970 / The Beatles   CD Case (back): The Beatles 1967-1970 / The Beatles

「青盤 / The Blue Album」という愛称で知られるこの「The Beatles 1967-1970 / ザ・ビートルズ 1967年〜1970年」は、自分が初めて買ったビートルズのアルバムでもありました。

前期の楽曲(1962年〜1966年)からセレクトされた「赤盤 / The Red Album」に対し、こちらの青盤は後期の曲からのセレクトということになり、アルバムとしては"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"(1967年)からラスト・アルバムの"Let It Be"(1970年)までの楽曲で構成されています。

恐らくは、今もなおファンに最も愛されるビートルズのベスト・アルバムがこの「青盤」であり「赤盤」じゃないかと思うのですが、自分のように後追いで聴いた者にとって、この日本盤は一曲ごとに曲の解説もされているので、入門編としても最適なアルバムだったのではないかと思います。

Booklet (front): The Beatles 1967-1970 / The Beatles  Booklet (back): The Beatles 1967-1970 / The Beatles  CD-1: The Beatles 1967-1970 / The Beatles  CD-2: The Beatles 1967-1970 / The Beatles

このベスト・アルバム「青盤」並びに「赤盤」が多くのファンに愛され、オリジナル・アルバムを全て持っていたとしても買う価値があると言われる理由としては、選曲の良さ及び曲順の素晴らしさに加え、シングルのみのリリースで、オリジナル・アルバム未収録の曲が収録されている他、オリジナル・ヴァージョンでは前の曲や後の曲と繋がっていたいくつかの曲が綺麗に単体で編集された形で収録されていること(CD化以降)。そしてジャケットの写真はといえば、幻のアルバムとなった"Get Back"のために撮影された写真が使われているといったことが挙げられるのではないでしょうか。

ちなみに、ジャケットに使用されている"Get Back"用に撮影されたこの写真は、1963年のデビュー・アルバム"Please Please Me"のジャケットと同じく、ロンドンのマンチェスター・スクエア内にあったEMI本部(現在は取り壊されている)において、同じフォトグラファー(アンガス・マクビーン)により同じアングルで撮影されたものだそうです。なお、お蔵入りとなったアルバム"Get Back"は後に編集され、"Let It Be"のタイトルでビートルズ最後のオリジナル・アルバムとしてリリースされています。

オリジナル・アルバムでは前の曲や後の曲と繋がっていたものが、単体で編集されて収録されているのは、"A Day in the Life"(イントロ部分が、前の曲の"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)"と被さっていない)、"Back in the U.S.S.R."(フェイド・アウト部分で、次の曲の"Dear Prudence"とクロス・フェイドしている部分がカットされている)、"While My Guitar Gently Weeps"(イントロの掛け声がカットされている)といった曲。

又、シングルのみのリリースで、オリジナル・アルバムには未収録の曲としては、"Lady Madonna"(シングルA面)、"Hey Jude"(シングルA面)、"Revolution"("Hey Jude"のB面)、"Don't Let Me Down"("Get Back"のB面)、"The Ballad of John and Yoko"(シングルA面)、"Old Brown Shoe"("The Ballad of John and Yoko"のB面)の6曲が収録されています。

アルバムの選曲はジョージ・ハリスンが担当しており、選曲は元より、曲順の構成も素晴らしく、アメリカと日本では事実上のラスト・シングル(本国のイギリスではシングル・カットされていません)である"The Long and Winding Road"で終わるアルバム構成には泣かされますね。又、日本でのみシングル・カットされた"Don't Let Me Down"や、シングル・カットはされていないものの、ビートルズの曲の中では個人的に最も好きな曲のひとつである"While My Guitar Gently Weeps"が収録されているのも嬉しいところ。

The Beatles 1967-1970 / The Beatles  The Beatles 1967-1970 / The Beatles  The Beatles 1967-1970 / The Beatles

▼ The Beatles - Hello, Goodbye
https://www.youtube.com/watch?v=rblYSKz_VnI

▼ The Beatles - Hey Jude
https://www.youtube.com/watch?v=A_MjCqQoLLA

TRACK LIST
[Disc 1]
1. Strawberry Fields Forever / 2. Penny Lane / 3. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / 4. With A Little Help From My Friends / 5. 1. Lucy In The Sky With Diamonds / 6. A Day In The Life / 7. All You Need Is Love / 8. I Am The Walrus / 9. Hello, Goodbye / 10. The Fool On The Hill / 11. Magical Mystery Tour / 12. Lady Madonna / 13. Hey Jude / 14. Revolution

1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / 2. ペニー・レイン / 3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / 4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / 5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ / 6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ / 7. 愛こそはすべて / 8. アイ・アム・ザ・ウォルラス / 9. ハロー・グッドバイ / 10. フール・オン・ザ・ヒル / 11. マジカル・ミステリー・ツアー / 12. レディ・マドンナ / 13. ヘイ・ジュード / 14. レボリューション

[Disc 2]
1. Back In The U.S.S.R. / 2. While My Guitar Gently Weeps / 3. Ob-La-Di, Ob-La-Da / 4. Get Back / 5. Don't Let Me Down / 6. Ballad Of John and Yoko / 7. Old Brown Shoe / 8. Here Comes The Sun / 9. Come Together / 10. Something / 11. Octopus's Garden / 12. Let It Be / 13. Across The Universe / 14. The Long And Winding Road

1. バック・イン・ザ・U.S.S.R. / 2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / 3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / 4. ゲット・バック / 5. ドント・レット・ミー・ダウン / 6. ジョンとヨーコのバラード / 7. オールド・ブラウン・シュー / 8. ヒア・カムズ・ザ・サン / 9. カム・トゥゲザー / 10. サムシング / 11. オクトパス・ガーデン / 12. レット・イット・ビー / 13. アクロス・ザ・ユニバース / 14. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

NOTES
• CD発売日:1993年9月20日
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 20ページの英文ブックレット + 44ページの日本語ブックレット
• デジタル・リマスター
• 青色CDトレー
• 解説(アルバム解説・曲目解説)・歌詞・対訳付

• UK 2位 (2x Platinum / BPI)、US 1位 (17x Platinum [Diamond Award] / 2010-RIAA)

(記:2017年12月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 33 Navigation Part 34   Navigation   
Jihiro's Gait / Since 2003