Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 32
01. JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史 (2017)
02. WORDS 「ワーズ」 / F.R. DAVID (1982)
03. I NEED YOU 「アイ・ニード・ユー」 / F.R. DAVID (1983)
04. EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD 「ルール・ザ・ワールド」 / TEARS FOR FEARS (1985)
05. TURBO 30 「ターボ」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1986 / 2017)
06. QUEEN のポストカード5枚組セット
07. ULTIMATE SURVIVOR 「アルティメット・サバイバー」 / SURVIVOR (2004)
08. KISS 「地獄からの使者 〜 KISS ファースト」 / KISS (1974)
09. LOVE GUN 「ラヴ・ガン」 / KISS (1977)
10. WHERE TO GO MY LOVE? / KOKIA (2013)
    JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史 (2017)

JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)    JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)

こちらは、一月ちょっと前の6月末に突如出版されたジャパンの歴史を綴った単行本「JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史」。

本の内容としては、2015年にイギリスで出版された"A Foreign Place - The Biography (1974-1984)"の日本語版ということになるのですが、日本版では独自に、音楽雑誌「ミュージック・ライフ」の秘蔵写真や、過去に掲載されていたインタビュー記事が加えられた特別編集版となっています。

こういう本が発売されるということは、もしかしたらジャパンとして何かしら動きがあるのかとも思ったのですが、特段そういった動きというものは無いようなので、何かに連動して出版されたということではないみたいです。それにしても丸々一冊ジャパンの本が出版されようとは思ってもみなかったので驚きましたね。

本文の始まりである第1章の前には16ページの巻頭グラビアがあって、そこにはデビュー前の学生時代に家で練習している風景が写された貴重な写真があったりと、ファンにとっては本文と併せて興味深い一冊になっています。又、本文の中にも所々で写真が掲載されており、自分自身は初めて見る写真も多く、特にミック・カーン亡き今となっては、これらの写真を眺めるだけでも感慨深いものがあります。ただ、一言だけ言わせてもらえれば、表紙の写真にはロブ・ディーンも加えてほしかったなと。

本文の方は、生い立ちからメンバーの出会い、ジャパン結成に至るまでの経緯。そして、ロブ・ディーン本人が語る脱退の真相や、スティーヴ・ジャンセンの日記に記された「Tin Drum / 錻力の太鼓」のレコーディング中のエピソードといったものから、はたまた、ポール・マッカートニーやデュラン・デュランとの意外な交流など、今までほとんど知られることが無かったバンドの実像や実態が明かされています。解散の舞台裏を語ったメンバー全員のインタビュー記事も、当時を知らないファンや、当時見逃していたファン、そして、当時読んでいたかも知らないけど忘れてしまっていたような感じがする自分のような人達にも見逃せないものだと思います。

JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)   JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)   JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)

この「JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史」は、日本で初めて出版されたジャパンの評伝であり、バイオグラフィ本らしいですが、もしかしたら、これが最初で最後かもしれないし、本の内容からして発行部数もそれほど多くはないと思われるので、ファンの人は元より、ジャパンと共に青春時代を過ごしたというかつてファンだったという人もこの機会に購入して、当時の自分を重ねて思い起こしてみるのはいかがでしょうか。

私自身は、2011年に出版された「ミック・カーン自伝」の方も購入しているので、そこでミック自身が語っていたことを裏付けるようなエピソード(例えば、"Quiet Life"と"Gentlemen Take Polaroids"の製作に携わったプロデューサーのジョン・パンターが、作曲者にデヴィッド・シルヴィアンの名前しか表記されていないことを不思議に思っていたといったこと)があったり、その「ミック・カーン自伝」で語られていた出来事が、この本ではまた違う立場の人による視点で取り上げられていることにより、人それぞれに様々な見解があるのだということを知ることができたのも良かったですね。

それと、当時のファンのことを考えてのことだと思われますが、本文にあるアルバムや曲のタイトルは原題に加えて邦題も並べて表記してあるので、当時、ジャパンに抱いていたイメージとその時代の雰囲気が蘇ってくるようで、これが中々良いんですよね。

なお、この本については、本の出版に携わった方が5回にわたって「JAPAN本制作日記」というかたちで記事を書かれているので、こちらも併せて読むと、より興味深くこの本を味わうことができると思います(実際、自分がそうでしたから)。

▼ JAPAN本制作日記 1
http://blog.livedoor.jp/akikomima/archives/51838736.html

JAPAN 1974-1984 〜 光と影のバンド全史(単行本)

CONTENTS
• 第1章 出会いとはじまり
• 第2章 真夜中を突っ走れ
• 第3章 曖昧な選択肢を手中に
• 1978年日本初登場インタビュー
• 第4章 アルファヴィル
• 第5章 1980
• 第6章 1980 2
• 1980年対談 デヴィッド・シルヴィアン&坂本龍一
• 第7章 アートと派閥
• 第8章 錻力の太鼓
• 第9章 バーニング・ブリッジズ
• 第10章 歓待の声
• 1982年解散報道〜メンバー全員インタビュー
• 終章 終わりなき愛を夢見て
• ディスコグラフィ
• パーソナル・アンケート

NOTES
• 単行本(320ページ)
• 出版社:シンコーミュージック
• 発売日:2017年6月29日(日本語特別仕様版)
• 寸法:25 x 21 x 3cm(A4変型判)
• 価格:¥3,700+税(税込み¥3,996)

(記:2017年8月)


    WORDS 「ワーズ」 / F.R. DAVID (1982)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Words / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Words / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Words / F.R. David

1982年から1983年にかけてヨーロッパ全土を席巻するほどのヒットとなったのが、このチュニジア出身のフランス人シンガーソングライター、F.R. デイヴィッドの「Words / ワーズ」。

ヨーロッパの国々でチャート1位の大ヒットとなったこの曲、本国のフランスでは惜しくも2位止まりだったものの、フランス国内だけで100万枚のセールスを記録する大ヒットとなっています。

この"Words"がヨーロッパの国々でヒットしたのは秋から冬にかけてといったこれから寒さが増していくという時期でしたが、清涼感に満ちた透明感溢れるサウンドは、この暑い季節にもピッタリといった感じで、この曲を聴くだけで体感温度がいくらか下がるかのようでもあります。

音楽のスタイルとしてはヨーロッパの方だとシンセ・ポップというジャンルで語られることが多いようで、実際、シンセサイザーが印象的なサウンドといった感じですが、テクノのようなピコピコとしたサウンドではないので、F.R. デイヴィッドの声と相まって、どこか感傷的で切ない雰囲気がありますね。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Words / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Words / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Words / F.R. David

当時はラジオでも頻繁にこの曲が流れていた記憶があるので、恐らくは、ヨーロッパほどではないにしても、日本でも割とヒットしたのではないかと思います。実際、日本でリリースされた次のシングル「I Need You / アイ・ニード・ユー」と、それに続くシングル「Girl (You Are My Song) / ガール」がCMで使われたのはこの「Words / ワーズ」のヒットがあったからでしょうし、自分もこうしてシングル盤を買っていたわけですからね。

▼ F. R. David - Words
https://www.youtube.com/watch?v=D6NlidHs6bM

ちなみに、この"Words"がCMで使われることは無かったようですが、実はそっくりな曲がコカ・コーラのCMソングとして作られていたようですね。

▼ ディスク2の12曲目「Yes Coke Yes '83 秋 (初音盤化) 」を試聴してみてください。

コカ・コーラCMソング集 1962-89
http://www.hmv.co.jp/artist_Various_000000000000075/item_1962-89_1510012

TRACK LIST
Side A: Words / ワーズ
Side B: When The Sun Goes Down / ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付(対訳無し)
• Released in Japan

• Singles Charts: Austria(1位) / Belgium(1位) / Denmark(1位) / Germany(1位)、Ireland(1位) / Italy(1位) / Norway(1位) / Spain(1位) / Sweden(1位) / Switzerland(1位) / France(2位) / Netherlands(2位) / UK(2位) / US(62位)
• Year-End Singles Charts: Belgium(1位) / Switzerland(1位)

(記:2017年8月)


    I NEED YOU 「アイ・ニード・ユー」 / F.R. DAVID (1983)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): I Need You / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): I Need You / F.R. David   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: I Need You / F.R. David

前回の「Words / ワーズ」に引き続き、今回も手持ちのシングル盤の中から F.R. デイヴィッドのシングル「I Need You / アイ・ニード・ユー」をピックアップ。

このシングル盤を買ったときのことはよく覚えていないのですが、ヨーロッパでは"Words" (1982) の後に、"Pick Up the Phone" (1982) 、"Music" (1983) といった曲がシングルとしてリリースされていたものの、日本ではこの"I Need You"が"Words"に続くシングルとして話題になっていたような記憶があります。日本ではCMソングとしても使われていましたからね。

ちなみに、この"I Need You"は、1982年リリースのファーストアルバム"Words"と、1984年リリースのセカンドアルバム"Long Distance Flight"の合間の1983年にシングルのみでリリースされた曲で、オリジナル・アルバムには未収録の曲ということになります。ただし、"Long Distance Flight"の日本盤にはこの"I Need You"も収録されていたようです。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): I Need You / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): I Need You / F.R. David

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): I Need You / F.R. David

補足しておくと、このシングルに収録されているのは、時間表記が「3:11」のヴァージョンですが、本国のフランスをはじめ、ヨーロッパの国々でリリースされた12インチのシングルの方には、1分半ほど長いヴァージョン(時間表記は「4:42」)が収録されています。

▼ F.R. David - I Need You (7" Single Version - 3:11)
https://www.youtube.com/watch?v=eZqaBI1ppDE

▼ F.R. David - I Need You (Special Maxi Version - 4:42)
https://www.youtube.com/watch?v=5-QzTp-vli0

なお、コンピレーション・アルバム等には、これらとはまた違う「4:20」のヴァージョンが収録されていることが多いようです。

▼ F.R. David - I Need You (Long Version - 4:20)
https://www.youtube.com/watch?v=XKVVSCe_n30

TRACK LIST
Side A: I Need You / アイ・ニード・ユー
Side B: Porcelain Eyes / ポーセリン・アイズ

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付(対訳無し)
• Released in Japan

(記:2017年8月)


    EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD 「ルール・ザ・ワールド」 / TEARS FOR FEARS (1985)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Everybody Wants to Rule the World / Tears for Fears   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Everybody Wants to Rule the World / Tears for Fears   Japanese Vinyl Single Record: Everybody Wants to Rule the World / Tears for Fears

こちらは、ティアーズ・フォー・フィアーズの大ヒット曲「Everybody Wants to Rule the World / ルール・ザ・ワールド」のシングル盤。当時からそうでしたが、個人的には今でもこの曲は夏にピッタリの曲といったイメージがあることから今回取り上げることにました。

実を言うと、当時は、ティアーズ・フォー・フィアーズは勿論のこと、この曲のことなど何も知らないまま、何となく雰囲気だけでこのシングル盤を買ったんですよね。それ以外のことはあまりよく覚えていないのですが、当時を振り返ってみると、何かオシャレなものを探していた中で見つけたシングル盤だったような気もしますが、B面に収録されている「Pharaohs / ファラオ」という曲のタイトルに惹かれて興味を持ったような気もしなくはないです。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Everybody Wants to Rule the World / Tears for Fears

Japanese Vinyl Single Record (Label): Everybody Wants to Rule the World / Tears for Fears

なお、この"Everybody Wants to Rule the World"(UK 2位 / US 1位)が収録された1985年発表のセカンド・アルバム「シャウト / Songs from the Big Chair」からは、この他にも"Shout"(UK 4位 / US 1位)や、"Head Over Heels"(UK 12位 / US 3位)といったヒット曲が生まれ、アルバム自体も UK 2位 (3x Platinum) / US 1位 (5x Platinum) の大ヒットを記録しています。

▼ Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=ST86JM1RPl0

▼ Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World (Live 2007)
https://www.youtube.com/watch?v=c8L_hLS21cw

TRACK LIST
Side 1: Everybody Wants To Rule The World / ルール・ザ・ワールド
Side 2: Pharaohs / ファラオ

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付(対訳無し)
• Released in Japan

• UK 2位 / US 1位

(記:2017年8月)


    TURBO 30 「ターボ」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1986 / 2017)

CDの帯:ターボ -30thアニバーサリー・エディション- / ジューダス・プリースト

Album Cover (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest
この「Turbo 30」は、ジューダス・プリーストのアルバムの中で最も物議を醸したと言える10作目のスタジオ・アルバム「Turbo / ターボ」の「30th アニバーサリー・エディション」。

賛否が分かれる問題作となった理由としては、ギター・シンセサイザーを導入したメタル・モダニズムとも言えるサウンドの構築にあったと思うのですが、アメリカではアルバムのリリースに伴うツアーの相乗効果もあってか、前作に引き続きプラチナムを記録するなど、概ね好評だったようです。

ただ、本国のイギリスではアルバムチャートで33位止まりだったことから、どちらかと言うと否定的に捉える向きも多かったのではないかと思われます。

自分自身は、ギター・シンセサイザー導入とかポップ化うんぬんということよりも、現状に甘んじることなく、へヴィーメタルというジャンルの枠を打ち破ろうとするそのチャレンジ精神にエールを送っていたようなところがありましたね。ギター・シンセサイザーの音にしても、浮いている感じはなく、曲のイメージに上手く調和しているといった印象。

Album Cover (back): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest 実際、アルバムの中では最も異色と言える"Out In The Cold"や、これまでになくキャッチーな"Reckless"は取り分け好きで良く聴いてました。でも、当時は"Out In The Cold"なんかはライヴでは演らないんだろうなと思っていたら、翌年の1987年にリリースされたライヴ・アルバム「Priest...Live! / プリースト…ライヴ!」に収録されていたことから、ライヴで演奏されていたことを知って驚いたことを覚えています。しかもオープニング曲でしたからね。一方では、なんで"Reckless"が無いのかと思ったりもしてましたけど。

その"Reckless"については、映画トップガンのサウンドトラック収録曲としてオファーが来ていたのをマネージャーが断ったといったことがライナーノーツに記述してあるのですが、仮に、この曲ががトップガンのサウンドトラックに入っていたら、ジューダス・プリーストのその後にどういう影響を及ぼしたんでしょうね。

Turbo 30 [30th Anniversary Edition] (2017)

そして、オリジナルのアートワークとは色調が大胆に変更されたこの30周年記念盤は、最新リマスターの本編に加え、アルバムのリリース後に行われた"Fuel For Life Tour"よりカンザス・シティでのライヴを収録したCDが2枚加えられた3枚組の仕様となっています。

なお、その2枚のライヴCDには、アルバム"Turbo"から"Out In the Cold"、"Locked In"、"Private Property"、"Rock You All Around The World"、"Turbo Lover"の5曲が収録。

▼ リマスターされたスタジオ・アルバム"Turbo"と、"Fuel For Life Tour Live (1986)" のディスクが2枚

CD-1: Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest   CD-2 (Fuel For Life Tour Live 1986): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest   CD-3 (Fuel For Life Tour Live 1986): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ 左から英文ブックレットの表、裏、日本語ブックレット

Booklet (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest   Booklet (back): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest   Japanese Booklet (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ CD3枚は内側に差し込んであります。(輸入盤だと恐らくは保護袋に入ってないと思われるので、取り出し辛いかも)

Album Cover (inside): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ Judas Priest - Turbo Lover (Live from the 'Fuel for Life' Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=RVoE3d3OYsM

▼ Judas Priest - Reckless
https://www.youtube.com/watch?v=7wA0fQWtVDw

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

TRACK LIST (Turbo 30 / 30th Anniversary Edition)
CD 1 (Studio Album - Turbo)
1. Turbo Lover / 2. Locked In / 3. Private Property / 4. Parental Guidance / 5. Rock You All Around The World / 6. Out In The Cold / 7. Wild Nights, Hot & Crazy Days / 8. Hot For Love / 9. Reckless

1. ターボ・ラヴァー / 2. ロックド・イン / 3. プライヴェイト・プロパティ / 4. ペアレンタル・ガイダンス / 5. 野獣のロックンロール / 6. 孤独の叫び / 7. 狂乱の夜 / 8. 愛に飢えて / 9. レックレス

CD 2 (Recorded Live On The Fuel For Life Tour Kansas City - 22nd May 1986)
1. Out In the Cold / 2. Locked In / 3. Heading Out To The Highway / 4. Metal Gods / 5. Breaking The Law / 6. Love Bites / 7. Some Heads Are Gonna Roll / 8. The Sentinel / 9. Private Property / 10. Desert Plains / 11. Rock You All Around The World

1. 孤独の叫び / 2. ロックド・イン / 3. 嵐のハイウェイ / 4. メタル・ゴッズ / 5. ブレイキング・ザ・ロウ / 6. 誘惑の牙 / 7. 叛旗の下に / 8. 死の番人 / 9. プライヴェイト・プロパティ / 10. 雷鳴 / 11. 野獣のロックンロール

CD 3 (Recorded Live On The Fuel For Life Tour Kansas City - 22nd May 1986)
1. The Hellion / 2. Electric Eye / 3. Turbo Lover / 4. Freewheel Burning / 5. Victim Of Changes / 6. The Green Manalishi (With The Two-Pronged Crown) / 7. Living After Midnight / 8. You've Got Another Thing Coming / 9. Hell Bent For Leather

1. ヘリオン / 2. エレクトリック・アイ / 3. ターボ・ラヴァー / 4. フリーホイール・バーニング / 5. 生け贄 / 6. グリーン・マナリシ / 7. リヴィング・アフター・ミッドナイト / 8. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング / 9. 殺戮の聖典

NOTES
■ ターボ - 30th アニバーサリー・エディション
• CD3枚組
• 30周年記念アートワーク&ブックレット
• 8面パネル紙ジャケット仕様
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2017年2月1日(日本先行発売 / 完全生産限定盤)

• Original Album (Released in 1986): UK 33位、US 17位 (Platinum / 1989-RIAA)

(記:2017年9月)


    QUEEN のポストカード5枚組セット

Postcard: Queen   Postcard: Queen

これは、1980年代頃に買ったような記憶があるクイーンのポストカード5枚組セット。

内訳は、フレディ、ブライアン、ロジャー、ジョンの個別のポストカードが各1枚、それに全員(ロジャーだけ一部分)が写ったものが1枚。

パッケージのようなものはとくに無く、透明なビニール袋に5枚が重ねて入れられており、一番上のブライアンのポストカードだけが外から見える状態になっていました。

そういえばクイーンのポストカードを買った記憶があるけど、何処にいったんだろうと思って一時期探したことがあったのですが、結局は見つからずに諦めたことがあったんですよね。何となくLPレコードのジャケットに挟んで保管していたような記憶もあったので、LPレコードを処分したときに一緒に無くしたのかとずっと思い込んでいました。

でも、ある時、それがひょっこりと見つかったんですよね。どこで見つけたかは今では全然覚えていないのですが(笑)。

郵便番号が5桁なのが今となっては懐かしいところ。

Postcard: Brian May / Queen   Postcard: Roger Taylor / Queen   Postcard: Freddie Mercury / Queen   Postcard: John Deacon / Queen   Postcard (back): Queen

(記:2017年9月)


    ULTIMATE SURVIVOR 「アルティメット・サバイバー」 / SURVIVOR (2004)

CDの帯(初回プレス盤):アルティメット・サバイバー / サバイバー

Album Cover (front): Ultimate Survivor / Survivor
実を言うと、2004年にリリースされたこのサバイバーのベスト・アルバム「Ultimate Survivor / アルティメット・サバイバー」を買おうとしたときは、2009年に日本で企画された「Eye Of The Tiger - Best Of Survivor / アイ・オブ・ザ・タイガー 〜 ベスト・オブ・サバイバー」が既にリリースされていたのですが、迷った挙句に、結局はパッケージのデザインを含めてアルバムへの力の入れ具合が高そうなこちらを選択したんですよね。(サバイバーのコンピレーション・アルバムとしては、この他にも"The Best of Survivor"というベストも2006年にリリースされていたのですが、こちらは収録曲数が14曲とやや少なかったこともあり購入候補から除外していました)

ただし、日本でもヒットした映画「ベスト・キッド」(原題は"The Karate Kid")の主題歌でもある「The Moment of Truth / ザ・モーメント・オブ・トゥルース」がこちらの"Ultimate Survivor"には収録されていないのが残念なところ。

本当は、サバイバーの曲の中で最も好きな曲のひとつである"I Never Stopped Loving You"(アルバム"Caught in the Game"に収録)が収録されているベストがないかと探したのですが、シングルとしてもリリースされた曲ではあったもののビルボードチャートでは100位にも入らなかったことから、中々ベストにも収録されないようで、先に挙げたベストを含めて見つからなかったんですよね。仮に、もし、"I Never Stopped Loving You"が収録されているベストがあったなら、それを選んでいたかもしれません。

で、このサバイバー、良くも悪くも「Eye Of The Tiger / アイ・オブ・ザ・タイガー」、もしくは映画「ロッキー」のイメージが付いて回る宿命を背負ってしまったバンドといった印象があるのですが、実は意外ととは言っては何ですが、アメリカンロック、もしくはパワーポップの王道とも言える曲を数多く輩出しているバンドでもあるんですよね。

ちなみに、「ロッキー III」のテーマ曲ともなった"Eye of the Tiger"は、米英で共にチャートの1位となり、特にアメリカ(ビルボード・チャート)では6週間連続第1位を記録し、年間チャートでも2位となる大ヒットを記録。又、引き続き「ロッキー IV」のテーマ曲となった"Burning Heart"は、米2位、英5位のヒットとなり、米ビルボードの年間チャートでは8位を記録しています。

個人的には、先にも述べたように、映画「ベスト・キッド」の主題歌である"The Moment of Truth"や、シングルとしてもリリースされた"I Never Stopped Loving You"、"How Much Love"といった曲が収録されていないのが残念に思うところではありますが、まぁ、この辺りは個人的な好みの問題でもありますし、総合的には各年代から満遍にそつなくセレクトされているベストといった印象。

又、それに加えて、シングルとしてリリースされていても不思議ではない佳曲"Desparate Dreams"が取り上げられているのも安易なベストではないところを示しているかのようでもあり、ファンにとっては、オリジナル・アルバム未収録の"Rockin' Into The Night"と、"Summer Nights"の未発表ヴァージョンが収録されているなど意外と見逃せないアルバムなのではないかと。

Album Cover (back): Ultimate Survivor / Survivor   CD Case (back cover): Ultimate Survivor / Survivor   CD: Ultimate Survivor / Survivor

アルバムは、全18曲の収録曲のうち"Desparate Dreams"と"Rockin' Into The Night"を除く16曲がシングルとしてもリリースされた曲という構成になっています。

▼ 収録曲(チャート・ポジションと、収録されているオリジナルのアルバム名、及びリリース年)(年代順)

Somewhere in America (US 70位) - from the Album "Survivor" [1980]
Rockin' Into The Night (Previously Unreleased Original Version)
(元々はファーストアルバムに収録される予定の曲だったものの、最終的にはアルバムには収録されずに、楽曲は"38 Special"に提供され、"38 Special"初のシングル(US 43位)となった)
Rebel Girl (US 103位) - Non-album single [1980]
Poor Man's Son (US 33位) - from the Album "Premonition" [1981]
Summer Nights (US 62位) - from the Album "Premonition" [1981]
(このアルバム"Ultimate Survivor"には未発表の"Full Length Version"が収録されています)
Eye of the Tiger (US 1位 - 2x Platinum / UK 1位 - Platinum) - from the Album "Eye of the Tiger" / "Rocky III Soundtrack" [1982]
(米ビルボード・チャートでは6週連続1位。又、年間チャートでは2位を記録)
American Heartbeat (US 17位) - from the Album "Eye of the Tiger" [1982]
Caught in the Game (US 77位) - from the Album "Caught in the Game" [1983]
I Can't Hold Back (US 13位 / UK 80位) from the Album "Vital Signs" [1984]
High on You (US 8位) - from the Album "Vital Signs" [1984]
The Search Is Over (US 4位) - from the Album "Vital Signs" [1984]
First Night (US 53位) - from the Album "Vital Signs" [1984]
Burning Heart (US 2位 / UK 5位) - from the Album "Rocky IV Soundtrack" [1985]
(米ビルボードの年間チャートでは8位を記録)
Is This Love (US 9位) - from the Album "When Seconds Count" [1986]
Man Against the World (US 86位) - from the Album "When Seconds Count" [1986]
Desparate Dreams (Non Single) - from the Album "Too Hot to Sleep" [1988]
Didn't Know It Was Love (US 61位) - from the Album "Too Hot to Sleep" [1988]
Across the Miles (US 74位) - from the Album "Too Hot to Sleep" [1988]

残念ながら、1984〜1988年、2000〜2006年、2011〜2014年と、バンドのヴォーカルを務めたジミ・ジェイミソンは、2014年に心臓発作で亡くなられています。 RIP Jimi Jamison.

▼ Survivor - High on You (Live in Japan 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=g5rvJvg4eT0

▼ Survivor - Eye Of The Tiger (Live in Japan 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=8Q94pOU2eQ8

▼ Survivor - Burning Heart
https://www.youtube.com/watch?v=Kc71KZG87X4

▼ Survivor - The Search Is Over (Live in Japan 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=xbv-7_LmIhU

TRACK LIST
1. Eye Of The Tiger / 2. Poor Man's Son / 3. I Can't Hold Back / 4. Is This Love / 5. The Search Is Over / 6. Burning Heart / 7. First Night / 8. Across The Miles / 9. High On You / 10. Man Against The World / 11. Desparate Dreams / 12. American Heartbeat / 13. Caught In The Game / 14. Didn't Know It Was Love / 15. Rebel Girl / 16. Summer Nights [Full Length Version] / 17. Somewhere In America / 18. Rockin' Into The Night [Previously Unreleased Original Version]

1. アイ・オブ・ザ・タイガー / 2. プア・マンズ・サン / 3. キャント・ホールド・バック / 4. イズ・ディス・ラヴ / 5. ザ・サーチ・イズ・オーヴァー / 6. バーニング・ハート / 7. ファースト・ナイト / 8. アクロス・ザ・マイルズ / 9. ハイ・オン・ユー / 10. マン・アゲインスト・ザ・ワールド / 11. デスパレート・ドリームス / 12. アメリカン・ハートビート / 13. コート・イン・ザ・ゲーム / 14. 愛とは知らなくて / 15. レベル・ガール / 16. サマー・ナイツ(未発表ヴァージョン) / 17. サムホエア・イン・アメリカ / 18. ロッキン・イントゥ・ザ・ナイト(未発表曲)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2017年9月)


    KISS 「地獄からの使者 〜 KISS ファースト」 / KISS (1974)

CDの帯:地獄からの使者 〜 KISS ファースト / KISS

Album Cover (front): KISS (1st) / KISS
この「KISS / 地獄からの使者 〜 KISS ファースト」は、1974年にリリースされたキッスのファーストアルバム。 補足しておくと、このCDでは「KISS ファースト」と、「KISS」の部分が英語表記になった邦題になっていますが、LPレコードでは「地獄からの使者 〜 キッス・ファースト」とカタカナ表記になっていました。

6曲目(LPレコードではB面1曲目)の"Kissin' Time"は初回プレス時には収録されておらず、後から追加され、シングルとしてもリリースされたカヴァー曲で、リードヴォーカルは、1番をジーン、2番をポール、3番をピーターと、三人が分け合うかたちで担当しています。

アルバムからのファーストシングルである"Nothin' to Lose"がチャートインすることなく終わったことから、テコ入れのために"Kissin' Time"が急遽追加された思われますが、残念ながらヒットするまでには至らず。それでも、シングルチャートでは米83位ながらもキッスにとって初のチャートインを果たした曲となったのでした。

ちなみに、その"Kissin' Time"は、地元のラジオ局が主催する"The Great Kiss Off"という全国的なキッス・コンテストでプロモートされ、バンドはその後、アメリカの人気テレビ番組「The Mike Douglas Show / マイク・ダグラス ショー」に"The Great Kiss Off"の優勝者と共に出演し、番組内で"Firehouse"を演奏しています。

Album Cover (back): KISS (1st) / KISS シンプルに"KISS"と題されたこのファーストアルバムを自分がLPレコードで買ったのは、多分、"Love Gun"か"KISS Alive II"を買った後だったと思うので、当初はサウンドに貧相な印象があって、最初に全曲を聴いた以降は"Strutter"と"Black Diamond"くらいしか聴いてなかったような記憶があります。

アルバムをきちんと聴き出したのは、その後に"KISS Alive!"を買って、そこに収録されているこのファーストアルバムのライヴ・ヴァージョンに惹かれてからでしたね。なお、キッスの出世作とも言えるその"KISS Alive!"には、このファーストアルバムから"Let Me Know"、"Kissin' Time"、"Love Theme From Kiss"の3曲を除く7曲が収録されています(ただし、"Let Me Know"は、後半部分にあるインストゥルメンタルのパートが"She"の後にエースのギターソロへと続けるかたちで部分的に演奏されています)。

"KISS Alive!"を聴いて特に惹かれたのが「100,000 Years / 10万年の彼方」で、当時はなんでこんなカッコいい曲を見過ごしていたんだろうと自分でも不思議に思っていました。一方で、"KISS Alive!"には収録されていないものの(というか、ほとんどライヴでは演奏されない曲ですが)、セカンドアルバム"Hotter than Hell"に通じるようなゴリゴリとした重いサウンドの"Kissin' Time"の魅力にも気付いたようなところもありました。

実を言うと、当時、このファーストアルバムを買おうとしたときの興味の対象は6曲目に収録されている「キッスのテーマ」で、キッスのテーマというくらいだから、きっと相当カッコいい曲なんだろうと思ってたんですよね。でも、家に帰って中のシートに記載されている原題を見たら"Love Theme from Kiss"(キッスからの愛のテーマ)だったので、いや、実は、案外、美しいバラードなのかも?と思ったりもしてました。それでも、どっちにしろメンバー全員の共作曲でもあることから、この曲にはかなり期待していましたね。

ということで、初めてこの曲"Love Theme from Kiss"を聴いたときはブッたまげました(笑)。いやいや、バンドの奥深さを感じさせる曲ではあります。でも、レコード盤のラベルにカサブランカ・レコードのロゴと共に描かれている砂漠の中のオアシスといった感じの宮殿やラクダの絵柄と妙にマッチした印象があってなんだか面白かったというか奇妙な感じでしたね。

▼ KISS - Black Diamond (The Midnight Special 1975)
https://www.youtube.com/watch?v=LeUosbClag8

▼ KISS - 100,000 Years (Live at Cobo Hall, Detroit 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=2RK5EudXARM

▼ KISS - Kissin' Time
https://www.youtube.com/watch?v=Py34MxuoBrE

KISS - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Gene Simmons - Bass, Vocals
• Peter Criss - Drums, Vocals
• Paul Stanley - Rhythm Guitar, Vocals
• Ace Frehley - Lead Guitar, Vocals

TRACK LIST
1. Strutter / 2. Nothin' To Lose / 3. Firehouse / 4. Cold Gin / 5. Let Me Know / 6. Kissin' Time / 7. Deuce / 8. Love Theme From Kiss / 9. 100,000 Years / 10. Black Diamond

1. ストラッター / 2. ナッシング・トゥ・ルーズ / 3. ファイヤーハウス / 4. コールド・ジン / 5. レット・ミー・ノウ / 6. キッシン・タイム / 7. ジュース / 8. キッスのテーマ / 9. 10万年の彼方 / 10. ブラック・ダイヤモンド

Lead Vocals:
• Paul Stanley (1, 3, 9)
• Gene Simmons (2, 4, 7) / Track 2: with Peter Criss
• Peter Criss / Intro: Paul Stanley (10)
• Paul Stanley, Gene Simmons (5)
• Gene Simmons, Paul Stanley, Peter Criss (6)

NOTES
• CD発売日:1993/5/26(20周年記念再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 87位 (Gold / 1977-RIAA)
• Single: "Kissin' Time" US 83位

(記:2017年9月)


    LOVE GUN 「ラヴ・ガン」 / KISS (1977)

CDの帯:ラヴ・ガン / KISS

Album Cover (front): Love Gun / KISS
キッス通算7作目(ライヴ・アルバムの「KISS Alive! / 地獄の狂獣」を含む)のアルバムであるこの「Love Gun / ラヴ・ガン」は、予約だけで100万枚のオーダーを超え、リリース前から既にプラチナムが確定していたという正に絶頂期と言える時期のアルバム。

アルバムの内容に関しては、前作の「Rock and Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」からわずか7か月後にリリースされたことからも分かるように、勢いそのままに余裕で作り上げたアルバムといった雰囲気があり、ビルボード・チャートでは過去最高位となる4位を記録するなど、前作を上回る成果を収めてはいるものの、収録曲のクオリティーには幾分バラつきが感じられ、収録曲の充実度という点では前作よりもやや劣るといった印象が無きにしも非ずといったところ。

ただし、以前に「Monster / モンスター 〜 地獄の獣神」の記事でも書いたことですが、このアルバム"Love Gun"は、レコードで言うA面とB面の1曲目にそれぞれ"I Stole Your Love"、"Love Gun"という強力な2曲が収録されているが故に、特別な存在感があるんですよね。

自分がこのアルバムをレコードで買った当時は、サウンド以前にアルバムのジャケットで新たなコスチュームが披露されたことが大きな興味の対象でもあったわけですが、新たに"I Stole Your Love"と"Love Gun"という名曲が誕生したことに興奮すると同時に、こんなカッコいい曲を次々と作り出すポールはやっぱり凄いなと感心していましたね。

と、その"Love Gun"と並んで、このアルバムの代表曲と言えるオープニングの"I Stole Your Love"について言えば、ギターソロのパートは、前半をポールが弾き、後半をエースが弾くという、前作"Rock and Roll Over"のオープニング曲「I Want You / いかすぜあの娘」でも見られた構成が展開されています。

ジーンの曲では、何処と無く不気味な雰囲気が漂う"Almost Human"が当時から好きでしたね。ライヴでも演奏されないし、あまり目立たない曲ではありますが、ジーンのキャラクター・イメージに合った曲で、中盤と後半にある継ぎ接ぎ風の荒々しいギターソロのパートなんかはヘッドフォンで聴くと頭の中でギターの音がグルグル回って面白いです。

その他にも、エースが初めてリード・ヴォーカルをとる曲となった"Shock Me"や、キッスにとってはファーストアルバムの"Kissin' Time"以来となるカヴァー曲"Then She Kissed Me"が取り上げられているなど、ファンの興味を引くようなサプライズ的要素も含まれています。

なお、そのカヴァー曲である"Then She Kissed Me"は、'60年代のガールズ・グループであるクリスタルズのヒット曲で、原題は"Then He Kissed Me"。キッスは男性のグループということもあり、キッスのヴァージョンでは"He"が"She"に変えられているようです。

ちなみに、アメリカのサーフ・ロック・グループであるビーチ・ボーイズもこの曲をカヴァーしていますが、ビーチ・ボーイズのヴァージョンではタイトルが"Then I Kissed Her"になっています。

それと、ファーストアルバムの"KISS"に収録されている「Love Theme from Kiss / キッスのテーマ」でも感じたことなんですが、このアルバム"Love Gun"の最後に収録されているカヴァー曲"Then She Kissed Me"も又、レコード盤のラベルにカサブランカ・レコードのロゴと共に描かれている砂漠の中の宮殿やラクダ、ヤシの木といった絵柄と妙にマッチした印象が当時からありましたね。なお、この"Then She Kissed Me"、オーストラリアではシングルカットされて78位を記録しています。

Album Cover (front): Love Gun / KISS

このアルバムでエースが初めてリード・ヴォーカルをとったことにより、全員が曲を書き、全員がヴォーカルをとるというバンドのスタイルが確立されたわけですが、バンド内ではエースとピーターがアルコールやドラッグに溺れ、バンドとしては最悪の状態後だったようです。後にジーンは、4輪駆動のバンドだったのが、いつしか2輪駆動になってしまったといったようなことを語っていました。

又、同様に、後にジーンが明かした"Christine Sixteen"と"Got Love For Sale"はデモ・セッションの段階ではエドワード、アレックスのヴァン・ヘイレン兄弟が演奏してたという事実も興味深いところで、そのジーン曰く、"Christine Sixteen"のソロ・パートはエドワード・ヴァン・ヘイレンが弾いていたフレーズをそのままエースが弾いているとのこと。

担当する楽器を見てみると、アルコールやドラッグに溺れていたエースがギターで、ピーターがドラムス。片や、ヴァン・ヘイレン兄弟の方は、エドワード・ヴァン・ヘイレンがギターで、アレックス・ヴァン・ヘイレンがドラムスといったように、もしも歯車が噛み合う事態に状況が流れていたならば、両バンドというか、アメリカン・ロックの歴史も変わっていたかもしれませんね。

その後、キッスが1982年に「Creatures of the Night / 暗黒の神話」をリリースした頃に、ジーンがエドワード・ヴァン・ヘイレンと会って食事をした際、バンド内のいざこざに飽き飽きしていたエドワード・ヴァン・ヘイレンの口から「キッスに加入したい。もうロスとは争いたくない。ウンザリだって言われた」と、ローリング・ストーン誌のインタビューでジーンが答えていることから、実際、エドワード・ヴァン・ヘイレンはキッスへの加入を望んでいたようですが、「エディ、お前は自分が音楽的に主導権をとれるバンドに居た方がいい」というジーンの助言により、エドワード・ヴァン・ヘイレンがキッスへ加入という状況にはならなかったようです。

まぁ、結果的には、その後にリリースされた"Diver Down"以降のヴァン・ヘイレンの活躍を見ても分かるように、エドワード・ヴァン・ヘイレンにとってはこれで良かったのではないかと思いますね。勿論、キッスにとっても。

Album Cover (back): Love Gun / KISS で、キッスはと言えば、バンドは崩壊寸前の状態だったとはいえ、第二期と言われる「Destroyer / 地獄の軍団」、「Rock and Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」、そして、この「Love Gun / ラヴ・ガン」の3作が最も勢いのあった時期ではないかと。

しかも、この"Love Gun"の後には、これら3作から抜粋された楽曲だけで構成されたライヴアルバム"KISS Alive II"がリリースされるといったように、ファンにとっては正にワクワク・ドキドキの連続でしたね。

最後に、この"Love Gunのジャケットについて記しておくと、前作の"Rock and Roll Over"及び、次作のスタジオ・アルバム"Dynasty"同様に、アルバムのバックカヴァーに記載されている曲目は実際の曲順とは一致していません。このことについては、以前に「Dynasty / 地獄からの脱出」の記事でも書いたことですが、自分自身は、アメリカ盤ではこの曲順で収録されているのだろうか? なんてことを当時は思ったりもしてましたね。

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Guitar, Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass, Vocals
• Ace Frehley (エース・フレーリー) - Guitar, Vocals
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Drums, Vocals

▼ KISS - I Stole Your Love (Live 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=0NK7X2DjxXs

▼ KISS - Love Gun (KROQ Weenie Roast 6/15/96)
https://www.youtube.com/watch?v=IxAzCHpYzy0

Album Cover (back): Love Gun / KISS TRACK LIST
1. I Stole Your Love / 2. Christine Sixteen / 3. Got Love For Sale / 4. Shock Me / 5. Tomorrow And Tonight / 6. Love Gun / 7. Hooligan / 8. Almost Human / 9. Plaster Caster / 10. Then She Kissed Me

1. 愛の謀略 / 2. クリスティーン・シックスティーン / 3. ゴット・ラヴ・フォー・セール / 4. ショック・ミー / 5. トゥモロー・アンド・トゥナイト / 6. ラヴ・ガン / 7. フーリガン / 8. オールモスト・ヒューマン / 9. プラスター・キャスター / 10. ゼン・シー・キスト・ミー

• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 5, 6, 10) / Gene Simmons (2, 3, 8, 9) / Ace Frehley (4) / Peter Criss (7)

NOTES
• CD発売日:1993/5/26(20周年記念再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 4位 (Platinum / 1977-RIAA)
• Singles: "Christine Sixteen" US 25位 / "Love Gun" US 61位

(記:2017年10月)


    WHERE TO GO MY LOVE? / KOKIA (2013)

CDの帯:Where to go my love? / KOKIA

Album Cover (front): Where to go my love? / KOKIA  CD Case (front): Where to go my love? / KOKIA  CD: Where to go my love? / KOKIA

この「Where to go my love?」は、KOKIAさんのデビュー15周年記念ともなったアルバムで、そのことは「〜 15th aniversary Original Album 〜」と、CDの帯にも記されています。

自分が買ったのはスペシャル・トラックの「One by one, Day by day (The 5th season concert ver.)」が収録された初回限定盤で、それに加えてポストカードが販売店のオリジナル特典として付いていました。

ここ最近のアルバムに見られるサウンドの方向性は、自分の趣味や好みとはちょっと違うものの、音楽性が多少変わろうとも、KOKIAさんは変わらず好きなミュージシャンのひとりなんですよね。未だに"trip trip"で展開された音の世界と想いを引きずってはいるんですけどね。

このアルバム「Where to go my love?」の中では「liar liar 〜 ロマンティックワルツ」と「夢の途中」の2曲が好きで、特に「夢の途中」は、ここ最近の曲でも突出して魅力的な曲だと個人的には思っています。

▼ KOKIA - 夢の途中(LIVE)
https://www.youtube.com/watch?v=V7_dhjzq7Ks

▼ アルバム + ポストカード

販売店特典のポストカード:Where to go my love? / KOKIA Where to go my love? / KOKIA

ジャケットは二つ折りになっており、広げるとジャケット写真を大きくしたポスターになる9面折りのブックレットが中に挟むかたちで封入されています。

Where to go my love? / KOKIA

TRACK LIST (初回限定盤)
1. Dance with the wind / 2. 愛はこだまする / 3. you are not alone / 4. liar liar 〜 ロマンティックワルツ / 5. something blue & something red / 6. ヒトの中にあるもの / 7. 微笑みを忘れないように / 8. 夢の途中 / 9. 映画のような恋でした / 10. Where to go my love (Piano ver.)
[初回盤限定 Special Track]
11. One by one, Day by day (The 5th season concert ver.)

(記:2017年10月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 32 Navigation Part 33   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.