Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 31
01. BAD FOR GOOD / JIM STEINMAN (1981)
02. HOLD ON 「ホールド・オン」 / SANTANA (1982)
03. EDGE OF THE CENTURY 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / STYX (1990)
04. TWENTY-TWO HITS OF THE BEE GEES / BEE GEES (1996)
05. ALL TIME GREATEST HITS / HARRY NILSSON (1989)
06. DIFFICULT TO CURE 「アイ・サレンダー」 / RAINBOW (1981)
07. BENT OUT OF SHAPE 「ストリート・オブ・ドリームス」 / RAINBOW (1983)
    BAD FOR GOOD / JIM STEINMAN (1981)

Album Cover (front): Bad for Good / Jim Steinman
実質、ジム・スタインマンとの共同プロジェクト作品と言えるミート・ローフの大ヒット・アルバム「Bat Out of Hell / 地獄のロック・ライダー」や、数々のヒット曲のソングライターとして知られるジム・スタインマンが1981年にリリースしたソロ・アルバムがこの"Bad for Good"。

当初は、この"Bad for Good"も、その"Bat Out of Hell"の続編を想定して準備されていたようですが、ミート・ローフ側との間で何らかの問題が生じた結果、自身のソロ・アルバムとしてリリースされることになったようです。

私自身はといえば、当時は"Bat Out of Hell"のことはおろか、ミート・ローフのことすら知らずに、このアルバムをLPレコードで買っていたんですよね。

購入したきっかけは、ラジオで聴いた"Rock and Roll Dreams Come Through"に惹かれてというものだったのですが、実際はレコード店でアルバムのジャケットを見たことで購入を決断したようなところがありました。何となく"Rock and Roll Dreams Come Through"以外にも壮大でドラマティックな曲が沢山収録されているような雰囲気がありましたからね。

収録時間の関係からか、LPレコードでは別途にシングル盤が付属していて、CDの9曲目に収録されている"The Storm"と、10曲目の"Rock and Roll Dreams Come Through"は、そのシングル盤の方に収録されていたのですが、そのレコード盤には"The Storm"がアルバムのプロローグ、そして、"Rock and Roll Dreams Come Through"がアルバムのエピローグと記してあったことから、本来ならその"The Storm"を1曲目にして聴くのがこのアルバムの正式な形なのかもしれません。なお、レコード盤では"Rock and Roll Dreams Come Through"の後に収録されていた"Choral Reprise"は、このCDだと"Rock and Roll Dreams Come Through"に組み入れられた形でひとつのトラックとして収録されています。

▼ LPレコードに付属のシングル盤のA面

7-inch Extra EP - A Side (Enclosed with the Vinyl LP): Bad for Good / Jim Steinman  7-inch Extra EP - A Side (Enclosed with the Vinyl LP): Bad for Good / Jim Steinman

▼ こちらはB面

7-inch Extra EP - B Side (Enclosed with the Vinyl LP): Bad for Good / Jim Steinman  7-inch Extra EP - B Side (Enclosed with the Vinyl LP): Bad for Good / Jim Steinman

でも、当時は期待して買ったアルバムではあったものの、実際は"Rock and Roll Dreams Come Through"ばかりというか、それだけを聴いていたように思います。逆に言えば、それだけ"Rock and Roll Dreams Come Through"に惹かれていたということではあるんですけどね。

とは言っても、この"Bad for Good"をCDで買い直したときは、このアルバムに収録されている曲がリメイクされて収録されているミート・ローフの「Bat Out of Hell II / 地獄のロック・ライダー II 〜地獄への帰還」と「Bat Out of Hell III / 地獄のロック・ライダー 3 〜最後の聖戦!」を買った後だったことから、LPレコードで聴いていたときよりも、より馴染み深い印象がありましたね。

ちなみに、"Lost Boys and Golden Girls"、"Love and Death and an American Guitar"、"Out of the Frying Pan (And into the Fire)"、"Rock And Roll Dreams Come Through"の4曲が、その後、ミート・ローフのアルバム「Bat Out of Hell II / 地獄のロック・ライダー II 〜地獄への帰還」に収録。ただし、"Love and Death and an American Guitar"だけは"Wasted Youth"へと曲名が変更されています。まぁ、この"Love and Death and an American Guitar"は、曲というかミュージカル風な語りなんですけどね。

なお、"Rock and Roll Dreams Come Through"はビルボードチャートで32位を記録。そして、ミート・ローフがカヴァーした"Rock and Roll Dreams Come Through"は同13位を記録しています。

そして、更にその後は、タイトル・トラックの"Bad for Good"がミート・ローフのアルバム「Bat Out of Hell III / 地獄のロック・ライダー 3 〜最後の聖戦!」に収録。なお、この"Bat Out of Hell III"には"The Storm"も"Seize the Night"の一部としてイントロ部分に導入されています。

▼ Jim Steinman - Rock and Roll Dreams Come Through
https://www.youtube.com/watch?v=3qqhc9Id-Os

又、"Stark Raving Love"は後に"Holding Out for a Hero"へと形を変えてボニー・タイラーへ提供されることになり、1984年の映画「フットルース」のサウンドトラックからシングルとしてもリリースされました。この"Holding Out for a Hero"は日本でも日本語でカヴァーした曲の「ヒーロー」がドラマの主題歌として使用されてヒットしたことから知っている人も多いのではないでしょうか。原曲の"Stark Raving Love"の方は、後半の2本のギターが絡み合うソロがとってもカッコイイので是非聴いてみてください。

▼ Jim Steinman - Stark Raving Love
https://www.youtube.com/watch?v=J18ihQmr0d0

▼ Bonnie Tyler - Holding Out For A Hero (TV show)
https://www.youtube.com/watch?v=cSL2ZfgPj1U

▼ 麻倉未稀 - ヒーロー
https://www.youtube.com/watch?v=AryH2Usu2C8

ちなみに、1983年に英米で共にNo.1を記録したボニー・タイラーの大ヒット曲"Total Eclipse of the Heart"の作者もこのジム・スタインマンです。

CD Case (front): Bad for Good / Jim Steinman   CD Case (back): Bad for Good / Jim Steinman   CD Case (inside): Bad for Good / Jim Steinman

 

Booklet (back): Bad for Good / Jim Steinman TRACK LIST
1. Bad For Good / 2. Lost Boys And Golden Girls / 3. Love And Death And An American Guitar / 4. Stark Raving Love / 5. Out Of The Frying Pan (And Into The Fire) / 6. Surf's Up / 7. Dance In My Pants / 8. Left In The Dark / 9. The Storm / 10. Rock And Roll Dreams Come Through /

NOTES
• Import (USA)
• Released (CD): 2008/4/1
• 歌詞付

• LPレコードでは、1-4がA面、5-8がB面、9と10は付属のシングル盤 (Extra EP) に収録

• Single: "Rock and Roll Dreams Come Through" US 32位

(記:2017年4月)


    HOLD ON 「ホールド・オン」 / SANTANA (1982)

Japanese Vinyl Single Cover (front): Hold On / Santana  Japanese Vinyl Single Cover (back): Hold On / Santana  Japanese Vinyl Single Record: Hold On / Santana

手持ちのシングル・レコード盤がいくらかあるので、暫く後に順次取り上げていこうかなと思っていたものの、今月下旬にサンタナが来日するとのことなので、このシングル盤だけを先にを取り上げることにしました。

1982年にリリースされた、このサンタナのシングル盤「Hold On / ホールド・オン」は、アルバム 「Shangó / シャンゴ」からのシングルカット曲。ちなみに「シャンゴ」とはナイジェリアのヨルバ族に伝わる神の名前だそうです。

で、この"Hold On"は、ラジオで聴いてから何となく気になっていた曲ではあったものの、レコード店で何か良いものがないかと探していた中でたまたまこのジャケットを目にして惹かれたことがシングル盤を購入した動機だったことは今でも覚えています。ということで、アルバムも同じジャケットだと知ったのは後になってからのことです。

サンタナといえば、当時は「ラテン・ロックの雄」というキャッチフレーズで呼ばれることが多くて、ロック好きにはその名を知らない人はまずいないだろうというくらいに日本でも知名度が高いミュージシャンなんですが、この"Hold On"は比較的アクも少なく、ポップで軽快な曲。でも、こういった曲でも何処かラテンの香りが漂う雰囲気があるのはサンタナらしいところ。

ちなみに、このシングル盤の時間表記は「3:56」で、アルバム・ヴァージョンの「4:24」に比べて30秒近く短くなっています。

Japanese Vinyl Single Cover (front): Hold On / Santana

Japanese Vinyl Single Cover (back): Hold On / Santana

Japanese Vinyl Single Record (Label): Hold On / Santana

実はこの曲、カナダのシンガー・ソング・ライターで俳優でもあるイアン・トーマスという人の作品で、サンタナが取り上げる前年の1981年にリリースされた"The Runner"というアルバムに収録されていた曲であり、シングルとしてもリリースされ、カナダのシングル・チャートで28位を記録しています。 

サンタナがこうして取り上げてカヴァーしなかったら、自分を含めて多くの人が知らずにいた曲だと思うと、イアン・トーマスにとってもこうしてカヴァーされたのは良かったのではないかと。

▼ Santana - Hold On
https://www.youtube.com/watch?v=A-BGvcIA7pk

▼ Ian Thomas - Hold On
https://www.youtube.com/watch?v=pWzg7TQUXks

TRACK LIST
Side A:Hold On / ホールド・オン
Side B:Oxun (Oshun) / オーシャン

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• Released in Japan
• A面B面両曲の歌詞付

• US 15位

(記:2017年4月)


    EDGE OF THE CENTURY 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / STYX (1990)

CDの帯:エッジ・オブ・ザ・センチュリー / スティクス

Album Cover (front): Edge of the Century / Styx  Album Cover (back): Edge of the Century / Styx  Promotional sticker: Edge of the Century / Styx

1983年リリースのスタジオ・アルバム「Kilroy Was Here / ミスター・ロボット」発表後の翌年(1984年)にリリースされたライヴ・アルバム「Caught in the Act / スティクス・ライヴ」を最後に、解散状態にあったスティクスの復活アルバムがこの「Edge of the Century / エッジ・オブ・ザ・センチュリー」。

ただし、6年のブランクを経ての再始動ではあったものの、中心人物の一人であるトミー・ショウ(ギター & ヴォーカル)は参加しておらず、アルバムでは、そのトミー・ショウに代わり、グレン・バートニック(ギター & ヴォーカル)が新メンバーとして起用されています。

実を言うと、この"Edge of the Century"は、日本盤はおろか、海外盤も長いこと廃盤状態になっていたので、再発されることをずっと心待ちにしてたんですよね。昨年の2016年にようやく再発されたことから、最近でも良く聴いているアルバムのひとつでもあります。

ただ、復活アルバムとは言っても、新メンバーのグレン・バートニックがリード・ヴォーカルをとる曲が4曲含まれており、そのグレン・バートニックがリード・ヴォーカルをとる曲がアルバムの1曲目であり、又、その曲がファースト・シングルにも選ばれたことからも分かるように、懐古的なものではなく、むしろ新生面が打ち出されたアルバムといった印象があります。

ということで、これまでのスティクスのイメージでアルバムを聴くと、出だしから面食らうアルバムではありますが、米3位のヒットを記録した"Show Me The Way"や、米25位の"Love At First Sight"といったデニス・デ・ヤングがヴォーカルをとる曲を聴くと、あーやっぱりスティクスだといった感じがしまし、ミュージカルを連想するようなラストの"Back To Chicago"なんかを聴くと、実はこういった曲が最もデニス・デ・ヤングらしいのではないかといういう気がします。奇数曲がグレン・バートニック及び、ジェイムス・ヤングがヴォーカルをとる曲、そして、偶数曲は全てデニス・デ・ヤングがヴォーカルをとる曲といった具合に、交互に配置された曲構成になっているのも面白いところ。

Members: Edge of the Century / Styx

その後の1996年には、トミー・ショウが加わった全盛期のメンバーでのツアーが発表されるも、ツアー開始直前にドラマーのジョン・パノッツォがアルコール依存に起因する肝硬変により47歳という若さで急逝。そのため"Return to Paradise"と題されたリユニオン・ツアーは、一方でジョン・パノッツォを追悼するツアーともなりました。

そういった経緯もあり、結果的にジョン・パノッツォにとってはこの"Edge of the Century"が最後のアルバムとなってしまったのは残念でもありますし、又、そうした意味に於いても、この"Edge of the Century"もまたスティクスの歴史を語る上でも外すことのできないアルバムのひとつであると思います。

Album Cover (front) with Obi & Promo Sticker: Edge of the Century / Styx

STYX - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards & Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars & Vocals
• Glen Burtnik (グレン・バートニック) - Guitars & Vocals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums & Percussion
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass Guitar

▼ Styx - Show Me The Way (Return to Paradise Tour 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=KOgGJK9r_1M

▼ Styx - Love At First Sight
https://www.youtube.com/watch?v=C5UfG-_t6ks

▼ Styx - Carrie Ann
https://www.youtube.com/watch?v=5RAAaW5-Uqo

▼ Styx - Back To Chicago
https://www.youtube.com/watch?v=of6JVn8i934

TRACK LIST
1. Love Is The Ritual / 2. Show Me The Way / 3. Edge Of The Century / 4. Love At First Sight / 5. All In A Day's Work / 6. Not Dead Yet / 7. World Tonite / 8. Carrie Ann / 9. Homewrecker / 10. Back To Chicago

1. ラヴ・イズ・ザ・リチュアル / 2. ショウ・ミー・ザ・ウェイ / 3. エッジ・オブ・ザ・センチュリー / 4. ラヴ・アット・ファースト・サイト / 5. オール・イン・ア・デイズ・ワーク / 6. ノット・デッド・イェット / 7. ワールド・トゥナイト / 8. キャリー・アン / 9. ホームレッカー / 10. バック・トゥ・シカゴ

CDの帯(裏面側):Edge of the Century / Styx NOTES
• Lead Vocals: Dennis DeYoung (2. 4. 6. 8. 10) / James Young (9) / Glen Burtnik (1. 3. 5. 7)

• CD発売日:2016年11月2日(再発盤)
• 完全生産限定盤
• US初回盤LPを復刻した紙ジャケット仕様
• アメリカ盤ジャケットの表に貼付されていたプロモ・ステッカー(ミニタイプ)付き
• SHM-CD
• 2016年最新リマスター
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 63位 - Gold (1998-RIAA)
• Singles:"Love Is the Ritual" US 80位 / "Show Me the Way" US 3位 / "Love at First Sight" US 25位

(記:2017年4月)


    TWENTY-TWO HITS OF THE BEE GEES / BEE GEES (1996)

CDの帯:若葉のころ〜ベスト・オブ・ビー・ジーズ / ビー・ジーズ

Album Cover (front): Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees  CD Case (back cover): Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees  CD: Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees

この「Twenty-Two Hits of the Bee Gees / 若葉のころ〜ベスト・オブ・ビー・ジーズ」は日本で企画されたビー・ジーズのベスト・アルバム。アルバムの日本語タイトルにも記されているように「First Of May / 若葉のころ」がテレビ・ドラマの主題歌として使用されたことからリリースに至ったアルバムだと思われますが、ただ、そういったことを抜きにしても、結構そそられる選曲になっています。

と言うのも、メインの"First Of May"が1960年代後半の初期の曲ということもあってか、それに合わせるように比較的初期の日本でも馴染みの深い曲が多く収録されており、例えば、 映画「小さな恋のメロディ」の主題歌として日本でのみシングル・カットされヒット(オリコン3位)した「Melody Fair / メロディ・フェア」(1971年)や、同じく日本のみでシングル・カットされた同映画での使用曲「In The Morning / イン・ザ・モーニング」(1971年)(オリコン36位) といった海外のベスト盤では滅多に収録されないような曲が収録されているんですよね。というか、"Melody Fair"と"In The Morning"の2曲が収録されたベストというのは今のところ他には無いと思います。ちなみに、日本で大ヒットしたこの映画「小さな恋のメロディ」のサウンドトラック盤はオリコンチャートで1位を記録しています。

又、初期の曲ということでは、その他にも、"New York Mining Disaster 1941" (1967)、"To Love Somebody" (1967)、"Holiday" (1967)、"Massachusetts" (1967)、"World" (1968)、"I've Gotta Get a Message to You" (1968)、"I Started a Joke" (1968)、"Don't Forget to Remember" (1969) など、'60年代の曲だけでも"First Of May" (1969) を含めて計9曲が収録されています。

「若葉のころ」との邦題がアルバムタイトルにもなっている"First Of May"について補足しておくと、"First Of May"とは日本語で言うところの「5月1日」のことで、俗称としては、初心者、新人、駆け出しの、といった意味があるようです。

収録曲は、1967年の"Bee Gees' 1st"(UK8位 / US 8位)から、英米で共に1位を記録した1979年の大ヒットアルバム"Spirits Having Flown"の中から選曲されており、改めて数多くの名曲を生み出してきたグループなんだと実感させられるところではあります。

個人的には、初めて買ったビー・ジーズのレコードが「How Deep is Your Love / 愛はきらめきの中に」のシングル盤だったこともあり、世界中で大ヒットした1977年公開(日本では翌年の1978年に公開)の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラック以降のビートが効いたきらびやかでゴージャスなサウンドにも思い入れがあるのですが、初期のストリングスを取り入れたアコースティックで何処かノスタルジックな曲も、逆に今だからこそ心に響くものがあるように思います。

ビー・ジーズのベスト・アルバムと言えば、これ以降も数多くリリースされているのですが、大半が ディスコ・ブームを巻き起こした「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラック以降の曲を中心としたもので、このアルバムのように日本でも馴染みの深い初期の曲が充実したベスト・アルバムって中々無いんですよね。このアルバムを拡張した2枚組みのベストなんてものがリリースされたら絶対に買うんだけどなぁ・・・。

まぁ、あえて言えば、2006年にリリースされた2枚組みのベスト"Their Greatest Hits - The Record"の日本盤にはボーナストラックとして、この"Twenty-Two Hits of the Bee Gees"にも収録されている"Melody Fair"と、1972年にシングルのみでリリースされた個人的に最も好きな曲のひとつである"My World"が収録されており、初期、後期共に結構充実した内容になっているのですが、残念ながら現在は廃盤になっているようです。

ちなみに、「Bee Gees / ビー・ジーズ」は、イギリス人のバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に構成されたグループ。1963年にオーストラリアでレコードデビューし、1972年からは兄弟のみのトリオ編成となった。又、その後の1973年からはアメリカを中心に活動。

BEE GEES - MEMBERS
• Barry Gibb (バリー・ギブ) - Vocals, Guitar
• Robin Gibb (ロビン・ギブ) - Vocals, Guitar, Keyboards
• Maurice Gibb (モーリス・ギブ) - Vocals, Guitar, Bass, Keyboards

▼ Bee Gees - First of May
https://www.youtube.com/watch?v=bP4Z0gx4ONE

▼ Bee Gees - Melody Fair
https://www.youtube.com/watch?v=qieD1SdNaR8

▼ Bee Gees - In the Morning
https://www.youtube.com/watch?v=elf110T9ck0

▼ Bee Gees - Massachusetts
https://www.youtube.com/watch?v=WhGbWCH6IPE

▼ Bee Gees - My World
https://www.youtube.com/watch?v=w0QUoEX-gA0

▼ Bee Gees - Run to Me
https://www.youtube.com/watch?v=5Njp-NeuZ6M

▼ Bee Gees - How Deep Is Your Love
https://www.youtube.com/watch?v=XpqqjU7u5Yc

収録曲のチャートポジションは以下の通り。

1. First Of May (UK 6位 / US 37位)
2. New York Mining Disaster 1941 (UK 12位 / US 14位)
3. To Love Somebody (UK 41位 / US 17位)
4. Holiday (US 16位)
5. Massachusetts (UK 1位 / US 11位)
6. I've Gotta Get A Message To You (UK 1位 / US 8位)
7. World (UK 8位)
8. I Started A Joke (US 6位)
9. Don't Forget To Remember (UK 2位 / US 73位)
10. Lonely Days (UK 33位 / US 3位)
11. Melody Fair (日本だけのシングルカット曲)
12. How Can You Mend A Broken Heart (US 1位)
13. In The Morning (日本だけのシングルカット曲)
14. My World (UK 16位 / US 16位)
15. Run To Me (UK 9位 / US 16位)
16. Jive Talkin' (UK 5位 / US 1位)
17. You Should Be Dancing (UK 5位 / US 1位)
18. How Deep Is Your Love (UK 3位 / US 1位)
19. Stayin' Alive (UK 4位 / US 1位)
20. Night Fever (UK 1位 / US 1位)
21. Too Much Heaven (UK 3位 / US 1位)
22. Love You Inside Out (UK 13位 / US 1位)

TRACK LIST
1. First Of May / 2. New York Mining Disaster 1941 / 3. To Love Somebody / 4. Holiday / 5. Massachusetts / 6. I've Gotta Get A Message To You / 7. World / 8. I Started A Joke / 9. Don't Forget To Remember / 10. Lonely Days / 11. Melody Fair / 12. How Can You Mend A Broken Heart / 13. In The Morning / 14. My World / 15. Run To Me / 16. Jive Talkin' / 17. You Should Be Dancing / 18. How Deep Is Your Love / 19. Stayin' Alive / 20. Night Fever / 21. Too Much Heaven / 22. Love You Inside Out

1. 若葉のころ / 2. ニューヨーク炭鉱の悲劇 / 3. ラヴ・サムバディ / 4. ホリデイ / 5. マサチューセッツ / 6. 獄中の手紙 / 7. ワールド / 8. ジョーク / 9. 想い出を胸に / 10. ロンリー・デイ / 11. メロディ・フェア / 12. 傷心の日々 / 13. イン・ザ・モーニング / 14. マイ・ワールド / 15. ラン・トゥ・ミー / 16. ジャイヴ・トーキン / 17. ユー・シュッド・ビー・ダンシング / 18. 愛はきらめきの中に / 19. ステイン・アライヴ / 20. 恋のナイト・フィーヴァー / 21. 失われた愛の世界 / 22. ラヴ・ユー・インサイド・アウト

NOTES
• Japanese-only collection featuring 22 of their absolute greatest hits
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2017年5月)


    ALL TIME GREATEST HITS / HARRY NILSSON (1989)

CDの帯:ニルソン Best / ニルソン

Album Cover (front): All Time Greatest Hits / Harry Nilsson
全20曲が収録されたこのニルソンのベスト・アルバム「All Time Greatest Hits / ニルソン Best」は、一見、日本で企画されたアルバムのように見えますが、実際は本国のアメリカでもリリースされたアルバムの日本盤です。とは言っても、これを買った当時は、てっきり日本独自で企画されたベスト・アルバムかと思っていたんですけどね。

1989年というリリース年を見ても分るように、この"All Time Greatest Hits"は、世の中の主流がレコード盤からCDに移り変わって間もない頃にリリースされたアルバム(日本盤のリリースは1991年)であり、CDとしてリリースされたニルソン初のベスト・アルバムでもあったわけですが、当時はニルソンのベストがあれば買って聴いてみたいなと漠然と思っていたこともあり、上手い具合に丁度いいタイミングでリリースされて購入できたアルバムでもありました。

米英で共に1位を記録した代表曲のひとつである「Without You / ウィザウト・ユー」も、この当時の日本では今ほど知られていないような感じではありましたが、そういう自分も、このアルバムを買うまではその"Without You"がバッドフィンガーのカヴァーなんてことは知らなかったんですよね。

それと、アルバムを買うまでは、どちらかといえば"AOR"っぽいシンガーなのかなと思っていたのが、意外とヘンテコ、もとい、風変わりな曲があったりして、思ったよりも実験的なミュージシャンだったんだという驚きもあったりして、そういった意味では意に反して楽しめたアルバムでもありましたね。

「Jump Into The Fire / ジャンプ・イントゥ・ザ・ファイアー」や「Spaceman / スペイスマン」といった曲などはニルソンのイメージには全くなかったものでしたし、それに「Coconut / ココナッツ」なんて、初めて聴いたときはなんじゃこりゃと思いましたからね。しかも、この曲がビルボードチャートで8位に入るヒットを記録したと知って更にビックリ。

一方で、ビートリーな「Good Old Desk / 古い机」や「Nobody Cares About The Railroad Anymore / 忘れられた鉄道」をはじめ、「Caroline / キャロライン」(ランディ・ニューマンのカヴァー)、「Remember / リメンバー」といった普遍的な魅力を持ったスタンダードナンバー風の曲があったりして、いや、ほんと様々なスタイルの曲が同居するおもちゃ箱みたいなベストで面白いです。

ちなみに、ウィキペディアには、実質のデビュー作となる1967年リリースのアルバム"Pandemonium Shadow Show"を聴いたジョン・レノンがニルソンの元に電話をかけ、「You are great!」と、賞賛したというエピソードは有名。といった記述がされています。

CD Csae (front) with Obi: All Time Greatest Hits / Harry Nilsson   CD Csae (back): All Time Greatest Hits / Harry Nilsson

主な収録曲のチャートポジションは以下の通り。

1969年 "Everybody's Talkin'"(US 6位 / UK 23位)
1969年 "I Guess the Lord Must Be in New York City"(US 34位)
1971年 "Me and My Arrow"(US 34位)
1971年 "Without You"(US 1位 / UK 1位)
1972年 "Jump into the Fire"(US 27位)
1972年 "Coconut"(US 8位 / UK 42位)
1972年 "Spaceman"(US 23位)
1972年 "Remember"(US 53位)
1973年 "As Time Goes By"(US 86位)
1974年 "Daybreak (From Son Of Dracula)"(US 39位)

Gold Pack シリーズ:All Time Greatest Hits / Harry Nilsson

▼ Nilsson - Without You
https://www.youtube.com/watch?v=sEd6Wkx_rCI

▼ Nilsson - Good Old Desk
https://www.youtube.com/watch?v=DafgwTBk8pQ

▼ Nilsson - Remember
https://www.youtube.com/watch?v=ujBU32Ghvgs

Booklet: All Time Greatest Hits / Harry Nilsson TRACK LIST
1. Everybody's Talkin' / 2. Sleep Late, My Lady Friend / 3. Good Old Desk / 4. Don't Leave Me / 5. 1941 / 6. Cowboy / 7. One / 8. Coconut / 9. Daybreak (From Son Of Dracula) / 10. Without You / 11. I Guess The Lord Must Be In New York City / 12. Caroline / 13. Daddy's Song / 14. Jump Into The Fire / 15. Without Her / 16. Me And My Arrow / 17. Nobody Cares About The Railroad Anymore / 18. Spaceman / 19. As Time Goes By / 20. Remember

1. うわさの男 / 2. スリープ・レイト・マイ・レディ・フレンド / 3. 古い机 / 4. ドント・リーヴ・ミー / 5. 1941 / 6. カウボーイ / 7. ワン / 8. ココナッツ / 9. デイブレイク / 10. ウィザウト・ユー / 11. 孤独のニューヨーク / 12. キャロライン / 13. ダディズ・ソング / 14. ジャンプ・イントゥ・ザ・ファイアー / 15. ウィザウト・ハー / 16. アローは友だち / 17. 忘れられた鉄道 / 18. スペイスマン / 19. 時のたつまま / 20. リメンバー

NOTES
• 日本盤発売日:1991年11月21日(日本では「Gold Pack シリーズ」の一枚としてリリース)
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2017年5月)


    DIFFICULT TO CURE 「アイ・サレンダー」 / RAINBOW (1981)

CDの帯:アイ・サレンダー / レインボー

Album Cover (front): Difficult to Cure / Rainbow
この「Difficult to Cure / アイ・サレンダー」は、レインボーが1981年に発表した5作目のスタジオ・アルバム(通算6枚目)。

前作の「Down To Earth / ダウン・トゥ・アース」で見られたポップ性を更に推し進めた印象があり、否定的に捉える向きもあったようですが、本国のイギリスではアルバム・チャートで過去最高の3位を記録。又、前作からのヒット曲「Since You Been Gone / シンス・ユー・ビーン・ゴーン」(英6位)に続きラス・バラードのカヴァーとなった「I Surrender / アイ・サレンダー」も、同シングル・チャートで3位を記録するなど、よりファン層を広げることにも繋がったアルバムであったように思われます。

ポップ色が増したことに対して否定的な意見があることについては、ポップだから悪いということではないといったようなことをリッチーが当時の雑誌のインタビュー記事で語っていたことを何となく覚えています。

なお、本国のイギリスでは"I Surrender"に続き、"Can't Happen Here"がセカンド・シングルとしてリリースされましたが、日本ではよりポップな"Magic"がセカンド・シングルに選ばれています。

CD Case (back cover): Difficult to Cure / Rainbow で、私自身はといえば、世の中の主流がレコードからCDへと代わって、初めて買ったレインボーのCDが実はこのアルバムだったんですよね。

アルバムのレコーディング前には既にドラマーのコージー・パウエルはグループを脱退しており、更にはロニー・ジェイムス・ディオに代わり、前作から加わったヴォーカリストのグラハム・ボネットもレコーディング途中で脱退してしまったことから、急遽ヴォーカリストにジョー・リン・ターナーを迎えて制作されたアルバムではあったものの、以外と言っては何ですが、そんなドタバタ劇を感じさせないほどに収録曲は充実している印象。

アルバムの中では、"I Surrender"を筆頭に、日本独自のシングル・カット曲である"Magic"、それに、イギリスでのセカンド・シングルとなった"Spotlight Kid"といった曲が好きで良く聴いていたものの、暫くしてからは、ディープ・パープル時代の"Burn"に匹敵するようなギターとキーボードによるソロが聴ける"Spotlight Kid"や、アルバムの最後に収録されているベートーベンの交響曲第9番・歓喜の歌をアレンジした曲で、タイトルトラックにもなっているンストゥルメンタル曲の"Difficult To Cure"に突如嵌ったりして、それこそ"I Surrender"と変わらないくらいに良く聴いてました。

この手持ちのCDが発売されたのは1988年なんですが、LPレコード盤のジャケットをそのまま使ってCD用に製版したのか、CD番号や価格といった部分を切り貼りした後が見えるのが今となっては面白いところ。現在ではコンピューターでの補正が当たり前ですが、当時は切り貼りの手作業だったんでしょうね。

Difficult to Cure / Rainbow

解説書はリリース当時のLPレコードのものが転載されています。恐らくはそのままコピーしただけのものだと思われますが、これはこれでリリース当時の雰囲気が垣間見れて良かったかも。

▼ Rainbow - I Surrender
https://www.youtube.com/watch?v=EJ29pVhsdMs

▼ Rainbow - Magic
https://www.youtube.com/watch?v=qGkKcBE8pVc

▼ Rainbow - Difficult to Cure
https://www.youtube.com/watch?v=zeQe5AVo7hk

CD Case (inside): Difficult to Cure / Rainbow TRACK LIST
1. I Surrender / 2. Spotlight Kid / 3. No Release / 4. Magic / 5. Vielleicht Das Nächster Zeit (Maybe Next Time) / 6. Can't Happen Here / 7. Freedom Fighter / 8. Midtown Tunnel Vision / 9. Difficult To Cure

1. アイ・サレンダー / 2. スポットライト・キッド / 3. ノー・リリース / 4. マジック / 5. メイビー・ネクスト・タイム / 6. キャント・ハプン・ヒア / 7. フリーダム・ファイター / 8. ミッドタウン・タネル・ヴィジョン / 9. 治療不可

RAINBOW - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Ritchie Blackmore (リッチー・ブラックモア) - Guitar
• Don Airey (ドン・エイリー) - Keyboards
• Roger Glover (ロジャー・グローヴァー) - Bass
• Bobby Rondinelli (ボビー・ロンデイネリ) - Drums
• Joe Lynn Turner (ジョー・リン・ターナー) - Lead and Backing Vocals

NOTES
• Track 9: from a traditional work by Beethoven

• CD発売日:1988年8月1日(再発盤)

• Album: UK 3位 (Gold)、US 50位
• Singles: "I Surrender" UK 3位 (Silver)、US 105位 / "Can't Happen Here" UK 20位

(記:2017年6月)


    BENT OUT OF SHAPE 「ストリート・オブ・ドリームス」 / RAINBOW (1983)

CDの帯:ストリート・オブ・ドリームス / レインボー

Album Cover (front): Bent Out of Shape / Rainbow
世の中の主流がレコードからCDへと移行して、最初に買ったレインボーのCDが「Difficult to Cure / アイ・サレンダー」だったことは前回の"Difficult to Cure"の記事でも述べていたことですが、その次に買ったレインボーのCDはといえば、1983年にリリースされた7作目のスタジオ・アルバム(通算8枚目)で、事実上のラスト・アルバムと言えるこの「Bent Out of Shape / ストリート・オブ・ドリームス」でした。

ということで、前々作の「Difficult to Cure / アイ・サレンダー」に続き、この「Bent Out of Shape / ストリート・オブ・ドリームス」と、アルバムの代表曲がそのまま邦題のタイトルになったアルバムを買ったことになるわけですが、このアルバムを選んだ理由は、"Difficult to Cure"を聴いてるうちに、ジョー・リン・ターナーが歌うパワーバラードの"Can't Let You Go"と"Street Of Dreams"の2曲を聴きたくなったからということに加え、この2曲を含むいくつかの曲を"Difficult to Cure"のアルバムに組み込んで自分なりのベストを作ってみたかったからなんですよね。この2枚だけで相当素晴らしいベストができるとワクワクしながら買ったことは今でも覚えています。

CD Case (back cover): Bent Out of Shape / Rainbow この"Bent Out of Shape"が実質的にレインボーのラスト・アルバムとなった経緯について簡単に記すと、アルバムのリリース直後にイギリスとアメリカでのツアーが行われたものの、そのツアー終了後にディープ・パープル再結成のプランが具体的に現実味を帯びてきたことから、日本でのツアーを最後にレインボーは活動休止を発表という流れになるのですが、ヴォーカリストのジョー・リン・ターナーもバンドに加入して3作目と板に付いてきたこともあり、バンドとしては安定の充実期だったと言えることから、ディープ・パープルの再結成には興味があるものの、レインボーが終わってしまうことを考えると痛し痒しと思うファンも多かったのではないかと思います。

※ 補足
その後、ディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアが、1995年に「Stranger in Us All / 孤高のストレンジャー」をレコード会社の意向もあり、"Ritchie Blackmore's Rainbow"の名義でリリースしたものの、元々はリッチー・ブラックモアのソロ・プロジェクトとして制作されていたものであることから、これをレインボーのアルバムと捉えるかについては意見が分かれるところかもしれません。

アルバムの総括としては、やはり、"Can't Let You Go"と"Street Of Dreams"の存在を抜きには語れないところではないかと。ちなみに、"Can't Let You Go"のシングル・ヴァージョンはイントロの荘厳なキーボードがカットされています。

特筆すべき点と言えば、最近リリースされているアルバムだと、5曲目の"Desperate Heart"と10曲目の"Make Your Move"はLPレコードに収録されていたものより長めのヴァージョンが収録されているのですが、このCDではLPレコードと同じヴァージョンが収録されているということですね。ちなみに、長めのヴァージョンの方はアルバムのリリース当時のカセット・テープ版に収録されていたようで、時間にすると"Desperate Heart"が約30秒、"Make Your Move"が約1分30秒ほどの違いがあります。

▼ Rainbow - Street Of Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=rQvu5Eo7rKI

▼ Rainbow - Can't Let You Go
https://www.youtube.com/watch?v=IqUx84-ljPE

前回とりあげたアルバム「Difficult to Cure / アイ・サレンダー」と同じく、これもCD番号の部分に切り貼りした後が見えるので、恐らくはLPレコードのジャケットをそのまま使って製版したと思われます。今ではコンピューターでの補正が当たり前ですが、当時は切り貼りの手作業だったんでしょうね。

Bent Out of Shape / Rainbow

又、封入されている解説書も前回の「Difficult to Cure / アイ・サレンダー」と同じく、LPレコードのものが転載されていますが、前回も言った通り、これはこれでリリース当時の状況を知ることができて良かったのではないかと。

CD Case (inside): Bent out of Shape / Rainbow TRACK LIST
1. Stranded / 2. Can't Let You Go / 3. Fool For The Night / 4. Fire Dance / 5. Anybody There / 6. Desperate Heart / 7. Street Of Dreams / 8. Drinking With The Devil / 9. Snowman / 10. Make Your Move

1. ストランデッド / 2. キャント・レット・ユー・ゴー / 3. フール・フォー・ザ・ナイト / 4. ファイアー・ダンス / 5. エニバディ・ゼア / 6. デスペレート・ハート / 7. ストリート・オブ・ドリームス / 8. ドリンキング・ウィズ・ザ・デヴィル / 9. スノーマン / 10. メイク・ユア・ムーヴ

RAINBOW - BAND MEMBERS (Listed on the Back Cover of an LP / This CD is Not Credited)
• Ritchie Blackmore (リッチー・ブラックモア) - Guitars
• Roger Glover (ロジャー・グローヴァー) - Bass, Percussion
• Joe Lynn Turner (ジョー・リン・ターナー) - Vocals
• David Rosenthal (デイヴィット・ローゼンサル) - Keyboards
• Chuck Burgi (チャック・バーギ) - Drums

NOTES
• CD発売日:1988年8月1日(再発盤)

• Album: UK 11位 (Silver)、US 34位
• Singles: "Street of Dreams" UK 52位、US 60位 / "Can't Let You Go" UK 43位

(記:2017年6月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 31 Navigation Notebook   Navigation   
JIHIRO'S GAIT / SINCE 2003