Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 30
01. COMPLETE SINGLE COLLECTION 1968-1981 / JIGSAW (2013)
02. VALENTINE 「ヴァレンタイン」 / VALENTINE (1995)
03. ON AIR - THE COMPLETE BBC RADIO SESSIONS / QUEEN (2016)
04. LONG ROAD OUT OF EDEN / EAGLES (2007)
05. PRIVATE INVESTIGATIONS - THE BEST OF DIRE STRAITS & MARK KNOPFLER / DIRE STRAITS & MARK KNOPFLER (2005)
06. GREATEST HITS / BLONDIE (2002)
07. PHYSICAL 「フィジカル(虹色の扉)」 / OLIVIA NEWTON-JOHN (1981)
08. あれから10年 〜 R.I.P. BRAD DELP / BOSTON OFFICIAL WEBSITE (2007)
09. A&M NEW GOLD SERIES / STYX (1990)
10. A&M NEW GOLD SERIES / RITA COOLIDGE (1990)
    COMPLETE SINGLE COLLECTION 1968-1981 / JIGSAW (2013)

CDの帯:コンプリート・シングル・コレクション / ジグソー

Album Cover (front): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw   CAlbum Cover (back): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw

この「Complete Single Collection / コンプリート・シングル・コレクション」は、日本で独自に企画されたジグソーの3枚組みコンピレーション・アルバムで、アルバム・タイトルからも分かるように、本国のイギリスに於いてリリースされた全てのシングル(A面とB面)が年代順に並べて収録されています。

また、それに加えて、日本でのみリリースされたシングルもボーナス・トラックとして収録されており、正にコンプリートと言える内容のシングル集であると同時に、シングル曲を通してジグソーの足跡を辿ることができるアルバムとも言えます。

私自身は、ジグソーのコンピレーション・アルバムといえば、これ以外にも3枚持っているのですが、それでもこの「コンプリート・シングル・コレクション」には、それら3枚のコンピレーション・アルバムには収録されていない初期の曲が多く収録されていることもあって、リリースされる前から結構楽しみにしていたアルバムでもあったんですよね。

そんなことあって、「Disc 1」に収録されている中盤辺りまでの初期の曲は全曲が初めて聴く曲ばかりだったのですが、それにしても初期の曲の音質は凄いですね(笑)。一応、最新のリマスターだそうですですが、いや〜、でも、ここまでくると、このレトロな音が初期のアヴァンギャルドな曲と相まって逆に楽しいんですね。しかし、よくもまぁ、こんな曲がシングルとして次々とリリースされていたもんだと思えるような曲ばかり(笑)。

まぁ、デビュー時は、サックス奏者を内包する6人編成の一風変わったスタイルのバンドだったとはいえ、こんな売れなそうもない曲を次々とシングルでリリースしていた流れで"Mention My Name"が生まれ、更にはそれを足がかりに"Sky High"が誕生したことがほんと不思議に思えます。しかも、大抵の場合は、A面の曲かB面の曲かは聴けば概ね分かるものなんですが、この「Disc 1」なんて中盤あたりまでは流して聴いていたらA面曲なのかB面曲なのか全く区別がつかないですからね。

とは言っても、ここまでやってくれると結構楽しいもんで、考えれば、ある意味、自由奔放さが許容されていた良い時代だったのかもしれません。いや、ほんと「Disc 1」は相当ヤバイですよ(笑)。

ただ、折角なら、3曲が収録されたシングルなんかもあるので、ブックレット内のトラックリストには分かり易くA面B面の表記をしてくれていたら良かったかも。「Disc 1」には19曲収録されているから、「Disc 2」の1曲目は「Disc 1」最後の曲のB面曲かと思ったら、そうじゃないですからね。

Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw CD Case (inside): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw

欲を言えば、これにシングルのジャケット写真もブックレット内に網羅されていたら良かったのですが、残念ながら、ジャケットの写真はブックレットの裏表紙に並べて掲載されている小さな写真だけになっています。

▼ ブックレットの表と裏

Booklet (front): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw   Booklet (back): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw

MEMBERS
• デス・ダイヤー (Des Dyer) - ヴォーカル・ドラムス
• クライヴ・スコット (Clive Scott) - ヴォーカル・キーボード
• バリー・バーナード (Barrie Bernard) - ベース
• トニー・キャンベル (Tony Campbell) - ギター

Former Members
• トニー・ブリトネル (Tony Britnell) - ヴォーカル・サックス
• ケヴィン・マホーン (Kevin Mahon) - サックス

CD (Disc 1): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw CD (Disc 2): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw CD (Disc 3): Complete Single Collection 1968-1981 / Jigsaw

▼ Jigsaw - Mention My Name
https://www.youtube.com/watch?v=GPmApm_bLD8

▼ Jigsaw - I've Seen The Film, I've Read The Book
https://www.youtube.com/watch?v=u_2rRbROY0g

 

TRACK LIST

Disc 1
1. Mr.Job / 2. A Great Idea / 3. Let Me Go Home / 4. Tumblin' / 5. One Way Street / 6. Then I Found You / 7. Lollipop And Goody Man / 8. Seven Fishes / 9. Confucious Confusion / 10. Jesu Joy Of Man's Desiring / 11. No Questions Asked / 12. Keeping My Head Above Water / 13. It's Nice But It's Wrong / 14. That's What It's All About / 15. And I Like You / 16. I've Seen The Film, I've Read The Book / 17. Mention My Name / 18. You're Not The Only Girl / 19.Face The Music

1. ミスター・ジョブ / 2. ア・グレイト・アイデア / 3. レット・ミー・ゴー・ホーム / 4. タンプリング / 5. ワン・ウェイ・ストリート / 6. ゼン・アイ・ファウンド・ユー / 7. ロリポップ・アンド・グッディ・マン / 8. セヴン・フィッシズ / 9. コンフューシャス・コンフュージョン / 10. 主よ人の望みの喜びよ / 11. ノー・クエスチョン・アスクド / 12. キーピング・マイ・ヘッド・アバヴ・ウォーター / 13. イッツ・ナイス・バット・イッツ・ロング / 14. 愛を信じて / 15. アンド・アイ・ライク・ユー / 16. 哀しみのシネマ / 17. メンション・マイ・ネーム / 18. 浮気なあの娘 / 19. フェイス・ザ・ミュージック

Disc 2
1. Baby Don't Do It / 2. Stand Next To Me / 3. Sky High / 4. Brand New Love Affair / 5. Love Fire / 6. Your Lips Are Close / 7. Mystic Harmony / 8. Brand New Love Affair / 9. Have You Heard The News / 10. Cry ('Til The Tears Run Dry) / 11. Low Life Love / 12. If I Have To Go Away / 13. One More Time For Love / 14. Only When I'm Lonely / 15. Handle With Care / 16. Everytime / 17. Afraid Of Love / 18. Lying

1. 涙の願い / 2. スタンド・ネクスト・トゥ・ミー / 3. スカイ・ハイ / 4. ブラン・ニュー・ラヴ・アフェア / 5. ラヴ・ファイア / 6. ユア・リップス・アー・クロース / 7. ミスティック・ハーモニー / 8. ブラン・ニュー・ラヴ・アフェア(US シングル・ヴァージョン) / 9. ニュースを聞いたかい / 10. クライ / 11. ロウ・ライヴ・ラヴ / 12. 君にさようなら / 13. 愛をもう一度 / 14. 寂しい時には / 15. ハンドル・ウイズ・ケア / 16. エヴリタイム / 17. アフレイド・オブ・ラヴ / 18. ライイング

Disc 3
1. Love Isn't At Home / 2. We Are Not Alone / 3. Looking For Me / 4. Every Move You Make / 5. No Love Songs / 6. Roll'n Rock Me / 7. I / 8. Inside Out / 9. Prize Fighter / 10. Winter In LA / 11. You Bring Out The Best In Me / 12. If I Lose Your Love
[Bonus Tracks]
13. My Summer Song / 14. Who Do You Think You Are? / 15. Baby's Lost Time / 16. Paint The Smile On / 17. Never Underestimate My Love / 18. Starmaker / 19. Sway / 20. Sky High (Main Title)

1. ラヴ・イズント・アット・ホーム / 2. ウィ・アー・ノット・アローン / 3. ルッキング・フォー・ミー / 4. エヴリ・ムーヴ・ユー・メイク / 5. ノー・ラヴ・ソング / 6. ロックン・ロール・ミー / 7. アイ / 8. インサイド・アウト / 9. プライズ・ファイター / 10. ウインター・イン・LA / 11. ベスト・イン・ミー / 12. イフ・アイ・ルーズ・ユア・ラヴ
(ボーナス・トラック)
13. 夏の歌をいつまでも / 14. 恋のあやまち / 15. ベイビーズ・ロスト・タイム / 16. 恋のクラウン / 17. とどかぬ想い / 18. スターメイカー / 19. スウェイ / 20. スカイ・ハイ(メイン・タイトル)

 

NOTES
• Released in Japan Only
• 最新デジタル・リマスタリング
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2017年1月)


    VALENTINE 「ヴァレンタイン」 / VALENTINE (1995)

CDの帯:ヴァレンタイン / ヴァレンタイン

Album Cover (front): Valentine / Valentine
こちらは、「Robby Valentine / ロビー・ヴァレンタイン」(1991年)、「The Magic Infinity / マジック・インフィニティ」(1993年)に続くロビー・ヴァレンタインの3作目となるアルバム。ただし、前2作は個人名義の"Robby Valentine"でリリースされたアルバムだったので、"Valentine"というバンド名義では初のアルバムということになります。

自他共に認める大のクイーン・ファンであることを惜しげもなく披露したかようなこのアルバムは正にクイーン愛を貫き通して生まれたサウンドといっても過言ではないほど、クイーン・ライクな作品となっています。

特に"Bohemian Rhapsody"のオマージュ作品とも言えるようなオープニングの"God"は"圧巻で、単にオマージュやリスペクトというだけでなく、オリジナルの作品としてもヴァレンタイン美学の結晶とも呼べるような壮大でドラマティックな大作。

又、アルバム内にはクイーンで言うところの"Lazing On A Sunday Afternoon"のようなコミカルな小曲も含まれており、クイーンのアルバムで例えるなら「Sheer Heart Attack / シアー・ハート・アタック」や「A Night At The Opera / オペラ座の夜」のようなバラエティーに富んだ作品になっています。

ただ、クイーン・ライクなサウンドとは言っても、クイーンに比べるとよりシンフォニックなキーボード主体の音作りになっているので、この辺りがヴァレンタインならではのスタイルにもなっているといった印象。いや〜、エアロスミスやヴァン・へイレンのようなロックも好きなんですが、一方では、こういったシンフォニックで旋律が美しい壮大なロックもまた好きなんですよね。

CD Case (front): Valentine / Valentine CD Case (back): Valentine / Valentine Booklet (back): Valentine / Valentine

実を言うと、この"Valentine"は、リリースされた当時に、たまたまCDショップで見つけて、何の予備知識も無いまま購入したアルバムだったんですよね。買った当時はそれこそ毎日のように聴きまくっていたものの、それから時は流れて、暫く聴いていなかったアルバムではあったのですが、このアルバムをとりあげるにあたって再び聴いてみると、やっぱり良いですね。"God"には当時のようにゾクゾクさせられましたし、できることなら、もっと多くの人に知ってもらえると同時に、このようなアルバムが日の目を見るようになって欲しいと改めて思うところもありました。

CD Case (inside): Valentine / Valentine CD: Valentine / Valentine

日本盤にはボーナス・トラックとしてインストゥルメンタルの"Remi"が収録されていますが、これがまた日本盤限定のボーナス・トラックにしておくのが惜しいくらいに素晴らしい曲。ほんと叙情的で日本的な風情をも感じさせられるような美しい曲です。

CD Case (inside): Valentine / Valentine ▼ Valentine - God
https://www.youtube.com/watch?v=bTJndgdI0AA

▼ Valentine - Where Do We Go From Here
https://www.youtube.com/watch?v=SjcjTw04gYU

▼ Valentine - Remi
https://www.youtube.com/watch?v=-uvSZ7jBpII

▼ Robby Valentine - Queen Medley (Live at the Dutch Queen Convention 2011)
https://www.youtube.com/watch?v=JchL7k5dJ8o

TRACK LIST
1. God / 2. Where Do We Go From Here / 3. Never Be Lonely / 4. Take May Hand / 5. In the Arms of Loneliness / 6. Eyes in the Mirror / 7. Morinezumi / 8. The Morning Minstrel / 9. All Messed Up and Nowhere to Go / 10. The Supernatural Sign / 11. Just for Fun / 12. Ma Cherie / 13. Dreams Never Die / 14. ! / 15. Remi (Japan Only Bonus Track)

1. ゴッド / 2. ホェア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム・ヒア / 3. ネヴァー・ビー・ロンリー / 4. テイク・マイ・ハンド / 5. イン・ジ・アームズ・オブ・ロンリネス / 6. アイズ・イン・ザ・ミラー / 7. モ・リ・ネ・ズ・ミ / 8. モーニング・ミンストレル / 9. ノーホェア・トゥ・ゴー / 10. スーパーナチュラル・サイン / 11. ジャスト・フォー・ファン / 12. マ・シェリー / 13. ドリームズ・ネヴァー・ダイ / 14. ! / 15. レミ (日本盤のみのボーナス・トラック)

NOTES
• CD発売日:1995年10月25日(日本先行発売)
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2017年1月)


    ON AIR - THE COMPLETE BBC RADIO SESSIONS / QUEEN (2016)

CDの帯:オン・エア 〜 BBC セッションズ / クイーン

Album Cover (front): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen  CD (CD-1): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen  CD (CD-2): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen

"BBC"の放送用にスタジオでレコーディングされた「BBC セッションズ」と言われる音源では、過去に"At The Beeb"(アメリカでのタイトルは"At The BBC")という8曲入りのアルバムがリリースされてはいたものの、"BBC"に残された音源のコンプリート盤としてはこれが初のリリースということになります。

"BBC"の放送用にレコーディングされたスタジオ・セッションは1973〜77年に掛けて計6回行われており、先にリリースされていた"At The Beeb"では、その中の「セッション 1」(1973年2月5日録音)と、「セッション 3」(1973年12月3日録音)が収録されていたのですが、この「On Air - The Complete BBC Radio Sessions / オン・エア 〜 BBC セッションズ」ではそれらを含めて"BBC"の放送用にレコーディングされた全ての曲が新たにリマスタリングされた音源として収録されています。

まぁ、これらの音源は以前からブートレッグ等でも出回っており、ファンの間では知られる音源ではあったのですが、いつかまとめてオフィシャルでリリースされないかと思っていたので、こうしてリリースされたことはファンとしては嬉しい限りですね。きっと心待ちにしていたファンの方も多かったんじゃないでしょうか。

▼ Queen - We Will Rock You (Fast) [Official Lyric Video - Queen On Air]
https://www.youtube.com/watch?v=Ekm6WtKwQos

▼ Queen - My Fairy King [Official Lyric Video - Queen On Air]
https://www.youtube.com/watch?v=sEIfjRpM1jI

▼ Queen - My Melancholy Blues (BBC Version)
https://www.youtube.com/watch?v=cufxjlHSNlw

Album Cover (inside): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen  Album Cover (back): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen

基本的にはオリジナルに忠実というか、恐らくはアルバムでの音源を使用してオーヴァーダビングされたレコーディングであったと思われますが、「セッション 1」に収録されている"Doing All Right"では間奏後のパートをロジャーがヴォーカルをとっていたり、「セッション 2」と「セッション 3」に収録されている"Son And Daughter"では、初期のライヴと同様にギターソロが曲間に挿入されているなど、曲によってはオリジナルとの違いが明確なものも含まれています。

ただし、「セッション 1」はファースト・アルバム「Queen / 戦慄の王女」がリリースされる約5か月前にレコーディングされた音源で、「セッション 3」に収録されているセカンド・アルバム収録曲の"Ogre Battle"は、そのセカンド・アルバムがリリースされる約3か月前にレコーディングされた音源であるということは見逃せないポイントでもあります。

個人的には「セッション 4」のピアノがフィーチャーされたライヴ・ヴァージョンに近い"White Queen (As It Began)"が結構好きなんですよね。というか、元々、この"White Queen (As It Began)"は、ライヴ・ヴァージョンを聴いてから改めて魅力に気付いた曲でもあったので、この当時のライヴ・ヴァージョンに近いこの"White Queen (As It Began)"はオリジナルのスタジオ・ヴァージョン以上に魅力を感じるんですよね。

又、3曲が収録されているこの「セッション 4」は、オリジナル・アルバムに収録されているヴァージョンとの違いも顕著で、先に述べた"White Queen (As It Began)"に加えて"Modern Times Rock'n'Roll"もどちらかというと、この当時のライヴでの演奏をスタジオで再現しているといった印象。ただし、この"Modern Times Rock'n'Roll"、ライヴではロジャーではなくフレディがヴォーカルをとっていたようですが。それに、恐らくはライヴでは演奏されたことがないであろう"Nevermore"もスタジオ・ヴァージョンに比べて幾分ラフで生々しくライヴのような雰囲気。

「セッション 5」では、オリジナルのスタジオ・アルバムではメドレー形式で収録されている"Flick Of The Wrist"と"Tenement Funster"がそれぞれ単体で収録されているのが特徴。 ただ、オリジナルのスタジオ。ヴァージョンとは全く異なる"Flick Of The Wrist"のギターソロはちょっと微妙な感じ(笑)。

そして、最後の「セッション 6」では、一時期のライヴではオープニング曲として演奏されていた"We Will Rock You"の高速ヴァージョンがスタジオ・テイクで収録されているなど、一連のセッションの中でも一際オリジナルのアルバム・ヴァージョンとの違いが明確で、個人的にも、この「セッション 6」が一番興味深い音源でもあります。

又、この「セッション 6」で演奏されている「News of the World / 世界に捧ぐ」収録曲の"Spread Your Wings"、"It’s Late"、"My Melancholy Bluesといった曲もアルバム・ヴァージョンとは一味違った雰囲気があり興味深いところ。何しろこの「セッション 6」で演奏されている"News of the World"の収録曲はどれもが好きな曲なので、このようにアルバムとは多少違った形でレコーディングされた音源が残されていたのは嬉しいところですね。

ということで、この"On Air - The Complete BBC Radio Sessions"、ライヴでの演奏に近い、多少ラフなスタジオ・テイク集として聴くと、ヴォーカルはもとより、コーラスやハーモニー、その他の楽器の演奏部分でもオリジナルのアルバム・ヴァージョンとは細かい部分での違いが垣間見れて、ファンにとってはなかなか興味深いアルバムなのではないかと思います。

Album Cover (inside): On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen

QUEEN
• フレディ・マーキュリー (Freddie Mercury) - Vocals, Piano
• ブライアン・メイ (Brian May) - Guitar, Vocals
• ジョン・ディーコン (John Deacon) - Bass
• ロジャー・テイラー (Roger Taylor) - Drums, Vocals

TRACK LIST
CD 1
1.My Fairy King / 2.Keep Yourself Alive / 3.Doing All Right / 4.Liar / 5.See What A Fool I’ve Been / 6.Keep Yourself Alive / 7.Liar / 8.Son And Daughter / 9.Ogre Battle / 10.Modern Times Rock'n'Roll / 11.Great King Rat / 12.Son And Daughter

1. マイ・フェアリー・キング / 2. 炎のロックン・ロール / 3. ドゥーイング・オール・ライト / 4. ライアー / 5. シー・ホワット・ア・フール・アイヴ・ビーン / 6. 炎のロックン・ロール / 7. ライアー / 8. サン・アンド・ドーター / 9. オウガ・バトル / 10. モダン・タイムス・ロックンロール / 11. グレイト・キング・ラット / 12. サン・アンド・ドーター

• Tracks 1-4: Session 1 (February 1973)
• Tracks 5-8: Session 2 (July 1973)
• Tracks 9-12: Session 3 (December 1973)

CD 2
1.Modern Times Rock'n'Roll / 2.Nevermore / 3.White Queen (As It Began) / 4.Now I’m Here / 5.Stone Cold Crazy / 6.Flick Of The Wrist / 7.Tenement Funster / 8.We Will Rock You / 9.We Will Rock You [Fast] / 10.Spread Your Wings / 11.It’s Late / 12.My Melancholy Blues

1. モダン・タイムス・ロックンロール / 2. ネヴァー・モア / 3. ホワイト・クイーン / 4. ナウ・アイム・ヒア / 5. ストーン・コールド・クレイジー / 6. フリック・オブ・ザ・リスト / 7. テニメント・ファンスター / 8. ウィ・ウィル・ロック・ユー / 9. ウィ・ウィル・ロック・ユー [ファスト・ヴァージョン] / 10. 永遠の翼 / 11. イッツ・レイト / 12. マイ・メランコリー・ブルース

• Tracks 1-3: Session 4 (April 1974)
• Tracks 4-7: Session 5 (October 1974)
• Tracks 8-12: Session 6 (October 1977)

CDの帯(裏面側):On Air - The Complete BBC Radio Sessions / Queen

NOTES
• SHM-CD
• 見開き6面デジパック仕様
• 最新デジタル・リマスター
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2017年1月)


    LONG ROAD OUT OF EDEN / EAGLES (2007)

CDの帯(初回プレス盤):ロング・ロード・アウト・オブ・エデン / イーグルス

Album Cover (front): Long Road Out of Eden / Eagles  Album Cover (back): Long Road Out of Eden / Eagles  Booklet (front): Long Road Out of Eden / Eagles

実質、再結成後の復活アルバムと言える1994年リリースのアルバム"Hell Freezes Over"から13年ぶり、そして、フルレンスのスタジオ・アルバムとしては1979年の"The Long Run"以来、実に28年ぶりとなるイーグルスのアルバムがこの「Long Road Out of Eden / ロング・ロード・アウト・オブ・エデン」。

実を言うと、約1年前の昨年の1月にこのアルバムを取り上げようと準備していたのですが、丁度その時にグレン・フライの悲報が飛び込んできて、取り上げるのを延期していたんですよね。

延期した理由としては、そうなると当然グレン・フライの死についても語らなくてはならず、タイミング的にもなんだか人の死を単にウェブサイトのネタとして扱っているようであまり良い気はしなかったし、気分的にも乗らなかったからといったところ。

ということで、その時から1年経ったら再び取り上げようと思っていたこともあり、今、こうして記事を書いています。まぁ、このアルバムがリリースされて丁度10年目の年ということで区切りもいいかなと。

この"Long Road Out of Eden"はリリースされて直ぐに買ったアルバムではあったものの、正直言うと、最初に聴いた時からいまひとつピンとこなくて、2枚組みにする必要性も無かったのではないかという思いがあったのですが、実は今でもその印象はあまり変わりません。

実際、アルバムを通して聴いたのは買った当初の数回だけで、その後は時折アルバム内の数曲を拾い出して聴くといった感じでしか聴いていなくて、どちらかと言えば、それ以前のアルバムの曲を聴くことの方が多いような気もします。それに、仮にイーグルスのアルバムを好きな順に並べるとすると、残念ながらこのアルバムより下に持ってくるアルバムは見当たらないんですよね。

アルバムのイントロダクション的なアカペラの"No More Walks In The Wood"に続く実質1曲目とも言える"How Long"がカヴァー曲なのも何だかちょっと微妙な感じで、ましてやこの曲が第一弾シングルと言うのも自分としてはイマイチ納得できないようなところもありました。まぁ、初期の頃にライヴで演奏していた曲ということで、ドン・ヘンリーとグレン・フライの2人には思い入れがある曲なんだろうなとは思うんですけどね。

それに、アルバム内で最も印象に残ったティモシー・B・シュミットがヴォーカルをとる"I Don't Want To Hear Any More"がこれまたカヴァー曲だというのも何だかなぁといった感じ。まぁ、とは言いつつも、ティモシーのヴォーカルに合った良い曲だと思いますし、アルバム内では最も好きな曲のひとつではあるんですけどね。

それでも、やっぱり、数々の名曲を生み出してきたイーグルスだからこそ、カヴァーとか外部ライターの曲といったものではなく、1枚に絞ってでもオリジナル曲で勝負して欲しかったなという思いはあります。ちなみにカヴァーもしくは外部ライターの曲は全部で5曲が収録されています。

更に付け加えるなら、アルバム全体の印象がイーグルスのアルバムと言うよりも、どちらかと言えば各メンバーのソロを集めたといった印象が無きにしも非ずといったところで、特にグレン・フライの曲にそういった印象が強く感じられます。

又、それに加えて、過去のアルバムではアルバムを代表する曲がそれぞれのアルバムに何曲かは含まれていたのが、このアルバムだとアルバムを代表する曲というものが見当たらないんですよね。どれを選んでも弱いというか、過去のアルバムに含まれていた代表曲と比較すると存在感という点でも見劣りしてしまう印象は否めないところかと。実際、アルバムからのヒット・シングルといったものも生まれなかったですしね。ただ、イーグルスだからこそ、それ相応の期待をしてしまうといったようなところはあると思いますけどね。

ただ、何だかんだ言っても、レビュー等なんかを見ると、意外と賞賛する声が多いので、もしかしたら自分がマイノリティーなのかもしれません。でも、ただひとつ言えるのは、もしかしたらドン・フェルダーの存在というのがサウンド面では意外と大きかったのではないかと思ったアルバムだったということ。料理で例えるなら、小麦粉、かたくり粉、卵といったもののように、各素材をまとめる「つなぎ」のような役割が、意図する、しないに関わらず、結果的にはあったのではないかと。つまりは、それ自体は表立った存在ではないものの、各素材をまとめた料理を作るには欠かせないものといった感じですかね。

と、まぁ、色々と書き連ねましたが、過去のアルバム及び楽曲には時の流れと共に積み重ねられた思いというものもあるので、このアルバムも時が経つにつれ、そういったものが生まれてくればいいなという思いはあります。

Booklet (back): Long Road Out of Eden / Eagles  CD (Disc 1): Long Road Out of Eden / Eagles  CD (Disc 2): Long Road Out of Eden / Eagles

ちなみに、オープニングのアカペラの曲"No More Walks In The Wood"は詩人ジョン・ホランダー (John Hollander) の"An Old-Fashioned Song"という詩に曲がつけられたもので、それに続く"How Long"は、1972年にリリースされた J.D.サウザーのファーストアルバムに収録されていた曲。

そして、"I Don't Want To Hear Any More"はポール・キャラックが2008年にリリースしたアルバム"I Know That Name"からシングル・カットもされた曲です。恐らくは、この曲にドン・ヘンリーとティモシー・B・シュミットがバッキング・ヴォーカルとして参加していたこともあって取り上げられた曲だと思われます。

▼ シングルのジャケット (Paul Carrack - I Don't Want To Hear Any More)
https://www.discogs.com/ja/Paul-Carrack-I-Dont-Want-To-Hear-Any-More/release/2093936#images/11031408

又、"Guilty of the Crime"はフランキー・ミラーのカヴァー曲で、こちらもまた、上記の"I Don't Want To Hear Any More"と同様に、この曲でヴォーカルをとっているジョー・ウォルシュがフランキーの原曲にゲストで参加していた経緯もあって取り上げられた曲なのではないかと。ただ、カヴァーとは言っても、ジョー・ウォルシュのオリジナル曲と言われても納得してしまいそうなくらいジョー・ウォルシュらしさに溢れた曲には仕上がっています。

なお、ボーナス・トラックとして収録されている"Hole In The World"は、2003年にリリースされたコンピレーション・アルバム"The Very Best Of"に新曲として収録されていた曲で、何となく埋め合わせに持ってこられた曲といった印象もあり、個人的には別に無くてもいいかなといった感じ。

"How Long"について付け加えておくと、以前は、1番をグレン・フライ、2番はドン・ヘンリー、3番がランディ・マイズナーと3人が分け合ったかたちでリードヴォーカルをとっていた1973年のライヴ映像が"YouTube"にアップロードされていて、これは割と好きだったのですが、残念ながら現在は削除されています。この曲も前作の"Hell Freezes Over"、もしくは1980年の"Eagles Live"にライヴ・ヴァージョンとして収録されていたら印象も変わっていたかも?

▼ こちらは、このアルバム"Long Road Out of Eden"に収録されているスタジオ・ヴァージョン。

Eagles - How Long (from the Album "Long Road Out of Eden" 2007)
https://www.youtube.com/watch?v=LmW5McLF-Uk

▼ ポール・キャラックの"I Don't Want To Hear Any More"(オリジナル・スタジオ・ヴァージョン)

Paul Carrack - I Don't Want To Hear Any More
https://www.youtube.com/watch?v=I6ttKx59S84

▼ 同じく、ポール・キャラックの"I Don't Want To Hear Any More"(2011年のライヴ・ヴァージョン)

Paul Carrack - I Don't Want To Hear Any More (Live at Holland 2011)
https://www.youtube.com/watch?v=tKtaTVobAvQ

 

Album Cover (inside): Long Road Out of Eden / Eagles TRACK LIST
Disc 1
1. No More Walks In The Wood / 2. How Long / 3. Busy Being Fabulous / 4. What Do I Do With My Heart / 5. Guilty Of The Crime / 6. I Don't Want To Hear Any More / 7. Waiting In The Weeds / 8. No More Cloudy Days / 9. Fast Company / 10. Do Something / 11. You Are Not Alone

1. 失われた森を求めて / 2. ハウ・ロング / 3. 享楽の日々 / 4. 戻れない二人 / 5. ギルティ・オブ・ザ・クライム / 6. もう聞きたくない / 7. 夏の約束 / 8. 明日はきっと晴れるから / 9. とらわれの人生 / 10. 明日にむかって / 11. 陽だまりの中へ

Disc 2
1. Long Road Out Of Eden / 2. I Dreamed There Was No War / 3. Somebody / 4. Frail Grasp On The Big Picture / 5. Last Good Time In Town / 6. I Love To Watch A Woman Dance / 7. Business As Usual / 8. Center Of The Universe / 9. It's Your World Now / 10. Hole In The World (Bonus Track)

1. エデンからの道、遥か / 2. 平和への祈り / 3. サムバディ / 4. 歴史は繰り返す / 5. 栄光の時 / 6. 追憶のダンス / 7. 退屈な日常 / 8. 宇宙の中心で愛を叫ぶ / 9. 夢のあとさき / 10. ホール・イン・ザ・ワールド [リマスター] (ボーナス・トラック)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 紙ジャケット仕様
• 解説・歌詞・対訳付
• Packaged in a 4 panel gatefold cardboard sleeve with a 20 page booklet containing credits, song lyrics and band photos.

• Album: US 1位 - 7x Platinum (2008-RIAA) / UK 1位 - 2x Platinum
• Single: "How Long" US 101位

EAGLES - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Glenn Frey (グレン・フライ) - Guitar, Keyboards, Bass, Vocals
• Don Henley (ドン・ヘンリー) - Drums, Percussion, Guitar, Vocals
• Timothy B. Schmit (ティモシー・B・シュミット) - Bass and Vocals
• Joe Walsh (ジョー・ウォルシュ) - Guitar, Keyboards, Vocals

(記:2017年2月)


    PRIVATE INVESTIGATIONS - THE BEST OF DIRE STRAITS & MARK KNOPFLER / DIRE STRAITS & MARK KNOPFLER (2005)

Album Cover (front): Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler   Album Cover (back): Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler   CD Case with Promotional Sticker (front): Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler

この"Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler"は、ダイアー・ストレイツとバンドの中心人物だったマーク・ノップラーのソロ作品から代表曲を中心に選曲されたベスト・アルバム。

アルバムは2種類の形態でリリースされており、ここで紹介している2枚組みのCDの他に、背景の空がモノクロになっているジャケットの1枚物のCDがあります。又、2枚組みの方はヨーロッパ盤とアメリカ盤では収録曲に若干の違いがあり、自分が購入したのはアメリカ盤の方。ちなみに、日本盤では2枚組みはリリースされておらず、1枚物だけのリリースになっています。

どうせなら2枚組みの方を欲しかったので、輸入盤の方を選択したのですが、輸入盤にしては珍しく全曲の歌詞が掲載されていたのは嬉しい誤算といったところ。

なお、このアメリカ盤では、14曲がダイアー・ストレイツの曲で、8曲がマーク・ノップラーのソロ曲という構成になっています。収録曲数は"Disc 1"と"Disc 2"が共に11曲、合わせて22曲と、若干少ない印象もありますが、これは1曲当たりの時間が長い曲が比較的多く収録されているからで、例えば1曲目の"Telegraph Road"は14分を超える曲です。

ジャケットは名作の誉れ高い"Brothers in Arms"を模したようなアートワークで、先にも述べたようにブックレットには全曲の歌詞も掲載されています。

ダイアー・ストレイツのサウンドについて言えば、どちらかというと古風なスタイルで、世の中のトレンドとは無関係に我が道を行くといった感じで、バンド自体も多少地味な印象もあるのですが、本国のイギリスをはじめ、ヨーロッパやアメリカでは、これがもうスーパー・グループと呼んでも差し支えないほどのアルバム・セールスを記録しているバンドなんですよね。特にイギリスではリリースされた6枚のオリジナル・アルバムは全てトップ5のヒットを記録していますし、5作目の"Brothers in Arms"はイギリスの歴代セールスでも8位(2016年現在)にランクされるほどのビッグセラー・アルバムとなっています。

しかも、面白いのが、デビュー・アルバムの"Dire Straits"がリリースされた1978年といえば、1977年に公開された映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットを記録し、世は正にディスコ・ブーム到来といった時代だったということ。つまりは、そんな状況下でも、一方ではダイアー・ストレイツのようなこうした音楽も支持されていたというのが何とも興味深いところなんですよね。

まぁ、そんな一見不利とも言える状況下でありながらも好調なセールスを記録していたということは、世の中の流行といったものに左右されない普遍的な魅力がダイアー・ストレイツの音楽にはあったということなんでしょうね。

日本では欧米に比べると知名度が低い印象もありますが、それでも"Sultans of Swing"(邦題は「悲しきサルタン」)は日本でも割りとヒットしてラジオでも良くかかっていた記憶があるので、ダイアー・ストレイツという名前は聞いたことがあるという人はそこそこいるのかもしれません。

それにしても、この何とも言えない心地良さはいったい何処から来るのだろう。この心地良さは決して他のバンドでは得られないものなんですよね。更に渋みが増したマーク・ノップラーのソロ作品も落ち着いた雰囲気でダイアー・ストレイツ時代の楽曲に負けず劣らず好きですし、そういった意味でも良いコンピレーション・アルバムだと思います。

CD (Disc 1): Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler   CD (Disc 2): Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler   Promotional Sticker: Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler / Dire Straits & Mark Knopfler

収録曲のオリジナル・アルバムとチャート・ポジションは以下の通り。

Original Albums (Dire Straits)

■ Dire Straits - 1978 (UK 5位 - 2x Platinum / US 2位 - 2x Platinum)
• Disc 1-2: Sultans of Swing(UK 8位 / US 4位)

■ Communiqué - 1979 (UK 2位 - Platinum / US 7位 - Gold)
• 収録曲無し

■ Making Movies - 1980 (UK 4位 - 2x Platinum / US 19位 - Platinum)
• Disc 1-4: Romeo and Juliet(UK 8位)
• Disc 1-5: Tunnel of Love(UK 54位 / US 4位)
• Disc 1-6: Skateaway(UK 37位 / US 58位)

■ Love Over Gold - 1982 (UK 1位 - 2x Platinum / US 1位 - Gold)
• Disc 1-1: Telegraph Road
• Disc 1-3: Love Over Gold
• Disc 1-7: Private Investigations(UK 2位)

■ Brothers in Arms - 1985 (UK 2位 - 14x Platinum / US 7位 - 9x Platinum)
• Disc 1-8: So Far Away(US 75位)
• Disc 1-9: Money for Nothing (featuring Sting)(UK 4位 / US 1位)
• Disc 1-10: Walk of Life(UK 2位 / US 7位)
• Disc 1-11: Your Latest Trick(UK 26位)
• Disc 2-10: Brothers in Arms(UK 16位)

■ On Every Street - 1991 (UK 1位 - 2x Platinum / US 12位 - Platinum)
• Disc 2-1: Calling Elvis(UK 21位)
• Disc 2-2: On Every Street(UK 42位)

Original Albums (Mark Knopfler)

■ Local Hero soundtrack - 1983
• Disc 2-3: Going Home (Theme From The Local Hero)

■ Cal soundtrack - 1984
• Disc 2-4 The Long Road (Theme From Cal)

■ Golden Heart - 1996 (UK 9位 - Gold / US 105位)
• 収録曲無し

■ Sailing to Philadelphia - 2000 (UK 4位 - Gold / US 60位 - Gold)
• Disc 2-6: Sailing to Philadelphia
• Disc 2-7: What It Is

■ The Ragpicker's Dream - 2002 (UK 7位 - Gold / US 38位)
• Disc 2-5: Why Aye Man

■ Shangri-La - 2004 (UK 11位 - Silver / US 66位)
• Disc 2-8: The Trawlerman's Song
• Disc 2-9: Boom, Like That

■ All the Roadrunning (Mark Knopfler and Emmylou Harris) - 2006 (UK 8位 - Gold / US 17位)
• Disc 2-12 All the Roadrunning - duet with Emmylou Harris

なお、マーク・ノップラーは、この"Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler"がリリースされた以降も、コンスタントにアルバムをリリースしています。

■ 2007年 - Kill to Get Crimson (UK 9位 - Silver / US 26位)
■ 2009年 - Get Lucky (UK 9位 - Silver / US 17位)
■ 2012年 - Privateering (UK 8位 / US 65位)
■ 2015年 - Tracker (UK 3位 / US 14位)

以下は、この"Private Investigations - The Best of Dire Straits & Mark Knopfler"に収録されていないその他の主なシングル曲。

• Lady Writer (UK 51位 / US 45位) - from the Album "Communiqué" 1979
• Industrial Disease (US 75位) - from the Album "Love Over Gold" 1982
• Twisting by the Pool (UK 14位) - from the EP "ExtendedancEPlay" 1983
• Heavy Fuel (UK 55位) - from the Album "On Every Street" 1991
• The Bug (UK 67位) - from the Album "On Every Street" 1991

▼ Dire Straits - Sultans Of Swing (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=h0ffIJ7ZO4U

▼ Dire Straits & Sting - Money for Nothing (Live Aid '85)
https://www.youtube.com/watch?v=7ITnUpVhvTM

▼ Mark Knopfler - Why Aye Man (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=KrwSDX95wCs

▼ Mark Knopfler - What It Is (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=BvAUQsbKnLI

DIRE STRAITS - BAND MEMBERS
• Mark Knopfler (マーク・ノップラー) - Lead Guitar, Lead Vocals (1977-95)
• John Illsley (ジョン・イルズリー) - Bass Guitar, Backing Vocals (1977-95)
• David Knopfler (デヴィッド・ノップラー) - Rhythm Guitar, Backing Vocals (1977-80)
• Pick Withers (ピック・ウィザース) - Drums, Percussion (1977-82)

• Alan Clark (アラン・クラーク) - keyboards (1980-95)
• Hal Lindes (ハル・リンデス) - Rhythm Guitar, Backing Vocals (1980-85)
• Terry Williams (テリー・ウィリアムズ) - Drums (1982-89)
• Guy Fletcher (ガイ・フレッチャー) - Keyboards, Backing Vocals (1984-95)
• Jack Sonni (ジャック・ソンニ) - Rhythm Guitar, Backing Vocals (1985-88)

TRACK LIST (US 2CD Edition)
Disc 1
1. Telegraph Road / 2. Sultans Of Swing / 3. Love Over Gold / 4. Romeo And Juliet / 5. Tunnel Of Love / 6. Skateaway / 7. Private Investigations / 8. So Far Away / 9. Money For Nothing / 10. Walk Of Life / 11. Your Latest Trick

Disc 2
1. Calling Elvis / 2. On Every Street / 3. Going Home (Theme From The Local Hero) / 4. The Long Road (Theme From Cal) / 5. Why Aye Man / 6. Sailing To Philadelphia / 7. What It Is / 8. The Trawlerman's Song / 9. Boom, Like That / 10. Brothers In Arms / 11. All The Roadrunning - duet with Emmylou Harris

NOTES
• Label: Mercury Records Limited
• Made in USA (Import)
• 歌詞付き

• Album: UK 20位 (2x Platinum)

▼ おまけ

Dire Straits - Sultans Of Swing (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=_q8s93klams

(記:2017年2月 / 更新:2017年7月)


    GREATEST HITS / BLONDIE (2002)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ / ブロンディ

Album Cover (front): Greatest Hits / Blondie  Album Cover (back): Greatest Hits / Blondie  CD Case (back): Greatest Hits / Blondie

ブロンディがヒット曲を連発していた頃はハードロックに熱中していたとうこともあり、これといって特に興味も持っていなかったのですが、そんな自分でも曲のタイトルを見ればどんな曲だか覚えているものが意外と多くあったことから、一度きちんと聴いてみようと思い購入したのが、再結成後のヒット曲"Maria"(英1位)を含むこの「Blondie Greatest Hits / ブロンディ・グレイテスト・ヒッツ」。ちなみに、この"Greatest Hits"のイギリス盤は、モノクロの写真が使用されたアメリカ盤及び、日本盤とは異なるカラー写真のジャケットでリリースされています。

ただ、当時は特に興味を持っていなかったとはいえ、"Atomic"は結構好きで、シングルだけでも買おうかなと心揺らいでいたことはあったんですけどね。

実は、このブロンディの"Greatest Hits"は最近でも良く聴いているアルバムで、ウェブサイトに毎月掲載している"My iTunes Play Count"の先月分を見ると、このアルバムを聴きながらウェブサイトに取り上げる準備をしていたとは言え、トップ40にブロンディの曲が13曲も入っていたほど。

デビュー当時はパンクやニュー・ウェイブといった括りで語られることが多かったバンドだったようですが、その後はディスコ・サウンドを取り入れた"Heart of Glass"がアメリカとイギリスで共に1位を記録するヒットを記録した後は、'60年代のポップスを彷彿するような"Sunday Girl"がイギリスで1位を記録。そして、レゲエを取り入れた"The Tide Is High"も"Heart of Glass"に続きアメリカとイギリスで共に1位を記録。更には、ラップを取り入れた"Rapture"もアメリカで1位を記録するといったように、様々なジャンルの音楽を取り入れたスタイルでヒット曲を生み出していったバンドでもありました。

なお、"Rapture"は、ラップを取り入れた楽曲として最初にビルボード・チャートで No.1 になった曲と言われており、又、この曲のミュージック・ビデオには、27歳の若さでこの世を去った画家のバスキアが出演しています。

※ 補足
バスキア(ジャン=ミシェル・バスキア / Jean-Michel Basquiat)は、現在もアート界に多大な影響を与え続けている画家で、アンディ・ウォーホルと知り合ってからは、作品を共同制作するようにもなった。又、絵の中に描かれる王冠は彼のトレードマークにもなっている。

余談になりますが、実を言うと、私は10年くらい前に買ったバスキアの絵がプリントされいるTシャツを未だに着ずに持っています。いや〜、Tシャツって直ぐにダメになるので惜しくて中々着れないんですよね(笑)。

バスキアのTシャツ-1  バスキアのTシャツ-2  バスキアのTシャツ-3  バスキアのTシャツ-4

そして、表記はされていないものの、"Heart of Glass"、"Rapture"、"In the Flesh"、"Sunday Girl"の4曲は、1981年にリリースされた「The Best of Blondie / 軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ」(US 30位 - 2x Platinum / UK 4位 - 2x Platinum)に収録されていた"Special Mix"のヴァージョンが収録されています。個人的には、一部フランス語のヴァージョンからの歌詞が組み込まれている"Sunday Girl"の"Special Mix"は結構好きなヴァージョンですね。又、他の3曲もオリジナルのイメージを崩さないミックスなので違和感も無く好感が持てます。

CD Case (inside): Greatest Hits / Blondie  CD: Greatest Hits / Blondie

このアルバムに収録されている各曲のチャート・ポジションを見てみると、本国のアメリカよりも、むしろイギリスで人気が高かった印象を受けます。

収録曲のオリジナル・アルバムとチャート・ポジションは以下の通り。

■ Blondie - 1976(UK 75位 [1979 Re-released] - Gold)
• Track 6: X Offender (Did Not Chart)
• Track 12: In the Flesh (Did Not Chart) ※ オーストラリアでは2位を記録
• Track 8: Rip Her to Shreds (Did Not Chart)

■ Plastic Letters - 1978(US 72位 / UK 10位 - Platinum)
• Track 13: Denis (UK 2位) ※ ベルギーとオランダでは1位を記録
• Track 14: (I'm Always Touched by Your) Presence, Dear(UK 10位)

■ Parallel Lines - 1978(US 6位 - Platinum / UK 1位 - Platinum)
• Track 11: Picture This(UK 12位 - Silver)
• Track 7: Hanging on the Telephone(UK 5位 - Silver)
• Track 4: Heart of Glass(US 1位 - Gold / UK 1位 - Platinum)
• Track 18: Sunday Girl(UK 1位 - Gold)
• Track 3: One Way or Another(US 24位)

■ Eat to the Beat - 1979(US 17位 - Platinum / UK 1位 - Platinum)
• Track 1: Dreaming(US 27位 / UK 2位 - Silver)
• Track 15: Union City Blue(UK 13位)
• Track 16: The Hardest Part(US 84位)
• Track 10: Atomic(US 39位 / UK 1位 - Gold)

■ American Gigolo [Soundtrack] - 1980(US 7位)
• Track 2: Call Me(US 1位 - Gold / UK 1位 - Silver)

■ Autoamerican - 1980(US 7位 - Platinum / UK 3位 - Platinum)
• Track 5: The Tide Is High(US 1位 - Gold / UK 1位 - Gold)
• Track 9: Rapture(US 1位 - Gold / UK 5位 - Silver)

■ The Hunter - 1982(US 3位 / UK 9位 - Gold)
• Track 17: Island of Lost Souls(US 37位 / UK 11位)

■ No Exit - 1999(US 18位 / UK 9位)
• Track 19: Maria(US 82位 / UK 1位 - Gold)

「私たちはずっとポップとアンダーグラウンドの間の何だかちょっと微妙なところにいたの。だけど、絶対何よりロックンロール・バンドなんだけどね」 (デボラ・ハリー)

▼ Blondie - Maria
https://www.youtube.com/watch?v=lBEwUxS6Hlk

▼ Blondie - Dreaming (Top of the Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=-laAHVIfBvQ

▼ Blondie - Heart Of Glass (Top of the Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=gbnbMMCfyoc

▼ Blondie - Rapture
https://www.youtube.com/watch?v=pHCdS7O248g

▼ Blondie - Atomic
https://www.youtube.com/watch?v=1Tko1G6XRiQ

▼ Blondie - Sunday Girl (Toppop)
https://www.youtube.com/watch?v=u5SmLgGnKJ4

▼ Blondie - In The Flesh
https://www.youtube.com/watch?v=kmONePejIIA

▼ Blondie - Interview - Feb 1978 in Japan
https://www.youtube.com/watch?v=yaUVezgss78

CDの帯(裏面側):グレイテスト・ヒッツ / ブロンディ TRACK LIST
1. Dreaming / 2. Call Me / 3. One Way Or Another / 4. Heart Of Glass / 5. The Tide Is High / 6. X Offender / 7. Hanging On The Telephone / 8. Rip Her To Shreds / 9. Rapture / 10. Atomic / 11. Picture This / 12. In The Flesh / 13. Denis / 14. (I'm Always Touched By Your) Presence Dear / 15. Union City Blue / 16. The Hardest Part / 17. Island Of Lost Souls / 18. Sunday Girl / 19. Maria

1. ドリーミン / 2. コール・ミー / 3. どうせ恋だから / 4. ハート・オブ・グラス / 5. 夢みるNo.1 / 6. X(エックス)オフェンダー / 7. ハンギング・オン・ザ・テレフォン / 8. 汚れた天使 / 9. ラプチュアー / 10. 銀河のアトミック / 11. 恋のピクチャー / 12. 愛してほしい / 13. デニスに夢中 / 14. 今が最高 / 15. 涙のユニオン・シティ / 16. ザ・ハーデスト・パート / 17. 誘惑の楽園 / 18. サンデー・ガール / 19. マリア

NOTES
• Tracks 4, 9. 12, 18: Special Mix from the Album "The Best of Blondie" (1981)

• CD発売日:2014年6月11日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付
• All Tracks 24-Bit Digitally Remastered

• Album: UK 38位 (Silver)

(記:2017年2月)


     PHYSICAL 「フィジカル(虹色の扉)」 / OLIVIA NEWTON-JOHN (1981)

CDの帯:フィジカル(虹色の扉) / オリビア・ニュートン・ジョン

Album Cover (front): Physical / Olivia Newton-John
1978年の主演映画「グリース」から、翌年の1979年にリリースされた前作の「Totally Hot / さよならは一度だけ」、そして、1980年公開の映画「ザナドゥ」と、新境地の開拓を推し進めてきたオリビアが、更なるステップとして扉を開いたアルバムがこの「Physical / フィジカル(虹色の扉)」。

ということで、この"Physical"がリリースされるまでの数年の経緯を知っている人は、このアルバムでの方向性もある程度は必然的な流れとして捉えることができたと思うのですが、シングルの"Physical"が大ヒットを記録したことで、昔のオリビアしか知らないという人にまで知れ渡った所為か、突然変異のような扱いを受けていた部分も少なからずあったようにも思います。

自分自身はといえば、新境地という意味では前作の"Totally Hot"も個人的に好きなアルバムだったというか、それ以前の主だった代表曲はある程度知っていたとはいえ、"Totally Hot"が初めて買ったオリビアのアルバムでもあったので、この"Physical"も好みという点では多少違う部分はあったものの、それなりに許容できる範囲ではありましたね。それに、何よりも、このアルバムによってヴォーカル・スタイルにも幅が生まれ、より表現力が増したことは紛れも無い事実なのではないかと思うところ。

ただ、そうは言っても、このアルバム"Physical"は、大ヒットしたシングル"Physical"のミュージック・ビデオのイメージが目立ってしまうこともあってか、アルバムとしてはあまり評価されることもなく、タイトル・トラックの"Physical"だけで語られることが多いといった印象を受けますね。

でも、アルバム自体は結構バラエティーに富んだ曲構成になっており、例えば、アルバムの最後に収録されているオリビアが作詞作曲した"The Promise (The Dolphin Song)"なんかは、オリビア自身は何も変わっていないんだということを感じさせられるような曲。ちなみに、この"The Promise (The Dolphin Song)"は、他の曲に比べるとシンプルな印象がある所為か、当時は地味な曲といった感じで特に好きというわけでもなかった曲ですが、歳を重ねてから聴くと、これがまたピュアな雰囲気で良いんですよね。

又、ソロとしてデビューする前はクリフ・リチャードのバック・コーラスとして活動していた時期があったので、そういった経緯もあってのことだろうと思われますが、クリフ・リチャードのカヴァー曲"Silvery Rain"(1971年にシングルとしてリリースされた曲)が収録されているのも、新たなる境地へ踏み出しながらも、原点を見つめ直すというか、この"Physical"も当時から線で繋がっているということを示しているかのようでもあり興味深いところ。

▼ 1971年に「シルバーレイン」の邦題でリリースされたクリフ・リチャードの日本盤シングル
Discogs - シルバーレイン (Silvery Rain) / クリフ・リチャード

なお、タイトル・トラックの"Physical"について付け加えておくと、この曲でギターソロのパートを演奏しているのは"TOTO"のスティーブ・ルカサーです。このギターソロに只者じゃない何かを感じた人は只者ではないです(笑)。

CD Case (inside): Physical / Olivia Newton-John  Album Cover (inside): Physical / Olivia Newton-John

ちなみに、このアルバムは、収録されている全曲のミュージック・ビデオが制作されています。又、ビルボード・チャートで10週連続1位の大ヒットを記録した"Physical"の陰に隠れがちですが、セカンド・シングルの"Make A Move On Me"もビルボード・チャートでトップ5に入るヒットを記録しているんですよね。

ただひとつ言わせてもらえれば、バラード曲の2曲"Falling"と"Carried Away"多少淡白な感じがするので、この点がちょっと残念なところ。この2曲がもうちょっと魅力的なバラード曲だったらアルバムの充実度もグッと上がったと思うんですけどね。それでも、まぁ、この辺りは好みの問題でもありますし、捉え方も人それぞれなのかも。

まぁ、冒頭でも述べたように、タイトル・トラックの"Physical"だけで拒否反応を示す人も少なからずいたようですが、ビジュアルとサウンドの両面で大きな変化を見せた"Totally Hot"でファンになった自分と同様に、初めて買ったオリビアのアルバムが"Physical"であり、この"Physical"を入り口としてファンになったという人も案外多かったのではないかと。現に、タイトル・トラックの"Physical"はその後も現在に至るまでずっとライヴでは外せない重要なレパートリーとなってますしね。

補足しておくと、ジャケットの写真は写真家のハーブ・リッツ (Herb Ritts) によるもので、ハーブ・リッツはその後の1986年にリリースされたマドンナのアルバム「True Blue / トゥルー・ブルー」でもジャケットの写真を手掛けており、その"True Blue"も、この"Physical"と同じような横顔の構図の写真がジャケットになっているのが興味深いところ。

▼ Olivia Newton John - Physical (rtve.es)
https://www.youtube.com/watch?v=HnKv3soc5Ng

▼ Olivia Newton-John - Make A Move On Me (The American Music Awards 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=1ziyCPLHwOY

▼ Olivia Newton-John - Silvery Rain (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=VoX9eAa5XIw

▼ Olivia Newton-John - Silvery Rain (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=jkd6V1fbeRk

▼ Olivia Newton-John - The Promise (The Dolphin Song) (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=fEtwsTfBzLc

▼ こちらはクリフ・リチャードの"Silvery Rain"

▼ Cliff Richard - Silvery Rain
https://www.youtube.com/watch?v=sPf-ZahFwi4

Album Cover (back): Physical / Olivia Newton-John TRACK LIST
1. Landslide / 2. Stranger's Touch / 3. Make A Move On Me / 4. Falling / 5. Love Make Me Strong / 6. Physical / 7. Silvery Rain / 8. Carried Away / 9. Recovery / 10. The Promise (The Dolphin Song)

1. ランドスライド / 2. ストレンジャーズ・タッチ / 3. メイク・ア・ムーヴ・オン・ミー / 4. 貴方にフォーリング / 5. 愛あればこそ / 6. フィジカル / 7. シルヴァリー・レイン / 8. キャリード・アウェイ / 9. 絆はふたたび / 10. 愛のプロミス

NOTES
• CD発売日:2002年3月6日(再発盤)
• デジタル・リマスター
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 6位 - 2x Platinum (1984-RIAA) / UK 11位 / AUS 3位
• Singles from Physical
1. Physical: US 1位 - Platinum (1982-RIAA) / UK 7位 - Silver / AUS 1位
2. Make A Move On Me: US 5位 / UK 43位 / AUS 8位
3. Landslide: US 52位 / UK 18位

(記:2017年3月)


    あれから10年 〜 R.I.P. BRAD DELP / BOSTON OFFICIAL WEBSITE (2007)

R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007)

R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007) これはボストンのヴォーカリストであるブラッド・デルプが宇宙の彼方へ旅立たれた時のボストンのオフィシャル・サイト(トップ・ページ)をキャプチャーした画像です。思い出にとコピーして保存しておいたのですが、今日はあれから丁度10年目ということで取り上げることにしました。

ご覧のように、この時はトップ・ページからのリンクが全て外され、ブラッド・デルプの写真と追悼するメッセージだけといったものになっていたんですよね。

そして、その後は、この後に控えていた全米ツアーは全てキャンセルするとの発表が公式に伝えられるれることに・・・。一方では、代役を立ててツアーを行うという選択肢もあったと思われますが、恐らくはトム・ショルツの判断だったんでしょうね。

トム・ショルツがひとりで制作したデモテープをベースにボストンのファースト・アルバムがレコーディングされる際は、それに合わせて各パートのメンバーが集められた経緯があったものの、このブラッド・デルプだけはレコーディング前からトム・ショルツの知り合いであり、そのトム・ショルツがブラッド・デルプに「アルバムをレコーディングする計画があるんだけど、興味ある?」といった内容の手紙を送ったことからヴォーカリストとして参加することが決まったといったことをアルバムのライナーノーツか、もしくは何かの記事で読んだ記憶があります。多分、そういった意味でもトム・ショルツにとってブラッド・デルプは特別な存在だったのかもしれません。

10年目の節目ということで、改めて哀悼の意を表したいところですが、ブラッド兄さんはきっと遥か彼方の宇宙で安らかに旅をされていることでしょうから、今日は過去を振り返らず、遥かなる想いを馳せながら、この惑星に残してくれた歌声と共にアルバムを聴いていたいと思います・・・。

▼ Boston - A Man I'll Never Be - 6/17/1979 - Giants Stadium (Official)
https://www.youtube.com/watch?v=Xpb-Zb79dcg

BOSTON OFFICIAL WEBSITE (2007)
• Brad Delp - June 12, 1951 to March 9, 2007
• The nicest, kindest, most caring, down to earth rock star the world has ever known.
• May you rest in Peace

▼ BOSTON OFFICIAL WEBSITE
https://bandboston.com/

(記:2017年3月)


    A&M NEW GOLD SERIES / STYX (1990)

CDの帯:A&M ニュー・ゴールド・シリーズ / スティクス

Album Cover (front): A&M New Gold Series / Styx
こちらは、世の中の主流がレコード盤からCDへと移り変わって間もない時期にリリースされた日本独自の企画盤「A&M ニュー・ゴールド・シリーズ」のスティクス編。

LPレコードの時代は、「烈風」というタイトルが付けられた日本独自の企画盤が"Paradise Theatre"の後に来日記念盤としてリリースされたことがあったものの、この当時はオフィシャルでスティクスのベスト・アルバムはリリースされておらず、自分自身はLPレコードで持っていたスティクスのアルバムを含めて、スティクスのCDはまだ何も持っていないという状況だったこともあり、こんなものが出ていたのかと、見つけて直ぐに買ったアルバムでした。ということで、自分が初めて買ったスティクスのCDが、実はコレなんですよね。

ただし、現在は廃盤になっており、ベスト・アルバムが乱発されている現在では需要があるとも思えず、今後再発されることも無いアルバムなのではないかと。ただ、そうは言っても、リユニオン以前の主な代表曲は概ね押さえられており、選曲自体は現在出回っているベスト・アルバム等と比較しても遜色無いんですけどね。

まぁ、過去の代表曲を集めたベスト・アルバムということもあり、このアルバムならではの特徴といったものはこれといって特には無いのですが、強いて言えば、最近のベストには収録されることが殆ど無い"Music Time"(スティクス初の2枚組みライヴ・アルバム"Caught in the Act"に収録されていたスタジオ録音の新曲で、シングルとしてもリリースされた曲)が収録されているといったところでしょうか。

それでも、このアルバムを買った当時はスティクスのCDといえばこれしか持っていなかったこともあり、結構頻繁に聴いていた記憶があるアルバムではあります。ただ、この当時はCD-Rは勿論のこと、ウィンドウズ95さえ出てない時代でしたので、このアルバムを好きな曲順でカセットテープに録音して聴いていたんですけどね。

なお、CDケース裏面の曲目リストには表記されていませんが、13曲目の"Miss America"はライヴ・ヴァージョンが収録されています。

▼ Styx - Blue Collar Man (Return to Paradise 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=kopMEpSG_Zg

▼ Styx - Come Sail Away (Return to Paradise 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=VMFVkGA1Qfw

▼ Styx - The Best of Times / A.D. 1958 (Return to Paradise 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=KAGBTBwsduw

Album Cover (back): A&M New Gold Series / Styx TRACK LIST
1. Babe / 2. Mr. Roboto / 3. Come Sail Away / 4. Why Me / 5. Don't Let It End / 6. Boat On The River / 7. Renegade / 8. The Best Of Times / 9. Fooling Yourself (The Angry Young Man) / 10. Too Much Time On My Hands / 11. Blue Collar Man (Long Nights) / 12. Mademoiselle / 13. Miss America / 14. Lorelei / 15. A.D. 1928 / 16. Rockin' The Paradise / 17. Music Time

1. ベイブ / 2. ミスター・ロボット / 3. カム・セイル・アウェイ / 4. ホワイ・ミー / 5. 愛の火を燃やせ / 6. ボート・オン・ザ・リヴァー / 7. レネゲイド / 8. ザ・ベスト・オブ・タイムズ / 9. 怒れ!若者 / 10. 時は流れて / 11. ブルー・カラー・マン / 12. マドモアゼル / 13. ミス・アメリカ / 14. ローレライ / 15. 1928年(パラダイス・シアター・オープン) / 16. ロッキン・ザ・パラダイス / 17. ミュージック・タイム

NOTES
• 1990 Japanese Compilation CD (Released in Japan Only)
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2017年3月)


    A&M NEW GOLD SERIES / RITA COOLIDGE (1990)

CDの帯:A&M ニュー・ゴールド・シリーズ / リタ・クーリッジ

Album Cover (front): A&M New Gold Series / Rita Coolidge
上のスティクスと同じく、これも日本独自で企画された「A&M ニュー・ゴールド・シリーズ」の一枚で、こちらはリタ・クーリッジ編。

元々は「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」が聴きたくて買ったアルバムだったのですが、実は、その曲だけライヴ・ヴァージョンで収録されているんですよね、CDケース裏面に記載されている曲目リストには「Live」なんて表記はされていませんでしたから、買った当時は「何だよ」と思ったことを覚えています。

ただ、現在でもリリースされている幾多のリタ・クーリッジのベスト・アルバムに於いても、その"Don't Cry Out Loud"が収録されている場合は、このアルバムと同じライヴ・ヴァージョンが収録されているようなので、もしかしたら何らかの事情があるのかもしれません。

それでも、その後は、この"Don't Cry Out Loud"のライヴ・ヴァージョンも結構気に入って聴いていたんですよね。それに、アルバム自体の選曲も中々良いので、今でも時折聴くアルバムだったりもします。

アルバムに収録されている曲は、1971年リリースのデビュー・アルバム"Rita Coolidge"から1983年リリースの"Never Let You Go"までのアルバムからセレクトされており、米6位のヒットとなった1977年のアルバム"Anytime...Anywhere"から4曲、そして、米32位を記録した1978年のアルバム"Love Me Again"からは6曲と、ヒット・アルバムからは比較多く収録されているというツボを押さえた選曲がされています。

どちらかといえば、オリジナル曲よりもスタンダード・ナンバーのカヴァーが多く、あくまでも歌い手としてのスタイルを貫いたシンガーといった印象がありますが、それだけに、カヴァーとは言っても、オリジナルに引けをとらないくらいに素晴らしいものが多く、中でも、メリサ・マンチェスターが1979年に米10位のヒットを記録したピーター・アレンとキャロル・ベイヤー・セイガー作の"Don't Cry Out Loud"や、ボズ・スキャッグスの"We're All Alone"と"Slow Dancer"の2曲などはカヴァーとしても卓越した出来だと思います。案外、「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」と言えば、日本ではメリサ・マンチェスター以上にリタ・クーリッジの方が有名かも。

個人的には、それらの3曲と共に好きなのが、ジャジーな"Fever"と"Nice Feelin'"、それに、"Don't Cry Out Loud"と同じくピーター・アレンとキャロル・ベイヤー・セイガー作曲の"I'd Rather Leave While I'm In Love"といった曲。

この「A&M ニュー・ゴールド・シリーズ」自体は随分と古いアルバムになってしまいましたが、改めて聴いてみると、やっぱりあの時買って良かったなと思いますね。対価を払って購入したからこそ思い入れがあり、そこから積み重ねられた思い出になっている部分って少なからずあるように思んですよね。こういう記事を書いていても色々と思い出が蘇ってきますし、自然と熱も入ります(笑)。

それともうひとつ、このアルバムを買って良かったなと思ったのは、それぞれの曲がどのアルバムに収録されているといったことに加え、カヴァー曲の場合だとオリジナルは何年の誰々の曲といった表記が解説書にしてあるということ。おかげで、各曲の生い立ちも知ることができて、より深く味わうことができたようなところもありましたからね。実を言うと「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」がカヴァーだと知ったのもこのアルバムを買ってからでしたし。

収録されているのは以下の20曲。

1. (Your Love Has Lifted Me) Higher And Higher / ハイヤー・アンド・ハイヤー
米6位を記録した1977年リリースのアルバム"Anytime...Anywhere"からのファースト・シングル曲で米2位のヒットとなった曲。元々は古典的なR&Bソングで、1967年にジャッキー・ウイルソンが取り上げたときのタイトルは"(Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher"。

2. Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない
1980年に日本でのみリリースされたライヴアルバム"Beautiful Evening (Live in Japan)"より。

3. We're All Alone / ウィアー・オール・アローン
ボズ・スキャッグスのカヴァー曲。1977年リリースの大ヒット・アルバム"Anytime...Anywhere"からのセカンド・シングルで、アメリカではファースト・シングルの"(Your Love Has Lifted Me) Higher And Higher"に続いてトップ10に入るヒットとなった曲。(米7位 / 英6位)

4. Slow Dancer / スロー・ダンサー
同じく、ボズ・スキャッグスのカヴァーで、1978年リリースのアルバム"Love Me Again"に収録。

5. I'd Rather Leave While I'm In Love / 愛しているからさよならを
「あなたしか見えない」と同じくピーター・アレンのカヴァー曲。 1979年リリースのアルバム"Satisfied"(米95位)からのファースト・シングル曲。(米38位)

6. Only You Know And I Know / 二人だけが知っている
1971年リリースのセカンド・アルバム"Nice Feelin'"(米135位)収録曲。

7. I'll Never Let You Go / ネヴァー・レット・ユー・ゴー
1983年リリースのアルバム"Never Let You Go"収録曲。

8. Bye Bye Love / バイ・バイ・ラヴ
1957年にヒットを記録したエヴァリー・ブラザーズのカヴァーで、1978年リリースのアルバム"Love Me Again"に収録。

9. The Way You Do The Things You Do / あなたは最高
1977年リリースのアルバム"Anytime...Anywhere"からのサード・シングルで米20位を記録。

10. The Closer You Get / クローザー・ユー・ゲット
1981年リリースのアルバム"Heartbreak Radio"(米160位)からのファースト・シングル曲。(米103位)

11. You / ユー
1978年リリースのアルバム"Love Me Again"(米32位)からのファースト・シングル曲で、米25位を記録。

12. Love Me Again / ラヴ・ミー・アゲイン
同じく、1978年リリースのアルバム"Love Me Again"からセカンド・シングルとなった曲。(米68位)

13. You're So Fine / 素敵なあなた
1959年にヒットを記録したファルコンズのカヴァーで、1978年リリースのアルバム"Love Me Again"収録曲

14. Words / ワーズ
ビージーズのカヴァーで、英25位を記録。1977年リリースのアルバム"Anytime...Anywhere"に収録。

15. Songbird / ソングバード
1977年の大ヒットアルバム「噂」に収録されていたフリートウッド・マックの曲のカヴァー。 1978年リリースのアルバム"Love Me Again"収録曲。

16. Fever / フィーヴァー
1972年リリースのサード・アルバム"The Lady's Not For Sale"(米46位)からのファースト・シングル曲で「マイ・クルー」との両A面シングルで米76位を記録。

17. My Crew / マイ・クルー
同上

18. Whiskey Whiskey / ウィスキー・ウィスキー
同じく、1972年リリースのサード・アルバム"The Lady's Not For Sale"からのセカンド・シングル曲。(米106位)

19. Nice Feelin' / ナイス・フィーリン
1971年リリースのセカンド・アルバム"Nice Feelin'"からのファースト・シングル曲。

20. I Believe In You / 信じていたい
1971年リリースのソロ・デビュー・アルバム"Rita Coolidge"(米105位)からファースト・シングルとなった曲。

▼ Rita Coolidge - Don't Cry Out Loud (Live 1979, Tokyo)
https://www.youtube.com/watch?v=Z3u6gn6UQQg

▼ Rita Coolidge - We're All Alone
https://www.youtube.com/watch?v=OvNdPewuXAQ

▼ Rita Coolidge - Slow Dancer
https://www.youtube.com/watch?v=Mx_Ui4ANucs

▼ Rita Coolidge - I'd Rather Leave While I'm In Love
https://www.youtube.com/watch?v=3t9QvgEsrd8

「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」といえば、日本では伊東ゆかりさんの日本語によるカヴァーが知られるところ。いやほんと、この方も歌が上手いし、素晴らしいカヴァーだと思います。

▼ 伊東ゆかり - あなたしか見えない (Don't Cry Out Loud)
https://www.youtube.com/watch?v=K0VrTVNctTg

Album Cover (back): A&M New Gold Series / Rita Coolidge TRACK LIST
1. (Your Love Has Lifted Me) Higher And Higher / 2. Don't Cry Out Loud / 3. We're All Alone / 4. Slow Dancer / 5. I'd Rather Leave While I'm In Love / 6. Only You Know And I Know / 7. I'll Never Let You Go / 8. Bye Bye Love / 9. The Way You Do The Things You Do / 10. The Closer You Get / 11. You / 12. Love Me Again / 13. You're So Fine / 14. Words / 15. Songbird / 16. Fever / 17. My Crew / 18. Whiskey Whiskey / 19. Nice Feelin' / 20. I Believe In You

1. ハイヤー・アンド・ハイヤー / 2. あなたしか見えない / 3. ウィアー・オール・アローン / 4. スロー・ダンサー / 5. 愛しているからさよならを / 6. 二人だけが知っている / 7. ネヴァー・レット・ユー・ゴー / 8. バイ・バイ・ラヴ / 9. あなたは最高 / 10. クローザー・ユー・ゲット / 11. ユー / 12. ラヴ・ミー・アゲイン / 13. 素敵なあなた / 14. ワーズ / 15. ソングバード / 16. フィーヴァー / 17. マイ・クルー / 18. ウィスキー・ウィスキー / 19. ナイス・フィーリン / 20. 信じていたい

NOTES
• 1990 Japanese Compilation CD (Released in Japan Only)
• 解説・歌詞付(対訳無し)

• アルバム・ジャケット裏面に表記されている曲目には表記されていませんが、2曲目の"Don't Cry Out Loud"は1980年に日本だけでリリースされたライヴ・アルバム"Beautiful Evening (Live In Japan)"に収録されているライヴ・ヴァージョンが収録されています。

(記:2017年3月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 30 Navigation Part 31   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.