Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 3
01. A DAY WITHOUT RAIN / ENYA (2000)
02. DISCOVERY / E.L.O. (1979)
03. NONSUCH 「ノンサッチ」 / XTC (1992)
04. APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999)
05. QUIET LIFE / JAPAN (1979)
06. ZOOM / E.L.O. (2001)
07. TRIAL BY FIRE / JOURNEY (1996)
08. NEWS OF THE WORLD 「世界に捧ぐ」 / QUEEN (1977)
09. BAT OUT OF HELL II - BACK INTO HELL / MEAT LOAF (1993)
10. THE WORKS 「ザ・ワークス」 / QUEEN (1984)
    A DAY WITHOUT RAIN / ENYA (2000)

Album Cover (front): A Day Without Rain / Enya

Album Cover (back): A Day Without Rain / Enya


新曲を含むベスト・アルバムの"Paint the Sky with Stars"が1997年にリリースされたとはいえ、前作のスタジオ・アルバム"Memory of Trees"からは実に5年ぶりとなるアルバムがこの「A Day Without Rain / ア・デイ・ウィズアウト・レイン」。

収められた楽曲は正に粒ぞろいといった感じで、時間と手間をかけて紡ぎ出されたエンヤならではとも言える旋律は、それぞれの楽曲で違った趣があり、それこそ5年間待った甲斐があるアルバムといった印象。

エンヤは、シンガーとしてだけでなく、作曲と殆んどの楽器を一人で演奏するマルチな才能の持ち主で、独特な雰囲気を持つそのサウンドは彼女の声を数十回から数百回と多重録音して深めのエコーを加えて出来るのだそうです。癒し系というジャンルで括られることが多い彼女の音楽ですが、丹念に音を積み重ねて音楽を作り上げるその手法は、かつての"Queen"を彷彿させられる感じで、そういった意味に於いてはポップスというよりも、むしろロック的手法に近いと思います。

個人的には、雨のない日 (A Day Without Rain) というよりも、むしろ雨の日が似合うサウンドといったイメージがこのアルバムにはあるのですが、でも、晴れた日 (Sunny Day) ではなく、「雨のない日」というタイトルからして、もしかしたらテーマとしては「雨」に重きが置かれているのかもしれません。まぁ、どちらにせよ、このアルバムで表現されている世界観にはただただ感服するするばかりです。

それと、彼女のアルバム全てに言えることなのですが、このアルバムも又、ジャケットの出来がとても素晴らしく、それはあたかも一枚の絵画でもあるかのようです。ロゴのカラーや配置も完璧に計算された構成で見事。

ちなみに、この"A Day Without Rain"は、リリースされた国によって11曲目の収録曲が異なるようで、日本盤には"Isobella"が収録されています。

なお、アルバムは、US(2位)、UK(6位)を記録し、アメリカでは2005年に"RIAA"より正式に"7x Multi Platinum"(700万枚のセールス)が認定されています。

▼ Enya - Only Time
https://www.youtube.com/watch?v=7wfYIMyS_dI

▼ Enya - Wild Child
https://www.youtube.com/watch?v=_wM7A6Eht7s

TRACK LIST
1. A Day Without Rain / 2. Wild Child / 3. Only Time / 4. Tempus Vernum / 5. Deora Ar Mo Chroi / 6. Flora's Secret / 7. Fallen Embers / 8. Silver Inches / 9. Pilgrim / 10. One By One / 11. Isobella [Japan Only] / 12. Lazy Days

1. ア・デイ・ウィズアウト・レイン / 2. ワイルド・チャイルド / 3. オンリー・タイム / 4. テンパス・ウェルヌム / 5. ドーラ・エル・モ・フリー / 6. フローラズ・シークレット / 7. フォーレン・エンバーズ / 8. シルヴァー・インチズ / 9. ピルグリム / 10. ワン・バイ・ワン / 11. イゾベラ(日本盤スペシャル・トラック) / 12. レイジー・デイズ

(記:2003年 / 更新:2015年12月)


    DISCOVERY / E.L.O. (1979)

CDの帯(初CD化盤):ディスカバリー / E.L.O.

Album Cover (Front): Discovery / E.L.O.
大作"Out Of The Blue"に続く作品で、前作に引き続きハイクオリティーな楽曲が揃ったアルバムがこの「Discovery / ディスカバリー」です。アラビアン・ナイトをモチーフに、各曲をそれぞれの物語に見立てたというこのアルバムのタイトル"Discovery"には、ストリングスの代わりに何かを"発見"したかったという事。それに、当時一世を風靡していたディスコサウンドを取り入れた事による"Disco-very"という意味合いが含まれているそうです。

サウンド面では、その「ストリングスの代わりに・・・」という言葉が示すように、それまでのサウンドの大きな特徴のひとつであったストリングスの比重は減り、それにに代わってシンセサイザーが多くの場面で使われています。ただ、シンセサイザーもストリングス風なアレンジで使われている部分も多いので、思ったほどサウンドに大きな違和感は無いものの、チェロ奏者"Melvyn Gale"、"Hugh Mcdowell"の二人と、バイオリン奏者"Mik Kaminski"がメンバーのクレジットから消えたこともあって、当時はちょっと複雑な心境でしたね。

Album Cover (Back): Discovery / E.L.O. 収められた個々の楽曲はプログレッシヴ色も薄れ、かつての仰々しさは無くなりましたが、それでも、コンパクトになったことで更に受け入れられやすくなったのか、このアルバムは世界21ヶ国でプラチナムやゴールドに輝き、シングルカットされた曲も、"Shine a Little Love"(英6位、米8位)、"The Diary of Horace Wimp"(英8位)、"Don't Bring Me Down"(英3位、米4位)、"Confusion"(英8位、米37位)、"Last Train to London"(英8位、米39位)、と、次々とヒットを記録しています。なお、収められた楽曲の充実ぶりと自信を示すかのように、当初は全曲をシングルカットするつもりでいたらしく、実際に全曲の"ビデオクリップ"が作られていました。又、アルバムは初回出荷の段階でプラチナムを獲得し、ビルボードチャートでは最高5位を記録しています。

アラビアン・ナイトのワンシーンを思わせるような、エキゾティックな雰囲気が漂うアルバムジャケットも、収められた楽曲に負けず劣らずゴージャス。デザインとアートディレクションは"Paul Gross"と"Norman Moore"です。

▼ ELO - Shine A Little Love (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=GJuTIxwQw0k

▼ ELO - Confusion (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=fXZ1OZvjnm8

▼ ELO - Need Her Love (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=v6NymWR7eUg

▼ ELO - The Diary Of Horace Wimp (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=PFU9HYyMVxQ

▼ ELO - Last Train To London (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Up4WjdabA2c

▼ ELO - Midnight Blue (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=AwBGBElJcuo

▼ ELO - On The Run (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=sErqZGhMZ7g

▼ ELO - Wishing (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=YBrTFsJCXw8

▼ ELO - Don't Bring Me Down (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=z9nkzaOPP6g

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Lead and Backing Vocals, Lead and Rhythm Guitar, Piano, Synthesizer
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Vocals and Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Grand Piano, Synthesizer, Electric Piano, Clavinet

TRACK LIST
1. Shine A Little Love (シャイン・ラヴ) / 2. Confusion (コンフュージョン) / 3. Need Her Love (ニード・ハー・ラヴ) / 4. The Diary Of Horace Wimp (ホレスの日記) / 5. Last Train To London (ロンドン行き最終列車) / 6. Midnight Blue (ミッドナイト・ブルー) / 7. On The Run (オン・ザ・ラン) / 8. Wishing (ウィッシング) / 9. Don't Bring Me Down (ドント・ブリング・ミー・ダウン)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2015年12月)


    NONSUCH 「ノンサッチ」 / XTC (1992)

CDの帯(初回プレス盤):ノンサッチ / XTC

Album Cover (front): Nonsuch / XTC
この「Nonsuch / ノンサッチ」、個人的にはとても好きなアルバムなのですが、残念ながらこのアルバムが好きと言う人は"XTC"ファンの中でも少数派になるようです。

"XTC"のサウンドには自分の琴線と同調する部分が所々にあって、そこに惹かれるようなところもあるのですが、ただ、それらはほんのワンフレーズといった場合が殆んどです。でも、そんなくすぐるような感じが逆に良いのかもしれませんね。
もちろん、ヒネクレ感漂う歌詞も大好きで、歌詞を読むだけでも楽しめるというミュージシャンは私の中では貴重な存在です。とは言っても、実際は比喩的表現や抽象的表現が多くて何を言っているのか分からない部分も多々あるのですが、何となく抽象画を見ている感じで面白いです。

さて、この"Nonsuch"、全17曲とボリューム満点ながらも散漫なイメージは全く感じられず、バラエティー豊かで、ポップでありながらも適度に毒気もある素晴らしいアルバムだと思うのですが、何故前作より売れなかったんだろう?

この後、XTCはレコード会社との対立から長期のストライキに入り、結局次作まで実に7年もの歳月を費やす事になるのでした。一口に7年と言っても小学校に入学した子供が卒業してしまっている位の年月ですからね・・・。

▼ XTC - The Ballad Of Peter Pumpkinhead (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=pYupSHWEJxA

▼ XTC - The Disappointed (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=ZG3YTqOlIkI

▼ XTC - My Bird Performs
https://www.youtube.com/watch?v=HA6lEPueyTY

▼ XTC - Then She Appeared
https://www.youtube.com/watch?v=rkCeN4PLR10

▼ XTC - The Ugly Underneath
https://www.youtube.com/watch?v=lRStCQhEaUE

▼ XTC - Books Are Burning
https://www.youtube.com/watch?v=2Rx55LfTRLs

Album Cover (back): Nonsuch / XTC CD Case (back cover): Nonsuch / XTC CD: Nonsuch / XTC

TRACK LIST
1. Ballad Of Peter Pumpkinhead / 2. My Bird Performs / 3. Dear Madam Barnum / 4. Humble Daisy / 5. The Smartest Monkeys / 6. The Disappointed / 7. Holly Up On Poppy / 8. Crocodile / 9. Rook / 10. Omnibus / 11. That Wave / 12. Then She Appeared / 13. War Dance / 14. Wrapped In Grey / 15. The Ugly Underneath / 16. Bungalow / 17. Books Are Burning

1. ザ・バラッド・オブ・ピーター・パンプキンヘッド / 2. マイ・バード・パフォームズ / 3. ディア・マダム・バーナム / 4. ハンブル・デイジー / 5. ザ・スマーテスト・モンキーズ / 6. ザ・ディスアポインテッド / 7. ホリー・アップ・オン・ポピー / 8. クロコダイル / 9. ルック / 10. オムニバス / 11. ザット・ウェイヴ / 12. ゼン・シー・アピアード / 13. ウォー・ダンス / 14. ラップト・イン・グレイ / 15. ジ・アグリー・アンダーニース / 16. バンガロウ / 17. ブックス・アー・バーニング

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年10月)


    APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999)

CDの帯(初回プレス盤):アップル・ヴィーナス Volume 1 / XTC

Album Cover: Apple Venus Volume 1 / XTC
長年所属していた大手のヴァージン・レコードと決別して、自分達でレーベルを設立したアンディとコリン。"Nonsuch"から数えて実に7年振りとなるこのアルバム「Apple Venus Volume 1 / アップル・ヴィーナス Volume 1」は、そのレーベル「アイディア・レコーズ」から発信されたものです。それにしても、何ともアコースティックで、牧歌的で、とても美しいアルバムですね。

多くのミュージシャン達に愛されながらも、一般的には何故か受け入れられない印象がある"XTC"。それなのにマイナーレーベルから発売して売り上げは大丈夫なのだろうか? と、いらぬ心配をしていました(アルバム解説にも堂々と売り上げが心配と誰かが書いておられたし)。同じ曲を何回も演奏するのは創造性に欠けると言って殆んどライヴもやらないし・・・、1曲目に普通もってこないような曲をもってくるし・・・、マイナーレーベルだから広告宣伝も大手並とはいかないだろうし・・・。でもそういう所が好きだったりして。

のっけからいきなり、「タンポポがピカデリーサーカスでわめいているのが聞こえた」と、英語の歌詞は元より、訳された歌詞カードを見ても何のことだかサッパリ分からない言葉が飛び出してくるのですが、そこがまた"XTC"らしいところでもあります。前作"Nonsuch"も「かぼちゃ頭のピーター・・・」からでしたからね。それにしても、前作とは趣きも違って、森の中から湧き出る透き通った水のような雰囲気。もちろん、歌詞は別として。

ブックレットとは別に差し込まれているこのクジャクの羽をあしらったジャケット、実は、光沢のあるインクで印刷されているので、実物は光に反射して本物のクジャクの羽のように光って見えます。CDケースも通常のものよりやや厚めのものが使われており、パッケージもちょっぴり豪華な雰囲気。

▼ XTC - Easter Theatre
https://www.youtube.com/watch?v=zm4gm9bmypg

▼ XTC - Green Man
https://www.youtube.com/watch?v=hbhQURN9Szw

▼ XTC - Your Dictionary
https://www.youtube.com/watch?v=EVRny0HtjaQ

Booklet (front): Apple Venus Volume 1 / XTC Booklet (back): Apple Venus Volume 1 / XTC CD: Apple Venus Volume 1 / XTC

TRACK LIST
1. River Of Orchids / 2. I'd Like That / 3. Easter Theatre / 4. Knights In Shining Karma / 5. Frivolous Tonight / 6. Greenman / 7. Your Dictionary / 8. Fruit Nut / 9. I Can't Own Her / 10. Harvest Festival / 11. The Last Balloon

1. リヴァー・オブ・オーキッズ / 2. アイド・ライク・ザット / 3. イースター・シアター / 4. ナイツ・イン・シャイニング・カルマ / 5. フリヴォラス・トゥナイト / 6. グリーンマン / 7. ユア・ディクショナリー / 8. フルーツ・ナッツ / 9. アイ・キャント・オウン・ハー / 10. ハーヴェスト・フェスティヴァル / 11. ザ・ラスト・バルーン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年10月)


    QUIET LIFE / JAPAN (1979)

CDの帯:クワイエット・ライフ / Japan

Album Cover (Front): Quiet Life / Japan
ヴィジュアルイメージが先行してしまい、音楽性について正当に評価される事が少なかったジャパンの3作目がこの「Quiet Life / クワイエット・ライフ」です。当時はそんな感じでしたので、音楽好きの友人達に批判されながらも、ひとり聴き込んでました。とにかく、前作までのグラム・ファンク的サウンドから、一気にヨーロピアン・モダンとも呼べるサウンドに変貌した事に当時は驚かされましたね。普通はこんなに変わってしまうと戸惑うものですが、一発で気に入った事を覚えています。

しかし、大胆なまでに進化を遂げたそのサウンドも、パンクロック全盛という時代の中にあっては、異質な存在に映ってしまったのか、本国イギリスでは相変わらず批判の矢面に立たされ、今度はロキシー・ミュージックの二番煎じなどと酷評されてたようです。

結果的にはクオリティーの高い充実したアルバムでありながらもヒットする事はありませんでしたが、最高53位ながらも初のチャートインを果たしています。その後、音楽性の面で対立していたアリオラ・ハンザからヴァージン・レコードに移籍して制作された次作の"Gentlemen Take Polaroids"から徐々に評価も高まってくると、アリオラハンザはそんな状況を目ざとく察知したかのように、このアルバムから、'81年に"Quiet Life"(英19位)と、'83年に"All Tomorrow's Parties"(英38位)を後追いでシングルカットしたことにより、これらの曲もそれぞれ時を経てチャートに登場することになったのでした。

CD: Quiet Life / Japan ちなみに"All Tomorrow's Parties"は、かのアンディ・ウォーホルが関わった伝説的バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァーで、原曲の持つ雰囲気に加え、"Japan"らしさをも併せ持つ仕上がりとなったそのサウンドは、アルバム中においても、オリジナル曲と同一線上に違和感無く収まっており、こういった曲を取り上げ、更にはそれを自分たちのものにしているあたりにも彼らのセンスが感じられます。

当時はこのアルバムに収められた1曲1曲がそれぞれに好きだったわけですが、改めて聴いてみると、アルバム全体がコンセプトを持ったひとつのストーリーとして作られているようにも思え、それはあたかも前衛芸術的シネマを見ているかのような感じでもあります。一見シュールに見えながらも抽象的ともとれるその歌詞に於いては人それぞれに解釈も違ってくるのかも知れませんが、これだけ充実した作品が正当に評価されなかった当時が残念ですね。個人的には独創性に富んだ傑作だと思っていますし、実は"Japan"のアルバムの中で最ものめり込んで聴いたのは、間違いなく、この"Quiet Life"です。

もの静かな文学青年的イメージがする"David Sylvian"ですが、現在も数々のコラボレーションを行う仲で、親交も厚い坂本龍一氏は、自身のアルバムの中で彼を称して「宗教的なまでに聖人な彼」と語っていましたね。

Album Cover (Back): Quiet Life / Japan  Album Cover (inside): Quiet Life / Japan

▼ Japan - Quiet Life (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=xhm-EqcPta0

▼ Japan - Fall In Love With Me
https://www.youtube.com/watch?v=to-e3eFcHgg

▼ Japan - In Vogue
https://www.youtube.com/watch?v=t_yaK90jRNE

▼ Japan - Halloween
https://www.youtube.com/watch?v=IiZyy11oS9M

▼ Japan - All Tomorrow's Parties
https://www.youtube.com/watch?v=vhNU0xAqr9U

JAPAN - BAND MEMBERS (Listed on Inside Cover)
• David Sylvian (デヴィッド・シルヴィアン) - Vocals, Occasional Guitar
• Mick Karn (ミック・カーン) - Bass, Saxophone
• Steve Jansen (スティーヴ・ジャンセン) - Drums, Percussion
• Richard Barbieri (リチャード・バルビエリ) - Synthesizers, Keyboards
• Rob Dean (ロブ・ディーン) - Guitars

TRACK LIST
1. Quiet Life / 2. Fall In Love With Me / 3. Despair / 4. In Vogue / 5. Halloween / 6. All Tomorrow's Parties / 7. Alien / 8. Other Side Of Life

1. クワイエット・ライフ / 2. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー / 3. 絶望 / 4. イン・ヴォーグ / 5. ハローウィーン / 6. オール・トゥモロウズ・パーティズ / 7. 異国人 / 8. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

NOTES
• CD発売日:1995年03月24日
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年7月)


    ZOOM / E.L.O. (2001)

CDの帯(初回プレス盤):Zoom / エレクトリック・ライト・オーケストラ

Album Cover: Zoom / E.L.O.
復活"E.L.O."の第一弾アルバムであるこの"Zoom"、きらびやかでゴージャスな"Discovery"時代のサウンドとは違い、どちらかと言えば、"Secret Messages"の頃のノスタルジックな感じがするサウンドですが、流石に第二の"Lennon. McCartney"とまで言われたメロディーメーカー、ジェフ・リンが作り出す楽曲は素晴らしいの一言です。

ただ、復活とは言っても、黄金期を支えたかつてのメンバーであるベヴ、リチャード、ケリーの3人は加わっておらず(リチャードは1曲のみ参加)、そういった意味ではジェフ・リンのソロプロジェクトといった感はありますが、それでも、ジェフ・リンのソロアルバムとしてではなく、"E.L.O."名義でリリースされたということにこそ意義があるのではないかと思います。当然"E.L.O."という冠を付ける以上、ある程度は"E.L.O."というブランドを意識して制作されたでしょうからね。

でも、かつての"E.L.O."を知る者にとっては、正直、やっぱり物足りなさを感じてしまう部分もあります。ここにバタバタとした特徴的なベヴのドラムスと、きらびやかなリチャードのキーボード、それにベーシストであると同時にコーラス・ハーモニーの要であったケリーのファルセットヴォイスがあったなら・・・。そして、更にはストリングスの3人が加わっていれば・・・。などと、つい幻想を抱いてしまいます。良い曲が揃っているだけに尚更この点が残念ですね。

なお、アルバムには、リンゴ・スターと、今は亡きジョージ・ハリスンが、ゲストミュージシャンとして参加しています。

そういえば、ジャケットに描かれている彼らのトレードマークとも言える宇宙船"E.L.O."号もカラフルな外装が無くなっており、装飾的なアレンジを必要最低限に留めたサウンドを象徴しているかのようです。

ちなみにこの"Zoom"の日本盤には、14曲目に"Long Back Road"がボーナストラックとして収録されています。

Album Cover: Zoom / E.L.O.

▼ Electric Light Orchestra - Moment In Paradise
https://www.youtube.com/watch?v=hZuohs83XtM

▼ Electric Light Orchestra - Just For Love
https://www.youtube.com/watch?v=Z4bj2Vg1B3c

▼ Electric Light Orchestra - Stranger On A Quiet Street
https://www.youtube.com/watch?v=7hMneqRTjvk

▼ Electric Light Orchestra - Ordinary Dream
https://www.youtube.com/watch?v=RWwkFYBnkF4

CD: Zoom / E.L.O. TRACK LIST
1. Alright / 2. Moment In Paradise / 3. State Of Mind / 4. Just For Love / 5. Stranger On A Quiet Street / 6. In My Own Time / 7. Easy Money / 8. It Really Doesn't Matter / 9. Ordinary Dream / 10. A Long Time Gone / 11. Melting In The Sun / 12. All She Wanted / 13. Lonesome Lullaby / 14. Long Back Road [Japan Only Bonus Track]

1. オールライト / 2. モーメント・イン・パラダイス / 3. ステイト・オブ・マインド / 4. ジャスト・フォー・ラヴ / 5. ストレンジャー・オン・ア・クワイエット・ストリート / 6. イン・マイ・オウン・タイム / 7. イージー・マネー / 8. イット・リアリー・ダズント・マター / 9. オーディナリー・ドリーム / 10. ア・ロング・タイム・ゴーン / 11. メルティング・イン・ザ・サン / 12. オール・シー・ウォンテッド / 13. ロンサム・ララバイ / 14. ロング・ブラック・ロード [日本盤ボーナストラック]

[Special Guest]
Tracks 2, 7: Ringo Starr (Drums) / Tracks 10, 12: George Harrison (Slide Guitar)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年7月)


    TRIAL BY FIRE / JOURNEY (1996)

CDの帯(初回プレス盤):トライアル・バイ・ファイアー / ジャーニー

Album Cover (front): Trial by Fire / Journey  Album Cover (back): Trial by Fire / Journey  CD: Trial by Fire / Journey

メンバー間に生じた不和が原因で解散したと言われた彼らですが、10年の歳月を経て、再び集結して制作されたこの「Trial by Fire / トライアル・バイ・ファイアー」は、リユニオンの意義を感じさせられる力作だと思います。

オープニングの"Message of Love"では、かつての名曲"Separate Ways"を彷彿させられるようなフレーズが入ってたりして、彼らの計算通りに思わずニヤリとさせられます。他にも"Who's Crying Now"の続編とも言えるような"Still She Cries"、そして、"When You Love a Woman"に代表されるお得意のバラードも数多く詰め込まれており、かつてのファンを決してがっかりさせないジャーニーブランドの名に相応しいクオリティーの高いアルバムに仕上がっています。

ただ残念なのは、久しぶりの集結で創作意欲に火が付いたのか、収録曲が16曲(日本盤ボーナストラックを含む)と多く、やや散漫な印象がある点で、折角良い曲が揃っているのだから、もうちょっと収録曲を絞ったならば、もっと充実度の高いアルバムになっていたんじゃないか思います。しかしながら、カヴァー曲や過去の曲をリメイクして入れるといったことをせず、全曲オリジナルの新曲で持ってきたところは流石。

それでも、やはり一度亀裂した溝は埋められなかったのか、他に理由があったのかは分かりませんが、結局このアルバム1枚で、ヴォーカルのスティーヴ・ペリーと、ドラムスのスティーヴ・スミスはグループを去ってしまいました。やっぱり"Trial By Fire"(とても大変なこと)だったのかなぁ、残念。

日本盤にはボーナストラックとして"I Can See It In Your Eyes"が収録されています。又、アルバムには曲目としてクレジットされていないシークレット・トラックともいえる"Baby I'm A Leavin' You"がアルバム最後に収録されています。で、この秘密のトラック、どんな曲かと言えばレゲエです(笑)。でも全然悪くは無いですよ。

▼ Journey - When You Love a Woman
https://www.youtube.com/watch?v=idE1lsqG2Vc

▼ Journey - Still She Cries
https://www.youtube.com/watch?v=E3tsoAFafJg

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry (スティーヴ・ペリー) - Lead Vocals
• Neal Schon (ニール・ショーン) - Lead Guitar, Background Vocals
• Ross Valory (ロス・ヴァロリー) - Bass, Background Vocals
• Steve Smith (スティーヴ・スミス) - Drums, Percussion
• Jonathan Cain (ジョナサン・ケイン) - Keyboards, Rhythm Guitar, Background Vocals

TRACK LIST
1. Message Of Love / 2. One More / 3. When You Love A Woman / 4. If He Should Break Your Heart / 5. Forever In Blue / 6. Castles Burning / 7. Don't Be Down On Me Baby / 8. Still She Cries / 9. Colors Of The Spirit / 10. When I Think Of You / 11. Easy To Fall / 12. Can't Tame The Lion / 13. I Can See It In Your Eyes [Japanese-Only Bonus Track on the Original CD Release] / 14. It's Just The Rain / 15. Trial By Fire
[Hidden Track / Not Listed]: 16. Baby I'm A Leavin' You

1. メッセージ・オブ・ラヴ / 2. ワン・モア / 3. ラヴ・ア・ウーマン / 4. イフ・ヒー・シュッド・ブレイク・ユア・ハート / 5. フォーエヴァー・イン・ブルー / 6. キャッスル・バーニング / 7. ドント・ビー・ダウン・オン・ミー・ベイビー / 8. スティル・シー・クライズ / 9. カラーズ・オブ・ザ・スピリット / 10. ホエン・アイ・シンク・オブ・ユー / 11. イージー・トゥ・フォール / 12. キャント・テイム・ザ・ライオン / 13. アイ・キャン・シー・イット・イン・ユア・アイズ(日本盤ボーナストラック) / 14. イッツ・ジャスト・ザ・レイン / 15. トライアル・バイ・ファイアー
16. ベイビー・アイム・リービング・ユー(曲目未表記の隠しトラック)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年8月 / 更新:2015年12月)


    NEWS OF THE WORLD 「世界に捧ぐ」 / QUEEN (1977)

Album Cover (front): News of the World / Queen

Album Cover (back): News of the World / Queen

LPレコードに封入されていたおまけのステッカーセット:News of the World / Queen

Japanese 7-inch Single Record: It's Late / Queen

CDの帯(初回プレス盤):世界に捧ぐ / クイーン
クイーンにとって6作目のアルバムとなるこの「News of the World / 世界に捧ぐ」は、今や、あらゆるスポーツ会場でのアンセムとなった感のある"We Will Rock You"と"We Are the Champions"を収録したアルバム。アルバム・タイトルの"News of the World"とは、イギリス大衆誌の名前でもあり、同誌が彼らを散々酷評してきた事に対する皮肉の意味が込められているとも言われています。なお、レコードの初回盤には6種類×6枚のステッカーセットがおまけとして付いていました。

このアルバムが好きなところは、上記の2曲以外にも、イギリスでシングルカットされた"Spread Your Wings"や、日本とアメリカでシングルカットされた"It's Late"など、トラディッショナル・クイーン・サウンドと呼べるような楽曲が含まれている点で、レコード時代はA面とB面の後半にこの2曲がドンと構えていたことで、全体的に引き締まった印象がありました。"Spread Your Wings"は、後半のギターソロに於けるメロディーラインが特に素晴らしく、"It's Late"は、ハードでドラマティックな展開で見せる後半のコーラスが絶品です。このコーラス部分は良く聴いてないと分かり辛いかも知れませんが、5分13秒辺りから「It's Late〜」と始まるコーラス部分は前半よりも厚みを増し、「Too Late〜」のコーラス部分の後には新たにロジャーのハイトーンを生かしたパートがバックに加わり、これが又ことの外美しいこと。

それ以外にも、許容範囲の広さを感じさせる"Sleeping on the Sidewalk"や"My Melancholy Blues"など秀作が揃っています。又、このアルバムではメンバー4人が提供する曲の比率もフレディとブライアンがそれぞれ4曲、ロジャーとジョンが2曲づつと均衡しており、それがこのアルバムをよりバラエティー豊かな内容にしている要因でもあるようです。

アルバムは、英4位、米3位を記録。又、アルバムのオープニングを飾る"We Will Rock You"は、本国イギリスや日本では、ファーストシングル、"We Are the Champions"のB面としてリリースされましたが、アメリカでは両A面扱いでリリースされ、ラジオ等でも"We Will Rock You 〜 We Are the Champions"という流れで、常に2曲一緒に流されていたようです。シングルチャートに於いては、"We Are the Champions"が英2位 (Gold)、"We Will Rock You / We Are the Champions"が米4位 (2x Platinum)、"Spread Your Wings"が英34位、"It's Late"が米74位を記録しています。

なお、アルバムに収められた"It's Late"は、6分半に及ぶ大作ですが、シングル盤の方は、ギターソロ部分等を短くカットした3分台のショート・ヴァージョンになっています。ただし、シングル盤の時間表記はアルバムと同じになっているんですよね。なので、シングル盤を買ったときは、大胆な継ぎ接ぎ編集にビックリしたことを覚えています。

いかにも勇壮なコーラスが似合いそうな"Spread Your Wings"にコーラスが全く無いのはちょっと以外でしたが、後にリリースされた"Live Killers"には、サビの部分を観衆が大合唱する感動的なヴァージョンが収められています。


TRACK LIST
01. We Will Rock You 「ウィ・ウィル・ロック・ユー」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
02. We Are the Champions 「伝説のチャンピオン」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
03. Sheer Heart Attack 「シアー・ハート・アタック」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: F. Mercury / Bass & Rhythm Guitars: R. Taylor
04. All Dead, All Dead 「オール・デッド」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May & F. Mercury
05. Spread Your Wings 「永遠の翼」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
06. Fight from the Inside 「秘めたる炎」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor / Bass Guitars: R. Taylor / Guitars: R. Taylor & B. May
07. Get Down, Make Love 「ゲット・ダウン・メイク・ラヴ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. Sleeping on the Sidewalk 「うつろな人生」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
09. Who Needs You 「恋のゆくえ」
• Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury / Acoustic Guitars: J. Deacon / Cowbell: F. Mercury / Maracas: B. May
10. It's Late 「イッツ・レイト」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
11. My Melancholy Blues 「マイ・メランコリー・ブルース」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

▼ Queen - We Are The Champions (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=04854XqcfCY

(記:2003年8月 / 更新:2015年7月)


    BAT OUT OF HELL II - BACK INTO HELL / MEAT LOAF (1993)

CDの帯(初回プレス限定盤):地獄のロック・ライダーII〜地獄への帰還 / ミート・ローフ

Album Cover: Bat Out of Hell II / Meat Loaf
Bat Out Of Hell II / 地獄のロック・ライダー II 〜地獄への帰還(スリップケース付き生産限定盤)

ミート・ローフと言えば、欧米での実績に反して、日本での認知度が極めて低いミュージシャンの一人ですが、そのサウンドを一言で表現すると、ミュージカルロックとでも言ったらいいのでしょうか。劇的な場面構成や、全編を支配するコーラス・ハーモニーといったミュージカル的要素とハードロックが融合したサウンドは比較的アクが強く、好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、これはあくまでも個人的な見解で、欧米では総じてロックオペラと称されているようです。

この「Bat Out of Hell II / 地獄のロック・ライダーII〜地獄への帰還」は、米英で大成功を収めた'77年発表の"Bat Out of Hell"(アメリカでは2005年現在までに1.400万枚以上のセールスを記録し、イギリスに於いては7年半に亘ってナショナルチャートに居続けるという快挙を成し遂げたアルバム)の続編という形で制作されたもので、前作までとはいかないまでも、こちらも又、ベストセラーを記録し、2005年現在までにアメリカだけで500万枚以上のセールスを記録しています。

ジャケットのアートワークは多少チープな印象がありますが、全米No.1となったファーストシングルの"I'd Do Anything for Love"を始め、このアルバムもまた起伏に富んだ魅力的な楽曲が多く収められています。ちなみに、"Good Girls Go to Heaven (Bad Girls Go Everywhere)"は、後にチープ・トリックがカヴァーしています。

なお、"Wasted Youth"は、'81年にリリースされた、盟友ジム・スタインマンのソロアルバム"Bad for Good"に"Love and Death and an American Guitar"というタイトルで収録されていた曲というかミュージカル風な語りのトラックをタイトルを変えて収録されたもので、又、他にもこのアルバムには"Rock And Roll Dreams Come Through"、"Out Of The Frying Pan (And Into The Fire)"、"Lost Boys And Golden Girls"と言った曲がジム・スタインマンのソロアルバム"Bad for Good"から取り上げられています。

これらのジム・スタインマンのソロアルバムからの曲については、概ねオリジナルのイメージを踏襲したスタイルでリメイクされているものの、"Rock and Roll Dreams Come Through"だけは、オリジナルに比べるとテンポアップされたアレンジの所為か、随分と軽快になった印象がありますね。

補足しておくと、"Rock and Roll Dreams Come Through"は、ジム・スタインマンのソロアルバム"Bad for Good"のLPレコードに同封されていたシングル盤(写真下)の中に、アルバムのエピローグという形で収録されていた曲で、そのシングル盤のA面にはアルバムのプロローグという形で"The Storm"という曲が収録されていました。LPレコードだと収録時間の関係でこうなったんでしょうかね。

ジム・スタインマンのソロアルバム「Bad for Good」に同封されていたシングルレコード盤  Rock and Roll Dreams Come Through (Epilogue to the album - BAD FOR GOOD) / Jim Steinman

アルバムには10分を超える曲が2曲、そして、7分代の曲が4曲といった具合に尺長の曲が多いですが、好きな人にとっては、これもまた魅力のひとつかも知れませんね。

一時は音楽活動に挫折し、駐車場係の仕事をしながら、その後、ミュージカル「ヘアー」のオーディションでの合格を機にミュージカルの道を歩んでいたという異色の経歴を持つ彼。カッコイイぞ。

▼ Meat Loaf - Rock n' Roll Dreams Come Through (Storytellers - Live on VH1 1999)
https://www.youtube.com/watch?v=fSyrXDeiWjg

▼ Meat Loaf - Objects In The Rear View Mirror May Appear Closer Than They Are (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=xImIx1nwaS8

▼ Meat Loaf - Meat Loaf - I'd Do Anything For Love (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=2VUAP6vCO3g

▼ Meat Loaf - Life Is A Lemon And I Want My Money Back (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=8cAWGjbLvXU

▼ Meat Loaf - Out Of The Frying Pan (And Into The Fire) (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=41FP4vCHOsY

スリップケース付き初回盤:Bat Out of Hell II / Meat Loaf TRACK LIST
1. I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That) / 2. Life Is A Lemon And I Want My Money Back / 3. Rock And Roll Dreams Come Through / 4. It Just Won't Quit / 5. Out Of The Frying Pan (And Into The Fire) / 6. Objects In The Rear View Mirror May Appear Closer Than They Are / 7. Wasted Youth / 8. Everything Louder Than Everything Else / 9. Good Girls Go To Heaven (Bad Girls Go Everywhere) / 10. Back Into Hell / 11. Lost Boys And Golden Girls

1. 愛にすべてを捧ぐ / 2. ひどい人生だ、金返せ! / 3. ロックンロール・ドリームス / 4. もう誰にも止められない / 5. 焼け焦げたフライパンの中から(そして炎の中へ) / 6. バック・ミラーに映るオブジェクト達 / 7. 無為の輩 / 8. 何よりも高らかに / 9. お嬢ちゃんは天国に(不良少女はどこへだって行ける) / 10. 地獄への帰還 / 11. さまよえる少年達と輝ける少女達

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• 帯一体型スリップケース付き
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年10月 / 更新:2015年7月)


    THE WORKS 「ザ・ワークス」 / QUEEN (1984)

Album Cover (front): The Works / Queen
個人的なことをいえば、シンセサイザーを大胆に取り入れた"The Game"以降の作品の中で、最も多く聴いたアルバムではないかと思えるのが、この「The Works / ザ・ワークス」です。"The Game"や"Hot Space"ではシンセ音だけが浮いているような違和感を多少感じていましたが、ここではそのシンセサウンドもしっくりとクイーンサウンドに馴染んでいる感じがあり、このアルバムで後期のクイーンサウンドが確立されたと言ってもいいのではないかと思います。

ただ、そういったモダンなサウンド処理がなされていながらも、収録されている楽曲の構成、それにコーラスワークやギターオーケストレーションを含めたアレンジなどは、かつてのドラマティックなクイーンサウンドが帰ってきた感じもあり、その辺りの温故知新的バランスがこのアルバムの魅力でもあります。今考えてみれば、ベクトルがややアメリカ向きだった"The Game"や"Hot Space"に対し、この"The Works"は再びブリティッシュサウンドへと軌道修正が図られている感じがして嬉しかったというのも、このアルバムを良く聴いていた理由の一つとしてあったのかも知れません。

このアルバムを初めて聴いた当時は、1曲目の"Radio Ga Ga"を聴いて、曲自体は悪くはないものの、そのモダンなサウンド処理に、いったいどんなアルバムになるんだろうといった一抹の不安も無きにしも非ずといったところでしたが、2曲目の"Tear It Up"後半のいかにもクイーンといった美しいハーモニー「ウーウーウー、オーイエー」に多少安心して胸を撫で下ろし、続く3曲目の"Its A Hard Life"では、一部"Play the Game"と似たような歌いまわしが気になったものの、中間部のギターオーケストレーションを聴いて喜ぶ。といった感じでしたね、まぁ、そんな1曲ごとの心境の推移を覚えているのですから、相当期待してたんでしょうね。正座して聴いてたんじゃないかとさえ思ってしまいます(笑)。それと、"Radio Ga Ga"にピアノの音がポツンポツンと入っていたことは妙に嬉しかったですね。

Album Cover (back): The Works / Queen この時期は一部に解散説もあったほどメンバー間の関係もあまり良い状態ではなかったようですが、メンバー4人がそれぞれ持ち寄った楽曲はどれもが魅力的でクオリティーの高いものであることを考えると、逆にそのことがソングライターでもある4人に緊張感をもたらし(競い合い?)、結果的にクオリティーの高い楽曲が集まったのではないかという見方もできるのではないかと思います。

ただ、作曲者クレジットに複数の名前が明記されることが少ないクイーンにおいて、"Mercury & May"、"May & Tayler"という異色の組み合わせによる楽曲が収録されていたり、制作されたミュージックビデオへの力の入れようや、アルバム内では個々の個性がバランス良く生かされている辺りを考えると、巷で言われているほど関係は悪くはなかったのではないかという気もします。

何れにせよ決定的な確執や亀裂が生じたわけではないのはこの後の活動により証明されるわけですが、取り分けイギリス国内においてこのアルバムが前作を大きく上回るセールスを記録したことも良い方向に流れが向く結果になったのかもしれませんね。アルバムは英2位、米23位を記録し、特にイギリスでは"A Night At The Opera"の50週を上回る93週もの間チャートインしていました。ちなみに日本のオリコンチャートでは7位を記録。

意図的か偶然かは分かりませんが、シングルカットされた4曲のソングライターを見てみると、 "Radio Ga Ga"(英2位、米16位)が"Roger Tayler"、"I Want to Break Free"(英3位、米45位)が"John Deacon"、"It's a Hard Life"(英6位、米72位)が"Freddie Mercury"、"Hammer to Fall"(英13位)が"Brian May"、と均等に分かれているのは興味深いところです。

なお、"Radio Ga Ga"はリミックスされたロングヴァージョンが12-inchシングルとして発売され、B面にはそのインストゥルメンタルヴァージョンと、「もうクイーンなんて見たくない」という面白いフレーズも飛び出す、アルバム未収録の"I Go Crazy"が収められています。又、"I Want to Break Free"と"Hammer to Fall"は、シングルや"Greatest Hits II"に収められたシングルヴァージョンとは違うオリジナルヴァージョンが収録されており、"I Want to Break Free"はシングルヴァージョンに比べるとかなりシンプルで、"Hammer to Fall"は、間奏のギターソロとエンディングが若干違うヴァージョンになっています。

ということで、以下の写真はアルバムとは別ヴァージョンということで当時購入した、"Radio Ga Ga"の12-inchシングル盤と、"I Want to Break Free"の7-inchシングル盤です。

Japanese 12 Inch Vinyl Single Record: Radio Ga Ga / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: I Want to Break Free / Queen

そして、"Radio Ga Ga"といえば、この曲のミュージック・ビデオには、1927年公開の映画「メトロポリス」からの映像が使用されていることでも話題になったのですが、実はジョルジオ・モロダーのプロデュースによるこの映画の再編集版が世界各地で公開され、そのサウンドトラック盤にはフレディ・マーキュリーのソロ作品"Love Kills"(邦題はメトロポリス)が収録された経緯もあり、映像使用に関してはモロダー側から簡単に「使っていいよ」との返事がもらえたらしいですね。

当時は、この"Love Kills"1曲のために映画のサウンドトラック盤を買おうという気にはなれず、シングル盤だけを購入しました。邦題は映画のタイトルと同じ「メトロポリス」。なお、通常のシングル盤とは違い、三方背の袋形式ジャケットになっているので、下の写真のようにジャケットには表と裏があります。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (front): Love Kills / Freddie Mercury   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (back): Love Kills / Freddie Mercury

TRACK LIST
1. Radio Ga Ga [Writer: R. Taylor] / 2. Tear It Up [Writer: B. May] / 3. Its A Hard Life [Writer: F. Mercury] / 4. Man On The Prowl [Writer: F. Mercury] / 5. Machines (Or Back To Humans) [Writers: B. May & R. Taylor] / 6. I Want To Break Free [Writer: J. Deacon] / 7. Keep Passing The Open Windows [Writer: F. Mercury] / 8. Hammer To Fall [Writer: B. May] / 9. Is This The World We Created....? [Writers: F. Mercury & B. May]

1. RADIO GA GA (ラジオ) / 2. ティア・イット・アップ / 3. 永遠の誓い / 4. マン・オン・ザ・プロール / 5. マシーン・ワールド / 6. ブレイク・フリー(自由への旅立ち) / 7. 愛こそすべて / 8. ハマー・トゥ・フォール / 9. 悲しい世界




■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: The Works

Disc 2: The Works - Bonus EP
1. I Go Crazy [B-Side]
2. I Want To Break Free [Single Remix]
3. Hammer To Fall [Headbanger's Mix]
4. Is This The World We Created...? [Live In Rio, January 1985]
5. It's A Hard Life [Live In Rio, January 1985]
6. Thank God It's Christmas [Non-Album Single]

The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Works (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

▼ Queen - It's A Hard Life (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=uHP-qgzUVLM

▼ Queen - Hammer To Fall (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=JU5LMG3WFBw

(記:2003年12月 / 更新:2017年9月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.