Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 29
01. THE ESSENTIAL HEART 「エッセンシャル・ハート」 / HEART (2002)
02. THE ESSENTIAL 「エッセンシャル・エリック・カルメン」 / ERIC CARMEN (2014)
03. SPILT MILK 「こぼれたミルクに泣かないで」 / JELLYFISH (1993)
04. ORANGES & LEMONS / XTC (1989)
05. BAT OUT OF HELL / MEAT LOAF (1977)
06. DRAW THE LINE 「ドロー・ザ・ライン」 / AEROSMITH (1977)
07. LIVE BOOTLEG 「ライヴ・ブートレッグ」 / AEROSMITH (1978)
08. PURPLE CHRONICLE - THE BEST SELECTION / DEEP PURPLE (1995)
09. KISS ALIVE III / KISS (1993)
10. YESTERDAY & TODAY LIVE / Y&T (1991)
    THE ESSENTIAL HEART 「エッセンシャル・ハート」 / HEART (2002)

CDの帯(初回プレス盤):エッセンシャル・ハート / ハート

Album Cover (front): The Essential Heart / Heart
この「The Essential Heart / エッセンシャル・ハート」は、シングル曲を中心に選曲されたハートの2枚組みベストアルバムです。

ハートのベスト・アルバムといえば、バンドの分岐点ともなった1985年発表のセルフタイトル・アルバムである「Heart / ハート」以降の楽曲を中心とした選曲になっているものが多い中、この"The Essential Heart"は、デビューから1983年までの第1期と言われる時代の楽曲と、1985年以降の第2期の楽曲を2枚に分けた構成になっているのが特徴。

ということで、"Disc 1"にはデビュー・アルバムの"Dreamboat Annie [1975]"から"Passionworks [1983]"までの第1期、そして"Disc 2"が"Heart [1985]"から"The Road Home (Live) [1995]"までの第2期の楽曲が収録されています。又、収録されている楽曲も2枚を通して年代順に配列されているので、バンドの軌跡や変遷が分かりやすいのがこの"The Essential Heart"の良いところ

※ 補足
デビュー・アルバムの"Dreamboat Annie"は、カナダでは1975年にリリースされていますが、ウィルソン姉妹の本国であるアメリカでは一足遅れた翌年の1976年にリリースされています。

ハートのベスト・アルバムでは、アメリカでプラチナムに認定されたこの"The Essential Heart"と、その2年前の2,000年にリリースされ、ゴールドの認定を受けている「Greatest Hits 1985-1995 / グレイテスト・ヒッツ」が有名なところだと思いますが、実際、このアルバムを購入するときは私自身もどちらにしようか迷ったんですよね。自分は1985年以前の第1期の楽曲は知らない曲も多かったので、折角ならその時代の楽曲も聴いてみたかったということもあり、結果的には第2期以降の楽曲で構成された"Greatest Hits 1985-1995"ではなく、こちらのThe Essential Heart"を選んだのですが、ただ、その第2期についても"The Essential Heart"と"Greatest Hits 1985-1995"では収録曲に若干の違いがあるので、この点についても多少悩ましいところではありましたね。

例えば、第2期のアルバム「Bad Animals / バッド・アニマルズ」からシングル・カットされた"I Want You So Bad"と、「Brigade / ブリゲイド」からのシングル・カット曲である"Secret"は、この"The Essential Heart"には収録されているものの、"Greatest Hits 1985-1995"には収録されていません。実は、この2曲はどちらも個人的にも好きな曲のひとつなので、この点も"The Essential Heart"の方を選んだ理由のひとつでもありました。

ただし、"Greatest Hits 1985-1995"の方には、1988年公開の映画「テキーラ・サンライズ」の主題歌で、ハートのアン・ウィルソンとチープ・トリックのロビン・ザンダーが競演した曲 「Surrender To Me / サレンダー・トゥ・ミー(「テキーラ・サンライズ」愛のテーマ)」や、"Brigade"の収録曲である「Tall, Dark Handsome Stranger / いつわりのストレンジャー」、"Desire Walks On"の収録曲「Back To Avalon / バック・トゥ・アヴァロン」、それに、ボーナス・トラックとして日本盤だけに収録されている「Barracuda" / バラクーダ」 (ライヴ・イン・ジャパン) といった"The Essential Heart"には未収録の曲が収録されているので、これから購入しようとする人はこれらを考慮して判断されてはいかがかと。 ちなみに、今現在だと"Greatest Hits 1985-1995"の再発盤は日本盤でもかなりリーズナブルな価格になっており、"The Essential Heart"の半額以下で購入できるようです。

なお、"You're the Voice"は、どちらのアルバムにも収録されてはいるものの、この"The Essential Heart"には "Rock the House Live!"からシングル・カットされたライヴ・ヴァージョンが収録されていますが、"Greatest Hits 1985-1995"の方にはオリジナル・アルバムには未収録のスタジオ・ヴァージョンが収録されています。

余談ではありますが、自分はこの"The Essential Heart"以外にも日本独自で企画されたハートのコンピレーション・アルバムを持っており、そちらに収録されているナンシー・ウィルソンがリードヴォーカルをとる"Strangers of the Heart"がこの"The Essential Heart"には収録されていないことをふと気付いて、何でだろう?と思ったら、実はこの曲、シングルにはなってなかったんですね。このアルバムを買うまではてっきりこの曲もシングル・カットされてヒットしたのだろうと思い込んでたので意外な発見でした。

 

▼ 各楽曲の収録アルバムとチャート・ポジションは以下の通り。

Disc 1: 1. Crazy On You (US 35位)、2. Magic Man (US 9位)、3. Dreamboat Annie (US 42位)
• From the Album "Dreamboat Annie" [1976] (US 7位 / UK 36位)

Disc 1: 4. "Barracuda" (US 11位)、5. "Little Queen" (US 62位)、6. "Kick It Out" (US 79位)、7. "Love Alive"
• From the Album "Little Queen" [1977] (US 9位 - 3x Platinum / UK 34位)

Disc 1: 8. "Heartless" (US 24位)
• From the Album "Magazine" [1977] (US 17位 - Platinum)

Disc 1: 9. "Straight On" (US 15位)、10. "Dog & Butterfly" (US 34位)
• From the Album "Dog & Butterfly" [1978] (US 17位 - 2x Platinum)

Disc 1: 11. "Silver Wheels"、12. "Even It Up" (US 33位)
• From the Album "Bébé le Strange" [1980] (US 5位 - Gold)

Disc 1: 13. "Rock And Roll" (Live)、14. "Tell It Like It Is" (US 8位)、15. "Unchained Melody" (Live) (US 83位)
• From the Album "Greatest Hits/Live" [1980] (US 13位 - 2x Platinum)

Disc 1: 16. "This Man Is Mine" (US 33位)
• From the Album "Private Audition" [1982] (US 25位 / UK 77位)

Disc 1: 17. "How Can I Refuse" (US 44位)、18. "Allies" (US 83位)
• From the Album "Passionworks" [1983] (US 39位)

Disc 2: 1. "What About Love" (US 10位 / UK 16位)、2. "Never" (US 4位 / UK 8位)、3. "These Dreams" (US 1位 / UK 62位)、4. "Nothin' At All" (US 10位 / UK 38位)、5. "If Looks Could Kill" (US 54位)
• From the Album "Heart" [1985] (US 1位 - 5x Platinum / UK 19位 - Silver)

Disc 2: 6. "Alone" (US 1位 / UK 3位)、7. "Who Will You Run To" (US 7位 / UK 30位)、8. "There's The Girl" (US 12位 / UK 34位)、9. "I Want You So Bad" (US 49位)
• From the Album "Bad Animals" [1987] (US 2位 - 3x Platinum / UK 7位 Platinum)

Disc 2: 10. "All I Wanna Do Is Make Love To You" (US 2位 / UK 8位)、11. "Wild Child"、12. "I Didn't Want To Need You" (US 23位 / UK 47位)、13. "Stranded" (US 13位 / UK 60位)、14. "Secret" (US 64位)
• From the Album "Brigade" [1990] (US 3位 - 2x Platinum / UK 3位 - Gold)

Disc 2: 15. "You're The Voice" (Live) (UK 56位)
• From the Album "Rock the House Live!" [1991] (US 107位 / UK 45位)

Disc 2: 16. "Will You Be There (In the Morning)" (US 39位 / UK 19位)、17. "Black On Black II"、18. "Ring Them Bells"
• From the Album "Desire Walks On" [1993] (US 48位 - Gold / UK 32位)

Disc 2: 19. "The Road Home" (Live) (edit)
• From the Album "The Road Home" (Live) [1995] (US 87位 - Gold)

 

CD Case (inside): The Essential Heart / Heart  CD Case (inside): The Essential Heart / Heart

 

▼ Heart - Never
https://www.youtube.com/watch?v=zWzy5q_M5Ho

▼ Heart - These Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=41P8UxneDJE

▼ Heart - Alone
https://www.youtube.com/watch?v=1Cw1ng75KP0

▼ Heart - Black on Black II
https://www.youtube.com/watch?v=Wv39Ew6tIA4

▼ Heart - Barracuda (Live 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=EbQbmrWKx4k

▼ Heart - Crazy On You (Live 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=RBq_THTWNM4

 

CD Case (back cover): The Essential Heart / Heart TRACK LIST

DISC ONE:
1. Crazy On You / 2. Magic Man / 3. Dreamboat Annie (Reprise) / 4. Barracuda / 5. Little Queen / 6. Kick It Out / 7. Love Alive / 8. Heartless / 9. Straight On / 10. Dog & Butterfly / 11. Silver Wheels / 12. Even It Up / 13. Rock & Roll [Live] / 14. Tell It Like It Is / 15. Unchained Melody [Live] / 16. This Man Is Mine / 17. How Can I Refuse / 18. Allies

1. クレイジー・オン・ユー / 2. マジック・マン / 3. ドリームボート・アニー / 4. バラクーダ / 5. リトル・クイーン / 6. キック・イット・アウト / 7. 愛を大切に / 8. ハートレス / 9. ストレイト・オン / 10. ドッグ&バタフライ / 11. シルバー・ウィールズ / 12. イヴン・イット・アップ / 13. ロックン・ロール(ライヴ) / 14. テル・イット・ライク・イット・イズ / 15. アンチェインド・メロディ(ライヴ) / 16. ディス・マン・イズ・マイン / 17. 誓いのハート・ビート / 18. アライズ

DISC TWO:
1. What About Love? / 2. Never / 3. These Dreams / 4. Nothin' At All / 5. If Looks Could Kill / 6. Alone / 7. Who Will You Run To / 8. There's The Girl / 9. I Want You So Bad / 10. All I Wanna Do Is Make Love To You / 11. Wild Child / 12. I Didn't Want to Need You / 13. Stranded / 14. Secret / 15. You're The Voice [Live] / 16. Will You Be There (In The Morning) / 17. Black On Black ll / 18. Ring Them Bells / 19. The Road Home [Edit]

1. ホワット・アバウト・ラヴ / 2. ネヴァー / 3. ジーズ・ドリームス / 4. ナッシン・アット・オール / 5. イフ・ルックス・クツド・キル / 6. アローン / 7. フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ / 8. ゼアズ・ザ・ガール / 9. アイ・ウォント・ユー・ソー・バッド / 10. 愛していたい / 11. ワイルド・チャイルド / 12. 恋におちる / 13. ストランデッド / 14. シークレット / 15. ユー・アー・ザ・ヴォイス(ライヴ) / 16. ウィル・ユー・ビー・ゼア(イン・ザ・モーニング) / 17. ブラック・オン・ブラック・II / 18. リング・ゼム・ベルズ / 19. ザ・ロード・ホーム

 

NOTES

• Lead Vocals (Nancy Wilson): Disc 2-3. These Dreams, Disc 2-8. There's The Girl, Disc 2-13. Stranded, Disc 2-16. Will You Be There (In The Morning)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• デジタル・リマスター
• 日本盤発売日:2003年3月5日
• 解説・英文ライナー対訳・歌詞・対訳付

ケースのバックカヴァーにはアンとナンシーの音楽に対する思いが簡単に綴られたコメントが記載されています。又、ブックレットの方には、このアルバムのリリースに際して書かれたアンとナンシーの連名による"Special Thanks for the Fiest 25 years - Dear you" (デビュー以来25年間、本当にありがとう - 親愛なる皆さんへ)と題されたメッセージが掲載されており、日本盤にはどちらも対訳が別途に記載されています。

• Album: US (Platinum / 2011-RIAA)

(記:2016年9月)


    THE ESSENTIAL 「エッセンシャル・エリック・カルメン」 / ERIC CARMEN (2014)

CDの帯:エッセンシャル・エリック・カルメン / エリック・カルメン

Album Cover (front): The Essential / Eric Carmen
こちらの「The Essential / エッセンシャル・エリック・カルメン」は、ラズベリーズ時代を含むエリック・カルメンのオールタイム・ベストで、実はコレ、リリース前から結構楽しみにしていたアルバムでもあったんですよね。

何せ、リリース前にはエリック自身がインタビュー記事で「この2枚組のCDをこれまでのコンピレイションと変わらないただの"新しい編集盤"だと思うのは間違いだ」、「これまでにリリースされたリマスター盤の音質は、オリジナル音源より2パーセントほど向上している程度だったように思う。一方、今回のリマスター盤とオリジナル音源を比較すると300パーセントもすばらしいサウンドに仕上がっている」、「ここに収録されている楽曲の大半は、今回のリマスター・ヴァージョンで聴いてこそ本当に聴いたと言える」などと語っていたのですから、それはもう期待せずにはいられないですよね。しかも十数年ぶりという新曲まで収録されているのですから。

▼ こちらがそのインタビュー記事(ソニー・ミュージックのエリック・カルメン公式サイト)

エリック・カルメン最新インタビュー連載企画!『エッセンシャル・エリック・カルメン』を語る
http://www.sonymusic.co.jp/artist/EricCarmen/info/442071

当初のインタビュー記事のタイトルには本文を含めて「エッセンシャル」というアルバム・タイトルは表記されていなくて、「オールタイム・ベスト」とだけ記されていたので、何か特別なアルバムのような印象を抱いていたことから、アルバム・タイトルが「エッセンシャル」というありふれたタイトルになると知ったときは何だか肩透かしを食らったようでちょっぴりがっかりもしたのですが、それでもエリック自身が自身満々に語っていたアルバムでもあるし、単なるコンピレーション・アルバムではないだろうという期待感は持ってましたね。

実際に聴いた印象としては、「300パーセントもすばらしいサウンド」は流石にちょっとオーバーかなといった印象でしたが、それでもコンピレーション・アルバムとはいえ、こうして制作者本人が納得した形でアルバムがリリースされるのはファンにとっては嬉しいところですし、手直しをしたら随分と良くなったと制作者自身が傍目以上に感じる部分については分からなくもないです。

CD Case (front): The Essential / Eric Carmen CD Case (back): The Essential / Eric Carmen CD Case (front with Obi): The Essential / Eric Carmen

この"The Essential"は、45年に及ぶキャリアを総括するオールタイム・ベストということで、冒頭でも書いたように、ソロ転向前のラズベリーズ時代の楽曲も合わせて収録されているわけですが、1枚目のディスクの1曲目にはなんと、そのラズベリーズ以前に在籍していたバンド「The Cyrus Erie / サイラス・エリー」の楽曲(初CD化)も収録されているんですよね。

初CD化された曲では、他にも、これまで未発表だった1976年の"NY Bottom Line"でのライヴ音源から「Starting Over / 素晴らしき再出発」と「That's Rock 'N' Roll / すてきなロックン・ロール」の2曲の他、日本盤だと新曲を合わせて計6曲が初CD化曲として収録されています。

なお、コンピレーション・アルバム等だと短く編集されたシングルヴァージョンが収録されることも多い"All By Myself"は7分を超えるアルバム・ヴァージョンの方が収録されています。

新曲の「Brand New Year / ブランド・ニュー・イヤー」については、十数年ぶりの新曲ということで、かなり気合の入った曲だと思っていたら意外と地味で拍子抜けしたようなところもありましたが、逆に言えば、それが今のエリックの音楽スタイルであり、ヒットなど気にせず、やりたい音楽をやったという結果なのかもしれません。実際、そういった肩の力を抜いて制作されたようなリラックス感が漂った雰囲気の曲でもあります。ちなみに、エリック・カルメン本人はブックレットに記載されている自身のコメントで「過去を忘れることをテーマにした曲 - 希望について歌った曲だ」と語っています。

Obi Strip (back side): The Essential / Eric Carmen

日本盤は、エリック・カルメン自選のボーナス・トラック6曲が追加収録されており、英文ブックレットに記載されている英文ライナーとエリック・カルメン本人の全曲コメント(日本盤ボーナス・トラックを除く)、それに45周年を祝して寄せられたブルース・スプリングスティーン、ポール・スタンレー(KISS)、スラッシュ、シェリー・カーリー(ランナウェイズ)、マシュー・スウィート他、数多くの著名なミュージシャンからのコメントの日本語訳が日本語ブックレットの方に掲載されています。

なお、日本盤にはオリジナル盤未収録のボーナス・トラック6曲が収録されているものの、収録時間の関係からか、オリジナル盤には収録されているラズベリーズ時代の曲である"Ecstasy"(2005年に行われたラズベリーズ再結成ツアーでのライヴ・ヴァージョン)が外されています。ただし、これはエリック・カルメン側の提案を受けての判断だったらしく、そのことについては日本語ブックレットの方に記載されています。

▼ 左からオリジナル英文ブックレットの表、裏、日本語ブックレットの表

Booklet (front): The Essential / Eric Carmen  Booklet (back): The Essential / Eric Carmen  Japanese Booklet (front): The Essential / Eric Carmen

又、日本盤のボーナス・トラックには1984年公開の大ヒット映画「Footloose / フットルース」のサウンドトラック収録曲でシングルでもヒットしたマイク・レノ(カナダのロックバンドラヴァーボーイのヴォーカル)とアン・ウィルソン(アメリカのロックバンドハートのヴォーカル)のデュエット曲「Almost Paradise (Love Theme from Footloose) / パラダイス〜愛のテーマ」のセルフ・カヴァー(エリック・カルメンとフットルースの脚本家であるディーン・ビッチフォードとの共作曲)が収録されていますが、このセルフ・カヴァー曲は元々1997年に日本だけでリリースされたアルバム「Winter Dreams / 夢の面影」に収録されていた曲で、アメリカでは2000年に"I Was Born to Love You"とタイトルを変えてリリースされています。なお、この曲でエリック・カルメンとデュエットしているのはジェイニー・クルーワーです。

それと、同じく日本盤のボーナス・トラックで初CD化された「Long Live Rock & Roll / ロング・リヴ・ロックン・ロール」は、勿論、レインボーのカヴァーではなく、同名異曲のデモなんですが、実はコレ、「Make Me Lose Control / メイク・ミー・ルーズ・コントロール」の原曲なんですよね。初めて聴いたときは意表を突かれた感じでちょっぴり驚きましたが、曲自体はほぼ完成形と言ってもいいレベルのデモです。

その他にも、日本盤のボーナス・トラックには、ゲフィン時代の曲でシングルにもなった"I Wanna Hear It From Your Lips"が収録されているのですが、個人的にはこの曲だけはどうも苦手ですね。こう言っちゃ何ですが、性に合わないというか、若干気持ち悪いというか・・・。でも、何となく中毒性を秘めたような雰囲気もある曲なんで、人によっては嵌ったりするのかもしれません。

意外だったのは、'88年公開の映画「ダーティ・ダンシング」の挿入歌で、シングルとしてもヒットした「Hungry Eyes / ハングリー・アイズ」が思いのほか短時間で、しかも低予算でレコーディングされた曲だったということで、ブックレットに記載されているエリック・カルメン自身のコメントでは「5日間でレコーディングした」といったことや「予算は限られていて、レコーディング・セッションはギタリスト1人とベーシスト、あとはドラム・マシーンと僕だけで行った」語られています。

そして、日本盤の2枚目のディスクの最後には"Brand New Year"のリミックス・ヴァージョン (Alternate Mix)が収録されていますが、それほど違いは感じられない控えめなミックスといった感じ。

The Essential / Eric Carmen  The Essential / Eric Carmen  Obi Strip (front and back): The Essential / Eric Carmen

▼ Eric Carmen - Boats Against The Current (U.S. TV 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=z8N6lCZoaLY

▼ Eric Carmen - Never Gonna Fall In Love Again (The Midnight Special TV)
https://www.youtube.com/watch?v=3c7M1-SLXnU

▼ Eric Carmen - All By Myself
https://www.youtube.com/watch?v=6JgOP9fvfog

▼ Eric Carmen - Change Of Heart (Japanese TV Show "Let's Go Young" in 1979)
https://www.youtube.com/watch?v=diguaFiSVF0

▼ Eric Carmen & Merry Clayton - Almost Paradise (Dirty Dancing Live In Concert 1988)
https://www.youtube.com/watch?v=F1pW6vvplmQ

The Essential / Eric Carmen  Booklet: The Essential / Eric Carmen

TRACK LIST (Japan Edition)

DISC ONE:
1. Get the Message (With Cyrus Erie) [Previously Unreleased] / 2. Go All the Way (With Raspberries) / 3. I Wanna Be with You (With Raspberries) / 4. Let's Pretend (With Raspberries) / 5. Tonight (With Raspberries) / 6. Overnight Sensation (Hit Record) (With Raspberries) / 7. Sunrise / 8. My Girl / 9. All By Myself / 10. Never Gonna Fall in Love Again / 11. Last Night / 12. Starting Over (Live 1976) [Previously Unreleased] / 13. That's Rock 'N' Roll (Live1976) [Previously Unreleased] / 14. Run Away / 15. She Did It / 16. Love Is All That Matters

1. ゲット・ザ・メッセージ(サイラス・エリー)(初CD化) / 2. ゴー・オール・ザ・ウェイ(ラズベリーズ) / 3. 明日を生きよう(ラズベリーズ) / 4. レッツ・プリテンド(ラズベリーズ) / 5. トゥナイト(ラズベリーズ) / 6. オーヴァーナイト・センセーション(ラズベリーズ) / 7. サンライズ / 8. 愛しのマイ・ガール / 9. オール・バイ・マイセルフ / 10. 恋にノー・タッチ / 11. 悲しきラスト・ナイト / 12. 素晴らしき再出発 (Live1976) (初CD化) / 13. すてきなロックン・ロール (Live1976) (初CD化) / 14. ラン・アウェイ / 15. 愛をくれたあの娘 / 16. 恋のすべて

DISC TWO:
1. Boats Against the Current / 2. Marathon Man / 3. Nowhere to Hide / 4. Change of Heart / 5. Hey Deanie / 6. Desperate Fools / 7. Someday / 8. It Hurts Too Much / 9. Foolin' Myself (Single Version) [Bonus Track for Japan] / 10. Tonight You're Mine / 11. I Wanna Hear It From Your Lips [Bonus Track for Japan] / 12. The Way We Used to Be / 13. Hungry Eyes / 14. Make Me Lose Control / 15. Brand New Year [Previously Unreleased] / 16. The Rock Stops Here [Bonus Track for Japan] [Previously Unreleased] / 17. Almost Paradise (Winter Dreams Version) [Bonus Track for Japan] / 18. Long Live Rock & Roll (Demo) Bonus Track for Japan] [Previously Unreleased] / 19. Brand New Year (Alternate Mix) [Bonus Track for Japan] [Previously Unreleased]

1. 雄々しき翼 / 2. マラソン・マン / 3. つらい別れ / 4. チェンジ・オブ・ハート / 5. ヘイ・ディニー / 6. デスペレート・フールズ / 7. サムデイ / 8. 悲しみTOO MUCH / 9. フーリン・マイセルフ (single version)(日本のみのボーナストラック) / 10. トゥナイト・ユア・マイン / 11. 噂の女(日本のみのボーナストラック) / 12. あの頃の僕達 / 13. ハングリー・アイズ(88年映画「ダーティ・ダンシング」挿入歌) / 14. メイク・ミー・ルーズ・コントロール / 15. ブランド・ニュー・イヤー(新曲)(初CD化) / 16. ザ・ロック・ストップス・ヒア(86年レア・シングル)(日本のみのボーナストラック)(初CD化) / 17. パラダイス〜愛のテーマ (Winter Dreams Version) (日本のみのボーナストラック) / 18. ロング・リヴ・ロックン・ロール (Demo) (日本のみのボーナストラック)(初CD化) / 19. ブランド・ニュー・イヤー (Alternate Mix) (日本のみのボーナストラック)(初CD化)

 

NOTES

• Blu-spec CD2
• 最新リマスター
• 日本盤ボーナストラック6曲収録
• 解説・歌詞・対訳付(英文ライナー及び、エリック・カルメン自身の曲解説と、著名ミュージシャンから寄せられたコメントの対訳付き)

(記:2016年10月)


    SPILT MILK 「こぼれたミルクに泣かないで」 / JELLYFISH (1993)

CDの帯 : こぼれたミルクに泣かないで / ジェリーフィッシュ

Album Cover (front): Spilt Milk / Jellyfish  Album Cover (back): Spilt Milk / Jellyfish  CD Case (back cover): Spilt Milk / Jellyfish

このジェリーフィッシュ、ポップでありながらも、一癖あるサウンドといった印象もあり、当初はてっきりイギリスのバンドとばかり思っていましたが、実際はアメリカのバンドなんですよね。

残念ながら、グループとしての活動期間は短く、マニアックな人気を博しながらも、わずか2枚のアルバムを発表しただけでバンドは解散してしまったのですが、どちらかといえば本国のアメリカよりもイギリスでの評価が高かったバンドでもありました。

で、その残された2枚のアルバムの内の1枚が、セカンド・アルバムにしてラスト・アルバムであるこの「Spilt Milk / こぼれたミルクに泣かないで」。

冒頭でも述べたように、全体的にポップではあるものの、このどこか屈折感を帯びたようなちょっぴり癖のあるサウンドを受け入れられるかどうかで好き嫌いが分かれるのかもしれませんが、そこに魅力を感じることができれば、自分のように一気に嵌ってしまう可能性があるのではないかと思います。まぁ、チーズ好きの人でもブルーチーズだけは苦手という人も案外多いですが、あえて例えるならそんな感じかと(笑)。

ブルーチーズといえば、もとい(笑)、親しみやすいながらもちょっぴり癖のあるサウンドといえば、これまた大好きなバンドである"XTC"が直ぐに思い浮かぶのですが、実際、個人的には両バンドに共通点を感じる部分は多いですね。どことなく牧歌的な雰囲気があるというのも類似点のひとつですし、両バンド共にビートルズとビーチ・ボーイズを引き合いに出して語られることが多いというのも共通点のひとつかと。

まぁ、個人的には、巷で言われるほどにはこのジェリーフィッシュと"XTC"にビートルズやビーチ・ボーイズのイメージが被ることは無いのですが、少なからず影響を受けたであろうことは感じられるところではあります。ただ、ビートルズとビーチ・ボーイズがメジャーな人気を博していたのに対し、このジェリーフィッシュと"XTC"は、どちらかといえばマニアックな人気に支えられたバンドといった点で大きな違いがあるんですけどね。

ちなみに、ウィキペディアには、音楽評論家"Tom Demalon"がこのアルバムについて評した言葉として、「夢見るようなボーカル・ハーモニー、サーカスのようにグルグル回るオルガンのパッセージ、それにザクザクとしたギターが、ビートルズやザ・ビーチ・ボーイズの最良の部分を想起させるような手法で積み重ねられている」といった内容の発言が記載されています。

Booklet: Spilt Milk / Jellyfish

アルバムは、ビルボードチャーで164位と、本国のアメリカに於いてはいまひとつパッとしなかったものの、イギリスでは21位を記録し、同じくイギリスのシングルチャートではアルバムからシングルカットされた「The Ghost At Number One / スーパースターに救いの手を」が43位、「New Mistake / ニュー・ミステイク」が55位を記録しています。

▼ Jellyfish - Joining A Fan Club
https://www.youtube.com/watch?v=rZrtww0p0FI

▼ Jellyfish - The Ghost At Number One
https://www.youtube.com/watch?v=bP1SkB-Sny4

▼ Jellyfish - New Mistake
https://www.youtube.com/watch?v=HvZFvjkG4vo

▼ Jellyfish - Bye Bye Bye
https://www.youtube.com/watch?v=ymPQ_LtRpTY

▼ Jellyfish - Acoustic In Japan medley
https://www.youtube.com/watch?v=7hBoD03j7OQ

余談になりますが、実は、バンドの中心メンバーでもあるアンディ・スターマーは、日本の女性デュオ「パフィー」の名付け親でもあります、又、その「パフィー」が2004年にリリースしたミニ・アルバム「59」ではアンディ・スターマーがプロデュースを担当し、全曲の作曲と英語の作詞も行っており、アルバムには「Joining A Fan Club / ファンクラブに入るなら」のカヴァーも収録されています。

TRACK LIST
1. Hush / 2. Joining A Fan Club / 3. Sebrina, Paste, And Plato / 4. New Mistake / 5. Glutton Of Sympathy / 6. The Ghost At Number One / 7. Bye Bye Bye / 8. All Is Forgiven / 9. Russian Hill (Sturmer) / 10. He's My Best Friend / 11. Too Much, Too Little, Too Late / 12. Brighter Day

1. おやすみ / 2. ファンクラブに入るなら / 3. セブリナとペーストとプラトンと / 4. ニュー・ミステイク / 5. 憐れみの王様 / 6. スーパースターに救いの手を / 7. バイ・バイ・バイ / 8. 優しく許して / 9. ラッシャン・ヒル / 10. 彼は僕のともだち / 11. 言葉にさよならを / 12. あしたがあるから

JELLYFISH - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Andy Sturmer (アンディ・スターマー) - Sang, Played Drums, Some Guitar and Some Keyboards
• Roger Manning (ロジャー・マニング) - Played Keyboards and Sang
• Tim Smith (ティム・スミス) - Played Bass and Sang

NOTES
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年10月)


     ORANGES & LEMONS / XTC (1989)

Album Cover (front): Oranges & Lemons / XTC   Album Cover (back): Oranges & Lemons / XTC   CD Case (back cover): Oranges & Lemons / XTC

ビートルズのアルバム「イエロー・サブマリン」を連想するようなジャケットが印象的なこの「Oranges & Lemons / オレンジズ・アンド・レモンズ」は、個人的に最も好きな"XTC"のアルバムのひとつである1992年リリースの「Nonsuch / ノンサッチ」の前作にあたる作品になるのですが、私自身は、その"Nonsuch"のずっと後に後追いで買ったアルバムだったということもあり、当初は、やっぱり"Nonsuch"の方が完成度が高いかなといった印象があって、実は買った後もそれほど聴いていなかったんですよね。

それでも、せっかく買ったアルバムなんだし、これまで気付かなかったな魅力を何かしら発見できるかもと、ある時からちょくちょくと聴きだしたことが功を奏したのか、今では、自分の"iTunes"に作った"XTC"のベストにはこのアルバムから8曲も選曲しています(笑)。

正直言うと、実際のところは、今でもこの"Oranges & Lemonsと比べると、やっぱり"Nonsuch"の方が好きなことに変わりはないのすが、ただそうは言っても、その"Nonsuch"も、この"Oranges & Lemons"で確立されたサウンドの発展系であるということを考えれば、間違いなく、この"Oranges & Lemons"があってこそ生まれた作品でもあるわけですから、そういった意味では、何となくこの2枚のアルバムが兄弟関係にあるような感じもして自然と愛着も湧いてきます。まぁ、"Across This Antheap"なんかは、その後の"Wasp Star - Apple Venus Volume 2"に入っていても全く違和感が無いような曲であることも見逃せないポイントなんですけどね。

自分が、この"Oranges & Lemons"を買おうとしたときは、残念ながらその当時の日本盤は既に廃盤になっていたので、こちらのアメリカ盤(1989リリースの初盤)を買っていたのですが、2001年にリリースされたリマスター盤では、"Garden of Earthly Delights"、"King for a Day"、"One of the Millions"の3曲は新たにミックスされたヴァージョンに差し替えられているので、今となっては、これはこれで買っておいて良かったかなと思います。

アルバムのタイトルは、マザーグースの「オレンジとレモン(原題は"Oranges and Lemons")」から引用されたものですが、アルバムのタイトルに引用された経緯について調べてはみたものの、生憎これといった答えを見つけることはできませんでした。

※ 補足
マザーグースのオレンジとレモンは、イギリスを中心とした英語圏の童謡であるマザー・グースの一篇で、「ロンドン橋落ちた」や、日本の「通りゃんせ」のように、向かい合った2人が頭上の前方で手を組んでアーチを作り、その下を子供がくぐり抜けて行き、歌の終わりで腕を上げていた2人が腕を下ろし、通っていた人を捕まえるという遊び唄。

Booklet: Oranges & Lemons / XTC   CD Case (inside): Oranges & Lemons / XTC

XTC - BAND MEMBERS
• Andy Partridge (アンディ・パートリッジ) - Vocals, Guitar
• Colin Moulding (コリン・モールディング) - Vocals, Bass
• Dave Gregory (デイヴ・グレゴリー) - Guitars, Backing Vocals, Keyboards

▼ XTC - Mayor Of Simpleton
https://www.youtube.com/watch?v=5Da9sc6YDBo

▼ XTC - King For A Day
https://www.youtube.com/watch?v=depsFULhqV8

▼ XTC - The Loving
https://www.youtube.com/watch?v=FveVGRUFhmU

TRACK LIST
1. Garden Of Earthly Delights / 2. The Mayor Of Simpleton / 3. King for A Day / 4. Here Comes President Kill Again / 5. The Loving / 6. Poor Skeleton Steps Out / 7. One Of The Millions / 8. Scarecrow People / 9. Merely A Man / 10. Cynical Days / 11. Across This Antheap / 12. Hold Me My Daddy / 13. Pink Thing / 14. Miniature Sun / 15. Chalkhills And Children

Song Writers
• Andy Partridge (1, 2, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12, 13, 14, 15)
• Colin Moulding (3, 7, 10)

NOTES
• Label: Geffen Records
• Released: 1989
• Printed in U.S.A. (Import)
• 歌詞付

• UK 28位 / US 44位

(記:2016年10月)


    BAT OUT OF HELL / MEAT LOAF (1977)

CDの帯 : 地獄のロック・ライダー (Special Edition) / ミート・ローフ

Album Cover (front): Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf  CD Case (front): Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf  CD Case (back): Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf

Bat Out of Hell / 地獄のロック・ライダー (Special Edition) [CD+DVD]

アメリカだけで1,400万枚(2016年現在)のビッグ・セールスを記録しているこの「Bat Out of Hell / 地獄のロック・ライダー」、私自身は、"Bat Out of Hell II"、"Bat Out of Hell III"、そしてこの"Bat Out of Hell"と、このシリーズでは一番最後に購入したアルバムだったのですが、実は、暫く購入するのを躊躇していたアルバムでもありました。

と言うのも、先に購入した2枚組みベスト"The Very Best of Meat Loaf"に収録されていたこの"Bat Out of Hell"から選曲されている"Heaven Can Wait"と"Two Out Of Three Ain't Bad"の2曲のバラードを除く騒々しい曲に今ひとつ馴染めなくて、ベストに収録されている曲でもこれだったら、アルバムもあまり好みではないかも?なんてことを思っていたんですよね。しかも、そのベストには"Bat Out of Hell"に収録されている全7曲のうちの5曲が収録されているので、残りの2曲を聴くために買うようなものでしたからね。

それでも、そのベストに収録されている新曲をはじめ、初めて聴く他の曲は魅力的な曲も多かったし、"Bat Out of Hell III"にいたっては、これほど充実したアルバムにはそうそうお目にかかれるものではないと思えるほど素晴らしかったことから、やっぱり原点でもあるこの"Bat Out of Hell"もアルバムを通して聴いてみたいという欲求が徐々に高まってきたんですよね。

それに、これほどまでに売れたアルバムなんだし、それ相応の魅力があることには間違いないだろうと多少期待もしていたところでタイミングよくリリースされたのがこのDVDが付いた限定盤のスペシャル・エディションだったことから、丁度良い機会でもあったんですよね。

CD: Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf  DVD: Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf

で、実際に聴いてみてどうだったかと言えば、やっぱり、先にも記した2曲のバラード以外はどうも趣味に合わない感じで、なんでこれほどまでに支持されたのかも理解できなかったというのが正直な感想でした。

いや、自分でも"II"も"III"も好きなのに、なんでこの一番売れた"Bat Out of Hell"だけ好きになれないんだろうと不思議に思うところではあるのですが、こればっかりは嗜好の問題なんで、どうしようもないところではありますね。

まぁ、欧米ではベストセラーを記録しているものの、日本では全くと言っていいほど売れていないことから、国民性というか、文化的なものも何かしら関係があるのかもしれませんね。実際、発売から10年目を迎えようとしているこの日本でリリースされた限定盤も未だに在庫があるようで、今でも普通に買えますからね。

でも、そうは言いつつも、ボーナス・トラックのライヴは結構好きなんで、もしかしたら、そのうち本編の"Bat Out of Hell"の魅力にも気付く時が来るかもしれないと、当初から好きだった2曲のバラード以外の曲も時折聴いたりはしてるんですけどね。

ちなみに、このスペシャル・エディションに付属のDVDには、'77〜'83年のビデオクリップが収録されています。

▼ Meat Loaf - Great Boleros Of Fire / Bat Out Of Hell (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=zwDP7a1-O1w

▼ Meat Loaf - Heaven Can Wait (Live in Holland 1994)
https://www.youtube.com/watch?v=SbVZ2_ptv_w

 

CD Case (inside): Bat Out of Hell (Special Edition) / Meat Loaf TRACK LIST (Special Edition / CD+DVD)

Disc 1 [CD] (Bat Out Of Hell)
1. Bat Out Of Hell / 2. You Took The Words Right Out Of My Mouth (Hot Summer Night) / 3. Heaven Can Wait / 4. All Revved Up With No Place To Go / 5. Two Out Of Three Ain't Bad / 6. Paradise By The Dashboard Light / 7. For Crying Out Loud
[Bonus Tracks]
8. Great Boleros Of Fire (Live Intro) / 9. Bat Out Of Hell (Live)

1. 地獄のロック・ライダー / 2. ユー・トゥック・ザ・ワーズ / 3. 天国からの招待状 / 4. 暴走 / 5. 66%の誘惑 / 6. ロックンロール・パラダイス / 7. クライング・アウト・ラウド
[ボーナス・トラック]
8. グレート・ボレロズ・オブ・ファイア (Live Intro) / 9. 地獄のロック・ライダー (Live)

Disc 2 [DVD] (Hits Out Of Hell)
1. Program Start / 2. Bat Out Of Hell / 3. Read 'Em And Weep / 4. Two Out Of Three Ain't Bad / 5. Razor's Edge / 6. More Than You Deserve / 7. I'm Gonna Love Her For Both of Us / 8. If You Really Want To / 9. You Took The Words Right Out Of My Mouth (Hot Summer Night) / 10. Paradise By The Dashboard Light / 11. Dead Ringer For Love / 12. Closing Credits

1. プログラム・スタート / 2. 地獄のロック・ライダー / 3. リード・ゼア・アンド・ウィーヴ / 4. 66%の誘惑 / 5. レーザーズ・エッジ / 6. モア・ザン・ユー・ディザーヴ / 7. アイム・ゴナ・ラヴ・ハー / 8. イフ・ユー・リアリー・ウォント・トゥ / 9. ユー・トゥック・ザ・ワーズ / 10. ロックンロール・パラダイス / 11. デッド・リンガー・フォー・ラヴ / 12. クロージング・クレジット

 

NOTES

• 地獄のロック・ライダー (Special Edition)
• CD (Remaster & 2 Bonus Tracks) + DVD
• 完全生産限定盤
• 日本盤発売日:2007年2月21日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 14位 - 14x Platinum [Diamond] (2001-RIAA) / UK9位 - 7x Platinum
• Singles:
"You Took the Words Right Out of My Mouth" US 39位 / UK 33位
"Paradise by the Dashboard Light" US 39位
"Two Out of Three Ain't Bad" US 11位 / UK 32位
"Bat Out of Hell" UK 15位 / (1993 re-release) UK 8位

(記:2016年11月)


    DRAW THE LINE 「ドロー・ザ・ライン」 / AEROSMITH (1977)

CDの帯:ドロー・ザ・ライン / エアロスミス

Album Cover (front): Draw The Line / Aerosmith
自分がエアロスミスに興味を持つきっかけとなったこの「Draw The Line / ドロー・ザ・ライン」は、数あるエアロスミスのアルバムの中でも特に思い出深い一枚でもあり、今でもエアロスミスのアルバムの中で最も好きなアルバムのひとつです。

収録された楽曲の充実度という点では名作の誉れ高い前作の「Rocks / ロックス」に比べると、多少劣る印象はあるものの、ジャケットに描かれたライン・ドローイング(線描画)によるインパクトのあるアートワークも然ることながら、LPレコードで言うところのA面とB面の1曲目に"Draw The Line"と"Kings And Queens"と強力な2曲が収録されていることから、アルバム自体に圧倒的な存在感があるんですよね。

面白いのは、ライバルとして比較されることも多いキッスが、この"Draw The Line"と同じ年の1977年にリリースしたアルバム"Love Gun"もまた同様に、楽曲の充実度という点では前作に劣る印象があるものの、アルバムのA面とB面の1曲目にそれぞれ強力な曲が収録されているが故に圧倒的な存在感を示しているという点で類似しているところ。

しかも、どちらもリード・ギタリストが初めてリード・ヴォーカルをとる曲が収録されているという点も一致していますからね。更には、グループ内がガタガタの状態で制作されたことや、この後にリリースされるのがライヴ・アルバムという点でも共通していることから、偶然とはいえ中々興味深いところではあります。

LPレコードを買って聴いていた頃は、先にも述べたアルバムを代表する"Draw The Line"と"Kings And Queens"、それにジョー・ペリー初のリード・ヴォーカル曲である"Bright Light Fright"の3曲ばかりを聴いていた記憶があるのですが、ここ最近は、何となくその他のファンキーでグルーヴィーな曲の魅力にも気付いてきた感じで、それらの3曲だけを取り出して聴くのではなく、アルバムを通して聴くことの方が多くなったように思いますね。

いやいや、"I Wanna Know Why"も、"Critical Mass"も、"Get It Up"も、"The Hand That Feeds"も、"Sight For Sore Eyes"も、"Milk Cow Blues"も、みんなカッコイイ曲じゃないですか(笑)。特に"The Hand That Feeds"の後半のベースにはシビレます。

で、結論としては、"Rocks"と"Draw The Line"のどちらかを選べと言われたら、自分はやっぱりこの"Draw The Line"を選ぶかなと。

CD Case (inside): Draw The Line / Aerosmith   CD Csse (back): Draw The Line / Aerosmith

興味深い点としては、ジャケットの表にアルバムのタイトルどころかグループ名である"Aerosmith"の表記も無いところ。まぁ、恐らくは、この存在感のあるアートワークだけでエアロスミスのアルバムであることが一目で分かることから、あえてイラストだけのジャケットにしたのだと推測されますが、裏を返せば、それで通用してしまうほどこの時期は存在感のあるバンドとして認知されていたということなんでしょうね。

そして、もうひとつ興味深いのが、タイトル・トラックの"Draw The Line"だけはモノラルで収録されているということで、CDの帯には「STEREO/MONO」との表記があり、解説書に表記されたトラック・リストの"Draw The Line"の曲名にも (MONO) との注意書きがしてあります。

LPで聴いていた頃はモノラルだとは全く気付かずに聴いていましたが、この"Draw The Line"に於ける音の塊り感はそんな理由があったからなんですね。いや〜、当時からこの混沌とした音の塊り感が好きだったんですよね。というか、LPの時代は (MONO) なんて表記ありましたっけ?

でも、もしかしたら、タイトル・トラックの"Draw The Line"だけステレオになってないぞとの苦情が時折あることから (MONO) との表記が加えられたのかも?(笑)

なお、このモノラルの"Draw The Line"、3枚組みのコンピレーション・アルバム「Pandora's Box / パンドラの箱」にはステレオ・ミックスされたリミックス・ヴァージョンが収録されているのですが、個人的には、やっぱり、この混沌としたモノラルのオリジナル・ヴァージョンの方が好きですね。まぁ、リミックス・ヴァージョンの方は聴いて直ぐに分かるほどドラムの音も変わっているので、曲全体の雰囲気も結構違いますしね。

又、ヴァージョン違いと言えば、"Kings And Queens"も「Aerosmith's Greatest Hits / グレイテスト・ヒッツ」の方には、1分程度短縮されたシングル・ヴァージョンが収録されています。しかも、このシングル・ヴァージョンは、短く編集されているだけでなく、各楽器の音の定位が中央に寄ったモノラルに近いミックスになっているので、聴き比べてみると面白いですよ。

収録曲のソング・ライターを見てみると、"Kings And Queens"と"The Hand That Feeds"はジョー・ペリーを除くメンバー4人とプロデューサーのジャック・ダグラスの共作曲である一方、"Bright Light Fright"はジョー・ペリー単独表記の曲といったように、何やら行く末を案じさせるようなところも感じられます。

ちなみに、レコードの内袋の裏側にあるクレジットの最後には「日本のファンのみなさん、ありがとう。」と日本語で表記されていましたが、このCDでも、二つ折りジャケットの内側にその日本語の表記がされています。

▼ Aerosmith - Draw The Line (Live California Jam II '78)
https://www.youtube.com/watch?v=tp2-nxwUYko

▼ Aerosmith - Kings And Queens (Album Version)
https://www.youtube.com/watch?v=sQCv80Ac3ls

AEROSMITH - BAND MEMBERS
• Steven Tyler - Vocals (Piano on "Kings And Queens")
• Joe Perry - Guitars, Vocals (Lead Vocal on "Bright Light Fright")
• Brad Whitford - Guitars
• Tom Hamilton - Bass
• Joey Kramer - Drums

CD: Draw The Line / Aerosmith TRACK LIST
1. Draw The Line / 2. I Wanna Know Why / 3. Critical Mass / 4. Get It Up / 5. Bright Light Fright / 6. Kings And Queens / 7. The Hand That Feeds / 8. Sight For Sore Eyes / 9. Milk Cow Blues

1. ドロー・ザ・ライン / 2. アイ・ワナ・ノウ・ホワイ / 3. クリティカル・マス / 4. ゲット・イット・アップ / 5. ブライト・ライト・フライト / 6. キングズ・アンド・クイーンズ / 7. ザ・ハンド・ザット・フィーズ / 8. サイト・フォア・ソア・アイズ / 9. ミルク・カウ・ブルース

NOTES
• 結成40周年 & 来日記念スペシャル・プライス版(期間限定生産)
• 発売日:2011年11月23日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 11位 (2x Platinum / 1996-RIAA)
• Singles: "Draw the Line" US 42位 / "Kings and Queens" US 70位

(記:2016年11月)


    LIVE BOOTLEG 「ライヴ・ブートレッグ」 / AEROSMITH (1978)

CDの帯:ライヴ・ブートレッグ / エアロスミス

Album Cover (front): Live Bootleg / Aerosmith  Album Cover (back): Live Bootleg / Aerosmith  CD: Live Bootleg / Aerosmith

5作目のスタジオ・アルバム「Draw The Line / ドロー・ザ・ライン」の翌年にリリースされたエアロスミス初のライヴ・アルバムがこの「Live Bootleg / ライヴ・ブートレッグ」。

アートワークも然ることながら、収録されている曲も極力編集を控えたラフな演奏で収録されていることから、恐らくは、海賊盤のような生に近いライヴを再現する意図で制作されたライヴ・アルバムだと思われますが、勿論これはブートレッグ(海賊盤)という名のオフィシャル・ライヴ・アルバムです。

CDでは1枚のディスクに全曲が収録されているのですが、LPレコードでリリースされていた当時は2枚組みのアルバムだったこともあり、それ以前の主だった曲を2枚組みというボリュームで聴けるということで、初めて買ったエアロスミスのアルバムが前作の"Draw The Line"だったという自分にとっては、それこそグレイテスト・ヒッツ的な意味合いを持ったアルバムでもありましたね。

当時はアルバムを買うために向かったレコード店で、どんな曲が収録されているのかと、帯に書かれたトラック・リストを真っ先に見て、大好きな"Draw The Line"が収録されていることを確認し、ワクワクしながらレコードをレジに持って行ったことを何となく覚えているのですが、実は、アルバム自体には"Draw the Line"は曲目に表記されておらず、隠しトラックのようになっているんですよね。

日本版の帯に"Draw The Line"の曲名が記されていたのは、直前のアルバムのタイトル・トラックである"Draw The Line"を曲目に表記した方が得策であるとの判断が日本のレコード会社にあってのことだと思うのですが、もしかしたら、オリジナル版では"Draw The Line"を表記せずに隠しトラックのようにしたのは、"Mother Popcorn"が終わって、次はいよいよ最後の"Train Kept A Rollin'"かと思ったら"Draw The Line"が始まってビックリといったサプライズ的な仕掛けであると同時に、当時の海賊盤に時折あった曲名の表記漏れといった部分を遊び心で演出したものだったのかもしれません。

ちなみに、このCDでもLPレコードと同様に、その"Draw the Line"は、曲名が表記されておらず、15曲目の"Mother Popcorn"の後に同一トラックとして収録されています。

Booklet (inside): Live Bootleg / Aerosmith  Booklet (inside): Live Bootleg / Aerosmith

スペシャル・プライス版ということもあってか、LPレコードの見開きジャケット内側にあった写真も、残念ながらこのCDではモノクロになっています。一応、LPレコードに付属していた内袋2枚の表と裏のデザインもそれぞれブックレットに再現されてはいるのですが、こちらもまたモノクロになっています。

それと、この「結成40周年 & 来日記念スペシャル・プライス版」は、アルバム・ジャケットと合わせると配色が気持ち悪い帯が玉に瑕。この帯が似合うのはせいぜい"Just Push Play"くらいではないかと(笑)。

まぁ、それでも、LPレコード同様に、歌詞には曲間のMCとその対訳も記されているのは良いところ。最近の日本版はライヴ・アルバムでも、スタジオ・アルバムの歌詞を転載していいるだけといったものがほとんどですからね。

なお、2枚組みのLPレコードとしてリリースされていた当時は、当然のことながら、1枚目のA面とB面、それに2枚目のC面では歓声がフェードアウトして終わる構成になっていましたが、CDではその各面の最後の部分も次の面の1曲目と繋げる編集がされており、1曲目の"Back In The Saddle"からラストのの"Train Kept A Rollin'/Strangers In The Night"までブレイク無しという構成になっています。

▼ Aerosmith- Draw the Line (Live Bootleg)
https://www.youtube.com/watch?v=KYNQcgVTFwY

AEROSMITH - BAND MEMBERS
• Steven Tyler - Lead Vocals
• Joe Perry - Guitar, Backing Vocals
• Brad Whitford - Guitar
• Tom Hamilton - Bass
• Joey Kramer - Drums

Album Cover (back): Live Bootleg / Aerosmith TRACK LIST
1. Back In The Saddle / 2. Sweet Emotion / 3. Lord Of The Thighs / 4. Toys In The Attic / 5. Last Child / 6. Come Together / 7. Walk This Way / 8. Sick As A Dog / 9. Dream On / 10. Chip Away The Stone / 11. Sight For Sore Eyes / 12. Mama Kin / 13. S.O.S. / 14. I Ain't Got You / 15. Mother Popcorn / 16. Train Kept A Rollin'/Strangers In The Night

1. バック・イン・ザ・サドル / 2. スウィート・エモーション / 3. 支配者の女 / 4. 闇夜のヘヴィ・ロック / 5. ラスト・チャイルド / 6. カム・トゥゲザー / 7. ウォーク・ディス・ウェイ / 8. シック・アズ・ア・ドッグ / 9. ドリーム・オン / 10. チップ・アウェイ・ザ・ストーン / 11. サイト・フォー・ソア・アイズ / 12. ママ・キン / 13. エアロスミス、S.O.S. / 14. アイ・エイント・ガット・ユー / 15. マザー・ポップコーン / 16. トレイン・ケプト・ア・ローリン〜夜のストレンジャー

NOTES
• "Draw the Line" is not listed on the sleeve or label.
• "Draw the Line" is featured as a hidden track at the end of "Mother Popcorn".

• Track 1, 8, 12, 13: Indianapolis - 7/4/77
• Track 2, 3: Chicago - 3/23/78
• Track 4: Boston - 3/28/78
• Track 5: Boston - 8/9/78
• Track 6: Waltham, Massachusetts - 8/21/78
• Track 7, 16: Detroit - 4/2/78
• Track 9: Louisville - 7/3/77
• Track 10: Santa Monica Civic Auditorium - 4/8/78
• Track 11: Columbus - 2/24/78
• Track 14, 15: Boston - 4/23/73
• Draw the Line: Philadelphia, PA - 3/26/78 (not listed)

• 結成40周年 & 来日記念スペシャル・プライス版(期間限定生産)
• 発売日:2011年11月23日
• 解説・歌詞・対訳付(MCの対訳および、曲目表記がされていないドロー・ザ・ラインの歌詞・対訳を含む)

• Album: US 13位 (Platinum / 1978-RIAA)
• Single: "Chip Away the Stone" US 77位

(記:2016年11月)


    PURPLE CHRONICLE - THE BEST SELECTION / DEEP PURPLE (1995)

CDの帯:パープル・クロニクル〜完結篇〜 / ディープ・パープル

Album Cover (front): Purple Chronicle - The Best Selection / Deep Purple  Album Cover (back): Purple Chronicle - The Best Selection / Deep Purple  CD Csae (back cover): Purple Chronicle - The Best Selection / Deep Purple

この「Purple Chronicle - The Best Selection / パープル・クロニクル〜完結篇〜」は、結成25周年記念としてリリースされた日本独自企画によるディープ・パープルのベスト・アルバム。

ただし、ベスト・アルバムとはいっても、通常のベスト・アルバムとは幾分趣が違うものになっているのが特徴で、3曲目の"Maybe I'm A Leo"から7曲目の"When A Blind Man Cries"までは通常のベスト・アルバムにはあまり収録されることがない曲が並んでいる他、代表作のひとつである「Machine Head / マシン・ヘッド」からは全7曲中、"Never Before"を除く6曲が選曲されているといったように、多少偏った構成になっています。

というのも、この"Purple Chronicle - The Best Selection"は、この当時のツアーで演奏されていた曲をスタジオ・ヴァージョンで再現したような構成になっているからで、以前とは多少指向が違った選曲になっている理由も、リッチー・ブラックモアが1993年にグループを離れたことにより、これまで演奏されなかった曲がツアーで演奏されるようになっていたからなんですね。

まぁ、この当時の多少マニアックなセットリストによるライヴをスタジオ・ヴァージョンで疑似体験できるという点では、これはこれで面白いのではないかと思いますね。

ちなみに、"Black Night"はエディット・ヴァージョンが収録されており、"When A Blind Man Cries"はシングル"Never Before"のB面に収録されていた曲で、オリジナルのアルバムには未収録の曲。

実を言うと、LPレコードの時代に持っていた、「When We Rock We Rock & When Roll We Roll / パープル・ロール」と、「Deepest Purple / ディーペスト・パープル」の2枚のベスト・アルバムを買うとしたら、日本盤は両方とも廃盤になっていたのか、CDショップには置いてなくて、リリースされたばかりのコレがあったことから、たまたま手にしたようなアルバムではあったのですが、"When A Blind Man Cries"が収録されているし、今ではこちらの方が新品で入手するのが困難な状況なので、買っていて良かったかなと。

▼ Deep Purple - Highway Star 1972
https://www.youtube.com/watch?v=UAKCR7kQMTQ

▼ Deep Purple - Smoke On The Water 1972
https://www.youtube.com/watch?v=ikGyZh0VbPQ

▼ Deep Purple - Burn (Live at California Jam 1974)
https://www.youtube.com/watch?v=t4fDCwDiWJQ

TRACK LIST
1. Highway Star / 2. Black Night (Edited Version) / 3. Maybe I'm A Leo / 4. Pictures Of Home / 5. Anyone's Daughter / 6. Lazy / 7. When A Blind Man Cries / 8. Child In Time / 9. Space Truckin' / 10. Woman From Tokyo / 11. Hush / 12. Speed King / 13. Burn / 14. Smoke On The Water

1. ハイウェイ・スター / 2. ブラック・ナイト(エディット) / 3. メイビー・アイム・ア・レオ / 4. ピクチャーズ・オブ・ホーム / 5. 誰かの娘 / 6. レイジー / 7. ブラインド・マン / 8. チャイルド・イン・タイム / 9. スペース・トラッキン / 10. ウーマン・フロム・トーキョー / 11. ハッシュ / 12. スピード・キング / 13. 紫の炎 / 14. スモーク・オン・ザ・ウォーター

NOTES
• Released in Japan Only
• 解説・歌詞・対訳付

▼ おまけ

Deep Purple - Smoke On The Water (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=d33x1HyJZ10

(記:2016年12月 / 更新:2017年7月)


    KISS ALIVE III / KISS (1993)

CDの帯(初回プレス盤):アライヴ III / KISS

Album Cover (front): KISS Alive III / KISS  Album Cover (back): KISS Alive III / KISS  CD: KISS Alive III / KISS

1977年リリースの"Alive II"から実に16年ぶりとなるキッスのライヴ・アルバムがこの"Alive III"で、素顔で活動し始めてからは初のライヴ・アルバムでもありました。

"Alive!"と"Alive II"は、それぞれ3枚のスタジオ・アルバムを経てリリースされていたことから、その流れで行くと、"Alive II"以降のスタジオ・アルバム3作「Dynasty / 地獄からの脱出」、「Unmasked / 仮面の正体」、「Music from The Elder / 魔界大決戦」の後にリリースされてもおかしくなかったのですが、流石にこの3作でのライヴ・アルバムはちょっとキツイ印象があるので、次作の「Creatures Of The Night / 暗黒の神話」を含めてメイク時代を総括する意味でリリースされていても良かったように思います。

何せ、この3作、もしくは4作のスタジオ・アルバムだけで構成されたライヴ・アルバムというのも想像しただけで結構ワクワクしますしね(笑)。それに、エリック・カー在席時の公式ライヴ・アルバムというのも残しておいて欲しかった(ライヴ・ビデオでは"Animalize Live Uncensored"がリリースされています)という思いもありますし・・・。

で、この"Alive III"、"Alive!"と"Alive II"では、曲のダブりが無い構成になっていましたが、この"Alive III"では、"Deuce"、"Watchin' You"、"Rock And Roll All Nite"の3曲が"Alive!"と、そして "Detroit Rock City"が"Alive II"と重複しています。

アルバム自体はリヴェンジ・ツアーからの収録ということで、直前のスタジオ・アルバムである"Revenge"に収録されていた曲が4曲+エキストラ・トラック1曲と最も多く選曲されていますが、次いで多いのが"Creatures Of The Night"の3曲というのが興味深いところ。又、絶頂期のスタジオ・アルバムともいえる「Rock and Roll Over / 地獄のロックファイアー」と「Love Gun / ラブ・ガン」からは1曲も選曲されていないにも関わらず、こうしてライヴ・アルバムが成立するというのも、時代毎に名曲を生み出してきたキッスならではといったところではありますね。

ただ、"Rock And Roll All Nite"のイントロ部分や、"Detroit Rock City"のエンディング部分をカットした編集には多少違和感があるところ。それと、"Creatures Of The Night"の間奏部分でも見られるような、取って付けたような歓声もわざとらしい感じで好きじゃないんですよね。"Alive!"と"Alive II"では違和感の無い臨場感溢れる編集がされていただけに、こういった点が多少残念に思うところではあります。

まぁ、それでも、ロック色が増した"I Was Made For Lovin' You"は素晴らしいヴァージョンだと思いますし、エッジの効いたサウンドの所為か、過去の曲にしてもノスタルジックな印象は全く無く、あくまでも現在進行形のバンドといった感じで新鮮味があります。オープニングのMCをあえてカットしているのもメイク時代にリリースされた2作のライヴ・アルバムと区別する意図があってのことなんでしょうかね?

Booklet (inside): KISS Alive III / KISS  Booklet: KISS Alive III / KISS

KISS (Touring Personnel / As Listed in CD Booklet)
• Paul Stanley - Guitar / Vocals
• Gene Simmons - Bass / Vocals
• Bruce Kulick - Guitar
• Eric Singer - Drums / Vocals

▼ KISS - I Was Made For Lovin' You (Alive III)
https://www.youtube.com/watch?v=0vLUPP62xD8

▼ KISS - God Gave Rock 'n' Roll To You II (Alive III)
https://www.youtube.com/watch?v=5m14qsPtnTM

▼ KISS - Star Spangled Banner (Alive III)
https://www.youtube.com/watch?v=q1ZWed0kYTI

CD Case (inside): KISS Alive III / KISS TRACK LIST (Japan Edition)
1. Creatures Of The Night / 2. Deuce / 3. I Just Wanna / 4. Unholy / 5. Heaven's On Fire / 6. Watchin' You / 7. Domino / 8. I Was Made For Lovin' You / 9. I Still Love You / 10. Rock And Roll All Nite / 11. Lick It Up / 12. Forever / 13. Take It Off (Extra Track) / 14. I Love It Loud / 15. Detroit Rock City / 16. God Gave Rock 'N' Roll To You II / 17. Star Spangled Banner

1. クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト / 2. ジュース / 3. アイ・ジャスト・ウォナ / 4. アンホーリー / 5. ヘヴンズ・オン・ファイアー / 6. ウォッチン・ユー / 7. ドミノ / 8. ラヴィン・ユー・ベイビー / 9. アイ・スティル・ラヴ・ユー / 10. ロックン・ロール・オール・ナイト / 11. リック・イット・アップ / 12. フォーエヴァー / 13. テイク・イット・オフ(エキストラ・トラック) / 14. アイ・ラヴ・イット・ラウド / 15. デトロイト・ロック・シティ / 16. ゴッド・ゲイヴ・ロックン・ロール・トゥ・ユー II / 17. 星条旗よ永遠なれ(インストゥルメンタル)

NOTES
• "Take It Off" was a bonus track on the Japanese, European and South American CD releases and the US vinyl release. This version of the album would later be included in the "Kiss Alive! 1975-2000" 4CD box set.

• US 9位 (Gold / 1994-RIAA)、UK 24位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年12月)


    YESTERDAY & TODAY LIVE / Y&T (1991)

CDの帯(初回プレス盤):イエスタデイ & トゥデイ・ライヴ / Y&T

Album Cover (front): Yesterday & Today Live / Y&T  Album Cover (back): Yesterday & Today Live / Y&T  CD Case (back Cover): Yesterday & Today Live / Y&T

一旦は17年の活動に終止符を打った"Y & T"。これはそのときのフェアウェル・ツアーを収録したライヴ・アルバムで、当時はCDショップでたまたま見つけたこのアルバムで"Y & T"が解散したことを知ったんですよね。

ただ、ファンの方は直ぐに気付くと思うのですが、収録曲について言えば、代表曲は概ね押さえた構成になってはいるものの、何故か"Rescue Me"が収録されていないんですよね。

自分にとっては"Y & T"に興味を持つきっかけとなったのが"Rescue Me"であり、"Y & T"の歴史を語る上でもこの"Rescue Me"は外せない重要な1曲だと考えるファンは多いと思うんですけどねぇ・・・。

まぁ、個人的な好みでいえば、この時のライヴで演奏されていたかどうかは別にして、復活後のライヴでも時折演奏されている"I'll Keep On Believin' (Do You Know)"なんかが採り上げられていれば嬉しかったですし、"Anytime At All"、"Face Like An Angel"、"Summertime Girls"など、ライヴ映えしそうな曲が収録されているアルバム"Down For The Court"からも何かしら1曲は選曲されていればと思うところではあります。

それでも、サウンドについては、これはもう文句の付けようが無く素晴らしいもので、活動を終えてしまうバンドのライヴとは思えないというか、絶頂期と言っても過言ではない程に充実したライヴ・アルバムになっています。

又、"Midnight In Tokyo"が演奏される前には「ドウモアリガトウ! Midnight In Tokyo」との曲紹介が入っているのも日本のファンには嬉しいところ。

残念ながら、オリジナル・メンバーのひとりであり、デイヴ・メニケッティと共にバンドを支えてきたベーシストのフィル・ケネモアは2011年1月7日に57歳という若さで肺癌により逝去してしまいましたが、そのフィル・ケネモアがヴォーカルをとる個人的にも大好きな曲"Squeeze"が収録されているのも今となっては貴重であり、感慨深いものがありますね。

ちなみに、10曲目の"I'll Cry"は、1987年リリースのアルバム"Contagious"に収録されている"I'll Cry For You"です。

▼ Y&T - Midnight In Tokyo (Yesterday & Today Live)
https://www.youtube.com/watch?v=VQDKmtSmmV8

▼ Y&T - Hurricane (Yesterday & Today Live)
https://www.youtube.com/watch?v=EKzF66SwOxE

▼ Y&T - I Believe In You (Yesterday & Today Live)
https://www.youtube.com/watch?v=stBew74e4-E

Y&T (Touring Personnel / As Listed in CD Booklet)
• Dave Meniketti (デイヴ・メニケッティ) - Lead Vocals · Lead Guitar
• Phil Kennemore (フィル・ケネモア) - Bass Guitar · Vocals
• Jimmy DeGrasso (ジミー・デグラッソ) - Just Drums
• Stef Burns (ステフ・バーンズ) - Lead · Acoustic Guitars · Vocals

Booklet (inside): Yesterday & Today Live / Y&T TRACK LIST
1. Mean Streak / 2. Hurricane / 3. Don't Stop Runnin' / 4. Struck Down / 5. Winds Of Change / 6. Black Tiger / 7. Midnight In Tokyo / 8. Beautiful Dreamer / 9. Hard Times / 10. I'll Cry / 11. I Believe In You / 12. Squeeze / 13. Forever

1. ミーン・ストリーク / 2. ハリケーン / 3. ドント・ストップ・ランニン / 4. ストラック・ダウン / 5. ウインズ・オブ・チェンジ / 6. ブラック・タイガー / 7. ミッドナイト・イン・トーキョー / 8. ビューティフル・ドリーマー / 9. ハード・タイムス / 10. アイル・クライ / 11. アイ・ビリーヴ・イン・ユー / 12. スクイーズ / 13. フォーエヴァー

NOTES
• Extra Special Thanks to Our Fans, Families and Friends.

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年12月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 29 Navigation Part 30   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.