Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 28
01. THE ELEKTRA YEARS 1978-1987 (6CD BOX SET) / THE CARS (2016)
02. PARADISE THEATRE 「パラダイス・シアター」 / STYX (1980)
03. CORNERSTONE 「コーナーストーン」 / STYX (1979)
04. SYMPHONY 「神々のシンフォニー」 / SARAH BRIGHTMAN (2008)
05. SYMPHONY - LIVE IN VIENNA 「シンフォニー 〜 ライヴ・イン・ウィーン」 / SARAH BRIGHTMAN (2009)
06. HOT JAZZ ...AND LIBERTANGO 2015 「ホット・ジャズ」 / NAOKO TERAI (2015)
07. VERY COOL 「ヴェリー・クール」 / NAOKO TERAI (2014)
08. HOTTER THAN HELL 「地獄のさけび」 / KISS (1974)
09. CREATURES OF THE NIGHT 「暗黒の神話」 / KISS (1982)
10. CARNIVAL OF SOULS - THE FINAL SESSIONS / KISS (1997)
    THE ELEKTRA YEARS 1978-1987 (6CD BOX SET) / THE CARS (2016)

Box Cover (front): The Elektra Years 1978-1987 / The Cars  Box Cover (back): The Elektra Years 1978-1987 / The Cars  The Elektra Years 1978-1987 / The Cars  Inner Sleeve: The Elektra Years 1978-1987 / The Cars

こちらの"The Elektra Years 1978-1987"は、1978年のファーストアルバム"The Cars"から1987年の事実上のラストアルバム"Door To Door"までの6枚のスタジオアルバムを収めたカーズのボックスセットです。

※ 補足
2011年には癌で亡くなったベンジャミン・オールを除くオリジナルメンバーの4人で制作された復活アルバム"Move Like This"をリリースしています。

The Elektra Years 1978-1987 / The Cars The Elektra Years 1978-198 (6CD Box Set)

• The Cars (1978) - US 18位 (6x Platinum) / UK 29位 (Silver)
• Candy-O (1979) - US 3位 (4x Platinum) / UK 30位
• Panorama (1980) - US 5位 (Platinum)
• Shake It Up (1981) - US 9位 (2x Platinum)
• Heartbeat City (1984) - US 3位 (4x Platinum) / UK 25位 (Gold)
• Door To Door (1987) - US 26位 (Gold) / UK 72位

The Elektra Years 1978-1987 / The Cars

正直言うと、カーズは好きな曲が多い反面、全く聴かない曲も意外と多くあって、それがCD化されてもベストアルバムだけで済ませて、個々のアルバムを購入するに至らなかった理由でもあったわけですが、やっぱりLPレコードを買って聴いていた思い入れのあるグループなんで、ベストには収録されていないあの曲も聴きたいと時折思うこともあったんですよね。

と、そんな思いが徐々に強くなってきた時にタイミング良くリリースされたのがこのボックスセット"The Elektra Years 1978-1987"。しかも、個人的には最も充実度が高いと思っているアルバムでありながらも、それ以前にリリースされていたボックスセットでは外されていたラストアルバムの"Door To Door"を加えたコンプリート版。更には全アルバムがリック・オケイセック監修による最新のデジタル・リマスターとなれば、これはもう手を出さずにはいられませんよね。

ちなみに、このボックスセットにはそのリック・オケイセックだけでなく、オリジナルのジャケット制作にも関わっていたドラマーのデヴィッド・ロビンソンもアート・ディレクターとして参加しており、各アルバムのジャケットは可能な限りオリジナルのアートワークを再現したものになっているとのことで、LPでは見開きのジャケットになっていた5作目の"Heartbeat City"もLPと同様に見開きジャケットが再現されています。

又、この手のボックスセットには珍しく、曲目とボックスセットに関するクレジットが記されたシートが入っていたり、個々のアルバムにもそれぞれにLP時代のインナー・スリーヴが再現されて付いていたりするのは、もしかしたら、そんなデヴィッド・ロビンソンの関与があってのことかもしれません。

以下、左からジャケットの表、裏、インナー・スリーヴの表、裏。

▼ The Cars (1978)

The Elektra Years 1978-1987: Disc 1 (The Cars) / The Cars

▼ Candy-O (1979)

TThe Elektra Years 1978-1987: Disc 2 (Candy-O) / The Cars

▼ Panorama (1980)

The Elektra Years 1978-1987: Disc 3 (Panorama) / The Cars

▼ Shake It Up (1981)

The Elektra Years 1978-1987: Disc 4 (Shake It Up) / The Cars

▼ Heartbeat City (1984)

The Elektra Years 1978-1987: Disc 5 (Heartbeat City) / The Cars

▼ Door To Door (1987)

The Elektra Years 1978-1987: Disc 6 (Door To Door) / The Cars

THE CARS - BAND MEMBERS
• Ric Ocasek (リック・オケイセック) - Rhythm Guitar, Lead and Backing Vocals
• Benjamin Orr (ベンジャミン・オール) - Bass Guitar, Lead and Backing Vocals
• Elliot Easton (エリオット・イーストン) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Greg Hawkes グレッグ・ホークス - Keyboards, Backing Vocals
• David Robinson (デヴィッド・ロビンソン) - Drums, Backing Vocals

Promotional Sticker: The Elektra Years 1978-1987 / The Cars TRACK LIST
Disc 1: The Cars
1. Good Times Roll / 2. My Best Friend's Girl / 3. Just What I Needed / 4. I'm In Touch With Your World / 5. Don't Cha Stop / 6. You're All I've Got Tonight / 7. Bye Bye Love / 8. Moving In Stereo / 9. All Mixed Up

▼ The Cars - Just What I Needed
https://www.youtube.com/watch?v=w63uRdAVOtM

Disc 2: Candy-O
1. Let's Go / 2. Since I Held You / 3. It's All I Can Do / 4. Double Life / 5. Shoo Be Doo / 6. Candy-O / 7. Night Spots / 8. You Can't Hold On Too Long / 9. Lust For Kicks / 10. Got A Lot On My Head / 11. Dangerous Type

▼ The Cars - Let's Go
https://www.youtube.com/watch?v=rpA3NVafsdo

Disc 3: Panorama
1. Panorama / 2. Touch And Go / 3. Gimme Some Slack / 4. Don't Tell Me No / 5. Getting Through / 6. Misfit Kid / 7. Down Boys / 8. You Wear Those Eyes / 9. Running To You / 10. Up And Down

▼ The Cars - Touch and Go (Live 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=pUD3bWD61BA

Disc 4: Shake It Up
1. Since You're Gone / 2. Shake It Up / 3. I'm Not The One / 4. Victim Of Love / 5. Cruiser / 6. A Dream Away / 7. This Could Be Love / 8. Think It Over / 9. Maybe Baby

▼ The Cars - I'm Not The One
https://www.youtube.com/watch?v=QwbY1qykvU0

Disc 5: Heartbeat City
1. Hello Again / 2. Looking For Love / 3. Magic / 4. Drive / 5. Stranger Eyes / 6. You Might Think / 7. It's Not The Night / 8. Why Can't I Have You / 9. I Refuse / 10. Heartbeat City

▼ The Cars - Magic
https://www.youtube.com/watch?v=E0Kv6vxZwL8

▼ The Cars - You Might Think
https://www.youtube.com/watch?v=3dOx510kyOs

Disc 6: Door To Door
1. Leave Or Stay / 2. You Are The Girl / 3. Double Trouble / 4. Fine Line / 5. Everything You Say / 6. Ta Ta Wayo Wayo / 7. Strap Me In / 8. Coming Up You / 9. Wound Up On You / 10. Go Away / 11. Door To Door

▼ The Cars - You Are the Girl
https://www.youtube.com/watch?v=KGf-sszK-qw

▼ The Cars - Strap Me In
https://www.youtube.com/watch?v=CTtbhdUjhgM

▼ The Cars - Everything You Say
https://www.youtube.com/watch?v=J7PWMeaqkZU

NOTES
• Label: Rhino Entertainment Company
• Made in EU
• Remastering Supervision: Ric Ocasek
• Art Direction: David Robinson, Lisa Glines

(記:2016年7月)


     PARADISE THEATRE 「パラダイス・シアター」 / STYX (1981)

CDの帯:パラダイス・シアター / スティクス

Album Cover (front): Paradise Theatre / Styx  Album Cover (back): Paradise Theatre / Styx  Booklet (inside): Paradise Theatre / Styx

私が初めて買ったスティクスのアルバムが、この「Paradise Theatre / パラダイス・シアター」で、購入動機はこのアルバムからのファーストシングルになった"The Best Of Times"に惹かれてのことでした。

当然のことながら、リリースされた当時に購入したのはLPレコードだったわけですが、LPのB面は描かれた絵柄が光に反射して虹色に光る加工がされたレーザー・エッチング (Laser Etched) 仕様になっていたことは今でも覚えています。

そして、このアルバムでスティクスに興味を持ってしばらく経った頃、不定期で放送されていたNHKのヤング・ミュージック・ショーで、このスティクスの来日公演が放送されたことから、益々興味を持つようになったんですよね。当時録画したビデオテープは今でも持っています。そういえばスティクスがヴォーカリスト3人体制のバンドだということもこのテレビ番組を観て知ったことでしたね。

番組で放送されたのは武道館で行われたパラダイス・シアター・ツアーの最終公演で、アンコールの場面ではデニス・デ・ヤングがツアーの最後を記念してステージ上でご自慢のヒゲを剃ったことも印象的でした。

CD: Paradise Theatre / Styx  CD Case (inside): Paradise Theatre / Styx

この"Paradise Theatre"は、デビュー10周年を目前に控えたスティクスの通算10作目のアルバムということで、相当な意気込みを持って制作されたアルバムであろうことは想像に難くないのですが、その意気込みが空回りすることなく、実際にこれだけの素晴らしいコンセプトアルバムを完成させたのですから、この時期がいかにバンドとして充実していたのかが窺い知れます。

アルバムのコンセプトとしては、彼らの出身地であるシカゴに実在した劇場(1928年〜1958年)をモデルにした栄枯盛衰がテーマになっているわけですが、それでも10曲目の「A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)」の歌詞を見ても分かるように、ここでの楽しい思い出は僕らが忘れない限りは心の中でずっと続くと締め括られています。

▼ A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)

And so my friends we'll say goodnight
For time has claimed its prize
But tonight can always last
As long as we keep alive the memories of Paradise

だから友よ、おやすみを言わなくてはならないんだ
時間が来てしまったからね
だけど今夜は永遠に続くはずさ
僕たちがパラダイスの想い出を忘れないでいる限りはね

Artwork (front): Paradise Theatre / Styx  Artwork (back): Paradise Theatre / Styx

なお、上にあるジャケットのタイトル部分を拡大した写真を見てもらえれば分かるように、ジャケットの表と裏ではアルバムタイトルのスペルに違いがあり、表では"Theatre"となっているところが、裏側では"Theater"となっています。これは"Theatre"が英国式のつづりで、"Theater"が米国式のつづりという違いになるのですが、アメリカではかつて、単語を発音した通りのつづりにしてアメリカ独自のスペルを作ろうとする試みがあったらしいので、恐らくはパラダイス・シアターのオープンからクローズするまでの時の流れというものをこのスペルの違いで示しているのではないかと思います。

又、サウンドの面では、1曲目の「A.D. 1928 / 1928年(パラダイス・シアター・オープン)」と、10曲目 「A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)」は、シングルでもヒットした5曲目に収録されている「The Best Of Times / ザ・ベスト・オブ・タイムズ」の出だしの部分と同じメロディーが使われているのですが、1曲目の"A.D. 1928"だけは他の曲より若干古風なピアノの音になっていたりと、こういった細かい部分での演出もあって中々面白いです。ちなみに、ラストに収録されているインストゥルメンタルの小曲"State Street Sadie"もオープニングの"A.D. 1928"と同様に古風なピアノの音になっており、もしかしたら10曲目の"A.D. 1958"の歌詞にある「だけど今夜は永遠に続くはずさ、僕たちがパラダイスの想い出を忘れないでいる限りはね」という部分と連動した懐古的な意味合いが込められているのかもしれません。

アルバムはビルボードチャートで1位を記録。又、アルバムからは"The Best of Times" (同3位)、"Too Much Time on My Hands"(同9位)と、2曲のトップ10シングルが生まれるなどスティクスにとってはこれまでで最も成功を収めたアルバムとなりました。

個人的には8曲目の"Snowblind"からラストのインストゥルメンタル曲"State Street Sadie"までの流れが好きで、特に9曲目の"Half-Penny, Two-Penny"から10曲目の"A.D. 1958"、そして11曲目の"State Street"Sadie"と組曲のような展開を見せる流れは感動的であり圧巻。

そして、私自身はこの後、しばらくしてから後追いで前作の「Cornerstone / コーナーストーン」を購入。そして、他のアルバムも追々辿って買っていこうとしていた矢先にリリースされたニューアルバムが次作のドモアリガート、ミスターロボット(笑)。いやーこれでなんか冷めてしまって、それ以降はCD化された際に買ったコンピレーションアルバムまでスティクスから離れてしまってました。

その後は2011年に再発されたこの"Paradise Theatre"のCDで購入するまで、スティクスのアルバムといえば、長らくはそのコンピレーションアルバムだけしか持っていなかったのですが、次作の「Kilroy Was Here / ミスター・ロボット」でスティクスから離れてしまったとはいえ、やっぱりこのアルバムの思い出はずっと心の奥底に残っていたんですよね。いや、ほんと今聴いても素晴らしいアルバムです。

でも、それはそうと、このやる気の無いCDの帯ときたら(笑)。ベースとなる規定のフォーマットにただ文字を落とし込んでいるだけですからね。せめてフォントくらいは気を使えばいいのに・・・。それと、背ラベルの表記が"Theatre"ではなく"Theater"となっているのもマイナスポイント。

▼ Styx - A.D. 1928 / Rockin' The Paradise (Live at Budokan '82)
https://www.youtube.com/watch?v=ODqxUgDP4Q0

▼ Styx - The Best of Times (Live at Budokan '82)
https://www.youtube.com/watch?v=Sv81dK_PtNE

▼ Styx - Half-Penny, Two-Penny / A.D. 1958 (Live at Budokan '82)
https://www.youtube.com/watch?v=7DQBMzlXpdA

Booklet (inside): Paradise Theatre / Styx

STYX - BAND MEMBERS (As Listed in CD Booklet)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards & Vocals
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass Guitar & Bass Pedals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums & Percussion
• Tommy Shaw (トミー・ショウ) - Guitars & Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars & Vocals

TRACK LIST
1. A.D. 1928 / 2. Rockin' The Paradise / 3. Too Much Time On My Hands / 4. Nothing Ever Goes As Planned / 5. The Best Of Times / 6. Lonely People / 7. She Cares / 8. Snowblind / 9. Half-Penny, Two-Penny / 10. A.D. 1958 / 11. State Street Sadie

1. 1928年(パラダイス・シアター・オープン) / 2. ロッキン・ザ・パラダイス / 3. 時は流れて / 4. 砂上のパラダイス / 5. ザ・ベスト・オブ・タイムズ / 6. ロンリー・ピープル / 7. 愛こそすべて / 8. 白い悪魔 / 9. ハーフ・ペニー, トゥー・ペニー / 10. 1958年(パラダイス・シアター・クローズド) / 11. ステイト・ストリート・セイディ

NOTES
• Tracks 1, 2, 4, 5, 6, 10 (Lead vocals - Dennis DeYoung)
• Tracks 3, 7 (Lead vocals - Tommy Shaw)
• Track 9 (Lead vocals - James Young)
• Track 8 (Lead vocals - James Young & Tommy Shaw)
• Track 11 (Instrumental)

• Album: US 1位 (3x Platinum / 1984-RIAA)、UK 8位
• Singles: "The Best of Times" US 3位、UK 42位 / "Too Much Time on My Hands" US 9位 / "Nothing Ever Goes As Planned" US 54位

• CD発売日:2011年10月12日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年7月)


    CORNERSTONE 「コーナーストーン」 / STYX (1979)

CDの帯:コーナーストーン / スティクス

Album Cover (front): Cornerstone / Styx
"Paradise Theatre"に続き、やる気の無い帯の第二段(笑)。まぁ、前回の"Paradise Theatre"の記事でも書きましたが、いやーほんと、せめてフォントくらいは気を使って欲しいところ。

LP時代は「Paradise Theatre / パラダイス・シアター」に続いて購入したスティクスのアルバムが、その"Paradise Theatre"の前作にあたるこの「Cornerstone / コーナーストーン」でした。

アルバムの収録曲ではシングルにもなった「Babe / ベイブ」と「Boat On The River / ボート・オン・ザ・リヴァー」は購入する前から知っていた曲ではありましたが、当時はこの2曲以上に惹かれた曲でもあった「First Time / 愛の始まり」のような「The Best Of Times / ザ・ベスト・オブ・タイムズ」にも通じるようなドラマティックなバラード曲が収録されているなんてことは想像だにしていませんでしたから、この曲を知ることができただけでも買って良かったと思えたアルバムでしたね。

他にも、比較的ポップで親しみ易い"Lights"や"Why Me"、それに、プログレ時代の面影が垣間見れるような"Love In The Midnight"なども好きで良く聴いていましたし、又、"Lights"や、先に述べた"First Time"なんかは、きちんとプロモーションさえされればシングルでヒットしてもおかしくない曲だったと今でも思っています。なお、アルバムのオープニング曲でもあるその"Lights"は、一部の国ではシングルとしてリリースされたようですが、次作の"Paradise Theatre"からのファーストシングル曲"The Best Of Times"のB面にも収録された曲でもありました。

でも、実際のところは、"Babe"や"Boat On The River"のような曲が収録されてはいるものの、物語性を感じさせられるような謎めいた雰囲気のジャケットからして、"Paradise Theatre"よりもプログレ色が強いアルバムなのではないかと想像していたこともあり、思いのほかポップな展開に多少肩透かしを食らったようなところも当時はありました。それでも、繰り返し聴いていくうちに、比較的ポップな"Lights"や、"Why Me"にしても、間奏部分はプログレっぽい雰囲気が垣間見れたりと、単にポップなだけじゃない部分に気付いたりして、徐々に印象も変わっていったところもありましたね。

Album Cover (back): Cornerstone / Styx  Booklet (inside): Cornerstone / Styx  Booklet (inside): Cornerstone / Styx

ちなみに「Cornerstone / コーナーストーン」とは、建造物の柱などを支える礎石(そせき)のことで、比喩的には物事の土台や基礎、第一歩といった意味があります。又、その他にも、重要な拠点や地域を指すときなどにも使われるようで、特にアメリカの政治家の発言の中には時折この"Cornerstone"という単語が含まれることがあります。

※ 補足
礎石とは、建造物の柱などを支える土台(礎)となる石のこと。

CD: Cornerstone / Styx  CD Case (inside): Cornerstone / Styx

こちらはアメリカでNo.1ヒットを記録した"Babe"

▼ Styx - Babe
https://www.youtube.com/watch?v=flYFKBogxIA

しかし、日本とヨーロッパの一部の国では"Babe"ではなく、こちらの"Boat On The River"がヒット

▼ Styx - Boat On The River
https://www.youtube.com/watch?v=K9Qs8-BkiLw

それでも私自身は先にも述べたように"Babe"や"Boat On The River"以上に好きな曲がこちらの"First Time"

▼ Styx - First Time
https://www.youtube.com/watch?v=dIR4PjlKaPY

又、こちらの"Lights"も先にも述べたようにシングルでヒットしてもおかしくないような曲

▼ Styx - Lights
https://www.youtube.com/watch?v=XdlDuMU7sMY

STYX - BAND MEMBERS (As Listed in CD Booklet)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards, Vocals
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass, Vocals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums, Percussion, Vocals
• Tommy Shaw (トミー・ショウ) - Guitars, Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars, Vocals

TRACK LIST
1. Lights / 2. Why Me / 3. Babe / 4. Never Say Never / 5. Boat On The River / 6. Borrowed Time / 7. First Time / 8. Eddie / 9. Love In The Midnight

1. ライツ / 2. ホワイ・ミー / 3. ベイブ / 4. ネヴァー・セイ・ネヴァー / 5. ボート・オン・ザ・リヴァー / 6. 虚飾の時 / 7. 愛の始まり / 8. エディー / 9. ラヴ・イン・ザ・ミッドナイト

NOTES
• Lead vocals: Dennis DeYoung (2, 3, 6, 7) / Tommy Shaw (1, 4, 5, 9) / James Young (8)

• Album: US 2位 (2x Platinum / 1984-RIAA) 、UK 36位
• Singles: "Babe" US 1位、UK 6位 / "Why Me" US 26位 / "Borrowed Time" US 63位

• CD発売日:2011年10月12日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年7月)


    SYMPHONY 「神々のシンフォニー」 / SARAH BRIGHTMAN (2008)

CDの帯(初回プレス盤):神々のシンフォニー / サラ・ブライトマン

Album Cover (front): Symphony / Sarah Brightman  Album Cover (back): Symphony / Sarah Brightman  CD: Symphony / Sarah Brightman

このサラ・ブライトマンのアルバム「Symphony / 神々のシンフォニー」は以前から取り上げようと思っていたものの、このアルバムの素晴らしさを文章で表現するのが難しそうで、中々記事にすることができずにいたんですよね。

いや〜、それにしてもこれだけ魅力的な楽曲が揃った充実度の高いアルバムにはそうそうお目にかかれるものではありません。アルバム全体の印象としては「荘厳」、「幻想的」、「ドラマティック」といったような言葉が思い浮かぶものの、スケール感溢れるシンフォニックなサウンドと、力強くも繊細な美しさを併せ持ったサラ・ブライトマンの歌声が融合して奏でられる音の世界はほんと言葉では言い表せないほどに感動的であり圧倒されます。

私自身は、アルバムのイントロダクション的な1曲目の「Gothica / ゴシックの夢」から、シンフォニック・メタルやゴシック・メタルの様式を取り入れたような雰囲気のある2曲目の「Fleurs Du Mal / 嘆きの天使」へと流れるようにメドレーで続く、冒頭のこの2曲で一気に引き込まれたんですよね。サラ・ブライトマンのようなクラシカル・クロスオーバー・サウンドにあまり興味が無くても、このオープニングの2曲はロックが好きな人も割りと受け入れやすいんじゃないかなと思います。特に壮大でドラマティックなロックが好きな人はこの曲の魅力を感じてもらえるのではないかと。

ちなみに、ゴシック・メタルの雰囲気が漂うようなアルバムのジャケットは、この"Fleurs Du Mal"からイメージして制作されたとのこと。又、1曲目のタイトルが"Gothica"で、アルバムの最後には曲目としてクレジットされていないものの、シークレット・トラックのようなかたちで"Gothica"〜"Fleurs du Mal"へとメドレーで続く2曲のリプライズとも言えるような曲が収録されていることからして、恐らくはこの「ゴシック」というものがアルバムのひとつのテーマとしてあるのではないかと思われます。

そして、これに続く3曲目のアルバムタイトル曲「Symphony / シンフォニー」がこれまた素晴らしいんですよね。シンフォニックで壮大なスケールのバラードに心が洗われるかのよう。

と、冒頭の3曲だけでも十分に感動的であり、このアルバムの凄さを予見できるのですが、4曲目の「Canto Della Terra / 大いなる世界」では更なる感動が待ち受けているんですよね。イタリアを代表するテノール歌手アンドレア・ボチェッリとのデュエット曲でもあるこの曲の圧倒的なスケール感ときたら・・・。ここまで立て続けに来ると、素晴らしすぎて、もはや言葉が見つかりません。

壮大なスケールの曲が続いた後は、これまでとは趣が変わって、静寂が訪れるかのように幻想的で神々しい「Sanvean / サンヴィーン」が5曲目に収録されています。

そして、6曲目に待ち構えているのは、なんとキッスのポール・スタンレーとのデュエット曲である「I Will Be With You (Where The Lost Ones Go / ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜」。この曲、元々は今話題のポケモンの劇場版映画10作目の記念作品「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」のエンディング・テーマ曲をアルバム制作中に依頼受けて提供されたもので、そういった理由から、アルバムよりも一足先にお目見えした曲ではあったのですが、その映画版はクリス・トンプソンとのデュエット曲だったものの、アルバムではハードロックバンドのシンガーとデュエットしたいとのサラの希望もあり、ポール・スタンレーとのデュエットが実現したとのこと。

人選についてはサラの声との相性というものも考慮されて検討されたらしく、結構難航したようですが、サラ自身はポールが以前にミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台でファントム役を演じたことを知っていたらしいので、もしかしたら、そういったこともポールが選ばれた理由のひとつなのかもしれません。まぁ、これまでも、様々なジャンルのそうそうたるシンガーと競演してきたサラがデュエットする相手に選んだということは、ポールのシンガーとしての実力を認めてのことなんでしょうね。ちなみに、最終的な人選はサラとプロデューサーの2人で行ったとのこと。

7曲目の「Schwere Traume / シュヴィア・トローメ」は、再び前曲とは打って変わってクラシカルな雰囲気が漂う曲。それもそのはず、この曲はマーラーの交響曲第五番をベースに歌詞を加えて作られた曲なんですね。神秘的で美しい曲です。

8曲目の「Sarai Qui / サライ・クイ」は、映画「パール・ハーバー」の主題歌として使われたフェイス・ヒルの大ヒット曲"There You'll Be"のカヴァーで、これまた壮大なアレンジで感動的なクラシック風の曲へと仕上がっています。又、この曲は、イタリア出身の人気テノール歌手アレッサンドロ・サフィナとのデュエット曲となっており、曲のタイトルは元より、歌詞も全編イタリア語に変えられています。サラ曰く、「イタリア語にしたのは、その方がクラシックの歌い方に合うから」だそうです。

続く9曲目の「Storia d'Amore / 愛の物語」もカヴァー曲で、こちらもまた前曲と同様に曲のタイトルと歌詞がイタリア語に変えられています。クラシック調の穏やかな雰囲気が心に安らぎを与えてくれるかのような優美な曲。ちなみに"Storia d'Amore"とは英語の"Love Story"のことで、つまりは「愛の物語」という邦題も、それを日本語にしたものがそのまま付けられているということになります。なお、原曲のタイトルは"I Will Return"。

10曲目の「Let It Rain / レット・イット・レイン」では前曲とは趣も変わって、どちらかといえばポップス寄りの曲で、サラの歌い方も曲調に合わせるかのようにポップス寄りの歌唱法がとられているように感じます。アルバムの解説には、サラ自身の言葉として「ゴシックの雰囲気がある曲」と記されています。

11曲目では再びクラシック・スタイルの曲が登場。19世紀のイタリアのオペラ作曲家の曲に新たな歌詞を加えて制作されたこの「Attesa / アテッサ」ではクラシック的というかオペラにも通じるような圧倒的な歌唱力が存分に披露されています。

12曲目の「Pasion / パシオン」は、中南米で絶大な人気を誇るアルゼンチン出身のカウンター・テナー、フェルナンド・リマとのハーモニーが奏でられるデュエット曲。最初に聴いたときは女性だとばかり思っていたフェルナンド・リマの甘く美しい声と、どこか切なげなラテン調の哀愁漂うメロディーがリサの声と相まって、これまた素晴らしい出来栄え。

この"Pasion"は、一見、ゴシックとは関係の無い曲のようにも思えますが、カウンターテナーの始まりが中世のヨーロッパだったことを考えると、もしかしたらゴシックというテーマが無かったら実現しなかったデュエットなのではないかとも思えます。まぁ、これは勝手な推測なんですけどね。

※ 補足

カウンターテナー(ウィキペディアより抜粋)
中世のヨーロッパにおいては「女性は教会では黙すべし」という掟により、女性が教会や舞台の上で歌うことは禁じられていた。そこで、教会の聖歌隊では高音のパートつまり、ソプラノとアルトを、ボーイソプラノが担当していた。しかし、表現力に乏しく響きの弱いボーイソプラノのかわりに、アルトは成人した男性がファルセットを使って歌うようになった。これがカウンターテナーの始まりである。これは、特にイギリスの聖歌隊において伝統的に今でも続けられている。

アルバムの最後となる13曲目「Running / ランニング(ジュピター 〜 栄光の輝き)」は、ホルストのジュピター(木星)をモチーフにして組み立てられた曲。まぁ、自分の場合はジュピターというよりも「暴れん坊将軍」のイメージの方が強いのですが、これもまたアルバムのハイライトのひとつと言えるようなアルバムの最後を飾るに相応しい曲であり、日本では最も有名なサラ・ブライトマンの曲のひとつ"A Question of Honour"に通じるような展開が見られる曲。ちなみに、アルバムの解説書には、曲の中盤ではゴシック・ロックのフィーリングを加えているとのサラの言葉が載せられています。

なお、14曲目には日本盤のみのボーナス・トラック曲で、坂本龍一と元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンが共作した「Forbidden Colours / 禁じられた色彩 〜 戦場のメリークリスマス」のカヴァーが収録されていますが、サラが歌うと多少違った趣が感じられて、これも中々面白いです。

又、冒頭の方でも述べたように、曲名としてはクレジットされていませんが、14曲目トラック内には"Forbidden Colours"の後に約1分の空白を挟んで、1曲目の"Gothica"〜2曲目の"Fleurs du Mal"へとメドレーで続く2曲のリプライズと呼べるような曲がシークレット・トラックのようなかたちで収録されています。

Booklet: Symphony / Sarah Brightman

ブックレット内には表紙と同じイメージで制作されたゴシック・メタルの世界観に通じるような写真が掲載されており、ブックレット自体も光沢のあるコーティングされた紙が使用されているなどゴージャスな雰囲気。

又、そういったことからも、中世ヨーロッパのゴシック建築やゴシック絵画に通じる美学と呼べるものがサウンドと一体となって表現されているといった印象がありますね。

収録曲のクオリティーについては、これまでにも述べているように、とにかく、アルバムの随所に聴き所があり、全体の充実度はほんと半端無いです。又、収録曲にはそれぞれに光と影の役割が与えられているかのような印象もあり、全体を通して陰影といったものが感じられますし、多彩なデュエット曲が収録されていることもアルバムの世界観を広げることに一役買っているような印象がありますね。

なお、日本盤には1曲ごとの解説があり、曲の生い立ち等が記されているので、それぞれの曲を更に深く味わうことができるといった感じで中々良いです。

▼ Sarah Brightman - Symphony (Album Promotional Video)
https://www.youtube.com/watch?v=PCJM-kCMv6s

▼ Sarah Brightman - Gothica / Fleurs Du Mal
https://www.youtube.com/watch?v=8e3iNeRQh24

▼ Sarah Brightman & Andrea Bocelli - Canto Della Terra
https://www.youtube.com/watch?v=jHmmFhR01iI

▼ Sarah Brightman & Fernando Lima - Pasión
https://www.youtube.com/watch?v=NYiNNlfYAMw

おまけ

以下の動画は、日本で最も有名なサラ・ブライトマンの曲「A Question Of Honour / クエスチョン・オブ・オナー」。このアルバムの収録曲ではありませんが、サラ・ブライトマンという歌手を良く知らないという人でも、この曲を聴けば、あ〜なるほどと思う方も多いと思います。特にサッカー好きの人は多分聞き覚えがあるのではないでしょうか。曲の前半ではいや知らないと思っていても2:00過ぎあたりから聴けば、きっと、あ〜知ってるとなると思います。(アクセス後にスタートボタンをクリックしてください)

▼ Sarah Brightman - A Question Of Honour
https://vimeo.com/20989311

※ 補足(ウィキペディアより参照・引用)
a question of honor (クエスチョン・オブ・オナー)とは
"It's not a question of life or death, it's a question of honour." (生きるか死ぬかの問題ではない。名誉の問題である。)という言葉は騎士道の精神を現す表現である。又、本曲では「あなたが勝とうが負けようが、それは名誉の問題」と歌われており、勝敗より名誉を重んじる伝統的な「騎士道精神」を踏襲した歌詞になっている。

 

CDの帯:神々のシンフォニー / サラ・ブライトマン TRACK LIST (Japanese Edition)
1. Gothica / 2. Fleurs Du Mal / 3. Symphony / 4. Canto Della Terra / 5. Sanvean / 6. I Will Be With You (Where The Lost Ones Go) / 7. Schwere Träume / 8. Sarai Qui / 9. Storia d'Amore / 10. Let It Rain / 11. Attesa / 12. Pasión / 13. Running / 14. Forbidden Colours [Bonus Track for Japan]

1. ゴシックの夢 / 2. 嘆きの天使 / 3. シンフォニー / 4. 大いなる世界 / 5. サンヴィーン / 6. ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜 / 7. シュヴィア・トローメ / 8. サライ・クイ / 9. 愛の物語 / 10. レット・イット・レイン / 11. アテッサ / 12. パシオン / 13. ランニング(ジュピター 〜 栄光の輝き) / 14. 禁じられた色彩 〜 戦場のメリークリスマス [日本盤ボーナス・トラック]

NOTES
• Canto della Terra - Duet with Andrea Bocelli
• I Will Be with You (Where the Lost Ones Go) - Duet with Paul Stanley
• Sarai Qui - Duet with Alessandro Safina
• Pasion - Duet with Fernando Lima

• Hidden Track - Gothica / Fleurs du Mal (Reprise)
• 日本盤の"Hidden Track"(シークレット・トラック)は、日本盤ボーナス・トラック「Forbidden Colours / 禁じられた色彩 〜 戦場のメリークリスマス」と同一トラック内の最後に収録

• 日本盤初回プレスCD(ジュエル・ケース仕様タイプ) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 13位 / UK 13位

(記:2016年8月 / 更新:2017年7月)


    SYMPHONY - LIVE IN VIENNA 「シンフォニー 〜 ライヴ・イン・ウィーン」 / SARAH BRIGHTMAN (2009)

CDの帯(初回プレス盤):シンフォニー 〜 ライヴ・イン・ウィーン(デラックス・エディション) / サラ・ブライトマン

Album Cover with Obi and Promotional Sticker (front): Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman   Album Cover (back): Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman   Booklet (front): Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman

こちらはサラ・ブライトマンのライヴ・アルバム「Symphony - Live in Vienna / シンフォニー 〜 ライヴ・イン・ウィーン」。私が購入したのは、CDとDVDがセットになったトールケース・サイズのデラックス・エディションですが、CDとDVDはそれぞれ単品でも販売されています。ただし、デラックス・エディションのCDにのみスタジオ録音の「Vide Cor Meum / ヴィデ・コル・メウム」がボーナス・トラックとして収録されています。

この"Symphony - Live in Vienna"に収録されているのは、2008年のスタジオ・アルバム"Symphony"のリリースに先駆けて行われた、映画で言うところの完成披露試写会のようなライヴで、又、そういった意味では、アルバムのタイトル及び、タイトルのロゴからも容易に分かるように、スタジオ・アルバム"Symphony"のライヴ版といった内容。

ということで、先に記事にしたスタジオ・アルバム「Symphony / 神々のシンフォニー」の方でも語っていますが、そのスタジオ・アルバム"Symphony"の圧倒的な素晴らしさに魅了された自分としては、このライヴ・アルバムは夢のような贈り物でもありましたね。

スタジオ・アルバムの"Symphony"からは、イントロダクション的なオープニング曲の「Gothica / ゴシックの夢」と「Schwere Traume / シュヴィア・トローメ」の2曲を除く11曲が曲目としてクレジットされていますが、実際には曲目としてクレジットされてはいないものの、「"Fleurs Du Mal / 嘆きの天使」の導入部分には部分的に"Gothica"も含まれています。

Album Cover (inside): Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman ライヴ会場は世界遺産にも指定されているゴシック建築の大聖堂として有名なウィーンのシュテファン大聖堂で、恐らくはスタジオ・アルバムの"Symphony"のテーマのひとつとしてあった「ゴシック」に沿うかたちで選ばれたとのではないかと思われます。

まぁ、音楽の都ウィーンにあるゴシック建築の大聖堂で行われたライヴと聞いただけでも何やら荘厳なイメージが沸き立つのですが、実際にDVDで観てみると、これがまた想像を超えるスケールで圧倒されます。聖堂内のシャンデリアやステンドグラス、彫刻、絵画、ゴシック様式の柱といったものが相まって奏でられる様はある意味空間芸術とも言えるような雰囲気。

それに加えて、控えめながらも、雰囲気に合ったライティングがまた美しく、照らし出された室内装飾を交えた映像構成もこれまた見事。

ライヴとは言っても、スタジオ録音されたオリジナル曲が忠実に再現されている印象で、曲中での歓声といったものは無く、曲が完全に終わってから拍手が巻き起こるといった感じのクラッシック・コンサートのような雰囲気のライヴということもあり、CDで音だけを聴いていると、あたかもスタジオ・ヴァージョンを聴いているような錯覚すら覚えるのですが、裏を返せば、それだけレベルの高い素晴らしい歌と演奏が披露されているということであり、音だけでも十分に楽しめる内容のライヴ・アルバムといった印象。いやほんとサウンドも映像も素晴らしいとしか言いようがありません。

しかも、先にも述べたように、スタジオ・アルバムの"Symphony"からは、実質1曲を除く全曲が披露されているのですから、スタジオ版の"Symphony"に魅せられた自分にとっては、もうひとつの"Symphony"といった感じで嬉しい限り。又、ブックレットはスタジオ・アルバムの"Symphony"と同じく光沢のあるコーティングされた紙が使用されていたりと、こういった部分にもスタジオ版"Symphony"との繋がりが感じられる作りになっているのもまた嬉しいところ。

なお、DVDに収録されているボーナス映像には、本編のライヴやリハーサルの映像を交えながら、このショーに対する想いや、各楽曲が誕生する背景についてサラが語る場面などが収録されています。ファンにとっては、これらを知ることにより、それぞれの楽曲をより深く堪能することができるので、こちらも中々見逃せない内容なのではないかと思います。

CD: Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman   DVD: Symphony - Live in Vienna [Deluxe Edition] / Sarah Brightman

▼ Sarah Brightman - Gothica + Fleurs Du Mal
https://www.youtube.com/watch?v=qSdo46Oq8Dc

▼ Sarah Brightman - Vide Cor Meum
https://www.youtube.com/watch?v=mR8FknWqIeY

 

TRACK LIST (Deluxe Edition / CD+DVD)

[CD]
1. Pie Jesu / 2. Fleurs Du Mal / 3. Symphony / 4. Sanvean / 5. Canto Della Terra (Duet with Alessandro Safina) / 6. Sarai Qui (Duet with Alessandro Safina) / 7. Attesa / 8. I Will Be With You (Where The Lost Ones Go) (Duet with Chris Thompson) / 9. Storia D'amore / 10. Pasión (Duet with Fernando Lima) / 11. Running / 12. Let It Rain / 13. The Phantom Of The Opera (Duet with Chris Thompson) / 14. Time To Say Goodbye / 15. Ave Maria / 16. Vide Cor Meum [Bonus track only available on the CD/DVD edition]

1. ピエ・イエス / 2. 嘆きの天使 / 3. シンフォニー / 4. サンヴィーン / 5. 大いなる世界 / 6. サライ・クイ / 7. アテッサ / 8. ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜 / 9. 愛の物語 / 10. パシオン / 11. ランニング(ジュピター〜栄光の輝き) / 12. レット・イット・レイン / 13. ファントム・オブ・ジ・オペラ(オペラ座の怪人) / 14. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン) / 15. アヴェ・マリア〜シューベルト / 16. ヴィデ・コル・メウム [デラックス・エディションのみのボーナス・トラック]

[DVD]
1. Pie Jesu / 2. Fleurs Du Mal / 3. Symphony / 4. Sanvean / 5. Canto Della Terra (Duet with Alessandro Safina) / 6. Sarai Qui (Duet with Alessandro Safina) / 7. Attesa / 8. I Will Be With You (Where The Lost Ones Go) (Duet with Chris Thompson) / 9. Storia D'amore / 10. Pasión (Duet with Fernando Lima) / 11. Running / 12. Let It Rain / 13. The Phantom Of The Opera (Duet with Chris Thompson) / 14. Time To Say Goodbye / 15. Ave Maria

DVD Extras
• The Production (interview with Sarah Brightman)
• The Songs (interview with Sarah Brightman)
• The Location (interview with Father Anthony Faber and historian Elisabeth Lloyd-Davis)
• Photo Gallery

1. ピエ・イエス / 2. 嘆きの天使 / 3. シンフォニー / 4. サンヴィーン / 5. 大いなる世界 / 6. サライ・クイ / 7. アテッサ / 8. ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜 / 9. 愛の物語 / 10. パシオン / 11. ランニング(ジュピター〜栄光の輝き) / 12. レット・イット・レイン / 13. ファントム・オブ・ジ・オペラ(オペラ座の怪人) / 14. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン) / 15. アヴェ・マリア〜シューベルト

DVD エクストラ (ボーナス映像)
• プロダクション(インタビュー:サラ・ブライトマン)
• ソングス(インタビュー:サラ・ブライトマン)
• ロケーション(インタビュー:神父アンソニー・ファーバー、歴史学者エリザベス・ロイド=デイヴィス)
• フォト・ギャラリー

 

NOTES (Deluxe Edition / CD+DVD)

[CD]
• デラックス・エディションのCDにのみボーナス・トラック「Vide Cor Meum / ヴィデ・コル・メウム」収録

[DVD]
• Concert Running Time Approx: 76 minutes
• Extras Running Time: Approx: 40 Minutes
• Total Approx: 116mins
• PCM Stereo / Dolby Digital 5.1 Surround / DTS 5.1 Surround
• 日本盤ボーナス映像のインタビューには日本語字幕付

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2016年8月 / 更新:2017年7月)


    HOT JAZZ ...AND LIBERTANGO 2015 「ホット・ジャズ」 / NAOKO TERAI (2015)

CDの帯(初回プレス盤):ホット・ジャズ / 寺井尚子

Album Cover (front): HOT JAZZ...and Libertango 2015 / Naoko Terai CD Case (front): HOT JAZZ...and Libertango 2015 / Naoko Terai CD Case (back): HOT JAZZ...and Libertango 2015 / Naoko Terai

HOT JAZZ...and Libertango 2015 (ホット・ジャズ) / 寺井尚子

私が初めて寺井尚子さんの音楽に触れたのは以前にリリースされたベスト・アルバムだったのですが、聴く前はジャズとヴァイオリンという異色の組み合わせに、これまでに耳にしたことがない何かしらを期待する反面、ジャズにヴァイオリンは合わないんじゃないのかという思いも少なからずありました。

ところが、これが奇をてらったようなものではないばかりか、全く違和感が無いというか、見事に融合しているように感じたんですよね。特に惹かれたのが、オリジナル曲の「Thinking Of You / シンキング・オブ・ユー」や、「All For You / オール・フォー・ユー」、「Pure Moment / ピュア・モーメント」といった曲だったことも、寺井さんの音楽に興味を持った要因でもありました。

どちらかと言うと、自分自身はあまりジャズといったものを聴かないのですが、そのベストに収録されていたジャズのスタンダード・ナンバーも、そんな自分でも楽しめるくらい聴きやすいものでありましたし、そういった意味では、もしかしたら寺井さん自身も、ジャズの裾野を広げるといったことを考えられているのかもしれないですね。

この「HOT JAZZ...and Libertango 2015 / ホット・ジャズ」は、前作の「Very cool / ヴェリー・クール」から約1年ぶりのアルバムということで、それほど前作とは間が空いたわけではないのですが、レギュラー・グループを12年ぶりに一新してレコーディングされたアルバムということもあり、そういった意味では、前作をひとつの区切りとして今後の方向性を示した門出となるアルバムとも言えそうです。

又、そのことは、寺井さんのライフワークとも言えるような長年演奏を続けられている「Libertango / リベルタンゴ」や「Spain / スペイン」といったスタンダード・ナンバーを改めて取り上げて、この新たな布陣でレコーディングされていることからもうかがい知れるのではないかと思います。

CD Case (inside): HOT JAZZ...and Libertango 2015 / Naoko Terai CD: HOT JAZZ...and Libertango 2015 / Naoko Terai

アルバムは、寺井さん作曲のオリジナル曲が2曲と、寺井さんとは旧知の仲であり、今回からメンバーに加わったジャズ・ピアニストの佐山雅弘氏が作曲した曲が4曲で、その他の6曲はスタンダード・ナンバーやトラディショナル曲といった構成。ちなみに、「Fragile / フラジャイル」はスティングのカヴァー曲で、過去にも1999年のセカンド・アルバム「Pure Moment / ピュア・モーメント」でも取り上げられていた曲。

それぞれの曲については、寺井さん自身による解説がブックレットに記載されているので、是非ともアルバムを買って読んでいただければと思います。各曲での演奏に込められた想いなどが伝わってくる内容で、それらを知ることによって造詣も深まり、それぞれの曲をより深く熱く堪能できるのではないかと思います。

▼ 寺井尚子 - リベルタンゴ
https://www.youtube.com/watch?v=KDKPiR8ghR0

▼ 寺井尚子 - リベルタンゴ with Coba (Cobaさんとの競演)
https://www.youtube.com/watch?v=88GduC2P7Gg

▼ 寺井尚子 - リベルタンゴ with Richard Galliano (リシャール・ガリアーノとの競演)
https://www.youtube.com/watch?v=sulLOz98T4w

▼ 寺井尚子 - スペイン
https://www.youtube.com/watch?v=x8JWNCmJ85Y

▼ 寺井尚子 - ノヴェンバー
https://www.youtube.com/watch?v=ErFSYnZVc4Y

TRACK LIST
1. Tango Pour Claude / 2. Slow Dance Of Love / 3. Fragile / 4. Blue Bossa / 5. A Story Of Wind / 6. In The Velvet / 7. Spain / 8. Happy Bird / 9. November / 10. Ariake Dawn / 11. Libertango / 12. Shenandoah

1. クロードのタンゴ / 2. スロー・ダンス・オブ・ラヴ / 3. フラジャイル / 4. ブルー・ボッサ / 5. 風のストーリー / 6. イン・ザ・ヴェルヴェット / 7. スペイン / 8. ハッピー・バード / 9. ノヴェンバー / 10. 有明ドーン / 11. リベルタンゴ 2015 / 12. シェナンドー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 寺井尚子さん自身の全曲解説付き

(記:2016年8月)


    VERY COOL 「ヴェリー・クール」 / NAOKO TERAI (2014)

CDの帯(初回プレス盤):ヴェリー・クール / 寺井尚子

Album Cover (front): Very cool / Naoko Terai  CD Case (front): Very cool / Naoko Terai  CD Case (back): Very cool / Naoko Terai

Very cool (ヴェリー・クール) / 寺井尚子

こちらは、ジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子さんの17作目(ベスト・アルバムを除く)となるアルバム「Very cool / ヴェリー・クール」。

アルバムはタイトルにもある「クール」をテーマにして制作されたそうで、そこには「情熱的」といった表現で語られることの多かったこれまでのイメージを打破し、更に一歩踏み出すという意味があったとブックレットに掲載された寺井尚子さん自身の解説に記されています。

自分が寺井さんの音楽に惹かれる理由のひとつにアンサンブルの妙といったものがあります。ヴァイオリン+バック・バンドのような感じじゃないところが良いんですよね。このアルバムだと曲によってはピアノやヴィブラフォンのソロがあったりもしますし。

まぁ、裏を返せば、寺井さんのヴァイオリンが一歩引く場面があることで、曲にメリハリができて、寺井さんのヴァイオリンもより引き立つという効果もあると思うのですが、ソリストのアルバムって、他の楽器はオケ扱い的なものが案外多いので、こういったそれぞれの楽器に存在感が感じられる一体感のあるサウンドっていいなと思うところ。

このアルバム"Very cool"はブルーノート関連の曲も然ることながら、ラテン系のナンバーが比較的多く収録されているのが特徴で、当初は、レギュラー・カルテットに加え、ヴィブラフォン奏者とパーカッション奏者がゲストで参加しているのもラテン系のサウンドに合わせてのことだと思っていたら、実際は逆で、ラテン系のナンバーが多くなったのはメンバーの個性や長所をどうすれば活かせるかを考えての結果だそうです。

それにしても、ヴィブラフォン奏者とパーカッション奏者がゲストで参加しているということもあり、何処となくフルーツを盛ったカクテルが似合いそうな、夏にピッタリのお洒落な南国風サウンドといった雰囲気がありますね。実際、私自身は今年も夏になってから良く聴いているアルバムで、夏に聴くと何となく心地良さが増すような感じがあるんですよね。それに車の中で聴いても雰囲気があって中々良いです。

CD Case (inside): Very cool / Naoko Terai  CD: Very cool / Naoko Terai

ブックレットにはそれぞれの曲について寺井さん自身の解説と、スタンダード・ナンバーについては曲の生い立ちが併せて掲載されています。スタンダード・ナンバーに詳しくない自分にとってはこういうのはありがたいところ。スタンダード・ナンバーの多くが自分が生まれる前に誕生した曲ですし、曲の歴史を知ることでそれぞれの曲をより深く楽しめますからね。

ちなみに、このアルバムでは、5曲目の「Dancing In The Wind / ダンシング・イン・ザ・ウインド」が寺井さん作曲した曲、そして9曲目の「Cool Vibrations / クール・ヴァイブレーションズ」がレギュラー・カルテットのひとりである北島直樹が作曲した曲がオリジナル曲になります。アルバムには毎回、寺井さんやレギュラー・カルテットによるオリジナル曲が数曲収録されているわけですが、このアルバムに限らず、スタンダード・ナンバーと並んでいても違和感が無いところは流石といった感じ。

車に誰かを乗せて、このアルバムをかけたら、好感度がアップしそうな・・・、そんなとってもクールなアルバムです。

▼ 寺井尚子 - カンタロープ・アイランド
https://www.youtube.com/watch?v=2Bl7YFHL6nA

▼ 寺井尚子 - キサス・キサス・キサス
https://www.youtube.com/watch?v=XLx_-uEK4FU

CDの帯:ヴェリー・クール / 寺井尚子 TRACK LIST
1. Manha De Carnaval / 2. Quizas. Quizas. Quizas / 3. Cantaloupe Island / 4. Estrellita / 5. Dancing In The Wind / 6. Little B's Poem / 7. Tempus Fugit / 8. Everything Happens To Me / 9. Cool Vibrations / 10. Begin The Beguine / 11. Estrellita [CM Version] (Bonus Track)

1. 黒いオルフェ / 2. キサス・キサス・キサス / 3. カンタロープ・アイランド / 4. エストレリータ / 5. ダンシング・イン・ザ・ウインド / 6. リトル・Bズ・ポエム / 7. テンパス・フュージット / 8. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー / 9. クール・ヴァイブレーションズ / 10. ビギン・ザ・ビギン / 11. エストレリータ(ボーナス・トラック)

NOTES
寺井尚子 (vln)
北島直樹 (p) - 11 抜ける
店網邦雄 (b)
中沢剛 (ds) - 11 抜ける
山本玲子 (vib) - 1, 2, 3, 6, 7, 9
松岡“matzz”高廣 (perc) - 2, 3, 5, 7, 10
ジャンゴ・リズム (g) - 11

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 寺井尚子さん自身の全曲解説付き

(記:2016年8月)


    HOTTER THAN HELL 「地獄のさけび」 / KISS (1974)

Album Cover (front): Hotter Than Hell / KISS  Album Cover (back): Hotter Than Hell / KISS  CD Case (inside): Hotter Than Hell / KISS

キッスの初期3枚のアルバム中では一番ヘヴィーであり、且つ、個人的には初期3枚の中で最も好きなのが、セカンドアルバムであるこの「Hotter Than Hell / 地獄のさけび」。

LPレコードの時代は、先に「KISS Alive! / 地獄の狂獣」を購入していたので、そのライヴに収録されていた5曲のスタジオ・ヴァージョンはどんな感じなんだろうという興味で買ったようなアルバムではあったのですが、"Got to Choose"、"Hotter Than Hell"、"Watchin' You"といった曲などは、ライヴ・ヴァージョンに比べると幾分ゆったりとしたテンポで重みのあるスタジオ・ヴァージョンを聴いてから好きになった曲でもありました。

又、後のアンプラグド・ライヴでも取り上げられた"Goin' Blind"と"Comin' Home"の2曲、それに"All the Way"といった"Alive!"には収録されていない曲の中にも好きな曲があったりして、当初から割と自分の好みに合ったアルバムでしたね。

深いエコーがかかったような独特の雰囲気をかもし出しているのもこのアルバムの特徴で、しかも、ファーストアルバムに比べると音が重く、そういった点ではメイク時代最後のアルバムとなった後のヘヴィーな作品「Creatures of the Night / 暗黒の神話」にも通じるようなサウンドといった印象。

Album Cover (front): Hotter Than Hell / KISS

アルバムのジャケットにはあちらこちらに日本語が使用されており、メンバーの名前も英語の表記と共に「ピータ・クリース」、「ポール・スタンリィ」、「ジイン・シモンズ」、「エイス・フューリ」と、カタカナでの表記がされています。

又、ジャケットの裏側に記された収録曲名もカタカナで表記されていたり、「このレコード・アルバムは、ロサンジェルス市、ザ・ヴィレッジ・レコーダーのケニー・カーナーとリッチー・ワイズが制作し・・・」といったクレジットも日本語での表記がされています。

ただし、リリース当時はレーベル契約がされていなかったため日本盤の発売はされず、この"Hotter Than Hell"の日本盤がリリースされたのは日本におけるデビューアルバムである次作の「Dressed to Kill / 地獄への接吻」がリリースされた後だったんですよね。

という訳で、その後の日本盤の邦題で使われることになる「地獄の〜」シリーズの原点はこのアルバムにあったということで、つまりは、日本盤が発売される以前からオリジナルのアルバムに於いて、既に「地獄の」という邦題が使われていたということなんですね。

▼ こちらは、"Rock and Roll All Nite"と間違って歌い始めてしまうジーン(笑)

KISS - Let Me Go, Rock 'n' Roll (Live 1975)
https://www.youtube.com/watch?v=JDySSMxlcAM

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Rhythm Guitar, Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass Guitar, Vocals
• Ace Frehley (エース・フレイリー) - Lead Guitar, Backing Vocals
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Drums, Percussion, Vocals

TRACK LIST
1. Got to Choose (Paul Stanley) / 2. Parasite (Ace Frehley) / 3. Goin' Blind (Gene Simmons, Stephen Coronel) / 4. Hotter Than Hell (Paul Stanley) / 5. Let Me Go, Rock 'n' Roll (Paul Stanley, Gene Simmons) / 6. All the Way (Gene Simmons) / 7. Watchin' You (Gene Simmons) / 8. Mainline (Paul Stanley) / 9. Comin' Home (Paul Stanley, Ace Frehley) / 10. Strange Ways (Ace Frehley)

1. ゴット・トゥ・チューズ / 2. パラサイト / 3. ゴーイン・ブラインド / 4. ホッター・ザン・ヘル / 5. レット・ミー・ゴー・ロックン・ロール / 6. オール・ザ・ウェイ / 7. ウォッチン・ユー / 8. メインライン / 9. カミン・ホーム / 10. ストレンジ・ウェイズ

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (Tracks 1, 4, 9) / Gene Simmons (Tracks 2, 3, 5, 6, 7) / Peter Criss (Tracks 8, 10)

• 20周年記念再発盤
• 解説・歌詞・対訳付

• US 100位 (Gold / 1977-RIAA)

(記:2016年9月)


    CREATURES OF THE NIGHT 「暗黒の神話」 / KISS (1982)

CDの帯:クリチャーズ・オブ・ザ・ナイト(暗黒の神話) / KISS

Album Cover: Creatures Of The Night / KISS
実を言うと、メイク時代の最後のアルバム(1996年からはオリジナル・メンバーでのリユニオンを機に再びメイクを施しての活動をしています)であるこの「Creatures Of The Night / 暗黒の神話」は、フォーマットがCDに代わった後も長らく手にしていなかったアルバムだったんですよね。

何故かといえば、ファンの方ならご存知だと思いますが、この"Creatures Of The Night"は、CD化に際して、何故かジャケットがブルース・キューリック加入後の素顔の写真に変更されたばかりか、曲順も変更され、更には軽めのブライトな音にリミックスされていたため、LPレコードを買って聴いていた思い入れのある自分には違和感があって馴染めなかったからというのがその理由。

そのリミックス盤は、このアルバムの特徴であるヘヴィーでダークなサウンドが物の見事に軽くなっており、"I Love It Loud"のドラムの音でいえば、「ドン・ドン・ダン、ドン・ダン」が、「トン・トン・タン、トン・タン」といった感じで、まるで牙を抜かれた獣のような迫力に欠ける音になっていましたからね。ちなみに、この軽めの音にリミックスされたヴァージョンの"I Love It Loud"は1988年にリリースされたベストアルバム"Smashes, Thrashes & Hits"(邦題はグレイテスト・キッス)に収録されています。

リミックスされた背景について言えば、ジャケットに素顔を公開してノーメイクでの活動を示した次作のミリオンセラー・アルバム"Lick It Up"よりも"Creatures Of The Night"の方がアルバムとしての出来は良かったと後にポール自身が語っていたことから、もしかしたら、セールス的に今ひとつだったこのアルバムをもっと多くの人に聴いてもらいたいという思いもあって、アクを削り落としたというか、このアルバムの特徴でもあるダークで陰鬱な印象を取り払ったのかもしれませんが、それでもこのオリジナル・ミックスでの再発盤を聴くと、湿り気を帯びたような感じもあるこっち方がこのアルバムならではの雰囲気があって断然良いなと思うところではあります。

なお、ジャケットにはエースの顔があるものの、このアルバムの製作にはエースは関与しておらず、事実上脱退している状況でしたが、公表はされず、"I Love It Loud"のミュージックビデオや、その後のテレビ等でのパフォーマンスには参加していました。

CD Case (front): Creatures Of The Night / KISS キッスのアルバムとしてはどちらかといえば比較的地味な存在として捉えられている印象もあるこの"Creatures Of The Night"ですが、個人的には結構好きなアルバムで、重厚でパワフルなドラム・サウンドの所為か、ピーターに代わって加入したエリックの存在感が前作の「Music From The Elder / 魔界大決戦」以上に感じられるのも良いところ。

又、アルバム全体の印象としては、サウンド・プロダクションをはじめ、何処となくセカンド・アルバムの「Hotter Than Hell / 地獄のさけび」と似た雰囲気がありますね。ポールよりもジーンがヴォーカルをとる曲の方が多いというのも"Hotter Than Hell"との類似点かと。

ただし、このアルバムの最大の特徴は、これまでのアルバム以上にヘヴィメタル色が強く感じられるという点で、例えばタイトル・トラックの"Creatures Of The Night"や、"Danger"、"Killer"といった曲などはコーラス・ハーモニーの付け方にもハードロックと言うよりもヘヴィメタルに近い雰囲気があり、恐らくはキッス史上最もメタル寄りのサウンドが展開されているアルバムがこの"Creatures Of The Night"なのではないかと思います。

実は、ソフトな印象がある前作の"Music From The Elder"でもメタルっぽいフレーズが見られる「The Ohth / 炎の誓い」という曲が収録されており、何やら布石みたいなものはあったのですが、実際、タイトル曲の"Creatures Of The Night"はその"The Ohth"を昇華させたような雰囲気があります。

楽曲の充実度という点では、ポールの"Creatures Of The Night"、"Danger"、"I Still Love You"、それに、ジーンの"I Love It Loud"、"Killer"、"War Machine"といった印象的な曲が多く収録されており、なかなかのもの。個人的には、アルバムの中では比較的地味な印象ながらも"Saint And Sinner"と、"Rock And Roll Hell"といったジーンの曲も雰囲気があって結構好きなんですけどね。

アルバムリリース後には初の南米ツアーを敢行。リオ公演には約13万人の観客が詰めかけ、人気の陰りが囁かれる中、改めてバンドの存在感が示されました。なお、ツアーにはエースの後任として"Creatures Of The Night"のアルバム制作にも携わっていたヴィニー・ヴィンセントが向かい入れられ、アンク(エジプト十字)を模したメイクでリード・ギターを務めています。ちなみに、ヴィニー・ヴィンセントのキャラクターは"Ankh Warrior"(古代エジプトの戦士)という設定でした。

Booklet (back): Creatures Of The Night / KISS  Japanese Booklet (front): Creatures Of The Night / KISS  CD: Creatures Of The Night / KISS

ただ、残念なのがこのCDのブックレット。コピー用紙より薄いんじゃないか思えるくらいのペラペラした紙が使われている所為で、プラケースにへばり付いて出し辛いですし、シワも付きやすいんですよね。それと、規定のフォーマットにワープロで文字を打ち込んだだけのやる気の無い帯(笑)。せめてフォントくらいは気を使って欲しいところ。

▼ KISS - Creatures Of The Night
https://www.youtube.com/watch?v=IlGckua_5dg

▼ KISS - I Love It Loud
https://www.youtube.com/watch?v=LMcDg2HwOnM

▼ KISS - War Machine
https://www.youtube.com/watch?v=UIh-U71uRnQ

TRACK LIST
1. Creatures Of The Night / 2. Saint And Sinner / 3. Keep Me Comin' / 4. Rock And Roll Hell / 5. Danger / 6. I Love It Loud / 7. I Still Love You / 8. Killer / 9. War Machine

1. クリーチャーズ・オブ・ザ・ナイト / 2. セイント・アンド・シナー / 3. キープ・ミー・カミン / 4. ロック・アンド・ロール・ヘル / 5. デインジャー / 6. アイ・ラヴ・イット・ラウド / 7. アイ・スティル・ラヴ・ユー / 8. キラー / 9. ウォー・マシーン

このCDでは邦題が全てカタカナ表記になっていますが、オリジナルの日本盤LPでは"Creatures Of The Nigh"が「真夜中の使者」、"Rock And Roll Hell"が「地獄のロックンロール」、"I Love It Loud"が「勇士の叫び」、"I Still Love You"が「遥かなる誓い」との邦題が付けられていました。

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (Tracks 1, 3, 5, 7) / Gene Simmons (Tracks 2, 4, 6, 8, 9)

• CD発売日: 2013年3月20日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 45位 (Gold / 1994-RIAA)、UK 22位
• Singles: "I Love It Loud" US 102位 / "Creatures Of The Night" UK 34位

(記:2016年9月)


    CARNIVAL OF SOULS - THE FINAL SESSIONS / KISS (1997)

CDの帯:カーニバル・オブ・ソウルズ / KISS

Album Cover (front): Carnival of Souls - The Final Sessions / KISS
本来なら1992年の「Revenge / リヴェンジ」に続くアルバムとしてリリースされるはずだったのがこの「Carnival of Souls - The Final Sessions / カーニバル・オブ・ソウルズ」。

しかしながら、その間にバンドはまさかのオリジナル・メンバーでのリユニオンを果たし、更には再びメイクを施しての大規模なワールド・ツアーを開始したことから、結局はタイミング的にも素顔で活動していた時期のこのアルバムをリリースする意義も失われた格好となり、結果的にお蔵入りという憂き目に・・・。

それでも、約2年に及ぶオリジナル・メンバーでのワールド・ツアーが終了した後には殆どプロモーションされることもなくひっそりとこのアルバムがリリースされた背景には、流出した音源がバンド側の関与が無いまま出回ってしまっていたことが関係していたらしく、それらの海賊盤対策という意味合いがあったとも言われています。セピア色がかった地味なジャケットが何となく海賊盤ぽいのも何やら意味深なところ。

まぁ、その後の展開を考えると、オリジナル・メンバーでのツアーが大盛況のうちに終了したという状況下でこのアルバムをプロモーションすることが得策ではないとする判断もあったのかもしれませんし、"The Final Sessions"というサブタイトルもそのような状況を考慮して現在のキッスと区別する意味合いが含まれていたのかもしれません。

ただ、そういった経緯からして、購入層の殆どんが熱心なファンだと思われるアルバムながらも、ビルボードチャートでは27位を記録しているのですから、裏を返せば、いかに固定ファンが多いバンドであるかということの証でもあったのではないかと思います。

なお、バンドがオリジナル・メンバーでの活動に舵を切ったことから、結果的にはバンドを離れることになってしまった現メンバーのブルース・キューリック (G, Vo) とエリック・シンガー (Ds, Vo) の2人についてはその後もギャランティが支払われていたようで、ジーン曰く、優雅な有給休暇が与えられていたとのこと。

Booklet (back): Carnival of Souls - The Final Sessions / KISS  CD: Carnival of Souls - The Final Sessions / KISS  CD Case (back): Carnival of Souls - The Final Sessions / KISS

全体の印象としては、前作の"Revenge"で見られたグランジやオルタナティヴ色を更に推し進めたサウンドといった感じで、全体的にはへヴィでダークな印象ながらも、ムーディーな雰囲気があり、個人的には結構好きなアルバム。ただ、こういう路線のサウンドはジーンのヴォーカルだと正にハマリ役といった印象があるものの、明と暗で言えば明のイメージがあるポールにはあまり向いてないように感じる部分も無きにしも非ずといったところ。

ちなみに、アルバム最後の曲"I Walk Alone"はブルース・キューリックが初めてリード・ヴォーカルをとった曲で、ジーンやポールがヴォーカルをとる他の曲とはまた一味違う雰囲気があって中々良いです。

▼ KISS - Hate
https://www.youtube.com/watch?v=qT8NOU_hDJQ

▼ KISS - Childhood's End
https://www.youtube.com/watch?v=ft2J33odmzA

▼ KISS - Seduction Of The Innocent
https://www.youtube.com/watch?v=DN9slZYWAD8

KISS - BAND MEMBERS (As Listed in CD Booklet)
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Vocals, Guitar
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Vocals, Bass
• Bruce Kulick (ブルース・キューリック) - Vocals, Guitar
• Eric Singer (エリック・シンガー) - Drums

TRACK LIST
1. Hate / 2. Rain / 3. Master & Slave / 4. Childhood's End / 5. I Will Be There / 6. Jungle / 7. In My Head / 8. It Never Goes Away / 9. Seduction Of The Innocent / 10. I Confess / 11. In The Mirror / 12. I Walk Alone

1. ヘイト / 2. レイン / 3. マスター・アンド・スレイヴ / 4. チャイルドフッズ・エンド / 5. アイ・ウィル・ビー・ゼア / 6. ジャングル / 7. イン・マイ・ヘッド / 8. イット・ネヴァー・ゴーズ・アウェイ / 9. セダクション・オブ・ザ・イノセント / 10. アイ・コンフェス / 11. イン・ザ・ミラー / 12. アイ・ウォーク・アローン

NOTES
• Lead Vocals: Gene Simmons (1, 4, 7, 9, 10) / Paul Stanley (2, 3, 5, 6, 8, 11) / Bruce Kulick (12)

• CD発売日: 2013年3月20日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

• US 27位

(記:2016年9月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 28 Navigation Part 29   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.