Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 27
01. RAY KENNEDY (EXPANDED EDITION) 「ロンリー・ガイ+4」 / RAY KENNEDY (1980)
02. ジャーニーの初版LP復刻・紙ジャケット・シリーズ / JOURNEY (2013)
03. SONIC BOOM [LIMITED EDITION / 2CD + DVD] / KISS (2009)
04. SCREAMING FOR VENGEANCE 「復讐の叫び」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1982 / 2012)
05. DEFENDERS OF THE FAITH 「背徳の掟」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1984 / 2015)
06. THE CHRYSALIS YEARS (1980-1984) [5CD BOX SET] / THE MICHAEL SCHENKER GROUP (2012)
07. 源氏ノスタルジー / RIN' (2007)
08. 夢花火 [MAXI SINGLE] / RIN' (2005)
09. THE ULTIMATE SIN / OZZY OSBOURNE (1986)
10. RIOT - ROCK CITY 「怒りの廃墟」 / 雑誌広告 (1978)
    RAY KENNEDY (EXPANDED EDITION) 「ロンリー・ガイ+4」 / RAY KENNEDY (1980)

CDの帯:ロンリー・ガイ+4 / レイ・ケネディ

Album Cover (front): Ray Kennedy / Ray Kennedy  Album Cover (back): Ray Kennedy / Ray Kennedy  CD: Ray Kennedy / Ray Kennedy

こちらは1980年にリリースされたレイ・ケネディのセルフタイトル・アルバムで、日本盤には「ロンリー・ガイ」のタイトルが付けられています。

私が購入したのは2014年に限定発売されたCDの再プレス限定盤(2015年リリース)で、2014年の限定盤と同様に、ボーナストラックが4曲収録された紙ジャケット仕様というかたちになっています。

このアルバムを欲しいなと思ったときは既に廃盤、2014年に限定で再発売されたときも、気付いたときには既に完売で購入できず。ということで諦めていたのですが、まさか翌年に再プレスでリリースされるとは思ってもなかったですね。まぁ、限定発売で完売してたんで、好評だったんでしょうね。

▼ ジョン・ホールとレイ・ケネディの名盤再プレス決定!
http://www.hmv.co.jp/news/article/1510020010/

残念ながら2014年に亡くなられてしまいましたが、実を言うと、私は生でレイ・ケネディのライヴを体験してるんですよね。まさかまさかのマイケル・シェンカー・グループのヴォーカリストとして来日した"Super Rock '84 in Japan"というロック・フェスでの公演でしたが。

レイ・ケネディといえば、このCDの帯の最上部にも記載されているように、AORというジャンルで語られることが多かった人なので、このときのマイケル・シェンカー・グループのヴォーカリストとしての来日にはほんとビックリでしたが、自分自身はボズ・スキャッグスやクリストファー・クロスがハードロックやヘヴィーメタルバンドのヴォーカリストになるのと同じような感覚だったので、いったいどうなることやらと多少不安感のようなものもありました。

実を言うと、その来日公演での印象は悪い予感が的中してしまい、必ずしも良いものではありませんでしたが、今となってはそれはそれで懐かしい思い出のひとつとなっています。

アルバム・ジャケットの写真は、ボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリーズ」を手掛けたカメラマン、モシャ・ブラカによるもので、プロデューサーにはデヴィッド・フォスター、そして、バックには、スティーヴ・ルカサー、スティーヴ・ポーカロ、マイク・ポーカロ、ジェフ・ポーカロといった"TOTO"の面々といったように当時のトレンドを一線級で引っ張っていた布陣で制作されたアルバムであることからも分かるように、全体を通して都会的で洗練されたお洒落なサウンドといった雰囲気があります。

プロデューサーにデヴィッド・フォスターの名があることから、売れ線を狙った人選のような印象がありますが、実はレイ・ケネディとデヴィッド・フォスターは'70年代前半から旧知の仲だったそうで、その頃からデモ・テープ作りにデヴィッド・フォスターが付き合ってくれたりしていたらしいことから、単に商業的観点からの人選ということではなさそうです。

アルバムに収録されている大半の曲は、これまた'70年代前半から旧知の仲であり、このアルバムにも参加しているベース・ プレイヤーのジャック・コンラッドとの共作によるもので、一足先にビーチ・ボーイズの曲としてリリースされた"Sail On Sailor"も、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとレイ・ケネディの共作曲であったことから収録された、言わばセルフ・カヴァーともいえる曲。ということで、アルバム収録曲は全てレイ・ケネディの名がソングライターとしてもクレジットされています。

ちなみに、"My Everlasting Love"は、このアルバムにもバッキング・ヴォーカルとして参加しているシカゴの元メンバーのビル・チャンプリンが翌年にリリースした自身のソロアルバムで曲のタイトル (Tonight Tonight) と歌詞の一部を変えてとりあげています。

▼ 左から、英文ブックレットの表、裏、三つ折りの日本語解説

Booklet (front): Ray Kennedy / Ray Kennedy  Booklet (back): Ray Kennedy / Ray Kennedy  Japanese Liner Notes: Ray Kennedy / Ray Kennedy

追加で収録されている4曲のボーナス・トラックも、デモとか、アルバムとは無関係の取って付けたようなものではないのが良いところで、未発表曲の"Dance the Night Away"は完成形と言ってもいいような出来からして、恐らくはアルバムから漏れた収録候補曲ではないかと思います。又、"Unreleased Original Mix"とクレジットされている"It Never Crossed My Mind"と"Just for the Moment"の2曲はサウンドの雰囲気からもデヴィッド・フォスターが関わる前段階の完成形ヴァージョンといった雰囲気が伝わってきます。そして、ボーナス・トラック最後はクレジットにもあるように、アルバムに収録されている"Starlight"のシングル・ヴァージョンが収録されています。

▼ Ray Kennedy - You Oughta Know By Now 1980
https://www.youtube.com/watch?v=njS-WPF_LUs

▼ Ray Kennedy - Just For The Moment
https://www.youtube.com/watch?v=ty2ECBnPtxE

▼ Ray Kennedy - My Everlasting Love
https://www.youtube.com/watch?v=sZFTHwtGnb8

▼ Bill Champlin - Tonight Tonight (1981)
https://www.youtube.com/watch?v=iRmNpiLy2GE

TRACK LIST (Expanded Edition)
1. It Never Crossed My Mind / 2. Isn’t It Time? / 3. Just for the Moment / 4. Can’t Seem to Find the Time / 5. My Everlasting Love / 6. You Oughta Know by Now / 7. Sail On Sailor / 8. Starlight / 9. Let Me Sing You a Love Letter
[Bonus Tracks]
10. Dance the Night Away (Unreleased) / 11. It Never Crossed My Mind (Unreleased Original Mix) / 12. Just for the Moment (Unreleased Original Mix) / 13. Starlight (Single Version)

CDに邦題の表記はありませんが、LP時代の邦題は以下の通り。

1. 閉ざされた心 / 2. イズント・イット・タイム / 3. ジャスト・フォー・ザ・モーメント / 4. 恋のラスト・ページ / 5. マイ・エヴァーラスティング・ラヴ / 6. ロンリー・ガイ / 7. セイル・オン・セイラー / 8. スターライト / 9. 涙で綴るラヴ・レター

NOTES
• 初回限定盤
• USオリジナル盤を可能な限り忠実に再現した紙ジャケット仕様(国内制作)
• 帯・解説付き国内仕様盤(盤は輸入盤を使用)
• ボーナス・トラック4曲収録
• 発売日:2015年11月5日(2014年12月30日に限定発売されたCDの再プレス盤)
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

 

▼ 関連記事
[Music 21] - SUPER ROCK '84 IN JAPAN [SPECIAL DIGEST] - VHS / VARIOUS ARTISTS (1984)

(記:2016年3月)


    ジャーニーの初版LP復刻・紙ジャケット・シリーズ / JOURNEY (2013)

こちらは、2013年3月27日にソニー・ミュージックより発売された初版LPを復刻したジャーニーの紙ジャケット・シリーズのCDで、実を言うと、LPの復刻帯が懐かしくて購入。

ただし、スティーヴ・ペリーが加入する前のアルバムと、再結成以前の事実上のラストアルバムと言える「Raised On Radio〜時を駆けて」はLPレコードを買っていなかったことから、LPの帯が懐かしいという感情はなく除外(笑)。

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD / Journey

ちなみに、これらのジャケット、日本では「紙ジャケット」という呼称が一般的ですが、欧米では「Cardboard Sleeve / カードボード・スリーヴ」、もしくは「Miniature LP Replica / ミニチュア・LP・レプリカ」とか「Mini LP Replica / ミニ・LP・レプリカ」などと呼ばれているようです。

なお、各アルバムには、それぞれのアルバムがリリースされた当時の写真がふんだんに使用された最新US盤CDのブックレットが付いています。これはLP時代には無かったものなので、初めて見る写真も多く、当時の様子が垣間見れて中々興味深かったですね。きちんとアルバム毎の年代に合わせた写真が選ばれて掲載されているのが良いところ。

CDの帯(初版LP復刻帯):無限との遭遇(インフィニティ) / ジャーニー Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Infinity / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Infinity / Journey

INFINITY / 無限との遭遇(インフィニティ) (1978)
● 初版LP復刻帯(当時の邦題「無限との遭遇」の帯)
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター
● Blu-spec CD2 仕様

 

▼ ブックレットの表、裏、US版復刻プロモステッカー

Booklet (front): Infinity / Journey  Booklet (back): Infinity / Journey  Promotional Sticker: Infinity / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Infinity / Journey  Inner Sleeve (back): Infinity / Journey  CD: Infinity / Journey

TRACK LIST
1. Lights / 2. Feeling That Way / 3. Anytime / 4. La Do Da / 5. Patiently / 6. Wheel In The Sky / 7. Somethin' To Hide / 8. Winds Of March / 9. Can Do / 10. Opened The Door

1. ライツ / 2. フィーリング・ザット・ウェイ / 3. エニィタイム / 4. ラ・ドゥ・ダ / 5. ペイシェントリー / 6. ホイール・イン・ザ・スカイ / 7. サムシン・トゥ・ハイド / 8. ウィンズ・オブ・マーチ / 9. キャン・ドゥ / 10. オープンド・ザ・ドアー

NOTES
• USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)は解説書に挟めて封入されています。

• US: 21位 (3x Platinum / 1989-RIAA)


CDの帯(初版LP復刻帯):エヴォリューション(銀嶺の翼) / ジャーニー Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Evolution / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Evolution / Journey

EVOLUTION / エヴォリューション(銀嶺の翼) (1979)
● 日本初版帯復刻(当時の邦題「エヴォリューション / 銀嶺の翼」の帯)
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター
● Blu-spec CD2 仕様

 

▼ ブックレットの表と裏

Booklet (front): Evolution / Journey  Booklet (back): Evolution / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Evolution / Journey  Inner Sleeve (back): Evolution / Journey  CD: Evolution / Journey

TRACK LIST
1. Majestic / 2. Too Late / 3. Lovin', Touchin', Squeezin' / 4. City Of The Angels / 5. When You're Alone (It Ain't Easy) / 6. Sweet And Simple / 7. Lovin' You Is Easy / 8. Just The Same Way / 9. Do You Recall / 10. Daydream / 11. Lady Luck

1. マジェスティック / 2. トゥー・レイト / 3. ラヴィン、タッチン、スクウィージン / 4. エンジェルの街 / 5. 遥かなる旅路 / 6. スウィート・アンド・シンプル / 7. ラヴィン・ユー / 8. ジャスト・ザ・セイム・ウェイ / 9. ドゥ・ユー・リコール / 10. デイドリーム / 11. レディ・ラック

NOTES
• US: 20位 (3x Platinum / 1991-RIAA)


CDの帯(初版LP復刻帯):ディパーチャー / ジャーニー

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Departure / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Departure / Journey

DEPARTURE / ディパーチャー (1980)
● 日本初版帯復刻(上キャップ型)
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター
● ボーナストラック2曲収録
● Blu-spec CD2 仕様

▼ ブックレットの表と裏

Booklet (front): Departure / Journey  Booklet (back): Departure / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Departure / Journey  Inner Sleeve (back): Departure / Journey  CD: Departure / Journey

TRACK LIST
1. Any Way You Want It / 2. Walks Like A Lady / 3. Someday Soon / 4. People And Places / 5. Precious Time / 6. Where Were You / 7. I'm Cryin' / 8. Line Of Fire / 9. Departure / 10. Good Morning Girl / 11. Stay Awhile / 12. Homemade Love
[BONUS TRACKS]
13. Natural Thing / 14. Little Girl

1. お気に召すまま / 2. ウォーク・ライク・ア・レディ / 3. いつの日か… / 4. 感じてほしい… / 5. 至上の愛 / 6. 消えたあの娘 / 7. 泣きぬれて / 8. バイバイ・スージー / 9. ディパーチャー / 10. グッドモーニング・ガール / 11. 僕のそばに… / 12. ホームメイド・ラヴ
[ボーナストラック]
13. ナチュラル・シング / 14. リトル・ガール

NOTES
• US: 8位 (3x Platinum / 1994-RIAA)


CDの帯(初版LP復刻帯):ライヴ・エナジー / ジャーニー Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Captured / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Captured / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (inside): Captured / Journey

CAPTURED / ライヴ・エナジー (1981)
● 2枚組みLPを復刻した見開きジャケット
● 日本初版帯復刻
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付(2枚)
● LPに封入されていた6つ折りのカラーポスター復刻
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター ● Blu-spec CD2 仕様

▼ ブックレットの表と裏

Booklet (front): Captured / Journey  Booklet (back): Captured / Journey

▼ 6つ折りのポスターとCD

Poster: Captured / Journey  CD: Captured / Journey

▼ CDはまとめて1枚に収録されていますが、LPは2枚組みだったこともあり、CDを入れる内袋も2つ付いています

Inner Sleeve: Captured / Journey

CDの帯(下部):ライヴ・エナジー / ジャーニー LPで聴いていた時は全く気付かずにいましたが、生演奏と区別する意図があったのか、オープニングで流れる"Majestic"だけはモノラルになっていたんですね。ということで、右の写真にあるように、帯の下側には「STEREO/MONO」との表記がされています。

TRACK LIST
1. Majestic / 2. Where Were You / 3. Just The Same Way / 4. Line Of Fire / 5. Lights / 6. Stay Awhile / 7. Too Late / 8. Dixie Highway / 9. Feeling That Way / 10. Anytime / 11. Do You Recall / 12. Walks Like A Lady / 13. La Do Da / 14. Lovin', Touchin', Squeezin' / 15. Wheel In the Sky / 16. Any Way You Want It / 17. The Party's Over (Hopelessly In Love)

1. マジェスティック(オープニング) / 2. 消えたあの娘 / 3. ジャスト・ザ・セイム・ウェイ / 4. バイバイ、スージー / 5. ライツ / 6. 僕のそばに… / 7. トゥー・レイト / 8. ディキシー・ハイウェイ / 9. フィーリング・ザット・ウェイ / 10. エニタイム / 11. ドゥ・ユー・リコール / 12. ウォーク・ライク・ア・レディ / 13. ラ・ドゥ・ダ / 14. ラヴィン、タッチン、スクウィージン / 15. ホイール・イン・ザ・スカイ / 16. お気に召すまま / 17. ブルー・スカイ・パーティ

NOTES
• Track 8 の"Dixie Highway"は未発表曲で、Track 17 の"The Party's Over (Hopelessly In Love)"はスタジオ録音の新曲。

• US: 9位 (2x Platinum / 1994-RIAA)


CDの帯(初版LP復刻帯):エスケイプ / ジャーニー Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Escape / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Escape / Journey

ESCAPE / エスケイプ (1981)
● 復刻エンボス加工ジャケット
● 日本初版帯復刻
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター ● ボーナストラック4曲収録 ● Blu-spec CD2 仕様

▼ ブックレットの表、裏、US版復刻プロモステッカー

Booklet (front): Escape / Journey  Booklet (back): Escape / Journey  Promotional Sticker: Escape / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Escape / Journey  Inner Sleeve (back): Escape / Journey  CD: Escape / Journey

▼ "ELO"や"Boston"に対抗してか?トレードマークのスカラベも宇宙船のようなメカに進化

Mechanical Scarab: Escape / Journey Mechanical Scarab: Escape / Journey

TRACK LIST
1. Don't Stop Believin' / 2. Stone in Love / 3. Who's Crying Now / 4. Keep on Runnin' / 5. Still They Ride / 6. Escape / 7. Lay It Down / 8. Deador Alive / 9. Mother, Father / 10. Open Arms
[BONUS TRACKS]
11. La Raza Del Sol / 12. Don't Stop Believin' (Live) / 13. Who's Crying Now (Live) / 14. OpenArms (Live)

1. ドント・ストップ・ビリーヴィン / 2. ストーン・イン・ラヴ / 3. クライング・ナウ / 4. キープ・オン・ランニン / 5. 時の流れに / 6. エスケイプ / 7. レイ・イット・ダウン / 8. デッド・オア・アライヴ / 9. マザー、ファーザー / 10. オープン・アームズ
[ボーナストラック]
11. ラ・ラザ・デル・ソル / 12. ドント・ストップ・ビリーヴィン(ライヴ) / 13. クライング・ナウ(ライヴ) / 14. オープン・アームズ(ライヴ)

NOTES
• LPレコード時代の邦題は、Track 1 の「ドント・ストップ・ビリーヴィン」が「愛に狂って」、Track 2 の「ストーン・イン・ラヴ」が「お前に夢中」、Track 10 の「オープン・アームズ」が「翼をひろげて」となっていました。

• USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)は解説書に挟めて封入されています。

• US: 1位 (9x Platinum / 1994-RIAA) / UK: 32位


CDの帯(初版LP復刻帯):フロンティアーズ / ジャーニー Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Frontiers / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Frontiers / Journey

FRONTIERS / フロンティアーズ (1983)
● 日本初版帯復刻
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 初回出荷LP特典の特製ジャーニー・カレンダー(1983年)復刻
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター ● ボーナストラック4曲収録 ● Blu-spec CD2 仕様

▼ ブックレットの表、裏、US版復刻プロモステッカー

Booklet (front): Frontiers / Journey  Booklet (back): Frontiers / Journey  Promotional Sticker: Frontiers / Journey

▼ CDを入れる内袋の表、裏、CD

Inner Sleeve (front): Frontiers / Journey  Inner Sleeve (back): Frontiers / Journey  CD: Frontiers / Journey

▼ 特製ジャーニー・カレンダー(1983年)

1978 Journey Calendar (front): Frontiers / Journey  1978 Journey Calendar (back): Frontiers / Journey  1978 Journey Calendar (inside): Frontiers / Journey

TRACK LIST
1. Separate Ways (Worlds Apart) / 2. Send Her My Love / 3. Chain Reaction / 4. After The Fall / 5. Faithfully / 6. Edge Of The Blade / 7. Troubled Child / 8. Back Talk / 9. Frontiers / 10. Rubicon
[BONUS TRACKS]
11. Only The Young / 12. Ask The Lonely / 13. Liberty / 14. Only Solutions

1. セパレイト・ウェイズ / 2. マイ・ラヴ / 3. チェイン・リアクション / 4. 愛の終りに / 5. 時への誓い / 6. 限りなき世界 / 7. トラブルド・チャイルド / 8. 美しき叫び / 9. フロンティアーズ / 10. 永遠なるルビコン
[ボーナストラック]
11. オンリー・ザ・ヤング / 12. アスク・ザ・ロンリー / 13. リバティ / 14. オンリー・ソリューション

NOTES
• USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)は解説書に挟めて封入されています。

• US: 2位 (6x Platinum / 1997-RIAA) / UK: 6位

This Albums
• Japanese pressing of this 6 albums comes housed in a miniature LP sleeve 2013.
• 2006 USA Remastered edition / Blu-spec CD2.

(記:2016年3月)


    SONIC BOOM [LIMITED EDITION / 2CD + DVD] / KISS (2009)

Album Cover (front): Sonic Boom / KISS Album Cover (back): Sonic Boom / KISS CD: Sonic Boom / KISS

この"Sonic Boom"は、2003年にライヴアルバムの"Kiss Symphony - Alive IV"のリリースがあったものの、キッスのスタジオアルバムとしては1998年にリリースされた前作のオリジナル・ラインアップでのリユニオンアルバム"Psycho Circus"から実に11年ぶりというものでした。

その間にオリジナルメンバーのエース・フレーリーと、ピーター・クリスがバンドを離れ、新たにエリック・シンガーと、トミー・セイヤーがラインアップに加わってリリースされたアルバムでもあったわけですが、ビルボードチャートでは前作のスタジオアルバム"Psycho Circus"の3位を上回るキッス史上最高の2位を記録。

私自身はといえば、この"Sonic Boom"の日本盤のリリースを長いこと待っていたものの、一向にリリースされる気配がないため、とうとう諦めて、数年後にこの輸入盤を購入したのでした。

※ 2016年3月現在でも、この"Sonic Boom"の日本盤は発売されておらず、キッスのアルバムで唯一の日本盤が発売されていないアルバムとなっています。

購入したのは、この3枚組み (2CD + DVD) のウォルマート限定版で、本編の"Sonic Boom"に加えて、先に日本だけでリリースされた全曲が現メンバーでの再録音というベストアルバム「地獄烈伝〜ニュー・レコーディング・ベスト〜」と同内容のCD。それに、2009年にアルゼンチンのブエノス・アイレスで行われたライブの映像が収録されたDVDがボーナスディスクとして加えられたデジパック仕様のアルバムとなっています。

▼ ボーナスディスク 2枚付き (CD + DVD)

Bonus CD: KISS Klassics / KISS  Bonus DVD: KISS Live in Buenos Aires / KISS

ちなみに、このウォルマート限定は、大手のオンラインショップでも普通に販売されており、今より円高だった為替レートだったこともあってか、当時はたしか1,000円ちょっとというビックリするくらいの価格(勿論新品です)で買ったように記憶しています。なお、DVDはリージョン・フリーの仕様なので、日本のプレーヤーでも問題なく観ることができます。

ただし、この4面のデジパック、多分、設計ミスだと思うのですが、畳んだときの表と裏の横幅が若干違うので、畳むと背中の部分が斜めになるという、アメリカンな仕様になっています(笑)。

Album Cover (inside): Sonic Boom / KISS

ジャケットぼデザインは「Rock and Roll Over / 地獄のロック・ファイヤー」と同じ人物が手がけるということが発売前から伝えられていたので、結構ジャケットについても楽しみにしていたのですが、フタを開けてみれば、予想していたイメージとは違って、なんかちょっと微妙な感じではあります。

Promotional Sticker (Only at Walmart): Sonic Boom / KISS

サウンドについて言えば、アルバムにバラード曲が1曲も無いということからも分かるように、全編を通してストレートなハード・ロックが展開されるアルバムといった印象で、前作の"Psycho Circus"が'90年代版"Destroyer"なら、この"Sonic Boom"は2,000年代版の"Rock and Roll Over"といった感じ。

確かに多彩な楽曲で構成された前作の"Psycho Circus"に比べると、起伏に乏しく、幾分単調に感じるところは無きにしも非ずで、パッと聴いただけだと、同じような曲がズラ〜っと並んでいるような印象があるかも知れませんが、それでも、ポールとジーンのカラーの違いが分かってくると楽しみ方も増してくるのではないかと思います。それに今作ではエリック・シンガーとトミー・セイヤーとのヴォーカル曲も含まれているので、繰り返して聴いていくうちに、曲毎のカラーの違いを発見できるのではないかと思います。

実際、私自身も、購入当時は、前作の"Psycho Circus"の時ほど嵌って聴くことは無かったのですが、購入当時に比べると最近の方が印象は良いです。流行やトレンドといったものに左右されずに、ある意味、古典的とも言える自分たちのスタイルで最後まで押し通している姿勢には好感が持てます。

とは言っても、個人的には、やっぱり、様々なタイプの楽曲がちりばめられた"Psycho Circus"の方が好みではあるんですけどね。

※ 補足
ソニック・ブーム (Sonic Boom) とは、主に戦闘機などの超音速飛行により発生する衝撃波が生む、轟く様な大音響のこと。衝撃波以外の原因で生じる単発的な大音響を含める場合もある。

▼ パッケージやブックレットはサービス精神旺盛なキッスらしく、これまでと同様に手抜き感が一切無いところはさすが。

Booklet: Sonic Boom / KISS Booklet: Sonic Boom / KISS

Sonic Boom / KISS Sonic Boom / KISS Sonic Boom / KISS

▼ KISS - Modern Day Delilah (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=aZTcnFDHtzc

▼ KISS - Say Yeah (Live at Rock Am Ring)
https://www.youtube.com/watch?v=3PEYZ-eYuu4

▼ KISS - Stand
https://www.youtube.com/watch?v=szjg4x0LRBY

TRACK LIST (Limited Edition)
Disc 1: SONIC BOOM
1. Modern Day Delilah / 2. Russian Roulette / 3. Never Enough / 4. Yes I Know [Nobody's Perfect] / 5. Stand / 6. Hot and Cold / 7. All For The Glory / 8. Danger Us / 9. I'm An Animal / 10. When Lightning Strikes / 11. Say Yeah

Disc 2: KISS KLASSICS (Bonus CD)
1. Deuce / 2. Detroit Rock City / 3. Shout It Out Loud / 4. Hotter Than Hell / 5. Calling Dr. Love / 6. Love Gun / 7. I Was Made For Lovin' You / 8. Heaven's On Fire / 9. Lick It Up / 10. I Love It Loud / 11. Forever / 12. Christine Sixteen / 13. Do You Love Me? / 14. Black Diamond / 15. Rock And Roll All Nite

Disc 3: KISS LIVE IN BUENOS AIRES (Bonus DVD)
1. Deuce / 2. Hotter Than Hell / 3. C'Mon And Love Me / 4. Watchin' You / 5. 100,000 Years / 6. Rock And Roll All Nite

KISS - BAND MEMBERS (Listed on Inside Cover)
• Paul Stanley / ポール・スタンレー (Guitar, Lead Vocals)
• Gene Simmons / ジーン・シモンズ (Bass, Lead Vocals)
• Tommy Thayer / トミー・セイヤー (Lead Guitar, Lead Vocals)
• Eric Singer / エリック・シンガー (Drums, Lead Vocals)

NOTES
• Writer(s) / Lead Vocals
1. Modern Day Delilah - Paul Stanley / Paul Stanley
2. Russian Roulette - Gene Simmons / Gene Simmons
3. Never Enough - Paul Stanley, Tommy Thayer / Paul Stanley
4. Yes I Know (Nobody's Perfect) - Gene Simmons / Gene Simmons
5. Stand - Paul Stanley / Paul Stanley, Gene Simmons
6. Hot and Cold - Gene Simmons / Gene Simmons
7. All for the Glory - Paul Stanley / Eric Singer
8. Danger Us - Paul Stanley / Paul Stanley
9. I'm an Animal - Gene Simmons / Gene Simmons
10. When Lightning Strikes - Tommy Thayer, Gene Simmons / Tommy Thayer
11. Say Yeah - Paul Stanley / Paul Stanley

Sonic Boom (Walmart Exclusive Edition)
• Available only at Walmart (3 disc package including the bonus disc, Kiss Klassics CD and a six song live DVD).

• Bonus Audio - KISS KLASSICS: a completely re-recorded greatest hits album that until now had been exclusively released in Japan as Jigoku-Retsuden.

• Bonus DVD - KISS LIVE IN BUENOS AIRES: a part of Kiss Alive/35 World Tour 2008-2009 (Recorded April 5, 2009 - River Plate Stadium).

• The album was sold as a fold-out digipak including a 20 page booklet.

• ボーナスディスクとして全曲再レコーディングのベストアルバムCDとライヴDVDが付いた3枚組
• 8面デジパック仕様
• 歌詞付き
• Label: Kiss Catalog, Ltd. KISS Record.
• Made in the USA.

• Album: US 2位 / UK 24位

(記:2016年3月)


    SCREAMING FOR VENGEANCE 「復讐の叫び」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1982 / 2012)

CDの帯:復讐の叫び(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリースト

Album Cover (back): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest  Album Cover (front): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest

「Screaming For Vengeance / 復讐の叫び」は、ジューダス・プリースト9作目(スタジオ・アルバムとしては8作目)にして過去最大のセールスを記録した代表作とも言えるアルバムで、こちらはその「30th アニバーサリー・エディション」。

今更アレコレ言わなくとも、このアルバムの素晴らしさは多くのファンが知るところではあると思いますが、私自身にとっては初めて買ったジューダス・プリーストのアルバムがこの"Screaming For Vengeance"(LPレコード)だったということもあり、一際思い出深いアルバムでもあります。

当時は、オープニングの"The Hellion"を聴いただけで、このアルバムの凄さを予見したのですが、ノンストップで続く"Electric Eye"で、それが確信に変わったことは今でも覚えていますね。

しかも、"The Hellion"〜"Electric Eye"の高揚感が失われることなく、その後の曲にも引き継がれていく感じがまた素晴らしいんですよね。LPレコードで言えばB面1曲目に当たるタイトルトラックの"Screaming For Vengeance"から、シングルにもなった"Got Another Thing Coming"、そして"Fever"という流れも、これまた圧巻で、いや〜ほんと素晴らしいアルバムです。実は、個人的には、アルバム後半に収録されているこの"Fever"が結構好きで、こういうミディアムテンポの素晴らしい曲が収録されているのもまたこのアルバムの凄いところ。

Screaming For Vengeance - Special 30th Anniversary Edition (2012)

で、この「30th アニバーサリー・エディション」は、アルバムのアートワークにも手が加えられており、オリジナルよりも深みが増したデザインになっている他、6曲のボーナストラックに加えて、'83年にカリフォルニアで開催された伝説の野外フェス「US(アス)フェスティヴァル」出演時のライヴ映像を完全収録したDVDが別途に付いています。しかも、このDVDがまたオマケとは思えないレベルの代物で、30年以上前の映像にしてはかなりの画質。ちなみに、日本盤のDVDは曲間のMCに日本語の字幕を表示させることも可能。

CD: Screaming For Vengeance / Judas Priest  DVD: Screaming For Vengeance / Judas Priest

Album Cover (inside): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest  Album Cover (inside): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest

実を言うと、LPレコードを買って聴いていた以降は、この「30th アニバーサリー・エディション」がリリースされていることを偶然知るまで、このアルバムのCDを持っていなくて、果たして今でもこの重厚でゴリゴリなサウンドに興味が持てるのだろうかと思っていたところもあったのですが、聴いてみると、これがまた血沸き肉踊るといった感じでやっぱりいいんですね。例えブランクがあっても、多感な時期に心奪われる音楽に出会えた感動って残っているもんなんですね。改めて熱中できる音楽に出会えたということは幸せなことなんだと実感。いやほんとアドレナリンが湧き出るアルバムです。

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

▼ Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live Vengeance '82)
https://www.youtube.com/watch?v=UMJF37BVGTA

▼ Judas Priest - You've Got Another Thing Coming
https://www.youtube.com/watch?v=U__m4N7Ml30

▼ Judas Priest Cover (Take These Chains)
https://www.youtube.com/watch?v=KWWDcd-OwCw

メンバーチェンジがあったものの、今も健在。

▼ Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live from Battle Cry)
https://www.youtube.com/watch?v=BEfOGyvyfFY

 

TRACK LIST (Special 30th Anniversary Edition)

Disc 1 [CD] (Screaming For Vengeance):
1. The Hellion / 2. Electric Eye / 3. Riding On The Wind / 4. Bloodstone / 5. (Take These) Chains / 6. Pain And Pleasure / 7. Screaming For Vengeance / 8. You've Got Another Thing Coming / 9. Fever / 10. Devil's Child
[Bonus Tracks]
11. Electric Eye (Live) / 12. Riding On The Wind (Live) / 13. You've Got Another Thing Coming (Live) / 14. Screaming For Vengeance (Live) / 15. Devil's Child (Live) / 16. Prisoner Of Your Eyes

1. ヘリオン / 2. エレクトリック・アイ / 3. 嵐の出撃 / 4. ブラッドストーン / 5. 運命の鎖 / 6. ペイン・アンド・プレジャー / 7. 復讐の叫び / 8. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング / 9. フィーヴァー / 10. デヴィルズ・チャイルド
[ボーナス・トラック]
11. エレクトリック・アイ(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 12. 嵐の出撃(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 13. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 14. 復讐の叫び(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 15. デヴィルズ・チャイルド (ライヴ) / 16. プリズナー・オブ・ユア・アイズ

Disc 2 [DVD] (US Festival 1983/5/29):
1. Electric Eye / 2. Riding On The Wind / 3. Heading Out To The Highway / 4. Metal Gods / 5. Breaking The Law / 6. Diamonds And Rust / 7. Victim Of Changes / 8. Living After Midnight / 9. The Green Manalishi / 10. Screaming For Vengeance / 11. You've Got Another Thing Coming / 12. Hell Bent For Leather

1. エレクトリック・アイ / 2. 嵐の出撃 / 3. 嵐のハイウェイ / 4. メタル・ゴッズ / 5. ブレイキング・ザ・ロウ / 6. ダイヤモンズ・アンド・ラスト / 7. 生け贄 / 8. リビング・アフター・ミッドナイト / 9. グリーン・マナリシ / 10. 復讐の叫び / 11. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング / 12. 殺戮の聖典

 

NOTES

■ 復讐の叫び - 30thアニバーサリー・エディション(ボーナストラック+DVD)
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日 : 2012年09月26日(日本)

Disc 1 [CD] Bonus Tracks:
• Tracks 11-14: Live at San Antonio Civic Center, San Antonio, TX, 10 September 1982.
• Ttrack 15: Live at Mid-South Coliseum, Memphis, Tennessee, 12 December 1982.
• Ttrack 16: Recorded during the 1985 Turbo sessions.

Disc 2 [DVD]:
• Live at US Festival (Heavy Metal Day), Devore, San Bernardino, California, 29 May 1983.

• Original Album (Released in 1982): UK 11位、US 17位 (2x Platinum / 2001-RIAA)
• Singles: "You've Got Another Thing Comin'" (Released: August 1982) UK 66位、US 67位 / "(Take These) Chains" (Released: October 1982)

(記:2016年4月)


    DEFENDERS OF THE FAITH 「背徳の掟」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1984 / 2015)

CDの帯:背徳の掟(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリースト

Slipcase (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Slipcase (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

先に購入した「Screaming For Vengeance / 復讐の叫び」の「30th アニバーサリー・エディション」で久しぶりにジューダス・プリーストのサウンドに触れて、改めてその魅力と素晴らしさを再確認できたことから、引き続き、次作であるこちらの「Defenders Of The Faith / 背徳の掟」の「30th アニバーサリー・エディション」も購入。

フォーマットがLPレコードの時代は、名作の誉れ高い前作の"Screaming For Vengeance"に匹敵する出来に、興奮して聴きまくっていたアルバムだったこともあり、この"Defenders Of The Faith"も当時の高揚感が記憶として残っている感じが今でもあります。

全盛期にリリースされたひとつの頂点とも言えるこのアルバム"Defenders Of The Faith"は、どの曲も甲乙付け難い出来ながらも、当時は取り分け、オープニングに相応しい疾走感溢れる"Freewheel Burning"と、メロディックな"Rock Hard Ride Free"、そして、次作への布石とも言えそうなモダンな"Love Bites"といった曲が好きで良く聴いていましたね。

個人的には、前作"Screaming For Vengeance"に収録されていたミディアムテンポの"Fever"が結構好きだったのですが、このアルバムでもまた"Rock Hard Ride Free"という幾分ゆったりとしたテンポの素晴らしい曲が収録されているのが気に入っているポイント。

Defenders Of The Faith - Special 30th Deluxe Anniversary Edition (2014)

そして、この「30th アニバーサリー・エディション」には本編の"Defenders Of The Faith"に加えて、1984年にカリフォルニアのロングビーチ・アリーナで行われた"Defenders Of The Faith Tour"のライヴが2枚のディスクに分けて収録されていて、これがまた素晴らしいんですよね。

"Defenders Of The Faith Tour"のライヴということもあって、この"Defenders Of The Faith"からは、全10曲中、"Eat Me Alive"を除く9曲が演奏されているというのもファンにとっては嬉しいところかと。

ちなみに、本編の"Defenders Of The Faith"は、当時のプロデューサー兼エンジニアのトム・アロムが改めて手掛けた最新リマスター盤となっており、デジパック仕様の4面ジャケットは機械獣メタリアンの顔部分がくり抜かれた外箱のスリップケース付きとなっています。

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ スリップケース内のデジパック仕様ジャケット

Album Cover (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Album Cover (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest 

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ 左から英文ブックレットの表、裏、日本語ブックレット

Booklet (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest Booklet (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest Japanese Booklet (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

▼ Judas Priest - Freewheel Burning (Live from the 'Fuel for Life' Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=8hPgf5F3ZJs

▼ Judas Priest - Rock Hard Ride Free
https://www.youtube.com/watch?v=mae5Ght8iBA

▼ Judas Priest - Love Bites
https://www.youtube.com/watch?v=PWFkhLUcvo0

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

 

CDの帯(裏側):背徳の掟(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリースト TRACK LIST (Special 30th Anniversary Deluxe Edition - 3CD)

Disc 1 [CD] (Defenders of the Faith):
1. Freewheel Burning / 2. Jawbreaker / 3. Rock Hard Ride Free / 4. The Sentinel / 5. Love Bites / 6. Eat Me Alive / 7. Some Heads Are Gonna Roll / 8. Night Comes Down / 9. Heavy Duty / 10. Defenders Of The Faith

1. フリーホイール・バーニング / 2. ジョウブレイカー / 3. 鋼鉄の魂 / 4. 死の番人 / 5. 誘惑の牙 / 6. イート・ミー・アライヴ / 7. 叛旗の下に / 8. 夜が来たりて / 9. ヘヴィ・デューティ / 10. 神への誓い

Disc 2 [CD] (Live at the Long Beach Arena, California on 5th May 1984):
1. Love Bites / 2. Jawbreaker / 3. Grinder / 4. Metal Gods / 5. Breaking The Law / 6. Sinner / 7. Desert Plains / 8. Some Heads Are Gonna Roll / 9. The Sentinel / 10. Rock Hard Ride Free

1. 誘惑の牙 / 2. ジョウブレイカー / 3. グラインダー / 4. メタル・ゴッズ / 5. ブレイキング・ザ・ロウ / 6. 罪業人 / 7. 雷鳴 / 8. 叛旗の下に / 9. 死の番人 / 10. 鋼鉄の魂

Disc 3 [CD] (Live at the Long Beach Arena, California on 5th May 1984):
1. Night Comes Down / 2. The Hellion / 3. Electric Eye / 4. Heavy Duty / 5. Defenders Of The Faith / 6. Freewheel Burning / 7. Victim Of Changes / 8. The Green Manalishi / 9. Living After Midnight / 10. Hell Bent For Leather / 11. You’ve Got Another Thing Coming

1. 夜が来たりて / 2. ヘリオン / 3. エレクトリック・アイ / 4. ヘヴィ・デューティ / 5. 神への誓い / 6. フリーホイール・バーニング / 7. 生贄 / 8. グリーン・マナリシ / 9. リヴィング・アフター・ミッドナイト / 10. 殺戮の聖典 / 11. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング

 

NOTES

■ 背徳の掟 - 30thアニバーサリー・エディション(3枚組みCD)
• くり抜き加工のスリップケース付き8面デジパック
• オリジナル盤のプロデューサー/エンジニアであるトム・アロムがリマスターを手掛ける30周年記念盤。
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2015年3月4日(日本)日本先行発売

• Live CD (Disc 2 & 3)
Recorded Live At The Long Beach Arena, California On 5th May 1984 During The Defenders Of The Faith Tour.

• Original Album (Released in 1984): UK 19位、US 18位 (Platinum / 1988-RIAA)
• Singles: "Freewheel Burning" (Released: 1983) UK 42位 / "Some Heads Are Gonna Roll" (Released: 1984) UK 97位 / "Love Bites" (Released: 1984)

(記:2016年4月)


    THE CHRYSALIS YEARS (1980-1984) [5CD BOX SET] / THE MICHAEL SCHENKER GROUP (2012)

Album Cover (front): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group  Album Cover (back): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group  CD Case (inside): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group

この"The Chrysalis Years (1980-1984)"は、アルバムのタイトルからも分かるように、マイケル・シェンカー・グループが1980年から1984年までにクリサリス・レコードからリリースした6枚のアルバムを5枚のCDにまとめたボックスセットです(12曲のボーナストラック付き)。

ボックスセットに収録されているのは以下の6枚のアルバム(4枚のスタジオアルバム+2枚のライヴアルバム)。

The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group

• The Michael Schenker Group 「神 - 帰ってきたフライング・アロウ」 (1980) / UK 8位、US 100位
• MSG 「神話」 (1981) / UK 14位、US 81位
• One Night at Budokan [Live] 「飛翔伝説 - M.S.G.武道館ライヴ」 (1982) / UK 5位
• Assault Attack 「黙示録」 (1982) / UK 19位、US 151位
• Built to Destroy 「限りなき戦い」 (1983) / UK 23位、US 201位
• Rock Will Never Die [Live] 「ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」 (1984) / UK 24位

なお、3作目の"One Night at Budokan"は、リリース時は2枚組みLPとしてリリースされたライヴアルバムです。又、"UK Mix"と"US Mix"の2種類が存在する5作目の"Built to Destroy"は、オリジナルの"UK Mix"の方が収録されています。

▼ 付属のブックレット

Booklet (front): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group  Booklet (back): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group  Booklet (inside): The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group

 

The Chrysalis Years (1980-1984) / The Michael Schenker Group ちなみに、このボックスセットは、クリサリスのロゴだけが表記されたものと、EMIのロゴが表記されたものの2種類があるようです。メーカーのロゴが表記されているのは、CDケース裏面に記載されているトラックリストの左下と、ブックレット裏面の下、それに各ディスクといった箇所になるのですが、恐らくは販売元が違うだけで、CDの内容は当然のことながら、パッケージのデザイン等もメーカーのロゴ以外は全て同じだとは思います。

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - The Michael Schenker Group / The Michael Schenker Group それにしても、この時代の"MSG"に思い入れのある自分には嬉しいボックスセットですね。
私が初めて耳にした"MSG"の曲はファーストアルバムがリリースされた当時にラジオで聴いた"Cry for the Nations"で、当時はこの1曲でけっこう惹かれたのですが、その後にまたまたラジオで聴いたインストゥルメンタル曲の"Into the Arena"が決定打となってアルバム(LPレコード)を買ったんですよね。

▼ MSG - Cry for the Nations
https://www.youtube.com/watch?v=_koU1OrSt_4

▼ MSG - Into the Arena
https://www.youtube.com/watch?v=3Sj48Mamh1o

そして、このボックセットを買ってから改めてこのファーストアルバム聴いて好きになった曲が"Looking Out From Nowhere"。当時はロックバンドのポップな曲があまり好きではなかったのでスルーしてあまり聴いていなかった曲だったのですが、いやぁ、良い曲なんですよね、これが。

▼ MSG - Looking Out From Nowhere
https://www.youtube.com/watch?v=lh0CwRchvR4

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - MSG / The Michael Schenker Group 実は、本当の意味で"MSG"に嵌ったのは、続いてリリースされた個人的に最も好きなアルバムでもあるるセカンドアルバムの"MSG"だったんですよね。今聴いても、このアルバムの充実度には脱帽というか敬服します。いやぁほんと素晴らしい曲が揃ったアルバムで、どの曲が一番好きなのかと聞かれても、それぞれの曲に魅力があって答えられないほど。

でも、アルバム中、最も多く聴いたのは、多分、キーボード&リズムギターのポール・レイモンドが書いたバラード曲の"Never Trust a Stranger"じゃなかったかと思いますね。

▼ MSG - Never Trust A Stranger
https://www.youtube.com/watch?v=PdneZ9eEYwg

レコードからカセットにコピーして聴いていた当時は、シングルカットもされたアルバム1曲目のアメリカンロック色が強い"Are You Ready to Rock"を最後にもっていって、B面1曲目に収録されている"But I Want More"をオープニング曲にして聴いていたのですが、カセットにコピーして友人などに聴かせる場合も、"Are You Ready to Rock"が1曲目だとアルバムの魅力が伝わりにくいと思って、同様に"But I Want More"をオープニング曲にして渡していたことは今も覚えています。

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - One Night at Budokan / The Michael Schenker Group そして、3作目が武道館のライヴ。これも大好きなセカンドアルバムの後にリリースされたアルバムとあって当時は聴きまくっていましたね。ただ、この"MSG"初のライヴアルバム、メンバーはセカンドアルバムと同じ構成でのライヴになるのですが、実際はアルバム中の曲紹介でも分かるように、セカンドアルバムがリリースされる前に行われたライヴが収録されたものなので、アルバムに収録されているセカンドアルバムからの曲は全てリリース前に演奏されているんですよね。

このライヴアルバムで、改めて好きになったというか、曲の魅力に気付いたのが、セカンドアルバム収録曲の"Let Sleeping Dogs Lie"。特にポール・レイモンドのキーボードが良いんですよね。実を言うと、この時期は何気にポール・レイモンドのファンでもありました。いやほんと、ポール・レイモンドのキーボードの音が好きで、ライヴではキーボードの他に、曲によってはリズムギターを弾くなど、ライヴでは重要な役割を果たしていたというのもなんかカッコ良く感じてました。しかも私が大好きな曲"Never Trust A Stranger"の作者でもありましたしね。

▼ MSG - Let Sleeping Dogs Lie (Live At Budokan)
https://www.youtube.com/watch?v=ofMmVxP2LEI

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - Assault Attack / The Michael Schenker Group ヴォーカリストがゲイリー・バーデンからグラハム・ボネットに代わってリリースされたのが、4作目(スタジオアルバムとしては3作目)の"Assault Attack"。当時はカリスマ性もあり、歌の上手いグラハム・ボネットの加入ということで、音楽雑誌等でも歓迎する声が多かったのですが、私自身はそんな評論家の評価とは裏腹にがっかりしていたんですよね。別に、グラハム・ボネットが嫌いだとか、アルバムが好きじゃないとかいうことではなく、ゲイリー・バーデンの声質がマイケル・シェンカーのギターサウンドには合っていると感じていたことを含め、大好きなキーボード・プレーヤーのポール・レイモンドと、ドラムスのコージー・パウエルまでもがバンドを離れてしまったことに落胆したというのがその理由でもあります。

サウンド自体も、これまでのアルバムと比べると、アメリカナイズされた印象があり、そういった意味ではグラハム・ボネットのヴォーカルに合ったサウンドといった感じがありますね。特に"Dancer"のような曲だと、灰色がかったヨーロッパの冬空といった印象もあった前作までのサウンドが、一変して、南国の島に澄み渡る青空に変わったような雰囲気があります。

▼ MSG - Dancer
https://www.youtube.com/watch?v=IRxJWBKb_zs

それでも、個人的には多少混乱したアルバムであったようなところがありながらも、これまでに無かったブルージーなタイプの曲"Rock You to the Ground"は結構好きで良く聴いてました。

▼ MSG - Rock You To The Ground
https://www.youtube.com/watch?v=eomCdm0Eb2w

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - Built to Destroy / The Michael Schenker Group しかしながらも、まさかのゲイリー・バーデン復帰でリリースされたのが5作目であり、スタジオアルバムとしては4作目の"Built to Destroy"。しかも、収録曲の充実度も高く、個人的にはセカンドアルバムの"MSG"と並んで好きなアルバム。

キーボード奏者にアンディ・ナイが加わり、前作よりもバンドらしいまとまりが感じられるアルバムで、収録曲にもそのアンディ・ナイと、ゲイリー・バーデンの2人が共作した曲が2曲("Rock My Nights Away"と"Time Waits (For No One)")収録されているのも興味深いところ。しかも、他の曲に比べると多少ポップな印象もあるその2曲が結構良いんですよね。"Rock My Nights Away"はオリジナルの"UK Mix"だとオープニング曲にもなってますしね。

当時のライヴでは"Rock My Nights Away"、"I'm Gonna Make You Mine"、"Captain Nemo"、"Rock Will Never Die (Walk The Stage)"といった曲がこのアルバムの定番曲として演奏されていたので、他の曲がライヴで演奏される機会は少なかったようですが、"Systems Failing"のような隠れた名曲が収録されているのも良いところ。

▼ MSG - Systems Failing (US Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=i6D0fpLcgTI

 

The Chrysalis Years (1980-1984) - Rock Will Never Die / The Michael Schenker Group ボックスセットの最後は"Built to Destroy"制作時のメンバーによるライヴアルバム"Rock Will Never Die"。私自身はこのライヴが収録されたビデオの方を先に購入していたので、このライヴアルバムを買ったかどうかはよく覚えていないのですが、演奏自体はバンドとしての一体感もあって、素晴らしいライヴですね。"Rock My Nights Away"がオリジナルの"UK Mix"に沿った形で演奏されているのも個人的には嬉しいポイント。"One Night at Budokan"でのラインアップも思い入れがあって好きなのですが、こちらのラインアップによる演奏も結構好き。

ラストの"Doctor Doctor"では、スコーピオンズのクラウス・マイネと、実兄でもあるルドルフ・シェンカーがサプライズで演奏に参加しています。

▼ MSG - Doctor Doctor (Live At The Hammersmith Odeon '83)
https://www.youtube.com/watch?v=sBAJg9NdU3o

 

▼ 各アルバムに於けるレコーディング・メンバーは以下の通り。

The Michael Schenker Group (1980)
• Michael Schenker - Guitars
• Gary Barden - Vocals
• Mo Foster - Bass
• Don Airey - Keyboards
• Simon Phillips - Drums

MSG (1981)
• Michael Schenker - Guitars
• Gary Barden - Vocals
• Chris Glen - Bass
• Paul Raymond - Keyboards, Rhythm Guitar
• Cozy Powell - Drums

One Night at Budokan [Live] (1982)
• Michael Schenker - Lead Guitar
• Gary Barden - Lead Vocals
• Chris Glen - Bass
• Paul Raymond - Keyboards, Rhythm Guitar, Backing Vocals
• Cozy Powell - Drums

Assault Attack (1982)
• Michael Schenker - Guitars
• Graham Bonnet - Lead & Backing Vocals
• Chris Glen - Bass
• Ted McKenna - Drums, Percussion

Additional musician
• Tommy Eyre - Keyboards

Built to Destroy (1983)
• Michael Schenker - Guitars
• Gary Barden - Vocals
• Chris Glen - Bass
• Andy Nye - Keyboards
• Ted McKenna - Drums

Additional musician (US Mix Only)
• Derek St. Holmes - Lead Vocals on "Still Love That Little Devil"

Rock Will Never Die [Live] (1984)
• Michael Schenker - Lead Guitar
• Gary Barden - Lead Vocals
• Chris Glen - Bass
• Andy Nye - Keyboards, Backing Vocals
• Ted McKenna - Drums
• Derek St. Holmes - Rhythm Guitar, Backing Vocal (Lead Vocals on "I'm Gonna Make You Mine" and "Rock You to the Ground")

 

TRACK LIST (5CD Box Set / Contains 6 Albums on 5 Discs)

[Disc 1]
MICHAEL SCHENKER GROUP (1980): 1. Armed and Ready / 2. Cry for the Nations / 3. Victim of Illusion / 4. Bijou Pleasurette / 5. Feels Like a Good Thing / 6. Into the Arena / 7. Looking Out from Nowhere / 8. Tales of Mystery / 9. Lost Horizons / BONUS TRACKS - LIVE AT THE MANCHESTER APOLLO (1980): 10. Armed and Ready / 11. Cry for the Nations / 12. Victim of Illusion / 13. Rock Bottom / 14. Tales of Mystery / 15. Lost Horizons

[Disc 2]
BONUS TRACKS: 1. Armed and Ready [Live B-Side] / 2. Into the Arena [Live B-Side] / 3. Cry for the Nations [Radio Edit] / 4. Let Sleeping Dogs Lie [Sounds Flexi Edit - Previously Unreleased on CD] / MSG (1981): 5. Are You Ready to Rock / 6. Attack of the Mad Axeman / 7. On and On / 8. Let Sleeping Dogs Lie / 9. But I Want More / 10. Never Trust a Stranger / 11. Looking for Love / 12. Secondary Motion

[Disc 3]
ONE NIGHT AT BUDOKAN (1981): 1. Introduction / 2. Armed and Ready / 3. Cry for the Nations / 4. Attack of the Mad Axemen / 5. But I Want More / 6. Victim of Illusion / 7. Into the Arena / 8. On and On / 9. Never Trust a Stranger / 10. Let Sleeping Dogs Lie / 11. Courvoisier Concert / 12. Lost Horizons / 13. Doctor Doctor / 14. Are You Ready to Rock

[Disc 4]
ASSAULT ATTACK (1982): 1. Assault Attack / 2. Rock You to the Ground / 3. Dancer / 4. Samurai / 5. Desert Song / 6. Broken Promises / 7. Searching for a Reason / 8. Ulcer / BONUS TRACK: 9. Girl from Uptown [B-side] / BUILT TO DESTROY (1983) SIDE ONE: 10. Rock My Nights Away / 11. I'm Gonna Make You Mine / 12. The Dogs of War / 13. Systems Failing / 14. Captain Nemo

[Disc 5]
BUILT TO DESTROY (1983) SIDE TWO: 1. Still Love That Little Devil / 2. Red Sky / 3. Time Waits (For No One) / 4. Rock Will Never Die (Walk The Stage) / ROCK WILL NEVER DIE (1984): 5. Captain Nemo / 6. Rock My Nights Away / 7. Are You Ready to Rock / 8. Attack of the Mad Axeman / 9. Into The Arena / 10. Rock Will Never Die / 11. Desert Song / 12. I'm Gonna Make You Mine / 13. Doctor Doctor / BONUS TRACK: 14. Armed and Ready [Radio Remix - As Featured in Guitar Hero: Metallica]

 

NOTES

• Label: Chrysalis Records
• Printed in the EU
• Released: 2012/02/27


(記:2016年5月)


    源氏ノスタルジー / RIN' (2007)

CDの帯:源氏ノスタルジー / Rin'

Album Cover (front with Obi):源氏ノスタルジー / Rin'   Album Cover (front):源氏ノスタルジー / Rin'   Album Cover (back):源氏ノスタルジー / Rin'

ジューダス・プリースト〜マイケル・シェンカー・グループときたので、その流れでこの次もヘヴィー路線で行こうと準備していたのですが、縄文式土器と弥生式土器に続いて、三葉虫の化石と、遠い過去に思いを馳せる記事を"notebook"の方で書いたことから、予定を変更して"notebook"の流れに沿ったかたちでこのアルバムをとりあげてみました(笑)。

"Rin'"(リン)は、東京芸術大学の同窓生、Mana(吉永真奈)、Tomoca(長須与佳)、Chie(新井智恵)の女性和楽器演奏家3人により結成されたバンドで、日本の伝統楽器である、箏、十七絃、琵琶、三絃、尺八を使ったスタイルで音楽活動を行なっていましたが、残念ながら2009年にグループとしての活動を終了しています。

Rin' - MEMBERS
• Mana Yoshinaga (吉永真奈) - Vocals, Koto, Sangen & Jushichi-Gen
• Tomoca Nagasu (長須与佳) - Vocals, Biwa & Shakuhachi
• Chie Arai (新井智恵) - Vocals, Koto, Sangen & Jushichi-Gen

バンド名の由来は「凛(りん)とする」という意味の他、英語の「Ring(輪)」と、和楽の「和」をかけて、音楽を通じて「輪」を作っていきたい・・・という理由からだそうです。

紫のゆかり、ふたたび〜源氏物語千年紀ステッカー:源氏ノスタルジー / Rin' この「源氏ノスタルジー」は、世界最古の長編小説と言われる源氏物語が2008年に生誕1000年を迎えることから、それに先駆ける形で前年の2007年にリリースされたアルバムで、帯にも記されているように「源氏物語千年紀委員会推薦 CD」となっています。

※ 補足
源氏物語千年紀とは、源氏物語の成立千年を記念して行われた様々な事業で、「源氏物語一千年紀」の記念切手が発売された他、京都国際会議場では今上天皇・皇后が臨席し、記念式典も行われました。

結果的には、この6作目である「源氏ノスタルジー」が"Rin'"のラストアルバムとなったわけですが、収録曲が全部で6曲ということからも分かるように、形態としては、どちらかといえばミニアルバム (EP) といった感じですね。

純粋なヴォーカル曲は「千年の虹」と「名もなき花」の2曲で、趣旨が良く分かりませんが、そのうちの1曲「千年の虹」はゲストヴォーカリストとして参加しているチベット出身の中国人シンガー"alan"がリードヴォーカルをとっています。まぁ、個人的には、ただでさえ少ないヴォーカル曲をゲストヴォーカリストが歌っているということについてはいささか疑問ではあるところで、デュエットならまだしも、丸々外部のシンガーが歌っているのだから、何となく違和感があります。

ということで、私自身はゲストヴォーカリストが歌っている「千年の虹」だけはあまり聴かずにいつも飛ばしているのですが、アルバムとしては曲数が少ないながらも、かなり充実した出来だと思います。

出来ることなら、こういった独自の世界観を持った代わりのいないグループには活動を続けてもらいたかったところですが、こうして残されたアルバムや、それぞれの曲が少しでも多くの人に知られていくようになってくれればいいなと思っています。ちなみに"YouTube"にある"Rin'"の動画のコメント欄は日本語以外の言語によるコメントの方が圧倒的に多いです。

▼ Rin' - 紫のゆかり、ふたたび
https://www.youtube.com/watch?v=wo4-mmiNoKA

この「紫のゆかり、ふたたび」のミュージックビデオは付属のDVDに収録されているのですが、ただ、そのDVDに収録されているのが「紫のゆかり、ふたたび」のミュージックビデオ1曲だけというのが残念なところ。DVDの容量余り過ぎでしょ(笑)。どうせならシングルでリリースされていた「サクラ サクラ」のミュージックビデオなんかも収録してくれたら良かったのに。

▼ Rin' - サクラ サクラ
https://www.youtube.com/watch?v=xPH_HTVwOoQ

 

TRACK LIST (CD+DVD)
Disc 1 [CD]
1. 紫のゆかり、ふたたび / 2. GENJI / 3. 千年の虹 / 4. 乱華 / 5. 名もなき花 / 6. 浅キ夢見シ

Disc 2 [DVD]
1. 紫のゆかり、ふたたび (music clip)

NOTES
• Tracks 1, 2 (Instrumental)
• Track 3 (Guest Vocal - alan)
• Track 4 (Voice - Tomoca)
• Track 5 (Vocal - Chie)
• Track 6 (Vocal - Mana / Chorus - Tomoca, Chie)

(記:2016年5月)


    夢花火 [MAXI SINGLE] / RIN' (2005)

CDの帯:夢花火 / Rin'

Maxi Single Cover (front):夢花火 / Rin'   Maxi Single Cover (back):夢花火 / Rin'   CD:夢花火 / Rin'

この「夢花火」は、アルバムには収録されていないシングルのみのリリース曲で、"Rin'"にとっては4枚目のシングルになるのですが、この後にリリースされたシングルは無かったので、実質的には"Rin'"最後のシングルということになります。

私が"Rin'"に興味を持った時には、既にグループは解散して活動を終えていたので、このシングルもリリースされてからずっと後に手に入れたのですが、購入したときはどんな曲なのかも知らないまま、リリースから年月も経っているので入手困難になる前に買っておこうという理由だけで購入したものでした。

そんなことから、購入したときはこの曲が"Rin'"最後のシングルということも、シングルのみでリリースされた曲だということも知らずにいたのですが、結果的にはそういった理由も含めて買って良かったと思いますね。

ただ、そうは言っても、当初は"Rin'"らしさがあまり感じられない曲といった印象があって、どちらかといえば、そのインストゥルメンタル曲である1曲目の「夢花火 -Rin' Three pieces-」と、4曲目の「夢花火 -Instrumental-」を聴くことの方が多かったのですが、その2曲を聴くうちに段々とメインの「夢花火」にも興味を持つようになっていったんですよね。

といったこともあり、1曲目がメインの「夢花火」ではなく、イントロダクション的な「夢花火 -Rin' Three pieces-」だという構成も自分にとっては良かったのではないかと思います。まぁ、シングルという形態なので、収録曲が4曲と少ないのですが、収録曲の全てがアルバム未収録曲ですし、全体の流れとしても中々良い感じ。

 

CDの帯(ロゴ):夢花火 / Rin' Rin' - MEMBERS
• Mana (吉永真奈) - 箏・三絃・十七絃
• Tomoca (長須与佳) - 琵琶・尺八
• Chie (新井智恵) - 箏・三絃・十七絃

 

▼ Rin' - 夢花火 -Rin' Three pieces-
https://www.youtube.com/watch?v=t_o7ZvdJkFs

▼ Rin' - Flashback -Rin' Version-
https://www.youtube.com/watch?v=pKhwAHuYVpc

 

TRACK LIST
1. 夢花火 -Rin' Three pieces- / 2. 夢花火 / 3. Flashback -Rin' Version- / 4. 夢花火 -Instrumental-

(記:2016年6月)


    THE ULTIMATE SIN / OZZY OSBOURNE (1986)

Album Cover (front and back): The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne
新メンバーに日系人ギタリストのジェイク・E・リーを迎えてリリースされた前作の"Bark At The Moon"からは実に3年振りとなるアルバムがこの"The Ultimate Sin"で、アルバムの制作はそのジェイク・E・リーに加えて、新たにフィル・スーザン (B) と、ランディ・カスティロ (Dr) が加入した新たなラインアップで行われています。

アルバムがリリースされた当時は俗に言うLAメタルの全盛時ということも影響しているのか、LPレコードを買って聴いていた頃は、中域中心の軽いサウンドに多少の違和感を覚えていたのですが、改めて聴き直してみると、その軽いという印象はオープニング曲"The Ultimate Sin"のイントロ部分にあたるドンドコドラムの音の軽さが印象強いことからくるものではなかったのかとも思えます。実際、それ以外の曲を抜き出して単体で聴いてみると、当時に感じていたほど軽いという印象は無いし、オープニング曲の"The Ultimate Sin"にしても、イントロ部分を過ぎてからはドンドコドラムの音も消えて昔ほど悪い印象も無いんですよね。

ということで、そのサウンドアプローチも含めて、当時よりも今の方がアルバムに対する印象も良いような感じではありますね。まぁ、それでも、当時から"2. Secret Loser"、"3. Never Know Why"、"7. Killer Of Giants"、"9. Shot In The Dark"といった曲は好きで良く聴いていたので、アルバムに収録されている曲そのものについては嫌いではなかったものの、逆にそういった好きな楽曲があるだけに、その軽いと感じた音が当時は尚更残念で仕方なかったんですよね。

と、まぁ、当時はそんな感じでいたのですが、それにしてもジェイクのギターは今聴いても魅力的で心奪われますね。ある意味、このアルバムに対する個々の評価はジェイクのギターにどれだけ惹かれるかによって変ってくるようにも思いますが、当時は1万円以上もする"Bark At The Moon"と"The Ultimate Ozzy"の2本のライヴビデオ (VHS) をジェイク目当てで買うほどジェイクのファンであった自分には外せないアルバムであることは確かです。

又、このアルバムからのファーストシングルで、これまでで最もヒットした曲となった比較的ポップな"Shot In The Dark"にしても、ジェイクのエッジの効いたカッコいいリフがある所為で、ポップなだけじゃない魅力的な曲になっているし、いや〜この軽快なカッティングが心地良いんですよね。

前作の"Bark At The Moon"では新入りということもあってか、ランディー・ローズのイメージを踏襲したプレイに徹していた印象も少なからずありましたが、ここでは全編を通してジェイク節全開といった感じで、アルバムに於けるジェイクの貢献度と存在感が一段と増した印象があります。

惜しむらくは、このアルバムがジェイクの参加した最後のアルバムとなってしまったこと。できることなら、この時代にあと1枚でもいいからこのメンバーでアルバムをリリースしてもらいたかったですね。

残念ながら、オジーの発言等を見ていると、オジー自身はこのアルバムがあまり好きではないようで、何となくオジーの歴史からも葬り去りたいような印象も見受けられるのですが、それでも、やっぱりこのアルバムの存在価値は無視できないと思うところではあります。

CD Case (front): The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne  CD Case (back): The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne  Booklet (inside): The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne

なお、このアルバムからは3曲のミュージックビデオが作られているのですが、この時代の動画は"YouTube"に投稿されても直ぐに削除されてしまうようで、以前に書いたジェイク在籍時のビデオ("Bark At The Moon"と、"The Ultimate Ozzy")の記事にも"YouTube"に投稿されたこのビデオの動画をいくつか貼っていたのですが、暫くするとどの動画も削除されていました。それでも、その後に何回かは新たに別の動画を探して貼り直したりもしていたのですが、結局はどれも削除されてしまって、今はジェイクのギターソロだけを貼っている状態なんですよね。ということで、一応探してはみたものの、目ぼしい動画は無いようなので、その両ビデオの記事に貼っているものと同じ動画を。

▼ Jake E Lee - Guitar Solo (Bark at the Moon Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=vtuK76BogAg

▼ Jake E Lee - Guitar Solo (The Ultimate Sin Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=BLAhdFSjIVw

OZZY OSBOURNE - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Ozzy Osbourne - Vocals
• Jake E. Lee - Guitar
• Phil Soussan - Bass Guitar
• Randy Castillo - Drums

TRACK LIST
1. The Ultimate Sin / 2. Secret Loser / 3. Never Know Why / 4. Thank God For The Bomb / 5. Never / 6. Lightning Strikes / 7. Killer Of Giants / 8. Fool Like You / 9. Shot In The Dark

NOTES
• Label: Epic [Import]
• 歌詞付き

• Album: US 6位 (2x Platinum / 1994-RIAA)、UK 8位 (Silver)
• Singles: "Shot in the Dark" - US 68位、UK 20位 / "The Ultimate Sin" - UK 72位

(記:2016年6月)


     RIOT - ROCK CITY 「怒りの廃墟」 / 雑誌広告 (1978)

こちらはライオットのデビューアルバム「rock city / 怒りの廃墟」の雑誌広告。キャッチコピーや紹介文が中々面白いので、手持ちの音楽雑誌(1978年発行)の中からとりあげてみました。「心がたぎってシラケなどぶっ飛ぶぞ!!」(笑)

Riot - Rock City「怒りの廃墟」 / 雑誌広告

Riot - Rock City「怒りの廃墟」 / 雑誌広告

実は、当時、このライオットのデビューアルバムは"NHK-FM"でも全曲がノンカットで放送されていて、私はそれをテープに録って割と良く聴いていたんですよね。まぁ、実際のところはシングルカットされた「Warrior / 幻の叫び」ばかりを聴いていたと言った方が正しいのかもしれませんが。

この"Warrior"の他にあと数曲惹かれる曲があったなら多分アルバムを購入していたと思うのですが、"Warrior"以外にのめり込んで聴くような曲がなかったことから、結局はその録音したテープで楽しむだけに留まったのでした。それでも同時期にデビューアルバムをリリースした「Quiet Riot / クワイエット・ライオット」(バンドのギタリストは後にオジー・オズボーンのバンドに参加することになるランディ・ローズ)と、買うならどっちにしようかと考えていたことは微かに覚えています。

ただし、ライオットのデビューアルバム"rock city"は日本ではクワイエット・ライオットのデビューアルバムと同じ1978年にリリースされたものの、本国のアメリカでは前年の1977年にリリースされているので、実際はライオットの方が一足先に登場したことになります。ちなみに、クワイエット・ライオットのデビューアルバムは次作と共にアメリカではリリースされていません。

いや〜、それにしてもこの"Warrior"は今聴いてもなんかゾクゾクしますね。

▼ Riot - Warrior
https://www.youtube.com/watch?v=bbQm-nSjuHI

実はこの"Warrior"は日本のアイドル歌手がカヴァーしていたんですよね。

▼ 五十嵐夕紀 - バイ・バイ・ボーイ (1979)
http://www.youtube.com/watch?v=9nHNJp8cG-A

更には、その後も日本初のヘヴィメタル・クイーンとして注目を浴びた本城未沙子さんもカヴァー。

▼ Misako Honjoh - Warrior (1982)
https://www.youtube.com/watch?v=kraMll4739s

本城未沙子さんは現在も活動を続けられているようですが、ウィキペディアを見てみると、デビューから2年半の間になんと8枚ものアルバムをリリースされてたんですね。

▼ 本城未沙子 - Warrior (2015)
https://www.youtube.com/watch?v=HiGPeqJW0pg

このライオットについて言えば、アルバムを購入するに至らなかった割には、結構色々と思い出があって、例えば、アルバムにはその後もバンドのトレードマークとなる人間の体に頭部がアザラシという風変わりなキャラクター(ジョニー)が描かれているのですが、当時はこれがアザラシだなんて微塵も思ってなくて、ネズミかモグラだと思っていました(笑)。

デビューアルバムには"Tokyo Rose"という曲も収録されていて、割と興味はあったんですけどね・・・。

▼ Riot - Tokyo Rose
https://www.youtube.com/watch?v=hILEpnAMe6M

しかも、翌年の1979年にリリースされたセカンドアルバムのタイトルは「Narita / 成田」(笑)。なんでも、この"Narita"というアルバムタイトルは日本の成田国際空港にまつわる「成田闘争」に由来しているそうで、なんともマニアック。

ということで、私自身は、このセカンドアルバムまでは何となく覚えているのですが、このジャケットを見て腰が引けたことは今も忘れません(笑)。

それでもインストゥルメンタルのタイトルトラック"Narita"は"Warrior"と並ぶライオットの代表曲のひとつ。

▼ Riot - Narita
https://www.youtube.com/watch?v=cvZ5yyLF4sk

その後は幾多のメンバーチェンジや活動中止の時期があったりしたものの、オリジナルメンバーでもあるリーダー格のマーク・リアリが2012年に死去して以降はグループ名を「Riot V / ライオット・ファイブ)」に変えて活動を継続中。

▼ Riot V - Warrior (Live 2015)
https://www.youtube.com/watch?v=fydlbHMLXT0

最後は1990年の日本公演を収録したライヴアルバム"Riot in Japan - Live!!"から"Warrior"と、来日公演の貴重な映像から"Flight of the Warrior"。

▼ Riot - Warrior (Riot in Japan Live)
https://www.youtube.com/watch?v=mKkTL8hOVtU

▼ Riot - Flight of the Warrior (Live in Japan 1990)
https://www.youtube.com/watch?v=AVR7zIH5dh8

(記:2016年6月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 27 Navigation Part 28   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.