Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 26
01. MY FAVORITE CHRISTMAS SONGS / VARIOUS ARTISTS
02. ROCK & ROLL CHRISTMAS SONGS / VARIOUS ARTISTS
03. AND WINTER CAME... 「雪と氷の旋律」 / ENYA (2008)
04. ALONE IN THE UNIVERSE / JEFF LYNNE'S ELO (2015)
05. ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD BOX SET) / ALANIS MORISSETTE (2012)
06. DARK SKY ISLAND / ENYA (2015)
07. BEAUTIFUL - THE CAROLE KING MUSICAL / ORIGINAL BROADWAY CAST RECORDING (2014)
08. ILLUMINATIONS [EP] / LITTLE BOOTS (2009)
09. MURDERED BY THE MUSIC 「音楽殺人」 / YUKIHIRO TAKAHASHI (1980)
10. TAMBU / TOTO (1995)
    MY FAVORITE CHRISTMAS SONGS

My Favorite Christmas Songs

ということで、個人的に好きなクリスマスソング10曲をピックアップしてみました。(順不同)

▼ 最初は、今やすっかりクリスマスソングの定番曲となったワム!のラスト・クリスマス。

Wham! - Last Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=E8gmARGvPlI

▼ 続いては、オリジナルアルバムには未収録のブライアン・アダムスのクリスマスソング。

Bryan Adams - Christmas Time
https://www.youtube.com/watch?v=ZilK6A8pqSY

▼ そして、こちらは、ドナ・サマーのクリスマスソングで、シングルにならなかったのが不思議なくらいの名曲。

Donna Summer - Christmas Spirit
https://www.youtube.com/watch?v=V_laCgXcsO0

▼ 更に続いて、こちらは、デンマークのバンド「Mew / ミュー」のスケール感溢れるバラード。

Mew - She Came Home For Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=Kw7rwUa5lto

▼ こちらは、イギリスのシンガーソングライター「アルバート・ハモンド」が1989年にシングルとしてリリースした曲。

Albert Hammond - Under The Christmas Tree
https://www.youtube.com/watch?v=NOh6kidtmYo

▼ 6曲目は、映画「大統領のクリスマスツリー」のメインテーマとして提供された「ボズ・スキャッグス」珠玉のバラード。

Boz Scaggs - Fade into Light
https://www.youtube.com/watch?v=PATaetlrqrg

▼ 7曲目は、名だたるミュージシャンが集結して結成されたチャリティー・プロジェクト「バンド・エイド」のクリスマスソング。

Band Aid - Do They Know It's Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=bjQzJAKxTrE

▼ 8曲目は、イギリスの女性グループ「エターナル」の曲で、イギリスではトップ10に入るヒットを記録しました。

Eternal - I Am Blessed
https://www.youtube.com/watch?v=hzkn-4CuL7c

▼ 9曲目は、「クリス・レア」で、アルバム「オン・ザ・ビーチ」からのシングル「ハロー・ブレンド」のカップリング曲。

Chris Rea - Driving Home for Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=EvDxSW8mzvU

▼ 最後は、アメリカ出身の女性3人組グループ「SWV (Sisters with Voices)」による「ジャクソン 5」のカヴァー曲。

SWV - Give Love On Christmas Day
https://www.youtube.com/watch?v=K4J3dJF9W5g

 

My Favorite Christmas Songs

 

■ 番外編

▼ ライヴ・エイドでの"Do They Know it's Christmas"。ステージにはデヴィッド・ボウイや、フレディ・マーキュリーの姿も。

(1985 Live Aid ) Do they know it's christmas? / Band Aid
https://www.youtube.com/watch?v=6w9ekmjBAeo

▼ レバノンの出身のミュージシャン「ヤーン・ハマデー」のクリスマスソング・メドレー。

Christmas Spirit - Maan Hamadeh
https://www.youtube.com/watch?v=ydNjKP4tsT0

 

▼ 関連記事
[Music 25] - ALL-STAR CHRISTMAS / VARIOUS ARTISTS (2000)
[Music 25] - LAST CHRISTMAS (MAXI SINGLE CD) / WHAM! (1984)
[Music 18] - SHE CAME HOME FOR CHRISTMAS / MEW (2003)
[Music 14] - CHRISTMAS TIME / BRYAN ADAMS (1985)
[Music 9] - LAST CHRISTMAS (VINYL SINGLES) / WHAM! (1984)

(記:2015年12月)


    ROCK & ROLL CHRISTMAS SONGS

ここでは、手持ちのコンピレーションアルバムの中から、ロックバンド及び、ロックシンガーによるクリスマスソングをピックアップしてみました。ロックバンドとロックシンガーのクリスマスソングということで、パーティなどでは盛り上がりそうな曲ばかりです。

1曲目は、"E.L.O. (Electric Light Orchestra)"の設立メンバーのひとりであるロイ・ウッドが"E.L.O."脱退後に結成したツインドラム+ホーンセクションという一風変わった編成のバンド「Wizzard / ウィザード」による1973年のヒット曲。ちなみにこの曲、イギリスでは1973年に4位を記録した後も、1981年に41位、 1984年に23位、2007年に16位、2008年に31位、2009年に45位、2010年に46位、2011年に28位、 2012年に29位、2013年に31位、そして昨年の2014年には35位と、ここ最近はクリスマスシーズンになると毎年のようにチャートに登場する定番曲となっています。邦題は「毎日がクリスマスなら」。

Wizzard - I Wish It Could Be Christmas Everyday
https://www.youtube.com/watch?v=bnczB6LXkqE

2曲目は、ビリー・スクワイアのクリスマスソングで、元々は1981年にビルボードチャートで5位を記録したビリー・スクワイアのセカンドアルバム"Don't Say No"からシングルカットされたマイ・カインド・ラヴァーのB面に収録されていた曲。邦題は「クリスマスに"I LOVE YOU"」。

Billy Squier - Christmas Is The Time To Say "I Love You"
https://www.youtube.com/watch?v=QPf2snTB2wo

3曲目は、1973年にイギリスでNo.1のヒットを記録した「Slade / スレイド」のクリスマスソング。そして、この曲もまたウィザードの"I Wish It Could Be Christmas Everyday"と同様に、イギリスではクリスマスシーズンになると毎年のようにチャートに登場する定番曲となっているようで、ここ最近では、2006年に21位、2007年に20位、2008年に32位、2009年に41位、2010年に50位、2011年に33位、2012年に35位、2013年に25位、2014年に21位を記録しています。

Slade - Merry Xmas Everybody
https://www.youtube.com/watch?v=0A8KT365wlA

4曲目は、イギリスのバンド「Mud / マッド」が1974年にリリースしたクリスマスソングで、イギリスではNo.1ヒットとなった曲。ベイ・シティ・ローラーズのようなコスチュームとルックスが不釣合いで、なんともアンニュイな雰囲気(笑)。

Mud - Lonely This Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=NJ6kJ7GWtv0

そして、こちらは、そのカヴァーで、イギリスのバンド「Lucky Soul / ラッキー・ソウル」による"Lonely This Christmas"。実を言うと、私自身は、オリジナルよりも先に、こちらのカヴァーを聴いて、この曲を知ったんですよね。アリ・ハワードのキュートな声が魅力的。

Lucky Soul - Lonely This Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=ldwT_OUIHoE

 

Rock & Roll Christmas Songs

 

■ 番外編

こちらはチープ・トリックのセカンドアルバム「In Color / 蒼ざめたハイウェイ 」に収められている「Come On, Come On」と、「I Want You To Want Me」の2曲をクリスマスソングにアレンジしたヴァージョン。

Cheap Trick - Come On Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=GAEWxUwGxR8

Cheap Trick - I Want You For Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=_20cRKIuPZw

▼ こちらは"Come On Christmas"の元曲"Come On, Come On"

Cheap Trick - Come On, Come On
https://www.youtube.com/watch?v=5DssBaGlafY

▼ こちらは"I Want You For Christmas"の元曲"I Want You To Want Me"

Cheap Trick - I Want You To Want Me
https://www.youtube.com/watch?v=BJs_L7yq5qE

(記:2015年12月)


    AND WINTER CAME... 「雪と氷の旋律」 / ENYA (2008)

CDの帯(初回プレス盤):雪と氷の旋律 / エンヤ

Album Cover (front): And Winter Came... / Enya
どことなく映画のポスターのような雰囲気のあるアートワークが印象的なこちらのアルバムは、前作「Amarantine / アマランタイン」から3年ぶりとなる、エンヤ通算7作目のスタジオアルバム「A Winter Came... / 雪と氷の旋律」。実は、リリースされて直ぐに買ったアルバムだったにもかかわらず、長いこと採り上げていなかったんですよね。

これまで採り上げていなかったのは、このアルバムをそれほどのめり込んで聴くことがなかったというか、正直言うと、あまり好きになれなかったアルバムだったからなんですが、その理由を自分なりに考えてみると、やっぱり、「O Come, O Come, Emmanuel / オー・カム・オー・カム・エマニュエル」(日本では「久しく待ちにし」、もしくは「久しく待ちにし主よとく来たりて」のタイトルで知られる讃美歌)や、「Oíche Chiúin (Chorale) / きよしこの夜」といったトラディショナルなクリスマスソングのカヴァーが入っているということで、何となくエンヤのオリジナル作品というよりも、クリスマスの企画盤といった印象が強かったからではないかと思います。

まぁ、自分自身が。クリスマスのコンピレーションアルバム等でもトラディショナルなクリスマスソングのカヴァーはもういいやといった感じで聴かないことが多いというのも少なからず影響しているんでしょうけど。

ちなみに、"O Come, O Come, Emmanuel"はラテン語で歌われており、"Oíche Chiúin (Chorale)"はゲール語で歌われています。なお、Oíche Chiúin (Chorale)"については、以前のアルバムでも採り上げられて収録されていた曲ですが、このアルバムに収録されているのは、新たにレコーディングされた曲です。

なお、Oíche Chiúin (Chorale)"については、以前にも採り上げられていた曲ですが、このアルバムに収録されているのは、新たにレコーディングされた曲です。

又、その他のオリジナル曲も、どことなくトラディショナルなクリスマスソングのような雰囲気で、残念ながら、これまでのアルバムに比ると、新鮮味に乏しく、曲そのものの魅力にもやや欠けるアルバムかなといった印象。サウンド自体はこれまでと変わらないエンヤならではの音なんですけどね・・・。

それでもやっぱり、このアルバムを採り上げておかないことには、リリースされたばかりの新作の記事にも進めない気がしたんですよね。それに、全く聴かないアルバムというわけではなく、それまで気付かなかった魅力が見つかるかもと時折聴いているアルバムですからね。しかも、採り上げるならこのシーズンしかないようなアルバムですし。ただ、今でも曲を聴けば分かるものの、曲目を見てもメロディーがパッと思い浮かばない曲が多いアルバムではあります。

CD Case (inside): And Winter Came... / Enya CD: And Winter Came... / Enya

このアルバム、当初はクリスマスアルバムとして制作されていたそうですが、レコーディングが進むうちに、クリスマスだけに留まらず、より幅広い、冬の情景をテーマにしたものに発展していったそうです。

アルバムは、2曲のトラディショナルソングを除き、全曲がエンヤの作曲、作詞がローマ・ライアン、そして、プロデューサーはローマの夫でもあるニッキー・ライアンという、これまでと同じ3人の共同作業で制作されています。

ということで、確かに、冬という季節が持つ厳かなイメージが全編を通して感じられるアルバムではあります。ただ、この記事を書く際に、改めて繰り返し聴いてはみたものの、やっぱり、これまでと印象は変わらず・・・。別に嫌いというわけではないのですが、全体を通して起伏があまり無い所為か、ついつい流して聴いてしまうような感じになってしまうんですよね。でも、もしかしたら、苦手な教科を学習するときと一緒で、崇高なサウンドが故に、右の耳から左の耳へと通り抜けるような感じになってしまうのかも?(笑)

▼ Enya - Trains And Winter Rains
https://www.youtube.com/watch?v=cuDDPF6vE6Y

Album Cover (back): And Winter Came... / Enya TRACK LIST
1. And Winter Came... / 2. Journey of the Angels / 3. White Is in the Winter Night / 4. O Come, O Come, Emmanuel / 5. Trains and Winter Rains / 6. Dreams Are More Precious / 7. Last Time by Moonlight / 8. One Toy Soldier / 9. Stars and Midnight Blue / 10. The Spirit of Christmas Past / 11. My! My! Time Flies! / 12. Oíche Chiúin (Chorale)

1. 雪と氷の旋律 / 2. ジャーニー・オブ・ジ・エンジェルズ / 3. ウィンター・ナイト / 4. オー・カム・オー・カム・エマニュエル / 5. ウィンター・レイン / 6. ありふれた奇跡 / 7. ラスト・タイム・バイ・ムーンライト / 8. おもちゃの兵隊 / 9. スターズ・アンド・ミッドナイト・ブルー / 10. ザ・スピリット・オブ・クリスマス・パスト / 11. マイ!マイ!タイム・フライズ! / 12. イーハ・ヒューイン(きよしこの夜)[新レコーディング]

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]

• Album: UK 6位 (Gold)、US 8位 (Gold / 2008-RIAA)
• Single from "And Winter Came...": Trains and Winter Rains

(記:2015年12月)


    ALONE IN THE UNIVERSE / JEFF LYNNE'S ELO (2015)

CDの帯(デラックス・エディション):アローン・イン・ザ・ユニヴァース / ELO

Album Cover (Lenticular): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO Album Cover (front): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO Album Cover (back): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO

こちらは、2001年にリリースされた前作の復活アルバム「Zoom / ズーム」から実に14年ぶりとなる"ELO"のアルバム「Alone in the Universe / アローン・イン・ザ・ユニヴァース」。ただし、今回は"ELO"ではなく、"Jeff Lynne's ELO"という名義でのリリースになっています。

まぁ、前作の"Zoom"でもそうでしたが、実際、ジェフ・リンのソロ・プロジェクト的要素が強いアルバムなので、名義としてはこちらの方が実情に合っているようにも思います。

日本盤は通常盤のスタンダード・エディション(日本盤のみのボーナス・トラック1曲収録)と、生産限定盤のデラックス・エディション(日本盤のみのボーナス・トラック1曲+デラックス・エディションのみのボーナス・トラック2曲収録)の2種類があり、私が買ったのはデラックス・エディションの方で、ここで紹介しているアルバムの画像も全てデラックス・エディションのものです。

▼ 左からブックレットの表、裏、CD

Booklet (front): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO  Booklet (back): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO  CD: Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO

アルバムは、スペーシー・サウンドと呼ばれていたいた頃のきらびやかでゴージャスな音作りからは離れた、ここ最近に見られるギターを中心とした何処となく古風な雰囲気のある音作りの延長線上にあるサウンドといった感じで、音と音の空間にさえもアンティーク的香りが漂っているような印象もあります。

収録曲については、率直に言って、前作の復活アルバムである"Zoom"の方が印象に残る曲が多かったように思います。ただ、この"Alone in the Universe"には、前作と違ったリラックス感みたいなものがあって、アクが強くないというか、派手さが無い分、繰り返して聴きたくなるような雰囲気を併せ持っているようにも感じます。

このアルバムを代表する1曲とも言えるファースト・シングルの「When I Was A Boy / ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」は、サウンド・プロダクション的部分を除けば、いかにも"ELO"といった感じのメロディーラインが印象的な曲で、ノスタルジックな雰囲気が心に沁みます。

ちなみに、この曲は、ジェフ・リン自身の夢が始まった場所についての歌であり、ジェフ・リンが少年時代に抱いていた夢や、これまでの音楽人生について歌った曲だそうで、そのことは付属のジェフ・リン自身による楽曲解説の中でも語られています。ピアノの音も何処と無くビートルズっぽい古めかしい感じがあり、こういった曲を聴くと、ジェフ・リン自身も常々語っているように、やっぱりジェフ・リンにとってビートルズの存在というのは大きかったんだなと改めて感じさせられますね。

※ アルバムにはジェフ・リンによる各楽曲の解説が記載されていますが、ソニーミュージックのオフィシャルサイトにもジェフ・リンによる同内容の楽曲解説が掲載されています。

▼ ソニーミュージック・オフィシャルサイト『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』の詳細
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ElectricLightOrch/page/151118

Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO

「音楽は人生に強力な影響を及ぼすんだ。1つのいい曲があれば、人はこの宇宙で孤独感をずっと味わわずに済む。僕はそういう曲を作りたいんだ。バーミンガムで夢見る子供だったあの頃から今日に至るまで、 僕の人生すべてが証明している。音楽でどれほどたくさんのことができるかということをね」(ジェフ・リン)。

Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO

それにしても、このアルバムを聴いた後だと、地味な音作りだと思っていた前作"Zoom"のサウンドが随分と派手に聴こえてしまいます。

▼ レンティキュラー(立体視覚)仕様のジャケット・カード付き紙ジャケット

Album Cover (inside): Alone in the Universe / Jeff Lynne's ELO

 

CDの帯(裏側):アローン・イン・ザ・ユニヴァース / ELO ▼ ELO - When I Was A Boy (Jeff Lynne's ELO - Lyric Video) / 宇宙船ヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=ncugB0Ksjq8

▼ ELO - When I Was A Boy (Jeff Lynne's ELO - Video) / 少年と紙飛行機ヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=tM34A80RTv4

▼ Jeff Lynne's ELO - When I Was A Boy (Radio 2 In Concert)
https://www.youtube.com/watch?v=pytLU4h4Sy0

そしてこちらは、2014年に行われたザ・ビートルズのトリビュート・ライヴより、ジェフ・リンと、イーグルスのジョー・ウォルシュ、そして、ジョージ・ハリスンの息子ダーニ・ハリスンの共演によるサムシング。

▼ Jeff Lynne, Dhani Harrison and Joe Walsh - Something
https://www.youtube.com/watch?v=dKOoDBm4YR0

TRACK LIST (Japanese Deluxe Edition)
1. When I Was A Boy / 2. Love And Rain / 3. Dirty To the Bone / 4. When The Night Comes / 5. The Sun Will Shine On You / 6. Ain't It A Drag / 7. All My Life / 8. I'm Leaving You / 9. One Step At A Time / 10. Alone In The Universe / 11. Fault Line [Deluxe Edition Bonus Track] / 12. Blue [Deluxe Edition Bonus Track] / 13. On My Mind [Japanese Edition Bonus Track]

1. ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ / 2. ラヴ・アンド・レイン / 3. ダーティ・トゥ・ザ・ボーン / 4. ホエン・ザ・ナイト・カムズ / 5. ザ・サン・ウィル・シャイン・オン・ユー / 6. エイント・イット・ア・ドラッグ / 7. オール・マイ・ライフ / 8. アイム・リーヴィング・ユー / 9. ワン・ステップ・アット・ア・タイム / 10. アローン・イン・ザ・ユニヴァース / 11. フォルトライン (デラックス・エディションのみ収録) / 12. ブルー (デラックス・エディションのみ収録) / 13. オン・マイ・マインド (日本盤のみのボーナス・トラック)

NOTES
• 見開き4面紙ジャケット仕様
• 見る角度により絵柄が立体的に変化するレンティキュラー(立体視覚)ジャケット・カード付き
• 解説(ジェフ・リン自身の曲目解説付き)・歌詞・対訳付

• Album: UK 4位 / US 23位

(記:2016年1月)


    ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD BOX SET) / ALANIS MORISSETTE (2012)

Box Cover (front and back): Original Album Series (5CD Box Set) / Alanis Morissette

彼女を知らない人がこのボックスセットの写真を見ると、カントリー、もしくはポップスのシンガーのように映るかもしれませんが、そんなイメージで彼女の音楽に触れるとぶったまげます(笑)。

実際、私自身もアラニス・モリセットという名前は聞いたことがある程度の認識しかなかった頃は、ポップスのシンガーとばかり思っていたんですよね。というか、アリソン モイエットと呼ばれていた頃のアリソン モイエと混同していました。

▼ インターナショナルでのデビューアルバム"Jagged Little Pill" (1995) より

Alanis Morissette - All I Really Want (live 1995, Teil 1)
https://www.youtube.com/watch?v=bbCrVWpHeac

Alanis Morissette - You Oughta Know (Live at the Nulles Part Ailleurs, 1995)
https://www.youtube.com/watch?v=dR6mEu5-egA

本国のカナダでは1991年と1992年に2枚のアルバムをリリースしていたので、1995年にリリースされた"Jagged Little Pill"は実質3枚目のアルバムということになるわけですが、このインターナショナルでのデビューアルバム"Jagged Little Pill"はカナダだけで200万枚のビッグセールスを記録したのみならず、アメリカではなんと16プラチナムというとんでもないセールスを記録したアルバムでもありました。そして、アラニス・モリセットは、このビッグセールスに伴うように第38回グラミー賞に於いても最優秀アルバム賞の他、4部門をも受賞したんですよね。

でも、私がアラニス・モリセットに興味を持ったのは、この"Jagged Little Pill"ではなく、1998年公開の映画「City of Angels / シティ・オブ・エンジェル」にアラニスが提供した1曲"Uninvited"でした。とはいっても、この曲を知ったのはリリースされてから随分と後のことで、実を言うと、"Jagged Little Pill"が世界中で大ヒットしていたことも当時は全く知らずにいたんですね(笑)。

レンタルショップで借りた映画の主題歌を集めたコンピレーション・アルバムに収録されていた"Uninvited"がアラニス・モリセットを知るきっかけとなったのですが、実際、ひたすらダークで、重く、スケール感溢れるこの曲はコンピレーション・アルバムの中でも一際異才を放っている雰囲気がありました。ただし、この曲はオリジナルアルバム未収録ということで、このボックスセットにも収録されていないのがちょっと残念。なお、アラニス自身が作詞作曲したこの曲はグラミー賞の"Best Female Rock Vocal Performance"と"Best Rock Song"を受賞しています。

※ 補足
City of Angels (シティ・オブ・エンジェル)
1998年に劇場公開されたメグ・ライアンとニコラス・ケイジ主演の映画で、1987年の映画「ベルリン・天使の詩」のリメイク作品。

▼ 「シティ・オブ・エンジェル」のサウンドトラックより

Alanis Morissette - Uninvited (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=FjTB6EG3xGo

そして、インターナショナルでのセカンドアルバムとなる"Supposed Former Infatuation Junkie" (1998) では、よりラーガ・ロック色が増したサウンドになっており、ギターもグランジやオルタナティブ・ロック寄りのヘヴィーなサウンドになっています。

※ 補足
Raga Rock(ラーガ・ロック)とは、ロックにインド音楽、もしくはインドの民族楽器を取り入れた音楽のこと。

とは言っても、"Uninvited"の流れを汲むような"Are You Still Mad"や、"That I Would Be Good"のようなアコースティックなバラード曲も収録されているなど、アルバムとしては、よりバラエティ豊かで意欲に満ちた構成になっている印象があります。

ただし、このアルバムに限らず、アラニスの曲は多少アクが強いので、万人受けするようなサウンドではないかも。ただ、それでも、アルバムはビッグセールスを記録していることから、こういった他とはちょっと違う個性的なサウンドを求めている人というのは意外と多いのかもしれませんね。

▼ "Supposed Former Infatuation Junkie" (1998) より

Alanis Morissette - Intro + Baba (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=qS2zDbNBi7A

Alanis Morissette - That I Would Be Good (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=44TRkB9dxvE

インターナショナルでのサードアルバムとなる(1999年のライブアルバム「MTV アンプラグド」を除く)"Under Rug Swept"は4年振りのスタジオ・アルバムで、初のセルフプロデュース作ということも影響しているのか、前2作に比べると若干角が取れたような雰囲気。

▼ "Under Rug Swept" (2002)より

Alanis Morissette - 21 Things I Want In A Lover (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=y5-qp99ERH4

インターナショナルでの4作目"So-Called Chaos"は前作の延長線上にあるような雰囲気ながらも、更に垢抜けた印象があります。

▼ "So-Called Chaos" (2004) より

Alanis Morissette - Eight Easy Steps (Live Brixton 2008)
https://www.youtube.com/watch?v=fL5pwkpxjw4

Out Is Through - Alanis Morissette
https://www.youtube.com/watch?v=6cJO7oVSGT0

インターナショナルでの5作目"Flavors Of Entanglement"はプログラミング・サウンドを多用したエレクトリック色が強いアルバムで、前4作とは多少音作りに変化が見られます。まぁ、この辺りについては賛否が分かれるところかもしれませんが、個人的には許容範囲であり、エレクトリックなサウンドにも浮いた感じは無く、違和感も無いですね。アルバムとしての完成度は高いと思います。アラニス曰く「I Like Fusion」。

▼ "Flavors Of Entanglement" (2008) より

Alanis Morissette - Underneath (Live at the Ellen DeGeneres Show)
https://www.youtube.com/watch?v=WSez2ga-C7E

Alanis Morissette - Versions Of Violence (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=nr9HDBNx7y4

ということで、このボックスセットに収録されているのは、インターナショナルでのデビューアルバム"Jagged Little Pill"以降にリリースされた以下の5作品になります。

■ Jagged Little Pill (International Debut Album)
• Released: June 13, 1995
• Canada 1位 (2x Diamond) / US 1位 (16× Platinum) / UK 3位 (10x Platinum) / Australia (14x Platinum) / Germany 3位 (2x Platinum)
• Worldwide 33,000,000 / All-Time Charts: US Billboard 7位

■ Supposed Former Infatuation Junkie
• Released: November 3, 1998
• Canada 1位 (4x Platinum) / US 1位 (3x Platinum) / UK 1位 (Platinum) / Germany 1位 (Platinum)

■ Under Rug Swept
• Released: February 26, 2002
• Canada 1位 (Platinum) / US 1位 (Platinum) / UK 2位 (Gold) / Germany 1位 (Gold)

■ So-Called Chaos
• Released: May 18, 2004
• Canada 2位 / US 5位 / UK 8位 (Silver) / Germany 1位 (Gold)

■ Flavors of Entanglement
• Released: June 10, 2008
• Canada 2位 or 3位 / US 8位 / UK 15位 / Germany 8位

CDは紙ジャケットに直で入っており、ブックレットのようなものも付属していませんが、アラニスのメジャーデビュー後のアルバム5枚をまとめて聴けるのはいいですね。

Original Album Series (Disc 1: Jagged Little Pill) / Alanis Morissette  Original Album Series (Disc 2: Supposed Former Infatuation Junkie) / Alanis Morissette

Original Album Series (Disc 3: Under Rug Swept) / Alanis Morissette  Original Album Series (Disc 4: So-Called Chaos) / Alanis Morissette

Original Album Series (Disc 5: Flavors Of Entanglement) / Alanis Morissette  Original Album Series (5CD Box Set) / Alanis Morissette

Original Album Series (5CD Box Set) / Alanis Morissette

Original Album Series (5CD Box Set) / Alanis Morissette

TRACK LIST
Disc 1: Jagged Little Pill
1. All I Really Want / 2. You Oughta Knowt / 3. Perfectt / 4. Hand In My Pockett / 5. Right Through Yout / 6. Forgivent / 7. You Learnt / 8. Head Over Feett / 9. Mary Janet / 10. Ironict / 11. Not The Doctort / 12. Wake Up
Hidden Track: 13. You Oughta Know (Alternate Take) / Your House (A Cappella)

Disc 2: Supposed Former Infatuation Junkie
1. Front Rowt / 2. Babat / 3. Thank Ut / 4. Are You Still Madt / 5. Sympathetic Charactert / 6. That I Would Be Goodt / 7. The Coucht / 8. Can't Nott / 9. UR / 10. I Was Hoping / 11. One / 12. Would Not Come / 13. Unsent / 14. So Pure / 15. Joining You / 16. Heart Of The House / 17. Your Congratulations

Disc 3: Under Rug Swept
1. 21 Things I Want In A Lover / 2. Narcissus / 3. Hands Clean / 4. Flinch / 5. So Unsexy / 6. Precious Illusions / 7. That Particular Time / 8. A Man / 9. You Owe Me Nothing In Return / 10. Surrendering / 11. Utopia

Disc 4: So-Called Chaos
1. Eight Easy Steps / 2. Out Is Through / 3. Excuses / 4. Doth I Protest Too Much / 5. Knees Of My Bees / 6. So-Called Chaos / 7. Not All Me / 8. This Grudge / 9. Spineless / 10. Everything

Disc 5: Flavors Of Entanglement
1. Citizen Of The Planet / 2. Underneath / 3. Straitjacket / 4. Versions Of Violence / 5. Not As We / 6. In Praise Of The Vulnerable Man / 7. Moratorium / 8. Torch / 9. Giggling Again For No Reason / 10. Tapes / 11. Incomplete

NOTES
■ Original Album Series - Alanis Morissette (5CD Box Set)
• Cardboard Box (Mini LP Sleeves and Housed in a Slipcase)
• Label: Rhino Entertainment Company
• Manufactured in the E.U.

• Includes the Albums:
"Jagged Little Pill" (1995), "Supposed Former Infatuation Junkie" (1998), "Under Rug Swept" (2002), "So Called Chaos" (2004) and "Flavors Of Entanglement" (2008)

(記:2016年1月)


    DARK SKY ISLAND / ENYA (2015)

CDの帯(デラックス盤):ダーク・スカイ・アイランド / エンヤ

Album Cover (with Obi and Promo Sticker): Dark Sky Island / Enya
「世界一美しい星空を眺めることが出来る島」として知られる英領チャンネル諸島にあるサーク島 (the island of Sark) から大きなインスピレーションを受けて制作されたというこの「Dark Sky Island / ダーク・スカイ・アイランド」は、2008年の「And Winter Came... / 雪と氷の旋律」以来、実に7年ぶりとなるエンヤのアルバム。

個人的なことを言えば、前作の"And Winter Came..."は全体的に地味な印象があり、今ひとつのめり込むことができなかったアルバムでもあったわけですが、この"Dark Sky Island"は前作よりも変化に富み、華のある楽曲が多く収録されているといった印象で、結構好きです。

特にアルバム前半の充実度が高いので、スキップすることなく1曲目から続けて聴けるんですよね。一方、後半はスローテンポで荘厳な曲が多く収録されており、これはこれでいいのですが、ただ、難を言えば、ボーナストラックの3曲も全てスローテンポな曲なので、続けて聴くと、後半はややダレるような印象も無きにしも非ずといったところ。ボーナストラックの3曲も決して悪くは無いんですけどね。

まぁ、この辺りは好みの問題でもあるのですが、アルバムとして見れば、ボーナストラックは無いほうがメリハリがあるというか、全体像がくっきりとしていいかなといった感じ。

Album Cover (front): Dark Sky Island / Enya Album Cover (back): Dark Sky Island / Enya CD: Dark Sky Island / Enya

なお、前々作の「Amarantine / アマランタイン」にも収録されていた架空の言語"Loxian"で歌われる曲がこのアルバムにも2曲収録されています(4曲目の「The Forge Of The Angels / ザ・フォージ・オブ・ジ・エンジェルズ」と10曲目の「The Loxian Gates / ザ・ロクシャン・ゲイツ」)。

Dark Sky Island / Enya Dark Sky Island / Enya

▼ Enya - Echoes In Rain (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=OWFc5mkABNo

▼ Enya - So I Could Find My Way (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=aLDLpqZdhX0

▼ Enya - Even In The Shadows (Static Video)
https://www.youtube.com/watch?v=2e8iRKReYPo

▼ Enya - Dark Sky Island (Album Sampler)
https://www.youtube.com/watch?v=0wIWg2gb3Nw

CDの帯(裏側):ダーク・スカイ・アイランド / エンヤ TRACK LIST (Deluxe Edition)
1. The Humming / 2. So I Could Find My Way / 3. Even In The Shadows / 4. The Forge Of The Angels / 5. Echoes In Rain / 6. I Could Never Say Goodbye / 7. Dark Sky Island / 8. Sancta Maria / 9. Astra et Luna / 10. The Loxian Gates / 11. Diamonds On The Water / 12. Solace / サラス (Deluxe Edition Bonus Track) / 13. Pale Grass Blue (Deluxe Edition Bonus Track) / 14. Remember Your Smile (Deluxe Edition Bonus Track)

1. ザ・ハミング / 2. ソー・アイ・クッド・ファインド・マイ・ウェイ / 3. イーヴン・イン・ザ・シャドウズ / 4. ザ・フォージ・オブ・ジ・エンジェルズ / 5. エコーズ・イン・レイン / 6. アイ・クッド・ネヴァー・セイ・グッバイ / 7. ダーク・スカイ・アイランド / 8. サンクタ・マリア / 9. アストラ・エ・ルナ / 10. ザ・ロクシャン・ゲイツ / 11. ダイアモンズ・オン・ザ・ウォーター / 12. サラス (デラックス・エディション・ボーナス・トラック) / 13. ペイル・グラス・ブルー (デラックス・エディション・ボーナス・トラック) / 14. リメンバー・ユア・スマイル (デラックス・エディション・ボーナス・トラック)

NOTES
• デラックス盤はボーナス・トラック3曲が加えられた全14曲の収録
• ソフトパック仕様(見開き6面)
• 解説・歌詞・対訳付

• 4曲目の"The Forge Of The Angels"と10曲目の"The Loxian Gates"は"Loxian"という架空の言語で歌われていますが、ブックレット内にはそのロクシャン語に加えて英語の訳詞も記載されています。

(記:2016年1月)


    BEAUTIFUL - THE CAROLE KING MUSICAL / ORIGINAL BROADWAY CAST RECORDING (2014)

Album Cover (front): Beautiful - The Carole King Musical / Original Broadway Cast Recording  Album Cover (back): Beautiful - The Carole King Musical / Original Broadway Cast Recording  CD Case (front with jewel case sticker): Beautiful - The Carole King Musical / Original Broadway Cast Recording

こちらは、キャロル・キングの半生を舞台化したミュージカル"Beautiful - The Carole King Musical"のオリジナルキャストによるアルバム。残念ながら日本盤はリリースされていないようなので、輸入盤を購入。

アルバムは1枚のCDに全部で25曲が収録されていますが、3分代の曲が3曲で、後は全て1分代と2分代の曲という構成なので、テンポが良く、ダレることなく楽しめます。

そして、ブックレットには全曲の歌詞と共に、舞台の写真がそれぞれの曲に添えられているので(全曲ではありませんが)、実際にミュージカルを観た人は、曲ごとに舞台の場面を思い起こすことができますし、自分のようにミュージカルを観ていない人間は、それぞれの写真を眺めながら舞台の場面を想像して楽しむこともできます。

▼ Show Clips: BEAUTIFUL: THE CAROLE KING MUSICAL on Broadway w/Chilina Kennedy
https://www.youtube.com/watch?v=KRGDRBkpIbY

▼ Beautiful The Carole King Musical Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=j-MJHz7yrOw

▼ Jessie Mueller Performs "Beautiful" on Today Show | LIVE 2-27-14
https://www.youtube.com/watch?v=UWc46qIJ2hI

実を言うと、私自身はミュージカルにあまりと言うか、ほとんど興味が無い人間なのですが(笑)、このミュージカルは機会があればステージを観てみたいと思ったんですよね。と、そんなことから買ったCDですが、音だけでも結構楽しめる出来だと思いますね。オリジナル曲の雰囲気を損なわないアレンジも好感が持てますし、キャロル・キングが他人に提供した楽曲を聴くことができるのも良いところ。

なお、2015年2月に授賞式が行われた第57回グラミー賞の最優秀ミュージカル・シアター・アルバム (Best Musical Theater Album) には、このアルバム"Beautiful - The Carole King Musical"が選ばれています。又、2014年の第68回トニー賞では、キャロル・キングを演じたジェシー・ミューラー (Jessie Mueller) が主演女優賞を受賞した他、音響賞も受賞しています。

※ 補足
トニー賞とは、ブロードウェイの功労者で、トニーのニックネームで知られるアントワネット・ペリーを称えて創設されたアメリカ最大の演劇賞。トニー賞 (Tony Award) の名称で定着しているが、正式名称はアントワネット・ペリー賞 (Antoinette Perry Award) 。毎年、ブロードウェイで上演された作品を対象に、舞台に顕著な功績を残した作品と人に贈られる年間賞。創設は1947年で、1949年から演劇 (Play) とミュージカル (Musical) の部門別に選出されている。受賞作品と受賞者の発表は毎年6月頃に行われている。

CD: Beautiful - The Carole King Musical / Original Broadway Cast Recording  Sticker from Front of Jewel Case: Beautiful - The Carole King Musical / Original Broadway Cast Recording

▼ BEAUTIFUL The Carole King Musical on Broadway | Official Site for New York Tickets
(※ ページの下に表示されている日本の国旗をクリックすると日本語表示になります)
http://beautifulonbroadway.com/

▼ ミュージカル鑑賞ガイド:ビューティフル ‐ キャロル・キング・ミュージカル
http://musical.cheaptravelz.com/?sakuhin=1143

▼ キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『Beautiful: The Carole King Musical』が映画化
http://amass.jp/53966/

▼ ミュージカルのリポート記事:Yoko Hallelujah【姐さんの戯言】 - Beautiful is the beautiful.
http://yaplog.jp/black11dog/archive/1375

TRACK LIST
Act 1:
1. Overture / 2. So Far Away / 3. 1650 Broadway Medley / 4. It Might As Well Rain Until September / 5. Some Kind Of Wonderful / 6. Happy Days Are Here Again / 7. Take Good Care Of My Baby / 8. Will You Love Me Tomorrow / 9. He's Sure The Boy I Love / 10. Will You Love Me Tomorrow / 11. Up On The Roof / 12. On Broadway / 13. The Locomotion / 14. You've Lost That Lovin' Feeling / 15. One Fine Day
Act 2:
16. Chains / 17. Walking In The Rain / 18. Pleasant Valley Sunday / 19. We Gotta Get Out Of This Place / 20. Uptown / 21. It's Too Late / 22. You've Got A Friend / 23. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman / 24. Beautiful / 25. I Feel The Earth Move

NOTES
• CD発売日:2014年5月13日
• Label: Ghostlight Records / Razor & Tie
• Manufactured in the USA
• 歌詞付

(記:2016年2月)


    ILLUMINATIONS [EP] / LITTLE BOOTS (2009)

Album Cover (front): Illuminations / Little Boots  CD: Illuminations / Little Boots  CD Case (front with jewel case sticker): Illuminations / Little Boots

この"Little Boots"の5曲入りEP盤(ミニ・アルバム)"Illuminations"は、フレディ・マーキュリー初のソロ作品である"Love Kills"のカヴァーが収録されており、実を言うと、その"Love Kills"が目的で買ったCDだったのですが、ファーストアルバム"Hands"からの2曲に加えて、"Love Kills"を含むこのEPだけの収録曲も、どうしてファーストアルバムに収録されなかったのだろうと思うほどの曲ばかりで、充実度が高いんですよね。何故か、そのファーストアルバムよりも値段が高かったEPですが(笑)、"Love Kills"を含めて、これだけのクオリティーなら自分的には無問題。

ということで、このEPに収録されているのは、ファーストアルバム"Hands"からの2曲 ("New In Town", "Stuck On Repeat") と、アルバム未収録曲3曲 ("Not Now", "Magical", "Love Kills") の計5曲です。

▼ 又、CDには収録曲の5曲に加えて"New In Town"のミュージックビデオも収録されています。

Video: Illuminations / Little Boots

▼ Little Boots - Love Kills
https://www.youtube.com/watch?v=afYKg-fI1QE

▼ Little Boots - Love Kills (Live Glastonbury 26 june 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=7mp_aYQK2qM

▼ Little Boots - Not Now
https://www.youtube.com/watch?v=yWKRjO1QSNs

▼ Little Boots - New In Town (Live Jools Holland 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=1pA3NKbRDv8

▼ Little Boots - New In Town (Video)
https://www.youtube.com/watch?v=kUs9YzY7t-8

なお、リトル・ブーツという名称はバンド名とかユニット名といったものではなく、彼女自身のニックネーム。ちなみに、本名は"Victoria Christina Hesketh"(ヴィクトリア・クリスティーナ・ヘスケス)で、ソングライターのクレジットには本名の"Victoria Hesketh"の方が使われています。

■ 日本の楽器メーカー、ヤマハの「テノリオン」を愛用していることでも有名。

▼ boots got a new toy
https://www.youtube.com/watch?v=-CWBgm_-Ggs

▼ little boots READY FOR THE FUN!!! hot chip tenorion cover
https://www.youtube.com/watch?v=N6tLRCDqJ2c

▼ little boots MEDDLE bedroom version - acoustic on piano, tenorion and stylophone oo la la
https://www.youtube.com/watch?v=Zcc8gE54Md8

▼ little boots BULLET IN THE FUN! cover of planet perfecto
https://www.youtube.com/watch?v=mCf8SkDydvw

▼ アーティストインタビュー - ヤマハ株式会社
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/entertainment/tenori-on/interview/artist14/

■ ソロでデビューする前は"Dead Disco"というバンドのヴォーカル&キーボードとして活動していました。

▼ Dead Disco - You're Out
https://www.youtube.com/watch?v=ZBv5FHQDnNg

▼ Dead Disco - Automatic
https://www.youtube.com/watch?v=FtyTRVK4SIY

▼ Dead Disco - Picture Perfect (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=_ZPCAJO31so

 

Sticker from Front of Jewel Case: Illuminations / Little Boots TRACK LIST
1. New In Town / 2. Stuck On Repeat / 3. Not Now / 4. Magical / 5. Love Kills
Extra: New In Town (Video)

• Tracks 1, 2: from the Album "Hands" / Tracks 3, 4, 5: Non-Album Tracks

NOTES
• Label: Elektra Entertaiment Group, Inc. / Manufactured and Distributed by Fabriqué Et Distribué Par Warner Music Canada Co.
• Format: Enhanced CD [EP]

(記:2016年2月)


    MURDERED BY THE MUSIC 「音楽殺人」 / YUKIHIRO TAKAHASHI (1980)

CDの帯:音楽殺人 / 高橋ユキヒロ

Album Cover (front): Murdered by the Music / Yukihiro Takahashi
当時はLPレコードで持っていた、この高橋ユキヒロ(現在はカタカナ表記から漢字表記に変えた「高橋幸宏」名義で活動されています)の2枚目のソロアルバム「Murdered by the Music / 音楽殺人」は、フォーマットがCDに変わった今でもちょくちょく聴いているというくらい好きなアルバムなんですよね。

正確に言うと、このアルバムに収録されている"BLUE COLOUR WORKER"と"BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL"が好きなのですが、ただ、他の曲も、この2曲と併せて聴いていたので、この2曲が特別というだけであって、他の曲は好きじゃないということではありません。

"BLUE COLOUR WORKER"について言えば、曲そのものも素晴らしいのですが、バックヴォーカルで聴けるサンディーの歌声がこれまた素晴らしいんですよね。当時は「なんて綺麗な声なんだ」と聴き惚れていました。

▼ 高橋ユキヒロ - BLUE COLOUR WORKER
https://www.youtube.com/watch?v=iqUjnZrVTX4

一方の"BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL"はインストゥルメンタル曲で、ベンチャーズに提供した曲のセルフカヴァー。曲を聴いても分かるように、いかにも夏に似合いそうな曲。

▼ 高橋ユキヒロ - BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL
https://www.youtube.com/watch?v=kA9wE-t5oNg

又、アルバムにはアメリカの女性ヴォーカル・グループ、ザ・スプリームス(シュープリームス)が1965年にリリースしたNo.1ヒット曲(ビルボードチャート)である"Stop! In The Name Of Love"のカヴァーが収録されていることからも分かるように、おどろおどろしいアルバムタイトルとは裏腹に、収録されている曲は全体的にポップで親しみ易い曲ばかりです。

▼ The Supremes - Stop! In The Name Of Love
https://www.youtube.com/watch?v=NPBkiBbO4_4

なお、"KID-NAP,THE DREAMER"、"BLUE COLOUR WORKER"、"STOP IN THE NAME OF LOVE"の3曲でバックヴォーカルに参加しているサンディーとは、その後、サンディー & ザ・サンセッツとして活動するサンディー(スペイン人と日本人とのハーフで、本名は鈴木あや)で、そのサンディー & ザ・サンセッツのシングル「Sticky Music / スティッキー・ミュージック」はオーストラリアのチャートで11位のヒットを記録しています。

▼ Sandii and the Sunsetz - Sticky Music
https://www.youtube.com/watch?v=pjbqByI1Y3c

▼ Sandii and the Sunsetz - Sticky Music (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=vPmMacoI7Y8

そして、このサンディー、実はそれ以前にもサンディー・オニール名義で、アガサ・クリスティ原作の映画「ナイル殺人事件」のテーマ曲「ミステリー・ナイル」を歌ったりもしていたんですよね。この曲は映画の公開と共に結構ヒットしていた覚えがあるので知っている人も多いのではないかと思います。ただし、この曲は日本の配給会社が独自に制作したテーマ曲なので、オリジナルの映画には使われていません。それでも、日本ではこの曲が映画の興行に果たした役割も大きかったのではないかと思います。まぁ、当時は映画のテーマ曲といえばインストゥルメンタル曲が多かったですしね。

▼ サンディー・オニール - ミステリー・ナイル (Mystery Nile)
http://www.youtube.com/watch?v=qge9GaBue6w

この「ミステリー・ナイル」がヒットしたこともあってか、その後も、この「○○殺人事件」シリーズの映画では日本独自のテーマ曲が作られています。

こちらは「地中海殺人事件」のテーマ曲

▼ キャシー・アンド・カレン - 渚のミステリー (Evil Under the Sun)
http://www.youtube.com/watch?v=tTm33cXx3N4

「ミステリー・ナイル」にしても「渚のミステリー」にしても、どこかミステリアスな雰囲気があり、曲自体は映画に合わせて良くできているといった印象。

サンディーについて更に続けると、実はこの他にも、サンドラ・ホーン名義で「ルパン三世」のエンディング曲「ラブ・スコール」も歌ってらっしゃいます。

▼ サンドラ・ホーン - ラヴ・スコール (LOVE SQUALL)
https://www.youtube.com/watch?v=G5_ftr9fhSQ

又、2010年にリリースされたセリーヌ・ディオンのDVD"Celine - Through the Eyes of the World"には、サンディーのアルバム"WATASHI"に収録されている「雪〜わたし」のカヴァー"Watashi Wa Totemo Shiawase Ne"が収録されています。

なんだかサンディーの記事みたいになってきましたが(笑)、最後は幸宏氏の"60th Anniversary Live"より。

▼ 高橋幸宏 60th Anniversary Live「Murdered By The Music」
https://www.youtube.com/watch?v=y2Uh7FGqLDI

なお、この再発盤には、このアルバムについて語る高橋幸宏のインタビュー記事が掲載されており、例えば"BLUE COLOUR WORKER"のシングルは、わざと'60年代っぽく「悲しきブルーカラーワーカー」というタイトルにしたとか、その"BLUE COLOUR WORKER"に出てくる「会社は辛いなぁ」の台詞は当時の状況とも合致していたとか、なかなか興味深いです。

Album Cover (back): Murdered by the Music / Yukihiro Takahashi TRACK LIST
[FACE 1] 1. SCHOOL OF THOUGHT / 2. MURDERED BY THE MUSIC / 3. KID-NAP, THE DREAMER / 4. I-KASU! / 5. RADIOACTIVIST / [FACE 2] 6. NUMBERS FROM A CALICULATED CONVERSATION / 7. BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL / 8. BLUE COLOUR WORKER / 9. STOP IN THE NAME OF LOVE / 10. MIRRORMANIC / 11. THE CORE OF EDEN

NOTES
• Sandi: Background Vocals (M-3, 8, 9)

• 収録曲のタイトルは全て英語表記で、日本語表記はされていませんが、シングルカットされた「MURDERED BY THE MUSIC」と「BLUE COLOUR WORKER」のシングル盤は、それぞれ「音楽殺人」、「悲しきブルーカラーワーカー」という日本語のタイトルでリリースされています。

2005年再発盤
• 高橋幸宏の新インタビュー掲載
• オリジナル・マスターテープからのデジタル・リマスタリング(監修:高橋幸宏)

(記:2014年2月)


    TAMBU / TOTO (1995)

CDの帯(初回プレス盤):タンブ / TOTO

Album Cover (front): Tambu / TOTO  Album Cover (back): Tambu / TOTO

この「Tambu / タンブ」は、オリジナルメンバーのジェフ・ポーカロが亡くなり、一時はバンドとしての存続が危惧されていた"TOTO"が、後任のドラマーにサイモン・フィリップスを迎えてリリースした9作目のスタジオアルバム。

私自身は、1990年にリリースされた"TOTO"初のベストアルバム「Past to Present 1977-1990 / グレイテスト・ヒッツ 〜Past to Present 1977-1990〜」以降、アルバムを購入することもなく、暫くは"TOTO"から離れていた状態だったのですが、ニューアルバムとしてリリースされたばかりのこのアルバム"Tambu"をCDショップでたまたま見つけたときはジャケットの雰囲気に惹かれて買ったんですよね。

アルバムにはバラードタイプの曲が多く収録されていることもあってか、比較的親しみ易い感じはあるのですが、メインのヴォーカリストがスティーヴ・ルカサーということもあり、スティーヴ・ルカサーのソロのような雰囲気も無きにしも非ずといった印象。

別にスティーヴ・ルカサーのヴォーカルがダメということではなく、実際、初期のアルバムにあるスティーヴ・ルカサーがヴォーカルをとる曲は好きな曲が多いくらいなんですが、やっぱりアルバムに2、3曲あるくらいがスティーヴ・ルカサーのヴォーカルも引き立つように思います。

アルバムとしては、正直言って、それほどのめり込んで聴くことはなかったのですが、それでも時折思い出したように聴くアルバムではあります。

実際、個々の楽曲は悪くはないし、2. "I Will Remember"、4. "If You Belong To Me"、6. "The Other End Of Time"、10. "Just Can't Get You"、12. "The Road Goes On"と、5曲もが収録されているバラード曲もそれぞれに良くできていると思います。ただ、全体的に落ち着いた雰囲気がある所為か、初期のアルバムで感じたようなきらめきは感じなかったですね。まぁ、この辺りは初期のアルバムに対する思い入れとか、自分自身の年齢といったものが影響しているのかもしれませんし、"TOTO"のメンバー自身もそれぞれに年齢を重ねるにつれて音楽的志向も多少変わってくることは致し方ない部分なのかもしれません。

それでも、例えば1曲目の"Gift Of Faith"が仮にボビー・キンボールのヴォーカルで3作目の「Turn Back / ターン・バック」に収録されていたらと考えると全然違和感は無いようにも思いますし、5曲のバラードもどれか1曲が初期のアルバムに収録されていたらと想像してみると、不思議とこれまたさほど違和感も無いようにも思います。

なんてことを考えると、やっぱりメインヴォーカリストがいて、スティーヴ・ルカサーやデヴィッド・ペイチがヴォーカルをとる曲が数曲あり、アルバムによっては他のメンバーがヴォーカルをとる曲も含まれるという初期のアルバムにあったスタイルがアルバムに幅を持たせると同時に魅力をも増幅させていたのかもしれません。

ということで、この記事を書くに当たって、改めてこのアルバムを繰り返し聴いてみたのですが、サウンド自体はチャラチャラしてなく、ブルージーでグルーヴィーな雰囲気があって案外心地良いのですが、何となくアルバムの構成にメリハリが無いというか、印象が薄い感じはあります。ただし、ペーパーバック風にデザインされたブックレットを含めたパッケージ全体のトータルアートワークが素晴らしいので、このアルバムならではの雰囲気はありますね。

一応、楽曲単体で見ると、さほど悪くはないし、嫌いというわけでもないのに、いまいちのめり込むことができないのは何故なのかと自分なりに考えてみたのですが、結論としては、バラードタイプの曲が多いということもあり、アルバムの中盤までは1曲毎にバラードが登場するというコンピレーションアルバムのような単調な構成が、いまひとつ盛り上がりに欠ける要因ではないかと思いました。どうも流れが悪いんですよね。

とまぁ、そんなこともあって、曲順を変えて変化をつけてみたところ、以前よりも多少印象は良くなったように思います。

ちなみ曲順は、1. "Gift Of Faith"、2. "Slipped Away"、3. "I Will Remember"、4. "Baby He's Your Man"、5. "Dave's Gone Skiing"、6. "If You Belong To Me"・・・といったように、1曲毎にバラードが配置されている中盤までの単調な流れを若干変えただけで、大きく変えてはいませんが、今のところはこの流れがけっこう気に入っています。

CD Case (front): Tambu / TOTO  CD Case (back): Tambu / TOTO

残念ながら、アメリカとイギリスではチャートインせずという結果に終ってますが、フィンランドで6位、ノルウェーで5位、スウェーデンで6位といったように北欧の国ではトップ10に入るヒットを記録するなど、ヨーロッパ諸国では比較的チャートの上位にランクインしています。

TOTO - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Keyboards & Vocals - David Paich (デヴィッド・ペイチ)
• Guitars & Vocals - Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー)
• Bass - Mike Porcaro (マイク・ポーカロ)
• Drums - Simon Phillips (サイモン・フィリップス)

CD Case (inside): Tambu / TOTO

▼ TOTO - Gift Of Faith
https://www.youtube.com/watch?v=QAS_u0ET9s8

▼ TOTO - I Will Remember
https://www.youtube.com/watch?v=_Y2qfmjCmCw

▼ TOTO - If You Belong To Me
https://www.youtube.com/watch?v=bhcnqq95PBc

▼ TOTO - The Other End Of Time
https://www.youtube.com/watch?v=K7NV2p31yaI

▼ TOTO - Just Can't Get To You
https://www.youtube.com/watch?v=QpfOO8ov7lg

▼ TOTO - The Road Goes On
https://www.youtube.com/watch?v=wTwZ4rbBQis

TRACK LIST
1. Gift Of Faith / 2. I Will Remember / 3. Slipped Away / 4. If You Belong To Me / 5. Baby He's Your Man / 6. The Other End Of Time / 7. The Turning Point / 8. Time Is The Enemy / 9. Drag Him To The Roof / 10. Just Can't Get You / 11. Dave's Gone Skiing / 12. The Road Goes On / 13. Blackeye -Bonus Track for Japanese fans-

1. ギフト・オブ・フェイス / 2. アイ・ウィル・リメンバー / 3. スリップト・アウェイ / 4. イフ・ユー・ビロング・トゥ・ミー / 5. ベイビー・ヒーズ・ユア・マン / 6. ジ・アザー・エンド・オブ・タイム / 7. ターニング・ポイント / 8. タイム・イズ・ジ・エネミィ / 9. ドラッグ・ヒム・トゥ・ザ・ルーフ / 10. ジャスト・キャント・ゲット・トゥ・ユー / 11. デイヴズ・ゴーン・スキイング / 12. ロード・ゴーズ・オン / 13. ブラックアイ -Bonus Track for Japanese fans-

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Lead Vocals:
Tracks 1, 2, 3, 4, 6, 8, 9, 12 (Steve Lukather) / Track 5 (Steve Lukather and Jenny Douglas-McRae) / Track 7 (Steve Lukather, Jenny Douglas-McRae and David Paich) / Track 10 (David Paich, Steve Lukather, John James and Jenny Douglas-McRae) / Track 11 (Instrumental) / Track 13 (Jenny Douglas-McRae)

• Booklet-info: "Dedicated in loving memory to Jeff Porcaro."

• Single: "I Will Remember" 64位 (UK)

(記:2016年3月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 26 Navigation Part 27   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.