Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 25
01. NIGHT AFTER NIGHT / UK (1979)
02. PAST TO PRESENT 1977-199 / TOTO (1990)
03. EARTHQUAKE - THE A&M YEARS 1981-1985 (4CD BOX SET) / Y&T (2013)
04. CONTAGIOUS / Y&T (1987)
05. BALLADS & BLUES 1982-1994 / GARY MOORE (1994)
06. BUILT TO DESTROY 「限りなき戦い」 / THE MICHAEL SCHENKER GROUP (1983)
07. THE CLASSIC ALBUMS COLLECTION (11CD BOX SET) / E.L.O. (2011)
08. KISS - PETER CRISS (SOLO ALBUM) / PETR CRISS (1978)
09. LAST CHRISTMAS 「ラスト・クリスマス」 [MAXI SINGLE CD] / WHAM! (1984)
10. ALL-STAR CHRISTMAS / VARIOUS ARTISTS (2000)
    NIGHT AFTER NIGHT / UK (1979)

CDの帯:ナイト・アフター・ナイト 〜 ライヴ・イン・ジャパン(日本初回盤LP復刻帯) / UK

CDの帯:ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)+1 (初回限定盤) / UK


Album Cover (front): Night After Night / UK  Album Cover (back): Night After Night / UK  CD: Night After Night / UK

実は、個人的に最も好きなライヴアルバムのひとつが、この"UK"のライヴアルバム「Night After Night / ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)」なんですよね。

このアルバムを知るきっかけとなったのは、リリースされた当時にこの"Night After Night"が新譜として紹介されたNHK-FMの番組だったことは今でも覚えていて、特にその中の"Nothing to Lose"に強く惹かれたことがアルバム(LPレコード)購入に至った最大の理由でした。ただ、それまでの自分はといえば、"UK"というバンドは疎か、ジョン・ウェットンすら知らず、それ以前のジョン・ウェットンのプログレ歴のこともこのアルバムを買って始めて知ったという程度の認識しかありませんでした。

曲順は実際のライヴとはかなり違うようですが、それまでの"UK"を知らない自分には1曲目が"Night After Night"なのは取っ付き易くて良かったように思います。実際、"Nothing to Lose"に惹かれたことは勿論のことながら、この"Night After Night"を最初に聴いて好印象だったことが、その後に続く曲も興味を持って聴くことができた要因でもあったように思いますからね。そういえば、ギターが無くてもロックが成立し、トリオ編成でも素晴らしいサウンドが構築できることを知ったのもこのアルバムでしたね。

もしも、この後にニューアルバムがリリースされていたなら多分それも買っていたと思うのですが、残念ながらバンドはこのアルバムを最後に解散してしまったんですよね。ライヴアルバムとはいえ、新曲が2曲収録されていたこともあり、バンドの解散は予想だにしなかった出来事でしたが、当時はバンドが解散していたこともその後の"Asia"結成のニュースで初めて知ったような記憶があります。

ということで、私がその後、"Asia"に飛びついたのは、この"UK"で知ったジョン・ウェットンがメンバーに名を連ねていたからだったのでした。

その後、時代がレコード盤からCDに代わった後も、このアルバムをCDで買って聴きたいとずっと思っていたのですが、タイミングが悪くて、買いたいと探していた時は廃盤になっていたりして中々買えずにいたのですが、ようやく買えたのが昨年の2014年に発売されたこちらのCDでした。

LPレコードで聴いてた時代は、A面の4曲ばかり聴いていたので、このCDを買ったときはLPレコードで言うB面の曲がけっこう興味深かったのですが、それでも、数十年ぶりに聴いても、A面の4曲にはやっぱりゾクゾク、ワクワクしましたね。

それにしても、今聴いても古臭い印象が全く無い素晴らしいライヴアルバムだこと。今はこのようなライヴアルバムを最後に残してしてくれたことに感謝。個人的には、ここに収録されている楽曲はどれもがスタジオヴァージョンを凌ぐサウンドだと思いますし、アルバム自体も"UK"の代表作であり、スタジオアルバムを凌駕する名盤だと思っています。

ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)+1 / UK

▲ 飛行機の中で書かれたと記載されていますが、ライナーノーツには、来日する直前に滞在していたカリフォルニアのホテルで作られていたことが記されています。ただし、来日直前に書かれた曲であることから、飛行機の中で多少手直しがされて完成に至ったということは有り得る話ではないかと思います。

ちなみに、アルバムは1979年5月30日の中野サンプラザでのライヴと、同年6月4日の日本青年館でのライヴから抜粋して編集されたもので、この再発盤に「+1」として収録されているボーナストラックの"When Will You Realize"は、シングル"Night After Night"のB面にのみ収録されていた曲です。

ただ、復刻版ということで、帯はLPレコードの時と同じデザインで懐かしくていいのですが、日本盤LPの帯が復刻されているのに、ジャケットの方はイギリス盤の復刻とやや中途半端な印象。日本盤LPは見開きのダブルジャケットで、表の部分はエンボス加工がしてあった記憶があるので、恐らくはこの点がコストの面で影響して、ジャケットの方はシングルジャケットのイギリス盤の復刻というかたちになったのではないかと推測しているのですが、個人的には若干高くなってもダブルジャケットにしてほしかったところ。しかも、復刻帯にもLPレコードの帯と同様に「ポスター付」との記載があるものの、帯を復刻しただけのようで、CDには何も付いていません(笑)。ミニチュアの写真でも付いていれば良かったのに。

ついでに補足しておくと、日本盤とイギリス盤のジャケットに関しては、他にも日本盤の方がイギリス盤に比べて青みが強い色合いのジャケットになっていたという点と、ジャケットの「U」の部分にあるエディ・ジョブソンの写真が異なるという違いもあります。

なお、上部に掲載しているジャケットの写真は、帯がキチキチで、無理に外そうとすると破れそうだったので、そのまま帯を付けた状態のジャケット写真になっていますが、実際は帯は外せるようになっています。又、帯はこの復刻されたものに加えて別途CD用の帯も付いているので、開封する前は帯が二段重ねという一風変わった状態になっているのですが、どうやら、実際は付いていない「ポスター付」の文字を隠す効能もあるようです(笑)。

あと、CDに関しては、4曲目から5曲目に移る部分(LPレコードではA面からB面に切り替わる部分)のトラック割りがちょっと変で、LPレコードだとA面最後の4曲目がフェードアウトして終わり、B面1曲目である5曲目は歓声がフェードインして始まるところが、このCDでは、4曲目がフェードアウトした後の若干の無音部分を挟んで5曲目がフェードインし始めるところまでが4曲目になっているんですよね。なので、5曲目も歓声がフェードインして始まるのではなく、切れた状態で始まることになります。まぁ、通して聴けば問題無いのですが、この曲だけを聴こうとするときは多少変な感じになります。

それと、このアルバムもそうですが、ライヴアルバムでは曲の始まり部分でトラック割りしてある場合が意外と多く、曲紹介のMCが前の曲の終り部分に含まれることになるのは多少違和感がありますね。これもアルバムを通して聴けば問題無いのですが、特定の曲だけを聴こうとする場合などは盛り上がりに欠けるような感じが無きにしも非ず。

でも、ボーナストラックの"Will You Realize"にも、聞き取りというかたちで歌詞と対訳を付ける仕事がなされているのは良いところ。

Night After Night / UK

収録曲について言えば、前半の1曲目〜4曲目(LPレコードではA面)がどちらかというとポップでメロディックなサウンドなのに対し、後半の5曲目〜9曲目(LPレコードではB面)は、変拍子を交えたテクニカルなプログレ色が前面に出たサウンドになっており、前半と後半(LPレコードではA面とB面)で曲調が色分けされているのが面白いところ。

それに、新曲が収録されていると先にも書いたように、アルバムタイトルにもなっている1曲目の"Night After Night"と、4曲目の"As Long as You Want Me Here"はこのアルバムでしか聴けない曲だというのも、このアルバムならではの特徴。しかも、どちらも魅力的な曲であるところがこのアルバムを更に特別なものにしている要素にもなっているように思います。"Night After Night"はキーボードソロがカッコ良いミディアムテンポのモダンな雰囲気を持った曲。そして、"As Long as You Want Me Here"は後の"Asia"に通じるサビのパートが印象的な曲で、どちらも大好きな曲です。

エレクトリックピアノが美しい旋律を奏でる2曲目の"Rendezvous 6:02"もこれまた大好きな曲で、ソロパートに於ける分厚いシンセサウンドも魅力的。

そして、このアルバムを買うきっかけとなった曲であり、アルバムではハイライトのひとつでもある"Nothing to Lose"は勿論今でも最も好きな曲のひとつで、スタジオヴァージョンよりも長くなっているバイオリンソロが聴き所なのは勿論のこと、ライヴではエディ・ジョブソンがキーボードを離れてバイオリンに持ち替える動作が入るため、バイオリンソロの前にベースとドラムによるタメがあって、そこがまたカッコイイんですよね。それに、キーボードからヴァイオリンへ、そして、再びキーボードへと動き回るライヴでのエディの様子が想像できて楽しいです。

5曲目以降は、こちらも先に述べたように、変拍子を交えたテクニカルなプログレ風楽曲が続くのですが、アルバム前半のような親しみ易い曲がありながらも、こういった面をベースに持ち合わせているが、実は"UK"最大の魅力なのではないかと思います。当時は前半の曲に比べて聴く機会は少なかったのですが、スリリングで壮絶な演奏が畳み掛けるように展開される様は圧巻。

なお、アルバムに収録されている新曲以外の曲は、5曲目〜8曲目までの4曲が「U.K. / 憂国の四士」 (1978) から。そして、2、3、9曲目が「Danger Money / デンジャー・マネー」 (1979) からとなっています。

最後の"UK"コールが、フェードアウトじゃなく、エコーと共に突然終わってしまうのも、今にして思えば、何だかバンドの運命を象徴しているようで感慨深いものがありますね。 解散してしまって、本当に残念ではあるのですが、この解散がなければ"Asia"の誕生も無かっただろうし・・・複雑な心境。

■ 残念ながらこのライヴアルバムの動画は無いようなので。

UK - Nothing To Lose (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=SwVVx5DwfrQ

▼ ライヴ・ヴァージョンはこんな感じ(カヴァー)

Nothing To Lose (U.K.Cover)
https://www.youtube.com/watch?v=5ihcNtTP9bY

UK - Rendezvous 6:02 (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=oZ5RgSPU3B4

UK - Night After Night / Caesar's Palace Blues (1979 TV Performance)
https://www.youtube.com/watch?v=uZJ-eZ0JfKk

Night After Night / UK

UK - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Eddie Jobson (エディ・ジョブソン) - Keyboards and Electric Violin
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Lead Voice and Bass Guitar
• Terry Bozzio (テリー・ボジオ) - Drums and Percussion

TRACK LIST (2014 Japanese Reissue Edition)
1. Night After Night / 2. Rendezvous 6:02 / 3. Nothing To Lose / 4. As Long As You Want Me Here / 5. Alaska / 6. Time To Kill / 7. Presto Vivace / 8. In The Dead Of Night / 9. Caesar's Palace Blues / 10. When Will You Realize (Bonus Track)

1. ナイト・アフター・ナイト(新曲) / 2. ランデブー 6:02 / 3. ナッシング・トゥ・ルーズ / 4. アズ・ロング・アズ・ユー・ウォント・ミー・ヒア(新曲) / 5. アラスカ / 6. タイム・トゥ・キル / 7. プレスト・ヴィヴァーチェ / 8. イン・ザ・デッド・オブ・ナイト / 9. シーザーズ・パレス・ブルース / 10. ホエン・ウィル・ユー・リアライズ (ボーナス・トラック)

※ LP時代の邦題
6. 「タイム・トゥ・キル」 → 「時空の中に」 / 8. 「イン・ザ・デッド・オブ・ナイト」 → 「闇の住人」

復刻ミニチュア巻き帯に書かれた曲目にはLP時代の邦題がそのまま記されています。
別にカタカナ表記に変更しなくてもよかったのに・・・。

NOTES
• Recorded at Nakano Sun Plaza (30 May 1979) and Nippon Seinen Kan (4 June 1979), Tokyo, Japan.

• Single: "Night After Night" (B-Side: "When Will You Realize")

■ ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)+1
• 初回限定盤(紙ジャケット+日本初回盤LP復刻ミニチュア巻き帯+ボーナストラック)
• CD発売日:2014年9月24日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付(ボーナストラックを含む)

(記:2015年9月)


    PAST TO PRESENT 1977-1990 / TOTO (1990)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト・ヒッツ 〜Past to Present 1977-1990〜 / TOTO

Album Cover (front): Past to Present 1977-1990 / TOTO  Album Cover (back): Past to Present 1977-1990 / TOTO  CD: Past to Present 1977-1990 / TOTO

1990年にリリースされたこの「Past to Present 1977-1990 / グレイテスト・ヒッツ 〜Past to Present 1977-1990〜」は、これまでのヒット曲が集約された"TOTO"初のグレイテスト・ヒッツといえるアルバムですが、過去の名曲に加えて、新加入のジャン・ミッシェル・バイロンがヴォーカルをとる新曲が4曲含まれているという点でもファンには見逃せないアルバムです。しかも、ジャン・ミッシェル・バイロンはこの後グループを離れてしまったので、結果的にはこのアルバムだけの参加というかたちになってしまいましたからね。

アルバムは、1978年のファーストアルバム「TOTO / 宇宙の騎士」から1988年リリースの7作目「The Seventh One / ザ・セブンス・ワン〜第7の剣〜」より選曲されており、それに加えて、先に述べたように、新曲が4曲という構成になっています。ただし、1981年リリースのサードアルバム「Turn Back / ターン・バック」と、1984年リリースの5作目「Isolation / アイソレーション」からは1曲も選曲されていません。

当時は新曲目当てで買ったようなアルバムであったものの、どちらかといえばロック系のサウンドが好きだったこともあり、ソウルやファンクといった要素が強い1曲目の"Love Has The Power"や、ラストの"Animal"をはじめ、新曲の4曲にはこれといって惹かれることもなく、繰り返して聴くようなこともなかったんですよね。

それでも、久しぶりに聴いてみると、これらの新曲も当時抱いていた印象ほど悪くはない感じ。しかも、これら4曲の新曲は他のアルバムには収録されていないので、今となっては貴重ですしね。とは言っても、当時は、今後はこのようなスタイルのサウンドになるのかと思うと、なんだか興味が失せてしまい、その後の"TOTO"から離れてしまうきっかけとなったアルバムでもあったのでした。

※ 補足
2002年にリリース(日本盤は2003年にリリース)された3枚組みのコンピレーションアルバム"Greatest Hits ...And More"には、"Love Has The Power"と"Out Of Love"のリミックスヴァージョンが収録されています。

アルバムは、ビルボードチャートでの最高位が153位と、初のグレイテスト・ヒッツにしては少々寂しい結果に終わったものの、その後もじわじわと売り上げを伸ばしていたようで、6年後の1996年には100万枚のセールスに到達し、プラチナムに認定されています。

▼ TOTO - Out Of Love (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=w2JIS3QnZlc

▼ TOTO - Can You Hear What I'm Saying (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=1qzuCU3dQ6k

▼ TOTO - Out Of Love (German TV-Show)
https://www.youtube.com/watch?v=dQVmxEYv5Yc

TRACK LIST
1. Love Has The Power (New Song) / 2. Africa / 3. Hold The Line / 4. Out Of Love (New Song) / 5. Georgy Porgy / 6. I'll Be Over You / 7. Can't You Hear What I'm Saying (New Song) / 8. Rosanna / 9. I Won't Hold You Back / 10. Stop Loving You / 11. 99 / 12. Pamela / 13. Animal (New Song)

1. ラヴ・ハズ・ザ・パワー(新曲) / 2. アフリカ / 3. ホールド・ザ・ライン / 4. アウト・オブ・ラヴ(新曲) / 5. ジョージー・ポージー / 6. アイル・ビー・オーヴァー・ユー / 7. キャン・ユー・ヒア・ホワット・アイム・セイイング(新曲) / 8. ロザーナ / 9. ホールド・ユー・バック / 10. ストップ・ラヴィング・ユー / 11. 99 / 12. パメラ / 13. アニマル(新曲)

NOTES
• US 153位 (Platinum / 1996-RIAA)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年9月)


    EARTHQUAKE - THE A&M YEARS 1981-1985 (4CD BOX SET) / Y&T (2013)

Album Cover: Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T  CD Case (back cover): Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T  CD: Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T

こちらはA&Mレコード時代にリリースされたY&Tのアルバム7枚(スタジオアルバム5枚とライヴアルバム2枚)を4枚のCDに収めたボックスセットで、勿論、7枚のアルバム全ての曲が収録されています。

収められているアルバムは以下の7枚。

1. 「Earthshaker / アースシェイカー」(1981年)
2. 「Black Tiger / ブラック・タイガー」(1982年)
3. 「Mean Streak / ミーン・ストリーク」(1983年)
4. 「In Rock We Trust / イン・ロック・ウィ・トラスト」(1984年)
5. 「Open Fire / オープン・ファイアー」(1985年)※ライヴアルバム
6. 「Down for the Count / ダウン・フォー・ザ・カウント」(1985年)
7. 「Live on the Friday Rock Show / ライヴ・オン・ザ・フライデイ・ロック・ショウ」(2000年)※ライヴアルバム

Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T

この"Y&T"、私自身は、このボックスセットに収録されているファーストアルバムの"Earthshaker"から6作目の"Down for the Count"まで全てのアルバムをLPレコードで持っていたというくらい好きなバンドだったのですが、これらのアルバムをCDとしては持っていなくて、"Down for the Count"から15年を経た2000年に突如リリースされたBBC音源のライヴアルバム"Live on the Friday Rock Show"もこれまで聴いたことがなかったので、このボックスセットのリリースは、これらのアルバムをまとめて聴ける丁度いい機会となったんですよね。

Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T

ただ、このボックスセット、表記等には細かなミスがいくつかあるんですよね。例えば、上の写真にあるように、ジャケットに記載されているアルバム名に"Open Fire"の表記が抜けてます。又、CDケースの裏ジャケットにある曲目とブックレット裏側に記載された曲目の表記では、共に、アルバム"Mean Streak"の最後の曲がアルバム"In Rock We Trust"の1曲目である"Rock & Roll's Gonna Save The World"になっていたり、全曲が"Disc 1"に収録されている"Black Tiger"のアルバムタイトルが"Disc 2"のCDラベルにも記載してあったりといったミスもあります。

他にも、本来ならライヴアルバム"Open Fire"に新曲として収録されていた"Summertime Girls"に"Studio Version"の表記がされるべきところが、次作のスタジオアルバム"Down for the Court"に収録されている"Summertime Girls"の方に"Studio Version"の表記がされていたりと細かなミスも。

まぁ、別に細かくチェックしていたわけでは無いのですが、自然と頭の中にトラックリストが入っているので、目に入るとついつい気付いてしまうんですよね。これを勉学に生かせれば良かったのに(笑)。

▼ 15ページのオールカラーブックレットが付いています。

Booklet: Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T  Booklet: Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T  Booklet: Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T

一応、"Y&T"の歴史を簡単に記しておくと、1974年に"Yesterday and Today"というバンド名で活動をスタートさせた後は、76年にデビューアルバム"Yesterday and Today"、78年にはセカンドアルバムの"Struck Down"をリリースするも、商業的にはパッとせず、その後はアルバムをリリースすることも無く、バンドが存続しているのかどうかもあやふやな状況が続いていました。

そんな中、1970年代後半にイギリスで"NWOBHM"(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)といわれるヘヴィメタル・ムーブメント勃発し、それがアメリカや日本にも飛び火するかたちで、巨大なムーブメントを形成。

そして、1981年、そんな追い風ともいえる状況の中、"A&M"への移籍を期にグループ名を"Yesterday and Today"から"Y&T"へと短縮した表記に変えて、アルバム"Earthshaker"と共に再デビューを果たしたのでした。

その後は、このボックスセットに収められているアルバムを順調にリリースしていくも、6作目の"Down for the Count"を最後にレーベルを移籍。

デイヴ・メニケッティ (Vocal, Guitar)、レオナード・ヘイズ (Drums)、フィル・ケネモア (Bass)、ジョーイ・アルヴェス (Guitar) という不動のラインアップが崩れ、メンバー2人が交代するなど紆余曲折を経た後、最後のフェアウェルツアーを収録した1991年リリースのライヴアルバム"Yesterday & Today Live"を最後に17年の活動に終止符が打たれたのでした。

しかし、4年後の1995年にバンドは復活。その後は地道にバンド活動が続くも、2011年にはデイヴ・メニケッティと共にバンドを支えてきたオリジナルメンバーのフィル・ケネモアが肺癌により57歳で逝去。以降、様々な試練を乗り越えて現在も活動中。

CD Case (inside): Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T  CD Case (inside): Earthquake - The A&M Years 1981-1985 / Y&T

収録されている個々のアルバムについて言えば、LPレコード時代だと、アルバムを通して良く聴いていたのはファーストアルバムの"Earthshaker"と、サードアルバムの"Mean Streak"でした。"Earthshaker"では"Y&T"を知るきっかけとなった曲"Rescue Me"をはじめ、フィル・ケネモアがヴォーカルを取る"Squeeze"と、"Y&T"を代表するする曲のひとつとも言える"Hurricane"が特に好きで、"Mean Streak"では1曲目のタイトルトラックと、これまたY&T"を代表するする曲のひとつと言える"Midnight In Tokyo"を取り分け良く聴いていました。セカンドアルバムの"Black Tiger"は、"Forever"という名曲が収録されてはいるものの、アルバムとしては聴かない曲が多かったですね。

4作目の"In Rock We Trust"では、"I'll Keep On Believin' (Do You Know)"、"Don't Stop Runnin'"、"This Time"の3曲が特に好きで、他の曲はあまり聴いていなかったような記憶があります。

5作目のライヴアルバム"Open Fire"は、いまひとつ好きになれかったアルバムでした。というのも、曲数が全8曲(スタジオトラックの新曲1曲を含む)と少なかったこともあるのですが、選曲が微妙で、間にスタジオ録音の新曲が挟んであったりするなどライヴアルバムとしてはなんだか中途半端な感じがあったんですよね。初のライヴアルバムということで期待感も大きかったのですが、多少期待外れといった印象でした。

6作目の"Down for the Count"は、前作のスタジオアルバム"In Rock We Trust"が過去最高のチャートポジションを記録したことから、アメリカンロック色を更に推し進めたアルバムとなったようで、これまでのアルバムに比べるとポップな曲が多く、当時はそれに違和感もあって、聴く機会も少なかったアルバムでした。

そして、2000年にリリースされたライヴアルバム"Live on the Friday Rock Show"。冒頭でも述べたように、このボックスセットを買って初めて聴いたアルバムでもあったわけですが、レディング・フェスティバルとモンスターズ・オブ・ロックからそれぞれ6曲ずつと曲数が少ないので、あの曲が無いとか思うところはあるものの、それぞれのオープニング曲が"Hungry For Rock (Reading Festival-1982)"と"Mean Streak (Monsters of Rock Festival-1984)"というだけで私自身は十分満足。それに、なんたって全盛期ともいえる1982年と1984年のライヴですからね。しかも、レディング・フェスティバルとモンスターズ・オブ・ロックでのライヴですから文句などあろうはずがありません。躍動感が素晴らしいです。

▼ Y&T - Rescue Me (Live At San Francisco Civic Auditorium 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=FjSY3U1DJUk

▼ Y&T - Forever (Live At San Francisco Civic Auditorium 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=4QR4O0-G9HA

▼ Y&T - Midnight In Tokyo (Live At BYH Festival 2006)
https://www.youtube.com/watch?v=1zq_G3sOzJ4

▼ Y&T - Meanstreak (from the 2013 Monsters of Rock Cruise)
https://www.youtube.com/watch?v=Sayj-M7QoXo

▼ Y&T - Face Like an Angel (Japan TV)
https://www.youtube.com/watch?v=hjAg7suMp3U

▼ Y&T - Don't Stop Running (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=BJmq5gfd6R8

Y&T - BAND MEMBERS
• Dave Meniketti (デイヴ・メニケッティ) - Lead Guitar, Lead Vocals
• Phil Kennemore (フィル・ケネモア) - Bass Guitar, Backing Vocals (Lead Vocals on "Squeeze")
• Leonard Haze (レオナード・ヘイズ) - Drums, Percussion, Backing Vocals
• Joey Alves (ジョーイ・アルヴィス) - Rhythm Guitar, Backing Vocals

 

TRACK LIST (Contains 7 Albums on 4 Discs)

[Disc 1]
EARTHSHAKER (1981): 1. Hungry For Rock / 2. Dirty Girl / 3. Shake It Loose / 4. Squeeze / 5. Rescue Me / 6. Young And Tough / 7. Hurricane / 8. Let Me Go / 9. Knock You Out / 10. I Believe In You / BLACK TIGER (1982): 11. From The Moon / 12. Open Fire / 13. Don't Wanna Lose / 14. Hell Or High Water / 15. Forever / 16. Black Tiger / 17. Barroom Boogie / 18. My Way Or The Highway / 19. Winds Of Change

[Disc 2]
MEAN STREAK (1983): 1. Mean Streak / 2. Straight Thru The Heart / 3. Lonely Side Of Town / 4. Midnight In Tokyo / 5. Breaking Away / 6. Hang 'Em High / 7. Take You To The Limit / 8. Sentimental Fool / 9. Down And Dirty / IN ROCK WE TRUST (1984): 10. Rock & Roll's Gonna Save The World / 11. Life, Life, Life / 12. Masters And Slaves / 13. I'll Keep On Believin' (Do You Know) / 14. Break Out Tonight! / 15. Lipstick And Leather / 16. Don't Stop Runnin' / 17. (Your Love Is) Drivin' Me Crazy

[Disc 3]
IN ROCK WE TRUST (1984): 1. She's A Liar / 2. This Time / OPEN FIRE (1985): 3. Open Fire [Live] / 4. Go For The Throat [Live] / 5. 25 Hours A Day [Live] / 6. Rescue Me [Live] / 7. Summertime Girls [Studio Version] / 8. Forever [Live] / 9. Barroom Boogie [Live] / 10. I Believe In You [Live] / DOWN FOR THE COURT (1985): 11. In The Name Of Rock / 12. All American Boy / 13. Anytime At All / 14. Anything For Money / 15. Face Like An Angel

[Disc 4]
DOWN FOR THE COURT (1985): 1. Summertime Girls / 2. Looks Like Trouble / 3. Your Mama Don't Dance / 4. Don't Tell Me What To Wear / 5. Hands Of Time / LIVE ON THE FRIDAY ROCK SHOW (2000): 6. Hungry For Rock [Live] / 7. Black Tiger [Live] / 8. I Believe In You [Live] / 9. Open Fire [Live] / 10. Forever [Live] / 11. Rescue Me [Live] / 12. Mean Streak [Live] / 13. Barroom Boogie [Live] / 14. Lipstick And Leather [Live] / 15. Rescue Me [Live] / 16. Rock & Roll's Gonna Save The World [Live] / 17. Masters And Slaves [Live]

 

NOTES

• This 4 CD BOX SET features 68 songs from 7 albums (5 Studio Albums + 2 Live Albums) which are "EARTHSHAKER (1981)", "BLACK TIGER (1982)", "MEAN STREAK (1983)", "IN ROCK WE TRUST (1984)", "OPEN FIRE (1985)", "DOWN FOR THE COUNT (1985)", and "LIVE ON THE FRIDAY ROCK SHOW (2000)".

• CD 4 (LIVE ON THE FRIDAY ROCK SHOW) Tracks 6-11: Live At The Reading Rock Festival 29/8/1982
• CD 4 (LIVE ON THE FRIDAY ROCK SHOW) Tracks 12-17: Live At The Donington Monsters of Rock Festival 14/9/1984

• 15ページのオールカラーブックレット付き
• Label: Universal (UMC)
• Made in the EU

(記:2015年10月)


    CONTAGIOUS / Y&T (1987)

CDの帯(初回プレス盤):コンテイジャス / Y&T

Album Cover (front): Contagious / Y&T Album Cover (back): Contagious / Y&T CD Case (back cover): Contagious / Y&T

そして、こちらはゲフィンに移籍してリリースされた"Y&T"通算7作目(ライヴアルバムを含む)となるスタジオアルバムで、前作の「Down for the Count / ダウン・フォー・ザ・カウントに比べると若干ポップ色が抑えられた印象があり、サウンドアプローチに多少軌道修正が図らているようにも感じます。

前作では"All American Boy"、"Anytime At All"、"Summertime Girls"といったいかにもアメリカンロックといった感じの野外ライヴが似合いそうな乾いた印象のある曲が収録されていたのですが、このアルバムでは、どことなくヴァン・へイレンのような雰囲気のある"L.A. Rocks"を除いては、全体的に多少湿り気を帯びたサウンドといった雰囲気があり、サウンドプロダクションも前作以上にゴージャスな印象があります。

個人的には「Temptation / テンプテイション」、「Fight for Your Life / ファイト・フォー・ユア・ライフ」、「Armed and Dangerous / アームド・アンド・デンジャラス」、そして、ゲイリー・ムーアを彷彿させるようなインストゥルメンタル曲「I'll Cry for You / アイル・クライ・フォー・ユー」といった曲が好きなのですが、アルバムとしては、相変わらずというか、これも"Y&T"の特徴のひとつというべきなのか、聴く曲と聴かない曲が極端に分かれてしまいます。

まぁ、それでも、前作の「Down for the Count / ダウン・フォー・ザ・カウント」(1985年)や、前々作の「In Rock We Trust / イン・ロック・ウィ・トラスト」(1984年) よりは良く聴いていたように思いますし、初めてCDで買った"Y&T"のアルバムだったということで、それなりに思い出に残っているアルバムのひとつではありますね。

なお、このアルバムでは、これまでの不動のラインアップから、ドラムのレオナード・ヘイズがグループを離れて、新たにジミー・デグラッソがメンバーに加わっています。

Y&T - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Joey Alves (ジョーイ・アルヴィス) - Acoustic and Electric Guitar
• Dave Meniketti (デイヴ・メニケッティ) - Lead Vocals and Lead Guitar
• Phil Kennemore (フィル・ケネモア) - Bass Guitar
• Jimmy DeGrasso (ジミー・デグラッソ) - Drums

Contagious / Y&T

▼ Y&T - Contagious (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=rrgWjjCo8Bw

▼ Y&T - I'll Cry For You
https://www.youtube.com/watch?v=LxR8ooH8ZAg

TRACK LIST
1. Contagious / 2. L.A. Rocks / 3. Temptation / 4. Kid Goes Crazy / 5. Fight For Your Life / 6. Armed And Dangerous / 7. Rhythm Or Not / 8. Bodily Harm / 9. Eyes Of A Stranger / 10. I'll Cry For You

1. コンティジャス / 2. L.A.ロックス / 3. テンプテイション / 4. キッド・ゴーズ・クレイジー / 5. ファイト・フォー・ユア・ライフ / 6. アームド・アンド・デンジャラス / 7. リズム・オア・ノット / 8. ボディリー・ハーム / 9. アイズ・オブ・ア・ストレンジャー / 10. アイル・クライ・フォー・ユー

NOTES
• US 78位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年10月)


    BALLADS & BLUES 1982-1994 / GARY MOORE (1994)

CDの帯(初回プレス盤):ベスト・オブ・ゲイリー・ムーア〜バラッズ・アンド・ブルース / ゲイリー・ムーア

Album Cover (front): Ballads & Blues 1982-1994 / Gary Moore  Album Cover (back): Ballads & Blues 1982-1994 / Gary Moore  CD Case (back cover): Ballads & Blues 1982-1994 / Gary Moore

これは、アルバムタイトルが示すようにバラードとブルースを集めたゲイリー・ムーアのコンピレーションアルバムで、更には、これまでの曲に加えて3曲の新曲も収録されています。

しかも、またひとつ名曲が生まれたと感じさせられるような「One Day / ワン・デイ」をはじめ、新曲のどれもがこれまた素晴らしいんですよね。

ジャジーで落ち着いた雰囲気の「With Love (Remember) / ウィズ・ラヴ(リメンバー)」と、ブルージーなインストゥルメンタル曲の「Blues for Narada / ブルーズ・フォー・ナラダ」は、共に7分を超える曲ですが、どちらもスタンダードナンバーと言われても納得しそうなほど渋い曲。時々、こういった曲を聴きたくなることってあるんですよね。勿論、両曲共ゲイリー・ムーアのオリジナル曲なんですけどね。

又、こういったスローな曲を集めたコンピレーションアルバムだと、起伏に乏しく、全体的に多少だるく感じることもあったりするのですが、このアルバムはロックスタイルのパワーバラードとジャジーでブルージーなバラードがうまく組み合わさっている所為か、そういう風に感じることが無いんですよね。恐らくは、水彩だと思うのですが、アートワークもいい感じで、ベストアルバム以上の存在価値を持ったトータルバランスに優れたアルバムといった印象。

CD Case (inside): Ballads & Blues 1982-1994 / Gary Moore CD: Ballads & Blues 1982-1994 / Gary Moore

私自身は、ハードロック時代の"Run for Cover"(LPレコード)が、始めて買ったゲイリー・ムーアのアルバムで、当時はそのロックな部分に惹かれていたわけですが、今では、そんな自分も、ゲイリー・ムーアといえばブルースといったイメージの方が強くなっています。ただ、2011年に58歳という若さで亡くなられことだけが残念でなりません。

なお、「Parisienne Walkways / パリの散歩道」はライヴアルバム"Blues Alive"に収録されているライヴヴァージョン。そして、「Still Got the Blues / スティル・ゴット・ザ・ブルーズ」、「Empty Rooms / エンプティ・ルーム」、「Falling in Love with You / フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」の3曲はシングルヴァージョンの方が収録されています。

ちなみに、「Crying in the Shadows / クライング・イン・ザ・シャドウズ」は、ゲイリー・ムーアが本田美奈子さんに提供した曲「the Cross -愛の十字架-」のセルフカヴァー曲です。

▼ Minako Honda 本田美奈子 - The Cross (with Brian May 1986)
https://www.youtube.com/watch?v=d1fbcEtBWaU

▼ Gary Moore - Always Gonna Love You (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=c0gg4zY0oZ0

▼ Gary Moore - Empty Rooms (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=JF8CLGq7EXQ

▼ Gary Moore - Still Got The Blues (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=4O_YMLDvvnw

▼ Gary Moore - Parisienne Walkways (1993 Blues Alive)
https://www.youtube.com/watch?v=7L4JMF2aHD0

TRACK LIST
1. Always Gonna Love You / 2. Still Got The Blues / 3. Empty Rooms / 4. Parisienne Walkways (Live) / 5. One Day / 6. Separate Ways / 7. Story Of The Blues / 8. Crying In The Shadows / 9. With Love (Remember) / 10. Midnight Blues / 11. Falling In Love With You / 12. Jumpin' At Shadows / 13. Blues For Narada / 14. Johnny Boy

1. オールウェイズ・ゴナ・ラヴ・ユー / 2. スティル・ゴット・ザ・ブルーズ / 3. エンプティ・ルーム / 4. パリの散歩道(ライヴ) / 5. ワン・デイ(新曲) / 6. セパレイト・ウェイズ / 7. ストーリー・オブ・ザ・ブルーズ / 8. クライング・イン・ザ・シャドウズ / 9. ウィズ・ラヴ(リメンバー)(新曲) / 10. ミッドナイト・ブルーズ / 11. フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ユー / 12. ジャンピン・アット・シャドウズ / 13. ブルーズ・フォー・ナラダ(新曲) / 14. ジョニー・ボーイ

NOTES
• Tracks 5, 9, 13 - Previously Unreleased
• Tracks 2, 3, 11 - Single Version

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年10月)


    BUILT TO DESTROY 「限りなき戦い」 / THE MICHAEL SCHENKER GROUP (1983)

CDの帯:限りなき戦い / MSG

Album Cover (front): Built To Destroy / The Michael Schenker Group
マイケル・シェンカー・グループのスタジオアルバムとしては4作目に当たる「Built To Destroy / 限りなき戦い」は、オリジナルの"UK Mix"と、その後直ぐに差し替えてリリースされた"US Miix"の2種類が存在するのですが、2014年にリリースされたこの再発盤(2009年デジタル・リマスター)は"UK Mix"と"US Miix"の両方が全曲収録されています。

この2つのヴァージョンは、ミックス違いとはいえ、"US Miix"の方では新たに"Derek St. Holmes"がメンバーに加わってヴォーカルをとっている曲があり、その他にも新たにレコーディングされたパートがあったりと、曲によってはかなりの違いが感じられるので、これ1枚で全曲を聴き比べることができるのが良いところ。

アルバムは、前半がオリジナルの"UK Mix"で、後半が"US Miix"という構成になっており、"US Miix"の方はリリースされた当時の海外盤と同じ曲順で収録されています。

ということで、曲順も"UK Mix"と"US Miix"ではかなりの違いがあり、アルバムの印象も大きく違うのですが、発売当時の日本盤"US Miix"は、先にリリースされたオリジナルの"UK Mix"の曲順に沿うかたちでリリースされていました。まぁ、"US Miix"の曲順は大胆というか、アメリカ的というか、流れ?何それ?といった感じだったので、日本盤ではオリジナルの"UK Mix"と同じ曲順に変更されたのも頷けるところではあります。

この"Built To Destroy"は、前作のグラハム・ボネットに代わり、再びゲイリー・バーデンがヴォーカルに復帰して制作されたアルバムですが、歌唱力に長けたグラハム・ボネットに代わり、再びゲイリー・バーデンが復帰することに対して疑問を呈する声も少なからずあったように思います。ただ、私個人はゲイリー・バーデンの声質の方がマイケル・シェンカーのギターと音楽性には合っていると感じていたので、このゲイリー・バーデンの復帰を歓迎していました。それに巷で言われるほどゲイリー・バーデンの歌唱力に難があるとは思っていませんでしたしね。

それでも、当時は、ヴォーカルが弱いだの何だのといった声が音楽雑誌等を通して頻繁に伝えられていて、マイケル・シェンカーもそういった声があることを知っていたのか、インタビュー記事では事あるごとに「ゲイリーは素晴らしいヴォーカリスト」と答えていたのが印象的でした。

Album Cover (back): Built To Destroy / The Michael Schenker Group  CD Case (back cover): Built To Destroy / The Michael Schenker Group  CD: Built To Destroy / The Michael Schenker Group

アルバム自体は収録された楽曲の充実度も高く、私自身はセカンドアルバムの「MSG / 神話」と並んで好きなアルバムなのですが、オープニングの「Rock My Nights Away / ロック・マイ・ナイツ・アウェイ」(キーボードのアンディ・ナイ作)が若干シンセポップのような雰囲気もあった所為か、当時は賛否両論があったように思います。個人的にはオープニングに相応しい良い曲だと思いますし、このキーボードの音色も曲に合っていて結構好きなんですけどね。

ただ、"US Miix"の方は、このキーボードの音色がエレクトリック・ピアノっぽい音に変更されているんですよね。当時は"UK Mix"と"US Miix"の両アルバム共LPレコードで持っていたのですが、この"Rock My Nights Away"のキーボードの音色が"US Miix"に馴染めなかったひとつの要因でもありました。しかも日本盤の"US Mix"だと1曲目ですから、何となく出鼻をくじかれたような感じでしたね。

と、まぁ、そういったことから、私自身は、後からリリースされた"US Miix"を今ひとつ好きになれず、結局はオリジナルの"UK Mix"ばかり聴いていました。

ただ、ラストの「Rock Will Never Die (Walk The Stage) / ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」だけは、"US Miix"の方が好きで、カセットテープには"UK Mix"の最後だけ"US Miix"の"Rock Will Never Die (Walk The Stage)"に入れ変えて聴いていたことを覚えています。

▼ ブックレットの裏面はオリジナルの"UK Mix"の裏ジャケットが使用されています

Built To Destroy / The Michael Schenker Group

▼ CDケース裏面のバックカヴァー

Built To Destroy / The Michael Schenker Group

▼ でも、CDラベルに記されている曲目はボーナストラックの表記が目茶苦茶

Built To Destroy / The Michael Schenker Group

この目茶苦茶なボーナストラックの表記は、2000年の再発盤とボーナストラックの曲目及び、曲数が曲順を含めて一致することから、恐らくはそれをそのまま使ったのではないかと思います。リマスターの表記も2000年になっていますし。

▼ MSG - Rock Will Never Die (Live At The Hammersmith Odeon '83)
https://www.youtube.com/watch?v=shaiT_2wi_U

▼ MSG - I'm Gonna Make You Mine (Live At The Hammersmith Odeon '83)
https://www.youtube.com/watch?v=8jtt6An5kig

▼ MSG - Rock My Nights Away (Live At The Hammersmith Odeon '83)
https://www.youtube.com/watch?v=CgyNbzbnu1s

▼ LPレコードでリリースされた当時の曲目と曲順は以下の通り

Original UK Mix

1. Rock My Nights Away
2. I'm Gonna Make You Mine
3. The Dogs Of War
4. Systems Failing
5. Captain Nemo
6. Still Love That Little Devil
7. Red Sky
8. Time Waits (For No One)
9. Walk The Stage

US Miix

1. I'm Gonna Make You Mine
2. Time Waits (For No One)
3. Systems Failing
4. Rock Will Never Die (Walk The Stage)
5. Red Sky
6. Rock My Nights Away
7. Captain Nemo
8. The Dogs Of War
9. Still Love That Little Devil

US Miix (日本盤)

1. Rock My Nights Away
2. I'm Gonna Make You Mine
3. The Dogs Of War
4. Systems Failing
5. Captain Nemo
6. Still Love That Little Devil
7. Red Sky
8. Time Waits (For No One)
9. Rock Will Never Die (Walk The Stage)

ということで、先にも述べたように、この再発盤では"US Mix"の方の曲順は海外盤に準じたかたちで収録されていますが、個人的にはオリジナルに沿った日本盤の曲順でも良かったように思います。

The Michael Schenker Group (Band Members)
• Michael Schenker (マイケル・シェンカー) - Guitars
• Gary Barden (ゲイリー・バーデン) - Vocals
• Chris Glen (クリス・グレン) - Bass
• Ted McKenna (テッド・マッケンナ) - Drums
• Andy Nye (アンディ・ナイ) - Keyboards

(US Mix and Touring Personnel)
• Derek St. Holmes (デレク・セント・ホルムズ) - Vocals, Rhythm Guitar (Lead Vocals on the "US Miix Version" of "Still Love That Little Devil")

TRACK LIST
Original UK Mix: 1. Rock My Nights Away / 2. I'm Gonna Make You Mine / 3. The Dogs Of War / 4. Systems Failing / 5. Captain Nemo / 6. Still Love That Little Devil / 7. Red Sky / 8. Time Waits (For No One) / 9. Rock Will Never Die (Walk The Stage) / US Miix (Bonus Tracks): 10. I'm Gonna Make You Mine / 11. Time Waits (For No One) / 12. Systems Failing / 13. Rock Will Never Die (Walk The Stage) / 14. Red Sky / 15. Rock My Nights Away / 16. Captain Nemo / 17. The Dogs Of War / 18. Still Love That Little Devil

Original UK Mix: 1. ロック・マイ・ナイツ・アウェイ / 2. メイク・ユー・マイン / 3. 戦争の犬たち / 4. システムス・フェイリング / 5. キャプテン・ネモ / 6. 魔性の女 / 7. レッド・スカイ / 8. タイム・ウェイツ / 9. ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ / US Miix (Bonus Tracks): 10. メイク・ユー・マイン / 11. タイム・ウェイツ / 12. システムス・フェイリング / 13. ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ / 14. レッド・スカイ / 15. ロック・マイ・ナイツ・アウェイ / 16. キャプテン・ネモ / 17. 戦争の犬たち / 18. 魔性の女

NOTES
• UK 23位 / JP 6位

• 2009 Digital Remaster
• Tracks 1-9: Original UK Mix Version / Tracks 10-18: US Miix Version
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2014年01月29日(再発盤)

(記:2015年10月)


    THE CLASSIC ALBUMS COLLECTION (11CD BOX SET) / E.L.O. (2011)

Box Cover (front): The Classic Albums Collection / E.L.O.  Box Cover (back): The Classic Albums Collection / E.L.O.  The Classic Albums Collection / E.L.O.

こちらの"The Classic Albums Collection"は、"E.L.O. (Electric Light Orchestra)"のアルバム11枚が入ったボックスセット。

▼ このボックスセットに収められているアルバムは以下の11枚です。

Disc 01: No Answer (1971)
Disc 02: ELO II (1973)
Disc 03: On the Third Day 1973)
Disc 04: Eldorado (1974)
Disc 05: Face the Music (1975)
Disc 06: A New World Record (1976)
Disc 07: Out of the Blue (1977)
Disc 08: Discovery (1979)
Disc 09: Time (1981)
Disc 10: Secret Messages (1983)
Disc 11: Balance of Power (1986)

ということで、ファーストアルバムの"No Answer"から、事実上のラストアルバムとも言える"Balance of Power"まで、この時代にリリースされた全てのスタジオアルバムが収録されています(オリビア・ニュートン・ジョンとのコラボレーションで話題になった1980年リリースのサウンドトラック盤"Xanadu"を除く)。

※ 補足
ジェフ・リンのソロ・プロジェクト的要素が強いものの、2001年には"Balance of Power"以来、15年ぶりとなる"E.L.O."名義での復活アルバム"Zoom"がリリースされています。

なお、ファーストアルバムの"No Answer"はアメリカでのアルバムタイトルであり、本国イギリスでのタイトルは"The Electric Light Orchestra"となっています。ちなみに、日本盤の邦題は「踊るヴァイオリン群とエレクトリック・ロック、そしてボーカルは如何に」といういかにもプログレッシヴといった雰囲気のタイトルでした。

アメリカでのタイトルが"No Answer"になった経緯については、アメリカでの販売権を持つレコード会社の担当者であるAさんからアルバムのタイトルを聞いておいてくれと頼まれたBさんがイギリスのレコード会社に電話をしてタイトルを尋ねようとしたものの、あいにく担当者が不在だったことから、「No Answer」(回答が得られなかった)とメモに書き残していたところ、その「No Answer」をタイトルと勘違いをしたAさんは、それをそのままアルバムのタイトルとして処理してしまったという逸話があります。

そして、続くセカンドアルバムも、これまた本国のイギリスとアメリカではタイトルに若干の違いがあり、イギリスでは"ELO 2"、アメリカでは"Electric Light Orchestra II"、もしくは"ELO II"となっています。

※ このボックスセットでは、ファーストアルバムとセカンドアルバム共にアメリカでのタイトル表記になっているので、文中の表記も全てアメリカでのタイトルで表記しています。

The Classic Albums Collection / E.L.O.  The Classic Albums Collection / E.L.O.  The Classic Albums Collection / E.L.O.

実を言うと、"E.L.O."は大好きなグループのひとつであるにもかかわらず、長いこと初期3枚のアルバムには手を出していませんでした。と言うのも、ベストアルバム等に収録されている初期3枚のアルバムから選ばれた曲は、どことなく前衛的でサイケデリックな雰囲気があり、その後の"E.L.O."とは音楽的にもかなりの違いがあるので、どうも好きになれそうもない感じがあったんですよね。

実際、ベストアルバム等にも良く収録されている"Showdown"や"Ma-Ma-Ma Belle"などはあまり好きではなく、何故にこれらの曲が頻繁にベストアルバムに収録されているのか理解できず、他にもっと良い曲が沢山あるのにといつも思っていました。

まぁ、そんなこともあって、初期3枚のアルバムをまとめて聴く良い機会かなという思いもあって、このボックスセットを購入したんですよね。それに、このボックスセットなら初期3枚のアルバムが気に入らなかったとしても、さほどダメージが無いかなと(笑)。

でも、初期3枚のアルバムを通して聴いてみると、好きではなかったはずの"Showdown"と"Ma-Ma-Ma Belle"も魅力的に聴こえるから不思議。ぶつ切りで聴くのと、アルバムを通して聴くのとではこうも違うものなのかと驚くと同時に、初期3枚のアルバムに収録されている曲はその後のアルバムに収録されている曲と混ぜて聴かない方が良いということを感じました。

ということで、初期3枚のアルバムだけから選曲したプレイリストを作ってみたとことろ、これが実に良いんですよね。

ファーストアルバムでは"Manhattan Rumble (49th Street Massacre)"、セカンドアルバムでは"From the Sun to the World (Boogie No.1)"、サードアルバムでは"Daybreaker"といった辺りのインストゥルメンタルの比重が高い楽曲が結構好きで、プレイリストにはこれらの3曲をそれぞれのアルバムのトップに持ってきた構成にして聴いています。というか、ファーストアルバムの"Manhattan Rumble (49th Street Massacre)"と、サードアルバムの"Daybreaker"は完全にインストゥルメンタル曲なんですけどね。

ボーナストラックでは、セカンドアルバムに収録されているヴォーカルパートがカットされた"In Old England Town [instrumental]"と、サードアルバムに収録されているロッカバラッド的な"Everyone's Born to Die"が結構好きですね。

▼ ちなみに、プレイリストはこんな感じ

1st: No Answer (1971)
1. Manhattan Rumble (49th Street Massacre) / 2. Nellie Takes Her Bow / 3. 10538 Overture / 4. Mr. Radio / 5. Queen of the Hours / 6. Whisper in the Night

2nd: ELO II (1973)
1. From the Sun to the World (Boogie No.1) / 2. Mama... / 3. Roll over Beethoven / 4. In Old England Town [instrumental] - Bonus Track

3rd: On the Third Day (1973)
1. Daybreaker / 2. Bluebird Is Dead / 3. Showdown / 4. Dreaming of 4000 / 5. Ma-Ma-Ma Belle / 6. Everyone's Born to Die - Bonus Track

Booklet (front): The Classic Albums Collection / E.L.O.  Booklet (back): The Classic Albums Collection / E.L.O.  CD: The Classic Albums Collection / E.L.O.

ボックスセット自体に記載は無いものの、各アルバムに含まれるボーナストラックが全て一致することから、恐らくはこのボックスセットに含まれる11枚のアルバムは2001年〜2007年に再発されたジェフ・リン監修のデジタルリマスター盤と同じだと思います。

廉価版のボックスセットだと、紙ジャケットにCDが入っているだけといったものが殆どですが、このボックスセットには27ページのブックレットが付いており、ボーナストラックを含めた全アルバムの曲目がアルバムごとに記載されています。又、それに加えて、アルバムごとのメンバークレジットや、プロデューサーは誰で、エンジニアは誰といった通常のアルバムにある細かなクレジットも記載されており、更には全アルバムにジェフ・リンのコメントも掲載されています。輸入盤なので当然のことながら全て英語表記ですが、簡単な単語で表記されたクレジットを流し読みするだけでも、色々と思い起こすこともあって楽しめます。

又、この手のボックスセットによくある紙ジャケットとは違い、ジャケットに背中の部分があるので、LPレコードのようにその部分にも各アルバムのタイトルが記されています。まぁ、作り自体はジャケットの折り代に比較的大きな隙間があったりして結構チャチなもので、"Out of the Blue"と"Secret Messages"なんかはアートワークの色見も安っぽさが目立つ感じなんですが、いくつかのアルバムは見開きのジャケットになっており、LPレコードでは内側に宇宙船の内部が描かれていた"Out of the Blue"のようなアルバムだと、LPレコードと同様に内側も見ることができるので、それなりに雰囲気は楽しめます。内側は中央部分で分割されてはいるんですけどね。ちなみに見開きタイプのジャケットになっているのは"No Answer"、"ELO II"、"On the Third Day"、"Out of the Blue"、"Discovery"の5枚です。ボックス自体は通常のCDラックに収納できる大きさになっているのが良いところ。

ただし、紙ジャケットは全てのアルバムに漏れなくインクの擦れみたいな汚れと接着剤の後のようなものが付着しており、汚いとは言わないまでも、綺麗とは言えません(笑)。まぁ、個体差はあるんでしょうけど。

The Classic Albums Collection / E.L.O.  The Classic Albums Collection / E.L.O.

TRACK LIST

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 1 - No Answer) / E.L.O. DISC 1: NO ANSWER (1971)
1. 10538 Overture / 2. Look At Me Now / 3. Nellie Takes Her Bow / 4. The Battle Of Marston Moor (July 2nd 1644) / 5. 1st Movement (Jumping Biz) / 6. Mr. Radio / 7. Manhattan Rumble (49th Street Massacre) / 8. Queen Of the Hours / 9. Whisper In The Night
Bonus Tracks:
10. Battle Of The Marston Moor [take1/alternate mix] / 11. Nellie Takes Her Bow [alternate mix] / 12. Mr. Radio [take 9] / 13. 10538 Overture [take 1/alternate mix]

• 1曲目に収録されている"10538 Overture"の「10538」は、このファーストアルバムに付けられていたレコード番号から取られた数字です。

• Album: (UK 32位・US 196位)
• Single: 10538 Overture (UK 9位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - vocals, piano, electric guitar, percussion, bass
• Roy Wood - vocals, cello, oboe, acoustic guitar, bass, string bass, bassoon, clarinet, recorders, slide guitar, percussion
• Bev Bevan - drums, percussion
• Bill Hunt - french horn, hunting horn
• Steve Woolam - violin

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 2 - ELO II) / E.L.O. DISC 2: ELO II (1973)
1. In Old England Town (Boogie No.2) / 2. Mama... / 3. Roll Over Beethoven / 4. From The Sun To The World (Boogie No.1) / 5. Kuiama
Bonus Tracks:
6. In Old England Town [instrumental] / 7. Baby I Apologize [session outtake] / 8. In Old England Town [take 1/alternate mix] / 9. Roll Over Beethoven [take 1/alternate mix] (written by C. Berry)

• Album: (UK 35位・US 62位)
• Single: Roll Over Beethoven (UK 6位・US 42位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, Moog, harmonium
• Bev Bevan - drums, percussion
• Michael de Albuquerque - bass, vocal harmonies
• Mike Edwards - cello
• Wilfred Gibson - violin
• Richard Tandy - piano, harmonium, Moog, guitar, harmonium
• Colin Walker - cello
• Roy Wood - bass, cello (tracks 1 and 4)

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 3 - On the Third Day) / E.L.O. DISC 3: ON THE THIRD DAY (1973)
1. Ocean Breakup/King Of The Universe / 2. Bluebird Is Dead / 3. Oh No Not Susan / 4. New World Rising/Ocean Breakup Reprise / 5. Showdown / 6. Daybreaker / 7. Ma-Ma-Ma Belle / 8. Dreaming Of 4000 / 9. In The Hall Of The Mountain King (E. Grieg, arranged by ELO)
Bonus Tracks:
10. Auntie ["Ma-Ma-Ma Belle" take 1] / 11. Auntie ["Ma-Ma-Ma Belle" take 2] / 12. Mambo ["Dreaming of 4000" alternate mix] / 13. Everyone's Born To Die / 14. Interludes [previously unreleased]

• Album: (UK did not chart - Silver・US 52位)
• Singles: Showdown (UK 12位・US 53位) / Ma-Ma-Ma Belle (UK 22位) / Daybreaker (US 87位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals
• Bev Bevan - drums
• Michael de Albuquerque - bass
• Mike Edwards - cello
• Wilf Gibson - violin (tracks 5-14)
• Mik Kaminski - violin (tracks 1-4)
• Richard Tandy - piano, Moog

Additional personnel:
• Marc Bolan - guitar (tracks 7, 8 and 10-13)

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 4 - Eldorado) / E.L.O. DISC 4: ELDORADO (1974)
1. Eldorado Overture / 2. Can't Get It Out Of My Head / 3. Boy Blue / 4. Laredo Tornado / 5. Poor Boy (The Greenwood) / 6. Mister Kingdom / 7. Nobody's Child / 8. Illusions In G Major / 9. Eldorado / 10. Eldorado Finale
Bonus Tracks:
11. Eldorado Instrumental Medley [previously unreleased] / 12. Dark City [previously unreleased (Demo)]

• Album: (UK did not chart・US 16位 - Gold)
• Singles: Can't Get It Out Of My Head (US 9位) / Boy Blue

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, Moog, backing vocals, arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Michael de Albuquerque - bass
• Mike Edwards - cello
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - piano, Moog, guitar, clavinet, electric piano, backing vocals, arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - arrangements, orchestra conductor
• Prologue spoken by Peter Forbes-Robertson

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 5 - Face the Music) / E.L.O. DISC 5: FACE THE MUSIC (1975)
1. Fire On High / 2. Waterfall / 3. Evil Woman / 4. Nightrider / 5. Poker / 6. Strange Magic / 7. Down Home Town / 8. One Summer Dream
Bonus Tracks:
9. Fire On High Intro [early alternate mix] / 10. Evil Woman [stripped down mix] / 11. Strange Magic [U.S. single edit] / 12. Waterfall [instrumental mix]

• Album: (UK did not chart・US 8位 - Gold)
• Singles: Evil Woman (UK 10位・US 10位) / Nightrider / Strange Magic (UK 38位・US 14位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, backing vocals, string arranger
• Bev Bevan - drums, percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello
• Kelly Groucutt - bass, vocals, backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - piano, moog, guitar, clavinet, string arranger

Additional personnel:
• Luis Clark - string arranger

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 6 - A New World Record) / E.L.O. DISC 6: A NEW WORLD RECORD (1976)
1. Tightrope / 2. Telephone Line / 3. Rockaria! / 4. Mission (A World Record) / 5. So Fine / 6. Livin' Thing / 7. Above The Clouds / 8. Do Ya / 9. Shangri-La
Bonus Tracks:
10. Telephone Line [different vocal] / 11. Surrender / 12. Tightrope [instrumental early rough mix] / 13. Above the Clouds [instrumental rough mix] / 14. So Fine [instrumental early rough mix] / 15. Telephone Line [instrumental]

• Album: (UK 6位・US 5位 - Gold)
• Singles: Livin' Thing (UK 4位・US 13位) / Rockaria! (UK 9位) / Do Ya (US 24位) / Telephone Line (UK 8位・US 7位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead guitar, rhythm guitar, slide guitar, percussion, electric piano, orchestral and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, Minimoog drum, percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello
• Kelly Groucutt - bass, percussion, vocals and backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - electric piano, Minimoog, Micromoog, electric guitars, clavinet, Mellotron, percussion, backing vocals, orchestral and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - orchestral and choral arrangements, orchestra conductor

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 7 - Out of the Blue) / E.L.O. DISC 7: OUT OF THE BLUE (1977)
1. Turn To Stone / 2. It's Over / 3. Sweet Talkin' Woman / 4. Across The Border / 5. Night In The City / 6. Starlight / 7. Jungle / 8. Believe Me Now / 9. Steppin' Out / Concerto For A Rainny Day (Tracks 10-13): 10. Standin' In The Rain / 11. Big Wheels / 12. Summer And Lightning / 13. Mr. Blue Sky / 14. Sweet Is The Night / 15. The Whale / 16. Birmingham Blues / 17. Wild West Hero
Bonus Tracks:
18. Wild West Hero [previously unreleased alternate bridge/home demo] / 19. The Quick And The Daft [previously unreleased] / 20. Latitude 88 North [previously unreleased]

• Album: (UK 4位 - Platinum・US 4位 - Platinum)
• Singles: Turn To Stone (UK 18位・US 13位) / Mr. Blue Sky (UK 6位・US 35位) / Wild West Hero (UK 6位) / Sweet Talkin' Woman (UK 6位・US 17位) / It's Over (US 95位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead guitar, rhythm guitar, slide guitar, electric piano, Minimoog, orchestral and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, various percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello, piano
• Kelly Groucutt - bass, percussion, vocals and backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - Polymoog, Minimoog, electric piano, piano, Moog, guitar, clavinet, orchestral and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - orchestral and choral arrangements, orchestra conductor

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 8 - Discovery) / E.L.O. DISC 8: DISCOVERY (1979)
1. Shine A Little Love / 2. Confusion / 3. Need Her Love / 4. The Diary Of Horace Wimp / 5. Last Train To London / 6. Midnight Blue / 7. On The Run / 8. Wishing / 9. Don't Bring Me Down
Bonus Tracks:
10. On The Run [previously unissued home demo 1979] / 11. Second Time Around [previously unissued home demo 1979] / 12. Little Town Flirt [previously unissued] (written by M. McKenzie-D. Shannon)

• ボーナストラックの最後に収録されている"Little Town Flirt"はデル・シャノンのカヴァーです。

• Album: (UK 1位 - Platinum・US 5位 - 2x Platinum)
• Singles: Shine A Little Love (UK 6位・US 8位) / The Diary Of Horace Wimp (UK 8位) / Don't Bring Me Down (UK 3位・US 4位) / Confusion/Last Train To London (UK 8位) / Confusion (US 37位) / Last Train To London (US 39位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead and rhythm guitar, piano, synthesizer, string and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, vocals and backing vocals
• Richard Tandy - grand piano, synthesizer, electric piano, clavinet, string and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - string and choral arrangements, orchestra conductor

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 9 - Time) / E.L.O. DISC 9: TIME (1981)
1. Prologue / 2. Twilight / 3. Yours Truly, 2095 / 4. Ticket To The Moon / 5. The Way Life's Meant To Be / 6. Another Heart Breaks / 7. Rain Is Falling / 8. From The End Of The World / 9. The Lights Go Down / 10. Here Is The News / 11. 21st Century Man / 12. Hold On Tight / 13. Epilogue
Bonus Tracks:
14. The Bouncer [B-side Of UK "Four Little Diamonds" 12" single] / 15. When Time Stood Still [B-side Of UK "Hold On Tight" 12" single] / 16. Julie Don't Live Here [B-side Of UK "Twilight" 12" single]

• Album: (UK 1位 - Platinum・US 16位 - Gold)
• Singles: Hold On Tight (UK 4位・US 10位) / Twilight (UK 30位・US 38位) / Rain Is Falling (US 101位) / Ticket To The Moon/Here Is The News (UK 24位) / The Way Life's Meant To Be (UK 85位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and background vocals, electric and acoustic guitar, piano, synthesizers, string arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, backing vocals
• Richard Tandy - piano, electric piano, synthesizers, guitar, string arrangements

Additional personnel:
• Ghislaine - French verse (track 12)
• Rauner Pietsch - conductor, string arrangements
• Sandi - girl's voice (track 3)

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 10 - Secret Messages) / E.L.O. DISC 10: SECRET MESSAGES (1983)
1. Secret Messages / 2. Loser Gone Wild / 3. Bluebird / 4. Take Me On And On / 5. Time After Time / 6. Four Little Diamonds / 7. Stranger / 8. Danger Ahead / 9. Letter From Spain / 10. Train Of Gold / 11. Rock 'n' Roll Is King
Bonus Tracks:
12. No Way Out [unused track from the original double album version of Secret Messages] / 13. Endless Lies [previously unreleased/unused track from the original double album version of Secret Messages] / 14. After All [B-side of "Rock 'n' Roll Is King" single]

• Album: (UK 4位 - Gold・US 36位)
• Singles: Rock 'n' Roll Is King (UK 13位・US 19位) / Secret Messages (UK 48位) / Four Little Diamonds (UK 84位・US 86位) / Stranger (US 105位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - vocals and background vocals, guitar, synthesisers, bass, piano, percussion, Oberheim DMX
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, background vocals
• Richard Tandy - synthesizers, grand piano

Additional personnel:
• Luis Clark - string conductor (tracks 7, 8 and 10)
• Dennis - bark
• Mik Kaminski - violin solo (track 11)
• Dave Morgan - background vocals

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 11 - Balance of Power) / E.L.O. DISC 11: BALANCE OF POWER (1986)
1. Heaven Only Knows / 2. So Serious / 3. Getting To The Point / 4. Secret Lives / 5. Is It Alright / 6. Sorrow About To Fall / 7. Without Someone / 8. Calling America / 9. Endless Lies / 10. Send It
Bonus Tracks:
11. Opening / 12. Heaven Only Knows [alternate version] / 13. In For The Kill / 14. Secret Lives [alternate take] / 15. Sorrow About To Fall [alternate mix] / 16. Caught In A Trap [B-side of UK single] / 17. Destination Unknown [B-side of UK single]

"B-side of UK single"としか表記されていませんが"Caught in a Trap"は"Calling America"のB面曲です。 そして"Destination Unknown"も同じく"Calling America"のB面曲ですが、こちらはUK盤の12インチシングルにのみ収録されていた曲です。

• Album: (UK 9位 - Silver・US 49位)
• Singles: Calling America (UK 28位・US 18位) / So Serious (UK 77位) / Getting To The Point (UK 97位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and background vocals, guitar, bass, keyboards, piano
• Bev Bevan - drums, percussion
• Richard Tandy - keyboards, piano, sequence programming

Additional personnel:
• Christian Schneider - saxophone

NOTES
• 11枚組みボックスセット
• Label: Epic/Legacy
• 27ページ・ブックレット(ジェフ・リンによる全アルバムの解説付)
• 全アルバムにボーナストラック収録
• LPレコードのレプリカ紙ジャケット仕様
• Disc 1 (No Answer)、Disc 2 (ELO II)、Disc 3 (On The Third Day)、Disc 7 (Out Of The Blue)、Disc 8 (Discovery) の5枚は見開きジャケット仕様

• The box set compiles all "Electric Light Orchestra" studio albums from ""No Answer" to "Balance of Power" (excluding "Xanadu") in their entirety, including bonus tracks.

(記:2015年11月)


    KISS - PETER CRISS (SOLO ALBUM) / PETR CRISS (1978)

CDの帯:キッス - ピーター・クリス / ピーター・クリス

Album Cover: KISS - Peter Criss (Solo Album) / Peter Criss
こちらは、キッスのオリジナルメンバーでありドラマーだったピーター・クリスがキッス在籍時にリリースしたソロアルバムで、1978年にキッスのメンバー4人が揃ってリリースしたソロアルバムの中の1枚です。

キッスというグループの中では"Beth"や"Hard Luck Woman"といったバラードタイプのヒット曲や、ライヴの定番曲でもある"Black Diamond"でリードヴォーカルを担当していたということもあり、ファンにとってはドラマーとしてだけでなく、そのハスキーヴォイスもまた魅力のひとつでもありました。

このソロアルバムについていえば、以前からピーター自身が50年代〜60年代のジャズやR&Bの影響を語っていたこともあり、恐らくは4人の中で最もキッスとかけ離れたサウンドになるであろうことは何となく予測できていたので、初めて聴いたときも、驚きというよりも、むしろピーターらしいアルバムといった印象がありましたし、案外、そう感じたファンも意外と多かったのではないかと思います。

アルバムは、オールドスタイルのロックンロールとポップ&バラードが交互に組まれた構成になっており、曲順が奇数になる曲がオールドスタイルのロックンロール、そして偶数になる曲がポップ&バラードと綺麗に分かれています。

CD Case (inside): KISS - Peter Criss (Solo Album) / Peter Criss 私自身は、その奇数曲順に含まれるオールドスタイルのロックンロールは今一つ趣味に合わなかったこともあり、"That's The Kind Of Sugar Papa Likes"以外はあまり好きにはなれなかったのですが、偶数曲順に含まれるポップス及びバラードは割と好きで良く聴いていました、ということで、このピーターのソロアルバムは聴く曲と聴かない曲が綺麗に分かれていたアルバムでもあったんですよね。

アルバムの中で特に好きな曲は"I Can't Stop The Rain"と"Easy Thing"で、この2曲はほんと良く聴いていましたね。そして、この2曲に次いで聴いていたのが"You Matter To Me"、Don't You Let Me Down、"Kiss The Girl Goodbye"といった偶数曲順に含まれている曲で、これらの曲も悪くない出来。

でも、当時は、"Kiss The Girl Goodbye"のタイトルに含まれる単語だけを拾って、ピーターはこの曲でファンに向かってさよならを告げているのではと勝手に勘ぐり、もしかしたらこのままバンドを脱退してしまうのではないかと思ったりもしていたんですよね。曲自体もどことなく物悲しい雰囲気で、この曲だけは囁くような歌い方をしているというのも勝手な勘ぐりに拍車をかける要因にもなっていました。

なお、アルバムでは全曲でピーターがリードヴォーカルをとっているものの、交通事故で負った怪我により、他のメンバーよりもアルバム制作が大きく遅れてしまったこともあってか、アルバム内の3曲はピーター以外の人物(アラン・シュワルツバーグ)がドラムを担当しています。

ちなみに、"That's The Kind Of Sugar Papa Likes"と"Hooked On Rock 'N' Roll"の2曲でリードギターを弾いているのは"TOTO"のスティーヴ・ルカサーです。

アルバムは他の3人と同様に100万枚のセールスを記録し、プラチナムに認定されています。

Album Cover: KISS - Peter Criss (Solo Album) / Peter Criss

Peter Criss (KISS) - I Can't Stop The Rain (Lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=CR3kxf08gDs

Peter Criss (KISS) - Easy Thing
https://www.youtube.com/watch?v=FL_WRTeFcck

Peter Criss (KISS) - You Matter To Me
https://www.youtube.com/watch?v=YlpbYbi6lSk

▼ キッスのライヴではピーターのソロアルバムからこの曲が演奏されていました

KISS - Tossin' And Turnin' (Live Largo, MD 1979 Dynasty Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=NpINSTG3NfE

▼ こちらは"I Can't Stop The Rain"のカヴァー

I Can't Stop The Rain (Peter Criss) cover
https://www.youtube.com/watch?v=srXpWz3_cwU

▼ リユニオン後に行われたオーケストラとの競演ライヴ

KISS Symphony (Alive IV) - Beth
https://www.youtube.com/watch?v=KbtO_Ayjw0M

▼ 素顔でのアンプラグド・ライヴ

KISS - Beth (Unplugged Live)
https://www.youtube.com/watch?v=AaI97Q5K30c

CD Case (back cover): KISS - Peter Criss (Solo Album) / Peter Criss

TRACK LIST
1. I'm Gonna Love You / 2. You Matter To Me / 3. Tossin' And Turnin' / 4. Don't You Let Me Down / 5. That's The Kind Of Sugar Papa Likes / 6. Easy Thing / 7. Rock Me Baby / 8. Kiss The Girl Goodbye / 9. Hooked On Rock 'N' Roll / 10. I Can't Stop The Rain

1. アイム・ゴナ・ラヴ・ユー / 2. ユー・マター・トゥ・ミー / 3. トッシン・アンド・ターニン / 4. ドント・ユー・レット・ミー・ダウン / 5. ザッツ・ザ・カインド・オブ・シュガー / 6. イージー・シング / 7. ロック・ミー、ベイビー / 8. キッス・ザ・ガール・グッドバイ / 9. フックド・オン・ロックン・ロール / 10. アイ・キャント・ストップ・ザ・レイン

NOTES
• Album: US 43位 (Platinum / 1978-RIAA)
• Singles from Peter Criss:
1. "Don't You Let Me Down" (did not chart) / 2. "You Matter To Me" (did not chart)

• Allan Schwartzberg - Drums on "Easy Thing", "Rock Me Baby" and "I Can't Stop The Rain"
• Steve Lukather - Guitar Solo on "That's The Kind Of Sugar Papa Likes" and "Hooked On Rock 'N' Roll"

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年11月)


    LAST CHRISTMAS 「ラスト・クリスマス」 [MAXI SINGLE CD] / WHAM! (1984)

CDの帯(20周年記念新装再発盤):ラスト・クリスマス / ワム!

Japanese Maxi Single CD (front): Last Christmas / Wham!  Japanese Maxi Single CD (back): Last Christmas / Wham!  Last Christmas (Japanese 12-inch and 7-inch Vinyl Record + Japanese Maxi Single CD) / Wham!

"Wham!"の"Last Christmas"は、CDシングルと、7インチ及び、12インチのシングル・レコード盤の計3種類を持っているのですが、シングル・レコード盤については以前に記事にしていたので、今回はCDシングルを採り上げてみました。

このCDシングルは2004年に発売された20周年記念新装再発盤で、ジャケットは当時の12インチ・アナログ盤を再現したデザインになっています。収録されているのは"Last Christmas"のシングル・ヴァージョンとプディング・ミックスの2曲で、かたちとしては、7インチシングルと、12インチ・シングルをカップリングした格好になっています。

"Wham!"の"Last Christmas"と言えば、今やすっかりクリスマスの定番曲として定着している様子で、クリスマス・ソングを集めたコンピレーション・アルバム等に収録されていることも多いのですが、ほとんどはロング・ヴァージョンのプディング・ミックスの方が収録されており、このCDシングルに収録されているシングル・ヴァージョンが収録されることは滅多にないんですよね。

それでも、この曲がリリースされた当時はシングル・ヴァージョンの方が主流だったこともあり、私自身もどちらかといえばシングル・ヴァージョンの方が馴染み深いので、そのシングル・ヴァージョン目的でこのCDを買ったようなところがあります。

まぁ、シングル・ヴァージョンの方が馴染み深いうんぬんといったことはシングル・レコード盤の記事の方でも書いていたので、それ以上は省略しますが、実は、あまり知られていないものの、"Last Christmas"には、このシングル・ヴァージョンとプディング・ミックスの他に、もうひとつレアなヴァージョンが存在するんですよね。ということで、次回はそのレアなヴァージョンが収録されているアルバム"ALL-STAR CHRISTMAS"(エピック・レーベルの所属アーティストによる企画盤)を採り上げてみたいと思います。

▼ Wham! - Last Christmas (Songle Version)
https://www.youtube.com/watch?v=E8gmARGvPlI

▼ Wham! - Last Christmas (Long Version / Pudding Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=uXbzE2_oCvY

▼ George Michael - Last Christmas (Live at Wembley 2006)
https://www.youtube.com/watch?v=z4v7AtXPN6Y

Wham!
• George Michael (ジョージ・マイケル)
• Andrew Ridgeley (アンドリュー・リッジリー)

TRACK LIST
1. Last Christmas / ラスト・クリスマス(シングル・ヴァージョン)
2. Last Christmas (Pudding Mix) / ラスト・クリスマス(プディング・ミックス)

Japanese Maxi Single CD: Last Christmas / Wham!

NOTES
• 20周年記念新装再発盤 12cm CDシングル(マキシシングル)
• リリース日:2004年11月17日
• 歌詞・対訳付

 

▼ 関連記事
[Music 9] - LAST CHRISTMAS (7 & 12 INCH VINYL SINGLE RECORDS) / WHAM! (1984)

(記:2015年12月 / 更新:2016年11月)


    ALL-STAR CHRISTMAS / VARIOUS ARTISTS (2000)

CDの帯:All-Star Christmas / オールスター・クリスマス Album Cover (front): All-Star Christmas
この「All-Star Christmas / オールスター・クリスマス」は、エピック・レーベルのアーティストによるクリスマスソング集で、セリーヌ・ディオン、グロリア・エステファン、ベイビーフェイス、ワム!、ドナ・サマー、シンディー・ローパー、ジェフ・ベック等の豪華な顔ぶれによるコンピレーションアルバムとなっています。

このアルバムを購入した動機は、「Last Christmas / ラスト・クリスマス」(ワム!)のレア・ヴァージョンが収録されているのと、個人的に最も好きなクリスマスソングのひとつであるドナ・サマーの「(I Long To Feel The) Christmas Spirit / クリスマス・スピリット」が収録されていたからなんですが、その"Last Christmas"についていえば、アルバムの何処にもヴァージョン表記はされておらず、"Last Christmas"という曲名だけが記載されています。

では、何故、"Last Christmas"という曲名だけしか記載されていないのに、レア・ヴァージョンが収録されていることを知っていたのかというと、実は、以前にこのCDをレンタルショップで借りて聴いたことがあったからなんですよね。でも、結局は、その後に現物が欲しくなり、探して買ったというわけです。

ということで、このアルバムに収録されている"Last Christmas"は、シングル・ヴァージョンともロング・ヴァージョンのプディング・ミックスとも違う別ヴァージョンになるわけですが、特徴としてはドラムサウンドがハンドクラップスのような音に変わっているのと、曲の長さはシングル・ヴァージョンと同程度ながらも、ロング・ヴァージョンのプディング・ミックスにしか入っていない「ラーララ、ララララー・・・」といったハミングのパートも加えられたミックスになっている点が挙げられます。

ただ、これが意外と別ヴァージョンとは気付きにくくて、私も最初に聴いたときは全く気付かずにいたくらいなんですが、裏を返せば、それだけ自然で違和感の無いミックスだとも言えます。

一応、この"Last Christmas"がどのような経緯で制作されたヴァージョンなのかと気になって調べてはみたのですが、それでも、このヴァージョンに関する情報はネットで探しても全然見つからないですよね。ウィキペディアにも載ってないしで、ようやく見つけたのが下にある再生回数もさほど多くない"YouTube"の動画が一本。まぁ、このアルバムがエピック・レーベルの企画盤ということからして、オフィシャルのリミックス・ヴァージョンではあることは間違いないとは思いますが。

▼ 収録されている"Last Christmas"はこのヴァージョン

Wham - Last Christmas (Rough Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=5YYuCpUVwN8

そして、このアルバムを購入するきっかけとなったもうひとつの曲である"(I Long To Feel The) Christmas Spirit"についていえば、このアルバムでは曲名の頭に"(I Long To Feel The)"と入っていますが、この曲が収録されているクリスマスをテーマにしたドナ・サマーのオリジナル・アルバム"Christmas Spirit"(1994年リリース)には、曲のタイトルに"(I Long To Feel The)"は入っておらず、曲名表記は"Christmas Spirit"となっています。何故、このアルバムでは曲名の頭に"(I Long To Feel The)"が加えられたのかは良く分かりませんが、もしかしたら、ドナ・サマーのオリジナル曲だと一見して分かるようにという配慮なのかもしれません。まぁ、自分としては、そんなことよりも、この曲がシングルになっていなかったことの方が不思議に思うところではあります。

▼ あまり有名ではありませんが、この曲は最も好きなクリスマスソングのひとつなんですよね

Donna Summer - Christmas Spirit
https://www.youtube.com/watch?v=V_laCgXcsO0M

Album Cover (back): All-Star Christmas  CD: All-Star Christmas  CD Case (inside): All-Star Christmas

なお、この"All-Star Christmas"の日本盤には、ボーナストラックとしてバーシアの「Angels Blush / 天使たちのクリスマス」が収録されています。

CDの帯:All-Star Christmas / オールスター・クリスマス TRACK LIST
1. The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire) (Celine Dion) / 2. The Little Drummer Boy (Charlotte Church) / 3. Rudolph The Red Nosed Reindeer (Billy Gilman With Ray Benson And Asleep At The Wheel) / 4. Christmas Through Your Eyes (Gloria Estefan) / 5. Have Yourself A Merry Little Christmas (Babyface) / 6. Jingle Bell Jamboree (Keb' Mo') / 7. Last Christmas (Wham!) / 8. Snow White/Silent Night (Ottmar Liebert) / 9. (I Long To Feel The) Christmas Spirit (Donna Summer) / 10. Early Christmas Morning (Cyndi Lauper) / 11. It's The Most Wonderful Time Of The Year (Donny Osmond) / 12. Every Year, Every Christmas (Luther Vandross) / 13. Love On Layaway (Gloria Estefan) / 14. I'll Be Home For Christmas (Al Green) / 15. Grandma Got Run Over By A Reindeer (Elmo & Patsy) / 16. Deck The Halls (Millennia) / 17. Amazing Grace (Jeff Beck) / 18. Angels Blush (Basia) [Japanese Bonus Track]

1. ザ・クリスマス・ソング(セリーヌ・ディオン) / 2. リトル・ドラマー・ボーイ(シャルロット・チャーチ) / 3. 赤鼻のトナカイ(ビリー・ギルマン) / 4. クリスマス・スルー・ユア・アイズ(グロリア・エステファン) / 5. あなたに楽しいクリスマスを(ベイビーフェイス) / 6. ジングル・ベル・ジャンボリー(ケヴ・モ) / 7. ラスト・クリスマス(ワム!) / 8. スノウ・ホワイト〜サイレント・ナイト(オットマー・リーバート) / 9. クリスマス・スピリット(ドナ・サマー) / 10. アーリー・クリスマス・モーニング(シンディ・ローパー) / 11. イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ジ・イヤー(ドニー・オズモンド) / 12. エヴリ・イヤー, エヴリ・クリスマス(ルーサー・ヴァンドロス) / 13. とっておきの愛(グロリア・エステファン) / 14. アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス(アル・グリーン) / 15. グランドマ・ガット・ラン・オーヴァー・バイ・ア・レインディア(エルモ&パッツィ) / 16. デック・ザ・ホールズ(ミレニア) / 17. アメージング・グレイス(ジェフ・ベック) / 18. 天使たちのクリスマス(バーシア)[日本盤ボーナストラック]

(記:2015年12月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 25 Navigation Part 26   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.