Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 24
01. HELL FREEZES OVER / EAGLES (1994)
02. ACTUAL MILES - HENLEY'S GREATEST HITS / DON HENLEY (1995) & SOLO COLLECTION / GLENN FREY (1995)
03. LOVE KILLS 「メトロポリス」 / FREDDIE MERCURY (1984)
04. CRUEL TO BE KIND 「恋するふたり」 / NICK LOWE (1979)
05. EYES OF A WOMAN / AGNETHA FÄLTSKOG [ex-ABBA] (1985)
06. 心ばかり - COCORO BAKARI / KOKIA (2012)
07. TRY ANYTHING ONCE 「人生ゲーム」 / ALAN PARSONS (1993)
08. THE TIME MACHINE / ALAN PARSONS (1999)
09. THE ANNIE LENNOX COLLECTION / ANNIE LENNOX (2009)
10. TAPESTRY 「つづれおり」 / CAROLE KING (1971)
    HELL FREEZES OVER / EAGLES (1994)

CDの帯(初回プレス盤):ヘル・フリーゼズ・オーヴァー / イーグルス

Album Cover (Slip Case - front): Hell Freezes Over / Eagles  Album Cover (Slip Case - front): Hell Freezes Over / Eagles  Album Cover (Jewel Case - front): Hell Freezes Over / Eagles

名作「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」に続く3年ぶりのスタジオアルバム「The Long Run / ロング・ラン」を1979年にリリースしたイーグルス。この間にオリジナルメンバーのベーシストであるランディ・マイズナーがバンドを脱退し、後任にティモシー・B・シュミットが加入。そして、翌年の1980年にはイーグルス初のライヴアルバム「Eagles Live / イーグルス・ライヴ」をリリースするも、1982年には正式にバンドの解散が伝えられることに・・・。

それから十数年の歳月が流れた1994年、イーグルスは遂に再結成を果たし、MTVスペシャルでライヴを披露。そして、同年にはそのMTVのライヴでも披露された4曲の新曲(スタジオ・ヴァージョン)と、MTVでのライヴを収録したこのアルバム「Hell Freezes Over / ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」を発表。

と、このアルバムがリリースされるまでの流れを簡単に記したのですが、やっぱり、この"Hell Freezes Over"は、それまでの経緯をおさらいしてからでないと語れないアルバムなんですよね。 まぁ、この間にはランドセルをしょってた子供が成人している位の年月が流れているんですけどね。

過去の楽曲のライヴだけでなく、新曲が4曲含まれていることから、この復活劇が単なる懐古主義的なものではなく、新たなる幕開けを示唆しているようなアルバムでもあったわけですが、エレキが使用されているとはいえ、ストリングスを交えたアコースティックな雰囲気漂うライヴの方もこれまた素晴らしい演奏で、ライヴアルバムとしても申し分ない出来。

ライヴの方は比較的スタジオ・ヴァージョンに忠実な演奏がされているので、聴いていて安心感のようなものもあるのですが、ゆったりとしたボンゴのリズムとフラメンコのような雰囲気で始まる"Hotel California"を初めて聴いたときはゾクゾクしましたね。

個人的には"Hotel California"のアルバムに収録されていた「Wasted Time / 時は流れて」と「The Last Resort / ラスト・リゾ−ト」の大好きな2曲が演奏されているのが特に嬉しかったですし、同様に"Hotel California"のアルバム収録曲であり、ジョー・ウォルシュがヴォーカルをとる「Pretty Maids All in a Row / お前を夢みて」も、改めて曲の魅力に気付いたようなところもありました。

それと、ライヴではドン・ヘンリーのソロアルバムから「New York Minute / ニュ−ヨ−ク・ミニット」が演奏されていますが、これが他のイーグルスの曲に混じっていても違和感の無い雰囲気というか、これもがまるでイーグルスの曲であるかのように聴こえてきます。自分の場合はこのアルバムで初めて知った曲だったので、新鮮でもあり興味深かったですね。当時はこの曲がイーグルスの新曲であるかのような感じで聴いていたようなところもありました。

それにしても素晴らしい演奏ですね。アンサンブルも素晴らしいですし、オリジナルのスタジオ・ヴァージョンにあるコーラス・ハーモニーも見事に再現されています。できれば、この時のテンションと結束力で、これに続くニューアルバムをリリースして欲しかったところですが、次作がリリースされたのは、なんとこれから13年後の2007年のことでした・・・。

Jewel Case + Slip Case: Hell Freezes Over / Eagles  Jewel Case + Slip Case: Hell Freezes Over / Eagles

▼ Eagles - Hotel California
https://www.youtube.com/watch?v=ctXeHc9_kr8

EAGLES - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Don Felder (ドン・フェルダー) - Guitars, Vocals
• Glenn Frey (グレン・フライ) - Guitars, Piano, Keyboards, Vocals
• Don Henley (ドン・ヘンリー) - Drums, Percussion, Vocals
• Timothy B. Schmit (ティモシー・B・シュミット) - Bass, Vocals
• Joe Walsh (ジョー・ウォルシュ) - Guitars, Organ, Vocals

TRACK LIST
1. Get Over It / 2. Love Will Keep Us Alive / 3. The Girl from Yesterday / 4. Learn to Be Still / 5. Tequila Sunrise / 6. Hotel California / 7. Wasted Time / 8. Pretty Maids All in a Row / 9. I Can't Tell You Why / 10. New York Minute / 11. The Last Resort / 12. Take It Easy / 13. In the City / 14. Life in the Fast Lane / 15. Desperado

1. ゲット・オ−ヴァ−・イット / 2. ラヴ・ウィル・キ−プ・アス・アライヴ / 3. ザ・ガ−ル・フロム・イエスタデイ / 4. ラ−ン・トゥ・ビ−・スティル / 5. テキ−ラ・サンライズ / 6. ホテル・カリフォルニア / 7. 時は流れて / 8. お前を夢みて / 9. 言いだせなくて / 10. ニュ−ヨ−ク・ミニット / 11. ラスト・リゾ−ト / 12. テイク・イット・イ−ジ− / 13. イン・ザ・シティ / 14. 駆け足の人生 / 15. ならず者

NOTES
• The album contains four new studio tracks and eleven tracks recorded live for an MTV special.
• Tracks 1-4: New Studio Tracks / Tracks 5-15: MTV Live (1994)

• Album: US 1位 (9x Platinum / 2014-RIAA)
• Single: "Get Over It" US 31位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• This release came with a cardboard slipcover over a standard jewel case.

(記:2015年6月)


    ACTUAL MILES - HENLEY'S GREATEST HITS / DON HENLEY (1995) & SOLO COLLECTION / GLENN FREY (1995)

CDの帯(初回プレス盤):アクチュアル・マイルス - ドン・ヘンリー・グレイテスト・ヒッツ / ドン・ヘンリー

Album Cover (front): Actual Miles - Henley's Greatest Hits / Don Henley   CD Case (back cover): Actual Miles - Henley's Greatest Hits / Don Henley

Actual Miles - Henley's Greatest Hits / Don Henley (1995)

イーグルスのメンバーであり、「Hotel California / ホテル・カリフォルニア」や、「Desperado / ならず者」、「One of These Nights / 呪われた夜」といったイーグルスを代表する曲でリード・ヴォーカルをとっていたドン・ヘンリーのソロ作品を集めた初のベストアルバムが、1995年にリリースされたこちらの「Actual Miles - Henley's Greatest Hits / アクチュアル・マイルス - ドン・ヘンリー・グレイテスト・ヒッツ」でした。

奇しくもと言っていいのか、いみじくもグレン・フライのベストアルバムともいえる「 ソロ・コレクション」 と同年にリリースされたベストアルバムだったわけですが、リリースされたのはグレン・フライの方が先で、リリース日はグレン・フライの「ソロ・コレクション」が1995年3月28日。そして、ドン・ヘンリーの「グレイテスト・ヒッツ」が1995年11月21日のリリースとなっています。

収録曲は、過去にリリースされた3枚のソロアルバムから主に選曲されているものの、その他にも2曲の新曲と、レナード・コーエンのトリビュート・アルバム「Tower of Song - The Songs of Leonard Cohen / タワー・オブ・ソング〜レナード・コーエンの唄」に収録されていたレナード・コーエンのカヴァー曲「Everybody Knows / エヴリバディ・ノウズ」が収録されています。

前年の1994年にはイーグルスの復活アルバム「Hell Freezes Over / ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」がリリースされて、イーグルスとしての活動が再開されたばかりにも関わらず、グレン・フライのベストと同様にドン・ヘンリーのベストにも新曲が収録されているというのが何とも興味深いところ。

グレイテスト・ヒッツにしては「Actual Miles(実際の走行距離)」と、意味深なタイトルが付けられており、アルバムタイトルとシンクロしたアルバムカヴァーも、パッと見ではグレイテスト・ヒッツと分からない雰囲気。私自身は、ここに収録されている曲は「実際の足跡」という意味なのではないかと勝手に捉えているのですが、どうなんでしょうかね。

このアルバムの購入動機としては、先に購入したイーグルスの復活アルバム「Hell Freezes Over / ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」にもライヴで収録されていた「New York Minute / ニュ−ヨ−ク・ミニット」のスタジオ・ヴァージョンを聴いてみたいなと思っていたところに良いタイミングでこのアルバムがリリースされたというのが理由のひとつでもあったわけですが、購入後はその"New York Minute"だけでなく、新曲のヘヴィーな「You Don't Know Me At All / ユー・ドント・ノウ・ミー・アット・オール」も結構気に入って聴いてましたし、イーグルス的な雰囲気もある軽快な「The Last Worthless Evening / 最後の無駄な夜」や、「The Heart of the Matter / ハート・オブ・ザ・マター」といった曲も同様に好きで頻繁に聴いていましたね。

そして、収録曲の中で驚かされたのが、米9位のヒットを記録した「All She Wants to Do Is Dance / オール・シー・ウォンツ・トゥ・ドゥ・イズ・ダンス」。ヒット曲だったこともあり、この曲が何かの映画で使用されている曲だということは知っていたのですが、まさかこれがドン・ヘンリーの曲だとはこのアルバムを買うまで知りませんでしたから結構意外な感じでした。このダンサブルな曲、確かにドン・ヘンリーの声なんですが、曲の雰囲気が全然ドン・ヘンリーっぽくないですからねぇ。当時は毎回スキップしていて、あまり聴いていなかったので、今聴くと他の曲に比べて新鮮な印象があります(笑)。

CD Case (inside): Actual Miles - Henley's Greatest Hits / Don Henley 収録曲のチャートポジションは以下の通りです。

• Dirty Laundry (米3位 / 英59位)
• The Boys of Summer (米5位 / 英12位)
• All She Wants to Do Is Dance(米9位)
• Not Enough Love in the World(米34位)
• Sunset Grill(米22位)
• The End of the Innocence(米8位 / 英48位)
• The Last Worthless Evening(米21位)
• New York Minute(米48位 / 英97位)
• The Heart of the Matter(米21位)

なお、このアルバム"Actual Miles: Henley's Greatest Hits"はビルボードチャートで48位を記録しています。

▼ DON HENLEY - You Don't Know me At All LIVE TV performance !
https://www.youtube.com/watch?v=u-sw5PtSgjw

▼ Don Henley - All She Wants To Do Is Dance
https://www.youtube.com/watch?v=wWyiMmdI2SI

CDの帯(裏):Actual Miles - Henley's Greatest Hits / Don Henley

TRACK LIST
1. Dirty Laundry / 2. The Boys Of Summer / 3. All She Wants To Do Is Dance / 4. Not Enough Love In The World / 5. Sunset Grill / 6. The End Of The Innocence / 7. The Last Worthless Evening / 8. New York Minute / 9. I Will Not Go Quietly / 10. The Heart Of The Matter / 11. The Garden Of Allah (New Studio Track) / 12. You Don't Know Me At All (New Studio Track) / 13. Everybody Knows

1. ダーティ・ラウンドリィ / 2. ボーイズ・オブ・サマー / 3. オール・シー・ウォンツ・トゥ・ドゥ・イズ・ダンス / 4. ノット・イナフ・ラヴ・イン・ザ・ワールド / 5. サンセット・グリル / 6. エンド・オブ・ザ・イノセンス / 7. 最後の無駄な夜 / 8. ニューヨーク・ミニット / 9. ゴー・クワイエットリィ / 10. ハート・オブ・ザ・マター / 11. ガーデン・オブ・アラー(新曲) / 12. ユー・ドント・ノウ・ミー・アット・オール(新曲) / 13. エヴリバディ・ノウズ

NOTES
• Track 1: from the Album "I Can't Stand Still" (1982) / Tracks 2-5: from the Album "Building the Perfect Beast" (1984) / Tracks 6-10: from the Album "The End of the Innocence" (1989) / Tracks 11, 12: New Studio Tracks - "Actual Miles - Henley's Greatest Hits" (1995) / Track 13: from the Album "Tower of Song - The Songs of Leonard Cohen" (1995)

• US 48位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付(12曲目と13曲目は「アーティストの意向により・・・」という理由で歌詞と対訳は省略されています)


CDの帯(初回プレス盤):ソロ・コレクション / グレン・フライ

Album Cover (front): Solo Collection / Glenn Frey   CD Case (back cover): Solo Collection / Glenn Frey

Solo Collection / Glenn Frey (1995)

そしてこちらは、ドン・ヘンリーのグレイテスト・ヒッツ"Actual Miles - Henley's Greatest Hits"より8か月程前にリリースされたグレン・フライのベストアルバムともいえる「Solo Collection / ソロ・コレクション」。

こちらもドン・ヘンリーのグレイテスト・ヒッツと同様に、イーグルス解散後のソロ作品の中から選曲されたグレン・フライ初のベストアルバムになります。

ちなみに、イーグルスでは「Take it Easy / テイク・イット・イージー」や、「Lyin' Eyes / いつわりの瞳」、「New Kid in Town / ニュー・キッド・イン・タウン」といった曲でリード・ヴォーカルをとっていたのが、このグレン・フライです。

ドン・ヘンリーのグレイテスト・ヒッツでは"All She Wants to Do Is Dance"がドン・ヘンリーの曲だということを知って当時は驚いたのですが、こちらのグレン・フライのソロ・コレクションでも同様に、グレン・フライの曲だったのかと驚いた曲がありました。それが「The Heat Is On / ヒート・イズ・オン」と、「You Belong To The City / ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」の2曲。

"The Heat Is On"は、1984年公開の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の挿入歌で、"You Belong To The City"は、1984年から1989年にかけてアメリカで放映されていたテレビドラマシリーズ「マイアミ・バイス」で使用されていた曲。どちらも米2位のヒットを記録した曲だったので、聴き覚えがあったんですよね。なお、1984年にリリースされた「ビバリーヒルズ・コップ」のサウンドトラック盤と、1985年にリリースされた「マイアミ・バイス」のサウンドトラック盤(2006年に劇場公開された映画「マイアミ・バイス」のサウンドトラックとは別物です)は共に米1位を記録しています。

補足しておくと、この2曲はグレン・フライのオリジナルアルバムには収録されていません。又、1984年リリースのセカンドソロアルバム「The Allnighter / オールナイター」収録曲で、その後にシングルとしてリリースされた「Smuggler's Blues / スマグラーズ・ブルース」も、"You Belong To The City"と共に「マイアミ・バイス」のサウンドトラック盤に収録されています。

それと、「Part Of Me, Part Of You / パート・オブ・ミー、パート・オブ・ユー」は1991年に公開された映画「Thelma & Louise / テルマ&ルイーズ」の主題歌としてサウンドトラック盤に収録されていた曲ですが、こちらは翌年の1992年にリリースされたオリジナルアルバム「Strange Weather / ストレンジ・ウェザー」にも収録された曲です。

ということで、グレン・フライのソロワークスを集約したアルバムという以外にも、新曲が4曲収録されている他、サウンドトラック盤にしか収録されていないヒット曲"The Heat Is On"と、"You Belong To The City"が収録されているといったように、このアルバムならではの魅力を秘めたベストアルバムでもあります。

そして、日本盤にはボーナストラックとして、1993年リリースのライヴアルバム「Live / ライヴ」から「Strange Weather (Live) / ストレンジ・ウェザー (ライヴ)」も収録されているんですよね。ボーナストラックというと、アルバムの趣旨に沿ってないような曲が収録されていることもしばしばあるのですが、これは冒頭の新曲以降は年代順に並べられた流れにも沿っていて良い選曲だと思います。何よりも良い曲ですしね。ただ、この"Strange Weather (Live)"、自分の場合は、曲の始めのMCは無くて、そのまま曲が始まった方がい方が流れ的にいいように感じたので、冒頭のMC部分は編集でカットしたものを聴いています。

CD Case (inside): Solo Collection / Glenn Frey 収録曲のチャートポジションは以下の通りです。

• The One You Love (米15位)
• Sexy Girl (米20位)
• Smuggler's Blues (米12位 / 英22位)
• The Heat Is On (米2位 / 英12位)
• You Belong To The City (米2位)
• True Love (米13位)
• Part Of Me, Part Of You (米55位)
• I've Got Mine (米91位)

実を言うと、このアルバム"Solo Collection"は、ドン・ヘンリーのグレイテスト・ヒッツを買おうとしたときに、たまたま見つけて、折角だからと一緒に買ったもので、それまではこのアルバムの存在を知らずにいたんですよね。その後は同時に買ったアルバムということもあり、この2枚からセレクトした曲をいつも一緒に聴いていました。

アルバムの中では"Strange Weather"収録曲の「I've Got Mine / アイヴ・ゴット・マイン」と、「Brave New World / ブレイヴ・ニュー・ワールド」が特に好きで、良く聴いていた記憶があります。

なお、ブックレットは厚手のマットな紙が使用されており、帯もそれに合わせた紙が使用されています。

▼ Glenn Frey - The Heat is On
https://www.youtube.com/watch?v=Id-rpYxXcoA

▼ Glenn Frey - Strange Weather
https://www.youtube.com/watch?v=V9nEXBDQc9Y

CDの帯(裏):Solo Collection / Glenn Frey

TRACK LIST
1. This Way To Happiness (New Studio Track) / 2. Who's Been Sleeping In My Bed (New Studio Track) / 3. Common Ground (New Studio Track) / 4. Call On Me (New Studio Track) / 5. The One You Love / 6. Sexy Girl / 7. Smuggler's Blues / 8. The Heat Is On / 9. You Belong To The City / 10. True Love / 11. Soul Searchin' / 12. Part Of Me, Part Of You / 13. I've Got Mine / 14. River Of Dreams / 15. Rising Sun / 16. Brave New World / 17. Strange Weather (Live) [Japanese Bonus Track]

1. ハッピネス(新曲) / 2. フーズ・ビーン・スリーピン(新曲) / 3. コモン・グラウンド(新曲) / 4. コール・オン・ミー(新曲) / 5. 恋人 / 6. セクシー・ガール / 7. スマグラーズ・ブルース / 8. ヒート・イズ・オン / 9. ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ / 10. トゥルー・ラヴ / 11. ソウル・サーチン / 12. パート・オブ・ミー、パート・オブ・ユー / 13. アイヴ・ゴット・マイン / 14. リヴァー・オブ・ドリームス / 15. ライジング・サン / 16. ブレイヴ・ニュー・ワールド / 17. ストレンジ・ウェザー(ライヴ) [日本盤ボーナス・トラック]

NOTES
• Tracks 1-4: New Studio Tracks - "Solo Collection" (1995) / Track 5: from the Album "No Fun Aloud" (1982) / Tracks 6, 7: from the Album "The Allnighter" (1984) / Track 8: from the Album "Beverly Hills Cop [Music From The Motion Picture Soundtrack]" (1984) / Track 9: from the Album "Miami Vice [TV Soundtrack]" (1985) / Tracks 10, 11: from the Album "Soul Searchin'" (1986) / Tracks 12-16: from the Album "Strange Weather" (1992) / Track 17: from the Album "Live" (1993)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年6月)


    LOVE KILLS 「メトロポリス」 / FREDDIE MERCURY (1984)

Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (front): Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury  Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (back): Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury  Japanese 7-inch Vinyl Single - Lyric Sheet: Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury

この「Love Kills / メトロポリス(ラヴ・キルズ)」は、フレディ・マーキュリー名義でリリースされた初のソロ曲で、ジョルジョ・モロダーが1984年に復刻したSF映画の原点とも言われる1927年の無声映画「メトロポリス」のサウンドトラックに収録されました。

※ 補足
クイーンとしてデビューする前には、「Larry Lurex / ラリー・ルレックス」名義でのシングル"I Can Hear Music / Goin' Back"がリリースされています。

ということで、こちらはその当時に買ったシングルレコード盤。通常のシングルレコードのジャケットといえば大抵は裏側に歌詞が記載された1枚の紙が封入されているだけというものでしたが、このシングルは珍しく袋型ジャケットになっています。

Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (back): Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury

▼ Freddie Mercury - Love Kills
https://www.youtube.com/watch?v=FhBkrlUiE7U

なお、B面の「Rotwang's Party (Robot Dance) / ロボット・ダンス」は、フレディとは関係のないジョルジオ・モロダーの曲ですが、アルバム(サウンドトラック)には収録されていない曲で、このシングルにのみ収録されています。

▼ Giorgio Moroder - Rotwang's Party (Robot Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=NZNEnm-Hgio

Japanese 7-inch Vinyl Single - Disc: Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury Japanese 7-inch Vinyl Single - Label: Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury

フレディの死後、様々なリミックスヴァージョンが出回ったこの"Love Kills"ですが、改めて聴くと、やはりこのオリジナルヴァージョンがベストのように感じますね。とはいうものの、当時はこのピコピコしたシンセサウンドに今ひとつ馴染めないようなところもあったのでした。

カヴァーでは、オリジナル曲のイメージを踏襲したリトル・ブーツのヴァージョンが個人的には結構好きですね。オリジナルに忠実なメロディー展開の曲なので、次にどんなメロディが来るのかオリジナルのままに頭の中で描くことができる安心感みたいなものがあるんですよね。オリジナル曲に対する敬意のようなものが感じられる好感が持てるカヴァーです。

▼ Little Boots - Love Kills
https://www.youtube.com/watch?v=afYKg-fI1QE

そして、この曲は昨年の2014年にリリースされたクイーンのコンピレーション・アルバム「Queen Forever / クイーン・フォーエヴァー」にもブライアン・メイとロジャー・テイラーのパートを新たに加えてバラード曲にアレンジされたヴァージョン「Love Kills - the ballad / ラヴ・キルズ(バラード)」がクイーンの新曲として収録されています。

▼ Queen - Love Kills - the ballad - (Official Montage Video)
https://www.youtube.com/watch?v=xTPdU_07YZY

TRACK LIST
Side A: Love Kills / メトロポリス [Freddie Mercury]
Side B: Rotwang's Party (Robot Dance) / ロボット・ダンス [Giorgio Moroder]

Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve front): Love Kills 「メトロポリス」 / Freddie Mercury NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• from the album "Metropolis" (Original Motion Picture Soundtrack)
• UK 10位 / US 69位

• B面の"Rotwang's Party (Robot Dance)"はアルバム未収録曲
• 三方背の袋型ジャケット
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年7月)


    CRUEL TO BE KIND 「恋するふたり」 / NICK LOWE (1979)

Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (front): Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe  Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (back): Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe  Japanese 7-inch Vinyl Single - Disc: Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe

このニック・ロウのシングル盤「Cruel To Be Kind / 恋するふたり」を買った動機というか切っ掛けは、たまたまこの曲をラジオで聴いて一発で惹かれたからなんですが、実を言うと、私自身はそれまでニック・ロウというミュージシャンの存在すら知らなかったんですよね。もしかしたら、あの時ラジオを聴いていなかったら、今も知らずにいた曲だったりもするのかもしれません。

Japanese 7-inch Vinyl Single - Sleeve (back): Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe

ということで、今は、あの時、ラジオで聴いていて良かったと思うと共に、あの日、この曲をかけてくれてありがとうという気持ちですね。個人的には、こういう弾むようなメロディー展開のパワーポップって結構好きで、私自身はこの手の曲を親しみを込めてワクワクポップと呼んでます(笑)。

Japanese 7-inch Vinyl Single (front) - Sleeve: Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe

Japanese 7-inch Vinyl Single - Label: Cruel To Be Kind 「恋するふたり」 / Nick Lowe

TRACK LIST
Side 1: Cruel To Be Kind (恋するふたり)
Side 2: Endless Grey Ribbon (エンドレス・グレイ・リボン)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付(対訳無し)

• UK 12位 / US 12位

▼ Nick Lowe - Cruel To Be Kind (Top of The Pops 1979)
https://www.youtube.com/watch?v=TM4RtUo5s0g

(記:2015年7月)


    EYES OF A WOMAN / AGNETHA FÄLTSKOG [ex-ABBA] (1985)

Album Cover (front): Eyes Of A Woman / Agnetha Fältskog  CD Case (Back Cover): Eyes Of A Woman / Agnetha Fältskog  CD: Eyes Of A Woman / Agnetha Fältskog

どことなくな企画盤といった感じのジャケットデザインですが、この"Eyes Of A Woman"は"ABBA"のメンバーであったアグネタ・フォルツコグのオリジナル・ソロアルバムです。アグネタにとってはアバ解散後2枚目のソロアルバムということになるのですが、自分が購入したこちらのアルバムはボーナストラック5曲が加えられた2005年の再発盤です。

ボーナストラックといえば、アルバムとは無関係の取って付けたような曲が収録されていたりことも意外と多く、アルバムの趣旨や雰囲気を損なうように感じる場合もあるのですが、この再発盤に収録されているボーナストラックはアルバムに沿った選曲がされていて、とても良いんですよね。しかも、もの珍しさから最初に何回か聴くものの、その後に聴き続けるような曲は少なかったりするデモやらアウトテイクといった類のものではなく、この時期にシングルのみでリリースされた曲であり、現在では入手困難になっていた曲というのもファンにとっては嬉しいところ。こういったボーナストラックなら大歓迎です。

ということで、ボーナストラックとして加えられているのがこちらの5曲。

• ボーナストラック1曲目 / You're There
この曲はこのアルバムからのシングル曲"I Won't Let You Go"のB面にのみ収録されていた曲。

• ボーナストラック2曲目 / Turn the World Around
この曲もこのアルバムからのシングル曲"One Way Love"のB面にのみ収録されていた曲。

• ボーナストラック3曲目 / I Won't Let You Go [Extended Version]
こちらは12インチシングルとしてリリースされたヴァージョン。

• ボーナストラック4曲目 / The Way You Are [Duet with Ola Håkansson]
このアルバム"Eyes Of A Woman"がリリースされた翌年の1986年にシングルのみでリリースされたオーラ・ハカンソンとのデュエット曲で、スウェーデンではNo.1ヒットを記録した曲でもあります。なお、ここに収録されているのは"Edited Alternate Mix"です。

• ボーナストラック5曲目 / Fly Like the Eagle [Duet with Ola Håkansson]
こちらもオーラ・ハカンソンとのデュエット曲で、"The Way You Are"のB面に収録されていた曲。

このアルバムを買ったのは、このアルバムからのファーストシングル曲"I Won't Let You Go"に惹かれたからというのが一番の理由なのですが、その他にも、"E.L.O."のジェフ・リンや、"ASIA"のジョン・ウェットンとジェフ・ダウンズが提供した楽曲が収録されているという点でも興味があったアルバムでした。

又、その他にも、アルバムにはムーディーブルースのジャスティン・ヘイワードが提供した"The Angels Cry"といった曲も収録されており、そのジャスティン・ヘイワードはギターでレコーディングにも参加しています。

アルバムでは、やはりアグネタとプロデューサーのエリック・スチュワート(元10cc)が共作した"I Won't Let You Go"が一際華やいでいる印象で、アバでいうところの"That's Me"のようなワクワクポップといった雰囲気が自分としては好きなところでもあります。それに、この"I Won't Let You Go"は、ジェフ・リンが提供したオープニング曲"One Way Love"以上にどこか"E.L.O."っぽい雰囲気が感じられる曲でもあるんですよね。この曲を聴くとザナドゥの時期辺りの"E.L.O."と"ABBA"のコラボなんてものも聴いてみたかったなぁという思いもよぎります。

個人的な好みで言えば、そのシングル曲"I Won't Let You Go"のB面に収録されていた曲で、このアルバムのボーナストラック1曲目にあたる"You're There"(こちらもアグネタとエリック・スチュワートの共作曲)と、編曲やアレンジまでも"ASIA"風といった感じの"We Move As One"も結構好きな曲です。

Booklet: Eyes Of A Woman / Agnetha Fältskog ブックレットもやっつけ仕事ではない丁寧な作りがされており、ボーナストラックを含む全曲の歌詞と共に、アルバムからのシングル盤(オランダだけでリリースされたシングル盤"Just One Heart"と"The Angels Cry"を含む)と、ボーナストラックに含まれているシングル盤のジャケット写真といったものも掲載されています。ボーナストラックについてもどういった曲なのかが簡単にクレジットされているのもいいですね。

日本では発売元との契約が無かったのか、現在に至るまで日本盤のリリースはされていないアルバムのようですが、比較的安い価格で輸入盤が買えるので、"ABBA"が好きな人は入手困難になる前に買っておいてもいい1枚かも。

ただひとつ残念なのは曲順がどうもしっくりこないこと。でも、まぁ、この辺りは個人的な好みの問題でもあり、自分の好きなように変えれば済むことだとは思うんですけどね。

ちなみに自分は、"Just One Heart"、"Click Track"、"Save Me (Why Don't Ya)"の3曲は外して、 1. One Way Love / 2. The Angels Cry / 3. I Won't Let You Go / 4. I Won't Be Leaving You / 5. We Should Be Together / 6. You're There / 7. Turn The World Around / 8. We Move As One / 9. Eyes Of A Woman / 10. I Keep Turning Off Lights / 11. The Way You Are [Duet with Ola Håkansson] / 12. Fly Like the Eagle [Duet with Ola Håkansson] / 13. I Won't Let You Go [Extended Version]、といった曲順に変えて聴いています。

▼ Agnetha Fältskog - I Won't Let You Go
https://www.youtube.com/watch?v=ixQ80mIA2c4

▼ Agnetha Fältskog - You're There
https://www.youtube.com/watch?v=hf_9oHx9nLQ

▼ Agnetha Fältskog - We Move As One
https://www.youtube.com/watch?v=zoa_4LjqXMw

▼ Agnetha Fältskog - One Way Love
https://www.youtube.com/watch?v=Cs2N-053nUc

TRACK LIST (2005 Reissued / 5 Bonus Tracks)
1. One Way Love / 2. Eyes of a Woman / 3. Just One Heart / 4. I Won't Let You Go / 5. The Angels Cry / 6. Click Track / 7. We Should Be Together / 8. I Won't Be Leaving You / 9. Save Me (Why Don't Ya) / 10. I Keep Turning Off Lights / 11. We Move as One
2005 Reissued Bonus Tracks:
12. You're There / 13. Turn the World Around / 14. I Won't Let You Go [Extended Version] / 15. The Way You Are [Duet with Ola Håkansson] / 16. Fly Like the Eagle [Duet with Ola Håkansson]

NOTES
• Label: Polar Music / Universal Music
• Made in the EU
• 歌詞付

• 2005 Reissued Bonus Tracks:
1. "You're There" - B-side of "I Won't Let You Go" single
2. "Turn the World Around" - B-side of "One Way Love" single
3. "I Won't Let You Go" [Extended Version] - 12" single
4. "The Way You Are" [Duet with Ola Håkansson] - Single only 1986
5. "Fly Like the Eagle" [Duet with Ola Håkansson] - B-side of "The Way You Are" single

• "The Way You Are" is not the full 7" version but an edit (Edited Alternate Mix)

• Album: Sweden 2位 / UK 38位
• Singles:
"I Won't Let You Go" - Sweden 6位 / UK 84位 / Belgium 7位 / Poland 10位 / Netherlands 17位 / Germany 24位
"One Way Love" - Germany 37位
"The Way You Are" [Duet with Ola Håkansson] (Bonus Track) - Sweden 1位

(記:2015年7月)


    心ばかり - COCORO BAKARI / KOKIA (2012)

CDの帯:心ばかり / KOKIA

Album Cover (front):心ばかり / KOKIA Album Cover (front):心ばかり / KOKIA CD Case (back cover):心ばかり / KOKIA

こちらは"KOKIA"さんの特別詰め合わせアルバム「心ばかり」で、過去10年間に渡るシングル・カップリング曲や、配信限定でリリースされた曲などのアルバム未収録楽曲がひとつにまとめられた2枚組みアルバムになっており、アルバムの紹介文には、「色とりどりのお菓子を集めて詰め合わせたような、心ばかりの音楽の贈り物を、どうぞご賞味下さい。」と記されています。

「おくちに合う事を願って、少しずつ、心をこめて作った“心ばかり”の贈り物。」と、彼女自身が執筆したライナーノーツから抜粋された言葉がアルバムの帯にも記されているように、パッケージのデザインは勿論のこと、ブックレットの紙質やテクスチャー、文字のフォントといったものにもその思いが伝わるようなアルバムになっており、パッケージ盤ならではの楽しさを感じさせてくれるアルバムでもあります。

なお、その「和」のおもてなしの心が表現されたジャケットのアートワークは、"KOKIA"さん自身が手がけられており、写真にある素材選びと撮影までもがKOKIA"さん自身の手によるもの。

又、自身でも語られているように、「10年という時の詰め合わせ」というものを感じることができる2008年のメモリアルブックより抜粋加筆された本人手記のライナーノーツも読み応えがあり、アルバム内の曲が生まれた背景などを知ることにより、それぞれの曲をより深く味わえる手助けになっている感じがします。又、収録曲それぞれのオリジナルジャケット写真も併せて掲載されているのも嬉しいところ。

1枚目のCDには2001年〜2006年にかけて発表された4〜14thシングルのカップリング曲が収録されており、2枚目のCDは2009年〜現在まで配信限定だった曲を中心に収録と、1枚目から2枚目にわたって収録曲は年代順に並べられており、約10年に渡る足跡と変化を感じることができる構成になっています。

シングルを購入することがほとんど無いような自分には、シングルでしか聴くことができなかった曲や、購入して聴くことが難しくなった曲をこうしたかたちでまとめてリリースしてもらうのは嬉しいですね。実際多くの曲が初めて聴く曲でしたし。

▼ 収録曲は以下の通り(全21曲) / 心ばかり

[DISC 1]
01. Yes I know - (4th CD シングル 「tomoni」 のカップリング曲 / 2001年5月23日リリース)
02. もくじ - (5th CD シングル「Say Hi!!」のカップリング曲 / 2001年8月22日リリース)
03. Whisper - (6th CD シングル「天使」のカップリング曲 / 2001年11月21日リリース)
04. もう愛せない - (7th CD シングル「人間ってそんなものね」のカップリング曲 / 2002年1月23日リリース)
05. tell tell 坊主 - (8th CD シングル「かわらないこと 〜 since 1976」のカップリング曲 / 2003年5月21日リリース)
06. i してる - (10th CD シングル「so much love for you」のカップリング曲 / 2004年4月21日リリース)
07. 人魚の夢 - (11th CD シングル「夢がチカラ」のカップリング曲 / 2004年6月23日リリース)
08. 僕の気持ち - (12th CD シングル「dandelion」のカップリング曲 / 2005年2月23日リリース)
09. time to say goodbye (duet "KOKIA & PIANO") - (13th CD シングル「time to say goodbye」のカップリング曲 / 2005年7月21日リリース)
10. 愛のメロディー (soundtrack ver.) - (14th CD シングル「愛のメロディ / 調和 oto〜with reflection〜」のカップリング曲 / 2006年1月1日リリース)

[DISC 2]
01. last love song - (配信限定シングル「君をさがして / last love song」収録曲 / 「Life Trilogy 〜 いのちの歌 3部作 〜」の第一章 / 2009年8月5日リリース)
02. クルマレテ - (配信限定シングル「君をさがして / last love song」のカップリング曲 / 2009年8月5日リリース)
03. クリスマスの響き - (配信限定シングル「single mother / クリスマスの響き」収録曲 / 「Life Trilogy 〜 いのちの歌 3部作 〜」の第二章 / 2009年11月18日リリース)
04. 白い犬と踊る夜 - (配信限定シングル「single mother / クリスマスの響き」のカップリング曲 / 2009年11月18日リリース)
05. ありがとう… (the Coquillage edition) - (アルバム「Coquillage - The Best Collection II」の初回限定盤(ボーナス・ディスク)収録曲 / 2009年12月2日リリース)
06. Candle in the Heart - (アルバム「Coquillage - The Best Collection II」の初回限定盤(ボーナス・ディスク)収録曲 / 2009年12月2日リリース)
07. あの日の私に - (配信限定シングル「孤独な生きもの / あの日の私に」収録曲 / 「Life Trilogy 〜 いのちの歌 3部作 〜」の第三章」 / 2010年3月17日リリース)
08. 心の季節 - (配信限定シングル「孤独な生きもの / あの日の私に」のカップリング曲 / 2010年3月17日リリース)
09. 大人のオオカミ (The 5th season consert version) - (配信限定ライヴ・シングル / DVD 「The 5th season consert」収録曲 / 2011年9月14日リリース)
10. moment〜今を生きる〜 (The 5th season consert version) - (配信限定ライヴ・シングル / DVD 「The 5th season consert」収録曲 / 2011年9月14日リリース)
11. 世界を包む Ribbon in our heart - (配信限定シングル / 2011年11月23日リリース)

CD-1:心ばかり / KOKIA CD-2:心ばかり / KOKIA Booklet:心ばかり / KOKIA

▼ KOKIA - 「5th season concert」ダイジェストmovie
https://www.youtube.com/watch?v=LG_sSmyc8xE

▼ KOKIA / KOKIA 2014 Falling in Love with the Orchestra コンサートDVDダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=KMAZZs0HEhE

Sticker:心ばかり / KOKIA TRACK LIST (おしながき)
DISC 1
1. Yes I know / 2. もくじ / 3. Whisper / 4. もう愛せない / 5. tell tell 坊主 / 6. i してる / 7. 人魚の夢 / 8. 僕の気持ち / 9. time to say goodbye (duet "KOKIA & PIANO") / 10. 愛のメロディー (soundtrack ver.)

DISC 2
1. last love song / 2. クルマレテ / 3. クリスマスの響き / 4. 白い犬と踊る夜 / 5. ありがとう… (the Coquillage edition) / 6. Candle in the Heart / 7. あの日の私に / 8. 心の季節 / 9. 大人のオオカミ (The 5th season concert version) / 10. moment 〜今を生きる〜 (The 5th season concert version) / 11. 世界を包む Ribbon in our heart

NOTES
• ブックレット内容
1p:おしながき / 2-3p:ごあいさつ (KOKIA) / 4-12p:ライナーノーツ (KOKIA) デビュー10周年メモリアルブックより引用&追記あり / 12-13p:「心ばかり」収録曲の各オリジナル・ジャケット / 14-28p:収録曲歌詞

▼ 関連記事

CDJournal KOKIA インタビュー インタビュー:KOKIAがカップリング曲&配信限定曲を集めた特別詰め合わせアルバム『心ばかり』を発表! - CDJournal 2012/03/06掲載
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/kokia/1000000719

KOKIA、10年分のアルバム未収録曲を集めた「心ばかり」(2012年2月16日)
http://natalie.mu/music/news/64552

インタビュー:KOKIA、配信限定シングル3部作の第1弾 “いのち”をテーマに歌われる、ポジティヴなメッセージ - CDJournal 2009/08/06掲載
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/kokia/1000000309

3月7日発売「心ばかり」(2012年02月07日) - KOKIA 公式ブログ「otonami」
http://www.kokia.com/blog/2012/37.html

(記:2015年7月)


    TRY ANYTHING ONCE 「人生ゲーム」 / ALAN PARSONS (1993)

CDの帯(初回プレス盤):人生ゲーム / アラン・パーソンズ

Album Cover (front): Try Anythig Once / Alan Parsons
「The Alan Parsons Project / アラン・パーソンズ・プロジェクト」名義での活動に終止符を打ったアラン・パーソンズが個人名でリリースしたソロ作第一弾がこの「Try Anythig Once / 人生ゲーム」。

結果的には、1987年にリリースされた「Gaudi / ガウディ」がアラン・パーソンズ・プロジェクト名義での最後のスタジオアルバムとなったわけですが、"Gaudi"と同年にリリースされた「Limelight - The Best Of Vol. 2 / ライムライト - ベスト・オブ・アラン・パーソンズ・プロジェクト Vol.2」を含めて、アラン・パーソンズにとっては実に6年ぶりというアルバムでもありました。

アルバムのアートワークはアラン・パーソンズ・プロジェクト時代からの付き合いであるストーム・ソーガソン(2013年に逝去)が手掛けたもので、恐らくは「Wine From The Water / 水からワインを」の歌詞にある「私を吊り上げても、ぶら下げてもいい」、「こんな鎖は、逆さまになっているうちにほどける」といったフレーズからイメージされたものではないかと思います。

又、その抽象画にあるような特異な世界観がジャケットのみならず、ブックレット全体に表現されており、この充実したブックレットを眺めるだけでも結構面白いです。

Booklet: Try Anythig Once / Alan Parsons   Booklet: Try Anythig Once / Alan Parsons

アルバム自体は、正直言って、今ひとつのめり込むことができなかったというか、最初に数回聴いただけで、その後はほとんど聴くこともなかったのですが、今では時折聴いたりしているので、購入した当時に比べると多少は印象も変わってきたかなといった感じです。

それでも、今にして思えば、あの時、リリースされたばかりのこのアルバムをCDショップでたまたま見つけて買うことができたことは幸運だったと思いますし、このアルバムをリアルタイムで体感できたことはそれなりに幸せなことだったのではないかといった気もします。

CDの帯(初回プレス盤):人生ゲーム / アラン・パーソンズ

残念ながら、ビルボード・チャートでは100位圏外、ヒットシングルも出ずと、セールス的にはパッとしなかったアルバムですが、自分にとっては、これもまたひとつの思い出であり、こうして作品として世に送り出してくれたことに感謝。

Album Cover (back): Try Anythig Once / Alan Parsons  CD Case (back): Try Anythig Once / Alan Parsons  CD: Try Anythig Once / Alan Parsons

TRACK LIST
1. The Three Of Me / 2. Turn It Up / 3. Wine From The Water / 4. Breakaway / 5. Mr Time / 6. Jigue / 7. I'm Talking To You / 8. Siren Song / 9. Dreamscape / 10. Back Against The Wall / 11. Re-jigue / 12. Oh Life (There Must Be More)

1. 不思議の国の私 / 2. ターン・イット・アップ 〜 沈黙の向こう側 / 3. 水からワインを / 4. 逸脱 / 5. MR タイム / 6. 草原を渡る風 / 7. 心の光 / 8. 誘(いざな)いの歌 / 9. 夢のかたち / 10. 絶体絶命 / 11. 草原を渡る風、ふたたび / 12. もうひとつの人生

NOTES
• Album: US 122位
• Singles from "Try Anything Once":
1. "Turn It Up" [Released: 1993] / 2. "Wine From The Water" [Released: 1994] / 3. "Oh Life (There Must Be More)" [Released: 1994]

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 18ページ・オールカラー・ブックレット
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年8月)


    THE TIME MACHINE / ALAN PARSONS (1999)

CDの帯(初回プレス盤):タイム・マシン / アラン・パーソンズ

Album Cover (front): The Time Machine / Alan Parsons
この「The Time Machine / タイム・マシン」は、「On Air / オン・エアー」に続くアランパーソンズのソロ3作目(3曲の新曲が収録されていた1995年リリースのライヴ・アルバム「The Very Best Live / ザ・ベリー・ベスト・ライブ」を含めると4作目)となるアルバム。

前作のスタジオ・アルバム"On Air"が1996年のリリースだったので、約3年ぶりのアルバムということになったわけですが、ここでも前作同様にトータル・コンセプト・アルバムの形態がとられており、このアルバムではアルバムのタイトルにもなっている「タイム・マシン」がテーマになっています。

日本で先行発売されたこのアルバムの日本盤は海外盤とは多少の違いがあり、日本盤だけのボーナストラックが収録されている以外にも、イギリス盤やアメリカ盤とはジャケットのデザインに若干異なる部分があります。

又、アルバムの最初と最後の曲名表記が、"H.G. Force Part 1"、"H.G. Force Part 2"となっているのも日本盤だけだったみたいで、その後にリリースされた海外盤では、それぞれ"The Time Machine (Part 1)"、"The Time Machine (Part 2)"となっています。

その曲名に関しては、元々そういった趣旨でリリースされたのか、もしくは、日本ではこの曲名で先行リリースされたものの、遅れてリリースされた海外盤では何らかの理由で急遽変更されたものなのかは分かりませんが、曲そのものに違いはないようです。

ちなみに、"H.G. Force"というタイトルは、小説「The Time Machine / タイム・マシン」の作者である"H.G. Wells"の名前と、重力、もしくは重力によって作用する力を示す"G. Force" (Gravitational Force) をもじって作られた造語で、このアルバムが、その"H.G. Wells"の著書に影響を受けて制作されたことから付けられたタイトルだったようです。

※ 補足
H・G・ウェルズ(Herbert George Wells / ハーバート・ジョージ・ウェルズ)はイギリスの小説家で、「The Time Machine / タイム・マシン」は1895年発表されたSF小説。

実は、タイム・マシンを題材にしたアルバムを作るプランはかなり以前からあったようで、付属の解説書によると、本来はファースト・アルバムの「Tales of Mystery and Imagination - Edgar Allan Poe / 怪奇と幻想の物語〜エドガー・アラン・ポーの世界」(1976年)を出した後に、このコンセプトでやろうと思っていたらしいですね。

ということで、構想実現までには随分と時が経ったわけですが、このアルバム自体は、その"H.G. Wells"の小説を具現化したというものではなく、タイトルだけを引用したとのこと。

そして、今回もアルバムのアートワークを手掛けているのはストーム・ソーガソンで、例のごとく充実したブックレットが付いているのもファンにとっては嬉しいところ。

Booklet: The Time Machine / Alan Parsons   Booklet: The Time Machine / Alan Parsons

実を言うと、私自身はソロ名義での一作目「Try Anythig Once / 人生ゲーム」と同様に、最初に数回聴いた後はほとんど聴くことがなかったアルバムだったのですが、最近ではちょくちょくと聴いているので、この"The Time Machine"もまた"Try Anythig Once"と同じく、当初からするとアルバムに対する印象は多少変わってきた感じがします。

収録曲に関していえば、派手さは無いものの、その分、穏やかというか、雰囲気に浸れる曲が多い印象があります。その要因としては、ボーナストラックを含めて13曲中、半数近くの6曲がインストゥルメンタル、もしくは、ほぼインストゥルメンタルと言ってもいいような語りだけの曲で構成されている点も理由のひとつではないかといった気もします。

それと、ジワジワと染み入ってくるような女性のヴォーカル曲が2曲収録されているのも、このアルバムの特徴のひとつとして挙げられるのではないかと思います。アイリッシュ風サウンドが印象的な「The Call Of The Wild / コール・オブ・ザ・ワイルド」でヴォーカルをとっているのは、エンヤの姉であるモイヤ・ブレナン(クラナドのヴォーカリスト)。そして、「The Very Last Time / ベリー・ラスト・タイム」は、イギリスの女性シンガーソングライター(スリランカ生まれで国籍はイギリス)で、イギリスでトップ3に入るヒットを記録した「Promise me / プロミス・ミー」で知られるベヴェリィー・クレィヴァンがヴォーカルをとっています。ちなみに、そのイギリスでは、1990年のファーストアルバム"Beverley Craven"と、1993年のセカンドアルバム"Love Scenes"もそれぞれトップ5に入るヒットをを記録しています。

その他にも、過去の偉人達をを呼び戻そうよといった歌詞が印象的な「Call Up / コール・アップ」では、様々な偉人達の名前が次々と登場して面白いですし、「無知は無上の喜び」と、意味深なタイトルが付いた曲「Ignorance Is Bliss / イグノーランス・イズ・ブリス」は、アルバムの中で最も好きな曲のひとつ。

アルバムに参加しているヴォーカリストについては、先に挙げた二人の女性の他、トニー・ハードレイ(スパンダー・バレエ)、ニール・ロックウッド(E.L.O. Part II)、コリン・ブランストーン(ゾンビーズ)、グラハム・ダイ、といったように多彩な面々が顔を揃えており、更には、お馴染みのクリス・レインボウがいくつかの曲でバッキング・ヴォーカルとしても参加しています。

アルバムの構成としては、ハウスやトランスといったダンス系ミュージックで良く使われるバスドラムのスタイルが取り入れられているなど、現代的なサウンド・アプローチが印象的な"H.G. Force Part 1"と"H.G. Force Part 2"が、何処となくノスタルジックな雰囲気もあるその他の曲を挟むような形でアルバムの最初と最後に収録されているのが面白いところ。

ただし、アランパーソンズがコンポーザーとしてクレジットされているのは2曲目の「Temporalia / テンポラリア」だけで、残りの曲は全て元パイロットのイアン・ベアンソンとスチュアート・エリオットによるもの。

アラン・パーソンズ・プロジェクト時代から事実上のプロジェクト・メンバーとしてアルバムの制作に携わってきたこの元パイロットの二人の貢献度は、アランパーソンズがソロ名義でアルバムをリリースするようになってから益々高まった印象があり、もはやアランパーソンズの両腕ともいえる中心的役割を担う存在となったというか、欠かすことのできない存在となった感はありますね。アラン・パーソンズはといえば、そんな信頼のおける二人がいることで、心置きなくプロデューサーとしての役割に徹しているといった感じがします。

Album Cover (back): The Time Machine / Alan Parsons CD Case (back cover): The Time Machine / Alan Parsons CD: The Time Machine / Alan Parsons

CD Case (back cover): The Time Machine / Alan Parsons TRACK LIST (Japan Edition)
1. H.G. Force Part 1 / 2. Temporalia / 3. Out Of The Blue / 4. Call Up / 5. Ignorance Is Bliss / 6. Rubber Universe / 7. The Call Of The Wild / 8. No Future In The Past / 9. Press Rewind / 10. The Very Last Time / 11. Far Ago And Long Away / 12. H.G. Force Part 2 / 13. Beginnings (Bonus track exclusive for Japan only)

1. H.G. フォース Part 1 / 2. テンポラリア / 3. アウト・オブ・ザ・ブルー / 4. コール・アップ / 5. イグノーランス・イズ・ブリス / 6. ラバー・ユニバース / 7. コール・オブ・ザ・ワイルド / 8. ノー・フーチャー・イン・ザ・パスト / 9. プレス・リワインド / 10. ベリー・ラスト・タイム / 11. フォー・アゴー・アンド・ロング・アウェイ / 12. H.G. フォース Part 2 / 13. ビギニングス (日本盤のみの特別ボーナストラック)

NOTES
• Lead Vocals:
1. Instrumental / 2. Instrumental [Narration: Professor Frank Close] / 3. Tony Hadley (Spandau Ballet) [Backing Vocals: Chris Rainbow] / 4. Neil Lockwood / 5. Colin Blunstone [Backing Vocals: Chris Rainbow] / 6. Instrumental / 7. Maire Brennan (Clannad) / 8. Neil Lockwood [Additional Vocals: Chris Rainbow, Stuart Elliott] / 9. Graham Dye / 10. Beverley Craven [Backing Vocals: Ian Bairnson] / 11. Instrumental / 12. Instrumental / 13. Instrumental [Narration: Alan Parsons]

• Singles from "The Time Machine":
1. "Out of the Blue" [Released: 1999] / 2. "The Very Last Time" [Released: 1999] / 3. "The Time Machine" [Released: 2000]

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 日本先行発売 / 日本盤限定ボーナストラック収録 / 解説・歌詞・対訳付
• 12ページオールカラーブックレット
• 制作者の意図により、12曲目と13曲目の間に約1分間の無音状態が挿入されています。

(記:2015年8月)


    THE ANNIE LENNOX COLLECTION / ANNIE LENNOX (2009)

CDの帯:ベスト・コレクション / アニー・レノックス

Album Cover (front): The Annie Lennox Collection / Annie Lennox  Album Cover (back): The Annie Lennox Collection / Annie Lennox  CD: The Annie Lennox Collection / Annie Lennox

'80年代はユーリズミックスのヴォーカリストとして活躍していたアニー・レノックスのソロ転向後初のベスト・アルバムが、こちらの「ベスト・コレクション / The Annie Lennox Collection」で、2曲の新曲も含まれています。

私自身は、そのユーリズミックスも名前だけは知っているといった程度の認識しかなく、アニー・レノックスについても、初めて知ったのはフレディ・マーキュリー追悼コンサートでデヴィッド・ボウイと共に「Under Pressure / アンダー・プレッシャー」を歌っている姿を当時購入したレーザーディスクで観たときでした。まぁ、その当時は一風変わった人だなといった印象しかなく、興味を持つこともなかったんですよね。

▼ Queen + Annie Lennox & David Bowie - Under Pressure
https://www.youtube.com/watch?v=fCP2-Bfhy04

ましてや、アルバムを買って聴いてみようなどとは到底思わず、その風貌だけが頭の片隅に残っているといった感じでいたのですが、このベストアルバムがリリースされたことをたまたま知ったときは、何となく新しいものを欲していたというか、これまで聴いたことがないミュージシャンの曲を聴いてみたいなという思いが何処となくあったことも重なり、一度聴いてみようかなと食指が動いたのでした。

当時はDVD付きの限定盤もリリースされていたのですが、自分が購入したのは通常盤の方。自分が購入しようとしたときは限定盤の方は品切れの表記がしてあったので、まぁいいやと思って通常盤の方を購入したのですが、購入後にたまたま覗いたオンラインショップでは再び限定盤の方も販売されていたので、そのときは一時的に品切れになっていたのかもしれません。

でも、後から考えると、DVD付きじゃなくて良かったように思います。特に、初めて聴くような曲の場合だと、そのミュージックビデオの映像によってイメージが固定化されることが無きにしも非ずで、ドラマ仕立てのようなものだと尚更その印象が強く残る感じもありますからね。もしかしたら、当時から気に入ったアルバムであり、今も聴き続けているのは、映像による曲のイメージが無かったからかも?なんてことを思ったりもします。それでも、後に"YouTube"で観た"Shining Light"のミュージックビデオは結構好きでしたけどね。

アルバムの中では新曲の"Shining Light"(北アイルランドのロックバンド「アッシュ」のカヴァー曲)と"Pattern Of My Life"が特に好きで、私自身は当時からこの2曲の新曲を頭に持って来た曲順で聴くのがこのアルバムの聴き方になっています。

▼ Annie Lennox - Shining Light
https://www.youtube.com/watch?v=OfJeQDkz4JU

▼ Ash - Shining Light
https://www.youtube.com/watch?v=SZGcNx8nV8U

アルバムは、これまでにリリースされた4枚のソロアルバムからの楽曲を中心に、映画「Bram Stoker's Dracula / ドラキュラ」のサウンドトラックにのみ収録されていた"Love Song For A Vampire"と、先に述べた新曲が2曲という構成。

なお、このアルバムにセレクトされた楽曲が収録されているオリジナルアルバムとチャートポジションは以下の通り。

Diva [1992] - UK 1位 (4× Platinum)、US 23位 (2× Platinum)
• Why - UK 5位、US 34位
• Precious - UK 23位
• Walking On Broken Glass - UK 8位、US 14位
• Cold - UK 26位
• Little Bird - UK 3位 (Love Song For A Vampireとのカップリング)、US 49位

Bram Stoker's Dracula (Soundtrack) [1993]
• Love Song For A Vampire - UK 3位

Medusa [1995] - UK 1位 (2× Platinum)、US 11位 (2× Platinum)
• No More "I Love Yous" - UK 2位、US 23位
• A Whiter Shade Of Pale - UK 16位、US 101位

Bare [2003] - UK 3位 (Gold)、US 4位 (Gold)
• A Thousand Beautiful Things
• Pavement Cracks

Songs of Mass Destruction [2007] - UK 7位 (Silver)、US 9位
• Dark Road UK - 58位
• Sing - UK 161位

The Annie Lennox Collection [2009] - UK 2位 (Platinum)、US 34位
• Shining Light - UK 39位
• Pattern Of My Life

TRACK LIST
1. Little Bird / 2. Walking On Broken Glass / 3. Why / 4. No More "I Love Yous" / 5. Precious / 6. A Whiter Shade Of Pale / 7. A Thousand Beautiful Things / 8. Sing / 9. Pavement Cracks / 10. Love Song For A Vampire / 11. Cold / 12. Dark Road / 13. Pattern Of My Life (New Song) / 14. Shining Light (New Song)

1. リトル・バード / 2. ウォーキング・オン・ブロウクン・グラス / 3. ホワイ / 4. ノー・モア "アイ・ラヴ・ユーズ" / 5. プレシャス / 6. 青い影 / 7. ア・サウザンド・ビューティフル・シングス / 8. シング / 9. ペイヴメント・クラックス / 10. ラブ・ソング・フォー・ア・ヴァンパイア / 11. コールド / 12. ダーク・ロード / 13. パターン・オブ・マイ・ライフ(新曲) / 14. シャイニング・ライト(新曲)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(通常盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年8月)


    TAPESTRY 「つづれおり」 / CAROLE KING (1971)

CDの帯:つづれおり(レガシー・エディション) / キャロル・キング

Album Cover (front): Tapestry / Carole King   Album Cover (back): Tapestry / Carole King

こちらは歴史的名盤のひとつとして語れることも多いキャロル・キングの「Tapestry / つづれおり」で、キャロル・キングといえば、このアルバム名が代名詞となっているくらいに大ヒットを記録したアルバムでもあります。

それでも、私自身はこのアルバム"Tapestry"の存在を知ったのがリリースされてから随分と後だったということもあってか、当初はこのアルバムは勿論のこと、キャロル・キングというミュージシャンに対しても全く興味が無かったんですよね。ただ、リリースから年月を経ても、音楽雑誌等では時折このアルバムを名盤として紹介されていたこともあり、この猫と一緒に写ったジャケットの写真は「名盤」というフレーズと共に何となく記憶の片隅に残っていたのでした。

そんな自分が、このアルバムを購入しようと思ったのは、映画の主題歌を集めたコンピレーションアルバムをレンタルショップで借りたことがきっかけで、そこに収録されていたキャロル・キングの"Anyone At All"(1998年に公開されたトム・ハンクスとメグ・ライアン主演の映画「You've Got Mail / ユー・ガット・メール」に新曲として提供されたオリジナルアルバム未収録曲)に惹かれてのことでした。

勿論、その"Anyone At All"は、"Tapestry"から20年以上も後に発表された曲なので、この"Tapestry"の収録曲ではないものの、"Anyone At All"がきっかけで、名盤と言われるこの猫と一緒に写ったジャケットのアルバムのことを思い出して、一度聴いてみようと思ったんですよね。それに、丁度、この2枚組みの特別企画盤「レガシー・エディション」がリリースされていたので良い機会だとも思いましたしね。

ということで、リリースされてから30年以上も経ってから、初めて名盤の誉れ高いこの"Tapestry"を聴いたわけですが、実を言うと、初めて聴いたときは、あまりにも素朴な印象があり、これは趣味に合わないかも?なんてことを思ったりもしていました。

それでも、折角買ったのだからと何回か聴いていくうちに徐々にその魅力に気付いてきた感じで、仮に、レンタルショップで借りていたものであったなら、もしかしたらそのまま聴かずに、魅力にも気付かないままだったのかもしれないですね。

LPレコードの時代も、友人などに借りたものなどは、最初に聴いて気に入らないものはそのまま聴かずにいることが多かったのですが、自分で買ったものは気に入らないからポイなんてことはできずに、失敗したかなと思いつつも、何かしら気に入る部分がないかと探しながら聴いたり、曲順を変えて聴いてみたりと、お金を無駄にしてなるものかとそれなりに努力していましたからね(笑)。まぁ、そういった意味では、対価を払って購入したという行為がその後の思い出やらに深く繋がっている場合が多いような気もしますし、又、愛着という点でも借り物とは大きな違いがあるようにも思いますね。

アルバムの中では、とりわけ、"So Far Away"、"It's Too Late"、"Beautiful"、"You've Got A Friend"、"Will You Love Me Tomorrow?"、"Tapestry"といった曲が好きで、今も良く聴いているのですが、"Home Again"や、"(You Make Me Feel Like) A Natural Woman"も割と好きな曲。ということで、当初抱いていた印象が嘘のように、今では好きな曲が目白押しのアルバムになっています。

Tapestry / Carole King   Tapestry / Carole King

この"Tapestry"の「レガシー・エディション」には、新たにデジタル・リマスタリングが施されたオリジナル・アルバムに加えて、"Tapestry"の収録曲が未発表のライヴ音源で構成された"Tapestry - Live"がボーナス・ディスクとして加えられています。

又、そのライヴが収録されたディスクの方も、"Tapestry"と同じ曲順で構成されているのですが、 ライヴの方には8曲目の「Where You Lead / 地の果てまでも」だけは収録されていません。というのも、当時キャロル・キングはこの曲だけはライヴで演奏していなかったようで、この時期にライヴ・レコーディングされた"Where You Lead"は存在しないらしいです。と、そういった理由から、ライヴCDの方には"Tapestry"のスタジオ・アルバムよりも1曲少ない11曲が収録されています。

なんでも、「どこまでもあなたに付いて行く」という男性に依存しているような歌詞が気に入らなかったというのがこの当時ライヴで演奏していなかった理由らしいですが、その後に歌詞に変えて新たにレコーディングし直した後はこの曲もライヴで披露されているようです。(この曲を人気ドラマ「ギルモア・ガールズ」のテーマ曲として使いたいという話が2000年に来たとき、歌詞を変えるいいチャンスだと思ったらしく、その時にこの曲の共作者であるトニ・スターンに連絡して、ドラマの主人公である母娘の関係を歌った歌詞に変えてもらってレコーディングし直したとのこと)

なお、ライヴCDの方は、1973年にボストンのメリーランドで行われたライヴと、ニューヨークのセントラル・パーク行われたライヴ、それに、1976年にサンフランシスのオペラ・ハウスで行われたライヴから抜粋された音源で構成されています。

それと、この「レガシー・エディション」には、2枚のCDに加えて、スタジオでの録音風景を撮影した未公開写真や、詳しいクレジットと共に、このアルバムが制作されていた当時の状況が垣間見れるような充実した英文和訳のライナーノーツがブックレットに掲載されているのも嬉しいところ。また、そのフルカラーのブックレットとは別に封入されている歌詞と対訳が付いたモノクロのブックレットの方にも別途解説が付いており、こちらには1曲ごとの解説もあるので、それぞれの曲の見識が深まり、より曲を深く味わうことができる感じ。

Booklet (front): Tapestry / Carole King Booklet (back): Tapestry / Carole King Booklet: Tapestry / Carole King

アルバムは、ひとりの女性の悲しみと苦悩を表現したコンセプト・アルバムのようなスタイルにもなっているそうで、アメリカに於いては15週連続1位を獲得し、その後、約6年(306週)に亘りチャートに登場し続けていたというシンガー・ソングライター、キャロル・キングの名を世に知らしめたベストセラー・アルバムでもあるのですが、以外にもシングルとしてリリースされたのは2曲だけなんですよね。

ただし、この曲にアコースティック・ギターとコーラスで参加しているジェイムス・テイラーがこのアルバムがリリースされた同年の'71年にカヴァーした「You've Got a Friend / きみの友だち」がビルボードチャートで1位を記録しており、同じく同年にリリースされたロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイによるカヴァー「You've Got a Friend / きみの友だち」もビルボードチャートで29位を記録しています。

そして、翌年の1972年にリリースされたマイケル・ジャクソンのソロ・デビューアルバム「Got to Be There / ガット・トゥ・ビー・ゼア」にもこの"You've Got a Friend"のカヴァーが収録されるなど、矢継ぎ早にカヴァーされたのが"You've Got a Friend"で、キャロル・キングのアルバムからはシングルカットされていないにもかかわらず、アルバムの中では特に有名な曲のひとつとなっています。

なお、このアルバム"Tapestry"に収録されている"Will You Love Me Tomorrow?"と、"(You Make Me Feel Like) A Natural Woman"の2曲は、ソングライターとして活動していた時期に作曲者のひとりとして名を連ねていた曲のセルフカヴァーともいえる曲で、オリジナルの"Will You Love Me Tomorrow?"は、1960年に黒人ガールズ・グループのシレルズがビルボードチャートで1位(黒人ガールズ・グループによる初のナンバー1ソングとなった曲)を記録しており、その後も'68年にフォー・シーズンズがカヴァーしたヴァージョンが同24位を記録しています。又、この"Tapestry"がリリースされた後も、'72年にロバータ・フラック(同76位)、'73年にメラニー(同82位)、'76年にダナ・ヴァレリー(同95位)、'78年にデイヴ・メイソン(同39位)と、この曲も又、多くのミュージシャンによってカヴァーされた曲となっています。

そして、"(You Make Me Feel Like) A Natural Woman"のオリジナルの方は、1967年にアレサ・フランクリンがビルボードチャートで7位となるヒットを記録しています。

ちなみに、キャロル・キングは1972年の第14回グラミー賞に於いて、レコード・オブ・ジ・イヤー (It's Too Late)、アルバム・オブ・ジ・イヤー (Tapestry)、ソング・オブ・ザ・イヤー (You've Got a Friend) と、主要4部門の内、最優秀新人賞を除く3部門を受賞した他、最優秀女性ポップ・ヴォーカルにも選ばれています。又、"You've Got a Friend"をカヴァーしたジェイムス・テイラーの方も最優秀男性ポップ・ヴォーカルを受賞しています。

Album Cover (inside): Tapestry / Carole King

▼ CDを取り外すと、内側に印刷されたLPレコードのラベル(A面とB面)が見えるようになっています。

Album Cover (inside): Tapestry / Carole King

TRACK LIST (Legacy Edition)
Disc 1: Tapestry
1. I Feel the Earth Move / 2. So Far Away / 3. It's Too Late / 4. Home Again / 5. Beautiful / 6. Way Over Yonder / 7. You've Got a Friend / 8. Where You Lead / 9. Will You Love Me Tomorrow? / 10. Smackwater Jack / 11. Tapestry / 12. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman

1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ / 2. ソー・ファー・アウェイ / 3. イッツ・トゥー・レイト / 4. ホーム・アゲイン / 5. ビューティフル / 6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー / 7. 君の友だち / 8. 地の果てまでも / 9. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー / 10. スマックウォーター・ジャック / 11. つづれおり / 12. ナチュラル・ウーマン

Disc 2: Tapestry - Live (Previously Unreleased Live Piano-Voice Versions)
1. I Feel the Earth Move (Live) / 2. So Far Away (Live) / 3. It's Too Late (Live) / 4. Home Again (Live) / 5. Beautiful (Live) / 6. Way Over Yonder (Live) / 7. You've Got a Friend (Live) / 8. Will You Love Me Tomorrow? (Live) / 9. Smackwater Jack (Live) / 10. Tapestry (Live) / 11. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Live)

1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(ライヴ) / 2. ソー・ファー・アウェイ(ライヴ) / 3. イッツ・トゥー・レイト(ライヴ) / 4. ホーム・アゲイン(ライヴ) / 5. ビューティフル(ライヴ) / 6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー(ライヴ) / 7. 君の友だち(ライヴ) / 8. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(ライヴ) / 9. スマックウォーター・ジャック(ライヴ) / 10. つづれおり(ライヴ) / 11. ナチュラル・ウーマン(ライヴ)

NOTES
• Album: US 1位 (1971年6月19日〜10月1日まで15週連続) / UK 4位
• US (10x Platinum [Diamond] / 1995-RIAA) / UK (Platinum)
• US 年間チャート:1971年 2位 / 1972年 2位 / 1973年 22位

• Singles: "It's Too Late" US 1位、UK 6位 / "So Far Away" US 14位

■ Tapestry / つづれおり(レガシー・エディション)
• 発売日:2008年05月21日(アメリカ盤の発売日は2008年4月22日)
• 完全生産限定盤
• 2008年最新デジタル・リマスタリング / 未発表ライヴ音源付き2枚組CD
• 解説・歌詞・対訳付
• 6面デジパック仕様

■ 良いのが多くて中々絞りきれませんでしたが、以下は"YouTube"の動画より

▼ Carole King - You've got a friend (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=qde5NMy7WTU

▼ Carole King - Home Again (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=1KVoCaqX4SM

▼ Carole King & James Taylor - It's Too Late (Live at The Troubadour 2007)
https://www.youtube.com/watch?v=DMWNQ-9FlKs

▼ Carole King - It's Too Late (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=3KbmbYVHy-oU

▼ Carole King - Will You Still Love Me Tomorrow (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=0iaAMTPRCvY

■ このアルバムとは関係無いものの、このアルバムを購入するきっかけとなった曲

▼ Carole King - Anyone At All (from You've Got Mail)
https://www.youtube.com/watch?v=hpZxRa-yetU

■ 現在はキャロル・キングの半生を描いたミュージカル「Beautiful - The Carole King Musical」も上演中

▼ Show Clips: BEAUTIFUL: THE CAROLE KING MUSICAL on Broadway w/Chilina Kennedy
https://www.youtube.com/watch?v=KRGDRBkpIbY

▼ Beautiful - The Carole King Musical on Broadway Official Site (英語)
http://beautifulonbroadway.com/
▼ ミュージカル鑑賞ガイド:ビューティフル ‐ キャロル・キング・ミュージカル
http://musical.cheaptravelz.com/?sakuhin=1143
▼ ミュージカルのリポート記事:Yoko Hallelujah【姐さんの戯言】 - Beautiful is the beautiful.
http://yaplog.jp/black11dog/archive/1375

■ 映画化も計画されているようですね

▼ キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『Beautiful: The Carole King Musical』が映画化
http://amass.jp/53966/

(記:2015年8月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 24 Navigation Part 25   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.