Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 23
01. ABBA GOLD: GREATEST HITS - 40TH ANNIVERSARY EDITION [3CD] / ABBA (2014)
02. ABBA 40/40 - THE BEST SELECTION / ABBA (2014)
03. LIVE AT THE RAINBOW '74 / QUEEN (2014)
04. QUEEN FOREVER 「クイーン・フォーエヴァー 〜 ベスト・オブ・ラヴソングス」 / QUEEN (2014)
05. FRENGERS / MEW (2003)
06. GRAVITAS 「グラヴィタス〜荘厳なる刻(とき)」 / ASIA (2014)
07. SPIRIT / KAORI KOBAYASHI (小林香織) (2014)
08. BOZ THE BALLADE / BOZ SCAGGS (1992)
09. CHICAGO TWENTY 1 / CHICAGO (1991)
10. THE EARTH IS ... / AIR SUPPLY (1991)
    ABBA GOLD: GREATEST HITS - 40TH ANNIVERSARY EDITION [3CD] / ABBA (2014)

Album Cover (front): ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA  Album Cover (back): ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA  ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA

昨年の2014年はアバの本格的な世界デビュー40周年("European Song Contest"において"Waterloo"で優勝してから40年目)ということで、その40周年を記念してリリースされたのが、このベストセラーアルバム"ABBA GOLD"の3枚組40周年記念エディション (ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition) です。

ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA  ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA

ディスク-1は1992年リリースの"ABBA GOLD"、ディスク-2は"ABBA GOLD"の続編として翌年の1993年にリリースされた"MORE ABBA GOLD"、そして、ディスク-3はオリジナルアルバム未収録曲を含むシングルのBサイド集といった構成になっています。"ABBA GOLD"のイメージを踏襲したパッケージ全体のデザインも品があって、けっこう豪華な雰囲気。"ABBA GOLD"がブラックで、"MORE ABBA GOLD"がホワイト、そして、今回初お目見えの"B-SIDES"がゴールドという、それぞれのアルバム・ジャケットを基調としたディスクの色も良いですね。

ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA

ただし、"ABBA GOLD"と"MORE ABBA GOLD"は共にリリース当時とは若干違う点があります。というのも、私は"ABBA GOLD"と"MORE ABBA GOLD"は共にリリース当時に購入したCDを持っているのですが、どちらにもアルバム・ヴァージョンとは違う"Edited Version"が数曲収録されていたものの、この"40th Anniversary Edition"の"ABBA GOLD"と"MORE ABBA GOLD"ではそれら"Edited Version"の曲が全てアルバム・ヴァージョンで収録されているんですよね。

ということで調べてみたら、これらの"Edited Version"の曲は、"ABBA GOLD"、"MORE ABBA GOLD"共に、これまでに再発された中で既にアルバム・ヴァージョンに差し替えられていたようです。ということで、この"40th Anniversary Edition"ではそれが継承されているということみたいですね。まぁ、"ABBA GOLD"は、特別盤や記念盤、リマスターといった様に何回も再発されているので、具体的にどの時点からというのは分かりませんが、個人的にはオリジナル通りの"Edited Version"で収録して欲しかったところ。

一応、リリース当時のオリジナル盤ではどういった曲が"Edited Version"で収録されていたかを記しておくと、"ABBA GOLD"では"Voulez-Vous"と"The Name Of The Game"の2曲、そして"MORE ABBA GOLD"では"The Visitors"と"Lovelight"の2曲となっています。ちなみに、これらの曲については、アルバム・ヴァージョンとは曲の長さが違うので、曲の時間表記を見れば見分けることができます。なお、"MORE ABBA GOLD"に収録されている"Eagle"はリリース当時のオリジナル盤と変わらずシングル・ヴァージョンの方が収録されています。

そして、この"40th Anniversary Edition"の目玉とも言える"Disc 3"の"B-SIDES"については、シングルのB面曲集ということで、通常のベスト盤といったものには恐らくは収録されないだろうと思われるマニアックな曲が並んでいるのが面白いところ。

例えば、"She's My Kind Of Girl"は、元はといえばアバの前身ともいえる"Björn Ulvaeus & Benny Andersson"の名義で発表されていた曲(後にアバのファースト・アルバム"Ring Ring"にも収録)。ただし、日本では「ビョルン & ベニー」名義の「木枯らしの少女」というタイトルでリリースされ、'72年にオリコン・チャートに於いて7位(1972年3月27日付)となるヒットを記録しています。

又、"Happy Hawaii"は、アルバム"Arrival"収録に収録されている"Why Did It Have To Be Me"の別ヴァージョン曲というか、元段階の曲。そして、"Medley: Pick A Bale Of Cotton/On Top Of Old Smokey/Midnight Special"は、チャリティーに提供されたトラディッショナル・ソングのメドレーで、アバにしては珍しくカヴァーという形でレコーディングされた曲です。多忙を極めていた時期ということもあり、新たに曲を書く時間が無かったことから、カヴァーという選択になったそうですが、著作権料が発生してしまうとチャリティーという主旨から外れるため、著作権切れになっているアメリカの古いカントリー・ソングが選曲されたようです。

Booklet: ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA Booklet: ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA ABBA GOLD: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition / ABBA

▼ ABBA 40th Anniversary 2014
https://www.youtube.com/watch?v=27TGkADStbw

又、これとは別に、DVD(トールケース)サイズのスティールボックス・エディションもリリースされています。

▼ ABBA GOLD 40TH ANNIVERSARY STEELBOX EDITION
https://www.youtube.com/watch?v=ENukFOGY43w

ABBA - MEMBERS
• Benny Andersson - Synthesizer, Keyboards, Vocals
• Agnetha Fältskog - Vocals
• Anni-Frid Lyngstad (Frida Lyngstad) - Vocals
• Björn Ulvaeus - Banjo, Guitar, Vocals

TRACK LIST
Disc 1 (ABBA GOLD)
1. Dancing Queen / 2. Knowing Me, Knowing You / 3. Take A Chance On Me / 4. Mamma Mia / 5. Lay All Your Love On Me / 6. Super Trouper / 7. I Have A Dream / 8. The Winner Takes It All / 9. Money, Money, Money / 10. SOS / 11. Chiquitita / 12. Fernando / 13. Voulez / 14. Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) / 15. Does Your Mother Know / 16. One of Us / 17. The Name of The Game / 18. Thank You For The Music / 19. Waterloo

Disc 2 (MORE ABBA GOLD)
1. Summer Night City / 2. Angeleyes / 3. The Day Before You Came / 4. Eagle / 5. I Do, I Do, I Do, I Do, I Do / 6. So Long / 7. Honey, Honey / 8. The Visitors / 9. Our Last Summer / 10. On And On And On / 11. Ring Ring / 12. I Wonder (Departure) / 13. Lovelight / 14. Head Over Heels / 15. When I Kissed The Teacher / 16. I Am The City / 17. Cassandra / 18. Under Attack / 19. When All Is Said And Done / 20. The Way Old Friends Do

Disc 3 (B-SIDES)
1. She's My Kind Of Girl / 2. I Am Just A Girl / 3. Gonna Sing You My Lovesong / 4. King Kong Song / 5. I've Been Waiting For You / 6. Rock Me / 7. Man In The Middle / 8. Intermezzo No.1 / 9. That's Me / 10. Crazy World / 11. Happy Hawaii / 12. I'm A Marionette / 13. Medley: Pick A Bale Of Cotton/On Top Of Old Smokey/Midnight Special / 14. Kisses of Fire / 15. The King Has Lost His Crown / 16. Elaine / 17. The Piper / 18. Andante, Andante / 19. Should I Laugh Or Cry / 20. Soldiers

NOTES
Disc 3 (B-SIDES)
01. She's My Kind of Girl: [B-side to "Ring Ring" / Released 1973 / from the album "Ring Ring"]
02. I Am Just a Girl: [B-side to "Love Isn't Easy (But It Sure Is Hard Enough)" / Released 1973 / from the album "Ring Ring"]
03. Gonna Sing You My Lovesong: [B-side to "Waterloo (French version)" / Released 1974 / from the album "Waterloo"]
04. King Kong Song: [B-side to "Honey Honey" / Released 1974 / from the album "Waterloo"]
05. I've Been Waiting For You: [B-side to "So Long" / Released 1974 / from the album "ABBA"]
06. Rock Me: [B-side to "I Do, I Do, I Do, I Do, I Do" / Released 1975 (1976 in the US) / from the album "ABBA"]
07. Man in the Middle: [B-side to "SOS" / Released 1975 / from the album "ABBA"]
08. Intermezzo No. 1: [B-side to "Mamma Mia" / Released 1975 / from the album "ABBA"]
09. That's Me: [B-side to "Dancing Queen" / Released 1976 / from the album "Arrival"]
10. Crazy World: [B-side to "Money, Money, Money" / Released 1976 / non-album song]
11. Happy Hawaii: [B-side to "Knowing Me, Knowing You" / Released 1976 / non-album song]
12. I'm a Marionette: [B-side to "Take a Chance on Me" / Released 1978 / from the album "The Album"]
13. Medley: Pick A Bale Of Cotton / On Top Of Old Smokey / Midnight Special: [B-side to "Summer Night City" / Released 1978 / non-album song]
14. Kisses of Fire: [B-side to "Does Your Mother Know" / Released 1979 / from the album "Voulez-Vous"]
15. The King Has Lost His Crown: [B-side to "Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)" / Released 1979 / from the album "Voulez-Vous"]
16. Elaine: [B-side to "The Winner Takes It All" / Released 1980 / non-album song]
17. The Piper: [B-side to "Super Trouper" / Released 1980 / from the album "Super Trouper"]
18. Andante, Andante: [B-side to "Happy New Year" / Released 1980 / from the album "Super Trouper"]
19. Should I Laugh or Cry: [B-side to "One of Us" / Released 1981 (1983 in the US) / non-album song]
20. Soldiers: [B-side to "When All Is Said and Done" / Released 1981 (US) / from the album "The Visitors"]

• Label: Polar Music / Universal Music
• Made in the EU
• 8面デジパック仕様

(記:2015年2月)


    ABBA 40/40 - THE BEST SELECTION / ABBA (2014)

CDの帯:ABBA 40/40 〜 ベスト・セレクション / ABBA

Album Cover (front): ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA  CD: ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA  CD: ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA

そして、こちらは同じく40周年を記念して日本独自の企画でリリースされた「ABBA 40/40 The Best Selection / ABBA 40/40〜ベスト・セレクション」。

アルバムは2枚組で、ファン投票により選ばれた全40曲が収録されています。しかし、こういう企画って、いつもアルバムがリリースされてから知るんだけど(笑)。メーカーのウェブサイトとか滅多に見ないですからね・・・。

まぁ、この帯の色はなんだかなぁとか、タイトルの「40/40 The Best Selection」もワープロで打ち込んだだけみたいでそっけないなぁとか思うところはあるのですが、それでも、この手の企画物に時々有るような、純粋にファン投票の結果に沿ったものなのか疑わしいと感じるところが無いのはいいんじゃないかと思います。ただ、40位に「Hey, Hey Helen / ヘイ・ヘイ・ヘレン」が入っているところなどを見ると、投票総数からしても下位は相当僅差だったんじゃないでしょうかね。シングルとしてリリースされた"Head Over Heels"や、"The Day Before You Came"、それに、隠れた名曲ともいえる感動的なバラード"I Wonder (Departure)"といった曲がランクインしていないですしね。

それでも、アバの代表的なベスト・アルバムである"ABBA GOLD"と"MORE ABBA GOLD"に収録されていない曲が全体の4分の1を占めてる辺りは、この企画ならではの特長にもなっている感じです。ちなみに、その"ABBA GOLD"と"MORE ABBA GOLD"に収録されていない曲とは、「She's My Kind Of Girl / 木枯しの少女」、「Hasta Manana / 落葉のメロディ」、「Tiger / タイガー」、「My Love, My Life / マイ・ラヴ・マイ・ライフ」、「Happy New Year / ハッピー・ニュー・イヤー」、「Move On / ムーヴ・オン」、「Slipping Through My Fingers / スリッピング・スルー」、「One Man, One Woman / ワン・マン、ワン・ウーマン」、「I've Been Waiting For You / アイヴ・ビーン・ウエイティング・フォー・ユー」、「Hey, Hey Helen / ヘイ・ヘイ・ヘレン」の10曲。



CD Case (Back Cover): ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA  CDの帯(CD裏面):ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA  Booklet: ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA

CDの帯(CD裏面):ABBA 40/40 - The Best Selection / ABBA

日本のファンが決める!世界デビュー40周年記念ベスト盤『ABBA 40/40〜ベスト・セレクション』投票結果発表!
▶ http://www.universal-music.co.jp/abba/news/votingresult_40_40/

TOP 40 (投票結果)

1位 ダンシング・クイーン / 2位 チキチータ / 3位 マンマ・ミーア / 4位 サンキュー・フォー・ザ・ミュージック / 5位 恋のウォータールー / 6位 ザッツ・ミー / 7位 ギミー!ギミー!ギミー! / 8位 S.O.S. / 9位 ザ・ウィナー / 10位 マネー、マネー、マネー / 11位 テイク・ア・チャンス / 12位 サマー・ナイト・シティ / 13位 スーパー・トゥルーパー / 14位 イーグル / 15位 ノウイング・ミー、ノウイング・ユー / 16位 ヴーレ・ヴー / 17位 木枯しの少女 / 18位 エンジェルアイズ / 19位 悲しきフェルナンド / 20位 レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー / 21位 ハニー、ハニー / 22位 ワン・オブ・アス / 23位 きらめきの序曲 / 24位 ホエン・アイ・キッスト・ザ・ティーチャー / 25位 落葉のメロディ / 26位 タイガー / 27位 マイ・ラヴ・マイ・ライフ / 28位 アイ・ドゥ・アイ・ドゥ / 29位 ハッピー・ニュー・イヤー / 30位 ムーヴ・オン / 31位 オン・アンド・オン・アンド・オン / 32位 アワ・ラスト・サマー / 33位 スリッピング・スルー / 34位 ワン・マン、ワン・ウーマン / 35位 アイ・ハヴ・ア・ドリーム / 36位 アンダー・アタック / 37位 アイヴ・ビーン・ウエイティング・フォー・ユー / 38位 ダズ・ユア・マザー・ノウ / 39位 リング・リング / 40位 ヘイ・ヘイ・ヘレン

TRACK LIST

Disc 1:
1. Dancing Queen / 2. That’s Me / 3. Take A Chance On Me / 4. Chiquitita / 5. SOS / 6. Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) / 7. Super Trouper / 8. Ring Ring / 9. Honey, Honey / 10. She's My Kind Of Girl / 11. Tiger / 12. Eagle / 13. Move On / 14. Hey, Hey Helen / 15. Our Last Summer / 16. One Of Us / 17. The Winner Takes It All / 18. Slipping Through My Fingers / 19. My Love, My Life / 20. Happy New Year

1. ダンシング・クイーン / 2. ザッツ・ミー / 3. テイク・ア・チャンス / 4. チキチータ / 5. S.O.S. / 6. ギミー! ギミー! ギミー! / 7. スーパー・トゥルーパー / 8. リング・リング / 9. ハニー、ハニー / 10. 木枯らしの少女 / 11. タイガー / 12. イーグル / 13. ムーヴ・オン / 14. ヘイ・ヘイ・ヘレン / 15. アワ・ラスト・サマー / 16. ワン・オブ・アス / 17. ザ・ウィナー / 18. スリッピング・スルー / 19. マイ・ラヴ・マイ・ライフ / 20. ハッピー・ニュー・イヤー

Disc 2:
1. Waterloo / 2. Mamma Mia / 3. Money, Money, Money / 4. I Do, I Do, I Do, I Do, I Do / 5. Voulez-Vous / 6. Summer Night City / 7. Does Your Mother Know / 8. On And On And On / 9. When I Kissed The Teacher / 10. Fernando / 11. Knowing Me, Knowing You / 12. Angeleyes / 13. Lay All Your Love On Me / 14. The Name Of The Game / 15. Under Attack / 16. Hasta Manana / 17. I Have A Dream / 18. I've Been Waiting For You / 19. One Man, One Woman / 20. Thank You For The Music

1. 恋のウォータールー / 2. マンマ・ミーア / 3. マネー、マネー、マネー / 4. アイ・ドゥ・アイ・ドゥ / 5. ヴーレ・ヴー / 6. サマー・ナイト・シティー / 7. ダズ・ユア・マザー・ノウ / 8. オン・アンド・オン・アンド・オン / 9. ホェン・アイ・キィスト・ザ・ティーチャー / 10. 悲しきフェルナンド / 11. ノウイング・ミー、ノウイング・ユー / 12. エンジェルアイズ / 13. レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー / 14. きらめきの序曲 / 15. アンダー・アタック / 16. 落葉のメロディ / 17. アイ・ハヴ・ア・ドリーム / 18. アイヴ・ビーン・ウエイティング・フォー・ユー / 19. ワン・マン、ワン・ウーマン / 20. サンキュー・フォー・ザ・ミュージック

NOTES
• Released in Japan Only
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年2月)


    LIVE AT THE RAINBOW '74 / QUEEN (2014)

CDの帯:ライヴ・アット・ザ・レインボー '74 / クイーン

Album Cover (front): Live At The Rainbow '74 / Queen  CD 1: Live At The Rainbow '74 / Queen  CD 2: Live At The Rainbow '74 / Queen

フレディ亡き後、クイーンのライヴ・アルバムは数多くリリースされているので、多少食傷気味なところもあったのですが、この「Live At The Rainbow '74 / ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」は、クイーン初期のライヴ・アルバムということで、これまでのライヴ・アルバムとは一線を画する曲構成が新鮮でもあり、自分は勿論のこと、多くのファンにとっても嬉しいリリースだったんじゃないでしょうか。しかも、"Queen II Tour"と"Sheer Heart Attack Tour"の両方のライヴが楽しめますからね。

何しろ、オープニングが"Queen II Tour"の方は"Procession"〜"Father To Son"、そして"Sheer Heart Attack Tour"の方は"Procession"〜"Now I'm Here"ですから、中後期のライヴ・アルバムとは雰囲気が全く違います。又、中後期のライヴに比べるとコーラス・ハーモニーも丁寧ですし、フレディのヴォーカルと演奏、それに曲構成もスタジオ・ヴァージョンに割りと忠実なので、けっこう聴き応えがあります。中後期のライヴと比較すると、スタジオ・ヴァージョンとの垣根がさほど無い印象。

それに、これまでのライヴ・アルバムには収録されていなかったオフィシャル初披露のライヴ・ヴァージョンが盛り沢山で、"Father To Son"、"Ogre Battle"、"Son And Daughter"、"White Queen (As It Began)"、"Great King Rat"、"The Fairy Feller's Master-Stroke"、"Modern Times Rock 'n' Roll"、"Flick Of The Wrist"、"In The Lap Of The Gods"("Revisited"じゃない方)、"Bring Back That Leroy Brown"、"Stone Cold Crazy"、"See What A Fool I've Been"といった曲が今回初登場となっています。又、メドレーという形ではなく、フルで演奏されている"Seven Seas Of Rhye"と"Liar"も初お目見えですし、メドレーに組み込まれた形とはいえ、"The March Of The Black Queen"も、これまたライヴ・アルバムでは初登場となる曲です。ライヴ終盤のスタンダード曲によるロックンロールメドレーも貴重ですね。

それにしても、"Bohemian Rhapsody"や"We Are the Champions"が無くても、これだけ素晴らしい内容のアルバムになるのですから、いかにクイーンが、この時代から魅力的な楽曲を数多く生み出していたかということを再認識すると同時に、よくぞここまで初期の複雑に構築された曲をライヴで再現できるものだと感心させられます。

Album Cover (back): Live At The Rainbow '74 / Queen ディスク-1の"Queen II Tour"についていえば、元々は、"Queen II"に続く3枚目のアルバムであると同時に、初のライヴ・アルバムとしてリリースされる予定でレコーディングされていたものらしいですが、レコーディングできる状態の新曲が数多くあったことから、スタジオ・アルバム"Sheer Heart Attack"の制作が優先され、結局はお蔵入りとなったようです。

そして、ディスク-2の"Sheer Heart Attack Tour"の方は、そのスタジオ・アルバム"Sheer Heart Attack"リリース直後のライヴで、会場はディスク-1の"Queen II Tour"と同じレインボー・シアター。ディスク-1の"Queen II Tour"が'74年3月のライヴ、そして、ディスク-2の"Sheer Heart Attack Tour"が'74年11月のライヴ、しかもその"Sheer Heart Attack Tour"の直前にはスタジオ・アルバムの"Sheer Heart Attack"がリリースされているのですから、この時期はかなり精力的に活動していたことがうかがい知れます。

私自身はといえば、これらのトラックリストを見ただけで聴く前から結構ワクワクしていたアルバムですが、実際に聴いてみると、これが期待に違わない内容で、特に、メドレーで部分的に演奏されているのかと思っていた"The Fairy Feller's Master-Stroke"がフルで演奏されていたことには一番驚きました。又、"Stone Cold Crazy"なんてジョンのベースがブイブイ唸ってカッコいいですし、ブートで聴いていた時から特に好きだった"White Queen (As It Began)"の間奏部分にはやっぱりゾクゾクさせられます。それと、所々で聴けるフレディ独特の笑い声が何とも味わいがあっていいんですよね。分かっていても毎回釣られて笑みがこぼれます。

余談になりますが、初期のライヴの定番曲でもある"See What A Fool I've Been"を、私は長いこと(つい数年前まで)カヴァー曲だと思っていました。この曲はシングル「Seven Seas Of Rhye / 輝ける7つの海」のB面に収録されていただけで、オリジナルアルバムには未収録ですし、初期のライヴでも大抵は後半のカヴァー曲によるメドレーの前後に演奏されることが多かったみたいですからね。それに、何よりも曲調がクイーンのイメージはとは多少かけ離れたようなブルース色が濃い曲なので、ブライアン・メイのソングライター表記を見るまではオリジナルだとは思ってもみませんでした。

Album Cover (inside): Live At The Rainbow '74 / Queen

▲ 中央部分の内側にオリジナルのブックレットと日本語のブックレットが入っています。幾分取り出し辛い構造なんですけどね。

ただ、トラック割りに関してはちょっと気になるところ。例えば"Son And Daughter"は、 どちらのディスクも、"Son And Daughter"、"Guitar Solo"、"Son And Daughter (Reprise)"と三分割されていますし、同様に"Keep Yourself Alive"も、両ディスク共に、"Keep Yourself Alive"、"Drum Solo"、"Keep Yourself Alive (Reprise)"と三分割されています。まぁ、"Son And Daughter"は長いんで分かるにしても、"Keep Yourself Alive"は分割する意味があったんでしょうかね。曲の一部にもなっている1分にも満たない短いドラム・ソロや、後半の"Reprise"の方だけ聴くとか無いですからね(笑)。それに、シャッフル再生だと、これらの曲は分割されて再生されることになりますからね。又、他の曲も、曲の頭でトラック割りされてるので、冒頭の曲紹介のMCは前の曲の最後に含まれています。アルバムを通して聴く分には問題無いのですが、曲単体で聴くような場合は、ちょっと不自然な感じになります。ということで、私の場合、"iTunes"には"Son And Daughter"と"Keep Yourself Alive"は1曲に結合して取り込んでいますし、他の曲もトラック割りし直しています。

でも、考えてみたら、このトラック分割は、ダウンロード販売を見据えたビジネス的要素が側面としてあるのかもしれないですね。例えば、個別に"Son And Daughter"や"Keep Yourself Alive"を購入しようとする場合は当然3トラック分購入することになるでしょうし、それならばアルバムごと買った方が割安だと考える人も多いでしょうからね。まぁ何と言うか、それだけ音楽業界も厳しい状況だということなんでしょうかね。

なお、日本盤は、解説、歌詞、対訳付ですが、歌詞と対訳はスタジオ・ヴァージョンのものが記載されているので、例えばメドレーとして部分的に組み込まれている"March Of The Black Queen"は長い歌詞の全文が掲載されていますし、ライヴではインストゥルメンタル曲として演奏されている"Bring Back That Leroy Brown"も何故か歌詞が掲載されています。まぁ、最近の日本盤はどれもこんな感じですからね・・・。

CD + Booklet: Live At The Rainbow '74 / Queen Booklet: Live At The Rainbow '74 / Queen

▼ Queen - Live At The Rainbow - 1974 (Queen Official)
https://www.youtube.com/watch?v=5bQlyDygns8

QUEEN - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Roger Taylor - Drums and Backing Vocals
• Freddie Mercury - Lead Vocals and Piano
• Brian May - Guitars and Backing Vocals
• John Deacon - Bass Guitar and Backing Vocals

TRACK LIST
Disc 1: Queen II Tour - Live at the Rainbow, March '74
1. Procession / 2. Father To Son / 3. Ogre Battle / 4. Son And Daughter / 5. Guitar Solo / 6. Son And Daughter (Reprise) / 7. White Queen (As It Began) / 8. Great King Rat / 9. The Fairy Feller's Master-Stroke / 10. Keep Yourself Alive / 11. Drum Solo / 12. Keep Yourself Alive (Reprise) / 13. Seven Seas Of Rhye / 14. Modern Times Rock'n' Roll / 15. Jailhouse Rock / Stupid Cupid / Be Bop A Lula (Medley) / 16. Liar / 17. See What A Fool I’ve Been

1. プロセッション / 2. 父より子へ / 3. オウガ・バトル / 4. サン・アンド・ドーター / 5. ギター・ソロ / 6. サン・アンド・ドーター(リプライズ) / 7. ホワイト・クイーン / 8. グレイト・キング・ラット / 9. フェアリー・フェラーの神技 / 10. 炎のロックン・ロール / 11. ドラム・ソロ / 12. 炎のロックン・ロール(リプライズ) / 13. 輝ける7つの海 / 14. モダン・タイムス・ロックン・ロール / 15. 監獄ロック / まぬけなキューピッド / ビー・バップ・ア・ルーラ(メドレー) / 16. ライアー / 17. シー・ホワット・ア・フール・アイヴ・ビーン

Disc 2: Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow, November '74
1. Procession / 2. Now I'm Here / 3. Ogre Battle / 4. Father To Son / 5. White Queen (As It Began) / 6. Flick Of The Wrist / 7. In The Lap Of The Gods / 8. Killer Queen / 9. March Of The Black Queen / 10. Bring Back That Leroy Brown / 11. Son And Daughter / 12. Guitar Solo / 13. Son And Daughter (Reprise) / 14. Keep Yourself Alive / 15. Drum Solo / 16. Keep Yourself Alive (Reprise) / 17. Seven Seas Of Rhye / 18. Stone Cold Crazy / 19. Liar / 20. In The Lap Of The Gods... Revisited / 21. Big Spender / 22. Modern Times Rock 'n' Roll / 23. Jailhouse Rock / 24. God Save The Queen

1. プロセッション / 2. ナウ・アイム・ヒア / 3. オウガ・バトル / 4. 父より子へ / 5. ホワイト・クイーン / 6. フリック・オブ・ザ・リスト / 7. 神々の業 / 8. キラー・クイーン / 9. マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン / 10. リロイ・ブラウン / 11. サン・アンド・ドーター / 12. ギター・ソロ / 13. サン・アンド・ドーター(リプライズ) / 14. 炎のロックン・ロール / 15. ドラム・ソロ / 16. 炎のロックン・ロール(リプライズ) / 17. 輝ける7つの海 / 18. ストーン・コールド・クレイジー / 19. ライアー / 20. 神々の業(リヴィジテッド) / 21. ビッグ・スペンダー / 22. モダン・タイムス・ロックン・ロール / 23. 監獄ロック / 24. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

NOTES
• Disc 1: Queen II Tour - Live at the Rainbow Theatre in London on 31 March 1974
• Disc 2: Sheer Heart Attack Tour - Live at the Rainbow Theatre in London on 19 & 20 November 1974
• Executive Producers: Brian May and Roger Taylor
• Recorded by Roy Thomas Baker and Mike Stone
• UK 11位 / US 66位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 見開き6面デジパック仕様
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年3月)


    QUEEN FOREVER 「クイーン・フォーエヴァー 〜 ベスト・オブ・ラヴソングス」 / QUEEN (2014)

CDの帯:クイーン・フォーエヴァー 〜 ベスト・オブ・ラヴソングス (2CD)  / クイーン

Album Cover (front): Queen Forever / Queen
この「Queen Forever / クイーン・フォーエヴァー 〜 ベスト・オブ・ラヴソングス」は3曲の新曲を含むクイーンのコンピレーション・アルバムで、選曲はブラアイン・メイとロジャー・テイラーが行ったとのこと。

アルバムはこの2枚組と1枚ものの2種類が発売されており、当初は新曲目当てということもあり、1枚ものの方で十分かなと思ってそちらを買おうとしていたのですが、もしかしたらさり気なく手が加えられたヴァージョンがこっそりと潜んでいるかもしれないと思い、結局はこちらの2枚組を購入。

で、その、こっそりと潜んでいるかもしれないヴァージョンは確かにありました。ただ、それらは曲の頭や最後の部分がカットされているといった類の編集なので、特にお〜っというものは無かったですね。それでも、新曲の3曲に続く"Play The Game"は、イントロのシンセ部分がカットされていて、いきなりヴォーカルから始まるので、最初に聴いたときは意表を突かれた感じでちょっとビックリしましたけどね。

一応、どういった曲が編集されているのかを気付いた範囲で記しておくと、ディスク-1では、その"Play The Game"と、ヴォーカルが繰り返されるエンディングのパートがそっくりカットされている"You Take My Breath Away"。そして、ディスク-2では、エンディングのピアノの一音がカットされている"Somebody To Love"と、2枚組みの方の日本盤ボーナストラック"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"。この"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"については、1番の歌詞から日本語が登場するので、恐らくは"High Definition Mix (2005)"に、オリジナル・ヴァージョンにあった逆回転音を使ったようなエンディングのインストゥルメンタル・パートを短くして加えた編集がされているのではないかと思います。ちなみに曲の時間は、オリジナル・ヴァージョンが「5:55」、"High Definition Mix (2005)"が「4:47」、そして、この"Queen Forever"に収録されているヴァージョンが「5:08」となっています。

と、自分が気付いたのはこの4曲ですが、もしかしたらこれ以外にも含まれているのかもしれません。

CD-1: Queen Forever / Queen CD-2: Queen Forever / Queen Booklet: Queen Forever / Queen

なお、1枚ものの方は日本盤ボーナストラックが"I Was Born To Love You"になっており、2枚組みの方の日本盤ボーナストラックである"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"は収録されていません。

ちなみに1枚ものの方の収録曲はこうなっています。

「Queen Forever / クイーン・フォーエヴァー 〜 ベスト・オブ・ラヴソングス」 (1CD)
1. Let Me In Your Heart Again / 2. Love Kills - the ballad / 3. There Must Be More To Life Than This (William Orbit Mix) / 4. It's A Hard Life / 5. You're My Best Friend / 6. Love Of My Life / 7. Drowse / 8. Long Away / 9. Lily Of The Valley / 10. Don't Try So Hard / 11. Bijou / 12. These Are The Days Of Our Lives / 13. Las Palabras De Amor (The Words Of Love) / 14. Who Wants To Live Forever / 15. A Winter's Tale / 16. Play The Game / 17. Save Me / 18. Somebody To Love / 19. Too Much Love Will Kill You / 20. Crazy Little Thing Called Love / 21. I Was Born To Love You (日本盤ボーナス・トラック)

CDの帯:Queen Forever / Queen CDの帯:Queen Forever / Queen

肝心の新曲が後回しになってしまいましたが、フレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンがコラボした曲「There Must Be More To Life Than This / 生命の証」については、近々リリースされるであろうことをブライアンとロジャーが以前から語っていたので、どういったアルバム形態でリリースされるのかと楽しみにしていました。個人的には"Made in Heaven"のようなスタイルでのリリースを期待していたのですが、リリースできるような音源が少なかったのか、結果的にはこのように新曲を含むコンピレーション・アルバムという形態でリリースされました。まぁ、デモやらアウトテイクやらを集めてお茶を濁すような形でリリースされるよりは、このように作品として一定のクオリティーを持ったものだけをリリースしてもらった方が良いようには思いますけどね。

で、その"There Must Be More To Life Than This"については、正直言って、思っていたものとは随分と違った曲に仕上げられていたこともあり、当初はなんだか微妙な感じがしました。というのも、この"There Must Be More To Life Than This"はフレディの曲の中でも特に好きな曲の一つでもあるが故に、それだけ期待が大きかったということも要因のひとつとしてあるのですが、何よりも、ピアノ曲がギター曲になっていることへの違和感が大きかったんですよね。イメージとしてはフレディ亡き後にリリースされたアルバム"Made In Heaven"に収録されていたタイトルトラックでもある"Made In Heaven"のような重厚でドラマティックなクイーンスタイルの曲をイメージしていただけに、何だか拍子抜けした感じでした。それにオリジナルのヴァージョンに比べるとエンディングが淡々としていて、今ひとつ余韻に浸れない印象があったんですよね。個人的にはピアノの演奏でフェードアウトしていくオリジナル・ヴァージョンのエンディングが好きだったので、この部分が全く違うものになっていることに対する違和感もありました。

それでも、繰り返し聴いていく内に、当初の印象よりは大分良くなってきた感じで、今では、フレディのオリジナル・ヴァージョンとの違いが明確で良かったのではないかと思うようにもなりました。又、曲が完成することはなかったものの、フレディのソロアルバムに収録される以前に、クイーンの楽曲としてバッキング・トラックがレコーディングされていたこともあり、オリジナル4での演奏になっているのもファンにとっては嬉しいところ。ただ、ロジャーの話しによると、この曲は2種類の違ったヴァージョンがあって、今回はウィリアム・オービットによるミックス・ヴァージョンの方が収録されているものの、ブライアンとロジャーが整理した殆んど何も付け足してないもうひとつのヴァージョンもあるとのことなので、もしかしたらそのもうひとつのヴァージョンの方も何れ発表されることになるかもしれないですね。

「Love Kills - the ballad / ラヴ・キルズ(バラード)」については、この曲が果たしてバラードになるのだろうか?と心配していたような所もあったのですが、これが結構良いんですよね。オリジナルのエレポップ風ピコピコサウンドが、バラードとはいえ、まさかアコースティック・ギターで始まる曲に生まれ変わるとは思ってもみなかったので、多少驚きもあったのですが、これが全然無理が無くて良い感じ。しかも、ロジャー曰く、「実は僕たちも当時は内緒でこのトラックの演奏に参加してたんだよ」とのことで更にびっくり。

そして、新曲としてアルバムのトップに収録されているのが、純粋な未発表曲である「Let Me in Your Heart Again / ユア・ハート・アゲイン」。元々はアルバム「The Works / ザ・ワークス」のセッション中にレコーディングされていたもので、未完成のまま残されていた音源にブライアントロジャーが新たに手を加えて完成させた曲とのことですが、いやいやこんなクオリティーの曲がまだ残されていたとは驚きました。ヴォーカルがフレディなのは言うに及ばず、ベースがジョンなのもいいですね。

▼ 左からオリジナル・ブックレットの表、裏、日本語ブックレット

Booklet (front): Queen Forever / Queen Booklet (back): Queen Forever / Queen Japanese Booklet: Queen Forever / Queen

実を言うと、新曲以外のその他の収録曲については、何が収録されていても別に構わないと思っていたような所もあったのですが、割と自分好みの曲が多く収録されていることもあり、新曲を聴く流れで、そのまま他の曲も聴き続けることが結構多いんですよね。もしかしたら、これまでにリリースされたコンピレーション・アルバムの中では、このアルバムの収録曲が一番好みに合っているかもしれません。

Queen Forever / Queen Queen Forever / Queen

Album Cover (inside): Queen Forever / Queen Queen Forever / Queen

▲ 先にリリースされた"Live At The Rainbow '74"と同様に、中央のモノクロ写真の内側にオリジナルのブックレットと日本語のブックレットが入っています。上部から取り出せるようになっていれば取り出しやすいのですが、横から取り出す構造になっているので多少取り出し辛いです。

▼ Queen Forever (Trailer) - Queen Official
https://www.youtube.com/watch?v=wYNfY9rEAG4

なお、クレジットの最後には"Dedicated to Mike Stone and David Richards"の一文が記されています。

この2人について補足しておくと、「Mike Stone / マイク・ストーン (1951 - 2002)」は、1973年のファースト・アルバム「Queen / 戦慄の王女」から6作目の「News of the World / 世界に捧ぐ」までエンジニアとしてクイーンのアルバム制作に携わった人物で、"News of the World"ではメンバーのサポートという形でプロデューサーとしての役割も果たしています。そういえば、昨年の2014年にリリースされた"Live At The Rainbow '74"にも"Recorded by Roy Thomas Baker and Mike Stone"と、その名がクレジットされていましたね。

又、その他では、1978年の"Peter Criss (KISS)"と、"Paul Stanley (KISS)"のソロアルバムの制作にも携わっており、1979年にリリースされたニュー・イングランドのファースト・アルバム「New England / 失われし魂」ではキッスのポール・スタンレーと共にアルバムのプロデュースを行っています(セカンド・アルバムでも引き続きメンバーとのジョン・ファノンと共にアルバムをプロデュース)。

その後は、1981年の"Escape"、1983年の"Frontiers"、1986年の"Raised on Radio"と、3作続けてジャーニーのアルバムでプロデューサーを務め、その間の1982年には、エイジアのファースト・アルバム「Asia / 詠時感〜時へのロマン」と、続く1983年のセカンド・アルバム「Alpha / アルファ」をプロデュースするなど、大ヒットアルバムとの関わりも少なくないエンジニア&プロデューサーです。

個人的にも、この人の音作りはとても好きだったので、亡くなられたのは非常に残念です。上に挙げたクイーン以外のアルバムも全て持っていますし、どれも大好きなアルバムですからね。

そして、「David Richards / デヴィッド・リチャーズ (1956 - 2013)」も、同じくクイーンのアルバム制作に数多く携わってきた人物で、1986年の"A Kind of Magic"、1989年の"The Miracle"、1991年の"Innuendo"、1995年の"Made in Heaven"と、主に後期のアルバムのプロデュースを行っています。

又、それ以前にも、1979年の"Live Killers"、1986年の"Live Magic"と、2つのライヴ・アルバムでも制作に携わっており、他にも、ロジャー・テイラー初のソロ・アルバムである1981年の"Fun in Space"と、1984年の"Strange Frontier"、それに、ロジャー・テイラーのソロ・ユニットである"The Cross"の"Shove It" (1988)、オペラ歌手のモンセラート・カバリエと競演したフレディ・マーキュリーのソロ・アルバム"Barcelona" (1988)、フレディ亡き後にリリースされたブライアン・メイのソロ・アルバム"Back to the Light" (1992)、"Another World" (1998)、といったアルバムでもアルバム制作に携わっていた人物です。

クイーンのアルバムのみならず、各自のソロ・アルバムの制作にも数多く携わっていたことから、クイーンのメンバーとの信頼関係も厚かったんでしょうね。

TRACK LIST (Japanese 2CD Edition)
CD 1:
1. Let Me In Your Heart Again / 2. Love Kills - the ballad / 3. There Must Be More To Life Than This [Queen & Michael Jackson] (William Orbit Mix) / 4. Play The Game / 5. Dear Friends / 6. You're My Best Friend / 7. Love Of My Life / 8. Drowse / 9. You Take My Breath Away / 10. Spread Your Wings / 11. Long Away / 12. Lily Of The Valley / 13. Don't Try So Hard / 14. Bijou / 15. These Are The Days Of Our Lives / 16. Nevermore / 17. Las Palabras De Amor (The Words Of Love) / 18. Who Wants To Live Forever

1. ユア・ハート・アゲイン / 2. ラヴ・キルズ(バラード) / 3. 生命の証 (クイーン & マイケル・ジャクソン / ウィリアム・オービット・ミックス) / 4. プレイ・ザ・ゲーム / 5. ディア・フレンズ / 6. マイ・ベスト・フレンド / 7. ラヴ・オブ・マイ・ライフ / 8. さまよい / 9. テイク・マイ・ブレス・アウェイ / 10. 永遠の翼 / 11. ロング・アウェイ / 12. 谷間のゆり / 13. ドント・トライ・ソー・ハード / 14. ビジュウ / 15. 輝ける日々 / 16. ネヴァーモア / 17. ラス・パラブラス・デ・アモール(愛の言葉) / 18. リヴ・フォーエヴァー

CD 2:
1. I Was Born To Love You / 2. Somebody To Love / 3. Crazy Little Thing Called Love / 4. Friends Will Be Friends / 5. Jealousy / 6. One Year Of Love / 7. A Winter's Tale / 8. '39 / 9. Mother Love / 10. It's A Hard Life / 11. Save Me / 12. Made In Heaven / 13. Too Much Love Will Kill You / 14. Sail Away Sweet Sister / 15. The Miracle / 16. Is This The World We Created / 17. In The Lap Of The Gods...Revisited / 18. Forever / 19. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) [Japanese Bonus Track]

1. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー / 2. 愛にすべてを / 3. 愛という名の欲望 / 4. 心の絆 / 5. ジェラシー / 6. 愛ある日々 / 7. ウィンターズ・テイル / 8. '39 / 9. マザー・ラヴ / 10. 永遠の誓い / 11. セイヴ・ミー / 12. メイド・イン・ヘヴン / 13. トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー / 14. スウィート・シスター / 15. ザ・ミラクル / 16. 悲しい世界 / 17. 神々の業(リヴィジテッド) / 18. フォーエヴァー / 19. 手をとりあって(日本盤ボーナス・トラック)

NOTES
1. Let Me In Your Heart Again
Writer: Brian May
Lead and Backing Vocals: Freddie Mercury
Guitars, and backing Vocals: Brian May
Drums, Percussion and Backing Vocals: Roger Taylor
Bass Guitar: John Deacon

2. Love Kills - the ballad
Writers: Freddie Mercury and Giorgio Moroder
Lead and Backing Vocals and Keyboards: Freddie Mercury
Guitars, Keyboards and Bass: Brian May
Drums and Percussion: Roger Taylor
Additional Electric Guitar: John Deacon

3. There Must Be More To Life Than This [Queen & Michael Jackson] (William Orbit Mix)
Writer: Freddie Mercury
Lesd Vocals: Freddie Mercury and Michael Jackson
Piano: Freddie Mercury
Guitars: Brian May
Drums and Percussion: Roger Taylor
Bass Guitar: John Deacon

• Dedicated to Mike Stone and David Richards
• UK 5位 (Gold) / US 38位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 見開き6面デジパック仕様
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年3月)


    FRENGERS / MEW (2003)

CDの帯:フレンジャーズ / MEW

Album Cover (front): Frengers / Mew  Album Cover (back): Frengers / Mew  CD: Frengers / Mew

最近良く聴いているのが、このデンマーク出身のバンド"Mew"のファースト・アルバム(インディーズ時代を含めると3作目)「Frengers / フレンジャーズ」。このアルバムを購入した動機は、先に購入した5曲入りミニ・アルバム (EP) 「She Came Home for Christmas / シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス」に結構というか、かなり魅了されたからなんですが、こちらも又、"Mew"独特の世界観に引き込まれるようなスケール感に満ちたアルバムで気に入っています。

で、そのミニ・アルバムを購入するきっかけになった曲"She Came Home for Christmas"を初めて聴いたときはといえば、ヴォーカリストはてっきり女性だと思って聴いていたわけですが、そのヴォーカリストのヨーナスの透明感溢れる声とノイジーなギター、そして、それらを包み込むような幻想的なキーボードが一体となったサウンドには当初から惹かれるものがあったんですよね。

アルバムとしては、比較的ポップなメロディーラインを持った親しみ易い曲が多く収録されているように思いますが、数回聴いただけでは曲全体の構成とメロディーを頭の中できちんと把握できない位に曲構成はトリッキーといった印象があります。簡単に言うと、ポップなんだけど単調ではないということなんですが、そこがまた魅力の一つでもあります。

又、北欧のバンドということもあってか、当初から"Mew"には何処となく冬といったイメージがありましたね。何処か物悲しくもあり、そこには憂いのようなものも感じられるんですよね。繊細でありながらも、意外と骨太で図太いサウンドではあるんですけどね。個人的には、随所で見られるエッジの効いたギターのカッティングもツボ。

ただ、ポップで親しみ易い印象はあっても、曲構成は多彩で、万華鏡のように曲の展開が変化するオープニングの"Am I Wry? No"や、ドラマティックで短編映画のような雰囲気もある"She Came Home for Christmas"、それに、女性ヴォーカルをフィーチャーした"Symmetry"と"Her Voice Is Beyond Her Years"、そして、9分に及ぶ"Comforting Sounds"など変化に富んでおり、アルバムとしては結構大作感もあります。個人的にも、これらの曲は特に好きで、中でも、物悲しくも美しい"Symmetry"と、坦々とした雰囲気の中で、徐々に盛り上がりを見せる"Comforting Sounds"には毎回ゾクゾクさせられます。

まぁ、その"Symmetry"や"Comforting Sounds"を聴けば、"Mew"が単なるポップ・ロック・バンドではないことが分かるのですが、ヴォーカルのヨーナス自身は、「なにも世にも珍しい音楽を作ってるわけじゃなくて、ルールを色んな方向に曲げつつポップソングの可能性を追求しているのさ」とのこと。又、音楽性に関しては、メッセージ性に富んだものではなく、イマジネーションを重視しているのだと。

ちなみに、アルバム・タイトルの"Frengers"は、"friend"(友達)と"stranger"(見知らぬ人、他人)を組み合わせた造語だそうで、友人とは言えないけど、全く知らないわけでもない人を指すらしいです。ベースのヨハン曰く「普段聴き慣れたポップミュージックではないけれど、“なんじゃこりゃ”って代物でもないってことさ」とのこと。

もう10年以上も前のアルバムになりますが、最近リリースされたアルバムと言われても、何の疑いも無く信じてしまうような時代性を感じないサウンドで、言い換えれば、それだけ流行に左右されない普遍的価値を持ったサウンドだと言えるのではないかと思います。

Booklet: Frengers / Mew

▼ MEW - Am I Wry? No (Live at Java Rockin'land 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=97rI2Nkv5k8

▼ Mew - Bo Intermezzo / She Came Home For Christmas / Apocalypso (Live in Copenhagen 2006/4/9)
https://www.youtube.com/watch?v=isJe3QYSEEQ

▼ Mew - Comforting Sounds (Live Yahoo)
https://www.youtube.com/watch?v=nH7ZZq1rzq4

▼ Mew - Symmetry
https://www.youtube.com/watch?v=soKmGKAVUk4

▼ こちらは"Birdy"による"Comforting Sounds"のカヴァー

Birdy - Comforting Sounds
https://www.youtube.com/watch?v=QpFjuC7JrAo

TRACK LIST (Japan Edition)
1. Am I Wry? No / 2. 156 / 3. Snow Brigade / 4. Symmetry / 5. Behind the Drapes / 6. Her Voice Is Beyond Her Years / 7. Eight Flew Over, One was Destroyed / 8. She Came Home for Christmas / 9. She Spider / 10. Comforting Sounds / 11. I Should Have Been a Tsin-Tsi (For You) [Japanese Edition Bonus Track] / 12. Wherever [Japanese Edition Bonus Track]

1. アム・アイ・ライ?ノー / 2. 156 / 3. スノー・ブリゲイド / 4. シンメトリー / 5. ビハインド・ザ・ドレイプス / 6. ハー・ヴォイス・イズ・ビヨンド・ハー・イヤーズ / 7. エイト・フルー・オーヴァー、ワン・ワズ・デストロイド / 8. シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス / 9. シー・スパイダー / 10. コンフォーティング・サウンズ / 11. アイ・シュッド・ハヴ・ビーン・ア・ツィン・ツァイ(フォー・ユー)(日本盤ボーナス・トラック) / 12. ホウェアエヴァー(日本盤ボーナス・トラック)

NOTES
• Singles: "Comforting Sounds" 48位 (UK)、"Am I Wry? No" 47位 (UK)、"She Came Home for Christmas" 55位 (UK)

• Japanese Version featuring 2 Bonus Tracks: "I Should Have Been a Tsin-Tsi (For You)" and "Wherever".
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年3月)


    GRAVITAS 「グラヴィタス〜荘厳なる刻(とき)」 / ASIA (2014)

CDの帯:グラヴィタス〜荘厳なる刻(とき) / エイジア

Album Cover (front): Gravitas / Asia
2012年の結成30周年を記念するジャパン・ツアーの後にギタリストのスティーヴ・ハウがバンドを脱退したため、新メンバーとして若手ギタリストのサム・コールソンを迎えてのアルバムとなったのが、この「Gravitas / グラヴィタス〜荘厳なる刻(とき)」。

新加入のサム・コールソンについては、1987年生まれということで、エイジアのファースト・アルバム「Asia / 詠時感〜時へのロマン」がリリースされた1982年には生まれてすらいなかったわけですが、アルバムを聴いた限りでは結構馴染んでいる印象。

実を言うと、私自身は、2008年にリリースされたオリジナル・メンバーでの復活アルバム「Phoenix / フェニックス」と、それに続く2010年リリースのアルバム「Omega / オメガ」は購入したものの、2012年にリリースされた前作「XXX / XXX〜ロマンへの回帰」はリリースされたことを大分後に知ったこともあり、何となくスルーしてたんですよね。

では、何故、前作はスルーしたのに、このアルバムは購入したのかといえば、それは、この「荘厳なる刻」なる邦題に惹かれたから(笑)。しかも、1曲目のタイトルは「Valkyrie / ワルキューレ」ですし、何かしら感じるものがあったんですよね。私自身は、"Phoenix"も"Omega"も、それぞれに好きな曲はありますし、悪くはないと思うのですが、自分の好みとしては、もっと壮大な方がいいなと思っていた部分もあったので、この邦題を最初に見たときから結構期待していました。なんたって「荘厳」ですから(笑)。

ということで、前作については、購入していないばかりか、"Youtube"等でも一切観たり聴いたりしてないので、このアルバムを前作と比較することはできないのですが、"Phoenix"や"Omega"と比較すると、ミディアム・スローの楽曲が比較的多いこともあってか、印象としては確かに荘厳な雰囲気はあります。

全9曲で47分の作品+ボーナストラック1曲というLPレコード時代のようなアルバム構成ですが、個人的には別に物足りなさは感じないですね。というか、アレコレと詰め込みすぎるよりも、これくらいが散漫にならず、まとまりがあっていいんじゃないかと。更に言うなら、ボーナストラックとして収録されている"Russian Dolls"のアコースティック・ヴァージョンも、オリジナル・ヴァージョン自体がアコースティックな雰囲気があるので、別に無いなら無いでもいいかなといった感じ。

収録曲についていえば、やはり1曲目の"Valkyrie"が一番好きですね。この曲はチェロとピアノの音色に近いキーボードがいい雰囲気を醸し出しているように感じます。それ以外では、タイトル・トラックでもある2部構成の"Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas"と、 3部構成の"Heaven Help Me Now (i). Wings of Angels (ii). Prelude (iii). Heaven Help Me Now"も結構好きな曲。

▼ Asia - Valkyrie (Official Video / New Studio Album / 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=CIpmYEYC2rU

ちょっと意外だったのは、8曲目の"Joe DiMaggio's Glove"。ジョー・ディマジオといえば米メジャーリーグの歴史にその名を残す野球選手ですが、イギリス人のジョン・ウェットンが、イギリスではどちらかといえばマイナーなスポーツである野球の選手を題材にするとは不思議なな感じもしたのですが、この辺りは、もしかしたらアメリカのファンへのサービスという部分があるのかも? 過去には"Voice Of America"という曲もありましたしね。曲自体は何処かノスタルジックな雰囲気があって良い曲だと思います。

その他にも、スローな曲がらもスケール感に満ちた"The Closer I Get You"は好きな曲ですし、結構好きな曲が多いアルバムですね。

Album Cover (inside): Gravitas / Asia CD: Gravitas / Asia

なお、日本盤の初回リリース分については、ブックレットのタイトル表記に不備があったらしく、ウェブサイトの方で交換の告知がされています。

▼ エイジア『グラヴィタス〜荘厳なる刻』日本語ブックレットに関してのお知らせ http://wardrecords.com/hpgen/HPB/entries/26.html

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Lead Vocal, Bass and Acoustic Guitars
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums
• Geoff Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards
• Sam Coulson (サム・コールソン) - Guitars

TRACK LIST
01. Valkyrie / 02. Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas / 03. The Closer I Get You / 04. Nictophobia / 05. Russian Dolls / 06. Heaven Help Me Now (i). Wings of Angels (ii). Prelude (iii). Heaven Help Me Now / 07. I Would Die For You / 08. Joe DiMaggio's Glove / 09. Till We Meet Again / 10. Russian Dolls (Acoustic) [Japanese CD issue bonus track]

1. ワルキューレ / 2. グラヴィタス / 3. ザ・クローサー・アイ・ゲット・トゥ・ユー / 4. ニクトフォビア / 5. ロシアン・ドールズ / 6. へヴン・ヘルプ・ミー・ナウ / 7. アイ・ウッド・ダイ・フォー・ユー / 8. ジョー・ディマジオズ・グローブ / 9. ティル・ウィ・ミート・アゲイン / 10. ロシアン・ドールズ(アコースティック・ヴァージョン) [日本盤限定ボーナス・トラック]

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 日本先行発売 / 日本盤限定ボーナストラック収録 / 日本語解説封入 / 歌詞・対訳付

(記:2015年4月)


    SPIRIT / KAORI KOBAYASHI (2014)

CDの帯:スピリット / 小林香織

Album Cover (front): Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)  Album Cover (back): Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)  CD Case (Back Cover): Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)

こちらはサックス奏者の小林香織さん9枚目のアルバム「Spirit / スピリット」。今回は全曲彼女のオリジナル作品となっており、全体的にポップで親しみ易いアルバムといった印象。

アルバムは日本の音楽をテーマに制作されたそうで、彼女曰く、小さい頃に良く聴いていた日本のメロディーといったものを念頭に曲作りを行ったとのこと。

と、そういった趣旨で制作されたアルバムということもあり、5曲目の「安土桃山 / AZUCHI-MOMOYAMA」と、6曲目の「江戸前 / EDO-MAE」では、ゲストに津軽三味線奏者の浅野祥さんを迎えたコラボレーションも披露されています。

アジア諸国で活動うんぬんといったキャッチコピーが使われることが多い彼女ですが、このように自身の原点を見据えた音楽的方向性を示すことも良いのではないかと個人的には思っています。

ただ、音楽の方向性としては、彼女自身も言っているように、日本の音楽がテーマとはいっても、どちらかといえばポップスやロック寄りといった雰囲気があるので、サックスに於いても、意図的にそういった点を意識したような奏法になっている印象があります。まぁ、私自身、その辺りについては詳しいわけではないので、あくまでも素人目に感じるという部分での話しにはなるのですが。

アルバムは勿論、全曲インストゥルメンタル曲という構成ではあるのですが、押しの強い曲が多いので、中だるみといったこともなく、最後まで飽きることなく聴けるアルバムではないかと思います。前半のアップテンポの曲も然ることながら、後半の充実度が光るアルバムで、サックス奏者としてだけではなく、コンポーザーとしての力量も発揮されたアルバムといった感じ。

▼ 左から、CD、販売店特典のポストカード、初回限定盤付属のDVD

CD: Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)  Post Card: Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)  DVD: Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)

初回限定盤に付属のDVDにはインドネシアのジャカルタで行なわれた"Java Jazz Fsstival"でのライヴ映像が収録されているのですが、残念ながら、このDVD、自分の環境では"Mac"でも"Windows"でもパソコンでの再生ができないんですよね。外付けのドライブでも試したけどダメでした。勿論、DVDプレーヤーでは再生できるのですが、こういう仕様なら、DVDじゃなく、音声だけを収録したCDの方が良かったかも。

CD Case (inside): Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織) CD + Post Card: Spirit / Kaori Kobayashi (小林香織)

個人的には、9曲目の「流れ星 / Shooting Star」が一番好きで、この曲は昨年からずっと繰り返し聴いています。日本の伝統楽器である津軽三味線を採り入れた「安土桃山 / AZUCHI-MOMOYAMA」と、「江戸前 / EDO-MAE」については、当初は普通にギターでもよかったんじゃないかとか思うようなところもあったのですが、何回か聴いていくうちに、幾分理解できるというか、慣れてきた感じはします。曲のテーマからしても、必然性があってのことでしょうからね。

他には、ドラムの音がもっとエッジの効いた歯切れの良い固めの音だったら良かったのになぁとか思うところはあるのですが、でも、まぁ、この辺りは個人の好みの部分ですからね。

それにしても、ライヴで映えそうな曲が多いですね。ライヴの最後を締める曲はやっぱり「エンディング / See You」なんでしょうか。

TRACK LIST (DVD付き初回限定盤)
Disc 1 (CD)
1. ハイ・フライヤー / 2. ザ・ファイター / 3. 太陽のオレンジ / 4. 光と影 / 5. 安土桃山 / 6. 江戸前 / 7. いつか見た夢 / 8. キミがいた場所 / 9. 流れ星 / 10. 涙のあとに / 11. エンディング / 12. 陽だまり

1. High Flyer / 2. The Fighter / 3. Sunny Orange / 4. Light and Shadow / 5. AZUCHI-MOMOYAMA / 6. EDO-MAE / 7. Dream / 8. Now and Forever / 9. Shooting Star / 10. Looking Forward / 11. See You / 12. Place In The Sun

Disc 2 (DVD) - Kaori Kobayashi Live at the Jakarta International Java Jazz Fsstival 2013
1. England Funk / 2. ONE! / 3. Lovin’ You / 4. Nothing’s Gonna Change My Love for You / 5. Great India / 6. City Lights

NOTES
• ゲスト:浅野祥(津軽三味線)

(記:2015年4月)


     BOZ THE BALLADE / BOZ SCAGGS (1992)

CDの帯:ボズ・ザ・バラード / ボズ・スキャッグス

Album Cover (front): Boz The Ballade / Boz Scaggs  Album Cover (back): Boz The Ballade / Boz Scaggs  CD: Boz The Ballade / Boz Scaggs

この「Boz The Ballade / ボズ・ザ・バラード」は日本だけの企画盤で、文字通り、ボズ・スキャッグスのバラードを集めたアルバムとなっています。

この当時、ボズ・スキャッグスのベストといえば、1980年にリリースされた「Hits! / ヒッツ!」だけだったので、1988年のヒット曲である「Heart Of Mine / ハート・オブ・マイン」や、ボズ・スキャッグスの代表曲のひとつながらも、"Hits!"には未収録だった「Harbor Lights / ハーバー・ライツ」といった曲が、「We're All Alone / ウィ・アー・オール・アローン」や、「You Can Have Me Anytime / ワイライト・ハイウェイ」、「Look What You've Done To Me / 燃えつきて」のような代表曲と共に収録されているこのアルバムのリリースは嬉しかったですね。

バラード集ということで、「Lowdown / ロウダウン」(米3位)、「Lido Shuffle / リド・シャッフル」(米11位)、「Hard Times / ハード・タイムス」(米58位)、「JoJo / ジョジョ」(米17位)、「Miss Sun / ミス・サン」(米14位)といったようなヒット曲は収録されていませんが、それでも、通常のベストには恐らくは収録されることはないだろうと思えるような曲が割と多く収録されているのも興味深いところ。

又、自分の場合は、このアルバムが初めて買ったボズ・スキャッグスのアルバムだったので、ライナーノーツに1曲毎の解説が書かれているのも、それぞれがいつの時代のどのような曲なのかといったことを知ることができて良かったですね。先に述べたように意外とマニアックな曲が多く収録されていましたからね。

ところで、ボズ・スキャッグスといえば、"We're All Alone"や"Harbor Lights"に代表されるように、シングルになっていない名曲が比較的多いことがひとつの特徴にもなっている感じもしますが、実は"You Can Have Me Anytime"もそのひとつなんですよね。このアルバムが初めて買ったボズ・スキャッグスのアルバムという自分でもこの曲は知ってたという位の曲なのですが、実はこの曲、シングルでリリースされたのは日本だけだったということを知ったのも、このアルバムを買ってからのことでした。

ちなみに、その"You Can Have Me Anytime"で哀愁漂うメロディックなギターソロを披露しているのはサンタナでお馴染みのカルロス・サンタナです (ミュージックビデオに出演しているのはツアー・メンバーのマイケル・ランドウで、ビデオの方にはサンタナは出演していません)。又、"Look What You've Done To Me"でバッキング・ヴォーカルをとっているのはイーグルスのドン・ヘンリー、グレン・フライ、ティモシー・シュミットで、ギターを弾いているも、そのイーグルスのジョー・ウォルシュ。そして、「Isn't It Time / イズント・イット・タイム」の間奏で聴かれるギターソロは"TOTO"のスティーヴ・ルカサーによるものです。

ただし、このアルバム、昨今のものと比べて、音量(音のレベル)はかなり低めです。まぁ、それでも、日本独自の企画盤ということもあり、今後、このアルバムが再発売されることは恐らく無いでしょうから、自分の中ではジャケットや解説を含めて、これはこれで存在意義のある思い出のアルバムとなっています。というか、自分の場合は、いつも自動音量調整を使って聴いているので、音のレベルについても全然気にはならないんですけどね。

※ 追記
2016年12月21日に\1,000+税のスペシャルプライスで、まさかの再発売。ただし、解説、歌詞、対訳といったものは付かないようです。

▼ Boz Scaggs - Heart Of Mine
https://www.youtube.com/watch?v=mv7tMnwdT8c

▼ Boz Scaggs - You Can Have Me Anytime
https://www.youtube.com/watch?v=W4S7FPXQxtg

▼ Boz Scaggs - Look What You've Done To Me
https://www.youtube.com/watch?v=hWrbelCfMvc

CD Case (Back Cover): Boz The Ballade / Boz Scaggs TRACK LIST
1. We're All Alone / 2. Heart Of Mine / 3. My Time / 4. Slow Dancer / 5. Freedom For The Stallion / 6. You Can Have Me Anytime / 7. Look What You've Done To Me / 8. Sail On White Moon / 9. A Clue / 10. Tomorrow Never Came / 11. Isn't It Time / 12. The Night Of Van Gogh / 13. Might Have To Cry / 14. Harbor Lights

1. ウィ・アー・オール・アローン / 2. ハート・オブ・マイン / 3. マイ・タイム / 4. スロー・ダンサー / 5. フリーダム・フォー・ザ・スタリオン / 6. トワイライト・ハイウェイ / 7. 燃えつきて / 8. セイル・オン・ホワイト・ムーン / 9. ア・クルー / 10. トゥモロー・ネヴァー・ケイム / 11. イズント・イット・タイム / 12. ザ・ナイト・オブ・ヴァン・ゴッホ / 13. マイト・ハブ・トゥ・クライ / 14. ハーバー・ライツ

NOTES
• Released in Japan Only
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年5月)


    CHICAGO TWENTY 1 / CHICAGO (1991)

CDの帯(初回プレス盤):21 / シカゴ

Album Cover (front): Chicago Twenty 1 / Chicago  Album Cover (back): Chicago Twenty 1 / Chicago  CD: Chicago Twenty 1 / Chicago

この"Chicago Twenty 1 (21)"は1988年にリリースされた"Chicago 19"に続くスタジオアルバムです。間の20が抜けているのは、1989年リリースのベストアルバム"Greatest Hits 1982-1989"(アメリカ以外では"The Heart of Chicago"のタイトルでリリースされ、"Chicago 16"以前の4曲が加えられなど、収録曲に多少の違いがあります)が「20」としてカウントされているからで、"Chicago 20"というタイトルのアルバムは存在しません。

アルバムとしては前作"Chicago 19"の延長線上にあるスタイルで、「Hard to Say I'm Sorry / 素直になれなくて」の大ヒットを生んだ"Chicago 16"以降のバラードを中心とした洗練されたサウンドになっています。

ということで、初めて買ったシカゴのアルバムが"Chicago 17"(LPレコード)だったという自分には、すんなりと受け入れられたアルバムでもありましたした。というか、ここまでくると、もはや信頼のブランドといった感じさえありましたね。

ただ、セールス的には、ゴールドにも届いていないことからも分かるように、今ひとつだったようで、ビルボードチャートでも最高位が66位とパッとしなかったアルバムとなっています。

と、そんなこともあってか、ベストアルバムといったものには、良くて"Chasin' The Wind"か、"You Come To My Senses"のどちらか1曲が収録されている程度で、このアルバムからの選曲が1曲も無いというベストアルバムも結構多いです。まぁ、裏を返せば、だからこそ、このアルバムの存在価値があるという見方もできるわけですが・・・。

でも、セールス的にはパッとしなかったとはいえ、良い曲が沢山収録されており、個人的には大好きなアルバムなんですよね。アルバムの中では、シングルにもなった"Chasin' the Wind"、"Explain It to My Heart"、"You Come to My Senses"の3曲をはじめ、それらのシングルにも引けをとらない珠玉のバラード曲である"Holdin' On"や、"If It Were You"、"God Save The Queen"のようなカッコいい曲、それに、ポップで軽快な"One From The Heart"といった曲が取り分け好きなのですが、何故にこのような充実したアルバムが売れなかったのか、今でも不思議でなりません。シングルになった3曲も、かつてのヒット曲に何ら引けをとらないクオリティーを持った曲だと思うんですけどね・・・。

まぁ、初期からのファンといった人達にとっては多少感じ方が違うようなところもあるのかもしれませんが、特にファンというわけではないというような一般の人にとっては取っ付き易いアルバムなのではないかと思います。

Booklet: Chicago Twenty 1 / Chicago  CD Case (inside): Chicago Twenty 1 / Chicago

それにしても、素晴らしい曲が盛り沢山。過去に書いた"Chicago 19"の記事でも同じようなことを書いていましたが、個人的なベストアルバムを作るとしたら、私はこのアルバムから7曲は選びます(笑)。

CHICAGO - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Jason Scheff (ジェイソン・シェフ) - Bass, Lead Vocals & Background Vocals
• Walter Parazaider (ウォルト・パラザイダー) - Saxophone, Flute & Backing Vocals
• James Pankow (ジェイムス・パンコウ) - Frombone & Backing Vocals
• Lee Loughnane (リー・ロクネイン) - Trumpet, Flugelhorn & Backing Vocals
• Robert Lamm (ロバート・ラム) - Keyboards, Lead Vocals & Background Vocals
• Bill Champlin (ビル・チャンプリン) - Keyboards, Lead Vocals & Background Vocals
• Dawayne Bailey (ドゥエイン・ベイリー) - Guitars & Background Vocals

▼ Chicago - Chasin' The Wind (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=rF9sCEBI9q8

▼ Chicago - Explain It To My Heart (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=5KSDKIyT9K8

TRACK LIST
1. Explain It To My Heart / 2. If It Were You / 3. You Come To My Senses / 4. Somebody, Somewhere / 5. What Does It Take / 6. One From The Heart / 7. Chasin' The Wind / 8. God Save The Queen / 9. Man To Woman / 10. Only Time Can Heal The Wounded / 11. Who Do You Love / 12. Holdin' On

1. ハートに伝えて / 2. イフ・イット・ワー・ユー / 3. ユー・カム・トゥ・マイ・センセス / 4. サムバディ・サムホエア / 5. ホワット・ダズ・イット・テイク / 6. ワン・フロム・ザ・ハート / 7. チェイシン・ザ・ウインド / 8. ゴッド・セイヴ・ザ・クィーン / 9. マン・トゥ・ウーマン / 10. この時に捧げて / 11. フー・ドゥ・ユー・ラヴ / 12. ホールディン・オン

NOTES
• Album: US 66位
• Singles: "Chasin' the Wind" US 39位 / "Explain It to My Heart" / "You Come to My Senses"

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年5月)


    THE EARTH IS ... / AIR SUPPLY (1991)

Album Cover (front): The Earth Is ... / Air Supply  CD Case (back cover): The Earth Is ... / Air Supply  CD: The Earth Is ... / Air Supply

実は、個人的にとっても好きなアルバムのひとつが、このエア・サプライの"The Earth Is ..."。しかしながら、アルバムは長いこと廃盤状態で、欲しいのに買えないという状態がずっと続いていました。

そんなこともあって、仕方なく、ずっと前にレンタルショップで借りてコピーした初期の録音レベルが低い音源のものを聴き続けていたのですが、それでも、そんなあまり音が良くない音源とはいえ、タイトルトラックを含めて、このアルバムに含まれる数曲は自身の"iTunes"のプレイカウントの上位に頻繁に登場するほどでした。

※ 補足
レンタルショップで借りたCDには著作権料が含まれているため、個人使用の範囲でコピーしても違法ではありません。

そして、2010年、輸入盤ながらも、このアルバムが遂に再発売されたんですよね。ところが、何故か「CD」ではなく、「CD-R」の表記が・・・。でも、アマゾンや、HMV、タワーレコードといったところでも販売されているので怪しい商品ではないだろうとは思いながらも、やっぱりパッケージ等は簡素なものなんだろうなと思いつつ購入したことを覚えています。でもね、これ、当時に比べると円安になった所為もあるのかもしれませんが、今は価格が多少高めで、通常の輸入盤なら2〜3枚は買えそうな値段。

▼ アマゾン - Earth Is [Import]
http://www.amazon.co.jp/Earth-Is-CD-R-Air-Supply/dp/B0045NXMGC

案の定というか、やっぱりというか、ジャケットはブックレットにはなっておらず、1枚の紙だけという代物でしたが、それでも、アルバムを聴ける喜びの方が勝っていて嬉しかったですね。

1987年に企画盤ともいえる"The Christmas Album"のリリースを最後にグループは活動を中止したものの、グラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックの二人で再スタートを切ったのが1991年にリリースされたこの"The Earth Is ..."だったわけですが、オリジナルアルバムとしては、1986年の"Hearts in Motion"以来、実に5年ぶりのアルバムでもあったんですよね。

アルバムからシングルカットされたのはニルソンのヒット(米英で共にチャート1位を記録)で知られるカヴァー曲"Without You"(オリジナルはバッドフィンガー)の1曲だけでしたが、私自身は長いことアルバム1曲目の"Stronger Than The Night"も当然シングルカットされてヒットしたものとばかり思っていました。

それにしても良い曲が揃ったアルバムだこと。個人的には、アルバムのタイトル曲でもある"The Earth Is..."と、"Love Conquers Time"の2曲が特に好きなんですが、"Stronger Than The Night"、"Speaking Of Love"、"Stop The Tears"といったシングルになってもおかしくないようなエア・サプライらしい曲も好きな曲。シングルになった"Without You"はニルソンの曲のイメージが大きいので、当初はあまり聴いてなかったのですが、最近では割と良く聴いています。

しかも、ベストアルバムといった類のものには、このアルバムからだと"Without You"がたまに入っているといった程度で、これまでのヒット曲と並べても遜色の無い上記に挙げた曲などが収録されることはまず無いので、尚更このアルバムの存在価値もあるのではないかと思いますね。ちなみに、自分の"iTunes"にあるエア・サプライのベストには、このアルバムから全曲を入れています(笑)。まぁ、それだけ大好きなアルバムであるということなんですけどね。ベストアルバムを持っている人は、このアルバムを加えると、更に充実した自分のベストが作れるのではないかと思います。

又、アルバムの中後半に収録されている"She's Got The Answer"、"Dame Amor"、"Dancing With The Mountain"といった曲は、何処となくプログレッシヴ色が漂う雰囲気で、これらの曲も中々興味深いです。ちなみに、"Dame Amor"は全編スペイン語で歌われています。

アルバム全体としては、ヒット曲を連発していた'80年代の流れを継承しつつも、より力強くなった印象があり、更には、新境地を開くような曲がいくつか収録されていたりと、ポップで親しみ易い中にも幅と奥行きが増したアルバムといった感じがします。それに、デュオとして再スタートを切ったことが関係しているのか、グラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックのハーモニーも、以前にも増して素晴らしいんですよね。でも、考えてみたら、そういった部分も含めて、今だからこそこのアルバムの素晴らしさをより実感できるようになったところも少なからずあるように思います。

▼ Air Supply - Without You (Live in Taiwan, 1995)
https://www.youtube.com/watch?v=Q8rPP_-bpe8

TRACK LIST
1. Stronger Than The Night / 2. Without You / 3. The Earth Is... / 4. Speaking Of Love / 5. She's Got The Answer / 6. Stop The Tears / 7. Dame Amor / 8. Dancing With The Mountain / 9. Love Conquers Time / 10. Bread And Blood

NOTES
• Label: Tartare USA [Import] / Released: 2010

(記:2015年5月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 23 Navigation Part 24   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.