Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 22
01. UNDER THE COVERS Vol. 2 / MATTHEW SWEET AND SUSANNA HOFFS (2009)
02. HEAVEN ON EARTH TOUR 2014 IN JAPAN - STICKER SHEET / BOSTON (2014)
03. THE BEST OF TIMES - GREATEST HITS / DARYL HALL & JOHN OATES (1995)
04. THE BEST OF ROD STEWART / ROD STEWART (1989)
05. RASPBERRIES' BEST - FEATURING ERIC CARMEN (1976) & THE VERY BEST OF RASPBERRIES (2006) / RASPBERRIES
06. THE BEST OF ERIC CARMEN / ERIC CARMEN (1988)
07. JOANNA - THE BEST / KOOL & THE GANG (1983)
08. GREATEST HITS / LITTLE RIVER BAND (1982)
09. DYNASTY 「地獄からの脱出」 / KISS (1979)
10. UNMASKED 「仮面の正体」 / KISS (1980)
    UNDER THE COVERS Vol. 2 / MATTHEW SWEET AND SUSANNA HOFFS (2009)

CDの帯:アンダー・ザ・カバーズ - グレイテスト・ポップ・パラダイス - / マシュー・スウィート & スザンナ・ホフス

Album Cover (front): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs  Album Cover (back): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs  CD Case (back cover): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

「Matthew Sweet / マシュー・スウィート」と「Susanna Hoffs / スザンナ・ホフス」(バングルス)のカヴァーアルバム第2弾となるのが、こちらの"Under The Covers Vol. 2"。

"Vol. 2"が出たということは、"Vol. 1"が好評だったんでしょうかね。ただ、前作のタイトルには既に"Vol. 1"と記されていたので、もしかしたら予め予定されていたのかも?なんてことを思ったりもしたのですが、でも、"Vol. 1"がリリースされたのは3年前の2006年ですからね・・・。まぁ、この辺りの経緯については全く分からないのですが、昨年(2013年)の11月には"Vol. 3"もリリースされているので、割と好評だったんじゃないかと思います。

ただ、そうは言っても、私自身は"Vol. 1"は持っていないんですよね。何で、こちらの"Vol. 2"は買ったのかといえば、知ってる曲が比較的多かったからで、"Vol. 3"も知っている曲が多かったら購入していたのかも知れませんが、知らない曲ばかりだったので、今のところはこちらもまだ購入していません。

このアルバムの購入層はといえば、多くはマシュー・スウィートかスザンナ・ホフス、もしくはバングルスのファンということになるかと思うのですが、私は後者の方で、正直、マシュー・スウィートについては殆ど何も知らずに購入しました。

ちなみに、"Vol. 1"では'60年代の楽曲が中心のカヴァーアルバムでしたが、"Vol. 2"は'70年代の楽曲を中心にセレクトされています。

アルバムにはゲスト・ミュージシャンとして、3曲目の"Second Hand News"では、フリートウッド・マックのメンバーで、この曲の作者でもあるリンジー・バッキンガムがギターで参加。又、8曲目のイエスのカヴァー曲"I've Seen All Good People: Your Move / All Good People"では、そのイエスのメンバーだった"Steve Howe"がギターで参加。そして、16曲目のジョージ・ハリスンのカヴァー曲"Beware Of Darkness"では、ジョージ・ハリスンの息子であるダーニ・ハリスンがギターで参加しています。

私自身は、知っている曲が比較的多かったということもあり、比較的安心して楽しめるアルバムでもあったわけですが、曲順に関しては、個人的な好みで並び替えて聴いています。まぁ、並び替えといっても、概ね、前半に好きな曲を集めているだけなのですが、1曲目は、バングルスでとりあげても全く違和感が無い印象もあるブロンディーの"Dreamin'"、2曲目が、エリック・カルメンが在籍していたラズベリーズの"Go All The Way"、3曲目が、エリック・クラプトンが在籍していたデレク・アンド・ザ・ドミノスの"Bell Bottom Blues"、そして4曲目は、デヴィッド・ボウイがモット・ザ・フープルのために書いた"All The Young Dudes"といった感じです。ただし、オリジナルの曲順でも"Bell Bottom Blues"と"All The Young Dudes"は、3曲目と4曲目といった具合に続いており、このロッカ・バラードが続く流れは、このアルバムでも気に入っている部分でもありますね。

余談ではありますが、そのロッカ・バラードの"All The Young Dudes"に関していえば、私が初めてこの曲を知ったのは、1992年に行われた フレディ・マーキュリー追悼コンサート (Freddie Mercury Tribute Concert) において、この曲がモット・ザ・フープルのメンバーだったイアン・ハンターとミック・ロンソン、それにデヴィッド・ボウイが加わって披露されたライヴ・ヴァージョンでして、この時から良い曲だなとは思っていたのですが、まさか、この曲をこうした形で聴くようになるとは思ってもみませんでしたね。

アルバムには、その他にも、カーリー・サイモンや、ロッド・スチュワート、"IF"でお馴染みのブレッドに、ジョン・レノンといった日本でも知名度が高い有名どころのカヴァーも収録されています。自分の場合は、カーリー・サイモンの"You're So Vain"なんかは知らないと思っていたら聞き覚えのある曲でしたし、70年代の洋楽を聴いていた人には割と取っ付きやすいのではないかと思います。

日本盤のボーナストラックについて言えば、先にも述べたように、自分のプレイリストでは1曲目に持ってきているブロンディのヒット曲"Dreamin'"がスザンナのヴォーカルと上手くマッチしている感じで好きですね。他にも、このボーナス・トラックの中からは、ニック・ロウが在籍していたブリンズリー・シュウォーツの"(What So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding"(後にエルヴィス・コステロ & ジ・アトラクションズがカヴァー)や、ジェームス・テイラーの"You Can Close Your Eyes"といった曲はプレイリストの前半部分に持ってきています。

ただ、この日本盤CD、歌詞も対訳も付いてないのがちょっと残念。

なお、日本盤には5曲のボーナス・トラックが収録されていますが、"iTunes Store"などの音楽配信サイトでは、日本盤収録の5曲に、更に5曲を加えた計10曲のボーナス・トラック入りの"Deluxe Edition"も配信限定でリリースされています。

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Dreaming
https://www.youtube.com/watch?v=8PIIcFcq1Yk

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Go All The Way
https://www.youtube.com/watch?v=uhNKtrXjs4c

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Bell Bottom Blues
https://www.youtube.com/watch?v=lZBvG65daWQ

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - All The Young Dudes
https://www.youtube.com/watch?v=EqyNcMOMjso

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - You're So Vain
https://www.youtube.com/watch?v=_gG-0FoPVRs


CDの帯(裏):アンダー・ザ・カバーズ - グレイテスト・ポップ・パラダイス - / マシュー・スウィート & スザンナ・ホフス Booklet: Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs CD: Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

TRACK LIST (Japan Edition)
1. Sugar Magnolia [Grateful Dead] / 2. Go All The Way [Raspberries] / 3. Second Hand News [Fleetwood Mac] / 4. Bell Bottom Blues [Derek and the Dominos] / 5. All The Young Dudes [Mott the Hoople] / 6. You're So Vain [Carly Simon] / 7. Here Comes My Girl [Tom Petty and the Heartbreakers] / 8. I've Seen All Good People: Your Move / All Good People [Yes] / 9. Hello It's Me [Todd Rundgren] / 10. Willin' [Little Feat] / 11. Back Of A Car (Big Star] / 12. Couldn't I Just Tell You [Todd Rundgren] / 13. Gimme Some Truth [John Lennon] / 14. Maggie May [Rod Stewart] / 15. Everything I Own [Bread] / 16. Beware Of Darkness [George Harrison]
Bonus Tracks:
17. (What So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding [Brinsley Schwarz] / 18. Killer Queen [Queen] / 19. I Wanna Be Sedated [Ramones] / 20. Dreamin' [Blondie] / 21. You Can Close Your Eyes [James Taylor]

NOTES
• Matthew Sweet - Vocals, Guitars, Bass, Ukulele, Tabla Drums, Percussion, Piano, Organ, Mellotron, Electric Harpsichord
• Susanna Hoffs - Vocals, Guitar, Percussion

Guest Musicians:
• Lindsey Buckingham - Guitars (Guitars, Lead Guitar) on "Second Hand News"
• Steve Howe - Guitars (Portuguese 12 String Acoustic Guitar, Electric Lead Guitar) on "I've Seen All Good People: Your Move / All Good People"
• Dhani Harrison - Guitars (Acoustic and Electric Guitars) on "Beware of Darkness"

Tracks 17-21: Japan Only Bonus Tracks

(記:2014年10月 / 更新:2016年11月)


    HEAVEN ON EARTH TOUR 2014 IN JAPAN - STICKER SHEET / BOSTON (2014)

Sticker Sheet: Heaven On Earth Tour 2014 in Japan / Boston
こちらは、35年ぶりの来日公演を行ったボストンのステッカー・シート(A4サイズ)です。 とはいっても、自分がライヴに行ったわけではなく、このツアーの武道館公演を観に行かれた「洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS」のめったさんからお土産として頂いたものです(めったさん、ありがとうございます)。

ボストンのロゴと歴代のアルバムに登場する宇宙船ボストン号が描かれた眺めるているだけで楽しいこのステッカー・シートは9枚のステッカーがセットになっており、1枚は"JAPAN TOUR"の文字が入っています。

中高生の頃だったら早速剥がしてカバンに貼ったりしてたんでしょうけどね・・・(笑)。

BOSTON - HEAVEN ON EARTH TOUR 2014 IN JAPAN
2014年10月2日(木)日本武道館【東京】
2014年10月4日(土)愛知県体育館【名古屋】
2014年10月6日(月)大阪市中央体育館【大阪】
2014年10月9日(木)日本武道館【東京】

MEMBERS
Tom Scholz(トム・ショルツ) - Guitar, Keyboards, Vocals
Gary Pihl(ゲイリー・ピール) - Guitar, Keyboards, Vocals
Tommy DeCarlo(トミー・デカーロ)- Lead Vocals, Keyboards
Tracy Ferrie(トレイシー・フェリー) - Bass, Vocals
Kimberley Dahme(キンバリー・ダーム) - Guitar, Vocals
Jeff Neal(ジェフ・ニール) - Drums, Vocals
Special Guest:
Siobhan Magnus(シボーン・マグナス) - Vocals

SET LIST
1. Rock & Roll Band / 2. Smokin' / 3. Feelin' Satisfied / 4. Last Day of School / 5. Life, Love & Hope / 6. Peace of Mind / 7. It's Been Such a Long Time Interlude / 8. Cool the Engines / 9. Surrender to Me / 10. Don't Look Back / 11. Something About You / 12. Amanda / 13. The Launch / 14. More Than a Feeling / 15. Instrumental / 16. A New World / 17. To Be a Man / 18. Walk On / 19. Get Organ-ized / 20. Walk On (Some More) / 21. Foreplay/Long Time / Encore: 22. I Think I Like It / 23. Party

▼ 武道館でのライヴについては、めったさんが当日の写真を交えて記事を書かれていますので、よろしければご覧ください。

洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS
【ライヴ記録】BOSTON in BUDOKAN 2014行ってきました
▶ http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-1218.html

(記:2014年10月)


    THE BEST OF TIMES - GREATEST HITS / DARYL HALL & JOHN OATES (1995)

CDの帯:ザ・ベスト・オブ・タイムス〜グレイテスト・ヒッツ / ダリル・ホール & ジョン・オーツ

Album Cover (front): The Best of Times - Greatest Hits / Daryl Hall & John Oates  CD Case (back cover): The Best of Times - Greatest Hits / Daryl Hall & John Oates  CD: The Best of Times - Greatest Hits / Daryl Hall & John Oates

実を言うと、"Wait For Me"や"Private Eyes"、"Maneater"といった曲がヒットしていた頃は、曲は知っているという程度で、それほどホール & オーツに対する興味は無くて、ましてやレコードを買おうなんてことは思いもしませんでした。

ところが、その後にリリースされた当時の最新シングル"Say It Isn't So"には凄く惹かれたんですよね。ということで、私が初めて買ったホール & オーツのアルバムは、当時の最新アルバムで、この"Say It Isn't So"が新曲として収録されていたベストアルバム"Rock'n Soul Part 1"(邦題は「フロム・A・トゥ・ONE」)でした。

とまぁ、そんな経緯もあり、その後はそのベストアルバムに収録されていた以前のヒット曲も併せて聴くことも多くなったのでした。

そして、時代がレコードからCDに移ってから初めて買ったホール & オーツのアルバムがこの日本独自の企画盤である「The Best of Times - Greatest Hits / ザ・ベスト・オブ・タイムス〜グレイテスト・ヒッツ」。

恐らくは来日記念盤という意味合いがあってのリリースだったと思うのですが、ライナーノーツを読むと、日本公演の計画があることは記されているものの、この時点ではまだ正式に決まったわけではなかったようです。「日本企画盤」とだけ帯に記されているのは、どっちに転んでもいいようにとのことなんでしょうかね。ただし、収録曲の中には日本のファンに向けたダリル・ホールとジョン・オーツのヴォイス・メッセージも含まれていることから、来日公演に関してはほぼ確定していたのではないかと。又、ベストアルバムにしては比較的多くのライヴ・ヴァージョンが含まれているのも来日公演に合わせた意味合いがあってのことだと思います

念のために記しておくと、ホール & オーツは1991年に一旦は活動を停止。そして、活動を再開したのがこの1995年ということになります。又、このベストアルバムがリリースされた時点では正式決定されていなかった日本公演も無事果たしています。

で、このアルバムでの思い出と言えば、"Everytime You Go Away"がホール & オーツの曲だったという事実を初めて知ったことですかね。ポール・ヤングがカヴァーして大ヒットしたヴァージョンを頻繁に耳にしていた頃は、これがホール & オーツの曲のカヴァーだったなんてことは全く知りませんでしたから、最初はホール & オーツの方がカヴァーしたのかと思いました。

▼ Daryl Hall & John Oates - Say It Isn't So (Live At The Troubadour)
https://www.youtube.com/watch?v=hjuo2NBDkf8

個人的なことを言えば、私がホール & オーツに興味を持つきっかけとなった"Say It Isn't So"と同等に好きな曲が実はもう1曲あって、それが1980年のアルバム「Voices / モダン・ヴォイス」に収録されてる"Hard to Be in Love with You"。ただし、この曲はシングルカットされていないので、このアルバムに限らず、ベストアルバム等に収録される事は無いのが残念。シングルとしても十分魅力的だと思うのですが、何故にこの曲がシングルカットされなかったのか今でも不思議です。

▼ Hall & Oates - Hard To Be In Love With You
http://www.youtube.com/watch?v=fguiBDF2B7s

TRACK LIST
1. Sara Smile / 2. Rich Girl / 3. Wait For Me (Live Version) / 4. You've Lost That Lovin Feeling / 5. Everytime You Go Away / 6. Kiss On My List / 7. Private Eyes / 8. I Cant Go For That No Can Do / 9. Maneater / 10. One On One / 11. Say It Isn't So / 12. Out Of Touch / 13. Method Of Modern Love / 14. Everything Your Heart Desires / 15. So Close (Live Version) / 16. Hall & Oates Voice Message / 17. Whats Going On (Live Version) / 18. Me And Mrs Jones (Live Version)

1. サラ・スマイル / 2. リッチ・ガール / 3. ウエイト・フォー・ミー(ライヴ・ヴァージョン) / 4. ふられた気持 / 5. エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / 6. キッス・オン・マイ・リスト / 7. プライベート・アイズ / 8. アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット / 9. マンイーター / 10. ワン・オン・ワン / 11. セイ・イット・イズント・ソー / 12. アウト・オブ・タッチ / 13. メソッド・オブ・モダン・ラヴ / 14. エヴリシング・ユア・ハート・デザイアーズ / 15. ソー・クロース(ライヴ・ヴァージョン) / 16. ホール・アンド・オーツ・ヴォイス・メッセージ / 17. ホワッツ・ゴーイング・オン(ライヴ・ヴァージョン) / 18. ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ(ライヴ・ヴァージョン)

NOTES
1. Sara Smile (米4位) / 2. Rich Girl (米1位) / 3. Wait For Me (Live Version) (オリジナルのスタジオ・ヴァージョンは米18位) / 4. You've Lost That Lovin Feeling (米12位) / 5. Everytime You Go Away (1981年のアルバム"Voices"収録曲。1985年にポール・ヤングがカヴァーし、米1位を記録) / 6. Kiss On My List (米1位) / 7. Private Eyes (米1位) / 8. I Cant Go For That No Can Do (米1位) / 9. Maneater (米1位) / 10. One On One (米7位) / 11. Say It Isn't So (米2位) / 12. Out Of Touch (米1位) / 13. Method Of Modern Love (米5位) / 14. Everything Your Heart Desires (米3位) / 15. So Close (Live Version ) (オリジナルのスタジオ・ヴァージョンは米11位)

• Released in Japan Only
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年11月)


    THE BEST OF ROD STEWART / ROD STEWART (1989)

CDの帯(初回プレス盤):ベスト・オブ・ロッド・スチュワート / ロッド・スチュワート

Album Cover (front): The Best of Rod Stewart / Rod Stewart  Booklet: The Best of Rod Stewart / Rod Stewart  CD: The Best of Rod Stewart / Rod Stewart

こちらは、ロッド・スチュワート自身の選曲によるベスト・アルバムで、「This Old Heart Of Mine / ジス・オールド・ハード・オブ・マイン」(再録音ヴァージョン)と、新曲の「Downtown Train / ダウンタウン・トレイン」といったアルバム初披露曲も含まれています。

アルバムに収録されているは16曲は、全てがシングルとしてもリリースされた曲で、ヒット曲がぎっしりと詰まっているあたりは、これぞベスト・アルバムの王道といった印象。又、アルバムには、ロッド自身よる全曲の曲目解説(英文と日本語訳)も付いているので、それぞれの曲をこれまで以上に奥深く堪能できるのがファンにとっては嬉しいところではないでしょうか。

私自身はレコード時代も含めて、これが初めて買ったロッド・スチュワートのアルバムだったわけですが、当時はこんな良い曲が沢山あったのかと驚いたアルバムでもありました。

下に記した収録曲のチャート・ポジションを見ても分かるように正にヒット曲満載のアルバムなんですよね。

01. Maggie May (UK 1位 / US 1位)
02. You Wear It Well (UK 1位 / US 13位)
03. Baby Jane (UK 1位 / US 14位)
04. Da Ya Think I'm Sexy? (UK 1位 / US 1位)
05. I Was Only Joking (UK 5位 / US 22位)
06. This Old Heart of Mine (With Ronald Isley) [Re-Recorded Version] (UK 51位 / US 10位) / [Original 1975 Version] (UK 4位 / US 83位)
07. Sailing (UK 1位 / US 58位)
08. I Don't Want To Talk About It (UK 1位 / US 46位)
09. You're In My Heart (UK 3位 / US 4位)
10. Young Turks (UK 11位 / US 5位)
11. What Am I Gonna Do (I'm So In Love With You) (UK 3位 / US 35位)
12. The First Cut Is The Deepest (UK 1位 / US 21位)
13. The Killing Of Georgie (Part I And II) (UK 2位 / US 30位)
14. Tonight's The Night (UK 5位 / US 1位)
15. Every Beat Of My Heart (UK 2位 / US 83位)
16. Downtown Train (UK 10位 / US 3位)

なお、ここに新曲として収録されている"Downtown Train"は、その後のコンピレーションアルバム等に収録されているものとは違い、イントロから暫くの間はピアノが入っていないヴァージョンです。

▼ Rod Stewart - Baby Jane (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=dxl2r6GuL2w

▼ Rod Stewart - I Was Only Joking (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=U4RVRkurm4Y

▼ Rod Stewart - I Don't Want To Talk About It (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=esUHMBHJsn8

TRACK LIST
1. Maggie May / 2. You Wear It Well / 3. Baby Jane / 4. Da Ya Think I'm Sexy? / 5. I Was Only Joking / 6. This Old Heart Of Mine (With Ronald Isley) / 7. Sailing / 8. I Don't Want To Talk About It / 9. You're In My Heart / 10. Young Turks / 11. What Am I Gonna Do (I'm So In Love With You) / 12. The First Cut Is The Deepest / 13. The Killing Of Georgie (Part I And II) / 14. Tonight's The Night / 15. Every Beat Of My Heart / 16. Downtown Train

1. マギー・メイ / 2. ユー・ウェア・イット・ウェル / 3. ベイビー・ジェーン / 4. アイム・セクシー / 5. ただのジョークさ / 6. ジス・オールド・ハート・オブ・マイン / 7. セイリング / 8. もう話したくない / 9. 胸につのる想い / 10. 燃えろ青春 / 11. 君はハート泥棒 / 12. さびしき丘 / 13. キリング・オブ・ジョージー / 14. 今夜きめよう / 15. エヴリ・ビート・オブ・マイ・ハート / 16. ダウンタウン・トレイン

NOTES
• UK 3位 (5x Platinum - 1,500,000) / Germany 6位 (2x Platinum - 1,000,000) / Australia (4x Platinum - 280,000) / Brazil (Platinum - 250,000) / Argentina (2x Platinum - 120,000)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年11月 / 更新:2015年7月)


    RASPBERRIES' BEST - FEATURING ERIC CARMEN (1976) & THE VERY BEST OF RASPBERRIES (2006) / RASPBERRIES

CDの帯:ラズベリーズ ベスト〜フィーチャリング・エリック・カルメン / ラズベリーズ

Album Cover (front): Raspberries' Best - Featuring Eric Carmen / Raspberries  Album Cover (back): Raspberries' Best - Featuring Eric Carmen / Raspberries  CD: Raspberries' Best - Featuring Eric Carmen / Raspberries

Raspberries' Best - Featuring Eric Carmen (1976)

これは、グループ解散後にリリースされたラズベリーズ初のベスト・アルバム。リリースされた背景としては、ソロ活動を始めたエリック・カルメンの最初のシングルである"All By Myself"が大ヒットしたことが要因としてあるであろうことは、アルバム・タイトルに加えられた"Featuring Eric Carmen"のサブタイトルを見ても容易に察しがつくのですが、それでも、総括という意味に於いても、良いタイミングでリリースされた意義のあるアルバムであったのではないかと思います。

ということで、ややもすると、一見、"All By Myself"のヒットにあやかった安易なベスト・アルバムのように受け取ってしまいがちですが、実はコレ、けっこう良い仕事がなされたベスト・アルバムなんですよね。

アナログ・レコード盤の時代にリリースされたアルバムということもあり、収録曲は全10曲という構成ですが、4枚のスタジオ・アルバムからバランスよく選曲されおり、曲順も良く考えれている印象。レコード盤だとA面とB面のラストをドラマティックな曲で締める構成も流れ的にも良い感じで、寄せ集めながらも、ひとつのアルバムといった雰囲気を醸し出しているのです。

又、パワー・ポップ(ハード・ポップ)ともいえるような勢いのある最初の4曲は間髪入れずに立て続けに曲が始まるなど、曲間の間の取り方も工夫されており、こういった部分も、このアルバムを単なるベスト・アルバム以上のモノにしている要因のひとつではないかと感じます。在籍したメンバーの顔が全て揃ったジャケットも含めて、そういった愛情が感じられる仕事ぶりが垣間見れるのはファンにとっても嬉しいところではないでしょうか。

それに、"Featuring Eric Carmen"のサブタイトルも伊達ではなく、アルバムの内容もエリック・カルメンの作品だけ(一部メンバーとの競作有り)に絞った構成になっているのも特徴。ただし、エリック・カルメンがグループのメイン・コンポーザーだったこともあり、結果的には収録曲のどれもがラズベリーズの代表曲といえるものばかりになっているのがミソ。

なお、ジャケットの表と裏にはラズベリーズの生い立ち等が書かれた記事が所狭しと雑誌風にデザインされて掲載されているのですが、流石にLPサイズからCDサイズに縮小された文字だと小さくて読めないですね。ただし、この手持ちのCDには四つ折りの歌詞カードを広げたサイズでジャケットの表と裏がプリントされおり、読みやすい配慮がなされています。まぁ、私自身はそういう配慮がなされていも内容を全て理解するには至らないわけですが、英語が得意な人は、より一層楽しめるのではないでしょうか。それと、ライナーノーツはレコード盤でリリースされた当時のものも記載されているので、当時の状況が垣間見れると共に、その当時の雰囲気が楽しめます。

私自身はこのCDが初めて買ったラズベリーズのアルバムだったので、完全に後追いという形でしたが、ポップでメロディックながらも、割れんばかりのラウドなサウンドとグラム・ロック的な雰囲気を兼ね備えた甘味と苦味が混じるサウンドはけっこうツボでした。それに、コーラス・ハーモニーのパートが多いので親しみやすかったですし、アメリカのバンドなのに、何処となくブリティッシュぽいところも気に入った部分でしたね。

▼ The Raspberries - Don't want to say goodbye - 1972
http://www.youtube.com/watch?v=WJsf1Yp5blw

▼ I Can Remember - Raspberries Live - Eric Carmen, 1973 (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=DxhNkNNaHyc

RASPBERRIES - BAND MEMBERS
• Eric Carmen - Rhythm Guitar, Piano, Vocals
• Wally Bryson - Lead Guitar, Vocals
• Dave Smalley - Bass, Vocals (1st-3rd)
• Jim Bonfanti - Drums, Vocals (1st-3rd)
• Scott McCarl - Bass, Vocals (4th)
• Michael McBride - Drums, Vocals (4th)

TRACK LIST
1. Go All the Way / 2. Tonight / 3. Ecstasy / 4. I Wanna Be With You / 5. I Can Remember / 6. Overnight Sensation (Hit Record) / 7. Let's Pretend / 8. Drivin' Around / 9. Starting Over / 10. Don't Want to Say Goodbye

1. ゴー・オール・ザ・ウェイ / 2. トゥナイト / 3. 君に首ったけ / 4. 明日を生きよう / 5. アイ・キャン・リメンバー / 6. オーヴァーナイト・センセーション / 7. レッツ・プリテンド / 8. ドライヴィン・アラウンド / 9. スターティング・オーヴァー / 10. さよならは言わないで

NOTES
• Tracks 1, 5, 10: from "Raspberries" (1972) / US 51位
• Tracks 4, 7, 8: from "Fresh Raspberries" (1972) / US 36位
• Tracks 2, 3: from "Side 3" (1973) / US 128位
• Tracks 6, 9: from "Starting Over" (1974) / US 143位

• Raspberries' Best Featuring Eric Carmen (1976) - US 138位

• 解説・歌詞付(対訳無し)

CDの帯:ベスト・オブ・ラズベリーズ / ラズベリーズ

Album Cover (front): The Very Best Of Raspberries / Raspberries  Album Cover (back): The Very Best Of Raspberries / Raspberries  CD: The Very Best Of Raspberries / Raspberries

The Very Best Of Raspberries (2006)

そして、こちらがその後に買ったラズベリーズのベスト・アルバム。3年にも満たない短い活動期間(制作されたアルバムは4枚)だったということもあり、残された曲の総数自体が少なく、前述のベスト・アルバムと被る曲も多いのですが、曲数は倍の20曲が収録されています。

しかも24ビット・デジタル・リマスター音源で、価格も安いですから、私自身は被る曲が多くても別に気になりませんでしたね。シングルカットされた代表曲を前半に集めて、アルバム収録曲を後半に持ってくるという構成も、取っ付き易くて良いんじゃないかと思います。

それに、エリック・カルメンの作品に絞って選曲された"Raspberries' Best Featuring Eric Carmen"と違い、こちらは他のメンバーの作品及びヴォーカル曲が収録されているという点に於いても多少趣が違いますからね。"Raspberries' Best Featuring Eric Carmen"に収録されていない曲の中では"Let's Pretend"に通じるメロディーラインを持った"Nobody Knows"と"Wally Bryson"がリードヴォーカルをとる"Come Around And See Me"が個人的にはけっこう好きです。

ただ、個人的な好みを言ったらキリが無いのは分かっているのですが、"I Can Remember"は入れて欲しかったところ。まぁ、恐らくは、約8分と長い曲なんで外されたのだとは思うのですが。

ラズベリーズというバンドに関しては、活動を続けていれば、その後も魅力的な曲を数多く生み出していたのではないかと思ったりもしますが、反面、短い活動期間という、その儚さのような部分も、今となっては魅力のひとつになっているのかもしれません。

なお、1987年にリリースされた"Overnight Sensation - The Best of the Raspberries"や、 2002年リリースの"The Very Best of the Raspberries - Overnight Sensation"とは収録曲もジャケットも違う別物です。まぁ、アルバムタイトルがきちんとフルで記載されていれば直ぐに分かるのですが、「Overnight Sensation」の部分が抜けていると紛らわしくはあります。特に後者の場合だと、この"The Very Best of Raspberries"とは「the」が入っているか入っていないかの違いだけになりますからね。

▼ Raspberries - Go All The Way (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=7wT_NpsYdes

▼ Raspberries - Let's Pretend
http://www.youtube.com/watch?v=vTELLAzVtxg

▼ Raspberries - I Wanna Be With You
https://www.youtube.com/watch?v=5mFUYm5QFUE

CD Case (back cover): The Very Best Of Raspberries / Raspberries TRACK LIST
1. Go All The Way / 2. Don't Want To Say Goodbye / 3. I Wanna Be With You / 4. Let's Pretend / 5. Tonigh / 6. Ecstasy / 7. Overnight Sensation (Hit Record) / 8. Party's Over / 9. Come Around And See Me / 10. Rock And Roll Mama / 11. With You In My Life / 12. Goin' Nowhere Tonight / 13. Nobody Knows / 14. Might as Well / 15. On the beach / 16. I'm a Rocker / 17. Last Dance / 18. Cruisin' Music / 19. Hands on You / 20. Starting Over

1. ゴー・オール・ザ・ウェイ / 2. さよならは言わないで / 3. 明日を生きよう / 4. レッツ・プリテンド / 5. トゥナイト / 6. 君に首ったけ(エクスタシー) / 7. オーバーナイト・センセーション / 8. パーティーの終りに / 9. カム・アラウンド・アンド・シー・ミー / 10. ロック・アンド・ロール・ママ / 11. ウィズ・ユー・イン・マイ・ライフ / 12. ゴーイング・ノーホエア・トゥナイト / 13. ノーバディ・ノウズ / 14. マイト・アズ・ウェル / 15. オン・ザ・ビーチ / 16. アイム・ア・ロッカー / 17. ラスト・ダンス / 18. クルージング・ミュージック / 19. ハンズ・オン・ユー / 20. 素晴らしき再出発

NOTES
• Singles Chart Positions:
1. Go All the Way (US 5位 - 1972) / 2. Don't Want to Say Goodbye (US 86位 - 1972) / 3. I Wanna Be With You (US 16位 - 1972) / 4. Let's Pretend (US 35位 - 1973) / 5. Tonight (US 69位 - 1973) / 6. Ecstasy (US 100位以下、もしくはチャートインせず - 1973) / 7. Overnight Sensation (Hit Record) (US 18位 - 1974) / 16. I'm a Rocker (US 94位 - 1973) / 18. Cruisin' Music (US 100位以下、もしくはチャートインせず - 1975)

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年12月)


    THE BEST OF ERIC CARMEN / ERIC CARMEN (1988)

CDの帯:オール・バイ・マイセルフ〜ベスト・オブ・エリック・カルメン / エリック・カルメン

Album Cover (front): The Best Of Eric Carmen / Eric Carmen
エリック・カルメン初のベスト・アルバムであると同時に、私が初めて買ったエリック・カルメンのアルバムがこの「The Best Of Eric Carmen / オール・バイ・マイセルフ〜ベスト・オブ・エリック・カルメン」だったんですよね。ただし、自分が購入したこちらのCDは1991年の再発盤なので、このアルバムに新曲として収録されていた"Make Me Lose Control"がシングルとしてもリリースされ、米3位のヒットを記録したということも、後から知ったことでした。

このアルバムを買うまでは、収録曲の中で知っている曲といえば、「All By Myself / オール・バイ・マイセルフ」と、オリヴィア・ニュートン・ジョンのカヴァーの方で先に知っていた「Boats Against The Current / 雄々しき翼」の2曲だけだったのですが、実際に聴いてみると、これ以外にも聞き覚えのある曲が何曲かあったことを覚えています。

ということで、映画「ダーティ・ダンシング」(1987年)の挿入歌で、米4位のヒットを記録した「Hungry Eyes / ハングリー・アイズ」をエリック・カルメンが歌っていたことも、恥ずかしながら、このアルバムで初めて知りました(笑)。

その他では、「Change Of Heart / チェンジ・オブ・ハート」、「She Did It / 愛をくれたあの娘」、「It Hurts Too Much / 悲しみTOO MUCH」といった曲が、先に述べた聞き覚えのある曲だったわけですが、恐らくはラジオのヒットチャート番組で耳にしていたと思うので、日本でもそこそこヒットした曲だったのではないでしょうかね。

又、「That's Rock 'N Roll / すてきなロックン・ロール」は、'70年代後半にティーンのアイドルとして人気を博していた"Shaun Cassidy"(ショーン・キャシディ)がカヴァーして、米3位(1977年)のヒットを記録しています。そして、同年にエリック・カルメンが、同じく"Shaun Cassidy"に提供した「Hey Deanie / ヘイ・ディニー」(1977年)も前作に続き"米7位のヒットを記録していますが、こちらは翌年の1978年にリリースされたエリック・カルメンのアルバム「Change of Heart / チェンジ・オブ・ハート」にリメイクというかセルフカヴァーのような形で収録されています。まぁ、この2曲がこのアルバムに収録されているのは、そういった形でヒットしたという理由があってのことではないかと思います。

アルバムを買った当時は「Never Gonna Fall in Love Again / 恋にノータッチ」に惹かれて、恐らくは、このアルバムの中では一番多く聴いていた曲ではなかったのかと思います。又、今でも自分の中では、エリック・カルメンといえば、"All By Myself"、"Never Gonna Fall in Love Again" 、"Boats Against The Current"の3曲が特に好きな曲ですね。

なお、ファンの方はご存知だと思いますが、"All By Myself"は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフに作られた曲で、"Never Gonna Fall in Love Again"は、ラフマニノフの交響曲第2番をモチーフにして作られた曲です。

▼ アメリカのテレビ番組"The Midnight Special"に出演時のもの

Eric Carmen - All By MySelf (HQ)
https://www.youtube.com/watch?v=EzoazPPC7b8

▼ 同じくアメリカのテレビ番組"The Midnight Special"に出演時のもの

Eric Carmen - Never Gonna Fall In Love Again ('76)
https://www.youtube.com/watch?v=3c7M1-SLXnU

Album Cover (back): The Best Of Eric Carmen / Eric Carmen  CD Case (inside): The Best Of Eric Carmen / Eric Carmen

TRACK LIST
1. All By Myself / 2. Never Gonna Fall In Love Again / 3. That's Rock 'N Roll / 4. Hey Deanie / 5. Hungry Eyes / 6. Make Me Lose Control / 7. Change Of Heart / 8. She Did It / 9. It Hurts Too Much / 10. No Hard Feelings / 11. Boats Against The Current

1. オール・バイ・マイセルフ / 2. 恋にノー・タッチ / 3. すてきなロックン・ロール / 4. ヘイ・ディニー / 5. ハングリー・アイズ / 6. メイク・ミー・ルーズ・コントロール / 7. チェンジ・オブ・ハート / 8. 愛をくれたあの娘 / 9. 悲しみTOO MUCH / 10. ノー・ハード・フィーリングス / 11. 雄々しき翼

NOTES
• The Best of Eric Carmen (US 59位 - 1988)

• Singles Chart Positions:
All By Myself (US 2位 - 1976) / Never Gonna Fall in Love Again (US 11位 - 1976) / She Did It (US 23位 - 1977) / Boats Against the Current (US 88位 - 1978) / Change of Heart (US 19位 - 1978) / It Hurts Too Much (US 75位 - 1980) / Hungry Eyes (US 4位 - 1987) / Make Me Lose Control (US 3位 - 1988)

• CD発売日:1991年8月21日
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2014年12月 / 更新:2015年7月)


    JOANNA - THE BEST / KOOL & THE GANG (1983)

Slip Case (front): Joanna - The Best / Kool & The Gang  Slip Case (back): Joanna - The Best / Kool & The Gang  Album Cover (front): Joanna - The Best / Kool & The Gang

このクール & ザ・ギャング("Cool"じゃないよ、"Kool"だよ)のアルバム「ジョアンナ〜The Best / Joanna - The Best」は、日本フォノグラム企画のコンピレーション・アルバム"Popular Artist Best Series"の中の1枚です。

スリップ・ケース(外箱)の裏側には「'76年から'86年までの10年間にシングル・カットされたナンバーを中心に収録」と記されていますが、実際はジェームス・JT・テイラー(リード・ヴォーカル)加入後の'79年から'86年までの曲で構成されています。

ということで、このアルバムは、ジャズをバックグランドにしたR&B・ソウル・ファンクといったそれまでのスタイルからポップなスタイルへと路線変更してヒット曲を多数生み出した時期のベスト・アルバムということになります。

と、そんなこともあり、このアルバムが初めて買ったクール & ザ・ギャングのアルバムだったという自分には比較的取っ付き易いアルバムでもありました。ただ、取っ付き易いポップなサウンドとはいっても、自分には結構ファンキーでグルーヴィーなサウンドといった印象はありましたね。勿論、そこが魅力を感じた部分でもあったわけですが。

更には、'70年代後半から'80年代初頭にかけて、はディスコ・ミュージックが一世を風靡していたという時代背景もあってか、ディスコ・スタイルの楽曲が目立つのも、この時代ならではの特徴なのかもしれません。

Joanna - The Best / Kool & The Gang Joanna - The Best / Kool & The Gang CD Case (inside): Joanna - The Best / Kool & The Gang

実のところ、先に「Cherish / チェリッシュ」目的で、別のベストをレンタルで聴いて、気に入った曲が何曲かあったことから、買ったアルバムでもありました。更には、レンタルで聴くまでは、それまでクール & ザ・ギャングの曲を意識して聴いたことが無かった自分でも、聞き覚えのある曲が数多くあったのが、このアルバムでも又、そんな聞き覚えのある曲が新たに幾つかあったこともあり、買った当時は、けっこう繰り返し聴いていた記憶があります。

ただし、1曲目は「Fresh / フレッシュ」、2曲目は「Too Hot / トゥー・ホット」といった感じで、曲順は自分好みに変えて聴いていました。個人的には、先に述べた"Cherish"と、この2曲、それに、「Joanna / ジョアンナ」、「Jones Vs. Jones / ジョーンズ VS. ジョーンズ」といった曲が特に好きなのですが、一般的には、やはりビルボード・チャートで1位を記録した「Celebration / セレブレーション」が有名なのではないかと思います。特に年末年始はあらゆる場所で良く使われる曲ですし、これからの季節は、この曲を耳にする機会も多いのではないでしょうかね。

Joanna - The Best / Kool & The Gang ▼ Kool and the Gang - Fresh 1985
https://www.youtube.com/watch?v=lwfAABrahos

▼ Kool & The Gang - Too Hot
https://www.youtube.com/watch?v=eZNTHJ6DjCU

▼ Kool & The Gang - Cherish
https://www.youtube.com/watch?v=s09LuDYX12g

▼ Kool & The Gang - Joanna
https://www.youtube.com/watch?v=hsklsxReSe0

▼ Kool & The Gang - Celebration
https://www.youtube.com/watch?v=3GwjfUFyY6M

▼ Kool & the Gang - Celebration (Live at Glastonbury 2011)
https://www.youtube.com/watch?v=kylKj0ARB5A

収録曲のチャート最高位は以下の通りです。

01.Ladies' Night 「レディーズ・ナイト」 (US 8位 / UK 9位) - 1979
02.Too Hot 「トゥー・ホット」 (US 5位 / UK 23位) - 1979
03.Steppin' Out 「ステッピン・アウト」 (US 89位 / UK 12位) - 1981
04.Take My Heart 「テイク・マイ・ハート」 (US 17位 / UK 29位) - 1981
05.Be My Lady 「ビー・マイ・レディー」 (アルバム"Something Special"収録曲) - 1981
06.Get Down On It 「ゲット・ダウン・オン・イット」 (US 10位 / UK 3位) - 1981
07.No Show 「ノー・ショー」 (アルバム"Something Special"収録曲) - 1981
08.Big Fun 「ビッグ・ファン」 (US 21位 / UK 14位) - 1982
09.Hi De Hi, Hi De Ho 「愛でHI, 恋でHO」 (UK 29位) - 1982
10.Celebration 「セレブレーション」 (US 1位 / UK 7位) - 1980
11.Jones Vs. Jones 「ジョーンズ VS. ジョーンズ」 (US 39位 / UK 17位) - 1981
12.Take It to the Top 「テイク・イット・トゥ・ザ・トップ」 (UK 15位) - 1981
13.Victory 「ヴィクトリー」 (US 10位 / UK 30位) - 1986
14.In The Heart 「イン・ザ・ハート」 (UK 7位) - 1984
15.Joanna 「ジョアンナ」 (US 2位 / UK 2位) - 1983
16.Tonight 「トゥナイト」 (US 13位 / UK 2位) - 1984
17.Straight Ahead 「ストレート・アヘッド」 (US 103位 / UK 15位) - 1983
18.Fresh" 「フレッシュ」 (US 9位 / UK 11位) - 1984
19.Misled 「ミスレッド」 (US 10位 / UK 28位) - 1984
20.Cherish 「チェリッシュ」 (US 2位 / UK 4位) - 1985

TRACK LIST
1.Ladies' Night / 2.Too Hot / 3.Steppin' Out / 4.Take My Heart / 5.Be My Lady / 6.Get Down On It / 7.No Show / 8.Big Fun / 9.Hi De Hi, Hi De Ho / 10.Celebration / 11.Jones Vs. Jones / 12.Take It to the Top / 13.Victory / 14.In The Heart / 15.Joanna / 16.Tonight / 17.Straight Ahead / 18.Fresh / 19.Misled / 20.Cherish

1.レディーズ・ナイト / 2.トゥー・ホット / 3.ステッピン・アウト / 4.テイク・マイ・ハート / 5.ビー・マイ・レディー / 6.ゲット・ダウン・オン・イット / 7.ノー・ショー / 8.ビッグ・ファン / 9.愛でHI, 恋でHO / 10.セレブレーション / 11.ジョーンズ VS. ジョーンズ / 12.テイク・イット・トゥ・ザ・トップ / 13.ヴィクトリー / 14.イン・ザ・ハート / 15.ジョアンナ / 16.トゥナイト / 17.ストレート・アヘッド / 18.フレッシュ / 19.ミスレッド / 20.チェリッシュ

NOTES
• Released in Japan Only
• Originally Released Without Obi
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2014年12月)


    GREATEST HITS / LITTLE RIVER BAND (1982)

Album Cover (front and back): Greatest Hits / Little River Band
名作"Time Exposure"の翌年にリリースされたのが、この"Greatest Hits"で、リトル・リヴァー・バンドにとっては、1978年の"It's a Long Way There (Greatest Hits)"に続く2枚目のグレイテスト・ヒッツということになります。当初は、LPレコードでのリリースということもあり、オリジナル盤の収録曲は全12曲という構成でしたが、2000年の再発盤からは、新たに"Time Exposure"以降のアルバムからの曲を含む6曲を加えた全18曲という構成になっています。

特徴としては、全18曲全てのトラックが、24ビット・デジタル・リマスターで収録されている他、"Time Exposure"を最後にバンドを脱退したリード・ヴォーカルのグレン・シャーロックに代わって加入したジョン・ファーナムがヴォーカルをとる2曲("The Other Guy"と"Down On The Border")が新曲として収録されていることと、"Time Exposure"からのシングル・カット曲である3曲("The Night Owls"、"Take It Easy On Me"、"Man On Your Mind")は別ヴァージョンが収録されているという点にあるかと思います。

又、その他にも、アルバム最後の"It's A Long Way There"は、8分を超えるオリジナルのアルバム・ヴァージョンではなく、約半分の長さに短縮されたヴァージョンが収録されており、逆に"Playing to Win"はオリジナルのアルバム・ヴァージョンよりも1分半近く長いヴァージョンが収録されているといったように、単なるベストとは侮れないベストでもあります。

ただ、私自身はレコード盤で持っていた時には、アルバムに何のクレジットもされていなかったこともあり、"Time Exposure"のヒット曲3曲が別ヴァージョンだと全く気付かずにいたんですよね。今でこそ、結構違いがあることを知っているものの、当時は、唯一、"The Night Owls"がオリジナルよりも若干早めにフェードアウトする部分だけには気付いて、その点が多少不満だった程度の認識しかありませんでしたからね。まぁ、"Time Exposure"を持ってるから別にいいやといった感じで、この"Greatest Hits"に収録されている"Time Exposure"からの3曲はあまり聴いてなかったという部分もあったのですが。

ちなみに、その"Time Exposure"からの3曲がオリジナルとどう違うかといえば、"The Night Owls"は、サビメロの部分にヘヴィーなギターが加えられており、先に述べたように、エンディング部分は若干早めにフェードアウトして曲が終わります。又、音が加えられたという点では同様に、"Man On Your Mind"も、オリジナルには無かったホーン・セクションが加えられたヴァージョンになっています。そして、"Take It Easy On Me"は、オリジナルではグレン・シャーロックと、もう一人のヴォーカリストであるウェイン・ネルソンがヴォーカルを分け合う形で収録されていましたが、このGreatest Hitsではグレン・シャーロックがヴォーカルをとっていた部分もウェイン・ネルソンがヴォーカルをとるヴァージョンになっています。

ただし、これらの3曲についていえば、オリジナルには無かったパートが後からレコーディングされたのか、それとも、元々レコーディングされていたパートであったものの、最終的にはカットされていたものなのかは分かりません。

ということで、この辺りのオリジナルとは違う部分については、きちんと表記して欲しかったところではあります。表記があれば事前に認識できて、聴く時の楽しみにもなりますし、自分のように長いこと気付かずにいたといったこともないですからね。

でも、こうして色々な時代の曲をまとめて聴いていると、時代ごとにサウンドも変貌していったバンドだったんだなと改めて感じさせられますね。特に"Playing to Win"なんて、それこそハードロックやヘヴィーメタル系のバンドが演っててもおかしくない曲ですしね。しかも、この"Greatest Hits"に収録されているヴァージョンでは更にヘヴィーになっていますし、最初に聴いたときは驚きました。というか、これリトル・リヴァー・バンドじゃないだろって感じでした(笑)。

それでも、このグループの持ち味であるコーラス・ハーモニーの美しさは一貫しており、ある意味に於いては、この鉄壁のコーラス・ハーモニーがあれば、それこそどのようなスタイルであろうと、リトル・リヴァー・バンドとしてのサウンドになってしまうのではないかと思うところもありますし、又、多様性という部分については、これもまた魅力のひとつなのではないかという気がします。

まぁ、オーストラリアのバンドという部分についても、米英のバンドとは違ったイメージを何処となく重ね持ってしまう所ではありますが、実際にはサウンドから米英のバンドとの違いなんてものは全く感じられません。というか、何処となくイーグルスやドゥービー・ブラザースといったウェストコースト・ロックとも言われるアメリカのバンドと合い通じる部分も無きにしも非ずといった印象。ただし、同じオーストラリアのグループであるエア・サプライと同様に、頭の中では勝手にオーストラリアの風景をイメージをしてしまう部分はあるんですけどね。

CD Case (back cover): Greatest Hits / Little River Band   Booklet: Greatest Hits / Little River Band   CD: Greatest Hits / Little River Band

収録されている曲のオリジナルのアルバム名とチャート・ポジションは以下の通りです。

1. Lonesome Loser [First Under the Wire - 1979] (AUS 19位 / US 6位)
2. Help Is On Its Way [Diamantina Cocktail - 1977] (AUS 1位 / US 14位)
3. Cool Change [First Under the Wire - 1979] (US 10位)
4. Take It Easy On Me [Time Exposure - 1981] (US 10位)
5. Face In The Crowd [No Reins - 1986] (Did Not Chart)
6. Reminiscing [Sleeper Catcher - 1978] (AUS 35位 / US 3位)
7. The Night Owls [Time Exposure - 1981] (AUS 18位 / US 6位)
8. Lady [Sleeper Catcher - 1978] (AUS 46位 / US 10位)
9. We Two [The Net - 1983] (AUS 49位 / US 22位)
10. The Other Guy [Greatest Hits - 1982] (AUS 18位 / US 11位)
11. Man On Your Mind [Time Exposure - 1981] (US 14位)
12. I'll Always Call Your Name [Little River Band - 1975] (US 62位)
13. Down On The Border [Greatest Hits - 1982] (AUS 7位)
14. Happy Anniversary [Diamantina Cocktail - 1977] (US 16位)
15. Playing To Win [Playing to Win - 1984] (AUS 59位 / US 60位)
16. It's Not A Wonder [First Under the Wire - 1979]
※シングル・カットされたのはライヴ・アルバム [Backstage Pass - 1979] に収録のライヴ・ヴァージョンの方(US 51位)
17. You're Driving Me Out Of My Mind [The Net - 1983] (US 35位)
18. It's A Long Way There [Little River Band - 1975] (AUS 35位 / US 28位)

収録曲の中では、5曲目の"Face In The Crowd"だけが唯一チャートインせずという結果に終わっていますが、何でなんでしょうね。個人的には他のヒット曲と比べても遜色の無い曲だと思うのですが。

TRACK LIST (Expanded Edition - 2000)
1. Lonesome Loser / 2. Help Is On Its Way / 3. Cool Change / 4. Take It Easy On Me / 5. Face In The Crowd / 6. Reminiscing / 7. The Night Owls / 8. Lady / 9. We Two / 10. The Other Guy / 11. Man On Your Mind / 12. I'll Always Call Your Name / 13. Down On The Border / 14. Happy Anniversary / 15. Playing To Win / 16. It's Not A Wonder / 17. You're Driving Me Out Of My Mind / 18. It's A Long Way There

NOTES
• AUS 4位、US 33位 (2x Platinum)
• All Tracks 24 Bit Digitally Remastered and Repackaged with Additional Tracks in an Expanded Edition in 2000
• New Songs: The Other Guy / Down On The Border
• Alternative Version Tracks: Take It Easy On Me / The Night Owls / Man On Your Mind / Playing To Win / It's A Long Way There

• オリジナル・ヴァージョンの収録曲は以下の通り
1. It's a Long Way There / 2. Help Is on Its Way / 3. Reminiscing / 4. Man on Your Mind / 5. The Other Guy / 6. The Night Owls / 7. Lonesome Loser / 8. Take It Easy on Me / 9. Down on the Border / 10. Happy Anniversary / 11. Lady / 12. Cool Change

(記:2015年1月)


    DYNASTY 「地獄からの脱出」 / KISS (1979)

CDの帯:地獄からの脱出 / KISS

Album Cover (front): Dynasty / KISS   Album Cover (back): Dynasty / KISS

2年間に渡るグループとしての活動停止を経てリリースされたこの「Dynasty / 地獄からの脱出」は多くのファンを戸惑わせたアルバムでもありました。つまりは、アルバム1曲目の"I Was Made for Lovin' You"がディスコ・ミュージックを取り入れたスタイルのサウンドだったんですよね。

まぁ、当時一世を風靡していた「ディスコ・ミュージック=ディスコで踊るための音楽」に対し、ロック・ファンの多くが快く思っていなかったようなところもあったので、批判的な評価も致し方ないところではあったのかもしれません。多くのファンはキッスにダンス・ミュージックなんて求めていなかったでしょうから。

しかしながら、そんなファン層の葛藤(笑)をよそに、シングルとしてもリリースされた"I Was Made for Lovin' You"は一般層を取り込んで世界中で大ヒットしたのでした。

ただ、この"I Was Made for Lovin' You"は、ディスコ・スタイルの曲とはいっても、曲自体はギターのリフで構成されていますし、短いながらもギター・ソロもあるので、徹頭徹尾ディスコしているというわけではないんですけどね。

ちなみに、この"I Was Made for Lovin' You"は、1979年にリリースされた岩崎宏美さんのアルバム「ライブ & モア」(ライブ・アルバム+スタジオ録音の新曲が5曲という"KISS Alive IIと同じようなような構成の2枚組アルバム)に「ラビン・ユー・ベイビー」(ライヴ・ヴァージョン)として収録されています。何故、そんなことを知っているのかといえば、レコード盤としてリリースされた当時に私はこのアルバムを買っていたから(笑)。

その他にも、日本で大人気だった女性デュオ"Wink"の5枚目のアルバム「Crescent / クレセント」(1990年リリース)に「悪い夢」というタイトルで"I Was Made for Lovin' You"のカヴァーが収録されています。ちなみに、こちらは調べました。

ただし、この辺りについては、岩崎宏美さんのアルバムがビクター、そして"Wink"のアルバムはポリスターから発売されていたということで、その当時のキッスのアルバムの日本での発売元と同じだったことがもしかしたら関係しているのかも知れませんね。例えば、楽曲使用の許可を得易いとか、使用料を多少安くしてくれるとか(笑)。

▼ KISS - I Was Made For Lovin' You (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=u7isxoTIeYM

▼ KISS - I Was Made For Lovin' You (Alive III)
https://www.youtube.com/watch?v=n2i5aPG8jXw

▼ KISS - I Was Made For Lovin' You (Live at Dodger Stadium 1998)
https://www.youtube.com/watch?v=9o--0G4kxFY

と、このアルバムに於いては、良くも悪くも、"I Was Made for Lovin' You"を抜きにしては語れない部分もあるのですが、実は、そのディスコ・スタイルの曲である"I Was Made for Lovin' You"の衝撃と同等、もしくはそれ以上の革命がこのアルバムにはあったんですよね。

それは、これまでキッスの中では第4のヴォーカリストという立場であったエース・フレーリーのリード・ヴォーカル曲が、メイン・ヴォーカリストのポール・スタンレーと並ぶ割合で収録されているという点。つまりは、ジーン・シモンズのリード・ヴォーカル曲数を越えて、ポールと同数の最多の曲でリード・ヴォーカルをとっているということなんですよね。ちなみに、アルバムに於けるヴォーカル曲数は、ポール3曲、エース3曲、ジーン2曲、ピーター1曲となっています。

2年間の活動停止期間中には、キッス初のベスト・アルバムである"Double Platinum"のリリース、そして、メンバー4人のソロ・アルバムを同時リリースといったこともありましたが、この"Dynasty"でエースのリード・ヴォーカル曲が増えたことについては、やはり、エースのソロ・アルバムからのシングル・カット曲"New York Groove"がビルボード・チャートで13位のヒットを記録するといったように、エースのソロ・アルバムの成功が要因としてあったのかもしれません。

そして、"I Was Made for Lovin' You"のミュージック・ビデオでも分かるように、このアルバム発表後のツアーでは新たなコスチュームが披露されたわけですが、演出を考えてのことなのか、アルバム"Dynasty"のジャケットでは全く披露されていなかったんですよね。

▼ キッス史上最もカラフルで華やかなコスチューム(ソロ・アルバムで使用された各自のイメージカラーを踏襲した配色)

KISS - Dynasty Costumes KISS - Dynasty Costumes

▼ KISS - Sure Know Something (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=FA2aoSsDEnQ

アルバムとしては結構充実しており、楽曲単体でみても、これまでの曲に比べると、かなり練られている印象があります。個人的な好みで言えば、"Dirty Livin'"は、これまでのピーターの曲の中でも一番好きと言っても良いくらいの曲ですし、エースの"2,000 Man"(ローリング・ストーンズのカヴァー曲)もエースのイメージに合った秀逸のカヴァーで結構好きですね。又、ジーンの"Charisma"と"X-Ray Eyes"の2曲もジーンらしい雰囲気があって好きですし、ミディアム・テンポのポールの2曲"Sure Know Something"と"Magic Touch"も好きといったように、けっこう好きな曲が多いアルバムでもあります。更に付け加えれば、ソロ・アルバムでの雰囲気を踏襲したようなエースの"Hard Times"もエースらしさがあって好きですし、勿論、"I Was Made for Lovin' You"も好きな曲のひとつです。

なお、国によっては、"2,000 Man"、"Dirty Livin'"、"Magic Touch"といった曲もシングルとしてリリースされたようです。

▼ KISS - 2000 Man
https://www.youtube.com/watch?v=1qmuSg5iDCI

▼ Rolling Stones - 2000 Man (ローリング・ストーンズのオリジナル・ヴァージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=Pm6Xh7x9i40

▼ Live At The Sydney Showground 1980 - 2000 Man 〜 Ace Guitar Solo (シドニーでのライヴ)
https://www.youtube.com/watch?v=kr8Xy80SGdA

キッスの"2,000 Man"は、リユニオン後のツアーでもエースの持ち歌としてセットリストに組まれるなど、ファンの間でも結構人気の高い曲みたいで、"Youtube"にアップロードされているローリング・ストーンズの"2000 Man"にあるコメントを見ても「KISS」や「Ace Frehley」といった言葉が沢山見受けられます。ローリング・ストーンズのオリジナル・ヴァージョンは割とサイケな雰囲気の曲なので、初めて聴いた時は元々はこんな曲だったのかと驚きましたけどね。

Album Cover (back): Dynasty / KISS ちなみに、ジャケット裏面にクレジットされている曲目の曲順はバラバラです。過去にも"Rock and Roll Over"や"Love Gun"といったアルバムでは同様に曲順がバラバラに表記されていて、当時は不思議に思っていました。もしかしたらアメリカではこのような曲順なのかと、クレジットされている曲順でカセット・テープに録音して聴いてみたりもしてましたが、いや、やっぱりこれは有り得ないという感じでした(笑)。

邦題のアルバムタイトルである「地獄からの脱出」については、ハード・ロックという枠からの脱出、つまりは、地獄=これまでのキッス・サウンドといった意味合いがあったのではないかと思います(個人的な推測ですが)。しかし、この「地獄からの脱出」も序章に過ぎなかったんですよね・・・。

余談ですが、発売前に知った収録曲名に"Hard Times"があることを見つけた当時の自分は、これはボズ・スキャッグスのカヴァーに違いないと勝手に思い込んで、けっこう楽しみにしていました。ボズ・スキャッグスの"Hard Times"は、ラジオでも良く流れていましたし、結構好きでしたからね。これはきっとピーターがヴォーカルをとっているに違いないと、ピーターの声での"Hard Times"を頭の中でイメージしてワクワクしていたことを覚えています(笑)。

CD Case (inside): Dynasty / KISS KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley - Guitars, Vocals
• Gene Simmons - Bass Guitar, Vocals
• Ace Frehley - Guitars, Vocals
• Peter Criss - Drums, Vocals

TRACK LIST
1. I Was Made For Lovin' You / 2. 2,000 Man / 3. Sure Know Something / 4. Dirty Livin' / 5. Charisma / 6. Magic Touch / 7. Hard Times / 8. X-Ray Eyes / 9. Save Your Love

1. ラヴィン・ユー・ベイビー / 2. トゥー・サウザンズ・マン / 3. シュア・ノウ・サムシング / 4. ダーティ・リヴィン / 5. カリスマ / 6. マジック・タッチ / 7. ハード・タイムス / 8. エックス・レイ・アイズ / 9. セイヴ・ユア・ラヴ

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 3, 6) / Gene Simmons (5, 8) / Ace Frehley (2, 7, 9) / Peter Criss (4)

• Album: US 9位 (Platinum / 1979-RIAA) / Netherlands 1位 / Australia 2位 / France 2位 / New Zealand 2位 / Canada 6位 / Germany 8位 / Austria 13位 / Switzerland 13位 / Italy 16位 / Sweden 17位 / UK 50位

• Single: "I Was Made for Lovin' You" - US 11位 (Gold / 1979-RIAA) / Belgium 1位 / Canada 1位 / Netherlands 1位 / New Zealand 1位 / Australia 2位 / France 2位 / Germany 2位 / South Africa 2位 / Switzerland 2位 / Austria 6位 / Italy 10位 / Norway 10位 / Sweden 19位 / UK 50位

• Single: "Sure Know Something" - US 47位 / Netherlands 3位 / Australia 5位 / New Zealand 11位 / Germany 28位 / Canada 48位

• 解説・歌詞・対訳付

▼ おまけ

KISS - I Was Made For Lovin' You (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=P1Beb5nyRrg

(記:2015年1月 / 更新:2017年7月)


    UNMASKED 「仮面の正体」 / KISS (1980)

CDの帯:仮面の正体 / KISS

Album Cover (front): Unmasked / KISS  Album Cover (back): Unmasked / KISS

前作の「Dynasty / 地獄からの脱出」ではディスコ・サウンドを取り入れるなど、新たなる一面を披露してファンを驚かせた(もしくは困惑させた)キッスでしたが、このアルバムではサウンドが更にソフトになり、いったいキッスはどうなってしまうんだといった声があちらこちらから聞こえてきたようなアルバムでもありました。

CD Case (inside): Unmasked / KISS ということで、恐らくはキッス史上最もポップなアルバムが、この「Unmasked / 仮面の正体」ではないかと思うのですが、裏を返せば、それだけ親しみ易いアルバムということでもあります。しかも楽曲の充実度は高く、個人的には結構好きなアルバムなんですよね。

とは言っても、当時は「ハードじゃないキッスはつまんないよ」とカッコつけて友人などには話していました。それでも、家に帰ればこのアルバムを好んで聴いていたんですけどね(笑)。

実を言うと、前作の"Dynasty"ではハード・ロックから多少逸脱したような所があったことから、次作はハード・ロックに回帰するのではないかと当時は思っていたので、この更なるポップ化は完全に裏をかかれた格好でもありました。

"Unmasked"というタイトルが公表された時は、メイクを落として素顔を公表するのではないかという憶測もあったようですが、アルバム・タイトルの"Unmasked"については、ポール曰く「内面の暴露」を意味しているそうで、ジーンによると「これまで見せなかった面を見せるという含みがある」とのこと。

シングル・カットされた"Shandi"、"Talk to Me"、"Tomorrow"といった曲以外にもポップでキャッチーな曲が数多く収録されており、私自身は、これら3曲以外にも、"Naked City"、"What Makes the World Go 'Round"、"Easy As It Seems"、"You're All That I Want"といった曲が結構好きで良く聴いていました。"What Makes the World Go 'Round"なんて、絶対にシングル・カットされると当時は思っていたんですけどね・・・。又、ポール、ジーン、エースと、それぞれの曲に個性があり、違いがあることで、アルバムの幅も広がり、飽きずに楽しめるといった印象があります。

そういったこともあり、個人的には、ヒット曲が数多く生まれてもおかしくないポテンシャルを持った粒ぞろいのアルバムといったイメージがあったのですが、多くのファンはもっとヘヴィーなサウンドを期待していたのか、はたまたキッスのイメージとは多少かけ離れていた所為か、セールス的には前作の"Dynasty"を下回る結果に終わったアルバムでもありました。

Artwork: Unmasked / KISS

ただ、アルバムのアートワークにはピーター・クリスの姿も描かれているものの、実際はこのアルバムにピーターは参加しておらず(ファースト・シングルの"Shandi"のミュージック・ビデオにのみ参加)、既にバンドを脱退していたのですが、そことについては公表されずにリリースされたアルバムでした。これまでのアルバムに於いてはピーターがヴォーカルをとる曲が必ず1曲は収録されていたので、このアルバムをリアルタイムで買った時点でもピーターのヴォーカル曲が1曲も無いことを不思議には思っていたんですよね。

▼ KISS - Shandi
https://www.youtube.com/watch?v=SWNYLMUg6B0

▼ KISS - Is That You?
https://www.youtube.com/watch?v=EWktkI9ZZsQ

▼ KISS - Talk To Me
https://www.youtube.com/watch?v=NjOc5FCUtmY

▼ KISS - She's So European
https://www.youtube.com/watch?v=fJ5PYzuzig4

ということで、ソロ・アルバムを発表以降は、"Dynasty"、そしてこの"Unmasked"と、ハード・ロック路線からの離脱が加速していったキッスでしたが、しかしながら、サウンドの変貌はこれで終わりではなかったんですよね。次作の「Music from The Elder / 魔界大決戦」では更なる衝撃でファンを仰天させることになるのでした・・・。

当時は、この"Unmasked"がセールス的に今ひとつだったこともあり、今度こそ絶対に次作はハードでヘヴィーなサウンドになると思っていたので、その次作となる"Music from The Elder"では、またまた裏をかかれた格好になるわけですが、実はそんな予測を裏切るような所も、逆により興味を惹く結果になったのではないかと今にしてみれば思います。個人的には、問題作と言われる"Music from The Elder"も、これまでのアルバムと変わらず興味を持って聴いてましたからね。

▼ こちらはLPレコードにおまけとして付いていたステッカー。

LPレコードに封入のステッカー:Unmasked / KISS  CD and Sticker: Unmasked / KISS

本当はステッカーの下の部分にアルバムの表と裏に描かれている「KISS UNMASKED」のロゴが付いていたのですが、その部分は切り離して使っていました。ちなみに、"KISS"のロゴと写真の部分は個別に剥がして使えるようになっています。CDと一緒に撮った右側の写真を見ても分かるように、LPレコード時代だからこそのサイズです。

CDの帯(裏側):仮面の正体 / KISS KISS - BAND MEMBERS (Credited Personnel)
• Paul Stanley - Rhythm Guitar, Vocals (Bass Guitar on "Tomorrow" and "Easy As It Seems", Lead Guitar on "Is That You?", All Guitars on "Shandi")
• Gene Simmons - Bass Guitar, Vocals
• Ace Frehley - Lead Guitar, Vocals (Bass Guitar on "Talk to Me", "Two Sides of the Coin" and "Torpedo Girl")
• Peter Criss - Drums (Credit Only)

Touring Personnel: Eric Carr - Drums, Vocals

TRACK LIST
1. Is That You? / 2. Shandi / 3. Talk to Me / 4. Naked City / 5. What Makes the World Go 'Round / 6. Tomorrow / 7. Two Sides of the Coin / 8. She's So European / 9. Easy As It Seems / 10. Torpedo Girl / 11. You're All That I Want

1. イズ・ザット・ユー / 2. シャンディ / 3. トーク・トゥ・ミー / 4. 裸の街 / 5. 心のままに / 6. トゥモロー / 7. 魔性の誘惑 / 8. 奈落の天使 / 9. 傷だらけの素顔 / 10. トーピード・ガール / 11. お前のすべて

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 2, 5, 6, 9) / Gene Simmons (4, 8, 11) / Ace Frehley (3, 7, 10)

• Album: US 35位 (Gold / 1980-RIAA) / New Zealand 1位 / Norway 1位 / Australia 3位 / Germany 4位 / Netherlands 5位 / Italy 11位 / Spain 11位 / Canada 12位 / UK 48位

• Singles from Unmasked
"Shandi" - US 47位 / Norway 4位 / Australia 5位 / New Zealand 6位 / Netherlands 24位 / Germany 28位
"Talk to Me" - Switzerland 10位 / Germany 32位 / Netherlands 34位 / Australia 39位
"Tomorrow" - Germany 70位

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2015年1月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 22 Navigation Part 23   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.