Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 21
01. BARCELONA / FREDDIE MERCURY & MONTSERRAT CABALLE (1988)
02. THE FREDDIE MERCURY ALBUM / FREDDIE MERCURY (1992)
03. REMIXES / FREDDIE MERCURY (1993)
04. SUPER ROCK '84 IN JAPAN [SPECIAL DIGEST] - VHS / ANVIL, BON JOVI, SCORPIONS, WHITESNAKE, THE MICHEL SCHENKER GROUP (1984)
05. BACK TO THE LIGHT / BRIAN MAY (1992)
06. HAPPINESS? / ROGER TAYLOR (1994)
07. KISS - KISSOLOGY / 雑誌広告 (2009)
08. KISSOLOGY-A 「地獄大全」 - TRACK LIST / KISS (2009)
09. PHOENIX / ASIA (2008)
10. OMEGA / ASIA (2010)
    BARCELONA / FREDDIE MERCURY & MONTSERRAT CABALLE (1988)

CDの帯:バルセロナ / フレディー・マーキュリー

Album Cover (front): Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Caballé  Album Cover (back): Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Caballé  Booklet: Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Caballé

クイーンのヴォーカリストであるフレディにとって2枚目のソロ・アルバムとなるのが、フレディが敬愛するスペインの世界的オペラ歌手モンセラート・カバリエと競演した、この「Barcelona / バルセロナ」。

実はこのアルバム、レコードからCDへの転換期ということもあってか、リリースからそれほど時も経っていないにも関わらず廃盤になっていたのですが、バルセロナオリンピックが開催される1992年に再リリースされ(ジャケットも変更)、リリース時を上回るヒットを記録したんですよね。ということで、私が持っているアルバムも、その再リリースされたときに買ったものです。当時は買いそびれて悔やんでいたので、この再リリースは、ほんと嬉しかったですね。

残念ながら、その再リリース時には、既にフレディは故人となっていたのですが、タイトルトラックの「Barcelona / バルセロナ」は、2曲あるバルセロナオリンピックのテーマ曲のひとつとして、モンセラート・カバリエと、ホセ・カレーラス(バルセロナ生まれの著名なテノール歌手)により開会式で披露されました。ちなみに、もう1曲のテーマ曲は、閉会式でサラ・ブライトマンと、ホセ・カレーラスが歌った"Amigos Para Siempre (Friends for Life)"。

本来なら、そのバルセロナオリンピックでは、フレディとモンセラート・カバリエが歌うはずだった"Barcelona"ですが、この曲が誕生した背景については、フレディの自宅にカバリエが招待されて会食した際に、カバリエが彼女の故郷であるバルセロナについて曲を書いて欲しいとフレディに頼んだことから生まれた曲だとライナーノーツには書かれています。

また、2曲目の「La Japonaise / ラ・ジャポネーゼ」では歌詞に日本語が使用されており、「How Can I Go On / ハウ・キャン・アイ・ゴー・オン」ではジョン・ディーコンがベース・ギターで参加しているといったところもファンにとっては興味深いところ。まぁ、ジョンのベースについては、言われなければ全く分からないんですけどね。

CD inside: Barcelona / Freddie Mercury & Montserrat Gaballé

実をいうと、この記事を書くまで、「モンセラート・カバリエ」の「カバリエ」を「ガバリエ」と勘違いしていました。これまでずっと勘違いし続けてたのは、ジャケットにある"Caballé"の文字が、ローマン体(明朝体のように文字のストロークの端に小さな飾りのある英文書体)のフォントだったことから、"Caballé"の頭文字である「C」を「G」と見間違っていたことが理由のひとつとしてあるのですが、"Montserrat Gaballé"をウェブ上で検索しても沢山のサイトが国内、海外を問わずヒットするので、この勘違いは自分だけというわけではないようです(笑)。

ただひとつ残念なのは、この手持ちの日本盤に対訳が付いていないこと。フレディが万感の思いで創り上げたアルバムなんだから、日本のファンの為にも和訳は付けて欲しかったところ。"La Japonaise"と題された、日本語が含まれる曲もあるんですからね。

下の動画はバルセロナでのパフォーマンス(La Nit festival at Montjurich Castle in Barcelona on 8th October 1988)。

▼ アルバムのオープニングを飾るタイトルトラックのバルセロナ

Barcelona - Freddie Mercury & Montserrat Caballé
http://www.youtube.com/watch?v=IHRd0R-uKHc

▼ 個人的にはアルバムの中で最も好きな曲のひとつ

How Can I Go On - Freddie Mercury & Montserrat Caballé
http://www.youtube.com/watch?v=akdAvg8SO1A

▼ 当時は飛ばして聴いていた曲(笑)セカンドシングルとなった曲です

The Golden Boy - Freddie Mercury & Montserrat Caballé
http://www.youtube.com/watch?v=OPizyP4x30I

▼ なお、この"Barcelona"に関しては、以下の記事が興味深い内容で面白いです。

フレディ・マーキュリーとモンセラ・カバリエ、驚異のデュエット「BARCELONA」(1987年)
http://diamond.jp/articles/-/34232

TRACK LIST
1. Barcelona / 2. La Japonaise / 3. The Fallen Priest / 4. Ensueño / 5. The Golden Boy / 6. Guide Me Home / 7. How Can I Go On / 8. Overture Piccante

1. バルセロナ / 2. ラ・ジャポネーゼ / 3. フォールン・プリースト / 4. エンスエニョ / 5. ゴールデン・ボーイ / 6. ガイド・ミー・ホーム / 7. ハウ・キャン・アイ・ゴー・オン / 8. オーヴァーチュアー・ピカンテ

NOTES
• John Deacon - Bass Guitar on "How Can I Go On"

• Album: 25位 (UK) - [1988] / 15位 (UK) - [1992 reissue]、6位 (US) - [1992 reissue]
• Singles: "Barcelona" 8位 (UK) - [1987] / 2位 (UK) - [1992 reissue]、"The Golden Boy" 83位 (UK) - [1988]、"How Can I Go On" 85位 (UK) - [1989] / 95位 (UK) - [1992 reissue]

• CD発売日(再発盤):1992年08月01日
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2014年8月)


    THE FREDDIE MERCURY ALBUM / FREDDIE MERCURY (1992)

CDの帯:ザ・フレディ・マーキュリー・アルバム / フレディ・マーキュリー

Album Cover (front): The Freddie Mercury Album / Freddie Mercury Album Cover (back): The Freddie Mercury Album / Freddie Mercury Booklet: The Freddie Mercury Album / Freddie Mercury

この「The Freddie Mercury Album / ザ・フレディ・マーキュリー・アルバム」は、フレディのソロ作品を集めたコンピレーション・アルバムで、フレディが亡くなった約1年後にリリースされました。

アルバムには、フレディのソロアルバム「Mr. Bad Guy / Mr.バッド・ガイ」から5曲と、「Barcelona / バルセロナ」からタイトルトラック曲、それに、サウンドトラック等のコンピレーションアルバムに収録されていた曲やシングルのみでリリースされた曲が収録されています。

ということで、「The Great Pretender / ザ・グレート・プリテンダー」「Time / タイム」「Exercises In Free Love / エクササイズ・イン・フリー・ラヴ」「In My Defence / イン・マイ・ディフェンス」「Love Kills / ラヴ・キルズ」といったフレディのオリジナルアルバムには未収録の曲が収録されている点が嬉しいところですね。又、そういった点がファンの興味を引くひとつの要因でもあったのか、ヨーロッパではベストセラーを記録しています。

しかも、アルバム"Mr. Bad Guy"からの5曲は全てリミックスされています。まぁ、個人的には、後から原曲をいじられるのはあまり好きではないのですが、ここに収録されている曲は概ね好感が持てるミックスだと思います。ただ、5曲共に一聴してオリジナルとの違いが分かるミックスなので、好き嫌いは分かれるところかも。

ちなみに、"Exercises In Free Love"は、シングル"The Great Pretender"のB面にのみ収録されていた曲で、アルバム"Barcelona"に収録されている「Ensueño / エンスエニョ」の元曲です。

なお、このアルバムがリリースされた年はバルセロナオリンピック開催年ということもあり、"Barcelona"が再度シングルとしてリリースされ、本国のイギリスでは2位を記録した他、このアルバムと連動してかどうかは分かりませんが、翌年には"In My Defence"が同じくシングルとしてリリースされて、8位(英)を記録。又、同年には"The Great Pretender" も再リリースされ、29位(英)を記録しています。

CD Case (inside): The Freddie Mercury Album / Freddie Mercury

▼ Freddie Mercury - Time (Original Version)
https://www.youtube.com/watch?v=IA1kFkEOEqo

▼ Freddie Mercury - In My Defence
https://www.youtube.com/watch?v=GB4ZwPZByhQ

▼ Freddie Mercury - The Great Pretender
https://www.youtube.com/watch?v=mLRjFWDGs1g

TRACK LIST
1. The Great Pretender / 2. Foolin' Around / 3. Time / 4. Your Kind Of Lover / 5. Exercises In Free Love / 6. In My Defence / 7. Mr. Bad Guy / 8. Let's Turn It On / 9. Living On My Own / 10. Love Kills / 11. Barcelona

1. ザ・グレート・プリテンダー / 2. フーリン・アラウンド / 3. タイム / 4. ユア・カインド・オブ・ラヴァー / 5. エクササイズ・イン・フリー・ラヴ / 6. イン・マイ・ディフェンス / 7. Mr. バッド・ガイ / 8. レッツ・ターン・イット・オン / 9. リヴィング・オン・マイ・オウン / 10. ラヴ・キルズ / 11. バルセロナ

NOTES
• Foolin' Around - Additional Production and Rimix by Steve Brown
• Time - Rimix Production by Nile Rodgers
• Your Kind Of Lover - Additional Production and Rimix by Steve Brown
• In My Defence - Rimix Production by Ron Nevison
• Mr. Bad Guy - Additional Production by Julian Raymond, Mixed by Brian Malouf
• Let's Turn It On - Additional Production by Julian Raymond, Mixed by Jeff Lord-Alge
• Living On My Own - Additional Production by Julian Raymond

• UK 4位 (2x Platinum 600,000 - BPI)、France 6位 (2x Platinum 600,000 - SNEP)、 Germany 3位 (Platinum 500,000 - BVMI)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年8月)


    REMIXES / FREDDIE MERCURY (1993)

CDの帯:フレディ・マーキュリー・スペシャル・ミニ・アルバム - リヴィング・オン・マイ・オウン / フレディ・マーキュリー

Album Cover (front): Remixes / Freddie Mercury
これは全6曲が収録されたフレディ・マーキュリーのミニ・アルバムで、タイトルの"Remixes"が示すとおり、リミックスされたフレディ・マーキュリーのソロ作品が収録されています。

リリースされた背景としては、ここにも収録されている「Living on My Own / リヴィング・オン・マイ・オウン」のリミックス・ヴァージョンが本国のイギリスをはじめ、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録したことが直接の要因としてあるのだと思います。

補足しておくと、この"Living on My Own"はイギリスの他、フランス、ノルウェー、イタリア、スウェーデン、アイルランドといった国で1位を記録。又、ドイツ、オーストリア、オランダ、スイスでも2位を記録しています。ちなみに、1985年にリリースされたオリジナル・ヴァージョンは英50位。

▼ Living on My Own (No More Brothers mix)
https://www.youtube.com/watch?v=NEyABL7Yevs

Album Cover (back): Remixes / Freddie Mercury CD inside: Remixes / Freddie Mercury

全6曲共に、オリジナル・ヴァージョンとの違いが一目瞭然といったリミックスが施されていますが、個人的には、この"Living on My Own"と"The Great Pretender"のミックスが割と好きです。

一応、どういったミックスかを簡単に説明しておくと。

1. Living on My Own (No More Brothers extended mix)
ユーロビートっぽい雰囲気のミックス。

2. Time (Nile Rodgers 1992 remix)
前年にリリースされたアルバム"The Freddie Mercury Album"にも収録されていたヴァージョン。

3. Love Kills (Wolf Euro mix)
オリジナルではピコピコシンセポップといった雰囲気でしたが、ここではバッキングが全編ギターサウンドに変更されています。

4. The Great Pretender (Malouf mix)
アルペジオっぽいギターフレーズから始まるレトロ感漂うミックス。個人的にはけっこう好きで、ギターとピアノがいい感じ。

5. My Love Is Dangerous (Jeff Lord-Alge mix)
ハードなギターとバッキングヴォーカルが加えられており、"Love Kills"同様にロックスタイルのサウンドへと変貌しています。

6. Living on My Own (Roger S mix)
ハウスミックスといった雰囲気。

TRACK LIST
1. Living on My Own (No More Brothers extended mix) / 2. Time (Nile Rodgers 1992 remix) / 3. Love Kills (Wolf Euro mix) / 4. The Great Pretender (Malouf mix) / 5. My Love Is Dangerous (Jeff Lord-Alge mix) / 6. Living on My Own (Roger S mix)

1. リヴィング・オン・マイ・オウン(ノー・モア・ブラザース・エクステンデッド・ミックス) / 2. タイム(ナイル・ロジャース・1992・ミックス) / 3. ラヴ・キルズ(ウルフ・ユーロ・ミックス) / 4. ザ・グレート・プリテンダー(マルーフ・ミックス) / 5. マイ・ラヴ・イズ・デンジャラス(ジェフ・ロード‐アルジェ・ミックス) / 6. リヴィング・オン・マイ・オウン(ロジャー・S・ミックス)

NOTES
• Living on My Own (No More Brothers extended mix) [Single]:
No. 1 - UK (Gold - 400,000), France, Norway, Italy, Sweden, Ireland
No. 2 - Austria, Germany, Netherlands, Switzerland

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年8月)


    SUPER ROCK '84 IN JAPAN [SPECIAL DIGEST] - VHS / VARIOUS ARTISTS (1984)

VHS (front): Super Rock '84 in Japan   VHS (back): Super Rock '84 in Japan   VHS: Super Rock '84 in Japan 「スーパー・ロック '84 イン・ジャパン」

先月だったら丁度30年前ということでキリが良かったのですが、実は30年と1か月前の今日(笑)、即ち1984年8月6日、私は、この日本初の大型ハードロック(ヘヴィーメタル)・フェスティバルとも言われる"Super Rock '84 in Japan"の福岡公演を観に行ってたんですよね。会場は、今は無き福岡スポーツセンター。

この"Super Rock '84 in Japan"は、全国4都市で、計6公演が行われ、出演したのは、アンヴィル、ボン・ジョヴィ、スコーピオンズ、ホワイトスネイク、ザ・マイケル・シェンカー・グループの計5バンド。

開演が15時で、終演は22時という長丁場のフェスでしたが、福岡だけは屋内の会場だったので、真夏の暑さと日差しに体力を奪われることなく最後まで見続けることができました。長時間のライヴということで、一応は入り口でパスを貰って出入りができるシステムになってはいたんですけどね。

Ticket: Super Rock '84 in Japan

SUPER ROCK '84 IN JAPAN
■ 出演:ANVIL, BON JOVI, SCORPIONS, WHITESNAKE, THE MICHAEL SCENKER GROUP
■ 会場:8/4 名古屋球場、8/6 福岡スポーツセンター、8/8 大阪・南港フェリーターミナル前広場、8/9 大阪・南港フェリーターミナル前広場、8/11 西武球場、8/12 西武球場

▼ 各バンドの来日時のメンバーは以下の通り

ANVIL(アンヴィル)
Lips(リップス) - Lead Vocal, Guitar
Dave Allison(デイヴ・アリソン) - Guitar, Backing Vocal
Ian Dickson(イアン・ディクソン) - Bass
Robb Reiner(ロブ・レイナー) - Drums

BON JOVI(ボン・ジョヴィ)
Jon Bon Jovi(ジョン・ボン・ジョヴィ) - Lead Vocal, Guitar
Richie Sambora(リッチー・サンボラ) - Guitar, Backing Vocal
Alec John Such(アレック・ジョン・サッチ) - Bass, Backing Vocal
David Rashbaum(デヴィッド・ラッシュバウム) - Keyboards, Backing Vocal
Tico Torres(ティコ・トーレス) - Drums

SCORPIONS(スコーピオンズ)
Klaus Meine(クラウス・マイネ) - Lead Vocal
Matthias Jabs(マティヤス・ヤプス) - Guitar, Backing Vocal
Rudolf Schenker(ルドルフ・シェンカー) - Guitar, Backing Vocal
Francis Buchholz(フランシス・ブッフホルツ) - Bass, Backing Vocal
Herman Rarebell(ハーマン・ラレベル) - Drums

WHITESNAKE(ホワイトスネイク)
David Coverdale(デヴィッド・カヴァーデイル) - Lead Vocal
John Sykes(ジョン・サイクス) - Guitar, Backing Vocal
Neil Murray(ニール・マーレイ) - Bass, Backing Vocal
Cozy Powell(コージー・パウエル) - Drums
Richard Bailey(リチャード・ベイリー) - Keyboards

THE MICHEL SCHENKER GROUP(ザ・マイケル・シェンカー・グループ)
Michael Schenker(マイケル・シェンカー) - Guitar
Ray Kennedy(レイ・ケネディ) - Lead Vocal
Dennis Feldman(デニス・フェルドマン) - Bass, Backing Vocal
Andy Nye(アンディ・ナイ) - Keyboards, Backing Vocal
Ted McKenna(テッド・マッケンナ) - Drums

実を言うと、私の一番のお目当ては初来日となるニューフェイスのボン・ジョヴィでした。この時のボン・ジョヴィは、まだファーストアルバムをリリースしたばかりで、セットリストの方も、そのファーストアルバム収録曲だけという構成さでしたが、そのファーストアルバムを買って結構気に入っていた私は、演奏時間が短いという点を除けば、これで大満足でした。大好きなアルバムの半数以上の曲をライヴで聴けたんですからね。

それにしても、あの時見たジョンとリッチーはほんとカッコよかった。

▼ "RUNAWAY" Bon Jovi (SUPER ROCK JAPAN 1984)
https://www.youtube.com/watch?v=gm62B1u8Cxc

残念ながら福岡では演ってくれなかったファーストアルバムからのセカンドシングル曲、"She Don't Know Me"

▼ "SHE DON'T KNOW ME" Bon Jovi (SUPER ROCK JAPAN 1984)
https://www.youtube.com/watch?v=mnzgLc0judY

トリは会場により"MSG"と"Whitesnake"が交代で勤めていたようですが、福岡でのトリは確か"MSG"だったと思います。

あの時の"MSG"は直前にヴォーカリストのゲイリー・バーデンが脱退したため、急遽アメリカ人のレイ・ケネディをヴォーカリストに迎えての来日だったのですが、赤いシャツにバンダナ、そして両腕にはヒラヒラの飾りといった安っぽい衣装に身を包んだレイ・ケネディの姿が"MSG"には全く似つかわしくないイメージでがっかりしたことは今でも覚えています。自分が言うのも何ですが、相当ダサかったです(笑)。しかも、このときの"MSG"といえば、真っ先にあのバンダナ姿のレイ・ケネディが思い起こされるので、暫くはなるべく思い出さないようにしてました(笑)。

▼ Michael Schenker Group - Doctor Doctor (Special Guests: Klaus Meine and Rudolf Schenker)
https://www.youtube.com/watch?v=fY1Cg88UAi8

その"Super Rock '84 in Japan"でのレイ・ケネディに関しては、私のみならず、批判的な意見が相当あったようですが、今年(2014年)の2月に67歳で亡くなられていたんですね・・・。当時はなかなか受け入れることができませんでしたが、準備期間も短い中、きっと彼は彼なりに"MSG"という違う畑で精一杯やっていたんだと今は思いたいです。時も経ち、私にとってはこれも懐かしい思い出のひとつに変わりました。思い出をありがとう・・・。RIP Ray Kennedy.

実は、"MSG"として来日する4年前の1980年にリリースされたレイ・ケネディのソロアルバムからのシングル曲「You Oughta Know By Now (邦題はロンリー・ガイ)」は、CMソングに起用されるなどして日本ではそこそこヒットしたんですよね。私もこの曲は知っていたので、"MSG"のヴォーカリストが、なんであのレイ・ケネディ?って当時は思っていました。以前はバンドを組むなどしていたようですが、やっぱり、"MSG"は畑違いだったと思いますね。

▼ RAY KENNEDY - You Oughta Know By Now
https://www.youtube.com/watch?v=YFDEhOxEh-g

更には、こちらの曲も日本ではCMに使われていたんですよね。

▼ Ray Kennedy - Just For The Moment
https://www.youtube.com/watch?v=ty2ECBnPtxE

折角ですから、最後にもう1曲。

▼ Ray Kennedy -My Everlasting Love
https://www.youtube.com/watch?v=u0jGVtJUzow

VHS: Super Rock '84 in Japan

で、こちらが、その後に発売されたダイジェスト版のVHSビデオ。 価格は\12,800と、多少高めながらも、あの興奮を再びと当時は喜んで買ったんですよね。 PCM録音とか書いてあるけど、違いなんて分からないんだろうと思っていたら、思いのほか音が良くて驚いたことを覚えています。知る人ぞ知る「ボソ・ジョヴィ」も見れます(笑)。

▼ 付属のブックレット。解説と収録曲の歌詞が掲載されています。

Booklet: Super Rock '84 in Japan

▼ ブックレット内側(1ページ目と2ページ目)。

Booklet: Super Rock '84 in Japan

▼ パッケージには何も記されていませんが、ライブ生写真5枚が封入されています。

ライブ生写真の紙袋:Super Rock '84 in Japan

▼ これが一式。

VHS: Super Rock '84 in Japan

▼ ライブ生写真5枚はこんな感じです。

ライブ生写真:Super Rock '84 in Japan

SUPER ROCK '84 IN JAPAN [SPECIAL DIGEST]
LIVE AT SEIBU STADIUM IN AUGUST 11-12, 1984

TRACK LIST
1. Metal On Metal - Anvil / 2. School Love - Anvil / 3. Get Ready - Bon Jovi / 4. Runaway - Bon Jovi / 5. Blackout - Scorpions / 6. Big City Nights - Scorpions / 7. Gambler - Whitesnake / 8. Love Ain't No Stranger - Whitesnake / 9. Slow An' Easy - Whitesnake / 10. Cry For The Nations - The Michael Schenker Group / 11. I'm Gonna Make You Mine - The Michael Schenker Group / 12. Doctor Doctor - The Michael Schenker Group

NOTES
• Live at Seibu Stadium in August 11-12, 1984
• Special Digest: Anvil / Bon Jovi / Scorpions / Whitesnake / The Michel Schenker Group
• ライブ生写真5枚付き
• VHS Hi-Fi Stereo 60分 Color PCM録音 \12,800

■ 最後に・・・

ここに出演したバンドは、その後も更なる活躍を見せ、その名を馳せる存在として君臨しているのがまた凄いところ。ただひとつ、アンヴィルを除いては(笑)。

が、しかし、その生き様とバンドストーリーが映画になったのは、このアンヴィルだけ。

▼ アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち(原題:Anvil! The Story of Anvil) - ウィキペディア
アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち - Wikipedia

▼ アンヴィル! 〜夢を諦めきれない男たち〜 公式ウェブサイト(日本語)※動画が再生されて音が出ます
http://www.uplink.co.jp/anvil/

ということで、この記事のトリはアンヴィルということにして締めくくりたいと思います(笑)。
映像は勿論"Super Rock '84 in Japan"から。

▼ Anvil - Metal On Metal (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=jDC2e6i6Quw

(記:2014年9月)


    BACK TO THE LIGHT / BRIAN MAY (1992)

CDの帯:バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜 / ブライアン・メイ

Album Cover (front): Back to the Light / Brian May Album Cover (back): Back to the Light / Brian May CD Case (Back Cover): Back to the Light / Brian May

クイーンのギタリストであるブライアン・メイが、フレディ亡き後にリリースした初のフルレンス・ソロ・アルバムがこちらの「Back to the Light / バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜」。

1992年に行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートで一足先に披露された「Too Much Love Will Kill You / 愛の結末」や、アルバムに先駆けてリリースされヒットした「Driven By You / ドリヴィン・バイ・ユー」(英6位)が含まれているなど話題性も手伝ってか、アルバムは英6位のヒットを記録。

その後は、"Too Much Love Will Kill You"もシングルカットされ、英5位を記録。更には、「Back to the Light / バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜」(英19位)、「Resurrection / 華麗なる復活」(英23位)、「Last Horizon / 地平線の彼方へ」(英51位)と次々とシングルが生まれたアルバムでもあります。

補足しておくと、"Too Much Love Will Kill You"は、後に(1995年)リリースされることになる、フレディが残した音源を元に制作されたクイーンのアルバム"Made in Heaven"にも収録され、この曲をフレディがヴォーカルをとったヴァージョンがあったことに驚かされると同時に、元々はクイーンの楽曲として書かれたものだという事実を、私のみならず、多くのファンが知る事になったんですよね。

"Too Much Love Will Kill You"に関していえば、この曲を最初に聴いたのはレーザーディスクで買った「Freddie Mercury Tribute Concert / フレディ・マーキュリー追悼コンサート」に収録されていたライヴヴァージョンだったので、この曲のイメージとして脳裏に浮かぶのは毎回この時の場面なんですよね。

"Too Much Love Will Kill You"に関していえば、この曲を最初に聴いたのは、初披露された「Freddie Mercury Tribute Concert / フレディ・マーキュリー追悼コンサート」のレーザーディスクを買った時だったので、この曲のイメージとして脳裏に浮かぶのは毎回この時の場面なんですよね。

アルバム全体の印象としてはクイーンのイメージに近い感じがあり、ギタリストということで当然といえば当然なんでしょうが、フレディやロジャーのソロ作品に比べると、よりギターに比重を置いたハードロック寄りのサウンド。

又、ゲストミュージシャンが豪華で、同じくクイーンのメンバーだったジョン・ディーコンをはじめ、コージー・パウエル、ニール・マーレイ、ドン・エイリーなど、ハードロックファンにはお馴染みの面子が顔を揃えています。

CD (inside): Back to the Light/ Brian May

多くの場合、バンドのギタリストのソロアルバムというと、どうしてもヴォーカリストの違いによる違和感みたいなものが少なからずあったりもするのですが、ブライアンの場合はクイーンでもいくつかの曲でヴォーカルをとっていたように、クイーン・ファンにとってはお馴染みの声ということもあり、どこか安心感みたいなものがありますね。

▼ Brian May - Driven By You (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=qGDwug_OXxg

▼ Brian May Band - Back To The Light - Rio 9.11.1992
https://www.youtube.com/watch?v=Peux1_WPkzw

▼ こちらはアルバムとは関係ないですが、白血病により38歳という若さで亡くなられた本田美奈子さんとの交流とエピソードが綴られた記事。なかなか興味深い内容です。

ブライアン・メイ(クイーン)が1986年に作曲、本田美奈子さんのロックとバラード2曲の秘密
http://diamond.jp/articles/-/33651

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. The Dark / 2. Back To The Light / 3. Love Token / 4. Resurrection / 5. Too Much Love Will Kill You / 6. Driven By You / 7. Nothin' But Blue / 8. I'm Scared / 9. Last Horizon / 10. Let Your Heart Rule Your Head / 11. Just One Life / 12. Rollin' Over
[Japanese Bonus Tracks]
13. 1Just One Life (Guitar Version) / 14. Too Much Love Will Kill You (Guitar Version)

1. ザ・ダーク / 2. バック・トゥ・ザ・ライト〜光にむかって〜 / 3. ラヴ・トークン / 4. 華麗なる復活 / 5. 愛の結末 / 6. ドリヴィン・バイ・ユー / 7. ブルーな気持ち / 8. アイム・スケアード / 9. 地平線の彼方へ / 10. 想いのままに / 11. ジャスト・ワン・ライフ / 12. ローリン・オーヴァー
[日本盤ボーナス・トラック]
13. ジャスト・ワン・ライフ(ギター・ヴァージョン) / 14. 愛の結末(ギター・ヴァージョン)

NOTES
• Cozy Powell - Drums (2, 3, 4, 7, 8)
• Neil Murray - Bass (3, 8)
• Don Airey - Keyboards (4, 7)
• John Deacon - Bass (7)

• "My Special Thaks Also"のクレジットの最後には次の一文が記されています。
This album is dedicated to Harold May, Alfred Dobson and Freddie Mercury. And to all those loved ones we have lost too soon.

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• Japanese edition includes two exclusive bonus tracks
日本盤は、オリジナル盤未収録のボーナストラック2曲「Just One Life (Guitar Version)」、「Too Much Love Will Kill You (Guitar Version)」を収録。

• Album: 6位 (UK)、159位 (US)
• Singles: "Driven by You" 6位 (UK) / "Too Much Love Will Kill You" 5位 (UK) / "Back to the Light" 19位 (UK) / "Resurrection" 23位 (UK) / "Last Horizon" 51位 (UK)

(記:2014年9月)


    HAPPINESS? / ROGER TAYLOR (1994)

CDの帯:Happiness? / ロジャー・テイラー

Album Cover (front): Happiness? / Roger Taylor  Album Cover (back): Happiness? / Roger Taylor  CD: Happiness? / Roger Taylor

こちらは、クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーが、フレディの死から3年近くを経てリリースしたソロアルバムです。クイーンのアルバムではストレートなロックやニューウェーヴ風の楽曲を多く提供していたロジャーのソロということで、ここでもそんなスタイルの楽曲を中心に収録されていると思いきや、思いのほか聴く前に抱いていたイメージと違うことにやや意表を突かれたアルバムでもありました。

どことなくジョン・レノンといった雰囲気もあり、これまでのロジャーには無かったメッセージ色の強い内容。この辺りは、もしかしたらフレディの死というものが多少なりとも影響しているのでしょうか・・・。ライナーノーツに記載されているインタビューには「歳を積み重ねるとこうなるのさ」とサラリと答えていますが、どこか内省的な印象がある一方、幸福とは何かを世の中に問いかけているような作品にも感じられます。

ただ、繰り返し聴いていくうちに、やっぱりこれもロジャーっぽいと感じるようになったアルバムでもあるんですけどね。

アルバムの中では"Touch The Sky"と"The Key"が好きなのですが、全体としてはクイーンのサウンドに比べると、抑揚が少ないシンプル印象があります。というか、"X Japan"の"Yoshiki"とのコラボレート曲である"Foreign Sand"のような抑揚の幅が大きい曲が逆にアルバムでは異彩を放っているといった印象。

▼ Roger Taylor & Yoshiki - 'Foreign Sand' promotional video, 1994 (ミュージックビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=-zsrqNAwsbM

▼ Roger Taylor + Yoshiki - The Great Music Experience - 1994.05.20 - Foreign Sand (ライヴ)
https://www.youtube.com/watch?v=YOMV6el30Kc

Booklet: Happiness? / Roger Taylor クイーンではドラマーという役割でしたが、ここではドラムというよりも、よりヴォーカルに比重を置いたアルバムのように感じられます。まぁ、これまでのソロワークスでもそうでしたが、クイーンでもロジャーの声がコーラス・ハーモニーの要でもありましたし、ブライアンと同様に、クイーンのアルバムに於いても幾つかの曲でリードヴォーカルをとっていたロジャーですから、そのようなスタイルになるのも、これまでの経緯を考えれば、ごく自然な流れなのかもしれません。

というか、いくら好きなバンドとは言っても、単にドラムだけを叩いているソロだったら間違いなく買ってません(笑)。こう言っては何ですが、普通はドラマーのソロアルバムなんて、中々興味も持てないですからね。

又、そういった意味に於いても、これは、シンガーソングライター、ロジャー・テイラーとしてのアルバムといった感じ。

下の動画は1979年4月25日の武道館公演。歓声を聞いても分かるように、'70年代のクイーンに於いては、日本で最も女性ファンが多かったのが、このロジャー・テイラーだったんですよね。仮に、何の知識も無い状態で、4人の写真だけを見せられて、このバンドのリードヴォーカルは誰かと聞かれたら、多分、多くの人がロジャーを指すんじゃないでしょうかね。

▼ I'm In Love With My Car - Queen Live in Tokyo 1979
https://www.youtube.com/watch?v=cYkcI8b3ZYM

で、この"Happiness?"について話を戻すと、アルバムの最後には"Old Friends"という曲が収録されています。"Friends"と複数形にはなっていますが、恐らくはフレディのことを歌ったものであると思われます。

以下はその歌詞の一部

最後の別れにグラスを掲げよう
安らかにおやすみ  僕の中で君は永遠に生き続ける
全てを越えて、今、君に言えるのはただこれだけ
君は本当の友達だった

又、ブックレットの最後には、タスマニアタイガーとフレディに本作を捧げる旨の一文がクレジットされています。

なお、日本盤には6曲目に"Final Destination"(シングル"Foreign Sand"にのみ収録されているカップリング曲)がボーナストラックとして収録されていますが、何故かUK盤の11曲目に収録されている"Dear Mr Murdoch"が収録曲から外されています。

ちなみに、アルバムタイトル、及び、曲目には邦題(日本語表記)が無く、全て英語表記です。

TRACK LIST (Japan Edition)
1. Nazis 1994 / 2. Happiness / 3. Revelations / 4. Touch The Sky / 5. Foreign Sand / 6. Freedom Train / 7. Final Destination [Additional Track for Japan Only] / 8. 'You Had To Be There' / 9. The Key / 10. Everybody Hurts Sometime / 11. Lonliness... / 12. Old Friends

NOTES
• Tracks 5, 7 - Roger Taylor with Yoshiki

• The Japanese CD version adds "Final Destination", but drops "Dear Mr Murdoch"

• "Foreign Sand" - Yoshiki (Arrangement, Drums, Piano and Synthesizer) / Roger Taylor (Vocals)

• "Final Destination" - Yoshiki (Arrangement, Drums, Piano and Synthesizer) / Roger Taylor (Drums, Vocals)

• シングルヴァージョンの"Foreign Sand"は、アルバムヴァージョンよりも2分以上短く編集されていますが、その他にも、最初にドラムが入ってくるまでのパートでは、アルバムヴァージョンだとバッキングがストリングス(シンセ?)とギターなのに対し、シングルヴァージョンだとストリングス(もしくはシンセ)とピアノになっていたりと、細かい部分での違いがあります。

• Album: 22位 (UK)
• Singles: "Nazis 1994" 22位 (UK) / "Foreign Sand (Roger Taylor & Yoshiki)" 26位 (UK) / "Happiness" 32位 (UK)

• ブックレットの最後には次の一文が添えられています。
dedicated to the tasmanian tiger - thylacinus cynocephalus...
but most especially... for freddie

補足
tasmanian tiger → タスマニアタイガー
thylacinus cynocephalus → フクロオオカミ

※フクロオオカミ(ウィキぺディア)
オーストラリアのタスマニア島に生息していた大型肉食獣で1936年に絶滅。タスマニアオオカミの別名があるほか、背中にトラを思わせる縞模様があることから、タスマニアタイガーとも呼ばれる。

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年9月)


    KISS - KISSOLOGY / 雑誌広告 (2009)

雑誌広告:KISSOLOGY / KISS
KISS - KISSOLOGY / JAPAN PROMO AD (2009)

キッスの歴史を綴ったDVD集"KISSOLOGY"の日本盤は、以下のように3種類の形態で発売されました。

■ 地獄大全〜究極! '77 BUDO-KANステージボックス & 開けてはいけない地獄の封書付き〜 / KISSOLOGY-A
(Vol.1〜Vol.3の計9枚とボーナスディスク9枚の全18枚がセットになった日本独自の限定盤)

■ 地獄大全〜至高!地獄の経典三巻セット / KISSOLOGY-B
(Vol.1〜Vol.3の計9枚とボーナスディスク3枚の全12枚がセットになった日本独自の限定盤)

■ 通常盤
(KISSOLOGY Vol.1、Vol.2、Vol.3、の個別盤)

アメリカでのリリース年は「Vol.1」が2006年、「Vol.2」と「Vol.3」が2007年。

で、左がその日本盤発売を告知した雑誌広告です。

DVDの内容については 「Vol.1」が1974年〜1977年の映像、「Vol.2」が1978年〜1991年の映像、そして「Vol.3」が1992年〜2000年の映像といったように、年代順の映像集になっています。

インタビュー映像やテレビ番組出演時の映像、それにメンバーのトークといったものもふんだんに収録されているので、字幕付きの日本盤が発売されたのはファンにとっては嬉しいところですね。勿論、メンバーが語る副音声のコメンタリーにも全て字幕が入っていますし、フルで収録されているキッス初の主演映画「KISS in Attack of the Phantoms (1979)」(当時のタイトルは"KISS Meets the Phantom of the Park")も日本語字幕で楽しめます。

ちなみに、アメリカでは販売店毎にボーナスDVDの内容が違うというスタイルで販売されていましたが、一番豪華な限定盤の地獄大全 (KISSOLOGY-A) では、それらのボーナスDVDが全て封入されているばかりでなく、オマケも盛り沢山というこもあってか、発売日を待たずに、予約の段階で完売になっていました。


雑誌広告:KISSOLOGY / KISS

▼ 関連記事
[Music 8] - KISSOLOGY-A 「地獄大全」 / KISS (2009)

(記:2014年9月)


    KISSOLOGY-A 「地獄大全」 - TRACK LIST / KISS (2009)

JAPANESE KISSOLOGY 18-DVD BOX SET 「KISSOLOGY-A: JIGOKU DAIZEN / 地獄大全」

including:
• Kissology Vol. 1 (2 Discs + 3 Bonus Discs)
• Kissology Vol. 2 (3 Discs + 3 Bonus Discs)
• Kissology Vol. 3 (4 Discs + 3 Bonus Discs)

▼ KISSOLOGY VOL. 1 (1974-1977)

Kissology (地獄大全) - Vol.1 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.1 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.1 / KISS

▼ KISSOLOGY VOL. 2 (1978-1991)

Kissology (地獄大全) - Vol.2 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.2 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.2 / KISS

▼ KISSOLOGY VOL. 3 (1992-2000)

Kissology (地獄大全) - Vol.3 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.3 / KISS Kissology (地獄大全) - Vol.3 / KISS

KISSOLOGY VOL. 1 (1974-1977)
DVD 1: Kissology Vol. 1 / Disc 1
DVD 2: Kissology Vol. 1 / Disc 2
DVD 3: Bonus DVD / Cobo Arena, Detroit, MI 1/25/76
DVD 4: Bonus DVD / Madison Square Garden, New York City, NY 2/18/77
DVD 5: Bonus DVD / Capitol Centre, Largo, MD 12/20/77

KISSOLOGY VOL. 2 (1978-1991)
DVD 6: Kissology Vol. 2 / Disc 1
DVD 7: Kissology Vol. 2 / Disc 2
DVD 8: Kissology Vol. 2 / Disc 3
DVD 9: Bonus DVD / Nippon Budokan - Tokyo, Japan 4/21/88
DVD 10: Bonus DVD / Capital Centre, Largo, MD 7/7/79
DVD 11: Bonus DVD / Crazy Nights Tour The Ritz New York, NY 8/13/88

KISSOLOGY VOL. 3 (1992-2000)
DVD 12: Kissology Vol. 3 / Disc 1
DVD 13: Kissology Vol. 3 / Disc 2
DVD 14: Kissology Vol. 3 / Disc 3
DVD 15: Kissology Vol. 3 / Disc 4
DVD 16: Bonus DVD / KROQ Weenie Roast: Irvine Meadows Amphitheater, Irvine, CA 6/15/96
DVD 17: Bonus DVD / Monster Of Rock Estado Do Pacaembu Sao Paulo, Brazil 8/27/94
DVD 18: Bonus DVD / Reunion Tour Madison Square Garden: New York City, NY 7/27/96

"Kissology"のVol. 1〜3がセットになったこの「地獄大全」には、ライヴ以外にも、テレビ番組出演時の映像やインタビュー映像といったものが収録されていますが、当然のことながら、日本盤は、丸々収録されている主演映画も含めて、そういった語りの部分については全て日本語字幕が入っています。それにしても、主演映画の"Kiss In Attack Of The Phantoms"がフルで収録されていることには驚かされましたが、それ以外にも、初来日の武道館公演や、MTVアンプラグドもフルで収録されているのが嬉しいところ。

又、このDVDには各映像についてメンバーが語るオーディオコメンタリーが副音声に収録されており、こちらにも日本語字幕が付いていますし、コメントの対訳は全てブックレットの方にも記載されています。

なお、主演映画のタイトルは、当時の"KISS Meets the Phantom of the Park"から"KISS In Attack Of The Phantoms"に変わっているのですが、これは新たな編集で、4人のソロアルバムからの曲が映画の中に挿入されたことによるものなんでしょうかね?

ちなみに、この映画のオーディオコメンタリーでは、キッス以外の出演者の話しが聞けて面白いです。コメンタリー音声で映画を見続けるのは大変ですが(笑)、日本盤ならコメンタリー音声にも日本語の字幕が出るので、字幕をオンにして早送りを活用すれば比較的短時間で楽しめます。

TRACK LIST

KISSOLOGY VOL. 1 (1974-1977)
Disc 1
■ "acrobat" - Long Beatch Auditorium Long Beach, CA (2/17/74)

■ ABC's In Concert (3/29/74)
1. Nothin' To Lose / 2. Firehouse / 3. Black Diamond

■ The Mike Douglas Show (4/29/74)
1. Interview / 2. Firehouse

■ Winterland San Francisco, CA (1/31/75)
1. Deuce / 2. Strutter / 3. Got To Choose / 4. Hotter Than Hell / 5. Firehouse / 6. Watchin' You / 7. Nothin' To Lose / 8. Parasite / 9. 100,000 Years / 10. Black Diamond / 11. Cold Gin / 12. Let Me Go, Rock 'n' Roll

■ The Midnight Special (4/1/75)
1. She / 2. Black Diamond

■ Kiss Alive! Promo Clips 1975
1. C'mon And Love Me / 2. Rock And Roll All Nite

■ Documentary: Cadillac, Michigan (October 9 & 10, 1975)

■ Cobo Hall Detroit, MI (1/26/76)
1. Deuce / 2. Strutter / 3. C'mon And Love Me / 4. Hotter Than Hell / 5. Firehouse / 6. She / 7. Parasite / 8. Nothin' To Lose / 9. 100,000 Years / 10. Black Diamond / 11. Cold Gin / 12. Rock And Roll All Nite / 13. Let Me Go, Rock 'n' Roll

Disc-1 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISS"のロゴマークをクリック)
"Deuce" - Coventry Queens. NY (December 21, 1973)

Disc 1 - Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Disc 2
So It Goes (8/21/76)

The Paul Lynde Halloween Special (10/29/76)
1. Interview / 2. King Of The Night Time World

Budokan Hall Tokyo, Japan (4/2/77)
1. Detroit Rock City / 2. Take Me / 3. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 4. Ladies Room / 5. Firehouse / 6. Makin' Love / 7. I Want You / 8. Cold Gin / 9. Do You Love Me / 10. Nothin' To Lose / 11. God Of Thunder / 12. Rock And Roll All Nite / 13. Shout It Out Loud / 14. Beth / 15. Black Diamond

Don Kirshner's Rock Concert (5/28/77)
1. Hard Luck Woman / 2. Love 'Em And Leave 'Em / 3. I Want You

The Summit Houston, TX (9/2/77)
1. I Stole Your Love / 2. Take Me / 3. Ladies Room / 4. Firehouse / 5. Love Gun / 6. Hooligan / 7. Makin' Love / 8. Christine Sixteen / 9. Shock Me / 10. I Want You / 11. Calling Dr. Love / 12. Shout It Out Loud / 13. God Of Thunder / 14. Rock And Roll All Nite / 15. Detroit Rock City / 16. Beth / 17. Black Diamond

Disc-2 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISS"のロゴマークをクリック)
Ace & Jeanett Frehley's Wedding - The Americana Hotel, New York, NY (December 21, 1973)

Disc 2 - Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 1
■ Cobo Arena, Detroit, MI (January 25, 1976)
1. Deuce / 2. Strutter / 3. C'mon and Love Me / 4. Hotter than Hell / 5. Firehouse / 6. She / 7. Ladies in Waiting / 8. Nothin' to Lose / 9. 100,000 Years / 10. Black Diamond

• Alive! Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 2
■ Madison Square Garden, New York City, NY (February 18, 1977)
1. Detroit Rock City / 2. Take Me / 3. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 4. Firehouse / 5. Nothin' To Lose / 6. Shout It Out Loud / 7. Black Diamond

• Rock & Roll Over Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 3
■ Capitol Centre, Largo, MD (December 20, 1977)
1. I Stole Your Love / 2. Ladies Room / 3. Firehouse / 4. Love Gun / 5. Makin' Love / 6. Christine Sixteen / 7. I Want You / 8. Calling Dr. Love / 9. Shout It Out Loud / 10. God of Thunder / 11. Rock and Roll All Nite / 12. Black Diamond

• Alive II Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

KISSOLOGY VOL. 2 (1978-1991)
Disc 1
■ Land Of Hype And Glory (Jan.10, 1978) Excerpt
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ Kiss In Attack Of The Phantoms (Movie 1979)
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ The Tomorrow Show With Tom Snyder (Oct.31, 1979) Excerpt
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Disc 2
■ "Shandi" (Music Video 1980)
Lineup : Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ CNN Interview With Peter Criss (Sept.24, 1980)

■ Countdown (Sept.21, 1980) Excerpt
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

■ Rockpop (Sept.21, 1980)
1. She's So European / 2. Talk To Me
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

■ Kiss Invades Australia (Nov.1980) Documentary
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

■ Sydney Showground Sydney, Australia (Nov.22, 1980)
1. Detroit Rock City / 2. Cold Gin / 3. Strutter / 4. Shandi / 5. Calling Dr. Love / 6. Firehouse / 7. Talk To Me / 8. Is That You / 9. 2, 000 Man / 10. I Was Made For Lovin' You / 11. New York Groove / 12. Love Gun / 13. God Of Thunder (Incomplete) / 14. Rock And Roll All Nite / 15. Shout It Out Loud / 16. King Of The Night Time World / 17. Black Diamond

Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

■ Fridays (Jan.15 1982)
1. The Oath / 2. A World Without Heroes / 3. I
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

■ Top Pop (Nov.1982)
I Love It Loud
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Eric Carr

Disc 3
■ Maracana Stadium Rio De Janeiro, Brazil (Jun.18 1983)
1. Creatures Of The Night / 2. Cold Gin / 3. Calling Dr. Love / 4. Firehouse / 5. I Love It Loud / 6. War Machine / 7. Black Diamond
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Vinnie Vincent

■ MTV Special: Kiss Unmasking (Sept.18 1983) Interview
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Vinnie Vincent

■ Cascais Hall Lisbon, Portugal (Oct.11 1983)
1. Creatures Of The Night / 2. Detroit Rock City
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Vinnie Vincent

■ The Spectrum Philadelphia, PA (Dec.18, 1987)
1. Love Gun / 2. Bang Bang You / 3. Reason To Live / 4. No, No, No / 5. Crazy Crazy Nights

• Crazy Nights Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Bruce Kulick

■ The Palace Of Auburn Hills Detroit, MI (Oct.14, 1990)
1. I Stole Your Love / 2. Deuce / 3. Heaven's On Fire / 4. Crazy Crazy Nights / 5. Black Diamond / 6. Shout It Out Loud / 7. Strutter / 8. Calling Dr. Love / 9. I Was Made For Lovin' You / 10. Fits Like A Glove / 11. Hide Your Heart / 12. Lick It Up / 13. God Of Thunder / 14. Forever / 15. Cold Gin / 16. Tears Are Falling / 17. I Love It Loud / 18. Love Gun / 19. Detroit Rock City / 20. I Want You / 21. Rock And Roll All Nite

• Hot in the Shade Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Bruce Kulick

■ Day In Rock (Nov.25, 1991)

■ "God Gave Rock 'n' Roll To You II" (Music Video 1991)
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Bruce Kulick

Disc-3 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISSOLOGY"のタイトルをクリック)
Gene Simmons & Mark St. John Interview

Bonus Disc 1
■ Nippon Budokan - Tokyo, Japan (April 21, 1988)
1. Love Gun / 2. Cold Gin / 3. Crazy Crazy Nights / 4. Heaven's on Fire / 5. War Machine / 6. I Love It Loud / 7. Lick It Up / 8. I Was Made for Lovin' You / 9. Detroit Rock City

• Crazy Nights Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Bruce Kulick

Bonus Disc 2
■ Capital Centre, Largo, MD (July 8, 1979)
1. Radioactive / 2. Move On / 3. Calling Dr. Love / 4. Firehouse / 5. New York Groove / 6. Tossin' And Turnin' / 7. I Was Made For Lovin' You / 8. Christine Sixteen / 9. Love Gun / 10. God Of Thunder / 11. Shout It Out Loud / 12. Black Diamond / 13. Detroit Rock City / 14. Rock And Roll All Nite

• Dynasty Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 3
■ Crazy Nights Tour The Ritz New York, NY (August 13, 1988)
1. Deuce / 2. Love Gun / 3. Fits Like A Glove / 4. Heaven's on Fire / 5. Cold Gin / 6. Black Diamond / 7. Firehouse / 8. Crazy, Crazy Nights / 9. Calling Dr. Love / 10. War Machine / 11. Tears Are Falling

• Crazy Nights Tour
Lineup : Paul Stanley, Gene Simmons, Eric Carr, Bruce Kulick

KISSOLOGY VOL. 3 (1992-2000)
Disc 1
■ The Palace Of Auburn Hills Detroit, MI (11/27/92)
1. Creatures Of The Night / 2. Deuce / 3. I Just Wanna / 4. Unholy / 5. Parasite / 6. Heaven's On Fire / 7. Domino / 8. Watchin' You / 9. War Machine / 10. Rock And Roll All Nite / 11. Lick It Up / 12. Take It Off / 13. I Love It Loud / 14. Detroit Rock City / 15. God Gave Rock 'n' Roll To You II / 16. Love Gun / 17. Star Spangled Banner
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Bruce Kulick, Eric Singer

■ MTV Unplugged: Behind The Scenes 1995
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Bruce Kulick, Eric Singer, with Ace Frehley and Peter Criss

■ MTV Unplugged Sony Studios New York, NY (8/9/95)
1. Comin' Home / 2. Plaster Caster / 3. Goin' Blind / 4. Do You Love Me / 5. Domino / 6. Got To Choose / 7. Sure Know Something / 8. A World Without Heroes / 9. Hard Luck Woman / 10. Rock Bottom / 11. See You Tonight / 12. I Still Love You / 13. Every Time I Look At You / 14. Heaven's On Fire / 15. Spit / 16. C'mon And Love Me / 17. God Of Thunder / 18. 2, 000 Man / 19. Beth / 20. Nothin' To Lose / 21. Rock And Roll All Nite
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Bruce Kulick, Eric Singer, with Ace Frehley and Peter Criss

Disc-1 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISSOLOGY"のタイトルをクリック)
Carnival Of Souls Recording Session Nov. 1995 - Jan. 1996

Disc 2
■ Tiger Stadium Detroit, MI (6/28/96)
1. Deuce / 2. King Of The Night Time World / 3. Do You Love Me / 4. Calling Dr. Love / 5. Cold Gin / 6. Christine Sixteen / 7. Love Gun / 8. Shout It Out Loud / 9. Watchin' You / 10. Firehouse / 11. Strutter / 12. Shock Me / 13. Rock Bottom / 14. God Of Thunder / 15. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 16. 100, 000 Years / 17. Rock And Roll All Nite
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ MTV VMA Performance Brooklyn Bridge (9/4/96)
1. Rock And Roll All Nite / 2. New York Groove / 3. Deuce / 4. Calling Dr. Love / 5. Love Gun
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ Dodger Stadium Los Angeles, Ca (10/31/98) Part One
1. Psycho Circus / 2. Shout It Out Loud / 3. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 4. Shock Me / 5. Do You Love Me / 6. Calling Dr. Love / 7. Firehouse / 8. Cold Gin / 9. Nothin' To Lose / 10. She / 11. I Was Made For Lovin' You
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Disc-2 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISSOLOGY"のタイトルをクリック)
VMA Sound Check Sep. 4. 1996

Disc 3
■ Dodger Stadium Los Angeles, Ca (10/31/98) Part Two
10. Into The Void / 11. Love Gun / 12. Within / 13. 100, 000 Years / 14. King Of The Night Time World / 15. God Of Thunder / 16. Deuce / 17. Detroit Rock City / 18. Beth / 19. Black Diamond / 20. Rock And Roll All Nite
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ Detroit Rock City Premiere Party Los Angeles, CA (8/9/99)
1. Detroit Rock City / 2. Shout It Out Loud / 3. Cold Gin / 4. Rock And Roll All Nite
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

■ The Last Kiss Continental Airlines Arena East Rutherford, NJ (6/27/00)
1. Detroit Rock City / 2. Deuce / 3. Shout It Out Loud / 4. Firehouse / 5. Heaven's On Fire / 6. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 7. Shock Me / 8. Psycho Circus / 9. God Of Thunder / 10. 100, 000 Years / 11. Love Gun / 12. Black Diamond / 13. Beth / 14. Rock And Roll All Nite
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Disc-3 - EASTER EGG / シークレット・トラック("KISSOLOGY"のタイトルをクリック)
Millennium Concert BC Place Concert Bowl, Vancouver, BC Canada - Dec. 31. 1999

Not Listed (メニュー最後の"Credits"をクリック)
Peter Criss Destroying Drum Kit (After Credits)

Disc 4
■ Coventry Queens, NY (12/22/73)
1. Deuce / 2. Cold Gin / 3. Nothin' To Lose / 4. Strutter / 5. Firehouse / 6. Let Me Know / 7. 100, 000 Years / 8. Black Diamond / 9. Let Me Go, Rock 'n' Roll
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 1
■ KROQ Weenie Roast: Irvine Meadows Amphitheater, Irvine, CA (June 15, 1996)
1. Deuce / 2. Love Gun / 3. Cold Gin / 4. Calling Dr. Love / 5. Firehouse / 6. Shock Me / 7. 100,000 Years / 8. Detroit Rock City / 9. Black Diamond / 10. Rock And Roll All Nite

• Reunion Tour Opener
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

Bonus Disc 2
■ Monster Of Rock Estado Do Pacaembu Sao Paulo, Brazil (August 27, 1994)
1. Creatures of the Night / 2. Deuce / 3. Parasite / 4. Unholy / 5. I Stole Your Love / 6. Cold Gin / 7. Watchin' You / 8. Firehouse / 9. Got To Choose / 10. Calling Dr. Love / 11. Makin' Love / 12. War Machine / 13. I Was Made For Lovin' You / 14. Domino / 15. Love Gun / 16. Lick It Up / 17. God Of Thunder / 18. I Love It Loud / 19. Detroit Rock City / 20. Black Diamond / 21. Heaven's On Fire

• Revenge/Alive III Tour with Sphinx Stage
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Bruce Kulick, Eric Singer

Bonus Disc 3
■ Reunion Tour Madison Square Garden: New York City, NY (July 27, 1996)
1. Deuce / 2. Calling Dr. Love / 3. Cold Gin / 4. Let Me Go, Rock 'n' Roll / 5. Shout It Out Loud / 6. Watchin' You / 7. Firehouse / 8. Shock Me / 9. Strutter / 10. Rock Bottom / 11. God Of Thunder / 12. Love Gun / 13. 100,000 Years / 14. Black Diamond / 15. Detroit Rock City / 16. Rock And Roll All Nite

• Reunion Tour
Lineup: Paul Stanley, Gene Simmons, Ace Frehley, Peter Criss

NOTES
• 音声:1. ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド / 2. ドルビーデジタル STEREO / 3. ドルビーデジタル STEREO(コメンタリー)
• 字幕:1. 日本語字幕 / 2. 日本語字幕(コメンタリー)
• Run Time: 1,938 minutes

• 地獄大全 / Jigoku Daizen: Japan exclusive box set contains 9 discs featuring Kissology Vol.1, Kissology Vol.2, and Kissology Vol.3. In addition, it includes following 9 bonus discs that were obtainable before only with separate vendor exclusive box set releases in the US.

• This Japan exclusive box set also features a special packaging including:
52 page special booklet / Paper doll / '77 Stuff T-Shirt replica / '77 Budokan mirror ball miniature replica / '77 Used of member pick replica x 4 / '77 Budokan concert ticket replica / Can-Badge ('77 backstage pass replica) / Kissology vol.1~3 original booklet / 52 page Japan Only booklet.

■ あとがき
「Kissology−A / 地獄大全」については、3年程前に取り上げて記事にしていたのですが、全18枚のDVDボックスセットなだけに、曲名をリストアップするだけでページも相当長くなるので、流石にトラックリストは省いていました。

それでも、そのうちにトラックリストだけのページを別個に作成しようとは思っていて、一応は全ての曲名をリストアップし、気付いたときに手を加えて加筆したり、体裁を整えていったりと、ちょこちょことは進めていたのですが、こともあろうに、間違って別の文章を上書きした上に削除してしまっていたんですよね。しかも気付いたのが何か月も後でした・・・。

一応、"Mac"の方は"Time Machine"でバックアップできるシステムにしてるのですが、"Windows"の方はシステムの復元があるから別にいいかな、といった感じで何もしてなかったんですよね。ということで、その下書きの記事は"Windows"の方で書いてたわけです。

そんなこんなで、流石にまた最初からやり直す気力は残っておらず、気力を取り戻すまでに3年近くかかってしまいました(笑)。新たな作業なら、まだ楽しさもあるのですが、以前と同じ作業をまた一から始めるというのがどうもね・・・。しかも肩関節周囲炎を発症して肩と腕が痛いし・・・。

と、そんな紆余曲折を経て、今ようやくこうしてアップすることができてスッキリ。心の奥底ではモヤモヤとしたやり残し感が何となくありましたからね。まぁ、トラックリストだけの記事ではありますが。

(記:2014年9月)


    PHOENIX / ASIA (2008)

CDの帯:フェニックス / エイジア

Album Cover: Phoenix / Asia
オリジナルメンバーによるスタジオ・アルバムとしては、1983年の「Alpha / アルファ」以来、実に25年ぶりとなるエイジアの復活アルバムがこの「Phoenix / フェニックス」。

ジャケットのアートワークも当時のエイジアのアルバムを手掛けていた「Roger Dean / ロジャー・ディーン」が担当しているということで、幻想的なイメージを思い浮かべていたら、思いのほかグラフィックぽくて、購入した当時は多少肩透かしを食らいましたが、ロジャー・ディーンらしい幻想的なアートワークはブックレットの内側で見ることができます。個人的には、こちらをトリミングして表に使っても良かったような気がしないでもないですが・・・。

正直言うと、1983年発表の"Alpha"以来のオリジナルメンバーによるアルバムということで、"Alpha"のようなゴージャスでドラマティックな厚みのある音を期待していたこともあり、当時はジャケット同様、やや肩透かしを食らった感じがありましたが、このアルバムに収録されている曲の幾つかは今でも時折聴いているわけですから、こうしてアルバムを発表してくれたことに感謝したいですね。

アルバムはアメリカで73位、本国のイギリスでは166位と、劇的な復活劇とはならなかったものの、現在の厳しい音楽業界を考えれば、致し方ない部分もあるのかも知れません。

オープニングの"Never Again"から、2曲目の"Nothing's Forever"へと続く流れは、大ヒットを記録した1982年のファーストアルバムをどことなく連想するような展開にもなっていますが、恐らくは、そのファーストアルバム意識した部分は少なからずあったのではないかと思います。

アルバムの中では、キャッチーなオープニングの"Never Again"と、ラストの"An Extraordinary Life"、それに"Heroine"と"I Will Remember You"のバラード曲が好きなのですが、アルバムとして考えれば、"Wish I'd Known All Along"と"Over and Over"のスティーヴ・ハウ作の2曲が良いアクセントになっている感じがします。

それと、アルバムには8分を超える組曲のような曲が2曲("Sleeping Giant | No Way Back | reprise"と"Parallel Worlds | Vortex | Deya")収録されていますが、これについては賛否が分かれるところかも知れませんね。私自身はこれはこれでアリじゃないかとは思っているんですけどね。

ただ、一昔前の日本のアイドルグループが歌っていてもおかしくないような"Alibis"と"Shadow of a Doubt"はちょっと苦手。"Alpha"に於けるポップ感覚は好きなんですけど、これはちょっとねぇ・・・。まぁ、この辺りは好みの問題なんでしょうけど。

それと、余談ではありますが、このアルバムがリリースされたことにより、過去のアルバムを再び聴き直す機会が生まれて、当時はそれほど好きではなかったサードアルバム「Astra / アストラ」の魅力に気付くことができたのは良かったですね。時を経て、今では"Astra"もファーストやセカンドに負けず劣らず好きなアルバムになりましたからね。この"Astra"、個々の楽曲としては勿論のこと、アルバムとしても展開がスリリングで素晴らしいアルバムだったんですね。なんで当時はこの良さが分からなかったんだろうか。

Booklet: Phoenix / Asia Booklet: Phoenix / Asia

なお、日本盤には"I Will Remember You (acoustic remix)"がボーナス・トラックとして収録されていますが、ヨーロッパ盤には"An Extraordinary Life (acoustic remix)"がボーナス・トラックとして収録されています。

▼ 初回盤のみアルバムカヴァーと同じデザインのステッカー(ブックレットサイズ)付き

CD & Sticker: Phoenix / Asia CD + Sticker + Lyric booklet: Phoenix / Asia

▼ Asia - Never Again
https://www.youtube.com/watch?v=rNAzDV9v43I

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Geoff Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards
• Steve Howe (スティーヴ・ハウ) - Electric, Acoustic and Steel Guitars
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums and Percussion
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Lead Vocal and Bass Guitar

TRACK LIST (Japanese Edition - Enhanced CD)
1. Never Again / 2. Nothing's Forever / 3. Heroine / 4. Sleeping Giant | No Way Back | reprise / 5. Alibis / 6. I Will Remember You / 7. Shadow of a Doubt / 8. Parallel Worlds | Vortex | Deya / 9. Wish I'd Known All Along / 10. Orchard of Mines / 11. Over and Over / 12. An Extraordinary Life / 13. I Will Remember You (acoustic remix) [Bonus Track for Japan]

14. Enhanced: Interview footage

1. ネヴァー・アゲイン / 2. ナッシングズ・フォーエヴァー / 3. ヒロイン / 4. スリーピング・ジャイアント | ノー・ウェイ・バック | リプリーズ / 5. アリバイズ / 6. アイ・ウィル・リメンバー・ユー / 7. シャドウ・オヴ・ア・ダウト / 8. パラレル・ワールズ | ヴォーテクス | トーヤ / 9. ウイッシュ・アイド・ノーウン・オール・アロング / 10. オーチャード・オブ・マインズ / 11. オーヴァー・アンド・オーヴァー / 12. アン・エクストラオーディナリー・ライフ / 13. アイ・ウィル・リメンバー・ユー (アコースティック・リミックス) [日本盤ボーナス・トラック]

14. エンハンスド:メンバーのインタビュー映像

NOTES
日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
解説・歌詞・対訳付

Japanese Edition (first press):
• Bonus sticker
• Jewel case slightly thicker than the regular size
• Separate English & Japanese lyric booklets
• Bonus Track - "I Will Remember You (acoustic remix)"
• Enhanced CD

Album: 166位 (UK)、73位 (US)

(記:2014年10月 / 更新:2016年11月)


    OMEGA / ASIA (2010)

CDの帯:オメガ / エイジア

Album Cover (front): Omega / Asia  Album Cover (back): Omega / Asia  CD: Omega / Asia

オリジナル・メンバーによる復活アルバム「Phoenix / フェニックス」から約2年、ドラマはまだまだ続くのでした。というか、"Phoenix"が商業的に今ひとつだったようなだけに、当時は一発限りで終わりにならなくて良かったという安堵感の方が先にあったんですけどね。

アルバムタイトルの「Omega / オメガ」については、"Alpha" (α)がファーストアルバムでなかったように"Omega" (Ω)がラストアルバムということではないとのこと。まぁ、実際、この後もアルバムを発表し続けていることから、それが嘘ではなかったことも実証されている訳ですが、それでも当時は、いや、もしかしたら・・・という思いは少なからずありましたね。

※(補足)
1. ギリシャ文字のアルファベットは「α / アルファ」で始まり「Ω / オメガ」で終わる。

2. なお、「α」は小文字で、大文字だと「Α」になります。ただ、大文字だと英語の「A」と混同してしまう場合もあるので、多くの場合アルファは小文字の方が使われているようですね。又、「Ω」は大文字で、小文字だと「ω」になります。

3. ちなみに、「アルファベット」という語は、ギリシア文字の最初の2文字「α」と「β」の読み方である「アルファ」、「ベータ」が由来。又、最初の文字「α」と、最後の文字「Ω」を並べると、最初と最後、もしくは最初から最後までということで、「全て」や「永遠」といった意味合いを持つことになるそうです。

Booklet: Omega / Asia さて、この"Omega"ですが、音作りという点では前作の"Phoenix"を継承している印象がありますが、"Phoenix"にあったような尺長の曲は無くなっています。自分としては、"End Of The World"のイントロに見られるようなスリリングで勇壮なアレンジをアルバム全体を通して展開してほしかったところですが、まぁ、この点については、捉え方も人それぞれでしょうし、個人的な好みの部分でもありますからね。

ということで、音作りに関しては、多少期待していたものとはズレている部分もあるのですが、アルバムとしてはそう悪い出来ではないと思います。ただ、アルバムの中で好きな曲を挙げれば、最初の2曲、"Finger On The Trigger"と"Through My Veins"、それに最後の2曲、"I Believe"と"I Don't Wanna Lose You Now"といったように、好みが中抜けになってしまうアルバムではあります。

なお、1曲目の"Finger On The Trigger"は、エイジアのメンバー2人のユニット「Wetton - Downes / ウェットン・ダウンズ」が2006年に発表したアルバム「Icon II - Rubicon / ルビコン」に収録されていた曲のセルフ・カヴァーです。とは言っても、私自身はリリースされて暫くは知らなかったんですけどね。でも、こうして取り上げてもらえなければ知らなかった曲だし、好きな曲なので、これは歓迎。

ただ、"Phoenix"にもあったのですが、"Listen Children"や"Light The Way"のような一昔前の日本のアイドルグループが歌っているような歌謡曲っぽい曲はやはりどうも苦手。特に"Light The Way"では、歌詞の一部が自分の耳には「一生懸命です」と日本語のように聞こえるから尚更です(笑)。それと、全体的にジェフ・ダウンズのキーボードが控えめな印象も無きにしも非ずで、この点もちょっと残念。自分としては、時代と逆行しても、やっぱり、もっと重厚でスケール感が欲しかったところ。希望としては、多少仰々しいと思えるくらいに(笑)。

▼ Asia - Finger On The Trigger
https://www.youtube.com/watch?v=wOd_f0UjZX4

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Geoffrey Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards
• Steve Howe (スティーヴ・ハウ) - Electric, Acoustic and Steel Guitars
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums and Percussion
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Vocals and Bass Guitar

TRACK LIST
1. Finger On The Trigger / 2. Through My Veins / 3. Holy War / 4. Ever Yours / 5. Listen Children / 6. End Of The World / 7. Light The Way / 8. I'm Still The Same / 9. There Was A Time / 10. Drop A Stone (Japan Bonus Track) / 11. I Believe / 12. I Don't Wanna Lose You Now

1. フィンガー・オン・ザ・トリガー / 2. スルー・マイ・ヴェインズ / 3. ホーリー・ウォー / 4. エヴァー・ユアーズ / 5. リッスン、チルドレン / 6. エンド・オブ・ザ・ワールド / 7. ライト・ザ・ウェイ / 8. アイム・スティル・ザ・セイム / 9. ゼア・ワズ・ア・タイム / 10. ドロップ・ア・ストーン(日本盤ボーナストラック) / 11. アイ・ビリーヴ / 12. ドント・ワナ・ルーズ・ユー・ナウ

日本盤には、10曲目に"Drop A Stone"がボーナストラックとして収録されていますが、ヨーロッパ盤等では、8曲目に"Emily"がボーナストラックとして収録されています。

又、CDのジュエルケース(プラケース)は前作同様ちょっぴり厚めのタイプが使われています。

Booklet (English and Japanese): Omega / Asia

NOTES
日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
解説・歌詞・対訳付

Japanese edition includes:
• Bonus track exclusive to Japan (Drop A Stone)
• Jewel case slightly thicker than the regular size
• 16-page color booklet with band member photographs and lyrics in English
• Additional 16-page black & white booklet with liner notes and lyrics both in Japanese

Album: 135位 (UK)

(記:2014年10月 / 更新:2016年11月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 21 Navigation Part 22   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.