Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 20
01. KISS MY ASS - CLASSIC KISS REGROOVED
KISS トリビュート」 / VARIOUS ARTISTS (1994)
02. MTV UNPLUGGED 「MTVアンプラグド〜地獄の再会」 /
KISS (1996)
03. QUEEN - フラッシュ・ゴードン / 雑誌広告 (1981)
04. CLASSICS LIVE / AEROSMITH (1986)
05. ROCK IN A HARD PLACE 「美獣乱舞」 / AEROSMITH (1982)
06. JAPAN - 果てしなき反抗 & 苦悩の旋律 / 雑誌広告 (1979)
07. SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS / SIMON & GARFUNKEL (1972)
08. LOTUS 「ロータス」 / CHRISTINA AGUILERA (2012)
09. HYDRA / TOTO (1979)
10. REVENGE / KISS (1992)
    KISS MY ASS - CLASSIC KISS REGROOVED 「KISS トリビュート」 / VARIOUS ARTISTS (1994)

CDの帯:KISS トリビュート - KISS MY ASS -

Album Cover: Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved
こちらは、ファーストアルバムのリリースから20周年を記念してリリースされたキッスのオフィシャル・トリビュート・アルバム。ということで、参加ミュージシャンの人選も含めて、全てがキッス・サイドで企画されれたアルバムです。

アルバムは、当時のロック界のトレンドともいえるミュージシャンを中心に人選がなされているものの、それだけではなく、ガース・ブルックスやスティーヴィー・ワンダーといったロックとは違う畑のアメリカを代表する大物ミュージシャンが参加している点が面白いところ。

ちなみに、日本では知名度が低いガース・ブルックスですが、アメリカではビートルズ、エルビス・プレスリーに次ぐ第3位のアルバムセールを誇る国民的カントリー・シンガーで、2014年現在でのトータルセールスは1億2千8百万枚を記録しています。つまりはアルバムセールに於いてはマイケル・ジャクソン、マドンナ、イーグルスといったビッグネームを上回る存在だということなんですよね。

自らトリビュート・アルバムを企画してリリースするというのは意外と珍しくもあるのですが、ファンにとっては、粗悪なものが出回る前に、きちんとした形でトリビュート・アルバムがリリースされて良かったのかもしれませんね。

ということで、パッケージの内側には、ポールとジーンのサインと共に、エースとピーターに対するメッセージ、それに亡きエリック・カーへの追悼文も記されています。又、"Anthrax"による"She"は、プロデューサーに"Gene Simmons"と"Paul Stanley"の名がクレジットされています。

CD Case Tray: Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved CD: Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved

アルバムには大胆なアレンジがなされた曲もいくつか収録されていますが、当時は比較的オーソドックスなアレンジながらも、よりへヴィーになった"Anthrax"の"She"が気に入ってまして、こればかり聴いていた記憶があります。ちなみに、この曲の後半には"Kiss Alive"でお馴染みのライヴ・ヴージョンのように"Let Me Konw"のギターソロが組み込まれた曲構成になっています。又、ライヴ・ヴージョンといえば、同様に"Yoshiki"の"Black Diamond"もイントロ部分は"Kiss Alive"でのライヴ・ヴージョンのメロディーが取り入れられています。

▼ Anthrax - She
https://www.youtube.com/watch?v=GhGtG0msj9Q

他にも、"Extreme"の"Strutter"は、曲中に"God of Thander"、"Shout it out Loud"、"Love Gun"といった曲のフレーズが組み入れられてたりとか、"Die Ärzte"の"Unholy"もソロパートでは"I Was Made for Lovin' You"のフレーズが飛び出すなど、それぞれのミュージシャンがキッス・フリークぶりを発揮している点も興味深いところです。

なお、"Calling Dr. Love"をカヴァーしている"Shandi's Addiction"とは、このトリビュート・アルバムだけの限定ユニットらしいですが、ユニット名にある"Shandi's"とは、勿論、キッスの曲である"Shandi"から取られたものなんでしょうね。

アルバムのジャケットについては、アメリカ盤、及び、インターナショナル盤では、背景にアメリカの国旗がデザインされていますが、日本盤、オーストラリア盤、カナダ盤には、それぞれの国の国旗がデザインされています。

Album Cover (USA): Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved Album Cover (JPN): Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved Album Cover (AUS): Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved Album Cover (CAN): Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved

CD Case (back cover): Kiss My Ass - Classic Kiss Regrooved TRACK LIST (Japan Edition)
1. Deuce (ジュース)- Lenny Kravitz (with Stevie Wonder on Harmonica)
2. Hard Luck Woman (ハード・ラック・ウーマン)- Garth Brooks
3. She (彼女)- Anthrax
4. Christine Sixteen (クリスティーン・シックスティーン)- Gin Blossoms
5. Rock And Roll All Nite (ロックン・ロール・オール・ナイト)- Toad The Wet Sprocket
6. Calling Dr. Love (悪魔のドクター・ラヴ)- Shandi's Addiction (Vocals: Maynard James Keenan [Tool], Guitars: Tom Morello [Rage Against the Machine, Audioslave], Bass: Billy Gould [Faith No More], Drums: Brad Wilk [Rage Against the Machine, Audioslave])
7. Goin' Blind (ゴーイン・ブラインド)- Dinosaur Jr.
8. Strutter (ストラッター)- Extreme
9. Plaster Caster (プラスター・キャスター)- The Lemonheads
10. Detroit Rock City (デトロイト・ロック・シティ)- The Mighty Mighty Bosstones
11. Black Diamond (ブラック・ダイヤモンド)- Yoshiki And The American Symphony Orchestra
12. Unholy (アンホーリー)- Die Ärzte

NOTES
• Track 3: Produced by Gene Simmons & Paul Stanley

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付(対訳無し)

• US 19位 (Gold / 1994-RIAA)


▼ こちらは同タイトルのレーザーディスク

レーザーディスクの帯:Kiss・マイ・アス / 20年の軌跡

Cover (LaserDisc): Kiss My Ass - the Video ただし、アルバムとは内容が全く違い、こちらは"Kiss My Ass"のアルバムに収録されている"Anthrax"と"Gin Blossoms"によるカヴァーの2曲以外は全てキッス自身の演奏によるもので、メイク時代のライヴ映像を中心としたドキュメンタリーといった雰囲気。又、曲と曲の間には、新たに収録されたインタビュー、それにアルバムやグッズのCM映像などが収録されています。

1. Parasite (Live 1975) / 2. Do you Love Me (Live 1977) / 3. Radioactive (Live 1979) / 4. Move On (Live 1979) / 5. Love Gun (Live 1992) / 6. New York Groove (Live 1979) / 7. She (Performed by Anthrax) / 8. Makin’ Love (Live 1977) / 9. Christine Sixteen (Performed by Gin Blossoms) / 10. I Love It Loud (Live 1982) / 11. C’mon and Love Me (Live 1976) / 12. Hooligan (Live 1977) / 13. Shock Me (Live 1977) / 14. I (Live 1981) / 15. Take Me (Rehearsal 1976) / 16. She (Full Kiss Version) / 17. Black Diamond (Live 1976)

なお、トラックリストにはインタビューやCM映像等のタイトルは表記されておらず、曲目だけの表記となっています。ちなみに、収録されているCM映像は以下の通り。

Kiss Dolls Advertisement (キッス人形のCM)、Kiss Radio Advertisement (「キッス・ラジオ」のCM)、Kiss Makeup Advertisement (キッスのメイクアップキットのCM)、Rock and Roll Over Advertisement (アルバム「Rock and Roll Over」のCM)、Double Platinum Outtakes (アルバム「Double Platinum」のCMアウトテイク)、Alive II Advertisement (アルバム「Alive II」のCM)、Dynasty Tour Advertisement (ダイナスティー・ツアーの告知CM)、Hotter Than Hell Advertisement (アルバム「Hotter Than Hell」のCM)、Solo Albums Advertisement (ソロアルバム4枚のCM)。

(記:2014年5月)


    MTV UNPLUGGED 「MTVアンプラグド〜地獄の再会」 / KISS (1996)

CDの帯(初回プレス盤):MTVアンプラグド〜地獄の再会 / KISS

Album Cover (front): MTV Unplugged / KISS
キッスのアンプラグド・ライヴというだけでもファンにとっては興味津々なアルバムなのですが、更には、久しぶりにオリジナルメンバーが揃っての演奏が含まれるということで、当時はかなりワクワクして買ったアルバムでした。

とにもかくにも、真っ先に気になったのは、やはりトラックリスト。いったいどんな曲が演奏されているのかと、はやる気持ちを抑えて1曲ずつ確認していった記憶があります。

オープニング曲が"Comin' Home"というのは、かなり意表を突かれましたが、実を言うと、一番ムムッと気を引いた曲は9曲目の"See You Tonight"。このアルバムでは邦題が「シー・ユー・トゥ・ナイト」と、そのままカタカナ表記されていたので半信半疑なところもありましたが、勿論、この曲は1978年にリリースされたジーン・シモンズのソロアルバムに収録されている「今宵のお前」でした。ジーンのソロの中では、この"See You Tonight"と、"Mr. Make Belive"「ミスター・メイク」の2曲は特に好きでしたし、まさか、この曲が演奏されるとは微塵にも思っていなかったので、嬉しかったですね。しかも、ジーンのヴォーカルもオリジナル以上に魅力的で、コーラスとハーモニーの美しさも相まって、素晴らしい演奏。

当然含まれると思っていた"Hard Luck Woman"が入ってなかったのは意外でしたが、実際のライヴではこの曲もポールのヴォーカルで演奏されていたんですよね。残念ながらアルバムではカットされた曲のひとつになってしまいましたが、他にも実際のライヴでは演奏されていた "Heaven's on Fire"、"Spit"、"C'mon and Love Me"、そして、カントリー・ヴァージョンにアレンジされた "God of Thunder"などもアルバムではカットされています。

ジーンのソロアルバムからも選曲されているのなら、それぞれのソロアルバムから1曲ずつでも演奏してくれていたら更に嬉しかったのですが、仮にそうした場合は、どの曲が選ばれたのだろうかと、勝手に想像して一人で盛り上がることができたのも、このアルバムのおかげ(笑)。個人的には、ポールのソロからは"Take Me Away"、エースのソロからは"Fractured Mirror"、そして、ピーターのソロからは"Easy Thing"といった曲を希望したいところ。

CD: MTV Unplugged / KISS アンプラグドと言いつつも、意外と後半ではエレキを持ち出すバンドも少なくないのですが、キッスの場合は徹頭徹尾アコースティックで通しており、エレキは一切使用されていません。アコースティックゆえに、装飾的な部分が削がれて、楽曲の本質的な素の部分が際立つため、やもすると、一本調子で、つまらないライヴになってしまうと思うのですが、そういった意味では、アコースティックだけでも十分に魅力的なショーとして成立させてしまう辺りは流石といったところ。ほんと、どの曲も素晴らしい出来栄えです。

それに、アンプラグドとはいっても、そこはキッス。バックには巨大なロゴ、そして、その上にはメイクとコスチュームに身を包んだ人形が5体(オリジナル4+エリック・カー)が飾られており、床には"Rock and Roll Over"のアートワークが描かれているという、MTVアンプラグドにしては派手なステージセット。

通常のライヴでは演奏されない曲が比較的的多く収録されているという点でも、全体を通して魅力的なアルバムと言えるのですが、それでも、メインはやはり、オリジナルメンバーであるエースとピーターが加わって演奏した後半の曲。エースがフニャフニャとした特徴的なヴォーカルで懐かしい声を披露した後は、ピーターがキッス最大のヒット曲となった"Beth"で変わらぬハスキーヴォイスで魅せるという流れに、会場は最高潮の盛り上がり。アルバムの中では、この"Beth"が秀逸の出来で、オリジナルには無かったギターソロも加えられた素晴らしいアレンジ。ほんとこの時は、彼らの歌声が再び聴けて嬉しかったですね。

その後は、再び、ブルース・キューリックとエリック・シンガーが加わり、6人編成で2曲を演奏して、会場は更なる盛り上がりをみせて、幕を閉じるという構成。

6人編成での演奏についていえば、エリックとピーターがヴォーカルをとる"Nothin' To Lose"はレアで新鮮な感じがしますし、ラストの"Rock And Roll All Nite"ではジーンのヴォーカルに加え、エースとピーターがヴォーカルをとるパートもあり、素晴らしいヴァージョンとなっています。

恐らくは、ギターが3人、それにピーターとエリックのツインドラムなんて編成はもう二度とないでしょうから、ファンにとっては夢のようなライヴが記録されたアルバムです。

そして、ここでのオリジナルメンバーの再会により、キッスはオリジナル4のリユニオンへと進んでいくのでした。

CD Case (back cover): MTV Unplugged / KISS   Booklet: MTV Unplugged / KISS

以下は"YouTube"での映像。

▼ やり直し(笑)、勿論、ブルースの所為ではありません

KISS - Domino MTV Unplugged
https://www.youtube.com/watch?v=JvboKAapq20

▼ アルバムではカットされた「雷神」のカントリー・ヴァージョン

KISS - God of Thunder (Country Version)
https://www.youtube.com/watch?v=NL5-v_-YyAA

▼ アルバム中、最も好きな曲のひとつ「See You Tonight」

See you tonight - Kiss MTV Unplugged
https://www.youtube.com/watch?v=XyWyaklmLGg

アルバムについて言えば、原曲を知っていた方が、アコースティックならでのアレンジがされた演奏をより楽しむ事ができると思うのですが、それでも、ひいき目という部分もあるにせよ、これは原曲を知らなくても十分に楽しめるアルバムではないかと思います。

▼ こちらは映像が収録されたレーザーディスク

LaserDisc (front): MTV Unplugged / KISS LaserDisc (back): MTV Unplugged / KISS LaserDisc: MTV Unplugged / KISS

▼ レーザーディスクの帯

レーザーディスクの帯:MTVアンプラグド〜地獄の再会 / KISS

KISS - MTV UNPLUGGED LIVE
• Paul Stanley - Acoustic Guitar, Vocals
• Gene Simmons - Acoustic Bass Guitar, Vocals
• Bruce Kulick - Acoustic Guitar
• Eric Singer - Drums, Vocals
with
• Ace Frehley - Acoustic Guitar, Vocals
• Peter Criss - Drums, Vocals

TRACK LIST
1. Comin' Home / 2. Plaster Caster / 3. Goin' Blind / 4. Do You Love Me / 5. Domino / 6. Sure Know Something / 7. A World Without Heroes / 8. Rock Bottom / 9. See You Tonight / 10. I Still Love You / 11. Every Time I Look At You / 12. 2,000 Man / 13. Beth / 14. Nothin' To Lose / 15. Rock And Roll All Nite / 16. Got To Choose (Japanese Extra Track)

1. カミン・ホーム / 2. プラスター・キャスター / 3. ゴーイン・ブラインド / 4. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー / 5. ドミノ / 6. シュア・ノウ・サムシング / 7. 英雄なき世界 / 8. ロック・ボトム / 9. シー・ユー・トゥ・ナイト / 10. アイ・スティル・ラヴ・ユー / 11. エヴリ・タイム・アイ・ルック・アット・ユー / 12. トゥサウザンズ・マン / 13. ベス / 14. ナッシン・トゥ・ルーズ / 15. ロックン・ロール・オール・ナイト / 16. ゴット・トゥ・チューズ(日本のみのエクストラ・トラック)

NOTES
• Recorded Live at Sony Music Studios, NYC, NY, USA (August 9, 1995)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 15位 (Gold / 1996-RIAA)

(記:2014年5月)


     QUEEN - フラッシュ・ゴードン / 雑誌広告 (1981)

こちらは「フラッシュ・ゴードン / クイーン」の雑誌広告です。このアルバムは、映画「フラッシュ・ゴードン」のサウンドトラックなので、本来なら「フラッシュ・ゴードン」がメインであるはずなのですが、ご覧のように「QUEEN」の文字の方が断然デカイ広告になっています。しかも、フラッシュ・ゴードンのサウンドトラックであることは、探さないと分からないくらいに小さな文字で書かれています(笑)。

QUEEN - FLASH GORDON / JAPAN PROMO AD (1981)

雑誌広告:フラッシュ・ゴードン / Queen 雑誌広告:フラッシュ・ゴードン / Queen

私自身はといえば、フラッシュ・ゴードンのアルバムは確か買ってなかったんですよね。当時は夕方の4時過ぎ頃に洋楽のニューアルバムを丸ごとかけてくれるNHK-FMの番組があって、多分、それを録音して聴いただけだったような・・・。さすがに、いくらクイーンとはいえども、ほとんどがインストゥルメンタル曲という、このアルバムまでは手が出せませんでしたね。そして、その録音したテープも、最初に何回か聴いた後はほとんど聴いてなかったような感じでしたし。

それに、この後にはグレイテスト・ヒッツがリリースされて、そこに"Flash"(フラッシュ・ゴードンのテーマ)も収録されていたので、当時は、これ1曲で十分といった感じでした。

ただ、この広告に記されている最新カラーポスターは手にした記憶があります。確か、このフラッシュ・ゴードンのロゴの中央にある丸い部分を拡大したような中にメンバーの写真が組み込まれたようなデザインで、けっこうデカいポスターだったと思います。恐らくは他のアルバムを買って、貰ったポスターなんでしょうけど。

それでも、このサウンドトラック、恐らくはクイーンが音楽を担当していなければ、今頃はとっくに廃盤になってたでしょうね。全曲がクイーンの演奏ということで需要があるとしか思えないサントラです(笑)。実際、クイーンとは関係なく、映画に惚れてアルバムを買った人って、いったいどれくらいいらっしゃるんでしょうかね。

一応、フォローしておくと、グレイテスト・ヒッツや、ベストアルバム等に収録されているシングル・ヴァージョンの"Flash"と、このアルバムに収録されている"Flash"とでは、曲中に使われている映画のSEに違いがあります。又、"The Hero"は曲の構成と展開がドラマティックで非常にカッコいいので、ファンならこの2曲のために買っても損は無いかと。ただ、とくにクイーンのファンというわけじゃない人には、やっぱりきついかも(笑)。

(記:2014年5月)


    CLASSICS LIVE / AEROSMITH (1986)

CDの帯(初CD化盤):ライヴ・クラシックス / エアロスミス

CDの帯:ライヴ・クラシックス / エアロスミス


Album Cover (front): Classics Live! / Aerosmith
ゲフィン・レコードに移籍してリリースされたエアロスミスの復活アルバム"Done with Mirrors"(ダン・ウィズ・ミラーズ)の翌年にリリースされたのが、この"Classics Live!"。ただし、こちらは旧レーベルのコロムビア・レコードからのリリース。

CDの帯には「日本初CD化」と書かれていることから、多分、CDとしてリリースされて直ぐに買ったのだと思うのですが、私自身はこのアルバムをLPレコードとして見た記憶も無ければ、このCDを買った当時も、LPレコードとして存在していたという認識も無かったように思うんですよね。ということで、この辺りの記憶は多少あやふやなのですが、大好きな"Kings And Queens"のライヴ・ヴァージョンが聴けるという事が最大の購入動機だったことは何となく覚えています。

ただ、この"Kings and Queens"の出来が今一なんですよね。もうちょうと良い出来のライヴトラックがきっとあっただろうに・・・。それでも、アルバムには"Night in the Ruts"に収録の"Three Mile Smile/Reefer Head Woman"のようなレアなライヴ音源も含まれており、ファンにとっては軽視できないアルバムでもあります。それに、アルバムの最後にはボーナストラックのような形でスタジオテイクの未発表曲"Major Barbra"も収録されていますからね。大抵の場合、こういった未発表曲って、アルバムから外されたのも何となく分かるといったレベルの曲が多いのですが、この"Major Barbra"はけっこう良いんですよね。ちなみに、1991年にリリースされた"Pandora's Box"には、この曲の"Alternate Version"が収録されています。

▼ こちらは'93年のライヴ(Kings and Queens)。音声だけですが、カッコいいです。
Aerosmith Kings & Queens Live Mansfield '93
https://www.youtube.com/watch?v=YX-fFgpP_xo

Album Cover (back): Classics Live! / Aerosmith

曲ごとの詳細はクレジットされていませんが、アルバムのバックカヴァーには"These songs were recorded at various concerts between 1977 & 1983"と書かれていることから、ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードが抜けていた時期のライヴが含まれているのは間違いないでしょうね。実際、バックカヴァーのメンバー表記には、"Steven Tyler. Joe Perry, Brad Whitford, Tom Hamilton, Joey Kramer, Jimmy Crespo, Rick Dufay"と、7人の名がクレジットされていますし。ただ、今となっては、それもまた貴重なのではないかと思います。

復活アルバムの"Done with Mirrors"が未だゴールド止まりなのに対して、過去のライヴ音源を寄せ集めた、この"Classics Live!"はプラチナムに認定されていることから、結果的に"Done with Mirrors"より売れたというのは、多少皮肉めいた事実ではありますが、裏を返せば、それだけ"Done with Mirrors"が微妙なアルバムだったということなんでしょうね。実を言うと、自分自身も、当時は"Done with Mirrors"を聴いて、これはダメだろうと思いましたし、この先も前途多難というか、次はもう無いかもなんてことを思ったりもしていました。実際は、その予感も見事に外れて、次作の"Permanent Vacation"では本当の意味での復活を遂げ、その後は'70年代を凌駕するかのような活躍を見せるんですけど、当時はそんな復活劇など夢にも思っていませんでしたね。

なお、翌年の1987年には、続編とも言える"Classics Live! II"がリリースされ、1998年には、この"Classics Live!"と"Classics Live! II"を1枚にまとめた"Classics Live! (Complete)"がリリースされています。

ということで、"Classics Live! (Complete)"がリリースされた今となっては、このアルバムが存在する意義があるのか疑問に思うところではあります。この先、新品としては入手困難なアルバムとなってしまう可能性もあるのではないでしょうかね。念のためアマゾンで確認したら、今現在でも購入できるものの、この"Classics Live!"の方が、"Classics Live! (Complete)"よりも値段が高いです(笑)。

Album Cover (inside): Classics Live! / Aerosmith

TRACK LIST
1. Train Kept A Rollin' / 2. Kings And Queens / 3. Sweet Emotions / 4. Dream On / 5. Mama Kin / 6. Three Mile Smile/Reefer Head Woman / 7. Lord Of The Thighs / 8. Major Barbra (Studio Track)

1. トレイン・ケプト・ア・ローリン / 2. キングズ・アンド・クィーンズ / 3. スウィート・エモーション / 4. ドリーム・オン / 5. ママ・キン / 6. メドレー:スリー・マイル・スマイル〜リーファー・ヘッド・ウーマン / 7. 支配者の女 / 8. メジャー・バーブラ(未発表スタジオ・ヴァージョン)

NOTES
• These songs were recorded at various concerts between 1977 & 1983
• The studio track "Major Barbara" was originally recorded for the album "Get Your Wings" but remained unreleased. An alternate version is available on the compilation, Pandora's Box.
• Aerosmith 1973-1986:
Steven Tyler, Joe Perry, Brad Whitford, Tom Hamilton, Joey Kramer, Jimmy Crespo, Rick Dufay
• US 84位 (Platinum / 2001-RIAA)

• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年6月)


    ROCK IN A HARD PLACE 「美獣乱舞」 / AEROSMITH (1982)

CDの帯(初CD化盤):美獣乱舞 / エアロスミス

CDの帯:美獣乱舞 / エアロスミス

LPレコードの帯:美獣乱舞 / エアロスミス

Album Cover (front): Rock in a Hard Place / Aerosmith  Album Cover (back): Rock in a Hard Place / Aerosmith  Japanese 12-inch Vinyl LP + Obi: Rock in a Hard Place / Aerosmith

ジョー・ペリー(1979年脱退)と、ブラッド・ウィットフォード(1981年脱退)の2人のオリジナルギタリストに代わり、ジミー・クレスポ(前作でも部分的に参加)と、リック・デュフェイの2人のギタリストをメンバーに加えて制作されたアルバムが、この通算7枚目となる「Rock in a Hard Place / 美獣乱舞」。(ただし、"Lightning Strikes"のみ、ブラッド・ウィットフォードがリズムギターで参加している)

と、オリジナルメンバー2人を欠いた状態で制作されたアルバムということもあり、エアロスミスのアルバムの中では比較的影の薄い存在となっている印象があります。

とは言っても、それほど悪いアルバムとも思えないんですよね。個人的には3年後にリリースされたオリジナルメンバーでの復活アルバム"Done with Mirrors"よりも好きです。

実を言うと、エアロスミスのアルバムで、LPレコードとして持っているのは、この"Rock in a Hard Place"1枚だけなんですよね。唯一持っているエアロスミスのLPレコードが、この"Rock in a Hard Place"というのは世界的に見てもけっこう珍しいのではないでしょうか(笑)。

LPレコードのラベル:Rock in a Hard Place / Aerosmith LPレコードのラベル:Rock in a Hard Place / Aerosmith

何故、他のLPレコードは処分してしまったのに、この"Rock in a Hard Place"だけは残しておいたのかといえば、このアルバムだけは直ぐにはCD化されないんじゃないかと思ったから(笑)。

と、そういった経緯もあり、CD化された際は、待ってましたと言わんばかりに喜んで買った覚えがあります。

このアルバム、レコードでいうところのA面(1〜5)が特に充実していて、1曲目の"Jailbait"は過去のオープニング曲と比べても遜色の無いエアロらしいへヴィーな曲ですし、2曲目の"Lightning Strikes"は一時期のライヴでも頻繁に演奏されていた曲。個人的には3曲目の"Bitch's Brew"と、5曲目の"Cry Me a River"が特に好きで、当時はアルバムからは当然"Cry Me a River"がシングルになるんだろうと思い込んでいました。又、10曲目の"Push Comes to Shove"は、復活後のアルバムに収録されていても違和感の無い曲。

ということで、アルバムの中では最も好きな曲のひつである、この"Cry Me a River"、オリジナルではなく、スタンダードナンバーのカヴァー曲なのですが、ジャジーな雰囲気ながらもエアロらしさに溢れた素晴らしいカヴァーで、それこそカヴァーと言われなければオリジナルと勘違いするほど、実に渋くてカッコいいアレンジのカヴァー曲です。ほんと好きなんですよね、この曲。

▼ こちらは、1990年代以降で最も成功したジャズミュージシャンの一人とも言われているカナダ生まれの女性ジャズ・ピアニスト&シンガー、ダイアナ・クラールによる"Cry Me A River"。

Diana Krall - Cry Me A River (Live In Paris)
https://www.youtube.com/watch?v=S4hPii_RVHE

▼ そして、こちらがエアロスミスの"Cry Me A River"。

Aerosmith - Cry me a River
https://www.youtube.com/watch?v=4wmLg52Bcxs

▼ "Jailbait"も過去のオープニング曲に負けず劣らずの曲。

Aerosmith - Jailbait
https://www.youtube.com/watch?v=bm2PWJiqBlE

▼ アルバムの中では"Cry Me A River"と並んで最も好きな曲のひとつ。

Aerosmith - Bitch's Brew
https://www.youtube.com/watch?v=moCEg6npE4M

スティーヴン・タイラーのヴォーカルは言うに及ばず、演奏面ではエアロらしさを踏まえたジミー・クレスポの活躍が光るアルバムだと思うのですが、収録曲の多くがスティーヴン・タイラーとジミー・クレスポの共作曲ということを考えれば、演奏面だけではないジミー・クレスポの貢献度といった部分も、もっと評価されてもいいのではないかと思います。

アルバムジャケットのストーンヘンジはアルバムタイトルと関連していると思うのですが、それ以外にも何かしらの意味が隠されている気がしなくもありません。

▼ LPレコードの解説 & 歌詞カード

Inner Sleeve (Japanese 12-inch Vinyl LP): Rock in a Hard Place / Aerosmith

AEROSMITH - BAND MEMBERS (Listed on Inner Sleeve)
• Tom Hamilton - Bass
• Jimmy Crespo - Lead Guitar
• Joey Kramer - Drums
• Steven Tyler - Vocals, Keyboards, Harmonica, Percussion
• Rick Dufay - Guitar

TRACK LIST
1. Jailbait / 2. Lightning Strikes / 3. Bitch's Brew / 4. Bolivian Ragamuffin / 5. Cry Me A River / 6. Prelude To Joanie / 7. Joanie's Butterfly / 8. Rock In A Hard Place (Cheshire Cat) / 9. Jig Is Up / 10. Push Comes To Shove

1. ジェイルベイト / 2. ライトニング・ストライクス / 3. ビッチェズ・ブリュー / 4. 彷徨えるボリヴィアン / 5. クライ・ミー・ア・リヴァー / 6. プレリュード(ジョニーに捧ぐ) / 7. ジョニーズ・バタフライ」 / 8. ロック・イン・ア・ハード・プレイス / 9. ジィグ・イズ・アップ / 10. プッシュ・カムズ・トゥ・ショウヴ

NOTES
• Brad Whitford - Rhythm Guitar on "Lightning Strikes"

• 日本盤初回プレスCD(日本初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 32位 (Gold / 1989-RIAA)

Members Photos: Rock in a Hard Place / Aerosmith

(記:2014年6月 / 更新:2016年11月)


    JAPAN - 果てしなき反抗 & 苦悩の旋律 / 雑誌広告 (1979)

こちらは、1979年に掲載されたジャパンの1stアルバム「Adolescent Sex / 果てしなき反抗」と、2ndアルバム「Obscure Alternatives / 苦悩の旋律」の雑誌広告です。

JAPAN - ADOLESCENT SEX & OBSCURE ALTERNATIVES / JAPAN PROMO AD (1979)

雑誌広告:果てしなき反抗 & 苦悩の旋律 / Japan

アルバムの邦題に引っ掛けた「反抗の世代の共感を呼んで・・・」と、当時ならではの表現が今見ると妙に可笑しくもあるのですが、アルバムタイトルのみならず、殆どの曲に独自の邦題が付けられていたことも併せて、イメージ戦略にかける当時のレコード会社の努力が感じさせられますね。

実は、ここにある2ndアルバム(Obscure Alternatives / 苦悩の旋律)のCDは未だに持ってないんですよね。というのも、行きつけのCDショップにこのアルバムだけが置いてなかったこともあり、買いそびれたまま今に至っているのですが、現在購入できるのは青いロゴの部分が赤になっていたり、ボーナストラックが入ったりしていて買う気が起きないし・・・。というわけで、余計なボーナストラックが入ってないオリジナルの収録曲だけのアルバムが欲しいと思いながら年月だけが流れてしまっているのですが、SHM-CDとか紙ジャケットとかいらないから、オリジナルに忠実な形で再発売してくれないかなぁ・・・。

▼ JAPAN - Live in Japan/1979/Sometimes I Feel So Low/European Son
https://www.youtube.com/watch?v=pr-k_rQS-QQ

(記:2014年6月 / 更新:2015年4月)


    SIMON AND GARFUNKEL'S GREATEST HITS / SIMON & GARFUNKEL (1972)

CDの帯:グレーテスト・ヒット / サイモン & ガーファンクル

Album Cover (front): Simon and Garfunkel's Greatest Hits / Simon & Garfunkel Album Cover (back): Simon and Garfunkel's Greatest Hits / Simon & Garfunkel CD Case (back cover): Simon and Garfunkel's Greatest Hits / Simon & Garfunkel

私が初めて買ったサイモン & ガーファンクルのアルバムが、この"Greatest Hits"でした。このCDを買った当時は、サイモン & ガーファンクルのベストアルバムといえばこれ一枚だけでしたから、どのベストにしようかと迷う事も無かったんですよね。

ところがどっこい、実はコレ、にわかファンの私がまんまとやられたアルバムでもあります。「なんだよコレは」と思った事は今でも忘れません(笑)。

というのも、珠玉の名曲を集めたオリジナルのカセットテープに「The Sound Of Silence / サウンド・オブ・サイレンス」と「Bridge Over Troubled Water / 明日に懸ける橋」を入れたくて買ったのに、共にライヴ曲の後に収録されているその2曲が、どちらもイントロ部分に前の曲の歓声と拍手が被った編集がされているんですよね。さすがにコレには参りました(笑)。まぁ、今では、その苦い経験も、それはそれで思い出のひとつになっているんですけどね。

でもね、アルバム全体を通して聴くと、これがけっこう良いんですよね。ポール・サイモンとアート・ガーファンクル自らが選曲したアルバムらしいですが、単なる寄せ集めではなく、ひとつの作品としての流れが感じられるアルバムといった印象。

ということで、曲単体で携帯プレーヤー等に取り込んで聴いたりする分には不向きなアルバムではあるのですが、貴重なライヴテイクが4曲収録されている点や思い入れも加えて、ファンの人にとっては単なるベストとは一線を画する特別なアルバムなのかもしれません。何せ、この"Simon and Garfunkel's Greatest Hits"は、アメリカだけで1,400万枚(2014年現在)のセールスを記録している大ヒットアルバムでもあるわけですからね。それと、私が購入したこの日本盤だと、アルバムタイトルの表記が「グレイテスト・ヒッツ」ではなく、LPレコード時代のタイトル表記を踏襲した「グレーテスト・ヒット」となっているのも見逃せない重要なポイントです(笑)。

なお、1968年にリリースされた通算4作目(サウンドトラックは除く)のアルバム「Bookends / ブックエンド」では"Old Friends"とのメドレーという形で収録されている13曲目の"Bookends"ですが(オリジナルアルバムでの表記は"Bookends Theme")、このアルバムでは綺麗に単体処理されて収録されています。

ちなみに、私がサイモン & ガーファンクルの曲と最初に意識して聴いた曲はといえば、サイモン & ガーファンクルの曲として初めてカセットテープに録音して聴いていた「The Boxer / ボクサー」でした。

TRACK LIST
1. Mrs. Robinson / 2. For Emily, Whenever I May Find Her [Live] / 3. The Boxer / 4. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) [Live] / 5. The Sound Of Silence / 6. I Am A Rock / 7. Scarborough Fair/Canticle / 8. Homeward Bound [Live] / 9. Bridge Over Troubled Water / 10. America / 11. Kathy's Song [Live] / 12. El Condor Pasa (If I Could) / 13. Bookends / 14. Cecilia

1. ミセス・ロビンソン / 2. エミリー・エミリー [ライブ] / 3. ボクサー / 4. 59番街橋の歌(フィーリン・グルーヴィー) [ライブ] / 5. サウンド・オブ・サイレンス / 6. アイ・アム・ア・ロック / 7. スカボロー・フェア/詠唱 / 8. 早く家へ帰りたい [ライブ] / 9. 明日に懸ける橋 / 10. アメリカ / 11. キャシーの歌 [ライブ] / 12. コンドルは飛んで行く / 13. ブックエンド / 14. いとしのセシリア

NOTES
• US 5位 (14x Platinum / 14,000,000-RIAA)、UK 2位 (2x Platinum / 600,000-BPI)、France (Diamond / 1,000,000-SNEP)、Germany (2x Platinum / 1,000,000-BVMI)

• CD発売日:1988年7月1日
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年7月)


    LOTUS 「ロータス」 / CHRISTINA AGUILERA (2012)

CDの帯(初回プレス盤):ロータス / クリスティーナ・アギレラ

Album Cover: Lotus / Christina Aguilera   CD Case (inside): Lotus / Christina Aguilera

物議を醸し出した2010年の問題作「Bionic / バイオニック」から、サウンドトラックの「Burlesque / バーレスク」を経てリリースされた5作目オリジナルアルバムがこの「Lotus / ロータス」。ただ、賛否両論があったというか、否定的な意見も多かった"Bionic"も私自身はけっこう気に入ってました。

アルバムタイトルの"Lotus"とは蓮(はす)または水蓮(すいれん)のことで、そのことについては、「私にとって蓮は不屈の花であり、どんなに過酷な環境に置かれても、どんなに困難な状況に直面しても、常に力強く咲き続ける花なのよ」と、ライナーノーツの中にアギレラ自身の言葉として記されています。

ということで、泥水の中から伸び生え、大輪の花を咲かせる蓮や水蓮のそういったイメージと重ね合わせた意味合いが含まれているようですね。

また、蓮といえば、釈迦の台座として仏画などによく描かれていますが、仏教に於ける蓮とは欲にまみれず清く生きる象徴として捉えられてるようです。ただ、妖艶なアギレラの写真が満載のブックレットを見る限りは、アルバムに於ける宗教的な意味合いは無さそう。

私自身は、このアルバムもリリースされて直ぐに買ったのですが、実はここまで取り上げていなかったのは、いまひとつピンとこなかったからで、個人的には収録曲の充実度と楽曲そのもののクオリティーという点では前作の"Bionic"の方に分があったように思います。まぁ、この辺りは好みの部分も多分に含まれているとは思いますが。ただ、日本盤の場合だと、いくらミックス違いとはいえ、同じ曲が3曲もあるというのはどうかと思いますね。個人的にはリミックスの2曲は、無いなら無いで別に構わないかなといった感じ。

それでも、せっかく購入したのだから、聴き続けていれば、耳に馴染んで、そのうちこのアルバムの魅力を発見できるんじゃないかと、けっこう繰り返し聴いたんですよね。実際、そうやって好きになったアルバムもありますしね。

そんなこんなで、繰り返し聴いていくうちに分かったのは、自分にはどうしても好きになれない曲が何曲かあることと、この曲順による流れがどうも合わないということでした。

と、そういった経緯から、好きになれない曲はカットして、曲順を変えて聴いてみたら、当初よりも印象は良くなった感じです。

ちなみに今現在はこんな感じの曲順で落ち着いています。

1. Lotus Intro / 2. Empty Words / 3. Army of Me / 4. Red Hot Kinda Love / 5. Circles / 6. Blank Page / 7. Your Body / 8. Around the World / 9. Cease Fire / 10. Just a Fool / 11. Light Up the Sky / 12. Let There Be Love

それでも、借り物とかだったら、もしかしたら、そのまま聴かずにいたかもしれないので、そういった意味では、やはりアルバムを買って良かったと思いますね。対価を払って買ったものだと、気に入らないからポイとはそう簡単にはできませんからね。

ただ、そうは言っても、個人的にはやはり前作の"Bionic"の方が好きかな。

Booklet: Lotus / Christina Aguilera Booklet: Lotus / Christina Aguilera Booklet: Lotus / Christina Aguilera

なお、アメリカでは13曲が収録された通常盤と、「14. Light Up the Sky」 「15. Empty Words」 「16. Shut Up」 「17. Your Body (Martin Garrix Remix)」の4曲を加えたデラックス・エディションの2種類がリリースされていますが、日本盤はそのデラックス・エディションに「18. Your Body (Ken Loi Remix)」を加えた全18曲という構成になっています。

▼ Christina Aguilera - Around The World (Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=IlmQUH9KbvE

▼ Christina Aguilera - Army Of Me (Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=0Subf21jEEw

▼ Christina Aguilera - Empty Words (Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=OhT_6sybfus

TRACK LIST (Japan Edition)
1. Lotus Intro / 2. Army Of Me / 3. Red Hot Kinda Love / 4. Make The World Move (featuring Cee Lo Green) / 5. Your Body / 6. Let There Be Love / 7. Sing For Me / 8. Blank Page / 9. Cease Fire / 10. Around The World / 11. Circles / 12. Best Of Me / 13. Just A Fool (with Blake Shelton) / 14. Light Up The Sky / 15. Empty Words / 16. Shut Up / 17. Your Body (Martin Garrix Remix) / 18. Your Body (Ken Loi Remix) [Bonus Track For Japan]

1. ロータス・イントロ / 2. アーミー・オブ・ミー / 3. レッド・ホット・カインダ・ラヴ / 4. メイク・ザ・ワールド・ムーヴ feat. シーロー・グリーン / 5. ユア・ボディ / 6. レット・ゼア・ビー・ラヴ / 7. シング・フォー・ミー / 8. ブランク・ページ / 9. シーズ・ファイア / 10. アラウンド・ザ・ワールド / 11. サークルズ / 12. ベスト・オブ・ミー / 13. ジャスト・ア・フール with ブレイク・シェルトン / 14. ライト・アップ・ザ・スカイ / 15. エンプティー・ワーズ / 16. シャット・アップ / 17. ユア・ボディ(マーティン・ギャリックス・リミックス) / 18. ユア・ボディ(ケン・ロイ・リミックス) [日本盤ボーナス・トラック]

NOTES
• Album: 7位 (US)、28位 (UK)
• Singles: "Your Body" 34位 (US)、16位 (UK) / "Just a Fool" 71位 (US)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年7月)


    HYDRA / TOTO (1979)

CDの帯:ハイドラ / TOTO

Album Cover (front): Hydra / TOTO   Album Cover (back): Hydra / TOTO

この「Hydra / ハイドラ」は1979年にリリースされた"TOTO"のセカンドアルバムです。今は、このアルバムを繰り返し聴きながら、この記事を書いているのですが、それにしても、この頃の"TOTO"はほんと良いですね。

アルバムだと、スキップして聴く曲があったりすることも多いのですが、このアルバムはそれが無いんですよね。それぞれの曲に違った魅力があり、全曲が甲乙付け難いほど好きです。付け加えるなら、ボビー・キンボール、デヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ルカサーという3人のヴォーカル曲のバランスも良いんだと思います。

と言いつつも、レコードで購入した当時は、多少難解な1曲目は曲自体が長いこともあり、いつもスキップして2曲目の"St. George And The Dragon"から聴いていたんですよね。ということで、タイトルトラックである1曲目の"Hydra"の魅力に気付いたのはCDを買ってからのことでした。

このアルバムからは、"St. George and the Dragon"、"99"、"All Us Boys"の3曲がシングルカットされているのですが、チャート上ではセカンドシングルの"99"以外はビルボードチャートでも100位以下に終わるなど、いまひとつ盛り上がりに欠けた結果に終わっています。

私自身はと言えば、当時から"99"以上に"St. George and the Dragon"が好きだったこともあり、今でも"Hydra"といえば"St. George and the Dragon"というイメージがあるんですけどね。

アルバム自体のセールスも、アメリカでは前作より反応が良くなかったのは、プログレッシヴな展開を見せる冒頭の2曲がとっつきにくい印象を与えた所為なんでしょうか・・・。個人的にはアルバムのテーマとマッチしたスケール感溢れるこの2曲の展開こそがアルバムの特徴であり魅力だと思っているのですが・・・。

そして、3曲目には、ビルボードチャートで26位を記録したクールな"99"が続くという流れも結構好きで、その後には、クイーンでいうところの"You and I"のようなワクワク感のあるメロディーラインが印象的な"Lorraine"で、レコードで言うところのA面を締めるという構成も素晴らしいですね。

B面は、次作の"Turn Back"に通じるハード・ドライヴィンな"All Us Boys"で軽快に幕を開け、続いては、どことなくファーストアルバムの面影もあるブルージーな"Mama"。そして最高にカッコいい"White Sister"で燃え上がって、最後は"A Secret Love"でクールダウンという非の打ち所が無い構成も見事。"A Secret Love"も普通に美しいバラードにしようと思えばできたのでしょうが、どこか不思議な印象のある曲に仕上がっているのがこのアルバムらしいところかもしれません。

そういえば、以前に書いた「Turn Back / ターン・バック」の記事でも、ファーストアルバムの「TOTO / 宇宙の騎士」や「Hydra / ハイドラ」、「TOTO IV / 聖なる剣」と並んで好きなアルバムと書いていましたが、いやぁ、4作目まではそれぞれに違った魅力があって、ほんと素晴らしいと思います。どれか一枚選べと言われても選ぶのが難しいですね。でも、究極の選択を迫られたらこの"Hydra"を選ぶかも。

CD: Hydra / TOTO ただ、この手持ちのCDはジャケットの紙がペラペラなんですよね。コピー用紙2枚を重ねた厚さしかない感じでちょっといただけません。こんなところでコストダウンするようなら、別に100円くらい高くても構わないんですけどね・・・。それと、このCDラベル。確かにLPレコードのラベルもファーストアルバムに描かれていた剣が模してあったのですが、LPレコードでは背景が淡い青色になっていたんですよね。これじゃ、まんまファーストアルバムじゃないですか(笑)。帯の「NICE PRICE!」表記も邪魔。折角、LP時代の帯のイメージを踏襲したようなデザインなのに勿体ない。まぁ、中ジャケットや、歌詞カードの表と裏がカラーだった部分と歌詞の文字がジャケットに描かれているロゴに合わせた筆記体だったことも再現されているので、努力の跡は感じるんですけどね。ただし、CDサイズに縮小された筆記体の歌詞だと小さくて全然読めませんが(笑)。

Album Cover (inside): Hydra / TOTO

実は、当時、このアルバム(LPレコード)を買う前に、"St. George And The Dragon"のシングルを先に買っていたんですよね。ということで、"Hydra"といえば"St. George and the Dragon"というイメージがあるのは、そういったことも関係しているんだと思います。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: St. George And The Dragon 「St. ジョージ & ザ・ドラゴン」 / TOTO  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): St. George And The Dragon 「St. ジョージ & ザ・ドラゴン」 / TOTO

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: St. George And The Dragon 「St. ジョージ & ザ・ドラゴン」 / TOTO

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: St. George And The Dragon 「St. ジョージ & ザ・ドラゴン」 / TOTO

この"Hydra"に関しては、アルバムリリース後のインタビュー記事を読んだ記憶は確かにあるのですが、何故か、"99"の後半のギターソロは即興で演奏したものだというスティーヴ・ルカサーの言葉しか記憶に残ってないんですよね。逆に言えば、それだけ、あのどこかもの悲しげなソロが即興だったことに衝撃を受けたのかもしれませんね。それと、ジャケットの剣を持った男性が何度見てもリッチー・ブラックモアにしか見えなかったことも印象に残っている思い出のひとつですね(笑)。

TOTO - BAND MEMBERS (Listed onInside Cover)
• David Paich (デヴィッド・ペイチ ) - Keyboards, Vocals
• Steve Porcaro (スティーヴ・ポーカロ) - Keyboards, & Electronics
• Bobby Kimball (ボビー・キンボール) - Vocals
• Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー) - Guitars, Vocals
• Jeffrey Porcaro (ジェフ・ポーカロ) - Drums, Percussion
• David Hungate (デヴィッド・ハンゲイト) - Bass, Guitar

▼ TOTO - Hydra (動画のタイトルは"St. George And The Dragon "になっていますが、"Hydra"です)
https://www.youtube.com/watch?v=Dl_VL5LR-do

▼ TOTO - St. George And The Dragon (動画のタイトルは"Hydra"になっていますが、"St. George And The Dragon "です)
https://www.youtube.com/watch?v=DS_-j7tv_MQ

▼ TOTO - All Us Boys
https://www.youtube.com/watch?v=D3D3yAFHOC4

▼ TOTO - White Sister (Live in Tokyo 1980 - Hydra Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=u28fUHiiAO4

▼ TOTO - All Us Boys (Live in Tokyo 1980 - Hydra Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=lgq0oJ0uqt0

TRACK LIST
1. Hydra / 2. St. George And The Dragon / 3. 99 / 4. Lorraine / 5. All Us Boys / 6. Mama / 7. White Sister / 8. A Secret Love

1. ハイドラ / 2. St. ジョージ & ザ・ドラゴン / 3. 99 / 4. ロレイン / 5. オール・アス・ボーイズ / 6. ママ / 7. ホワイト・シスター / 8. シークレット・ラヴ

NOTES
• Lead vocals: Bobby Kimball (2, 6, 7, 8) / David Paich (1, 4, 5) / Steve Lukather (3)

• 2005年再発盤(2001年デジタル・リマスター)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 37位 (Gold / 1980-RIAA)
• Single: "99" US 26位

(記:2014年7月 / 更新:2016年6月)


    REVENGE / KISS (1992)

Album Cover (front): Revenge / KISS   Album Cover (back): Revenge / KISS   CD: Revenge / KISS

1989年にリリースされた前作の「Hot In The Shade / ホット・イン・ザ・シェイド」から3年ぶりとなったアルバムが、この「Revenge / リヴェンジ」。若干インターバルがあったのは、メンバーのひとりであるエリック・カーが病により他界してしまったことが影響していると思われます。ただ、アルバムタイトルについていえば、"Revenge"というタイトルになるという話しはエリック・カーが亡くなる前から伝えられていたので、その「復讐」というタイトルに、エリック・カーへの弔いの意味が込められている訳ではありません。

しかしながら、このアルバムがエリック・カーに捧げられたアルバムであることは、アルバムの最後に収録されているトラックを見れば分かりますし、ブックレットのクレジットにも"This album is dedicated to the memory of Eric Carr"との一文が添えられています。

ということで、病の所為で部分的な参加に留まってしまったこのアルバムがエリック・カーの遺作となってしまったのですが、ファンとしては、しんみりとするのではなく、ここはやはり、アルバム最後に収録されているトラック"Carr Jam 1981"のドラムソロに合わせて「エリック!エリック!」と心の中で声援を送る感じ(1980年のシドニーでのライヴのように)で聴くのがいいかと。

サウンドについて言えば、前作とは打って変わって、かなりダークでヘヴィーな印象で、キッスのアルバムの中では「Hotter Than Hell / 地獄のさけび」、「Creatures Of The Night / 暗黒の神話」と並ぶヘヴィーなサウンドではないかと思います。

恐らくは、この当時のロックの主流であったハード・コアやグランジといったスタイルを取り入れて、彼ら流に消化したのだと思いますが、ヘヴィーながらもドラマティックな展開が目立つのは、「Destroyer / 地獄の軍団」、「Music From "The Elder" / 魔界大決戦」といった過去のアルバムでも携わったボブ・エズリンを三度プロデューサーに起用したことも一因かと。

又、そのボブ・エズリンについては、アルバムのブックレットにインタビュー記事が掲載されており、そこには「KISSは、悪のイメージを持ったバンドであるべきだとは思わないか?彼らがナイスガイではつまらない」との一文も見受けられます。

収録曲はポールの曲とジーンの曲でカラーがくっきりと別れている印象。そういえば、ジーンの曲がアルバムのオープニングを飾るというのも初めてのことなんですよね。

Slipcase: Revenge / KISS KISS - Revenge (1992) 日本盤初回プレス

日本盤の初回プレスはジャケットと同じデザインの特製スリップケース付きで、ジャケットを兼ねた24ページの通常ブックレットに加えて、24ページのスペシャルブックレットが別途に付属。

なお、スペシャルブックレットには、ポール・スタンレー、ジーン・シモンズ、ブルース・キューリック、それに、新メンバーのエリック・シンガー、そして、故エリック・カーのサインとメッセージが、それぞれ個別にレイアウトされています。


▼ スペシャルブックレット

Special 24-page Booklet: Revenge / KISS Special 24-page Booklet: Revenge / KISS Special 24-page Booklet: Revenge / KISS

▼ 通常ブックレット & スペシャルブックレット

Booklet & Special 24-page Booklet: Revenge / KISS   Booklet & Special 24-page Booklet: Revenge / KISS

再三、ポールとジーンの口から発せられていた「回復すればエリック・カーはラインナップに戻る」との言葉は、残念ながら現実のものとはならなかったものの、アルバムは米英で共にトップ10に入るヒットを記録。そして、シングルの"God Gave Rock 'N' Roll to You II"がイギリスで4位を記録するなど、このアルバムを機にバンドは再び上昇気流に乗り、その後は、本人たちも否定し続けていた、まさかのオリジナルメンバーでのリユニオンに繋がる訳ですが、仮にエリック・カーの病状が奇跡的に回復したのであれば、そのリユニオンも、きっとピーターとエリックのツインドラムというスタイルになっていたのではないかと個人的には思っています。見たかったなぁ、ツインドラムがせり上がるステージを・・・。

なお、"God Gave Rock And Roll To You II"は、アージェントの"God Gave Rock And Roll To You"(1973)のカヴァーで、曲名の最後に「II」と入っているのは、サビのパート以外の歌詞が別物と言ってほどに大きく変えられているからで、ソングライターの表記もオリジナルのラス・バラードに加え、ポール・スタンレー、ジーン・シモンズ、そしてプロデューサーのボブ・エズリンの名が併記されています。

又、"God Gave Rock And Roll To You II"のミュージックビデオは、一時的に回復に向かっていたエリック・カーも参加して制作されました。

▼ KISS - God Gave Rock and Roll To You II (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=F1yvQV7J47o

▼ KISS - Unholy (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=kfmrX_WlM2w

▼ KISS - God Gave Rock 'n' Roll To You II (Alive III)
https://www.youtube.com/watch?v=5m14qsPtnTM

それにしても、その後はリユニオンの期間を除き、ずっとキッスのドラマーとしてバンドを支えていくことになるエリック・シンガーも、この時点では、まさか自分がメイクしてステージに立つなんてことは考えもしなかったのではないでしょうかね。

アルバムに関しては、当時からそうなんですが、"Unholy"〜"God Gave Rock 'n' Roll to You II"〜"Heart of Chrome"・・・という曲順でスタートする聴き方が好きです。

TRACK LIST
1. Unholy / 2. Take It Off / 3. Tough Love / 4. Spit / 5. God Gave Rock 'N' Roll To You II / 6. Domino / 7. Heart Of Chrome / 8. Thou Shalt Not / 9. Every Time I Look At You / 10. Paralyzed / 11. I Just Wanna / 12. Carr Jam 1981

1. アンホーリー / 2. テイク・イット・オフ / 3. タフ・ラヴ / 4. スピット / 5. ゴッド・ゲイヴ・ロックン・ロール・トゥ・ユー II / 6. ドミノ / 7. ハート・オブ・クローム / 8. ソウ・シャルト・ノット / 9. エヴリ・タイム・アイ・ルック・アット・ユー / 10. パラライズド / 11. アイ・ジャスト・ウォナ / 12. エリック・カーに捧ぐ〜カー・ジャム 1981

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley - Lead Vocals, Guitar
• Gene Simmons - Lead Vocals, Bass
• Bruce Kulick - Guitars and Leads
• Eric Singer - Drums and Vocals
• Eric Carr - Backing Vocals on "God Gave Rock 'n' Roll to You II", Drums on "Carr Jam 1981"

NOTES
• Album: US 6位(Gold / 1992-RIAA)、UK 10位
• Singles: "God Gave Rock 'n' Roll to You II" UK 4位 / "Unholy" UK 26位

• KISS - Revenge (1992) [1st Japan press]
KISS Revenge, 1992 Japanese first issue limited edition 12-track CD album including special 24-page Kiss photofile booklet plus 24-page picture sleeve booklet with lyrics, all housed in an outer picture slip-case.

• This CD had no obi from the biginning.

• This album is dedicated to the memory of Eric Carr.

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年7月 / 更新:2016年10月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 20 Navigation Part 21   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.