Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 2
01. FACE THE MUSIC / E.L.O. (1975)
02. A NIGHT AT THE OPERA 「オペラ座の夜」 / QUEEN (1975)
03. A DAY AT THE RACES 「華麗なるレース」 / QUEEN (1976)
04. OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977)
05. NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979)
06. DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978)
07. ON AIR / ALAN PARSONS (1996)
08. TIN DRUM 「錻力の太鼓」 / JAPAN (1981)
09. EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980)
10. ALPHA 「アルファ」 / ASIA (1983)
    FACE THE MUSIC / E.L.O. (1975)

CDの帯(初CD化盤):フェイス・ザ・ミュージック / エレクトリック・ライト・オーケストラ

Album Cover (front): Face The Music / E.L.O.
レコード店で未だ見ぬ強豪はいないかと物色していた十代の頃に、"Electric Light Orchestra"というグループ名と、アルバムタイトル、それに電気椅子をあしらった何やら怪しげなジャケットの雰囲気に惹かれ、どんなバンドかは勿論のこと、どんなサウンドかも知らないまま、インスピレーションに賭けて買ったもので、自分にとってはこのアルバム「Face The Music / フェイス・ザ・ミュージック」が"E.L.O."との最初の出会いでした。

レコードに針を落とすまでは、どんなサウンドが飛び出してくるのかと期待する一方、お小遣いが無駄になってしまうかもしれないという不安も抱えていましたが、1曲目の"Fire on High"と、2曲目の"Waterfall"を聴いた時点で、この賭けが当たりだと確信したことを何となく覚えています。でも、実際は、お小遣いをはたいて買ったものが無駄にならなくて良かったと胸を撫で下ろすようなところも多分にあったのかもしれません。それでも、結果的に、またひとつ独自の音の世界を構築するミュージシャンに出会えた事に当時は喜んだものです。その後のきらびやかなサウンドに比べると多少地味な印象を受けますが、骨格となる楽曲のクオリティーは高く、今でも良く聴くアルバムのひとつです。全体を通して何となく穏やかな雰囲気があるところが好きなんですよね。

アルバムはビルボードチャートで8位を記録し、シングルカットされた2曲も、"Evil Woman"が10位、"Strange Magic"が14位と、それぞれに上位に入るヒットを記録していますが、個人的には"Fire On High"、"Waterfall"、"Nightrider"、"One Summer Dream"といった曲もシングルカット曲に負けず劣らず気に入っています。と言うか、"Down Home Town"以外は全部好きですね。残念ながらこの曲だけは当時からちょっと苦手で、いつもスキップして聴いていました。

Album Cover (back): Face The Music / E.L.O. 世の中の主流がレコードからCDへと変わった後も、権利関係の問題からか、中々CD化されずにいた"E.L.O."のアルバムがCDとして全て出揃ったのは'90年代に入ってからでした。そのようなことから、しばらくの間は'87年にポツンとCD化された、この"Face The Music"が、"E.L.O."のアルバムとしては唯一CD化されたアルバムという状況でした(最初からCDとしてリリースされた'86年の「Balance of Power / バランス・オブ・パワー」を除いて)。

ということで、'80年代後半と言えば、CDも出たばかりで、まだまだ値段も高く、旧作と言えども殆んどが3,000円以上していたことから、この時に買ったCDの帯には「特別価格 \2,800」と、そういった時代を感じさせられるような記載がされています。

ただし、このCD、LP時代にはあった"Fire On High"、"Waterfall"、"Evil Woman"、"Strange Magic"といった曲の序曲的なイントロ部分は全てカットされていたんですよね。当時はその点で多少違和感があったものの、今では、他のアルバムの曲と混ぜて聴くような場合だと、このCDにあるヴァージョンもいいんじゃないかと思っています。それと、いつもスキップしていたので当初は気付かなかったのですが、実は"Down Home Town"もイントロ部分がカットされたヴァージョンになっているんですよね。

ちなみに、私が持っているこの"Face The Music"以降のアルバムも、その後、全てのアルバムがCD化された際に購入した初版になるので、ボーナストラックなどは勿論のこと、リマスターなどもされていませんが、そのサウンドは心の中にある様々な思い出へとリンクされている感じです。

▼ Electric Light Orchestra - Fire On High
https://www.youtube.com/watch?v=Yt6o03K_y54

▼ Electric Light Orchestra - Waterfall
https://www.youtube.com/watch?v=b-TFYPXPQjM

▼ Electric Light Orchestra - Nightrider
https://www.youtube.com/watch?v=EtT3pC01pc4

▼ Electric Light Orchestra - One Summer Dream
https://www.youtube.com/watch?v=NnBJSTGL_uQ

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Guitar, Vocals, Backing Vocals
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion, Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Piano, Moog, Guitar, Clavinet
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Vocals, Backing Vocals
• Mik Kaminski (ミック・カミンスキー) - Violin
• Melvyn Gale (メルヴィン・ゲイル) - Cello
• Hugh McDowell (ヒュー・マクドウェル) - Cello

TRACK LIST
1. Fire On High / 2. Waterfall / 3. Evil Woman / 4. Nightrider / 5. Poker / 6. Strange Magic / 7. Down Home Town / 8. One Summer Dream

1. ファイアー・オン・ハイ / 2. 滝 / 3. イヴィル・ウーマン / 4. ナイトライダー / 5. ポーカー / 6. ストレンジ・マジック(不思議な魔術) / 7. ダウン・ホーム・タウン / 8. 夏の日

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年7月)


    A NIGHT AT THE OPERA 「オペラ座の夜」 / QUEEN (1975)

CDの帯(初CD化盤):オペラ座の夜 / クイーン

Album Cover (front): A Night at the Opera / Queen
このクイーン4作目のアルバム「 Night at the Opera / オペラ座の夜」は、言わずと知れたロック史上に燦然と輝く名盤中の名盤ですね。前作で打ち出されたコンテンポラリーな方向性をより増幅させた感じで、曲によってはブライアンが琴やハープ、ウクレレを弾いていたりといったことからも、このアルバムの多様性が伺い知れます。又、アルバム全体がひとつの作品としてコンセプト化されているため、曲間が異常に短かかったり、メドレー化されていたりするところも特徴のひとつです。

"Seaside Rendezvous"や"Good Company"といったフックとなるような曲のアレンジもよく練りこまれており、クラシック的エッセンスを感じさせる名曲"Love of My Life"や、ブライアンの牧歌的なヴォーカルとアコースティックギターが印象的な"39"、ロジャーのハードで伸びのあるヴォーカルが魅力的な"I'm in Love With My Car"、ジョンのソングライティング力が光るポップな"You're My Best Friend"、大作"The Prophet's Song"、コミカルな"Lazing on a Sunday Afternoon"など、実にバラエティー豊かな楽曲が何の違和感もなくひとつにまとめられており、それらの楽曲があってこそ"Bohemian Rhapsody"の存在意義もあることがあらためて感じさせられます。なお、ジャケット中央に描かれたロゴのオリジナルデザインは、フレディがメンバー4人の誕生サインとなる星座のキャラクターを組み合わせ考案したものです。

Album Cover (back): A Night at the Opera / Queen ちなみに、私が持っているこの"A Night at the Opera"のCDは、'80年代後半にクイーンのアルバムが初めてCD化された際に購入したものなのですが、このときにリリースされたそれぞれのアルバムの帯はLPレコードに付いていたものを再現したデザインになっていたので、どことなく懐かしくもありましたね。

ただ、このCD、初CD化ということで起きたミスなのか、トラック割りがきちんとされていないんですよね。例えば、"Death on Two Legs"から"I'm in Love With My Car"まで間髪空けずに曲が続くところは、曲の最後がちょっぴり欠ける所為で、次の曲の頭には前の曲の終わりがちょっぴり入りますし、"Good Company"に至っては、エンディングのヒュルルルル・・・という部分が丸々切れているので、次の"Bohemian Rhapsody"はそのヒュルルルル・・・の音から曲が始まります。アルバムを通して聴く分には問題ないのですが、曲単位で聴く場合は困りものですし、パソコンや携帯プレーヤーなどに取り込んで聴く場合は、音楽編集ソフトを使って編集し直さないといけません。

先にも述べたように、私が持っているクイーンのアルバムでは、この"A Night at the Opera"を含めて、"Sheer Heart Attack"から"Hot Space"までのCDが、'80年代後半に初めてCD化された際に購入した、俗に言う「初版」というものです。勿論、リマスターなどされている訳でもなく、現在リリースされているものに比べると音質的にはしょぼいのですが、それでも、マスターテープからそのまま落とされただけの音が何となくレコード盤に近い感じがして親しみがあるんですよね。

ラジオで聴いた一大組曲"Bohemian Rhapsody"に衝撃を受け、それがクイーンの曲だとは知りつつも、曲名を憶えていなかったので、確か「ママ〜」とか「ガリレオ」とか言ってたよなという記憶を頼りにレコード店で歌詞カードを見ながら探して買ったシングル盤。多分これが自分のお金で買った最初のレコードだったと思います。でも、家に帰ってレコードに針を落とすまでは本当にこれなのか不安でしたね。その後、お小遣いを貯めて買ったアルバムは、あまりにも曲間が短いため、不良品なんじゃないかと一時期真剣に思ったりもしてました。

ちなみに大ヒットを記録したこの曲のB面にはロジャー作の"I'm in Love With My Car"が収められているのですが、シングル盤の場合、B面に収められた楽曲のコンポーザーにもA面のコンポーザーと同等の印税が入ってくるらしいですね。ロジャー丸儲け。(笑)


Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Bohemian Rhapsody / Queen

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Bohemian Rhapsody (A-side) / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: I'm in Love With My Car (B-side) / Queen

TRACK LIST
01. Death On Two Legs (Dedicated To...) 「デス・オン・トゥー・レッグス」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
02. Lazing On A Sunday Afternoon 「うつろな日曜日」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
03. I'm In Love With My Car 「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor
04. You're Best Friend 「マイ・ベスト・フレンド」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury / Electric Piano: J. Deacon
05. '39 「'39」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
06. Sweet Lady 「スウィート・レディ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
07. Seaside Rendezous 「シーサイド・ランデヴー」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. The Prophet's Song 「預言者の歌」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury / Toy Koto: B. May
09. Love Of My Life 「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury / Harp: B. May
10. Good Company 「グッド・カンパニー」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May / Ukelele: B. May
11. Bohemian Rhapsody 「ボヘミアン・ラプソディ」
• Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury / Operatic Vocals: F. Mercury, B. May, R. Taylor
12. God Save The Queen 「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」 • Trad. Arr.May

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ Queen - You're My Best Friend (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=HaZpZQG2z10

▼ Queen - Bohemian Rhapsody (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=fJ9rUzIMcZQ

▼ おまけ

Queen - Bohemian Rhapsody (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=hlMNKnHLMkk

(記:2003年 / 更新:2017年7月)


    A DAY AT THE RACES 「華麗なるレース」 / QUEEN (1976)

CDの帯(初CD化盤):華麗なるレース / クイーン

Album Cover (front): A Day at the Races / Queen
クイーンのアルバムの中でも取り分け良く聴いていた思い出がある一枚がこの「A DAY AT THE RACES / 華麗なるレース」。アルバムタイトルは、前作の"A Night at the Opera"同様、マルクス・ブラザーズの映画からとられたもので、ジャケットデザインからも伺われるように前作と対を成す格好になっています。

収められた楽曲のクオリティーは傑作アルバムと言われた前作に勝るとも劣らず、こちらも又、大変素晴らしいアルバムですが、一般的にはその「A Night at the Opera / オペラ座の夜」に隠れた感じで、評価される事が少ないように見受けられる点は非常に残念です。

大成功の後だけに、彼ら自身も、この"A Day at the Races"を制作するにあたっては、相当な意気込みがあったであろうことは想像に難くないですが、アナログテープに多重録音を繰り返して構築された重厚なサウンドは、そんな意気込みが随所に感じられ、個人的には今でも彼らの音作りの頂点に位置する出来だと思ってます。言い方を変えれば。手抜きしている部分が見えないということにもなるのですが、中でもコーラス・ハーモニーの美しさは"Queen"史上最高と言える程に素晴らしく、リードヴォーカルとの絡みも実に見事で、それは"You Take My Breath Away"や"You and I"、そして、その集大成とも言えるゴスペル的要素が取り入れられた名曲、"Somebody to Love"で頂点に達した感もあります。又、一部日本語で歌われる"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"は、そういった話題を抜きに、楽曲としての完成度も高く、"Queen"以外の誰がやるであろう、ロックにワルツのリズムを取り入れた"The Millionaire Waltz"も実は隠れた名曲。ちなみに、誇らしげにクレジットされたいた"No Synths!"の文字が見れるのもこのアルバムが最後です。

Album Cover (back): A Day at the Races / Queen 恐らくは"Bohemian Rhapsody"以上に聴いたであろう曲が、このアルバムからのファーストシングルにもなった"Somebody to Love"。この曲はシングルとしてはちょっと長めの曲なので、ヒットしている時でもラジオでフルコーラス流れることは滅多になく、毎回残念がっていたことを覚えています。大抵は後半のハンドクラップスが入るコーラス部分でフェードアウトされていましたね。当時は"Bohemian Rhapsody"を作った後に、よくもまぁこんなスゴイ曲を作れるもんだと、いたく感心して聴いていた記憶があります。

それと、突然ハマる曲が次々と出てきたのもこのアルバムならではの思い出ですね。当初は、"Somebody to Love"、"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"、"Long Away"、"You And I"、"Good Old Fashioned Lover Boy"といった曲がとりわけ好きでよく聴いていたのですが、その後は、"You Take My Breath Away" → "The Millionaire Waltz" → "Drowse"といった曲にハマっていったことは今でも覚えています。又、アルバムを買う前は、先に購入したシングル「Somebody to Love / 愛にすべてを」のB面に収録されている"White Man"が突然好きになったこともありました。


TRACK LIST
01. Tie Your Mother Down 「タイ・ユア・マザー・ダウン」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
02. You Take My Breath Away 「テイク・マイ・ブレス・アウェイ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
03. Long Away 「ロング・アウェイ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
04. The Millionaire Waltz 「ミリオネア・ワルツ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
05. You And I 「ユー・アンド・アイ」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury / Acoustic Guitar: Jhon Deacon
06. Somebody To Love 「愛にすべてを」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury / Gospel Choir: F. Mercury, B. May, R. Taylor
07. White Man 「ホワイト・マン」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
08. Good Old Fashioned Lover Boy 「懐かしのラヴァー・ボーイ」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
09. Drowse 「さまよい」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor / Electric Rhythm Guitar: R. Taylor
10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 「手をとりあって」
• Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury / Harmonium Piano & Plastic Piano: B. May

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

▼ Queen - Good Old Fashioned Lover Boy (Top Of The Pops, 1977)
https://www.youtube.com/watch?v=PI3LAgGBxqU

(記:2003年 / 更新:2015年9月)


    OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977)

CDの帯(初CD化盤):アウト・オブ・ザ・ブルー / E.L.O.

Album Cover (front): Out of the Blue / E.L.O.
"E.L.O."のアルバム中で最も好きな1枚と言えば、やはり、この「Out of the Blue / アウト・オブ・ザ・ブルー」になりますね。サウンドの方向性が多少変わっても、"E.L.O."はその後もずっと好きなバンドであり続けたのですが、やっぱり、バイオリン奏者とチェロ奏者を内包するこの7人編成時代のサウンドが一番好きでした。そのバイオリンやチェロを含むストリングスが厚みのあるコーラスと絡み合うポップでシンフォニックな広がりのある音の世界は、イラストレーターの長岡秀星氏が手掛けたアルバムジャケットのイメージと相まって、当時はスペーシーサウンドとも称されていました。

アルバムを重ねる毎にポップ化が進行し、次作の"Discovery"以降は完全に捨て去られたプログレッシヴ色も、このアルバムでは、まだその面影も残っており、特に組曲として構成されている中間部の「雨のコンチェルト」と題された4曲は、これぞ"Electric Light Orchestra"という看板に偽り無しという感じでもあります。

アルバムはビルボードチャートで最高4位を記録。アルバムからシングルカットされたのは、"Turn to Stone" (米13位、英18位)、"Sweet Talkin' Woman"(米17位、英6位)、"Mr. Blue Sky"(米35位、英6位)、"It's Over"(米75位)、"Wild West Hero"(英6位)といった曲でした。

当時は2枚組のレコード(\4,000)としてリリースされており、そこに大作感もあったのですが、現在は一枚にまとめられたCDで\2,000を切る価格なんですね。う〜ん、どうなんだか・・・。

■ LPに封入のペーパークラフト(30×60cm)
Paper Spaceship: Out of the Blue / E.L.O.
■ front & back
Album Cover (front & back): Out of the Blue / E.L.O.
■ inside
Album Cover (inside): Out of the Blue / E.L.O.

▼ ELO - Turn to Stone (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Itv6Kt8M-v4

▼ ELO - It's Over (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=84gmKIKTk40

▼ ELO - Sweet Talkin' Woman (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=eilorVapvV8

▼ ELO - Mr. Blue Sky (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=aQUlA8Hcv4s

▼ ELO - Wild West Hero (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=S8Qn7xOG8nk

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Lead and Backing Vocals, Lead Guitar, Rhythm Guitar, Slide Guitar, Electric Piano, Minimoog
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Various Percussion, Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Polymoog, Minimoog, Electric Piano, Piano, Moog, Guitar, Clavinet
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Percussion, Vocals and Backing Vocals
• Mik Kaminski (ミック・カミンスキー) - Violin
• Melvyn Gale (メルヴィン・ゲイル) - Cello, Piano
• Hugh McDowell (ヒュー・マクドウェル) - Cello

TRACK LIST
1. Turn to Stone (ターン・トゥ・ストーン) / 2. It's Over (哀愁の果て) / 3. Sweet Talkin' Woman (スウィート・トーキン・ウーマン) / 4. Across the Border (国境の彼方) / 5. Night in the City (ナイト・イン・ザ・シティ) / 6. Starlight (スターライト) / 7. Jungle (ジャングル) / 8. Believe Me Now (ビリーヴ・ミー・ナウ) / 9. Steppin' Out (ステッピン・アウト) / 10. Standin' in the Rain (雨にうたれて) / 11. Big Wheels (ビッグ・ウィールズ) / 12. Summer and Lightning (サマー・アンド・ライトニング) / 13. Mr. Blue Sky (ミスター・ブルー・スカイ) / 14. Sweet Is the Night (スウィート・イズ・ザ・ナイト) / 15. The Whale (ザ・ホエール) / 16. Birmingham Blues (バーミンガム・ブルース) / 17. Wild West Hero (ワイルド・ウェスト・ヒーロー)

• Tracks 10-13 「Concerto For A Rainny Day / 雨の日のコンチェルト」

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2015年12月)


    NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979)

CDの帯(世界初CD化盤):失われし魂 / ニュー・イングランド

Album Cover (front): New England (1st Album) / New England
当時は、キッスのポール・スタンレーと、クイーンのレコーディングエンジニアをしていたマイク・ストーンの共同プロデュースという、米英を代表する2大バンドとの関わりに釣られて購入したようなところもあったのですが、実際にはそんな触込みなど全く必要無い程の圧倒的な素晴らしさに驚かされると同時に、又ひとつ大好きなバンドができたことをとても喜んでいました。

キーボードとコーラス・ハーモニーを前面に打ち出したダイナミックでスケール感溢れるサウンドは、これが新人バンドなのかと思わせられる程の完成度を誇っており、"John Fannon"の卓越したソングライティング力によって生み出される楽曲の数々は、1曲1曲がそれぞれに独自の輝きを放っているかのようでもあります。とにかく当時は、大好きな曲が目白押しであると同時に、嫌いな曲が1曲も見当たらなかったこともあって、アルバムを通して聴きまくっていましたね。特に1曲目から6曲目までブリリアントな楽曲が続く様は圧巻で、ここまで粒揃いなアルバムにはそうそうお目にかかれるものではありません。ちなみにこのアルバムからは、"Don't Ever Wanna Lose Ya"(米40位)、"Hello, Hello, Hello"(米69位)と、2曲のヒット曲も生まれています。

Album Cover (back): New England (1st Album) / New England サウンドの方向性としては「Kiss+Queen」と言うよりも、むしろ「Boston+Journey」といった感じですね。個人的には、マイク・ストーンが後にプロデューしたジャーニーの"Escape"や、エイジアの"Alpha"に匹敵するクオリティーを持つアルバムだと思っています。そういえば、当時はことあるごとに「凄いバンドが現れた」と、友人などに話していましたね。

セカンドアルバムの"Explorer Suite"が高く評価されている為に見落とされぎみなこのファーストアルバムですが、個人的には"New England"と言えば、やはりこのアルバムになります。セカンドでは比較的タイトな処理がなされているドラムスやキーボードの音も悪くは無いのですが、それでも、より透明感と広がりのあるこちらのサウンドがどちらかと言えば好みですね。このアルバムと出会ってなければ、セカンドアルバムに手を出していたかどうか・・・。

▼ New England - Hello, Hello, Hello
https://www.youtube.com/watch?v=qCsF2hJYl3g

▼ New England - Don't Ever Wanna Lose Ya
https://www.youtube.com/watch?v=IelYhIJVeWg

▼ New England - P.U.N.K.
https://www.youtube.com/watch?v=lL5Ftju5Qy0

▼ New England - Alone Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=fxct-MsaOKI

▼ New England - Nothing To Fear
https://www.youtube.com/watch?v=P5cXw4B98jM

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

TRACK LIST
1. Hello, Hello, Hello / 2. Don't Ever Wanna Lose Ya / 3. P.U.N.K. (Puny Undernouriished Kid) / 4. Shall I Run Away / 5. Alone Tonight / 6. Nothing To Fear / 7. Shoot / 8. Turn Out the Light / 9. The Last Show / 10. Encore

1. ハロー・ハロー・ハロー / 2. 失われし魂 / 3. P.U.N.K. / 4. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 5. アローン・トゥナイト / 6. ナッシング・トゥ・フィアー / 7. シュート / 8. 灯を消せ / 9. ザ・ラスト・ショウ / 10. アンコール

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

(記:2003年 / 更新:2016年7月)


    DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978)

CDの帯:ドント・ルック・バック(新惑星着陸) / ボストン

Album Cover (front): Don't Look Back / Boston
自宅の地下室にレコーディングスタジオを作り、そこでこのアルバムがレコーディングされたことからも分かるように、スタジオワークが趣味と言えるくらいにサウンド作りに拘りと多くの時間を費やしていることが伝えられる"Tom Scholz"ですが、実態はレコーディング自体よりも、その後のミックスダウンに相当の時間を費やしているとも言われています。

そんな"Tom Scholz"のことですから、このアルバム「Don't Look Back / ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」は、半分程完成した時点でレコード会社が痺れを切らし、半ば強引に発売してしまったという驚くべき逸話もあるくらいで、後に"Tom Scholz"自身が「A面は納得しているが、B面はもっと手を加えたかった」と発言していることから、あながち嘘ではないような気もします。

実際、文句なしに素晴らしいA面(CDでは4曲目まで)に比べてB面は、やはりちょっと見劣りがするかな? といった感じがしますが、それでも個人的にはB面の4曲もみんな好きですし、かなり手の込んだ音作りだという事はヘッドフォンで聴くとよく分かります。例えば"Party"では左右のギターが中央で交差し、反転して別れていくとか、"Don't Be Afraid"ではひとつの声だと思っていたヴォーカルが実は左右に分けられていたり、"Feelin' Satified"ではハンドクラップの音も微妙に定位が移動したりするので聴いていてけっこう面白いです。当時は"A Man I'll Never Be"が大のお気に入りでしたが、アルバムがリリースされてから30数年の年月が流れても、この曲の美しさは今も私の心の中でその輝きを失うことはありません。

セールス面では2005年現在で1,700万枚を売り上げ、アメリカの歴代セールス記録でも10位に入る程のベストセラーとなったファーストアルバムには及ばないものの、それでも毎年確実に売れ続けているようで、2005年現在までに700万枚のセールスを記録しています。なお、ビルボードチャートにおいては見事1位(ファーストアルバムは最高3位)に輝き、ファーストシングルの"Don't Look Back"も、ファーストアルバムの"More Than a Feeling"の5位を上回る4位を記録しています。個人的にはファーストよりこっちかな。

Album Cover (front & back): Don't Look Back / Boston

BOSTON - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Tom Scholz (トム・ショルツ) - Lead Guitar, Acoustic and Electric Rhythm Guitar, 12 Strings Guitar, Bass, Piano, Organs, Special Effects Guitar
• Brad Delp (ブラッド・デルプ) - Vocals
• Barry Goudreau (バリー・グドロー) - Lead and Slide Guitar, Percussion
• Sib Hashian (シブ・ハッシャン) - Drums, Percussion
• Fran Sheehan (フラン・シーハン) - Bass, Percussion

TRACK LIST
1. Don't Look Back / 2. The Journey / 3. It's Easy / 4. A Man I'll Never Be / 5. Feelin' Satified / 6. Party / 7. Used To Bad News / 8. Don't Be Afraid

1. ドント・ルック・バック / 2. ザ・ジャーニー / 3. イッツ・イージー / 4. ア・マン・アイル・ネバー・ビー / 5. フィーリン・サティスファイド / 6. パーティ / 7. ユースト・トゥ・バッド・ニュース / 8. ドント・ビー・アフレイド

NOTES
• No Synthesizers Used
• No Computers Used

• CD発売日:1990年12月21日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 1位 - 7x Platinum (1996-RIAA) / UK 9位
• Singles from Don't Look Back
1. Don't Look Back: US 4位 / UK 43位
2. A Man I'll Never Be: US 31位
3. Feelin' Satisfied: US 46位

▼ Boston - Don't Look Back
https://www.youtube.com/watch?v=2HuiH-0R6a0

▼ Boston - A Man I'll Never Be
https://www.youtube.com/watch?v=gZxP3bMn0as

(記:2003年 / 更新:2016年5月)


    ON AIR / ALAN PARSONS (1996)

CDの帯(初回プレス盤):オン・エアー / アラン・パーソンズ

Album Cover: On Air / Alan Parsons
ミュージシャンでもありエンジニア/プロデューサーでもある「スタジオの魔術師」との異名を持つアラン・パーソンズ。ビートルズの「レット・イット・ビー」、ピンク・フロイドの「原子心母」「狂気」などの制作にも携わった彼は、オーソドックスで安心して聴かせてくれる半面、常に新しい試みも忘れないサウンドアプローチで良質な音楽を聴かせてくれる大好きなミュージシャンの一人です。

このアルバム「ON AIR / オン・エアー」は、全曲が「空や大気」といったものをテーマに書かれた曲で構成されたコンセプトアルバムでありながらも、コンセプトアルバムにありがちな難解さは無く、どちらかと言えば、1曲1曲が比較的コンパクトに独立した形で収められている印象があります。空や大気といったテーマで書かれた曲で構成されている所為か、全体的にどことなく風が感じられるような爽やかな雰囲気があり、聴いていてとても心地良い感じがします。とは言っても、アルバムの中には"Apollo"や"Brother Up in Heaven"といったタイトルの曲も含まれているので、実際には"On Air"という言葉の中には宇宙や天国といった地上を離れたもの全てが含まれているのかもしれません。

ここでも、曲ごとにヴォーカリストを変えるスタイルは健在で、この"On Air"には、"10CC"のエリック・スチュワートやクリストファー・クロス、"E.L.O. Part 2"のファーストアルバムでヴォーカリストとしてメンバーに名を連ねていたニール・ロックウッドなどが参加しています。なお、ジャケットデザインはいつものストーム・ソーガソンです。

それと、特筆すべきことがひとつ。それはこのアルバムには"CD"に加えて"CD-ROM"が付属しているという点で、これが到底オマケとは思えない代物。何しろ、数回見たくらいでは全体像を理解することさえできないと言っても過言ではない凝った作りで、収録されている情報量だけでも相当なもの。

例えば"CD-ROM"をパソコンにセットしてプログラムを開くと、沢山の飛んでいる気球が最初に出てきます。その気球のひとつひとつがリンクボタンになっているわけですが、様々な大きさの気球が違ったスピードで動いているのでうまく捕らえてクリックしないと次の画面に移動できません。さらに厄介なのは気球には何も表記されていないので、どのページにリンクするのかが全く分からない上に、パンと割れてしまうハズレの気球もあったりするので、一度見たページへ再び行ってみようと思っても中々辿りつけなかったりします。とにかく相当な手間隙をかけて製作されているのは明らかで、やもすると、メインの"CD"以上に力が入れられているのではないかとさえ思ってしまいそうです。

ちなみに"CD-ROM"には収録曲に関する情報はもとより、ギリシャ神話からステルス機やロケットまで、空と飛行に関するあらゆる情報が収録されています。

ただ、この"CD-ROM"は20年以上も前(1996年)に製作されたものということもあり、残念ながら現在のPC環境では"CD-ROM"内のプログラムを開くことはできず、"CD-ROM"を使用するには、古いヴァージョンの"Quic Time"をインストールする必要があるようです。それでも収録されいるいくつかの動画は現在のPC環境でも単体で個別に見ることができます。

CD: On Air / Alan Parsons   CD-ROM: On Air / Alan Parsons   Album Cover (back): On Air / Alan Parsons

なお、日本盤のみ、12曲目に"Apollo Ambient Mix (Moon Boots)"がボーナストラックとして収録されています。又、曲目は全て英語表記で、邦題(日本語表記)は記されていません。

▼ Alan Parsons - Brother Up in Heaven
https://www.youtube.com/watch?v=V6JIr9Qy_II

▼ Alan Parsons - One Day To Fly
https://www.youtube.com/watch?v=b82Zf91Z36w

▼ Alan Parsons - Blue Blue Sky (part 2)
https://www.youtube.com/watch?v=dfWPlu1ZZnA

▼ Alan Parsons - So far away
https://www.youtube.com/watch?v=s_gojNXbyH8

CD Case (back): On Air / Alan Parsons TRACK LIST
Disc 1: 1. Blue Blue Sky / 2. Too Close To The Sun / 3. Blown By The Wind / 4. Cloudbreak / 5. I Can't Look Down / 6. Brother Up In Heaven / 7. Fall Free / 8. Apollo / 9. So Far Away / 10. One Day To Fly / 11. Blue Blue Sky / 12. Apollo Ambient Mix (Moon Boots) [Japan Only Bonus Track]

Disc 2: CD-ROM

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2017年7月)


    TIN DRUM 「錻力の太鼓」 / JAPAN (1981)

Album Cover (front): Tin Drum / Japan

Album Cover (back): Tin Drum / Japan


本国イギリスでは派手なビジュアルイメージの所為か、かつてのクイーンがそうであったように、正当な評価を受けられず、奇をてらっただけの素人バンドなどとメディアやプレスに酷評され続けていたようですが、そんな彼らの5作目となるのがこの"Tin Drum"(錻力の太鼓)です。このアルバムはそれまで批判的であったメディアやプレスからも絶賛され、彼らの評価は一気に高まる訳ですが、しかし、そんな世間の評価や成功とは裏腹に、このアルバムを最後にバンドは解散してしまいました。

当時はポップスでもなければロックでもないこの不思議なアルバムを前作や前々作ほど好きになれなくて、何故それほどまでに評価されるのかも分かりませんでしたが、大人になるにしたがって徐々にこのアルバムの魅力に気付いていった感じでしたね。ここで見られるアーティスティックな世界観はモダンアートと呼んでも違和感のないものです。とは今だから言える言葉でもあります。

アルバムジャケットや、"Visions of China"、"Canton"、"Catonese Boy"、"Sons of Pioneers"といった曲だけに留まらず、中国をテーマに生み出されたと思われる独特なビート感がアルバム全体を通して漂っており、この不思議な美意識で表現された世界感に嵌まってしまうと、けっこう病み付きになります。一応、念のため言っておきますが、これは日本という名の英国のバンドが中国をテーマに制作したアルバムなので、勿論、彼らが日本と中国を混同して見ているという訳ではありません。

ただ、中国をテーマにしているとはいえ、それは親しみや憧れといった対象ではなく、どちらかといえば皮肉的に捉えている印象です。過去にはファーストアルバムにおいて"Communist China"という曲が収録されていたり、まだ東西に分かれていた時代のベルリンや、旧英国植民地のローデシアといった地域をテーマに書かれた曲があったりと、以前から問題を抱えた地域を題材にした曲の中では、割とシリアスな部分が歌詞に込められていることが多かったですからね。それにしても独自のスタイルを確立した感もあるミックとスティーヴによるリズム隊はこのアルバムの核と言えるほどに強力で素晴らしいですね。実際、ベースとドラムの音に耳を傾けるだけども、けっこう楽しめます。アルバムは英12位を記録。


Japanese 7-inch Single Record: The Art of Parties / Japan
"Japan"史上最もコマーシャル性の低いこのアルバムの中にあって、日本で唯一発売されたシングル盤が右の"The Art of Parties"。ひいき目に見ても売れるような曲では無いので、特にヒットすることもありませんでしたが、今でも良く聴く曲のひとつです。例によって、シュールな抽象芸術を思わせるような歌詞の意味は未だに理解できませんが、何故か聴くたびにマティスの「ダンス II」が頭をよぎります。ただ、当時は別にこの曲が好きというわけでもなく、どちらかといえば風変わりで奇妙な曲といった印象しかなかったように思います。何故にアルバムとは別にシングル盤まで買っていたのか今考えてもちょっと不思議。

日本ではデビュー当時のブームも影を潜め、シングルも然ることながら、アルバム自体もあまり話題になることも無かったのですが、逆にデビュー当時は全く注目されなかった本国イギリスに於いては過去最高の売り上げを記録し、The Art of Parties (48位)、 Visions of China (32位)、 Ghosts (5位)、 Catonese Boy (24位)と、4曲もがシングルカットされた辺りは、イギリス・マーケットというか、イギリス人気質みたいなものが感じられて面白いですね。たとえポップスやロックといった音楽であっても、クリエイティヴ且つアーティスティックな要素が求められるような土壌がイギリスにはあるようで、そういった点では依然としてプロダクション主導のアイドルが幅を利かせる日本よりはマーケットが成熟している印象も無きにしも非ずといったところ。

▼ Japan - Visions of China
https://www.youtube.com/watch?v=5PA1PUpC1Ts

▼ Japan - Still Life in Mobile Homes
https://www.youtube.com/watch?v=Bf12rSZVb0k

Japanese 7-inch Single Record Label: The Art of Parties (A-side) / Japan   Japanese 7-inch Single Record Label: The Art of Parties (B-side) / Japan

JAPAN - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• David Sylvian (デヴィッド・シルヴィアン) - Keyboards, Keyboard Programming, Tapes, Guitar, Vocals
• Steve Jansen (スティーヴ・ジャンセン) - Drums, Percussion, Electronic and Keyboard Percussion
• Richard Barbieri (リチャード・バルビエリ) - Keyboards, Keyboard Programming, Tapes
• Mick Karn (ミック・カーン) - Fretless Bass, African Flute, Dida

TRACK LIST
1. The Art Of Parties (ジ・アート・オブ・パーティーズ) / 2. Talking Drum (トーキング・ドラム) / 3. Ghosts (ゴウズツ) / 4. Canton (カントン) / 5. Still Life In Mobile Homes (スティル・ライフ・イン・モービル・ホームズ) / 6. Visions of China (ヴィジョンズ・オブ・チャイナ) / 7. Sons Of Pioneers (サンズ・オブ・パイオニアーズ) / 8. Cantonese Boy (カントニーズ・ボーイ)

NOTES
• CD発売日:1999年06月30日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年5月)


    EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980)

CDの帯(世界初CD化盤):果てしなき冒険 / ニュー・イングランド

Album Cover (front): Explorer Suite / New England
彼らのファーストアルバム1枚で完全に心奪われた当時の私は、このセカンドアルバムを何よりも心待ちにしていました。しかしながら、ファーストアルバムをリリースした後は、所属レコード会社の倒産というアクシデントに見舞われた所為か、その後は音楽雑誌等でも彼らに関するニュースは全く入ってきませんでした。

ただ、そういった出来事も後に知ったことで、当時はそんなことがあったなどとは知らず、暇さえあればレコード店で「ナ行」の棚をチェックしていました。そして、そんなことを繰り返していた甲斐もあってか、ついに、このアルバム「Explorer Suite / 果てしなき冒険」を見つける日が訪れたんですよね。あまりの驚きに、初めは、もしかしたら"Explorer Suite"という名のバンドの"New England"というタイトルのアルバムなんじゃないだろうかと疑心暗鬼でいたのですが、裏ジャケットにプリントされた彼ら4人の写真と名前を確認して、ようやく安心して喜べたことを覚えています。

ファーストアルバムはビルボードチャートでも50位を記録し、新人としてはまずまずのセールスを記録した所為か、新たなレコード会社との契約にもそれほど時間を要することもなかったようで、結果的にはファーストアルバムがリリースされた翌年には、このセカンドアルバムとなる「Explorer Suite / 果てしなき冒険」がリリースされたんですよね。

曲によっては多少ポップ過ぎる感があり、その点ではファーストアルバムのように嫌いな曲が無いとまでは言えなかったものの、よりプログレッシヴ色が強まった幻想的で魅力のある曲が含まれていたこともあって、当時の私はますます彼らに夢中になっていました。ただ、アルバムを通して聴くとなれば、やはり、2曲目の"Livin' In The Eighties"でガクンとなるのは否めないですね。別にポップだから悪いとかいう意味ではなく、あくまでも個人的な好みの問題なのですが、ポップ感覚にも受け入れられるものと、受け入れにくいものとがあるということです。まぁ、その点ではファーストアルバムに於けるポップ感覚は自分の好みに合っていたということですね。

と、曲による好みのバラつきはあるものの、充実した意欲作であることに変わりは無く、"Honey Money"、"Explorer Suite"、"Seal It With A Kiss"、"No Place To Go"、"Searchin'"、"Hope"と、これまたファーストアルバム同様に夢中にさせられた楽曲も多く含まれています。

Album Cover (back): Explorer Suite / New England しかし、更なる進化を見せた意欲作であったものの、このアルバムではファーストアルバムからのようなヒット曲が生まれることもなく、セールス的にはパッとしなかったようで、その事がレコード会社との確執を生む結果にもなったようです。その後、いつしか彼らのアルバムは廃盤となり、流通量がそれほど多くなかった事もあってか、熱心なロックファンの間で中古レコードが幻の名盤として高価なプレミア価格で取り引きされるようになりました。ファーストアルバムがそこそこヒットしたにも関わらず、何故にこのアルバムがチャートインすら果たせなかったのか、今でも不思議でなりません。何が足りなかったのかを敢えて探すとすれば、それは「運」としか言いようがないのでないかと思います。彼らにもうちょっとその運があったなら・・・。

▼ New England - Explorer Suite
https://www.youtube.com/watch?v=x1bDq3ucoP8

▼ New England - It's Never Too Late
https://www.youtube.com/watch?v=ME3EDI4TQj0

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

TRACK LIST
1. Honey Money / 2. Livin' In The Eighties / 3. Conversation / 4. It's Never Too Late / 5. Explorer Suite / 6. Seal It With A Kiss / 7. Hey You're On The Run / 8. No Place To Go / 9. Searchin' / 10. Hope / 11. You'll Be Born Again

1. ハニー・マネー / 2. リヴィン・イン・ジ・エイティーズ / 3. カンヴァセーション / 4. イッツ・ネヴァー・トゥー・レイト / 5. エクスプローラー・スイート / 6. シール・イット・ウィズ・ア・キッス / 7. ヘイ・ユーアー・オン・ザ・ラン / 8. ノー・プレイス・トゥ・ゴー / 9. サーチン / 10. ホープ / 11. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2016年7月)


    ALPHA 「アルファ」 / ASIA (1983)

CDの帯(初CD化盤):アルファ / エイジア

Album Cover (front): Alpha / Asia  Album Cover (back): Alpha / Asia  CD Case (back): Alpha / Asia

この「Alpha / アルファ」は、キャッチーでメロディーラインが美しい楽曲が揃ったエイジアのセカンドアルバムです。イエス、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク・アンド・パーマーと、プログレッシヴロックの大御所バンド出身者4人で結成されたにも関わらず、過去のキャリアに囚われること無く、新しい道を切り開いていこうとするその姿勢に当時は感銘を受けたものです。

寸分の隙間無く編み込まれた様な緻密で重厚な音作りは相変わらずで、ポップながらもダイナミックで勇壮なイメージを受ける要因はそこにあるのかもしれません。又、収められた楽曲のクオリティーは、1982年度のビルボード年間チャートで第1位となる程の大成功を収めたファーストアルバムにも引けをとらないばかりか、それをも凌駕するかのようで、それはヴォーカリストでありベーシストでもあるソングライター、ジョン・ウェットンを中心とするメンバー4人の、ファーストアルバムよりも更に良いものにしなければという意気込みと気迫が生み出した結果だったのかもしれません。

サウンドが持つ雰囲気をそのまま絵にしたようなロジャー・ディーンのアートワークも印象的で、とにかくまるでベストアルバムがごとく魅力的な楽曲がズラリと揃っています。しかも、曲の配列も素晴らしく、個人的位置付けではこの"Alpha"こそがエイジアの最高傑作。

それにしても、何故、この"Alpha"がファーストアルバムの4分の1程度しか売れなかったんでしょうね。今でも不思議に思います。

なお、この"Alpha"に収録されている曲のタイトルに目を通してみると、LPレコードで言えば、アルバムA面の1曲目が"Don't Cry"で、2曲目が"The Smile Has Left Your Eyes"、そしてB面の1曲目が"Eye To Eye"で、ラストが"Open Your Eyes"といったように、要所を締める曲が「目」に関する曲であることから、恐らくはアルバムを通して「瞳」といったものがコンセプトとしてあるのではないかと思われます。ジャケットのアートワークにあるピラミッドのようなものにも目が描かれていますしね。

▼ Asia - Don't Cry
https://www.youtube.com/watch?v=YwFbNlQMGQM

▼ Asia - The Smile Has Left Your Eyes
https://www.youtube.com/watch?v=HTqlxD6nvr0

▼ Asia - The Heat Goes On
https://www.youtube.com/watch?v=Hbw3HA3lMMU

▼ Asia - My Own Time (I'll Do What I Want)
https://www.youtube.com/watch?v=ioRUBWOJmXg

▼ Asia - Open Your Eyes
https://www.youtube.com/watch?v=p5ZS_xY64R0

 

▼ こちらは手持ちのLPレコード(初回プレス盤)

LPレコードのジャケット (表):Alpha / Asia  LPレコードのジャケット (裏):Alpha / Asia  LPレコード盤の紙袋:Alpha / Asia

" alt="LPレコード盤の内袋:Alpha / Asia">

▼ LPレコードの帯

LPレコードの帯:アルファ / エイジア

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Geoff Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards
• Steve Howe (スティーヴ・ハウ) - Guitars
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums
• John Wetton (ジョン・ウェットン ) - Vocals and Bass Guitars

TRACK LIST
1. Don't Cry / 2. The Smile Has Left Your Eyes / 3. Never In A Million Years / 4. My Own Time (I'll Do What I Want) / 5. The Heat Goes On / 6. Eye To Eye / 7. The Last To Know / 8. True Colors / 9. Midnight Sun / 10. Open Your Eyes

1. ドント・クライ / 2. 嘘りの微笑み / 3. ネヴァー・イン・ア・ミリオン・イヤーズ / 4. マイ・オウン・タイム / 5. ザ・ヒート・ゴーズ・オン / 6. 悲しみの瞳 / 7. 時の旅人 / 8. トゥルー・カラーズ / 9. ミッドナイト・サン / 10. 永遠の輝き

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(Forever Young Series / 初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• CD発売日:1988年10月10日
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2003年 / 更新:2015年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.