Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 19
01. ARMCHAIR THEATRE / JEFF LYNNE (1990)
02. E.L.O. - ZOOM / 雑誌広告 (2001)
03. HI INFIDELITY 「禁じられた夜」 / REO SPEEDWAGON (1980)
04. WHEELS ARE TURNIN' / REO SPEEDWAGON (1984)
05. THE HITS / REO SPEEDWAGON (1988)
06. LIVE AT WEMBLEY '86 / QUEEN (1992)
07. FOREIGNER ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD BOX SET) / FOREIGNER (2009)
08. VULTURE CULTURE / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984)
09. STEREOTOMY / THE ALAN PARSONS PROJECT (1985)
10. GAUDI / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987)
    ARMCHAIR THEATRE / JEFF LYNNE (1990)

CDの帯(初回プレス盤):アームチェア・シアター / ジェフ・リン

Album Cover: Armchair Theatre / Jeff Lynne
1986年の"Balance of Power"で"E.L.O."としての活動に区切りをつけたジェフ・リン。そして、それから4年後の1990年に発表した初のソロ・アルバムがこの「Armchair Theatre / アームチェア・シアター」です。

アルバムは、オリジナルが8曲と、スタンダードナンバーのカヴァーが3曲(Don't Let Go、September Song、Stormy Weather)の全11曲という構成。

全体的な印象としては、2001年にリリースされる"E.L.O."名義での復活アルバム"ZOOM"に通じるサウンドといった感じで、ポップながらもどこかノスタルジックな雰囲気があります。

そして、アルバムには、幾つかの曲で、元ビートルズのジョージ・ハリスンや、"E.L.O."のメンバーだったリチャード・タンディーなどがゲストミュージシャンとして参加しており、トム・ぺティとの共作曲(Blown Away)も含まれています。

購入した当初は多少地味な印象もあったのですが、派手さがない分、末長く聴けるアルバムといった印象で、実際、今でも時折思い出しては聴いているという一枚です。

個人的には、シングルカットされた「1. Every Little Thing」を初め、インド音楽の要素が取り入れられた「6. Now You're Gone」や、バラード曲の「10. Blown Away」。それに、"E.L.O."にも通じるメロディーラインを持ったポップな「7. Don't Say Goodbye」、「8. What Would It Take」、「3. Lift Me Up」といった曲。そして、カヴァー曲の中では、ジャジーでシックな雰囲気が心地よい「5. September Song」といったところがお気に入り。中でも「6. Now You're Gone」と、「10. Blown Away」の2曲は当時から特に好きだった曲でもあります。

ちなみに、ここで紹介している手持ちのアルバムはリリース当時に購入したものですが、その後は廃盤となり、しばらくの間は入手困難になっていたものの、昨年の2013年にはボーナストラックを加え、ジャケットの写真も別カットに差し替えられた再発盤がリリースされています。

なお、アルバムの最後には短い効果音と台詞のようなものが入っていますが、付属の解説書によると、「11."Save Me Now"の後に「スペースシップ / ガルズ」「イッツ・スティル・ゴーイン・ユー・ノウ / ベルズ」という短い曲が入っていますが、これらはセイヴ・ミー・ナウの続きで、アーティストの要望により、クレジットされておりません」とのこと。

Booklet: Armchair Theatre / Jeff Lynne CD: Armchair Theatre / Jeff Lynne

TRACK LIST
1. Every Little Thing (エヴリ・リトル・シング) / 2. Don't Let Go (ドント・レット・ゴー) / 3. Lift Me Up (リフト・ミー・アップ) / 4. Nobody Home (ノーバディ・ホーム) / 5. September Song (セプテンバー・ソング) / 6. Now You're Gone (ナウ・ユーアー・ゴーン) / 7. Don't Say Goodbye (ドント・セイ・グッバイ) / 8. What Would It Take (ホワット・ウッド・イット・テイク) / 9. Stormy Weather (ストーミー・ウェザー) / 10. Blown Away (ブロウン・アウェイ) / 11. Save Me Now (セイヴ・ミー・ナウ)

NOTES
• George Harrison - Acoustic Guitar (1, 3, 5, 9) / Slide Guitar (3, 5, 9) / Background Vocals (1, 3)
• Richard Tandy - Acoustic Guitar (1, 3) / Piano (5, 9) / Background Vocals (2) / Choir (5, 9, 10)
• UK(24位)、US(83位)、Norway(7位)、Sweden(8位)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

▼ Jeff Lynne - Every Little Thing
https://www.youtube.com/watch?v=PNYbT5OwaZU

▼ Jeff Lynne - Don't Say Goodbye
https://www.youtube.com/watch?v=nIBNfmhug0E

▼ Jeff Lynne - Now You're Gone
https://www.youtube.com/watch?v=Pbn7iq8m2uE

▼ Jeff Lynne - Blown Away
https://www.youtube.com/watch?v=OEi3rwqmjqg

(記:2014年2月 / 更新:2016年7月)


    E.L.O. - ZOOM / 雑誌広告 (2001)

雑誌広告:ZOOM / E.L.O.

E.L.O. - ZOOM / JAPAN PROMO AD (2001)

こちらは2001年にリリースされた"E.L.O."の復活アルバム"ZOOM"の雑誌広告。

当時から不思議に思っていたのが「流れて刺さる、POPマジック」という、この広告キャッチ。この「流れて刺さる」の意味がどうしても理解できず、何かに引っ掛けてあるのかと考えてみたものの思いつかず、結局は、英語のキャッチを直訳したのではないかと勝手に結論付けていたのですが、未だに真相は謎のまま。何だよ「流れて刺さる」って(笑)。

そして、不思議といえば、このアルバムからのシングルカット曲についても同様に???といった感じでしたね。この広告ではシングルについての記載はありませんが、当時は何故に"Alright"なのかと疑問に感じたりもしていました。曲自体は別に悪くはないと思うのですが、復活第一弾シングルとしてはちょっと地味じゃないかと。それにアルバムのオープニング曲としても、過去のアルバムと比較すると花が無い印象。アルバムにはけっこう良い曲が収録されているので、1曲目がもっと復活劇を象徴するような曲であったなら印象も大分違っていたと思うんですけどね。

アルバムは、ビルボードチャートでの最高位が94位と、復活アルバムにしては少々寂しい結果に・・・。


雑誌広告:ZOOM / E.L.O.

(記:2014年2月)


    HI INFIDELITY 「禁じられた夜」 / REO SPEEDWAGON (1980)

LPレコードの帯:禁じられた夜 / REO スピードワゴン

Album Cover: Hi Infidelity / REO Speedwagon
私が初めて買った"REO Speedwagon"のアルバムが、この"Hi Infidelity"(邦題は「禁じられた夜」)でした。

ドラマティックなバラード曲である"Keep On Loving You"と、"Take It On The Run"の2曲に惹かれたからというのが購入した理由でしたが、日本では60年代ポップス的な香りがする「In Your Letter(涙のレター)」がこれらの曲以上にヒットしていました。

ビルボードチャートでは、長い間、首位だったジョン・レノンの「ダブル・ファンタジー」に取って代わり、その後15週もの間No.1の座に居座り続け、結果的には年間チャートでも「ダブル・ファンタジー」を押さえ堂々の1位を記録したわけですが、メロディックなサウンドにハイトーンヴォイスと厚みのあるコーラス・ハーモニー、そして、ギターもそれなりにハードといった、この当時の主流ともいえるハードロックの要素が高次元で兼ね備えられたサウンドは、もしかしたら、翌年にリリースされ、No.1を記録したスティクスの"Paradise Theater"や、ジャーニーの"Escape"といったアルバムにも少なからず影響与えたのかもしれません。

そういえば当時の音楽雑誌に載っていたインタヴュー記事にも、スティクスやジャーニーと比較されることに対し「自分たちが先だったんだ」みたいなことを発言していたことを何となく覚えています。

又、1971年にファースト・アルバム"REO Speedwagon"でデビューして、当時でもそれなりにキャリアを積んだグループの大ヒットアルバムだったことから、日本ではヴォーカリストの"Kevin Cronin"(ケヴィン・クローニン)の名にに引っ掛けて、苦労人が報われたみたいなことも言われていましたね。

ただ、1980年にリリースされたこの"Hi Infidelity"が大ヒットを記録したことから、一夜にして成功を掴んだかのように語られることもありますが、実際は、1978年リリースの8thアルバム"You Can Tune a Piano, but You Can't Tuna Fish"(ツナ・フィッシュ)が米29位(2x Platinum)、 1979年リリースの9thアルバム"Nine Lives"(ナイン・ライヴス)が米33位(Gold)、そして、"Hi Infidelity"の前作となる1980年リリースのベストアルバム"A Decade of Rock and Roll 1970 to 1980"(ディケイド・オブ・ロックンロール 1970〜1980)が、米55位(Platinum)と、徐々に成功への足掛かりは掴んでいた印象はあります。

正直言うと、アルバムを通してというよりも、"Keep On Loving You"と、"Take It On The Run"の2曲ばかりを聴いていた思い出があるアルバムですが、当時はまたひとつお気に入りのバンドが増えたことに喜んでいました。

しかしながら、期待して買った次作の"Good Trouble"はあまり好きになれず、今度こそはと買った次々作の"Wheels Are Turnin'"でやや盛り返すも、残念ながら"REO Speedwagon"のアルバムを買うのはここでストップしてしまいました。とは言っても、ビルボードチャートでは両アルバム共に7位と、トップ10に入るヒットを記録したのですから、あくまでも個人的な好みの問題だったんでしょうけど。

それでも、やはり"Keep On Loving You"と、"Take It On The Run"の2曲は今でも自分にとっては特別な曲なんですよね。"Take It On The Run"に於けるギターソロについて、ゲイリー・リッチラスが「この曲にはハードなギターソロを入れたかったんだ」と語っていたインタヴュー記事を読んで、「うんうん、このハードなギターソロが良いんだよ」と一人で頷いていたことは今も覚えてますし、レコード盤は殆どを処分したにもかかわらず、こうして今もこのアルバムはレコード盤として持っているわけですからね。

LPレコード盤のラベル:Hi Infidelity / REO Speedwagon LPレコード盤のラベル:Hi Infidelity / REO Speedwagon

▼ Keep On Loving You (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=iyROM4rz_eg

▼ Take It On The Run (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=ZQ-uWQJNx7w

おまけ

▼ ギターソロでちょっぴり指があちちのゲイリー・リッチラス(笑) - Take It On The Run (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=HsC0GSmOP8k

Album Cover (front) with Obi Strip: Hi Infidelity / REO Speedwagon Album Cover (back): Hi Infidelity / REO Speedwagon Inner Sleeve: Hi Infidelity / REO Speedwagon

REO SPEEDWAGON - BAND MEMBERS
• Kevin Cronin - Acoustic Guitar, Guitar, Piano, Rhythm Guitar, Vocals, Background Vocals, Chorus
• Gary Richrath - Guitar, Electric Guitar, Vocals, 12 String Guitar
• Neal Doughty - Organ, Synthesizer, Piano, Keyboards, Hammond Organ
• Alan Gratzer - Drums, Tambourine, Background Vocals
• Bruce Hall - Bass, Guitar, Vocals, Lead Vocals on "Someone Tonight"

TRACK LIST
Side A: 1. Don't Let Him Go (ドント・レット・ヒム・ゴー) / 2. Keep On Loving You (キープ・オン・ラヴィング・ユー) / 3. Follow My Heart (フォロウ・マイ・ハート) / 4. In Your Letter (涙のレター) / 5. Take It On The Run (テイク・イット・オン・ザ・ラン)
Side B: 6. Tough Guys (タフ・ガイズ) / 7. Out Of Season (アウト・オブ・シーズン) / 8. Shakin' It Loose (シェイキン・イット・ルース) / 9. Someone Tonight (サムワン・トゥナイト) / 10. I Wish You Were There (アイ・ウィッシュ・ユー・ワー・ゼア)

NOTES
• Album: US 1位 (15 weeks)、UK 6位
• 9x Multi Platinum / 1995-RIAA

• Singles: "Keep on Loving You" US 1位、UK 7位 / "Take It on the Run" US 5位、UK 19位 / "Don't Let Him Go" US 24位 / "In Your Letter" US 20位

(記:2014年2月)


    WHEELS ARE TURNIN' / REO SPEEDWAGON (1984)

LPレコードの帯:ホイールズ・アー・ターニン / REO スピードワゴン

Album Cover (front): Wheels are Turnin' / REO Speedwagon   Album Cover (back): Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

こちらは"REO Speedwagon"の13枚目のアルバム「Wheels are Turnin' / ホイールズ・アー・ターニン」。LPレコードは殆どを処分しているので、手元に残っているのは思い出深いものや珍しいものなど極一部なのですが、何故にこのアルバムを残していたのか自分でもちょっと不思議に思っていたところ、久しぶりにジャケットの中を覗いてみてその理由が判明。

多分、それは、この厚紙製の「ストロボ・スコープ・ホイール」なるものがおまけとして付いていたから(笑)。

▼ 付属のストロボ・スコープ・ホイールと作り方を記した説明書き。

帯(REOが動く!?):Wheels are Turnin' / REO Speedwagon Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

と、冒頭から音楽とは関係のない話から入ってしまいましたが、アルバムからは4曲のトップ40ヒットが生まれ、セカンドシングルの「Can't Fight This Feeling (涙のフィーリング)」はビルボードチャートで1位を記録。そして、アルバム自体もビルボードチャートで7位とヒットしたわけですが、私自身はといえば、"Can't Fight This Feeling"と"One Lonely Night"の2曲ばかりを聴いていた記憶があります。個人的な好みの問題なんでしょうけど、前々作の「Hi Infidelity(禁じられた夜)」でもそうでしたが、"REO Speedwagon"のロックンロールタイプの曲は多少苦手な印象がありましたね。

とは言っても、時が経っても"Can't Fight This Feeling"が名曲であることに変わりがないことを再確認。実はこのアルバムを取り上げる際に、今回初めて"Can't Fight This Feeling"のミュージックビデオを観たのですが、けっこう良いビデオですね。なんか益々この曲が好きになりました。

▼ REO Speedwagon - Can't Fight This Feeling (ミュージックビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=zpOULjyy-n8

▼ REO Speedwagon Can't Fight This Feeling Japan TV 1985 (日本のテレビ番組に出演時の映像)
https://www.youtube.com/watch?v=xiZFfdDrx_Y

▼ Can't FightThis Feeling - REO Speedwagon (スタジオでのメイキング映像)
https://www.youtube.com/watch?v=d3G3oImGXR0

▼ REO Speedwagon Can't fight this feeling @Live AId (ライヴエイドでのパフォーマンス)
https://www.youtube.com/watch?v=dqJK29zsO44

LPレコード盤のラベル:Wheels are Turnin' / REO Speedwagon LPレコード盤のラベル:Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

なお、アルバムの裏面にクレジットされている曲目には、1〜5が「Side A」、6〜9が「Side Z」と記されています。"A to Z"ということなんでしょうかね。

Album Cover (front) with Obi Strip: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon TRACK LIST
Side A: 1. I Do' Wanna Know (愛は気ままに) / 2. One Lonely Night (ワン・ロンリー・ナイト) / 3. Thru The Window (スルー・ザ・ウィンドウ) / 4. Rock 'N Roll Star (ロックンロール・スター) / 5. Live Every Moment (リブ・エブリー・モーメント)
Side Z: 6. Can't Fight This Feeling (涙のフィーリング) / 7. Gotta Feel More (ガッタ・フィール・モア) / 8. Break His Spell (ブレイク・ヒズ・スペル) / 9. Wheels Are Turnin' (ホイールズ・アー・ターニン)

NOTES
• Album: US 7位 (2x Platinum / 1990-RIAA)
• Singles: "I Do' Wanna Know" US 29位 / "Can't Fight This Feeling" US 1位、UK16位 / "One Lonely Night" US 19位 / "Live Every Moment" US 34位

• The LP version contained a cut out stroboscopic wheel

(記:2014年2月)


    THE HITS / REO SPEEDWAGON (1988)

CDの帯(初回プレス盤):ザ・ヒッツ 1973-1988 / REO スピードワゴン

Album Cover (front): The Hits / REO Speedwagon   Album Cover (back): The Hits / REO Speedwagon

この「The Hits / ザ・ヒッツ 1973-1988」は、1980年の大ヒットアルバム「Hi Infidelity / 禁じられた夜」以降のヒット・シングルを中心に選曲された"REO Speedwagon"のベストアルバムで、"REO Speedwagon"にとっては"Hi Infidelity "の前にリリースされた"A Decade of Rock and Roll 1970 to 1980"に続く2枚目ベストアルバムということになります。

注目点は"I Don't Want to Lose You"と"Here with Me"の2曲の新曲が含まれていることと("Here with Me"はシングルとしてもリリースされ米20位を記録)、米19位を記録した"In My Dreams"はリミックスされたシングルヴァージョンの方が収録されているということになるかと思います。

▼ REO Speedwagon - I Don't Want To Lose You
https://www.youtube.com/watch?v=GU10fRzUidQ

▼ REO Speedwagon - In My Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=zo254dLSh-o

ちなみに"In My Dreams"の邦題は「涙のドリーム」で、「涙のレター」、「涙のフィーリング」に続く涙シリーズの第三弾となった曲。そして、このアルバムに収録されている新曲"I Don't Want to Lose You"の邦題はちょっぴり無理があるかも(笑)の「涙のルーズ・ユー」です。

なお、アルバム裏面やブックレットの曲目には表記はされていませんが、アルバムラストの"Ridin' the Storm Out"は1977年リリースのライヴアルバム"You Get What You Play For"からシングルカットされたライヴヴァージョンが収録されています。

収録曲について言えば、米7位を記録した"Good Trouble"からは"Keep the Fire Burnin'"(米7位)、"Sweet Time"(米26位)といったヒット曲が生まれているものの、何故か、このアルバムからは1曲も選曲されておらず、他にも"Hi Infidelity"収録の"In Your Letter"(米20位)、"Wheels Are Turnin'"収録の"I Do' Wanna Know"(米29位)と、"Live Every Moment"(米34位)などのトップ40に入るヒット曲が選曲されていませんが、この辺りは収録曲数の関係なんでしょうか。それでも、個人的にはそれほど不満ということはありません。

アルバム収録曲のシングル・チャートに於ける順位は以下のとおり。

T-2. Here with Me (US 20位) / T-3. Roll with the Changes (US 58位) / T-4. Keep on Loving You (US 1位、UK 7位) / T-5. That Ain't Love (US 16位) / T-6. Take It on the Run (US 5位、UK 19位) / T-7. In My Dreams (US 19位) / T-8. Don't Let Him Go (US 24位) / T-9. Can't Fight This Feeling (US 1位、UK 16位) / T-11. Time for Me to Fly (US 56位) / T-12. One Lonely Night (US 19位) / T-14. Ridin' the Storm Out (US 94位)

Booklet: The Hits / REO Speedwagon TRACK LIST
1. I Don't Want To Lose You (新曲) / 2. Here With Me (新曲) / 3. Roll With The Changes / 4. Keep On Loving You / 5. That Ain't Love / 6. Take It On The Run / 7. In My Dreams / 8. Don't Let Him Go / 9. Can't Fight This Feeling / 10. Keep Pushin' / 11. Time For Me To Fly / 12. One Lonely Night / 13. Back On The Road Again / 14. Ridin' The Storm Out

1. 涙のルーズ・ユー(新曲) / 2. ヒア・ウィズ・ミー(新曲) / 3. ロール・ウィズ・ザ・チェンジズ / 4. キープ・オン・ラヴィング・ユー / 5. 偽りの愛 / 6. テイク・イット・オン・ザ・ラン / 7. 涙のドリーム / 8. ドント・レット・ヒム・ゴー / 9. 涙のフィーリング / 10. キープ・プッシン / 11. 出発の時 / 12. ワン・ロンリー・ナイト / 13. バック・オン・ザ・ロード / 14. 嵐の中へ

NOTES
• 収録アルバム
R.E.O. (1976): T-10 / You Get What You Play For (1977): T-14 / You Can Tune a Piano, but You Can't Tuna Fish (1978): T-3, 11 / Nine Lives (1979): T-13 / Hi Infidelity (1980): T-4, 6, 8 / Wheels Are Turnin' (1984): T-9, 12 / Life as We Know It (1987): T-5, 7 / The Hits (1988): T-1, 2

• Album: US 56位 (3x Platinum / 1997-RIAA)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年2月)


    LIVE AT WEMBLEY '86 / QUEEN (1992)

CDの帯(初回プレス盤):クイーン・ライヴ!! ウエンブリー 1986 / クイーン

Album Cover (front): Live at Wembley '86 / Queen   Album Cover (back): Live at Wembley '86 / Queen

オリジナルメンバー、そしてフレディにとって最後となった1986年のツアーの中から、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたライヴが収録されたこちらのアルバム「Live at Wembley '86 / クイーン・ライヴ!! ウエンブリー 1986」は、フレディが亡くなった翌年に追悼盤のようなかたちでリリースされました。

このウェンブリー・スタジアムでのライヴ自体は既にビデオ化されてリリースされていたものの、CD化に際してはビデオではカットされていたフレディのソロやブライアンのソロ、スタンダードナンバーによるロックンロールメドレーといったものが加えられています。

1986年7月11日と12日の2日間にわたって行われたウェンブリー・スタジアムでの公演では、両日で15万人を超える観客を動員したそうですが、このアルバムでは2日目に当たる12日のライヴが収録されているようです。

オープニングから満員の観衆で埋め尽くされた会場の熱気が伝わってくるようなライヴですが、一際盛り上がりを見せる、後半の"Bohemian Rhapsody"、"Radio Ga Ga"、それに、"We Will Rock You"〜"Friends Will Be Friends"〜"We Are The Champions"と続くラストを飾るメドレーは正に圧巻。

個人的には"Bohemian Rhapsody"のエンディング部分でのスタジオヴァージョンとは異なる歌いまわしとクラシック的なピアノのフレーズが気に入っており、その他にも、出だしから登場するブライアンのギターがカッコいい"We Will Rock You"や、"We Are The Champions"の後半で聴ける「And we'll keep on fighting til the end」部分の歌いまわしもスタジオヴァージョンとは一味違った魅力があって好きですね。

ただ、当初は後半に収録されているスタンダードナンバーによるロックンロールメドレーは毎回スキップしていました。こんなカヴァーをやる時間があるなら、その分、他のオリジナル曲を演奏して欲しかったという思いもありましたからね。

でも、今にして思えば、こういったスタンダードナンバーを演奏することも、オリジナル曲とはまた違った楽しさがメンバーにはあったのではないかと思っています。初期のライヴでも後半ではスタンダードナンバーのカヴァーを披露することが多かったようですから、もしかしたら、カヴァー曲を演奏することは、メンバー4人にとっても、そのころの思い出が重なる楽しい時間帯であったのでは?なんてことを想像して、今は時折聴いています。

Booklet (front): Live at Wembley '86 / Queen Booklet (back): Live at Wembley '86 / Queen CD: Live at Wembley '86 / Queen

なお、Disc-1の3曲目に収録されている"In The Lap Of The Gods"は"In The Lap Of The Gods...Revisited"の方です。

それと、私が購入したリリース当時の日本盤には歌詞と対訳が付いていますが、残念ながらどちらもスタジオアルバムからの転載なので、短縮された一部の曲などはライヴでの歌詞とは異なります。又、先に述べたように"In The Lap Of The Gods"は"In The Lap Of The Gods...Revisited"の方が収録されているのですが、歌詞と対訳は"In The Lap Of The Gods"の方が記載されています。

そして、最近は見なくなりましたが、当時は2枚のケースが合わさったような形の厚みのあるダブルケース仕様でリリースされていました。多少かさばるものの、個人的には、ひと目で2枚組だと分かるし、2枚組だぞといった存在感もあって良かったなぁという思いもあるんですけどね・・・。

Thick Double Jewel Case: Live at Wembley '86 / Queen  Thick Double Jewel Case: Live at Wembley '86 / Queen

▼ Queen - Bohemian Rhapsody (Live At Wembley Stadium, Saturday 12 July 1986)
https://www.youtube.com/watch?v=oozJH6jSr2U

▼ Queen - We Are The Champions (Live At Wembley Stadium, Saturday 12 July 1986)
https://www.youtube.com/watch?v=pFbAVJiPPEA

TRACK LIST

[Disc 1]
1. One Vision / 2. Tie Your Mother Down / 3. In The Lap Of The Gods / 4. Seven Seas Of Rhye / 5. Tear It Up / 6. A Kind Of Magic / 7. Under Pressure / 8. Another One Bites The Dust / 9. Who Wants To Live Forever / 10. I Want To Break Free / 11. Impromptu / 12. Brighton Rock Solo / 13. Now I'm Here

1. ONE VISION -ひとつだけの世界- / 2. タイ・ユア・マザー・ダウン / 3. 神々の業 / 4. 輝ける7つの海 / 5. ティア・イット・アップ / 6. カインド・オブ・マジック / 7. アンダー・プレッシャー / 8. 地獄へ道づれ / 9. リヴ・フォーエヴァー / 10. ブレイク・フリー(自由への旅立ち) / 11. インプロンプトゥ(フレディ・ソロ) / 12. ブライトン・ロック・ソロ(ブライアン・ギター・ソロ) / 13. ナウ・アイム・ヒア

[Disc 2]
1. Love Of My Life / 2. Is This The World We Created / 3. (You're So Square) Baby I Don't Care / 4. Hello Mary Lou (Goodbye Heart) / 5. Tutti Frutti / 6. Gimme Some Lovin' / 7. Bohemian Rhapsody / 8. Hammer To Fall / 9. Crazy Little Thing Called Love / 10. Big Spender / 11. Radio Ga Ga / 12. We Will Rock You / 13. Friends Will Be Friends / 14. We Are The Champions / 15. God Save The Queen

1. ラブ・オブ・マイ・ライフ / 2. 悲しい世界 / 3. ベイビー・アイ・ドント・ケア / 4. ハロー・メリー・ルー / 5. トゥッティ・フルッティ / 6. ギミ・サム・ラヴィン / 7. ボヘミアン・ラプソディ / 8. ハマー・トゥ・フォール / 9. 愛という名の欲望 / 10. ビッグ・スペンダー / 11. RADIO GA GA / 12. ウィ・ウィル・ロック・ユー / 13. 心の絆 / 14. 伝説のチャンピオン / 15. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

NOTES
• Recorded 12 July 1986, Wembley Stadium - London, England
• UK 2位 (Platinum)、US 53位 (Platinum / 1999-RIAA)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年3月)


    FOREIGNER ORIGINAL ALBUM SERIES (5CD BOX SET) / FOREIGNER (2009)

Box Cover (front): Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner

Box Cover (back): Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner


'70年代後半から'80年代にかけては、ジャーニー、トト、スティックス、ボストン、シカゴといった比較的親しみやすいサウンドで、アルバムだけでなく、シングルチャートでも名を馳せるロックバンドが活躍していた時代でもありましたが、フォリナーもまたこれらのバンドと肩を並べる人気を博す存在でした。

この「Foreigner Original Album Series」は、そのフォリナーの全盛期ともいえる1作目から5作目までのアルバムがパッケージされたボックスセットです。

ボックスセットに含まれるのは以下のアルバムです。

1st - Foreigner 「栄光の旅立ち」 (1977)
米4位 (5x Platinum - RIAA 2000)

2nd - Double Vision 「ダブル・ヴィジョン」 (1978)
米3位 (7x Platinum - RIAA 2001)、英32位

3rd - Head Games 「ヘッド・ゲームス」 (1979)
米5位 (5x Platinum - RIAA 2002)

4th - 4 「4」 (1981)
米1位 (6x Platinum - RIAA 1991)、英5位

5th - Agent Provocateur 「プロヴォカトゥール(煽動)」 (1985)
米4位 (3x Platinum - RIAA 2000)、英1位

ちなみに、4作目の「4」の後には、ベストアルバムの「Records」がリリースされており、こちらも米10位を記録し、700万枚(7x Platinum - RIAA 2001)のセールスを記録しています。

それにしても、凄まじいセールスですね。この時期のアルバムだけでトータル3,300万枚(ベストアルバムを含む)のセールス。しかもアメリカだけでこの数字ですからね。なお、4thアルバムの「4」はビルボード・チャートで10週No.1を記録しています。

そして、これらのアルバムに含まれるシングルカット曲については以下の通りです。

1st - Foreigner
• Feels Like The First Time「衝撃のファースト・タイム」(米4位、英39位)
• Cold As Ice「つめたいお前」(米6位、英24位)
• Long, Long Way From Home「ロング、ロング・ウェイ・フロム・ホーム」(米20位)

2nd - Double Vision
• Hot Blooded「ホット・ブラッディッド」(米3位、英42位)
• Double Vision「ダブル・ヴィジョン」(米2位)
• Blue Morning, Blue Day「蒼い朝」(米15位、英45位)

3rd - Head Games
• Dirty White Boy「ダーティ・ホワイト・ボーイ」(米12位)
• Head Games「ヘッド・ゲームス」(米14位)
• Woman「女たち」(米41位)

4th - 4
• Urgent「アージェント」(米4位、英54位)
※1982年にはベストアルバム「Records」と共に再リリースされ米45位を記録
• Waiting For A Girl Like You「ガール・ライク・ユー」(米2位、英8位)
• Juke Box Hero「ジューク・ボックス・ヒーロー」(米26位、英48位)
• Break It Up「ブレーク・イット・アップ」(米26位)
• Luanne「ルアンヌ」(米75位)

5th - Agent Provocateur
• I Want To know What Love Is「アイ・ウォナ・ノウ」(米1位、英1位)
• That Was Yesterday「イエスタデイ」(米12位、英28位)
• Reaction To Action「リアクション・トゥ・アクション」(米54位)
• Down On Love「ダウン・オン・ラヴ」(米54位)

補足しておくと、4thアルバムの「4」からシングルカットされた"Waiting For A Girl Like You"はビルボード・チャートで10週連続2位という珍しい記録を残しています。というのも、この時はオリビア・ニュートン・ジョンの大ヒット曲「フィジカル」が1位の座に居座っていたんですよね。ということで、10週の内の9週はそのオリビアに阻まれ、残りの1週をホール & オーツの「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」に阻まれた結果、残念ながらフォリーナーのとって初のNo.1ヒットとはなれませんでした。しかしながら、次作の"Agent Provocateur"からシングルカットされた"I Want To know What Love Is"が見事、米英で共にシングルチャートのNo.1を記録したのでした。

Foreigner Original Album Series (Foreigner) / Foreigner   Foreigner Original Album Series (Double Vision) / Foreigner

Foreigner Original Album Series (Head Games) / Foreigner   Foreigner Original Album Series (4) / Foreigner

Foreigner Original Album Series (Agent Provocateur) / Foreigner   Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner

ちなみに、フォリナーは、ミック・ジョーンズと、元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドを中心に結成されたバンドで、バンド名については、メンバーにイギリス人とアメリカ人が混在するバンド構成だったことから「Foreigner」(外国人)と名付けられたとのこと。

当初は6人編成という珍しいバンド形態だったものの、4thアルバムの「4」からはメンバーの脱退もあり4人編成に変わりました。もしかしたらアルバムタイトルの「4」も、単に4枚目のアルバムだからという意味だけではなく、その辺りの意味合いも含まれていたのかもしれません。

ということで、4thアルバムの「4」以降は、中心人物のひとりであるイアン・マクドナルドが抜けたことにより、多少音楽性に変化が見られます。というのも、イアン・マクドナルドといえば、キング・クリムゾン時代にもロックの名盤として名高い「In The Court Of The Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)」に於いては、ソングライターとしてばかりではなく、印象的なメロトロンをはじめ、サックスや、フルート、クラリネット、それにヴィブラフォンといった楽器をプレイするなどマルチプレイヤーとしてもその才能を発揮していた人物でもありましたし、フォリナーに於いてもリードを用いたホーンや木管楽器をサウンドに取り入れるなど大きな役割を果たしていたわけですから、そのイアン・マクドナルドが抜けたことにより、音楽性に多少変化が現れるのは当然といえば当然なのかもしれません。

Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner

私自身はといえば、2ndシングルの「Double Vision」(ダブル・ヴィジョン)と、3rdシングルの「Blue Morning, Blue Day」(蒼い朝)に惹かれて買った2ndアルバムの「Double Vision」が初めて買ったフォリナーのアルバム(LPレコード)でした。

その後も、3rdアルバムの「Head Games」と、5thアルバムの「Agent Provocateur」はLPレコードで買った記憶があるものの、4thアルバムの「4」と、1stアルバムは買ってなかったので、このボックスセットで初めてそれらのアルバムを聴いたわけですが、どちらも他のアルバムに負けず劣らずといった印象で気に入っています。

CDは全5枚共にオリジナルデザインが施された紙ジャケットに入っています。 ブックレットや歌詞カードといったものは封入されていませんが、各曲のコンポーザーは曲名と共に各CDにクレジットされています。

スリップケースの中に5枚の紙ジャケットとCDが入っているだけといった簡素なものですが、自分としてはこれだけで十分満足。5枚の紙ジャケットだけでもけっこうワクワク感がありますし、オリジナルの曲順で聴くことにより、LPレコードを買った頃に感じた雰囲気といったものが思い起こされるかのようでもあります。

それに、余計なボーナストラックなどが入っていないので、オリジナル作品のまま楽しめるのが自分としては嬉しいところ。最近はボーナストラック無しのオリジナルアルバムを探すほうが難しいですからね。

それにしても、通して聴いてみると、まるで5枚組のベストアルバムを聴いているかのような印象があるのは、やはり、それだけ良い曲が多いということなんでしょうね。

Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner

FOREIGNER - BAND MEMBERS
• Lou Gramm - Lead Vocals, Percussion (1st-5th)
• Mick Jones - Guitar, Keyboards, Backing Vocals (1st-5th)
• Dennis Elliott - Drums, Backing Vocals (1st-5th)
• Ian McDonald - Guitar, Keyboards, Reeds, Backing Vocals (1st-3rd)
• Al Greenwood - Synthesizer, Keyboards (1st-3rd)
• Ed Gagliardi - Bass, Backing Vocals (1st and 2nd)
• Rick Wills - Bass, Backing Vocals (3rd-5th)

Foreigner Original Album Series (5CD Box Set) / Foreigner TRACK LIST
Disc-1: Foreigner
1. Feels Like The First Time / 2. Cold As Ice / 3. Starrider / 4. Headknocker / 5. The Damage Is Done / 6. Long, Long Way From Home / 7. Woman Oh Woman / 8. At War With The World / 9. Fool For You Anyway / 10. I Need You

▼ Foreigner - Feels like the first Time
https://www.youtube.com/watch?v=qHDy_b33cCQ

Disc-2: Double Vision
1. Hot Blooded / 2. Blue Morning, Blue Day / 3. You're All I Am / 4. Back Where You Belong / 5. Love Has Taken Its Toll / 6. Double Vision / 7. Tramontane (Instrumental) / 8. I Have Waited So Long / 9. Lonely Children / 10. Spellbinder

▼ Foreigner - Double Vision
https://www.youtube.com/watch?v=t13mQmeIM8g

▼ Foreigner - Blue Morning, Blue Day
https://www.youtube.com/watch?v=rVpUVgaz6YA

Disc-3: Head Games
1. Dirty White Boy / 2. Love On The Telephone / 3. Women / 4. I'll Get Even With You / 5. Seventeen / 6. Head Games / 7. The Modern Day / 8. Blinded By Science / 9. Do What You Like / 10. Rev On The Red Line

▼ Foreigner - Head Games
https://www.youtube.com/watch?v=CQdnn4QZ8Kk

▼ Foreigner - Love On The Telephone
https://www.youtube.com/watch?v=QdhHJOXKTPU

Disc-4: 4
1. Night Life / 2. Juke Box Hero / 3. Break It Up / 4. Waiting For A Girl Like You / 5. Luanne / 6. Urgent / 7. I'm Gonna Win / 8. Woman In Black / 9. Girl On The Moon / 10. Don't Let Go

▼ Foreigner - Waiting For A Girl Like You
https://www.youtube.com/watch?v=MfHKyfrx2zA

Disc-5: Agent Provocateur
1. Tooth And Nail / 2. That Was Yesterday / 3. I Want To Know What Love Is / 4. Growing Up The Hard Way / 5. Reaction To Action / 6. Stranger In My Own House / 7. A Love In Vain / 8. Down On Love / 9. Two Different Worlds / 10. She's Too Tough

▼ Foreigner - That Was Yesterday
https://www.youtube.com/watch?v=vxz7UkOQ5v4

▼ Foreigner - I Want To Know What Love Is
https://www.youtube.com/watch?v=HNGbhnF8ufs

NOTES
• Comes in a cardboard slipcase. The individual CD's are contained in cardboard sleeves printed with the original vinyl artwork.

(記:2014年3月 / 更新:2016年7月)


    VULTURE CULTURE / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984)

LPレコードの帯:ヴァルチャー・カルチャー / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover with Obi Strip (Vinyl LP): Vulture Culture / The Alan Parsons Project  Inner Sleeve (Vinyl LP): Vulture Culture / The Alan Parsons Project  Inner Sleeve (Vinyl LP): Vulture Culture / The Alan Parsons Project

アラン・パーソンズ・プロジェクト史上、最もポップなアルバムと言えるのが、この「Vulture Culture / ヴァルチャー・カルチャー」。上の写真は手持ちのLPレコードを撮ったもので、中央と右は見開き歌詞カードの表と裏です。

前作の「Ammonia Avenue (アンモニア・アヴェニュー)」から1年も経たずにリリースされたアルバムだったこともあり、初めて買ったアラン・パーソンズ・プロジェクトのアルバムが"Ammonia Avenue"だった私は、「えっ、もう出たの!」といった感じでちょっぴり驚いたことを覚えています。

収録曲は全8曲(LPレコードは片面4曲ずつという構成)、そして収録時間もトータルで40分を切る37分59秒ということもあり、アルバム全体としてもコンパクトな印象があります。

私自身は、親しみやすさもあり、前作以上に幅広く受け入れられるんじゃないかと思っていたのですが、アルバムのセールスは前作に及ばずといったところでした。

それでも、アルバムにはアラン・パーソンズ・プロジェクトらしさに溢れた魅力的な楽曲が数多く収録されており、大作感は無いものの、アルバムとしては表現方法が若干変わっただけで、クオリティーはコレまでのアルバムと比べても遜色の無いものを持っていると思います。

特に前半の4曲(LPではA面)は、どれもがシングルカットされても良さそうな曲。ただ、ファーストシングルが"Let's Talk About Me"(米56位)だったのはちょっと意外な気もしました。シングルとしては、この後に"Days Are Numbers (The Traveller)"(米71位)がセカンドシングルとしてリリースされましたが、個人的にはこれらの2曲よりも先に"Separate Lives"や、"Sooner Or Later"をシングルカットした方が良かったのでは?なんてことを当時は思ったりもしていました。

何処となくシンセ・ポップのような雰囲気になったことで、問題作と取られることもあるようですが、前作でのポップ感覚が昇華されたと考えれば、さほど違和感も感じません。

実際、個人的なベストアルバムを作るとしても、このアルバムは絶対に外せない存在ですしね。個人的には、エリック・ウルフリンがヴォーカルをとる"Separate Lives"、"Sooner Or Later"、"The Same Old Sun"の3曲と、クリス・レインボウのヴォーカルが魅力的なミディアム・スローの"Days Are Numbers (The Traveller)"、それに、アラン・パーソンズ・プロジェクトにとっては定番ともいえるインストゥルメンタル曲の"Hawkeye"といったところが好きな楽曲です。

ただ、ラストの"The Same Old Sun"なんかを聴くと、以前だったらオーケストラを使った壮大なアレンジで聴かせてくれたんだろうなと思うところもあります。

LPレコードのラベル:Vulture Culture / The Alan Parsons Project  LPレコードのラベル:Vulture Culture / The Alan Parsons Project

ちなみに、アラン・パーソンズ・プロジェクトといえば、曲ごとに複数のヴォーカリストを使うことが知られているところですが、このアルバムでもメインのエリック・ウルフリンを含め、5人のヴォーカリストが顔を揃えています。

ファーストシングルにもなった1曲目の"Let's Talk About Me"だけは、元パイロットのデヴィッド・ペイトンがヴォーカルをとっているものの、後の4人は前作と同じ布陣。ただ、デヴィッド・ペイトンも、これまでずっとアラン・パーソンズ・プロジェクトの"Bass & Vocals"としてアルバムに参加していた人物なので、そういった意味では、いつもとほぼ変わらないメンバーで制作されたアルバムといえます。

ちなみに、「デヴィッド・ペイトン(David Paton)」はファーストアルバムからアラン・パーソンズ・プロジェクトの一員として名を連ねている人物で、伝説的グループ「パイロット(Pilot)」のメンバーでもありました。パイロットのアルバムをアラン・パーソンズがプロデュースしたことから交流が始まったようですが、同じく、ファーストアルバムからアラン・パーソンズ・プロジェクトの一員として名を連ねているギタリストの「イアン・ベアンソン(Ian Bairnson)」もパイロットのメンバーだったということから、きっと二人共その頃からアラン・パーソンズに目を付けられる技量と才能を持っていたんでしょうね。ちなみにデヴィッド・ペイトンはレコードデビューする前(1969-1970)のベイ・シティ・ローラーズにも在籍していたという経歴を持っています。

確かに、"Let's Talk About Me"の曲調は、エリック・ウルフリンや、クリス・レインボウをはじめ、他の2人には合わない 感じはしますし、デヴィッド・ペイトンがヴォーカリストに選ばれたのも何となく頷けます。ただ、このキーの高いハイトーン・ヴォイスはもしかしたら好き嫌いの分かれるところかもしれません。実を言うと私も当初は多少苦手でした。今は、ポップながらも、何処となくサイケっぽい雰囲気があり気に入ってるんですけどね。


CDの帯:ヴァルチャー・カルチャー / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Vulture Culture / The Alan Parsons Project   Album Cover (back): Vulture Culture / The Alan Parsons Project

そして、こちらがその後に買ったCD。ライナーノーツには'93年の日付が記してあるので、多分その頃に買ったものだと思います。二つ折りのディスコグラフィー付き。

TRACK LIST
1. Let's Talk About Me / 2. Separate Lives / 3. Days Are Numbers (The Traveller) / 4. Sooner Or Later / 5. Vulture Culture / 6. Hawkeye / 7. Somebody Out There / 8. The Same Old Sun

1. レッツ・トーク・アバウト・ミー / 2. セパレイト・ライヴス / 3. デイズ・アー・ナンバーズ (旅人は星を数える) / 4. 自由はすぐそこに / 5. ヴァルチャー・カルチャー / 6. ホークアイ / 7. 悪夢 / 8. それでも陽は昇る

NOTES
Tracks 1: Lead Vocal - David Paton / Tracks 2, 4, 8: Lead Vocal - Eric Woolfson / Tracks 3: Lead Vocal - Chris Rainbow / Tracks 5: Lead Vocal - Lenny Zakatek / Tracks 7: Lead Vocal - Colin Blunstone / Tracks 6: instrumental

• Album: UK 40位、US 46位
• Singles: "Let's Talk About Me" US 56位 / "Days Are Numbers (The Traveller)" US 71位

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年3月)


    STEREOTOMY / THE ALAN PARSONS PROJECT (1985)

LPレコードの帯:ステレオトミー / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Stereotomy / The Alan Parsons Project
この「Stereotomy / ステレオトミー」は、前作"Vulture Culture"でのポップ路線から一転、ロック色が増した作品となりました。今でこそ、このアルバムならではの魅力を以前よりは感じることができるようになったものの、LPレコードで買った当時は全く好きになれず、最初に数回聴いた後は殆ど聴く事もなかったんですよね。

まぁ、前作とは大きくサウンドが変わったことも一因としてあるのかもしれませんが、それでも、大半のLPレコードは処分した中で、こうして数少ない手持ちのLPレコードにこのアルバムが含まれているのですから、自分の事とはいえ、分からないものですね。ただ、ひいき目に見ても一般受けはしなさそうなアルバムではあります。

アルバムの帯には「ゲイリー・ブルッカーをはじめ、6人のヴォーカリストと100名に及ぶロンドンのフィルハーモニア・オーケストラを起用」と記されているのですが、"Silence and I"(静寂と私)のような曲を期待すると肩透かしを食らいます。

アルバムの方向性からくるものなのかどうかは分かりませんが、これまでメインでヴォーカルをとっていたエリック・ウルフソンが単独でリードヴォーカルをとる曲は1曲も無く、バッキングヴォーカルで"Stereotomy"の1曲にクレジットされているだけで、今回は、その"Stereotomy"を含む3曲でリードヴォーカルをとっているジョン・マイルズがメインとなっています。

その他では"A Whiter Shade Of Pale"(青い影)でお馴染みの、元プロコル・ハルムのゲイリー・ブルッカーが"Limelight"でヴォーカルをとっています。

Album Cover (back): Stereotomy / The Alan Parsons Project アルバムタイトルにもなっている"Stereotomy"がファーストアルバムのコンセプトだったエドガー・アラン・ポーの小説「モルグ街の殺人」からの引用ということで、原点回帰を示したアルバムだとも取れると思うのですが、それでも、前作はいったい何だったのかと思うほどの変貌振り。しかも前作とはヴォーカリストも大きく変わっているので、私のみならず、戸惑われたたファンも多かったのではないかと。

しかしながら、逆に前作でのポップ感覚に違和感を感じた人にとっては、かつてのプログレ的サウンドに回帰したともとれるこちらのアルバムの方が魅力的なのかもしれません。特に7分を超える大作のタイトルトラック、それにインストゥルメンタル曲"Urbania"、"Where's The Walrus?"の2曲は素晴らしい出来ですからね。

どちらかと言えば過渡期の地味なアルバムといった印象もありますが、実は本国であるイギリスのチャートで最上位を記録したアルバムは、"Eye in the Sky"(27位)でも、"Ammonia Avenue"(24位)でもなく、この"Stereotomy"(19位)なんですよね。とかくイギリス人気質といったものが語られたりもしますが、こういった部分では文化的奥深さと成熟した音楽文化を感じるところではあります。

で、このアルバムを取り上げるにあたって、今回初めて"YouTube"で"Stereotomy"のミュージックビデオを見てみたのですが、現代アートというか、動くストーム・ソーガソン作品といった雰囲気で、妙に惹かれてしまいました。どんな内容かというと、緑色のシャツを着た男が最初から最後まで延々と前転や側転、バク転等を繰り返すという映像です(笑)。 ちなみに、ストーム・ソーガソンとは、長年アラン・パーソンズ・プロジェクト及びアラン・パーソンズのソロ作品のジャケットデザインに携わっていたデザイナーです(残念ながら昨年の2013年に亡くなられました)。

▼ The Alan Parsons Project - Stereotomy
https://www.youtube.com/watch?v=hWIZ3rWv18o

LPレコードのラベル:Stereotomy / The Alan Parsons Project  LPレコードのラベル:Stereotomy / The Alan Parsons Project  LPレコードのラベル:Stereotomy / The Alan Parsons Project

TRACK LIST
Side One: 1. Stereotomy (ステレオトミー) / 2. Beaujolais (眠りを覚ますボジョレー) / 3. Urbania [Instrumental] (アーバニア [インストゥルメンタル]) / 4. Limelight (ライムライト)
Side Two: 5. In The Real World (現実革命) / 6. Where's The Walrus? [Instrumental] (海獣 [インストゥルメンタル] ) / 7. Light Of The World (ライト・オブ・ザ・ワールド) / 8. Chinese Whispers [Instrumental] (チャイニーズ・ウィスパーズ [インストゥルメンタル] ) / 9. Stereotomy Two (ステレオトミー II)

NOTES
Tracks 1, 5, 9: Lead Vocal - John Miles / Track 2: Lead Vocal - Chris Rainbow / Track 4: Lead Vocal - Gary Brooker / Track 7: Lead Vocal - Graham Dye / Tracks 3, 6, 8: Instrumental
(Track 1: Backing Vocal - Eric Woolfson / Track 7: Backing Vocal - Steven Dye)

• Album: UK 19位 / US 43位
• Single: "Stereotomy" US 82位

CDの帯:ステレオトミー / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Stereotomy / The Alan Parsons Project Album Cover (back): Stereotomy / The Alan Parsons Project CD: Stereotomy / The Alan Parsons Project

そして、こちらは同タイトルのCDで、4曲のボーナス・トラックが加えられた2009年の再発盤です。

上のLPと比べても分かるように、こちらのCDはジャケットの色がかなり濃い深緑になっているのですが、もしかして、海外盤は元々こういう色だったのでしょうかね? 一応、画像検索で確認してみたのですが、これ以外にも様々な色のジャケットがあるようで良く分かりませんでした(笑)。

CDの帯(裏側):ステレオトミー / アラン・パーソンズ・プロジェクト TRACK LIST
1. Stereotomy / 2. Beaujolais / 3. Urbania (Instrumental) / 4. Limelight / 5. In The Real World / 6. Where's The Walrus? (Instrumental) / 7. Light Of The World / 8. Chinese Whispers (Instrumental) / 9. Stereotomy Two
[Bonus Tracks]
10. Light Of The World (Backing Track) / 11. Rumour Goin' Round (Demo) / 12. Stereotomy (Eric Woolfson Guide Vocal) / 13. Stereotomy (Backing Rough Mix)

1. ステレオトミー / 2. 眠りを覚ますボジョレー / 3. アーバニア(インストゥルメンタル) / 4. ライムライト / 5. 現実革命 / 6. 海獣(インストゥルメンタル) / 7. ライト・オブ・ザ・ワールド / 8. チャイニーズ・ウィスパーズ(インストゥルメンタル) / 9. ステレオトミー II
[ボーナス・トラック]
10. ライト・オブ・ザ・ワールド (Backing Track) / 11. ルーモア・ゴーイン・ラウンド (Previously Unreleased Demo) / 12. ステレオトミー (Eric Woolfson Guide Vocal) / 13. ステレオトミー II (Backing Rough Mix)

NOTES
• CD発売日:2009年1月21日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年4月 / 更新:2016年3月)


    GAUDI / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987)

CDの帯:ガウディ / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Gaudi / The Alan Parsons Project Album Cover (back): Gaudi / The Alan Parsons Project CD Case (back cover): Gaudi / The Alan Parsons Project

ベストアルバムを除くアルバムとしては通算10作目にして事実上のラストアルバムとなったのが、こちらの「Gaudi / ガウディ」。翌年の1988年にはコレまでの活動を総括するようにベストアルバム第2弾となる"Limelight - The Best of Vol.2"がリリースされましたが、当時は、そのベストアルバムがリリースされた時点でも、まさかアラン・パーソンズ・プロジェクトとしての活動が終わってしまっていたなんてことは思ってもいませんでした。

本作のアルバムタイトル"Gaudi"は、勿論、スペインの建築家アントニオ・ガウディのことです。ひとつひとつの音を組み合わせて曲として構築していく作業は、もしかしたら建築と似ている部分があるのかもしれませんね。方向性としては前作の"Stereotomy"を踏襲した印象があり、1曲目が7分を超えるアルバムタイトル曲、そしてラストは、そのリプライズ的な曲で締めくくるという点でも類似点が感じられます。

※ (ガウディの名前についての補足)
スペイン語(カスティーリャ語)表記では、「アントニオ・ガウディ」(Antonio Plácido Guillermo Gaudí y Cornet)。ガウディの出身地、スペイン、カタルーニャ州のカタルーニャ語表記では、「アントニ・ガウディ」(Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet)となります。

ということで、前作の"Stereotomy"が今いち気に入らなかった自分は、また似たようなアルバムかよといった感じで、それほど好きにはなれませんでした。ただし、これはリアルタイムで抱いていた感想であって、今は全曲とは言わないまでも、いくつか気に入った曲はあります。特に、鐘の音で繋げられた最後の2曲、"Inside Looking Out"と"Paseo De Gracia"は好きですね。それに、前作と違って、再びエリック・ウルフソンのヴォーカル曲が復活しているからなのか、どことなく安心感のようなものがあります。

それと、このアルバムは、ガウディが手がけたサグラダ・ファミリア等の写真を眺めながら聴くという楽しみ方もあるんですよね。視覚と聴覚が組み合わさることで、音で描かれたガウディの世界観をより立体的に堪能できます。

▼ ということで、こちらは手持ちのガウディの本。

ガウディ建築入門   ガウディ建築入門

TRACK LIST
1. La Sagrada Familia / 2. Too Late / 3. Closer To Heaven / 4. Standing On Higher Ground / 5. Money Talks / 6. Inside Looking Out / 7. Paseo De Gracia (Instrumental)

1. サグラダ・ファミリア / 2. トゥー・レイト / 3. クローサー・ヘブン / 4. 真実を見つめて / 5. マネー・トークス) / 6. インサイド・ルッキングアウト / 7. グラシアの散歩道(インストゥルメンタル)

NOTES
Tracks 1, 5: Lead Vocal - John Miles / Tracks 2: Lead Vocal - Lenny Zakatek / Tracks 3, 6: Lead Vocal - Eric Woolfson / Tracks 4: Lead Vocal - Geoff Barradale / Tracks 7: Instrumental
(Tracks 1: Backing Vocal - Eric Woolfson and Chris Rainbow)

• Album: UK 66位、US 57位

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2014年4月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 19 Navigation Part 20   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.