Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 18
01. VACATION CLUB / AEROSMITH (1988)
02. YOU WANTED THE BEST, YOU GOT THE BEST!! /
KISS (1996)
03. KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告 (1978)
04. KISS - ソロアルバム / 雑誌広告 (1978)
05. CORPORATE AMERICA / BOSTON (2002)
06. BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996)
07. AEROSMITH'S GREATEST HITS / AEROSMITH (1980)
08. LIMELIGHT - THE BEST OF VOL.2 /
THE ALAN PARSONS PROJECT (1987)
09. SHE CAME HOME FOR CHRISTMAS / MEW (2003)
10. LIFE, LOVE & HOPE / BOSTON (2013)
    VACATION CLUB / AEROSMITH (1988)

CDの帯:ヴァケーション・クラブ - ミニアルバム - / エアロスミス

Vacation Club / Aerosmith Vacation Club / Aerosmith Vacation Club / Aerosmith

この"Vacation Club"は日本のみでリリースされた5曲入りのミニアルバムで、"Permanent Vacation"からシングルカットされた曲の別バージョン4曲と、"Permanent Vacation"からは最終的に外されたアルバム未収録の"Once Is Enough"で構成されています。

ここに収録されているこれらの曲についていえば、元々はアメリカでリリースされたシングルのB面及びカップリング曲として収録されていたもので、日本ではそれらをひとまとめにして、日本独自の企画盤としてリリースされたわけですが、ファンにとっては個々に集める手間が省けるありがたい企画盤でもありました。ということで、どちらかといえば内容的にはマニア向けとった感じですね。

ちなみに、付属の歌詞カードには、アルバム未収録曲"Once Is Enough"を含む全曲の歌詞と日本語訳も付いています。

なお、オリジナルアルバムの"Permanent Vacation"は(米11位)を記録。又、シングルは"Dude (Looks Like a Lady)"(米14位、英45位)、"Angel"(米3位、英69位)、"Rag Doll"(米17位)をそれぞれ記録。

Vacation Club / Aerosmith

AEROSMITH - BAND MEMBERS
• Steven Tyler - Lead Vocals, Piano
• Joe Perry - Lead Guitar, Backing Vocals
• Brad Whitford - Rhythm Guitar
• Tom Hamilton - Bass
• Joey Kramer - Drums

TRACK LIST
1. Dude [Exteneded Rockin' Dude Mix] / 2. Dude [Dude This Way] / 3. Rag Doll [Extended Vacation] / 4. Once Is Enough / 5. Angel [New AOR Mix]

NOTES
• 4曲目の"Once Is Enough"はアルバム(Permanent Vacation)未収録曲
• Released in Japan Only
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2013年10月)


    YOU WANTED THE BEST, YOU GOT THE BEST!! / KISS (1996)

Album Cover (front): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS  CD Case (front): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS  CD Case (back): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS

オリジナルラインナップでのリユニオンツアーに併せるかたちで1996年にリリースされたのが、こちらの"KISS"のライヴトラックだけによるベストアルバム"You Wanted the Best, You Got the Best!!"。

まぁ、これでライヴの予習と復習をやっておけよといった意味合いがあったのかもしれませんが、リリースのタイミングとしては、さすが商売上手といった印象も無きにしも非ずで、ビルボードチャートでは17位を記録しています。

日本盤は外側が赤で内側のトレイ部分が黄緑という蛍光色のCDケースに、メンバー4人の円形ステッカー、それにボーナストラックという仕様でリリースされましたが、ヒンジ部分のデザインを生かすためなのか、日本盤の特徴であるアルバム名を記した帯は最初から付いていませんでした。

ただ、一応は邦題は付けられていたようで、折りたたみ式のオリジナル・ブックレットとは別に付けられたライナーノーツとディスコグラフィーを含む歌詞カードには「ベスト・オブ・ベスト 〜 KISSアライヴ」と記してあります。

CD Case (front): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS CD Case (back): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS Booklet: You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS

実は、このアルバムの思い出として真っ先に思い浮かぶのは、ジャケットのシワなんですね (笑)。多分製造過程でできたと思うのですが、エースの頭の上付近で横に機械で付いたと思われるシャープな折り目が入っているんですよね。直ぐに気付いていたら交換してもらえたのかもしれませんが、何せ、この赤いプラケースの所為でしばらくの間は気付かなかったですからね。気付いたときは何だよという思いもありましたが、今ではこのシワも思い出のひとつです。

▼ こちらは付属のステッカー・シート(円形の4枚セット)

Stickers: You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS  CD Case & Stickers: You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS

収録曲については、"Alive"と"Alive II"から抜粋された楽曲がメインのライヴベストとはいえ、"Alive"と"Alive II"からは漏れた未発表のライヴテイクが4曲含まれており、これはファンにとっては見逃せないところでもあります。又、アルバムの最後には約17分のインタビューも収録されており(日本盤には日本語訳付き)、更に日本盤にはエリック・カー在籍時のライヴ音源"New York Groove"がボーナストラックとして加えられています。

ただ、この未発表のライヴテイク4曲については、当時の年代がクレジットされているものの、ポールのヴォーカルはあきらかに'90年代のヴォーカルスタイルなんですよね・・・。

それでも、滅多にライヴで演奏されない"Room Service"や、"Two Timer"、"Let Me Know"といったレアなライヴ・ヴァージョンにはけっこう興奮させられましたし、それに"Take Me"と"New York Groove"を含めた5曲は他のアルバムでは聴けないトラックなので、ファンにとっては軽視できないアルバムでもあります。

CD Case (inside): You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS  CD: You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS

なお、アルバムの冒頭には"Alive II"と同じオープニングMCが使われており、雰囲気を盛り上げてくれます。

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. Room Service / 2. Two Timer / 3. Let Me Know / 4. Rock Bottom / 5. Parasite / 6. Firehouse / 7. I Stole Your Love / 8. Calling Dr. Love / 9. Take Me / 10. Shout It Out Loud / 11. Beth / 12. Rock And Roll All Nite / 13. New York Groove [Japan Bonus Track] / 14. Kiss Tells All

1. ルーム・サーヴィス / 2. トゥー・タイマー / 3. レット・ミー・ノー / 4. ロック・ボトム / 5. パラサイト / 6. ファイアーハウス / 7. 愛の謀略 / 8. 悪魔のドクター・ラヴ / 9. 燃える欲望 / 10. 狂気の叫び / 11. ベス / 12. ロックン・ロール・オール・ナイト / 13. ニューヨーク・グルーヴ(日本盤ボーナス・トラック) / 14. KISS インタヴュー

NOTES
• Tracks 1, 2, 3, 9, 13 (Previously Unreleased Live Track) / Tracks 4, 5, 6, 12 (KISS Alive) / Tracks 7, 8, 10, 11 (KISS Alive II) / Tracks 14 (Interview Session in 1996)

1. Room Service - Recorded Live in Davenport, Iowa in 1975
2. Two Timer - Recorded Live in Detroit, Michigan in 1975
3. Let Me Know - Recorded Live in Detroit, Michigan in 1975
9. Take Me - Recorded Live in Los Angeles, California in 1977
13. New York Groove - Recorded Live in Sydney, Australia, November 11, 1980 and Features Eric Carr on Drums
14. Kiss Tells All - Interview Session with Jay Leno, Conducted at "The Tonight Show" Studios in 1996

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• Japanese Edition in Fluo-Colored Jewel CD Case
• Includes 4 Stickers
• This CD had No Obi from the Biginning

• US 17位 (Gold / 1997-RIAA)

(記:2013年10月)


    KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告 (1978)

今回は"KISS"が来日中ということもあり、やや指向を変えて、雑誌に掲載されたアルバムの広告を取り上げてみました。

ということで、これは1978年に日本だけでリリースされた企画盤「THE ORIGINALS II / 続・地獄の全貌」の雑誌広告です。

この「THE ORIGINALS II / 続・地獄の全貌」は、「Destroyer / 地獄の軍団」、「Rock And Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」、「Love Gun / ラブ・ガン」の3枚をセットにした3枚組みレコードで、「KISS ALive II / キッス・アライヴ II」 の後に来日記念盤として限定発売されました。

KISS - THE ORIGINALS II / JAPAN PROMO AD (1978)

KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告

KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告 KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告

KISS - 続・地獄の全貌 / 雑誌広告

▼ 関連記事
[Music 7] - THE ORIGINALS U 「続・地獄の全貌」 / KISS (1978)

(記:2013年10月)


    KISS - ソロアルバム / 雑誌広告 (1978)

1978年初めに"KISS"のメンバー4人のソロアルバムが4枚同時にリリースされたのですが、その後直ぐにピクチャー・ディスクも限定発売されました。こちらはそのピクチャー・ディスク盤の雑誌広告です。

私はと言えば、先にリリースされた通常盤をお小遣いのお金が貯まるごとに1枚ずつ買い揃えていっていたので、そんな状況下では、さすがに同じ音源のアルバムをもう一枚というわけにはいきませんでした。それに価格も通常盤より500円高い3,000円でしたから、中のレコード盤が見えるよう円形にくり抜かれたジャケットをレコード店で眺めるだけでしたね。

KISS - SOLO ALBUMS / JAPAN PROMO AD (1978)

KISS - ソロアルバム / 雑誌広告

KISS - ソロアルバム / 雑誌広告 KISS - ソロアルバム / 雑誌広告

▼ Kiss - Solo Albums commercial
https://www.youtube.com/watch?v=Ckp7CaFDsfU

▼ KISS Solo Albums Promo Video 1978
https://www.youtube.com/watch?v=8tZ9GYn_r9Y

(記:2013年10月)


    CORPORATE AMERICA / BOSTON (2002)

CDの帯:コーポレイト・アメリカ / ボストン

Album Cover (front): Corporate America / Boston
1997年に"Greatest Hits"がリリースされたとはいえ、ニューアルバムとしては、前作の"Walk On"から実に8年ぶりとなったのが、2002年にリリースされた、この「Corporate America / コーポレイト・アメリカ」です。

当時は、前作でグループを離れたオリジナル・ヴォーカリストのブラッド・デルプが復帰したということもあり、けっこう楽しみにしていたアルバムで、実際、アルバム1曲目の"I Had a Good Time"を聴いた時は、ブラッドの復帰と共に、これぞボストンといったサウンドに喜んだのですが、アルバムを聴き進めていくうちにテンションは徐々に下降していき、結局は次に盛り上がったのは最後の曲で、前作に収録されていた"Livin' for You"のライヴ・ヴァージョンだったという、多少寂しいアルバムでもありました。

それに、ブラッド・デルプが復帰したとは言っても、ブラッドが全曲でヴォーカルをとっているという訳ではなく、フラン・コスモと、新たに加わった女性メンバーのキンバリー・ダームの3人でリード・ヴォーカルを担当している形になっているんですよね。

別に2人のヴォーカルも悪くはないと思うのですが、ただ前作とは違い、ブラッドのヴォーカル曲があるだけに、他の2人がヴォーカルをとる曲では、多少異質な印象が無きにしも非ずといったところ。特にリードヴォーカルは勿論のこと、コーラスやハーモニーから女性の声が聴こえてくるというのがどうも違和感があります。

勿論、ボストンに不変性を望んでいるということではなく、自分としては様々なチャレンジも歓迎しているのですが、ただそうであれば、例えばキンバリーのリードヴォーカル曲を例に挙げると、女性の声を生かしたもっと魅力的な楽曲とアレンジで披露して欲しかったという思いはあります。

正直、トム・ショルツが8年間の大半をこのアルバムの制作に費やしていたとは到底思えず、過去の楽曲が見え隠れするような使い回しの感があるメロディーが所々で顔を出すのもどうかなぁといった印象。かつてのロック少年を夢中にさせた"Don't Look Back"や"A Man I'll Never Be"に匹敵するような曲をついつい期待してしまうのがいけないんでしょうかね・・・。

CD Case (back over): Corporate America / Boston  CD Case (inside): Corporate America / Boston

このアルバムでコンポーザーとしてトム・ショルツの名前が単独で表記されている曲は5曲で、共作で表記されている曲が1曲、そして他のメンバーがコンポーザーとして表記されている曲が4曲と、以前に比べたら、他のメンバーの貢献度も上がり、よりバンドらしくはなってはいるのですが、ただ、肝心の楽曲がつまらないのであれば意味が無いような。やはりこのアルバムは全体的に楽曲そのものの魅力が乏しいことが不評だった第一の要因であったようにも思います。

ちなみに、現在では本国のアメリカでもこの"Corporate America"は廃盤扱いされているようで、ボストンのアルバムで唯一廃盤にになっているのが最新アルバムというシャレにならないような結果にもなっています。しかも、そのことにより、このアルバムの中古市場での価格が上昇しているという皮肉な結果に。

と、まぁ、なんだか愚痴ばかりになってしまいましたが、それもこれも全ては、時が流れてもボストンが自分にとっては特別な存在であり、それだけ期待していたからなのであります。

残念ながら、アルバムを通して聴くということは殆んど無く、大抵は"I Had a Good Time"と"Livin' for You (Live)"の2曲だけ聴くというシングル盤のような聴き方をしているのですが、それでも、この2曲のために買ったと思えば、そう残念がることもないかと今は思っています。実際、ブラッド亡き今となっては"I Had a Good Time"という名曲を残してくれたことに感謝していますし、この1曲のためだけにでも買った価値はあったと思っています。

▼ Boston - I Had a Good Time
https://www.youtube.com/watch?v=DLa2ZAECfDo

CDの帯:Corporate America / Boston

BOSTON - BAND MEMBERS
• Tom Scholz - Guitar, Bass, Keyboards, Drums, Vocals
• Brad Delp - Vocals
• Fran Cosmo - Vocals
• Gary Pihl - Guitar, Keyboards
• Anthony Cosmo - Guitar, Vocals
• Kimberley Dahme - Guitar, Vocals

TRACK LIST
1. I Had A Good Time / 2. Stare Out Your Window / 3. Corporate America / 4. With You / 5. Someone / 6. Turn It Off / 7. Cryin' / 8. Didn't Mean To Fall In Love / 9. You Gave Up On Love / 10. Livin' For You (Live)

1. アイ・ハド・ア・グッド・タイム / 2. ステア・アウト・ユア・ウインドウ / 3. コーポレイト・アメリカ / 4. ウィズ・ユー / 5. サムワン / 6. ターン・イット・オフ / 7. クライン / 8. ディドゥント・ミーン・トゥ・フォール・イン・ラヴ / 9. ユー・ゲイヴ・アップ・オン・ラヴ / 10. リヴィン・フォー・ユー(ライヴ)

NOTES
• US 42位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付


そして、ついに11年振りのニューアルバムが今年12月にリリース予定!

アルバムタイトルは、「Life Love & Hope (ライフ、ラヴ & ホープ)」

■ Life Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 日本盤
参考価格 ¥2,800 (アマゾン価格 ¥2,571) 発売予定日は2013年12月18日
■ Life Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 [Limited Edition, SHM-CD] 日本盤(初回限定盤)
参考価格 ¥3,000 (アマゾン価格 ¥2,857) 発売予定日は2013年12月18日
■ Life Love & Hope [Import]
¥1,362 発売予定日は2013年12月2日(アマゾン)

Life, Love & Hope / Boston 日本盤の価格は輸入盤の約2倍なんですね。どうしようかなぁ。

インフォメーションによれば、今は亡きオリジナル・シンガー、「ブラッド・デルプ」がヴォーカルをとる楽曲も含まれているようで、日本盤にはボーナス・トラック1曲が収録されるとのこと。

ワクワク!

トラックリストも公開されています。

■ LIFE, LOVE & HOPE
1. Heaven on Earth
2. Didn't Mean to Fall in Love (remastered version from Corporate America)
3. Last Day of School (Instrumental)
4. Sail Away
5. Life Love and Hope
6. If You Were in Love
7. Someday
8. Love Got Away
9. Someone (2.0) (rerecorded/rearrangement)
10. You Gave Up on Love (2.0) (rerecorded/rearrangement)
11. The Way You Look Tonight

むむっ、"Corporate America"に収録されていた楽曲が3曲も含まれている。なんかテンションが下がるなぁ。コンピレーションアルバムならまだしも、ニューアルバムでこういうことは止めていただきたいものです。しかも2曲目は単なるリマスターヴァージョンのよう。11年振りのアルバムだというのに、前作を引きずる意味があるのだろうか?

なお、各曲のクレジットと、トム・ショルツによる曲毎のコメントが以下のサイトに記してあります。

▼ ボストン 11年ぶりの新作『Life, Love & Hope』、各曲のクレジットが明らかに
http://amass.jp/30191

それにしてもアートワークのボストン号、ギターヘッドの部分が大きくてフォルムが多少いびつ。しかもボディー部分もロゴの部分を含めて船体が左によじれているような・・・。

Life, Love & Hope / Boston

(記:2013年11月 / 更新:2016年5月)


    BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996)

CDの帯:バラッズ - ザ・グレイテスト・ヒッツ / ハート

Album Cover (front): Ballads - The Greatest Hits / Heart Album Cover (back): Ballads - The Greatest Hits / Heart CD: Ballads - The Greatest Hits / Heart

こちらはハートのバラード曲を集めた日本だけのコンピレーション・アルバムです。ただ、バラードとは言ってもパワフルでダイナミックな曲が多いのがハートの特徴。

収録されているのは第二期黄金時代とも言える、エピックからキャピトルへ移籍した1985年以降の楽曲が中心で、それ以前の曲はニルソンでお馴染みのカヴァー曲である"Without You"の1曲だけです。

バラッズとは言いつつも、"Never"(米4位)や、"All I Wanna Do Is Make Love To You"(米2位)といったアップテンポの曲が収録されていたりもするのですが、この辺りはヒット曲だからということなんでしょうかね。

その他では、"Brigade"の日本盤スペシャルエディションだけに別途付いていた8センチCDに収録されている隠れた名曲"Never Stop Loving You"が収録されているのが特徴。

こういったコンピレーションアルバムに於いては収録曲に個人的な好みを言ったらキリが無いのですが、"Bad Animals"からの4thシングル"I Want You So Bad"(米49位)や、"Brigade"からの4thシングル"Secret"(米64位)といったココに収録されている楽曲に引けを取らないクオリティーを持ったバラード曲が抜けているのがちょっぴり残念なところかも。

それにしても、改めて聴いて思うのは、やはりアン・ウィルソンはロック界屈指の女性ヴォーカリストだということ。彼女の後に続く女性ヴォーカリストが今のところロック界に見当たらないのは寂しいところですが、裏を返せば、それだけ彼女が類まれな卓越したヴォーカリストだという証なのかもしれません。

なお、2003年に再発されたものは"CCCD"仕様なので、中古等で購入される場合はご注意を。

▼ Heart - All I Wanna Do Is Make Love to You (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=iuPwc8xgBDI

TRACK LIST
1. Alone / 2. What About Love / 3. All I Wanna Do Is Make Love To You / 4. Without You / 5. Never / 6. Never Stop Loving You / 7. I Didn't Want To Need You / 8. These Dreams / 9. The Woman In Me / 10. Stranded / 11. Strangers Of The Heart / 12. All I Wanna Do Is Make Love To You (Live)

1. アローン / 2. ホワット・アバウト・ラヴ / 3. 愛していたい / 4. ウィズアウト・ユー / 5. ネヴァー / 6. ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー / 7. 恋におちる / 8. ジーズ・ドリームス / 9. ザ・ウーマン・イン・ミー / 10. ストランデッド / 11. ストレンジャーズ・オブ・ザ・ハート / 12. 愛していたい(ライヴ)

NOTES
• 収録アルバム
Tracks 4: Magazine (1978) - 米17位 / Tracks 2, 5, 8: Heart (1985) - 米1位、英19位 / Tracks 1, 11: Bad Animals (1987) - 米2位、英7位 / Tracks 3, 7, 10: Brigade (1990) - 米3位、英3位 / Tracks 6: Brigade - Japan Special Edition (1990) / Tracks 9: Desire Walks On (1993) - 米48位、英32位 / Tracks 12: The Road Home (1995) - 米87位

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Released in Japan Only

(記:2013年11月)


    AEROSMITH'S GREATEST HITS / AEROSMITH (1980)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ / エアロスミス

Album Cover (front): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith Album Cover (back): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith CD Case (back cover): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith

エアロスミスにとって初のベストアルバムとなったのが、1980年にリリースされたこちらの"Aerosmith's Greatest Hits"でした。

リリースされた当時はレコード盤だったこともあり、収録曲は全10曲で、当初のCDもレコード盤と同じ仕様でしたが、現在は収録曲を7曲追加して2004年にリリースされた"Aerosmith's Greatest Hits 1973-1988"という改訂版に取って代わられています。ただ、追加された曲についていえば、グレイテスト・ヒッツの収録曲としては、いささか微妙な選曲になっています。

ちなみに、オリジナル盤の収録曲は1973年のファーストアルバムから1979年の"Night in the Ruts"までの楽曲で構成されており、ここで紹介している手持ちのCDも全10曲のオリジナル盤です。1986年に発売されたCDなので、恐らくは初めてCD化された際のものではないかと思うのですが、どこにもそういった記載が無いので確証はありません。収録曲に関しては各アルバムから1曲から2曲とほぼ均等に選曲されており、曲順は年代順になっています。

アルバムの特徴としては2点あるかと思います。まず1点目は、オリジナルアルバムには未収録で、1978年のサウンドトラック盤"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"に収録されていたビートルズのカヴァー曲"Come Together"が収録されていること。なお、この"Come Together"はシングルとしてもリリースされ、ビルボードチャートでは23位を記録しています。

そして2点目が、アルバムには表記されていないものの、"Same Old Song and Dance"、"Sweet Emotion"、"Kings and Queens"の3曲はシングルヴァージョンが収録されているということ。

これらのシングルヴァージョンは、基本的には3曲共にラジオでのオンエアーを考慮してか、オリジナルよりも短く編集されたヴァージョンになっているのですが、個人的なことを言えば、イントロ部分が丸ごとカットされている"Sweet Emotion"は今一つ馴染めないものの、Same Old Song and Dance"はオリジナルよりも先にこちらのヴァージョンを聴いたこともあってか、結構好きなヴァージョンです。なお、"Kings and Queens"は、イントロと間奏、それにエンディングの部分が短く編集されており、音の定位も全体的に中央寄りになっています。

アルバムはビルボードチャートで53位止まりだったものの、売り上げでは1,000万枚のセールスを示す"Diamond"に認定されるほどのビッグセラーアルバムとなっており、2007年には「11x Platinum」も認定されているんですよね。

ビルボードチャートに関しては、1980年に53位を記録した後も、1987年に154位、2012年に193位をそれぞれ記録。そして今年2013年になんと43位を記録し、最高位を更新するなど、チャート上でもロングセラーを続けているアルバムであることを垣間見れる結果となっています。

TRACK LIST (Original Version)
1. Dream On / 2. Same Old Song And Dance / 3. Sweet Emotion / 4. Walk This Way / 5. Last Child / 6. Back In The Saddle / 7. Draw The Line / 8. Kings And Queens / 9. Come Together / 10. Remember (Walking In The Sand)

1. ドリーム・オン / 2. セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス / 3. スウィート・エモーション / 4. ウォーク・ディス・ウェイ / 5. ラスト・チャイルド / 6. バック・イン・ザ・サドル / 7. ドロー・ザ・ライン / 8. キングズ・アンド・クィーンズ / 9. カム・トゥゲザー / 10. リメンバー

NOTES
• 収録アルバム
Tracks 1: Aerosmith 「野獣生誕」 (1973) / Tracks 2: Get Your Wings 「飛べ!エアロスミス」 (1974) / Tracks 3, 4: Toys in the Attic 「闇夜のヘヴィ・ロック」 (1975) / Tracks 5, 6: Rocks 「ロックス」 (1976) / Tracks 7, 8: Draw the Line 「ドロー・ザ・ライン」 (1977) / Tracks 9: Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Soundtrack) 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (サウンドトラック)」 (1978) / Tracks 10: Night in the Ruts 「ナイト・イン・ザ・ラッツ」 (1979)

• The album reached #53 on the Billboard 200 (1980)
• The album reached #43 on the Billboard 200 (2013)
• 11x Platinum (Diamond) / 2007-RIAA

• CD発売日:1986年10月22日
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2013年11月 / 更新:2015年7月)


    LIMELIGHT - THE BEST OF VOL.2 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987)

CDの帯:ライムライト - ベスト・オブ・アラン・パーソンズ・プロジェクト Vol.2 / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Limelight - The Best of Vol.2 / The Alan Parsons Project
"Gaudi"リリース後の1987年にリリースされたアラン・パーソンズ・プロジェクトのベストアルバム第二弾。ただ、このアルバムはアメリカ及びカナダの北米盤とヨーロッパ盤では収録曲の半数以上に違いがあり、アルバムのタイトルも北米盤では"The Best of The Alan Parsons Project Vol. 2"、そしてヨーロッパ盤では"Limelight - The Best Of Vol. 2"と、ジャケットの表記に違いが見られます。

なお、ここで紹介している手持ちの日本盤は、収録曲、曲順共にヨーロッパ盤に準じたかたちでリリースされたものです。印象としては北米盤がシングルカット曲を中心とした構成なのに対し、ヨーロッパ盤はシングルカットされていないもののファンに人気の高い楽曲で構成されているといった感じですね。

前回のベストアルバム"The Best of the Alan Parsons Project"は、"Eye In The Sky"リリース後の1983年にリリースされたものでしたが、こちらの"VOL.2"は、その後にリリースされた"Ammonia Avenue" (1984)、"Vulture Culture" (1985)、"Stereotomy" (1986)、"Gaudi" (1987)からの楽曲と、前回のベストから漏れた楽曲を加えた形で構成されています。ただし、ヨーロッパ盤及び日本盤に於いては最新アルバムの"Gaudi" (1987)からは1曲も選曲されていません。

そして、このアルバムの6年後にリリースされた新作では、名義から"Project"が外れ、個人名の"Alan Parsons"に変わったことから、"The Alan Parsons Project"名義のアルバムとしては、これが最後のアルバムということになったのでした。

Album Cover (back): Limelight - The Best of Vol.2 / The Alan Parsons Project TRACK LIST (Japan Edition)
1. Limelight / 2. The Same Old Sun / 3. Ammonia Avenue / 4. Mammagamma / 5. Since The Last Goodbye / 6. I Robot / 7. Prime Time / 8. Hawkeye / 9. The Turn Of A Friendly Card / 10. Silence And I

1. ライムライト / 2. それでも陽は昇る / 3. アンモニア・アヴェニュー / 4. ママガンマ / 5. ラスト・グッバイ / 6. アイ・ロボット / 7. プライム・タイム / 8. ホークアイ / 9. 運命の切り札 / 10. 静寂と私

NOTES
• 収録アルバム
I Robot - 1977 (6) / The Turn Of A Friendly Card - 1980 (9) / Eye In The Sky - 1982 (4, 10) / Ammonia Avenue - 1984 (3, 5, 7) / Vulture Culture - 1984 (2, 8) / Stereotomy - 1985 (1)

• Lead Vocals: Gary Brooker (1) / Eric Woolfson (2, 3, 7, 10) / Chris Rainbow (5, 9)
• Instrumental (4, 6, 8)

• 解説・歌詞・対訳付

ちなみに北米盤の収録曲は以下の通り。

TRACK LIST (USA and Canada Edition)
1. Prime Time [Single Version] / 2. Let's Talk About Me [Single Version] / 3. Standing On Higher Ground [Single Version] / 4. Stereotomy [Single Version] / 5. Don't Answer Me / 6. Limelight / 7. I Robot / 8. What Goes Up... / 9. Days Are Numbers (The Traveller) [Single Version] / 10. Ammonia Avenue / 11. The Turn Of A Friendly Card (Part II)

▼ 関連記事
[Music 16] - THE BEST OF THE ALAN PARSONS PROJECT / THE ALAN PARSONS PROJECT (1983)

(記:2013年11月)


    SHE CAME HOME FOR CHRISTMAS / MEW (2003)

CDの帯:シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス / Mew

Album Cover: She Came Home for Christmas / Mew
今、個人的に最も嵌っているのが、こちらの「Mew / ミュー」のミニ・アルバム「She Came Home for Christmas / シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス」。ちなみに、この"Mew"は、1994年に結成されたデンマーク出身のバンドです。

実は、先月、聴きたい曲があって、レンタルショップでクリスマス曲を集めたコンピレーションアルバムを借りたのですが、その中で一際異彩を放っていた曲が、この"She Came Home for Christmas"。お馴染みのスタンダードナンバーやトラディッショナルな曲が大半を占める中、この曲だけはどこか切なく悲しげでもありましたが、そのサウンドは紛れも無くロックだったんですよね。へヴィーなギターサウンド(そこがまた良い)ながらも北欧系のバンドらしい透明感のある旋律が美しいドラマティックなバラードに心惹かれたのでした。

それから、この曲が気になって調べたところ、この曲が収録されている2003年にリリースされたアルム"Frengers"以外にも、ここで紹介している"She Came Home for Christmas"という曲名がそのままタイトルになったシングルのようなミニ・アルバムが日本だけでリリースされたことを知ったものの、時遅しで、既に廃盤。

それでも、このミニ・アルバムは、5曲の収録曲の内、タイトル曲を除く4曲がアルバム未収録で、しかも"She Came Home for Christmas"のアコースティック・ヴァージョンはこのミニ・アルバムにしか収録されていないという代物でしたから、やはり、折角ならアコースティック・ヴァージョンの方も聴いてみたいとなと・・・。

と、そういった経緯から、どこかで新品が買えないかと探してみたものの、残念ながら見つからず。それでも、中古だと思ったよりもそう高くない値段で売られていたので、迷った末にそちらを購入。

何故、購入を迷ったかといえば、これまで中古のCDを買った経験が無かったからなんですが、結果的には、初めて購入した中古のCDということで思い出のCDということにもなりました。ということで、ここに紹介しているのも、その中古で購入したCDの画像です。実を言うと、中古で販売されているCDがどの程度の品質なのか分からなかったので念のため2枚購入したんですけどね(笑)。でも、両方とも思ったよりも綺麗でしたね。

CD Case (inside): She Came Home for Christmas / Mew CD: She Came Home for Christmas / Mew CD Case (front) with Obi: She Came Home for Christmas / Mew

実は2003年にリリースされたこの"She Came Home for Christmas"は、インディーズ時代の音源を収録した1997年リリースのアルバム"Triumph for Man"に収録されていたものをリメイクした再録音ヴァージョンで、歌詞も一部変えられています。ちなみに、オリジナルの方は1997年にイギリスのシングルチャートで55位を記録しています。

それから更に調べてみたら、この"Mew"、アルバム"Frengers"と、このミニアルバムがリリースされた2003年、それに今年の2013年には日本での音楽イベント「サマーソニック」にも出演していたんですね。

それにしても、このスケール感とダイナミズム、どこか退廃的でもあり、なおかつ繊細で美しいサウンド。多分、ロックが好きな人にはこの曲が持つ美しさを感じ取ってもらえると思います。特にメロディックな旋律と対比するようなノイジーで図太いギターサウンドが素晴らしいんですよね。冒頭でも述べたように、クリスマス・ソングにしては、どこか悲しげでもあるのですが、それもまた胸に染み入る要素の一つかと。

それと、他の収録曲がこれまた素晴らしい。2曲目の"King Christian"と、3曲目の"Mica"は共にアップテンポな曲ですが、何よりもメロディ自体が良くて、これらの曲がアルバム未収録とは何とももったいない気もします。

そして、4曲目に"Watch This Space"のような曲が入っているのもこのCDのまた良いところ。ミニアルバムとはいえ、このゼンマイ仕掛けのような淡々とした一風変わった曲があることで、流れが生まれ、最後の曲"She Came Home for Christmas (Acoustic Version)"も、より生きてくるといった印象。

ということで、その最後の曲"She Came Home for Christmas (Acoustic Version)"は、文字通りタイトル曲のアコースティック・ヴァージョン。実は、聴くまではバッキングトラックを差し替えただけなんだろうと思っていたのですが、出だしから歌メロが多少違うんですよね。ちなみに帯の裏側には「日本のファンだけのためにレコーディングされたアコースティック・ヴァージョン」と記されています。タイトルトラックとは多少趣が違って、こちらのヴァージョンもまた良い雰囲気。更には、これらの楽曲の他に"She Came Home for Christmas"のミュージックビデオがCDエクストラとして別途収録されており、自分にとっては、10年遅れで届いた、正に素敵なクリスマス・プレゼント。

ちなみに、2曲目の"King Christian"と、3曲目の"Mica"も、"She Came Home for Christmas"同様に、メジャーデビュー前のインディーズ時代の曲を再録音したもので、4曲目の"Watch This Space"はインディーズ時代の曲とのこと。なお、デンマークは英語が公用語ではありませんが、歌詞はタイトル曲の"She Came Home for Christmas"を含めて全曲が英語です。

アルバムのカヴァーは6ページのブックレットになっていますが、解説や写真等は無く、曲目と歌詞、それに日本語訳の記載が主です。ただ、CDの裏側に回りこんだ帯の部分には1曲ごとの簡単な解説が記されています。

▼ She Came Home For Christmas (ミュージック・ビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=Kw7rwUa5lto

▼ King Christian (ミュージック・ビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=7FTTvYiJEyI

▼ She Came Home For Christmas 〜 Pink Monster (ライヴ)
https://www.youtube.com/watch?v=13tlpGeMsTY

と、一応、上に"TouTube"動画のアドレスを紹介していますが、機会があれば、是非とも、コレとは別に、できるだけ高音質で、なおかつ許される範囲内で可能な限り大きな音量で聴いてみてください。より一層、この曲のスケール感を堪能できますよ。

TRACK LIST (Japan Only Mini Album [EP])
1. She Came Home for Christmas / 2. King Christian / 3. Mica / 4. Watch This Space / 5. She Came Home for Christmas (Acoustic Version)

1. シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス / 2. キング・クリスチャン / 3. ミカ / 4. ウォッチ・ディス・スペース / 5. シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス (アコースティック・ヴァージョン)

CD Extra
She Came Home for Christmas (Video)

NOTES
• Tracks 2, 3, 4, 5:(アルバム未収録曲)
• Tracks 5:(日本だけのリリース曲)
• 歌詞・対訳付

(記:2013年12月 / 更新:2017年7月)


    LIFE, LOVE & HOPE / BOSTON (2013)

CDの帯:ライフ、ラヴ & ホープ / ボストン

Album Cover (front): Life, Love & Hope / Boston Booklet: Life, Love & Hope / Boston CD: Life, Love & Hope / Boston

実を言うと、前作の"Corporate America"に収録されていた曲が3曲も含まれていることから、リリース前の時点で期待感を多少削がれたようなところもありました。更には、"Someone (2.0)"とか、"You Gave up on Love (2.0)"などの曲名を見たときは、クリスティーナ・アギレラかよと思ったりもしましたが、アルバム全体としては前作よりは良い感じ。ただ、やはり全曲を新曲でリリースして欲しかったなというのが正直なところ。

それと、全体的に低音部に迫力が無く、何となく音がスカスカしている印象。特に1曲目の"Heaven on Earth"でその印象が強く、例えば、これを前作1曲目の"I Had A Good Time"と比較して聴いてみると、その差を歴然と感じます。"Heaven on Earth"と"I Had A Good Time"では音圧が全然違うんですよね。アルバムとしては今ひとつのめり込むことができなかった前作ですが、"I Had A Good Time"では、これぞボストンといった迫力の有るサウンドが聴けたことから、この1曲のためにだけでもアルバムを買って良かったと思えたほどだったんですけどね・・・。

それに付け加えて、これまでの作品と比べると、コーラス・ハーモニーが美しくないんですよね。ややザラついた印象のあるコーラス・ハーモニーが以前のように透明感のあるものであったならもっと印象も良くなったのでは?と、多少残念に思うところでもあります。

と、出だしから多少愚痴っぽくなりましたが、あともうひつだけ言わせていただければ、曲のエンディング部分が多少淡白な印象。例えばアルバムの中では最もゾクゾクとした"Sail Away"は、「えっこれで終わり?」といった感じでしたし、ピアノの残音がプッツリとカットされた感じで終わってしまうラストの"The Way You Look Tonight"についても、もうちょっと余韻部分を残すとかして欲しかったなと思うところもありました。

Album Cover (inside): Life, Love & Hope / Boston それでも、ブラッド・デルプの遺作ともいえる"Sail Away"では、"Walk On"を彷彿するようなギターサウンドとブラッドの声には興奮させられましたし、今回のキンバリー・ダームのヴォーカル曲も、前作よりは良い印象で、前作では女性ヴォーカル曲なんてボストンには要らないと思っていたのが、今回はこれはこれで有りかなと思える出来。

それに、冒頭でも述べたようにアルバム全体の印象も前作と比べると良い感じで、実際、アルバムを購入してからは、けっこう頻繁に繰り返し聴いています。ただ、個人的な位置付けでは、初期の3枚は別格として、前作よりは上ながらも、前々作の"Walk On"よりは下かなといった印象。ヴォーカリストのブラッド・デルプが抜けていた時期のアルバムとはいえ、"Walk On"もけっこう良い曲が揃っていましたからね。

購入したのは紙ジャケット仕様の初回限定盤で、封入特典として2014年のポスターカレンダーが付いています。又、販売店の特典なのか、パッケージとは別途に、ジャケットと同じデザインでブックレットサイズのステッカーが入れてありました。

▼ ステッカーとポスターカレンダー

Sticker: Life, Love & Hope / Boston Sticker: Life, Love & Hope / Boston Poster Calendar: Life, Love & Hope / Boston

▼ こちらがパッケージに含まれる封入物一式

Life, Love & Hope / Boston Life, Love & Hope / Boston

▼ 左から、ステッカー、紙ジャケット、ブックレット

Life, Love & Hope / Boston

アルバムはビルボードチャートで初登場37位と、前作"Corporate America"の42位よりは若干良かったものの、翌週には急激に順位を落として、3週間後にはチャートから姿を消しています。

なお、アメリカのアマゾンにも既に200を超えるレビューが寄せられていますが、一番多いのが星ひとつの評価と、やや厳しい評価ながらも、次いで多いのが五つ星の評価と、意見は多少分かれているようです。

Booklet (front & back): Life, Love & Hope / Boston CDの帯:Life, Love & Hope / Boston

紙ジャケット仕様の初回限定盤は、通常のCDに比べると一回り大きなサイズになっていますが、横幅は通常のCDケースと同じサイズなのでラックに収納しても、このCDだけが前面に飛び出るということはありません。ただ、私の場合だと、手持ちのCDラックでは縦幅が足りずに収納できなかった為、このアルバムだけ仲間はずれのようなかたちで別個にDVDラックの方に収納するはめに・・・。

All Albums / Boston

TRACK LIST (Japanese Limited Edition)
1. Heaven on Earth / 2. Didn't Mean to Fall in Love / 3. Last Day of School / 4. Sail Away / 5. Life Love and Hope / 6. If You Were in Love / 7. Someday / 8. Love Got Away / 9. Someone (2.0) / 10. You Gave Up on Love (2.0) / 11. The Way You Look Tonight 12. Someday (Tom Scholz vocal version) [Bonus Track]

1. ヘヴン・オン・アース / 2. ディドゥント・ミーン・トゥ・フォール・イン・ラヴ(2013 リマスター・ヴァージョン) / 3. ラスト・デイ・オヴ・スクール / 4. セイル・アウェイ / 5. ライフ、ラヴ&ホープ / 6. イフ・ユー・ワー・イン・ラヴ / 7. サムデイ / 8. ラヴ・ゴット・アウェイ / 9. サムワン(リ・レコーディング・ヴァージョン) / 10. ユー・ゲイヴ・アップ・オン・ラヴ(リ・レコーディング・ヴァージョン) / 11. ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト / 12. サムデイ(トム・ショルツ・ヴォーカル・ヴァージョン)[ボーナス・トラック]

NOTES
• Tracks 2: Remastered Version from "Corporate America"
• Tracks 9, 10: Re-arrangement and Re-recorded Version from "Corporate America"
• Tracks 12: Japan Bonus Track

• 日本盤初回プレスCD(見開き紙ジャケット仕様 / 初回限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 37位

▼ Boston - Sail Away
https://www.youtube.com/watch?v=2Lk482uszCc

▼ Boston - If You Were In Love
https://www.youtube.com/watch?v=sA4Q3y-FnqU

▼ Boston - Love Got Away
https://www.youtube.com/watch?v=boxtrwZzRrA

(記:2014年1月 / 更新:2016年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 18 Navigation Part 19   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.