Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 17
01. QUEEN 1973〜1977年ライヴ音源全網羅 /
BEATLEG MAGAZINE VOL.130 (2011年5月号)
02. QUEEN 1977〜1982年ライヴ音源全網羅 /
BEATLEG MAGAZINE VOL.135 (2011年10月号)
03. GREATEST HITS / AIR SUPPLY (1983)
04. ASIA 「詠時感〜時へのロマン」 / ASIA (1982)
05. FADE INTO LIGHT / BOZ SCAGGS (1996)
06. ZERO LANDMINE / N.M.L. [NO MORE LANDMINE] (2001)
07. GREATEST HITS / THE CARS (1985)
08. THE MIRACLE 「ザ・ミラクル」 / QUEEN (1989)
09. MR. BLUE SKY - THE VERY BEST OF ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / E.L.O. (2012)
10. MONSTER 「モンスター 〜 地獄の獣神」 / KISS (2012)
    クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅 / BEATLEG MAGAZINE VOL.130 (2011年5月号)

クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅  / Beatleg Magazine Vol.130(2011年5月号)
こちらは音楽雑誌「Beatleg Magazine」のクイーン特集号です。メインは背表紙にも記されている「クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅」で、現在のところ確認されている初期から中期にかけてのオフィシャル未発表ライヴ音源が網羅されています。アルバムで言えば、ファーストアルバム「Queen (戦慄の王女)」から5作目の「A Day at the Races (華麗なるレース)」に関連するライヴ音源ということになります。

現在ではこういった貴重な音源もネットの動画で簡単に見たり聴いたりできる時代になったものの、中には日付や会場の表記に誤りがあることもたまにあったりするのですが、そんなときにこの一冊あればとても便利です。なにせ全ての音源が会場名はもとより、年月日まで漏れなく表記されていますからね。

又、残されたライヴ音源音源の曲目から曲順、それに1曲ごとの時間までもが細かく記されているので、例えばネット上にアップされている動画や音声に何の表記が無くとも、いつどこで行われたライヴなのかを特定するのにも役立ちます。それに、仮にいくつかの曲がカットされていても、どの曲がカットされているのかを確認できますし、それぞれの音源のフルヴァージョンはどういった内容なのかを知ることができるというのもこの本の良いところ。

とにかく録音状態や欠損部分など音源の状態が細かく記されているので、こういったレアものに興味がある人は重宝すると思います。というか、よくぞここまでチェックして調べ上げたものだと感心します。ほんと好きじゃないとできないでしょうね。いや、好きでも中々ここまではできないと思います。

ということで、クイーンの未発表の音源を知るにはこれ以上のものは無いのではないかと思われる一冊です。なお、本文には他にもインタビュー記事や写真なども掲載されています。ちなみにクイーン関連の記事は以下の通りです。

クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅 / Beatleg Magazine Vol.130(2011年5月号)

• Freddie Mercury Interview 1976 (4ページ)
• Brian May and Roger Taylor Interview 2010 (8ページ)
• 1973年から1977年のライヴ音源 (45ページ)
• リミテッド・エディションのボーナスEPについて (3ページ)
• フレディ・マーキュリーの悪趣味と抜群のセンス (2ページ)
• その他モノクロとカラーの写真が数ページずつ有ります。

クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅 / Beatleg Magazine Vol.130(2011年5月号)

(記:2013年7月)


    クイーン 1977〜1982年ライヴ音源全網羅 / BEATLEG MAGAZINE VOL.135 (2011年10月号)

クイーン 1977〜1982年ライヴ音源全網羅  / Beatleg Magazine Vol.135(2011年10月号)
前回の「Vol.130 (2011年5月号)」は、ファーストアルバム「Queen (戦慄の王女)」から5作目の「A Day at the Races (華麗なるレース)」に関連する未発表ライヴ音源の全網羅でしたが、こちらはそれに続くもので、6作目の「News of the World (世界に捧ぐ)」から、スタジオアルバムとしては9作目となる「Hot Sace (ホット・スペース)」に関連する未発表ライヴ音源が網羅されたクイーンの特集号です。

前回は45ページにわたってオフィシャル未発表ライヴ音源が網羅されていましたが、今回はそれを上回る74ページというヴォリュームです。

• 1977年のライヴ音源 (5ページ)
• 1978年のライヴ音源 (11ページ)
• 1979年のライヴ音源 (16ページ)
• 1980年のライヴ音源 (12ページ)
• 1981年のライヴ音源 (11ページ)
• 1982年のライヴ音源 (19ページ)
• その他モノクロとカラーの写真が数ページ有ります。

クイーン 1977〜1982年ライヴ音源全網羅  / Beatleg Magazine Vol.135(2011年10月号)

ライヴ音源全網羅という表現になっていますが、要するに、世に出回っているブートレッグが網羅されているわけです。まぁ、このような情報が掲載された雑誌は中々無いですから、こういったものをまとめて見て知れるという意味ではけっこう貴重です。しかも、掲載されている情報が半端ないんですよね。雑誌のタイトルにもあるように、現在のところ確認されているこの時代の音源はほぼ網羅されているのは勿論のこと、一枚一枚の収録曲と1曲ごとの時間、それに会場と日時も全て記載されています。しかも会場と日時の表記にミスがあるものに対してはきちんと指摘して訂正されています。

更には音源ごとに、それがライン録りされたサウンドボード音源なのか、客席に録音機を持ち込んで録音されたオーディエンス音源なのかも記載されていますし、録音状態や音質、それに欠損部分等も細かく記載されています。しかも演奏ミスの部分やフレディのMC、それに観客の様子などについても述べられているのですから、ほんと感心します。

個人的にはこういったブートレッグにはあまり手を出さないのですが、それでも、どういった音源が残されているのかを知ることができるという点では興味深いですし、年代ごとのセットリストを眺めるだけでもけっこう楽しいです。実際、私は前回の「クイーン 1973〜1977年ライヴ音源全網羅」(Vol.130 - 2011年5月号)も読むだけで楽しめたこともあり、こちらの続編も購入しました。とにかく、非常に細かく紹介されているので読み応えがあります。一方、こういった音源に興味のある人にとっては粗悪なものに手を出してしまうリスクを減らすことができるありがたい一冊なのではないかと思います。勿論、ブートレッグのタイトルは全て表記されていますし、モノクロながらもジャケットの写真も漏れなく掲載されています。

まぁ、今ではこういったオフィシャル未発表のライヴ音源もネットにアップされていたりしますから、"YouTube"のような動画サイトでも、この雑誌を頼りに年月日や会場名で検索すれば、中には該当する音源を聴くことができる場合もあります。

(記:2013年8月)


    GREATEST HITS / AIR SUPPLY (1983)

LPレコードの帯:渚の誓い | エア・サプライ グレイテスト・ヒッツ / エア・サプライ

Album Cover (front): Greatest Hits / Air Supply  Album Cover (back): Greatest Hits / Air Supply  Album Cover (with Obi): Greatest Hits / Air Supply

1983年にリリースされたこの"Greatest Hits"は、私が初めて買ったエア・サプライのアルバム(LPレコード)でした。アルバムの邦題「渚の誓い」が示すように、先にシングルとしてリリースされ大ヒットしたこの曲が収録されたアルバムでもあったわけですが、当時は日本でもこの曲がテレビドラマの主題歌として使用されたことから、日頃は洋楽を聴かないような人達をも巻き込んでヒットしていました。

海原にヨットが浮かんでいるアルバムジャケットは日本だけの仕様で、オリジナルは2人の顔がイラストで描かれているものでした。とは言っても、当時はそんなことなど知らずにいたわけですが、ハイトーンヴォイスと爽やかなハーモニーが清涼感溢れるサウンドと相まって、実にエア・サプライらしいイメージがありました。

エア・サプライのアルバムジャケットに関しては、他にも日本だけの仕様がいくつかあり、それも後になって知ることでしたが、今でもエア・サプライと言えば夏のイメージがあるのは、サウンドが持つ爽やかなイメージを具現化した当時の日本のレコード会社の的を得たイメージ戦略の賜物だったのかもしれません。ちなみに、この"Greatest Hits"に付属の歌詞カードの文字の色もペパーミント・グリーンなんですよ。

アメリカでは全9曲でリリースされていましたが、日本では先にリリースされたシングル「Making Love Out of Nothing At All (渚の誓い)」のB面に収録されていたオリジナルアルバム未収録の「Late Again (Live Version)」と、「渚の誓い」同様にテレビドラマの主題歌として使用されヒットした「I'll Never Get Enough Of You (あなたのいない朝)」の2曲が追加された全11曲という形ででリリースされていました。なお、「I'll Never Get Enough Of You (あなたのいない朝)」は、本国のオーストラリアやアメリカではシングルとしてはリリースされておらず、日本だけで独自にシングルカットされた曲です。

LPレコードの帯:渚の誓い | エア・サプライ グレイテスト・ヒッツ / エア・サプライ アメリカでは500万枚を超えるセールスを記録した大ヒットアルバムでしたが、レコードからにCD代わった現在では全9曲というボリュームはいささか物足りない印象があり、他にも数多くのベストアルバムがリリースされていることから、今はやや影の薄いアルバムになっている印象があります。

それでも以下に記したビルボードでの順位を見ても分かるように、正にグレイテスト・ヒッツなんですよね。

Lost in Love (3位) / Even the Nights Are Better (5位) / The One That You Love (1位) / Every Woman in the World (5位) / Making Love Out of Nothing At All (2位) / All Out of Love (2位) / Here I Am (5位) / Sweet Dreams (5位) / なお、"Chances"だけはシングルカットされていないアルバム収録曲です。

ただ、最近のベスト盤に収録されている「Making Love Out Of Nothing At All / 渚の誓い」は、このアルバムに収録されているヴァージョン(時間表記は4:56)よりも長めのヴァージョン(時間表記は概ね5:40程度)がセレクトされていることが多いようですね。日本でもヒットした当時のヴァージョンに思い入れがある自分にとっては、やっぱり、このアルバムに収録されているヴァージョンの方がしっくりきます。

▼ Air Supply - Making Love Out Of Nothing At All
https://www.youtube.com/watch?v=gQwco47UdQs

レコード盤のラベル:Greatest Hits / Air Supply  レコード盤のラベル:Greatest Hits / Air Supply

それにしても、夏真っ盛りといった今の季節には、エア・サプライの清涼感溢れるサウンドが一服の清涼剤のようで心地良いですね。

TRACK LIST (LPレコード / Japan Edition)
Side 1: 1. Lost In Love (ロスト・イン・ラブ) / 2. Even The Nights Are Better (さよならロンリー・ラブ) / 3. The One That You Love (シーサイド・ラブ) / 4. Making Love Out Of Nothing At All (渚の誓い) / 5. Sweet Dreams (スウィート・ドリームス)
Side 2: 6. I'll Never Get Enough Of You (あなたのいない朝) / 7. All Out Of Love (オール・アウト・オブ・ラブ) / 8. Every Woman In The World (ときめきの愛を) / 9. Here I Am (ヒア・アイ・アム) / 10. Chances (チャンセズ) / 11. Late Again [Live Version](レイト・アゲイン [ライヴ・ヴァージョン] )

NOTES
• US 7位 (5x Platinum / 1993-RIAA)
• "I'll Never Get Enough Of You"と"Late Again (Live Version)"の2曲は日本盤にのみ収録

(記:2013年8月 / 更新:2016年7月)


    ASIA 「詠時感〜時へのロマン」 / ASIA (1982)

LPレコードの帯:詠時感〜時へのロマン / エイジア

Album Cover (front): Asia (1st) / Asia  Album Cover (back): Asia (1st) / Asia  Album Cover (with Obi): Asia (1st) / Asia

キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、U.K.といったバンドで活躍していたジョン・ウェットン(ヴォーカル & ベース)に、元イエスのスティーヴ・ハウ(ギター)と、元エマーソン・レイク・アンド・パーマーのカール・パーマー(ドラムス)、それに元バグルス〜イエスのジェフリー・ダウンズ(キーボード)といった錚々たるメンバーで結成されたエイジアのファーストアルバムが、こちらの「ASIA (詠時感〜時へのロマン)」です。ちなみに、ここで紹介しているのは手持ちの日本盤LPレコードです。

当時はファーストアルバムがリリースされる前から既にスーパーバンドの誕生として話題になっていたのですが、実際はファーストアルバムがリリースされてからの衝撃の方が遥かに大きなものでしたね。

Inner Sleeve: Asia (1st) / Asia プログレッシヴ畑で名を馳せた4人が創り出したサウンドはといえば、プログレッシヴ・ロック色はあくまでもエッセンスとして留める程度で、ポップ色を前面に打ち出したものでしたが、親しみやすいメロディーラインを持った曲がスケール感溢れるアレンジと演奏で展開される様は、ロジャー・ディーンが手がけたアルバムカヴァーと相まって、エイジアならではの世界観が表現されていたようにも感じました。

アルバムはビルボード・チャートで9週間第1位となり、ファーストシングルの"Heat Of the Moment"も同じくビルボード・チャートで4位を記録するヒットとなりました。そしてアルバムは年間チャートでも1位となるなど商業的にも成功を納めたのでした。

レコード盤のラベル:Asia (1st) / Asia  レコード盤のラベル:Asia (1st) / Asia

個人的なことを言えば、収録曲の中ではセカンドシングルとなった「Only Time Will Tell / 時へのロマン」が特に好きでしたが、実を言うとアルバムとしては次作の"Alpha"の方がよりのめり込んで聴いていた記憶があります。

▼ ASIA - Only Time Will Tell [Lyrics]
https://www.youtube.com/watch?v=IFLy_MrDQuE

TRACK LIST (LPレコード)
Side 1: 1. Heat Of The Moment (ヒート・オブ・ザ・モーメント) / 2. Only Time Will Tell (時へのロマン) / 3. Sole Sourvivor (孤独のサヴァイヴァー) / 4. One Step Closer (ワン・ステップ・クローサー) / 5. Time Again (タイム・アゲイン)
Side 2: 6. Wildest Dreams (この夢の果てまで) / 7. Without You (ウィズアウト・ユー) / 8. Cutting It Fine (流れのままに) / 9. Here Comes The Feeling (ときめきの面影)

ジャケットの模写:Asia (1st) / Asia NOTES
• Album: US 1位 (4x Platinum / 1995-RIAA)、UK 11位
• Singles: "Heat of the Moment" US 4位、UK 46位 / "Only Time Will Tell" US 17位、UK 54位

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Geoffrey Downes - Keyboards, Vocals
• Steve Howe - Guitars, Vocals
• Carl Palmer - Drums and Percussion
• John Wetton - Lead Vocal and Bass Guitar

(記:2013年8月)


    FADE INTO LIGHT / BOZ SCAGGS (1996)

CDの帯(初回プレス盤):フェイド・イントゥ・ライト〜ラヴ・バラード・アルバム / ボズ・スキャッグス

Album Cover: Fade Into Light / Boz Scaggs CD: Fade Into Light / Boz Scaggs Booklet: Fade Into Light / Boz Scaggs

こちらは1996年に日本だけでリリースされたボズ・スキャッグスのアルバム「Fade Into Light / フェイド・イントゥ・ライト〜ラヴ・バラード・アルバム」です。当時は、こんな素晴らしいアルバムが日本だけのリリースだなんてもったいないなと思ったりもしていたのですが、9年後の2005年にようやくアメリカを始め海外でもリリースされました("Teddy Pendergrass"のカヴァー曲"Love T.K.O."を追加収録)。ただし、2005年にリリースされたものは再発の日本盤を含めて多くが"CCCD"仕様のようなので中古等で購入される場合はご注意を。

コンピレーションアルバムとはいえ、3曲の新曲に、新たにレコーディングされたスタジオ・アンプラグド・ヴァージョンが4曲、それに再録音曲が1曲と、このアルバムで初めて聴ける曲が多く含まれていただけでなく、それらが素晴らしい出来であったこともあり、日本だけでリリースされていた当時、海外ではプレミア価格で取引されていたようです。

またひとつ名曲が生まれたと感じさせられる新曲の"Fade Into Light"は過去の名曲に匹敵する素晴らしい出来。又、ボズ・スキャッグスを代表する名曲"Harbor Lights"と"We're All Alone"のアンプラグド・ヴァージョンはオリジナルのイメージを保ちつつもジャジーで落ち着いた雰囲気のある曲に生まれ変わっており、個人的にはどちらもオリジナル・ヴァージョン以上に気に入っています。

ポップスというよりも「AOR」や「アダルト・コンテンポラリー」というジャンルで語られることが多いボズ・スキャッグスですが、アルバム全体の印象としては更に渋味が加わった大人のアルバムといった印象で、夜がとっても似合うサウンドというか、夜に聴いてこそ雰囲気が味わえるように思います。別の言い方をすれば、小汚いバーでもこれらの曲が流れていれば、一転、雰囲気のあるバーに変わってしまうといった印象。

個人的には新曲の"Fade Into Light"は勿論のこと、"Just Go"もそれに負けず劣らず好きな曲です。又、"I'll Be The One (Remix)"もモダンなアレンジながらも無理がなく、ボズ・スキャッグスらしい雰囲気があって気に入っています。

1996年に日本だけでリリースされた当時のジャケットはモノクロの写真をくすんだ淡い緑色で囲んだ配色でしたが、2005年にワールドワイドでリリースされたものは同じデザインながらも、薄い模様が入った茶系統のカラーに変更されています。私自身はこの当時の日本盤のジャケットの色の方が青磁のような品のあるディスクの色と相まって好きなんですけどね。

ちなみに、新曲を除く収録曲のオリジナル・ヴァージョンはどのアルバムに収録されていたかといえば、アンプラグド・ヴァージョンとして収録されている"Lowdown"、"Harbor Lights"、"We're All Alone"の3曲が、'76年の大ヒットアルバム「Silk Degrees」で、同じくアンプラグド・ヴァージョンとして収録されている"Simone"が、'80年の「Middle Man」。そして再録音の"Lost It (Valley Version)"と"I'll Be The One (Remix)"のオリジナル・ヴァージョンは、'94年リリースの前作「Some Change」に収録。又、オリジナル・ヴァージョンがそのまま収録されている"Time"と"Sierra"も、共に「Some Change」からとなっています。なお、新曲の"Fade Into Light"は劇場公開された日本映画「大統領のクリスマスツリー」の主題歌として提供された曲でもあります。

TRACK LIST
1. Lowdown (Unplugged) / 2. Some Things Happen / 3. Just Go / 4. Fade Into Light / 5. Harbor Lights (Unplugged) / 6. Lost It (Valley Version) / 7. Time / 8. Sierra / 9. We're All Alone (Unplugged) / 10. Simone (Unplugged) / 11. I'll Be The One (Remix)

1. ロウダウン(アンプラグド) / 2. サム・シングス・ハプン / 3. ジヤスト・ゴー / 4. フェイド・イントゥ・ライト / 5. ハーバー・ライツ(アンプラグド) / 6. 黄昏のメモリー(ヴァレー・ヴァージョン) / 7. タイム / 8. 天使のおりる谷 / 9. ウィ・アー・オール・アローン(アンプラグド) / 10. シモン(僕の心をもてあそぶ)(アンプラグド) / 11. アイル・ビー・ザ・ワン(リミックス)

NOTES
• Tracks 2, 3, 4 (新曲)
• Tracks 6 (再録音)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2013年8月 / 更新:2015年7月)


    ZERO LANDMINE / N.M.L. [NO MORE LANDMINE] (2001)

Album Cover (front): Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]

Album Cover (back): Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]


これは坂本龍一の呼びかけで結成されたユニット、「N.M.L. (No More Landmine)」のマキシシングル「Zero Landmine」。 ただ、マキシシングルとは言っても、トータルの収録時間は44分少々と、通常のアルバムと言っても差し支えない程のヴォリュームで、付属のブックレットも充実した内容。ちなみにパッケージはデジパック仕様です。

元々は民放テレビ局の開局50周年に合わせて企画された「地雷 ZERO キャンペーン」の一環として、趣旨に賛同した坂本龍一がこの曲を手掛けたわけですが、その坂本氏の呼びかけにより、趣旨に共感した国内外のミュージシャンが集結し、結成したユニットがこの「N.M.L. (No More Landmine)」というわけです。

残念ながら現在は廃盤扱いされているようですが、CDの売上金は全て地雷撤去などの資金として使われたとのこと。

歌詞を手掛けたのは坂本龍一の長年の友人である元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンで、実を言うと私が興味を持ったのもデヴィッド・シルヴィアンの参加があったからでした。なお、このプロジェクトには、デヴィッドの弟である元ジャパンのスティーヴ・ジャンセンもドラムスで参加しています。

勿論、歌詞は全編英語ですが、デヴィッド・シルヴィアンに歌詞の制作を依頼した際は、「子供でも歌える、シンプルで優しい詞を書いてくれと頼んだ」と、坂本龍一自身が付属のブックレットの中で語っています。又、出来上がった歌詞を見て、「普段の難解なデヴィッドの仕事からは想像もできないシンプルで優しい詞だった。彼の暖かい心にも感動した」とも。そして、その歌詞を作家の村上龍に送り、日本語に訳してもらったとのこと。そう、この歌詞は村上龍によって翻訳された「地雷のない世界」というタイトルの日本語詞も作られているのです。


Album Cover (with Sticker): Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]

Booklet: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]

CD: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]

メインの「Zero Landmine」は、地雷が埋設されている地域の民族音楽を織り交ぜながら展開される18分を超える大作ですが、CDには、そのショート・ヴァージョンやインストゥルメンタル・ヴァージョンなど全6曲が収録されています。メインの「Zero Landmine」でも、一部でデヴィッド・シルヴィアンがヴォーカルを担当していましたが、ジャパンのファンである私にとっては、坂本龍一のピアノに乗せて全編をデヴィッド・シルヴィアンがヴォーカルをとる2曲目の「piano + vocal version」も感動的なメインの楽曲に負けず劣らず気に入っています。

ちなみに、タイトルにある「Landmine」とは地雷のことで、ジャケットの表と裏に使われているのも地雷の写真です。残酷なのは、写真を見ても分かるように、子供たちが興味を示すような形や色をしていること。考えただけでもゾッとしますが、仮に自分が子供だとしたら、こんなものが地面にあったら、間違いなく手を触れてしまうでしょう・・・。なお、ブックレットには今も地雷を生産している国と地雷の問題がある国を表した世界地図が記載されています。

主な参加ミュージシャン
(日本)
UA / 大貫妙子 / TERU、TAKURO (Glay) / 坂本龍一 / 桜井和寿 (Mr.Children) / 佐野元春 / SUGIZO (元 Luna Sea) / 高橋幸宏 / CHARA / DJ KRUSH / 吉田美和、中村正人、西川隆宏 (Dreams Come True) / 細野晴臣 / 山塚アイ (Boredoms) / 湯川潮音 (当時 東京少年少女合唱隊) / 藤原真理

(海外)
アート・リンゼイ / クラフトワーク (「Zero Landmine」のサウンドロゴ) / デヴィッド・シルヴィアン、スティーヴ・ジャンセン (元 Japan) / シンディ・ローパー / ブライアン・イーノ / ヤドランカ / キム・ドクス


▼ こちらはブックレットにも記載されている坂本龍一のコメント。

Zero Landmine
http://www.sitesakamoto.com/update/zerolandmine-j.html

▼ そしてこちらが、民放テレビの「地雷 ZERO キャンペーン」の特番の最後に演奏された「Zero Landmine」のフル・ライヴ・ヴァージョン(約20分)。勿論、フル・ヴァージョンがライヴで演奏されたのは後にも先にもこの一回限り。

No More Landmine (Ryuichi Sakamoto) - Zero Landmine [Full Length Version]
https://www.youtube.com/watch?v=iCgSll8mEO8

▼ こちらは、ショート・ヴァージョンのビデオクリップ(約5分) 。

No More Landmine (Ryuichi Sakamoto) - Zero Landmine [Short Version]
http://www.youtube.com/watch?v=g0QK-IV_v3I

Sticker: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine] TRACK LIST
1. Zero Landmine
2. Zero Landmine (piano + vocal version) / 坂本龍一 & デヴィッド・シルヴィアン
3. Zero Landmine (piano + cello version) / 坂本龍一 & 藤原真理
4. Zero Landmine (short version)
5. Zero Landmine (piano version) / 坂本龍一
6. Zero Landmine (the track)

NOTES
• Maxi Single
• デジパック仕様
• 解説・歌詞・対訳付

• オリコン・シングルチャート (1位)
• さだまさしの「親父の一番長い日」(12分30秒)を抜いて、1位を記録した曲の中ではこれまでで最も演奏時間が長い曲となった。

(記:2013年9月)


    GREATEST HITS / THE CARS (1985)

CDの帯:カーズ・グレイテスト・ヒッツ / カーズ

Album Cover (front): Greatest Hits / The Cars Booklet (back): Greatest Hits / The Cars CD Case (back): Greatest Hits / The Cars

私が初めて買ったカーズのアルバムは3作目の"Panorama"でした。 購入する動機となったのは、このアルバムからのシングルカット曲"Touch and Go"に惹かれたからというのが理由でして、当時はこの曲ばかり聴いてた記憶があります。その後は前作の"Candy-O"と次作の"Shake It Up"は購入したものの、LPレコードとしてカーズのアルバムを買うのはそこでストップしていました。そして時代がレコードからCDに移行して最初に買ったカーズのアルバムがこの「Greatest Hits / カーズ・グレイテスト・ヒッツ」だったんですよね。

元々は1985年にLPレコードでリリースされていたこの"Greatest Hits"ですが、リリースされたのが1984年の5作目"Heartbeat City"の後だったので、収録されているのは新曲である"Tonight She Comes"の1曲を除き、ファーストアルバムの"The Cars"から"Heartbeat City"までの楽曲ということになります。ただ、1987年にリリースされた次作の"Door to Door"でグループは解散してしまい、その後は2011年の再結成アルバム"Move Like This"しかリリースされていないので、これといって収録曲に物足りなさを感じることはありません。

なお、"I'm Not the One"のみ新たにリミックスされたヴァージョンが収録されており、"Greatest Hits"からは新曲の"Tonight She Comes"に続いてシングルカットされ、ビルボードチャートでは32位を記録しています。

まぁ、それでも、自分のように思い入れのある人間は別として、一般的には全13曲という曲数は、CDとしてはやや少ない印象はあるかもしれませんね。それに、2002年にはこのアルバムの拡張版ともいえる"Complete Greatest Hits"もリリースされていることから、今はベストアルバムとしての存在価値も残念ながら薄れているのかもしれません。

ちなみに、以下が収録曲のチャート成績です。

• Just What I Needed (The Cars - 1978): US 27位 / UK 17位
• My Best Friend's Girl (The Cars - 1978): US 35位 / UK 3位
• Good Times Roll (The Cars - 1978): US 41位
• Let's Go (Candy-O - 1979): US 14位 / UK 51位
• Touch And Go (Panorama - 1980): US 37位
• Shake It Up US (Shake It Up - 1981): US 4位
• Since You're Gone (Shake It Up - 1981): US 41位 / UK 37位
• You Might Think (Heartbeat City - 1984): US 7位 / UK 88位
• Magic (Heartbeat City - 1984): US 12位
• Drive (Heartbeat City - 1984): US 3位 / UK 4位
※ "Drive"は、もともと1984年にイギリスで5位を記録していましたが、大規模なチャリティーイベント「ライヴエイド」のドキュメンタリー映像に使用された1985年に再びチャートインして4位を記録しています。
• Heartbeat City (Heartbeat City - 1984): UK 78位
※ "Heartbeat City"は、アナログ・レコード盤の"Greatest Hits"には収録されておらず、カセットのみの収録曲でした。
• Tonight She Comes (Greatest Hits - 1985): US 7位 / UK 79位
• I'm Not The One (Greatest Hits - 1985 Remix Version / Original on "Shake It Up" - 1981): US 32位

▼ こちらはアルバム"Panorama"のLPレコードに付属の歌詞カード(表側)
Inner Sleeve (front): Panorama / The Cars  Inner Sleeve (front): Panorama / The Cars

残念ながら、私がメンバーの中では一番好きだったベース&ヴォーカルのベンジャミン・オールは2000年に癌で亡くなられてしまいました。下の動画はライヴエイドでの映像。

▼ The Cars - Just What I Needed (Live Aid 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=emB-ZQbZLBw

▼ The Cars - Heartbeat City (Live Aid 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=dz-0bitY7Pw

▼ The Cars - You Might Think (Live Aid 1985)
https://www.youtube.com/watch?v=f7sLa-FshkE

TRACK LIST
1. Just What I Needed / 2. Since You're Gone / 3. You Might Think / 4. Good Times Roll / 5. Touch And Go / 6. Drive / 7. Tonight She Comes / 8. My Best Friend's Girl / 9. Heartbeat City / 10. Let's Go / 11. I'm Not The One / 12. Magic / 13. Shake It Up

1. 燃える欲望 / 2. シンス・ユーアー・ゴーン / 3. ユー・マイト・シンク / 4. グッド・タイムズ・ロール / 5. タッチ・アンド・ゴー / 6. ドライヴ / 7. トゥナイト・シー・カムズ / 8. ベスト・フレンズ・ガール / 9. ハートビート・シティ / 10. レッツ・ゴー / 11. アイム・ノット・ザ・ワン / 12. マジック / 13. シェイク・イット・アップ

MEMBERS
Ric Ocasek - Lead Vocals, Rhythm Guitar
Benjamin Orr - Bass Guitar, Vocals (Lead Vocals on Tracks 1, 6, 10)
Elliot Easton - Lead Guitar, Vocals
Greg Hawkes - Keyboards, Vocals
David Robinson - Drums

NOTES
• US 12位 (6x Platinum / 2001-RIAA)

• CD発売日:1989年12月21日
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2013年9月 / 更新:2015年7月)


    THE MIRACLE 「ザ・ミラクル」 / QUEEN (1989)

CDの帯(初回プレス盤):ザ・ミラクル / クイーン

Album Cover (front): The Miracle / Queen  Album Cover (back): The Miracle / Queen  CD: The Miracle / Queen

個人的には、LPレコードの買い直しではなく、ニューアルバムとして初めてCDで買ったクイーンのアルバムが、この「The Miracle / ザ・ミラクル」でした。ただ個人的なことを言うと、恐らくはクイーンのアルバムの中では、これまでで最も聴くことが少なかったのがこのアルバムではないかと思います。

そんなこともあり、クイーンのスタジオアルバムでは、ココで取り上げるのも最後になってしまったのですが、イギリスではアルバムチャートで1位を記録した他、オーストリア、オランダ、ドイツ、スイスといった国々でも1位を記録するなど、世間では好評なアルバムだったようです。ちなみに、ノルウェーとニュージーランドでは2位、イタリアで3位、オーストラリアで4位、スウェーデンで6位を記録しています。しかも本国のイギリスでは実に5曲もがこのアルバムからシングルカットされたんですよね。そういえば、この"The Miracle"は、いつも行くレコード店へ発売日当日に買いに行ったら売り切れていたため別の店で買ったんでしたね。

それでも、収録曲の中では"The Miracle"と"Scandal"はけっこう好きで良く聴いていました。ただ、個人的な好みの問題ではありますが、アルバムとしては1曲目と2曲目がどうも苦手だということと、前作の"Kind of Magic"で言えば"Friends Will Be Friends"、前々作の"The Works"では"It's a Hard Life"といったクイーンの伝統的とも言えるミディアム・スローのドラマティックな楽曲が見当たらないというのがアルバムを通して聴く機会が少ない要因かもしれません。

初めて聴いた時は、これぞクイーンといった荘厳でドラマティックな楽曲がもうそろそろ出てくるだろうと期待しながら聴き進めていった記憶があります。で、いよいよ残り1曲となり、「そうか最後に持ってきたわけか、ハラハラさせやがって」と思ったものの、結果は「え〜無いのか」でしたからね (笑)。

一応、念のため言っときますと、クイーンのアルバムの中では聴く機会が比較的少ないということであって、別にこのアルバムが嫌いというわけではありません。それに初めてCDで買ったクイーンのニューアルバムということで思い出深いアルバムでもありますしね。

作曲者のクレジットはこれまでの個人名表記が無くなり、全て「Queen」に統一されているのですが、それは、もう一度4人が一丸となり結束しようとする姿勢の表れでもあるかのようです。ちなみにライナーノーツに書かれているブライアンの言葉によれば、 「お互いが持っている素材に各人が深く関わり合っていたので、誰が書いたということよりも、すべてが"Queen"の作品だということになったんだ」とのこと。そういえば、ジャケットの写真も一心同体というか一身同体ですから、もしかしたらそういった意味合いが含まれたアートワークなのではないかと思ったりもしています。

それと、今になって気付いたのですが、ジャケットにある「QUEEN」の「Q」の文字は、先っぽが「THE MIRACLE」の文字へ続くように伸びてるんですね。しかも、日本語表記の帯の方も、それを踏まえて伸びてる部分を使ったレイアウトになっています。いやぁ、この辺りをきちんと汲み取って帯もデザインされてたんですね。

あと、面白いのは、歌詞カードには記載されていないものの、"The Invisible Man"の曲中にメンバー4人の名前が出てくることで、1番の歌詞が始まる前に「フレディ・マーキュリー」、2番の歌詞が始まる前に「ジョン・ディーコン」、ギターソロが始まる前に「ブライアン・メイ」、エンディングのパートに「ロジャー・テイラー」との掛け声が入っています。

▼ Queen - The Invisible Man (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=zKdxd718WXg

▼ Queen - The Miracle (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=2DaY8-Mui0I

CDの帯:The Miracle / Queen TRACK LIST
1. Party / 2. Khashoggi's Ship / 3. The Miracle / 4. I Want It All / 5. The Invisible Man / 6. Breakthru / 7. Rain Must Fall / 8. Scandal / 9. My Baby Does Me / 10. Was It All Worth It
[Extra Tracks]
11. Hang On In There / 12. Chinese Torture / 13. The Invisible Man (12" Version)

1. パーティー / 2. カショーギの船 / 3. ザ・ミラクル / 4. アイ・ウォント・イット・オール / 5. インビジブル・マン / 6. ブレイクスルー / 7. レイン・マスト・フォール / 8. スキャンダル / 9. マイ・ベイビー・ダズ・ミー / 10. 素晴らしきロックン・ロール・ライフ
[エクストラ・トラック]
11. ハング・オン・イン・ゼア / 12. チャイニーズ・トーチュア(インストゥルメンタル) / 13. インビジブル・マン(12インチ・ヴァージョン)

NOTES
• Album: UK 1位 (Platinum)、US 24位 (Gold)
• Singles: I Want It All (UK 3位, US 50位) / Breakthru (UK 7位) / The Invisible Man (UK 12位) / Scandal (UK 25位) / The Miracle (UK 21位)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付




■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: The Miracle
オリジナル・アルバムにエクストラ・トラックとして収録されていた3曲を除く全10曲

Disc 2: The Miracle - Bonus EP
1. I Want It All [Single Version]
2. Hang On In There [B-Side]
3. Hijack My Heart [B-Side]
4. Stealin' [B-Side]
5. Chinese Torture [Instrumental]
6. The Invisible Man [12" Version]

※ オリジナル・アルバムにエクストラ・トラックとして収録されていた3曲は「Disc 2」の方に収録されています。

The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen  The Miracle (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

(記:2013年9月 / 更新:2017年9月)


    MR. BLUE SKY - THE VERY BEST OF ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / E.L.O. (2012)

CDの帯:ミスター・ブルー・スカイ〜ベリー・ベスト・オブ・エレクトリック・ライト・オーケスト / エレクトリック・ライト・オーケストラ

Album Cover (front): Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O. Booklet (back): Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O. CD Case (back): Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O.

一見普通のベストアルバムのようですが、実はコレ、過去の楽曲が全て再録音ヴァージョンで構成されたニューレコーディング・ベストです。しかも新曲が1曲含まれています。

以前にジェフ自身が、「フルオーケストラを使ったゴージャスなサウンドには飽きてしまったんだ」と語っていたことから、2001年にリリースされた"ZOOM"のような多少ノスタルジックでギター中心のサウンドに生まれ変わっているんだろうなと予想していたら、これがビックリ、まさかここまでオリジナルに忠実なサウンドだとは思ってもいませんでした。

ということで、当初は、再録音だから、どういったアレンジが施されているんだろうと、多少の不安を持ちつつも、けっこう楽しみにしていた部分もあったので、正直言うとやや拍子抜けした感はありましたね。

それでも逆に言えば、よくぞここまで完全再現できたもんだと感心すらするくらいのレベルで、適当に聴いていたら、それこそ言われなければ再録とは分からないほど。しかもジェフ・リンの声が全くと言っていいほど変わっていないことにも驚かされます。

ただ、アルバムのクレジットには"All Songs Written, Produced and Performed by Jeff Lynne"と記されていることからも分かる様に、実際は"E.L.O."というよりも、ジェフ・リンのソロ・プロジェクトといった感じですね。

Album Inside Cover: Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O. CD: Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O.

アルバム最大の目玉は、「ついに明かされた宇宙船 E.L.O. 号の船底!」ということでは勿論ありませんが、アートワークはけっこう面白いですね。ジャケットの表にはこれまでの長旅を物語るかのように船体が汚れでくすんでいる姿が描かれています。まぁ、建造中の部分はずっとそのままだったのかよという突っ込みは無しで (笑)。そして、パッケージの内側には初めて E.L.O. 号の船底が描かれており、ジャケットの裏には船内から地球を眺めるジェフ・リンの姿が・・・。ただ、個人的なことを言えば、ここに他のメンバーの姿が無いのがちょっぴり寂しいところ。長旅を終え、ようやく帰還の時を迎えたものの、乗組員は船長のジェフ・リン一人だけになってしまったんですよね・・・。

Album Cover (front): Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestra / E.L.O.

ちなみに、"Mr. Blue Sky"はオリジナルのアルバム・ヴァージョンではなく、後半部分がカットされた当時のシングル・ヴァージョンと同じスタイルで収録されています。 又、"10538 Overture"だけは「40th Anniversary Edition」とのクレジットが入っており、確かに他の曲に比べると、オリジナルとの違いが分かりやすいサウンドに仕上がっています。簡単に言えば、サイケデリックな雰囲気があったオリジナルに比べると、随分と耳あたりの良いサウンドになった印象。 それと、日本盤に収録されているボーナス・トラックの"Twilight"は、2001年の"ZOOM"ツアーで演奏されたライヴ・ヴァージョンです(2001年にリリースされた"DVD"の"Zoom Tour Live"には未収録)。

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. Mr. Blue Sky / 2. Evil Woman / 3. Strange Magic / 4. Don't Bring Me Down / 5. Turn To Stone / 6. Showdown (ショウダウン」 / 7. Telephone Line / 8. Livin' Thing / 9. Do Ya / 10. Can't Get It Out Of My Head / 11. 10538 Overture (40th Anniversary) / 12. Point Of No Return (Unreleased) / 13. Twilight (Live) [Bonus]

1. ミスター・ブルー・スカイ / 2. イーヴィル・ウーマン) / 3. ストレンジ・マジック(不思議な魔術) / 4. ドント・ブリング・ミー・ダウン / 5. ターン・トゥ・ストーン / 6. ショウダウン / 7. テレフォン・ライン / 8. オーロラの救世主 / 9. ドゥ・ヤ / 10. 見果てぬ想い / 11. 10538 序曲 (40th Anniversary) / 12. ポイント・オヴ・ノー・リターン(新曲) / 13. トワイライト(ライヴ) [ボーナス・トラック]

NOTES
• Tracks 12 (新曲)
• Tracks 13 (日本盤ボーナス・トラック)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• UK 8位、US 118位

(記:2013年9月)


    MONSTER 「モンスター 〜 地獄の獣神」 / KISS (2012)

CDの帯(初回プレス限定盤):モンスター 〜 地獄の獣神 / KISS

Album Cover: Monster / KISS  Booklet: Monster / KISS

MONSTER - Japanese Limited Edition (3-D Lenticular Cover + Bonus Track)

前作の"Sonic Boom"からは3年ぶりとなるこのキッスのアルバム「Monster / モンスター 〜 地獄の獣神」は、メンバー以外の名前が一切作曲者のクレジットに含まれていないことからも分かるように、全曲がメンバーの手によるオリジナルで占められています。勿論、カヴァー曲もありません。しかもバラードすら無いという全編ハードロックなこのアルバム、ジーン曰く、「"KISS"はさらにでかくなった。もはや、どのバンドも到達し得なかった場所へとたどり着いたのだ」とのこと。ちなみに私が購入したのは3Dジャケット仕様の限定盤です。


CD: Monster / KISS
ただ、個人的なことを言えば、これといった突出した曲が見当たらなかったこともあり、最初に聴いた時から今一つのめり込めなかったですね。実のところ、同じ年のちょっと前にリリースされた"Destroyer - Resurrected"の方がより興味をかき立てられました。

それでも、繰り返し聴いていれば、当初は気付けなかった魅力をその内に発見できるかもと、けっこう聴き込んだんですけどね・・・・。

で、この"Monster"に今一つのめり込めなかった理由を自分なりに考えてみると、やっぱりポールの曲が弱いように感じます。数々の名曲を生み出してきたポールならもっと良い曲を書けるはずだと思うんですよね。例えば、"Love Gun"なんて前作の"Rock And Roll Over"に比べたらつまらない曲が多かったものの、レコードのA面1曲目とB面1曲目に"I Stole Your Love"と"Love Gun"というポール作の強力な2曲があったがために、アルバムを特別なものにしていたように思います。80点以上とれる人が60〜70点じゃ物足りないんです (笑)。

それに、やはり、突出したポールの曲があってこそ、趣の違うジーンの曲も生きるんだと思います。そういう意味ではジーンの曲はいつものジーンという感じではあるんですけどね。

しかしながら、アマゾン等のレビューではけっこう評価が高いんですね。ということで、これはあくまでも好みの問題なのかもしれません。ただ、個人的にはメイクアップを施してのリユニオン後ではやっぱりバラエティーに富んだ"Psycho Circus"が一番好きかな。

▼ 左から、3Dジャケット、3Dイメージ、3Dジャケットとブックレット。

Monster / KISS 3-D image: Monster / KISS 3-D Lenticular Cover + Booklet: Monster / KISS

▼ こちらは特典のステッカー。
ただ、これはパッケージの外側に付けられていたので、もしかしたら私が購入した販売店だけの特典なのかもしれません。

Sticker: Monster / KISS  Sticker: Monster / KISS

日本盤にはボーナストラックとして"King Of The Night Time World (Live)"がアルバムの最後に収録されていますが、個人的には、ニューアルバムにこういう無関係の過去の曲を取って付けたように入れ込むのは止めて欲しいなと思うところ。

KISS - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Guitar, Lead Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass, Lead Vocals
• Tommy Thayer (トミー・セイヤー) - Lead Guitar, Lead Vocals
• Eric Singer (エリック・シンガー) - Drums, Lead Vocals

▼ Kiss - Hell Or Hallelujah (Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=s9bsasfyESs

TRACK LIST (Japanese Limited Edition - 3-D Lenticular Cover + Bonus Track)
1. Hell Or Hallelujah / 2. Wall Of Sound / 3. Freak / 4. Back To The Stone Age / 5. Shout Mercy / 6. Long Way Down / 7. Eat Your Heart Out / 8. The Devil Is Me / 9. Outta This World / 10. All For The Love Of Rock & Roll / 11. Take Me Down Below / 12. Last Chance / 13. King Of The Night Time World (Live - Rock The Nation Lost Tracks) [Japan Only Bonus Track]

1. ヘル・オア・ハレルヤ / 2. ウォール・オブ・サウンド / 3. フリーク / 4. バック・トゥ・ザ・ストーン・エイジ / 5. シャウト・マーシー / 6. ロング・ウェイ・ダウン / 7. イート・ユア・ハート・アウト / 8. ザ・デヴィル・イズ・ミー / 9. アウタ・ジス・ワールド / 10. オール・フォー・ザ・ラヴ・オブ・ロックンロール / 11. テイク・ミー・ダウン・ビロウ / 12. ラスト・チャンス / 13. 暗黒の帝王(ライヴ - ロック・ザ・ネイション・ロスト・トラックス) [日本盤ボーナス・トラック]

NOTES
• Lead Vocals: Paul Stanley (1, 3, 5, 6, 12) / Gene Simmons (2, 4, 7, 8) / Tommy Thayer (9) / Eric Singer (10) / Gene Simmons & Paul Stanley (11)

• 日本盤初回プレスCD(限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 3位 / UK 21位

(記:2013年9月 / 更新:2015年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 17 Navigation Part 18   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.