Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 16
01. PANDORA'S BOX / AEROSMITH (1991)
02. THE STUDIO ALBUMS 1978-1984 (6CD BOX SET) /
VAN HALEN (2013)
03. THE BEST OF THE ALAN PARSONS PROJECT /
THE ALAN PARSONS PROJECT (1983)
04. レコード・コレクターズ 2月号 VOL.16 / KISS 特集号 (1997)
05. KISS ALIVE! / KISS (1975)
06. FRONTIERS 「フロンティアーズ」 / JOURNEY (1983)
07. DEPARTURE 「ディパーチャー」 / JOURNEY (1980)
08. MUSIC FROM THE ELDER / KISS (1981)
09. ASTRA / ASIA (1985)
10. BARK AT THE MOON - VHS (1984) & THE ULTIMATE OZZY - VHS (1986) / OZZY OSBOURNE
    PANDORA'S BOX / AEROSMITH (1991)

CDの帯:パンドラの箱 / エアロスミス Album Cover: Pandora's Box (front) / Aerosmith   Album Cover: Pandora's Box (back) / Aerosmith

この「Pandora's Box / パンドラの箱」は、1972年〜1982年にリリースされたコロンビア・レーベル時代の楽曲とデモ、及び未発表曲、それに未発表のライヴ音源を加えたエアロスミスの3枚組ボックスセットです。

パッケージにはクレジットされていないシークレット・トラックの1曲を含め、全53曲が収録されたこのボックスセットは、半数近くの25曲が初公開の未発表音源(発売当時)という構成で、私のように'70年代のエアロスミスに思い入れがあるファンにとっては堪らないアルバムでもあります。しかも、背中にタイトルまでもが印刷されているほど厚みがあるブックレットは写真が満載の128ページに及ぶ豪華仕様で、メンバーによる全曲の解説も付いています。勿論、日本盤にはメンバーによる解説も日本語訳されていますし、全曲の歌詞・対訳も付いています。

1991年11月にアメリカでリリースされてから、3ヶ月遅れの1992年2月に日本でもリリースされたこの"Pandora's Box"、当初は縦長のロングボックスという形状だったこともあり、私自身は収納に不便そうだと思い何となく買わずにいたのですが、その後、CDサイズに変更されて発売されたこの"Pandora's Box"をCDショップでたまたま見つけたときは迷わず購入したことを覚えています。ちなみにCDケースは2枚のCDが合わさった形のダブルケースになっており、当時の価格は\6,500でした。

意外なところでは、エアロスミス結成前にスティーヴン・タイラーが在籍していたバンド、"Chain Reaction"の音源(1966年)である「Disc1-1 "When I Needed You"」や、ブラッド・ウィットフォードと、テッド・ニュージェントのバンドで"Vo/G"として活動していたデレク・セント・ホルムズ(後にマイケル・シェンカー・グループへも"Vo/G"で参加)のプロジェクト"Whitford/St. Holmes"(1981)から「Disc3-11 "Sharpshooter"」、それに、エアロスミス脱退後のジョー・ペリーが"The Joe Perry Project"名義でリリースしたアルバム"I've Got the Rock'n'Rolls Again"から「Disc3-13 "South Station Blues"」といったものも含まれています。

その他では、ジョーイ・クレイマー、ブラッド・ウィットフォード、トム・ハミルトンの3人によるセッションの様子が収録された「Disc2-3 "Krawhitham"」(曲のタイトルは3人の名前を組合わせたもの)や、「Disc3-6 "Cheese Cake"」("Night in the Rats"収録曲)の初期段階での曲となる「Disc3-5 "Lit It Slide"」など、このボックスセットならではといったレアの音源も興味深いところです。

ちなみに"Rimix"との表記がある「Disc2-11 "Last Child"」と、「Disc2-17 "Draw The Line"」の2曲はオリジナルと曲の構成は変わらないものの、どちらもギターの音が左右のチャンネルに分離されているので、ひとつひとつの楽器の音が聴き取りやすくなっています。又、"Alternate Version"との表記がある「Disc3-16 "Major Barbara"」は"Live Clasics"の最後にボーナストラックのような形で収録されていたものとはイントロからして違いがあり、曲自体も1分近く長くなっています。

ということで、オリジナルアルバムとは一味違った荒削りなサウンドを楽しめると同時に、この時代ならではの、オーラというか、妖気というか、毒気に浸れるボックスセットでもあります。

Pandora's Box (3 CD's in Double Jewel Case) / Aerosmith   Pandora's Box (3 CD's in Double Jewel Case + Booklet) / Aerosmith   Pandora's Box (3 CD's in Double Jewel Case) / Aerosmith

TRACK LIST
Disc 1: 1. When I Needed You [Recorded by the Group "Chain Reaction" 1966] / 2. Make It / 3. Movin' Out [Previously Unreleased Alternate Version 1972] / 4. One Way Street / 5. On The Road Again [Unreleased Rehearsal Pre-Production Jam 1972] / 6. Mama Kin / 7. Same Old Song And Dance / 8. Train Kept A Rollin' / 9. Seasons Of Wither / 10. Write Me A Letter [Unreleased Live Version - Boston 1976] / 11. Dream On / 12. Pandora's Box / 13. Rattlesnake Shake [Unreleased Live Radio Broadcast Aired on WKRQ, Cincinnati 1971] / 14. Walkin' The Dog [Unreleased Live Radio Broadcast Aired on WKRQ, Cincinnati 1971] / 15. Lord Of The Thighs [Unreleased Live Version from Texxas Jam, Cottonbowl, Dallas, 1978/07/04]

Disc 2: 1. Toys InThe Attic / 2. Round And Round / 3. Krawhitham [Previously Unreleased Instrumental 1977] / 4. You See Me Crying / 5. Sweet Emotion / 6. No More No More / 7. Walk This Way / 8. I Wanna Know Why [Unreleased Live Version from Texxas Jam, Cottonbowl, Dallas, 1978/07/04] / 9. Big Ten-Inch Record [Unreleased Live Version from Texxas Jam, Cottonbowl, Dallas, 1978/07/04] / 10. Rats In The Cellar / 11. Last Child [Remix of the Original Version from "Rocks"] / 12. All Your Love [Previously Unreleased. Recorded at the Cenacle, Armonk, New York, May 1977] / 13. Soul Saver [Previously Unreleased Rehearsal 1975] / 14. Nobody's Fault / 15. Lick And A Promise / 16. Adam's Apple [Unreleased Live Version. Recorded on tour in Indianapolis, Indiana, 1977/07/04] / 17. Draw The Line [Remix of the Original Version from "Draw the Line"] / 18. Critical Mass

Disc 3: 1. Kings And Queens [Unreleased Live Version - Boston 1978/03/28] / 2. Milkcow Blues / 3. I Live In Connecticut [Previously Unreleased 1979] / 4. Three Mile Smile / 5. Let It Slide [Previously Unreleased 1979] / 6. Cheese Cake / 7. Bone To Bone (Coney Island White Fish Boy) / 8. No Surprize / 9. Come Together [From the Soundtrack Album "Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"] / 10. Downtown Charlie [Unreleased Jam 1978] / 11. Sharpshooter [From the Album "Whitford/St. Holmes"] / 12. Shit House Shuffle [Previously unreleased 1979] / 13. South Station Blues [From the Album "I've Got the Rock'n'Rolls Again" by "The Joe Perry Project"] / 14. Riff & Roll [Unreleased Jam 1981] / 15. Jailbait / 16. Major Barbara [Previously Unreleased Alternate Version 1971] / 17. Chip Away The Stone [Previously Unreleased Version 1978] / 18. Helter Skelter [Previously Unreleased 1975] / 19. Back In The Saddle / 20. [Untitled Hidden Track] (Unreleased Instrumental, Not Listed)

NOTES
• 3CD Box Set. Includes 128 page color booklet
• Selections recorded with Columbia Records (1972-1982)
• US 45位 (Platinum / 1996-RIAA)

• 解説・歌詞・対訳付

CD-1: Pandora's Box / Aerosmith   CD-2: Pandora's Box / Aerosmith   CD-3: Pandora's Box / Aerosmith

(記:2013年5月)


    THE STUDIO ALBUMS 1978-1984 (6CD BOX SET) / VAN HALEN (2013)

Box Cover (front): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen   Box Cover (back): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen   Box Cover + Sticker (front): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

Promotional Sticker: The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

ヴァン・ヘイレン必殺の来日記念輸入盤激安ボックスセットを購入。輸入盤なので、為替レートにより価格が多少変動しているようですが、私が買ったときは何と驚きの¥1,585でした。6枚組でこの値段ですから正に激安。

パッケージの外装には「輸入盤限定発売」と書かれたシールが貼ってあるのですが、ボックスセット自体が生産限定なのか、来日に合わせたこの激安価格での発売が限定ということなのかはよく分かりません。

ボックスに入っているのは、デイヴ・リー・ロス在籍時の「VAN HALEN (炎の導火線)」から「1984」までのオリジナルアルバム全6枚で、自分のようにデイヴ時代のヴァン・ヘイレンに思い入れのあるファンにとっては嬉しいボックスセット。なお、各CDはオリジナルアルバムのデザインが施されたそれぞれの紙ジャケットに封入されています。勿論、裏面もオリジナルアルバムと同じデザインで再現されています。

Promotional Sticker: The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

CD: The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen 実のところ、注文して届くまでは、輸入盤だし、価格も価格なだけに、ボックスは勿論のこと、紙ジャケットもペラペラの紙袋のようなチープなものなんだろうと思っていたのですが、現物は思いのほか良いものでした。ボックスは割としっかりとした作りだし、紙ジャケットもペラペラの紙ではなく、一応は厚紙が使用されており、印刷もけっこう綺麗。ボックスから取り出し、それぞれのアルバムを手にとって眺めていると、LPレコードを購入していた時代の思い出が甦ってくるかのようで意外とワクワク感もあります。しかも、CDのラベルは"Warner Brothers"からリリースされていた当時のLPレコード盤のラベルを模したデザインになっていますしね。ちなみに、このボックスセットの発売元も"Warner Music"です。

更に嬉しいことに、パッケージには記されていないものの、聴いた限りでは6枚全てがリマスター盤のようです。 この価格ですから、ブックレットや歌詞カードといったものは封入されていませんが、アルバム裏面のクレジットは当時のまま再現されているので、例えばファーストアルバムの「VAN HALEN (炎の導火線)」では、LPジャケット同様に"Special Thanks"の欄に"Gene Simmons"の名前を見つけることができます。案外、こういったところでもレコード盤で聴いていた当時の記憶が思い起こされたりもするんですよね。余計なボーナストラックなども入っておらず、オリジナル通りの収録曲なのも良いところ。

Box Spine: The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

これら6枚のアルバムは全てレコード盤でも買っていたので、それぞれのアルバムに対する当時の思いを簡単に記しておくと。

1st - VAN HALEN / 炎の導火線 (1978)
何と言っても "You Really Got Me"、"Ain't Talkin' Bout Love"、"On Fire"の3曲が自分にとってはキラーチューンでした。他にも"Runnin' With The Devil"、"Jamie's Cryin'"、"Atomic Punk"といった曲も好きでしたし、勿論、"You Really Got Me"は"Eruption"と必ずセットで聴いていました。でも、改めて聴いてみると、当時は飛ばしていた"Little Dreamer"と"Ice Cream Man"も2曲もけっこう気に入って、最近では良く聴いています。

2nd - VAN HALEN 2 / 伝説の爆撃機 (1979)
一番好きだったのは"Light Up The Sky"でしたね。他では"You're No Good"、"Somebody Get Me A Doctor"、"Women In Love..."といった曲が好きでしたが、暫くは"You're No Good"がリンダ・ロンシュタットのカヴァー曲だとは知らずにいました。最近は、これまた飛ばしてあまり聴いていなかった"Outta Love Again"と"Beautiful Girls"を比較的良く聴いています。

3rd - WOMEN AND CHILDREN FIRST / 暗黒の掟 (1980)
当時はとってもがっかりしたアルバムでした。アルバムを通して聴くことも殆んど無く、A面トップの"And The Cradle Will Rock..."と、B面トップの"Tora! Tora!"からメドレーで続く"Loss Of Control"だけしか聴いてなかったように思います。ジャケットはけっこう好きだったんですけどね。で、改めて聴いてみると、意外と良いですね。ほとんど聴いていなかったので新鮮な感じ (笑)。

4th - FAIR WARNING / 戒厳令 (1981)
一番のお気に入りは"Hear About It Later"で、それに続くのが"Unchained"と"Push Comes To Shove"といった感じでした。当時は、前作で落胆したこともあり、多少不安を抱きながら購入したものですが、前作よりは気に入っていました。

5th - DIVER DOWN / ダイヴァー・ダウン (1982)
A面ばかり聴いていた記憶があります。"Hang 'Em High"、"Secrets"、"Intruder"、"(Oh) Pretty Woman"といった曲が好きで、中でも"Intruder"〜"(Oh) Pretty Woman"のメドレーはシビレるほどでした。実はオリジナルよりも先にこのパワフルな"(Oh) Pretty Woman"(オリジナル曲のタイトルには頭の(Oh)は含まれません)を聴いたものだから、後にロイ・オービソンのオリジナルを聴いた時はやけに貧相に感じたものです。

6th - 1984 / 1984 (1983)
シングルとなった"Jump"、"Panama"、"Hot For Teacher"、"I'll Wait"の4曲ばかり聴いて、その他の曲は殆んど聴いてなかったように思います。サードアルバム以降、心のどこかでは期待していたものの、このアルバムで、もうヴァン・ヘイレンはファーストやセカンドのようなサウンドに戻ることはないのだろうと何となく感じたことを覚えています。

Box & Paper Sleeves (front): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen   Box & Paper Sleeves (back): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

Box & Paper Sleeves: The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen Box Cover (front): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen Box Cover (back): The Studio Albums 1978-1984 / Van Halen

ということで、6月に来日控えたヴァン・ヘイレンですが、個人的にはデイヴ・リー・ロスの復帰は嬉しいものの、オリジナル4ではないという点が多少残念に思うところ。やっぱりヴァン・ヘイレンといえば、エディーのギターは勿論のこと、マイケル・アンソニーのあのコーラス・ハーモニーも外せない魅力のひとつだという思いが自分にはありますからね。

残念ながらライヴには行けませんが、来日公演のセットリストも恐らくはアメリカツアー同様、これらのアルバム中心に組まれたものになるんでしょうね。なんだかセットリストだけ眺めても涎が出そうですが。

VAN HALEN - BAND MEMBERS
• David Lee Roth - Lead Vocals
• Edward Van Halen - Guitar, Keyboards, Backing Vocals
• Michael Anthony - Bass, Backing Vocals
• Alex Van Halen - Drums

TRACK LIST
DISC-1: VAN HALEN (1978)
1. Runnin' With The Devil / 2. Eruption / 3. You Really Got Me / 4. Ain't Talkin' Bout Love / 5. I'm The One / 6. Jamie's Cryin' / 7. Atomic Punk / 8. Feel Your Love Tonight / 9. Little Dreamer / 10. Ice Cream Man / 11. On Fire

DISC-2: VAN HALEN II (1979)
1. You're No Good / 2. Dance The Night Away / 3. Somebody Get Me A Doctor / 4. Bottoms Up! / 5. Outta Love Again / 6. Light Up The Sky / 7. Spanish Fly / 8. D.O.A. / 9. Women In Love... / 10. Beautiful Girls

DISC-3: WOMEN AND CHILDREN FIRST (1980)
1. And The Cradle Will Rock... / 2. Everybody Wants Some!! / 3. Fools / 4. Romeo Delight / 5. Tora! Tora! / 6. Loss Of Control / 7. Take Your Whiskey Home / 8. Could This Be Magic? / 9. In A Simple Rhyme

DISC-4: FAIR WARNING (1981)
1. Mean Street / 2. 'Dirty Movies' / 3. Sinner's Swing! / 4. Hear About It Later / 5. Unchained / 6. Push Comes To Shove / 7. So This Is Love? / 8. Sunday Afternoon In The Park / 9. One Foot Out The Door

DISC-5: DIVER DOWN (1982)
1. Where Have All The Good Times Gone! / 2. Hang 'Em High / 3. Cathedral / 4. Secrets / 5. Intruder / 6. (Oh) Pretty Woman / 7. Dancing In The Street / 8. Little Guitars (Intro) / 9. Little Guitars / 10. Big Bad Bill (Is Sweet William Now) / 11. The Full Bug / 12. Happy Trails

DISC-6: 1984 (1983)
1. 1984 / 2. Jump / 3. Panama / 4. Top Jimmy / 5. Drop Dead Legs / 6. Hot For Teacher / 7. I'll Wait / 8. Girl Gone Bad / 9. House

NOTES
• VAN HALEN / 炎の導火線 (1978) - US 19位 (10x Multi Platinum - Diamond)
• VAN HALEN 2 / 伝説の爆撃機 (1979) - US 6位 (5x Multi Platinum)
• WOMEN AND CHILDREN FIRST / 暗黒の掟 (1980) - US 6位 (3x Multi Platinum)
• FAIR WARNING / 戒厳令 (1981) - US 5位 (2x Multi Platinum)
• DIVER DOWN / ダイヴァー・ダウン (1982) - US 3位 (4x Multi Platinum)
• 1984 / 1984 (1983) - US 2位 (10x Multi Platinum - Diamond)

それにしても、この6枚のだけで、アメリカではトータル3,400万枚のセールスを記録しているのですから、凄まじいですね。当時は、これらのベストセラーアルバムをまとめて\1,500弱で買える時代が来ようとは夢にも思いませんでした。

▼ おまけ

Van Halen - Jump (Drum Cover by Sina)
https://www.youtube.com/watch?v=abwqTcRjgiY

(記:2013年5月 / 更新:2017年7月)


    THE BEST OF THE ALAN PARSONS PROJECT / THE ALAN PARSONS PROJECT (1983)

CDの帯:ユー・ドント・ビリーヴ - ベスト・オブ・アラン・パーソンズプロジェクト / The Alan Parsons Project

Album Cover (front): The Best Of The Alan Parsons Project / The Alan Parsons Project   Album Cover (back): The Best Of The Alan Parsons Project / The Alan Parsons Project

私が初めて買った"The Alan Parsons Project"のアルバムは、1984年にリリースされた"Ammonia Avenue"でした。そして、次に買ったのが、その"Ammonia Avenue"の前年にリリースされていたアラン・パーソンズプロジェクト初のベストアルバムである、こちらの"The Best of The Alan Parsons Project"だったんですよね。勿論、当時買ったのは両方ともレコード盤でしたけど。

このアルバムもまた、"Ammonia Avenue"に負けず劣らず聴きまくっていた記憶があるのですが、その所為か、オリジナルヴァージョンよりも、ここに収録されているシングルヴァージョンの方が自分には馴染みがあり、しっくりきます。というか、長いこと、これらがオリジナルアルバムに収録されている曲を多少短く編集したシングルヴァージョンだったことを知らずにいましたから、初めてアルバムヴァージョンを聴いた時は違和感すらありましたね。と、そんな経緯もあり、私自身の頭の中では、こちらのヴァージョンがオリジナルで、アルバムヴァージョンの方はロングヴァージョンといったイメージがあります (笑)。

当時はアルバムの収録曲は勿論のこと、ジャケットのアートワークにも惹かれていたところもあり、CD購入後の今もこのアルバムのLPレコードは持っています。

▼ こちらが当時購入したLPレコード(中央と右の写真は付属のブックレット)。

LPレコード盤のジャケット:The Best Of The Alan Parsons Project / The Alan Parsons Project LPレコード盤に付属の見開きシート:The Best Of The Alan Parsons Project / The Alan Parsons Project LPレコード盤に付属の見開きシート:The Best Of The Alan Parsons Project / The Alan Parsons Project

なお、アルバムはビルボードチャートで53位(Gold)を記録しています。

収録曲のチャート成績は以下の通りです。

• I Wouldn't Want To Be Like You - 1977 (米36位)
• Don't Let It Show - 1977 (米92位)
• Damned If I Do - 1979 (米27位)
• Games People Play - 1980 (米16位)
• Time - 1981 (米15位)
• Eye In The Sky - 1982 (米3位)
• Psychobabble - 1982 (米57位)
• Old And Wise - 1982 (英74位)
• You Don't Believe - 1984 (米54位)

TRACK LIST
1. I Wouldn't Want To Be Like You (3:31) / 2. Eye In The Sky (4:37) / 3. Games People Play (4:21) / 4. Time (5:00) / 5. Pyramania (2:44) / 6. You Don't Believe (4:26) / 7. Lucifer (4:12) / 8. Psychobabble (4:51) / 9. Damned If I Do (3:34) / 10. Don't Let It Show (3:31) / 11. Can't Take It With You (4:43) / 12. Old And Wise (4:08)

NOTES
Tracks 1, 10 - from "I Robot" (1977) / Tracks 5, 11 - from "Pyramid" (1978) / Tracks 7, 9 - from "Eve" (1979) / Tracks 3, 4 - from "The Turn of a Friendly Card" (1980) / Tracks 2, 8, 12 - from "Eye in the Sky" (1982) / Tracks 6 - New Song (1983)

• CD発売日:1993年11月21日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: UK 99位 / US 53位 (Gold / RIAA-1991)

▼ 関連記事
[Music 18] - LIMELIGHT - THE BEST OF VOL.2 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987)

(記:2013年5月)


    レコード・コレクターズ 2月号 VOL.16 / KISS 特集号 (1997)

レコード・コレクターズ 1997年2月号 VOL.16

再びメイクを施したオリジナルラインナップによる大規模なリユニオン・ツアー(Alive/Worldwide Tour 96-97)が1996年にスタート。そして、オリジナルメンバーとしては19年振りとなる来日公演も間近。という時期に発行されたのが、このレコード・コレクターズの"KISS"特集号。表紙は特色刷りになっており、グレーっぽい部分はスクラッチカードにある銀色のような色合いになっています。

KISS 特集の内容は・・・
  • 地獄からの道程
    初代ファン・クラブ会長が解き明かす仮面の裏側
  • キッスの世界にいるときだけ、人はコドモでいられる
  • オリジナル・アルバム・ガイド
    1974年のファーストアルバム「地獄からの使者」から1996年の「MTV アンプラグド〜地獄の再会」 までの全アルバム解説
  • オリジナル・メンバー4人のソロ活動
  • オリジナル・アルバム・未収録曲 / ヴァージョン
  • 映像作品から伝わってくるキャラクターの強烈さ
  • キッスのレコード
    「国内盤7インチシングル」、「各国盤7インチシングル」、「プロモ盤、関連レア・アルバム」のジャケット写真、「メモラビアル」
といった構成です。

(記:2013年5月)


    KISS ALIVE! / KISS (1975)

レコードの帯:地獄の狂獣 / キッス

Album Cover (front): KISS Alive! / KISS  Album Cover (back): KISS Alive! / KISS  Booklet: KISS Alive! / KISS

当時、"KISS Alive II"でライヴアルバムの魅力に嵌った私が、次なるターゲットにしたのは、勿論、この"KISS Alive!"でした。ただ、この時期の"KISS"のアルバムといえば、2枚組の"KISS Alive II"がリリースされた後は、3枚組の"The Originals II"(日本のみのリリース)、2枚組の"Double Platinum"、そしてソロアルバム4枚といった具合でリリースされていましたから、お小遣いだけでやり繰りしてレコードを買っていた少年にとっては、直ぐさま買えるという状況ではありませんでした。他にも好きなバンドのアルバムを買ったりしなくてはならなかったですし、おまけにこの後は"Aerosmith"や"Queen"も2枚組のライヴアルバムをリリースといった状況で、結局買えたのは、たしか4人のソロアルバムを買った後くらいだったと思います。

初めてレコードに針を落として聴いたときは、オープニングの"MC"が"Alive II"に比べ、やけに貧弱だなと思ったことが第一印象だったこと覚えています。又、この時は初期のアルバムではファーストアルバムの「地獄からの使者」しか持っていなくて、後は"Double Platinum"に収録されていた数曲しか初期の曲を知らなかった自分には、それほど思い入れがある時期でもなかったこともあり、当初は"Alive II"ほどのインパクトは感じませんでした。

ところがどっこい、繰り返し聴いていくうちに"Alive II"に負けず劣らず嵌っていったんですよね。当初からスタジオヴァージョンよりも断然カッコいい"Black Diamond"は好きだったのですが、その後はスタジオヴァージョンではそれほど好きではなかった"Firehouse"もライヴヴァージョンを聴いて好きになりましたし、ライヴならではのエッセンスが凝縮された"She"と"100,000 Years"にもけっこう嵌りましたね。それに、スタジオヴァージョンではギターソロも無くつまんないと思っていた"Rock And Roll All Nite"も、このライヴヴァージョンで好きになりましたし、スタジオヴァージョンの倍以上の長さに増幅された"Let Me Go, Rock 'N' Roll"も大のお気に入りでした。

とにかくスタジオヴァージョンよりもカッコいいアレンジの曲が多く、更にはパイロのドカーンという音や破裂音、それに観客との掛け合いや手拍子といったライヴならではの音が雰囲気を盛り上げてくれます。そういえば、ポールの、「ロックンロールとは何かと聞かれたらこのアルバムを渡してやるさ」みたいな発言は今でも覚えていますね。

Booklet: KISS Alive! / KISS  Booklet: KISS Alive! / KISS

ちなみに、キッスのオープニングの"MC"と言えば、「You Wanted The Best, You Got The Best, The Hottest Band In The World, KISS!!」が定番ですが、この"Alive"では「The Hottest Band In The World」ではなく、「The Hottest Band In The Land」となっています。つまり、この頃は未だ世界で一番ホットなバンドではなく、全米で一番ホットなバンドと紹介されていたんですね。

この"Alive"の日本盤2枚組みLPレコードについて言えば、"Alive II"同様に、こちらもオープニングの"MC"を含め、曲間の"MC"も全て歌詞カードに記載されており、日本語訳もされていましたし、歌詞もライヴ用にアレンジされた部分はきちんとライヴヴァージョン通りに記載されていました。現在はライヴアルバムでもスタジオヴァージョンの歌詞をそのまま転載しているだけという場合が多いようで、そういった意味では当時の方が良い時代だったようにも思います。

アルバムはビルボードチャートで最高9位を記録。前作の"Dressed to Kill"からシングルカットされたスタジオヴァージョンの"Rock and Roll All Night"は最高で68位止まりだったものの、このアルバムから再度シングルカットされたライヴヴァージョンでは12位を記録するヒットとなりました。そしてキッスはこのアルバムのヒットを足がかりに成功への階段を駆け上っていくのでした。

LP + Obi: KISS Alive! / KISS  見開きジャケット内側:KISS Alive! / KISS

TRACK LIST (2枚組LPレコード)
[Disc 1]
Side A: 1. Deuce / 2. Strutter / 3. Got To Choose / 4. Hotter Than Hell / 5. Firehouse
Side B: 6. Nothin' To Lose / 7. C'mon And Love Me / 8. Parasite / 9. She

[Disc 2]
Side C: 1. Watchin' You / 2. 100,000 Years / 3. Black Diamond
Side D: 4. Rock Bottom / 5. Cold Gin / 6. Rock And Roll All Nite / 7. Let Me Go, Rock 'N' Roll

(記:2013年6月)


    FRONTIERS 「フロンティアーズ」 / JOURNEY (1983)

Album Cover (front): Frontiers / Journey  Album Cover (back): Frontiers / Journey  Inner Sleeve: Frontiers / Journey

こちらはリアルタイムで購入したジャーニーのアルバム「Frontiers / フロンティアーズ」のLPレコードです。前作の「エスケイプ」が大ヒットしたことで、期待する半面、一抹の不安も多少抱きながら買ったのですが、ものの見事にその不安を打ち消してくれたアルバムでしたね。

このアルバム"Frontiers"はビルボードチャートで9週連続2位を記録したものの、残念ながら前作のエスケイプに続いての1位を獲得することはできませんでした。ただ、これには理由があって、実は1位には爆発的なヒットを記録していたマイケル・ジャクソンの「スリラー」が不動明王の如くドンと居座っていたからなんですよね。その所為で1983年という年は1位になれたアルバムの数が極端に少なかった年でもあったわけです。何しろ「スリラー」はこの年の37週で1位の座にいたのですから、こればっかりは不運としか言えない状況だったのかもしれません。

この当時の音楽雑誌に載っていたニール・ショーンのインタビュー記事には、このアルバムを完成させた時に、このバンドの凄さを改めて知ったといったようなことが書かれていたことを何となく覚えており、そういった意味では、メンバーにとっては満足のいく出来であったと同時に自信作でもあったのではないかと思います。

ちなみに、シングルとしてリリースされた曲のビルボードチャートに於ける順位は以下のとおりです。

Separate Ways (Worlds Apart) (8位) / Faithfully (12位) / Send Her My Love (23位) / After the Fall (23位)

 

▼ Journey - Separate Ways (Live In Tokyo 1983)
https://www.youtube.com/watch?v=f-7I1dRo7WQ

▼ Journey - Send Her My Love
https://www.youtube.com/watch?v=InyWhQLfO7A

▼ Journey - Chain Reaction
https://www.youtube.com/watch?v=Xw4AV_BeE24

▼ Journey - After the Fall
https://www.youtube.com/watch?v=fvtO91wpdLQ

▼ Journey - Faithfully
https://www.youtube.com/watch?v=OMD8hBsA-RI

 

▼ LPレコードの帯
LPレコードの帯:Frontiers「フロンティアーズ」 / Journey「ジャーニー」

▼ レコード盤のラベル
レコード盤のラベル:Frontiers / Journey レコード盤のラベル:Frontiers / Journey

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry - Lead Vocals
• Neal Schon - Guitars, Backing Vocals
• Ross Valory - Bass, Backing Vocals
• Steve Smith - Drums, Percussion
• Jonathan Cain - Keyboards, Backing Vocals (Rhythm Guitar on "Back Talk")

TRACK LIST (LPレコード)
Side A: 1. Separate Ways (Worlds Apart) / 2. Send Her My Love / 3. Chain Reaction / 4. After The Fall / 5. Faithfully
Side B: 6. Edge Of The Blade / 7. Troubled Child / 8. Back Talk / 9. Frontiers / 10. Rubicon

NOTES
• US 2位 - 6x Platinum (1997-RIAA) / UK 6位

(記:2013年6月 / 更新:2015年12月)


    DEPARTURE 「ディパーチャー」 / JOURNEY (1980)

Album Cover (front): Departure / Journey Album Cover (back): Departure / Journey LPレコードの中袋 (front):Departure / Journey LPレコードの中袋 (back):Departure / Journey

ジャーニー通算6作目のアルバムがこの「Departure / ディパーチャー」です。スティーヴ・ペリーが加入した4作目の"Infinity"(米21位)から5作目の"Evolution"(米20位)、そしてこの"Departure"(米8位)と、アルバムを発表するごとに順調にチャート上の順位も上がってきたわけですが、当時は極彩色豊かなアルバムカヴァーのイメージと相まって随分とアメリカンロック色が増した印象がありました。ちなみに、ここにある画像は全て手持ちのLPレコード(初回プレス盤)のものです。

この"Departure"では、何と言っても1曲目の"Any Way You Want It"が一際目を引くわけですが、個人的にはスティーヴ・ペリーとグレッグ・ローリーがヴォーカルを分け合う3曲目の"Someday Soon"と、スティーヴ・ペリーとニール・ショーンがヴォーカルを分け合う4曲目の"People And Places"の流れが何処となく4作目の"Infinity"を彷彿させるような雰囲気で気に入っています。他にもニール・ショーンの泣きのギターが炸裂する"I'm Cryin'"や、後半の組曲のような3曲(Departure/Good Morning Girl/Stay Awhile)に含まれる穏やかなイメージの"Stay Awhile"も当時から好きな楽曲でした。又、インストゥルメンタルの小曲"Departure"もアルバムジャケットのイメージが具現化されたような雰囲気のある曲で、当時はこの曲を聴くとアルバムジャケットに描かれたスカラベがキラキラと光る粉を振り撒きながら飛んでいる姿を何となく想像していました。

なお、このアルバムからシングルとしてリリースされたのは、"Any Way You Want It"(米23位)、"Walks Like a Lady"(米32位)、"Good Morning Girl / Stay Awhile"(米55位)です。

 

▼ Journey - Any Way You Want It
https://www.youtube.com/watch?v=atxUuldUcfI

 

▼ LPレコードの帯(表)
LPレコードの帯(表):Departure「ディパーチャー」 / Journey「ジャーニー」

▼ LPレコードの帯(裏)
LPレコードの帯(裏):Departure / Journey

▼ レコード盤のラベル
レコード盤のラベル:Departure / Journey レコード盤のラベル:Departure / Journey

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry - Lead Vocals
• Neal Schon - Guitars, Backing Vocals (Lead Vocals on Track 4)
• Gregg Rolie - Keyboards, Harmonica, Backing Vocals (Lead Vocals on Track 3)
• Ross Valory - Bass, Backing Vocals
• Steve Smith - Drums and Percussion

TRACK LIST (LPレコード)
Side A: 1. Any Way You Want It / 2. Walks Like A Lady / 3. Someday Soon / 4. People And Places / 5. Precious Time
Side B: 6. Where Were You / 7. I'm Cryin' / 8. Line Of Fire / 9. Departure / 10. Good Morning Girl / 11. Stay Awhile / 12. Homemade Love

NOTES
• US 8位 (3x Platinum / 1994-RIAA)

(記:2013年6月 / 更新:2015年12月)


    MUSIC FROM THE ELDER / KISS (1981)

Album Cover (front): Music from The Elder /KISS  Album Cover (back): Music from The Elder / KISS  Music from The Elder 「魔界大決戦」 / KISS

キッス初のコンセプトアルバムとして1981年にリリースされたのがこちらの"Music from The Elder"(邦題は「魔界大決戦」)。当時は本国のアメリカよりも先に日本で先行発売されたアルバムでもあったわけですが、アルバム・カヴァーにメンバーの顔が無い初のレコードだったこともあり、このジャケットではインパクトに欠けると日本のレコード会社が判断したのか、発売時はジャケット全面を覆うメンバーの写真を使ったカヴァーシートが帯を兼ねる形で付けられていたんですよね。なお当時の日本盤レコードにはインストゥルメンタルの"Escape from the Island"は未収録でした。

実はこれがピーター・クリスに代わって加入したエリック・カーを含むラインナップで初めてリリースされたアルバムでもあったのですが、当時はまさかオーケストラを取り入れたこのようなサウンドが展開されようとは思ってもいませんでしたね。

元々はジーン・シモンズが書いたストーリーを元に映画化して、アルバムはそのサウンドトラックとして出す計画だったようですが、当時の音楽雑誌に載っていたジーンのインタビュー記事には、アルバムが好評なら続編もリリースする用意はあるといった発言もあったことを覚えています。又、"Odyssey"は本当は自分が歌いたかったと語っていたことも印象的でしたね。

結局は映画化の話は消え、アルバムのセールスもビルボードチャートで過去最低の75位と振るわなかったこともあり、続編がリリースされることもなかったのですが、実際に続編に備えた楽曲のストックはあったようで、翌年の1982年にリリースされたベスト・アルバムの"Killers"「キッス・キラーズ」(アメリカ未発売)には新曲として4曲が収録されていました。ただ、これらはけっこう良い曲なので、個人的にはオリジナルアルバム未収録となってしまったのは何とももったいない気はします。

2年間のライヴ活動休止を経てからは、ディスコサウンドを取り入れた"Dynasty"「地獄からの脱出」、ポップサウンドを全面に打ち出した"Unmasked"「仮面の正体」、そしてオーケストラを取り入れたコンセプトアルバムとなったこの"Music from The Elder"「魔界大決戦」と、ますますソフト化が進んできたキッス・サウンドに当時は世間の風当たりも強かった印象があるのですが、個人的にはハードロック一辺倒では無いサウンドをけっこう楽しんでいました。反面、ライヴには不向きというか、ライヴでの演奏が難しい楽曲が増えることに対して多少複雑な思いもありましたが。

プロデューサーは"Destroyer"「地獄の軍団」を手掛けたボブ・エズリンを再度起用し、約束の時間にスタジオに現れないエース対策なのか、レコーディングにはエースの自宅スタジオも使われているようですが、ただ、当時の水準からしても音質があまり良くない印象は当時から持っていました。何となく篭った感じがあるんですよね。

アメリカでシングルとしてリリースされたのは"A World Without Heroes"(米56位)の1曲だけでしたが、日本ではその"A World Without Heroes"はシングルとしてリリースされず、代わりにファーストシングルが"I"(エルダーの戦士)、そしてセカンドシングルが"The Oath"(炎の誓い)と、独自のシングルカットがされました。

そして、下の写真がその当時買った"The Oath"「炎の誓い」のシングル盤。何故、アルバムとは別にこのシングルを買っていたかといえば、冒頭でも触れたように、当時の日本盤アルバムには収録されていなかった"Escape from the Island"「激烈! 大脱走」がB面に収録されていたからでした。なお、この曲のソングライターは、エース・フレーリーとエリック・カー、それにプロデューサーのボブ・エズリンという異色の組み合わせ。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: : The Oath 「炎の誓い」 / KISS   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): The Oath 「炎の誓い」 / KISS

当時は、ギターソロが無いのが多少残念ながらも、"I"「エルダーの戦士」はきっとライヴの定番曲になるだろうと確信していたのですが、アルバムリリース後に出演した欧米のテレビ番組等では演奏されていたものの、その後のライヴでは演奏されないのがちょっと不思議な気はします。ライヴ向きの曲だと思うし、盛り上がると思うんですけどね。

なお、本アルバムのリリースに伴い、コスチュームが変わり、イメージチェンジも図られています。全員の髪が短くなっており、ジーンはトレードマークとも言えるちょんまげが無くなり、ポールは紫色のバンダナを巻くようになっています。又、年々重量感が増していたコスチュームは簡素化され、エースは黒のボディスーツに稲妻のデザインをあしらったシンプルなコスチュームで、エリック・カーはジッパーが多い革ジャンのスタイルとなっています。

キッスらしくは無いかもしれませんが、これもまたキッスの一面だと捉えて聴けば、そう違和感もありませんし、世間で言われるほど悪くは無いアルバムだとも思います。個人的なことを言えば、このアルバムが他のキッスのアルバムに比べて聴く頻度が少なかったということはりませんし、アルバムを買った当時もこういった新たな一面を披露してくれることをけっこう喜んでいました。そういえば、ラブソングが1曲も含まれていないのも何となくカッコイイなと思ったりもしてましたね。

リリースされた当時は日本盤とアメリカ盤では収録曲の曲順が大きく異なっていたのですが、アルバムがCD化された際は、日本盤もアメリカ盤に沿ったかたちでリリースされたので、その当時買ったCDには多少違和感を感じました。やっぱり"Fanfare"「ファンファーレ」から始まる起承転結のストーリーに沿った日本盤の方がしっくりきます。

なお、ひとつのストーリーに沿ったコンセプトアルバムということもあってか、多くの曲で前後の曲間が繋がっているのですが、日本盤とアメリカ盤では曲順が違うということもあり、この曲間部分の繋がり方も当然ながら微妙な違いがあります。

ちなみに、日本盤とアメリカ盤共にアルバムのラストに収録されている"I"「エルダーの戦士」の最後には映画の1シーンを思わせるような台詞と効果音がエピローグのようなかたちで収録されています。

ということで、以前からコンセプトアルバムを作りたかったと語るジーンの意向が大きく反映されたこの"Music from The Elder"は、そのジーンにとっては意欲的な作品であり自信作でもあったようですが、残念ながらセールスには結びつかなかったこともあり、今では異色の作品として捉えられているフシもある、やや影の薄いアルバムとなっている印象があります。ただ、今思えば、きっとこの時期にしか出来なかったチャレンジだったようにも思いますし、そういった意味ではこうした作品を形として残してくれたことに感謝。これもまた"KISStory"のひとつなのですから。

最後にDVDの「Kissology / 地獄大全」に収められているジーンとポールのやりとりを

ポール:
レコード会社に曲を聴かせた時、彼らは黙っていたよ。勿論、曲の内容が素晴らしいあまり黙ってしまった訳ではない。

ジーン:
今でもファンから「"The Elder"の曲だけで構成されたコンサートを観たい」といった内容のEメールを貰うよ。「最初から最後まで"The Elder"の曲しか演奏しないツアーをやるべきだ。あのアルバムは名盤だ」という声もあるんだ。

ポール:
だから俺たちはいつも病院の人たちに返事を書いてるのさ。早く元気になってほしいってね。

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley - Guitars, Vocals
• Gene Simmons - Bass, Vocals
• Ace Frehley - Guitars, Vocals
• Eric Carr - Drums, Percussion, Backing Vocals

TRACK LIST
[アメリカ版 / US Edition]
1. The Oath / 2. Fanfare [Instrumental] / 3.Just A Boy / 4. Dark Light / 5. Only You / 6. Under The Rose / 7. A World Without Heroes / 8. Mr. Blackwell / 9. Escape From The Island [Instrumental] / 10. Odyssey / 11. I

[日本版 / Japan Edition]
1. Fanfare [Instrumental] 「ファンファーレ」 / 2. Just A Boy 「少年」 / 3. Odyssey 「オデッセイ」 / 4. Only You 「勇者の誕生」 / 5. Under The Rose 「薔薇の紋章の下」 / 6. Dark Light 「魔界の閃光」 / 7. A World Without Heroes 「英雄なき世界」 / 8. The Oath 「炎の誓い」 / 9. Mr. Blackwell 「罪深きブラックウェル」 / 10. Escape From The Island [Instrumental] 「激烈! 大脱走」 / 11. I 「エルダーの戦士」

NOTES
Lead Vocals:
• Paul Stanley - Just A Boy / Odyssey / The Oath
• Gene Simmons - Only You (Bridge: Paul Stanley) / Under The Rose / A World Without Heroes / Mr. Blackwell
• Ace Frehley - Dark Light
• Gene Simmons & Paul Stanley - I

• 解説・歌詞・対訳付

▼ KISS - I
https://www.youtube.com/watch?v=UJi9lFUYKYo

▼ KISS - The Oath
https://www.youtube.com/watch?v=MQZvKyIdeAw

▼ KISS - Odyssey
https://www.youtube.com/watch?v=Yl7Mx-aXlK0

(記:2013年6月 / 更新:2016年7月)


    ASTRA / ASIA (1985)

Album Cover (front): Astra / Asia

Album Cover (back): Astra / Asia


この「Astra / アストラ」は、前作の「Alpha / アルファ」から2年の歳月を経てリリースされたエイジアの3rdアルバムです。ただ、"Alpha"リリース後にヴォーカルとベースのジョン・ウェットンが脱退、そして復帰。しかし、今度はギタリストのスティーヴ・ハウが脱退、そして、新メンバーのギタリスト、マンディ・メイヤーの加入といった具合に、グループ内のゴタゴタが続き、バンドとしては決して良好と言えるような状態ではなかったようです。それでも、そんな状況を経て制作されたことを感じさせないくらいにアルバムの完成度は高く素晴らしい出来なんですよね。

ただ、当時は前作の"Alpha"に比べて聴く機会は少なく、実のところこの"Astra"のアルバムとしての魅力に気付いたのは比較的最近で、それは2008年の復活第一弾アルバムの"Phoenix"購入後に過去のアルバムを併せて聴く機会が増えるようになってからのことです。当時はアルバムを買ったものの、頻繁に聴いていたのは2曲目の"Voice Of America"と4曲目の"Wishing"だけだったように思います。

マンディ・メイヤーのギターサウンドが前任のスティーヴ・ハウに比べてソリッドでハードロック寄りということもあってか、前2作よりもどことなく新鮮な印象があるのですが、今にして思えば、当時はその部分が今一つのめり込めない理由だったのかもしれません。

残念ながらセールスの面では前2作よりも低調で、当時は「あれだけの作品で売れなければどうしろというんだ」といったジョン・ウェットンの嘆き節も聞かれました。

今にして思えばこれだけのクオリティーを持ったアルバムが評価されなかったことがとても残念ですし、そういった意味では当時の自分もいったい何を聴いていたんだという思いにも駆られます。

シングルカットもされたオープニングの"Go"はアルバム全体のドラマティックでスリリングな展開がこの1曲に凝縮されたような曲で、当時はどうしてそれほど好きではなかったのか自分でも不思議に思うくらいに今では好きな曲です。

▼ Asia - Go
https://www.youtube.com/watch?v=OubZVZyl2ww

続く"Voice Of America"は当時から好きだった曲で、前作"Alpha"の2曲目に収録されていた"The Smile Has Left Your Eyes"と同タイプのバラード曲といった感じですが、こちらも負けず劣らずの出来。当時は次作のコンピレーションアルバム"Then & Now"に唯一選ばれた"Astra"からの曲だったこともあり、てっきりシングルカットされてヒットしたのだと思い込んでいました。

4曲目の"Wishing"も当時から変わらず好きな曲で、"E.L.O."の"Confusion"や、"ABBA"の"Knowing Me, Knowing You"などと同様に、こういったメロディックなミドルテンポの曲は個人的に大好きです。どことなくアジアンティックな印象のある曲ですが、キーボードの音とギターの音がメロディーとマッチしていてとても心地良く、後半のコーラス・ハーモニーも印象的で気に入っています。

▼ Asia - Wishing
https://www.youtube.com/watch?v=6xi8rG7CkJY

レコードではA面とB面のラストを飾る5曲目の"Rock and Roll Dream"と、10曲目の"After The War"は共に静と動の対比が見られる大作感のある曲で、"Rock and Roll Dream"では"E.L.O."でお馴染みのルイス・クラークがアレンジャーを務めるロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラが競演しており、シンフォニックなサウンドが曲に彩と躍動感を与えている印象。又、"After The War"は曲の構成と展開がスリリングで、ついつい引き込まれるような魅力を持ったアルバムのラストに相応しい曲です。"Go"同様に、この曲も、どうして当時はそれほど好きではなかったのか不思議でなりません。

それ以外の曲も、それぞれに存在意義があることを感じさせられる出来で、どの曲も一本調子ではなく、メリハリがあり、聴き手を飽きさせないスケール感溢れる作りになっていると思います。個人的には9曲目の"Suspicion"がどことなくアルバムのアートワークに一番近い印象がありますね。とにかく、全編を通して編曲とアレンジも相当練られて制作されたことがうかがい知れるアルバムでもあります。

なお、ここに掲載している画像は全て手持ちのLPレコード(初回プレス盤)のものです。

▼ LPレコードの帯
LPレコードの帯:アストラ / エイジア

▼ レコード盤のラベル
レコード盤のラベル:Astra / Asia   レコード盤のラベル:Astra / Asia

▼ おまけのステッカーセット(6種類)
ステッカーセット(6種類):Astra / Asia   ステッカーセット + ジャケット + 歌詞カード:Astra / Asia

それにしても、今聴いても色褪せることのないクオリティーを持ったアルバムですね。冒頭で述べたことの繰り返しになりますが、ほんと、どうして当時は乏しいセールで終わったのかが不思議であると同時に、何故に自分もこのアルバムの素晴らしさに気付けなかったのだろうという思いがあります。

個人的な感想ですが、アルバムをひとつの作品として捉えるのであえば、もしかしたらエイジアのアルバムの中では、この"Astra"こそが最もまとまりのあるアルバムなのかもしれません。できることならジョン・ウェットンに伝えたい。決してあなたは間違っていなかったと。

ちなみに、当初予定されていたタイトルは"Arcadia"で、当時は音楽雑誌でもニューアルバムのタイトルとしてこの名前が挙がっていたことを覚えていますが、リリース前にデュラン・デュランのメンバー3人で結成された同名のグループがデビューすることが発表されたため、タイトルが"Astra"に変更されたという経緯があります。

アルバムは、米(67位)、英(68位)。シングルカットされた"Go"は、米(46位)。

ASIA - BAND MEMBERS
• Geoff Downes - Keyboards
• Mandy Meyer - Guitar
• Carl Palmer - Drums
• John Wetton - Vocals and Bass Guitars

TRACK LIST (LPレコード)
Side A: 1. Go / 2. Voice Of America / 3. Hard On Me / 4. Wishing / 5. Rock And Roll Dream
Side B: 6. Countdown To Zero / 7. Love Now Til Eternity / 8. Too Late / 9. Suspicion / 10. After The War

NOTES
• Rock and Roll Dream: features the Royal Philharmonic Orchestra with Louis Clark

(記:2013年7月 / 更新:2015年12月)


    BARK AT THE MOON - VHS (1984) & THE ULTIMATE OZZY - VHS (1986) / OZZY OSBOURNE

VHS (front): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne  VHS (back): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne  VHS (booklet): Bark at the Moon / Ozzy Osbourne  VHS: Bark at the Moon / Ozzy Osbourne

BARK AT THE MOON - VHS (1984)

こちらは1984年の"Bark at the Moon Tour"を収録したオジー・オズボーンのVHSビデオです。当時の販売価格は\12,800で、けっこうなお値段でしたが、今のようにネットで簡単に動画を見れるような時代でもなかったので、ワクワクしながら買った思い出があります。

新加入の日系人ギタリスト、ジェイク・E・リーのお披露目ツアーともなった"Bark at the Moon Tour"の貴重なライヴ映像ですが、何故か未だにDVD化されていません。とにかくジェイクの派手でカッコいいパフォーマンスが印象的なライヴ映像で、こう言っては失礼かもしれませんが、オジーの存在がかすむほどにジェイクの存在感が目立っています。

"Bark at the Moon"のアルバムからは、"Rock 'n' Roll Rebel"、"Bark At The Moon"、"Centre Of Eternity"の3曲が選曲されていますが、3曲共にスタジオヴァージョンに引けを取らないサウンドで、中でも"Rock 'n' Roll Rebel"はスタジオヴァージョン以上にパワフルです。

映像のみならずサウンドだけでも十分に楽しめる内容のライヴですが、ただ、ところどころで曲中に歓声が被せられており、盛り上げる演出とはいえ、その点が多少残念なところ。もっと自然な感じで上手く編集してあればいいのですが、いかにも被せましたと言わんばかりの編集の所為で、折角のライヴが作り物っぽく聴こえてしまうんですよね。しかも歓声が被せられた部分では同時に演奏の音量までもが下がってしまうというのは聴いてて違和感があります。いつかDVD化されることがあれば是非ともこの音声の部分の編集はカットした形でリリースして欲しいところです。

ちなみに、付属のブックレットには、解説と収録曲の歌詞、それにオープニングで流れるテロップの日本語訳が載っています。

▼ Jake E Lee - Guitar Solo (Bark at the Moon - Video)
https://www.youtube.com/watch?v=vtuK76BogAg

TRACK LIST
1. I Don't Know / 2. Mr. Crowley / 3. Rock 'n' Roll Rebel / 4. Bark At The Moon / 5. Revelation (Mother Earth) / 6. Steal Away (The Night) / 7. Suicide Solution / 8. Centre Of Eternity - Tommy Aldridge Drum Solo - / 9. Flying High Again / 10. Iron Man / 11. Crazy Train / 12. Paranoid

NOTES
• 1984年3月18日ユタ州ソルトレイク・シティ (Live At The Salt Palace, Salt Lake City, Utah, U.S.A.) / Bark at the Moon Tour
• VHS Color Hi-Fi Sound Stereo 70min \12,800

OZZY OSBOURNE - BAND MEMBERS (BARK AT THE MOON)
• Vocals - Ozzy Osbourne
• Guitar - Jake E. Lee
• Drumms - Tommy Aldridge
• Keyboards - Don Airey
• Bass - Bob Daisley



VHS (front): The Ultimate Ozzy / Ozzy Osbourne  VHS (back): The Ultimate Ozzy / Ozzy Osbourne  VHS (booklet): The Ultimate Ozzy / Ozzy Osbourne  VHS: The Ultimate Ozzy / Ozzy Osbourne

THE ULTIMATE OZZY 「オジー・オズボーン ライヴ+モア」 - VHS (1986)

そしてこちらが1986年の"The Ultimate Sin Tour"を収録したオジー・オズボーンのVHSビデオです。前作のビデオ"Bark at the Moon"で、ジェイク・E・リーのパフォーマンスに圧倒された私は、このビデオも迷うことなく購入したのですが、先の"Bark at the Moon"よりは若干安くなったものの、価格は\11,800とこちらも又けっこうなお値段でした。なお、こちらのビデオは既にDVD化もされています。

1986年といえば、ロックが最も派手で華やかだった時代で、俗に言う「L.A.メタル」全盛期ということもあり、メンバーの衣装も"Bark at the Moon Tour"とは打って変わって派手で煌びやかです。

アルバム"The Ultimate Sin"からは3曲のビデオクリップ("Shot In The Dark"、"Lightning Strikes"、"The Ultimate Sin")と、ライヴの4曲("Never Know Why"、"Killer Of Giants"、"Thank God For The Bomb"、"Secret Loser")の計7曲が収録されており、ビデオクリップとライヴの統一感を持たせるためかどうかは分かりませんが、ライヴのサウンドも"The Ultimate Sin"のアルバム同様に多少軽めといった印象があります。

なお、ビデオにはブックレットのような二つ折りのカードが付属していますが、記載されているのは曲目のリストとディスコグラフィーだけです。

▼ Jake E Lee - Guitar Solo (The Ultimate Ozzy - Video)
https://www.youtube.com/watch?v=BLAhdFSjIVw

TRACK LIST
1. Shot In The Dark [Video Clip] / 2. Bark At The Moon / 3. Suicide Solution / 4. Never Know Why / 5. Mr. Crowley / 6. I Don't Know / 7. Killer Of Giants / 8. Thank God For The Bomb / 9. Lightning Strikes [Video Clip] / 10. Flying High Again / 11. Secret Loser / 12. Iron Man / 13. Crazy Train / 14. Paranoid / 15.The Ultimate Sin [Video Clip]

NOTES
• 1986年4月1日カンザスシティ・ケンパーアリーナ (Live at Kemper Arena, Kansas City, MO, U.S.A.) / The Ultimate Sin Tour
• VHS Color Hi-Fi Sound Stereo 85min \11,800

OZZY OSBOURNE - BAND MEMBERS (THE ULTIMATE OZZY)
• Vocals - Ozzy Osbourne
• Guitar - Jake E. Lee
• Bass - Phil Soussan
• Drumms - Randy Castillo

(記:2013年7月 / 更新:2015年3月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 16 Navigation Part 17   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.