Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 15
01. ETERNAL FLAME - PERFECT BEST (2009) & STAR BOX (1993) / BANGLES
02. MANIC MONDAY - THE BEST Of THE BANGLES (2007) & DEFINITIVE COLLECTION (2003) / BANGLES
03. RAISED ON RADIO 「レイズド・オン・レイディオ〜時を駆けて」 / JOURNEY (1986)
04. LA BOUM - LA BOUM 2 (SOUNDTRACK) /
VARIOUS ARTISTS (2001)
05. EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 (1976) &
EAGLES GREATEST HITS VOLUME 2 (1982) / EAGLES
06. THE GAME / QUEEN (1980)
07. QUEEN 「戦慄の王女」 / QUEEN (1973)
08. JOURNEY THE BALLADE / JOURNEY (1991)
09. SLIDE IT IN / WHITESNAKE (1984)
10. TRIBUTE 「トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ」 / OZZY OSBOURNE - RANDY RHOADS (1987)
    ETERNAL FLAME - PERFECT BEST (2009) & STAR BOX (1993) / BANGLES

CDの帯:エターナル・フレーム 〜 パーフェクト・ベスト / バングルス

Album Cover (front): Eternal Flame - Perfect Best / Bangles
Eternal Flame - Perfect Best [CD+DVD] (2009)

この「エターナル・フレーム〜パーフェクト・ベスト」は日本だけの企画盤で、初回盤のみ、ビデオクリップ4曲を収録した"DVD"が付いています。

そして、パッケージの何処にも表記はされていませんが、聴いた限りでは全曲ともリマスター音源が使用されているようです。また、同様にクレジット表記は無いものの、"Be With You"と"I'll Set You Free"はシングルヴァージョンが収録されています。

その他の特徴としては、オリジナルアルバム未収録の"I Got Nothing"(1985年の映画、グーニーズのサントラに収録されている曲とは別のヴァージョン)と、同じくオリジナルアルバム未収録の"Everything I Wanted"と"Where Were You When I Needed You"(共にバンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"に収録)の2曲、それにスザンナ・ホフスのソロアルバムから"Unconditional Love"が収録されているといったところです。

ちなみにスザンナ・ホフスの"Unconditional Love"はシンディ・ローパーのカヴァー曲なのですが、個人的に大好きな曲のひとつで、アメリカとイギリスで共にナンバーワンを記録したバングルスの大ヒット曲、"Eternal Flame"と通じるメロディーラインを持った名バラードです。勿論、"Eternal Flame"と通じるメロディーラインには訳があって、"Eternal Flame"の作者が"Susanna Hoffs"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly"の3人なのに対し、"Unconditional Love"は"Cyndi Lauper"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly"の3人といった具合に、スザンナ・ホフスとシンディ・ローパーが入れ替わっただけで、後の2人は同じ人物なんですよね。それでもカヴァー曲とはいえ、まるでスザンナのために生まれたかのような、スザンナのキュートでエモーショナルなヴォーカルが映える曲だと思います。

CD: Eternal Flame-Perfect Best / Bangles  DVD: Eternal Flame-Perfect Best / Bangles  CD Case (back): Eternal Flame - Perfect Best / Bangles

▼ Bangles - I Got Nothing (Alternate Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=P50hP45kJMs

▼ Susanna Hoffs - Unconditional Love
https://www.youtube.com/watch?v=RAmr0lBcefQ

TRACK LIST (DVD付き初回生産限定盤)
[CD]
1. Eternal Flame / 2. Manic Monday / 3. Walk Like An Egyptian / 4. Hazy Shade Of Winter / 5. If She Knew What She Wants / 6. In Your Room / 7. Be With You / 8. Following / 9. Going Down To Liverpool / 10. Walking Down Your Street / 11. Hero Takes A Fall / 12. I'll Set You Free / 13. Everything I Wanted / 14. Where Were You When I Needed You / 15. September Gurls / 16. James / 17. I Got Nothing / 18. Unconditional Love (Susanna Hoffs)

1. 胸いっぱいの愛 / 2. マニック・マンデー / 3. エジプシャン / 4. 冬の散歩道 / 5. ホワット・シー・ウォンツ / 6. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM / 7. いつでも BE WITH YOU / 8. フォローイング / 9. ゴーイング・ダウン・トゥ・リヴァプール / 10. ウォーキン・ダウン・ユア・ストリート / 11. 堕ちたヒーロー / 12. セット・ユー・フリー / 13. エヴリシング / 14. アイ・ニード・ユー / 15. 9月の少女 / 16. ジェームス / 17. アイ・ガット・ナッシング / 18. あふれる想い(スザンナ・ホフス)

[DVD]
1. Eternal Flame (Video Clip) / 2. Manic Monday (Video Clip) / 3. Walk Like An Egyptian (Video Clip) / 4. In Your Room (Video Clip)

1. 胸いっぱいの愛(ビデオ・クリップ) / 2. マニック・マンデー(ビデオ・クリップ) / 3. エジプシャン(ビデオ・クリップ) / 4. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM(ビデオ・クリップ)

NOTES
• DVD付き初回生産限定盤
• This album is released in Japan only
• 解説・歌詞・対訳付


CDの帯:Star Box / バングルス

Album Cover (front): Star Box / Bangles
Star Box / Bangles (1993)

そしてこちらが1993年に同じく日本だけでリリースされた限定版の"Star Box / Bangles"です。特徴としては"Manic Monday"の「Extended "California" Version」と、"If She Knew What She Wants"の「Extended Remix」が収録されているということになるかと思うのですが、個人的には、"Eternal Flame"と同じ3人("Susanna Hoffs"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly")で作られた"Waiting for You"と、"Vicki Peterson"と元キッスのギタリスト"Vinnie Vincent"による共作曲の"Make a Play for Her Now"が含まれているという点が嬉しいですね。

この"Star Box/Bangles"には、1stアルバムの"All Over the Place" (1984) から4曲、2ndアルバムの"Different Light" (1986) から6曲、そして、1987年公開の映画"Less Than Zero"のサウンド・トラックに収録されていたサイモン&ガーファンクルのカヴァー曲"A Hazy Shade Of Winter"(冬の散歩道)を挟んで、3rdアルバムの"Everything" (1988) から5曲と、最後には先に述べた"Manic Monday"の「Extended "California" Version」と、"If She Knew What She Wants"の「Extended Remix」の2曲が収録されており、ボーナストラックのような形で最後に収録されている別ヴァージョンの2曲を除けば、曲順も年代順に配列されています。ちなみにサイモン&ガーファンクルのオリジナルヴァージョン以上のヒットを記録した"A Hazy Shade Of Winter"(冬の散歩道)はバンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されています。

ということで、選曲に関しては各年代から満遍なく選曲されており、ソツなくまとめられた印象があるのですが、ただ、いかにも企画盤といったジャケットのデザインは、多少残念なところではあります。

▼ Bangles - A Hazy Shade Of Winter (Top Of The Pops, 1987)
https://www.youtube.com/watch?v=JH634us5iY8

▼ Bangles - Manic Monday (BBC Wogan Show)
https://www.youtube.com/watch?v=ia7PiPopGfs

CD: Star Box / Bangles   CD Case (back): Star Box / Bangles

TRACK LIST
1. Hero Takes A Fall / 2. Dover Beach / 3. Going Down To Liverpool / 4. More Than Meets The Eye / 5. Manic Monday / 6. In A Different Light / 7. Walking Down Your Street / 8. Walk Like An Egyptian / 9. If She Knew What She Wants / 10. Angels Don't Fall In Love / 11. A Hazy Shade Of Winter / 12. In Your Room / 13. Eternal Flame / 14. I'll Set You Free / 15. Make A Play For Her Now / 16. Waiting For You / 17. Manic Monday (Extended "California" Version) / 18. If She Knew What She Wants (Extended Remix)

1. 堕ちたヒーロー / 2. ドーバー・ビーチ / 3. ゴーイン・ダウン・トゥ・リバプール / 4. 瞳を見つめて / 5. マニック・マンデー / 6. シルヴァー・スクリーンの妖精 / 7. ウォーキン・ダウン・ユア・ストリート / 8. エジプシャン / 9. ホワット・シー・ウォンツ / 10. 恋に堕ちた天使 / 11. 冬の散歩道 / 12. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM / 13. 胸いっぱいの愛 / 14. セット・ユー・フリー / 15. メイク・ア・プレイ / 16. ウェイティング・フォー・ユー / 17. マニック・マンデー (Extended "California" Version) / 18. ホワット・シー・ウォンツ (Extended Remix)

NOTES
• Tracks 1-4: All Over the Place (1984) / Tracks 5-10: Different Light (1986) / Tracks 11: Less Than Zero [Soundtrack] (1987) / Tracks 12-16: Everything (1988)

• This album is released in Japan only
• Includes 36-page booklet (liner notes, lyrics and discography)
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2013年1月 / 更新:2016年12月)


    MANIC MONDAY - THE BEST Of THE BANGLES (2007) & DEFINITIVE COLLECTION (2003) / BANGLES

Album Cover: Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles  Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles  Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007)

こちらは2枚組全36曲収録の「Manic Monday - The Best Of The Bangles」。ベストとは言っても、1stと2ndアルバムの全曲と、3rdアルバムの3曲("Glitter Years"、"Make a Play for Her Now"、"Waiting for You")を除く10曲、それに"Less Than Zero"のサウンド・トラック収録の"Hazy Shade Of Winter"に、バンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"に収録のオリジナルアルバム未収録曲"Everything I Wanted"と"Where Were You When I Needed You"の2曲、といった具合に、もはや漏れている曲を挙げた方が早い曲構成になっています。

そんなことから、果たしてこれをベストと呼んでいいものかという気もしますが、それでも、通常のベスト盤には収録されないような曲が多数収録されているので、ベスト盤を何枚も買うようだったらコレを買った方が良いようにも思います。ただ、個人的には漏れている曲の"Make a Play for Her Now"と"Waiting for You"は好きな楽曲なので、その点はちょっと残念。

ということで、'80年代にリリースされたシングル曲も、このアルバムには全て収録されています。ちなみにシングルとなった曲とチャートでの順位は以下のとおり。

Singles
Disc 1-1. Manic Monday (US No.2, UK No.2) / Disc 1-2. Going Down To Liverpool (UK No.56) / Disc 1-3. Walk Like An Egyptian (US No.1, UK No.3) / Disc 1-4. If She Knew What She Wants (US No.29) / Disc 1-15. Walking Down Your Street (US No.11, UK No.16) / Disc 1-17. Following (UK No.55) / Disc 2-1. Hazy Shade Of Winter (US No.2, UK No.11) / Disc 2-2. In Your Room (US No.5, UK No.35) / Disc 2-3. Eternal Flame (US No.1, UK No.1) / Disc 2-4. Be With You (US No.30, UK No.23) / Disc 2-5. I'll Set You Free (UK No.74)

なお、クレジット表記はされていないものの、"Be With You"と"I'll Set You Free"は1990年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されているシングルヴァージョンが収録されています。

CD Case (inside): Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles   CD Case (inside): Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles

▼ Bangles - Manic Monday
https://www.youtube.com/watch?v=POYeQI4HyNg

▼ Bangles - Walk Like an Egyptian
https://www.youtube.com/watch?v=rusp_vUVeS4

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Manic Monday / 2. Going Down To Liverpool / 3. Walk Like An Egyptian / 4. If She Knew What She Wants / 5. Hero Takes A Fall / 6. Live / 7. James / 8. All About You / 9. Dover Beach / 10. Tell Me / 11. Restless / 12. He's Got A Secret / 13. Silent Treatment / 14. More Than Meets The Eye / 15. Walking Down Your Street / 16. In A Different Light / 17. Following / 18. Standing In The Hallway

[Disc 2]: 1. Hazy Shade Of Winter / 2. In Your Room / 3. Eternal Flame / 4. Be With You / 5. I'll Set You Free / 6. Return Post / 7. Where Were You When I Needed You / 8. Let It Go / 9. September Gurls / 10. Angels Don't Fall In Love / 11. Not Like You / 12. Complicated Girl / 13. Bell Jar / 14. Something To Believe In / 15. Watching The Sky / 16. Some Dreams Come True / 17. Crash And Burn / 18. Everything I Wanted




Album Cover: Definitive Collection / Bangles   CD Case (inside): Definitive Collection / Bangles

Definitive Collection (2003)

そして、こちらは「Definitive Collection」。特徴的なのは、ジャケットに「feat. Susanna Hoffs」とクレジットされているとおり、スザンナ・ホフスのソロアルバムからも4曲が収録されている点です。その他のバングルスの曲については概ねヒット曲を中心にセレクトされています。なお、こちらも表記はされていないものの、"I'll Set You Free"はシングルヴァージョンが収録されています。

ということで、メジャーデビューしてから僅か3枚のアルバムを残して解散してしまった'80年代のバングルスですが、それにしてもリリースされているベスト盤の数の多いこと。ただ、かく言う私も、この時代のバングルスのベスト盤をオリジナルアルバムの数以上に持っているのですから、そうとやかくも言えないんですけどね(笑)。

▼ Bangles - In Your Room
https://www.youtube.com/watch?v=KtEXOUCCTpM

▼ Bangles - Walk Like An Egyptian (Festival di Primavera / 1987)
https://www.youtube.com/watch?v=v3KT6FpxN4U

TRACK LIST
1. Walk Like An Egyptian / 2. Walking Down Your Street / 3. Manic Monday / 4. Eternal Flame / 5. My Side Of The Bed [Susanna Hoffs] / 6. If She Knew What She Wants / 7. Be With You / 8. Following / 9. In A Different Light / 10. Unconditional Love [Susanna Hoffs] / 11. Hazy Shade Of Winter / 12. In Your Room / 13. I'll Set You Free / 14. No Kind Of Love [Susanna Hoffs] / 15. Everything I Wanted / 16. Going Down To Liverpool / 17. Some Dreams Come True / 18. Wishing On Telstar [Susanna Hoffs] / 19. Waiting For You / 20. Hero Takes A Fall / 21. All About You

(記:2013年1月 / 更新:2016年12月)


    RAISED ON RADIO 「レイズド・オン・レイディオ〜時を駆けて」 / JOURNEY (1986)

CDの帯:Raised on Radio〜時を駆けて / ジャーニー

Album Cover (front): Raised on Radio / Journey
私自身は前々作の"Escape"も、前作の"Frontiers"も、リリースと同時に購入していたのですが、当時この「Raised on Radio / Raised on Radio〜時を駆けて」はスルーしていました。理由としては脱退したロス・ヴァロリー(Base)と、スティーヴ・スミス(Drums)に代わって演奏していた2人の姿をテレビで見て落胆したことが第一にあったのですが、それでも一応はレコード店でアルバムを手に取って見たものの、ジャケットのアートワークにも今ひとつ惹かれなかったこともあり、結局はその後もレコード盤としてこのアルバムを買うことはなかったんですよね。

結果的にはベースとドラムスの2人はサポートメンバーで、ジャーニーとしてのパーソナルメンバーはスティーヴ・ペリー、ニール・ショーン、ジョナサン・ケインの3人になっていたことは後に知ったのですが、ただ、そうは言っても、ジャーニーを一応はロックバンドとして捉えていた少年の自分には、やはり小太りの2人が加わった映像はルックス的にも中々受け入れることができませんでした。しかもベーシストの全身水玉模様というコスチューム姿には愕然としたことを覚えています。

ということで、私がこのアルバムを手にしたのは"CD"になってからのことだったのですが、印象としては思っていたよりも随分と良かったですね。"Escape"や、"Frontiers"に比べて収録曲にメリハリが少ないため、全体的に小粒な印象があるものの、楽曲のクオリティーは決して悪くはないと思います。ただ、プロデュースがヴォーカルのスティーヴ・ペリーということが影響しているのか、ニール・ショーンのギターが"Escape"や"Frontiers"に比べるとやや控えめといった印象で、ロック色はやや薄れたようには思います。

結局は、このアルバムでバンドとしてのジャーニーは活動を停止してしまったこともあり、やや影の薄いアルバムという印象もあるのですが、それでもアルバムからは複数のヒット曲も生まれており、アルバム自体も全米4位を記録し、1989年には"RIAA"より「2x Multi Platinum」(200万枚のセールス)の認定を受けています。

Album Cover (back): Raised on Radio / Journey なおアメリカでシングルカットされたのは以下の5曲。
Be Good To Yourself (US 9位)、Suzanne (US 17位)、Girl Can't Help It (US 17位)、I'll Be Alright Without You (US 14位)、Why Can't This Night Go On Forever (US 60位)

個人的には"The Eyes Of A Woman"もこれらのシングルカット曲に引けを取らないクオリティーを持った曲だと思っているのですが、流石に6曲目のシングルカットというのは無理があったんでしょうかね。

ちなみに、脱退したスティーヴ・スミスも、"Positive Touch"、"The Eyes Of A Woman"、"Why Can't This Night Go On Forever"の3曲でドラムをプレイしています。

▼ Journey - Girl Can't Help It (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=NSAo5kCp72g

▼ Journey - I'll Be Alright Without You (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=hjOEgDppd6k

▼ Journey - Why Can't This Night Go On Forever
https://www.youtube.com/watch?v=J9vuGWjAIzQ

CD Case (front): Raised on Radio / Journey TRACK LIST
1. Girl Can't Help It / 2. Positive Touch / 3. Suzanne / 4. Be Good To Yourself / 5. Once You Love Somebody / 6. Happy To Give / 7. Raised On Radio / 8. I'll Be Alright Without You / 9. It Could Have Been You / 10. The Eyes Of A Woman / 11. Why Can't This Night Go On Forever

1. ガール・キャント・ヘルプ・イット / 2. ポジティヴ・タッチ / 3. スザンヌ / 4. トゥ・ユアセルフ / 5. ラヴ・サムバディ / 6. 愛の贈り物 / 7. レイズド・オン・レイディオ / 8. アイル・ビー・オールライト / 9. 過ぎ去りし想い / 10. アイズ・オブ・ウーマン / 11. 永遠への誓い

NOTES
• CD発売日:2004年05月19日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 4位 - 2x Platinum (1989-RIAA) / UK 22位

(記:2015年12月)


    LA BOUM - LA BOUM 2 / SOUNDTRACK (2001)

Album Cover (front): La Boum - La Boum 2 (Soundtrack)  Booklet: La Boum - La Boum 2 (Soundtrack)  La Boum - La Boum 2 (Soundtrack)

「ラ・ブーム」と「ラ・ブーム 2」のサウンドトラックが1枚にまとめられたこのCD「LA BOUM - LA BOUM 2」はフランス盤 (Label: Pomme Music / Distribution: Sony Music France) です。パッケージはデジパック仕様で、6ページのブックレットが内側に差し込むかたちで付けられています。なお、アルバムは、前半の10曲が「ラ・ブーム」で、後半の10曲が「ラ・ブーム 2」という構成。

映画自体は何となくテレビで見た記憶があるだけで、個人的には映画に対する思い入れといったものも特別無いのですが、ただ、このアルバムに収録されている「ラ・ブーム」の主題歌「Reality / 愛のファンタジー」と、「ラ・ブーム 2」の主題歌「Your Eyes / 恋する瞳」の2曲は共に昔から大好きだった曲で、「Reality / 愛のファンタジー」は今でも当時買ったシングル盤レコードを持っています。

ということで、1曲目の「Reality (Richard Sanderson)」と、11曲目の「Your Eyes (Cook Da Books)」の2曲が聴ければそれでいいという気持ちで買ったこのアルバムですが、その他では10曲目の「Gon On For Ever (Richard Sanderson)」と、15曲目の「Maybe You're Wrong (Freddie Meyer & King Harvest Group)」 、それに"Your Eyes"のインストゥルメンタルヴァージョンとも言える20曲目の「La Boum 2 (Instrumental)」なども割と気に入っています。

なお、「Reality」は、フランスを始め、ドイツ、イタリア、オーストリア、スイスなど15カ国に於いてチャートの1位となり、世界中で800万枚を超えるセールスを記録しています。又、「Your Eyes」は、フランス、ドイツ、イタリア、香港のチャートで1位となっています。日本では「Reality / 愛のファンタジー」がオリコン最高15位、「Your Eyes / 恋する瞳」がオリコン最高17位を記録。

Japanese 7-inch Single Vinyl Record: Reality(愛のファンタジー) / Richard Sanderson  Japanese 7-inch Single Vinyl Record: Reality(愛のファンタジー) / Richard Sanderson

▼ Richard Sanderson - Reality (La Boum)
https://www.youtube.com/watch?v=OL2FazadHoQ

▼ Cook Da Books - Your Eyes (La Boum 2)
https://www.youtube.com/watch?v=j9FFSKUPtfU

ちなみに「ラ・ブーム」は、1980年に公開されたフランス映画で、女優ソフィー・マルソーのデビュー作でもあります。また、フランスでは400万人を超える入場者数を記録した大ヒット映画となり、1982年には続編の「ラ・ブーム 2」が公開されました。ただ、残念ながら両映画の監督であるクロード・ピノトー氏は昨年(2012年)の10月に亡くなられています。

映画 「ラ・ブーム」 公開日:1980年12月17日 (フランス) / 1982年3月6日 (日本)
映画 「ラ・ブーム 2」 公開日:1982年12月8日 (フランス) / 1983年12月3日 (日本)

TRACK LIST
1. Reality / 2. It Was For Love / 3. Formalities (Instrumental) / 4. Gotta Get A Move On / 5. Swingin' Around / 6. Gotta Get A Move On / 7. Formalities / 8. Gotta Get A Move On (Instrumental) / 9. Murky Turkey / 10. Gon On For Ever / 11. Your Eyes / 12. I Can't Swim / 13. Get It Together / 14. Disillusion (Instrumental) / 15. Maybe You're Wrong / 16. Silverman / 17. Reaching Out / 18. Rockin' At The Hop / 19. Silverman (Instrumental) / 20. La Boum 2 (Instrumental)

NOTES
• Tracks 1-10: La Boum / Tracks 11-20: La Boum 2
• Track 20 is Instrumental Version of "Your Eyes"
• Comes in Digipak Sleeve with 6-pages Booklet
• Label: Pomme Music (France) / Distribution: Sony Music France
• アルバムのタイトル表記は、裏面が"LA BOUM ET LA BOUM 2"、背中部分が"LA BOUM · LA BOUM 2"となっています

(記:2013年2月 / 更新:2015年1月)


    EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 (1976) & EAGLES GREATEST HITS VOLUME 2 (1982) / EAGLES

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ 1971-1975 / イーグルス

Album Cover (front): Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975 / Eagles
Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975

私が初めて買ったイーグルスのアルバムは"Hotel California"だったのですが、その次に買ったのが、この"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"でした。当時はまだCDも無かった時代でしたので、買ったのはレコード盤だったわけですが、手持ちのCDにはLPレコードと同じ解説書があきらかに縮小コピーと分かるかたちで封入されていたので、恐らくはこのCDもアルバムがCD化されてから間もない時期に買ったのではないかと思います。

ということで、解説書には、オリジナルメンバーのバーニー・レドンが脱退したことや、ジョー・ウォルシュが加わった次作が楽しみだといった当時の状況が記されており、読み返してみると、どこか懐かしくもあります。

さて、この"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"、ビルボードチャートでは1位を記録し、現在までに2,900万枚の売り上げ(2006年にRIAAより「29x Multi Platinum」が認定されている)を誇るベストセラーアルバムとなっています。そしてこの"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"こそがアメリカで最も売れたアルバムとして歴代セールスNo.1の座に長いこと君臨していたのでした。

ただ、現在ではマイケル・ジャクソンの"Thriller"が"RIAA"より同じく「29x Multi Platinum」の認定を受けており、トップの座は激戦になっているようです。

状況的には"Thriller"に比べると、この"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"の方がどうも不利のように思えるので、もしかしたらこれから先は徐々に差をつけられていくのではないかという気もします。と言うのも、このグレイテスト・ヒッツは大ヒットアルバム"Hotel California"のひとつ前にリリースされたアルバムなので、当然、収録曲は"Hotel California"がリリースされる以前のアルバムからセレクトされており、しかも収録曲は全10曲と、CDとしてはやや少ない印象もありますからね。更にはボリューム満点のベストもその後にリリースされているので、なお更このアルバムの存在意義は薄れているようにも感じます。

しかしながら、"RIAA"の記録を見てみると、さすがに鈍くはなっているものの、これが意外と売れ続けているんですよね。ちなみに以下が直近の記録です。

· 2006年 - 29x Multi Platinum
· 2002年 - 28x Multi Platinum
· 2000年 - 27x Multi Platinum
· 1999年11月 - 26x Multi Platinum
· 1999年1月 - 25x Multi Platinum
· 1997年 - 24x Multi Platinum
· 1995年 - 22x Multi Platinum

なお、収録曲は"Desperado"を除き、シングルとしてリリースされた楽曲で構成されています。以下はビルボードチャートでの順位。

1. Take It Easy (12位) / 2. Witchy Woman (9位) / 3. Lyin' Eyes (2位) / 4. Already Gone (32位) / 6. One Of These Nights (1位) / 7. Tequila Sunrise (64位) / 8. Take It To The Limit (4位) / 9. Peaceful Easy Feeling (22位) / 10. The Best Of My Love (1位)

Album Cover (back): Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975 / Eagles TRACK LIST
1. Take It Easy / 2. Witchy Woman / 3. Lyin' Eyes / 4. Already Gone / 5. Desperado / 6. One Of These Nights / 7. Tequila Sunrise / 8. Take It To The Limit / 9. Peaceful, Easy Feeling / 10. Best Of My Love

1. テイク・イット・イージー / 2. 魔女のささやき / 3. いつわりの瞳 / 4. 過ぎた事 / 5. ならず者 / 6. 呪われた夜 / 7. テキーラ・サンライズ / 8. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット / 9. ピースフル・イージー・フィーリング / 10. 我が至上の愛

NOTES
• Tracks 1, 2, 9 (Eagles-1972) / Tracks 5, 7 (Desperado-1973) / Tracks 4, 10 (On the Border-1974) / Tracks 3, 6, 8 (One of These Nights-1975)

• Lead Vocals: Tracks 1, 3, 4, 7, 9 (Glenn Frey) / Tracks 2, 5, 6, 10 (Don Henley) / Tracks 8 (Randy Meisner)

• US Albums Chart (Billboard) - 1位 / UK Albums Chart (The Official Charts Company) - 2位

• CD発売日:1989年6月10日
• 解説・歌詞付(対訳無し)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ Vol. 2 / イーグルス

Album Cover (front): Eagles Greatest Hits Volume 2 / Eagles
Eagles Greatest Hits Volume 2

そして、こちらがバンド解散後の1982年にリリースされた"Eagles Greatest Hits Volume 2"です。"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"とは曲のダブリが無いものの、全10曲中、8曲が"Hotel California"と"The Long Run"からの選曲で、残りは"After the Thrill Is Gone"が"One of These Nights"から、そして"Seven Bridges Road"が"Eagles Live"からと、やや偏った構成になっています。ただ、大ヒットアルバム"Hotel California"の収録曲が含まれていることから、"Eagles/Their Greatest Hits 1971-1975"と比べても遜色無い内容になっています。

ビルボードチャートでは52位と、イーグルスのアルバムとしては、やや低調だったものの、2002年には"RIAA"より「11x MULTI PLATINUM」が認定されていることからも分かるように、じわじわと時間をかけて売れ続けたようです。ちなみに日本のオリコンチャートでは1位を記録しています。

収録曲は"Victim Of Love"と、"The Sad Cafe"、"After The Thrill Is Gone"の3曲を除き、シングルリリースされた曲で構成されています。 個人的には1978年にシングルのみでリリースされた"Please Come Home For Christmas"(米18位)が加えられても良かったように思うのですが、まぁ、カヴァー曲でもありますし、上記3曲の中からどれかが削られるのであれば、これでいいのかなとも思います。

収録曲のチャート成績は以下のとおり。

1. Hotel California (1位) / 2. Heartache Tonight (1位) / 3. Seven Bridges Road (Live) (21位) / 6. Life In The Fast Lane (11位) / 7. I Can't Tell You Why (8位) / 8. New Kid In Town (1位) / 9. The Long Run (8位)

そして、こちらがアルバムの"RIAA"に於ける直近の記録。

· 2002年 - 11x Multi Platinum
· 2001年 - 10x Multi Platinum
· 1997年 - 9x Multi Platinum

なお、アルバムの最後にはクレジットがされていない約1分のスタジオセッションがシークレット・トラックの様なかたちで収録されています。現在リリースされているCDがどうなっているかは分かりませんが、私が持っているこのCDには、トラック割りされずに、ラストの"After The Thrill Is Gone"のトラックに含まれています。それでも、たしかレコード盤も同様に分割されずに収録されていたと思います。何せ、このアルバムをレコードとして買った当時の私は、、ジャケットや解説には何の表記もされていなかったことから、この部分も"After The Thrill Is Gone"の曲の一部だとずっと思っていましたからね。ちなみに、こちらのCDの解説書もLPレコード時代と同じものです。

Album Cover (back): Eagles Greatest Hits Volume 2 / Eagles TRACK LIST
1. Hotel California / 2. Heartache Tonight / 3. Seven Bridges Road (Live) / 4. Victim Of Love / 5. The Sad Cafe / 6. Life In The Fast Lane / 7. I Can't Tell You Why / 8. New Kid In Town / 9. The Long Run / 10. After The Thrill Is Gone

1. ホテル・カリフォルニア / 2. ハートエイク・トゥナイト / 3. セヴン・ブリッジズ・ロード / 4. 暗黙の日々 / 5. サッド・カフェ / 6. 駆け足の人生 / 7. 言いだせなくて / 8. ニュー・キッド・イン・タウン / 9. ロング・ラン / 10. アフター・ザ・スリル・イズ・ゴーン

NOTES
• Tracks 10 (One of These Nights-1975) / Tracks 1, 4, 6, 8 (Hotel California-1976) / Tracks 2, 5, 7, 9 (The Long Run-1979) / Tracks 3 (Eagles Live-1980)

• Lead Vocals: Tracks 1, 4, 5, 6, 9 (Don Henley) / Tracks 2, 8 (Glenn Frey) / Tracks 3 (Eagles) / Tracks 8 (Timothy B. Schmit) / Tracks 10 (Glenn Frey & Don Henley)

• US Albums Chart (Billboard) - 52位

• CD発売日:1989年6月10日
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2013年2月 / 更新:2015年7月)


    THE GAME / QUEEN (1980)

CDの帯(初CD化盤):ザ・ゲーム / クイーン

Album Cover (front): The Game / Queen   Album Cover (back): The Game / Queen

全米チャートで1位を記録した"Crazy Little Thing Called Love"(愛という名の欲望)と、"Another One Bites The Dust"(地獄へ道づれ)の2曲を含むこの「The Game / ザ・ゲーム」は、英米のアルバムチャートでも共に1位を記録する大ヒットアルバムとなりました。

アルバムではシンセサイザーが大胆に取り入れていることや、これまでのクイーン・サウンドとはスタイルの違う上記の2曲が含まれているなど、前作の"Live Killers"をひとつの区切りとしたかのように、このアルバムではこれまでとは多少違ったサウンドが展開されています。

しかしながら、そのことについては物議を醸したことも事実で、一般的には受け入れられても、従来からのファンの中には否定的な意見を持つ人も少なからずいたようです。ただ、その後のアルバムを聴けば分かるように、このアルバムがひとつの転機となり、以降のサウンドに道筋をつけたことはあきらかで、そういった意味では重要な役割を果たしたアルバムだとも言えます。

当時はアルバムに先駆けて、"Crazy Little Thing Called Love"と、"Save Me"の2曲がシングルでリリースされたのですが、当時の私は"Crazy Little Thing Called Love"の後の"Save Me"を聴いて一安心したことを覚えているので、そういった意味では"Crazy Little Thing Called Love"でショックを与え、"Save Me"でファンを安堵させるという多少戦略じめた印象も無きにしも非ずで、もしかしたらまんまとやられたのかもしれません。ただ、当時もクイーンは「何でも有り」なバンドだという認識があったので、個人的には"Crazy Little Thing Called Love"にもさほど違和感は持ってなかったように思います。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 / Queen  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Save Me 「セイヴ・ミー」 / Queen  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Play The Game 「プレイ・ザ・ゲーム」 / Queen

そして、本国のイギリスではアルバムリリースの約1ヶ月前である5月30日に予告シングルのようなかたちで"Play The Game"がリリースされたわけですが、そのような当時の状況から、私自身は"Crazy Little Thing Called Love"、"Save Me"、"Play The Game"の3曲はシングル盤のレコードも購入していました。

ただ、"Crazy Little Thing Called Love"と、"Save Me"は、その後にリリースされるこの"The Game"に収録されるかどうかは分かりませんでしたし、一刻も早く聴きたい気持ちで買ったのですが、"Play The Game"は、このアルバムがリリースされた暫く後に、B面には何が収録されているのか気になってレコード店で見てみたら知らない曲(アルバム未収録曲の"A Human Body")だったこともあり、それから何日か後に気になって購入したということを何となく覚えているので、もしかしたら日本ではアルバムと同時にシングルの"Play The Game"がリリースされていたのかも知れません。ちなみにアルバムのリリース日は、イギリスが1980年6月30日だったのに対し、日本では約1ヶ月後の1980年7月21日でした。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 / Queen Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Save Me 「セイヴ・ミー」 / Queen
Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Play The Game (A-Side) 「プレイ・ザ・ゲーム」 / Queen Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Play The Game (B-Side) - A Human Body「ヒューマン・ボディ」 / Queen

ということで、純粋には、このアルバムからのシングルカット曲と言えば、シングルとしては4曲目となる"Another One Bites The Dust"ということになります。そして、冒頭でも述べたように、この"Another One Bites The Dust"も見事全米1位になるわけですが、この曲がシングルカットされた経緯については、フレディとも親交のあったマイケル・ジャクソンが、この曲こそがシングルに相応しいとの助言をくれたと語るメンバーへのインタビュー映像がDVDにも残されています。

その後も、アメリカや日本では"Need Your Loving Tonight"(夜の天使)が都合5曲目のシングルとしてリリースされ、アメリカでのアルバムセールスは現在までに400万枚を越えています。

各シングルのチャートポジションは以下のとおり。
· Crazy Little Thing Called Love (UK 2位/Gold, US 1位/Gold)
· Save Me (UK 11位)
· Play The Game (UK 14位, US 42位)
· Another One Bites The Dust (UK 7位, US 1位/Platinum)
· Need Your Loving Tonight (US 44位)

なお、2008年に「Billboard Hot 100」の50周年を記念して発表されたビルボード歴代ランキングでは"Another One Bites The Dus"が「All-Time Hot 100 top songs」の34位にランクしており、「All-Time top rock songs」では"Another One Bites The Dus"が8位、"Crazy Little Thing Called Love"が24位にそれぞれランクしています。

個人的にはそれらのヒット曲の陰に隠れがちな"Dragon Attack"や"Sail Away Sweet Sister"といったブライアンの曲が好みでもあるのですが、収録曲のソングライターを見ると、フレディとブライアンが3曲ずつ、ジョンとロジャーが2曲ずつと、「News Of The World (世界に捧ぐ)/1977年」、「Jazz (ジャズ)/1978年」と続いた、アルバムに於けるソングライターのバランスが継承されている格好です。

アルバム全体の印象としては、ロカビリースタイルの"Crazy Little Thing Called Love"や、ビルボードのR&Bチャートでも2位を記録したファンク的アプローチの"Another One Bites The Dust"、テクノとニューウェーヴ風サウンドが合体したような"Coming Soon"と、これまでのスタイルを打ち破るような楽曲が含まれるものの、アルバムは1曲目が"Play The Game"、そしてラストが"Save Me"と、これまでのクイーンらしいスタイルの楽曲で挟まれているので、思ったほど突飛で散漫なイメージはありません。特に"Dragon Attack"が終わり、間髪入れずに"Another One Bites The Dust"が始まる辺りは、まるでこの2曲が対であるかのような印象もありますし、それなりにアルバムとしての流れも感じられます。

ただ、やはりオープニングのシンセ音だけはちょっと苦手。このイントロがブライアンのギターオーケストレーションで作られていたら随分と印象も変わったと思うのですが、それでも、それだと、これまでと何ら変わらないサウンドになってしまうし、どうせやるなら大胆にやるといったところにフレディらしさを感じたりもするわけで、個人的には苦手であっても、そこは一概に否定できない部分でもあるのかなとは思います。まぁ、考えようによっては、オープニングのシンセ音がメンバーの決意とも取れるわけで、それが無ければこのアルバムの意義も失せてしまうのかもしれません。

なおアルバムには以下のクレジットがなされています。
This album includes the first appearance of a Synthesizer

TRACK LIST
01. Play The Game 「プレイ・ザ・ゲーム」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
02. Dragon Attack 「ドラゴン・アタック」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
03. Another One Bites The Dust 「地獄へ道づれ」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
04. Need Your Loving Tonight 「夜の天使」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
05. Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
06. Rock It (Prime Jive) 「ロック・イット」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor (Intro: F. Mercury)
07. Don't Try Suicide 「自殺志願」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. Sail Away Sweet Sister 「セイル・アウェイ・スウィート・シスター」
• Writer: B. May / Lead Vocal: B. May (Bridge: F. Mercury)
09. Coming Soon 「カミング・スーン」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: F. Mercury (Lead Chorus Vocals: R. Taylor)
10. Save Me 「セイヴ・ミー」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury

NOTES
• Produced by Queen
at Musicland Studios, Munich, Germany
• Recorded 1979 - 5, 8, 9, 10 / Recorded 1980 - 1, 2, 3, 4, 6, 7
• UK Albums Chart (The Official Charts Company) - 1位
• US Albums Chart (Billboard) - 1位 / 4x Multi Platinum (2002-RIAA)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付(対訳無し)

▼ Queen - Save Me (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Iw3izcZd9zU

(記:2013年2月 / 更新:2015年7月)


    QUEEN 「戦慄の王女」 / QUEEN (1973)

CDの帯:戦慄の王女 / クイーン

Album Cover (front): Queen (1st Album) / Queen Album Cover (back): Queen (1st Album) / Queen CD Case (back): Queen (1st Album) / Queen

レコード盤でリリースされていたクイーンの過去のアルバムが'80年代後半にCD化されて以降、私もちょこちょこと買い揃えていったのですが、行きつけのレコード店にはファーストアルバムの「Queen / 戦慄の王女」と、セカンドアルバムの「Queen II / クイーン II」だけは置いてなくて、しばらくはこの2枚のCDを手にすることができませんでした。

その後、レコード店に立ち寄った際には、この2枚が入荷されていないか毎回チェックしていたのですが、そんなことを繰り返していたある日、ついにこの2枚が入荷されていたんですよね。

ただ、入荷された理由は、この2枚だけが廉価盤として再販されたからだったようです。他のアルバムは全て税込みで\3,008のままだったので、\2,300という価格設定は嬉しかったものの、どちらもジャケットの画質は悪いし、帯のデザインも何だか変だし、CDの裏面にもその変な帯のデザインが使われているしで、その時は買うのをためらい店を出ました。なにしろジャケットが酷くて、LPのジャケットをそのままスキャンしたような画質で、モアレまで入っている始末でしたからね。元から荒い画質のジャケットだったとはいえ、これは無いよなと思ったことを覚えています。

ということで、価格が上がってもいいからと、しばらくは手直しされて再発されるのを待っていたのですが、今ほど頻繁に再発されることもなかった時代でしたし、早くCDで聴きたいという気持ちを抑えられずに、結局は不満を持ちつつも、この汚いジャケットと変な帯の付いたファーストとセカンドの2枚を購入したのでした。まぁ、日本盤とアメリカ盤の特徴であったこの赤みがかったジャケットも、現在はイギリス盤と同じ紫がかった色彩になっていることを含めて、今ではこれらのことも思い出のひとつにはなってるんですけどね。

レコードの時代はといえば、初期の3枚は全て後追いで買ったクイーンのアルバムでしたが、その中でもこのファーストアルバムは一番最後に買ったアルバムでした。初めて聴いたときは、曲の展開が複雑で、随分とカッコ良いハードロックサウンドという印象がありましたね。当時は"Keep Yourself Alive"、"Great King Rat"、"My Fairy King"、"Liar"といった曲が特に好きで、"Doing All Right"や"The Night Comes Down"のようなスローな曲もわりと気に入っていましたが、ハードロック大好き少年だった私は、"My Fairy King"と"The Night Comes Down"の2曲はイントロがどうも気に入らず、イントロをカットしてテープに録音した自分ヴァージョンを聴いて楽しんでいたことを覚えています。

そんなこともあり、当時はといえば後半の4曲は聴く機会も少なかったのですが、今になって思えば"Jesus"こそが最もフレディらしい楽曲のような気もします。この"Jesus"には"Bohemian Rhapsody"は言うに及ばず、クイーンの楽曲の中でも一番といいくらいにオペラや舞台劇的要素を感じるんですよね。

TRACK LIST
01. Keep Yourself Alive 「炎のロックン・ロール」
• Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury (Bridge: R. Taylor & B. May)
02. Doing All Right 「ドゥーイング・オール・ライト」 • Writers: B. May & T.Staffell / Lead Vocal: F. Mercury
03. Great King Rat 「グレイト・キング・ラット」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
04. My Fairy King 「マイ・フェアリー・キング」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
05. Liar 「ライアー」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
06. The Night Comes Down 「ザ・ナイト・カムズ・ダウン」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
07. Modern Times Rock 'N' Roll 「モダン・タイムス・ロックン・ロール」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor
08. Son & Daughter 「サン・アンド・ドーター」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
09. Jesus 「ジーザス」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
10. Seven Seas Of Rhye (Instrumental) 「輝ける7つの海 (インストゥルメンタル)」 • Writer: F. Mercury

NOTES
• Recorded December 1971, June - November 1972, De Lane Lea and Trident studios, London
• UK 24位 (Gold) / US 83位 (Gold)

• CD発売日:1990年12月5日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

▼ Queen - Keep Yourself Alive (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=JofwEB9g1zg

▼ Queen - Liar (Official Video)
https://www.youtube.com/watch?v=oU7rqB9E_0M

(記:2013年3月 / 更新:2015年7月)


    JOURNEY THE BALLADE / JOURNEY (1991)

CDの帯:ジャーニー・ザ・バラード / ジャーニー

Album Cover (front): Journey The Ballade / Journey Album Cover (back): Journey The Ballade / Journey CD: Journey The Ballade / Journey

これは日本で企画されたジャーニーのバラード集で、勿論、日本だけでリリースされたアルバムなのですが、意外と海外のファンにも人気のあるアルバムのようです。

ジャケットは古代エジプトの壁画に、ジャーニーのトレードマークともいえるスカラベをあしらったデザインとなっており、企画盤にしてはアートワークも凝っています。ちなみに、中央下に描かれた神はスタンドマイクを持っており、ヒエログリフ(象形文字)の一部もギターやドラム、オーディオのリモコンといった音楽に関連するものが加えられて描かれています。

収録曲はスティーヴ・ペリーが加入した1978年の"Infinity"から1986年の"Raised On Radio"の中から選曲されています。 なお、オリジナルアルバムの"Infinity"に収録されていた"Patiently"はイントロ部分が前の曲と繋がっていましたが、ここではイントロから被り無しの単体で収録されています。又、同様に"Opened The Door"もオリジナルアルバムの"Infinity"では僅かながら微妙に前の曲と繋がっていますが、こちらもきちんと被り無しで収録されています。

TRACK LIST
1. Open Arms / 2. Lights / 3. Too Late / 4. Faithfully / 5. I'll Be Alright Without You / 6. Patiently / 7. Who's Crying Now / 8. After The Fall / 9. Eyes Of A Woman / 10. Opened The Door / 11. Good Morning Girl / 12. Stay Awhile / 13. Still They Ride / 14. Send Her My Love / 15. Why Can't This Night Go On Forever

1. オープン・アームズ / 2. ライツ / 3. トゥー・レイト / 4. 時への誓い / 5. アイル・ビー・オールライト / 6. ペイシェントリー / 7. クライング・ナウ / 8. 愛の終りに / 9. アイズ・オブ・ウーマン / 10. オープンド・ザ・ドア / 11. グッドモーニング・ガール / 12. 僕のそばに… / 13. 時の流れに / 14. マイ・ラヴ / 15. 永遠への誓い

NOTES
• Tracks 2, 6, 10 - Infinity (1978) / Tracks 3 - Evolution (1979) / Tracks 11, 12 - Departure (1980) / Tracks 1, 7, 13 - Escape (1981) / Tracks 4, 8, 14 - Frontiers (1983) / Tracks 5, 9, 15 - Raised On Radio (1986)

• Released in Japan Only
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2013年4月)


    SLIDE IT IN / WHITESNAKE (1984)

CDの帯:スライド・イット・イン / ホワイトスネイク

Album Cover (front): Slide It In / Whitesnake   Album Cover (back): Slide It In / Whitesnake

大ヒットアルバム「Whitesnake (サーペンス・アルバス / 白蛇の紋章)」の前作となるこの「Slide It In / スライド・イット・イン」、実はコレが私が初めて買ったホワイトスネイクのアルバムだったんですよね。ということで、一際思い入れのあるアルバムでもあります。ちなみに買った当時はレコード盤でした。

自分の経験から言うと、ミディアムテンポのカッコイイ曲が含まれるアルバムは良質なものが多く、好きになる確率が高い印象があるのですが、このアルバムも又それが当てはまるように、当時はA面1曲目の"Gambler"と、B面1曲目の"Slow An' Easy"が特に好きで気に入ってました。

アルバムとしては、とにかく1曲目から6曲目までが強力で、中でも2曲目の"Slide It In"、3曲目の"Standing In The Shadow"、4曲目の"Give Me More Time"で立て続けに展開される珠玉のギターソロは圧巻。

当時はアルバムがリリースされて間もない頃に、突如「USリミックス盤」がリリースされて驚いたことを覚えているのですが、市場での混乱を避ける意味合いもあったのか、日本盤はフルアルバムではなく、セレクトされた楽曲で構成されたミニアルバムという形式でした。

一方、アメリカではこのリミックス盤がオリジナル盤の代わりに正規盤としてフルアルバムの形式でリリースされたわけですが、リミックスとは言っても、「US リミックス盤」ではギターがジョン・サイクス、ベースがニール・マーレイに代わり、それらのパートについては新たにレコーディングされているので、イメージとしてはかなり違いが感じられます。又、「USリミックス盤」なるものがリリースされた背景については、このアルバムがポリドールからゲフィン・レーベルへ移籍しての第一弾アルバムだったことが原因としてあるようで、つまりはゲフィン・レーベルのアメリカ市場を狙った戦略でもあったようです。

確かにギターがジョン・サイクスへ代わったことで、よりメタリックでソリッドな次作に通じるサウンドになった印象はあるものの、個人的にはやはり、ミッキー・ムーディー(G)と、メル・ギャレー(G)によるメロディックなツインリードが聴けるブルージーなオリジナルサウンドの方が好みですね。

まぁ、サウンドについて言えば、華のあるジョン・サイクスのギターが加わった「US リミックス盤」を選ぶか、いぶし銀的な「UK オリジナル盤」を選ぶかは最終的に個人の好みの問題だと思いますが、ただ、最初に買ったのが「UK オリジナル盤」だった自分には、やはり「US リミックス盤」の曲順は解せないところです。何せオープニングが"Slide It In"で、続く2曲目が"Slow An' Easy"ですから、流れも何もあったもんじゃないといった印象。多分、「UK オリジナル盤」を好きな人は、自分で曲順を考えたとしても、この展開は無いんじゃないかと思います。アメリカらしいと言えばらしいとも言えるのですが・・・。ちなみに、ここに紹介しているCDは「UK オリジナル盤」で、ライナーノーツもアルバム発売当時のLPレコードと同じものが転載されています。

Slide It In / Whitesnake   Slide It In / Whitesnake

ということで、アルバムを買う際は曲順を見ればどちらのヴァージョンかが判別できるのですが、2種類が混在する多少やっかいなアルバムでもあります。

残念ながら、コージー・パウエルが1998年に、そしてメル・ギャレーが2008年に帰らぬ人となってしまいましたが、このような素晴らしいアルバムを残してくれたことに感謝しています。

なお、アルバムは(英9位)、(米40位 / 2x Multi Platinum-1992)。そして、シングルは"Guilty of Love"(英31位)、 "Standing in the Shadow"(英62位)、"Give Me More Time"(英29位)、"Love Ain't No Stranger"(英44位)をそれぞれ記録しています。

念のため捕捉しておくと、アメリカに於いては200万枚を売り上げ、ホワイトスネイク初のヒットアルバムとなったこの"Slide It In"ですが、実は売り上げを大きく伸ばしたのは1987年にリリースされた次作の「Whitesnake (サーペンス・アルバス / 白蛇の紋章)」が大ヒットしたことが影響しており、当初はリリースから2年後の1986年ににようやくゴールドに認定される程度でした。ちなみにプラチナムに認定されたのが1987年で、ダブルプラチナムには1992年に認定されています。勿論、売り上げが伸びたのは、それだけのクオリティーを持ったアルバムであったからこそなんですけどね。

▼ Whitesnake - Give Me More Time
https://www.youtube.com/watch?v=b-WnEEgCJmA

▼ Whitesnake - Slow An' Easy
https://www.youtube.com/watch?v=b9uFNHvDBVg

TRACK LIST
(UK Original Version)
1. Gambler / 2. Slide It In / 3. Standing In The Shadow / 4. Give Me More Time / 5. Love Ain't No Stranger / 6. Slow An' Easy / 7. Spit It Out / 8. All Over Nothing / 9. Hungry For Love / 10. Guilty Of Love

Members
David Coverdale - Lead Vocals / Mel Galley - Guitars, Backing Vocals / Micky Moody - Guitars / Colin Hodgkinson - Bass / Jon Lord - Keyboards / Cozy Powell - Drums

(US Remix Version)
1. Slide It In / 2. Slow An' Easy / 3. Love Ain't No Stranger / 4. All Or Nothing / 5. Gambler / 6. Guilty Of Love / 7. Hungry For Love / 8. Give Me More Time / 9. Spit It Out / 10. Standing In The Shadow

Members
David Coverdale - Lead Vocals / Mel Galley - Guitars, Backing Vocals / John Sykes - Guitars / Neil Murrey - Bass / Jon Lord - Keyboards / Cozy Powell - Drums

NOTES
• CD発売日:1988年9月30日
• 解説・歌詞・対訳付


追記

そして、このアルバムを手にした私がその後に買ったのが、こちらのシングル盤「フール・フォー・ユア・ラヴィング」でした。ホワイトスネイクを代表する曲の一つとも言えるこの曲は、1980年のアルバム"Ready an' Willing"(邦題は「フール・フォー・ユア・ラヴィング」)からのシングルで、英13位、米53位を記録しています。当時は、この1曲を聴くためだけにレコードプレーヤーにいちいちレコード盤をセットするのが面倒だったので、テープに録音した"Slide it In"のアルバムの最後にこの曲を入れて聴いていました。と、そんな経緯もあり、私の中では"Slide it In"と言えば、この「フール・フォー・ユア・ラヴィング」もセットになった思い出となっています。

Japanese 7-inch Single Vinyl Record: Fool for Your Loving / Whitesnake  Japanese 7-inch Single Vinyl Record: Fool for Your Loving / Whitesnake

(記:2013年4月 / 更新:2016年7月)


    TRIBUTE 「トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ」 / OZZY OSBOURNE - RANDY RHOADS (1987)

CDの帯(初回プレス盤):トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ/オジー・オズボーン

Album Cover (front): Tribute / Ozzy Osbourne-Randy Rhoads Album Cover (back): Tribute / Ozzy Osbourne-Randy Rhoads Booklet: Tribute / Ozzy Osbourne-Randy Rhoads

今回はランディ亡き後に発表されたオジー・オズボーンのライヴアルバム"Tribute"(邦題は「トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ」)をとり上げてみました。

飛行機事故により25歳という若さで帰らぬ人となってしまったギタリスト、ランディ・ローズの貴重なライヴ音源が収録されたこのアルバムは、「ランディの死を売り物にしたくない」とのオジーの強い意向もあり、彼の死から5年を経て、ファンのためにとリリースされました。ちなみに、現在においてもランディ・ローズの演奏が収録された公式ライヴアルバムはこの"Tribute"のみ。

アルバムの最後には1stアルバムの"Blizzard of Ozz"に収録されていたアコースティックギターによるインストゥルメンタル曲"Dee"のスタジオ・アウトテイクスがランディ・ローズの肉声入りで収録されています。

ジャケットの上部には「2 RECORD SET ON 1 COMPACT DISC」と、2枚のレコードを1枚のCDにしたことが記されていますが、ただ、だから価格も4,200円ですよというのは当時ちょっと納得いかなかったことを覚えています。何となく価格を正当化させるための表記だったようにも思えるのですが、2枚のレコードを1枚のCDにしたから価格が4,200円なんて商売は今では考えられないですよね。ただそうは言っても、仮にあの時の価格が5,000円だったとしても恐らくは買っていただろうし、はたまた2,000円だったとしても、今現在自分の財布の中にお金が2,200円多く入っているわけではないだろうから、まぁ、今はコレはコレで思い出のひとつにもなっています。

ただ、ひとつだけ残念なのは、何故か、Track-7の"Steal Away (The Night) - Drum Solo"の後の"MC"と、その後に続くTrack-8の"Suicide Solution - Guitar Solo"のイントロ部分が重複してダブっていること。解りやすく言うと、"Steal Away (The Night) - Drum Solo"が終わって、オジーの"MC"が入り、"Suicide Solution - Guitar Solo"が始まるものの、イントロ部分でフェードアウトして、再び前の"MC"が繰り返されて"Suicide Solution - Guitar Solo"が再び始まるといった流れになっています。レコードでは丁度1枚目と2枚目の分かれ目に当たる部分なので、レコードではそうなっていたのか、もしくは編集ミスなのかは分かりませんが、できれば違和感無くきちんと編集してほしかったところです。と、まぁ、そんなこともあり、当時は何だよコレと思ったりもしましたが、今となってはコレもまた思い出のひとつになっている感じです。ただし、現在リリースされているものは、その部分の修正はされているようです。

アルバムの内容とサウンドについては、私ごときがアレコレ語るのもおこがましいので止めておきますが、ただひとつ言えるのは、 ファンにとっては唯一無二の最高のアルバムだということ。そして、ランディは勿論のこと、こうして愛情を持ってアルバムを制作し、届けてくれたオジーにも感謝。ありがとう。

▼ なお、初回盤にはアルバムカヴァーと同じデザインのステッカーが付いていました。

CD & Sticker: Tribute / Ozzy Osbourne-Randy Rhoads   Sticker: Tribute / Ozzy Osbourne-Randy Rhoads

MEMBERS
Ozzy Osbourne - Vocals / Randy Rhoads - Guitar / Rudy Sarzo - Bass / Tommy Aldridge - Drums

TRACK LIST
1. I Don't Know / 2. Crazy Train / 3. Believer / 4. Mr. Crowley / 5. Flying High Again / 6. Revelation (Mother Earth) / 7. Steal Away (The Night) - Drum Solo / 8. Suicide Solution - Guitar Solo / 9. Iron Man / 10. Children Of The Grave / 11. Paranoid / 12. Goodbye To Romance / 13. No Bone Movies / 14. Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes)

NOTES
• US 6位 (2x Platinum / 1997-RIAA)、UK 13位
• ジャケットの裏には次の一文が記されています。
DEDICATED WITH MUCH LOVE AND RESPECT TO DELORES RHOADS.

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2013年4月 / 更新:2015年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 15 Navigation Part 16   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.